←戻る
【紅番外】やる夫たちの月曜恋色決闘村 [6648番地]
~92回目:成人の日~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 1 分 / 夜: 3 分)[1:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する決闘村
1 2 3
icon 身代わり君
(生存中)
icon 大妖精
(生存中)
icon 瀬笈葉
(生存中)
icon 西住みほ
(生存中)
icon ガチャピン
(生存中)
icon キル夫
(生存中)
icon ジョニー・デップ
(生存中)
icon シュガーサテラ
(生存中)
村作成:2018/01/08 (Mon) 20:04:28
かり が村の集会場にやってきました
かり 「20:30開始予定です
8人未満なら延長」
かり 「ハッピーマンデー系の祝日はサブタイになりやすい説?」
かり 「成人式とは無縁そうなRPばっかりな気がするけど」
かり 「声優さんの年齢だと…最近の声優わからない不具合…」
かり 「95年度の水瀬さんはわかる」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 大妖精
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 15 (大妖精)」
大妖精 「サブタイとは関係ないですが
⑨周年だと小6の子供(11-12歳)が成人になるくらいの年数ですね」
大妖精 「それなら20周年っぽいRPをしろと言われそう?」
瀬笈葉 が村の集会場にやってきました
瀬笈葉 「ただいま!」
西住みほ が村の集会場にやってきました
大妖精 「おかえりなさい…ってなんでただいまなんです?」
西住みほ 「支援射撃を行います!」
瀬笈葉 「外出先に傘を忘れてしまいまして…
あわてて取りに戻ってまた帰ってきたところです(ぜーはー)」
大妖精 「お疲れ様ですね>葉さん」
西住みほ 「というわけでよろしくお願いしますね」
瀬笈葉 「こう、帰る時に雨が降ってないとですね? つい油断してしまってですね」
瀬笈葉 「あ、こんばんは
よろしくお願いします」
大妖精 「折りたたみなら忘れることはないと思います>傘」
西住みほ 「傘がないなら戦車に乗りましょう(提案」
瀬笈葉 「…………(←折り畳み傘も忘れたことがある)」
大妖精 「どんまいです>葉さん」
瀬笈葉 「すみません……」
大妖精 「延長は20:40くらいの予定です」
大妖精 「20年前のゲームと聞いて「遊んだことある」人はつまり…
これ以上考えるのはやめておきましょう」
西住みほ 「ちゅ、中古で買った可能性もあるかもしれないじゃないですか…!>大妖精さん」
瀬笈葉 「生放送ではありませんが『仮面ライダー』は全話見ました!」
大妖精 「1997年のコンピュータゲームとか
1998年の(以下同文)とかを見ると
どんなのがあったのか確認できますね」
瀬笈葉 「V3もXライダーもアマゾンズもです。温故知新ですよ、温故知新」
大妖精 「中古とか親とか兄弟とかが持ってたとかいろいろありますよね」
瀬笈葉 「今は昔と比べて、古いものを観たり遊んだりすることも難しくありませんから」
大妖精 「バーチャルコンソールとかアーカイブスとかありますし」
瀬笈葉 「最近だと著作権の切れた映画が無料で観られたりもするんですよ
パブリックドメインですね」
大妖精 「ネットによって新たな攻略情報が発覚するとか」
西住みほ 「SFCやN64のRTAなども盛んですよね」
瀬笈葉 「時代を超えた新たなカップリングが」
大妖精 「いない恋人におびえる決闘(身代わり君率1/3?)」
ガチャピン が村の集会場にやってきました
キル夫 が村の集会場にやってきました
ガチャピン 「緑こそ至高ですぞ(挨拶」
キル夫 「よっす」
ジョニー・デップ が村の集会場にやってきました
ジョニー・デップ 「俺ちゃん惨状!」
西住みほ 「緑さんチームに囲まれました!?」
大妖精 「緑陣営勝利…と言おうとしたら緑じゃない人も結構入ってくるんですね
いらっしゃいませ」
キル夫 「すげえ、なんか俺の前後に来た連中のせいで
俺まで色物に見える。」
シュガーサテラ が村の集会場にやってきました
シュガーサテラ 「はい、よろしくお願いしますね」
瀬笈葉 「ガチャ…キル…バ…」
瀬笈葉 「ガタ…キリ…バ…」
ガチャピン 「色物はみほのことですな、わかりますぞ>キル夫」
シュガーサテラ 「ガタキリバ?(すっとぼけ)」
大妖精 「8人…そこそこ集まってきましたね」
キル夫 「心はいつだってグリーンのつもりだ
草だって生やすしw」
シュガーサテラ 「あ、遅かった……」
大妖精 「5」
瀬笈葉 「あ。こんばんは」
大妖精 「4」
キル夫 「>ガチャピン
お前がそう思うのなら、そうなのだろうな。
いや、あながち間違いでもないけどな」
大妖精 「3」
大妖精 「2」
キル夫 「んじゃ、はじめっか」
大妖精 「1」
西住みほ 「それでは、パンツァーフォー!」
大妖精 「開始です」
ゲーム開始:2018/01/08 (Mon) 20:42:31
出現役職:おしら様1 風神1 掃除屋1 静狼2 女神3
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
身代わり君 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
ジョニー・デップ 「だが待ってほしい
俺ちゃんだって好きでジョニー・デップに激似なわけじゃねえんだよ!」
大妖精 「おはようございます」
西住みほ 「                                                      __,ノ
                                  __              ).
                              , ...:´::::::::::::::` 、          ソ  上 旗
                                 〃::::::::::::::::::::::ヽヾ\        ,)   げ
                              ;::::::::::::::::::::::::::::::::::',} ',       ⌒ヽ. て
       人_,、ノL_,iノ!                   i!::::::::::::::::::::::::::::::::::刈:::} ト、      _ノ  け
           フ   /                l :::::::::::::::::::::::::ィ(c7:;::::从ヽTfr.、.  ⌒ヽ
        だ. ラ  {            _ ,.イ:、:::::::::::::::::::::::::`¨´}人::::::リ |.|| }     ヽ
.       !  ッ   ヽ.         r≦ミ:、::ヘ:::Vハ:::::::::::::::::::::::;ィノ  |杙ハ|l }.',  __,ノ  な
           グ    >     ,.イ_:::ヽ::::::::::{| 刈、:::: ー≠ツ〃 | |l l   }  .} ∧    ヽ.  あ
            車   /     rf:::=ミ::::::::ヽ::::::_:::{ {:::::::::::::::::::(・),′!.|l | }l  ノ 刈i    )
   ⌒)         ィ     /:::ミ_:r≠ィ:r7ニ(´う:::::::::::::::::::::/__ノ___|l |〃     }、.    Y⌒
   、- '   だ. フ  L_   / ̄::7::::::::::「lirヘ   〉、::::`ヽ、:::::::{/_ ̄ ̄_」:ト、       ヽ
   _ )   ろ  ラ.  く.   :::::::::::{::::::::::: |斗、 `ヾ }ァー __〉:::::::::::::: ̄ ̄  } ヽ      \
   )   う.  ッ.    (_{::::::::::乂:::::::::ヽ二つーヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::` ̄:7  └ 、        ',
   ´)   !?  グ    / 乂:::_: ̄>        ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::,′    ',ミー
    )     車   (       ¨          rl::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ       弍ヽ    ',
  j`‐'          ィ                   ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l      Ⅵ
、- '  お だ フ な L_                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',       |l     l
_ ).   ま ろ ラ あ   く,             __rイ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y マ¨ヽ、  .|l      |
)     え   ッ     (_       __/:⌒:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::7_〉≧ ー┐l      |
´)      グ      ,ニ=      〃 ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≠‐-`  ‐- 、    |
 )       車    (_     __/′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧=‐- _ /  」|
⌒)-、 ,. 、       〈._     「::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ  7 ̄ 「
    ′ ヽ/⌒ヽ'⌒ヽ「.   l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\/_斗
                    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:}}  |
                  ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヤ   |
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ` ー-、:::::::::::::::::::::::::::::\ }
                     /:::::::::::::::::::::::/`  ー-‐  ´  ̄ ̄     `ヽ::::::::::::::::::::::::::::V」
ガチャピン 「キル夫顔が怖いですぞ(投票」
キル夫 「よっす、どうも」
瀬笈葉 「おはようございます!」
大妖精 「緑で集まると赤いのを吊りたくなる法則?」
キル夫 「>ガチャピン
お前にだけは言われとうなかった…!(投票」
シュガーサテラ 「ふえぇ、顔が怖い人が居ます……」
大妖精 「今なら霊夢さんにも勝てそうです」
瀬笈葉 「もう正直に言っちゃいましょう
恋人さんは手を挙げてください!」
ジョニー・デップ 「仮に俺がジョニー・デップに激似じゃなかったとしても……
お前らはキル夫を霊界に送り届けてくれてたんだろうな」
瀬笈葉 「はい!」
ガチャピン 「受けて立つですぞ」
キル夫 「あとやかましいサランラップ」
シュガーサテラ 「あっ、恋人COしちゃってる人が」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
大妖精0 票投票先 →ジョニー・デップ
瀬笈葉1 票投票先 →ガチャピン
西住みほ0 票投票先 →ガチャピン
ガチャピン3 票投票先 →キル夫
キル夫2 票投票先 →ガチャピン
ジョニー・デップ1 票投票先 →キル夫
シュガーサテラ0 票投票先 →瀬笈葉
ガチャピン は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ジョニー・デップ は無残な姿で発見されました
シュガーサテラ は恋人の後を追い自殺しました
大妖精 ジョニー・デップ で足音が聞こえた…
瀬笈葉 は恋人の後を追い自殺しました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
シュガーサテラさんの遺言
                                    / {
                            ___      i ∧      イ
                    ,......:::::¨”:::::::::::::::::::::: ”¨::....|    Y´ ̄  |
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  {      ,ノ
                ,..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: / ̄ `ヽ  vr  ∠-‐─…=- 、
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ー‐<   ゚^       \     \
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `ー─一1    }\____/     \
          _ ′::::::::::::::::/::::::::::::::/{ :::::: 斗r≦   仆   /\ ー─   __/⌒
        /  i|:::i:::::::::::: /:::::::::: 斗r≦       .斗r| \ i{    く⌒”¨
        / (__,i|:::|:::::::: 斗r≦       .斗r≦:::::::::::::|  i{    ト. \
        i{     ̄ ̄ ̄         斗r≦ ! ::::: | }:::::::: ∧ ヾ    ト ::\\
       \__ _ _____ 斗r≦::{::::::::|   |:::::::γ ⌒ヽ |::::\    |∧:::::\ 丶
         /::::::::::::::::::::、:::::: γ ⌒ヽ:{   }:/ |i   i| ! :::::: 丶 _|/∧::::::::∨∧
        /:::::::::/:::::::::::::::::\::{ |i   i|       乂___ ノ | /:::::::::|::::::::i|  ∨:::::|  i|
      ::::::::/ |::::::::::: / |::: \ ___ ノ   ,       イ:::::::::::::/::::::: i|  |:::::::|  i|
      |::::::::| |::::::::::::| l:::/:::::..、     r   ヽ    ,/.:::::::::::/:::::::::::リ  |_/} ,/
      、:::::|   .:::::::::| |/:::::::::/≧s。 乂 _,ノ 。s≦::::::::::::/:::::::::/  / __彡′
         \   \:::::{ ′:::::/:::::}:::::r┤__ __ _├{::::::::::/):::::: イ_____/
               `⌒i|:::::::/:::::/_ 斗 0V0V0V0V{::::/:::::/)
               /⌒i| : /:::::/::〉  、       Y::::::::/:::く\_______
                |   i| :::::: /::/    \ _____/ |:::::::::::::::::::}/ 「 [

                  わたしは  そこに  いますか?
ジョニー・デップさんの遺言                           /´ ̄ ̄``ヽ、
                         /         .ヽ
                        ./イ"`ヽ    ィ"ヽ、 .Y
                  r="ヘ   ,' __:::::::ヽ,,,,,,,/::::::::::::::ヘ |
                  {::::::::}}  {::_::ヽ::::::|''''/:::::::::::::::::::} |
                  .{::::::::}}  .|:::::`__:::::| .{::::ィ'''::-::-::} |
                 .  {::::::::}} .|:::::ヽ_ゝ:}::{''''::r--ァ:::::ノ |
                   {:::::::::}} .|:::::::::::::/ |::::::``´:::::/ |
                    {:::::::::}}ヘ:::::::::/  |:::::::::::::::/ .ノ
                    {:::::::::}}|:`-イ   ゝ:::::_ノ __,l_          ええっ!? 俺ちゃんがジョニー・デップに激似だって!?
                     .{::::::::::|:ヘ =三=   ィ''"::::::::|
                    __ {:::: ::|:::ヽ、__,/::::: :::: :::,|
              __,,、--、/  ){>"ヘ------'''"" ̄ ̄ >-、,__
           __/´     ヽ  / /  | ヘ   {::/  /  /// |〈  ,ヽ_
          ,,/ ``ヽ、、    ヽ' /,,,,, | ヽ、、 ノ/  /  /.{./  | .〉'ヽ  `` ̄ヽ
          イ ヽ、   `ヽ  / ./  ヾ  〉``' 、〃 / |l..  | |,--── --ヘ
       .  ノ    `ヽ、   )/ィ´   / /   ヾ:::ヽ { {ヾ r-/ __,,,--    ヘ``ヽ
       /{ `\   )//} ̄`\_,,,,、   ,,,、i、ヽィ ""、.ヾ| /(´   ノ  ', ヘ  \
      / / __  `) /r-=〃,,,ィ  .  ヽィ    ,,,、、  ;;;;r--ヽ{,、-''"   . ', ヘ  ヽヘ
      .{ /{  <_ゝ /  /=="/>、_ノ    {     .r'´´:::::::::| | ̄ `ゝ ,,,ィ''ヽ    ヘ   }:::ヘ
     ノ/ .ヘ    ̄  /   /--''':::|    ´     |:::::: :::::::::l l====l  ヘ      〉 /:::::::|
     r´:ヘ  \     ヽ--、l:::::: :::::|   :::;  .. .. |::::::::::::::::::"〔__〕::::::::::ヽ     /::\::::::/
  /ヘ:::::::ヽ   `>-'"}  /::::::::>'    ::.     .!-、:::::::::::::::<  〈::::::::::::::ヘ   /:::::::::ヽ/
./   ヽ::::::::ヽ:::::::::::::::::::/、_,,/;;;/,,,,,,,,、、、、__i ヽ__、、     ``ヽ:::::∨ ∧:::::::/:::::ヽ..ノ::::::::::::::::ヽ
     \::::::::::::::::::::::::/   { :::::::>'''´´     ```ヾヾ;;::::::::::|:::::::∨____〉::人__>'::::::::::::::::::::::/、
       \:::::::::::::::/   /0}::::::::|    、、、,,,,,,,,,,,,     ```|::::::::::`|彡:::::::ヘ::::::::::::::::::::::::::::/  \
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2018/01/08 (Mon) 20:49:52
ジョニー・デップ 「ぐえーっ」
大妖精 「お疲れ様でした」
ガチャピン 「お疲れ様ですぞ」
瀬笈葉 「ぐわー」
ジョニー・デップ 「馬鹿な……ジョニー・デップに激似な俺ちゃんがくたばるだと……!?」
キル夫
         ____
       /       \
      /         ヽ
    /     ( ー)  (ー)'
    |     (トェェェェェェェx ,--、  お疲れさん。
    \    \ェェェ<  ヾ zヽ
____/          \/| |  
| |  /  /            __ノ
| |  /  /          |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ.   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|」
シュガーサテラ 「お疲れ様でした
うーん、初日女神でしたか」
瀬笈葉 「そんな…」
西住みほ 「お疲れ様でした!」
瀬笈葉 「キル夫さんなら西住さんに告白していると思ったのに…!」
大妖精 「緑も赤もなかったんですね」
キル夫 「激似だから集中砲火を食らったんじゃないかという疑い>ジョニーなんとか」
シュガーサテラ 「貴方は素敵な人だから、狼さんからも狙われちゃったのね>ジョニー・デップ」
ガチャピン 「告白しても成立するとは限らないのですぞ(正論」
キル夫 「>瀬笈
どこにもそんなフラグも予兆もなかっただろうが!?>告白」
ジョニー・デップ 「いやこれは逆かー
ジョニー・デップに俺ちゃんが激似だったせいで
キル夫の嫉妬を買っちゃったかー かーっ 参ったなー
俺ちゃんジョニー・デップに激似だったからなー」
瀬笈葉 「うぐっ。…見誤ってしまいました。不覚…!」
シュガーサテラ 「それじゃあ、村立て同村お疲れ様でした」
瀬笈葉 「でも、『ラブ・ストーリーは突然に』って言うじゃないですか!>キル夫さん」
西住みほ 「  |
  |         . -━ -
  |        , :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:....、
  |    //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:........、
  l.    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.: ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:\
  l   /:./:.:/:.:.:./:. /:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨∨
  l  ./:./:.:/:.:.:./:. /:.:.:.:.:.: /| :.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.|:. |
西|  |:.:|:.:.:.:. !/:. /|:.:.:.:.:. /. | :.:.:.:.:.:.: | .:.:.:.:.:.:.: |
  |  |:.:|:.:.: l:.!-:/-|:./:.|-'  | :.:.:.:.:.:.: |:.:.| :.:.:.:.: |
住|  |:.:|:.:.: N:./ _l:._.:リ   り`ー 、: |:.:.|:.:.:.:.:.: |      顔の怖い方はちょっと…(ススス
  |  |:∧!:.:.:.|〈{7 _jう`    ァ< \:.:.!:.:.:.:./:.|
専|  l:.:.:.:\:.!、辷り       _j比!}〉:!:. |/ :.:.:.: |
  |  :.:.:.:.|ヽ._\    ,   匁ソ/:.!|:.:.:.:. /:.:.:.|
用|. /イ:.:.:|:.:.:.!.           /:.:|: /|/:.:.:.:. !
  |/ |:.:.:.!\|ヘ'>,   t ュ    /:.:.:.|/:.:.:.:.: ∧|
  l__j:\:.:.:.| }7 \_  。a今 |:.:.:.:.:.:.:.:.:. /
  |  |∧l\{/ノ    /:.:ヘ}/  !:.:/:.: /l/
  |      ./       ./'/,   /!/|/
  |',      ′     /  '/, /
  |:.',    |:.`ーzzz/    \
  |:.:.',    |:.†:.:.:/        `:.、」
キル夫 「なお、噛みその他は大妖精が殺った模様
俺無罪。あえていうなら共犯。おーけー?」
ジョニー・デップ 「ジョニー・デップに激似な俺ちゃんとしては
お疲れ様! 村建て感謝、いつかまた会おうぜ!」
瀬笈葉 「いいじゃないですか! 別に初対面でも、聞いちゃえばいいじゃないですか

『君の名は?』って!」
ジョニー・デップ 「あー そっかー
ジョニー・デップに激似な俺ちゃんが狼仲間じゃないから
あなたを殺して私も死ぬ! されちゃったかー
かーっ 俺ちゃんジョニー・デップに激似だからなー」
ガチャピン 「君の名はムックですぞ」
キル夫 「>瀬笈
それでも予兆のひとつやふたつはあるわ!?>ラブ・ストーリーは突然に
本当に突然なら完全な片思いじゃねえか!」
ガチャピン 「おつかれですぞ。またいつかですぞ。」
キル夫 「「君の名は?」
「あ、西住みほです」
これだけで会話が終わる未来が見えるわ!」
大妖精 「緑といえば赤いのを殺す流れだと思ってました
などと供述しており」
瀬笈葉 「(むしろ答えてくれない場合も……?)」
キル夫 「うん、×供述○自白だからね?>大妖精」
西住みほ 「急に顔が怖い人に名前を聞かれたら
普通の女子高生は逃げ出すと思うんですよね」
瀬笈葉 「…いえ、失敗を恐れていては何も始まりません

次に西住さんに会ったらプロポーズしましょう!>キル夫さん
『僕と血痕してください』って!」
瀬笈葉 「行動あるのみですよ! 行動あるのみ!」
キル夫
           ____
          /      \
        /         \
       /   (●) (●)  \     「(むしろ答えてくれない場合も……?)」
       |   (トェェェェェェェェイ)   |
       \  \ェェェェェ/   /
      /´ ̄          ィヽ
      〈    ̄  ‐- 、       i
      `ー,‐ -、_   ヽ       | l
       /   ヽ.て  〉     .| l
       l    | 、彡イ   ヽ_⊥-‐ 、
       l    _,l       ̄/     l
      γ    ト、_  / ̄ `l_-‐ ´
      (___〉    ̄ヽ --‐'


          ____
        /      \
      /           \
     /           \
      |   (●)  (●)   .|    …あ、すいません、ひと違いでした。
     \  (トェェェェェェェイ) ,/
    /      | ̄|      \   っていいわけ考えておくか・・・
   く      ri_l ピロリロリンヽ
    \   >!、_彡
      \   /
キル夫 「『僕と血痕してください』
「君と戦車砲で遭遇戦を熱く過ごしたいんだ!」」
瀬笈葉 「もしもそれで玉砕したら、慰めてあげますから
いい腐葉土、入ってますよ(スッ)」
大妖精 「世紀末石油王の名前ってなんでしたっけ?」
瀬笈葉 「ジードさん! …でしたっけ」
大妖精 「必要なものはLv99にする経験値と700円の指輪?」
西住みほ 「        〃/////:::::::;::::::::::::::::::::::i:::::::::、.∨////|     ナ
.        八'////:::::::/:::::::::/\;;::::|:::::::::::\∨///|     ニ
        `Y /::::i:/:::::::::/|   ∨\::::::::::::ヽ///| 頭  言
         │|:::::|什ナ/レ    ゞ==x\:::::::::|Y´ | お   っ
         │|:::::|'::|〓〓    〓〓〓|:::::: |:::::::| か  て
.        八.!\!N;;Y ヽ     .Y¨ヽ;;:;厶:::: |:::::::| し   る
           │:::::::|;弋゚ノ    弋゚ノ;;〕 :|::::: |:::::::| い   ゚
           │:::::::|ー'  ・   `ー=彡':|::::: |:::::::| よ
           |:::::::人           イ:i:::::|:::::<
           |::::/:│\ ⊂⊃   .イ: l::|::i::|/ |
           ∨ i::八 |≧==≦ . |:リ |::ノ  `ー――――」
キル夫
       ____
     /⌒  ⌒\
   /         \
  /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \  どう見ても殺人鬼の殺し前の挨拶か何かですほんとうにありがとう
  |   (トェェェェェェェェイ)   |  伝わるのは熱い殺意じゃねえか!
  \  \ェェェェェ/   /」
キル夫 「埋める気か!
面倒事になったら存在毎埋める気じゃねえか!>腐葉土」
瀬笈葉 「『人も物も全部、最期には土に還る』って幽香さんが言ってました!」
キル夫
         ____
        /      \
      /         \
    /   (●) (●)  \l⌒l   >西住
    |   (トェェェェェェェェイ)   | .|  大丈夫だ、おかしいのは頭緑林のそこのグリーンだから
    \  \ェェェェェ/   //」
キル夫 「>最期
完全に殺す気じゃねえか!せめて最後にしろや!?
後その言葉は使う場面がちげえよ!>最後には土に帰る」
瀬笈葉 「そうときたら、こうしてはいられません
キル夫さんのために最高の腐葉土を用意しておかないと…お疲れ様でした!」
瀬笈葉 「(待っててください、キル夫さん…最高の土で歓迎しますので…!)」
キル夫
         ____
       /      \
      /         \
    /   (●) (●)  \  謹んでお断りします>最高の腐葉土
    |   (トェェェェェェェェイ)   |
    \  \ェェェェェ/   /   というか最高って言っても腐ってるんですよね、わかります
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |   僕、カブトムシとかじゃないんで…土で歓迎されても……
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |」
キル夫

       ____
      /      \
     /         \  んじゃ、俺も早すぎた埋葬されないうちに帰るかね、眠い。
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |  (トェェェェェェ( /   〉|   村建て感謝、お疲れさんだ
  \  \ェェェェェ 〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )  あと告白はしない、だって俺……シャイだし」
西住みほ 「      ′::::::::::: /,:::, :::: ′:/   |::∧::::::::|::::::::::. ::::::::::: |:::::::::::::゚.:゚.
.     /::::::::::::::::://::/::::/l::::/ .   |::::| ', ::: | :::::::: ',:::: l :: |:::::::::::::::∨:..
    /:::::::::/:::::/ |::/::::/ .|__jj     、__ ::| :::::::::: ',:: l :: |:::::::::::::::: ∨:.
.   /:/::::: ′:/__/´ |:::{   ヘ:{   ヘ::::`ヽ、_ l:::::|::::::::::::::::|: |:: |
   ::/|:::::::::::::'  }ヘ::_:::_{ lヘ{       .>― ',::::::l ::::: , ::::::::::::: |: l:::::'
.   :' |::::::l::::'|  ,;≦ニ≦_        ,z≧ニ≦z、 ::| :: / ::::::::::::::::,:::::::'
.   :l |::::::l::∧. ,{' iしti:i}        {i{:ti::::}i} }iヘ}:::,:::::::::::::::: /::::::'       ひとまずここは戦術的撤退、あるいは転進です!
.   :l |::::::|::::∧.〈'  {i{:::C.          {i{:::... .ノ /'’ }/ ::::::}∧:,::::::::}:/
    ヘ |::::::|:::::::∧`  ゚ー'´   ,      `¨¨    /::::::::::::: /:::::::::}'        村建て感謝、同村お疲れ様でした!
     /:::、:::{ .| ////.         //// /::::::::::::::':, :/::::::'
.     /::::::へ、 |                      /::::::::イ:: /:/::::::::'
    /:::::/::::::::`ヽ        、___     _/ イ::::::::::::′:::::: /
    :::::/ ::::: |::::::::....、     ー-  _ヽ       ./::::::::::::′::}::::/
   ::/ |::::::::|::::::::::::℡ 、            . ::::|:::::/::::::::::::::,::::,
.    l' |::::::::|:::::::::::/{::/今  、         . <:∧{:: ′::::::::::/}:/
.     |::::::::{::::::::/ |'   }ヘ:l> - <  ,:::/ /::::::::::::: ,  |'
     寸::::: l::/  .{      _|       ,ヘ:{/::::::::::::::,   |
      寸:::|'     ,/´,.ノ        {//:::::::::イ
       _\{__ >'´ |./        />´ `ヽ、
    , '´ { {i:{`ヽ    |         ー/    ,.<>´ ̄`Y_」
大妖精 「チルノちゃんを探しにいきます
お疲れ様でした!」