←戻る
【紅番外】やる夫達の初心者村 [6779番地]
~結界像ビート~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 4 分)[5:4]初日の夜は身代わり君身代わり君は GMトリップ必須自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8
icon 猫GM
(生存中)
icon かずま
(生存中)
icon ヴェント
(生存中)
icon ももめの
(生存中)
icon 金剛(いろは)
(生存中)
icon ルナサ
(生存中)
icon アクア
(生存中)
icon 結月ゆかり
(生存中)
icon 桐須真冬
(生存中)
icon ちぇん
(生存中)
icon トルティニタ
(生存中)
icon ポーラ
(生存中)
icon アヴィケブロン
(生存中)
icon ノッブ
(生存中)
icon (花京院)ちえり
(生存中)
icon 紅美鈴
(生存中)
icon お姉ちゃん
(生存中)
村作成:2018/06/23 (Sat) 21:01:36
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 猫GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 2039 (レスキューキャット)」
猫GM 「───────────┐
  │やる夫達の初心者村  ....│
  └───────────┘

               /::::::`゙' 、 _   _,. --─ 、
             /:::::::::::::::::::く´メ´::_:::::::::::::::::: /
            >''"´ ̄` '' ´       ヽ::: /
          /                     V-、
        /                       |::::::\
        イ  /      ;' ,ハ  |_ ./|  |:::::/    この村は「初心者村」よ。
      |  |  | ‐-/,.∧;'   | ,/| ,/ ト. |:/ |     ルールを守って、楽しく遊びましょうね。私との約束よ?
      l  l  ! ./´l`メ i  ,!/ァ─-、 !  |  |
        !, i  | /!、j_,リ       ,.,./  ,  ヽ.
       ソl  |,ハ ,.,.   '      /  /     ':,   γ'"´\
          |,/  ,!      -‐ '  /  /    / ,ハ/       \
        /   /.ト 、;'´|     ,.イ  /|  / ∧ !          \
      /  /   .!  ,! !,>r< !/ >--─‐ く             \
      !/|/∨ヽ|iン   !_ン|_,/ //::::/     ヽ             \
          /   l´、   |/ ム_,__/ /::::/ /     '               \
         ./     し|   ∨⌒}´\ .|:::::|  |     |              ∧
        /   ./ゝ、__ノ ̄ `!" ヽ/ |:::::|  |     /             ∧
        ,'   / /くー' 、   ト、 j  .|:::::| /    /                  ',
      ゝ く  /  〉、__    イ \  |:::::|,く    /  人   人   人   ノ

(↓一般枠向けテンプレ)

■ローカルルール纏め■
入村許可制、トリップ必須、昼AA禁止

(↓ここから初心者枠向けテンプレ)

■この村について■
この村は初心者を場慣れさせるための『初心者村』。
でも、あまり育成要素などを期待してはいけないわ。
どんなことであっても、自分を強くするのは自分自身。そうでしょ?

■禁止事項■
過度の暴言、無益な村人騙り、意図的突然死
早噛み許可前の超過前噛み、昼間のAA(夜・遺言は可)など…

■入村許可制について■
入村許可制っていうのは、村に入る際にGMが許可を出してからでないと入村をしてはいけない制度のことよ。
記念村や特殊村ではこの制度が採用されているので、初心者村で慣れてしまいましょう。

初心者の人は【初心者枠・特別枠入村許可】が出されてから入ってきてね。

■トリップについて■
ユーザ名の欄にトリップ専用入力欄があるでしょ? そこに、自分が好きな文字とかを打ちこむのよ。
例えば、トリップ入力欄に「幻月」って打ち込むと『◇nZ3F7B/M2E』って感じで村では表示されるわ。
これは、まったく同じものを作るのが非常に難しいの。無数のパターンがあるからね。
だから、これは自己の証明手段、つまり成りすまし防止として使えるのよ。

私のトリップは『 .2TxrisQ1I』という文字列だけれど
これだけを見ても、ここから元の文字列を判別することはほぼ不可能でしょう」
猫GM 「ー、o,-'!
     >,'"´⌒ヽ
      .i ,'<((ハノ〉〉    オオキイAAハツカレルワ…
  /`-(リ! ゚ ヮ゚ノリノ^ヽ
 (、ハ,ノk_メ`ll><lliつハ,ノ
     (ン'/ `´メゝ
     `!,ンィン"´

以下、告知より抜粋。
普通村の定義は曖昧な所もあるけど各自で判断して頂戴。

■開始前の流れ■
村が建ちます→初心者枠入村許可→準初心者枠入村許可→入村許可

初心者枠に該当する方は【初心者枠入村許可】、と言った後に入ってきてください。
準初心者枠に該当する方は【準初心者枠入村許可】、と言った後に入ってきてください。
また、特別枠の人は初心者枠入村許可後なら好きな時に入ってきてくださって構いません。

【入村許可】前にはカウントダウンしてから入村許可を行います。
この入村許可後は好きに入村して構いません。

■初心者枠該当条件■
以下の条件を両方満たしている人が初心者枠に該当します。

①スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバにおいて普通村の戦歴が50戦以下
②真紅鯖定期初心者村での戦歴が15戦以下

■準初心者枠該当条件■
以下の条件を両方満たしている人が初心者枠に該当します。

①スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバにおいて普通村の戦歴が100戦以下
②真紅鯖定期初心者村での戦歴が15戦以下

なお、スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバは
やる夫系、鉄村人狼系、iM@S系、東方ウミガメ系、猫又系などです。
よく分からない人は恐らく該当してるでしょう」
猫GM 「初心者枠許可にゃ」
猫GM 「準初心者許可にゃ」
猫GM 「カウントにゃー
誰もいないけど」
猫GM 「3」
猫GM 「2」
猫GM 「1」
猫GM 「全員許可にゃ」
かずま が村の集会場にやってきました
かずま 「ズサー(猫にスライディング」
猫GM 「やめるにゃ!!!」
めぐみん が村の集会場にやってきました
ももめの が村の集会場にやってきました
コムギ が村の集会場にやってきました
めぐみん 「よろしくお願いしま...クズマがなぜここに...」
ももめの 「……にゃー。」
かずま 「磯野ーサッカーしようぜ!」
コムギ 「おはようございます」
かずま 「◇めぐみん 「よろしくお願いしま...クズマがなぜここに...」

その言葉、全部フルカウンターでかえしたわ!」
猫GM 「人がきたら開始だけど
来なくても40分めどに開始するか質問する感じでいくにゃー!」
kari が村の集会場にやってきました
アクア が村の集会場にやってきました
kari 「よr」
アクア 「ヒーローの真下にくるヒロインの鑑」
かずま 「おい、俺の下に男女神がいるぞ」
めぐみん 「サッカーですか、ボールは貴方でいいですか?>クズマ」
かずま 「いや、ロリっ子、GMに決まってるだろ>めぐみん」
コムギ 「コムギ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:コムギ → 金剛(いろは)
アイコン:No. 10563 (コムギ(花騎士)) → No. 8249 (戦艦「金剛・改二」)」
ももめの 「猫虐待、反対>かずま」
金剛(いろは) 「みなさーん! こーんばんわー!」
かずま 「プリセンスオーダーには逆らえんな>ももめの」
アクア 「かずま>宣伝は任せろ
私は広報のアクアだからな」
金剛(いろは) 「タンスにゴンゴン、金剛いろはです!(皿洗いの音
え、アイコンが違う? 気にしないでいいと思うんですよ」
かずま 「広報のアクア、なんかかっこいいけど、それ広報なのか大丈夫か!>アクア」
かずま 「後ろに黒くて光ってカサカサ動くやつが居るぞ>いろは」
金剛(いろは) 「えっどこどこ! みえないー!>かずま」
かずま 「そりゃ居ないからな>いろは」
アクア 「かずま>これでもアニメ化の際は私とかずまで宣伝していたからな
広報はメインヒロインの職務の内だ」
金剛(いろは) 「(神社にゴンゴンだったのをいまさら言いなおせない」
金剛(いろは) 「もー! なんでそういういじわるすんのー!」
かずま 「(この作品はもう駄目かもしれん……)>俺とアクアで

プックスクス>いろは」
アクア 「まあなんだ
仕事で入った給金で昼間からビールを飲んでいる
という非常にアレな内容だったが>アニメ化告知」
金剛(いろは) 「またそういうことするぅ」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → ルナサ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 27 (ルナサ)」
かずま 「開始予定は40分か、エロ本でも読んでまつか」
ももめの 「時間まで……狼を縛るための鞭を手入れ……棘、必要?」
かずま 「荒縄でいいじゃないか」
めぐみん 「めぐみん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:めぐみん → ヴェント
アイコン:No. 8512 (めぐみん) → No. 6590 (前方のヴェント)」
ヴェント 「なーんか隣のやつからあのウニとにたよーな感じがするんだよなー」
かずま 「めぐみんがやべぇ奴になった」
結月ゆかり が村の集会場にやってきました
かずま 「それはー俺の隣の奴のことだな>ウニ」
結月ゆかり 「こーんばーんはー」
ルナサ 「とあるとか懐かしい」
かずま 「と思うじゃん、10月にアニメやるらしいな>ルナサ」
アクア 「ルナサ>安心してくれ
十月からとある三期アニメ放映するから
懐かしくなくなるぞ」
ルナサ 「へー、新約になってからみてないけど新約以前は大好きだったから
みようかなー>かずま」
ルナサ 「新約自体が面白かどうかすらしらない」
アクア 「広報のアクアとして知らしめねばな」
かずま 「アニメってどこからやんの>GM」
桐須真冬 が村の集会場にやってきました
ヴェント 「あー?誰が弁当ですってーー?>かずま」
ルナサ 「声が大きいから広報w」
桐須真冬 「失礼。よろしくお願いするわ。」
金剛(いろは) 「金剛(いろは) さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:金剛(いろは) → コムギ
アイコン:No. 8249 (戦艦「金剛・改二」) → No. 10563 (コムギ(花騎士))」
かずま 「新約とそうじゃない違いが分からんのだが、何が違うんだ?」
ちぇん が村の集会場にやってきました
ヴェント 「私たちにでばんあんの?>アクア」
ちぇん 「にゃー」
コムギ 「ちょっと脳内でRPが定着しないので戻しますね」
かずま 「弁当とかいってねーよ、弁当争奪戦すんのは違う佐藤だろ>ヴェント」
アクア 「ヴェント>私はおそらくあるが……」
トルティニタ が村の集会場にやってきました
かずま 「今気づいた、そうか、こいつら同業者か>アクアxヴェント」
トルティニタ 「どうも。」
コムギ 「そういえば異世界転生系でしたね、カズマさん」
ももめの 「いい感じに集まってきた」
桐須真冬 「ヴェント…弁当…ベン・トー…」
ルナサ 「あるんだw」
コムギ 「でもさっきの流れ的にはあなたのところの女神ですよ、何とかしてください>カズマさん」
ポーラ が村の集会場にやってきました
かずま 「とあるの話してもGMがのってこない件、これは事件ですね」
ポーラ 「ウェ・・・ヒック・・・
おあよー」
アヴィケブロン が村の集会場にやってきました
トルティニタ 「それで、結局何時開始なの?>GM」
かずま 「うちの女神、いくらポンコツでも男ではないので>コムギ」
アヴィケブロン 「暑い」
ノッブ が村の集会場にやってきました
花京院(ちえり) が村の集会場にやってきました
かずま 「40分らしい>トルティニ」
アクア 「トルティニタ>四十分と既に言っていたな」
コムギ 「カズマさんがアクアさんに女性を感じる・・・?」
花京院(ちえり) 「やっほ~ こんちぇり~♪」
ポーラ 「たしかにあっついですね
脱いじゃいましょー、ばばっと」
結月ゆかり 「ああ、よく見ると「40分になったら皆に聞くよ」って言ってるんですねGMは」
コムギ 「あっこれは戻るしか」
紅美鈴 が村の集会場にやってきました
結月ゆかり 「まぁ集まりそうなのであんまり関係はないですが」
アクア 「かずま>すまない
私は聖人として聖母属性持ちなのだ実は」
ノッブ 「わしじゃ!
異世界転生?
死んでからが本番のようなのもいるぞ!ここにな!!」
アヴィケブロン 「暑いのは君のせいか>ノッブ」
かずま 「感じるわけない!>コムギ

どうぞ、お願いします>ポーラ
花京院(ちえり) 「ゴンゴンの霊圧が…消えた…!」
紅美鈴 「よろしくお願いしますね。」
コムギ 「コムギ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:コムギ → 金剛(いろは)
アイコン:No. 10563 (コムギ(花騎士)) → No. 8249 (戦艦「金剛・改二」)」
桐須真冬 「この人数であれば開始しても良さそうかしらね」
金剛(いろは) 「はぁーい・・・戻ってきましたよー」
お姉ちゃん が村の集会場にやってきました
かずま 「そこは聖母じゃなくて聖人でいいだろ!>アクア」
ノッブ 「もうそろそろなつじゃからな>アヴィケブロン
わしも復刻されるから石を用意せい!」
かずま 「おまえも忙しいやっちゃな>いろは」
ポーラ 「うー…もう40分すぎてません?」
猫GM 「それじゃー準備できたら投票にゃ
かずまは皆準備したら開始にゃ」
お姉ちゃん 「お姉ちゃん さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 19 (十六夜 咲夜) → No. 6669 (十六夜咲夜03)」
かずま 「おらー弁当は投票したら、かうんとー!すんぞ」
お姉ちゃん 「なんか入れましたね。よろしくお願いします」
トルティニタ 「じゃあ、始めましょう。」
紅美鈴 「お、お姉ちゃん!?」
ヴェント 「なんかアイドル部集まってない?」
ももめの 「(ナインテイルの)準備、完了。」
金剛(いろは) 「絡みたいから仕方ないじゃない!
あ、ちえりちゃん、来週はよろしく!」
花京院(ちえり) 「花京院(ちえり) さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:花京院(ちえり) → (花京院)ちえり
アイコン:No. 9898 (花京院典明2) → No. 9911 (緒方智絵里)」
ヴェント 「あー忘れてたわ」
ポーラ 「あ、なんか下から温かい母性愛あふれるひかりが…」
(花京院)ちえり 「あ、かわいい方にしとこ…」
ちぇん 「お姉ちゃんおなかすいたにゃ」
かずま 「5」
かずま 「4」
ヴェント 「今ウビバにするか悩んでんのよ」
かずま 「3」
ヴェント 「まぁ時間ないし今度ね」
(花京院)ちえり 「緒方さんの方のちえりだよ~
復活のゴンゴン!」
かずま 「2」
ポーラ 「あれ、あたしのブラどこにいっちゃいましたか?
なんかない…」
かずま 「1」
お姉ちゃん 「オーバー15に用はないわ、出直してきなさい>美鈴」
ちぇん 「ちえり(学級委員)?」
かずま 「開始!」
ゲーム開始:2018/06/23 (Sat) 21:43:02
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆猫GM GMはスバルにゃ
各自いい感じに猫の餌を集めてくるにゃ」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
猫GM は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
猫GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
ポーラ 「ううー ポーラ飲みすぎちゃいました。頭痛いです。
だから迎え酒しましょうー どーせしょにちなんて大した事件ないですよ

おつまみは…これでいっか、なんか高そうで猫のイラスト書いてあるツナ缶。
かずま 「◇ポーラ 「あれ、あたしのブラどこにいっちゃいましたか?なんかない…」

そのブラなら、ここに(右手にガッシリ握る」
金剛(いろは) 「人狼だといらんこと言って初日に吊られるタイプ!
金剛いろはです!」
アヴィケブロン 「こんな暑い日はゴーレムでかき氷を作るに限る。
よしできた…できたが…仮面が邪魔で食べられない…」
桐須真冬 「おはようございます。COがある方はお願いします。」
トルティニタ 「おはよ。」
ノッブ 「そう、わしが占い師じゃ!
アヴィケブロン●!!」
お姉ちゃん 「ああ・・・お待ちください・・・
お嬢様の残り湯、美味にございます・・・」
ももめの 「おはよう」
アクア 「では結果を」
ルナサ 「占いCO
ポーラ○」
ちぇん 「占いCO 真冬さん ○」
紅美鈴 「おはようございます。」
(花京院)ちえり 「こんちぇり~
今日もちえりちゃんはかわいいなぁ!」
結月ゆかり 「おはようございます!」
ノッブ 「元作品ではともかく
FGOでは一部で可愛いと言われているアヴィ先生を占っておくぞ

さて、可愛い結果が出るのかじゃな?
桐須真冬 「●! COを確認ね」
ルナサ 「いやー、それは無理、」
かずま 「●だースティール!」
ももめの 「いきなり黒展開。投票先は決まり?」
アヴィケブロン 「知ってた。COは無い」
結月ゆかり 「というわけでゆかりさんは最近話題?それともリバイバルブームですかね?のゲーム、人狼の実況に来ています!」
紅美鈴 「じゃあ●にCOを聞いてですね。」
トルティニタ 「潜れなかった占い師が二人もいる」
お姉ちゃん 「う~んこの。
まあ●にCO聞くっきゃないですね。妹じゃないのでそこ吊るのはどうでもいいです」
金剛(いろは) 「えっとこういう時は潜って潜って!」
ポーラ 「ほらねー、ノッブさんが●出したから消化進行ですよ、ポーラがいったとおりでーす」
結月ゆかり 「せっかくなので狼をビシバシっとあててヒーローになってみたいところですね!」
ノッブ 「すまんな
可愛く吊ってしまう羽目になってしまったぞ…」
ルナサ 「まったく関係ないんだけど
さっきひたすらH☓Hのメルエルとコムギ見ててさ。
こんないい話かける人がなんであんなに働かないんだって米があってさ。
でもさ、ゆとりがあるからああいう話しが書けるんじゃないかって
だからまったく関係ないポーラにするよ、ほんと、ポーラ以外書き換えれば
かなり広範囲に対応できそうな占い理由だよね。自分でもそう思う。」
桐須真冬 「占い師が3人出ているわね。
真であればもう少し様子見をしても良かったわね。」
かずま 「んじゃーアヴィケブロン吊りでまったー明日」
トルティニタ 「やれやれ、じゃあ、アヴィさんつって次。」
結月ゆかり 「で、なんだか凄いもったいない感じになっていますけどCOがないらしいので以下略ぅ!」
アクア 「ルナサとちぇんはまぁなんだ
真なら潜ってくれていればだな」
ちぇん 「ええええ」
ヴェント 「なんか寝坊したらいきなり●でてんだけど」
ルナサ 「もうちょい様子見しろってことなんだろうけど。
ま、噛まれたらごめんねー」
お姉ちゃん 「やや遅めではあったんで
潜れないのはしゃーないっすね。真偽問わず」
ももめの 「これ以外のCOは全部明日」
ちぇん
お隣さんうらないにゃ!
真冬はコタツで丸くなるにゃ!」
(花京院)ちえり 「●からの占いCOドバドバで困惑なのでは~?
とりあえずCO無いなら吊っちゃうしかないね~」
紅美鈴 「ではアヴィケブロンを吊って、明日どうなっているか待ちですね。」
アヴィケブロン 「ノッブめ! そんなに僕の宝具2キャスネロが羨ましいか!」
かずま 「この展開なら狩人ファイトだぜ!」
金剛(いろは) 「COなしなら吊っていいといろはは思うなー」
結月ゆかり 「あと、占い3人出てて役保護とか割とどうでもいいので共有出ましょうね」
ちぇん 「10秒でないの確認してからでたのにこれはひどいにゃ!」
ノッブ 「まぁ、これでわしが噛まれていたら
キープは対抗のどちらかということでいいが

できでば護衛を!
沖田ぁぁぁ!!!!」
紅美鈴 「この状況で灰を噛むとは思わないので共有は出れば良いと思いますよ。」
ルナサ 「共有でなくてもいいかな。
明日生きてればほぼ勝ちだし」
桐須真冬 「霊能が伏せている以上、吊り先は変わらないでしょう。
CO無も確認していますし、明日次第ね。」
ポーラ 「えーと・・・直後に2人でて3-x進行ですか、そうですか。
じゃあポーラは樽酒開けていっぱいやってますねー。
あ、そのブラは小さくなってきたのでかずまさんにあげますよー。」
ヴェント 「共有出して護衛禁止で良いでしょ。霊は自由」
かずま 「はい、共有CO 相棒はそこのはぁーいのイクラちゃん」
ノッブ 「んー、わし10ぐらいで押せた気はするんじゃが?」
アクア 「ルナサは真なら本当に潜ってほしかった>理由見て」
ももめの 「明日うっかり霊能が噛まれていないことを祈るばかり。」
トルティニタ 「共有はでないの?」
(花京院)ちえり 「まぁ霊能者は少なくとも潜れているようでござる故~
明日死体無し出たらいいなぁと思いながら眠りにつくよ~」
お姉ちゃん 「一応明日占いが転がってる場合、
護衛対象を狭める目的で本日潜る価値はそこそこありますね>ゆかりん
まあ出たけど」
かずま 「相棒は いろは のことな」
結月ゆかり 「明日ルナサかちぇんが死んでたら、霊も伏せて真冬orポーラだけ表に出して護衛集中させての指定ゲーやるよーとか言うなら別ですけどそんなこと絶対しないでしょ?」
ちぇん 「もうしらんにゃ」
トルティニタ 「いくらって誰よ」
アヴィケブロン 「特攻してるのになんかやる気加減が微妙でなんだかなあと思う僕なのであった」
ももめの 「いろはがいくら?」
アクア 「ノッブ>魔神(かみ)は死んだ」
金剛(いろは) 「はぁーい。(へんじ
初日に吊られるタイプだから共有者になりました!
ねえいろはすごくない!?」
(花京院)ちえり 「イクラちゃん…?
ゴンゴンの事か~ これはアタマゴンゴンの見せ所!」
ポーラ 「毎晩ねちょいことしてるんですね、ポーラわかってます>共有」
ノッブ 「わしなんてな!>アヴィケブロン
水着のほうが来なくて泣いてるマスターを見おてのじゃよ!」
ルナサ 「誤爆でしたー、みたいなラッキーでもないとまず、ね」
トルティニタ 「はいはい、じゃあお休み。狩人頑張って 完。」
紅美鈴 「まあ極論、3CO状態なら霊能が出るのも有りなんじゃ、とか考えるわけですが。
霊能噛まれるなら3-1から初手霊噛み状況と変わらないので。
初手占い噛まれるよりはずっと楽です。

まあ戦術論として実際に優れてるかはわからないですが。」
ももめの 「知り合いにイクラクンならいるけど」
かずま 「◇ポーラ 「毎晩ねちょいことしてるんですね、ポーラわかってます>共有」

え、ちょっと何いってるのかわかりません」
ノッブ 「沖田のオルタは来たのに以蔵が来ないとか抜かしておるし
どうなっておるんじゃろうなあ…」
お姉ちゃん 「いろはですか……難しいですね……

名前は結構妹なんですが 見た目があまり妹ではないので
ちょっと匂い嗅がせてもらってもいいですか?>かずま
真の姉である私にはそれだけで妹か否かを判別するには十分に過ぎます」
ルナサ 「はいはい、でたなら出たで。」
結月ゆかり 「ちぇんもルナサも割と(●の速度への)反応的には似たような感じですね、真偽のほどは朝早起きした人らにお任せ」
金剛(いろは) 「頭ゴンゴン・・・ベジータの気が近づいてくる・・・!
ってこれ初見さん分かるネタかな、ねえちえりちゃん!?」
ポーラ 「え、違うんですか…じゃあ一体何を共有して…」
かずま 「逝くラくんは優秀だな>ももめの」
ヴェント 「とりあえずお姉ちゃんはにじ○んじのロリ組でもみとけ」
ちぇん 「もうどうでもいいにゃ
どうせかまれておわりにゃ」
かずま 「俺のにおいならいいけど>サクヤ」
アクア 「ちなみにバーチャルユーチューバーらしい>金剛いろは
以上広報からだ」
トルティニタ 「3-1●で霊能噛んでくる人イルから別にでんでもいい>美鈴」
ヴェント 「~自主規制~の回数とかじゃないの?>ポーラ」
(花京院)ちえり 「注)ゴンゴンの視聴者さんはベジータです
って注釈出しといたらたぶん大丈夫だよ!>ゴンゴン」
ルナサ 「まあ実際私が迂闊だったとおもうよ。
もうほんのコンマ様子見してれば潜れたわけだし>ゆかり」
お姉ちゃん 「まずアンダー15になってから出直してこいっつってんだろ>かずま
弟ならまだしもよぉ」
結月ゆかり 「こういう時に霊能を表に出すなら敢えて●を吊らないとかそういう方法論もあるんですが実行されてるの見たことないですね>めーりん」
アヴィケブロン 「岡田さん4%だからね…」
ポーラ 「あ、もう樽酒が空に…やっぱ5スロ分酒樽積まないとこれ途中で飲み干しちゃいますね。」
金剛(いろは) 「いろは純血の巫女だし17歳なんで・・・>ポーラさん」
ノッブ 「うーん、これわし噛まれたらどうなるか考えておいてくれ案件…?
共有、頼むぞ!!」
かずま 「バーチャルユーチューバー、なんでもありだなおい」
ルナサ 「私噛まれたときに飼狼はちゃんとするようにね。」
紅美鈴 「匂いで人を判別できる……。
まずそんな強い匂いが出る前にお風呂に入れてあげましょうよ。」
金剛(いろは) 「アイドル部の金剛いろはです!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
かずま0 票投票先 →アヴィケブロン
ヴェント0 票投票先 →アヴィケブロン
ももめの0 票投票先 →アヴィケブロン
金剛(いろは)0 票投票先 →アヴィケブロン
ルナサ0 票投票先 →アヴィケブロン
アクア0 票投票先 →アヴィケブロン
結月ゆかり0 票投票先 →アヴィケブロン
桐須真冬0 票投票先 →アヴィケブロン
ちぇん0 票投票先 →ノッブ
トルティニタ0 票投票先 →アヴィケブロン
ポーラ0 票投票先 →アヴィケブロン
アヴィケブロン14 票投票先 →ノッブ
ノッブ2 票投票先 →アヴィケブロン
(花京院)ちえり0 票投票先 →アヴィケブロン
紅美鈴0 票投票先 →アヴィケブロン
お姉ちゃん0 票投票先 →アヴィケブロン
アヴィケブロン は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ヴェント は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アヴィケブロンさんの遺言 b
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ポーラ 「そうだ、ワインが持ちきれないなら現地生産すればいいんです。ポーラ冴えてます。
ところで霊能結果はどうなんです?」
お姉ちゃん 「この村には妹がよく見るとたくさんいますね。
ももめの、ちぇんは間違いなく範囲内でしょうし
ルナサ、ポーラもちょっと成長してますが問題ないでしょう。
ちえりは微妙なラインですが、まあ妥協してやらんこともありません。
それはそうとして妹じゃないやつは人狼でしたがどうでもいいですね」
桐須真冬 「おはよう」
ルナサ 「占いCO
真冬○」
金剛(いろは) 「わかった! ・・・うーん・・・(考え中
視聴者「あまり俺をイライラさせるなよ・・・」
はっ! ベジータの気が近づいてきてる!(ベジータネタの説明」
ノッブ 「そう、わしが占い師じゃ!
ヴェント○!!」
トルティニタ 「はい。」
かずま 「非常に言いにくいですが……
姉ちゃん 「まずアンダー15になってから出直してこいっつってんだろ>かずま
弟ならまだしもよぉ」

すいません!ネット版だと高校生らしいんだけど
書籍だとアンダー15ですいません!」
結月ゆかり 「アヴィの反応は微妙なんですけど、ノッブ自身が10秒で貼り付けた気がするんじゃがとか言ってて朝一取る気皆無な割に護衛寄越せとか矛盾したアピールしててあれなので、両方人外って仮定でいきましょう!」
ちぇん 「占いCO 紅美鈴 ○」
桐須真冬 「ノッブさんかルナサさんが真だと感じました。
ちぇんさん潜れなかった事に嘆いて
護衛をもらう努力を欠くのであれば真には見えません。


アヴィケブロンさんが●であれば美鈴さんが狼候補かしらね?」
紅美鈴 「おはようございます。」
(花京院)ちえり 「今日もちえりちゃんは可愛いなあ!
占い師は三者三様、発言で真切れる人はいなかったねー
ちぇんちゃんがちょっと投げやり過ぎない? って感じはしたぐらい!
相手の発言が10秒以上遅かったよーってちえりがちぇんちゃんならあっぴるするかな~

死体無しならちえりちゃんが喜ぶぜ!」
ももめの 「霊能結果わくてか」
かずま 「狩人探しっぽいね」
ノッブ
アヴィケブロンと対抗のどちらかで2W、それでも人外狙いでよかろう
◇ヴェント 「共有出して護衛禁止で良いでしょ。霊は自由」

寝坊したとか抜かした上での護衛誘導
正直怪しさ二乗なんてものじゃない

というか村なら村でSGになる予感しかしないのじゃが!
占っておくわ」
トルティニタ 「ふーん>ノッブ」
ルナサ 「今日はノータイムで真冬さんでいいかな。
対抗が対応し辛い位置というのもあるけど
発言が他に比べて伸びてないのと、あんまり
霊能っぽさを感じないというか、潜もう、というより
発言しようとして硬い、にみえるので」
ちぇん
投票要素もないしうらないにくいにゃ
めーりんが遅延黒に疑問ももたず
共有どころか霊だしたがりで気になるくらいにゃ
ってかいてたらログきえてたにゃ
まちがってたらごめんにゃ」
結月ゆかり 「とか言ってると溶けた感MAXのあれな朝がやってくる」
桐須真冬 「霊能はいないのかしら?」
金剛(いろは) 「そして霊能がいない!」
お姉ちゃん 「乗っ取り来ねえっぽいので改めて霊能CO、結果●。
朝一参照ですよ」
かずま 「ヴェントが霊能か初日だな」
紅美鈴 「霊能は初日なのでしょうか?」
トルティニタ 「じゃあ、霊能死亡ということで。」
ももめの 「ルナサは対抗占い?」
(花京院)ちえり 「ヴェーント! 
銃殺GJもあるかもねー」
ルナサ 「生きてるのはいいけど、霊能いなくなーい」
かずま 「霊能1COかーなら素直に狩人と霊能探しって見るぜ」
ノッブ 「わしGJで呪殺あるかの?
それならそれで狩人はのこしておいてくれい!」
アクア 「ヴェント死ぬのか」
ポーラ 「よし、これで事件は7割型解決ですね。
じゃんじゃん樽ワインあけましょー。ヒック。」
金剛(いろは) 「あっほんとだ!」
お姉ちゃん 「そしてマジで!?>書籍版ではアンダー15
お姉ちゃんと呼んでいいんですよ!
紅美鈴 「ああ、なるほど。
確かに結果に触れてますね>朝一」
かずま 「あーあーGJ呪殺あるなと」
桐須真冬 「ノッブさん視点は呪殺Gjはあっても不思議ではないといった感じ。」
ちぇん 「朝一参照ってどういうことにゃ?」
ノッブ 「おねえちゃんは朝一で結果を貼っておるようじゃな」
ルナサ 「対抗の○占いだよ>ももめの」
結月ゆかり 「じゃまぁ作業ゲー感強くなったのでゆかりさんのんびりしますね、推理モードの電源がオフになりました」
トルティニタ 「めんどくさいことする人。」
ルナサ 「呪殺GJは絶対ないよ」
ももめの 「様子見なら少し遅れたのは理解できる」
アクア 「犯人は解った
天罰術式が効かない上条だ
謎は全て解けた」
かずま 「とりあえず、グレランでよろしいかな?」
(花京院)ちえり 「ちえりちゃんの霊能として噛まれそうな位置ランキング最下位なのでー
そして霊能繋がったのねー 朝一用意周到ですなぁ」
ポーラ 「ノッブがそこまで有能だったら… みんなもっと幸せになってるんじゃないでしょーか…>わしGJで呪殺あるかの?」
金剛(いろは) 「じゃあええといつものでいいのかな(呪殺GJなら狩人は)」
ノッブ 「なにか言っておると思ったら対抗じゃった」
お姉ちゃん 「あ、ところで貴方書籍版ですか? それともネット版ですか?
ネット版だったら一瞬ぬか喜びさせた罪で
指という指を半分に割ったのち釘を突き刺していく」
ルナサ 「なんだろう、この噛み。対抗が誤爆してるにしても微妙だなー 」
トルティニタ 「呪殺GJと共有が強く思うならすれば的な。」
桐須真冬 「まま、呪殺GJ含めて護衛成功が出ているのであれば問題ないでしょう。
狩人の方はしっかりと遺言をお願いします。」
ルナサ 「呪殺が起きてないのは確かだし、そこは狩人が知ってるから」
かずま 「アニメ版です>お姉チャンバラ」
紅美鈴 「では基本ノッブ真で詰めていけば良いんじゃないでしょうか。
狂誤爆のケースでなら死体○撃ちする必要がなく、狼の身内切りにしてもここで囲いを作らないのはおかしいでしょうから。」
ノッブ 「わし有能じゃし!>ポーラ
ちょっとミッチーがこじらせただけじゃし!」
ちぇん 「なんで誤爆ってわかるにゃ? 身内切りだってあるとおもうにゃ? >ルナサ」
ルナサ 「身内切りでそんな露骨なことしないともおもうしよくわからない。」
アクア 「ヴェント霊なら遺言残すだろ」
トルティニタ 「あの状況で狩人噛みで灰噛むかねって観想あるけど、まぁいい。」
金剛(いろは) 「いろは的に特にグレランを止める理由もないかなーって」
ももめの 「呪殺GJならありがたいけど、希望的観測だったらこわい」
桐須真冬 「ただ、ルナサさん と ちぇんさん視点ですと
自分が噛まれなかった。と、いう点を考えて
ノッブさんの●は少なくとも真結果だったと考えるべきですかね」
お姉ちゃん 「まあどちらにせよノッブ真狼ルートですね。
真なら大抵銃殺GJだし狼なら身打ち切りから銃殺GJ偽装ルートです」
かずま 「一番噛みやすいなら、昨晩だと思うんでなー」
(花京院)ちえり 「作業芸ってゆかりちゃんどういう形で見てる~?
朝一曲げてノッブ真で見る感じ~?」
ノッブ 「ああ、あれか>ゆかり
だって更新タイミングミスったんじゃよ…」
ルナサ 「身内切りした翌日にさ、死体に○なんてするかなあ?
露骨すぎない?>ちぇん」
ポーラ 「有能だっていうなら
このもう4スロ分飲み干した空のワイン樽を最終日まで足りるように増やしてくれません?>ノッブ」
トルティニタ 「まぁ大概ノッブ真ということで。」
結月ゆかり 「まぁ狂誤爆でも銃殺対応(できるなら)した方がいいですけどね、
誤爆して自分GJの挙げ句、他の占いが銃殺出して狩人視点は真が判明して噛めなくなっちゃうってのが最悪なので」
桐須真冬 「少なくとも、ルナサさんは昨日今日残っていれば勝てると言っていたけど
今でもそのつもりなのかどうか。」
ルナサ 「ただ今のちぇんって狼っぽくないんだよな」
金剛(いろは) 「ふーんふんふん」
アクア 「仲間に●が出た
霊狙い噛みで信頼やらないとヤバイ
で灰噛みはそこそこありそう」
ももめの 「これが偽装なら露骨すぎるから偽装はないと思う」
トルティニタ 「身内切りなら、霊能噛んでくるでしょってやつ」
ルナサ 「ちぇん狼の場合敵意をむけるのは
私じゃなくてノッブな気がする」
ちぇん 「露骨でもみればわかるにゃ
かってに村が銃殺GJとかいってるにゃ
見る人は勝手に見始めるにゃ >るなさ」
ノッブ 「そういうのはわしじゃなくて>ポーラ
沖田に任せれば赤い液体で満ちるぞ」
かずま 「そのコースだと、ノップが狐か狂人の誤爆コースだな>アクア」
結月ゆかり 「それならとりあえず対応はしといて明日適当に●放り投げて真噛んで貰う方がマシ」
(花京院)ちえり 「作業ゲーが作業芸になってし申した!!
芸人なのはゴンゴンちゃんとめめめちゃんだから…」
アクア 「正直、●出し見てから出た狐も絶対には切れないからなぁルナサとちぇんは」
ルナサ 「●見つければ狼の勝ちは消せるとはおもうよ>真冬」
トルティニタ 「そんでもって、占いでGJでてるなら身内切りじゃないだろうから、狩人は結果のこしておくこと」
ポーラ 「なんかもう、バーベキューとかしてても普通に終わりそうですね。
BBQグリル出して、ワイン漬けにしたアメリカンビーフでも焼きましょうか
桐須真冬 「あと、今更だけど…私昨日は意図的に発言をしませんでした。
ただ、しっかりと理由があるようなのでルナサさんはそういう方と判断します。」
トルティニタ 「そんぐらい」
紅美鈴 「ルナサやちぇんが真占いならば噛みや状況的に霊能乗っ取りケースだと思いますよ。
3-2での真狂狼―真狼って結構狼が強い陣形なので。」
お姉ちゃん 「まあ明日私噛まれてたら一応の候補程度で考えといてくださいな>身打ち切り銃殺GJルート
要は決め打ちのタイミングで間違えなけりゃよいのです」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆猫GM システム:投票制限時間をリセットしました。」
3 日目 (1 回目)
かずま0 票投票先 →紅美鈴
ももめの2 票投票先 →ポーラ
金剛(いろは)1 票投票先 →ももめの
ルナサ0 票投票先 →ももめの
アクア2 票投票先 →紅美鈴
結月ゆかり3 票投票先 →金剛(いろは)
桐須真冬1 票投票先 →ポーラ
ちぇん0 票投票先 →アクア
トルティニタ0 票投票先 →桐須真冬
ポーラ2 票投票先 →アクア
ノッブ0 票投票先 →(花京院)ちえり
(花京院)ちえり1 票投票先 →結月ゆかり
紅美鈴2 票投票先 →結月ゆかり
お姉ちゃん0 票投票先 →結月ゆかり
結月ゆかり は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
お姉ちゃん は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
結月ゆかりさんの遺言 ちなみにこう言う時の遺言は、もっとも見た目的にそれっぽいケース、つまりノッブ銃殺GJの時は狩人の遺言は不要で、「そうでない」ケース、例えばGJ無しとか、の狩人が残したほうがいいと思いますよ。

ちなみにワタシはすむらです。
お姉ちゃんさんの遺言                  _,-y-r-y,,_
                    ,.ゝ'--'─'-,_'iヘ,
                 // .イ  j    ヽ
                  / {ィ/-{ 小 }、  i
         ,.ィ¬、 / , i ‐、V ,_`Vベ,ゝ ,!
        ,小.と′} {ハ{ {  ,  ⌒!Y}' 人
        `⌒'|   l,. 、Vへ.ー , {Yi j ハ〉    真の姉たる者、死体さえ嗅げば
              l  く,  `ヽ,-`_T",-二ヽ,Y     それが妹(弟)か否かが分かるのです(力説)。
          l   ドケi' | ' V"    ,!:l
            |   j'´ |  | ./    /:::}     そう、何を隠そう私は霊能の達人!
          !   _,. l   l/\   ,i::::::::l     処刑した対象の妹・非妹が分かる!
            ー ' ´ | | ,ヘ/...::::::::i
                !  l/|..:::::::::::::::_'l
                ' 、_ノ ,l' - -- '" ヽ、

妹じゃないキャスター→妹じゃなかった
妹じゃない絶壁→
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ノッブ 「そう、わしが占い師じゃ!
桐須真冬○!!」
(花京院)ちえり 「おはよう! 今日もちえりちゃんはかわいいなぁ!」
ルナサ 「占いCO
トルティニタ○」
紅美鈴 「おはようございます。」
ももめの 「昨日は失敗。そういえばポーラは暫定だけど○だったのか」
ポーラ 「それ、お酒じゃなくてソーセージの材料だからのーせんきゅーです>ノッブ
ところでRJ…じゃなかった、ゆかりさんの投票先が自分から死にに行ってますね、なんでしょうねこれ。」
トルティニタ 「まぁそうするかないと思うし」
ちぇん 「占いCO ちえり ○」
金剛(いろは) 「はぁーい」
ノッブ 「さすがにここ狼で二重囲いは露骨すぎると思うのじゃが
わし亡き後のことを考えると、こういう面倒な位置に白黒つけてよかろう
あまり灰を占おうって気分でもなかった、是非もないよネ!」
かずま 「この姉、何、かわいこぶってるいるんだ」
ルナサ 「ちぇんを破綻させてもあんまり意味はないので
ちぇんのおっかけをする気にもなれないなあ
しかもそこ○だとやばそうだし(2票もらい)
灰見て狼目、狐目(正直人外ならどっちでもいい)
でも占う価値あるかなーあんまいい灰がみつけられない。
トルティニタは占う価値はあるけど、人外かというと微妙
いや、でもこの灰だとトルティニタかなあ。他が本気で占いたくない」
桐須真冬 「おはよう。」
ちぇん 「ちえりちゃんはちぇんのことよく見てくれている
みたいにゃ 真とおもってるかどうかはわからにゃいけど・・・
あと銃殺GJいいだしたのここだからうらなうにゃ!

対抗がぐれらんで票いれてた・・・
身内切りだとここ狼ないぽい みすったにゃ・・・」
かずま 「真冬占いは好感もてるなー」
ポーラ 「あ、お姉ちゃんが死んで… ま、護衛はノッブのとこだもんなー」
桐須真冬 「霊能噛み? 意外な展開ね」
トルティニタ 「投票はミスなので気にせんで。」
ノッブ 「ま、確定○を作っておけたということでいいじゃろ?」
ルナサ 「リミットがあと一回、ぐらいかな、やばいな」
かずま 「となると、囲い筆頭がめーりんだけども、あるかなー」
(花京院)ちえり 「昨日はゴンゴンに一票入っててワロタ!!!

ちえりの質問に答えてくれないゆかりちゃんなんていらないよね…?(ヤンデレ
と言うのはさておき。
アヴィノッブ両方人外仮定から、ヴェントさん死体だけで溶けた感maxまで行くのは
思考の流れ変だな~ って思ったから投票したよー!
身内切りとか誤爆とか。そもそもそこまで行く前に、噛まれたヴェントさんについての言及も無かったしねー」
紅美鈴 「うん? お姉ちゃん死ぬのですか?
どちらかといえば狩人狙いからのノッブ噛みなんだろうな、ぐらいの印象でしたが。」
アクア 「かずまと気持ちが繋がったのを感じた>暫定○投票」
金剛(いろは) 「ふむふむふむ」
ルナサ 「狩人は吊り増やして。ほんとお願い。」
桐須真冬 「私が確定○ね」
トルティニタ 「じゃあ、灰詰めどうぞ。」
ポーラ 「おそらく…お姉ちゃんは実年齢がBBAなんじゃないですか?>かずまさん」
ももめの 「確定白あらわる。これで共有が全滅しても進行役がいる。」
かずま 「◇アクア 「かずまと気持ちが繋がったのを感じた>暫定○投票」

うるせーあとで殴ってやる!」
アクア 「ぶっちゃけ
真ならノッブは●引き頑張ってね感はある」
ルナサ 「めーりん吊らない?」
ノッブ 「で、明日も対抗を占うか灰を占うかは考えるので
せいぜい誘導しあえい!」
(花京院)ちえり 「ってか霊能者噛まれるんだね~
霊能噛むき無い噛みから霊能噛み って割と何かイレギュラー出てる噛みだと思うけど」
ちぇん 「確定○がふえたにゃ!」
アクア 「かずま>よかろう
私も聖人の力で全力で殴る」
ちぇん 「めーりんはわたしの○にゃ! だめにゃ!」
ルナサ 「ぶっちゃけめーりんの中身にかかわらず吊っていいとおもうんだけど」
桐須真冬 「ノッブさん視点は囲いなし。つまり、もし身内切りでもノッブさん自体は囲っていない。」
トルティニタ 「完灰はももめのだけ?」
金剛(いろは) 「ももめのさんかアクアさんが灰かな?」
ノッブ 「昨日吊れた可能性もあるのでのう…>アクア
今回はともかく、明日は人外狙いでもいいのじゃが」
ルナサ 「村は票をおろそかにはしないようにね。」
紅美鈴 「>アクア
囲い候補って意味ならポーラが狙い目でしょうけどね。
あなたの意見的に、占い噛みでは残った狼が戦えないから霊噛みみたいな印象がありましたが、
その場合って2昼時点で最後の狼が囲いに入っててLWまで芋づるだと思うんですよ。」
かずま 「この状況で灰に狼いると思うひといる?」
トルティニタ 「アクアもそうだっけ。」
ももめの 「アクアもまだ灰色>いろは」
アクア 「ぶっちゃけ
各視点詰めるなら私とか完灰吊るのがいいんじゃないか」
(花京院)ちえり 「ちえりちゃんにはゆかりんの色見せたくなかったぐらいしか思いつかねーですな
ま、今日もグレランで良いんじゃない?」
ルナサ 「霊能噛み、んー狩人いなかったらこれ村負けかなー」
桐須真冬 「指定は任せます。 少なくとも真占い師がいないとは思っていない以上
信用勝負路線と考えればいいでしょう。」
ももめの 「正直、あまり見ていない、かも>かずま」
ちぇん 「アクアさんはつりたい位置ニャ」
ルナサ 「ノッブが囲いしてないからさー」
アクア 「寧ろ完灰>トルティニタ」
ポーラ 「というかー… 霊能噛んでるってことは、狩人探す回数を自分で減らしてますよね?
…狐が消えるまでノッブさん噛まないの確定事項とかそういう系ですかねえ…」
桐須真冬 「>かずまさん
現状は感じません。 」
トルティニタ 「いるかいないかじゃなくて、全状況で1Wつれているから、ここで暫定○にてをかける必要はない」
ノッブ 「さて、な>共有
わしとしてはルナサ狼、ちぇん狂人で見ておるが」
ルナサ 「めーりんで囲われてるはあるんだよねー」
かずま 「んじゃー灰に狩人いたらCOしていいよ」
かずま 「いないなら、グレランする」
紅美鈴 「状況として、灰狼を狙うのではなく徹底的に詰める吊りをする場面ですよ>かずま」
ももめの 「 狩人日記・一日目
私は守らせる立場であって守る立場じゃない。

二日目夜
護衛:ノッブ
結果:ヴェント(GJではない)
理由:●出した占い師。霊能がいたらそっちも考えたけど。
   今夜噛まれたのが霊能だと色々面倒くさくなりそう。
   そういえば、対抗のチェンがアヴィケブロンに投票してない?


三日目夜
護衛:ノッブ
結果:
理由:真ルートを追うことにする。三日目の結果が偽装はさすがにない。あってほしくない」
ルナサ 「だからそういう意味でもめーりん吊りは私はいいとおもう。」
(花京院)ちえり 「ちえり占い吊りは怖いんだよねー 銃殺出てなくてゆかりちゃんで吊れてたばあい考えると。
灰にまだ狼いる可能性低いと思うけど―」
トルティニタ 「なんでアクアかももめのつり。其処に狩人いるなら残念ながらでてどうぞ」
ポーラ 「ノッブの灰が減るならどっちでもいいじゃんっておもってまーす>かずまさん」
ノッブ 「じゃよなあ
それで狩人が出たらわしの結果はあと一回と」
ルナサ 「うおおおおおおお」
桐須真冬 「個人的にはやはり初日アヴィケブロンさん●想定すると
目線をそちらの方に向けたくなかった美鈴さんが筆頭かと」
金剛(いろは) 「ふむふむ」
ルナサ 「まだでないでえええええええええ!?」
アクア 「も、もものめぇぇぇぇ」
ちぇん 「アクアさんじゃないならまだいいにゃ アクアさんつりたいにゃ」
ルナサ 「やばい、吊りが増えないのはほんときつい」
かずま 「はい、アクア めーりん ポーラ のランしましょう」
ノッブ 「んー?出たのはしょうがないが…
GJではない、じゃと?」
紅美鈴 「霊能が生きてるなら2w目狙いも有意義ですけどね。
狼吊れた吊れないがわからない以上、占い切るタイミングは前後できない。
ならむしろ灰狼居た方が狐対策になるので。」
ポーラ 「ノッブ、君のことは忘れない。 二日酔いしない限りは…>わしの結果はあと一回と」
ももめの 「正直、昨日は霊能かもとは思ったけど、ノッブ真目で見てたから怖かった。」
トルティニタ 「じゃあ、身内切り視野にどーぞ。」
(花京院)ちえり 「ほーgjでは無いのねー
狩人co把握し候」
アクア 「かずま>めーりん暫定○だがな
いや昨日入れた私がいうのもなんだが」
ももめの 「GJじゃない。ただし、噛み合わせがどうかもわからない>ノッブ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
かずま0 票投票先 →紅美鈴
ももめの0 票投票先 →ポーラ
金剛(いろは)0 票投票先 →アクア
ルナサ0 票投票先 →紅美鈴
アクア7 票投票先 →ポーラ
桐須真冬0 票投票先 →紅美鈴
ちぇん0 票投票先 →アクア
トルティニタ0 票投票先 →アクア
ポーラ2 票投票先 →アクア
ノッブ0 票投票先 →アクア
(花京院)ちえり0 票投票先 →アクア
紅美鈴3 票投票先 →アクア
アクア は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ももめの は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ももめのさんの遺言 狩人日記・一日目
私は守らせる立場であって守る立場じゃない。

二日目夜
護衛:ノッブ
結果:ヴェント(GJではない)
理由:●出した占い師。霊能がいたらそっちも考えたけど。
   今夜噛まれたのが霊能だと色々面倒くさくなりそう。
   そういえば、対抗のチェンがアヴィケブロンに投票してない?


三日目夜
護衛:ノッブ
結果:お姉ちゃん
理由:真ルートを追うことにする。三日目の結果が偽装はさすがにない。あってほしくない

四日目夜
護衛;ノッブ
結果:
理由:今さらずらす理由もあんまり見当たらないし。
アクアさんの遺言 そういう意味ではノッブは●引き狙い頑張ってくれ>真なら
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
ポーラ 「ワインがもうないです。
仕方ない、弾薬庫に隠してたギネスビールでも飲みましょう。

おツマミはゆかりさんが戸棚におやつとして隠し持っていたドーナツをあてにしてます。」
紅美鈴 「おはようございます。」
ノッブ 「そう、わしが占い師じゃ!
紅美鈴○!!」
ちぇん 「占いCO ポーラ ○」
ルナサ 「占いCO
ちえり○」
(花京院)ちえり 「ちえりちゃんはやっぱりかわいいのでは~?
おはようございまーす!」
ノッブ 「わしの結果が後一回ならば、こういう殴られすぎて面倒な場所を占っておくに限る
狼ならこいつを飼って占いロラでよし
村なら村でSGを作らせて、楽にはさせんぞ、狼め」
ちぇん 「ポーラとトルティニタの二択にゃ! あってる?
ノッブが確定○つくりにきたのはもう安全地帯に
狼がいるからじゃにゃいかなー?(身内切りだった場合の話にゃ)
そう考えるとポーラさんうらにゃいがいいにゃ!」
かずま 「あれぇー?●でねぇの?」
桐須真冬 「おはよう。ノッブさんが真であれば何も問題はなく
逆に身内切りだった時の場合。位置的にはおそらく
ポーラさんか美鈴さんだけど、ポーラさんが狼には見えないわ
投票したのは非狩人狙いだったわけだし。」
ポーラ 「ももめのさん真っと…メモしときますか」
トルティニタ 「まぁそうなる。1きりです」
(花京院)ちえり 「霊能者噛まれた以上、狼吊るよりも全視点の灰削るべきだと
思いました!>アクア投票」
ルナサ 「めーりん狼かもしれないけど
狐ではなさそう、というかどっち占っても
いいなら○期待値が高いほう。」
かずま 「これ、ノップ釣りでいいのかな」
桐須真冬 「ふむ? ○しか出ないと」
ノッブ 「SGなど作らせぬわ、狼めが」
紅美鈴 「ノッブ偽ルートって、お姉ちゃんが言ってた呪殺GJ偽装ルートしかないのでももめの死ぬならノッブ真で良いと思いますよ。」
金剛(いろは) 「ふむふむふむふむ」
ルナサ 「じゃあちぇん吊ろう。めーりん○なら私視点詰める余裕はあるし」
ノッブ 「ないな<かずま
わしが占った意味をよく考えろ
パンツめ」
トルティニタ 「身内切り、1Wつれてて、真狼狼の可能性もあるから普通にでないよ>かずま」
金剛(いろは) 「いろは、それぞれの灰を教えてほしいなー」
(花京院)ちえり 「モモちゃん噛まれで〇展開ねー
割とゆかりちゃんで狼吊れたんじゃねと思ってきたぞー!」
ポーラ 「それ、私がスライドするだけじゃありません?>ノッブ」
トルティニタ 「私はルナサを切りたい」
ちぇん 「うらなってないのはトルティニタさんのはずにゃ!」
桐須真冬 「ノッブさんとちぇんさんの○という美鈴さんの扱いをどうするか?
と、私の中ではそうなっている」
ノッブ 「おまえはまだ話ができるのでな>ポーラ」
かずま 「あー狼のに騙りか>トリニティ」
紅美鈴 「残り4吊りなので、ノッブの灰吊り、明日状況を見てちぇんかルナサの狂っぽい方。翌日狼っぽい方。
これが安全ですね。」
ルナサ 「存外狼吊れてる説はなくもないのでー、
ちぇんは村からみても真ないとおもうんですがどうでしょう。」
ノッブ 「トルニィティとポーラとちえりじゃな」
(花京院)ちえり 「占い師
ルナサ ポーラ〇      真冬 〇 トルティニタ〇 ちえり〇
めーりん ちえり 

のっぶ ちぇん

ノッブ アヴィケブロン● ヴェント〇     真冬〇 紅〇
トルティニタ ポーラ ちえり 

ちぇん るなさ


ちぇん 真冬 〇      紅美鈴〇    ちえり〇   ポーラ〇
とるてぃにた

ちぇん のっぶ
ポーラ 「お酒がある限りは舌のすべりがいいんですよー。えっへん」
ルナサ 「どちらにしても組織票はきうるので」
かずま 「◇紅美鈴 「残り4吊りなので、ノッブの灰吊り、明日状況を見てちぇんかルナサの狂っぽい方。翌日狼っぽい方。
これが安全ですね。」

ど、どこが安全なんですかね!」
(花京院)ちえり 「多分あってる!」
金剛(いろは) 「うん、あってるあってる」
トルティニタ 「ふっつーに二騙り身内切りはあると思ってるし。 初手完灰噛んで、次霊能でしょ。」
紅美鈴 「>かずま
今日から占いに手をつけるとアクア狼だった場合が危ない。」
ルナサ 「指定はお願いします。
さすがに一人ではどうにもできないので」
ポーラ 「吊ってみても多分もうどれがどれだかわからないのが問題ですねえ・・・>ニセ占い」
ノッブ 「美鈴は放っておけ
なにか勘違いしているだけじゃろ…いいSGになるようにしかみえぬわ」
ちぇん 「対抗つってほしいにゃ!」
紅美鈴 「ノッブ真で行くなら6までに対抗占い吊りきり、終わらなかったら最終日に狼を吊る。」
かずま 「ちぇん釣りでいいか>相棒」
ノッブ 「わしとしてはルナサ狼と見ておるので
LWだとまずいからチェン吊り希望じゃな」
(花京院)ちえり 「1人外死んだでしょー
んで最大人外4で偶数と
占い師以外は一人吊れるよねー」
ちぇん 「ノッブ真ですすめるのやめるにゃ!」
トルティニタ 「ちぇんは身内切りあって真切りだと即死ぬ位置だからやめて欲しいんだけど」
金剛(いろは) 「それでいいとは思うけど」
ルナサ 「ちぇんが私に対して敵意があるのがどうにもわからないんですよね」
紅美鈴 「間違ったこと言ってるつもりはないんですけどねぇ。
ノッブ真なら狼は賭けにでないと勝てないので、信頼コースやるつもりだったら灰にずっと置いておくぐらいやりますよ。
その方がノッブがアクア●出した時に信頼下げられますから。」
かずま 「んじゃーちぇんつりで頼む」
トルティニタ 「ルナサ、ノッブのW狼だと正直キッツ院だけど。」
ちぇん 「トルティニタさんうらないさせろにゃ!」
桐須真冬 「占い決め打ちであれば、ちぇんさんが一番真目低いと感じので
偽目と、いうのであればちぇんさんから。」
ノッブ 「といっても真を露骨に撮ろうとしているルナサ吊りたくないぞ、わし
マジでLWじゃと事故りかねん」
(花京院)ちえり 「占い師については正直見てても そういう占い師いそう… って感じがして
皆怖いんだよねぇ
共有者さんが言うなら吊って二人真剣に見てくるけどー」
ルナサ 「狼だったらノッブに敵意がいくはずだし
狂だったらノッブに敵意がいくような、んー?」
トルティニタ 「明らかにスーパー不慣れ間満載」
ポーラ 「事故はおきるさー(えげれす調」
ちぇん 「対抗なんだから敵意はあるにゃ
そっちからつれてもべつにいいにゃ >ルナサ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
かずま0 票投票先 →ちぇん
金剛(いろは)0 票投票先 →ちぇん
ルナサ1 票投票先 →ちぇん
桐須真冬0 票投票先 →ちぇん
ちぇん8 票投票先 →ノッブ
トルティニタ0 票投票先 →ルナサ
ポーラ0 票投票先 →ちぇん
ノッブ1 票投票先 →ちぇん
(花京院)ちえり0 票投票先 →ちぇん
紅美鈴0 票投票先 →ちぇん
ちぇん は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
トルティニタ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ちぇんさんの遺言 占いCO 真冬さん ○

お隣さんうらないにゃ!
真冬はコタツで丸くなるにゃ!



遅延黒で真あぶりだししてくるのに
そのままその黒つる村に未来はないにゃ


占いCO 紅美鈴 ○

投票要素もないしうらないにくいにゃ
めーりんが遅延黒に疑問ももたず
共有どころか霊だしたがりで気になるくらいにゃ
ってかいてたらログきえてたにゃ
まちがってたらごめんにゃ


占いCO ちえり ○

ちえりちゃんはちぇんのことよく見てくれている
みたいにゃ 真とおもってるかどうかはわからにゃいけど・・・
あと銃殺GJいいだしたのここだからうらなうにゃ!

対抗がぐれらんで票いれてた・・・
身内切りだとここ狼ないぽい みすったにゃ・・・



占いCO ポーラ ○●

ポーラとトルティニタの二択にゃ! あってる?
ノッブが確定○つくりにきたのはもう安全地帯に
狼がいるからじゃにゃいかなー?(身内切りだった場合の話にゃ)
そう考えるとポーラさんうらにゃいがいいにゃ!


占いCO トルティさん ○●

暫定○に手を掛ける必要はないっていってたにゃ
それはそうにゃ!
でも自分がつられたくないからじゃにゃいかなって
おもったにゃ
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
ポーラ 「ギネスビールの泡は炭酸ガスじゃなくて窒素ガスなんですよ、知ってました?

流れ的にポーラが確定○にはならないまま終わる流れに見えたんですけど
これでノッブが生きてたら逆にノッブ怪しいような一周回って無敵のような。」
ノッブ 「そう、わしが占い師じゃ!
ポーラ○!!」
桐須真冬 「おはよう」
かずま 「そこ噛むのか、ありがたい」
紅美鈴 「おはようございます。」
桐須真冬 「ノッブさんが狼で身内切りしたケース。 この場合は美鈴さんがやはり囲い位置。
もしくは、ゆかりさんで吊れていて霊能を噛むしかなかったケース。

このどちらかだと思うけど……」
ルナサ 「占いCO
めーりん●」
ノッブ 「まぁ、もしルナサが狼でわしを噛まずにという選択肢を選ぶならば…○を量産していくほうがいいじゃろ?
村視点でちぇんの真もおいたいのならば、なおさらだ
ポーラ●じゃったら?
吊ってくれとしか言えぬな、わしとしては」
桐須真冬 「そこが噛まれるの」
ポーラ 「やだ、ノッブ生きてる…地獄に入国拒否されたんですか?」
かずま 「ノップさん、そんなに○だして大丈夫!」
ルナサ 「ラスト一択
特にもう占い理由作る意味はあんまりないけど
呪殺明確化しても詰みじゃないからちゃんと特定理由を」
紅美鈴 「まあでしょうねと言った感想>ルナサ偽」
(花京院)ちえり 「おはよー!
今日もちえりちゃんかわいいのではー?」
金剛(いろは) 「でもそこ噛むんだといううーん」
ルナサ 「えーっと、理想をいえば対抗→めーりんだけどー
対抗狂人のほうがありがたいからめーりん吊ろう。」
ノッブ 「ほーん
そう来たか
まぁそうじゃろうなあ、わしの灰的におまえさんはもう、わしをかめんよなあ」
金剛(いろは) 「これでルナサさんはお仕事終了で」
ノッブ 「○は出すものじゃない
出るものじゃが?>かずま」
桐須真冬 「>かずまさん
美鈴さんと占いロラしたら終わりそうだと思うのは、そちらはどう感じている?」
(花京院)ちえり 「ほー共有者さん放置なのね。
んでめーりん●なのね?」
かずま 「これー●つってもいいと思う人いる?」
紅美鈴 「こー、ノッブに呪殺出されたら困る噛みにしか見えませんが。」
ルナサ 「めーりん吊って終わってくれるならそれが一番何事もないしね」
かずま 「実はすげー同意してる>真冬」
金剛(いろは) 「ノッブさんがあとちえりちゃんだけか」
ルナサ 「うん。対抗視点だとどうなるんだろうこれ。私吊ってーそんで
対抗の灰ってだれだっけ」
ノッブ 「そっちも占い候補ではあったが>トルニティ
ああこれ、わしの灰に狐いるな」
ポーラ 「…うーん、解せませんね。
ノッブさん噛まないのに狩人候補削らずにお姉ちゃん噛んでる
…のに、ノッブさんまた放置でノッブのグレー噛み…」
紅美鈴 「進行論的に私吊るのがだいたい正解。
でも私を含めノッブ真派が吊りと噛みで消えることになるので、明日の決め打ちが不安ですね。」
桐須真冬 「私は構わない。ちぇんさんの真を追うというのであれば占いロラも視野。」
ルナサ 「もっとも狩人結果みるにそこまで甘くはないのかなあ 」
桐須真冬 「ちぇんさん真を切るのであれば、美鈴さん吊りで問題ないわ」
金剛(いろは) 「ちえりちゃん>ルナサさん」
ノッブ 「あ、わしの○吊っても構わん
狐ではないからな」
ノッブ 「わしがちえりを占う
それで問題ないじゃろ」
ポーラ 「時間稼ぎにはなりますから、いいんじゃないですか
このままなら後3吊りなので、何か、ルナサ、ノッブの●っていけますし」
かずま 「相棒、紅美鈴つりたいか?昨日は俺が指示だしたし
そっちが判断してええぞ>いろは」
桐須真冬 「占いロラをする場合はルナサさんから。ノッブさん視点の●を見つけてもらわないといけない」
ルナサ 「なるほどね>いろはちゃん」
紅美鈴 「明日ルナサ吊るのなら、それで問題ないです。」
(花京院)ちえり 「うにゅーん
ちぇんちゃん真は切りで。 割とこの噛みするのってルナサちゃんじゃないかなぁ」
ルナサ 「じゃあ、明日きたら君に●でるみたいだからがんばってね。>ちえりちゃん」
ノッブ 「ルナサを今日吊るすのはないぞ
ちえり狐だと負けるのじゃが」
金剛(いろは) 「ルナサさんとノッブさんの二騙りかあ。
まあそこだけがフォローできないかな、これ」
ルナサ 「おいいいいいいい>ちえりちゃん」
桐須真冬 「ノッブさんが真であるなら、おそらくもうLWだろうと思っているわ。私は。」
(花京院)ちえり 「ルナちゃん真ならトルティニタ噛む理由が無いんだよねぇ
紅美鈴ちゃんで銃殺出る可能性無いし。
トルさんの発言見直してきまーす」
ルナサ 「状況わかってないでしょちえり」
紅美鈴 「まあルナサ対ノッブになったとして、
ノッブ狼の場合、私ってもの凄いヘイト集めてたのに、3昼にノッブが囲わなかったのって普通ないですよね。
ちぇんが○出したから残ったようなものでしょう?」
桐須真冬 「ルナサさん視点はほぼノッブさんと美鈴さんで2W想定。このような感じでしょう」
(花京院)ちえり 「KWSK!>ルナサちゃん」
金剛(いろは) 「まあ、それを切ったということでいいなら、美鈴吊りじゃないかな?>カズマさん」
ルナサ 「明日君に●くるからね、用意しとくように。
私偽だとおもってなら、いかに偽とおもってたかちゃんといわないと負けるよ>ちえりちゃん」
ノッブ 「わし視点だけなら
ちえりを吊って占いロラで終わるがどうする?」
かずま 「すごい人狼してる気分」
ノッブ 「それもかんがえてちえりにいれておくぞ」
ポーラ 「お酒が…もうない…」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
かずま0 票投票先 →紅美鈴
金剛(いろは)0 票投票先 →紅美鈴
ルナサ0 票投票先 →紅美鈴
桐須真冬0 票投票先 →紅美鈴
ポーラ0 票投票先 →紅美鈴
ノッブ0 票投票先 →(花京院)ちえり
(花京院)ちえり2 票投票先 →紅美鈴
紅美鈴6 票投票先 →(花京院)ちえり
紅美鈴 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
金剛(いろは) は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
紅美鈴さんの遺言 村人ですよ。

◇お姉ちゃん 「まあ明日私噛まれてたら一応の候補程度で考えといてくださいな>身打ち切り銃殺GJルート
要は決め打ちのタイミングで間違えなけりゃよいのです」
◇お姉ちゃん 「まあどちらにせよノッブ真狼ルートですね。
真なら大抵銃殺GJだし狼なら身打ち切りから銃殺GJ偽装ルートです」

これに加えてももめのが真狩人で死んでる。
と、なれば普通にノッブ真なのはわかると思うのですけど。
金剛(いろは)さんの遺言 かずまと共有者だけど頭がゴンゴンなので
死を待つことしかできない!

あ、アイドル部をよろしくおねがいします!(箱推し
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
かずま 「ちえり、ルナサの○なのなー」
ポーラ 「ふう、冷却水タンクに沈めてたウォッカがなかったらシラフに戻って瀕死でした」
ノッブ 「そう、わしが占い師じゃ!
(花京院)ちえり●!!」
桐須真冬 「おはよう。ちえりさんに〇が出る優しい世界を望むわ。」
(花京院)ちえり 「ノッブの灰ちえりちゃんだけだったぜ☆
の、ノッブはちえりちゃんに黒なんて投げないよね…?」
ルナサ 「ノッブ●」
ノッブ 「ルナサがなにか言っておったが
そこ狼は薄いと思う
噛み筋的にわしがそこを占うと見てのルナサが呪殺対応狙ってきたかのように見えてな」
桐須真冬 「……はぁ」
(花京院)ちえり 「グワー!」
ルナサ 「ほらねー>ちえり
私真ってわかった気分はどーおー」
かずま 「真冬さんや、これルナサ吊りでええか>真冬」
ポーラ 「かずまさんの嫁が噛まれましたか」
ノッブ 「は?
ちえり●であの噛みをしておったのか?」
ルナサ 「いまねえどんな気持ち、ねえどんな気持ちって全力で聞いてあげたい」
(花京院)ちえり 「ルナサちゃん真と決まったわけじゃないけどねー
割とルナサちゃん吊りでいいと思う。」
桐須真冬 「>かずまさん
安定した最終日想定であればルナサさんオススメ」
ノッブ 「それで構わん>ルナサ吊り
なーんか、ここ狐もないとは思うが万が一じゃし」
ルナサ 「ここまでの展開のチェックポイントとおもえるところをいくつか。

まず最初のヴェント噛みは霊能噛み狙いなり狩人噛み狙いたりえるのか」
ポーラ 「いや、ちえりちゃんはそれ言ったら…アウトじゃない?」
ルナサ 「まだそういうこというのおおおおおおおおお?>私真ときまったわけじゃない」
(花京院)ちえり
◇ノッブ  「わし視点だけなら
ちえりを吊って占いロラで終わるがどうする?」
これ
ノッブ狂人誤爆のルナサ狼もあるんじゃない?」
桐須真冬 「ちえりさん吊りはちぇんさん真がケアできない。
でもルナサさん吊りならちぇんさんが真でもまだ間に合うから」
ノッブ 「しっかしわしも耄碌したな
ここまできれいに狼を避けていたとは」
ルナサ 「そこは流石に私真みようよ」
かずま 「なんだろう、この占いに狐混じりの最終日前日」
桐須真冬 「ちぇんさん真を切るならルナサさんVSノッブさんでも構わないけど」
かずま 「訂正:狐混じりありそうな」
ポーラ 「ああ、なるほど…そーきたか…>ノッブ狂人誤爆のルナサ狼もあるんじゃない?」
(花京院)ちえり 「って思います。
まぁまぁ ノッブ偽要素だけ探す機械になるぜ!」
ルナサ 「実際身内切り信用勝負だから
COおそかったのもあるとおもう>初日」
ノッブ 「一応ルナサはわし視点灰なんじゃが…>真冬」
ルナサ 「身内切り信用勝負をする場合
占い騙りの狼は、対抗に潜られると困るから」
桐須真冬 「ルナサさん視点だと、自身が戦った方が勝負になると思うものの
進行的に自分吊りが致命的にはならないでしょう」
(花京院)ちえり 「まずグレランでちえりちゃん投票してるのに占うの最後だったのがかなー
ノッブは銃殺出たと思ってたのに、いっちゃん視点で怪しんでるちえりちゃん占わなかったのは」
ノッブ 「それだとして>ちえり
真をどこと言いたい?」
ポーラ 「レアケで事故はおきるさー…(某鉄道アニメ調で>かずまさん」
かずま 「んじゃールナサ吊って明日な」
ルナサ 「ちなみにノッブが囲ってないのは3昼時点で
めーりんがすでにちぇんに囲われてたからだね。
そこで確定○作りで真アピール。」
(花京院)ちえり 「ホントは銃殺出てないなって分かってた視点じゃないかなー」
桐須真冬 「>ノッブさん
貴方視点ルナサさん吊りで困ることはありますか?」
ルナサ 「たしかノッブってグレランでちえり投票してなかったっけ」
(花京院)ちえり 「その場合ちぇんちゃんかなー と>ノッブさん」
ポーラ 「うう、もうおつまみがない…じゃがいもふかそう」
桐須真冬 「どうします?ノッブさん真でルナサさん狂人であればちえりさん吊りで終わりますが」
ルナサ 「それなのにさ、怪しんでませんでしたもマークしてませんでしたもそれは
流石に嘘でしょう。」
ノッブ 「別に>ちえり
わしとしては他に占いたい所があれば後回しになろう
というか、占いたいのならばそもそも投票せん」
桐須真冬 「分かりました。ではルナサさん吊りのルートで行きましょう」
ルナサ 「してなかったらごめんね。
ただ対抗が投票してたからちえりは占わなかったような思いでがあるからいってるけど」
(花京院)ちえり 「じゃあその時の投票理由があったらほしいなー>ノッブ
明日、覚えてたらでいいよ!」
ノッブ 「グレランで入れるというのは
占い拒否の面もあるのじゃよ」
ルナサ 「がんばれー、身内切り勝負たのしいぞー」
ポーラ 「占い先なくなったら、そりゃグレランで吊る先ぐらい投票するでしょ
この○だらけの状況ですもん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
かずま0 票投票先 →ルナサ
ルナサ5 票投票先 →ノッブ
桐須真冬0 票投票先 →ルナサ
ポーラ0 票投票先 →ルナサ
ノッブ1 票投票先 →ルナサ
(花京院)ちえり0 票投票先 →ルナサ
ルナサ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ポーラ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ポーラさんの遺言 昨日、洗濯機と遠心分離機間違えて、
かずまさんのパンツを全部ボロ布にしちゃったCO
ルナサさんの遺言 占いCOポーラ○占いCO真冬○占いCOトルティニタ○占いCOちえり○占いCOめーりん●占いCOノッブ●←NEW

まったく関係ないんだけど
さっきひたすらH☓Hのメルエルとコムギ見ててさ。
こんないい話かける人がなんであんなに働かないんだって米があってさ。
でもさ、ゆとりがあるからああいう話しが書けるんじゃないかって
だからまったく関係ないポーラにするよ、ほんと、ポーラ以外書き換えれば
かなり広範囲に対応できそうな占い理由だよね。自分でもそう思う。


今日はノータイムで真冬さんでいいかな。
対抗が対応し辛い位置というのもあるけど
発言が他に比べて伸びてないのと、あんまり
霊能っぽさを感じないというか、潜もう、というより
発言しようとして硬い、にみえるので

ちぇんを破綻させてもあんまり意味はないので
ちぇんのおっかけをする気にもなれないなあ
しかもそこ○だとやばそうだし(2票もらい)
灰見て狼目、狐目(正直人外ならどっちでもいい)
でも占う価値あるかなーあんまいい灰がみつけられない。
トルティニタは占う価値はあるけど、人外かというと微妙
いや、でもこの灰だとトルティニタかなあ。他が本気で占いたくない

めーりん狼かもしれないけど
狐ではなさそう、というかどっち占っても
いいなら○期待値が高いほう。

ラスト一択
特にもう占い理由作る意味はあんまりないけど
呪殺明確化しても詰みじゃないからちゃんと特定理由を
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
ノッブ 「そう、わしが第六天魔王こと、この村を救いに来た占い師じゃ!
(花京院)ちえりは●
逝かぬなら 吊らせてみよう ラストウルフ」
桐須真冬 「私が残るの。」
かずま 「ポーラさんの遺言 昨日、洗濯機と遠心分離機間違えて、
かずまさんのパンツを全部ボロ布にしちゃったCO

おい!」
(花京院)ちえり 「おはようなのでは~?」
かずま 「ファイッ!」
桐須真冬 「とりあえず。狐生存の可能性はほぼ0と言っていいでしょうね」
ノッブ 「で、ちえりへの投票理由じゃが
作業ゲーとか言ってたのが、だるいなと思っている人外に見えたというぐらいじゃったな
ちょっと記憶が薄いのじゃが」
(花京院)ちえり 「終わらないんですけどー…
ノッブが狼確定。つまり身内切り確定で
ノッブーアヴィケブロン!きりっ」
(花京院)ちえり 「正直橙ちゃん吊ったから真ぽいっと切っちゃったけど
橙ちゃん真かもしれないと思ってるから

ノッブの怪しみポイントだけ述べてくよー」
ノッブ 「狐はおらん
どこかで吊れたんじゃろ…」
ノッブ 「というかな
わしが身内切りで信用勝負するなら●が遅いとか文句言われることせぬわ
あまりこういう事を言うのもどうかと思うが!」
(花京院)ちえり 「作業ゲーって言ってたのはゆかりんだぜ!>ノッブ
そこが怪しみ覚えてゆかりん投票したまであるから」
かずま 「狐は確実いないな、あってノップが狐」
(花京院)ちえり 「ヴェント〇
「アヴィケブロンと対抗のどちらかで2W、それでも人外狙いでよかろう
◇ヴェント 「共有出して護衛禁止で良いでしょ。霊は自由」
寝坊したとか抜かした上での護衛誘導
正直怪しさ二乗なんてものじゃない
というか村なら村でSGになる予感しかしないのじゃが!
占っておくわ」


真冬〇
「さすがにここ狼で二重囲いは露骨すぎると思うのじゃが
わし亡き後のことを考えると、こういう面倒な位置に白黒つけてよかろう
あまり灰を占おうって気分でもなかった、是非もないよネ!」


美鈴〇
「わしの結果が後一回ならば、こういう殴られすぎて面倒な場所を占っておくに限る
狼ならこいつを飼って占いロラでよし
村なら村でSGを作らせて、楽にはさせんぞ、狼め」


ポーラ〇
「まぁ、もしルナサが狼でわしを噛まずにという選択肢を選ぶならば…○を量産していくほうがいいじゃろ?
村視点でちぇんの真もおいたいのならば、なおさらだ
ポーラ●じゃったら?
吊ってくれとしか言えぬな、わしとしては」



ちえりちゃん占い師の理由を並べてみた。」
ノッブ 「わし狐とかどんな本能寺案件じゃ」
(花京院)ちえり 「まずー 美鈴しゃん占いの理由。

美鈴〇
「わしの結果が後一回ならば、こういう殴られすぎて面倒な場所を占っておくに限る
狼ならこいつを飼って占いロラでよし
村なら村でSGを作らせて、楽にはさせんぞ、狼め」

なんか、〇が出る前提で書いてるみたいに見えるよねー」
(花京院)ちえり 「●見つかるって楽にさせるさせない じゃなくて、 ノッブが噛まれる↑で言うんなら
狼見つけた時点でもう終わりだしー」
かずま 「ちゃんと聞いてるから、ガンバンやってくれ」
ノッブ 「ブーメランじゃな>ちえり
狼ならば飼えばいい、村ならSGにはさせん

何故か?
美鈴があまりに殴られすぎているからじゃよ」
(花京院)ちえり 「即詰みあんけん
実際に自分が噛まれると思うなら、真占い氏は面倒な位置 よりも 狼位置を占うと思う。」
かずま 「(ゲンドウポーズ」
ノッブ 「別にそこで狼見つけてもわし問題ないし
狐を探すだけじゃし」
かずま 「真冬ちゃんも、なんかあったらどうぞどうぞ」
(花京院)ちえり 「なぜそんなどっちつかずな占い理由になったのかというとー
自分が噛まれないから ってことじゃないのかねー」
ノッブ 「別に積んでわしが先につられてもいいのじゃよ
わし真を追った釣りをしてくれば、問題ないのじゃから」
(花京院)ちえり 「ポーラ〇
「まぁ、もしルナサが狼でわしを噛まずにという選択肢を選ぶならば…○を量産していくほうがいいじゃろ?
村視点でちぇんの真もおいたいのならば、なおさらだ
ポーラ●じゃったら?
吊ってくれとしか言えぬな、わしとしては」

後はポーラちゃん占いの理由がこれだけどもー」
桐須真冬 「なぜか今日はよけに回線が落ちるわ」
ノッブ 「いや、わし噛まれんじゃろ
狩人が出ておるのに」
(花京院)ちえり 「ポーラちゃんを狼で見るとか村で見るとかそういう理由、何にもないんだよね―
ちえり占いの時もそうなんだけども。」
桐須真冬 「スマホのほうに緊急で変えたわ」
ノッブ 「表に狩人が出ている状況で
わし噛まれるとか普通思わんぞ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 3 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 4 回目)
8 日目 (1 回目)
かずま0 票投票先 →(花京院)ちえり
桐須真冬0 票投票先 →ノッブ
ノッブ2 票投票先 →(花京院)ちえり
(花京院)ちえり2 票投票先 →ノッブ
8 日目 (2 回目)
かずま0 票投票先 →(花京院)ちえり
桐須真冬0 票投票先 →ノッブ
ノッブ2 票投票先 →(花京院)ちえり
(花京院)ちえり2 票投票先 →ノッブ
8 日目 (3 回目)
かずま0 票投票先 →(花京院)ちえり
桐須真冬0 票投票先 →ノッブ
ノッブ2 票投票先 →(花京院)ちえり
(花京院)ちえり2 票投票先 →ノッブ
8 日目 (4 回目)
かずま0 票投票先 →(花京院)ちえり
桐須真冬0 票投票先 →ノッブ
ノッブ2 票投票先 →(花京院)ちえり
(花京院)ちえり2 票投票先 →ノッブ
[引き分け] 引き分けとなりました
ゲーム終了:2018/06/23 (Sat) 23:17:24
お姉ちゃん 「と思ったらかずま、やっぱこれなんかしら根拠ありますね」
アヴィケブロン 「引き分け以下、と」
お姉ちゃん 「おっと。お疲れ様です」
紅美鈴 「お疲れ様ー。」
金剛(いろは) 「お疲れ様です」
ちぇん 「お疲れさまにゃ」
ルナサ 「ま、十分でしょう」
ノッブ 「おつかれじゃ
狼はお見事かのう」
ももめの 「引き分け。」
かずま 「オッツー」
(花京院)ちえり 「じかんが無くて
自分が狼だから、他人の狼要素見えなかったのでは~?
と言う決め台詞を言いそびれたけど。

これは初手●を考えると大健闘なのでは~?
おつかれー」
トルティニタ 「お疲れ様。」
猫GM 「お疲れ様にゃー」
ポーラ 「お疲れ様ー」
桐須真冬 「んー。真だったの。お疲れ様。」
アヴィケブロン 「お疲れ様。初手落ちした不甲斐ない僕を許してくれ…」
ルナサ 「ナイスプレイ>ちえり」
お姉ちゃん 「割とこう 6日目夜まで見てるとノッブ狼ルートっぽいと思ってましたが
考え変えた理由なんかあります?>かずま」
ももめの 「ヴェント狐を考えて遺言つけたほうがよかったのだろうかとか」
かずま 「根拠、んなもんえーよ!(土下座」
ノッブ 「というか
わしそんなに狼に見えたか?
ルナサは中身は見えてたので、内心戦々恐々じゃったが!」
お姉ちゃん 「なかったらしい」
お姉ちゃん 「まあ結果からして どう見ても真狼ではありますよね>ノッブ」
トルティニタ 「ノッブが私噛むかというとちょっと結構怪しげ。」
かずま 「最終日の会話が、あれだ、ノップ、迷いないからな」
ルナサ 「ふー、楽しい勝負だった。」
金剛(いろは) 「ルナサさん吊りを強く主張すべきだったかなーというのが一点かなあ。
いろは的には、うん」
アクア 「お疲れ様だ」
ちぇん 「今回は私中身ばれなかったにゃ?
この前もこんなRPしてたからばれてたかも?」
トルティニタ 「>真冬」
猫GM 「それじゃ報告してくるにゃす!」
お姉ちゃん 「まー うーん
噛まないとはなりませんが
その場合トルティニタ○で噛み合わせ狙う可能性が高いんじゃない?
というのはあるかもしれませんね>トルティニタ」
ノッブ 「そりゃそうじゃ
わし狂ならもうちょっと囲いを狙うぞ」
紅美鈴 「一応見るべきポイントとして、ノッブ狼の場合、トルティニタ・ポーラ・ちえりからどれかに●を撃つことができて、
その中でちえりを選ぶ合理性があるかどうかとか。」
お姉ちゃん 「ああ、なるほど。それは確かに重要ですね>迷い無い」
ノッブ 「ん?
あれヴェントかみ合わせじゃったのか」
アクア 「ノッブ>消去法だとだいたい真に見えた」
桐須真冬 「ノッブさんが狂人は見てなかったわね」
金剛(いろは) 「ルナサさんは三日目の発言がどうも橙さんを敵と見てるのかわからなくってね
あんまり真っぽさを感じなかったんだけどなあ」
トルティニタ 「結局、形的に真狼狼の身内切りパターンか、真狼狂で普通にやるパターンで、ノッブはその内真狼にしかならないから。 どうあがいても狂にはならないし>ノッブ」
ノッブ 「わしが狼なら美鈴あたりはSG候補じゃな」
ルナサ 「というより3昼に私真見る人はあんまりいないとおもうので
なにかひっかかればそれが全部理由にはなっちゃうから」
ノッブ 「つまり、狼は噛みも含めてうまかったということじゃよ」
ももめの 「SG作らせたくないっていう占い理由、嫌いじゃない。」
アクア 「ノッブが騙りに見えるか?
ちぇんとルナサが真っぽいか?
で擦り合わせるとノッブ真に傾く感じ」
ちぇん 「そもそも霊能とつながった時点でほぼ真にゃ」
桐須真冬 「>トリティニタ
その点はそうだけど、少しそれだけで真を見るのは根拠としては弱かったわ」
トルティニタ 「ルナサは狩人露出の時がちょっとあざとすぎ。」
ルナサ 「相方も乗ってくれてありがとね」
金剛(いろは) 「まあルナサさん真の可能性あるならまあ三日目霊界だよね>ルナサさん」
(花京院)ちえり 「ヴェント噛みはgjだったですなー」
ルナサ 「私を偽に見るのは普通だからなあ。
もうちょっとだけ噛み筋がたりなかったかなあ」
ノッブ 「サンキューな>ももめの
これはどうも合わないやつにはとことん合わない占い理由じゃし」
紅美鈴 「ノッブは凄い奇策した狼か真かーしかなくて、お姉ちゃんとももめのが噛まれた時点で奇策が消えて私の中で真しか残らなかった感。」
ルナサ 「カズマはあんまり間違えないタイプだろうなーこういうの
とは思ってたからんー」
金剛(いろは) 「トルティニタさんのちぇん吊り時の発言は分かってたんだけど、
相方がルナサさん真追ってるかなーって思っててさー>トルティニタさん」
かずま 「変にバランス崩すと集中力きれるから、バランス優先したわ!」
紅美鈴 「まあ私の位置ってどう考えても騙りからの絶好の●撃ちポイントなので、もっと殴る用意しとけってのがありますかねー。」
桐須真冬 「噛み筋を見てもノッブさん真かノッブさん狼の身内切りのどっちかという感想にしかならなかったわね。」
ノッブ 「むしろわしを真と視るかというより
狼と視るかどうかの話じゃろうし」
アヴィケブロン 「初手●はまだ身内切りでいけるけど3日目の噛み合わせ呪殺がね」
お姉ちゃん 「実のところ ポーラ-いろは抜きルートだと
説得は真冬側に必要と感じてましたね。
ちょっと離れている間に勘がずれてきたか」
ノッブ 「ただ、言ったけど
わし狼ならもうすこし早く●を打てると思う…
マジで更新タイミングミスったからな」
トルティニタ 「ルナサの○が系3つあって、完灰削れるし1Wは確定で死んでる。○3結果残る訳だから、あそこまで焦らんでもいいはず。ちょっと過剰かなって点と私の占いが結局誤魔化しが多いから」
桐須真冬 「まぁ、一番の決定打となったのは」
かずま 「ちぇんが上手い具合に、囲いしてて」
(花京院)ちえり 「中の人あんまりちえりちゃん見てないんだけども…
たまちゃんもイオリンもアイコンが思いつかなかったから仕方ない…!」
ももめの 「ただの噛み合わせと噛み合わせ呪殺と、見分けられればよかったけど。<三日目」
ルナサ 「わりと経験でなんとなく噛み>ヴェント噛み」
金剛(いろは) 「名前から大和か多摩でよかったのでは・・・?>ちえりちゃん」
ポーラ 「本当は漣で入ろうとしたけど、アイコンがなかったのでポーラにしたCO」
アヴィケブロン 「なお狐噛みしないならしないで投了モノだった模様。
これだから! 3日目呪殺というやつは!」
トルティニタ 「いや、別に、真狼狂見てるなら別につっていい、ちぇん>いろは 真狼狼の身内の場合場合、ちぇんは真の可能性が上がるから。 逆そっちきって、素直な形で見るならちぇんきりにしかならない>いろは」
ルナサ 「お姉ちゃん噛みだったかーとおもってたけど
あってたみたいね。お姉ちゃん噛みしてたら対応できなかったわ」
桐須真冬 「◇ノッブ 「いや、わし噛まれんじゃろ
狩人が出ておるのに」

◇ノッブ 「表に狩人が出ている状況で
わし噛まれるとか普通思わんぞ」

これね。 」
かずま 「最近、役職無双村が続いてたからなwww
この村でスッキリしたわー」
お姉ちゃん 「まあ初手●および銃殺で10秒だと遅いですね。
600F目を離してたらロマンコンボ決められても文句言えません」
紅美鈴 「それじゃ私は先に失礼しますね。
村建感謝です。お疲れ様でした。」
ノッブ 「ヴェントは焦りみたいなものが見えたしー」
(花京院)ちえり 「そのはっそうはなかった!(ガビーン>ゴンゴン」
ルナサ 「というわけで実に楽しい村でした。またね。」
金剛(いろは) 「トルティニタさん噛みがめんどくさい場所噛みに見えてて仕方なかったという
金剛いろはです」
ノッブ 「なにがおかしい>真冬
ちえりがわし噛まれないの前提の占いとか言っておったので
その返しじゃが?」
桐須真冬 「美鈴〇
「わしの結果が後一回ならば、こういう殴られすぎて面倒な場所を占っておくに限る
狼ならこいつを飼って占いロラでよし
村なら村でSGを作らせて、楽にはさせんぞ、狼め」

この理由。どう見ても後1回という単語が自分が噛まれる想定の発言なのよね。
だから、その一貫性がおかしいと感じたわね。」
ルナサ 「久しぶりのお家芸だけど勝ちたかったなー」
かずま 「トリニティ噛みは、占い先減らしていいのか疑問だったからな」
ノッブ 「狩人が噛まれると見てわし噛まれないとか
思うじゃろ?
あの状況だと」
お姉ちゃん 「ではお疲れ様です。
私……次こそは妹に『お姉ちゃん(はぁと』って言われる世界線に生まれるんだ……」
ルナサ 「ほんとは噛みあわせだといいなあ、なんて>カズマ」
ノッブ 「そりゃ後一回と想ってしまうわ
わし真じゃし、噛まれるかなと思って追ったのでな」
ルナサ 「ではでは」
ちぇん 「てきとうに○しまくってましたにゃ >かずま」
金剛(いろは) 「ちえりちゃんはいろはたちと違って兵姫のアイドル化じゃないからねー
めめめちゃんにちか・・・めめめちゃんならアルパカで来るんだろうか・・・」
かずま 「あーかみ合わせ狙いか>ルナサ」
(花京院)ちえり 「ではではー!」
ノッブ 「なにかわし間違ってる?
なあ…」
ポーラ 「決闘村だったりしそうですね、そこ>次こそは妹に『お姉ちゃん(はぁと』って言われる世界線」
ちぇん 「お疲れさまー
村建て同村ありがとうにゃ
またにゃ~」
ももめの 「めめめ?」
ポーラ 「じゃ、おやすみなさい」
かずま 「んそじゃーお疲れ様」
桐須真冬 「そう。やはりその時点では噛まれると思っていた。
しかし、ちえりの反論にはその時点で自分が噛まれる訳ないと思っていた。と、言っていたのが思考が変わっていると感じたわ

金剛(いろは) 「アイドル部の仲間で、もこ田めめめちゃんって子がいてねー!
羊とアルパカと人間が混ざった電子体なんだってさ!>ももめのさん」
桐須真冬 「後1回 というのは単純に 狩人→自分 で来ると思っていた…で、あってるわね?」
ノッブ 「ああ、それか
だってあそこで噛まれなかったのならば、その後噛まれるわけかなかろう」
ノッブ 「そうじゃよ
それ意外思いつかぬ>真冬」
ノッブ 「わしを狼として吊るしたいという方向性と察したのでな」
ももめの 「……夏はともかく、冬はほしい>いろは」
金剛(いろは) 「というか占い吊りまであのまま進んでいるならー
もうノッブさん噛みはちぇんさん真じゃない? 状態になりそう
ノッブさんが囲ってるパターン」
桐須真冬 「つまり、美鈴さん占いの時点では自分が噛まれると思っていたという事ね?」
(花京院)ちえり 「めめめちゃん、夏は毛剃るんだろうか…?

あ、言い忘れてたけどお仲間はありがとうねー
特にルナサさんは騙りと噛み筋考えるの大変だったろうけど、頼もしかったよ!
同村村建てありがとーございました」
金剛(いろは) 「あ、ノッブさん真の場合も灰に3人残る形だから有用なのかー。」
アクア 「ではお疲れ様だ
ねこは村立て感謝」
ノッブ 「なるかのう>いろは
そればかりはそのバにならんとわからぬが、そういう疑念は出るし、利用はできそうじゃな」
桐須真冬 「後1回というのは、結果を出せる回数ではなく
占いという行動自体をできる回数と、いうことかしら?」
ノッブ 「いや美鈴とときは噛まれるわけ無いと思っておったぞ
次の日に噛まれなかったのを見て、わしを吊るす気だなとおもったんじゃよ」
ノッブ 「狩人→わしって噛めば灰足りなかったはずじゃし」
桐須真冬 「ふむ。なるほど。」
ノッブ 「まぁ、ゲーム中はどうしてもいろいろ考えてしまうな
いろいろ覚えて次に回せばよいか」
金剛(いろは) 「個人的に村側ほどわかりやすい失言をする気がするんだよねー」
ももめの 「お疲れ様。また同村になったらよろしく。」
桐須真冬 「ならば、やはりその場合。ちえりさんは占い理由について殴りを入れてきているので
その場合。あと1回というのが狩人→自分で来ると想定していた。と反論するのが自然だと思ったのよ。」
金剛(いろは) 「よくいるとおかしなこと言ってるっていうタイプの失言の方が人外がする気がする」
ノッブ 「いや、言うまでもないと思っておったのじゃが…」
金剛(いろは) 「よく見るとー!」
ノッブ 「というかそれに近いニュアンスだった気がするぞわし…」
桐須真冬 「あの時点。つまり美鈴さん占いした夜からその日にかけてに対して
「実際に自分が噛まれると思うなら、真占い氏は面倒な位置 よりも 狼位置を占うと思う。」
こう殴りを入れていて」
金剛(いろは) 「まあ実際ちえりちゃんが狼かノッブさんが偽ならちえりちゃんに●が出るから
そういう意味だとまあそうだねー。
というかちえりちゃん狼じゃなければノッブさん真の場合噛まれてるね、多分」
桐須真冬 「ノッブさん視点は、占い理由を見る限り
狩人→自分で来るとその時点で想定してた。」
金剛(いろは) 「厳密には「ノッブさんの残った灰の中に狼がいなければ」噛まれる」
桐須真冬 「そう考えるなら、殴りはともかくとして
ノッブさんの考え自体は一貫していると感じたのだけど」
ノッブ 「いや、灰が足りるならグレラン勝負と考えるものじゃし
ルナサの中身的にはそういうのをぶっ壊す人だというのは事実で
それが強みじゃが」
金剛(いろは) 「いや違うなー。サレンダーかな?
その場合狼に勝ち筋ないし」
桐須真冬 「最後の反論が噛まれる訳ない と、思っていただから。

美鈴さん占いの時点で噛まれると思っていなかった
と、想定して占いっていると考えるとどうも思考の流れがおかしい。と、感じたわ」
ノッブ 「正直なところ
頭のどこかででこうなるだろうなあという予感はしてたんじゃろうなあ…」
金剛(いろは) 「ちなみにひどいことを言っていいかな?」
金剛(いろは) 「占い理由、ルナサさんが真冬さんを占った理由以外見てないです!(ででどん」
ノッブ 「ああ、それな
美鈴占いのときは『狩人が表にいるから』噛まれるわけない
それ以降は『わしを吊るす来でいるのが明白だから』噛まれるわけない

こういうことじゃな」
金剛(いろは) 「なので、真冬さんがそこを突っ込んでることに対して「へーほー・・・」ってなってる」
金剛(いろは) 「←なんでそこ占ったんっていう時以外占い理由を見ないタイプ」
ノッブ 「わしの知り合いのアサシンからのお言葉じゃ

解体するよ?>いろは」
桐須真冬 「そうなのよ。 ノッブさんの想定はそれであってたと思うの」
アクア 「真冬>言うてあれだが
ノッブ噛みだと詰む/詰まない
で噛まれるかどうか必然性を自分でも計算するといいぞ」
ノッブ 「じゃろう?
それ以上、想定の言葉を出せという流れになったのは今日が初めて…可は覚えておらんが、記憶にない」
アクア 「ところでノッブ!」
金剛(いろは) 「占い場所がおかしくなければ今晩の買い物メモになってても気づかないよ?」
ノッブ 「なんじゃ?>アクア」
アクア 「やはり息子は自分で産んだんですか?」
桐須真冬 「だけどちえりさんの殴りは
・噛まれると思ったなら美鈴さん占いは占い筋としておかしい
だったの。

それに対する反論で
・噛まれると思ってなかった

と反論するというのはつまり、その占い時点で噛まれないと思っていた。
と、主張していると解釈したわ。

そのうえで、自分が噛まれるとは思っていないノッブさんの占い理由としては不適切だと感じた…と、いうのが全てヨ」
ノッブ 「それわしもつねづね疑問に思っておるのじゃぁ!!>アクア」
アクア 「エレナ 不夜アサ
と並ぶロリ経産婦なんでしょうか!」
金剛(いろは) 「といいつつ、いろはは帰ります! おつかれさまー!」
ノッブ 「ああ、そういう思考になるのか…
なるものなのか…覚えておくぞ」
アクア 「割りと見た目ロリなママが多い
オケキャスもメディアリリィも経産婦だし」
桐須真冬 「>アクアさん
いえ、それはあまり関係わね。
私はノッブさんが自分が噛まれると思っていたか思っていなかったか?
と占い理由を照らし合わせて考えたから。」
ノッブ 「茶々はサルのところで産んでおるのじゃが>アクア
わし、母性とかないしー」
アクア 「真冬>美鈴占った夜の前の昼って確か狩り出てなかったか?
ならノッブまず噛まれないだろ」
ノッブ 「いや、最終日よりは
全部を追ったらわしの思考がわかるぞ>真冬」
アクア 「ノッブ>お前がマッマになるんだよ!」
桐須真冬 「>アクアさん
私はそう思っていたのだけどね。
ノッブさんの思考を見るにあの時点でも狩人→自分 と来るとそうしてしてたみたい
そうノッブさんが考えていたのであれば、それを否定はしないわ」
ノッブ 「ああ、わしはともかく
自分だったらどう考える?>真冬
そういうことじゃないかなと」
ノッブ 「ええー>アクア
信勝みたいに自分が孕みたがりそうなのもいるしー」
桐須真冬 「あくまで、私の独断になるのであれば
SG位置なんか占ったところで自分真盲信される訳でもない以上
そんな悠長な事するより狼狙いで行くわね。

ノッブさんが自分噛み来ると想定すること自体は分からなくはないわよ?
私はないと思っていたのだけど」
桐須真冬 「後は…その…」
桐須真冬 「ノッブさんの占いの筋と結果がすごく身内切りした狼のそれに見えたわ……真面目に」
ノッブ 「いや、わしなら噛むからな
占いとか面倒じゃからグレランで潰し切るタイプじゃし

たまに信用勝負させられてヒーコラいうが!」
ノッブ 「そう言われても困るし…
確定○作りとか自分が死んだあとのことを考えてたしなあ」
桐須真冬 「ノッブさん視点だと美鈴さん占いの時点では
4吊り3灰2対抗でギリギリ詰んでないのよね。だから噛まれる想定は分かるわ。」
ノッブ 「そう、わしが噛まれたときじゃ、一番怖いのは
ゆえにそれを想定した美鈴占いじゃが
…ルナサ的に普通のことはせぬわな!」
ノッブ 「というかわし狼で美鈴をあそこで囲うかなという話じゃな…」
ノッブ 「LW候補ならもう少しいろいろ操作するぞわし」
桐須真冬 「…それでも、囲いに言ったように見えてしまったのはあるのよね。
単純にノッブさん視点美鈴さんが村でも吊っても大丈夫の位置だと思ったし
●狙いの理由よりSG位置を潰すというのが少し理由としては(?)と感じたのは事実。

理解はできるのだけど、どうしても囲いに行った狼という線もみないといけない以上…ね
ノッブ 「改善方法は思考の改善じゃろ?
お互いにな」
桐須真冬 「そのあたりも含めて……間違えてしまったという事。
申し訳なかったわ。(この前鉄でも真で吊ってしまった事から目線をそらしつつ)」
ノッブ 「いやいい、そうやって議論するのも楽しいものじゃし
至らぬところを探すまでじゃ」
かずま 「君達、よくそんな難しい話できるなー!」
桐須真冬 「アドバイスなんて、私から言うのは立場的におこがましいけど
初日時点で3人外露出しているのであれば積極的に人外を狙って結果でねじ伏せる
と、いうのも悪くないと思うわ。」
ノッブ 「その真、わしだった気が…
いや、あれはわしも悪い部分が多かったが」
ノッブ 「一応狙って羽織ったぞ
囲いつぶしも兼ねてな
ちえりはちょっと見えておらんかったが…」
桐須真冬 「>かずま
貴方あの時一緒にランサー吊った共有同士でしょう……
今回は私だけしか間違えてなかったけど……
連帯責任よ!」
ノッブ 「むずかしいかはともかく、そういうえば熱くなって追ったの…>かずま
日付変わっとる!」
桐須真冬 「そうね。そろそろ失礼するわ。
ちえりさんが最後まで占いを避け続けなければ詰め切れた可能性もあるし
そういう意味でも狼は強かったと思うわ。」
ノッブ 「では、わしもそろそろ寝る準備をするか
お疲れじゃ」
かずま 「はい、お疲れ様」