←戻る
【紅番外】やる夫達の初心者村 [6651番地]
~サルベージャー~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 4 分)[5:4]初日の夜は身代わり君身代わり君は GMトリップ必須自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
icon やる夫GM
(生存中)
icon にな
(生存中)
icon 守屋ひより
(生存中)
icon リンゴ
(生存中)
icon キョン
(生存中)
icon ハッカドール3号
(生存中)
icon ちゅるや
(生存中)
icon 猪悟能
(生存中)
icon 初音ミク
(生存中)
icon ドクオ
(生存中)
icon ジークフリート
(生存中)
icon
(生存中)
icon はかせ
(生存中)
icon ハシビロコウ
(生存中)
icon ケンシロウ
(生存中)
icon 赤蛮奇
(生存中)
icon 蓮子
(生存中)
村作成:2018/01/13 (Sat) 21:00:29
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → やる夫GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 4882 (やる夫3)」
やる夫GM
    ───────────┐
  │やる夫達の初心者村  ....│
  └───────────┘

               /::::::`゙' 、 _   _,. --─ 、
             /:::::::::::::::::::く´メ´::_:::::::::::::::::: /
            >''"´ ̄` '' ´       ヽ::: /
          /                     V-、
        /                       |::::::\
        イ  /      ;' ,ハ  |_ ./|  |:::::/    この村は「初心者村」よ。
      |  |  | ‐-/,.∧;'   | ,/| ,/ ト. |:/ |     ルールを守って、楽しく遊びましょうね。私との約束よ?
      l  l  ! ./´l`メ i  ,!/ァ─-、 !  |  |
        !, i  | /!、j_,リ       ,.,./  ,  ヽ.
       ソl  |,ハ ,.,.   '      /  /     ':,   γ'"´\
          |,/  ,!      -‐ '  /  /    / ,ハ/       \
        /   /.ト 、;'´|     ,.イ  /|  / ∧ !          \
      /  /   .!  ,! !,>r< !/ >--─‐ く             \
      !/|/∨ヽ|iン   !_ン|_,/ //::::/     ヽ             \
          /   l´、   |/ ム_,__/ /::::/ /     '               \
         ./     し|   ∨⌒}´\ .|:::::|  |     |              ∧
        /   ./ゝ、__ノ ̄ `!" ヽ/ |:::::|  |     /             ∧
        ,'   / /くー' 、   ト、 j  .|:::::| /    /                  ',
      ゝ く  /  〉、__    イ \  |:::::|,く    /  人   人   人   ノ

(↓一般枠向けテンプレ)

■ローカルルール纏め■
入村許可制、トリップ必須、昼AA禁止

(↓ここから初心者枠向けテンプレ)

■この村について■
この村は初心者を場慣れさせるための『初心者村』。
でも、あまり育成要素などを期待してはいけないわ。
どんなことであっても、自分を強くするのは自分自身。そうでしょ?

■禁止事項■
過度の暴言、無益な村人騙り、意図的突然死
早噛み許可前の超過前噛み、昼間のAA(夜・遺言は可)など…

■入村許可制について■
入村許可制っていうのは、村に入る際にGMが許可を出してからでないと入村をしてはいけない制度のことよ。
記念村や特殊村ではこの制度が採用されているので、初心者村で慣れてしまいましょう。

初心者の人は【初心者枠・特別枠入村許可】が出されてから入ってきてね。

■トリップについて■
ユーザ名の欄にトリップ専用入力欄があるでしょ? そこに、自分が好きな文字とかを打ちこむのよ。
例えば、トリップ入力欄に「幻月」って打ち込むと『◇nZ3F7B/M2E』って感じで村では表示されるわ。
これは、まったく同じものを作るのが非常に難しいの。無数のパターンがあるからね。
だから、これは自己の証明手段、つまり成りすまし防止として使えるのよ。

私のトリップは『 .2TxrisQ1I』という文字列だけれど
これだけを見ても、ここから元の文字列を判別することはほぼ不可能でしょう」
やる夫GM 「ー、o,-'!
     >,'"´⌒ヽ
      .i ,'<((ハノ〉〉    オオキイAAハツカレルワ…
  /`-(リ! ゚ ヮ゚ノリノ^ヽ
 (、ハ,ノk_メ`ll><lliつハ,ノ
     (ン'/ `´メゝ
     `!,ンィン"´

以下、告知より抜粋。
普通村の定義は曖昧な所もあるけど各自で判断して頂戴。

■開始前の流れ■
村が建ちます→初心者枠入村許可→準初心者枠入村許可→入村許可

初心者枠に該当する方は【初心者枠入村許可】、と言った後に入ってきてください。
準初心者枠に該当する方は【準初心者枠入村許可】、と言った後に入ってきてください。
また、特別枠の人は初心者枠入村許可後なら好きな時に入ってきてくださって構いません。

【入村許可】前にはカウントダウンしてから入村許可を行います。
この入村許可後は好きに入村して構いません。

■初心者枠該当条件■
以下の条件を両方満たしている人が初心者枠に該当します。

①スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバにおいて普通村の戦歴が50戦以下
②真紅鯖定期初心者村での戦歴が15戦以下

■準初心者枠該当条件■
以下の条件を両方満たしている人が初心者枠に該当します。

①スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバにおいて普通村の戦歴が100戦以下
②真紅鯖定期初心者村での戦歴が15戦以下

なお、スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバは
やる夫系、鉄村人狼系、iM@S系、東方ウミガメ系、猫又系などです。
よく分からない人は恐らく該当してるでしょう」
やる夫GM 「初心者枠許可だお!」
やる夫GM 「準初心者許可だお!」
やる夫GM 「そういえばトリップについて説明し忘れていたお」
やる夫GM 「■トリップについて■
ユーザ名の欄にトリップ専用入力欄があるでしょ? そこに、自分が好きな文字とかを打ちこむのよ。
例えば、トリップ入力欄に「幻月」って打ち込むと『◇nZ3F7B/M2E』って感じで村では表示されるわ。
これは、まったく同じものを作るのが非常に難しいの。無数のパターンがあるからね。
だから、これは自己の証明手段、つまり成りすまし防止として使えるのよ。

私のトリップは『 .2TxrisQ1I』という文字列だけれど
これだけを見ても、ここから元の文字列を判別することはほぼ不可能でしょう」
やる夫GM 「テンプレに買いてあったお!!」
やる夫GM 「じゃあ人が来ないのは別の理由かお(ぐったり」
やる夫GM 「それじゃーカウントだおー
3」
やる夫GM 「2」
やる夫GM 「1」
やる夫GM 「全員許可だお」
初音ミク が村の集会場にやってきました
にな が村の集会場にやってきました
守屋ひより が村の集会場にやってきました
にな 「おおかみのきもちになるですよー!」
リンゴ が村の集会場にやってきました
やる夫GM 「おっおー、皆よろしくだお!!」
守屋ひより 「スプラのフェスのせいじゃないかなと
あ こんばんは」
キョン が村の集会場にやってきました
やる夫GM 「遅れたきた初心者がいるならプロフィール欄に
初心者って書いてくれればOKだおー」
リンゴ 「おはようございます!」
ハッカドール3号 が村の集会場にやってきました
にな 「せんたぁしけんのせいですよ!」
初音ミク 「一旦抜けていいかな
すぐ戻りますー」
キョン 「ハルヒを殴ってもいいだろうか?
アイツまたロクでもない世界改編やらかしたんだが」
ハッカドール3号 「やぁ。よろしくね~」
初音ミク は 初音ミク に KICK 投票しました
初音ミクは席をあけわたし、村から去りました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
ちゅるや が村の集会場にやってきました
猪悟能 が村の集会場にやってきました
ちゅるや 「にょろ~ん」
キョン 「あれはそう、私にとっては昨日の事であり未来のことである」
守屋ひより 「それにしても前回の参加からもう1年半かぁ
実質初心者だねこりゃ」
リンゴ 「なんかあったんでしょうかね・・・」
はつねみく が村の集会場にやってきました
キョン 「Twitter見てたらトレンドに古キョンの不吉な文字を見つけてしまったんだが」
ドクオ が村の集会場にやってきました
にな 「になも実質初心者なのでごぜーます」
ジークフリート が村の集会場にやってきました
ドクオ 「よろしくな」
ジークフリート 「よろしく頼む」
はつねみく 「騒がせましたー」
はつねみく 「はつねみく さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:はつねみく → 初音ミク」
リンゴ 「初心者さんかわいいですよね
猪さんはお美しいですけど! あっ鼻血が・・・」
Ⅳ が村の集会場にやってきました
リンゴ 「このタイミングならリンゴも初心者って言えますかね・・・」
猪悟能 「おっと失礼
挨拶したはずが流れてしまいましたかこれ?
もう一度
よろしくお願いします」
か が村の集会場にやってきました
キョン 「にな ちゅるや トーマス
なんだただの萌えタワーか」
「ハッハッハ 村に入るのも私のファンサービスですよ」
守屋ひより 「流れてたみたいですな」
ハッカドール3号 「Ⅳが萌えタワーに入ってるのは僕にも想像できなかったな~」
守屋ひより 「それなら「萌えましタワー」じゃね>キョン」
「か さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:か → フランj
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 10434 (フランドール08)」
リンゴ 「萌・・・タワー・・・っ・・・!(出血多量」
フランj 「フランj さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:フランj → フラン」
フラン 「離席ー」
やる夫GM 「40分まで各自待機しててくれおー」

       |::V l:::/|::::/: : : : : : : : : : \
      ト、: | V レ'/-―… 、: : : : ヽ : :`ー-‐:1
      ', `      ` マ‐-ミ、: : : 、: : : : /
      /         ヾ: : : :|: : : :`<
    /イ    l   >、  ト、  ',: : : i: : : :ヾ、:ヽ
     i ハ:i | /|=',\ ',=_、 V: :l:::::::::: : ヽ`
     ! ハ::|: ! /エニ|ハヾミ⌒、i: : :l、-―-、_i
     V ', ト、V ! ノl ヾ  Vi: : :r⌒      おっと、私を萌えキャラ扱いですか?
        ヾV |\ tーァ イi: : :l
   r.、      ヾ ((>、_  彡≧: :l        まあよいでしょう、
    V',       ノ ヽY〃 ::::|::/
  ___V:',___ -'_ || l  ::::::|/>'rー-ァ、_   ファンからの要望に応えるのも
 ノ l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|| レ彡´://  〃/      人気者の務めですからね。
. !  、|         」_|<   //  ///     これもファンサービスですよ
.(  .__l       ⊂´t-、 \ ', ',Oノ/ _
 !_:::__|        / ,二 ̄,ヽi  ::/://
  ト:::::l        ノr'二´ ヽ |  ::|://」
キョン 「3号>アイツ神代(妹)にイジメられるドM同人誌とかあるぐらいだからな」
ハシビロコウ が村の集会場にやってきました
ケンシロウ が村の集会場にやってきました
リンゴ 「大丈夫ですよ、のんびり待ってます・・・血液の補充しつつ・・・」
ハシビロコウ 「よろしく・・・」
赤蛮奇 が村の集会場にやってきました
ケンシロウ 「おう。よろしく頼むぞ」
赤蛮奇 「よろしく」
キョン 「Ⅳ>ならあの決め台詞やってくれよ
ほらなんだっけか
そう確か、銀河美少年」
リンゴ 「ん、んん?」
守屋ひより 「えーと 閻王だっけ?>ケンシロウ」
ハッカドール3号 「ケンシロウ?僕のデータと違うなぁ~ (と、いうかアレジャギだよね)」
リンゴ 「き、気のせいですかね、ケンシロウさんってヘルメット被ってましたっけ」
かいr が村の集会場にやってきました
ケンシロウ 「ふははは!俺の名はケンシロウだぁ!」
ドクオ 「それ別人じゃね?>キョン」
かいr 「こんばんは
すぐ準備してくるので少々お待ちを」
キョン 「蒼天の方だな>閻王」

    |::ヽ__ |:::ヽ /:ヽ           .|    |
  ___ヽ::::::::::::::::::::::::::ソ:::::|i、i. .|i       .| ∩ |
<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ | i |/ 〉       |__| |_|
_二>::::::::::-=二二 ̄     二=-     ./| |/ソ.ヽ
\::::::::::::::::::::::::/        ヾ\       |〈    .〉
  \:::::::::::::/:/ /ミヽ .|ヽ  ヽ!|      .丶   丿
   >::::/::::://代ソj| .|,ィ|l    〉       |===|
  /:::::::/:::::::|!ヾ||=- .//ケ |.l  /       .|===|    颯爽参上!
   ̄ ̄// ̄\ヾ 、_ ゝ/.|!| /        〈      〉
  / // l二二`ヽ 二イ  |./         .ヒ    .|    銀河美少年! 綺羅星!
 //// /|(      ∥ヾ .|! _       /     |
   .|! / || |     ∥      ~`'ー-.、_ //    .|    ……これでいいですかね?
    ./|o∥/     ∥                 .|
    ヽi.   \__∥___            /
   /  \        \  ` '‐.、 ____ _, ‐''"」
ケンシロウ 「何を言ってやがる。胸に7つの傷があるだろ?」
ジークフリート 「>キョン
天野河リュウセイだろう?」
リンゴ 「女のこの前ではしたないですよ! めっ!>ケンシロウさん」
ハッカドール3号 「胸に七つの傷がある人なんてこの世にはたっくさんいるよ~」
キョン 「Ⅳ>おう、サンキュー」
かいr 「かいr さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かいr → 蓮子
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 8310 (宇佐見蓮子03)」
初音ミク 「全国放送中ですー」
ケンシロウ 「あ~ん?世紀末な村でそんなへったくれもあるかよ」
リンゴ 「全く、急に脱ぎだすなんて・・・美しくないですよ?」
ハシビロコウ 「ちょっと準備・・・」
蓮子 「おまたせしたわね」
赤蛮奇 「(そういう問題だろうか・・・?)」
ドクオ 「3号くんにも7つの傷があるか調べなきゃ・・・!!」

:::::::::::::_. -‐┐                    /  __
::::::::::::::::::::/       /                 __ 二/
::::::::::::::/        /    /\     ∨ ∨ \
:::::::::::,'   |    /   //___ヽ    ∨ ∨ヘ ヽ
::::::::/   /.|   ./ ∠ニニ气ミヽ》   , ∨ ∨:::!ヘヽ
:::::/ // .|   { ./ \_ゞU 几 / /| .ト__ \ V::!   `\
::/./| l ┌|   |/―‐メ―‐ ̄/ /V! |Uフ≫、\:|
/::::::\  l    {  /    /'´   | |¨~!ヽ¨T:!
:::::::::::::::::\_l    |. / 、____ ‘j/   !::::ハ |:|    ハッハッハ、なあに。
>::::::::::::::::::::!   | /   ヽー―- ~≫   ノ::::::ハ|:!
::::::::::::::::::::::::::l  .ト     \    ´/  /:::::::::::::|    ファンの為ですからね。
  ̄ フ::::::::::::l  | \   `ー―‐´ /!:::::::::::::::::|
   ^⌒「ニニヘ .ト、  >. _ `ー /  |:::::::::::::::::l    多少の無茶振りには慣れてますとも
      〉   ヘ .|\\    7'‐ ^   |:::::::::::::::::l
     ノ     ハ|  \\  レ)     |:::::::::::::::::l
 r‐<_         \∨/|      |:::::::::::::::::l
/⌒≧  ̄二ニ=‐-     〉Y .|__     |:::::::::::::::::l」
ハッカドール3号 「カブトボーグが地上波で全国放送されたらすごいことになると思うよ~」
キョン 「ジークフリート>ツッコミ入るかと思ったが思いの外ノリが良かったな
奴のサービス精神は本物のようだ」
にな 「もうそろそろはじめるですかー?」
ハッカドール3号 「>ドクオ
ないよ~。そんなの気にしたって意味ないよ~」
リンゴ 「世紀末かどうかよりもかわいい子やお美しい方がいるかどうかのほうが大事じゃないですか?」
ドクオ 「ハシビロコウ待ちかな>にな」
赤蛮奇 「フランが戻ってきていない感じかな?」
ケンシロウ 「フランの奴もいねぇぞ」
ハッカドール3号 「>リンゴ
つ ユダ様 >お美しい方」
やる夫GM 「皆が投票して準備できたってわかったらいいおー」
リンゴ 「フランちゃんは離席って言ってましたね」
守屋ひより 「フランも帰ってきてないような」
リンゴ 「あれは・・・うーん・・・」
にな 「ハシビロコウさんはじーっとしているにちがいないのですよ。仁奈もじーっと待つでごぜーます!」
「フッハハハ いえいえ、ゆっくりと準備を進めてくださいとも。
私のフィールドにもまだモンスターは1体もいませんからね」
リンゴ 「セー・・・アウト・・・いやでも生き方的には・・・?」
ジークフリート 「>GM
初心者は居ないという認識で問題ないか?」
ケンシロウ 「けっ、キザな野郎だぜ<Ⅳ」
リンゴ 「多分いなさそうですね、つまり普通村です」
ハシビロコウ 「ただいま・・・」
キョン 「そういや島風コスの3号とかいうニッチなアレがあったな」
初音ミク 「電子の世界に生きる私には裸も何もないですねー」
ちゅるや 「おかにょろ」
ケンシロウ 「初心者はいるんならいるでさっさと名乗り上げろよ。じゃねえとショットガンをぶち当てるぞ」
リンゴ 「おかえりなさい」
守屋ひより 「おかー」
ハッカドール3号 「え゛!?」
やる夫GM 「最近皆HNコロコロ変えるからやる夫もわかんねえお(真顔>ジーク
でも初心者はプロフに初心者って書いてくれってやる夫はいったお
それでも皆書いてないならやる夫はそういうことって判断するおー」

                   ー- _:::::::::::マ、:::::iマ .i
         >´::::::::::::::::::_ > --< `>、∨.i .} .i i
    __>.´:::::::::::::.> ´__           ゙.∨ .i/.リ
    ` < _::::::::::::::: ̄ ./¨                  ム _
.._   _,>::::`:::::::::::/        ,        ー- .\
\:::: ̄::::::::::::::::::::::::::/     |    /ヽ、   i   ,   ヽ
  .\::::::::::::::::::::::::::/ ,.i    |   ./   ヽ  ∧ .i  ヽ  ∨
    \::::::::::::::::/./ i      i   /--- .ゝ ∨.∧ ∧ .∧ \∨
      `>:::::i/ ,.ー{    ∨ 尤丸、  リ.∨ } .∧ ∧ .\    強者とは常に余裕を持ち続けるもの。
    /:::::::::::::::::::::{  .i     i i ̄ ̄ ./.、マⅥ ,、 .∧ }
  /___、:::::::.i  ∨   |Ⅳ      / iリ/ .` <、i      ファンの前で醜態を晒す訳にはねえ。
   ̄      .`>`ヽ.∨   |ヽ`ー--  __   リ}:::::::::::.∨}       ジャギさん? おっと、今はケンシロウさんでしたか?
         / ̄_:::::.∨  |  `ヽ _____/¨. ノ:::::::::::::::i∨
          ̄ /:::::::.∨  i 、   ー‐  /.i::::::::::::::::i
            ̄ ̄i´ ∨ i  \   /  i:::::::::::::::i
                  i ` ∨ i_     ¨i 、   i:::::::::::::.i                         ,> 、    ___
                i     ∨i ヽ   |〉 〉   i:::::::::::リ                    /´く く/ <_/ ,>`
  _    , 、  i=⌒> 、   ` ∨、 i i i、.  i:::::.∨                    /  ゝ/⌒¨¨}./ /
ー ´ 、\ ̄`ヽ.ヽ¨    `> ヽ   .∨∨|| |\ ..i:::::/                     / ,∠ i、二 } .// ´
.     ∨、.   ヽヽ      > \  ∨ i.i i   |::./i.i _ ヽ____, ,            i ´  .ヽ=ム .i,リ´
     ∨.i   ∧∨       \\ ∨i .i   |/ .i i .`i.i  ∧          ,{ {    >, .´
      ∨i   ∧∨        \\i i .i     .i i  i i    }        / |<二二二/
.         ∨i   ∧∨         \∨.i      .i i  i i   |ー,       .{ {{       /」
にな 「にな さんが登録情報を変更しました。」
キョン 「ハッカドール>おそろしい事に実在する」
フラン 「フラン さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:フラン → はかせ
アイコン:No. 10434 (フランドール08) → No. 2571 (はかせ)」
ハッカドール3号 「>キョン
ねつ造だよ~!多分きっと!」
ケンシロウ 「Ⅳ> けっ、良い子ちゃんの仮面被りやがって…」
はかせ 「遅れてごめんねー」
ドクオ 「とりあえず困ったら島風コスさせときゃええねん」
リンゴ 「えっとこれは、になちゃんが初心者枠ってことでいいでしょうか?」
キョン 「というかこの村で薄い本の餌食にあってないのドクオぐらいなんじゃないか?」
赤蛮奇 「みんなそろったみたいだね」
守屋ひより 「私も多分ない」
にな 「二年ちかい間があって、リハビリ中なのでごぜーます>リンゴおねーさん」
ジークフリート 「やる夫の薄い本はあるのか……」
ドクオ 「日本マジ終わってんな>キョン」
初音ミク 「やる夫さんもそういう本に?」
ハッカドール3号 「薄い本とかそのあたりは2号なら詳しいんだけど……聞くの怖いなぁ~」
リンゴ 「あっても不思議はない気が・・・」
ハシビロコウ 「になとひよりは鍋で言うところの5枠って感じ?」
守屋ひより 「鍋知らんから5枠とか言われてもわからん
5様なら聞いたことある」
リンゴ 「ご、5枠の扱いはちょっとわかんないんですよ・・・私鍋いったことほとんどないので・・・」
ドクオ 「リハビリ枠みたいなもん>ひより」
やる夫GM 「まー久々に人狼やってるけどおめーら両方100以上やってるじゃねえかお>ふたりとも」
にな 「お鍋はあったけーのです!」
ハシビロコウ 「要するにブランク・リハビリ枠って事<5枠」
やる夫GM 「さておきカウントしていいお!!」
守屋ひより 「なるほどね>5枠」
ケンシロウ 「面倒くせぇんだから。初心者がいるなら初心者だって言わせればいいだろ。になは長い事やってなかったってだけだろ」
リンゴ 「じゃあ通常通りでいいってことですね(ふんす」
赤蛮奇 「とりあえず準備が良かったら初めてもいいのでは?」
にな 「さーん!」
守屋ひより 「ふんすふんす」
ハッカドール3号 「現状、申告している100戦未満の人はいないんだね~」
にな 「にーい!」
にな 「いーち!」
守屋ひより 「れいてんきゅー!」
にな 「わおーん!」
ゲーム開始:2018/01/13 (Sat) 21:43:28
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆やる夫GM GMはスバルがお送りするおー
各自頑張るおー」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆やる夫GM そらおめー開始前に戦歴自分から言ってる人に
中の人バレる可能性あるから一旦出直せとか
いったらgdること山のごとしだからいわねーだけだお

というかそれやったら人が別鯖に流れたっていうのもあるお(真顔)」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆やる夫GM やる夫にどうしろっていうんだお!!答えろ!!答えてみるおルドガー!!

ルドガーで誰を思い浮かべるかでそいつが何を嗜んでいるかがわかるお

さておき各自ファイトだお」
やる夫GM は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やる夫GMさんの遺言 だおー
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
初音ミク 「あさですねー」
ハシビロコウ 「タイリクオオカミとギンギツネを探し出すゲーム・・・」
ハッカドール3号 「ふわぁぁ……おはよ~」
はかせ 「おはよー」
リンゴ 「おはようございます! さあ、頑張って狼狐退治といきましょう!
うーん、害虫退治じゃないんですよねえ、ちょっと感覚が狂いますよね」
ちゅるや 「やあやあスモークチーズはあるかい?」
赤蛮奇 「おはよう」
キョン 「んじゃ、結果を聞こうか」
ケンシロウ 「占い師だ。ジークを問い詰めたところ ◯」
にな 「おはよーごぜーます!」
ドクオ 「まずルドガーって誰だよ」
「私のターン、ドロー!
私は手札から【役職のCO】を発動! この村の役職者はそれぞれにCOを行う!」
猪悟能 「ケンシロウ ◯」
初音ミク 「占い師ですー

キョンさん○」
ジークフリート 「ほどほどに緩くないと人は居着かないよな

というわけで朝だぞ、おはよう」
リンゴ 「リンゴ、霊能者を拝命しましたよ!
与えられた任務、頑張って行きますよ―!(むはっ」
ハシビロコウ 「ルドガーなんて名前初めて聞いたんだけど」
猪悟能 「お前の名前を言ってやろう
君の名は!
……ではなく貴方の名前はケンシロウではなくジャg(ここで途絶えて私はもう死んでいる
ケンシロウ 「何だ?いつの間にかフランの奴いねえじゃねえか
なら気に食わねえ英雄野郎にしてやるぜ。」
蓮子 「おはよう」
にな 「占い師さんは三人ですかー?」
守屋ひより 「占いCO リンゴ○」
初音ミク 「一時期をにぎわせた仲間同士ですねー
ごめんなさい、世代が同じかどうかはわかりませんけど
ご挨拶もかねてー、うらないしておこうかなー
本はよんだことありますー。続きは出てないんですかー?」
ちゅるや 「きれいに3-1にょろ、んじゃぐっれらーん」
守屋ひより 「占い理由:隣接占い」
蓮子 「答えろ!!答えてみろルドガー!!
のルドガーは一人しかいないと思うの」
赤蛮奇 「占い三人と霊能一人だね」
ハシビロコウ 「イノシシなんとかが狂人を占ってると」
キョン 「ちゅるやさん、スモチはさっき食べたでしょう」
ジークフリート 「共有者CO
相方はそこで無残な姿をさらしている」
ケンシロウ 「あん?4COだと?」
リンゴ 「4COですかー」
ドクオ 「4人出てるな。」
赤蛮奇 「ええぇ・・・>もう一人増えた」
はかせ 「3ー1と、まあいつも通りだねー」
「おやおや、猪さん視点で内訳ほぼ確定。
一方他2名視点では内訳ふめっ

何ィ!? 4COだとぉ!?
あ、共有はどちらにせよ出てきて指示をどうぞ」
蓮子 「知 っ て た>共有初日」
ちゅるや 「4人になったけどんー。グレラン自由占いが希望」
ケンシロウ 「てめぇ!何で共有引いてやがるんだ!<ジーク」
猪悟能 「ふむ狂占いですか
万が一信用でしたら最初に落とす先が決まりましたね」
リンゴ 「はい、了解です・・・って相方初日ですか」
守屋ひより 「すまん リロードの都合で遅れた」
はかせ 「なんだと?」
ハシビロコウ 「と思ったら遅れて4人目の占いCO・・・?

共有は出て指示お願い」
赤蛮奇 「そして共有は相方初日」
にな 「共有者さんひとりいなくなってやがりますかー!」
初音ミク 「しょにちきょうゆうですかー

じゃあ狩人さんには期待してますねー」
守屋ひより 「そしてそこ霊能かーい>リンゴ」
はかせ 「4ー1で真混じりかなー」
蓮子 「即ロラもさもありなん
グレランするもまたよし」
ちゅるや 「例えばこの形ケンシロウは初手無駄占いしてるから
相互とかするのが絶対にいい、とはおもわないにょろ」
ジークフリート 「なんで4-1になってるんですかねぇ……」
ドクオ 「狩人が最大限に活かせる形といえば形。
2騙りなら?それっぽい感じなったら人外くせーの2吊りつかって残りで決め打ちです。」
ケンシロウ 「なんつーか、狼2COにも思えるんだよなぁ。ひよりが狐だったら潜ってんだろ。」
赤蛮奇 「相互占いがいい。呪殺が出るのならそれはそれでいいし
噛まれるのなら吊りが節約できる。」
リンゴ 「4-1-1ですね、今日の指示はお任せしますよー>共有さん」
キョン 「ミク>最近でも漫画は色々出てるぞ」
「まあでは私の推奨は相互ですかね。
1人対抗占いしてるので ケンシロウ⇔ミク 猪⇔ひより
辺りが妥当ですかね。出た順で」
ちゅるや 「逆に猪悟能は狂人が判明してるから
さくっと対向二人から2択すればいいとおもうにょろ」
ハシビロコウ 「と思ったらさらにケンシロウの○が共有CO・・・何この連鎖反応
相方初日ねえ・・・グレランでいいとして」
ハッカドール3号 「【占い師】
ケンシロウ ジーク○
ミク キョン〇
猪悟能 ケンシロウ〇
ひより リンゴ〇

【霊能者】
リンゴ

【共有者】
ジーク - やる夫

【完全グレー】
にな・栗きんとん・キョン・3号・ちゅるや
ドクオ・Ⅳ・はかせ・ハシビロコウ・赤蛮奇・蓮子」
猪悟能 「おや?4人ですか?
では単純に相互でいいかと
残り2人が2Wも1W1Fもありますが
基本的に後者で見ます
前者なら噛みである程度分かりそうですし」
ハッカドール3号 「はかどってよね~」
ちゅるや 「それはひよりにもいえることにょろー」
ドクオ 「人外に聞けよ・・・誰に聞いても答えらんねぇだろ>ジークフリート」
にな 「三号さんありがとーごぜーます!」
ケンシロウ 「ただ、ひより狂ってのもなくはねーけど。占いに狐混じり見ねぇなら灰占った方が良いと思うんだが指示頼んだぞ<ジーク」
守屋ひより 「とりあえず私かミクが噛まれたら猪悟能は破綻なんで」
ちゅるや 「だからグレラン自由占い
ただ猪悟能だけは対向占い、みたいに」
初音ミク 「指示に従いますよー」
ちゅるや 「多少変則的かつ現状に合う方策をしたほうがいいとおもう」
ハッカドール3号 「で、4-1-2だね。個人的な意見を言うと対抗○出してる猪悟能は
結果だけで見るとやや偽目だしそこから吊りでもいいと思うよ。」
ハシビロコウ 「よく見たらひよりは霊能占ってるし・・・
流れが速くて整理するだけでもしんどい」
ケンシロウ 「つーか何で共有占いに限って初日共有なんだよ。俺噛まれたら結果何もねぇじゃねえか!」
ジークフリート 「無駄占いが多すぎて相互させるのだるいな」
ちゅるや 「どうにょろ?」
赤蛮奇 「というわけでおすすめはグレランして何やかんやな感じだね
2w出ているのならなおさら占いに手を付けなくてもいいし
狐が混じっているのなら呪殺が期待できる。」
はかせ 「露出人外は3人外だから潜伏人外は2人だね
だからグレランの結果次第ではかなり楽になるかなーって」
猪悟能 「三角占いでももちろん構いませんよ?その場合は……
残り2人のどちらかを落としてしまえばいいですかね?
それで◯が出れば内訳は確定しますし
●が出ても構いません
確定で落とすべき人外が落ちますし」
蓮子 「共有初日=狩人存在確定だけど
それが分かっても2日目から指定展開になることって稀よね
死体無しが出てから指定することと目的はほぼ変わらないのになんででしょうね」
ちゅるや 「初手無駄占いが二人もいるのに相互云々は真確定しても灰全然詰まってないし」
ハッカドール3号 「>にな
いいよ~。ハッカドールはみんなをはかどらせるのが仕事だしね~」
「シンプルに相互する場合しっかりと全員にさせないと
相互最大の利点である破綻が起こりづらいんですよ」
守屋ひより 「私が噛まれても何も残らない せいぜい猪悟能が破綻するだけ」
にな 「わかるのは、役職占った人が多いってことでごぜーます。初日だからしかたねーですが」
ケンシロウ 「指示しねーなら自由に占わせて貰うからな。」
ハシビロコウ 「ログざっと読み返したらちゅるやさんがだいたい言いたい事を言ってた」
赤蛮奇 「とりあえず共有は指示しないの?」
キョン 「捗らせる(意味深)」
ちゅるや 「人外が呪殺起きた時対応しずらいからそんなことないにょろ>自由占い>Ⅳさん」
はかせ 「役にヒットしてるのかー
これどうだろう?」
ハッカドール3号 「猪悟能さんが真ならピンポイントで狂人を占ったってことなんだけど
偽なら真・人外のいずれかに○だから結果だけ見ると偽の方が強いよ。」
初音ミク 「対抗なんて勝手に破綻してくれればそれがうれしいんですけどねー
わたしからの視点だと、誰が噛まれたから誰が破綻ーとかは
現状ない感じですかー?」
ジークフリート 「猪←→ひより
リンゴ←→ケンシロウ

で相互占い頼む」
猪悟能 「……指示がないのですか?
従いますよ?変な行動は取らないと公言しておきましょう
ただし指示がないなら灰ですよ?」
ちゅるや 「共有が指示だしたほうが対応はじつはしやすいにょろ~」
にな 「投票も自由投票でごぜーます?」
ハシビロコウ 「あ、悟能って一発で漢字変換出るんだね・・・」
ケンシロウ 「相互かよ。そこが狐なら言うことねえんだがな」
ドクオ 「別段1吊り省けて、運が良ければ2吊り省けるっていうのがあるから無駄占いのあるなしってそこまで影響せんよ>ジークフリート

灰占いでもいいっちゃいいけど、結局一人死んだやつが出たあと扱い難しい○が増えてるだけってのもあるしな。」
蓮子 「まぁなんでしょう 狂人をピンポイントで占うことを確率だけで考えると
猪の信用は落ち目になりがちでしょうね」
はかせ 「リンゴは霊能じゃない?」
初音ミク 「…あれー?
私はいないんですか?」
ジークフリート 「ミク←→ケンシロウで」
リンゴ 「私霊能者なので、私の分ミクさんに変更で」
赤蛮奇 「できれば喧々諤々と意見は出るから早めにしてほしいかなってはい」
「ぶっちゃけ役職占いが多いということは
グレランで人外が吊れる範囲にいる可能性が高いという事であって。
灰占いさせると無駄に囲いチャンス作りますよ」
守屋ひより 「へーい>占い先」
ちゅるや 「え、猪悟能はミクじゃない?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
にな3 票投票先 →キョン
守屋ひより0 票投票先 →にな
リンゴ0 票投票先 →ハッカドール3号
キョン2 票投票先 →ちゅるや
ハッカドール3号4 票投票先 →はかせ
ちゅるや2 票投票先 →蓮子
猪悟能0 票投票先 →キョン
初音ミク0 票投票先 →ドクオ
ドクオ1 票投票先 →ちゅるや
ジークフリート0 票投票先 →ハッカドール3号
0 票投票先 →蓮子
はかせ1 票投票先 →ハッカドール3号
ハシビロコウ1 票投票先 →ハッカドール3号
ケンシロウ0 票投票先 →ハシビロコウ
赤蛮奇0 票投票先 →にな
蓮子2 票投票先 →にな
ハッカドール3号 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
猪悟能 は無残な姿で発見されました
初音ミク は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
初音ミクさんの遺言 遺言は残さないですよー
まだまだ遺言書くほど、アイドル生活追い詰められてないのでー
ハッカドール3号さんの遺言 昼に上げた内容よく見たらキョンがグレーのままだったよ~
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
「破綻、というよりは真残り確定の証明、狩人視点における真濃厚位置の判明ですかね>ちゅるやさん
まあ真狂狼狐という前提で(2騙りよりも発生頻度が高いので)の話にはなりますが、
銃村が動きやすくなる(死体無し、GJ銃殺、狂狐2死体)結果が出やすいのが相互です。
まあ占いに襲撃を誘導することにもなるので狼⇔真とかで相互指示に(結果的に)なってる場合
真占いが抜かれやすくもありますが、まあその時はその時、3人外出てますので我々でなんとかしましょう」
はかせ 「おはよー」
守屋ひより 「占いCO 猪悟能○」
ケンシロウ 「占い師だ。ショットガンぶっ放したところ ミク◯」
赤蛮奇 「おはよう。呪殺ってはっきりわかるのなら最上。次に死体なしかな。
霊能が噛まれているのが一番面倒かもしれない。」
ハシビロコウ 「わけのわからない事を言ってるハッカドールが霊能共有に投票されるのは
当然として、なんでミクの初手○のキョンに2票入ってるのか、これが分からない」
ジークフリート 「はい、おはよう」
にな 「うおお、ですよー?」
ちゅるや 「ひゅーっ」
蓮子 「狐乙」
リンゴ 「霊能結果を出しますよー
ハッカドール3号さんは○でした!」
ドクオ 「ほー」
ケンシロウ 「おっミク狐か」
赤蛮奇 「よし!最上だね」
ハシビロコウ 「つまりひよりとケンシロウで真狼」
守屋ひより 「ふむ 狂人噛まれて溶かしたか」
リンゴ 「真生存で狐死亡ですね」
ドクオ 「じゃあ詰めてっていいんじゃない?」
ケンシロウ 「んじゃ、ひよりが狼ってこった。」
ちゅるや 「なんかひより真じゃないかなあ」
「ふっははは そんなわけで村が動きやすい形になりました。
見せてやるよ、これが俺のファンサービスだ!」
ハシビロコウ 「グレランでいい」
守屋ひより 「そうそう 理由は要らないよね?」
ジークフリート 「この時点で猪は破綻か」
蓮子 「内訳は真狂狼狐の真狼残りまで確定
灰詰めていけばいい」
はかせ 「まあ1W削れたからあとは淡々といけば良いだけだね」
にな 「狐がいなくなったのはありがたいですよー」
ケンシロウ 「指示通りだ。ショットガンぶっ放してやるから銃殺されるんだな。」
キョン 「ふーむ
ミク狐なぁ」
リンゴ 「その通り、分かりやすくなりましたね>ハシビロコウさん」
赤蛮奇 「それじゃああとは二人で何やかんやしつつ
噛まれないことを祈ってグレランして灰の2wを吊るだけ。囲っていないはずだし」
ちゅるや 「対向占いというのは見えてる人外を占うことで
それをしながらグレランというのは効率的には最悪なのを危惧してたけど
今回はこれが最高にょろ!すごいにょろ!>Ⅳさん」
ケンシロウ 「それじゃあ。後はお前らが俺についていけば勝ちってわけだ!ひゃっはー!」
ドクオ 「2吊り浮いてその分灰吊りに回せるから上々でしょ。」
「ということで囲い皆無確定なので
ささっとグレランにしましょうか。
残り占いは【噛まれたら真】【GJ出たら狩人にしかわかりませんがそっち真】。
残り3吊りまで両方の真を追いつつ動けますね!」
ハシビロコウ 「になはキョンに投票したのはただの把握ミスでいいの?」
はかせ 「じゃあまだグレラン、、だよね?」
ちゅるや 「出方見るにひよりとケンシロウでどっちが狼ぽんだと、んー
ケンシロウにはおもうけど、あ、指定ゲーがいいとおもうにょろ」
キョン 「ミク狼ならちゅるやも狼か?とは思ったんだが」
にな 「ごめんなさいでごぜーます>ハシビロコウさん>把握ミス」
ジークフリート 「つまり人外には見えていたということだよなぁ」
赤蛮奇 「ケンシロウもひよりも占い先が共有と霊能だけ
結果がないからちょっと即噛まれが怖いかな。」
ケンシロウ 「あーん?出方で狼だぁ!?出方出方って俺のどこが狼だって言うんだ?てめぇひより援護してる狼じゃねえだろうな<ちゅるや」
ハシビロコウ 「どちらかが即噛まれたとして
どちらも自分の○がいない状況だから油断はしない方がいい」
ドクオ 「リハビリ中だから多めにみてあげようや>ハシビロコウ」
「指定については ほとんど狩人回避だけが目的になりますが
まあ好みですね。共有が指定できるならば十分アリです」
守屋ひより 「これお互い初手占いが共有と霊能だし
今夜は自由占いで明日相互はどうかね」
蓮子 「4人中3人の結果がないも同然だったから仕方ないね>赤蛮奇」
赤蛮奇 「ひよりは占い3COを見て出たって考えると狼目にしてはちょっと?マークがでるのはわかるわ。」
ハシビロコウ 「ひよりの投票先はにな、ケンシロウの投票先は私
ここだけ見ると吊れそうなになに入れてるひよりがちょっとダウンだけど」
ケンシロウ 「ハシビロコウ> 何言ってやがる。狩人が俺様をずっと護衛してりゃいいだけで、俺様をお前らが信じれば終わりってだけだ」
キョン 「まぁ占いはちゅるや占っておいてくれ」
はかせ 「占いに関しては
対抗噛んだ時点で1W削る事になるので噛まないと推測したけど」
「まあそれでいいんじゃないです?>占いは今後基本相互
霊能噛まれた場合はパンダ吊れるかどうか微妙な日付になってきますけども」
赤蛮奇 「猪悟能は対抗〇だからそこまで無駄でもなかったんだけどね>蓮子
ただし、偽だったようだけど。」
ドクオ 「即噛まれなら即噛まれで結局やること変わんないわけで。
そうなったら気持ち切り替えるだけだよ。」
ケンシロウ 「キョン> 灰から言われるとすげぇ誘導臭くてお前まで狼じゃねえだろうなと疑いたくなるんだが?」
守屋ひより 「3CO見て出たんじゃなくて○が見えてすぐ出たつもりだったんだけどね>タイミング」
はかせ 「その理由は?>キョン」
ハシビロコウ 「あとは初日だけ見てミクと悟能のどっちが狐ぽくて
どっちが狂人ぽいかなんだけど
正直どっちも偽ぽいという感想しか無かった」
ジークフリート 「今日はグレランで頼むぞ」
ちゅるや 「大事なこと猪悟能の○がケンシロウ」
キョン 「ケンシロウ>今日霊が死ぬと、呪殺という証明手段なくなってるんでチョイと難しい」
にな 「疑うなら占えばいいですよー?>ケンシロウおにーさん」
赤蛮奇 「あれれ、○が見えたから出たんだっていうのも以外な感じがしなくもない」
ケンシロウ 「あれ、つーかひより狼ってことは真狂狐見えてたってのに飛び出したのかよ」
キョン 「なにの理由だ>博士」
ドクオ 「基本1W出してる時点でお仕事してる感じになるから>はかせ
出て何かしら噛めればもととは取れるって感じで出すことが多いよ。」
はかせ 「理由もないのにそれ言うのは結果誘導にしか見えないよね?」
蓮子 「ハッカで死んでない限り狩人残ってるのだけど
と言ってももう遅いのよね」
ケンシロウ 「何だこいつ…(ドン引き」
ハシビロコウ 「役目ぽいのはいるけどそこ狩人の可能性考えると
迂闊な投票は出来ないな今日のグレラン・・・」
ちゅるや 「ケンシロウが狼ならミクかひより噛み
ケンシロウが真なら。とかんがれば」
守屋ひより 「それ関係ないで>ちゅるや」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
にな2 票投票先 →蓮子
守屋ひより0 票投票先 →にな
リンゴ0 票投票先 →蓮子
キョン1 票投票先 →ちゅるや
ちゅるや2 票投票先 →蓮子
ドクオ0 票投票先 →蓮子
ジークフリート0 票投票先 →蓮子
0 票投票先 →蓮子
はかせ0 票投票先 →キョン
ハシビロコウ0 票投票先 →蓮子
ケンシロウ0 票投票先 →蓮子
赤蛮奇0 票投票先 →ちゅるや
蓮子8 票投票先 →にな
蓮子 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
蓮子さんの遺言                   _。r≦:、
                 -=ニニニニ\         __
             , -=ニニニニニニニ>、    。.r≦>¨/
           /-=ニニニニニ>¨´  _ィニニ>¨´,/
         ,/-=ニニニニニ> ´  _ィニニニ/;';';/
         {-=ニニニニ> ´  _ィニニ>¨´//∧
         {-=ニニニ> ´  _イ ニニ/////////!
         ∨ ニ/  /:ニニニ/'∧r '、'////∧
           Y   /ニニニ∠〈///∧ )'/////,\
           :│ /ニニ≦ 乍ミ∨,'/,'∨//,'∨///,'\
           :}/ニニ>'\ ヾシ  ヽ'///∨///\'〈⌒ ' ゝ
          _ノィニ//ヽ/,\     〉//////\//,'ヽ
          / r‐/ }'////}⌒¨ ` _,  Y/,'∨/赱≧ 、'/∧
        _r' =‐ミ!,/ヽ'///≧s。 ´    ///,'/ニニニニ>、∧
       | _`ヽ/,'  〉/ト、'////,'>zイ','( }/-=/ニニニム ゝ
       |  :},/∥  (//{ \'////,} },','/:-∥ニニニニハ
       | _/r ''    ヽ'!   `⌒ヽノ ,// -={{ニニニニニニ}
      ≦ニ彡' }_           ,// -==}ニニニニニム
     {{  _。r≦:}          ,イ/ <-=ニムニニニニニ'ム
    ∠≦ニニニ'ム         ,イ, '{  'ヽ-==ム≦ニニニニニム
    \-=ニニニニム      r;':, ' . {   ハ-=ニ \ニニニニニム
      -=ニニニニム    ノ,/'   !    }-=ニニ'ムニニニニニム
       -=ニニニニムr≦ニ/: : .  {   ,-=ニニニニムニニニニニム
        -=ニニニニ〉ニ/}: :|: :r  ∨ / {-=ニニニニ7 \ニニニニム
         -=ニニニ∥/∥: !: :i  '∨ /,-=ニニニ,7 ,r≦=‐=ニニニ}}
          -=ニニノ';';';'∥; :|: :'   ∨ }-=ニニニ7,<ニニニ≧=‐ ,ノ
           マ,/;';';';';';ノ: : /     ∨-=ニニ ,<ニニニニニニ/
         _ ィ;';';';';';';';/ ヽ |: : : .    }ヽニ ,<ニニニニニニ/
        /;';';';';';';';';/   ,ノ: : : :     }ニ,<ニニニニニニ/
       ,/;';';';';';';'/: : : . ./: :/⌒ r: : : /-=ニニニニニ/
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ケンシロウ 「占い師だ。スモークチーズを使って捕まえたら ちゅるや◯」
はかせ 「ちゅるや占いを進めた理由>キョン
あと、なんでお前占いの白に投票してんだって思ってる人いるかもしれないけど偽が確定したミクの白だからもうすでに灰と同じ扱いで良いよねって言うあれそれ」
ハシビロコウ 「蓮子は最初狩人あるかと思ったけど最後の発言が狩人のそれじゃないから
残すべきじゃない・・・って遺言に書いておいたら
半ば指定も同然の投票になってちょっと噴いた

ドクオが見れてない位置、はかせは村なら嬉しい・・・」
守屋ひより 「占いCO キョン○」
ジークフリート 「こわっ」
リンゴ 「霊能結果です! 蓮子さんは○ですね!」
ハシビロコウ 「狩人お見事」
赤蛮奇 「おはよう。ちゅるやのケンシロウの出方が狼目じゃない?っていうのはある程度賛成できなくもないけど
猪悟能の○がケンシロウとまで分かっているのならケンシロウが狼ならひより噛みはないじゃん。
ケンシロウが狼ならミク噛みだよね?」
にな 「おはようごぜーます。平和ですよー?」
ケンシロウ 「俺偽を押してくる位置だが…ここ噛まれてるんなら
ひよりーキョンーどこか が濃厚になるだけだな。霊能も生かせることが出来るってわけよ
キョンとやら、てめえの口車に乗ってやろうじゃねえか」
キョン 「よーしよしよし>死体無し」
「GJ確定ですね。
ぶっちゃけ昨日対応可能な襲撃したうえで本日死体無し出るなら
霊能GJ感凄いですけど」
赤蛮奇 「よしよし」
守屋ひより 「理由:
◇キョン「ふーむ
ミク狐なぁ」

これなんぞ 私の銃殺無視かね
ぶっちゃけケンシロウ真決め打ちが納得いかん
つながってないか?」
ドクオ 「GJか」
ケンシロウ 「良い仕事するじゃねえか<狩人」
ドクオ 「どこでGJあったか、だな。」
リンゴ 「いいですね、平和です!」
守屋ひより 「お GJやるね」
ハシビロコウ 「ただこの展開、狼が狩人日記書かないわけが無いんで
共有と霊能は厳重な判断をお願い」
ちゅるや 「「 猪悟能の○がケンシロウでケンシロウ狼なら初日に
猪悟能はまあ普通噛まれない

ケンシロウが非狼の場合でひよりが狼の場合対応考えたら猪悟能噛み
だけど、その場合猪悟能視点ミク狐で。」
はかせ 「やったね
狩人が生存だね」
ケンシロウ 「後、にな占う気はもうねーわ<対抗が続けて入れてるから」
ドクオ 「ま、指定でいいよ。」
赤蛮奇 「占いなら鉄板で楽にできる。灰はまだまだ広いけど。
吊られそうになったら言ってね。そしてちゅるやがケンシロウから○。ええぇ・・・」
キョン 「はかせ>理由聞く前に投票してる奴に結果誘導とか言われてもなぁ」
「どのみち灰に確定で1W以上はいるので灰吊りで構いませんよ。
狩人はどちらにせよ遺言はお忘れなく。
ぶっちゃけ狼も確実に狩人日誌作りますからね。この展開」
ケンシロウ 「ぶっちゃけ。そこ共有でどうにかしておいてくれねぇ?」
ハシビロコウ 「霊能GJはほぼ無いと思う
この票だったら霊能結果隠す意味ってまず無いし>ドクオ」
ちゅるや 「猪悟能が呪殺だせないのわかってて猪悟能噛みはしない、とかがいいたかった」
赤蛮奇 「そうだね。狩人がいるってわかっているし
死体なしがあったのなら共有の指定する価値がある。」
にな 「でも、霊能以外を選んだらそれはちゃれんじゃーというやつでごぜーますねえ」
ちゅるや 「だからもうだまってるにょろ。多分ひよりはちゅるやに○しかださないから
確定○といっしょなので」
ドクオ 「この状況で吊られそうになるケースってないんでね?>赤蛮奇
大体指定でいくわけじゃん?」
ケンシロウ 「ちゅるや> 何言ってんだお前?ひより狼なら残りが真狂狐ってわかってるんだから、対応で噛むだろ」
守屋ひより 「そりゃ3号が狩人じゃない限り生存はわかってたけど」
「占いGJならそっち真なんでまあハイ。
まあそれならそれで狩人ライン合戦でしょうけどね」
キョン 「ひより>それ、ミク狐の可能性なぁって意味でもとれる言い回しだよな?」
ジークフリート 「>ちゅるや
猪は生かしておいたら占い先に●しか出さなかっただろうからなぁ……」
ハシビロコウ 「霊能GJだとすると狼から最初から信用ふっかける気だったって方が
上じゃないかなって思うけど>にな」
はかせ 「いやだって理由言わないで誘導ってもう結果稼ぎにしか 見えないじゃん」
赤蛮奇 「霊能護衛のほうが可能性高いかなぁ?>にな」
守屋ひより 「で どうするの?
私がちゅるや占いでケンシロウがキョン占い?」
ケンシロウ 「どうやら、俺に信用で勝てる算段があるらしいしな。おいお前ら!俺の役職を言ってみろぉ!」
ドクオ 「今日のGJが霊能GJの場合、霊能結果隠すためってだけじゃないと思うけどな>ハシビロコウ」
ハシビロコウ 「指定しないの?
念の為霊能も指定候補は見繕っておいた方がいい」
キョン 「はかせ>結果稼ぎ?
○出るって見えてんの?」
赤蛮奇 「共有が2分切ったのに指定しなさそうなのでほら>ドクオ」
ちゅるや 「対応するために噛むってあんましないよ。4COで噛むのはあくまで初手
真抜きだから。対応したくて信頼にもかちます、みたいな狼像にはひよりはみえない>ケンシロウ」
リンゴ 「今考え中です>ハシビロコウ」
にな 「このあと、占い師さんが●だしたとき、霊能者いてほしいですよ、仁奈としては>赤いひと」
守屋ひより 「猪悟能狐についてはどう考えてる?>キョン」
ちゅるや 「占わないほうがいいとおもうけど占うなら否定はしないにょろ>ひより」
ケンシロウ 「ちゅるや> あっそ、だがそんなの関係ねえな。俺が真だからな!ヒャッハー!」
ハシビロコウ 「そこは今になに言った通りではある
その場合ケンシロウの方が狼になるだろうなとは>ドクオ」
リンゴ 「ジークさん指定しないです?」
ドクオ 「そこは管轄外です。>赤蛮奇」
ちゅるや 「あくまで真を抜くのが主目的で、対応が主目的では普通ないので」
はかせ 「霊能でも占いでも今は考えなくても良いとは思うね
占い決め打ちにときに占いGJだったら言ってねくらいでね」
ジークフリート 「すまん、指定はなしで」
赤蛮奇 「そりゃあ私だって霊能がいないよりいたほうがいいというかいないと困る>にな
それならそっちはそれでいいか」
リンゴ 「えぇ・・・」
「今この場にふさわしいファンサービスとは……
クッ、思いつかない……
これが俺の限界だというのか……!」
リンゴ 「このタイミングだと指定できないじゃないですか!」
守屋ひより 「グレランOK
占いは相互かい?」
ドクオ 「詰み計算的なタイミングで判断すればよくね?>対抗の○」
「ま、狩人回避を最優先でいきましょうか」
赤蛮奇 「はい!」
ハシビロコウ 「・・・自分の眼を信じるしかないか」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
にな4 票投票先 →はかせ
守屋ひより0 票投票先 →にな
リンゴ0 票投票先 →はかせ
キョン0 票投票先 →はかせ
ちゅるや0 票投票先 →はかせ
ドクオ0 票投票先 →にな
ジークフリート0 票投票先 →にな
0 票投票先 →はかせ
はかせ6 票投票先 →赤蛮奇
ハシビロコウ0 票投票先 →赤蛮奇
ケンシロウ0 票投票先 →はかせ
赤蛮奇2 票投票先 →にな
はかせ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ケンシロウ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
はかせさんの遺言 すむら
ケンシロウさんの遺言     ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!
!:::::::::::l ヽ.   7"::;:::::_::、ヾ゙i    _ヾ、:::::::ハ
::::::::::::i丶.   l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,l,    けっ、占いくらいお前らできちんとメモ取りやがれってんだ
::::::::::::l丶   ゙ー───‐'   . k'^ヽ、゙i  ノ    ジーク◯→ミク◯(呪殺)→ちゅるや◯→キョン◯●
::::::::::::ゝ    ,ァ''''" ̄ ̄ ̄''ー''¨ヽ`゚'-゙_,! 丿
:::::::::::::::〉 ,.'",n.  rャ   ,-、   ゙ヽ、   ,ノ
l:::::::::::::i   |:::|   |::::|  .i:::::|  ;ヘ   _ヽ.,!
|::::::::::::l   _,レヘ. |:::::!  !:::::l  ,l:::;!  i:.:i 〉
}::::::::::::! '´   ,} |:::::l  !::::::! ,!:::;! ;': 7,!
!::::::::::::l      ,/l. !:::::! l::::::l ,!:::;! 〃.7.l    ,ハ
:::::::::/i.   ,/::::ゝ.l::::::し'::::::i. ,!:::;!.〃,/ `ー‐'" ,}
:::/   `ー、":::::::::::::::::::::::::::::::¨:::::レ'!_/       ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ゝ.,,,_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
「これほどに票が集まらない、それも俺のファンサービスだ!
──楽しんでいただけたかな?」
守屋ひより 「占いCO ちゅるや○」
にな 「おはようごぜーます」
ジークフリート 「おはよう」
リンゴ 「霊能結果です! はかせさん○ですね」
赤蛮奇 「おはよう。狩人なら霊能護衛以外ならチャレンジャーとか言わなさそうなので投票した()
個人的には非役目に見ているけどしょうがないね」
「まあではひより吊りしてサティスファクション!」
ハシビロコウ 「はかせは狩人無い感じではあったけど
狼も無さそうだったから吊りたくなかったという率直な感想

この展開、狼は◎からの狩人COが一番致命的なのでその辺が
騙りの結果の出し方に見えてくると思う、そういう意味で今日の占い先は重要」
ちゅるや 「あっらまー」
キョン 「け、ケンシロウ!?」
赤蛮奇 「はい」
リンゴ 「じゃあひよりさん吊って明日ですね」
ドクオ 「ケンシロウが真か」
ちゅるや 「これはちょっと予想外」
ハシビロコウ 「・・・狩人、ケンシロウから護衛外したの・・・?」
赤蛮奇 「ええぇ・・・」
ちゅるや 「んー?」
キョン 「まぁそんな気はしてたが霊GJっぽいな
はかせ○は予想外だが」
ジークフリート 「あー、これはやってしまったか?」
キョン 「あとまぁ一応な

すまん飲まれた
考え方としてミクが狐で出るかどうかの方で考える方を俺は選んだって話なんで八戒が狐かどうかって」
ハシビロコウ 「灰は私以外だとにな・キョン・ドクオ・IV・ばんき」
「えーと灰が
にな-キョン-俺-ドクオ-ハシビロコウ-赤か。
んでこっから狩人がちゅるや以外ならマイナス1で……
結局吊りが増えない限りは自分以外全部吊りってのは無理だな」
赤蛮奇 「ひより狼ででるかぁ。と思ったけど自分で○見てから出たって言っているけどうーん・・・」
にな 「気が付いたらピンチでごぜーます……?」
守屋ひより 「うむ ○ひとつ見た時点で出たつもりだった」
ドクオ 「ちゅるやだけだけど、にな残しはできそうだなーっていうのはこういうときにはプラス要素かな」
ジークフリート 「ひよりは今日吊るべきか否か」
赤蛮奇 「になは明確に非狼と断定できる。役目じゃないし、ひよりから投票されている。」
「逆に吊り増えて更に狩人が灰にいてくれれば
自分以外全員吊りができるのでわかりやすくなる。
分かりやすくなってくれたらいいなあ」
「吊らない理由特にねえわ」
ドクオ 「いうて、その灰からにな吊るってたぶんせんぞ>Ⅳ」
ちゅるや 「初手ひより狼で、ケンシロウと猪悟能が非狼で真贋つかず、ミク真かもキョンが非狼ならわからない状況で」
赤蛮奇 「狐もいないのに残す意味はないよ>ジークフリート」
リンゴ 「吊らない意味はないと思いますけど>ジークさん」
ハシビロコウ 「になは吊らないでいい
ひより狼でここまで票を固執するなら身内固定はまず無い」
にな 「ひよりさん残す意味はあんまりない気がするですよー」
リンゴ 「取りあえず代わりにひよりさん吊り予約しておきますね」
ちゅるや 「ちゅるやとにな残せばいいんじゃないかな。」
ドクオ 「残す理由が全くないから>ジークフリート」
キョン 「赤蛮奇>出る奴は出るってアレだろ
灰で生き残れる気がしなかったとか
全潜伏やりたくなかったとか」
ハシビロコウ 「吊らない理由が何一つ無い>ジーク」
守屋ひより 「せやな 飼う意味ないと思うで」
ちゅるや 「ちゅるやじゃないやキョンとにな」
ジークフリート 「>蛮奇
明日でも良いかなぁと」
赤蛮奇 「そして灰に狩人が残っているはずなので狩人を絶対に吊らない吊りでもある
狩人が生き残ればGJを出して吊りを増やすチャンスがある」
リンゴ 「狐いない 狂人もいない 占い師が今日噛まれた
もうこの時点で残す意味はないです>ジークさん」
にな 「それ、吊りたい人でもいるんでごぜーますか?>ジークさん」
赤蛮奇 「えっと・・・。どういう理由で?>ジークフリート」
ハシビロコウ 「になを除外した灰ではドクオが一番村目で考えてる
正直なとこと現状でIVと蛮奇の2Wが本命」
赤蛮奇 「(困惑)」
ちゅるや 「ひより狼の場合どこが真に見えた?と考えた結果が猪悟能噛みなの・・?」
ジークフリート 「まぁ、その様にしてくれ」
キョン 「ちゅるや>そりゃお前ケンシロウの○なんだから鶴屋さんは残すだろ」
「まあぶっちゃけ俺もにな優先的に吊るつもりねえわ>ドクオ
まあ万一そこ狼だとしても、LWにすりゃとりあえず最終日は来るしその時考えるわ。生きてたら」
ちゅるや 「まーケンシロウには謝っておかないとにょろね。んーー。」
にな 「ドクオさんとハシビロコウさんが村かなーってみてますよ」
ドクオ 「そこは別に好みの範疇だけど。まぁこの状況で狩人吊り上げると悲しいことにしかならんぞ>ジークフリート」
リンゴ 「まず護衛がないから自分が占い主張できる猪さん噛み
ってことなのでは・・・?」
守屋ひより 「まあ色々考えてみそ>みんな」
ちゅるや 「逆か、キョンはのこしてはいけないのか」
ハシビロコウ 「まずはここまでの発言を洗う
投票はあてにならないこの展開」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
にな0 票投票先 →守屋ひより
守屋ひより9 票投票先 →ジークフリート
リンゴ0 票投票先 →守屋ひより
キョン0 票投票先 →守屋ひより
ちゅるや0 票投票先 →守屋ひより
ドクオ0 票投票先 →守屋ひより
ジークフリート1 票投票先 →守屋ひより
0 票投票先 →守屋ひより
ハシビロコウ0 票投票先 →守屋ひより
赤蛮奇0 票投票先 →守屋ひより
守屋ひより は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ちゅるや は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
守屋ひよりさんの遺言 占いCO リンゴ○猪悟能○キョン○ちゅるや○
ちゅるやさんの遺言 になの言うとうりがいいにょろ
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
赤蛮奇 「おはよう。ハシビロコウが私を狼想定しているけど
そこに至る推理が発言を見返してもないからどこが私が狼だって証拠だよ!状態になっているよ。」
「まあ正直にな非狼置く奴多すぎて逆に怖いんですがね。
信用勝負で勝ちに行くかー から なんか吊れなかったしもうにな吊れへんやろが無い訳ではないので。
ま、その場合はドクオ-ハシビロコウで1Wはいるだろうし にな除外しても結局1Wは吊れる場所にいるんですがね。
キョンはまあ位置としちゃ怪しいんですが
ぶっちゃけキョン狼ならケンシロウ噛みでいいんですよねひより視点。
理由としてミクが偽判明してるんで(狂or狐)、
残るケースは 猪真-ケンシロウ狂人-ミク狐、ケンシロウ真-ミク&猪で狂狐。
どちらにせよケンシロウは確実に【噛める占い候補】なので、とりあえず噛むなら対抗よりも安心な位置なわけですので」
キョン 「ハシビロコウ>一応聞きたい
一日のうちに

になは身内ないから吊らんでええ!
投票はあてにならんから発言読んでくる

何か心境の変化があったのか?」
ジークフリート 「はい、おはよう」
リンゴ 「ひよりさんは●ですね」
にな 「おはようごぜーます」
ハシビロコウ 「IVは狩人ある位置だと考えてたからケンシロウ鉄板を外すとも思えないで
狼候補に挙げたけど、よく考えたら
◇キョン 「よーしよしよし>死体無し」
◇赤蛮奇 「よしよし」
こういうわざとらしい喜び方は狼にありがちな反応という点でこっち2Wの目もだいぶある・・・

じ―――――――――――――・・・」
ドクオ 「んーーーーーーーーーーー」
ジークフリート 「あと3吊り」
リンゴ 「まあちゅるやさん噛んできますよねって印象です」
にな 「うーん……今吊ったほうがいいかなと思うのはキョンおにいさんですけど……」
赤蛮奇 「リターンエース。あなたもそうではないの?>ハシビロコウ

ハシビロコウ 「狩人お見事」」
ハシビロコウ 「になに対する一言と投票周りの一言は
全く別の話、それだけ>キョン」
リンゴ 「指定ぶん回しでもいいと思うんですけどね>ジークさん」
ドクオ 「2死体出てるのに無駄占い多くて残せそうな○いないって悲しいんですけど。」
キョン 「な、なんだってーΩΩΩ(棒)>ひより●」
「まあ今言った理屈で
実のところキョン狼ってあんまねえかなあ感はあります。

あくまで私がキョン、ひよりと3Wだったら 確実にケンシロウ噛んでるなあという理由であって
キョン-ひより-誰か 全員そのことに全く気付かなかったケースがなくちゃあないですが」
赤蛮奇 「そしてあなたが上げたキョンと私よりも反応が早かった
死体なしかどうか気にしていたんじゃないの?と突っ込み返せるがいかがかな」
リンゴ 「ほんと棒でしかないんですけどねえ・・・>キョンさん」
にな 「ただ「かこってたらこわい」ってだけなので、説得力出せねーのです」
ハシビロコウ 「蛮奇に関してもう1つそれとは別の不穏な要素を挙げる」
ジークフリート 「Ⅳ、COはあるか?」
「正直投票以外の要素は大体にな狼なんですが
投票要素だけはにな強烈に非狼なんですよね」
赤蛮奇 「いわゆるブーメランってやつだね」
「ありますとも! そう、これが俺のファンサービス!
最強にして至高の役職者! 素村CO!」
キョン 「ハシビロコウ>なんかまぁ個人的には解離してる気もするが
まぁそう言うならそうと受け取っておく」
リンゴ 「おっほう・・・」
ジークフリート 「キョンはなぁ、怪しいといえば怪しいのだが
囲った上でケンシロウ噛むの?というのはあるからな」
リンゴ 「ですよねえ・・・>Ⅳさん」
ハシビロコウ 「◇赤蛮奇 「よし!最上だね」

呪殺に対してのこの反応は狼にとっても最上であるという事
何故ならひより視点で悟能が狂か狐かは分かっていない」
ジークフリート 「じゃ、吊りはそこでよろしく」
赤蛮奇 「今日は指定するんだって困惑がある。指定してくれるだけましか」
キョン 「になちゃん>ぶっちゃけ、俺が狼と仮定して
囲われてもなぁ」
ハシビロコウ 「要するにわざとらしい反応はGJだけではない呪殺に対してもしているということ
最上の結果が出る可能性なんて前日には分からないのだから」
赤蛮奇 「赤蛮奇 「おはよう。呪殺ってはっきりわかるのなら最上。次に死体なしかな。
     霊能が噛まれているのが一番面倒かもしれない。」

朝一で最上と次善の想定しているよね」
にな 「そうなのでごぜーます。囲ってたらやだなーでしかねーのでごぜーます>キョンおにーさん」
キョン 「ジーク>やる時はやんだろ」
ドクオ 「結局、初日に猪悟能噛み選択してるわけで。
つまり、ケンシロウ-ミクからの噛み選択を除外して、猪悟能を噛むのが。
単にここ噛めばどうなっても対応可能であるのか。」
ハシビロコウ 「ドクオは呪殺の時の反応が逆に一番狼らしくない」
「まあ明日GJ出たら狩人出して、出なかったら潜らせたまま指定でいいですよ。
灰噛んでくれたら明日狩人出して灰狭めてもいいですが。
どちらにせよ7票か6票中2票狼になるんで
霊能でも共有でも指定は必須ですがね」
ドクオ 「それとも、ミクが贋見えて、ケンシロウも贋って判断した上で噛んでるかで変わるんだけど。」
赤蛮奇 「想定をしてその最上に当たっていたから最上だひゃほう
と発言をしているのにそれは狼だからだ、というのは言いがかりだよ。」
リンゴ 「お互い指定先は決めておくってことで>ジークさん」
ハシビロコウ 「少なくともになを吊る気は無いと言ったのは曲げる気は無い
投票はそれとは別というのだけ覚えておいて欲しい>キョン」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
にな0 票投票先 →
リンゴ0 票投票先 →
キョン0 票投票先 →
ドクオ1 票投票先 →
ジークフリート0 票投票先 →
7 票投票先 →ドクオ
ハシビロコウ0 票投票先 →
赤蛮奇0 票投票先 →
Ⅳ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
にな は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
になさんの遺言 ◇2日目 護衛:りんごおねーさん 死体:猪おにーさん ミクおねーさん
 狼の気持ちになって考えてみるですよ!
 とはいうものの占い師多すぎるでごぜーます!
 占い師を決めやすくするために霊能者を護衛するのでごぜーます。

◇3日目 護衛:りんごおねーさん 成功ですよ!
 狐がいなくなったのは嬉しいでごぜーますよ。
 でもまだ霊能の結果はほしいのでごぜーます


◇4日目 護衛:りんごおねーさん 死体:ケンシロウおにーさん
 もう、占いがわかるまで霊能護衛でごぜーます。
 進行役のジークおにいさんも護衛してーですけど
 結果を教えてくれる人優先でごぜーます

◇5日目 護衛:りんごおねーさん 死体:ちゅるやおねーさん
 まあ、結果はわかっているんでごぜーますが
 今日まではりんごおねーさん護衛ですよ
 明日はまた考えるでごぜーます

◇6日目 護衛:りんごおねーさん 死体:
 ちゅるやおねーさんが噛まれないはずなかったんでごぜーますね……
 もしⅣさんがLWに希望を託した狼さんだと怖いのでごぜーます
さんの遺言
       |::V l:::/|::::/: : : : : : : : : : \
      ト、: | V レ'/-―… 、: : : : ヽ : :`ー-‐:1
      ', `      ` マ‐-ミ、: : : 、: : : : /
      /         ヾ: : : :|: : : :`<
    /イ    l   >、  ト、  ',: : : i: : : :ヾ、:ヽ
     i ハ:i | /|=',\ ',=_、 V: :l:::::::::: : ヽ`
     ! ハ::|: ! /エニ|ハヾミ⌒、i: : :l、-―-、_i
     V ', ト、V ! ノl ヾ  Vi: : :r⌒       おやおや、君も私のファンですか?
        ヾV |\ tーァ イi: : :l
   r.、      ヾ ((>、_  彡≧: :l         仕方ありませんね、サインをしてあげましょう。
    V',       ノ ヽY〃 ::::|::/
  ___V:',___ -'_ || l  ::::::|/>'rー-ァ、_    す、む、ら……っと
 ノ l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|| レ彡´://  〃/
. !  、|         」_|<   //  ///
.(  .__l       ⊂´t-、 \ ', ',Oノ/ _
 !_:::__|        / ,二 ̄,ヽi  ::/://
  ト:::::l        ノr'二´ ヽ |  ::|://
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
ハシビロコウ 「そもそもドクオを村で打ってるから
になを除外すれば何にしても蛮奇吊りは想定内というのもある

3日目の朝一は単純に見ていなかった、ただそれを抜きしても蛮奇のわざとらしい発言は残したくない」
ドクオ 「oh・・・」
赤蛮奇 「おはよう。ハシビロコウが言わずもがなな感じで突っ込んできているのでなんとかするとして
残りのキョンドクオなんだけどキョンはひよりが狼の場合囲うかな?というのがあるから
ドクオが2wあるのならハシビロコウードクオでありそう。Ⅳが狼ならそれはそれで。」
リンゴ 「霊能結果ですが、Ⅳさんは○ですね」
キョン 「起点として
ハシビロコウで吊れる気はしてきたが
その場合でも相方どこやねんになってしまうんだよなぁ」
リンゴ 「ということで完膚なきまでに鉄火場です」
ジークフリート 「そうかそうか、そこが狩人か」
赤蛮奇 「そして絶望があった。」
ハシビロコウ 「にな噛み?
ならなおさらキョンと蛮奇で吊り切りでいいのではと思う」
赤蛮奇 「狼ではないのはわかっていたけど非役目と言っていた人がいたらしいなぁ?」
ハシビロコウ 「キョンの狼要素ははかせを吊れそうと見て殴りに行った部分くらいしか無い」
キョン 「詳しく>ハシビロコウ」
赤蛮奇 「はい、私です。吊らなくてよかった。になに投票しなかった人はありがとう。」
リンゴ 「ん、んー」
ジークフリート 「>リンゴ
俺は正直な、ハシビロコウ&ドクオの場合、もう無理かなと思っている」
ハシビロコウ 「ダウト」
キョン 「ハシビロコウ>はかせとは前日から対立してたよな?」
ハシビロコウ 「◇赤蛮奇 「占いなら鉄板で楽にできる。灰はまだまだ広いけど。
吊られそうになったら言ってね。そしてちゅるやがケンシロウから○。ええぇ・・・」

蛮奇の一番わざとらしい発言はこれ」
リンゴ 「ドクオさん狼の場合は無理かなとは思ってますけど」
ドクオ 「結局吊る気はまったくない位置だったんで狩人だったは悲しい結果である。」
キョン 「発言本当に夜に読んでたのか?>ハシビ」
赤蛮奇 「ハシビロコウはもういい加減何が何でも吊る、お前のすべてが狼に見えるんだ!
と言っているので。」
リンゴ 「今日キョンさん吊りも正直あれなので、ハシビロコウさんor赤蛮奇さんですよ」
ハシビロコウ 「ケンシロウのちゅるや○に対してケンシロウならどこを占うと思っていたか
そして○であることに対して何を感じたのか
そのあたりが一切何も出ていない」
ドクオ 「そのうえで、3人から除外できそうっていうならハシビロコウかなって感じ。」
ジークフリート 「>リンゴ
その2択だと俺は蛮奇吊っちゃうのだが」
ハシビロコウ 「ここで露骨に組織殴りしてきているのが一番の狼要素>キョン」
リンゴ 「で、確実に非狼の方に票が飛びます、ので指定は確定です。
狩人いないのでじっくり考えましょう」
ハシビロコウ 「構わない、キョン-ドクオは見ていない>ジーク」
赤蛮奇 「受けて立つ所存。霊能も賛成してくれているようなので
○だから以外だな、以上のことを出せというのは少なくともあの時点では」
キョン 「ハシビ>それ、俺とはかせの対立と関係ないよな」
ハシビロコウ 「私が指定されるなら蛮奇に逆指定と先に言っておく」
ドクオ 「そこ吊りは異論ないよ。」
リンゴ 「私はハシビロコウさんの方にいっちゃいそうなんですよね」
赤蛮奇 「待ってほしい。2wまだ生きているのなら私吊りだと」
リンゴ 「が、村の意思も合わせる必要がありますので」
赤蛮奇 「ドクオーハシビロコウで露骨に2w」
ハシビロコウ 「関係ある、キョンと蛮奇の私殴りのリンクが
昨日の朝から露骨に浮き彫りになっているから」
赤蛮奇 「やめて、ハシビロコウに投票を」
キョン 「まぁ最悪引き分けだわなこれこうなると」
ドクオ 「遅いよそれ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
リンゴ0 票投票先 →赤蛮奇
キョン0 票投票先 →ハシビロコウ
ドクオ0 票投票先 →赤蛮奇
ジークフリート0 票投票先 →赤蛮奇
ハシビロコウ2 票投票先 →赤蛮奇
赤蛮奇4 票投票先 →ハシビロコウ
赤蛮奇 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
リンゴ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
リンゴさんの遺言 リンゴ、霊能者を宣言します!
 ハッカドール3号さん ○
 蓮子さん ○
 はかせさん ○
 ひよりさん ●
 Ⅳさん ○●
赤蛮奇さんの遺言 素村だね
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
キョン 「ハシビ>お前が俺を狼に見る理由と
お前がはかせ殴りは吊れそうな位置殴った
は関係ないよなって話なんだが
になだけは投票云々アテにならないとは別、切り離した結果であるという主張と同じように」
ジークフリート 「リンゴォ!!」
ハシビロコウ 「さてこの状況
蛮奇と私で2Wなら相互身内殴りを一昨日から開始する理由は何も無い
その辺をどう考える?>キョン」
ドクオ 「信用を選んだ日のひよりの○っていうのがあって。
霊能噛みGJで、それは瓦解したわけだけど。
そこからケンシロウ噛みに変更してちゅるや○だったわけだ。」
キョン 「四秒時を戻せるのかな>リンゴォ」
ジークフリート 「最終日は来たが……」
ドクオ 「なぜわざわざ真の○に重ねたのかっていうのが1個疑問で残ってて。」
ハシビロコウ 「昨日の
◇キョン 「まぁ最悪引き分けだわなこれこうなると」
これも何故引き分けになるのが最悪かと」
キョン 「ハシビロコウ>身内する意味?
最終的に片方吊れた時のメリットもあるし
その二人2Wはない、で最終日送りされるパターンもある

意味は無い、なんてこたぁ無い」
ジークフリート 「>ドクえもん
続き早く」
キョン 「ハシビロコウ>そりゃお前狼に見てるからな
吊って勝てなきゃ最悪だ」
ハシビロコウ 「キョンがあの日私を狼に見ていたとして
蛮奇が非狼で私とドクオの2Wだと仮定する

ならば引き分けは最悪ではなくて最善ではないのか?」
ドクオ 「例えば囲いが全くない状況での狼の○の配置ってばら撒くと思うんだよね。
真噛みして信用やめましたっていうなら特に。
わざわざちゅるや○を出す意味がない。」
キョン 「加えてならしれっと蛮奇に票入れて最終日勝負でもいいんじゃないか?>ハシビ」
ハシビロコウ 「私を狼としてもう1人を誰で見ていたのか」
キョン 「お前吊れたら勝てるだろ
お前が狼ならな>ハシビ」
ジークフリート 「>ドクえもん
ケンシロウ噛んだならどこに○出しても同じじゃないか?」
ドクオ 「そもそも霊能GJ→ケンシロウ噛みに移行するとして。
ケンシロウGJ出たケースはだいたい終わるとしたもんだけど。
一応狩人噛みワンチャンないわけじゃない。」
キョン 「ハシビ>それ昨日時点で迷ってんの表明してたよな?」
ハシビロコウ 「共有に説得するなら今まで言ってきた事だけど
蛮奇とキョンの動きには共通点が複数ある」
ドクオ 「どこに出しても一緒っていうなら逆に変に迷わせたいって思わせたくない?>ジークフリート」
キョン 「で
はかせとは前日から対立してた
これを見逃してたことに言い訳はないのか?」
ドクオ 「どこに出しても一緒だけど、わざわざちゅるやに○出す必要性を感じない」
ハシビロコウ 「そもそもキョン視点で今日の朝一は私への意見よりも
蛮奇を吊って続行している時点で
2W負けの安堵が無いという方が出るべきだった、それが出てないのが何よりの狼」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
8 日目 (1 回目)
キョン3 票投票先 →ハシビロコウ
ドクオ0 票投票先 →キョン
ジークフリート0 票投票先 →キョン
ハシビロコウ1 票投票先 →キョン
キョン は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
ジークフリート は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
キョンさんの遺言 俺が噛まれてるなら
ドクオじゃね
ジークフリートさんの遺言 共有者だ
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2018/01/13 (Sat) 23:10:09
やる夫GM 「お疲れ様だおー」
ケンシロウ 「お疲れ様だ」
守屋ひより 「おつー」
蓮子 「おつかれー」
リンゴ 「お疲れ様です」
にな 「おつかれさまでごぜーますよ」
ハッカドール3号 「お疲れ様~」
ハシビロコウ 「お疲れ様」
キョン 「お疲れ様」
赤蛮奇 「お疲れさまでしたー!」
ジークフリート 「キョンはLWとしては微妙な位置だったよな」
ドクオ 「れじえもんか。誰かと思ったわ」
にな 「ドクオおにーさんだったんですかー」
リンゴ 「んー、こういう時って霊能者がどれだけ出張っていいか難しいですよね」
守屋ひより 「いやー 潜伏役が優秀だと楽だわー」
ハシビロコウ 「ああ、になの中身は由ちゃんか、久しぶり」
「お疲れ様ですフッハハハ。
キョンはミクの○として見ると位置は白い。
そこをどう考えるか次第ではありますね」
キョン 「ジーク>メタるともっと張り切る」
ジークフリート 「すまない、はかせ吊りの日に指定しなかったのはいただけなかったな」
ちゅるや 「おつおつ」
赤蛮奇 「キョンはミクが○を出していたことを思い出せるかどうかの村ではなかろうか」
ケンシロウ 「GMが初日共有を持って行ってるのに俺が共有占いとか何の冗談だ。その耳が狐に似ているから銃殺するぞ<GM」
にな 「絶賛リハビリ中でごぜーます! 今日の成果は霊能護衛成功、失敗はケンシロウおにーさんを信じなかったことですよ!>ハシビロコウさん」
ハシビロコウ 「ひよりもお久しぶり
正直開始前見ててすごく久々に見かけたから入ったのは今だから言えること」
ちゅるや 「ドクオの動きが素直によかった、噛みもだけど 」
「まあ下界でも霊界でも言いましたが
キョン狼なら猪じゃなくケンシロウ噛みなんですよね。
余程猪が真っぽくてたまらないって状況でなけりゃ>ジークフリート」
ドクオ 「ひよりは久しぶりやね。非常にいい仕事してくれたわ。」
リンゴ 「Ⅳさん吊りを上書きできるかどうか位ですかね、私は」
赤蛮奇 「寒さで冬眠していたと思っていたか>ドクオ」
ドクオ 「左手を添えるだけの動き・・・>ちゅるや」
はかせ 「ん、おつかれー」
守屋ひより 「1年半も来られてなかったからねぇ私>ハシビロコウ」
ハシビロコウ 「蛮奇先に吊ってたらドクオは手が届いたかどうか」
キョン 「ドクオは蛮奇吊れた日に限れば指定飛ばすってのは個人の感想だなぁ」
にな 「ひよりおねーさんが後からCOしたときはびっくりでごぜーました」
リンゴ 「いやまあ、ドクオさんにも不安はあったんですよ」
「まあそこで敢えてやることで白く見せるって手も無くはないんですけど
その割には私以外にキョン白要素を出す奴がいないですから」
赤蛮奇 「そういえばひよりも久しぶりだね。ちゃんと騙りしていたからケンシロウ噛めたよーナイスジョブ」
ちゅるや 「いや、素直に良かったよ、LW勝利おめでとにょろ>ドクオ 」
ケンシロウ 「俺視点でも大困惑なんだよなぁ<3CO見えてからの狼がCO」
ドクオ 「ケンシロウ贋みちゃったのだけがなんか微妙だったな」
リンゴ 「ドクオさん、一人だけ「あれ、どこ行ったっけ」ってなってたので」
ちゅるや 「んではおつおつ」
やる夫GM 「キョンはミクの初手○(仮にキョン狼なら初手囲いがわかる)
猪悟能はケンシロウ初手○
ケンシロウ真=ミクと猪悟能で狂狐
猪悟能真=ケンシロウ狂ミク狐、つまりケンシロウは狼視点真狂確定

なのに猪悟能かんだのはなんでーって考えりゃいいんじゃねえかお
キョンLW負い続けるならだけど」
守屋ひより 「村の中でも言ってるんだけどね リロードの都合で出遅れたって」
リンゴ 「そこを理由にⅣさんの代わりに切り飛ばすくらいしかルートなさそうですね」
ハシビロコウ 「あそこから占いにスライドは難しいからしょうがない
グレランでひよりに狩人吊り殺し狙いの票を食らいながら生きてただけ上々>にな」
ドクオ 「実際ねぇ。普通にあるよ。>4CO目が狼」
ハシビロコウ 「それ自体は真贋要素じゃないよ>ひより」
「軌道修正間に合わないとか
3CO見えてねえやとか割とよくありますよね。
私もやります」
ケンシロウ 「になとか吊らなくて良いじゃん良いじゃん(真顔
そんなことよりそれ以外吊ろうぜ。としか思わなかった(対抗入れてるし…」
キョン 「四人目が狼>そこのちゅるやさんとか平気でやるし
潜伏自信ないならやるだろ」
はかせ 「個人的には白く見られてきたのは良いことなんだけど
まだ殴りがなあって
半端な殴りだったからかえって村を混乱させてしまったみたいだし」
ドクオ 「潜って一人噛めばっていうのはわからなくもないけど、ぶっちゃけグレラン強いなら4COになったほうがあと楽なんで。」
リンゴ 「まあ実際こう、聞いてみたいんですけど」
ジークフリート 「俺が変えれたのははかせ吊りの方だったかなぁ」
「そこのちゅるやさんだと
びくってなりますね。フッハハハハハ」
ハシビロコウ 「ハッカドールと蓮子は吊れるのは妥当として
はかせ吊りは勿体なかったなと」
守屋ひより 「あれ別に狩人透けての投票じゃないで
単純に寡黙どころに入れておけば不自然に見られないかなと」
ケンシロウ 「ドクオ> こいつ…根性あるな?とか思って、ひゃっはー!信用勝負か?俺の名w(ry
とか思ってたら噛まれたわ」
リンゴ 「霊能って共有が生存中にどこまで強権していいでしょうかね
割とそのあたりはいつも考えてしまいまして」
「正直灰全部狩人に見えて困りましたよ>はかせ吊りの日」
キョン 「はかせ>結果稼ぎも何も、怪しいから二重◎になってくれたら嬉しいなって位置は占ってほしいぜってなる」
にな 「……ところで「まとめ貼るのは人外」って法則あるですか? 仁奈は便利で嬉しかったでごぜーますが」
赤蛮奇 「霊能を噛めれたらケンシロウとの信用勝負だったんだけどねえ
そしたら私の狩人ブラフと狩人日記が火を噴いた」
ドクオ 「俺普通に狩人ありそうだし吊れないかなでいれた>にな投票」
ドクオ 「ないよ>にな」
「本職狩人のになちゃんとはかせが一番狩人に見えないぐらいには
他3人狩人に見えてましたよ。俺は」
やる夫GM 「というか占い騙り潜り抑制がまっとうな手法なら
共有とか霊能とか占い2昼だけ騙ってもいいのに騙らないあたり
そういうことじゃねえのかお……?>騙り抑制云々」
ケンシロウ 「もう俺は対抗入れてるし入れるわけないじゃん。って感じで他入れたしなぁ」
リンゴ 「まとめ貼るのが人外ではないですね」
キョン 「ハシビ>発言から非狩りは透けるし指定なければだいたい吊れる」
ドクオ 「むかーしに言われてたネタみたいなもんだね」
ハシビロコウ 「でも吊り易きを吊ってる感じはあった
むしろ初日に私に入れてるケンシロウの方が真ありそうかなとは思ったね

それと
◇守屋ひより 「私が噛まれても何も残らない せいぜい猪悟能が破綻するだけ」
これ少し微妙かな、占いにとっては対抗の破綻より自分が結果出せる方を
優先的に考える方が印象は良くなる>ひより」
やる夫GM 「8年前のセオリーだお>まとめはるのは人外」
はかせ 「個人的にそこの理由がよくわかんなかったのもあるし殴りが未熟なのも分かったので」
赤蛮奇 「結構昔のジンクスだったような>まとめ貼り人外」
やる夫GM 「まーよく考えるとよく言い出したもんだお
アル夫さんあたりがそれで死んだ気がするお
うろ覚えだお」
リンゴ 「まとめを貼る人はそれ以外に発言しない人がいるんで
人外が好んで使ってた場所もある、くらいでは?」
ドクオ 「というか。抑制させるより引っ張り出したほうが良くない?」
ケンシロウ 「アル夫さんぇ…」
「迷探偵真紅さんとか水銀灯狐とかその辺並じゃないですかね」
赤蛮奇 「そういえばさ。まとめに混じっていた栗きんとんっていったい何だったんだろう・・・?」
ハシビロコウ 「キョンは考える余地を残そうと思ったけど
あそこまでドクオに一切合切触れないのは私としては論外としか言いようが無い・・・」
キョン 「はかせ>理由聞いて納得いかなきゃ殴ればいいよ
理由聞く前から殴りにこられると吊り返さざるをえない」
ケンシロウ 「知らんつーか俺も知りたかった<栗きんとん」
守屋ひより 「ああそれはケンシロウが「俺が噛まれたら情報が何も残らない」って言ってたから
それは私も同じこと 違いがあるとしたら て意味」
キョン 「ハシビ>あのなぁ」
にな 「なんとなーくわかったですよ>Ⅳさん」
ケンシロウ 「ひより> いや、俺が噛まれたら何も残らないって言うのは。占い結果0じゃねーか!って意味だぞ」
はかせ 「半年前から始めた私は分からない話題だった」
やる夫GM 「やる夫もそう思うお
真狂狐ー真での狼のかみって死ぬほど嫌な気になるお>ドクオ」
「……あれ……まさか俺……
もうやる夫村に来て8年近く……」
「よし、考えるのはやめ! よしやめやめ!」
キョン 「お前俺人外しか見ません!
みたいな態度とられたら
ドクオにリソース割けれないからな?」
リンゴ 「まあこう、普通に村役職としては責務を果たせれてたか? ってところがあるので
非情に申し訳なく思いつつ、私は去りますね。
お疲れ様でした!」
ケンシロウ 「だって俺、初日共有占い+初日共有とか言う俺視点辛い の一言以外出せんぞ…」
赤蛮奇 「こうして謎のみが残ったのであった」
ハッカドール3号 「ハッカドールRPするとして、まとめ作るのは絶対に外せないし
真面目に言うならRP要素だけど、それで人外見るなら致し方なしって感じだな~」
ドクオ 「真護衛して狐噛み発生すると悲惨なことになる」
「誰噛んでもいいですよ>真狂狐-真」
はかせ 「だよねえ
そこが反省点かなー
じゃあ村建て同村お疲れー」
守屋ひより 「私も初手霊能占いだから結果0だったんだよ!>ケンシロウ」
やる夫GM 「おめーやる夫より先輩じゃねーかお>IV」
ケンシロウ 「ひより>何言ってんだよ霊能狼がない結果があるじゃないか(真顔」
「いやほんとに霊能噛んでも闘えるし
占い噛んでも狐以外噛めればめっちゃ勝ちやすいしで」
リンゴ 「どっちかっていうと」
赤蛮奇 「殴られても他の人を見れるほど余裕がある人は少ないからねえ
村だろうと人外だろうかああん!?すっぞおらーっ!となるので」
キョン 「それを論外とは随分上から目線でございますね
その鋭い推論でドクオにも矢を向けていただきたかったのですが」
守屋ひより 「共有初日でなければなorz」
ドクオ 「あと4年で干支一周しちゃう・・・!>Ⅳ」
ハシビロコウ 「ハッカドールを吊ったのはまとめ貼りよりも確率論を持ち出した方
4COで対抗を占ったから偽という短絡的かつ占いの発言から真贋を
見ようとしないスタイルは残したくない」
蓮子 「ではお疲れ様
GM村建て&同村感謝」
ハシビロコウ 「矢を向ける余地を寄越さなかったのはそっちだから、とだけ>キョン」
にな 「仁奈もそろそろ明日に備えておやすみでごぜーます。
村立同村ありがとうごぜーました!」
リンゴ 「まとめ作ったあとに4-1-2発言でああん? ってなりました>ハッカさん」
「ではお疲れ様ですよフッハハハ。
村建て感謝、いつかまたお会いしましょう」
ケンシロウ 「ハッカードールは見てないけど狩人なさそうかなって感じにしか思わなかった占い師がここに」
リンゴ 「では、お疲れ様でした!」
守屋ひより 「んじゃ私も落ちるで
村建て同村感謝 おつー」
キョン 「ハシビ>お互い様、ならまだ解るが
一方的に論外呼ばわりされる程上等な殴りだったかよお前さん」
ハシビロコウ 「ブランク組が帰ったので私も帰ろう
お疲れ様、また次回の村で」
やる夫GM 「おめーら論戦もほどほどにな(よしよし」
ケンシロウ 「GM、どうにかしろ(投げやり」
キョン 「お疲れ様
やる夫は村立てありがとうな」
ハッカドール3号 「んじゃ、またね~」
ジークフリート 「詰めが甘いか

俺も失礼しよう
GMと同村した皆、お疲れ様」
やる夫GM 「あと4昼組織投票になってたのは多分やる夫が下界にいても
主張しづらかったと思います

でもになおもっくそ霊能護衛してる狩人像に当てはまるからしゃーない」
やる夫GM 「やる夫にいうなお!!
こういうのはきついんだお!!
ってわけで皆おつだお!!」
赤蛮奇 「それじゃあ私もそろそろ落ちよう。お疲れさまでしたー!」
ケンシロウ 「というわけで、俺も帰るぜ。ハシビロコウとキョンが言いあってるけど。俺から言えるのはんなことより次勝とうぜってことだけだ。
それじゃ、GMをアミバのところに送りつけるぜ。同村村建てお疲れ様だ」
ドクオ 「じゃあお疲れさん('A`)y-~~」