←戻る
【紅3744】やる夫たちの普通村 [6823番地]
~銀魂残り五話~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
icon 突っ込みGM
(生存中)
icon 鈴鹿御前
(生存中)
icon ボンドルド
(生存中)
icon 鈴仙
(生存中)
icon 金糸雀
(生存中)
icon ナズーリン
(生存中)
icon オルカ・イツカ
(生存中)
icon セイレーン
(生存中)
icon クマ
(生存中)
icon つば九郎
(生存中)
icon やる夫
(生存中)
icon 古手梨花
(生存中)
icon
(生存中)
icon でっていう
(生存中)
icon しもんきん
(生存中)
icon 雨宮蓮
(生存中)
icon グラハム
(生存中)
村作成:2018/08/20 (Mon) 21:03:57
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 突っ込みGM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 7605 (志村新八02)」
突っ込みGM 「禁止事項】
 村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼COを除く)
 人外の村人騙り騙り(狼、狂人、狐問わず、役職CO後からの撤回村人COの禁止、村人騙り禁止であるため)
 システムメッセージのコピーペースト
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ

【準禁止事項】
 昼の初心者CO、初心者騙り
 狼の超過前噛み(狼側が諦めた場合は許可)

【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
 投票延長は1日1度まで 遅れる場合は名指しで警告します。遅くとも2:00過ぎまでには投票しましょう。

【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【初心者の方へ】
 ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/
 ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼・共有の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html」
突っ込みGM 「30分開始ですよ」
鈴鹿御前 が村の集会場にやってきました
鈴鹿御前 「かしこまりっ♪」
ボンドルド が村の集会場にやってきました
ボンドルド 「こんばんは。良い夜ですね」
鈴鹿御前 「探偵村な気がしたけどそれ来週だったわ」
鈴鹿御前 「愛かあ……」
突っ込みGM 「ふたりともよろしくおねがいしますよ!」
鈴仙 が村の集会場にやってきました
鈴仙 「よろしくお願いします」
ボンドルド 「ええ、愛です。
あなたも興味深いですね。鈴鹿御前、鈴仙」
鈴鹿御前 「私はイケイケJKなんで地底の奥底には興味ないかなあ」
ハシビロコウ が村の集会場にやってきました
ハシビロコウ 「・・・。」
ボンドルド 「申し遅れました。
私はボンドルド。アビスの深淵を探る探窟家です。」
突っ込みGM 「……あの、なんだか動物村みたいになってきてるんですけど。
なんだかかばんちゃんとかよんだほうがいい流れになってきてるんですけど。」
突っ込みGM 「どうすんだこれぇぇぇぇぇ!!
僕メガネのフレンズとかいわれるのかぁ!?
普通に人間扱いする流れになってくれるのか途端に不安になってきたんですけどぉぉぉぉ!!」
鈴仙 「そういうこともあるんじゃないでしょうか
実を言えば食料にされる確率が減りそうですからこの流れは好ましいのですけれど」
ボンドルド 「私は何のフレンズなんでしょうか」
ハシビロコウ 「ハシビロコウ さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 1236 (ハシビロコウ) → No. 4219 (銀糸雀02)」
ナズーリン が村の集会場にやってきました
ナズーリン 「どうぶつと聞いたので」
オルカ・イツカ が村の集会場にやってきました
鈴鹿御前 「団長! 何やってんだし! 団長!」
ボンドルド 「おや、おやおやおやおや。
また興味深い者が現れましたね。
ようこそ。心より歓迎しましょう」
オルカ・イツカ 「俺は鉄海豚団団長、オルカ・イツカだぞ...!」
黒川エレン が村の集会場にやってきました
鈴鹿御前 「けものフレンズの途中にメイドインアビスのタイトルが挿入される話」
突っ込みGM 「銀さんぅぅぅぅぅ!!
ツッコミ役足りなくなってきたんですけどぉ!!
僕一人でどんだけ突っ込ませるつもりですか現在進行系で1:6になるんですけど!!」
黒川エレン 「にゃーん」
鈴鹿御前 「私がネタ枠とかその眼鏡かち割られたいの?」
ボンドルド 「今日もどったんばったん大騒ぎ(度し難い」
黒川エレン 「しかし月曜日から村とかとんだジャンキーたちね!
嫌いじゃないわ!」
ハシビロコウ 「・・・(´・ω・`)」
突っ込みGM 「なんでいきなりメガネかち割られなきゃならないんですか
僕のメガネが何をしたっていうんだああああ!!」
クマ が村の集会場にやってきました
つば九郎 が村の集会場にやってきました
クマ 「プリティなクマ参上クマー」
つば九郎 「よろしくね」
黒川エレン 「黒川エレン さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:黒川エレン → セイレーン」
鈴仙 「それで結局メガネは動物に入るんですか?」
オルカ・イツカ 「黒川はかばん的ポジなのか...」
セイレーン 「名前をこっちにしましょう」
鈴鹿御前 「僕のメガネじゃなくて
僕、じゃない?」
ボンドルド 「食べないでください。」
クマ 「アレは眼鏡置きクマ>鈴仙」
セイレーン 「というか私猫よ。」
鈴鹿御前 「黎明卿が何か言ってる」
ハシビロコウ 「・・・・(`・ω・´)」
やる夫 が村の集会場にやってきました
クマ 「クマ さんが登録情報を変更しました。」
やる夫 「主役の登場だお」
つば九郎 「めがねがほんたいなのはめがねきゃらのしゅくめい」
古手梨花 が村の集会場にやってきました
空 が村の集会場にやってきました
でっていう が村の集会場にやってきました
しもんきん が村の集会場にやってきました
セイレーン 「初日吊り先が決まったわね」
雨宮蓮 が村の集会場にやってきました
ボンドルド 「かばんちゃんは探検家ということは
つまり私の同類ということでしょう。素晴らしい」
セイレーン 「あ。2択になった(」
やる夫 「初日吊り先=空orでっていう」
しもんきん 「しもんのふれんずです よろしく」
やる夫 「はっきりわかるんだお」
仮 が村の集会場にやってきました
「最近の流行りは13番目入村かなんか?よろしく」
ハシビロコウ 「ハシビロコウ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ハシビロコウ → 金糸雀」
古手梨花 「やほやほなのです」
でっていう 「食物連鎖の頂点である俺様の登場だっていうwwwwwww」
金糸雀 「始めようか」
オルカ・イツカ 「人外しかいねえとかどういう村だよおい」
古手梨花 「入って一瞬したら埋まっていた」
つば九郎 「いつにもましてめんつがひどい」
突っ込みGM 「埋まっったああああああ!!
どうなってんだあああああ18分しかたってねーぞぉぉぉぉ!!」
クマ 「クマはクマー>オルカ」
セイレーン 「なんかモノスゲーイのが来た気がする」
つば九郎 「せいきょうなのはよきことかな
にん」
雨宮蓮 「人々を喰らう人狼達
お前達の悪しき心を頂戴しに参上する
さぁ、お前達の罪を数えろ!」
やる夫 「埋まったお、よろしい」
ボンドルド 「やほやほですよ、梨花さん。
あなたは可愛いですね」
「様子見してたらマッハで16人埋まっててびっくりした
こんばんは」
鈴仙 「早く埋まるに越したことはないからいいことね
みなさんよろしくお願いします」
やる夫 「やる夫の主役っぷりを見せつけてやるお」
オルカ・イツカ 「お前が人狼のらどうするんだ>雨宮」
しもんきん 「食物連鎖において頂点であり原点なのが植物です 嘘です」
でっていう 「ででで????っていうwwwwwwww
やる夫が初日に吊られる確率なんて俺様のさじ加減次第だぞ?っていうwwww」
「左ショウタロコンじゃん>雨宮」
クマ 「ごちゃまぜクマー!」
ボンドルド 「自らが悪であれば
自らを処罰するのでしょう」
つば九郎 「でっていうがしょにちしきゅうでふしょうたいじょうに
じーえむのめがねかける」
やる夫 「はーん?蜥蜴が何をいってるお」
クマ 「のら…クマ?」
雨宮蓮 「\愚者/
\ルパン/
\アルセーヌ・ルパン/」
やる夫 「蜥蜴は蜥蜴らしくがけ下にでも行ってるおwwwwww」
セイレーン 「Are You Ready?」
突っ込みGM 「えーとじゃあ皆さん準備できたら投票して待機しててくださいね
皆さんの準備ができ次第、鈴鹿御前さんはカウントをお願いします」
ナズーリン 「眼鏡なんて賭けの対象にならんだろう…」
ボンドルド 「ええ、あなたはあなたの人生という物語の主人公なのです。
あなたの旅路の呪いと祝福を。>やる夫君」
「仮 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮 → グラハム
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 9710 (グラハム・スペクター)」
でっていう 「饅頭が主人公とか10週打ち切りのギャグ漫画か?っていうwwww」
雨宮蓮 「オルガ>自作自演の探偵が犯人オチミステリー」
やる夫 「呪いはやめろwwwwwwwww」
金糸雀 「我々が我々になるために犠牲になって貰おう。」
「さぁーゲームを始めよう」
鈴鹿御前 「投票確認したし」
つば九郎 「10しゅうはもつのか…()>でって」
鈴鹿御前 「3」
鈴鹿御前 「2」
鈴鹿御前 「1」
グラハム 「嬉しい…嬉しい話をしよう
準備が出来た俺は投票完了を押したんだが最後に押したのが俺では無かった!
時間を一番奪っていた人間は俺では無かったと言う事だ!」
ボンドルド 「祈りと呪いはコインの表裏なのです。
恐れることはありません」
鈴鹿御前 「開始ー!」
クマ 「それ「誰もいなくなった」じゃないかクマー」
やる夫 「ほざけwwwwwwお前なんか初手で吊ってやるおwwwww>でっていう」
ゲーム開始:2018/08/20 (Mon) 21:21:40
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
「◆突っ込みGM なんで他人の初日吊りの処遇で僕のメガネがかけられるんだあああああ!
僕はグッド!とかいったりしないしギャンブラー名乗るつもりもねえよ!!
GMはスバルです!!」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆突っ込みGM いやあんた独り言をそんな全力でいうにしても
そんなに喋っても僕しか見る人いねえから!
っていうか初日の夜くらい休ませろよなんで僕突っ込み役として活躍しなきゃなの!?」
突っ込みGM は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
突っ込みGMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
「さぁーゲームを始めよう」
つば九郎 「おは
しょにち でっていう または やるお にでどぼーるにまなぷりずむかける」
金糸雀 「おはよう」
しもんきん 「どこへいったら あるのかな」
でっていう 「俺様グッモーニングっていうwwww
まさかやる夫が初日に吊られてしまうとは。。。
悲しすぎて草が抑え切れないっていうwwww」
クマ 「おはようクマー
村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
いつも通りの17人村クマー。まずはCOを待つクマー」
ナズーリン 「占いCO オルカ・イツカ○」
グラハム 「占い師だ… やる夫は〇だった…」
古手梨花 「おはようございますなのです」
セイレーン 「はいはいーおはようー」
やる夫 「でっていうに入れたお(おはよう)」
鈴鹿御前 「しっ、新八ーーーー!!(粉々に砕け散った眼鏡を前にして)」
雨宮蓮 「空>俺の俳優さんが桐山蓮だから
俺もレンレンでジョーカー」
「15」
ボンドルド 「おはようございます。
さぁ、実験を開始しましょう。」
鈴仙 「霊能者です」
ナズーリン 「右占い」
オルカ・イツカ 「おはよう。役職はCO頼む」
グラハム 「理由
嬉しい… 嬉しい話をしよう。なんと今日は俺がこの村の主役、占い師に当選したのだった
この嬉しさを何に表せばいいか! 当然この有り余る破壊衝動は他にぶつけるに限る!!
一番白いお前こそが、俺のすべてを受け止めて俺色に染まってくれる対象なのだと
今一瞬にして俺は判断した!!!
…何だか告白めいた事を語ってしまったがその告白は物理としてしか返ってこない…
悲しい… 悲しい話だ…」
クマ 「占いは2クマー?
霊能さんはー?」
でっていう 「あれ?やる夫の遺言が表示されてないっていうwwww
すこしはネタ遺言仕込んでおけっていうwwww」
つば九郎 「れいのうおるかー?」
「2-1か、共有のCOまとうか」
しもんきん 「2-1?」
金糸雀 「2-1止まり。共有者は?」
セイレーン 「○進行だね。共有COー」
グラハム 「ああ、ちっぽけな… それでいて価値のある話をしよう」
鈴鹿御前 「新八ーーーーー!!(眼鏡だったものがサラサラと風に流される)」
古手梨花 「なんとなく今見た名前のアイコンを見て思ったのですが」
つば九郎 「2-1ならぐれらんたーいむ」
セイレーン 「相方もどうぞ」
ボンドルド 「2−1でCOは打ち止めでしょうか」
しもんきん 「欠けか潜伏 もしくは両方がありそう」
雨宮蓮 「いくぜ、相棒
\ジョーカー/
\セイレーン/」
クマ 「鈴仙ちゃんが霊能クマー
共有さんは誰クマ」
金糸雀 「灰から出るのは望ましい<セイレーン
グレランだ」
オルカ・イツカ 「さていきなりグレランを抜けたな。」
やる夫 「ふっ、この時点でやる夫とでっていうの格の差がついたお」
でっていう 「初日吊り候補を占うとかこいつ偽っていうwwwwww>グラハム」
ナズーリン 「初日だから雑すぎる理由で占った。
あまりごちゃごちゃ言葉を並べるのは粋じゃないと思ったからね」
つば九郎 「じゆううらないかこうかんうらないかはうらないしだいでいいや」
鈴仙 「占い師が二人
真交じりだといいですね」
古手梨花 「イルカがオルカなのです?」
「2-1で共有占いなしの最大のグレーの狭さだな」
セイレーン 「つーわけでグレラン!」
鈴鹿御前 「いつもよりCO数一人少ないだけでグレランするっしょ」
クマ 「意外とありそうなメモリクマー>セイレーン
グレランでいいクマー?」
オルカ・イツカ 「プリキュア×仮面ライダーの共有...だと?」
ボンドルド 「ほほう。
私と同じ仮面の君が共有者ですか。
面白いですね」
金糸雀 「自分が初日吊候補だからといってなすりつけはよせ<でっていう」
しもんきん 「共有COなのかな? >雨宮さん」
やる夫 「グラハムの占い理由がやべぇお・・・」
でっていう 「◯もらってトントンなんですが?っていうwww>やる夫
ドーピングしても俺様に追いつけない程度っていうwwww」
グラハム 「対抗占い師がなんとカワイイ女の子だ!!
こういうライバル的存在がヒロインと話の流れで昇華していく流れを俺は良く知っているのだが
もしや人狼というゲームもそういうゲームだったのだろうか?」
古手梨花 「やる夫が初日吊られ候補とかファンタジーやメルヘンや10年前じゃあるまいし・・」
雨宮蓮 「莉嘉>シャチを英語にするとオルカ」
ナズーリン 「◇でっていう 「初日吊り候補を占うとかこいつ偽っていうwwwwww>グラハム」
つ[鏡]」
セイレーン 「あ、相方あってるよ―。あってるあってる。」
オルカ・イツカ 「俺は鉄海洋生物団団長 オルカイツカだぞ...!>りか」
「あーすげ理由だなw>やる夫」
鈴鹿御前 「共有COだと思ったけど言われてみればはっきりとはしてない訳ね>しもんきん
まあ共有だとは思うけど」
しもんきん 「オルガじゃなくてオルカなのか メモ間違えてましたごめんなさい」
やる夫 「はんwwwwww貴様は吊られ位置がお似合いだおwwwwwww>でっていう」
つば九郎 「こkまでめんつばらけるとわだいにもこまる…こまる」
クマ 「初日占いだったら最悪クマー>鈴仙ちゃん
ただ噛みが変なことになるからそこから読めるかもしれないけどクマ」
グラハム 「それならば俺は、俺の心はとても踊ることになるだろう!!
そこの気味の悪いトカゲの大声さえも気にせずに振舞えるぐらいに大物になれるかもしれない!!!」
ボンドルド 「2−1のパターンといえば
真狂、真狼、狂狼のパターンでしょうかね
初日では精査もあったものではありませんが」
古手梨花 「すごいのです、イルカの群れを率いてるのです??>いるか」
でっていう 「あっ・・そういう仲なんですかっていうwww
俺様はおめーらを祝福すんぜっていうwwww>やる夫×グラハム」
雨宮蓮 「オルカ、しもんきん>さぁ、ニチアサキッズタイムの時間だ」
鈴鹿御前 「グラハムのRP好きよ」
金糸雀 「いくらでも考えられる配置は好きじゃない。」
つば九郎 「もしかして
いるかのかいるくんかもしれない」
オルカ・イツカ 「オルカはシャチの別称みたいな奴だ>しもんきん」
でっていう 「きょ~も俺様イケメンすぎっていうwwww>ナズーリン」
やる夫 「◇古手梨花 「やる夫が初日吊られ候補とかファンタジーやメルヘンや10年前じゃあるまいし・・」

やめるお、やる夫が10年以上前の存在っていうのをやめるんだお・・・」
ナズーリン 「オルカってシャチの英名だったのか。
イルカの親類だと思ってた」
セイレーン 「こう、なんというかニチアサキッズタイム共有はすごく・・なんかモノスゲーイ」
「最近のニチアサタイムさ、ワンピと鬼太郎とかぶってのどうにかしてくれ>雨宮」
しもんきん 「セイレーンさんの共有COが発言したとき私がみえてなかったのであれ?と思ってました >鈴鹿さん」
つば九郎 「ときのながれはざんこく>やるお」
ナズーリン 「度し難い。救えないぞこの珍獣」
ボンドルド 「霊能については特段妙な展開にならない限りは
あまり疑おうとは思いませんかね。
初日霊能で乗っ取りというには鈴仙のタイミングは極めてスマートでした」
雨宮蓮 「ここでそれウィザードと思った奴は特撮ファン」
クマ 「最近ニチアサはキッズタイムとは思えない暗さクマー>雨宮」
古手梨花 「皆2-1のパターン分けに熱心ですけど、今考えてどうにかなるもんでもないし明日以降適当にその場のフィーリングでいいのじゃないかなーと思うのです」
しもんきん 「ニチアサキッズタイムとは・・・?」
金糸雀 「>ボンドルド
2-1はなんでもあるのだから、今考えても仕方がない。
明日以降の吊り噛みで考えていけばいい。」
鈴仙 「でもよくよく考えたら両偽においてだいたい問題になるときは
私が死んでる時なので頑張るのは私じゃない説ありますね」
やる夫 「でっていうてめぇwwwww吊られるからってそんなクソみたいな遺言残していくんじゃねぇおwwwwwwww」
ボンドルド 「鈴仙さんとセイレーンさんって名前がややこしいですね。」
金糸雀 「ああ・・・そうか」
つば九郎 「きっずといいつつびっぐなきっずばっかじゃね?」
鈴鹿御前 「最近は新しいやる夫ファンリーとか生まれたりしてんの?」
古手梨花 「そもそも今もまだにゅーそくとかVIPって人いるんですかね……?>やる夫」
グラハム 「…いやダメだわ このトカゲを残しておくのは俺の精神衛生上かなりの悪影響を及ぼす…
今賢そうな単語を述べたが実はよく分かっていない
俺がそこの緑の怪物を解体したいと思っていると言う事が伝わってほしいというこの気持ちを伝えたかった」
セイレーン 「録☆れ>空」
やる夫 「悲しいねバナージ・・・>つば九朗」
雨宮蓮 「空>録画するんだ」
鈴鹿御前 「ファンリーって何よ。ファミリーねファミリー」
オルカ・イツカ 「今は月夜だろ」
でっていう 「>グラハム
俺様はおめーらの愛を認めてやるっていうwwww
(こんなネタ潰すには惜しいっていうwwwwww)」
ボンドルド 「>金糸雀
ええ。まずは基本に忠実に。
これはいつにおいても重要なことです」
「ウィザードってあれだろう、未成年に自分の股に手を伸ばさせる変態!>雨宮」
古手梨花 「おーっとここでれーせんの清々しい丸投げ発言が来たのです、でも正論なのです」
金糸雀 「2-1の内訳について考察してもそこまでの意味がない。古手の言う通りだ
誰が死ぬかでいくらでも変わる。」
つば九郎 「あいよりもじょうぶなじんたいがほしい」
雨宮蓮 「ちなみに、だ
実はルパンに変身しようと思ったら村始まってた」
鈴仙 「>ボンボルド
レイセーンとか言い出さないわよね……?」
しもんきん 「ゲツヨルジンロウタイムなのでは?」
「ナニをとるのか詳しく!>セイレーン」
オルカ・イツカ 「???「ダディバナザン!」」
クマ 「ヨースケと住んでると、見れないクマー>ニチアサ
話は聞くけど見たいクマー」
グラハム 「◇ナズーリン 「度し難い。救えないぞこの珍獣」
おいおい相思相愛俺と同じ考えじゃないかこの対抗占い師は
偶然も二回重なれば運命だとよく聞くがこれはまさしく俺とお前のランデブーは確定したといっても良いんじゃないか?」
でっていう 「>やる夫
でっていう様が吊られる?wwwww
おかしなこと言ってるっていうwwwwwww
初日抜けとか余裕最終日まで居座ってやるっていうwwwwwww」
鈴鹿御前 「それ逃げようとしたら村にとっ掴まったって事じゃん!」
やる夫 「グラハム、一緒にでっていう吊ろうぜ☆彡」
ボンドルド 「私にも獣の耳を持つ知り合いがいるので
鈴仙さんにはシンパシーを感じるのですよ。」
金糸雀 「お前は人ではない<つば九郎」
雨宮蓮 「空>ベルト!ベルトだから!ヘソの辺りだから!」
やる夫 「蜥蜴は死ぬべき慈悲はないおwwwwwww」
ナズーリン 「カナリヤっていったけ…とおもったらハシビロコウがいなくなっていた。
なんだこれは…いや…あれね幻術なのか?」
しもんきん 「つっこみGMは平凡そうだからすむらだといいなーと思う今日この頃」
古手梨花 「占い師2人含め皆仲が良くて何よりなのです、にぱー☆」
「後ろからみたらそうみえないからな>雨宮」
セイレーン 「え?TV番組以外何があるの?>空」
ボンドルド 「ええ、そこがややこしい。
まったくかわいいですね>鈴仙」
でっていう 「>やる夫
ケーキ入刀ヒュー♪」
つば九郎 「つばめだし…」
やる夫 「グラハムは両刀だった・・・?」
グラハム 「さぁ俺の腕に飛び込んできても良いんだぞ狼か狂人か狐か分からないが
俺はお前のすべてを受けとめる!!
ラッドの兄貴に紹介しに行くからそこで待っていてくれ!!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
鈴鹿御前0 票投票先 →でっていう
ボンドルド1 票投票先 →
鈴仙0 票投票先 →クマ
金糸雀0 票投票先 →つば九郎
ナズーリン0 票投票先 →つば九郎
オルカ・イツカ0 票投票先 →クマ
セイレーン0 票投票先 →ボンドルド
クマ3 票投票先 →でっていう
つば九郎4 票投票先 →しもんきん
やる夫0 票投票先 →でっていう
古手梨花0 票投票先 →でっていう
1 票投票先 →つば九郎
でっていう6 票投票先 →つば九郎
しもんきん1 票投票先 →でっていう
雨宮蓮0 票投票先 →クマ
グラハム0 票投票先 →でっていう
でっていう は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
鈴仙 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
鈴仙さんの遺言 れいのうさぎ
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
やる夫 「でっていうざまぁwwwwwwwww」
金糸雀 「◇しもんきん 「欠けか潜伏 もしくは両方がありそう」
欠けと潜伏が両立する場合の君の想像する内訳を聞いてみたいな。
なんだね?」
クマ 「おはようクマー
なんていうか順当な箇所に票がいってる感じしかないクマー
こういう時に占い遺体が出ると面倒クマー」
鈴鹿御前 「でっていういえーーー!!」
ナズーリン 「占いCO 鈴鹿御前●」
グラハム 「占い師だ… しもんきんは〇だった…」
鈴鹿御前 「◇つば九郎「こkまでめんつばらけるとわだいにもこまる…こまる」
 
別に無理して話す事も無くない?」
「はい、おはようさん
投票が大きく2つに割れたな

占いは現状だと、グラハムのが頑張ってる感じで真狼に見てるわ
2-1で狂人なら頑張りすぎだしな」
つば九郎 「おは
でっていう 6 票 投票先 → つば九郎
ざんねんでもないしとうぜんのけっか
とかげらしいさいごといえる」
セイレーン 「おはよう。霊能抜き科」
古手梨花 「おはようございますなのです」
オルカ・イツカ 「おはよう」
ナズーリン 「0票占い。8発言の割に新八関係が2つ。
残りも単行発言なのが生存意欲多めの狼説」
ボンドルド 「おはようございます。
おや、鈴仙の反応が消えてますね」
鈴鹿御前 「CO無いし!」
つば九郎 「れいのうかまれるのね」
クマ 「鈴仙ちゃん噛みかクマー」
グラハム 「理由
謎めいた… そう謎めいた話をしよう…
俺は昨日の昼、緑の海竜に対しての話をしていたが、モット不思議な黄色い物体がその隣にいた…
そいつはレモンのような形をしているにもかかわらず
◇しもんきん  「ゲツヨルジンロウタイムなのでは?」
◇しもんきん  「ニチアサキッズタイムとは・・・?」
俺よりも! 横文字を!! 使用している!!!!

俺よりも知能が高そうなお前は一体何なんだ?
もしや俺のクローン的存在なのか? 俺の黄色い髪の毛がレモンの色を形成していたというのか…!?」
やる夫 「ほー>ナズから鈴鹿御前●画出る」
しもんきん 「悩みましたがでっていう狩ならCOしそうだし
やる夫が○もらいで吊られないため
ここ放置するとやる夫とでっていうとの間で内容のない
発言が多くなるのではと思い早期に処分したほうが
よいのではないかと考え投票しました。


で夜に長くて読むの面倒だった占い理由みたのですが
これやる夫さんにも対応してませんかね?」
金糸雀 「なら話は楽でいい<霊能抜き」
グラハム 「ああ、悲しい… だが少し嬉しい話をしよう…」
「COないなら●つって明日だな」
古手梨花 「君らが頑張れよと言ったれーせんの思惑通りになってしまうのです?」
オルカ・イツカ 「霊噛みに●か。本格的に信用勝負だろうな」
雨宮蓮 「一応聞いておきたい
でっていうとつば九郎投票理由を」
ナズーリン 「霊能からかんだところに●引きで死にたい。
我ながら超黒い」
金糸雀 「両占い視点で人狼1ずつ削ったのち決め打ち。初日も含めてな。」
鈴鹿御前 「金糸雀とボンドルド卿なら
金糸雀の方が印象良いなあって思ってる」
クマ 「序盤に狩人COしないと思うクマー>しもんきん」
古手梨花 「ともあれさらっとCOなしが出てるのでまたあしたーになってしまうのですが」
やる夫 「でっていうだから>雨宮」
ボンドルド 「霊能不在で●を吊るのはなんとも悲しいことですね」
鈴鹿御前 「でっていうだから(小声)」
しもんきん 「両方はあまりないですよ >カナリアさん
0ではないですけどね」
雨宮蓮 「鈴鹿吊り」
金糸雀 「灰短評
つば九郎
初期に処刑しなければ後々まで残る位置。中身がなんであれ村役でなさそうなので処刑投票。」
ナズーリン 「ひらがな発言が見づらかったのでノイズケア>共有」
古手梨花 「投票されたいみたいだから入れたげないと失礼かなって……>あまみやれん」
金糸雀 「だからその中見を聞いているのだよ<しもんきん」
鈴鹿御前 「つば九郎については投票したくなるのは分かるなあって感じ」
やる夫 「ちなみに○進行で占い生きててつば九朗が灰ならそこ吊ってでいいんじゃね?って考えてたお
セイレーン 「●釣りの信用勝負路線っと・・・で、しもんきんは一体何を」
つば九郎 「●つりしかない
ここで●のこす!とかいわれてもあたまふくらかよになる」
グラハム 「霊能者の兎が死んだ! 亀よりも遅いその足では狼からは逃げられなかったのだろう
だが俺の対抗はネズミ!!
ネズミの一歩と兎の一歩ではとても大きい大きい差があるのではないだろうか」
しもんきん 「カタカナつかうだけで知能にはとくには関係ないのでは・・・?」
ボンドルド 「個人的に思うのは初手霊能噛みから見るに
占い2COに狼混じりがより強くなったというところですかね。
真狂のパターンではやらないでしょう」
オルカ・イツカ 「でっでいうだからryじゃないか?俺は投票してないがボルガ博士がいたらお許し吊りみたいなものだろ
やる夫 「初日見る限りそことでっていうは削り位置じゃね?って感じで
まあでっていうだから吊ったけど、でっていうだから吊ったけど」
古手梨花 「どちらかというとそこら2人よりもあれですね」
鈴鹿御前 「◇ナズーリン「霊能からかんだところに●引きで死にたい。
我ながら超黒い」
 
本当に狼見つけたってんなら嬉しがるもんじゃね?
まず先に来るのが怪しまれたくないって気持ちなのが偽要素になるんじゃね?」
つば九郎 「あんちょくにでっていうつりにはしったところはようちぇっく
うらないでもとばしたらいい」
ナズーリン 「対抗狂人も余裕であるんで●釣り一択。
最低はもう下ってるけど」
グラハム 「つまりナズーリンが狼でない可能性が高まり
俺との生存勝利も可能となった訳だ!!!
総意って見るとナズーリンがこの●を投げているのも俺に話しかけた女の子を処理しているように見える!!」
ボンドルド 「でっていうが●だから鈴仙が噛まれたとは思いませんね。
でっていうが狼ならば、吊られないために占い騙りに出るでしょうから」
しもんきん 「中身なんてないですよ
欠けか潜伏があるというと両方はないのかとかいちゃもんつけてくる人いますからね」
オルカ・イツカ 「しもんきん占いは微妙な気がするが。そこは吊り位置じゃないか?」
やる夫 「鈴鹿御前狩人あるんじゃね?って考えてたのもあったから
そこ●+COなしでナズの真目あがった印象だお、あがったぐらいで決め打つほどじゃねぇけど」
雨宮蓮 「やる夫二重◎にしてくれねーかなー(チラッチラッ)」
古手梨花 「空に入れてるボンドルドとかちょっと気になるのです、いや投票が変って意味ではなくて、最終的に入れるなら空と発言似てるしもんきんには入れずに空に入れた理由が本人の中にあったら聞いてみたいなって」
クマ 「でっていうは普通にここまでヘイト食らうとは思ってなかった狼じゃないかなと思ったクマー
でっていう吊りネタは昔からあるけどあそこまで喰らってたの久々だったしクマ」
ナズーリン 「●に言われても心に響かないけど私はきみと違って村全体にも見てもらわないといけないんだよ>鈴鹿御前」
鈴鹿御前 「灰について思ってた事は一通り言ったかなあ」
グラハム 「なんて! なんと愛らしいのだろうか我が対抗占い師は!!!
俺の目に映るすべてが君であるとするならば
君は俺の理想であるといえるだろう…!!」
金糸雀 「◇しもんきん 「欠けか潜伏 もしくは両方がありそう」
自分で両方がありそうといいながら何を言っているのだ」
しもんきん 「グラハムさんの占い理由がなにを狙った占いなのかまったく理解できないのですが・・・」
古手梨花 「私にはざくっと似た人だねとしか認識できなかった2人の違いをなんか感じたかも知れないしそうでないかも知れないし、みぃ」
ナズーリン 「霊能がいないから確定○作れって話ならやるけど>雨宮」
「俺投票自体は不思議でもないかなと思うが>古手」
やる夫 「やる夫は占うまでもなく白いってよく言われてるから(真顔>雨宮」
セイレーン 「しもんきんに関しては長かった理由を読んでその上でやる夫にも対応とは一体どういうことなのか聞きたい

だってそれやる夫占いの理由じゃない・・・?」
グラハム 「はぁ… 残念だ… だが残念な話をしよう…」
金糸雀 「欠けと潜伏が両立する内訳で2-1なら2騙りか狐混じりだろう?
そこまで酔狂な内訳を2日目時点から考えたのか、と聞いて居る。」
オルカ・イツカ 「古手とかもっと占い位置がいた気がするがな」
つば九郎 「それふくめじゆううらないでよくね?>なず」
しもんきん 「では逆にききますが両方の可能性はないんですか? >カナリアさん」
鈴鹿御前 「見た目からして美白よねえ>やる夫
脂肪は付けたくないけど」
ボンドルド 「しもんきんさんは0票というのが占われ理由ですが
それならば同じ0票である梨花さんなどのほうがよかった気もしますかね」
クマ 「グラハムさんだからしょうがないクマー>日記が謎い」
古手梨花 「変かどうかではなく、何を持って他との差を見出すかっていう感じですかね、気にしてるのは>空」
雨宮蓮 「ナズーリン>まぁその辺りは好きにしていいさ
俺はありがたいってだけだから」
「カナリアとやる夫が良い感じな発言してて安心するわ」
金糸雀 「考える必要が無い。」
グラハム 「俺の占い理由を読んでなお、何を狙いにしているか分からない だと…
そんなことを言うのが俺の〇であることがとても悲しい…」
やる夫 「というのは冗談にしてもナズが●引きなら
対抗○占いしていくのはありだろう、囲い考えていくのなら
噛み合わされる可能性もあるけどそんときはそんときだお」
しもんきん 「少ないけどあるのでありそうといっただけですよ?」
古手梨花 「別に空吊りたいと思うこと自体は全く違和感ないので、聞いてみたいなってだけ」
ナズーリン 「一応アピールで言っておくけど大声でもないし従うつもりはない>つばくろう」
やる夫 「や、やる夫デブちゃうわ!!!?!?!?>鈴鹿」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
鈴鹿御前12 票投票先 →ナズーリン
ボンドルド0 票投票先 →鈴鹿御前
金糸雀0 票投票先 →鈴鹿御前
ナズーリン1 票投票先 →鈴鹿御前
オルカ・イツカ0 票投票先 →鈴鹿御前
セイレーン0 票投票先 →鈴鹿御前
クマ1 票投票先 →鈴鹿御前
つば九郎0 票投票先 →鈴鹿御前
やる夫0 票投票先 →鈴鹿御前
古手梨花0 票投票先 →鈴鹿御前
0 票投票先 →鈴鹿御前
しもんきん0 票投票先 →鈴鹿御前
雨宮蓮0 票投票先 →鈴鹿御前
グラハム0 票投票先 →クマ
鈴鹿御前 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
やる夫 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やる夫さんの遺言 次回やる夫死す、デュエルスタンバイ
鈴鹿御前さんの遺言
◇ナズーリン 「●に言われても心に響かないけど私はきみと違って村全体にも見てもらわないといけないんだよ>鈴鹿御前」
だから他の人に向けて主張してるんだけどねー

◇ナズーリン「霊能からかんだところに●引きで死にたい。
我ながら超黒い」

自分怪しい行動って自覚があるからこんな発言になったんじゃね?
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
つば九郎 「おは

ろこつにほえへっててんねんしばはえる」
ナズーリン 「占いCO 古手梨花○」
グラハム 「占い師だ… クマは〇だった…」
しもんきん 「◇ボンドルド 「しもんきんさんは0票というのが占われ理由ですが
それならば同じ0票である梨花さんなどのほうがよかった気もしますかね」


1票とんできていたのですが・・・

それにグラハムさんは0票なのは理由にしてないですよ
カタカナを多く使っていたとかいう意味不明な理由でした」
オルカ・イツカ 「おはよう」
クマ 「おはようクマー
そういえば鈴コンビがいなくなったクマね
…女性がいなくなるの寂しいクマー」
ボンドルド 「おはようございます」
セイレーン 「おはよう。○抜きか」
古手梨花 「おはようございますなのです」
ナズーリン 「引き続きグレランで死なないところ。
やる夫は占うと言いつつ占わないのでいいんじゃないか。
ボンドルド 「梨花さんから質問が来たので答えておきましょう。
実のところ、しもんきんさんの発言をしっかり見ていなかったのです。
初手のほぼ直感というので、発言が応対ばかりで内容が弱い空さんに投票しました。」
つば九郎 「しょてかこいかんがえなくてすむじゃんやったぜ」
「占いに関しては
グラハム 真狼 ナズ 真狂 で見てるぜ

グラハムの○のやる夫が良い発言してるから、グラハムが真目たかいとおもう

金糸雀 「おはよう」
オルカ・イツカ 「グラハムの占い先が悉く微妙」
ボンドルド 「しかしあなたの言うように、しもんきんさんも空さんと同じくらい内容弱かったですね。
そこは同意します。」
古手梨花 「やる夫はえーっとグラハムの方の○でしたよね」
グラハム 「理由
ああ、気になる… 気になる話をしよう…
そこなでかい着ぐるみは俺の日記について
◇クマ  「グラハムさんだからしょうがないクマー>日記が謎い」
と言っている…
俺はそこでこいつは俺の理解者なのか…? そう思った… だが違った!!


◇クマ  「でっていうは普通にここまでヘイト食らうとは思ってなかった狼じゃないかなと思ったクマー
でっていう吊りネタは昔からあるけどあそこまで喰らってたの久々だったしクマ」


緑の水龍が狼じゃないかなと思った…‼ おいお前俺はでっていう狼じゃなさそうだと行っていると思い
脊髄でお前予告占い予定をしたんだが
この文章じゃでっていう狼だと思うみたいな発言にも聞こえるじゃないか!!!
もう少し区別がつくようにはっきりと話してはくれないだろうか!!!」
金糸雀 「予告占いか<グラハム」
ナズーリン 「対抗の○噛み。
占い指示があったしかみ合わせの理由もあるのかな」
クマ 「やるちゃん噛まれクマー
グラハムの占い先だったクマね」
ボンドルド 「占い先の印象はナズーリンさんのが上ですが、
ここでグラハムさんの◯が噛まれるのが違和感ありますね」
オルカ・イツカ 「これ「ナズーリンがやる夫占いすると読んだ」かみじゃないか?」
古手梨花 「了解です、みぃ。とりあえず特にボンドルド的に違いはなかったということをりょーかいしましたのです。>ボンドルド」
しもんきん 「あれ?逆ではありませんでしたっけ?」
グラハム 「ああ、悲しい… 悲しい話をしよう…」
金糸雀 「ナズーリンが古手を占うのはグレランで死なないところ、ということだが。
なぜ古手だ?」
つば九郎 「ぐれらんかなー」
ナズーリン 「◇しもんきん 「◇ボンドルド 「しもんきんさんは0票というのが占われ理由ですが
それならば同じ0票である梨花さんなどのほうがよかった気もしますかね」


1票とんできていたのですが・・・

0票占いを理由にしたのは私だから混同したのかもしれないな」
オルカ・イツカ 「占い理由なっげえなおい」
古手梨花 「なるほど確かに占うよ的な感じは昨日の発言で出してますね」
「◇オルカ・イツカ 「これ「ナズーリンがやる夫占いすると読んだ」かみじゃないか?」

つまり、どういうことだ?>オルガ」
セイレーン 「今日はまだグレラン継続だけども」
グラハム 「この村での俺の唯一なマブダチ
白い饅頭が死んでしまった…
これでは俺の占い理由を説明しにくくなってしまった…」
雨宮蓮 「あ、こいつスパナ使いでガンオタじゃねぇな」
ボンドルド 「グラハム狼だと仮定した場合の銃殺対応にしても、そこは噛むタイミングでもないでしょうし
かといって◯もらいでしかないやる夫さんが狙われる理由がなんでしょうかね」
ナズーリン 「0票占いなら古手梨花と金糸雀の2択。
きみじゃなかった、それだけの理由だよ>金糸雀」
グラハム 「しもんきん… お前には俺の占い先の意図を聞く自由があるが
聞かない自由もある…
それはお前に委ねようと思う」
雨宮蓮 「グレラン」
クマ 「グレーはボルドルドとかなちゃんとつば九朗と空だクマー」
ボンドルド 「梨花さん占いは個人的には好印象なところでもあります。」
オルカ・イツカ 「グラハム狼でナズーリンを噛み合わせをした狼に見せたいって感じだな>空」
つば九郎 「じゅさつのじえんごほーむらんでもでないかぎりどっちもどっちよ>うらないへのしんよう」
金糸雀 「1票も0票も候補を違う理由にはならないと思うのだが・・・。」
しもんきん 「え、それはどういう・・・ >グラハム」
古手梨花 「まぁ○3人の中で一番ふつーに推理っぽいことしてますね位しかやる夫への印象はないのですが」
セイレーン 「漂白噛みにしちゃ露骨。狐警戒にしても早い
狩人警戒というほどやる夫が役職ぽかったかというとどうだろう」
グラハム 「ガンオタとは…… ガンオタとはまた格好の良い綽名だ…
今日から俺はガンオタを名乗ろう! そうしよう!!」
ボンドルド 「>ナズーリンさん
実はそこ、私の勘違いでした。
ナズーリンさんの占い理由をしもんきんさん◯とごたまぜにしてしまったのです」
しもんきん 「グラハム狼にしては銃殺を恐れてない感じでは?」
金糸雀 「ああ、やる夫襲撃はグラハム人狼らしい襲撃ではあるね。」
グラハム 「お前が話してほしいというのならば、お前にとって辛い事かもしれないし
俺の印象が悪くなるかもしれないが
紳士に話そう>しもんきん」
ナズーリン 「だろうね。>ボンドルド
できるだけ簡素にしたほうが粋じゃないかなとは思ったんだが…」
古手梨花 「強いて言うならこれナズーリン視点はしもんきん(かクマ、でもクマは露骨すぎるかな?)●になりそうなので、2-1ですし銃殺狙って欲しいですから占わないで欲しいな位ですか」
金糸雀 「昨日の時点で占いに真がいないと分かった、という路線でもいいけれどね?<しもんきん
グラハム狂人、ナズーリン人狼。」
オルカ・イツカ 「大方ナズーリン真目だがな。古手占いも印象がいいしかみがナズーリン真の噛みに見える」
ナズーリン 「それで古手と金糸雀どちらにもとれる理由にしたのは私の落ち度だな」
「やる夫襲撃で、グラハムが狼はちょっと考えねーかな
狼なら今日あたり●だしてそうだし>金糸雀」
ボンドルド 「狂狼の場合で、グラハム狂人で狐探しのやる夫噛みなら一応理由にはなりますが、
憶測の域を出ませんね」
金糸雀 「真贋ポイントは君だよ。」
グラハム 「さ」
古手梨花 「実際クマ占いはどうなんでしょう、というか霊噛みからこう進める時グラハム狼は本当にあるのか?という」
クマ 「クマはやる夫が皆に村に見られてる程度しか考えてなかったクマー」
ボンドルド 「真占い、いるんでしょうか?」
グラハム 「は、は、は

占いたい位置が見えた
そこは吊らないように…な。」
しもんきん 「僕じゃなくて鈴鹿さんのほうでは・・・? 真贋ポイントは」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
ボンドルド1 票投票先 →
金糸雀2 票投票先 →つば九郎
ナズーリン0 票投票先 →つば九郎
オルカ・イツカ1 票投票先 →ボンドルド
セイレーン0 票投票先 →つば九郎
クマ0 票投票先 →
つば九郎5 票投票先 →金糸雀
古手梨花0 票投票先 →つば九郎
3 票投票先 →つば九郎
しもんきん0 票投票先 →
雨宮蓮0 票投票先 →オルカ・イツカ
グラハム0 票投票先 →金糸雀
つば九郎 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
オルカ・イツカ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
つば九郎さんの遺言      / ̄ヽ
    /    /
.    l   /
   |  ./
.  , ┴-.L. (⌒`'<jZ丶
  l  、y^) ゝ、- 、 ヾ'  ヽ
  ヽ ヽ)' く/(∨ , =、ヽl  .l  ひらがなおんりーはよみづらい。にん
   ,エ∩(ニ二Y f_ソ-、l.rj /
  {     ゙゙̄''‐'<_.八ノ /
  {.__, -r─- 、   ノ// __
    ⊂⊃ l    l`  /  '´ , ‐''"´
        ヽ   l   /
      ⊆\  ヽ_∠_
      ‘ー--゙Zニ´_,r‐'
オルカ・イツカさんの遺言 rm1
                〉 ク
               j ̄l     ,ャvァ,
              j::::::l     ミt  戔
              j:::::::ト、_ _ 幺wv、「
              t:::::::::::::::::`::⌒ヾニニト、_
               ̄`ヾ:::::::::::;;;;;;;:::::;|;;;;;;;;::`ー、
                   ゙Y::::;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;|::::::!
                   ヾ::;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;:!:::::|
                   /;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;l::::::l
                    /::::;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;jl:::::゙i
                  /:::::;;;;;;;;;;;;;;;ハ;;;;;;;;;;tl:::::::l
                〈::::;;;;;;;;;;;;;;;;/;|;;゙、;;;;;;;゙l:::::::l
                  ヾ、__/;;;|;;;;;ヾ_」::::::〉
                     |;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;| l/え、
                    |;;;;;;;;;;;;;ハ;;;;;;;;;;;;;゙〈t!杉!
                   |;;;;;;;;;;;j ヾ;;;;;;;;;;;;゙、 ぐ
                   |;;;;;;;;;;;!  ヾ;;;;;;;;;l \>
                   |;;;;;;;;;;|   ヾ;;;;;;;;!
                   |;;;;;;;;;;|    〉;;;;;;|
  _/ 7_,/ 7  ./ ̄ ̄ ̄ / / ̄ ̄/////       __/ ̄/    ._ノ ̄/ ./ ̄/
 /_  ___  __/ / ./二/ / /  ̄ ̄ ̄ / /  ̄ ̄ ̄ / /___.   ̄/ / ̄  / /  ゙ー-;
 ./__/_/ /  /__,--,  / . ̄_7 / ̄   ̄ ̄ ̄ ̄  ____/ /    ̄/ /  ./  /ー--'゙
   /__.ノ.    /___ノ   /__ノ          /__,,.ノ     /__/  ./_/
                                 __ __
        / ̄ ̄ ̄ /              ./'''7'''7////   
         ̄ / / _ノ ̄/ /  ̄ ̄ ̄ / / /i  |   /  ̄ ̄ ̄ /
        _ ノ / /__  /   ̄ ̄ ̄ ̄ _ノ / i  i__   ̄ ̄ ̄ ̄
      /____,./   /__/          /__,/  ゝ、__|
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
クマ 「おはようクマー
わりとどっちもどっちな感じしかしなくて困りものクマー
つば九朗については吊れそうな位置が吊れたとしか言いようがないクマー」
グラハム 「占い師だ オルカイツカは〇だった…」
ナズーリン 「占いCO ボンドルド○」
「はい、おはようさん」
雨宮蓮 「皆に聞きたい
3Wいると思うか?
いないと思うなら今日もグレランで明日決め打つ」
金糸雀 「おはよう」
金糸雀 「おはよう」
ナズーリン 「◇ボンドルド 「>ナズーリンさん
実はそこ、私の勘違いでした。
占いの結果は注視しているが内容は混同しているあたり
あまり興味が無いのを装っているのか?
金糸雀は挑発的な内容でこちらを見ているので外す。」
「オルガ死体だな」
古手梨花 「おはようございますなのです」
グラハム 「理由
賢い… 賢い話をしよう…
俺が占いたいと思ったのは実は灰では無かった…だがなぜ灰から占うみたいなことを
言ったが俺が占いたかったのはこの魚か何か分からない哺乳類である
どう見てもナズーリンが狼の時の狼の動きとみせかけてそうではないんだろうが
それなら俺の真をよく分からない理由で占い理由も長いといった切り特に触れていないのに
信じていないお前はいったいなんだ…?
俺の真を見ていないのは、お前がその動きで俺の占いよけをしているんでは無いかと思ったわけである

…嘘だ。ごめん俺は嘘をついた。
正直

◇オルカ・イツカ  「大方ナズーリン真目だがな。古手占いも印象がいいしかみがナズーリン真の噛みに見える」
がムカついた」
ボンドルド 「おや。オルカさんの反応が消えてますね」
しもんきん 「うーん?」
金糸雀 「グレランというのは反対だ<共有者」
セイレーン 「平等噛みとかまた面倒な」
ナズーリン 「お互いの初手○を噛んできているのか。
どういうルートでどういう狼だろうな」
古手梨花 「特に銃殺GJとかいう感じでも無いようで」
金糸雀 「現状、グレーは空、私の2名のみ。」
雨宮蓮 「金糸雀>具体的にはどうしたい?」
クマ 「イルカさんが死んだクマー
というか信用勝負にしては共有も噛んでこないねクマ」
金糸雀 「指定を。」
しもんきん 「オルカをいま噛む理由ってなんか浮かびます?
銃殺GJのようなきも?」
グラハム 「はぁ… あんな変な俺らしくないブラフをしたのにオルカイツカが死体になっているとは悲しい… だが4割ぐらいは希望を持てる…
そんな話だ…」
ボンドルド 「金糸雀さんと空さんに人外があるかと言われると、
正直そうとは思い難い部分もありますね。
つば九郎さんも人外なら囲われていたと思いますし」
古手梨花 「二重○できないのが結構両偽感はありますね」
古手梨花 「後はグラハム視点の狼誰になるんですか?とか」
金糸雀 「私の要望は現時点でのグラハム処刑だが通らないだろう
次善の提案として指定を希望するよ」
「両方視点で、狼候補て俺と金糸雀?」
古手梨花 「ナズーリン視点はまぁグラハム+しもorクマで整理してすっきりしそうですけど、
スッキリしすぎてて怖いのはあれ」
ボンドルド 「かといってナズーリンとグラハムさんの◯が噛まれてるのも妙ですね
囲いの中に人外がいるなら、狼はあえて選択肢を狭めようとしてるわけですから」
グラハム 「さぁさぁ楽しみな ドキドキな話をしよう!!」
雨宮蓮 「割りとそれ言われるとこう
金糸雀指定したくなるのが俺の悪い癖なんだよなぁ」
金糸雀 「しもんきん・グラハムは人外であると確信しているからね
グラハムから処刑してもらいたいものだよ」
「この感じ、金糸雀は村だぞ>雨宮」
ナズーリン 「つば九郎は対抗としては占えなかったのではないか。
○でも●でも2日目の結果情露骨になるところであるし>ボンドルド
つば九郎を避け続けた私として想像できる部分だが」
グラハム 「空 古手 
カナリア ボンドルド

俺の灰はこの4人+一人
最悪を想定した場合には5人外が残っていることになる…が」
金糸雀 「それならそれで構わないよ。
ただしギリギリはやめてくれよ?」
クマ 「そうクマー>空
ナズちゃん視点だとクマが狼可能性あって
グラちゃん視点だと古手ちゃんが狼可能性あるクマー」
ボンドルド 「グラハム視点での狼候補は、ナズーリン、空、金糸雀、私ですかね。
それだとかなり判断に悩みます」
雨宮蓮 「空>空も村目では見てる」
古手梨花 「というか両偽まで含めて決め打つなら今日がギリですよ、狐は狼さんが噛んで吊り増やしてねってことでいいですけど」
しもんきん 「ナズ視点だとクマは微妙じゃ?」
雨宮蓮 「悪いが空吊り」
グラハム 「ナズーリンと生存勝利したい俺は! カナリアをとても! とても今吊りたいと思っている!!」
「なら、しもきんかボンドルドのどっちか吊りたいな>クマ」
金糸雀 「私は両偽まで考えつつグラハムは絶対偽という主張だね。」
「狩人CO」
「引きニートの狩人日記

初日
お、狩人ですよ狩人、夜に外出許可でる役職ですよ!

2日目 護衛グラハム 死体鈴仙
あの占い理由の濃さが圧倒的に、グラハムなのでグレラン護衛します

3日目 護衛グラハム 死体やる夫
昼の感じからして、ナズ噛みはあんま考えずグレラン護衛しよう

4日目 護衛雨宮 死体
共有護衛に移行するか、セイレーンか雨宮のどっち護衛っすかな
雨宮護衛でいいか」
ボンドルド 「仮にグラハム真ならば、私視点での狼がほぼ確定するという奇妙なことになります
そういう意味でナズーリン真寄りですかね」
ナズーリン 「◇古手梨花 「ナズーリン視点はまぁグラハム+しもorクマで整理してすっきりしそうですけど、
スッキリしすぎてて怖いのはあれ」

でっていうグラハム鈴鹿狼で噛めなくなったので両偽的なかみ方になっている説」
グラハム 「ORZ <グッ!」
金糸雀 「狩人COだ」
雨宮蓮 「どちらかと言えば暫定○に手をつけたいが
まぁしゃーない」
金糸雀 「護衛記録
2:ナズーリン 鈴仙
2-1で霊能を守る意味は無い。噛まれたら真だ。
グラハムの理由は信用に値しないのでこちらを護衛。

3:ナズーリン やる夫
霊能は真だったな。
では次に考えることは初日占いがあるかどうかだ。
今日まで占いを護衛、次は共有へシフトする。

4:セイレーン 
襲撃から鑑みるとグラハム狂、ナズーリン狼が一番ありそうだ。
となると共有護衛か。」
古手梨花 「う、うーんなんとも微妙な」
ナズーリン 「oh>狩人」
セイレーン 「GJはなしってことでOK?>空」
ボンドルド 「グレーがいなくなりましたね」
しもんきん 「わたしが狼も身病じゃないです?やる夫のこしたほうが初手囲いみてもらえますし?」
グラハム 「カナリア… 一つだ… お前には一つだけ足らないものがある…」
「3:ナズーリン やる夫
霊能は真だったな。
では次に考えることは初日占いがあるかどうかだ。
今日まで占いを護衛、次は共有へシフトする。」
クマ 「狩人クマー初日不可>ナズーリン>ナズーリン>ナズーリン」
金糸雀 「ここまでで平和は無い。」
「やる夫ってさ?」
クマ 「クマが狩人ってPHPも空気読めてないクマー
あ、でもこれで大活躍すればクマ、モテるクマ?

2日目
ここはナズーリンちゃんのほうかまれそうクマ
鈴仙ちゃん護衛か悩んだけど
グラハムのほう?男護衛は全く考えてなかったクマー

3日目
鈴仙ちゃんゴメンクマー!
霊能噛み薄いと思ったのがミスだったクマー!
んー、これは大変クマ
でもナズちゃん護衛がしたいクマー!
それにグラハム真ならそれはそれで悪くないクマー

4日目
ナズちゃん護衛しかならないと思うクマー
グラハム噛まれてナズちゃんこっちに●投げるならだいたい詰めれるクマー
というわけで護衛先はかえないクマー」
ナズーリン 「そして対抗 oh」
古手梨花 「なんか綺麗に護衛先別れてるのでそこそこ狼狩人混じりっぽい気はしなくもないですね」
雨宮蓮 「すまんがクマ吊り」
古手梨花 「更に増えた」
ナズーリン 「3狩人 ohhh」
ボンドルド 「狩人3CO……
素晴らしい……素晴らしいですよ」
クマ 「3人いる時点で笑えるクマー!」
セイレーン 「クマ吊り」
金糸雀 「それならグラハム吊りだろう!!」
古手梨花 「えっ待ってこのパターンでクマから吊るのは無いですよ」
グラハム 「やだ!!」
しもんきん 「????」
クマ 「あほかクマ」
グラハム 「それはやだ!!!!!!!」
ナズーリン 「くさしか生えない」
雨宮蓮 「ラン」
古手梨花 「他の○から」
しもんきん 「共有におまかせ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
ボンドルド0 票投票先 →
金糸雀5 票投票先 →クマ
ナズーリン1 票投票先 →金糸雀
セイレーン0 票投票先 →ナズーリン
クマ1 票投票先 →
古手梨花0 票投票先 →金糸雀
3 票投票先 →金糸雀
しもんきん0 票投票先 →
雨宮蓮0 票投票先 →金糸雀
グラハム0 票投票先 →金糸雀
金糸雀 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
セイレーン は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
金糸雀さんの遺言 護衛記録
2:ナズーリン 鈴仙

3:ナズーリン やる夫

4:セイレーン
セイレーンさんの遺言                                          ,..-‐‐- .
                                   _j`'く_   /          、
: : : : : : : :,/: :丶---≠:; : : : :、:/⌒\_:⌒ヽ  _]
: : : : :.//: : :i|: : : //:/:}y: : :/\  u  `',: : :V
: : :/  :': l: : ',: : //:/:ニ}`アミメ、ハ    | : : |  、       共有。相方は雨宮。
/   { : |: : :ヽ:{ {/: : : V弋ソ }i |     | : : |   }
     ',: :',: : : /ヾ\: : /`¨´    ィ≦l : : :しノ       すごく・・・○が胡散臭い・・・
     丶: :\:{〈l|: : :\ u     {ヒソ/: : :∧     /       グラハムは狂よりの真狂とみてるかな。
      \: 人l|: : : : |ヽ--     ` /: : :/ 丶--‐'
      /⌒"´ 八: : : ::|  /⌒ァ /´ ̄`\∠7⌒ヽ _
    _」   ヽ  > ''"  ̄ ̄ ̄ ̄´  _,二三 ヽ \-‐'  `',―
   /  \   ∨           ´     ∧/∧   /
   ー-=、\ ,/                      |//|-‐  {
     / }__//                     |//|   `ヽ_
     ∧   /{                  ノ|//    ノ

朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
クマ 「雨宮蓮護衛クマー」
「雨宮護衛ー」
グラハム 「占い師だ ボンドルドは〇だった…」
ナズーリン 「占いCO しもんきん●」
しもんきん 「ランっていうのは狩人ランなのか占いランなのか
よくわからなかったんですが・・・


でこれさナズもグラハムもカナリア投票だから
狼交じりならこれやばくね・・・?


あと機能のログとり忘れたのでだれかいただけませんか?」
古手梨花 「おはようございますなのです」
クマ 「5日目
ぶっちゃけこの形になった時点で占い噛むとかないので共有護衛
ナズ噛み?それグラハム吊って空とクマで共有相互護衛すればいい話だし
護衛先は謎指示した方の雨宮
噛まれるとしたらこっちの方が高そう。灰噛み?美味しいから悪くないクマ」
ボンドルド 「私視点でグラハム真だとすると人外候補が空、金糸雀、ナズーリンとなって。
しかしそれだと空と金糸雀が狩人CO合戦してるのが矛盾するんで(狼狐でもない限り)
空さんに投票しましたね」
「二人はプリキュアかよ>護衛先>クマ」
ナズーリン 「狩人を除けばここしか占うところがない。
8-6-4-2 3吊り噛みで狩人減るなら間に合う。
○なら狩人噛まれなくても対抗と狩人吊りでゲームセット」
古手梨花 「ええええええここで狩人占わないんですかアナタタチ」
ボンドルド 「?」
グラハム 「理由
蒸発だ… 頭が蒸発しそうな話を今からしよう…
そう皆がお察しの通り、狩人が3COな件について… 俺は考えるのが面倒だが
きっとこの吊りで狼が死んだに違いない。ナズーリンとの愛の共同作業に違いが無い。
ボンボルドと古手、どちらかを占え、と言われた場合、俺はどちらを占いたいか…
さぁ、ここで俺は白状しよう! 昨日の俺の『占いたい奴』とは実はボンボルドだった!!
◇ボンドルド  「狂狼の場合で、グラハム狂人で狐探しのやる夫噛みなら一応理由にはなりますが、
憶測の域を出ませんね」
という発言を流し見て俺を狂人扱いしているな! お前真狂本線で見てるの? という占い理由で占おうと思ったのだが

その夜冷めた俺のクールな頭で見てみると思いっきり両偽前提で、と話していたから急遽それっぽい事(ブラフ)
ということにしておいた!!!
だがその結果オルカイツカは死んでた!! 俺の占い結果が1減った!!!
そう八つ当たりだ!!!  八つ当たりの占いだ!!!」
しもんきん 「とりあえずナズーリン偽はわかったんですけど・・・これグラハムさん真なんですかね?」
雨宮蓮 「すまないが空吊り
ナズーリンはクマ占い」
グラハム 「不思議だな… ああ不思議な話をしよう…」
ナズーリン 「しもんきん吊って終わらなかったらって言いたいけど狩人3COで狐がいたら死ぬ」
ボンドルド 「ナズーリンさん視点で鈴鹿御前、しもんきん、狩人3COの誰か、対抗で
狼の枠オーバーしてません?」
「ちょまてよ>雨宮
護衛先指示でいこうぜ!」
しもんきん 「え、僕のこすんですか?」
ボンドルド 「それともナズーリンさん視点でグラハム狂人とか言うんですか?」
グラハム 「俺の灰が狩人二人と古手だけになった
にもかかわらず、いまだ●を引けていない… と?」
ナズーリン 「グラハム狂人じゃないか?>ボンドルド」
クマ 「噛まれる方はこっちだったからクマー
セイレーン噛む可能性もあったけど、女性護衛してたしこっち雨宮とは仲たがいみたいなことしてたし」
ボンドルド 「逆にナズーリン真だとすると、空、金糸雀、クマのグレーから3人狩人CO出ている。内訳は真狼狩と見るべきで、
空にCCOした金糸雀とグラハムの◯にいるクマが3CO目に出たのを考えると、
この二人が狼とは思いづらい

消去法で、空さん狼の狩人騙りとなりますかね。」
しもんきん 「僕かナズーリンでランしません?」
グラハム 「そしてフシギだ… もっとフシギな話を聞いた…
ああ これは 彼女の占い理由に持って行こう…
正直ネタ切れだ…」
「そのランにメリットがない>しもきん」
しもんきん 「真狼狩の真って・・・?」
ナズーリン 「結果上そうなるんだからグラハム狂 クマ空金糸雀が真狼狐 鈴鹿しもんきん狼だろう」
古手梨花 「えーっとグラハム視点で狼の構成どうなってるんですかね?グレランでどっかで都合よく吊れてることにしかならなさそうな」
クマ 「状況的に狐混じってそうだから断るクマー>しもんきんとナズラン」
雨宮蓮 「しもんきん>真狂狐or狼目で見てる
そういう意味ではナズ真なら悪いが最悪引き分け」
古手梨花 「まぁハムが明日私に●を意気揚々とぶつけて来たら泣いちゃいますけど」
グラハム 「待てしもんきん、死に急ぐことは無い…
『俺視点』は、狩人吊りで問題が無い…
…かっこつけて言いかけたが本当にそうか?」
ボンドルド 「ナズーリンさん視点での狼候補が鈴鹿御前、しもんきん、狩人の一人……
初手霊能噛みの真狂の初手◯を噛んできたと。
興味深いですね」
古手梨花 「思うに」
「で、護衛指示展開まだか!>雨宮」
雨宮蓮 「真狼狐なら、正直どうしようもないし
ナズ視点では狩りはほぼ真狂狐」
クマ 「空吊りクマよ?>空」
古手梨花 「ここで狩人占わない2人は両偽結構ありそうなので、昨日吊ったのが真狩じゃないことを祈って占い吊って狩人が吊り増やしてくれるといいな大作戦……」
しもんきん 「空さんが狂人ならわたしが狼の場合やる夫さん噛む必要は・・・?」
ナズーリン 「きみには護衛指示はこないだろう…>空」
ボンドルド 「グラハムの真を切る理由は空と金糸雀の狩人CO合戦の矛盾でしたが、
ナズーリンさんも真とは少し思い難い部分も出てきましたかね」
雨宮蓮 「すまない、真なら本当にすまない>空」
古手梨花 「ちょっと笑っちゃったのです<今のクマと空」
「だから、全力でー護衛指示まち妖怪してんだろう!>クマ」
クマ 「空狂人ならどっちか噛み抜いてるクマー
合法的にこっち吊れるわけだし」
グラハム 「俺の灰は古手空ナズーリン
大丈夫… 安心しろしもんきん
明日3Wで終わることは無いから空吊りで問題無い… 俺の脳の処理が間に合ってないがそれも大した問題ではない…」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
ボンドルド0 票投票先 →
ナズーリン0 票投票先 →
クマ1 票投票先 →
古手梨花0 票投票先 →
7 票投票先 →クマ
しもんきん0 票投票先 →
雨宮蓮0 票投票先 →
グラハム0 票投票先 →
空 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
クマ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
クマさんの遺言 狩人クマー初日不可>ナズーリン>ナズーリン>ナズーリン>雨宮蓮>雨宮蓮
クマが狩人ってPHPも空気読めてないクマー
あ、でもこれで大活躍すればクマ、モテるクマ?

2日目
ここはナズーリンちゃんのほうかまれそうクマ
鈴仙ちゃん護衛か悩んだけど
グラハムのほう?男護衛は全く考えてなかったクマー

3日目
鈴仙ちゃんゴメンクマー!
霊能噛み薄いと思ったのがミスだったクマー!
んー、これは大変クマ
でもナズちゃん護衛がしたいクマー!
それにグラハム真ならそれはそれで悪くないクマー

4日目
ナズちゃん護衛しかならないと思うクマー
グラハム噛まれてナズちゃんこっちに●投げるならだいたい詰めれるクマー
というわけで護衛先はかえないクマー

5日目
ぶっちゃけこの形になった時点で占い噛むとかないので共有護衛
ナズ噛み?それグラハム吊って空とクマで共有相互護衛すればいい話だし
護衛先は謎指示した方の雨宮
噛まれるとしたらこっちの方が高そう。灰噛み?美味しいから悪くないクマ

6日目
他に護衛先があるのかってレベルクマー
というか状況的に噛まれるしかなくないかクマ?
さんの遺言 狩人COー! 

引きニートの狩人日記

初日
お、狩人ですよ狩人、夜に外出許可でる役職ですよ!

2日目 護衛グラハム 死体鈴仙
あの占い理由の濃さが圧倒的に、グラハムなのでグレラン護衛します

3日目 護衛グラハム 死体やる夫
昼の感じからして、ナズ噛みはあんま考えずグレラン護衛しよう

4日目 護衛雨宮 死体
共有護衛に移行するか、セイレーンか雨宮のどっち護衛っすかな
雨宮護衛でいいか
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
ナズーリン 「占いCO クマ○」
グラハム 「占いCO 古手梨花は〇!!」
雨宮蓮 「グラハム、結果は?」
ナズーリン 「理由なんかない!!」
しもんきん 「?????」
グラハム 「…はぁ 薄々 薄々そういう気はしていたんだ…」
ボンドルド 「グラハムさん視点でナズーリンさんLWですか」
雨宮蓮 「残り灰はいないな>グラハム」
古手梨花 「うーん?」
古手梨花 「ますますよくわからなくなってきたのです、みぃ」
ボンドルド 「逆にナズーリンさん視点では、グラハムとしもんきん2Wと」
しもんきん 「お、ちょっとまて」
グラハム 「ああ。厳密にいえば居るが、居ない>雨宮」
ナズーリン 「グラハム狂人か考えたくないけど狩人狂人混じり。
狩人狂人混じりなら2Wなんでケアも含めどちらか釣り推奨」
古手梨花 「グラハム視点でナズーリンLW、ナズーリン視点でグラハムが何か人外、んでしmんきん狼」
グラハム 「理由
さぁ、待ちに待った… 待ちにまちまちった…マチマチすぎて分からなくなってきた話をしよう…
古手… お前は俺の最後の灰… 厳密に言うと違うんだが話の構成上そういう事にしてくれ…
お前を最後に持ってきた理由は二つある…!
ひとつはお前が両偽提唱者であったからだ… 狐にしてはアグレッシブすぎるが狼としては消極的過ぎる
どちらかと言うとお前は狂人のように俺の目に映った…
二つ目はお前が小さい女の子だからだ…
流石の俺でもそういう気はある… うん…。」
ボンドルド 「初日占い
ナズーリン狂人、
グラハム、空、鈴鹿御前狼
クマと金糸雀さんとで狩人か狐

ナズーリンさんが鈴鹿御前に誤爆した狂人説を提唱します」
しもんきん 「いやなず視点グラハム狼はやばくねえ?」
グラハム 「占い理由は夜時間が足らなかった(潔)」
雨宮蓮 「グラハム、しもんきん
どっちが最終日戦いたい?」
ナズーリン 「◇ボンドルド 「逆にナズーリンさん視点では、グラハムとしもんきん2Wと」
グラハムしもんきんで狼狂または狼狼 どっちにしても片方吊らないとだめなやつ」
しもんきん 「やだ もうしなせて」
ボンドルド 「狩人3COがいなくなった以上狐も消失したのですし
これ占いロラで終わるんじゃないでしょうか」
雨宮蓮 「ボンドルド>その場合両偽なんだよなぁ」
しもんきん 「グラハムとナズつってもグラハム狂で囲いがあると糞なんですよー」
グラハム 「ナズーリン お前が、お前が狼であることに俺は目を背け続けてきたが
やはり俺は自身の占い結果からは目を背けることが出来ない!!
俺は何十人という村人の命を背負って生きている… それを今更無碍にはできない!!」
ボンドルド 「>雨宮さん
ええ、ですがここでグラハムナズーリン残して4人にいくと引き分けになりますし」
古手梨花 「ナズーリン視点でグラハムが狼になるのは狩が真狂狐な時ですかね?
「鈴鹿御前が速攻で見つかったからグラハムがしもんきんさっさと囲ったんだー」後は灰にたまたま狂と狐が残った、ってなるとまぁなくはないですが」
ナズーリン 「占いローラー? それだけはないだろう…
結局いずれにしてもグラハム釣りが妥当っぽく感じる」
グラハム 「みたいなカッコイイムーブしたけどもまぁ日常的に人を分解してる俺が言うとなんか非常に胡散臭いので
本音を言うと、俺の勝ち星の為に死んでくれナズーリン」
ボンドルド 「グラハムの囲いって誰がいましたっけ、ナズーリンさんのグレーで。

……もういないですよね。私と梨花さんは両者から◯をもらってる」
雨宮蓮 「ボンボルトはならグラハム吊り希望だな」
古手梨花 「両偽を今からでも考えるならしもんきんじゃなくグラハム吊りってなりますですけど、今までさんざんほったらかしておいて最後に両偽考えてもって感じ」
しもんきん 「いやナズ狼でグラ教だとやばいんすよ」
ナズーリン 「正直言って狂人が狩人COしてどうするの感しかないからしもんきん釣りがベストな回答だと思う>古手」
ボンドルド 「ナズーリンさんしもんきんさん2Wのグラハム狂人の可能性もありはしますが、
その場合は難しいですね」
グラハム 「なんか俺も薄々古手をそれっぽい事言ってから見直したけどそんなに狼っぽくないから占い理由に困ったんだ
逆にナズーリンは狼要素いっぱいじゃないか何故俺は今まで気づかなかったんだ?」
しもんきん 「なのでグラ真でいくしかもうないんかなとおもってるんだけど」
雨宮蓮 「しもんきん>その場合はもう諦メロン」
しもんきん 「でその前にしなせていただけませんか?」
ナズーリン 「終われば良し終わらなければグラハムの素敵プランだぞ」
ボンドルド 「グラハム真ならナズーリンさん吊りになりますがね」
しもんきん 「ナズ視点でグラ狼はかなりきついから最終日かてそう」
グラハム 「俺吊りで良いよ」
雨宮蓮 「グラしもラン」
古手梨花 「ナズーリンがハム狼説否定するなら、しもんきん吊って、明日が来るならナズーリンを問答無用で吊ってグラハム真でもナズーリン真でも勝ち!はありますね」
しもんきん 「なのでころちて☆」
グラハム 「ナズーリンをやっぱ俺殴れないし」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
ボンドルド0 票投票先 →しもんきん
ナズーリン2 票投票先 →しもんきん
古手梨花0 票投票先 →グラハム
しもんきん2 票投票先 →ナズーリン
雨宮蓮0 票投票先 →グラハム
グラハム2 票投票先 →ナズーリン
7 日目 (2 回目)
ボンドルド0 票投票先 →グラハム
ナズーリン2 票投票先 →グラハム
古手梨花0 票投票先 →しもんきん
しもんきん1 票投票先 →ナズーリン
雨宮蓮0 票投票先 →グラハム
グラハム3 票投票先 →ナズーリン
グラハム は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
雨宮蓮 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
グラハムさんの遺言 占い師… そう、俺の職業は占い師…!!
こういったオカルトなことは全く信じていないんだがオカルト以上にオカルトな野郎も最近見かけたことだしこういった職業も
きっと世界を回しているんだなと納得しながら俺は職務を全うしていたわけだ
真面目だ… 真面目な男だった俺は…。
雨宮蓮さんの遺言 ナズにベットだ
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
しもんきん 「は?

殴りたくないんだけど


どうして僕をそんなに困らせたいの?」
ナズーリン 「占いCO しもんきん●」
ボンドルド 「ナズーリンさん真であるのか、
それともナズーリンさんLWかというところですね」
ナズーリン 「理由なんかない(①日ぶり二回目の理由)」
古手梨花 「うーん昨日大分悩みましたけど結論でなくてとりあえず明日に行けそうなら~って感じで決めちゃったのです」
ボンドルド 「ナズーリンさん、
なんでしもんきんさんから投票を変えたんですか?」
ナズーリン 「村がブレる構成とも思えないけど(対抗、狼からナズーリン投票)
まあ事故がある前にさっさとケリつけたらいいよねって投票」
しもんきん 「ナズーリンのそもそもの狩人への票がおかしい」
ボンドルド 「あなた視点でグラハム狂人以外ないのでしょう。
一体誰の何に影響されて「LWから狂人に投票変え」をしたのでしょう?」
古手梨花 「まぁ凄い今更ですけど両偽ナズ狂ボンドルド狼ーとかも理論上はありますね、だからどうという感じですけれど」
ナズーリン 「きみも変えてただろ→投票
一応占い理由まったく書く必要なかったから超過時間に書いておいたが」
しもんきん 「ナズーリン視点ならカナリアよりクマは対抗の○なんだからそっちつればいいんじゃないの?」
古手梨花 「狩人といえばクマ狐で銃殺なら結構ありっちゃありますが」
ボンドルド 「私はしもんきんかグラハムか、どちらかを選ぶ村人であるからです。
しかしあなたは「占い師」を名乗っているなら「占い師」としての行動を取らなければなりません>ナズーリンさん」
ナズーリン 「理由は?
クマ人外であの出方するなら狂人、または真なんで空か金糸雀の二択だけど」
しもんきん 「そもそもグラハム狂人なら僕はやる夫やオルカとかまねーよ」
ボンドルド 「そういえばクマさんは噛まれ死亡してましたっけ。」
しもんきん 「なんで昨日俺を吊らなかったのか」
ナズーリン 「クマ狐であの出方できりゅう?ってキはしなくもない>古手」
ボンドルド 「ただ、私自身もLWあるならグラハムだろうと思っていましたので
少し考えさせてください。」
古手梨花 「まぁそれもそうですね、ならナズ真かつグラハム狼ならクマ真or狂ですね」
ボンドルド 「梨花LWであるなら、もう手の施しようはありませんからね」
ナズーリン 「しもんきんとグラハムで②票、村も②票ずつで割れてたからひゃあこれ事故の前に投票しよって怖くなった>しもんきん」
ボンドルド 「それを言うなら私LWもありえるところですが」
古手梨花 「その場合、クマをあの日に噛むのは一応保険を賭けてって感じになりますかね」
しもんきん 「ナズLwで吊られるの恐れたからでしょ」
ナズーリン 「よく考えたら二人から票をもらうとかあたりまえだったけど一瞬焦るのは仕方ないよな。」
しもんきん 「俺に吊られる恐怖はないぞ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
8 日目 (1 回目)
ボンドルド0 票投票先 →ナズーリン
ナズーリン2 票投票先 →しもんきん
古手梨花0 票投票先 →しもんきん
しもんきん2 票投票先 →ナズーリン
8 日目 (2 回目)
ボンドルド0 票投票先 →しもんきん
ナズーリン1 票投票先 →しもんきん
古手梨花0 票投票先 →しもんきん
しもんきん3 票投票先 →ナズーリン
しもんきん は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ボンドルド は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ボンドルドさんの遺言 さぁお往きなさい。
あなた方の旅路に祝福と呪いを。
村人COです

初日占い
ナズーリン狂人、
グラハム、空、鈴鹿御前狼
クマと金糸雀さんとで狩人か狐、といったところですかね。

狼にはクマーをどうにかしてくれないといけませんね。
しもんきんさんの遺言 グラハムさんあなた真ですよね・・・?
狂人じゃないですよね・・・?
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2018/08/20 (Mon) 22:47:00
しもんきん 「お疲れさま」
ナズーリン 「おつかれさまでした」
クマ 「おつかれさまクマー」
鈴仙 「お疲れ様です」
やる夫 「お疲れだお」
つば九郎 「おつかれさま」
セイレーン 「お疲れ様」
古手梨花 「お疲れ様なのです」
「お疲れ様、まさかの狂人がおったよ>ナズ」
鈴鹿御前 「お疲れ様っしょ!
狼陣営はおめでとー!」
突っ込みGM 「お疲れ様ですよ!」
ナズーリン 「おのれでっていう」
雨宮蓮 「鈴鹿>まぁ狩り3人なら処理していかないとどうあれ、無理だしなぁ」
セイレーン 「まぁ信用とるのは難しいわな。ハムRPに理由かっ飛ばしもあるし」
しもんきん 「なんで僕からつっていただけないのですか!」
グラハム 「ああ、ある人にとっては悲しい、唯ある人にとってはめでたい話をしよう…
狼陣営はおめでとう!」
突っ込みGM 「初日に狼が吊られても狼は勝てる!勝てるんですよ!!!」
ボンドルド 「なんと……これはグラハムさんに申し訳ないですね」
雨宮蓮 「お疲れ様
狼陣営はお見事」
ナズーリン 「よくわからんからおっさん噛んで古手お持ち帰りとか思ってたら狂人だった」
でっていう 「お疲れっていうwwww
いやぁ俺様の完璧なプランニング通りには行かなかったが
霊界にはでっていうハーレム王国を作っておいたから男以外は是非是非来てくれっていうwwww」
古手梨花 「4d空囲いつつ出た方が良かったのかなぁと結果を見てからは言えますが、でもそれしてボクが下手に信頼取るとナズーリン死なせるルートに入りますよね」
「狩人COせず、そのまま吊れると呪殺出てゲームセットだったな」
突っ込みGM 「まあ下界視点割と嫌な雰囲気出てましたからね
なんか両偽見る人がやたらいたりいなかったり
その時点でめんどくせー感じマッハだったと思いますよ」
ナズーリン 「◇でっていう 「お疲れっていうwwww
いやぁ俺様の完璧なプランニング通りには行かなかったが
霊界にはでっていうハーレム王国を作っておいたから男以外は是非是非来てくれっていうwwww」

でっていうへの最後の供物はよくわからないおっさんを選びました。
チンして食べてね。なず」
でっていう 「虎は自分の子供を崖に落とすんだぞ?っていうwwww>ナズーリン
だがでっていうwwwww」
ボンドルド 「本当に占いローラーしておけばよかったとは……
自分を貫けずに負けるのは悔しいですね」
突っ込みGM 「でっていうさんは霊界で女がほしいって何度も狼仲間に叫んでいたのに……」
つば九郎 「とくにいうことなすしおばらなのでじんぐうへかえる
おつかれさまー。ににん」
クマ 「ギリギリだったと思うクマー
状況的に共有しか噛んでこないクマーと思った頃に狩人2COで出るしかなかったクマー」
「狩人目で噛んでたんだけど、空振りでくまったもんだったわ」
でっていう 「俺様の子供がナズなら俺様の嫁は梨花ちゃんだなっていうwwwらーぶらーぶっていうwww」
雨宮蓮 「ボンボルト>六人での決め打ちを選ばなかったのは悪かった
まぁ俺の好みみたいなもんだ」
ボンドルド 「金糸雀さん狐で狩人COあそこで出る、というのが自滅にしか見えなかったせいで
あれをグラハムさんの偽要素と捉えてしまった。凡ミスでした」
突っ込みGM 「でも狩3COのおかげで割と吊り稼ぎというか
ルート固定された感ありますからねえ」
古手梨花 「ナズがしも●投げた時点で狂視点ナズ狼が確定してて、かつあの時点からずっとナズは信頼負けそうな側(私の主観)だから狂が表に出る選択肢はないのです、みー」
鈴鹿御前 「でっていう吊り、脅威と見られて●を打たれる
私は超絶な村人だったんじゃ?」
でっていう 「好みのビッグボインが少ない村だったが許してやるっていうwww>GM
今度はもっと揃えてこいよっていうwwww」
「コルケアの運命さ>鈴鹿」
しもんきん 「さっさと僕をつればよかったんですよ!」
ナズーリン 「せやで>御膳」
クマ 「せやな>鈴鹿」
突っ込みGM 「僕がよんでるわけじゃねーから!!
っていうかナズーリンさんと古手梨花さんの将来性に期待してくださいよそこは!!」
鈴鹿御前 「文殊智剣大神通!>空」
ボンドルド 「最終日に梨花さんから妙な気配を感じて「梨花LWもありえるなぁ」と
思考停止してしまった部分もありましたね。
梨花さんがしもんきん投票し続けたのは狂人だからですか……」
でっていう 「将来性…将来性……?
明日って今さ!っていうwww」
しもんきん 「最終日になった時点で最初の発言だけしてもうしゃべるのやめようかなとおもってた」
クマ 「それじゃおつかれさまクマー
鈴仙護衛でいいところ行ったのにクマー」
鈴鹿御前 「やったし!>ナズ」
突っ込みGM 「それでは僕は終了報告してきますんで

またのお越しを!!」
鈴仙 「私としてはやっぱり兎は食べられる運命なのかと悲しむぐらいでしょうか」
しもんきん 「吊れっていって吊らないならもう話すの意味ないし」
鈴鹿御前 「それじゃお疲れ様だし!
村建て同村感謝感謝!」
ボンドルド 「>しもんきんさん
申し訳ありません。
ナズーリンが真か偽か、というところで
ナズーリン視点狩人3CO狂人がいても成立するだろうという可能性とか、
梨花さんのしもんきんさん投票でぶらされてしまった部分もありました。」
グラハム 「…なんか別に人外狂人しか占ってない占い師もいるんだから気にしなくてもええんやで
とか色々喋ろうと思ったがRP崩れるのでやめておくことにしよう!
そう、大人の話! 着ぐるみの中身は出さないのは姉ちゃんに厳しく言われたことだ!
シャフトを吊るすことで勝ちの快感を得ることにするぞ!キュッキュッキュッキュッキュッキュッキュッキュっと。

忘れてた同村村建てありがとう眼鏡! さようなら!」
鈴仙 「ではお疲れ様でした」
「そんじゃーお疲れ様!」
セイレーン 「占いきりが遅すぎたなぁ」
しもんきん 「俺をつらなかった村は後悔しろとまで思ってたぞ!本気で!」
しもんきん 「だからころちて☆」
セイレーン 「あれだね。共有苦手だからって進行を委ねて推理構築ばっかやってちゃダメだね」
ボンドルド 「私は投票したんですが、残念ながら初手で殺せなかったもので。」
でっていう 「じゃお疲れ~っていうwww&村建て感謝
赤帯Azs!」
ナズーリン 「グラハム吊って言い訳したほうがよさそうだったので」
ボンドルド 「グラハムさんが私◯を出したところで、グラハムさん真をもっと見るべきでした。
純粋な判断ミスでしたね」
しもんきん 「なぜ僕をレモン搾り機に投入していただけなかったのですか!
継続投票すれば絞ってもらえたのに! >ボンドルド」
セイレーン 「ナズ狼が全体の流れとしてしっくり来るんだからナズをとっとと吊ってしまうべきだったなぁ」
雨宮蓮 「しもんきん>それは流石に良くない>残す方が悪い」
古手梨花 「6人の日はしもんきん吊って明日ナズ吊りって決めれば確実だよ!ほら!とかどうにか引き分けを……引き分けを……と願うのに必死だったのです」
ボンドルド 「>しもんきんさん
共有のグラハム投票に従ってしまい。
まぁ私がグラハム吊りを言ったわけですけどね。
ただそれはローラー前提で言うべきでした。そこも私の矛盾でしょう」
しもんきん 「ナズ視点グラ狂濃厚なんだから僕つってくれたほうがグラ真みやすいでしょ? >雨宮」
古手梨花 「まぁボンドルド○の日はグラハム偽なら●出る可能性が高いとこですね」
ボンドルド 「グラハム投票したなら心を決めてナズーリン吊りを貫くべきだった。
それをできなかった私が不甲斐ない限りですね……」
しもんきん 「それに僕のこると占い師とそこの●で戦うことになるんだけど」
雨宮蓮 「ナズ視点グラ狂は狩り真狼狐
そこまでセットで言えるかどうかで
しもんきんが村説得できなかったのを村が悪いは言い過ぎじゃないか?」
セイレーン 「ああ、鈴鹿の中身ケさんか。抜群の吸引力・・・」
ボンドルド 「終盤2回の吊り、間違いなく梨花さんに影響されてしまった部分もあったので
潜伏狂人にしてやられた感覚もありますね」
しもんきん 「吊れといってもつらなかったしそのこともいったんですが・・・」
セイレーン 「一言だけ言うなら
負けたから自分を振り返るんであって
他人に責を求めたらどっちも良い気はしなくなる。」
雨宮蓮 「しもんきん>説得できなかったのは自分だろ
グラハムにも最後戦うよう説得したのか?」
ボンドルド 「しもんきんさんを信じるべきでした。愛が、足りなかったのです。
ではそろそろ御暇しましょう。
村建てありがとうございます。参加者もお疲れ様でした。
また別の世界で会いましょう。
狼たちの旅路に祝福と、呪いがありますように。」
しもんきん 「じつり発言はその前からもいってるからつってくれるとおもってたんすよ
まったく取り合ってもらえてなかったとは思ってなかった」
古手梨花 「まー狩真狂狐自体はないことないですよ、その場合セイレーン噛みはあのタイミングで挟まらない可能性が高いですけど、村陣営がそのことを言おうとした気配はないのでノーカン」
雨宮蓮 「俺は最初に言ったはずだ
最後、どちらが戦いたいかと
それでどちらも自分吊りを言うのなら、ああいう選択を俺はとった>しもんきん」
しもんきん 「であそこまで往って吊ってもらえないのはもう俺の技量じゃ無理無理よ
正直グラハムとのランでももう勝ち目ないとおもってたし」
雨宮蓮 「ナズ真決め打ちならローラーする訳ないだろ」
雨宮蓮 「間違えた、ランだ」
古手梨花 「なのでしもんきんの自吊りが実現したから高確率で勝てる!かはまぁまた別の話にはなりますが」
雨宮蓮 「実際ボンボルドはロラを打ち出していたんだから
グラハム吊りならボンボルド味方につける路線もあったんじゃないか?」
古手梨花 「しもんきんの立場だった時に、じゃあ説得するのに何が必要だったの?と考えるなら、
他の人達がどういう内訳の間で揺れているのかを確認して、
(ナズ真の時にハム狂説が大勢を占めるようなら)『それなら俺が今日吊られるから~』と続ける、みたいな会話が必要だったのではないですかね」
古手梨花 「そこまでをたまたま●を打たれただけの1個人に求めるなというのもありますし、
説得できなかったのが悪いと言う気は毛頭ないのです。

+αするならこういう感じだと思うよ、というログ向けの話でしょうか、みぃ」
雨宮蓮 「その辺りはそうだな>梨花」
古手梨花 「ではではお疲れ様でした。狼さん達は勝ってくれてありがとありがとなのです。」
雨宮蓮 「しもんきん>そういう動きができなかった事を責めてるんじゃない
ただ、残した奴等が悪い、とばかりも言い切れないって話だ
責められてるように感じたのなら悪い」
セイレーン 「まぁこのゲームしかり、どの遊びもしかり
「ここで(自分が)ああしておけば」で止めとくのが一番健全に楽しめる
「ここで他の人がこうしなかったから」まで進むとそれが複数人であっても個人であっても良い終わり方にはならにゃーでね
もっと肩の力抜いて楽しんでいいんだから。んじゃおつかれ」
しもんきん 「え、俺悪いなんていってなくねぇ?」
しもんきん 「死ななかったときもうやだあああああああああみたいにはなってたけど」
雨宮蓮 「俺吊らなかったの後悔しろとまで思ったって言ってそれ言うのか……」
しもんきん 「だってあっこでグラハムつったら俺じゃ勝てないし・・・・」
雨宮蓮 「そういう意図無いならいいが
それ言ってからボンボルドに詰め寄ると俺は悪くぬぇ!吊らなかった村が悪い!
って言ってるように見える>しもんきん」
ボンドルド 「しもんきんさんと梨花さん狼に見えなかったから、
ナズーリングラハムの占いロラで終わるのでは?と思ってた部分ありましたね
ああ、自分を穿けばよかった……」
しもんきん 「俺は悪くねえ!とはネタではおもってるよ
俺初日からめっちゃカナリアとかから疑われたし
グラハムが陣外の場合の囲い位置って俺ぴったりだし」
しもんきん 「そもそも俺がのこされるとおもってないから説得とか考えてないし(クソザコ
即つってっていったから(」
雨宮蓮 「金糸雀はもうあの時死んでたしなぁ」
雨宮蓮 「まぁ、他人が悪いって思ってないならそれでいいさ>俺は悪くない」
しもんきん 「もともと疑われぎみ+自分が占い位置としては微妙だったし」
しもんきん 「割と自己完結して自分つられるのがいいと思ってた分
殴りあう要素を多くもってなかったんで」
しもんきん 「もっと場を見てグラハム狂目なのをいえばよかったんですよねー」
しもんきん 「ログみたら俺頭おかしなこといってるし・・・・」
雨宮蓮 「ボンボルトは占いローラー推奨してたりしてたからな
決め打つならナズ吊りに寄ってたから
なら俺はグラハム吊りの方がボンボルト的にもいいだろうという判断だった」
しもんきん 「◇しもんきん 「空さんが狂人ならわたしが狼の場合やる夫さん噛む必要は・・・?」 」
雨宮蓮 「両偽でしもんきんorハム吊りで負けるなら俺が悪い、で」
しもんきん 「空さんじゃなくてグラハムのこといってるつもりでこれだしなぁ」
雨宮蓮 「やる夫噛みに関してはナズ狼目で見てたよ
やる夫噛みのタイミングで真が呪殺出しても俺がやる夫占ってくれないかな(チラッチラッ)してたって理由で対応できるから」
しもんきん 「占いローラーだとグラハムから吊ることになるだろうし
そうなると俺としてきついからなぁ・・・」
しもんきん 「まじすか」
雨宮蓮 「しもんきんが思ってるよりも
共有二人はナズ疑ってたよ」
雨宮蓮 「ログを見てみるといい>しもんきん」
しもんきん 「俺は村の多数はナズ真つよめの真狼で
グラハムが狂つよめの真狂でみられてるとおもってた」
雨宮蓮 「多数って意味ならそうじゃないか?
だから俺は呪殺出るのに賭けてギリギリまで引き延ばしたし」
しもんきん 「ナズへの殴りより自分吊りのほうがナズへのダメージでかいと思ったんだけどうーん」
雨宮蓮 「その辺りの手法は梨花も口にしてるし
後で読み返してみるといいさ」
しもんきん 「両偽の場合もう勝てないから雨宮さんの言うとおりソコ考えてる場合じゃないですよね・・・」
雨宮蓮 「両偽でLwなら、ハム吊りからナズ吊りがしもんきんの勝ち筋だしな」
雨宮蓮 「それじゃ落ちるわ
お疲れ様
GMは村ありがとうな」
雨宮蓮 「それじゃ落ちるわ
お疲れ様
GMは村ありがとうな」
しもんきん 「狩3でならじつりよりナズ吊りアピのほうが効果的だったんかなぁ」
しもんきん 「俺の黒の次点でグラ真しか勝ちスジ無くなりそうだからそこで軌道修正すべきか?」
しもんきん 「それ以前に鈴鹿の言うとおり狂人残りを考えてナズとグラハムの指定かラン主張か?
グラハム真なのか狂なのかでそっち頭まわってなかったし」
しもんきん 「でもよそ視点だと俺とグラハムのナズへの2票くるのわかってるし無理か」
しもんきん 「やっぱあのときの俺とナズのラン主張になるんかな?もしくは翌日のそれ」
しもんきん 「突然死という択わすれてたわ アカンけど(
じつりから起動修正するの俺には無理そうかなこれは」
しもんきん 「お疲れさま
村たて同村ありがとー
またね」