←戻る
【紅3756】やる夫達の普通村 [6851番地]
~いつも楽しく~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
icon 身代わり君
(生存中)
icon 真紅
(生存中)
icon 水銀燈
(生存中)
icon 雪華綺晶
(生存中)
icon 蒼星石
(生存中)
icon 金糸雀
(生存中)
icon ジークフリート
(生存中)
icon 薔薇水晶
(生存中)
icon くんくん
(生存中)
icon コナー
(生存中)
icon ところ天の助
(生存中)
icon M教授
(生存中)
icon 雛苺
(生存中)
icon フランドール
(生存中)
icon 運営
(生存中)
icon 翠星石
(生存中)
icon メディスン
(生存中)
村作成:2018/09/14 (Fri) 21:00:30
kari が村の集会場にやってきました
kari 「【禁止事項】
 村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼COを除く)
 人外の村人騙り騙り(狼、狂人、狐問わず、役職CO後からの撤回村人COの禁止、村人騙り禁止であるため)
 システムメッセージのコピーペースト
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ

【準禁止事項】
 昼の初心者CO、初心者騙り
 狼の超過前噛み(狼側が諦めた場合は許可)

【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
 投票延長は1日1度まで 遅れる場合は名指しで警告します。遅くとも2:00過ぎまでには投票しましょう。

【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【初心者の方へ】
 ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/
 ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼・共有の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → 真紅
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 5387 (真紅・6)」
真紅 「入村どうぞ、9時30開始予定なのだわー」
かりのな が村の集会場にやってきました
真紅 「いらっしゃいなのだわー!」
かりのな 「かりのな さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりのな → 水銀燈
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 4540 (水銀燈 7)」
水銀燈 「こんばんは」
雪華綺晶 が村の集会場にやってきました
雪華綺晶 「よろしくお願いしますわ」
真紅 「だわわ!」
真紅 「これはまさかの古のローゼンメイデン村がありえるのだわ?」
蒼星石 が村の集会場にやってきました
蒼星石 「よろしく頼むよ。」
真紅 「いらっしゃーい!なのだわ!」
真紅 「まだ時間はあるからのんびりまつのだわ」
雪華綺晶 「この最上段が全員蒼薔薇のお姉様からローザミスティカを一度は抜いてる件に関して」
蒼星石 「お茶でも飲んで待って八日。」
金糸雀 が村の集会場にやってきました
蒼星石 「ろくでもないね>雪華」
ジークフリート が村の集会場にやってきました
金糸雀 「楽してずるしてよろしくかしらー!」
ジークフリート 「すまない、空気が読めなくてすまない」
真紅 「ぶれないのが流石なのだわ!>ジークフリート」
蒼星石 「そしてこういう時いないのが翠星石だってのもある。」
雪華綺晶 「蒼薔薇のお姉様>ローゼンメイデンという作品が蒼星石に厳しい風潮があるかと
ゼロでも片眼奪われましたし」
ジークフリート 「というか、ドールズだけで17人村埋まらなく無いか?」
薔薇水晶 が村の集会場にやってきました
薔薇水晶 「こんばんはを告げにきました」
雪華綺晶 「雛莓も思い出してあげてくださいまし」
金糸雀 「少人数村かしら!>ジーク」
蒼星石 「埋まらなくても勢ぞろいしたら面白いね。」
真紅 「年少枠はゆるされるのだわ!姉よりすぐれた妹などいるはずがないのだから」
雪華綺晶 「ジークフリート>番外まで含めれば10人ぐらいはいけますわ」
くんくん が村の集会場にやってきました
金糸雀 「年長者を敬うべきかしらー>真紅」
くんくん 「私の名前はくんくん。
しがない探偵さ。」
雪華綺晶 「紅薔薇のお姉様>その理論ですと黒薔薇のお姉様が一番ですし
黄薔薇のお姉様にすら敵わなくなりますが」
薔薇水晶 「あれは探偵くんくん! 実際に存在していたのか…」
真紅 「くんくん!」
ジークフリート 「くんくんもドールズなのか……?
ぬいぐるみ?」
雪華綺晶 「これが噂のくんくん君」
真紅 「別にRP固定じゃないからそこは大丈夫なのだわー>入村希望者」
薔薇水晶 「私はどういう立場になるんだろう
義理の妹?」
真紅 「夜中になると目が光るとかなかったっけなのだわ」
雪華綺晶 「作中作の人形ですわ>ジークフリート」
コナー が村の集会場にやってきました
くんくん 「何、しがない探偵だよ>ジークフリート」
真紅 「いらっしゃーい!」
コナー 「私はコナー、サイバーライフのアンドロイドです。」
雪華綺晶 「薔薇水晶>偽妹、ないし義妹?」
蒼星石 「僕達はたまに興に乗っただけだからね」
コナー 「随分と他社製のアンドロイドが多いですね。」
薔薇水晶 「だれうま>きらきー」
ところ天の助 が村の集会場にやってきました
くんくん 「そしてお久しぶりですねフロイライン達
皆の活躍を草葉の陰から見守らせていただいていたよ」
ところ天の助 「ふはははは!ところてん食べろ!」
真紅 「ところ天きたーなのだわ!」
雪華綺晶 「薔薇水晶>何かのスレで見たのですよね偽妹呼び」
コナー 「ブルーブラッドではないみたいですね」
薔薇水晶 「今や時代は美少女型
コナー君はもはや型落ちだよ」
雪華綺晶 「私の中のゴーストが囁くのですわ」
蒼星石 「後は翠星石と雛苺だけど、まあいなくてもいいんじゃないか」
真紅 「扱いが雑ぅ!>いなくても」
ところ天の助 「命懸けなんかに巻き込まれるなら返品いいっすか?>薔薇水晶」
M教授 が村の集会場にやってきました
真紅 「いらっしゃーい!」
コナー 「日本企業の最新型というわけですか。 >薔薇水晶さん
まるで生きているようですね。」
蒼星石 「やかましいからね」
薔薇水晶 「まきますか? ▶ YES   はい」
M教授 「名探偵が居ると聞いてやってきたよ。
ま、ホームズ以外の名探偵にこの私が倒せるとは、思えんがね」
ところ天の助 「ドM教授!
何しに来たんですか!」
くんくん 「皆と共に喜び合いたいものだよ蒼星石君」
M教授 「誰がドMだね、誰が」
くんくん 「君は…新宿で見たような……>M教授」
ジークフリート 「◇M教授 「名探偵が居ると聞いてやってきたよ。
ま、ホームズ以外の名探偵にこの私が倒せるとは、思えんがね」

犯罪予告だな、逮捕しよう」
蒼星石 「それにあの二人は呼んでもなくても来るだろうしね」
雪華綺晶 「M教授!フラン愛がすぎてプリキュアで美少女アンドロイドをつくってしまったM教授!」
ところ天の助 「マスターにボコられて楽しそうにしてる人>ドM教授」
雛苺 が村の集会場にやってきました
雛苺 「よろしくなのー」
M教授 「そういうキミもライヘンバッハ……いや、気のせいか。
さすがに犬はない……え、シャーロック犬になってるの!?」
蒼星石 「ほら。」
金糸雀 「雛と翠星石の分まで私が騒いでやるかしら!>蒼星石
……って、雛はともかく翠星石のことを騒がしいとあなたが言うのはやめてあげるべきじゃない!?」
金糸雀 「とかいったら雛がきたんだけど!」
真紅 「雛苺もいらっしゃいなのだわ、よくきてくれたのだわー」
くんくん 「しかし残念だが貴方はどうやら天の助君や真紅君、水銀燈君と同じカテゴリーに属していそうだよ>プロフェッサーM」
M教授 「誤解だよ竜殺し君。
私は何も犯罪だけで名探偵を倒そうとはしていないとも!」
蒼星石 「事実じゃないか>金糸雀」
雪華綺晶 「M教授>日本の名将宮崎駿監督によってホームズもワトソンも犬に
無論教授も」
コナー 「デトロイト市警だ! >教授」
ところ天の助 「翠はいない。
今度からローゼンメイデンところ天のスケがはじっまるよー!」
くんくん 「よろしくレディ」
フランドール が村の集会場にやってきました
M教授 「ルールー君はアレだよね。
敵だった奴が味方になるとポンコツになる法則。

え、私? ご冗談を!」
フランドール 「やっほー、ドール村って聞いたからきたよー。」
運営 が村の集会場にやってきました
真紅 「大歓迎なのだわー!」
M教授 「マイレディ! マイレディじゃないか!!!>フラン」
ジークフリート 「叩けば前科出てきそうだし見切り逮捕しよう」
運営 「よろしく頼む」
きかり が村の集会場にやってきました
メディスン・メランコリー が村の集会場にやってきました
メディスン・メランコリー 「よろしくね!」
金糸雀 「こういう村で翠星石だけいないってのも珍しいかしら」
雪華綺晶 「ちなみに最上段
プリキュア 疑似プリキュア 敵幹部 ?
となっております」
メディスン・メランコリー 「メディスン・メランコリー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:メディスン・メランコリー → メディスン」
フランドール
                    __
             ,. -''´ ̄下丶:::::`丶、       ,.-z..、
           _/       ,.z>::::::::::`丶、 ./.:.:.:.:.:.:|
         /    ,.-= z - ´二イ;:=、::::::::::::ν'.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
     _    >'´ ̄ /´~`丶ー'-=-ミミ::i::::::2,.-マ、.:_.:.;,;,;.人
      ヽゝ .くz√\_>: :j: :)', ` ヽ、 ヽ 、 ̄攵;:ィ\\.:.:.:.:/
  ヽー-、,.ネ´ヘ∧i :/i :z!-イ‐\   '下T込\ '、 ',`ー=->.ィ'_z、
    `7ン´‐=l ; l !  ハ'__=、 `.、ノZ=ッ.、 }、 .i 代 ̄弋-イ
_,...  v/i.  `つ::〉;' ヽ'、 .|l´なカ`  '´^にワ) リV )j!: '.、\ 'l}、 __
`ー-=ィi:',   ,フ人: :`ャム,,ー.'  ,  `¨、、イ,i l .ヘ ト、: \i<,.:-:ィ    >教授
     ミ'、   ,.イ : : }:、 \、_ i'´ ̄`1   j1イ 八 } : : ',\ネ        あなたが私のパパなの? それなら今すぐ私の口座に1億円振り込んでね!
  ,..ヘ-ゝ\ { i ト:::'、し_,.>_゙ゝ_ ,-'、_イ:::hjトソノノ^i: : '死)、    
. /: :_,.ィ'^\ヾ.、 ハ y´¨`zr'^´'.〈ノマ ゙ }1、ツ'_z-.、_ 亅: : Y: : \
."´~     厶、ッ'´   i:'、   Y´    〕イ    !夂,.イ´}`ー-=:ゝ
         /: :ネ     入>  .l   ,.イ    / '´ ノ,ノ'
        ,': : :入      /  f;  .K.  ,.zィ´/ ,.仏´
      ! : イ >:、ー=:少   付  .i::y=´フ''´,./ウ、 :l
       ’´  .└tー-、/    /:|   .iZ、丈.:.:.:,:イ´ '.、ャ
           |  /     /:::|   i ~ーtモ!
            l ,'    /:::::l     i  /
.             ! !   ,.4::::::|    ! .∧、
           ゝ、_ ,.ィ:::::::::入 _ _ /:::::::ゝ」
真紅 「翠星石は犠牲になったのだわ、犠牲の犠牲に!」
くんくん 「よろしくレディ達」
ところ天の助 「フルネームできやがったぜアイツ…俺から主役を奪う気だな…」
水銀燈 「確かにそうね、なんだかんだと翠星石は居るものだという印象があったわ」
真紅 「それではのんびり準備をはじめてほしいのだわー急がなくても大丈夫ー」
水銀燈 「単純に人気高かったしね、やる夫スレ的には特に」
雪華綺晶 「翠星石は私のお腹の中に置いてきました
お腹が減っていたから」
蒼星石 「いないと寂しいやつだからね」
M教授 「そうとも、フランは私の娘。バーサーカーだし間違いない!!!>フラン

え、1億円?
ちょ、ちょっと待ちたまえ。ええと、手近な銀行は……」
ジークフリート 「これはメディスンがアリスになるに教授の口座全額賭ける」
水銀燈 「ま、一人じゃなんにもできないあの子がいようと居まいと、私にはどうでもいいことだけれど。」
蒼星石 「まあ、いても変わらないけど」
雛苺 「寂しいけどその分楽しむのー」
運営 「よくわからないがちょうど私が緑色だが」
金糸雀 「この蒼星石、翠星石にめっちゃ冷たい!」
きかり 「きかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:きかり → 翠星石
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 347 (翠星石2)」
真紅 「勢揃いなのだわ!(同調圧力」
ところ天の助 「運営、翠になる。」
翠星石 「ほんとにドールズ村ですぅ」
蒼星石 「愛憎はそこそこに持ってるからね。気分的には憎しみモード」
金糸雀 「姉妹別陣営の予感しかしないのかしらー!?」
くんくん 「ヒロインは最後に現れる、ということかな
ようこそレディ」
蒼星石 「うわぁ。本当にきた。」
雪華綺晶 「あら、翠薔薇のお姉様
ジュンとイチャイチャしてるのかと」
ところ天の助 「タスケテ教授!人形に囲われた!」
翠星石 「誰が一人じゃなにもできない子ですか?」
蒼星石 「まぁ……よろしく頼むよ。」
真紅 「翠星石がぷんぷんなのだわw」
水銀燈 「あら。本当のことを言ったまでだけれど。」
翠星石 「今シ終わりましたですぅ>>雪」
蒼星石 「独りぼっちだったから、着たんじゃない?」
真紅 「というわけで楽しく遊ぶのだわー!
かうんとー!」
真紅 「5」
翠星石 「お前溶かしてやるですぅ>>水銀」
M教授 「頑張りたまえ。
なぁに、犯罪には操り人形が必要不可欠なものだよ
>ところてん」
真紅 「4」
真紅 「3」
ところ天の助 「一人ぼっちは寂しいもんな…ところてん食べる?>翠」
蒼星石 「でも、流石にちょっとだけ高揚してるよ。」
真紅 「2」
雪華綺晶 「翠薔薇のお姉様>基本、蒼薔薇のお姉様の翠薔薇のお姉様への当たりってブーメランなんですよね
双子特有の愛憎というか」
真紅 「1」
ところ天の助 「(こいつ、俺を身代わりに…」
真紅 「開始なのだわ!」
ゲーム開始:2018/09/14 (Fri) 21:27:17
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
身代わり君 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
ジークフリート 「おはよう

銀ちゃんが銃殺されて真紅が後追いしているに相違あるまい
俺は詳しいのだ」
M教授 「やぁ、おはよう諸君!
殺人事件が起こったが、なぁに心配はない。
私はこの道のプロだからね。すぐさま事件は解決――

え、何かねキミたち。私は違うぞ!? そんな犯人だなんて」
運営 「おはよう」
真紅 「大人気名探偵、何もかも懐かしい響きなのだわ」
薔薇水晶 「おはようございます」
翠星石 「占い師CO水銀○」
蒼星石 「おはよ」
ところ天の助 「占いCO翠星石○」
コナー 「私は捜査官型アンドロイドです。
対象を調査(占い)することができます。

くんくんは ○」
フランドール 「やっほー」
水銀燈 「おはよう。」
金糸雀 「カナの朝かしらー!皆起きるかしらー!
水銀燈が溶けてない!!」
メディスン 「おはろー」
雛苺 「おはようなの」
雪華綺晶 「その点、私と薔薇水晶は仲良しさんですわ
原作だと接点無さすぎて喧嘩する関係の二次創作が少ないだけとも言いますが」
翠星石 「溶けやがれ、ですぅ」
運営 「私が霊能だ」
コナー 「お隣ですしくんくんさんを占いました
名探偵とのことですので
私も捜査官型アンドロイドとしてお役に立てればと
思います。
ところ天の助 「うらなイイイイイイイイイイ!!!!
ぬるっと来たぜ俺の時代いいいいいいい

初日
まずは翠!貴様だァ!
俺の下にいるとはいい度胸じゃねえか!
銃殺してやるぜぇ!」
薔薇水晶 「占い師の出がはやーいですね
3COですか」
ジークフリート 「ほう、対抗占いが発生と」
真紅 「翠星石が早速偽なんて・・・私悲しいのだわ>水銀燈○」
水銀燈 「幻想に浸って無様に外した気分はどうぉ?>翠星石」
翠星石 「な...なぜ溶けてないのですか!?」
フランドール 「>コナー
くんくん調べた結果、中の人はどんな感じだった?」
運営 「狼を以後ELダイバーと呼称することを許可する」
蒼星石 「3-1の……翠星石占いなのか。」
金糸雀 「ローゼンメイデン、第二ドールさいきょーの共有者かしらー!
初日共有かしらー!!」
薔薇水晶 「天さん視点狂人把握と
共有者もどぞー」
くんくん 「やあおはよう」
メディスン 「運営特権で露骨に霊能者を持って行ったとしてもだが別にうらやましくなんてないもんねー」
真紅 「天の助視点コナーが狼、じゃあ共有でてグレランしましょうかなのだわー」
雛苺 「もう何年前の話になるってことと思うの」
蒼星石 「別陣営だったら、容赦なく切り捨てるんだけど、どうかな?」
ところ天の助 「デデーン、コナー君が狼狐だそうです。
翠と交換しろよ役職。」
コナー 「中に人はいませんよ( >フランドールさん」
ジークフリート 「翠星石も寒天石も占い理由殺意しかないのだなw」
雪華綺晶 「蒼薔薇のお姉様より溶かしにいくのを優先
この二人早くなんとかしないと」
M教授 「あ、コナー君も捜査側なの?
え、私大ピンチじゃないかい?
もう少し犯罪者とか居てもいいんだよ?」
水銀燈 「一人だというのにあんなにも騒がしいなんて。周りの迷惑というものを考えなさい。>金糸雀」
蒼星石 「哀しいこというね、金糸雀」
薔薇水晶 「一番悲しい奴ですね>姿似てるのに原作で接点が少なすぎる」
真紅 「大変薄い確率だけど翠星石が真のときはまだドールズ全員村側の
可能性がのこってるのだわ!大変薄い確率だけど!」
くんくん 「私はしがない探偵さ>フラン君」
金糸雀 「か、カナの頑張りが否定されたのかしらー!?>水銀燈」
フランドール 「うわー、初日共有とかマジかー。
わりと真贋付きの可能性が普通よりある状態だし、明日占い死んでたらきっついよね。」
メディスン 「水銀燈を占って銃殺が出ても銃殺対応されるに決まっているから初日は見逃すのがツウだったんじゃなかったのか…」
真紅 「笑ったw>殺意しかない」
雪華綺晶 「黄薔薇のお姉様>ぼっちなのですね」
水銀燈 「だって一緒の作品には居ないし‥‥<姿似てるけど~」
ジークフリート 「消去法的にコナーを真に見そうな俺が居る
まぁ、まだ分からんよな」
雛苺 「3-1-1の形になったの
初日共有は3-1だとあまりかなーってとこなの」
金糸雀 「姉妹から哀れみの目が出ているけど気にしないもん!
グレランかしらー!」
翠星石 「あ、はい>>金糸雀ぼっち」
フランドール 「>真紅
全員しれっと吊り殺して私がアリスになる、とか言い出さないの?」
蒼星石 「翠と水銀が一緒の陣営だと思う?>真紅」
M教授 「というか、君たち原作からして全員別陣営でないかね?
生きる事は戦う事なのだろう>ドールズ」
ところ天の助 「1つ聞こう、ジーク
糞高い値段が売られていく奴らと200円でも売れない俺。
憎むべきは奴らだ!」
蒼星石 「ボクはそう思わない。」
真紅 「初日共有は3昼死体なしなら一気に村側傾くしまだ不利と嘆く必要もないのだわ!
前向きポジティブシンキング!」
金糸雀 「ぼっちじゃないもん!身代わりくんが一緒だもん!!>雪華綺晶」
金糸雀 「姉妹揃ってカナのことを哀れみの目で見るのはやめるかしらー!?」
蒼星石 「哀しいかな、これがドールの宿命だよ。」
水銀燈 「そこに名だたる犯罪者が居るというのに啀み合いとは見苦しいわね。」
真紅 「それ以上はやめろくださいなのだわ!
建前でも信じてあげることは大事なことなのだわ!>蒼星石」
運営 「対抗に○もらった占いのほうが真っぽくないか?>ジーク」
薔薇水晶 「初日に溶けると評判が高いのは真紅と水銀燈どっちでしたっけね
もはやドールズ占いが古く感じる今日この頃」
翠星石 「私も思わないので水銀狂人で考えてますぅ>>蒼」
くんくん 「石のように固い想いと柔軟性あふれる知性と現した素晴らしい表現だね>寒天石」
蒼星石 「えっ、そういう立場だろう>金糸雀」
真紅 「私の世界線は平和にできるのだわ(きりっ>フランドール」
M教授 「なるほど。
ピチカート君は早速狼の魔の手にかかってしまったのか……

おのれシャーロック! じゃなかった狼!」
メディスン 「死体と人形ってドラクエ7的な話してるのかな」
金糸雀 「私、お姉さん!お姉さん!>蒼星石」
フランドール 「楽してずるしていただきかしら、と思ってたら、
相方は動かない身代わり君で、一人で自炊することになったカナちゃんマジプリティー。
って教授が言ってた。」
雛苺 「そんなの関係ないかとしか思えないけど
どういう理屈?>運営」
コナー 「うーんこれはまずいですね」
ジークフリート 「>ところ天の助
煮込んで形が分からなくなればいけるのではないか?
人狼ゲーム的に溶けるは禁句か?」
雪華綺晶 「薔薇水晶>薔薇水晶は単なるコピードールではないと桃種先生はおっしゃったんですけどね

ほら、某出版社が問題起こして
アニメ三期なくなって
私の登場が相当遅くなって」
蒼星石 「それだけ時代が経ったということさ>薔薇水晶……新作連載しているけど」
ところ天の助 「え、俺、ローゼンメイデンに出れる…?
マジでやったぜ」
翠星石 「どうせドール全員村なんてありえないので投票ですぅ」
水銀燈 「>教授
別にぃ?どうせ私が勝つに決まっているものぉ。私は水銀燈、全能なるお父様に創造された第一の娘。」
M教授 「あ、寒天いいよネ。
嚥下落ちて来たアラフィフにも優しい食べ物」
真紅 「圧倒的水銀燈なのだわ、私の歴史にそんなものはありえないのだわ!>薔薇水晶」
コナー 「狩人生存確定なのはよいのですが
狩人が私かまれれば天の助破綻で護衛しなさそうです」
ジークフリート 「>運営
だって、銀ちゃん溶けてないし……」
くんくん 「君の世界ではアリスといえばマーガロイド君、だったかな
彼女も素晴らしい人形遣いだとは聞いているよ>フラン君」
蒼星石 「色々あったけどYJの展開は好きだよ」
メディスン 「対抗占い師に〇を投げる占い師が確率的に偽っぽくなるなら分かるよ」
金糸雀 「ラプラスの魔ポジならあいてるかしらー!
契約者ポジには入らないで欲しいのかしら!>天の助」
翠星石 「で落ち枠なきしかしないですう>>天の助」
M教授 「うんうん、素晴らしいねキミ。

ちょっとお父様、もしくはダディって呼んでくれる?
>水銀燈」
雪華綺晶 「金糸雀>可哀想……貴女は…可哀想
と唐突に原作準拠の台詞をブッ込みますわ」
ところ天の助 「高級寒天だから溶けるわけないんだアアアアアアアアア!!!!!!!」
ジークフリート 「>ところ天の助
今日からお前は寒天石だ柔らかい石だぞ」
くんくん 「プロフェッサー、間違えてハポンのモチとやらを食べないよう気を付けたほうがいい」
水銀燈 「その私が私の劣化品でしかないこんな子達を敵視するだなんてありえないわぁ……」
運営 「この世界もブレイクデカールに破壊されてしまった・・」
蒼星石 「可哀想>金糸雀」
翠星石 「たまたま狂人を占いしてることになりますからねえ>メディ」
薔薇水晶 「確かに真紅さんはどちらかと言うと
迷探偵的な活躍の印象が大きいですねぇ」
M教授 「恐ろしいよね、アレ>バリツの国のモチ」
ところ天の助 「俺がアリス…?」
水銀燈 「嫌よ。お父様はお父様だけ。」
フランドール 「そういえば銃殺が溶けるって表現するけども、
それを忠実に再現したら、狐の死体はグロくて仕方ないことになるよね。
まあ私は壊し慣れてるから見慣れてるけど。」
水銀燈 「w」
金糸雀 「泣きたくなるからやめるかしらー!?>ドールズ全員」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
真紅1 票投票先 →メディスン
水銀燈0 票投票先 →薔薇水晶
雪華綺晶2 票投票先 →雛苺
蒼星石1 票投票先 →M教授
金糸雀0 票投票先 →メディスン
ジークフリート1 票投票先 →M教授
薔薇水晶1 票投票先 →フランドール
くんくん0 票投票先 →M教授
コナー0 票投票先 →雪華綺晶
ところ天の助0 票投票先 →M教授
M教授4 票投票先 →メディスン
雛苺2 票投票先 →ジークフリート
フランドール1 票投票先 →雛苺
運営0 票投票先 →雪華綺晶
翠星石0 票投票先 →真紅
メディスン3 票投票先 →蒼星石
M教授 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
金糸雀 「カナの方が狼より吠えてた!!」
フランドール 「パパが死んじゃったので遺産と生命保険は私のものよ!」
雪華綺晶 「これで本当に身代わりが相方なら
金糸雀の独り言の多さが
完全に婚期逃して独り言に慣れてしまった次女のソレで辛いですわ

というか狼が無口すぎるので
もしや一人落ちたのでは?」
運営 「○」
真紅 「早速死体なしなのだわ!」
蒼星石 「お、いいね。」
コナー 「占いCO 水銀燈 ●」
水銀燈 「あら。」
くんくん 「やあ、おはよう」
翠星石 「真紅○」
薔薇水晶 「隙があったら投票してやろうと思い見てましたが
特に義姉様の中に怪しい方はいらっしゃいませんでしたね
むしろ現時点で真紅さんと蒼星石さんは村目で見てます」
メディスン 「M教授みたいな人が真っ先に脱落するのって出オチだよね
もしくは実は生きてたパターンだけどどっちもあのゲームを連想した発言になりました。」
雛苺 「おはようなのー」
ジークフリート 「おはよう

なんということだ、教授が吊られてしまうとは……
これでこの村から(種族的な意味で)まっとうな人間がいなくなってしまったぞ」
ところ天の助 「真紅●」
水銀燈 「ふぅん」
翠星石

真紅は人外ry
ネタ抜きにしてもテンプレ発言のオンパレードな感じがしたからですぅ。
共有初日関連の発言とかもろ稼ぎに見えたら占いですぅ
水銀燈 「なんだかこれめんどうね」
金糸雀 「パンダしかいないのかしらー!?」
コナー 「単芝が気になりました。
対抗の○ですしとりあえずでもいいので
占っておくべきかと」
フランドール 「>金糸雀おねーちゃん
うちの咲夜が近所迷惑な奴って言ってたわ。」
ところ天の助 「2日目
俺がありす…つまり主人公!
なら真紅占いまーす。
主人公は俺だァ!」
ジークフリート 「無残なしか、教授の犠牲は無駄ではなかった?」
雪華綺晶 「狼三人より喋ってた
つまり姦しいのですね」
真紅 「これならコナー真かしらねー。」
金糸雀 「よりによってカナが共有の時にそういう村はやめるかしら!!」
薔薇水晶 「死体が有りませんわね ウフフノフ」
翠星石 「○二つパンダにされるとかなんなんですかあ!?」
雛苺 「早速死体なしはいい出だしなの
ただパンダはどうするか迷うとこなの」
蒼星石 「容赦ないね。このドールズ意外。」
金糸雀 「ちょっとうまいかしらー>雪華綺晶」
水銀燈 「一応金糸雀の指示を問うわぁ。」
運営 「翠星石君はあまり指定してほしくないな」
ところ天の助 「やっぱり主人公(笑)じゃないか」
ジークフリート 「ええ……運命はどうあっても真紅と銀ちゃんに牙をむくのか……」
メディスン 「死体なしもあって●あるんだから全然面倒でも何でもないと思うの」
真紅 「CO自体はないわ、水銀燈狩人の可能性もあるからつるなら構わないのだわ」
コナー 「平和なのはいいですね」
運営 「じゃない、水銀燈君」
蒼星石 「金糸雀。やかましい鳴りの指示を頼むよ。」
水銀燈 「へぇ、さらっと吊られるんだ」
薔薇水晶 「パンダを吊るのならば、水銀燈お姉様の方にCO聞きたいですかね 私は」
フランドール 「だいたいにおいて今日占いGJでーの、昨日真贋ついてなくても今日でほぼついた形。
なんで狂GJとかだったらスライド噛みされるんじゃないかな、ぐらいの感想かな。」
真紅 「ところ天が発言よかっただけに、そこが偽とわかるのは嬉しいことだけど」
メディスン 「●撃たれた側ならなおさら分かりやすくなってるんじゃないかな」
運営 「水銀燈君●は翠星石君で護衛成功が出たから、の場合がある」
金糸雀 「なるほどかしらー」
雪華綺晶 「金糸雀>霊結果次第では言えないなぁとかちょっとドキドキしてました」
翠星石 「私GJなら狩人さん、守ってくださいとしか言えないですぅ」
薔薇水晶 「('ω')ナントモイエナイカオ」
真紅 「死体なしの状態だし、ところ天破綻が見れる可能性も考えると
私吊りは十分ありなのだわー!」
雛苺 「あら、さくっとそうなるのか」
くんくん 「これは少しだけややこしい事態だね
真紅君にはご退場頂いて結果から明日の吊り先を決めるのがいい気がするが…」
水銀燈 「ちなみに昨日の最後のはところ天の最後の俺がアリス……が面白くてつい出ちゃったものね」
ジークフリート 「この露骨な翠星石の○潰し」
コナー 「私としては水銀燈さんのほうを先につっていただきたいのですが」
金糸雀 「やかましい鳴りの指示とは失礼かしら!
そうね、真紅吊り……真紅吊り……うーん……狩GJ出ているからそうかしらー」
水銀燈 「あれこれひょっとして翠星石真なのかしら」
ジークフリート 「>運営
では真紅にCOを聞くのか?」
真紅 「多分この3人の占いだとコナーとところ天が信用どっこいなところも
あるし、そういう意味で村への援護射撃とおもえば吊りぐらいどってことないのだわ」
薔薇水晶 「狩人の活躍に期待しましょう
次号へ続く」
蒼星石 「占い噛みが濃厚だというなら、まぁ結果わかるだろうし。」
メディスン 「吊られたがってるやつ吊ってもそんなに面白くはないんだけど
これどっち吊っても翠星石の●だしじゃあ真紅がそういうならそっちでいいんじゃないの」
金糸雀 「真紅、吊られてくれるかしら
今日は水銀燈のCOは聞かないかしら、明日以降聞く可能性はあるかもと言っておくわ!」
雪華綺晶 「ちなみに紅薔薇のお姉様の名を悪名高くしたオーベルテューレ
最初副題を紅い悪魔にしたかったらしいですよ>監督が」
翠星石 「こうなるとほぼ明日私死体だと思うので、噛まれてたら癪ですが水銀○でおいてくださいね」
ところ天の助 「コナー狼狐だからあんまりそこ吊りは微妙なんだよなあ。
一応狼狐当たってる可能性あんだけど」
真紅 「了解!トランザムなのだわ!」
メディスン 「翠星石の〇だし
〇も●もまるでへんかんしているからこういうことになってしまう…」
水銀燈 「翠星石真仮定、無難に●引けそうなのはまぁメディスンあたりだけれど○の時に結構まずいことになるやつなので」
翠星石 「ほんっとうに癪ですが水銀○なのでぇ」
金糸雀 「トランザムはやめるのかしらー!?」
フランドール 「結局のところ明日次第じゃないの?
どこ噛まれてるかー、がわからないと推理なんて何にも進まないよ。」
ジークフリート 「真紅、トランザムは使うなよ!!」
くんくん 「ところ天君の信用から言えば真紅君狼はありそうだね」
真紅 「ただ、そうはいったものの、私の内心の印象は圧倒的にコナーなのだけど」
雛苺 「正直そこまで考えてはなかったけどね。
フランドール占いが一人はあるかなーってなんとなく思ってたけど」
ところ天の助 「俺の発言よかったって俺がアリスってことか(真顔」
運営 「明日は破綻した占い吊りでいいんじゃないか
占い護衛成功しただろうし明日私噛んでる暇もあるまい」
蒼星石 「この○乱舞で、真狂はっきりわかるだろうし、狼側も。いずれにせよ、明日。」
メディスン 「死体なしあるのに自分で護衛成功が出てるとは思わないなんて弱気だよね」
ジークフリート 「>翠星石
真紅も(お前の○)だろ!!」
薔薇水晶 「ほえー 自分護衛GJは見ない方向性なのですね>翠星石様」
コナー 「はっきり言いますがこれでどちらかが破綻してももう一人は破綻しないので
僕としてはあまりいい吊りではないとはいっておきます」
雪華綺晶 「トランザム……ビルドダイバー
うっ、頭が」
水銀燈 「見た目雛苺か雪華綺晶に色をつけておくと見やすくなるかな、と思うわ>翠星石」
蒼星石 「じゃあね、真紅。主人公のたいじょうだ」
メディスン 「弁護士はピンチの時こそふてぶてしく笑うものだってナルホド君だって言ってるのに」
水銀燈 「ところ天はまぁ自分で頑張ってね真紅黒見えてるんだし」
真紅 「今日コナーGJなら狩人視点天の助破綻がみえるはずだし、それが一番のぞましいのだわ」
フランドール 「たぶん灰狼は逆説的にそこそこ喋れる人だよ。
教授が落ちたことで、グレランがどうなるか読みづらい場だもん。」
金糸雀 「狩人のGJかあるいは狐平和にしろ1吊りの余裕を無駄にしてはいけないわ
あ、占いはどんどん呪殺は狙っていいかしらー呪殺は吊り数より優先なのかしらー(超過前に言うかしら!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
真紅12 票投票先 →ところ天の助
水銀燈1 票投票先 →真紅
雪華綺晶0 票投票先 →真紅
蒼星石0 票投票先 →真紅
金糸雀0 票投票先 →真紅
ジークフリート0 票投票先 →真紅
薔薇水晶0 票投票先 →真紅
くんくん0 票投票先 →真紅
コナー0 票投票先 →水銀燈
ところ天の助2 票投票先 →真紅
雛苺0 票投票先 →真紅
フランドール0 票投票先 →真紅
運営0 票投票先 →真紅
翠星石0 票投票先 →ところ天の助
メディスン0 票投票先 →真紅
真紅 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
運営 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
運営さんの遺言 キョウヤに個人情報ばらまくと暗に脅されている霊能運営
無能運営っていうんじゃない

どうでもいいけど最終話で宇宙に花咲きそうだよな
真紅さんの遺言
                       r'⌒V´::.::.::`y'::.:::,:`¬、
                  __/⌒::_::j_:_:_::.:::/::.:/::.::/{_r、
                 __r-、/:::/7::; '´     ` <::.:/::/::.:_)
              {f〒う::://:::ノ/ / , '  〃 ,  ヽ/::.::.::{
               〉工{_://厂/ / // // / , / ∨:: ̄::フ
                / /r'::| |::)l| トx'/ // / / / / , !::.::.::r′
            / /:/ハl | ル'芹メ/ /,' / / / / //lー‐〈
              // 〈:/  〈l 川ヾジ  /ノ,厶ニくノ /‐z_/l
            /// /  _リ !|       礼jハ/ ノ::;人/
      , =='′ // / _{::.::/,小、 丶、′ `゙,.イ ハ^ー' |l |
    〃    / ′//: :〉//:::||:::>=、 --<// |l  |〉l
   //    / , ′〃: : ://::.:〃レ行」}::.::/,'/l  |l  l ヽ 楽しくあそぶのだわ!
  _」 {_ / / / : ; : 〈二ニ <:::〉キrく/::.:l |∧ |l  |   \
/ 」 l rv=ニ ̄: : : :/: : r ヱニ>、〕: |〉/:ヽ、_| | : :ヽ|l  |     ヽ
 / ! レ匀: : -‐': :/: : :.≧= \ ̄! : r――-ゝヽ: : :.\ |    \
'′ ヽヽ 弐ヘ、_rく: : : : : :\ ̄::.::.〈: : 匸二ニ=、ノ : : : : `>‐ァ    ト、
`ヽ、 \/: ` ̄`ヽ、: rr=- 〉 ̄T‐': : 仁二フ: ヽ : : : /ヽ}イ \   |l
、  ,>'´: : : : : :.:厶イレ》: : |:_:_:_:」==厶イ: : Y⌒ヽ、ノ/ヽ \ ヽ   | |
_,二{/: : : : : : : : /: : :l : : : : : : : : : : : : >ヘ:_:ノ: : :.ハ      \ ヽ \ } }
‐ヘYヽ、: : : : :/: : : :|: : : 、: : : : : : : : ':./: :|: : : : :l:ハ       ヽ`丶
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ジークフリート 「おはよう

◇雪華綺晶 「これで本当に身代わりが相方なら
金糸雀の独り言の多さが
完全に婚期逃して独り言に慣れてしまった次女のソレで辛いですわ

というか狼が無口すぎるので
もしや一人落ちたのでは?」

ふむ、これが言えるなら結構村っぽい?
前半部分ではなく後半部分だぞ!?
自分が投票していなかったところが吊れてそこが狼だったのかもと言えるのは
村と真摯に向き合っているのではないかとな」
フランドール 「おっはよー。」
コナー 「占いCO 雪華綺晶 ○」
くんくん 「おはよう」
薔薇水晶 「◇翠星石  「私GJなら狩人さん、守ってくださいとしか言えないですぅ」
発言見直したら今日の死体無しについてはもう言及してました
前置き無く私死体って言ってたから反射的に突っ込んでしまいましたわ テヘペロ!」
雛苺 「おはようなのー」
翠星石 「雪○」
蒼星石 「そうなるか。」
ところ天の助 「雛苺○」
水銀燈 「ふぅむ」
ジークフリート 「霊能噛みか」
メディスン 「この展開だと自分の●じゃないほう吊ったほうが楽になると思うんだけど
どっちもそういう話し方じゃないしでも翠星石も自信なさそうだし
なので私は狩人がもういっかい頑張ってくれることに期待して考えるのを止めました」
金糸雀 「おはようかしら!!」
翠星石 「全体的に平和でて寡黙なのが多すぎますう。平和でて調子かわらないところを占いますう」
コナー 「先日投票しましたがつれなかったところです
目立つような発言を繰り返す割には
中身がみえてこない位置です
占うにはちょうどよいかと」
ところ天の助 「3日目
狼見つけたので狐さがし。
発言数極端に低いところだと
雛苺なんだよなあ。
つまりロリを占えっていうんですねロリ教授!!!」
水銀燈 「COなし。>金糸雀」
ジークフリート 「先日の無残なしは占いでGJだった、かな?」
水銀燈 「あ、理由と被ったけど私非狩人ね」
コナー 「これを恐れていました」
くんくん 「ふーむ」
金糸雀 「わかったのかしら>水銀」
雪華綺晶 「おや>運営噛み」
メディスン 「残念ながら刹那的には一番分かりにくくなってしまったね」
水銀燈 「見た目、狼視点で昨日のGJが真占いで出てしまったと判別ついてしまったやつ」
蒼星石 「個人的にさぁ。コナーが真紅つること拒否してるのよくわからないんだけどね。」
くんくん 「これはすでに狼としては占い配役の中身をつかんだということでいいのかな?」
雛苺 「多分死体なしの動向として占いGJ出てて、そこが真の可能性が高い感じかなあ」
フランドール 「真紅のところ天の発言良かったってのがいまいち賛同できないので霊死んでるならまあ真紅人外だったんじゃないかなって感想に落ち着くけど。
それが狼だったのか、狐に●ぶつけられたのか、ってのはわからないけど。」
薔薇水晶 「霊能者噛まれですか ぐぬぬ… 真紅お姉様が〇だったら凄い威張れたのに」
ジークフリート 「>メディスン
翠星石から●が何時出てくるか注目すれば良いのではないかな」
翠星石 「うーん、ここも外れですぅ」
水銀燈 「狂噛みGJの場合はリスクとリターンの比率が釣り合ってないコレを選ぶ必然性がないからね」
フランドール 「だから私は水銀燈吊りかなー。」
ところ天の助 「俺抜いていないあたりそうだろうなー>ジーク
状況的に噛める位置だし俺」
コナー 「真紅つり拒否ではなく水銀燈つりをお願いしていたのです。 >蒼星石」
雛苺 「そうなると余計に水銀燈吊りはもったいなく感じる」
ジークフリート 「正直な話、翠星石が狼で連囲いしたとかいう愉快な状況も頭をよぎった」
蒼星石 「占い真でGJおきたとするなら、真贋解っている以上、霊能抜くしかない。」
翠星石 「昨日寡黙だったのは狩人ありそうだから占いたくないけど候補多すぎですぅ」
雪華綺晶 「ジーク>あまり高くはありませんが狐噛みもなくはない、ぐらいですかね一昨日は
その場合翠星石護衛以外の占いどちらか護衛の可能性も多少上がりますし」
水銀燈 「その上で私は狩人ではないのでまぁ翠星石の○は減るけど、というのならそうなるわねという感想になるわ」
蒼星石 「何故投票まで逆らうの? 貴方の灰だよ?>コナー 霊能抜かれなければ破綻するんだよ>コナー」
薔薇水晶 「◇フランドール 「真紅のところ天の発言良かったってのがいまいち賛同できないので霊死んでるならまあ真紅人外だったんじゃないかなって感想に落ち着くけど。
それが狼だったのか、狐に●ぶつけられたのか、ってのはわからないけど。」
どういう理論じゃろう?

賛同できない=人外  で直通してるって見ていいのかしら」
メディスン 「霊能二回連続で噛んでいるのでなければ狼が狩人COする展開になりそうだと思うけど
狂人(昨日で大体判断出来てると思う懸賞はしてないけど)護衛成功の場合は
占い噛み挑戦するかどうかっていうのは」
蒼星石 「そこまで頑なに反対する理由がボクにはわからない。だからコナーは明らかにくさいと思うよ。」
メディスン 「ないと言おうと思ったけどまぁそれもなくはないよね
考え直しました。」
水銀燈 「淡々と進んでるから私吊りになりそうね、そうねぇ。うーんあんまりところ天と翠星石にアドバイスできることも」
ジークフリート 「>雪華綺晶
だとすると狼は占いを消すにはまず狩人からと考えたことになるな」
コナー 「破綻しても1名だけですし残りの信用があがってしまいます >蒼星石
でしたらこちらのほうをつっていただきたかったのです」
メディスン 「水銀燈吊ってても霊能噛まれたら一緒だよね的な話?」
フランドール 「>ばらしー
もうちょい正確に言えば、こいつ夜にまともにところ天の発言読んでるの? ってのがあって、
じゃあ夜に他のことしてた人外なんじゃ感がある。
例えば仲間と話してた狼だったり、占い生きてたらどうせ死ぬ狐とかは占いよりも灰に注視するだろうし。」
薔薇水晶 「霊能噛まれてたら占いGJ起こってますね(キリッ
とか言おうかと朝ちょっとの間考えたんですけど 別にどこ噛まれてようとそんなに絞れない件について」
金糸雀 「指定:水銀燈かしらー
申し訳ないけど吊るかしら!」
蒼星石 「貴方の信頼あがるんだけど?>コナー」
ところ天の助 「とりあえず雪ちゃん占ってシロォ!を作るべきなのか
クロぉ!だったら草っすけど(コナーがこの状況囲おうと思えない」
蒼星石 「残りの信用=貴方でしょ? 何言ってるの?」
翠星石 「うーん、教授で狼吊れてるのかもですぅ」
金糸雀 「灰吊りも少し考えたけど、こっちにするわ」
蒼星石 「ボロを出してるの?アンドロイドさん。」
ジークフリート 「へ?ああ、もう吊るのか?」
雛苺 「正直昨日の二人見てると、占いへの話し方として水銀燈村っぽく感じてるのよね」
薔薇水晶 「オゥケーイ天の助見ておく>フランドール」
金糸雀 「うう……姉妹を吊るのはつらいのかしら……!」
くんくん 「つまり
翠星石君 狼
てんのすけ君 狂人
コナー君 真



コナー君 狼
雪華綺晶 「ジーク>仮に狐噛みの場合
○が二つともパンダになった翠薔薇の●のどちらかが狐
と狩りが読むパターンもありますからね」
金糸雀 「悪いけど吊っておくかしら>ジーク」
ところ天の助 「すいませーん、初日共有なんスけど>翠」
フランドール 「2日目のところ天の占いとしての発言、単に自分の結果からわかること言っただけだし。
別に真でも人外でも言える類の発言だから、なんで良いの? に落ち着く。

まあそれ昨日突っ込んで真紅に聞いておけよ、って言われたら私の怠慢だね、ってことになるけど。」
蒼星石 「翠星石のことも考えてあげてね>金糸」
水銀燈 「真狩が騙りの○から出てくるのが一番真占い視点強いから
あんまり対抗○占いしなくてもいいと思うかな」
コナー 「真紅の結果は私は関与している場所ではありませんので
霊能が生きている場合そことつながるほうに信用で負けるとおもったのです」
水銀燈 「>ところ天」
雪華綺晶 「なので狩りの日誌次第かと」
ジークフリート 「CO聞く暇くらいはと思った」
金糸雀 「もちろん!>蒼星石」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
水銀燈10 票投票先 →ジークフリート
雪華綺晶0 票投票先 →水銀燈
蒼星石0 票投票先 →水銀燈
金糸雀0 票投票先 →水銀燈
ジークフリート1 票投票先 →水銀燈
薔薇水晶0 票投票先 →水銀燈
くんくん1 票投票先 →水銀燈
コナー0 票投票先 →水銀燈
ところ天の助1 票投票先 →くんくん
雛苺0 票投票先 →水銀燈
フランドール0 票投票先 →水銀燈
翠星石0 票投票先 →ところ天の助
メディスン0 票投票先 →水銀燈
水銀燈 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
雪華綺晶 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
水銀燈さんの遺言 非狩人。
雪華綺晶さんの遺言 素村ですわ
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
ジークフリート 「おはよう

◇翠星石 「うーん、教授で狼吊れてるのかもですぅ」

なんだ、この、胸に突き刺さる翠星石の一言は……
狼にこれは言えないなと強く感じてしまった」
翠星石 「ジーク○」
コナー 「占いCO 蒼星石 ○」
雛苺 「おはようなのー」
ところ天の助 「ジーク○」
蒼星石 「おはよ。」
翠星石 「ジークフリート 「正直な話、翠星石が狼で連囲いしたとかいう愉快な状況も頭をよぎった
結局、どこ真に見ているのかわからないんですう。昨日は露骨な私の○潰しという意見→私真で見てる?と解釈したのですが、それにしてはふらふらしはじめたので。」
薔薇水晶 「おはようございます
き、きらきー!!」
コナー 「私に対してかなり意識して話していた位置です
考え方の違いなだけかもしれませんが
M教授吊りに加担している場所でもありますし
占ったほうが良いかと
メディスン 「そもそも翠星石の〇2回連続で吊ってて
翠星石自身あんまり当てられる自信はなさそうだから翠星石が●を引くのを待ってるというのは(真の場合)あんまり分のいい賭けではなさそう
でも展開的には翠星石視点の●が一番吊りたいんだから何とかしてくれでしかないんだよね」
ところ天の助 「4日目
狐さがしィ!
まあ雪ちゃん占いはしなくていいかー。
話見てるとジークは狼はないと思うけど狐あるとクッソ面倒なんだよなあ。
というわけでジーク君占い。
くんくん票?占わないよ☆っていう意味」
フランドール 「おっはよー。」
金糸雀 「なるほどかしらー」
くんくん 「おはよう」
翠星石 「私の○全滅...ですぅ」
くんくん 「翠星石君 狼→ところ天の助君 狂 コナー君 真
水銀燈君 狼→コナー君真、狂 翠星石君 狂、狼 ところ天の助君 真狂
と考えられるので、翠星石君にはご退場願ってもよろしいか?」
フランドール 「きらきー誰の○だったか確認しようとメモを見たら昨日全員雛苺占いって書き込んでいた時の驚き。」
翠星石 「ジーク、あなたが新たなドールですぅ!」
蒼星石 「翠星石を真を見るなら片方って上げないと辛い面があるけど。」
薔薇水晶 「そういえばそろそろ占い師吊りの時期っぽいし占い師全員見てみた(今までは見てなかったすまんな)
初日
天さん~特になんとも思わない 狼狐がくどい印象あったんだけど一回しか言ってないんだね
翠星石~特になんとも
コナー~ちょっとかたいかな」
金糸雀 「翠星石視点を少し考えているかしらー」
蒼星石 「コナー切りたい。」
フランドール 「灰吊りかなー。」
薔薇水晶 「ここまで書いて夜が明けた」
ジークフリート 「>翠星石
滅龍石かな?」
ところ天の助 「みんなところ天の助になる>フラン」
雛苺 「灰吊りしていいかだねこれ
翠星石真前提で占い吊るのもないわけじゃないが」
フランドール 「占い切るのは明日からでいいよ。」
メディスン 「一応これで残り5吊りだから翠星石視点だけ人外が飽和する恐れのある日になってるけど
翠星石の真占いを追求するためにほかの占いを処刑するかというとそういう展開だとは私は思わないので」
金糸雀 「灰吊りか占い切りか少し考えさせて
共有はそのつもりの指針だから各自もそういう発言してもらえるかしら」
蒼星石 「というか、翠星をスルーして彼女の○を突っ立ってある程度考えないといけないんだよ>」
メディスン 「灰指定でいいと思うよ」
金糸雀 「な、なんか重くないかしら!?」
翠星石 「手っ取り早く私つりたいと言いやがれですぅ>>メディ」
金糸雀 「カナだけ!?」
雛苺 「ただどこ吊るにしても指定だよね」
フランドール 「だいたいにおいてコナーはジークに●出る形かなー。
コナーが真であれ偽あれ。」
ところ天の助 「灰吊りだけど、指定展開でいいんじゃねえの?
狩人GJ可能性も十分あるし」
薔薇水晶 「ただフランちゃんの意見込みしても1吊るなら天ちゃんかなぁと思うウーマン」
蒼星石 「コナー吊り。>金糸雀 二人のドールの吊り上げは許容したけど、これは許さない。」
コナー 「ジーク占うべきかもしれません
彼女は○全滅といっていますがジークが入っていないのは
なんらかの視点漏れの可能性があると思います」
くんくん 「初日に狼が内約を掴んだという過程での推理だが、髪を見るにあっている自信はあるよ」
薔薇水晶 「翠星石しゃん真なら今日から吊らないと間に合わなくないですかね!!
意外とああいう真は有ると思いますよ私」
ジークフリート 「占いは正直、寒天石(ところ天の助)の真はないと見ている」
蒼星石 「COアルかもしれないから早く、指定してね」
メディスン 「いや別に翠星石が●出してくれるなら何も考えずにそこ吊ってあげたよ
狩人COしない限りはだけど>翠星石」
雛苺 「占いの印象というと○の心象ってとこが大きいけど
コナー吊りたいかなあって思ってるの」
フランドール 「ぶっちゃけて言うと翠星石真はあんまり見てないけど、
それは揺らぎが混じる個人の雑感込みの話であり、まだ余裕があるのなら占いに無理に手をつける必要はない。ってのが私の意見。」
ところ天の助 「蒼、薔薇、くんくん、メディスン、フラン…
先生!くんくんが場違いです!」
フランドール 「致命的にこいつもう絶対真見ることはできないよぉ、ってレベルでもないし。」
メディスン 「ただまぁお察しの通りではあるけど」
蒼星石 「早く。」
くんくん 「申し訳ない。
レディにこういうことをいうのは紳士としていかがなものかと思うが翠星石君真はないだろう」
金糸雀 「すまないかしら、指定コナーかしら」
コナー 「わたしの○はくんくんしかいませんが >雛苺さん
なにか彼に対して問題でもあるのですか?」
コナー 「指定拒否します」
蒼星石 「ありがとう。」
くんくん 「反対しよう」
薔薇水晶 「まぁ今から占い吊りしても狩人出てやばやばパターンになる気がすると書いたところで指定が飛びました」
雛苺 「水銀燈が村っぽいと思ってたって話>コナー」
フランドール 「一応コナー吊りたくない人は私吊りで」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
蒼星石0 票投票先 →コナー
金糸雀0 票投票先 →コナー
ジークフリート0 票投票先 →ところ天の助
薔薇水晶0 票投票先 →フランドール
くんくん0 票投票先 →翠星石
コナー5 票投票先 →フランドール
ところ天の助1 票投票先 →コナー
雛苺0 票投票先 →コナー
フランドール3 票投票先 →翠星石
翠星石2 票投票先 →コナー
メディスン0 票投票先 →フランドール
コナー は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ジークフリート は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
コナーさんの遺言 私は捜査官型アンドロイドです。
対象を調査(占い)することができます。

くんくんは ○

お隣ですしくんくんさんを占いました
名探偵とのことですので
私も捜査官型アンドロイドとしてお役に立てればと
思います。


占いCO 水銀燈 ●

単芝が気になりました。
対抗の○ですしとりあえずでもいいので
占っておくべきかと



占いCO 雪華綺晶 ○

先日投票しましたがつれなかったところです
目立つような発言を繰り返す割には
中身がみえてこない位置です
占うにはちょうどよいかと
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
蒼星石 「おはよう。」
フランドール 「おっはよー。
まあわかる通り非役職だよー。」
翠星石 「メディ●」
ところ天の助 「蒼○」
薔薇水晶 「おはよう」
翠星石 「◇メディスン 「いや別に翠星石が●出してくれるなら何も考えずにそこ吊ってあげたよ
狩人COしない限りはだけど>翠星石」
昨日の発言が気にくわなかったのと、投票的にフランに組織しようとして失敗したケースもありそうだから」
金糸雀 「おはようかしら」
薔薇水晶 「蒼星石占いで〇出してるコナーを吊りたくないなぁと思ってたけども
吊らなきゃ翠星石視点が絶対アレだしなぁと板挟みで考えた結果
私の中のリトルばらしーがフランにGOサインを出しました」
フランドール 「ありゃジーク君死ぬんだ。」
ところ天の助 「5日目
狐を見つけないと話にならないッス>コナー吊りでLW
まあ蒼占って行くのが正解かなー。
あのタイミングだと囲われてる可能性高いし」
蒼星石 「賽は投げられた。」
雛苺 「おはようなのー」
翠星石 「ならコナーとメディとばらしーで3w臭いですぅ」
フランドール 「まあ今の灰数なら銃殺対応しやすいから、昨日までとは違うかなー。」
くんくん 「おはよう」
メディスン 「一応くんくん狩人の可能性を考慮してそういうことをしたけど
COはありません」
薔薇水晶 「ほぺー ジーク噛まれでメディ●」
ところ天の助 「メディスンにCO聞いてなんもなければ吊りでいいっす
狼だったら笑うしかないです。」
蒼星石 「ところ天真見てない位置よね>フラン」
雛苺 「ならメディスン吊ってって展開で」
金糸雀 「翠星石視点の●を吊っても飽和はあり得ないかしら
仮指定:メディスンかしら」
蒼星石 「それはないよ>カナリア」
薔薇水晶 「まま、昨日吊っちゃったからコナー君はおいとこう」
メディスン 「コナー真ないというなら私吊って進むしかないでしょ
翠星石真ないと思ってたのは本人にも察せられてたみたいだけどね」
くんくん 「ジークフリート君と私の投票を踏まえると意外とコナー君吊りたくない人が多かったように思えるね」
蒼星石 「各占い、残りの灰は?」
フランドール 「んー。
形としてー、コナーの真完全に切っていくパターンと、
占いロラってメディ吊って、3人最終日殴り合えパターンが選べるんだよね。
あ、後者はすでに狐死んでること前提だよ。居たら狼噛んでねハートだよ。」
雛苺 「それだとどこ吊るのって感じだけど>蒼星石」
金糸雀 「あり得ないってことがわかっているってことだわ!>そーせーせき」
メディスン 「死体なし出てるのに明日死んでるとかいうのって自分で護衛成功出てると思ってないんだなって
弱気なのは人外っぽく見えちゃった。」
蒼星石 「飽和がないって話>苺」
フランドール 「まあメディ吊って明日どうするかで良いかなー。
ところ天と翠星石視点のLw位置が気になるし。」
蒼星石 「文脈みてね。」
ところ天の助 「俺から言うのもなんだけど翠視点、コナー吊りしか狼陣営(狐かもしれない)吊ってないし」
雛苺 「ああ、そっちか」
くんくん 「私としては占いロラでいいと思うねレディメディスン」
薔薇水晶 「いやー 正直狐吊れてなさそうじゃない?>占いロラ
吊れてるとしたらM教授ぐらいじゃないかしらん」
翠星石 「ひないちご、ばらしー、フラン、くんくん、蒼>>蒼」
ところ天の助 「薔薇かくんくんかフラン。
ひ ろ い(小並感」
金糸雀 「翠石星の○吊り二回と初手の教授吊りを考えると
そういう計算になるかしら!コナーで翠星石視点を考えても最悪でも2wしかつれない計算かしら!」
薔薇水晶 「翠星石視点では顕著に」
メディスン 「水銀燈と真紅だと結構水銀燈●にも見えたんだけど狩人COもないなら
後は私にはすぐに答えがわかるから」
翠星石 「狼位置を確定すべきか、狐狙いで行くべきか 自信はないけれどですぅ」
雛苺 「いらないと思ってるの>占いロラ」
蒼星石 「広いね、、君」
薔薇水晶 「私薔薇水晶、未だ灰!」
金糸雀 「問題は灰数による都合上だけど、一応その辺も考えているかしら!」
フランドール 「>ばらしー
どっちかってーと、水銀or真紅。
私としてはかなり真紅寄りであいつ狐だったんじゃね? があるけど。」
くんくん 「あまり気が進まないが致し方あるまい…」
フランドール 「私も灰だよー。」
ところ天の助 「正式人形じゃないからかな()>未だに灰」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
蒼星石0 票投票先 →メディスン
金糸雀0 票投票先 →メディスン
薔薇水晶0 票投票先 →メディスン
くんくん0 票投票先 →フランドール
ところ天の助0 票投票先 →メディスン
雛苺0 票投票先 →メディスン
フランドール1 票投票先 →メディスン
翠星石1 票投票先 →メディスン
メディスン7 票投票先 →翠星石
メディスン は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
フランドール は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
フランドールさんの遺言
::::::::::::::::::| |
::::::::::::::::::| |        r.、,_
::::::::::::::::::| |,,.. --------!」::;;「ノヽ、          /|
::::::::::::::::::| |         ヽ:::://         ./::/
::::::::::::::::::| |          7:::\       /::/|'ヽ
::::::::::::::::::| |ニ7ヘ>r-_r'ア>くヽ7/ r-イ⌒ ̄'::::ノ \|
::::::::::::::::::| |, イ〈 {,_r/ レ' レ_.!,ハイ !  /:r-''|'ヽ '|'ヽ |'ヽ
::::::::::::::::::| | |""     〈ン'〉!/| ハ /::/|'ヽ\| \| \|    
::::::::::::::::::| | ハ   ー- ` "! | | /::/ \|          5昼の噛みだけみたらところ天狼の形が結構あるんだよね。
::::::::::::::::::| | ヽ!ヽ、._  _,,..イイ ハ/::/|'ヽ            そうなるとまあコナー真か、1割ぐらい翠真も? ってあったからコナー吊りたくなかったんだよ。
::::::::::::::::::| |Y7´! ,.イ⌒ヽレi::レ'/:/ \|
::::::::::::::::::L,.!、:::/ '/    〉/:/|'ヽ
:::::::::::::::::と_ ヽ::ムゝ-=、_ン..:ノ|'ヽ\|
::::::::::::::::::k,_   i:::::/^'^'7    \|
::::::::::::::::::| \ `ヽ /!
::::::::::::::::::| |::::::ヽ、_ノ::::〉
::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::::::\
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
翠星石 「ばらしー○」
くんくん 「おはよう」
薔薇水晶 「おはようございます」
くんくん 「申し訳ないレディフラン。間違えて投票してしまった。」
雛苺 「おはようなのー」
ところ天の助 「薔薇水晶○」
蒼星石 「おはよう。」
薔薇水晶 「うがあああああ 判別つかない」
ところ天の助 「くんくん吊りで終了です>共有」
翠星石 「薔薇水晶 「翠星石しゃん真なら今日から吊らないと間に合わなくないですかね!!
意外とああいう真は有ると思いますよ
よく見てたらすり寄ってるのと。やはり組織失敗に見えるから占いですぅ」
金糸雀 「互いの灰をあげてほしいかしら>占い師」
ところ天の助 「フランは非狼目だから、占い箇所は薔薇水晶かな
…問題は翠対抗できるから銃殺発生しても微妙な位置なんだよなあ
今回は狼狙いだから薔薇だけど。アッー」
蒼星石 「……完灰?」
ところ天の助 「くんくん1!以上!」
翠星石 「ひないちご、くんくん、蒼星>>金糸雀」
くんくん 「私だろう」
雛苺 「ならところ天の助吊るべきかな」
蒼星石 「ボクは思い違いをしたのかな。物語によっていた。のかも、ね」
薔薇水晶 「うーん よーく考えよ~」
金糸雀 「互いの完灰にくんくんかしら。」
翠星石 「あとおめー狼じゃないんですかあ!?>>ばらしー」
蒼星石 「フランって完灰だっけ。」
薔薇水晶 「ちがわい!>翠星石」
蒼星石 「ところ……吊りかな。」
薔薇水晶 「まるいち 占い師ロラして最終日灰勝負」
ところ天の助 「オレ吊って翠占いさせ、最終日までやるっていうのはあるからオレ吊りは止めないでござるー」
薔薇水晶 「ただ翠星石視点が定まらない可能性は有る(くんくん狐でドボンの可能性もあり)」
くんくん 「私を吊るか仕事の終わったところ天君を吊るか、という話になるねレディ金糸雀」
翠星石 「ああ今日狐占っても2wしぬから問題ないですぅ」
雛苺 「そうじゃないなら視点定まってるところ天の助じゃなくって
雛か蒼をって感じになるけど」
薔薇水晶 「別に狩人出しても良い気がするけど
これを言うと私が非狩人であることがバレてしまう」
くんくん 「ところで…金糸雀君だけ一発変換できなくて困っているのだが……」
翠星石 「かなりあと読みますう>>くんくん」
金糸雀 「天の助吊りかしら。
明日は翠星石かくんくん吊りかしら。
薔薇水晶 「まぁ銃殺有るか見るのも含めてとりあえず天ちゃん吊りすゆ?」
ところ天の助 「蒼と雛苺狩人なら出てると思いまーす」
金糸雀 「変わる可能性はあるかしら」
くんくん 「2日目の会話の少なさからあまり語り合わない狼だが、案外LWの可能性もあるのではないだろうか」
ところ天の助 「おいしくたべてね☆」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
蒼星石0 票投票先 →ところ天の助
金糸雀0 票投票先 →ところ天の助
薔薇水晶0 票投票先 →ところ天の助
くんくん1 票投票先 →ところ天の助
ところ天の助6 票投票先 →くんくん
雛苺0 票投票先 →ところ天の助
翠星石0 票投票先 →ところ天の助
ところ天の助 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ところ天の助さんの遺言 占いCO翠星石○>真紅●>雛苺○
うらなイイイイイイイイイイ!!!!
ぬるっと来たぜ俺の時代いいいいいいい

初日
まずは翠!貴様だァ!
俺の下にいるとはいい度胸じゃねえか!
銃殺してやるぜぇ!

2日目
俺がありす…つまり主人公!
なら真紅占いまーす。
主人公は俺だァ!

3日目
狼見つけたので狐さがし。
発言数極端に低いところだと
雛苺なんだよなあ。
つまりロリを占えっていうんですねロリ教授!!!
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
薔薇水晶 「おはござ~」
翠星石 「ひないちご●ですぅ」
雛苺 「おはようなのー」
金糸雀 「おはようかしら」
蒼星石 「よし。、」
くんくん 「おはよう」
蒼星石 「庭師の狩人日誌

初日
やれやれ、守れだなんて。
皮肉かな……?
お父様も酷いことする。

2日目 翠星石 護衛成功
……全く、こんなお誂え向けのシチュエーションは困るんだけどな。
冷静に公平に判断できるとは思えないな。
だが……まぁ、素直なのは翠星なのかな。
ここ護衛で、いいんじゃないかな。

3日目 翠星石 抜かれ運営
……………………簡便して欲しいんだけど。
GJでたのは嬉しいけど、哀しいね、こんなの。
継続するよ。霊能抜いてきそうな気もするのだけど。
それでも、あんなこと言われたら護衛外すことはできないね


4日目 翠星石 抜かれ雪華
理屈では解っていたさ。
でも感情が言うこと聞かない。
……困ったな。
金糸雀抜かれると辛いんだけど。
でも、ボクは守ることしか出来ない。

5日目 翠星石 抜かれジーク
透けようが。なんだろうが。
ボクが翠星石を守るよ。

6日目 翠星石 抜かれフラン
……なんというか、相変わらず君ひとりぼっちだね。
広い灰じゃないか。
なら、まだ守ってあげなきゃ。

7日目 翠星石
 出忘れたかなしみ。
占わないでね。
占ったらちょぎる」
翠星石 「くんくん狐は目立ちすぎなのでない。吊り予約もあるのでなおさら占わない。
蒼星かひないちご...3日目の平和の日の落ち込みが気になるからひないちごですぅ」
薔薇水晶 「でかい」
蒼星石 「今日も、緑星石 護衛成功」
くんくん 「私ではないのか」
雛苺 「じゃー仕方ないな」
蒼星石 「間違った。ゴメン。」
薔薇水晶 「対抗は! お客様の中に対抗狩人様はいらっしゃいませんか!?」
翠星石 「蒼星、信じてたですぅ!」
金糸雀 「コナーか天の助で推定狼はつれているかしら」
くんくん 「いない、な」
薔薇水晶 「偶数になったからくんくんー翠星石で狼を見ないならば雛苺吊りもできる
そう、人狼ならね」
金糸雀 「残り灰は?>翠星石」
蒼星石 「………………全く。世話を焼く、」
翠星石 「くんくん、1!」
薔薇水晶 「(偶数関係ねぇや)」
翠星石 「占い師なのに○二つもパンダにされて...うう...>蒼星」
くんくん 「探偵とは孤独なものだな…」
薔薇水晶 「翠星石GJじゃん…  何だろうこの徒労」
金糸雀 「なるほどかしら
この時点で雛苺視点はほぼ薔薇水晶狼」
雛苺 「この形だと大体勝ちないから投了してるの」
くんくん 「なら特に問題はないだろう
私を吊って雛苺君でいいのではないかな?」
金糸雀 「一応他パターンもあるけど
共有がとった進行を見据えていくかしら、指定はくんくんかしら。」
薔薇水晶 「くんくん狐を捨てるなら両偽追うのに雛苺吊りでもよきですが
この噛みして徳するのが私しかいない(だが私は村人だ)なので、翠星石真で良いんじゃないですか」
蒼星石 「くんくん吊って、雛苺吊りになる」
雛苺 「多分くんくん吊りだろうけど護衛先言ってくれるとうれしいかな
せっかくここまで残ったなら残りの姉妹死なせたくないし>蒼星石」
くんくん 「まあ、時間もあるのでさっさと雛苺君吊って終わりにしてもいいだろう」
金糸雀 「くんくん吊り、明日は雛苺吊りで負けたらカナのせいかしら。
その時は申し訳ないかしら。」
翠星石 「くんくん狐かあるからケアしたいですぅ」
蒼星石 「じゃあ、カナリア護衛しようかな」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
8 日目 (1 回目)
蒼星石0 票投票先 →くんくん
金糸雀0 票投票先 →くんくん
薔薇水晶0 票投票先 →くんくん
くんくん5 票投票先 →雛苺
雛苺1 票投票先 →くんくん
翠星石0 票投票先 →くんくん
くんくん は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
くんくんさんの遺言                   _ __ ____
  ./  /          /         \::::::.:.`ヽ、
 (  (          ,ィ´           ヾヽ:::::.:.:.\
  \ ヽ           〈::|                〉〉::::::::::.:.\
   ヽ (          ヽト、 _ __ _   _ _//:::::::::::::::::::.:〉
    )ノ         _ ノ          ̄`フ ^ト、.:.::::::::::::/
   ((          ゙ー─r=r──-=_=<"´   l!  ̄`Y´
    )            ,イ;;7    i:(;;;;ソ>:、、    |    i
    (            lソ     |:ト--‐'^l:l   |    |
     )           , ィ´      !::l   j:|   |    |
    r─‐ ┐     .(;;;).        ゞ=ニニノ   .:|    |__        私は常に一人である。
    |:::::::.:.:.|      (人   ノ              .:|    !::::::::::        夜明けと共に友と旅立つことになろうとも。
    l:::::::::.:(_,.っ i 1 Y´               .:l    |:::::::/
    ``ー‐rー<  ゝ-〈              入    !:::://        Arrivederci
       |    \    \           _/.:::.\__ノ:://:
       |     ``ー--<フ7:::7r--ーr'"´  \:::::::::::::::::::://:::
         \         こ〉‐〈こコ   .:i   \:::::::::::://:::/
         ``ー-----‐ / ,r'"´ ̄ ̄``┘     |::::::::://:::/::
                 / (               /.:.::://:::/:::::
               /   >‐r一─────'゙── ──
              /    |::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
翠星石 「蒼星はもちろん○ですぅ」
金糸雀 「雛苺吊りかしら」
蒼星石 「ありがとう雛苺。」
翠星石 「結果的にドールズほぼ村...ですぅ」
金糸雀 「トラブルもあったけどなんとかなったかしらー!?」
薔薇水晶 「私のにらんだ通りであった…>ほぼ村」
翠星石 「真紅、水銀、金糸雀、私、蒼星、ばらしー、雪...」
9 日目 (1 回目)
蒼星石1 票投票先 →雛苺
金糸雀0 票投票先 →雛苺
薔薇水晶0 票投票先 →雛苺
雛苺4 票投票先 →蒼星石
翠星石0 票投票先 →雛苺
雛苺 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2018/09/14 (Fri) 22:48:07
コナー 「お疲れさまです」
水銀燈 「お疲れ様。」
真紅 「おつかれさま!ナイスゲームなのだわ!」
ジークフリート 「お疲れ様」
雛苺 「おつかれさまなのー」
フランドール 「お疲れさまー。」
薔薇水晶 「お疲れ様でした」
雪華綺晶 「お疲れ様ですわ」
ところ天の助 「おつかれさまー」
メディスン 「おつかれさま。」
蒼星石 「ありがとう。」
コナー 「初手狐囲って本当に申し訳ない」
翠星石 「お疲れ様ですぅ」
真紅 「来てくれた人はありがとう、雛苺も最後の気遣い嬉しいのだわ。」
ところ天の助 「いやすまんな>雛
蒼噛むべきだったわ」
くんくん 「お疲れ様
最後壇上に立つのは美しい双子の愛だったね」
翠星石 「ケアはすべきですねえ...>>くんくん狐」
蒼星石 「論理もかなぐり捨ててRPに走ったのは驚いたけど、ありがとう」
金糸雀 「と、とりあえずpcを再起動頑張っているかしらー!?」
雛苺 「あそこだけは本当に謎だった>フランドール噛み」
真紅 「正直ずーっとハラハラしてたし楽しいゲームだったのだわー」
薔薇水晶 「真紅義姉様も蒼星石義姉様も両方村人だった 間違ってなかった…
ウレシイウレシイ…」
コナー 「蒼星石狩人だとおもったので○だして噛み誘導した(大嘘)」
真紅 「真の○2回吊りはやっぱり危険ねー。ただ3昼に●ダブルだと吊らないわけにもという」
ジークフリート 「青の子に対抗が一切出ないならケアるしかないからな」
コナー 「水銀燈○なら村側なので黒だしちゃえしかありませんでしたね」
くんくん 「最後に心の隙間を付くのは犯罪のセオリーだよ翠星石君」
ところ天の助 「灰噛めってええ…ってなったんだけど、雛が最後に残るから灰噛み方針でいったけど>雛
>方針1、占いチャレ
>方針2、灰噛み」
フランドール 「私は普通に真占い見誤ってるけども、コナーと私の二択になることにより、正しくても間違ってても大丈夫な路線に走るという逃げの1手でセーフ。」
翠星石 「朝占い結果をはったら白が二つパンダになっていた。何をいっているかry>>真紅」
薔薇水晶 「フラン噛みは謎ですね てっきり雛か蒼いのどっちか狼じゃない方噛まれると思ってました」
雛苺 「灰っていっても真の灰って意味だから>ところ天
占いGJ出てるんで方針として」
M教授 「お疲れ様だよ諸君!」
ところ天の助 「あー、そういう意味ね>雛
蒼かんじゃ駄目なん???ってなってたわ」
コナー 「真紅も水銀燈も真の○で非狩COなんで狐狩ほぼ生存なんですよね
よそに黒うったほうがまだましだったかと」
真紅 「いやー詰めきれないかなーなんておもってたから」
メディスン 「コナー吊りの日でくんくんとフランはああ狩人じゃないんだな見たいな
もちろん常に演技している可能性は残されてるけど」
真紅 「真でGJでたあとの信頼勝負は難易度高いのだわ。
でも狼もナイスゲームなのだわ。だわ」
フランドール 「それじゃ私は先に失礼するねー。
村建てありがとー、お疲れさまー。」
くんくん 「いや、本当に金糸雀君の変換だけはちょっと苦労したよ
なんとか変換できるようになったがね」
ジークフリート 「>コナー
初手で狐○撃ってしまっているから割とどうしようもないと思う」
ところ天の助 「コナー真だろって言われたけど、アレ流石に真じゃねえかなで行ってるから
ちっと負い目にはなってるのよねー」
薔薇水晶 「蒼星石さん〇だしたコナー君を吊りたくなかったのは
自分以外でGJ出した狩人めっちゃありそうな位置占って〇出すのはすごいなと思ったからでした」
真紅 「というわけで来てくれてありがとう。
報告終了。」
雪華綺晶 「それではお疲れ様でした
紅薔薇のお姉様は村立てありがとうございます」
真紅 「それではお疲れ様なのだわ!またね!」
薔薇水晶 「では同村村建て感謝 お疲れ様でした
遺言AAが貼れなくて少し残念…」
ところ天の助 「蒼噛んで…、オレと蒼がランになって…
あー、やっぱりくんくんが厳しいか」
くんくん 「それでは、ごきげんよう」
ところ天の助 「くんくんに●投げれなかったのが痛いかこれは。」
金糸雀 「カナはこのまま落ちるかしらー
お疲れかしらー」
ジークフリート 「>ところ天の助
寒天石、噛んだ相手とランになるとか器用な奴だな」
コナー 「私が狩人を見抜けるとでも? >薔薇水晶さん
もっともできるだけ真の○追いなら銃殺はでないので
銃殺なしならそこ占えば銃殺でても破綻しにくいとはおもいましたが
最初から囲っていたのでだめでしたね・・・」
ところ天の助 「霊能抜けてしまえばなーなんとでもなる。>ジーク
とはいえ、ジークが狩人じゃなければあそこ護衛する位置どこだよ!って思ったらRPなあ」
ジークフリート 「コナー:噛まれ真と割り切るならノーガード
寒天石:対抗に○撃ってる占いは理論で割り切るならノーガード
翠の子:寒天石が○だって言うなら噛まれる位置なのでガード

という理論で翠の子護衛は可能だな!!」
ジークフリート 「それでは失礼させてもらおう
同村した皆、お疲れ様」
コナー 「私GJならこの●で真贋みえるけど
狼がそこ黒だすならわたしの黒とっておくべきでしたねというお話ですかね」
ところ天の助 「まあ狼と相談あんまりしなかったことも敗因の1つだなあ。
ちゃんと相談していれば蒼噛めて、くんくん噛み発生出来たし」
ところ天の助 「んじゃおつかれさん。
狼陣営はすまんな。」
コナー 「お疲れさまでした
村盾同村ありがとうございます
ではまた」