←戻る
【紅3394】やる夫たちの普通村 [6121番地]
~闇に輝く銀河~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
 (dummy_boy)
[狩人]
(死亡)
icon 天城カイト
 (スバル◆
.2TxrisQ1I)
[共有者]
(死亡)
icon アリサ
 (Ragus◆
raguS7h/NU)
[人狼]
(死亡)
icon 渋谷凛
 (姉崎◆
iHLHGlkV5Y)
[村人]
(死亡)
icon 北上
 (12346◆
with5.I.Mw)
[村人]
(死亡)
icon ドクオ
 (ミカタ◆
n7IXpmiMx.)
[人狼]
(死亡)
icon こいし
 (幻◆
C0oOi9CF9A)
[村人]
(死亡)
icon アルテラ
 (弓の人◆
H/UIyHiUAk)
[村人]
(死亡)
icon イカ
 (蜜柑)
[霊能者]
(死亡)
icon 八雲藍
 (sea*◆
ysG7Khk9wg)
[村人]
(生存中)
icon やる夫
 (ジョインジョイン◆
ef394join2)
[共有者]
(死亡)
icon できない子
 (ヴァナディース◆
6pDGb0V9WY)
[妖狐]
(生存中)
icon できる夫
 (のすけ◆
yL0D8vCoEqZ0)
[占い師]
(死亡)
icon 青葉
 (がおー◆
XsFdmUgVis)
[村人]
(死亡)
icon テト
 (◆
DMMZEROczU)
[狂人]
(死亡)
icon 谷口
 (できない夫◆
5DYYU5zxeQ)
[村人]
(死亡)
icon アリス
 (◆
9fAoh0V6cg)
[人狼]
(生存中)
青葉 「わあい重油 青葉重油だいすき」
八雲藍 「わーい お疲れ様でした
村立て同村ありがとうございました」
谷口 「よし、反省会終わり
じゃあ飲みに行くか」
谷口 「ドク! タイムマシンとか冗談だろう!?」
谷口 「できない子は難しくても、テトなら「なんだダンカンこの野郎!」で吊り上げられるしな
やはり遠慮はするべきじゃないらしい」
青葉 「それじゃタイムリープしてもらいましょう(パンッ」
谷口 「あの日、俺がテトかできない子を吊り上げればいいのでしょう?」
谷口 「こいしを吊った翌日の霊能噛みで油断をしてしまっているな」
青葉 「こいし吊り回避しても死ぬの私かあなたでh」
八雲藍 「最終日前はドクオ吊で、
その前は指定でいいんじゃないですかね」
青葉 「それはもうすごい勢いで村しか吊ってないんでそれはまあ」
谷口 「渋谷吊り。止められない
こいし吊り。惜しい
ア・バオア・クー。ゼダンの門」
谷口 「残り6人の日に人外票3ある時点で駄目なのよ
だからもっと前まで戻らないと」
青葉 「全員人外ですね>谷口
指定が必要だったのでは・・・」
八雲藍 「最終日前は組織票でしたね」
谷口 「まだ被弾が多すぎるな。回避力が足りない」
谷口 「今回、投票を食らった相手は……ドクオ、テト、アリス、そしてない子、か」
八雲藍 「人外は吊れなかったですけど、
すげー楽しい口喧嘩村だったと思うんですよ」
こいし 「む、個人的な反省は霊界で述べたし、初日狩人死すべし(直球)以外言うことがないねーおつおつ。
村立て同村乙よー」
アルテラ 「さておつかれさまだ。」
天城カイト 「お疲れ様だ」
谷口 「俺か? 俺はお前のよ~く知ってるヤツよ」
ドクオ 「そんじゃま、お疲れさん」
谷口 「俺は基本、そのスタンスだが
それでも最後まで発言に期待するタチでもある(つまり性悪)」
天城カイト 「薔薇か……」
アリサ 「じゃあお疲れ様。」
アリサ 「できる夫に殺された辺り、エルフVSエルフのミラー対決だったみたい。」
ドクオ 「お、お前は・・・誰だ!!>谷口
あと、薔薇より百合がいいです」
テト 「お疲れ様っ」
谷口 「残しておきたくない位置を最後まで残すよりは、というのも手よ>天城」
こいし 「薔薇薔薇~」
できる夫 「薔薇?薔薇エルフ?フェアリー!(ガタッ」
アリス 「投票が早かったからいいのかなと思ってしまったわね。」
テト 「できない子投票しとけば、か
ここは吊られればいいかと思っちゃったぼくの判断ミスだ」
天城カイト 「指定しないゲーだと特に振り返るべき点が……
共有でぐいぐい行くべきなのか指定せず誘導という意味で」
アルテラ 「真であろうと偽であろうとその位置はしょうがない。」
八雲藍 「見事なアニマルランドですね。」
谷口 「ふふ……波紋入りの薔薇は痛かろう……>ドクオ


,   //丿ノヽ   ヽ
( / ノノ_::ノ  ノノ,,  彡
\|ノノ  ::  ___,"r´ヽミ
ミ/ .  ,._//;; ヽ,ノ\ミ
ゝ|、 ,),ヾ;;;  ̄;;;;;; ) ヽ \
  ( ,/,)ヽ;;;ヽ;;;  ,\  )
   .`´, ;; |,,ゝ 丿  /
    \、 /ノ  .|;;;;
      .`ー、ヽ;;/;;;;;;;;;
         `-´ ̄`----」
ドクオ 「大丈夫さ>アリサ
初日狩人で狼はとんとんさ」
こいし 「お狐様おめでとうでありんす~?」
できる夫 「モルの負けだよ、お疲れさまでした」
アリサ 「お疲れ様。がっつり胡散臭く吊りされちゃってごめんね。」
八雲藍 「素敵な最終日をありがとうございました。」
アリス 「おつかれさま。」
アルテラ 「初日狩人は悪い文明」
テト 「あ、ごめん<アリス投票」
天城カイト 「お疲れ様だ」
谷口 「感情を制御できないものは(貴族主義者)」
こいし 「うむ、お疲れ様」
八雲藍 「なるほど」
ドクオ 「おつかれさまん」
青葉 「おつかれさまでありますっ」
イカ 「お疲れ」
できない子 「お疲れ様でした」
アルテラ 「おつかれさま」
八雲藍 「お疲れ様でした」
天城カイト 「そも狩人いないのは透けていたし
ドクオも投票先固定=人外の組織!とかいえないからな、これは」
こいし 「今吊りたい相手と、最終日以前にはどっかで蹴落とす相手考えて、後者メインで考えてたし」
ゲーム終了:2016/10/11 (Tue) 23:14:08
[妖狐勝利] マヌケな人狼どもを騙すことなど容易いことだ
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
テト を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
8 日目 (1 回目)
八雲藍0 票投票先 1 票 →できない子
できない子1 票投票先 1 票 →テト
テト2 票投票先 1 票 →アリス
アリス1 票投票先 1 票 →テト
アリス は テト に処刑投票しました
ドクオ 「でも、狼は吊れない」
青葉 「らんねえちゃーん!」
ドクオ 「しゅごいw」
天城カイト 「感情論ヘイトで指定吊りしても
その先が多分続かないからどっちみちだめだとは思う
それよりかはグレランでの誘導の建設的なやり方考えたい派ではある」
八雲藍 は できない子 に処刑投票しました
谷口 「だってオラは人間だから……!」
青葉 「で、できないこー!」
谷口 「それが俺の甘さなんだろうな。捨てたつもりだったんだが」
こいし 「カイトがらんしゃまは最終日以前に落とす気ならってことで、らんしゃま指定前提ので提案だったのだけどもね」
できない子 は テト に処刑投票しました
天城カイト 「俺もそう思う(小並感」
北上 「狂人はたしかにそこいれそうw」
青葉 「きょ、きょうじーん」
テト は アリス に処刑投票しました
谷口 「俺にはない子が吊れなかったよ。最後まで」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
八雲藍 「村じゃないけどありすはつれない」
谷口 「ただ」
八雲藍 「今タイピング噛んだのはつっこまないでください」
できない子 「いつでもこのスタンスでスよ!」
テト 「ただ、それ今すっごい微妙なんだよ、個人的にさぁ」
天城カイト 「明確な吊り先が感情ヘイトだと指定したいという気が起きなくなる
難しい
いや実際指定して村落とすよりかはましなのか……謎だな」
テト 「最終日の形次第では村だと思う位置を作れば勝てる」
八雲藍 「うん、そのへんが、やっぱりできない子さんは違う視点を持つ役職だなって。」
ドクオ 「八雲さん吊れそう」
谷口 「やはり男は自分の手で自分の獲物を狙わねばなるまい」
八雲藍 「特にこの村は初手●で占い即マミでしょ
ドクオも狼とも限ってなかったし、いかに吊るかってよりいかに詰めるかって感じだった訳で」
できない子 「そういうゲームでは???>藍」
アリス 「渋谷凛が早逝したこと以外はそんなものだと思うわね」
できない子 「北上様村目だったので、残ってたら頼もしかったですよ・・・」
谷口 「村人≠誘導先が人外」
北上 「いや、あそこで噛まれないならなんか違うから狼に圧かけよーかなと>思考提示やめるの」
テト 「っていう感じ<最終日面子に対して感想があるなら」
できない子 「まあ、思ってはいたのは投票で見て取れてはいたけど・・・」
テト 「僕の目算では北上様生きてたはずなんだよなぁ」
八雲藍 「しかしまあ誰かを疑い続けるっていうのも苦しくないですか。」
北上 「できない子吊れそうなきもする」
できない子 「今までの流れじゃないですかね???>藍」
テト 「まぁ、一応言葉の言い回しとして早めに言えばよかったんじゃない?
ぐらいの感じでそういうこと>できない子」
天城カイト 「北上村だろうから
北上の誘導位置全部ぶっ殺そうと思ったら
途中で思考提示やめるとか言った挙句噛まれた

教授!これは一体!」
八雲藍 「テトは言ってるつもりだったんですけど声出てなかったんですよね。」
できない子 「谷口に関しては4日目を最後に終息してる」
ドクオ 「どこ吊れるか
真面目にわからんw」
八雲藍 「しかしどこをどうやったら、この村でこの4人が残るんですかね。」
できない子 「アリスのこと?>テト」
谷口 「狼には呪いを残しておいた」
テト 「ごめん、語弊があった。言い続けてはないや」
できない子 「なるほど!>アリス
そういう意味ならよく分かる」
テト 「アリスに関しては別にこうアトモスフィアとか感覚とかならそれはそれで言っちゃえばいいんじゃないの、って感じがするのが引っ掛かるってのはアレソレ
ぼくはほら谷口感覚で吊りたいって言い続けてます」
アリス 「見てないというのはどうせ青葉吊れそうだし誰が投票してても関係ないかという意味」
八雲藍 「今、カイトさんの遺言見てすごくにやにやしてしまっています。ああ、失礼。」
北上 「カイト噛まないと自分が疑われると判断したかな」
できない子 「青葉もみて上げて!>アリス」
天城カイト 「お疲れだ」
アリス 「もちろんできない子がこいしに投票してることは知っているわ。
青葉は見てないけどね。」
ドクオ 「なげぇ!!」
谷口 「最初から墨谷二中のキャプテンですが?」
アルテラ 「ああ、あのAA。」
イカ 「お疲れ様です」
こいし 「おつ」
八雲藍 「ごきげんよう」
できる夫 「お疲れ様です」
テト 「いや、いいの。個人的な感覚の理由云々だから、ぼくは」
谷口 「今の部分、オフレコな」
天城カイト 「俺噛まれてるじゃねーか!」
できない子 「テトテトがよく見ると、
5日目、6日目、7日目にかけて
疑い先一切ださないムーブをしてる。

4日目の
◇テト  「個人的には谷口の方が吊っておきたいかな、ぐらいの所感。
感覚だから別に<できない子1票」
>これが最後で谷口誘導も、なにもしていない。
っていうのが人外っぽさはある。」
アルテラ 「テトが残したくないなで票したらこいしが吊れました」
アリサ 「そっちの谷口!?」
できない子 「議論したいわけでもないって言ってたけど!
青葉できない子こいしとかが私の中でまとめて狼枠
>その2人私吊ってますよ!それ見てクレメンス>アリス
って思ったら私投票じゃなかった!!!」
テト 「第七話 フランスパン、死す」
谷口 「八雲も噛まない、となりゃ2択さ」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
天城カイトさんの遺言 個人的感情論コミコミだと
鯖的にささやき真証明できる共有をロラ言い出した八雲藍を
吊りあげたいしメタ(るるわかめて四条など)を考慮しても
共有2昼ロラがあり得るのかとか
霊能ライン勝負言い出せるのに共有ライン勝負言い出せないのかとかその辺も思ったが
多分誰もそこスルーしているとは思う

個人的に2昼から3昼で
特に何も俺に対していってない(やる夫の宣言わかりづらいとか)のも
狼に教えられたからじゃとか思うから困る



でも今日のできない子とか重音テトの発言みて
この理由で吊っていいのかって気もするんだが
まあそこは知らん俺の管轄外だどうせ俺は死んでいるからな
谷口さんの遺言 谷口 タカオ

第1次キャプテン。ポジションは三塁手、のちに投手を兼任。
野球の名門である【青葉】学院から転校してきたために皆に期待されるが、実は2軍の補欠だった。
しかし父親の助けもあり陰で努力を怠らず、墨谷二中のキャプテンとなる。
控え目な性格から当初とまどいはあったものの、やがてキャプテンシーに開花し、
過酷なスパルタ練習で墨谷を【青葉】学院と互角の戦いをするチームにまでに鍛え上げる。

ただし、後続のキャプテンである丸井、イガラシに対して長所短所ともに影響力があったがために
「少数精鋭(レギュラーもしくはベンチ入り選手のみ)で特訓を行う」と言う図式はイガラシ世代まで続けられ、
チーム層の薄さが露見する結果となった。
【青葉】戦での投手・松下の負傷が正にそれで、この点が改善されるのは近藤世代を待つ事になる。

その「がんばる」一辺倒の思考は、ときにナインの反感を買うこともあるが、
自ら不屈の闘志を見せることで自然に周りの人間をまとめあげてしまう。
松下が肩を負傷し、イガラシ以外に投手がいない状態で最後の試合に臨まなければならなくなると
ピッチャープレートへの足の掛け方もわからないところから投手としての練習を始め、
ついには衆目の認めるレベルまで進んでナインを驚かせ、各々の自発的な努力を促す結果となった。

その最後の試合で途中、指を骨折したことをナインに隠してマウンドに立つが、
これはその場にいたナインだけでなく、後に同じく試合中に怪我を負った近藤をも勇気づけるエピソードになった。
TVアニメ版では、この指の骨折が原因となり、医者に「もう野球はできない」と宣告された。
なお、原作漫画版では医者には行かず不養生の為に指が曲がってしまった事になっている。

墨谷を卒業後は墨谷高校に入学する(そこでの物語が『プレイボール』である)。
アニメ最終回(26話)では、地区予選決勝で江田川中に苦戦するイガラシ率いる墨谷二中の応援に駆けつける。
墨谷高校の制服らしきものを着用。野球を続けているかは、劇中では語られていない。
強肩強打であり、パワーヒッター。左中間への打球が多いらしい。
江田川中の井口と初めて対戦したときも、いきなり外野の頭を越すなど、打者としての能力が高い。

          __
        , ‐' ´   ``‐、             / ̄:三}
.     /,. -─‐- 、.   ヽ        /   ,.=j
 _,.:_'______ヽ、 .!       ./   _,ノ
  `‐、{ へ  '゙⌒ `!~ヽ. !     /{.  /
    `! し゚  ( ゚j `v‐冫   , '::::::::ヽ、/
.    {.l   '⌒      ゙ 6',!   / :::::::::::::::/ __
.     〈  < ´ ̄,フ  .ノー'_ , ‐'´::::::::::::::;/ (_ノ)‐-、
.      ヽ.、 ` ‐", ‐´‐:ラ ':::::::::::::::: ;∠.   ヽ_}  ゙ヽ
        ,.r` "´  /:::::::::::::::::::ィ´  `ゝ  !、  /
     /       / :::::::::::::::: ; '´   /´\ /   r'\
.     i      ! ::::::::::::::/ 墨 | .!::::::::/ヽ、.._!ヽ. ヽ、
     {      {:::::::::::;:イ /   ∥i:::::::/:::::::::::::/  \
.      ヽ       ヽ,.ァ‐'´ /ヽ 二 ,/`ヽ、::::::::: /    ヽ
      ヽ、 ,. ‐'"   .ノ ,〈    >   `'‐- '
          >   _,. ‐'´ / /    `)
       ,ゝ       _.⊥.-r┬:/
       ヽ_,. -‐i"!´「L.=!┘     ヽ
       <      / /       |
       /    、i / __     ./
天城カイト は無残な負け犬の姿で発見されました
(天城カイト は人狼の餌食になったようです)
アリス は 天城カイト に狙いをつけました
谷口 「狼は八雲を吊るために天城を噛まない」
北上 「アーアーキコエナーイ」
谷口 「北上さんが何かテトリスしたいっていうからやめました」
青葉 「テトは北上さんがなんか好きっていってたからやめました」
こいし 「テト吊らねえのー?で消去法でアルテラに入れたらそこ以外で2票ばかりの引き分けだったし。
私自身は初手○出し最終日に残ることはないだろうけど」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ドクオ 「アリス狼という発想にならないのかw」
谷口 「まず。うっかりできない子が噛まれる」
こいし 「ギリギリ残ってから翌日にできない子殴り倒しにいく予定だったところ、さっさと殺意向けていればかなあ」
八雲藍の独り言 「狼はアリスはお気に入りなんですかね。」
谷口 「呪いを残しておいた」
北上 「あ、確定ではないか」
谷口 「大丈夫だ」
北上 「おつー」
青葉 「明日テトが死ににいくんですかねえ」
八雲藍の独り言 「なら途中の吊りは一体・・・?ってなりますよね」
アリス(人狼) 「アオォーン・・・」
テトの独り言 「何が出るかなパックンチョ」
北上 「とりあえず村負け確定と」
アルテラ 「おつかれさま」
八雲藍の独り言 「狐狙いっていうのなら十分にわかりますが」
八雲藍の独り言 「 ・ドクオ●前提で谷口非狼(票から)
・アリスはもう吊れない村(今更吊るのはシャクとかそういうだだっこ的観点から)

だからてっとてとvsできない子ちゃん

これ遺言だったんですけど。」
アリス(人狼) 「アオォーン」
青葉 「これは結果的に霊COが正解になったパターンでしょうか・・」
イカ 「お疲れ様です」
できない子(妖狐) 「2W残りとかすばらなことありませんか?」
谷口 「グフッ」
ドクオ 「割りと狐勝ちそう」
こいし 「おつおつ」
八雲藍の独り言 「まじかよたるるーと君」
こいし 「のでゆっくり蕩けるように村人がヘル感じ。」
ドクオ 「おつ!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
谷口 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
7 日目 (1 回目)
天城カイト0 票投票先 1 票 →八雲藍
八雲藍1 票投票先 1 票 →できない子
できない子1 票投票先 1 票 →谷口
テト0 票投票先 1 票 →谷口
谷口3 票投票先 1 票 →アリス
アリス1 票投票先 1 票 →谷口
谷口 は アリス に処刑投票しました
こいし 「できない子とテトがふんわりと吊りを握ってる」
こいし 「全体的に」
青葉 「勝ち消えましたね」
アリス は 谷口 に処刑投票しました
青葉 「どこが死ぬのか全然わからない」
できない子 は 谷口 に処刑投票しました
天城カイト は 八雲藍 に処刑投票しました
八雲藍 は できない子 に処刑投票しました
テト は 谷口 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ドクオ 「ドクオはみんなのIDOLだから」
アリス 「北上が噛まれたのが昨日じゃなくて今日なのは割とそういうこともあるかなと思っているけど
どういうことなのかはご想像にまかせるわ」
谷口 「結局は優先度の問題よ
それであっさり「狼吊るの怖いんで狐候補のテトにしますね」で投票したアルテラを疑った理由は、それ

残り8人の時点まで狼以外狙う理由ないもん」
八雲藍 「すみません、私も言ってから「実際マゾかもしれない」とは思いました。」
できない子 「言葉って難しい>谷口に対して」
青葉 「ぶっちゃけあのアルテラ触り暇つぶしなんであんまり意味ないです」
テト 「じゃなかった」
八雲藍 「そんなマゾいならもっと早く灰噛んでいいと思うんです。」
テト 「え、Mでしょ?」
谷口 「狼じゃない≠村人」
できない子 「あ、はい」
[密]天城カイト 「死んでも話題にあがるとは……ドクオ
どれだけ村にドクオ好き好き系女子を増やしたいんだ」
北上 「多分わけわかんねーよ死ねェ!ならまた違ったのかもしれない・・・(めそらし>青葉」
テト 「ドクオの性癖考察みたいなことになってる」
八雲藍 「ただ、仮にドクオ●でかんがえた場合、
谷口ってずっと票食らってますよMすぎませんか」
できない子 「んー?」
アリス 「青葉できない子こいしとかが私の中でまとめて狼枠になっていたのは
結局アトモスフィアの一言で終わってしまうのよね
不本意だろうけど議論したいわけでもないし」
青葉 「谷口が私を村視できるのは多分付き合いがそれなりにあるからだろう」
できない子 「見えないなら村じゃないの?>谷口」
天城カイト 「どっちかっていうと気が進まないけど
仲間にゴネられても嫌だから引き分け目指す系男子にしかみえん>ドクオ」
できない子 「ドクオ狼アリサ狼で谷口視点青葉狼じゃないならLWは別のところじゃない?」
八雲藍 「そんなに完璧に考えられる人ばかりではないのでは」
谷口 「言ってません(狼に見えないから手を引いた、とは言った)」
テト 「物凄い溜息をつきながら谷口結局噛まれて死んでないじゃん!
とか理不尽なことを言い出す」
谷口 「アイツが「ッシャア! 全力で引き分け目指すぜ!」系男子に見えるか?>ない子」
青葉 「アルテラの発言速度みてないって言われても普通にあの朝一発言から見始めたからみてないよの>おねえさん」
天城カイト 「狩人とかいるとかまったく想定してないが
いるならCOしていいぞ(おろかな埋葬ドローしつつ)」
できない子 「青葉村って言ってじゃない>谷口視点」
アリス 「私を噛んでほしいと考えるのなら私に指一本でも触れるべきではなかったでしょうね」
テト 「LWで霊能噛みしたところで勝ちのルートもなければ引き分けのルートもあれでしょって感がする」
谷口 「ドクオなら>ない子」
できない子 「LWで霊能噛みありゅ?>谷口」
谷口 「俺は昨日に限っては②を懸念した。解りやすい説明終わり」
北上 「全く想定とちがうわね。うん。 」
アルテラ 「おつかれさま。」
アリス 「これでいいかしら」
八雲藍 「ついカッとなりました。」
谷口 「①ドクオ狂人、かつ2W残り
できる夫の◯がいないので狐狙い(灰吊り)がそのまま2Wケアにもなるのでセーフ
こんだけ灰が狭いなら村人吊らなきゃ平気平気

②ドクオが狼、かつLW
吊ったらイカンでしょ

③ドクオが狂人、かつLW
当方は一切責任をもてません」
できない子 「同志か!>谷口」
アリス 「狼ではないと思っったのは八雲藍、理由は私に投票したから、
でも別に谷口にはその理由は当てはまらないわ。」
天城カイト 「闇に輝く銀河よ、希望の光になりて我が僕に宿れ!
光の化身、ここに降臨!現れろ、《銀河眼の光子竜》!」
テト 「北上さん……」
ドクオ 「おちゅー」
こいし 「おつ」
谷口 「奇遇だな、俺も北上のことは愛していたよ>ない子」
北上 「おっつー!」
できない子 「北上先生ぇ・・・」
イカ 「お疲れ様です」
テト 「夜になって票数見た時の僕の気持ち……」
できない子 「んで、
アリスは5日目からわたし投票なんだけど、
疑いの理由、疑い先、なにも言ってない位置
割りと判断できないっていうのがあってどうしようかね・・・」
八雲藍 「アリス噛めよ!」
谷口 「「なんでドクオを6人で吊って最終日が来るって思っているんですかー」という主旨のことを
言い出す輩に対してのカウンターパンツの準備はできている」
できない子 「昨日の谷口の発言が、
のらりくらりかわそうとしてる人外に見えたため。
もっともらしいことってなんだよ!!!!!

なお、北上は全く疑ってないのでいいかなって状況>谷口青葉関連で

テト、アリス、藍から考えていく作業」
青葉 「お疲れ様です」
テト 「第六話 エイリアンVSパスタ」
八雲藍 「まともなもん吊れないって理由なら指定進行でよくないっすか北上さん
とだけ思いました。」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ドクオさんの遺言
         ____  .... .........::::::::::...r‐ ' _ノ.
     .   /      \ .... .........::::::::_ ) (_
        /   /   ヽヽ.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃)   占いCO
      . |       /|   | ..... ......: ::::`二⊃ノ
     .  \___/ ̄|  /..... ......: :::: ((  ̄       結果はログで頼むぞい
        r'ニニヽ._\_./.. ..... ......: ::::::  ;;
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
北上さんの遺言 アリス吊ってみるといいのかも
北上 は無残な負け犬の姿で発見されました
(北上 は人狼の餌食になったようです)
アリス は 北上 に狙いをつけました
青葉 「面白いこといってる位置がおねえさんとできない夫と人外っていう
趣味でやったら勝てるわけないですねこれ 切り替えていかないとなあ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
青葉 「まあ狐がどうのとは言える状況ではなさそうというか」
八雲藍の独り言 「これ、俗に言うもうアリスは吊らない村ですね。」
アリス(人狼) 「 」
アルテラ 「なお狐>ドクオ」
アリス(人狼) 「 」
谷口の独り言 「となると。2W残りを考慮して進めにゃならん」
ドクオ 「ありがとう>身代わり君狩人」
ドクオ 「ちょっとどうなるかわからんぬ」
谷口の独り言
     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |    ( ●)(●
   |      | |   ドクオはLWじゃなかった、と
   |     __´_ノ
    >     ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /」
アルテラ 「おつかれさまー」
アリス(人狼) 「 」
八雲藍の独り言 「テトLWかあ」
北上の独り言 「みんな指示聞かないな―」
こいし 「おつ」
イカ 「お疲れ様です」
アリス(人狼) 「 」
できない子(妖狐) 「なーむー」
ドクオ 「乙」
青葉 「お疲れ様です」
できない子(妖狐) 「あー真占い師がぁー」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ドクオ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
6 日目 (1 回目)
天城カイト0 票投票先 1 票 →ドクオ
北上0 票投票先 1 票 →ドクオ
ドクオ3 票投票先 1 票 →谷口
八雲藍0 票投票先 1 票 →テト
できない子1 票投票先 1 票 →谷口
テト1 票投票先 1 票 →ドクオ
谷口2 票投票先 1 票 →アリス
アリス1 票投票先 1 票 →できない子
谷口 は アリス に処刑投票しました
アリス は できない子 に処刑投票しました
できない子 は 谷口 に処刑投票しました
八雲藍 は テト に処刑投票しました
天城カイト は ドクオ に処刑投票しました
テト は ドクオ に処刑投票しました
ドクオ は 谷口 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アリス 「人と会話したせいで処刑されるなんて悲しいわね。」
天城カイト 「うるせえ!おまえらがドクオドクオうるさいからだっつってんだろ!グレー見ろ!」
テト 「出せるなら今日出せよみたいな顔だよ」
谷口 「潜伏狂人がいたところで、この形でノリノリで引き分けを6人で狙わない
だからドクオは明日でいい

今日は狐を狙っとけ」
ドクオ (♂) が「異議」を申し立てました
北上 「今出せばワンチャン>ドクオ」
谷口 「明日でいい>天城」
アリス 「灰が噛まれてるから?」
ドクオ 「(´・ω・`)」
谷口 (♂) が「異議」を申し立てました
八雲藍 「ドクオ狂で2w潜伏生存とか追うんです?」
谷口 「潜伏狂人がいても、狼2Wなら引き分けより勝ちを狙うから残り6人でいい>天城
狐ケアをしたいなら、残り6人でいい

つまり残り6人でいい
(昨日考えた結論)」
テト 「しんぱしー」
天城カイト 「ドクオに無駄に構う構ってちゃん系グレーが無駄に多いのでドクオ吊りだ
恨むならドクオに話しかけたことを恨め」
北上 は ドクオ に処刑投票しました
テト 「ドクオが孤独なのはいつものことだろ!
みたいな顔してしまった」
ドクオ 「銃殺出せるから!!大丈夫!明日は出すから」
八雲藍 「私は明日でいいですけど」
できない子 「ドクオが孤独なのは今に始まったことじゃないだろ!!!!」
天城カイト 「いや、ドクオ吊ろう」
ドクオ 「やめろめう>ドクオ吊り」
テト 「そこはカイトが決める
懺悔の用意をまるで親の仇のように言う」
谷口 「アイツはソロモンの狼じゃなく
ただの部活帰りの女子高生にしか見えなくなっちまった

そしてドクオがすごく孤独に見える
……俺、おかしいのかな?」
天城カイト 「したいか?」
天城カイト 「いや別にドクオ吊りしようがしまいが
あんまり関係ない気もするといえばするが」
八雲藍 「というか、谷口のその想定なら、昨日アルテラより青葉の方に投票した方がよくないです?」
アリス 「霊能が死んだら吊れそうな位置に票を投げる意味もなくなるのよね
それ以上はどっちでも同じことよ。」
できない子 「もっともらしいこと?」
北上 「いや、グレランはない<カイト
今の人外数が最大値の場合まともなもん吊れないし。
てかドクオ吊りでよくない」
谷口 「狼ならもっと、こう>八雲藍
もっともらしいこと言うだろうな、って」
テト 「まぁ、谷口吊れないってのなら切り替えないとって感じ
というよりは、他の人に任す、か」
谷口 「狼ならもっと、こう>ない子
もっともらしいこと言うだろうな、って」
八雲藍 「じゃあ青葉狼だったんじゃないですか>谷口」
谷口 「ただ

アルテラが噛まれるのは予想GUYです
青葉が非狼の場合の狼位置だったはずなのに

3昼青葉投票、4昼に「青葉が狼ならドクオLWが怖い」で手を引いたのに」
できない子 「速度は朝1(皆の中で)ってだけで早いのはわかるのでいいよ>北上」
八雲藍 「>谷口 静かな女神、少し口元をほころばせた女神、また静かに微笑む女神。
これでいいのでは?」
ドクオ 「みんなが灰を狭めてくれない(涙声>八雲」
青葉 「谷口殺さなかったうんぬんですか」
テト 「了解、トランザム!!」
天城カイト 「普通にグレラン>ドクオ吊り>最終日なので
各自努力するように」
テト 「デトックスみたいだ」
できない子 「投票されなかったから?>谷口」
北上 「速度に関してはアルテラはその発言時点でできる夫噛まれを
見てないであろう状態だったから以上を今説明する気はなし」
アルテラ 「ちょうどない子はとアリスは見ていない位置だったから辛いな」
八雲藍 「>ドクオさん あなた灰広いですねぇ。」
谷口 「正確には、少し違う>八雲

2昼は静か、3昼は少し饒舌、4昼は静か
そういう位置よ」
ドクオ 「灰が減ってない(頭抱え」
青葉 「私なんていいましたっけ昨日の最初って」
八雲藍 「みんな発言面白いからテトックスかアリスあたり吊りませんか。」
ドクオ 「谷口ーテトー北上ー八雲-できない子
この中に狼が2Wいる!!」
谷口 「青葉の最初の発言を見たから、さ(手を引いた理由)」
アリス 「まとめてみると簡単に分かるのだけれどね。」
北上 「思考開示を一旦停止してみよう」
テト 「アルテラはよい文明だった……掛け値なしに……」
こいし 「おつ」
できる夫 「お疲れ様です」
ドクオ 「君たち・・・俺の○吊り」
天城カイト 「闇に輝く銀河よ、希望の光になりて我が僕に宿れ!
光の化身、ここに降臨!現れろ、《銀河眼の光子竜》!」
イカ 「お疲れ様です」
八雲藍 「この村の天使がーアルテラー」
できない子 「北上の青葉殴りに関しては理解した。
>朝1発言、できる夫噛まれるの考慮してない。
なのに、発言内容が意味分からないと聞いている。

これだけで、北上の青葉殴りに関しては8割納得をしたので、青葉投票

また、谷口が青葉投票をやめた理由は・・・聞けますよね」
ドクオ 「理由
発言が少ないのに吊られない・・・
これはきっと狐に違いないから占う!!
というか、発言数少ないから占い処理しなくちゃ・・・!!」
アリサ 「お疲れ様。」
テト 「第五話 吹き荒れる小麦粉の中で」
八雲藍 「無風位置を吊るべきではないかと考えました。<アリス投票」
ドクオ 「占いCO アリス○」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アルテラさんの遺言 村人CO
霊界は良い文明。
切羽詰まった噛みに見える。それを考えるとドクオ狼がありそうか?
それを考えると八雲が狂人っぽく見えるが…。狼と狐はないと見てるな。
全体を見たが、わりとテトがステルス気味なのが気にかかる
青葉さんの遺言 私吊るのもありなんじゃないでしょうか(こいし狼考えるなら
霊噛みもかんがみるともう一日くらいそんな感じでどうぞ
アルテラ は無残な負け犬の姿で発見されました
(アルテラ は人狼の餌食になったようです)
アリス は アルテラ に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
こいし 「ネタじゃないかなw」
天城カイト(共有者) 「まあそこ以外だと北上の誘導先吊ってやったんだ
北上噛まれそうだな」
アリス(人狼) 「狐だったら適当に伝えるわ」
青葉 「八雲狼視で北上さん殺しにいきたくなってたけど素ですか」
谷口の独り言 「それよりも。狼の位置なんだよな、ドクオが狼ならそれはそれでいい」
天城カイト(共有者) 「個人的に2昼から3昼で
特に何も俺に対していってない(やる夫の宣言わかりづらいとか)のも
狼に教えられたからじゃとか思うから困る」
アリス(人狼) 「まだ決めてないわ」
イカ 「ネタだと思います>カイト」
八雲藍の独り言 「仮に人外であっても北上さんの角度というか、発言内容好きですね読み物として面白い。」
天城カイト(共有者) 「ただ真面目にいう

囁き真証明できる鯖で共有ロラいうなよ……」
ドクオ(人狼) 「噛みは任せるからどこ噛むかだけおせーて」
八雲藍の独り言 「いいロブですよね。」
青葉 「アリサ狼だとおもったらアリス狼だった」
八雲藍の独り言 「私、ツール使ってまとめで発言読んでるんですけど、
昨日のログはつい別タブ保存してしまいました。」
天城カイト(共有者) 「個人的感情論コミコミだと
鯖的にささやき真証明できる共有をロラ言い出した八雲藍を
吊りあげたいし
メタ(るるわかめて四条など)を考慮しても
共有2昼ロラがあり得るのかとか
霊能ライン勝負言い出せるのに共有ライン勝負言い出せないのかとかその辺も思ったが

多分誰もそこスルーしているとは思う」
北上の独り言 「アリスつるかねー」
アルテラの独り言 「まあ蒼馬は吊れるな。
カイトが噛まれるか私が噛まれるか。
線としては私噛みが高いか」
谷口の独り言
     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |   ( ●)(●)
   |      | |    青葉◯
   |     __´_ノ
   |     `ー'´}
   >     ∩ノ ⊃
  (  \ / _ノ |
   \. ”  /_|  |
    \_/__ /」
北上の独り言 「次はドクオかなー。
ドクオの理由が適当になってるねーまあお仕事おわってんだろーけど」
八雲藍の独り言 「どじっこ青葉ちゃん可愛かったです。」
イカ 「お腹減ってきました。お疲れ様です」
ドクオ(人狼) 「明日○投げるよー」
八雲藍の独り言 「最近、戦艦に関するムック本?を読んだんですよ。」
できる夫 「お疲れ様です」
ドクオ(人狼) 「灰噛みのお時間だいえーい」
こいし 「おつに」
八雲藍の独り言 「ワレアオバ!
ワレアオバ!」
青葉 「しぶりん狐じゃないか」
できる夫 「目の前にマグロがいる小魚」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
青葉 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
5 日目 (1 回目)
天城カイト0 票投票先 1 票 →青葉
北上1 票投票先 1 票 →青葉
ドクオ1 票投票先 1 票 →谷口
アルテラ1 票投票先 1 票 →ドクオ
八雲藍0 票投票先 1 票 →アリス
できない子1 票投票先 1 票 →青葉
青葉3 票投票先 1 票 →北上
テト0 票投票先 1 票 →谷口
谷口2 票投票先 1 票 →アルテラ
アリス1 票投票先 1 票 →できない子
谷口 は アルテラ に処刑投票しました
アリス は できない子 に処刑投票しました
アリサ 「イカ焼き五秒前、ってことだよ。」
天城カイト は 青葉 に処刑投票しました
八雲藍 は アリス に処刑投票しました
テト は 谷口 に処刑投票しました
アルテラ は ドクオ に処刑投票しました
イカ 「わからないので海産物で例えてください」
できない子 は 青葉 に処刑投票しました
できる夫 「村はあれですね、今相手の場に冥府があって、相手の手札が8枚ぐらいあって、墓地は20枚以上肥えている感じですね」
青葉 は 北上 に処刑投票しました
渋谷凛 「おつかれさまー。四条に点線しますね」
北上 は 青葉 に処刑投票しました
ドクオ は 谷口 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
谷口 「それすらも不明瞭ってことさ言わせんなよ恥ずかしい」
北上 「なんで自分のでてないのかなーって半眼になってる>できない子」
アルテラ 「レッドフォールは良い文明>テト」
ドクオ 「この世で一番信じられないのは自分自身さ」
谷口 「これは便乗っていうんだよ」
できない子 「青葉が狼想定?>青葉」
谷口 「支援? おいおい」
アルテラ 「青葉に関しては狼見てるからな私も。
アリサドクオ青葉の狂人潜り線を見ているから吊るのは怖い(確定でドクオは吊るし」
アリス 「それらしい位置というのは何となくアトモスフィアで感じるけど
霊能が死んでしまったせいで●吊りに加担して私の属性を増やすというプランはもうご破算なのよね」
青葉 「身内殴ってるだろ系じゃないですかね
昨日の時点で霊はいたんで>できない子」
北上 「今私の支援してるのも全然気に入らないので。
今日昨日考えたボクが考えた青葉を殺すさいきょーの理由を披露してるはずなので」
テト 「レッドファイっ!」
谷口 「自分に自信が持てたら今頃俺はToLOVEるの主人公になってるだろ」
できない子 「私はあんまりこう臭い感覚がなくて>谷口に対して」
八雲藍 「確かに速度に関係はないですね。
速度に関係なく、アルテラの文章は理解でき得るものであり、
アルテラのその文章を「不明瞭」と言った青葉は的外れであると。」
できない子 「谷口そんなに怪しく感じる?>北上」
谷口 「ただ、狙っている獲物が狐なのか狼なのか、それとも迂闊な村人なのか
俺にはその自信が持てない」
ドクオ 「まとめを貼るやつは人外だってばっちゃが言ってた」
北上 「君、青葉疑ってた動きなりなんなりしてたのに」
北上 「ああ、でも谷口も吊るからね。青葉に投票してるの見た上で」
天城カイト 「狩人死んだって皆思ってるなら指定しないで皆インファイトしてればいいんじゃないか(遠い目」
谷口 「俺が見ているのはそこではなく

最初の発言から不自然に間が空いたこと
そして2昼と3昼のテンション(ただしこれは言語化できない)」
テト 「ふむふむ」
青葉 「まあ脚色臭すげえなだけで済む内容であるっちゃそうなんですけど(私にも返りますが
それとアルテラの発言速度になんの関係があるんですかね>北上さん」
北上 「必死に殴らなきゃいけないなんて狼像の固定も全然。べつにてきとーでも
狼は勝てるしね。」
八雲藍 「北上さまの指摘を読んだのですが
「これから殴り合いに行く狼像かというと保留」ってあたりが自分は疑問ですねそこなら。」
できない子 「小分けしてここに貼る必要ありゅ?>谷口」
天城カイト 「違う、そうじゃない>小分け」
ドクオ 「灰を吊りましょう灰を
そうすれば自ずと勝利に向かうはずです」
アリス 「もしかして私も3行以上の発言が読めなかったのかしら
なぜか全然頭に入ってこないんだけれど」
北上 「で、その後の保留への態度が共感できないのと。」
谷口 「「おはようぞい


アルテラ 「おはようだ。
ロラであるゆえにイカ吊りである。まあ信用するならば指定展開でも構わんが…
まあ万一のことを考えると続行がいいか」



何を言いたいのか不明瞭ですね ロラ続行であるからの>信用するなら指定(誰を?
万一を考えると続行(どういうこと?



中身が薄いので夜忙しい人なのではとも思いますが
これから決死の殴り合いに行く狼像であるかというと・・・保留


小分け完了」
テト 「地獄兄弟はキツイな……
坊ちゃまもキツイよ……>谷口」
北上 「だから多分文章の結果だけみてこれとりあえずつっついておいて
発言稼いだんだろうなーと」
谷口 「すまん、俺3行以上の発言が
ちょっとまってろ、小分けにするから」
アルテラ 「こいしだが、そこが狼には見えんな。」
北上 「信用するなら指定→イカを信用するなら灰指定
万が一を考えると続行→偽霊能に●だと思うが、万が一真HITなことを考えると続行

この文意がわからない文章ではないので」
ドクオ 「お前たち・・・俺が偽前提の話はやめるのだ」
テト 「(ん、あーごめんごめん)」
谷口 「イカなのにカニってことだr

何のことかな?」
八雲藍 「>ドクオさん はい。」
青葉 「これは霊護衛成功してもらいたい感じの噛みだったかもしれませんね」
北上 「これアルテラが朝一番に貼ってること考慮したらとても自然な文章なのに
変なツッコミいれてる
多分アルテラの発言速度見てない。」
テト 「ただ、霊能噛まれるなら結局のところ初日狩人濃厚ってのがなぁ」
ドクオ 「ないよ!!>八雲さん
真占いだよ!!」
北上 「これなんだけどね」
八雲藍 「(テトさんネタばらししちゃだめですよ)」
北上 「「おはようぞい
アルテラ 「おはようだ。
ロラであるゆえにイカ吊りである。まあ信用するならば指定展開でも構わんが…
まあ万一のことを考えると続行がいいか」
何を言いたいのか不明瞭ですね ロラ続行であるからの>信用するなら指定(誰を?
万一を考えると続行(どういうこと?
中身が薄いので夜忙しい人なのではとも思いますが
これから決死の殴り合いに行く狼像であるかというと・・・保留」」
谷口 「どうだろうな>テト
俺としては序盤で早期退場する兄貴ポジを目指しているんだが

このままだと名護さんか矢車さんコースだ」
できない子 「呪殺チャンスだから良いことじゃない?>ドクオ」
アルテラ 「…やはりこれは初日狩人であろう。」
北上 「んで、気がついてる人いる?」
テト 「LWCOあるんなら霊能噛まないんじゃないのって感じ」
ドクオ 「こいしちゃんが初手俺護衛の狩人あるかもしれないでしょ!!」
北上 「アルテラとできない子残し。」
青葉 「おはようございます

こっちに向かってきてる谷口殺せたのに殺さなかった私偉いとおもいません?
こいしさんに変更は、別に残したいとおもわなかったからですね
あっこで即できる夫噛みなら北上さんか谷口のどっちかにはいそうかなとは思ったので
北上さんにはいれておきましたよ最初はね」
イカ 「お疲れ様です」
できる夫 「お疲れ様ですタコさん!」
ドクオ 「君たち・・・俺は悲しい>こいし吊り」
テト 「噛まれてくれるならすっごいありがたいけど>谷口」
八雲藍 「>ドクオさん LWCOあります?」
アリス 「バが足りていないわね。」
できない子 「いかぁ!!!」
ドクオ 「理由
昨日、銃殺を出してやると言ったな!
お前を占うことで出してやろう!!!

◇北上  「テトテトが好みなんだよねー」
この村認定して敵を作らない動き・・・狐しか無い!!」
天城カイト 「闇に輝く銀河よ、希望の光になりて我が僕に宿れ!
光の化身、ここに降臨!現れろ、《銀河眼の光子竜》!」
できない子 「こいしが占わせたいなら、こいしを生贄にドクオに狐チャンスを召喚
まあ、結論で言えばドクオの◯云々を言う位置として
印象が悪い位置だったってところかな(初手◯)
あと、初日から囲い囲いかっこいいって何度も言うので
なにかあるのでは?って感覚があった。」
八雲藍 「票変えた意味なかったです。」
アルテラ 「おはようだ。
ドクオが狼っぽいから狐狙い。全体的な動きを見ると発言はあるのにステルス気味な感じがするテト票なんだが…
さすがにこいしが吊れるのは予想外だ。中盤といえど吊る位置には見えんのだが…」
こいし 「おつ」
谷口 「ファッキン!」
テト 「第四話 塩がねぇ!」
ドクオ 「占いCO 北上○」
八雲藍 「こいし吊ってイカの出す霊結果が●なら、
できる夫真においては、できない子を白置きしようと思いました。
今考えると、それする意味ないんですけどね。」
谷口 「(俺が噛まれたり、俺の霊能結果を見たりしたらテトがどんな顔色になるだろう)」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
こいしさんの遺言 地獄の素村むらむらむら
イカさんの遺言          \                                /
          \   \  丶                      /    /         /
             \   \  丶         i   |       ./    /           /
       ヽ     \   \  丶       i   |       /    /       /       /
         ヽ      \   \  丶       i.   |      ./   ___     /       /
          ヽ     \   \  ヽ     i.   .|     /   \   ヽ /     /
            ヽ      \   \  ヽ    i   |      /   |ヽ   ¥   |       /
             ヽ     \                    | !   |  |        _   /二ニ
                ヾー 、      \                   | !、  !   |    .f  ヽ/
                 \ ′      , -─    __            |  `ヽ|  /     ` ー″
                   (:)     , ‐弋__ /   /         \__/  ‐-、
                   弋__  /  /           ,′ / ヽ __,ナ‐、‐‐
             ‐‐‐‐---       /ヽ く/l  _     _  `ー l― |   ___,ノ
                       /  /、_/ (_)/ヽ (_)    |__/        -----‐‐‐‐‐
    ー――――――――       | _ノ      }-{/  ヽ_}-{_   /  |
____________          ヽ  \   /          \ l   |          -----------
            二二二        、  ヽ/           \― '        === 二二二
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              \  /   !       !       ヽ  ill|ll|!          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       --------‐‐‐‐‐‐‐‐      l|1l!l   /   | 霊能者|      l|!l|ll|l|! i    ‐‐‐‐‐‐‐‐-----
                     l|!il|ll1――!    |       |     / _ | |         /==z 、
               ---‐‐‐‐‐    llll||ill!――l              /二i l!|/    ‐‐‐‐ /-=ニ≦/
                     ! l―――'\           /   !ll/      __  /  __  /
                     ヽ ! l|ll!lil!i¥´ \_____/    |/    〃 ヽ' .〃 ヽ'
                       ヽ!                           ゝ _ノ  ゝ. _ノ
   ....ー――――――――                                          -----‐‐‐‐‐
.____________     _,n_   ___      __  00   n ∩  ┌―00    n
                 二二二└l n |  └─┘   | | r、    U ||  `フ∠    ノ厶┐    -----------
. . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       U U  l二ニ二l    |_| \>    くノ  └'^ー┘ └'⌒'┘  === 二二二
      --------‐‐‐‐‐‐‐‐                                               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
イカ は無残な負け犬の姿で発見されました
(イカ は人狼の餌食になったようです)
ドクオ は イカ に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
谷口の独り言 「腹は決まった」
谷口の独り言 「よし」
こいし 「なんか変換が放火魔に」
北上の独り言 「青葉のアルテラへの疑いがあからさまに無理やりすぎてちょっと」
ドクオ(人狼) 「それじゃあ、噛み1:30で」
ドクオ(人狼) 「こいしが俺護衛の狩人あるんじゃないかなー?」
ドクオ(人狼) 「ほいほい」
北上の独り言 「こいしアルテラできない子が村目なのにー」
こいし 「できない子が狂人の方かと思ったらテトの放火」
アリス(人狼) 「じゃあ霊能噛みで。」
アリス(人狼) 「知らない。なんとなくでしょう」
谷口の独り言
           __
        , ‐' ´   ``‐、             / ̄:三}
.     /,. -─‐- 、.   ヽ        /   ,.=j
 _,.:_'______ヽ、 .!       ./   _,ノ
  `‐、{ へ  '゙⌒ `!~ヽ. !     /{.  /
    `! し゚  ( ゚j `v‐冫   , '::::::::ヽ、/
.    {.l   '⌒      ゙ 6',!   / :::::::::::::::/ __
.     〈  < ´ ̄,フ  .ノー'_ , ‐'´::::::::::::::;/ (_ノ)‐-、
.      ヽ.、 ` ‐", ‐´‐:ラ ':::::::::::::::: ;∠.   ヽ_}  ゙ヽ
        ,.r` "´  /:::::::::::::::::::ィ´  `ゝ  !、  /
     /       / :::::::::::::::: ; '´   /´\ /   r'\
.     i      ! ::::::::::::::/ 墨 | .!::::::::/ヽ、.._!ヽ. ヽ、
     {      {:::::::::::;:イ /   ∥i:::::::/:::::::::::::/  \
.      ヽ       ヽ,.ァ‐'´ /ヽ 二 ,/`ヽ、::::::::: / 」
ドクオ(人狼) 「でも死体なしとか出たら指定されそう怖い」
アルテラの独り言 「すっごく変な位置が吊れてるな」
青葉の独り言 「こわ」
ドクオ(人狼) 「なんでアリスさん票が入らないの?
しゅごい」
アリサ 「お疲れ様。」
北上の独り言 「青葉じゃないのーん」
こいし 「お疲れ様」
できる夫 「お疲れ様です」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
こいし を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
4 日目 (3 回目)
天城カイト0 票投票先 1 票 →青葉
北上0 票投票先 1 票 →青葉
ドクオ0 票投票先 1 票 →谷口
こいし4 票投票先 1 票 →テト
アルテラ0 票投票先 1 票 →テト
イカ0 票投票先 1 票 →テト
八雲藍0 票投票先 1 票 →こいし
できない子0 票投票先 1 票 →こいし
青葉3 票投票先 1 票 →こいし
テト3 票投票先 1 票 →谷口
谷口2 票投票先 1 票 →青葉
アリス0 票投票先 1 票 →こいし
4 日目 (2 回目)
天城カイト0 票投票先 1 票 →八雲藍
北上1 票投票先 1 票 →青葉
ドクオ0 票投票先 1 票 →谷口
こいし2 票投票先 1 票 →アルテラ
アルテラ1 票投票先 1 票 →テト
イカ0 票投票先 1 票 →テト
八雲藍1 票投票先 1 票 →こいし
できない子1 票投票先 1 票 →こいし
青葉2 票投票先 1 票 →北上
テト2 票投票先 1 票 →谷口
谷口2 票投票先 1 票 →青葉
アリス0 票投票先 1 票 →できない子
4 日目 (1 回目)
天城カイト0 票投票先 1 票 →八雲藍
北上1 票投票先 1 票 →青葉
ドクオ0 票投票先 1 票 →谷口
こいし1 票投票先 1 票 →アルテラ
アルテラ1 票投票先 1 票 →テト
イカ0 票投票先 1 票 →テト
八雲藍1 票投票先 1 票 →できない子
できない子2 票投票先 1 票 →こいし
青葉2 票投票先 1 票 →北上
テト2 票投票先 1 票 →谷口
谷口2 票投票先 1 票 →青葉
アリス0 票投票先 1 票 →できない子
アリス は こいし に処刑投票しました
谷口 は 青葉 に処刑投票しました
こいし は テト に処刑投票しました
天城カイト は 青葉 に処刑投票しました
青葉 は こいし に処刑投票しました
アルテラ は テト に処刑投票しました
イカ は テト に処刑投票しました
北上 は 青葉 に処刑投票しました
八雲藍 は こいし に処刑投票しました
ドクオ は 谷口 に処刑投票しました
テト は 谷口 に処刑投票しました
できない子 は こいし に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
八雲藍 は こいし に処刑投票しました
アルテラ は テト に処刑投票しました
谷口 は 青葉 に処刑投票しました
こいし は アルテラ に処刑投票しました
アリス は できない子 に処刑投票しました
天城カイト は 八雲藍 に処刑投票しました
北上 は 青葉 に処刑投票しました
ドクオ は 谷口 に処刑投票しました
できない子 は こいし に処刑投票しました
テト は 谷口 に処刑投票しました
イカ は テト に処刑投票しました
青葉 は 北上 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
谷口 は 青葉 に処刑投票しました
こいし は アルテラ に処刑投票しました
イカ は テト に処刑投票しました
アリス は できない子 に処刑投票しました
アルテラ は テト に処刑投票しました
できない子 は こいし に処刑投票しました
北上 は 青葉 に処刑投票しました
テト は 谷口 に処刑投票しました
青葉 は 北上 に処刑投票しました
天城カイト は 八雲藍 に処刑投票しました
八雲藍 は できない子 に処刑投票しました
ドクオ は 谷口 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アリス 「議論するべき場所っじゃないと思うけどそれだけだったわ。」
谷口 「八雲は魚眼レンズで見てみるとちょうどいいぞ(アドバイス)」
こいし 「万一があるかもしんねーって意味でってことで、一番狐あるならそこかなってところチャレンジしてもらいたい要望出すのそんなおかしい?」
青葉 「まあ私も別にレアケ想定しない男の人って・・・とはいいませんけどね>アルテラ」
ドクオ 「・・・?」
テト 「個人的には谷口の方が吊っておきたいかな、ぐらいの所感。
感覚だから別に<できない子1票」
アルテラ 「谷口…
長い文章は読まないが、短い文章は信用度が下がる。
悪い文明だ」
谷口 「あいつは……あいつは犬好きの優しい子だったのに……!」
できない子 「この状況で?」
谷口 「狼の心情とか狐の心情を考えると
昨日は黙る日じゃなくて喋る日だもの

せっかく占い師が噛めた(噛まれた)日
そんな日に渋谷がいなくなった」
青葉 「谷口の兄ぃは4行目に入ると1行目の内容忘れるんじゃ わかっとるんか!」
八雲藍 「できない子1票っていうのは、できない子狼見た時、吊りすぎてもよくないっていう手控えなんですかね。」
できない子 「こいし>占い処理???」
テト 「敵対するなら札束で殴れよ!」
ドクオ 「いやいや真ですから・・・>北上さん
明日またここに来てください
本物の銃殺ってやつを見せてやりますよ」
アルテラ 「いや、アリサ●出てる時点でセットになるぞあの状況は>青葉
あれが別別陣営としたら厄介だが、可能性としてはだいぶ低いぞ」
できない子 「まあ、理由に書いてあるからまあ、わかるんだけどさ>占いたくなる理由」
こいし 「まあ、言ってもしゃーないので言うと、八雲藍のことなんじゃが。
共有(カイト)も入れてるし、最後まで残したくはないけど占い処理チャレしてからはアリじゃね的な。」
北上 「まあこんな会話に意味ないよ、意味があるのはもっと
微細な話だし、そうかもねーそうじゃないかもしれないねー
そうおもわせたいだけでじつはうらのうらかもしれないねーみたいな>八雲」
谷口 「ついでに俺は青葉に刳りこむようなボディ打ち続けるから
発言吟味している……していなくない……?」
青葉 「敵対するなら殴れよという蛮族の生まれなんでしょう」
ドクオ 「>谷口
ログで水増ししているだけで
実質三行くらいだぞ」
できない子 「嘘だ!>谷口>読めない!」
テト 「ムダ毛がないと>谷口」
北上 「ぶっちゃけドクオの占い理由が人を笑わせようとしてるクオリティで
好き。偽だろうけど好き」
できない子 「そういう意味でそこ占いは合理的じゃないかなーってちょっと思ってのえーって感想」
八雲藍 「>北上さん 私、ドクオさんは白人外じゃないかなってなんとなく思ったんですよね。理由ないんですけど。
なので噛み切りたいですね。」
ドクオ 「いや、狐視点でできる夫真にさせたいと思うんだよこの状況
だから、俺殴りとかへーきにやるじゃろ?」
谷口 「ただ、ドクオに一言言わせてもらおう

理由は3行以内にしとけ
俺が読めない」
青葉 「セットで信用得るほどの時間はなかったとおもいますけど>アルテラ」
できない子 「そこ占って●でてもあーとしか思わないし、
◯でたら、ドクオ視点吊れない敵になる可能性が高いわけじゃない」
アリス 「元々アリサとイカ、できる夫はどうでもいいけどドクオの主張をみて
霊能両吊りを強く考えたくなるような発言傾向ではないと思うけどね」
イカ 「ドクオ的には別に〇吊りでもいいんじゃない。狐候補は減らないよ、やったね」
アルテラ 「了解した。
まあそこまで信用してないから当然だな。
とはいえこいしが人外に見えないから票はしないが」
北上 「テトテトが好みなんだよねー」
こいし 「というか、占い処理チャレンジはしてほしいけど○出たらふむで吊りしたいなってところがあったから。」
ドクオ 「だから占ったんじゃが?>できない子」
谷口 「つまりムダを好まない主義よ
合理主義者と呼んでもらって結構」
テト 「それと○に吊りたい位置がいるかは別問題だけど」
ドクオ 「いや、やめよう?
○吊り、せっかく順調に詰まっているのだから」
できない子 「ドクオにとって青葉って敵対関係じゃない?>ドクオ」
テト 「ドクオ視点では許容できるでしょ
銃殺がメインだって言うなら」
こいし 「ん、それならよろし>共有」
谷口 「ほっとけばそのうちイカが食われるかもしれない、ということをお忘れ無くだろ>北上
俺が占い師の発言を基本的に見ないのは、「どうせそのうち食われるかもしれない」からだ」
八雲藍 「別に〇に吊りたい位置いないからいいです。」
アルテラ 「イカとできる夫をだが?>青葉
それ以外に何があると思う?」
ドクオ 「イカンのか?>できない子」
北上 「なんかここで光速でやる夫噛みそうなの八雲な気もしなくはないけど
そういうことはいわないであげるのが北上さんだよ」
こいし 「思うにー、ドクオの○吊り許容するかどうかのすり合わせがー」
アリサ 「アリスみたいな位置はこういう村だと強そうかなって思う。
狼はそこLWで信用やらずに占い噛んでるし」
天城カイト 「やる夫は昨日の段階で○はグレーと等価といっていた
つまるところ結果無視の吊りをしろ」
テト 「あんまりなぁって感じ<青葉占う」
八雲藍 「もう朝イチの挨拶のネタが尽きました」
アリス 「おそよう。」
テト 「はーふーんむ」
できない子 「えー・・・>青葉占うの?」
ドクオ 「占い結果を小文字で貼るという・・・痛恨のミス」
谷口 「言うまでもない
……待ってろよ、渋谷。仇は取ってやるさ」
青葉 「その二段占い流行ってるんですか?」
イカ 「イカのような白さでしたよ」
北上 「結論としてロラしないになりました。
決め打つか決め打たないか迷ってる時間がわりと時間くうのが無駄ではないけど
時間が短いなって」
こいし 「やる夫が死んだ! この人でなし!」
できない子 「共有噛まれて◯っすか」
ドクオ 「理由
ドクオ知ってるよ・・・マジモンで銃殺出さないとだめだって

占い誘導しかけているぞ!!
こいつはきっと狐に違いないと思うんだ
しかも俺の真を貶めてやがる!!

◇青葉  「まあドクオはイカを暇になったら占えばよろしい
どうせどっちも吊りませんし」
◇青葉  「なお私が占いだったとしても潜れてないですけど」
◇青葉  「あそこで潜れない占いをバランスで護衛する価値ないと」
アルテラ 「おはようだ。
ふむ、昨日吊りはステルス吊りになっているな。
ちょっとドクオの占い誘導が気になったが、見直すと狐より狼がありそうで怖いな。
少し吊りは保留にしたい」
ドクオ 「占いCO 青葉○」
できない子 「はろりーな」
やる夫 「おつさんだお」
できる夫 「お疲れ様です」
渋谷凛 「おつかれさま」
イカ 「〇」
こいし 「まだまだ続くよやる夫たちの村、4日目、はっじまるよー!」
谷口 「当ててやろうか。あいつはシロだろ>イカ」
テト 「第三話 戦禍の食卓」
ドクオ 「占いCO 青葉○」
青葉 「おはようぞい

アルテラ 「おはようだ。
ロラであるゆえにイカ吊りである。まあ信用するならば指定展開でも構わんが…
まあ万一のことを考えると続行がいいか」

何を言いたいのか不明瞭ですね ロラ続行であるからの>信用するなら指定(誰を?
万一を考えると続行(どういうこと?

中身が薄いので夜忙しい人なのではとも思いますが
これから決死の殴り合いに行く狼像であるかというと・・・保留」
天城カイト 「闇に輝く銀河よ、希望の光になりて我が僕に宿れ!
光の化身、ここに降臨!現れろ、《銀河眼の光子竜》!」
アリサ 「お疲れ様。」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やる夫さんの遺言 共有だお
相方はカイトだお
渋谷凛さんの遺言 むらー
やる夫 は無残な負け犬の姿で発見されました
(やる夫 は人狼の餌食になったようです)
ドクオ は やる夫 に狙いをつけました
できる夫 「ビショップは早く修正されて」
アリサ 「エイラ+セラフは死ぬのでやめてっ」
できる夫 「薔薇っていうかコンボエルフが強いというか」
渋谷凛 「セラフビショップでどーん。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
谷口の独り言 「どの道、俺は推理ができない
噛まれることでしか村に貢献ができないのだ」
アリサ 「最近強いらしいね薔薇エルフ。ローズクイーンエーテルにしちゃったけど!」
やる夫(共有者) 「明日明言すっかお」
天城カイト(共有者) 「多分下界は気づいてないと思う」
八雲藍の独り言 「ドクオ狼とは限りませんよね。」
谷口の独り言 「というより。「俺が狩人じゃない可能性」は意図的に消した
噛まれなかったら後で痛い目を見るが」
八雲藍の独り言 「なんとなく状況でドクオ狼って思ってましたけど」
天城カイト(共有者) 「そうか……」
ドクオ(人狼) 「いらないって言うと思うけど」
やる夫(共有者) 「もうしてるつもりでいるけどお>○撤回」
ドクオ(人狼) 「●いる?君に>アリス」
谷口の独り言 「狩人っぽさは振り撒いた」
青葉の独り言 「まあ暇つぶしにアルテラさんでも殴る文明にしましょう」
アルテラの独り言 「ふむ、変なところが吊れたな」
ドクオ(人狼) 「1:30で噛むぞい」
天城カイト(共有者) 「○撤回はいつする?」
ドクオ(人狼) 「じゃあ、やる夫を噛もう村建て人は残してやろうという
どうでもいい気心」
できる夫 「薔薇エルフ使いましょう!僕はそれなりに勝てます!
薔薇使わなくて勝つ方が多いけど!」
天城カイト(共有者) 「それならそれでいい」
北上の独り言 「ロラろう」
やる夫(共有者) 「狼の頭数自体少ないから、指定する気はないけどお」
谷口の独り言

    / ̄ ̄\
  /   「  \
  |   ( ●)(●)
  |      | |    ……チキショウ
  |     __´_ノ
  |     `ー'´}
  ヽ       }
    ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄」
ドクオ(人狼) 「はたまた灰を噛んじゃったりなんかして」
アリス(人狼) 「じゃあ共有噛みで」
天城カイト(共有者) 「この村の誰がこまどり姉妹なんだ」
ドクオ(人狼) 「共有噛みでもいいし、強気に霊能噛みでもいい」
こいしの独り言 「ドクオの○吊り許容してもらった上でそこ占ってふーんでその後吊る位置かなー?」
天城カイト(共有者) 「八雲藍指定したいなら好きにしていい」
谷口の独り言
    / ̄ ̄\
  /   「  \
  |   ( ●)(●)
  |      | |     渋谷ァー!
  |     __´_ノ
  |     `ー'´}
  ヽ       }
    ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄」
ドクオ(人狼) 「まあ、LWは君路線なので噛み先は任せるぞい」
渋谷凛 「おつかれさま」
やる夫(共有者) 「こまったこまったこまどりしまい」
こいしの独り言 「個人的に、らんしゃまはねー」
できる夫 「お疲れ様です。」
できない子(妖狐) 「無口なところは吊るって決めてるんだ」
やる夫(共有者) 「こまったもんだお」
こいしの独り言 「んー」
青葉の独り言 「決定票にしてしまいました」
アリサ 「お疲れ様。」
アリサ 「私冥府堕ちしちゃってたの。
「まだライフ7点あるから大丈夫かな」って思ってる相手に、二枚目の冥府を見せる瞬間がたまらなくて……」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
渋谷凛 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
天城カイト0 票投票先 1 票 →八雲藍
渋谷凛4 票投票先 1 票 →八雲藍
北上0 票投票先 1 票 →渋谷凛
ドクオ0 票投票先 1 票 →谷口
こいし1 票投票先 1 票 →テト
アルテラ0 票投票先 1 票 →青葉
イカ0 票投票先 1 票 →渋谷凛
八雲藍3 票投票先 1 票 →できない子
やる夫0 票投票先 1 票 →八雲藍
できない子1 票投票先 1 票 →渋谷凛
青葉2 票投票先 1 票 →渋谷凛
テト1 票投票先 1 票 →谷口
谷口2 票投票先 1 票 →青葉
アリス0 票投票先 1 票 →こいし
青葉 は 渋谷凛 に処刑投票しました
イカ は 渋谷凛 に処刑投票しました
谷口 は 青葉 に処刑投票しました
できない子 は 渋谷凛 に処刑投票しました
アリス は こいし に処刑投票しました
北上 は 渋谷凛 に処刑投票しました
こいし は テト に処刑投票しました
テト は 谷口 に処刑投票しました
アルテラ は 青葉 に処刑投票しました
ドクオ は 谷口 に処刑投票しました
できる夫 「僕はアリサちゃん〇だと信じて疑わなかったんです!(キリッ」
やる夫 は 八雲藍 に処刑投票しました
渋谷凛 は 八雲藍 に処刑投票しました
天城カイト は 八雲藍 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
八雲藍 「やっぱり黒引き潜伏ですよ。」
アリサ 「今日び騙りでも◯●両方用意するような時代にこの変態は。」
アリス 「イカが妖狐であるというパターンは偶然でしかない」
北上 「一日イカは考える、明日結論だすから」
テト 「一堂に会して云々かんぬんってアレじゃあないからそこら辺は視線の矯正としてもあんまよろしくない」
渋谷凛 「なんにせよ、占い削れたわけだし。しかもアリサを占ったほうが。 だったらイカのこしのグレラン」
八雲藍 「この話自体面白くないと思いますが、
遅延の上に小文字は確実に故意でしょう、悪質です。
潜れという方がおかしい。」
アリス 「ドクオは生かされて狐も死ななければ銃殺は出せるでしょう以上のことは
私は何も期待していないわよ」
谷口 「あ・り・さ?>北上」
北上 「うん。村っぽいよ、ま、村っぽい
でもよ~~~な億安くんなアトモスフィアを感じる
アルテラ 「イカ占う必要あるのか…?>青葉
コレの信用は銃殺するしかないからイカ占いなんぞ無意味の代物だ」
こいし 「まさか、というかまあ昨日の段階で(囲いないのが私視点でわかってるから)
狂人誤爆と真の●引きはほぼ等価やし。」
できない子 「ハハハハハ>十神くん
なるほどそういうことか>3つのパターンに対応できる」
谷口 「というわけだ
そんなことを考慮する暇があるなら今のうちに最終日のメンツでも見繕っておけ
狩人に期待できるかどうかは疑問だしな」
北上 「んで谷口がなーんか、あ・り・そって感じ
村っぽそうな発言のところどころにねー、こう、よく見せようとか
よくわからないけど白く入れそうな形につくられてそーな。」
北上 「ケースだけ考えたって一生答えなんて出ないよっと」
ドクオ 「レアケはあんまりおこらないからレアケって言うんだぜ>北上」
テト 「あぁ、待機時間に関しては個人的に同意>できない子」
できない子 「それだけでドクオ叩くのは心象も印象も悪い」
できる夫 「まぁ僕アリサちゃん〇しか用意してなかったんでCO10秒ぐらいかかってるんですがねHAHAHA>潜れない占い」
谷口 「イカが偽ならドクオに期待すればいいだろ>ない子
イカ偽、かつできる夫真のケース? 笑え」
できない子 「待機時間に関しては割りと個人差があるので、そこで攻めるのは好まれないよ」
北上 「今見るのはケースじゃないだろ

イカが真決め打てるかどうか、つまり目の前の生き物でしょ」
青葉 「まあドクオはイカを暇になったら占えばよろしい
どうせどっちも吊りませんし」
ドクオ 「それでも潜れたろっていうなら俺はもう
泣くぞ」
こいし 「8秒くらいで更新かけて、んで10秒くらいに出るなー私でも。」
谷口 「まさに一石三鳥。三方一両損というわけだ
そうだな?」
できない子 「イカが偽のケースはないんですか!>十神くん」
アリス 「ドクオの真に配慮するためにイカを処刑するというのはバランスを欠いた発想なので
そうだと主張する強い理由を示す必要があるわ」
八雲藍 は できない子 に処刑投票しました
北上 「えードクオさん、貴方がそれいっちゃうんすかぁ・・?>ドクオさん

レアケとかじゃなくそれ考えるんなら霊能見比べるべき」
こいし 「まあ、なんというかー
昨日の段階で地味にでかいのとして、この村での各人の性格とかが昨日の一連の流れで見えたのはでかいんじゃねくらい。」
テト 「つまりグレランだ!!!>やる夫」
ドクオ 「あそこで潜れないってお前・・・俺10秒待機したぞおい?」
谷口 「イカを吊らない代わりにドクオも(一応)吊らない
これにより

・イカ真のケース
・ドクオ(まさかの)真のケース
・ドクオ狼のケース

の3つのケースに対応することができる」
青葉 「なお私が占いだったとしても潜れてないですけど」
アルテラ 「ないな>テト
…というか私はこの形に関しては想定外過ぎる。」
渋谷凛 「できる夫がかまれているなら、普通にイカのこしでいいでしょ。とりあえずはグレラン」
できない子 「十神くん!!!!!」
青葉 「あそこで潜れない占いをバランスで護衛する価値ないとおもうんです?」
やる夫 「イカを吊る場合、無条件でイカ投票者ロラが始まるから、イカに投票する場合はその覚悟を持てお」
谷口 「◇十神「教えてやろう>ない子」
天城カイト 「大体言うべきことは昼間にいったので任せる」
ドクオ 「えー>北上さん
それってちょーレアケじゃないっすか?」
八雲藍 「それを狙って見えてる偽占いを噛んだ狼は知ってます。」
テト 「この形でイカ吊る必要ある?」
アリス 「守護がついているということは守護で守れないということなので仕方がないんでしょう」
北上 「ドクオの反応が結構面白いから真あるとこれみても
私は思ってるから」
イカ 「タコです」
こいし 「遺言見るに昨夜の占い先メモなしぃ」
谷口 「イカはイカで残しますよ
できる夫が噛まれている以上はな」
できない子 「誰か教えて苗木!!!」
青葉 「わんちゃん噛めたらで、噛めなくても信用でいけるだろって位置なんでしょうねえ>イカ」
イカ 「イカじゃありません」
できない子 「イカ釣る必要はない???」
ドクオ 「そうじゃなきゃできる夫死なないと思う」
北上 「できる夫狂で真HITとかみるかどうかよ」
テト 「個人的にはできる夫死んでるのかってすごいアレソレだよね
これで噛めるんだ?、みたいなヤツ」
八雲藍 「グレー吊ってもいいですけどイカはイカで吊りますよ」
アルテラ 「初日が高いか?
バランス護衛はなくもないが」
天城カイト 「闇に輝く銀河よ、希望の光になりて我が僕に宿れ!
光の化身、ここに降臨!現れろ、《銀河眼の光子竜》!」
渋谷凛 「グレー吊りでいきましょうか」
ドクオ 「イカ君は残していいと思うの」
北上 「んー」
青葉 「じゃあまあイカをご本尊に見立てていきましょう
炙ると香ばしいんですよ」
アリス 「総合的にロジックするとアリサとドクオが霊残しの進行を許容しているようにみえるから
そうすればいいんじゃない。という風に考えていたわ」
イカ 「ログ見てると意外とありますよね、こういう形でできる夫噛めるケース」
こいし 「しろいのが死んでるけど想定と逆だ」
できない子 「踏ん張っていきましょうか・・・」
アリサ 「お疲れ様ー。」
ドクオ 「狂人誤爆だね!!!」
アリス 「そっかー」
やる夫 「そんじゃ、イカ残してグレー吊るかお」
できる夫 「お疲れ様です、狼じゃなくて妖狐かー」
谷口 「やり直し>ドクオ」
やる夫 「がっくしだお」
アルテラ 「…噛めるのか?>できる夫」
できない子 「どういうことだ苗木!!!>できる夫脂肪」
テト 「相方初日と勘違いした人たちはじつにバカだな!(つられてアレ?ってなった自分をそっと隠しながら

んで、できる夫死んでる……」
青葉 「はあ?」
渋谷凛 「ohayo.」
ドクオ 「理由
俺知ってるよ、現状必要なのって
多分銃殺だってことぐらい

下の発言がなんか●出した占いに擦り寄ってる
人外に見えたので占います!!おれは知ってるんだ!
占いに擦り寄るのは狐だって!!

◇アルテラ  「確定でどちらか人外である以上、吊るすが?>八雲>霊能
重要な職ではあるが、そこまで残す役職でもない。
私としてはこの形になるとできる夫信用方向ではあるが」」
八雲藍 「おはコンコン。
思えば遠くへ来たもんだなあと思いました。
理由はいつか話すかもしれない。」
こいし 「存在自体を身代わり君に身代わりされていた哀れな天城カイトくん、
さあさあ3日目、はっじまるよー!」
青葉 「おはようございます
きっと死体無しで信用勝負の様相を呈していくのでしょう(チラッ」
できない子 「初日共有だった場合2-2ってどうなんだろうって思ってたら
天城から共有COがあった。
どういうことだ苗木!!!!!」
イカ 「●」
谷口 「ドクオが死んだ! このひとでなし!」
ドクオ 「占いCO アルテラ○」
テト 「第二話 灼熱のチーズフォンデュ」
アルテラ 「おはようだ。
ロラであるゆえにイカ吊りである。まあ信用するならば指定展開でも構わんが…
まあ万一のことを考えると続行がいいか」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アリサさんの遺言 霊能者。
できる夫真にしては今後の噛みは間違いなく歪になるだろうから。
そこは意識しておいてね。
できる夫さんの遺言 コスト5 3/5
守護 占い
ラストワード フェアリーを二枚手札に加える

ぶっちゃけ剣の乙女とかみてみるとかなり優秀ですよね!
ただ現環境のエルフに合わなかったり、5コスライバルのティアの壁が高すぎるだけで!


アリサ●
できる夫 は無残な負け犬の姿で発見されました
(できる夫 は人狼の餌食になったようです)
ドクオ は できる夫 に狙いをつけました
アリサ 「噛めるなら噛めるで良い。」
アリサ 「って占い噛むんだ。度胸あるなー」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
八雲藍の独り言 「生まれ故郷は逆にGM制度はなかったですけどね。」
天城カイト(共有者) 「ただ身内切りならどっちか噛まれそうだがな
信用しか道筋がありえん」
八雲藍の独り言 「それが勘違いの理由でした。」
ドクオ(人狼) 「死体なしが出たら狩人の反応を探るのだ!」
八雲藍の独り言 「私が普段生活している国ではもう仮GM制は機能しません。」
ドクオ(人狼) 「1:30で噛み」
アリサ 「身内切り村視点だと見たくなる場面だから、できる夫身内の狼を強く見せる為の噛み筋にするのがいいと思うんだよね。」
ドクオ(人狼) 「とりあえず、銃殺対応は投げ捨てよう」
できない子(妖狐) 「狂狼でもいいのよ?」
ドクオ(人狼) 「とりあえず1個結果ないしなとかなるなる」
やる夫(共有者) 「若干におうっちゃにおうからお」
谷口の独り言
     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |    ( ●)(●
   |      | |    どっちもありえる
   |     __´_ノ
    >     ∩ ノ ⊃    ので、ドクオが噛まれた場合に備えるだろ
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /」
天城カイト(共有者) 「構わん残したいならそれでな
身内切り考慮なら残すべきなのは理解している」
できない子(妖狐) 「こういう場合だいたいできる夫真でござる・・・」
北上の独り言 「ドクオ超おもしろいw」
アリサ 「確定◯とか作っておくとモアベター。」
ドクオ(人狼) 「俺も狩人ならできる夫護衛するから」
アリス(人狼) 「と、言おうと思っていたわ>即噛み」
アリサ 「霊噛んで共有噛んでから占い噛み」
ドクオ(人狼) 「霊能ロラだから狩人吊れないだろうなぁという」
やる夫(共有者) 「ちょいとできる夫が遅かったからお」
アリス(人狼) 「だからこそそれもいいでしょう」
アリス(人狼) 「私が狩人ならできる夫を護衛するけれど」
アルテラの独り言 「八雲に関しては狂人がありそう。
吊る位置ではないから保留。」
できない子(妖狐) 「ホワイトアウトして投票がやばかった>Chrome起動」
ドクオ(人狼) 「 」
ドクオ(人狼) 「 」
ドクオ(人狼) 「 」
ドクオ(人狼) 「というわけでできる夫即噛みすりゅ?」
天城カイト(共有者) 「まあ身内切り見るなら残したほうがいいな」
アリサ 「基本的に霊能噛むのが良いんじゃないかなと思ってる」
北上の独り言 「天城が真占いとかちょっとアレンジすればあるんだよね
今回は共有だろうけど」
できる夫 は できない子 を占います
こいしの独り言 「1000回越え猛者が取り囲んで棒で叩く村にしか見えないですけどーー!!」
天城カイト(共有者) 「まあどっちでも構わないが
それでグレランだと俺は八雲藍投票したくなるんだが」
やる夫(共有者) 「身内きりの場合、イカが重要になってくるわけだしお」
ドクオ(人狼) 「銃殺対応つらいお・・・」
アリス(人狼) 「 」
こいしの独り言 「やーん」
やる夫(共有者) 「ローラーするのも面倒だから、イカ残すかお」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
アリサ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
天城カイト0 票投票先 1 票 →アリサ
アリサ15 票投票先 1 票 →イカ
渋谷凛0 票投票先 1 票 →アリサ
北上0 票投票先 1 票 →アリサ
ドクオ0 票投票先 1 票 →アリサ
こいし0 票投票先 1 票 →アリサ
アルテラ0 票投票先 1 票 →アリサ
イカ1 票投票先 1 票 →アリサ
八雲藍0 票投票先 1 票 →アリサ
やる夫0 票投票先 1 票 →アリサ
できない子0 票投票先 1 票 →アリサ
できる夫0 票投票先 1 票 →アリサ
青葉0 票投票先 1 票 →アリサ
テト0 票投票先 1 票 →アリサ
谷口0 票投票先 1 票 →アリサ
アリス0 票投票先 1 票 →アリサ
アリサ は イカ に処刑投票しました
谷口 は アリサ に処刑投票しました
できない子 は アリサ に処刑投票しました
天城カイト は アリサ に処刑投票しました
渋谷凛 は アリサ に処刑投票しました
アルテラ は アリサ に処刑投票しました
青葉 は アリサ に処刑投票しました
北上 は アリサ に処刑投票しました
できる夫 は アリサ に処刑投票しました
ドクオ は アリサ に処刑投票しました
イカ は アリサ に処刑投票しました
テト は アリサ に処刑投票しました
こいし は アリサ に処刑投票しました
八雲藍 は アリサ に処刑投票しました
やる夫 は アリサ に処刑投票しました
アリス は アリサ に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
八雲藍 「われたんできょうゆうろら」
天城カイト 「おま……タイミング!」
谷口 「おいおい。天城はまだ生きているだろ」
青葉 「ああ、いるんかい!」
アルテラ 「悪くはない>初日共有」
テト 「あれ、GM制だっけこの村」
できる夫 「村立ては初日ではないのでは?」
天城カイト 「やる夫は銀河眼の白饅頭……俺の切り札だ
つまり俺も共有だ」
やる夫 「その右だお」
八雲藍 「共有欠けで霊ロラなんて。」
やる夫 「違う>初日相方」
こいし 「アッハイ>相方」
できない子 「できる夫の監視ってストーカーでしょ?(真顔>できる夫」
テト 「カイトか」
青葉 「なんと>初日相方」
八雲藍 「可哀相に。」
谷口 「つまり2人は一蓮托生、2人は表裏一体、2人はプリキュアだ」
やる夫 「相方は村立て人だお」
こいし 「無意識的に勝てるってきっと>ドクオ」
テト 「就職氷河期が終わったってことでいいんじゃない?
また氷降らす? 人が住めなくなって核の冬がくるよ」
イカ 「アリサさん視点、イカ残しってそれ以後吊られることなくずるずる残すパターンなので
私狼を見るのであればイカ吊りは明日絶対するように言うべきだと思いますよ」
アルテラ 「確定でどちらか人外である以上、吊るすが?>八雲>霊能
重要な職ではあるが、そこまで残す役職でもない。
私としてはこの形になるとできる夫信用方向ではあるが」
谷口 「一つだけ言うなら>アリサ
できる夫が吊られる時は、ドクオがお亡くなりになっている時よ

逆に言えば、ドクオが生きている限りできる夫が吊られることもないだろ」
渋谷凛 「やる夫が共有ね。」
ドクオ 「まったくだな>八雲
俺視点でも」
アリス 「ドクオ視点でのアリサの立ち位置が不確定だから要素として考えるのは無理があるのよね」
できる夫 「私の監視対象にやる夫君は含まれないのでそこのCOはどうでもよかった(真顔」
アリサ 「あー。ライン戦やるならやるで良いんじゃないかな。
狼がドクオ噛んで、残りの1W見つけましょう、って展開になると想うけど」
やる夫 「●もらった霊能とライン繋がった占いが信用取れるかと言うと微妙だし
●もらった霊能が両占いとラインが切れて初日占いと叫んだところで信用されるかはこれまた微妙だお」
ドクオ 「えー、ライン戦とかやめてください・・・
俺・・占い師弱いんですよ」
北上 「大井っちだけでそういうのは十分だよね。さ。グレランというなのアリサ吊りしようか」
北上 「まじかよ」
八雲藍 「>ドクオ 出ればいいじゃないですか。」
テト 「グレネードランチャーは一人でも撃てるし
タワーブリッジは腕がなくてもできる」
できない子 「やる夫が就職するとか
氷が降ってくる!!!!」
谷口 「(´・ω・` )」
八雲藍 「知られてましたか。」
アリサ 「基本的に私吊りでいいし。
村が私を信用出来ないならイカ残しって選択も村視点じゃありだと想うけど

その場合イカ→できる夫で吊るタイミングをちゃんと間違えず、忘れず吊りしてね」
青葉 「アリサ吊って○だったら面白いからじゃないですかね」
ドクオ 「共有出てないからだと思います>八雲>グレランしてはいけない」
北上 「知ってる>八雲」
谷口 「今回の場合、明確に「霊能者(アリサ)視点の偽占い師」が見えているわけだしな
ライン戦の条件としては8割を満たしている」
北上 「他人に頼らないのが大事」
やる夫 「そういや忘れてたお」
天城カイト 「知らんそんなことは俺の管轄外だ>進行」
こいし 「今日の時点では囲いないのが私視点で確定なので、村の方針を正座して待つんだけど
共有出てこないってことはロラれってことじゃね。」
八雲藍 「北上さま好きです。」
やる夫 「共有COだお」
イカ 「私視点では真●CCO、誤爆CCO、身内切りなんでもあるので
特にいうこともないですね。とっととローラーして、どうぞ」
テト 「誰かダメって言ったっけ?
個人的にドローゴーでいいとは思ってるけど」
できない子 「ライン戦するん?」
八雲藍 「>谷口 できない子の回答ならどっちでもいいんですが、あなたからの回答ならどっちも要りません。」
アルテラ 「無理が無いか…?>アリス>アリス→アリサ→アルテラ」
北上 「グレランは一人でもできる。」
天城カイト 「派生進化するとアリソンにでもなるのか」
できない子 「霊能2人いりゅ?>藍」
北上 「していいよ、どうしてだめなの?>八雲」
青葉 「どっちが森に住んでる方ですか?」
できる夫 「進化かな?」
谷口 「そうだな>八雲

真面目な理由と、俺が2秒で考えた理由。どっちがいい?」
アルテラ 「好みだが、私は出してもいいと思うぞ>八雲」
アリス 「アリス→アリサ→アルテラ」
青葉 「ああ、アリサアリスいるんですか・・・」
八雲藍 「なんでグレランしちゃだめなんでしょうね。」
天城カイト 「名前トラップが初手で消えるだけいいというものだ>名前かぶり」
こいし 「身内切りうんたら考えたところで北上さんがもっと先のこと言っていたしまあそれで。」
テト 「やる夫だ、ごめんね!」
北上 「どうしようかな、イカが凄い真とはいえない流れ」
アリサ 「対抗出てきたってことは、基本的にできる夫狼での特攻が強めかな」
渋谷凛 「どっちにしろ吊り吊りでいいんじゃないかな>アリサ」
テト 「アリセ、アリソ、アリシがいれば……>やる音」
谷口 「行こう……すべてが手遅れになる前に……」
ドクオ 「身内きりか狂人誤爆に見える(がくぶる」
できない子 「アリサとアリス確かに勘違いしてたw」
天城カイト 「ロラだな」
青葉 「どうしてタコが出る」
アルテラ 「ならばそのままアリサ吊りだな。」
イカ 「ごめんなさい、鮭ってよりかは鰻って感じですねこれは」
こいし 「んー」
できる夫 「でもこの森・・・ちょっと泣いています・・・>アリス」
八雲藍 「できない子さんって●進行の時共有出す派なんですか?」
できない子 「共有絡んでないならローラじゃないですかね」
テト 「イカが対抗。
ドローゴーでいいと思うけど」
北上 「どっちかっていうとできる夫人外なら身内の速度
信用前提なら遅く出たほうがいいから」
谷口 「あっとひっとりっ
あっとひっとりっ」
青葉 「まあ吊るんですけど」
アリサ 「ちょっとまさか特攻喰らうとは。」
やる夫 「アリスの名前間違えてるとおもったらアリサだったお」
できない子 「あ、はい>霊能2CO」
アルテラ 「霊能は他にいるか?」
アリス 「今日も森は平穏ね。」
ドクオ 「僕・・・10秒待ってから出ました(震え声」
できない子 「どうして出てきた・・・」
北上 「まあ伏せれる速度ぎりぎりかね。潜伏が」
イカ 「霊能CO」
青葉 「できる夫・・・あなた泣いてませんか」
テト 「霊能伏せてアリサのCO聞いてGOGO」
天城カイト 「闇に輝く銀河よ、希望の光になりて我が僕に宿れ!
光の化身、ここに降臨!現れろ、《銀河眼の光子竜》!」
イカ 「鮭って感じの展開ですね」
アリサ 「霊能CO」
できる夫 「うそだどんどこどーん!」
こいし 「私の挨拶がちょうど10秒の位置ねー」
渋谷凛 「pはようー」
アルテラ 「ふむ、いきなり●が出るか。」
できない子 「共有かもん」
テト 「●か」
谷口 「お医者さんごっこだってよ>アリサ」
北上 「おあよー」
できる夫 「僕はね、アリサちゃんのことも大好きなんだ!
だから彼女に危険が及ばないよう夜中監視してみたよ!」
できない子 「霊能伏せてどうぞ」
青葉 「私がいい始めたことになんねーかなー」
アリス 「おはよう。」
ドクオ 「理由
無意識を最初に占わないと忘れそうだから
という適当な理由をつけた隣占い」
できる夫 「占いCO アリサちゃん●」
八雲藍 「おはようこ(くるしゅた」
谷口 「そうなんだ。じゃあ私生徒会行くね」
アリサ 「ねえ、何して遊ぶの?」
できる夫 「占いCO アリサちゃん●」
ドクオ 「占いCO こいし○」
テト 「第一話 フランスパン大地に立つ」
こいし 「【紅3394】やる夫たちの普通村 [6121番地]、2日目、はっじまるよー!」
青葉 「今日も一日がんばるぞい」
やる夫 「おはようさんだお」
イカ 「鯖」
できない子 「谷口(仮)は名前を忘れてしまった。
親友であるやる夫とできる夫は、
たにぐっちん(仮)の名前を取り戻す旅を始める。

※書いてて思ったんだけどドクオの立ち位置教えて。」
アルテラ 「おはようだ。
村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
初日銃殺は良い文明。初日占いは悪い文明。初日共有は悪くはない文明。
霊能2はボロ雑巾。では始めようとしようか。」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
(身代わり君 は人狼の餌食になったようです)
ドクオ は 身代わり君 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ドクオ(人狼) 「そうやって冥府発動するんでしょ!!やめてよね!!死んじゃう」
ドクオ(人狼) 「噛みは1:30でよろしこ」
谷口の独り言 「5.今に至る


       ___
     ,, ''  ___\
     ┐γ  「   \
     ,' |  ( ●)(●)
     | |     | |
     | |    __´_ノ
     | |    `ー'´}
   <\ヽヽ      }
    \\ヽヽ   ノ
      ヌ/    く
       |     \」
アリサ(人狼) 「頑張ってね。(期待の眼差し)」
谷口の独り言 「4.覗いてみる


          / ̄ ̄\
        /   「  \
        |   ( ●)(●)
        |      | |
        |     __´_ノ
        |     `ー'´}
        ヽ        }   ___________
         ヽ     ノ    | |             |
     ___/.    く    | |             |
     | | /  .,      ヽ   | |             |
     | | /  /       |  | |             |
     | | |  丶nnn   ¦  |_|___________|
      ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_」
谷口の独り言 「3.そっと閉じる


          / ̄ ̄\
        /  「   ヽ
        |   (●)(●)i
        |      |   |   もう既に40分だもん
        |    __´_ |
        |    `ー'´ }
        ヽ        }   ___________
         ヽ     ノ    | |             |
     ___/.    く    | |             |
     | | /  .,      ヽ   | |             |
     | | /  /       |  | |             |
     | | |  丶nnn   ¦  |_|___________|
      ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_」
ドクオ(人狼) 「こいしと谷口だけ銃殺対応
そんでこいしでそのままでるぞい」
ドクオ(人狼) 「後は、信頼勝負も期待してはいけないよ?」
アリサ(人狼) 「凛さんとできる夫さんだけ呪殺対応。」
谷口の独り言 「2.観戦スレを見る



          / ̄ ̄\
        /   「  \
        |   ( ●)(●)
        |      | |     21:30開始か
        |     __´_ノ
        |     `ー'´}
        ヽ        }   ___________
         ヽ     ノ    | |             |
     ___/.    く    | |             |
     | | /  .,      ヽ   | |             |
     | | /  /       |  | |             |
     | | |  丶nnn   ¦  |_|___________|
      ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_」
アリサ(人狼) 「ん。じゃあ潜ろうか。」
ドクオ(人狼) 「ただし、お兄さんに銃殺対応を期待してはいけないよ?」
ドクオ(人狼) 「まあ、占いででるか」
谷口の独り言 「1.帰宅する


     / ̄ ̄\
   /  ヽ   \
  (●)(●)    |
   | |       |
   |__`_     |
   {`ー'´     /
    {       /
    ヽ    ノ\
      | __/ )
   へ へ|___/|   三二==
⊂《二 《⊃       |   三二==
   \\|/\__|    三二==
     \\ /  )   三二==
       \/   ノ      三二==
     / /   /     三二二==
     \\_ \      三二==
      ⊂⊂ / ̄ ̄\  三二=
     | | ̄ | /\  | 三二=
     |  ̄ ̄| \/  |  三二==
     \__\__/」
できない子(妖狐) 「怒るよ」
ドクオ(人狼) 「よろしくメカドック」
アルテラの独り言 「久々の17人村。
動きを忘れてないか心配」
ドクオ(人狼) 「わーい、狼!
ドクオ狼嫌い」
できる夫 は アリサ を占います
こいしの独り言 「ぶいっ?」
アリス(人狼) 「こんばんは。」
できる夫の独り言 「やめろぉ!(建前)やめろぉ!(本音)」
テトの独り言 「気楽にいこう」
天城カイト(共有者) 「また共有か
よろしく頼む」
渋谷凛の独り言 「村ー」
こいしの独り言 「むらむら~」
できない子(妖狐) 「だーかーらーさー」
やる夫(共有者) 「よろーだお」
アリサ(人狼) 「よろしくね。」
アルテラの独り言 「村人」
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ゲーム開始:2016/10/11 (Tue) 21:47:50
天城カイト 「現われろ!銀河眼の光子竜!!」
谷口 「え。何それ怖い>ない子」
アルテラ 「埋まったか」
できない子 「お前が言うな>谷口?」
アリサ 「ここにフェアリーがいます。それをこうして、こうよ。(新たなる運命)」
アリス 「おはよう。」
渋谷凛 「埋まり」
天城カイト 「1」
天城カイト 「2」
アリス が村の集会場にやってきました
イカ 「趣味は追い込み漁です」
できる夫 「再投票忘れてました、すいません」
谷口 「え? 何この集まり。怖い」
ドクオ 「彼は10年間忘れ物を繰り返していた・・・」
できる夫 「谷口ぃ!」
アルテラ 「エルフデッキはフェアリーが過労死してるが?」
渋谷凛 「できる夫は投票ね」
八雲藍 「ところてんとかおしりとかなかなかですね。」
谷口 「……婚活パーティー?」
天城カイト 「できる夫、投票を頼む」
渋谷凛 「10年前になるかな>谷口」
できない子 「そして15人で固定されるのか>やる夫」
こいし 「おしり? 地獄のおしりー?」
谷口 「俺のわすれm」
天城カイト 「ドクオと谷口でオーバーレイネットワークを構築!」
できる夫 「フェアリーちゃんの為なら死んでも悔いはない>アリサちゃん」
ドクオ 「とか、今の子知らないらしいぜ・・・」
テト 「やるでき谷口が揃ったか……」
谷口 「WAWAWA忘れ物~」
ドクオ 「わわわ忘れ物~」
やる夫 「誰かが入ったらでていくところてん方式だお」
谷口 が村の集会場にやってきました
アルテラ 「アジはお疲れ様」
八雲藍 「では16にはならないのですね」
こいし 「あいつは俺達のナカで最弱だった(ドヤァ」
アリサ 「>アジ
お疲れ様。またね。」
できる夫 「私が死んでもフェアリーが2枚・・・ぐふ>アルテラ」
青葉 「いま駆逐イ級がいたような。。。」
ドクオ 「ちょっと誰かイワシ呼んできて!!」
テト 「人が欲しいなら、ということで支援に来てみたけど」
できない子 「そして15人
お疲れ様」
天城カイト 「つまりフランスパンはアジだった……?
まあいい、再投票を頼む」
アルテラ 「再投票」
イカ 「アジぃーーーーーー」
アリサ 「フェアリーはできる夫さんに会いたくないから、死んでからやって来るってさ……」
<投票がリセットされました 再度投票してください>
アジは席をあけわたし、村から去りました
アジ は アジ に KICK 投票しました
テト が村の集会場にやってきました
八雲藍 「16になるといいですね。」
アルテラ 「ペドは悪い文明>できる夫」
アジ 「すまんこの人数は厳しい」
こいし 「16か17いけるくないー?」
天城カイト 「3
……なんだこの入村勢いは」
できる夫 「僕はね、フェアリーちゃんが大好きなんだ!」
ドクオ 「ツンデレかな?」
アルテラ 「先ほど帰ってお風呂上がりである。」
できない子 「12人目支援と思ったら13人目で15人だった」
青葉 「今日もいちにちがんばるぞい」
ドクオ 「!?!?1」
アジ 「マジか。埋まるのか」
渋谷凛 「あ、これ埋まる」
青葉 が村の集会場にやってきました
できる夫 が村の集会場にやってきました
渋谷凛 「12までいったね。」
天城カイト 「4」
できない子 が村の集会場にやってきました
天城カイト 「では、カウントを始める
5」
こいし 「ズサみたくなったけど元々入るつもりだったしー
宅急便出してたらギリギリだったしー」
やる夫 「やるったらやるお」
八雲藍 「お邪魔しますね。」
やる夫 が村の集会場にやってきました
アジ 「海の幸だらけだぁ……」
こいし 「地獄のおさかなー?」
八雲藍 が村の集会場にやってきました
ドクオ 「人狼はいい文明なのか?」
渋谷凛 「魚介鍋かな」
イカ 「マグロです」
アルテラ 「骨の多い魚は破壊する。」
渋谷凛 「お待たせ」
イカ が村の集会場にやってきました
こいし 「こいしです!」
アルテラ 「支援は良い文明」
アルテラ が村の集会場にやってきました
こいし が村の集会場にやってきました
アジ 「アジです!」
アジ が村の集会場にやってきました
ドクオ 「すでに完了済みである!!」
天城カイト 「時間だ、準備をしてくれ」
天城カイト 「よろしく頼む」
渋谷凛 「よろしく。」
ドクオ 「ヘロー」
ドクオ が村の集会場にやってきました
天城カイト 「よろしく頼もう」
北上 「よろしくー」
北上 が村の集会場にやってきました
天城カイト 「ならしばらく待ってもらおう」
渋谷凛 「延長なら大丈夫」
天城カイト 「だめならワンナイトを始める」
天城カイト 「まあ10分、つまり40分まで待って大丈夫か?」
天城カイト 「時間か……とはいえ延長してくるかはわからないが」
アリサ 「延長するならするで大丈夫だよ。」
天城カイト 「BFカテゴリで打点が高いのが出たのが
一番の収穫の気もするが」
アリサ 「まあ元々高ランクぽんぽん出せて強かったしね。
言ってもBFは一昔前の強さだったし。」
天城カイト 「ギャラクシーのままだと
明らかに俺が強くなりすぎるからの気もするがな
機械天使とかD-HEROあたりを強化するならまだしもだが」
アリサ 「ギャラクシーとサイファーが同居難しいのはちょっとコナミには考えて欲しかった気もするよね。
他のキャラはカテゴリ自体は継続してる訳だし。」
渋谷凛 「ども」
渋谷凛 が村の集会場にやってきました
天城カイト 「ああ、よろしく頼む」
アリサ 「よろしくね。」
アリサ が村の集会場にやってきました
天城カイト 「立てるのが遅れたせいで初動も鈍いか?
だとしてもそれは俺のせいだしあとでどうにかするしかない、か」
天城カイト 「30分開始ということにしておこう」
天城カイト 「禁止事項】
 村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼COを除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ、人外の村人騙り騙り(狼、狂人、狐問わず、役職CO後からの撤回村人COの禁止、村人騙り禁止であるため)

【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み

【参加者全員へ】 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
 投票延長は1日1度まで,,遅れる場合は名指しで警告します 遅くとも2:00過ぎまでには投票しましょう
 ※狼の夜中の会話or共有の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】 このゲームはやる夫板·「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。

 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.htm」
天城カイト が村の集会場にやってきました
村作成:2016/10/11 (Tue) 21:12:25