←戻る
【紅番外】やる夫たちの水曜恋色決闘村 [6518番地]
~弱肉強食~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 1 分 / 夜: 3 分)[1:3]初日の夜は身代わり君ゲルト君モード自動で霊界の配役を公開する決闘村
1 2 3  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
icon ルーミア
 (さなちょむ◆
MORIYA/XLQe4)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(生存中)
icon チルノ
 (ドラゴソ)
[静狼]
[恋人]
[共鳴者]
(生存中)
icon 美鈴
 (えんだか)
[風神]
(死亡)
icon パチュリー
 (小鳥)
[掃除屋]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon 咲夜
 (タルタルソース◆
DM6DUwUhn6)
[おしら様]
(死亡)
icon 小悪魔
 (てるる◆
3NkVoWqmq6)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon 真白
 (雪姫◆
1mKds5z0InMW)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(生存中)
icon やる実
 (れーちゃん◆
V.RrOCOnM2)
[静狼]
[恋人]
[共鳴者]
(生存中)
ルーミア 「『カオスな村だったけど』『僕は悪くない』
『というわけで落ちるよ』『お疲れ様』」
真白 「……それじゃ私も落ちるね、村建て同村ありがとう」
咲夜 「村建て同村お疲れ。」
やる実 「咲夜ってパチェ呼び捨てだっけ……まあいいや」
小悪魔 「それじゃあみんな、バイビー☆
あんめいぞぉおおおおおお! ぐろぉおおおりあぁぁぁああす!!!」
やる実 「ほんじゃおつかれ
村建て感謝、恋勝利ありがとよ。

矢が来るとは思わなかったと供述しており
まあ、楽しい夜だったから問題はねーな!はっはっは。」
咲夜 「>パチュリー 私達の城って誰かが爆発しなければならない決まりでもありましたっけ……?」
やる実 「適当にググったAAを遺言にするのは決闘の嗜み。」
チルノ 「それじゃ、そろそろ失礼するわ!お疲れ様!」
パチュリー 「それじゃあお疲れさまよ、弾幕はブレイン。
ああ、これは別の魔女の台詞だったわね?」
チルノ 「あたい?AAなんて準備してるわけないじゃん!」
やる実 「軽く誘導してとりあえず2票は確保できるからなー、特に少人数だと問題もない
基本的にアタシはあまり狼だと刺さったとは言わんタイプなんでもうちょいオープンにしてもいい気がしてきたな。」
小悪魔 「ぶっちゃけ普段はAAなんて一切弄らないから雑コラしかできないのさぁ!
決闘の遺言でたまに使うくらい?>パチュリー」
美鈴 「んじゃおつかれ&村建て感謝と!」
咲夜 「>チルノ 捕食にしか見えませんでしたよね。」
小悪魔 「どっちもちょうどいいサイズのAAが無いのが全部原因さぁ!
僕ももう少しいい感じにスペースがあるか、パチュリーのもう少し小さいAAが有ればもうちょっと楽で来ただろうにねぇ>チルノ」
咲夜 「六人残って、恋人1組死亡で四人。この時点でパチュリー小悪魔が死ねば恋人勝利。
人狼と繋がってる方が吊れて、それでも相方じゃ無い方噛めば良いからどの道恋人勝利かな」
パチュリー 「あのわずかな間に雑コラを作れる辺りに才能の片鱗を感じてしまう」
美鈴 「このアイコンじゃない時に恋人になるべきなのだ
それは世界の選択シュタインズゲート・・・」
小悪魔 「つまり僕とパチュリーで遺伝子をまぜまぜして子供をつくる……
やっぱりどう見ても絵面がヒドいねぇ」
チルノ 「あと、小悪魔の遺言がパチュリー食べてるようにしか見えなって言うのすごくツボった!」
ルーミア 「『狼なら仕方ないよね』>チルノちゃん
『こっちもアイコン採用に感謝してるよ』」
パチュリー 「女だらけの世界も男だらけの世界も科学の発展で
遺伝子を残せるのだからそれはそれでいいわね。」
咲夜 「>真白 その場合、全滅エンドあり得まし……あー、違う。」
やる実 「恋人1CP噛んでもどうせ十六夜か小悪魔吊るつもりだったんでまあそのへんは。 >真白」
小悪魔 「ほら、
「おぜうさまが居なかったから調子が出なかった」
「実は二人ともロリコン」
「めーさくで噂されるの嫌だし……」
どの言い訳を使ってもいいんだぜぇ?」
やる実 「というか残ったメンツ的に考えたらただのレズパレスなのでは?(プレーリードッグ並感)」
パチュリー 「Q.E.D 証明終了よ>咲夜
レミィの代わりに爆発する、従者として誇っていいわよ」
ルーミア 「『紅魔郷以外で考えた場合だと』
『幽々子様でカービィとかめぐねえとかなのかー?』」
真白 「……これ、咲夜噛みだったら全生存だったね
パチュリー-小悪魔CPは割と予想しやすいしあり得たかも?」
チルノ 「あと、狼だったから絡めなかったけど
むしろあたい(チルノRP)する都合的に丁度良くて
こっちこそ助かったわ! >ルーミア」
パチュリー 「そうね、恋は戦い愛は欲望、そして恋情は情熱。」
咲夜 「>パチュリー いやまぁそうでしょうけどね。」
やる実 「いやまあスイっとサクっと愛に溺れられるなら問題ねーべ。」
ルーミア 「『ヒゲアイコンで連想したことなんだけど』
『緑の弟と同じ名前の潜水艦がどこかにいるみたい?』」
美鈴 「おつかれさん」
パチュリー 「お疲れさまよ。」
咲夜 「敗北したのが私と美鈴っていうのがなんとも……」
やる実 「まあ2CP考えたらとーぜんといえば当然じゃーなー。
相方が刺さってない可能性とかはさすがにねーし」
小悪魔 「ほら、どこぞのゲスデレも愛には勝てなかったしねぇ? ふっふっふ」
パチュリー 「                                   /,1
                                 // ll
                               //  ll
         ______ __           //   ll
   、、     \ 、──‐ -- -、ヽ.     ,ィ  //   〃
   j ヽ、 ____\ヽ、       ヽ\_ ノ└‐''7_ク 〃
    l         ヽ、ヽ ___ゝゝ'´        `く  
     l.          `ヽー──‐'テ    ,ニ、   r、l    美鈴が後追いなし、咲夜が恋人なしの時点でお察しじゃない?
      l           ヽ     /l   l丶l    ト'll
      ',           j   / l    ト、j  _ L.ハ
       ヽ、           ノ  ̄ l   〉、   ̄  rァ ノ
        丶、____ , イ    l ,'  ` ー- ,-‐、<
                   j    レ,     j  } リ
                   /  ,.‐,-、レヽ、   ノ   ル'′
              /   / /  ヽ  ヽ   ,rイ
                 l  〈 ヽ、_〉、  Y  j
               'ー'‐'′      ヽ_j_jノー'′」
チルノ 「ご注文は…ルーミアよ!」
小悪魔 「ともあれお疲れ様ぁ!
やっぱり最後に愛は勝つってことだねぇ」
真白 「……狼が両方刺さってたら強いね」
チルノ 「>やる実
ささってないなんて言ってないわよ!」
咲夜 「お疲れ様です。」
ルーミア 「『お疲れ様なのかー』」
小悪魔 「毛じらみとかもそらしいねぇ?」
やる実 「おっつー。なんだ、刺さってるやんけ! >相方」
チルノ 「お疲れ様-」
ゲーム終了:2017/08/23 (Wed) 23:55:50
[恋人・キューピッド勝利] 愛の前には何者も無力だったのでした
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
咲夜 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
ルーミア1 票投票先 1 票 →咲夜
チルノ0 票投票先 1 票 →咲夜
咲夜4 票投票先 1 票 →ルーミア
真白0 票投票先 1 票 →咲夜
やる実0 票投票先 1 票 →咲夜
チルノ は 咲夜 に処刑投票しました
咲夜 は ルーミア に処刑投票しました
ルーミア は 咲夜 に処刑投票しました
真白 は 咲夜 に処刑投票しました
やる実 は 咲夜 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
パチュリー 「白血病も獣○のせいじゃなかったかしら?」
やる実 「AAにはしづらそうだよなー」
チルノ 「紅魔館全滅END狙い?」
パチュリー 「草生える>遺言」
咲夜 「(パチュリー様が捕食されてるようにしか見えない件について)」
チルノ 「サンダースのAAがないのってだいたいあのとげとげの背中の正じゃない?」
ルーミア 「『闇の剣よ』『切り裂け』『切り裂け』『切り裂け』『アレイアード!』」
やる実 「あとは紅魔館全滅が目標……だな!」
パチュリー 「人類と獣の交尾は認めちゃいけない、歴史が証明している…」
小悪魔 「とりあえず雑コラしてみた」
真白 「……1cp落ち、残り2cp?」
美鈴 「おつおつ」
やる実 「うおぉわっかりやすい() >恋人」
咲夜 「主従関係ですか」
ルーミア 「『おはようなのかー』」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
小悪魔さんの遺言                / l
            ア!  !     手乗りパチュリー
             /:::|  l         _
              |:::::l  |     / .) ./ !  . l     /    / /
        <⌒.>'"  ` <   / ./ / /  ヽ v l /    //  ,  ̄ ̄__ --==--
          アノ沁 O   `ー'ー'―――-,...入         //        , - -==
          ´ .lゞ'   __  「::::::::::::::::_>/.ノ   /::::::> -= ミ  {//_ / /   ィ
           人` , ゞ--'  \二二 -.'   { ト':::::::::::::ゝ_ミ  V::::::::::::........._  _/ ^^ -=
            >-- -、ヽ \、\..ゝヽ  >イ::::::::::::;;:::::::::::\ V:::::::::::::::/
               ,′   ヽ^ー┘\\. { ( \{:::l:::::::::::::l::::::::::::::::::\ヽ::::::::::i  , -=≦ ̄≧=-
             ,    、  ∨     ヽ ヽ... }:::l:::::::::::::l::::l::::ヽ:::::::::::::ゝYノ::ハ  /  , -イ
              i   ! ! .! ∨      ) l. }::ト::,:::::,;;:::::::::::::::> -ー-y::::::::ハ/ /:///   ≦
              ∧ .∨  l_ 丶    / , Y /::;;::::::;;;:::::,,:::/  rツ /::::::::::::::{/:::/:::::::/^^- ==ミミ
           γヽ l!  ′  ヽ /./  ト 、:::::::::::::::::/_,,, --=::::::::::::::/::::/::i::::/
          _!  } |. ,′   ノ' / >_   ゝ_)::::::j;;:::::::::::::::::::::l|::::::::::::::/::レ::/:::/ -==ミ
            >'l .! !ヽ、__ .イ¨´.ニニニ\ l l:::{:::::}ノ::::::::::::::::::::_, -イ:::::/:::::::{:::::/ /
           `¨¨ゝ.'U '--.'´.:::::::::::....、-=ニミ:ゝ':::::---イ~Y^_i_jイl::::/::::::::/-イ{γ //
                /::::::-=:::::::::::::::::\ニニニl  l___Y__|_ | ノ..., -}::]:::::::::/:::::::Y彡{/ / ⌒
               /::::::::ゝ::::::\::::::::::::::::::\_ _フ........._, -‐ Y..../:::::::::::/:::::::::::l彡{  {ハ  ハノ
              /::::::::/:::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::/.._,, _≦_j_ノ ┘ r 」:::::::::::/::::::::::::::i彡 ハ ヽ_ノ
            /::::::::/:::::::::\::::::::::::::::::::::/../ l´ rv-y l l_ノ-':::::::::::.イ:::::::::::::::{//l  } /
           /::::::::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::{../:::::::ト ┴┴_ィ:::::::::_ -=/:::::::::::::::::::::l ノ ミミミミY彡彡
         /::::::::::::::::::::::::::://///:ヽ:::::::::::lノ:::::::::ゞ::::::::::::::: イミミ-=ミヾゞ、;:::::_/ミミミミ/彡彡
        イ:::::::::::::::::::::::::::::://////l::::::}::::::::}::::}::::::}///Tミミミミゞミミミ\ミミミミミミミ/彡彡彡
        :::::::::::::::::::::::::::::://///// l::::j:::::::/::/::::://///lミミミミミミミ≧==--≫V/ /彡彡彡彡
        :::::::::::::::::::::::::::://////// ゝ_ゝ_/_/_::丿////トミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミV彡彡彡彡彡
美鈴さんの遺言 なにがどうしてこうなった
パチュリーさんの遺言            ,,、                     ,,
           ヽ"'-,,_                _,,-'"/
            ヽ;;,,,, "'-,,_          _,,-'" ,,,,;;/
             \;;;;;;;,,,, "'-,,  __,,,,,__ ,,-'" ,,,,;;;;;;;ノ
               \;;;;;;;;;;; ,r''"    "''ヽ ;;;;;;;;;/    こあと恋人って主従関係としていいのかしら?
                >‐''l          l''‐<      禁断のSSを書く時間が、あっ、ちょっと待って
              ,,-'"  〈 ,、、 ○ ,,,、 〉  "'-,,
             / __,,-, 人ヽ;;;)   (;;;ノ人 、-,,__ \   
             " ̄   ''"  ゙ト,,__ ‐ __,,イ   "''    ゙̄
                     |    ̄  l
    (⌒""'''-,,_             l       |
   _,,,二==-  "'-,,         イ       l
  (  __,,,,-─-,,_ \    /i゙    ,    |
    ゙ ̄         \ ヽ r'" 〈    i,,,,i   〉
              ヽ Y    l     !l    入
               ゙i ,r'     l     !   ,! ヽ
              ヽl      l    |   l   )
               ヽ  __,,|   l  〈_ノ
                "''-LL,,(,_,_,_,},_,_,_{__,ゝ
小悪魔 は恋人の後を追い自殺しました
パチュリー は無残な負け犬の姿で発見されました
(パチュリー は人狼の餌食になったようです)
やる実 は パチュリー に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
やる実(人狼) 「嫌な村だなあ……(」
小悪魔の独り言 「なるほど、僕はケモナーかぁ!」
パチュリーの独り言 「                                   /,1
                                 // ll
                               //  ll
         ______ __           //   ll
   、、     \ 、──‐ -- -、ヽ.     ,ィ  //   〃
   j ヽ、 ____\ヽ、       ヽ\_ ノ└‐''7_ク 〃
    l         ヽ、ヽ ___ゝゝ'´        `く   関係ないけどブイ族ってやっぱりイーブイが可愛いわよね
     l.          `ヽー──‐'テ    ,ニ、   r、l   まあ、私はリーフィア推しだけど。
      l           ヽ     /l   l丶l    ト'll
      ',           j   / l    ト、j  _ L.ハ
       ヽ、           ノ  ̄ l   〉、   ̄  rァ ノ
        丶、____ , イ    l ,'  ` ー- ,-‐、<
                   j    レ,     j  } リ
                   /  ,.‐,-、レヽ、   ノ   ル'′
              /   / /  ヽ  ヽ   ,rイ
                 l  〈 ヽ、_〉、  Y  j
               'ー'‐'′      ヽ_j_jノー'′」
チルノ(人狼) 「>やる実
逆に考えるのよ。 ズレすぎていて基準が行方不明。」
真白の独り言 「……あとは風神、かな」
美鈴 「狂犬病になったとかニュースでやってた>獣◯」
ルーミアの独り言 「『幻覚なのかー?』」
真白の独り言 「……掃除屋噛めたら儲けもの、だね
私には誰かを殺す力はないから貴女頼りだけど」
やる実(人狼) 「ま、適当に噛むとするか」
やる実(人狼) 「というか何もかもがズレすぎじゃねえかなあこの村はwwwwwwwwwww」
パチュリーの独り言 「アイコン的に完全に獣○ね」
チルノ(人狼) 「最後の何よ!? 絶対殺すでしょ!?」
ルーミアの独り言 「『ノーマルなアイコンなら』『普通に撃ってただろうし』」
パチュリーの独り言 「ああ、ダメよこあ……いけないわ、紅魔館でこんなこと……!」
チルノ(人狼) 「>やる実
あたいみたいにみんな姿を変えられてるだけだと思う。」
パチュリー は 咲夜 に狙いをつけました
小悪魔の独り言 「ふっふっふぅ!
そりゃあ僕は主の忠実な部下? ですからぁ?」
やる実(人狼) 「まあまだ2狼だ、うまく恋人ブチ殺せりゃこっちのもんよ
チルノが刺さってたら?祝福したるで()」
美鈴 「でっていうの誘導がなぜかヒゲ関係ない美鈴に通じただと・・・!?」
ルーミアの独り言 「『この面子だと』
『チルノちゃんが別のカオスなアイコンでも』
『撃ってたかもなのかー?』」
チルノ(人狼) 「やる実はボッチなの?」
パチュリーの独り言 「           ,,、                     ,,
           ヽ"'-,,_                _,,-'"/
            ヽ;;,,,, "'-,,_          _,,-'" ,,,,;;/
             \;;;;;;;,,,, "'-,,  __,,,,,__ ,,-'" ,,,,;;;;;;;ノ
               \;;;;;;;;;;; ,r''"    "''ヽ ;;;;;;;;;/    こあと恋人って主従関係としていいのかしら?
                >‐''l          l''‐<      禁断のSSを書く時間?
              ,,-'"  〈 ,、、 ○ ,,,、 〉  "'-,,
             / __,,-, 人ヽ;;;)   (;;;ノ人 、-,,__ \   
             " ̄   ''"  ゙ト,,__ ‐ __,,イ   "''    ゙̄
                     |    ̄  l
    (⌒""'''-,,_             l       |
   _,,,二==-  "'-,,         イ       l
  (  __,,,,-─-,,_ \    /i゙    ,    |
    ゙ ̄         \ ヽ r'" 〈    i,,,,i   〉
              ヽ Y    l     !l    入
               ゙i ,r'     l     !   ,! ヽ
              ヽl      l    |   l   )
               ヽ  __,,|   l  〈_ノ
                "''-LL,,(,_,_,_,},_,_,_{__,ゝ」
真白の独り言 「……他に矢は刺さってないよ」
やる実(人狼) 「しかしこの村レミィもフランもいねーんだな。
そもそもあいつら本物ですらねえぞ!」
パチュリーの独り言 「こいつ、見つけてきたというのか…
流石主従ね…」
小悪魔の独り言 「サンダースも有るんだよねぇ!
うっかり読み飛ばしちゃったかなぁ?」
咲夜 は 小悪魔 に狙いをつけました
チルノ(人狼) 「見事に吊られてて草」
やる実(人狼) 「出だしは順調、っと」
真白の独り言 「……外れ者同士だけどよろしくね」
パチュリーの独り言 「あった!!」
ルーミアの独り言 「『アイコン採用してくれたので』>チルノちゃん」
小悪魔の独り言 「         ,.ィ
      / l     ___
       l ,ィ.}, 、>,-=ァ./
.      j/' '´ ≦シ,--' ,ィイ _,
     ℡ ,z:ァ .<'ア-, /}'  l//
      、^__, ̄ _,> ーァ'    ー‐ァ
        ィー‐ '´ 、 ,ヘ     、 <´
.      'ァ ,   「 r 、'^ヽ -一
      ムイ^'V!ヘj .|! } ,:ゝ  〉
.        | j .|  / <_ノ / ./
       ゝ-' .<_ノ    `¨
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
美鈴 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
ルーミア0 票投票先 1 票 →咲夜
チルノ0 票投票先 1 票 →パチュリー
美鈴4 票投票先 1 票 →咲夜
パチュリー1 票投票先 1 票 →美鈴
咲夜2 票投票先 1 票 →美鈴
小悪魔0 票投票先 1 票 →やる実
真白0 票投票先 1 票 →美鈴
やる実1 票投票先 1 票 →美鈴
小悪魔 は やる実 に処刑投票しました
咲夜 は 美鈴 に処刑投票しました
真白 は 美鈴 に処刑投票しました
美鈴 は 咲夜 に処刑投票しました
チルノ は パチュリー に処刑投票しました
ルーミア は 咲夜 に処刑投票しました
パチュリー は 美鈴 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
チルノ 「こういうのって、言った本人が吊られるものよ。
>パチュリー
美鈴 「ヒゲはヘイトじゃないと思います
ヒゲじゃないけど」
やる実 は 美鈴 に処刑投票しました
小悪魔 「それじゃあお客様は二人も要らないし、片方にはご退場願いまSHOW!」
パチュリー 「                  ト---- ,,.._        ____,イ
          (⌒ヽ.     \::::::::::::: ........>─‐< ......... ::::::::/
          `ヽ ',       \::::::::::::/    __  \:::::::::::/
   r─- .._  l i         >- '    l:::.j   ‐<
   丶. _  `ヽ| |      /   /l  |::ヾ. `´ /.:! ト、,、 ` 、    というかエーフィのAAなんてあるものなのね。
         ̄`ヽ. l    / /レ ∧ 'ー'   ー''/  \ ヽ    ブイ族でサンダースだけAA見つからなかったのだけど?はぶられてるのかしら?
            } !   //   / \_  . /      \|
            ,′′   ´     /        ̄「
            ,' /        /       |
         / /     /     ,   |
         / /   -‐ ´    l    l   !
          ,' / /       |  l ,   ,'
          ! l /         |   l′ /
          ヽ.У         |   ! /
         |           | |/
         l        , ∠!  |'
            \__   ∠、‐-ヘ   !
              `ー―‐'‐'   \_j」
やる実 「ところで何故ヒゲが生えているんだ……?」
チルノ 「うさぎ? うさぎ注文するってあたまおかしいんじゃないのかな?」
美鈴 「ネタ要員かよ!?>パチュリー」
パチュリー 「お気の毒に、文句は全部美鈴に言いなさい>咲夜」
真白 「……こういうときはヘイトアイコンのヒゲを吊ればいいってでっていうが言ってた」
咲夜 「いやまぁお嬢様いない状態ですからなんとも言えませんが。」
やる実 「8ミリの弾丸っていいよね。」
チルノ 「ご注文はかき氷でいいかしら?」
咲夜 「誰とも繋がってない悲しい」
ルーミア 「『おはよう』」
パチュリー 「           ,,、                     ,,
           ヽ"'-,,_                _,,-'"/
            ヽ;;,,,, "'-,,_          _,,-'" ,,,,;;/
             \;;;;;;;,,,, "'-,,  __,,,,,__ ,,-'" ,,,,;;;;;;;ノ
               \;;;;;;;;;;; ,r''"    "''ヽ ;;;;;;;;;/    吊られオチ役がいないのよね
                >‐''l          l''‐<       アイコンと立場的に美鈴なのかしら?
              ,,-'"  〈 ,、、 ○ ,,,、 〉  "'-,,
             / __,,-, 人ヽ;;;)   (;;;ノ人 、-,,__ \   
             " ̄   ''"  ゙ト,,__ ‐ __,,イ   "''    ゙̄
                     |    ̄  l
    (⌒""'''-,,_             l       |
   _,,,二==-  "'-,,         イ       l
  (  __,,,,-─-,,_ \    /i゙    ,    |
    ゙ ̄         \ ヽ r'" 〈    i,,,,i   〉
              ヽ Y    l     !l    入
               ゙i ,r'     l     !   ,! ヽ
              ヽl      l    |   l   )
               ヽ  __,,|   l  〈_ノ
                "''-LL,,(,_,_,_,},_,_,_{__,ゝ」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
(身代わり君 は人狼の餌食になったようです)
やる実 は 身代わり君 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
やる実(人狼) 「つぎは妖精大戦争出演だな >チルノ」
ルーミアの独り言 「『この面子だと』『どっちみちチルノちゃんになりそうだけど』」
やる実(人狼) 「よし遺言もセットした!」
チルノ(人狼) 「なんだか、名前と見た目が似てるからってこんな姿になったけど
それでもあたいが最強なのは変わらないわよ!」
パチュリーの独り言 「来ないということは、咲夜‐美鈴まで読める展開ね…
真白とやる実がどこに打つか、ルーミアならチルノラインでしょうけど。」
ルーミアの独り言 「『採用してくれたお礼に』『なのかー?』」
チルノ(人狼) 「なんでそうなるのよ!?」
やる実(人狼) 「そいつぁ楽しみだな」
チルノ(人狼) 「解けないのもこれがあたいの本当の姿じゃないからよ」
やる実(人狼) 「なるほどチルノNEOにでもなるのか」
真白の独り言 「……吊られそうだけどヘイトアイコンいるし大丈夫、だよね?」
チルノ(人狼) 「言っておくけど、これはあたいの真の姿じゃないわよ!」
ルーミアの独り言 「『アイコン提案したからね』」
やる実(人狼) 「そもそもあれ、なんで溶けないんだ……?」
ルーミア は ルーミア チルノ に愛の矢を放ちました
パチュリーの独り言 「女神3、ということはあと二人は別の場所に打ったとみていいのね?」
真白 は 真白 やる実 に愛の矢を放ちました
チルノ(人狼) 「なんでよ!?」
真白の独り言 「……これ、刺し先に困る。外れ者同士でいいかな」
パチュリーの独り言 「これは主従>こあ」
やる実(人狼) 「日焼けしてない、やりなおし >チルノ」
チルノ(人狼) 「ま、好き放題しましょ」
ルーミアの独り言 「『女神ねえ』」
チルノ(人狼) 「ズサ狼ね。よろしく。」
小悪魔 は パチュリー 小悪魔 に愛の矢を放ちました
出現役職:村人1 おしら様1 風神1 掃除屋1 静狼2 女神3
ゲーム開始:2017/08/23 (Wed) 23:47:03
やる実 が村の集会場にやってきました
小悪魔 「あんめいぞおおおおおおおおお、ぐろおぉぉぉりあぁぁぁぁす!!」
ルーミア 「開始」
パチュリー 「サイコキネシス打ってるわ」
小悪魔 「さんたまりあうらうらのーべす」
ルーミア 「1」
美鈴 「俺ジャンプするしか能がないからな」
チルノ 「>真白
気にしない気にしない!」
ルーミア 「2」
パチュリー 「妹様が分身すればあるいは。」
真白 「……あ(今名前関係に気づいた)」
小悪魔 「ギロチンにぃ、リトルボォイにぃ、ロッズフロムゴッドもばっちり調整済みだよぉ?」
ルーミア 「3」
チルノ 「ここからズサで50人埋まらないかな?」
ルーミア 「4」
ルーミア 「5」
小悪魔 「あ、僕はサプライズで驚かせる役をやるから!」
咲夜 「歓迎しましょう、盛大にね!!」
ルーミア 「『ギリギリセーフ!』>真白」
小悪魔 「おぉぉぉぉおお!! 紅魔館にお客さんだよぉお?
それじゃあたぁっぷりと歓迎しないとねぇぇぇぇ?」
真白 「真白 さんが登録情報を変更しました。」
チルノ 「紅魔館ってマルマインみたいなものでしょ?あたいしってるよ!」
美鈴 「ツッコミ役にエントリーだ!」
パチュリー 「ええ、セーフね」
真白 「……間に合った?」
真白 が村の集会場にやってきました
ルーミア 「『この流れだと』『ノーヘアーな大ちゃんが』『来るかもね』」
小悪魔 「そういえばぁ、爆発オチ合同っていう合同誌があるよねぇ?
紅魔館もどっかんどっかん! こりゃぁ愉快愉快♪」
パチュリー 「紅魔館が爆発するのは大概レミィのせい、これは昔から決まってる」
チルノ 「大ちゃん来ないかなぁ…」
咲夜 「>パチュリー 紅魔館爆発の件も含めてですね」
ルーミア 「『延長の時間過ぎてるのかー』」
小悪魔 「あ、それじゃあ僕がツッコミ役立候補しちゃうよ?
ふっふっふ、ボケには容赦しないけどねぇ! さぁがんばれがんばれみ・ん・な!」
パチュリー 「そう、じゃあレミィに全部この責任を押し付けた方が良さそうね>咲夜」
咲夜 「>パチュリー やだなぁ。お嬢様に決まってるじゃないですか」
ルーミア 「『ツッコミ役なんて』『なかったことにする』
『そういう村だろ?』」
パチュリー 「紅魔館のツッコミ役って誰なの?」
小悪魔 「めーりんはまぞ。咲夜にナイフで刺されるのがすき。
とかいえば僕らしいかなぁ?
まぁどっちでもいいけど☆ミ」
美鈴 「ツッコミ放棄するとろくなことにならないぞ・・・俺は詳しいんだ」
小悪魔 「はっはっは
僕の私の名前なんてさして問題じゃあないのサ
主の好きなように呼べばいい。それが僕になるんだから>パチュリー」
チルノ 「紅魔館の主ほっておいてみんな好き放題してるのね。」
ルーミア 「ルーミア さんが登録情報を変更しました。」
ルーミア 「『6ボスなんて』『なかった』『なのかー?』」
パチュリー 「いいえ、主従らしくこあって呼ぶべきかしら?」
小悪魔 「やぁやぁみんな揃ってるようでなによりじゃあないか!
じゃあ僕もホイホイやって来ちゃうよぉ?」
咲夜 「あら小悪魔」
パチュリー 「あら小悪魔、よく来たわね。」
小悪魔 が村の集会場にやってきました
ルーミア 「『裸エプロンと比べたら』『どっちがマシなのかー?』」
パチュリー 「サバンナって聞くと今時期はサーバルちゃんくらいしか思いつかないわね」
ルーミア 「『お前がほしい』『そんなことを言うヘンタイがいたのかー』」
咲夜 「ちなみに正しい言葉にするならサバンナに生息する白い角を持った巨体の獣を入れなくてはいけませんよ。」
チルノ 「もういいわよ!しらない!」
パチュリー 「格好つける妖怪もそれなりに素敵ね」
チルノ 「>ルーミア
それヘンタイ!」
咲夜 「>チルノ うるさわね……うさるわね……どこにさが入ると言うんでしょう彼女は」
パチュリー 「容姿の肯定をしてから否定を取り入れる、妖精らしい文法ね>咲夜」
ルーミア 「『闇の剣よ』『切り裂け!』」
咲夜 「「麗ね」って意味かもしれません」
チルノ 「ちょっと「さ」が抜けただけよ!」
ルーミア 「『これだと原型を保ってるのかー?』」
パチュリー 「うるわね…新しい妖精言語かしらね…」
チルノ 「>パチュリー
う、うるわね!バーカ!バーカ!」
咲夜 「いつものことでは?」
ルーミア 「ルーミア さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 1992 (ルーミア2) → No. 4349 (球磨川ルーミア)」
美鈴 「グールイタブッテルダケデスヨ」
パチュリー 「やだこの咲夜、銀のナイフを殺人的に投げてきそう」
パチュリー 「延長って書いてるわよ、相変わらずそそっかしいわね>チルノ」
咲夜 「1~5の流れ的にこうした方が良い気がした」
パチュリー 「美鈴、女なのに鼻をほじるなんてはしたないわ。
レミィを見なさい、死体をほじってるでしょ?」
チルノ 「どうでもいいけど30分すぎてるわよ?」
レミリア 「レミリア さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:レミリア → 咲夜
アイコン:No. 372 (アーカード) → No. 375 (アンデルセン)」
美鈴 「巫女も神父も同じようなもんだろ(ハナホジー」
ルーミア 「アイコンと名前の共通点がわかればいいやみたいな?」
レミリア 「アー」
レミリア 「東方で神父キャラはいないわね。」
パチュリー 「咲夜がアンデルセンフラグがたったわね…」
美鈴 「なんかうるせぇ神父が来そうだ」
チルノ 「いや、バレるでしょ?やってみたけど!」
チルノ 「チルノ さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 14 (チルノ) → No. 9244 (チノ)」
ルーミア 「23:40に延長なのかー」
レミリア 「ごきげんようパチェ。」
ルーミア 「だいたいあってる>レミリア」
レミリア 「あら、皆おそろい」
パチュリー 「あらレミィ、ごきげんよう。」
レミリア が村の集会場にやってきました
パチュリー 「そうなのかしらね、まぁ本人は成長に気付かないものなのかしら>美鈴」
美鈴 「男子三日会わざればとか言うだろう?
成長期なんだよきっと」
ルーミア 「名前も似てるし色も似てるしバレないって>チルノ」
パチュリー 「?>チルノ」
チルノ 「>パチュリー
いや、突っ込まないでいようとしたけど、突っ込む。
違うのあんたたちのほうでしょ!?」
ルーミア 「咲夜さんはどんなアイコンになるのかー?
それとも流れをブレイクするのかー?」
チルノ 「>ルーミア
チノじゃん!それ!?」
パチュリー 「ところでこれはなにかしら?
異変?ルーミアとチルノの姿がいつもと違う気がするのだけど?」
ルーミア 「なお私がチルノのポジションにいたら
ごちうさになってた模様?」
美鈴 「チョット筋トレしすぎてな」
チルノ 「>ルーミア
元凶はあたいの気がするけど、もう放っておく構え。」
チルノ 「>美鈴
つまり…どういうことだってばよ!?」
パチュリー 「あら、美鈴?
今日は一段と男らしいわね?」
ルーミア 「なにこれひどい村」
パチュリー 「よろしくお願いするわよ」
美鈴 「イザナミだ…>チルノ」
パチュリー が村の集会場にやってきました
チルノ 「幻術か?…いや幻術じゃない?なんだアレは?」
美鈴 「パチもんちゃうアルヨ」
ルーミア 「森のキノコにご用心?」
ルーミア 「名前とアイコンが一致してないのかー?」
美鈴 「よろしくアル」
チルノ 「ちょ!?」
美鈴 が村の集会場にやってきました
ルーミア 「東方ばっかりだと早苗鯖っぽいのかー」
チルノ 「そもそも、それするなら早苗鯖でやれって言われそうだけどね。」
ルーミア 「流れに乗るのも乗らないのも自由なのだー」
ルーミア 「チルノちゃんが「紅魔郷2ボス」とは限らない説なのかー?
リグル、秋静葉?、キスメ、ナズーリン、幽々子…?」
チルノ 「>ルーミア
とはいっても、それを狙ってそのキャラRPできない人が入りにくくなったら嫌だから
あたいは別に気にしてないけどね。」
ルーミア 「パチュリー、咲夜、レミリア、フラン…ってなればうれしいのかー」
チルノ 「あたいしってるよ!次の来るのはきっと美鈴ね!」
ルーミア 「よろしくなのかー」
チルノ 「ルーミア見っけ!」
チルノ が村の集会場にやってきました
ルーミア 「切弱中強という順番もありそうなのかー?
弱肉強食の穴埋めにはできないけど」
ルーミア 「どこかの巫女に退治される1ボスの運命なのかー?」
ルーミア 「弱肉強食も焼肉定食も好きなのかー」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → ルーミア
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1992 (ルーミア2)」
かり 「○肉○食は焼肉定食にするんでしょ?」
かり 「弱中強切を見て連想したのが
弱○強○だったりする」
かり 「23:30開始予定です
8人未満なら延長」
かり が村の集会場にやってきました
村作成:2017/08/23 (Wed) 23:02:42