←戻る
【紅3757】やる夫達の普通村 [6855番地]
~秘密箱一度開けてみたい~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6
icon GM
(生存中)
icon 佐々良
(生存中)
icon 岸波白野
(生存中)
icon
(生存中)
icon うちはイタチ
(生存中)
icon コムギ
(生存中)
icon ゾディアック
(生存中)
icon ライナー
(生存中)
icon フランドール
(生存中)
icon グリム・ミュー
(生存中)
icon 博麗霊夢
(生存中)
icon ルーミア
(生存中)
村作成:2018/09/18 (Tue) 21:07:23
GM 「【禁止事項】
 村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼COを除く)
 人外の村人騙り騙り(狼、狂人、狐問わず、役職CO後からの撤回村人COの禁止、村人騙り禁止であるため)
 システムメッセージのコピーペースト
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ

【準禁止事項】
 昼の初心者CO、初心者騙り
 狼の超過前噛み(狼側が諦めた場合は許可)

【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
 投票延長は1日1度まで 遅れる場合は名指しで警告します。遅くとも2:00過ぎまでには投票しましょう。

【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【初心者の方へ】
 ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/
 ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼・共有の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html」
GM 「開始予定は21:30。埋まり次第前倒し。入村はご自由にどうぞ」
GM 「延長は無しです」
GM 「https://www.hakonemaruyama.co.jp/secret.htm

秘密箱というのはこんな感じのです。知恵の輪の箱バージョンという印象ですね。」
GM 「開ける際に手順が必要・手順通りにやらないと開けられない
中々中二心をくすぐられます。」
GM 「そういえばこれをモチーフにした何かホラー系の話が昔あったような気がする」
佐々良 が村の集会場にやってきました
佐々良 「おう。」
GM 「いらっしゃい」
GM 「なんだったかしら」
GM 「そうだ、コトリバコ」
GM 「ホラー系の話なので苦手な人は注意です>コトリバコ
結構有名な怖い話だったと思うので知ってる人も結構いるんじゃないでしょうか」
GM 「GMはホラーは苦手なんですが怖いもの見たさでよく見てしまうんですよね」
GM 「そして夜に眠れなくなる。風の音でもビビる」
岸波白野 が村の集会場にやってきました
佐々良 「へえ。コトリバコ、存在は知ってたけど、元ネタがあるのは知らなかった。
ホラーはあんま得意じゃない人ほど見るとハマったりするよね。」
GM 「いらっしゃい」
岸波白野 「偽コトリバコの話もあるな
創作だろうが」
岸波白野 「よろしく」
GM 「元ネタと言っても、話の中の道具のモチーフという程度です」
岸波白野 「寄木細工か」
佐々良 「魍魎の匣とかも箱がモチーフだし、なんかそういう密閉されたアレがポイントなのかもね。」
岸波白野 「パンドラの箱なんてのもあるしな」
GM 「よくあるホラー系に出てくる場面
寺の人「とんでもないものを持ってきたな・・・」「とんでもない事をしてくれたな・・・」」
岸波白野 「その台詞が出る類いはだいたい死ぬんだよなやらかした奴」
GM 「寺の人「いいかい、何があっても朝になるまで絶対にこの中から出てはいけないよ。誰に話しかけられても絶対にだよ」
GM 「まあ、やらかしですからねぇw」
佐々良 「寺の人から「もう大丈夫だよ」って声掛けられて安心して出てきたら死ぬやつだ」
GM 「なんであの手の霊ってあの時だけ特定の声出せるんでしょうねえ」
岸波白野 「ジョジョの振り返ってはいけない小路もそうだったな
あれは対象が聞きたい声に聞こえてるんだろうな」
佐々良 「恨みつらみをそのままぶつけても、誰かに不幸を与えられるとは限らない。
害意をぶつける為には努力しないとね、霊も。」
GM 「努力の方向性間違えてるぅ!」
傘 が村の集会場にやってきました
「こんばんは」
GM 「いらっしゃい」
うちはイタチ が村の集会場にやってきました
岸波白野 「よくあるパターンだと声の騙しは切り抜けるんだが
封印が後から別要素で破れたり、怪異と波長があってやっぱり駄目でした
ってのが多い印象>最近の創作」
GM 「いらっしゃい」
うちはイタチ 「サスケェ!お前はこの村の新たな光だ!!」
GM 「最近の創作は、出来てもできてもすぐに「嘘松」扱いされるのが中々創作意欲を削いでるんじゃないかなあとも思っています。」
コムギ が村の集会場にやってきました
コムギ 「おはようございます(むぎゅむぎゅ」
GM 「実体験風の話に事実かそうでないかってそこまで重要じゃないと思うんですけね
面白ければそれで」
GM 「いらっしゃい」
ゾディアック が村の集会場にやってきました
ライナー が村の集会場にやってきました
GM 「いらっしゃい」
コムギ 「読み物として楽しむ余裕があればいいんですけどね」
ゾディアック 「こんばんは。」
ライナー 「よろしkな」
岸波白野 「GM>洒落怖とかは創作でもいいから怖い話!って始まりだったのが
いつの間にか実話(の体)必須みたいな空気になったよな」
GM 「>岸波
面白ければ実話かどうかてあまり気にしないですけどねえ」
フランドール が村の集会場にやってきました
GM 「それでは、開始時間になりましたので投票をお願いします。」
コムギ 「だいたいこういう世界というのはなぜか時間の経過とともに狭まるものです」
フランドール 「大雨が降ってるの、長い長い雨と狼の声が……」
うちはイタチ 「大体においてツイッターェ!を用いて
一定の方向に話題を偏らせるフェイクニュースェ!
が生まれてきているのがわかったからこそ
嘘に寛容にならなくなっている気がするェ!!」
GM 「佐々良は自分以外全員の投票を確認次第、カウントを始めて大丈夫です」
コムギ 「コムギは創作は創作として楽しめると思うんですけどね」
グリム・ミュー が村の集会場にやってきました
博麗霊夢 が村の集会場にやってきました
GM 「情報化社会の弊害と言えるかもしれないですね>イタチ」
佐々良 「うい」
岸波白野 「その一方で八尺様なんかは定着してるからな」
GM 「いらっしゃい」
ルーミア が村の集会場にやってきました
博麗霊夢 「お賽銭、よろしくね。」
佐々良 「5」
佐々良 「4」
グリム・ミュー 「やーほ!よろしくねー!」
佐々良 「3」
佐々良 「2」
GM 「八尺様好きです」
佐々良 「1」
佐々良 「開始。」
コムギ 「情報化すると世界が狭くなるというのも不思議ですね」
ゲーム開始:2018/09/18 (Tue) 21:32:58
出現役職:村人6 占い師1 霊能者1 狩人1 人狼2 狂人1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM :カラス
来て頂いたみなさん、ありがとうございます。
それでは村陣営も、狼陣営も、自陣営の勝利を目指して頑張ってください。」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM 支援感謝です」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM ちなみに余談ですがGMが一番好きな洒落怖は屋上で双眼鏡覗いてたら全力で子供が走ってくる話です」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM >該当者
こちらこそ、来て頂いてありがとうございます」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
GM は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
ルーミア 「おは」
コムギ 「コムギ、占い師を宣言します。
岸波さんは○ですね。」
フランドール 「大雨……止んだの?」
うちはイタチ 「サスケェ!!」
博麗霊夢 「はい、おはよう。」
岸波白野 「結果は?」
ゾディアック 「先見術。」
「おはよう
コワイ話系はニガテだからするのならば私の目の届かないところでやってくれたまへよ!」
グリム・ミュー 「おっはよー!みんなみゅうとあそぼー!」
ライナー 「占いCOイタチ◯」
コムギ 「占い理由
岸波・・・岸波といえばそんな名前の駆逐艦がありました。
きっと彼がそれなのでしょう。ゲーム的にはお隣さんですし、占いましょうか。
ん? あれお隣さんはFKGと同じく女性ばかりだったような。」
ルーミア 「占いなのか。コムギは●」
佐々良 「おう。」
ライナー
怖い話か…。アレは冬…いや春だったかな
俺はいつものように宿舎で寝ていたんだ
いつもならぐっすり寝ていたはずなんだが
なぜかその日は風が騒がしくてな
音がうるさいもんで起きてしまった
起きたついでにしょんべんでもしに行こうかと思ったとき
隣に寝ていたはずのベルトルトがいなくなっていやがった!
目を凝らすと二本の足がすーっと伸びていて…すげぇ寝相だったぜ。」
うちはイタチ 「サスケェ!俺はこの村の霊能者だ!!」
ルーミア 「万事塞翁が馬ならぬ食欲\(^o^)/秋なのかー
食べちゃいたくなる色と名前なのかー。
お腹ぺっこぺこなのかー!
佐々良 「3人出てくるような気はした」
グリム・ミュー 「3-1だね!コムギに●が出てる!」
フランドール 「ライナーがだいたい15秒ぴったしくらいで、コムギ8秒目くらいにはもう出てたから」
ルーミア 「なので吊りはまかせるのかー!」
コムギ 「ということらしいのですが。」
博麗霊夢 「占いロラが早いっちゃ早いんだけどー。」
ライナー 「俺はどうすればいいんだ?」
「3COすなぁ 対抗に●出てて色で分かりやすい形」
うちはイタチ 「潜ろうと思ったがここで下手に潜伏して○かみとか
最高に笑えないからなあ
俺はそう思ったのであった」
佐々良 「グレ吊りしよ。占い噛まれるでしょ。」
ゾディアック 「メインアタッカーとしてはどうしても物足りないゾディアックは基本リーダーに従います。」
グリム・ミュー 「この形なら素直にコムギ吊ればいいと思うよ!」
ルーミア 「コムギつって狩人様のGJ待つだけのお仕事なのか。」
ライナー 「まぁコムギ吊ればいいんじゃないかぐらいしか言えないけど」
フランドール 「ルーミアが1/2にかけてとりあえず黒被せにいった可能性は半々。」
コムギ 「まあ大体ルーミアさんが特攻するなら狂人として、ライナーさんが狼でしょうか。」
博麗霊夢 「ルーミアのタイミングがコムギのCO見てから結果変えた可能性はあるっちゃあってーの。」
うちはイタチ 「俺を占ったという現実をイザナギで書き換えるんだ>ライナー」
ゾディアック 「霊能者がグレランといえば灰を吊り、霊能者が占い吊りと言えば占い師に投票するそんなフレキシブルさを備えています。」
佐々良 「霊能が守られてる以上、3-1で占い結果が出るのは狼にとっても大きなマイナス」
岸波白野 「夕雲型駆逐艦十五番艦、岸波です」
ライナー 「俺は狼じゃねぇ戦士だ。>コムギ」
ルーミア 「朝開けた瞬間のおはからは一連の動作なのかー。
理由で特定はできてるのか。」
グリム・ミュー 「占い師って噛まれるかな? >佐々良」
「ルーミアのCOが一番遅いから●出てるからって●吊りは微妙かなぁ感」
コムギ 「コムギ視点で灰の狼が見つかっていないので探したいところです。
ですが霊能者さんが出ている以上、お任せしましょう」
ゾディアック 「融通無碍な動きができるからこそ世界樹の迷宮集大成といえるXにも採用されました。
ざま見ろアルケミストルーンマスターウォーロック。」
コムギ 「!(ぱああああっ>岸波さん」
ライナー 「これ灰にいる狼初日に見つけないと対して意味なくね。>イタチ」
博麗霊夢 「まあいいか。
狼が占いを噛む前提なら、今日グレランして占い噛まれてからロラと
今日からロラするのと残る情報量に大差ない気がするからねー。」
「ルーミア吊りで良いんじゃね」
うちはイタチ 「占い師は犠牲となるのだ……
狼狙いの吊りをすれば占い残せるだろうという村の意思の犠牲、その犠牲にな……」
佐々良 「>ミュー
噛まれなかったらロラ開始すればいいんじゃない。
少なくとも占い結果は一個多く出るよ。」
フランドール 「その意味で五分五分だからグレラン挟んでもいいっちゃいいんだけどそれ言うんなら残り時間2分半はちょっと遅いなって感じ。」
ゾディアック 「指示待ち。」
コムギ 「イタチさん、どうします? 指揮を取ってください」
ゾディアック 「了解しました。」
佐々良 「まあ占い吊りならルーミア以外」
グリム・ミュー 「下手にグレランして狩人が吊れるとか
狩人噛まれて霊能抜かれて誰が真かうやむやになる前に
素直に●出てるコムギを吊った方がいいと思うんだけどな」
岸波白野 「コムギ>まあ女の方のはくのんって微妙に似てなくはないよな
なんか表情が険しかったりウェーブ髪だったり」
「狼狙いってよりは真だと思えない占い師吊りするべぇよ
狼狙いで〇結果出たときの絶望感足りや無い」
うちはイタチ 「つまり俺たちは占い師ェ!の目をえぐって自分の目に移植するんだ……
平たくいえば占い師からランだ」
ライナー 「ルーミア吊りって遅い●出し占いを吊る、意味ないぞ。
普通にコムギ吊れば。」
博麗霊夢 「抜け人のイタチが指示役だなんて木の葉隠れは一体どうなってしまうのか、続く。」
ゾディアック 「ここで占い師に投票しますというのは素人か人外。
プロであるゾディアックは占い師騙りに投票しますと宣言します。」
フランドール 「●もらい占い吊って明日の霊能結果●だやったぜ。のパターンがちょっと期待しにくいって意味で、たとえローラー展開になるとしても今日明日しっかり灰は喋ろうね」
岸波白野 「ルーミアは挨拶一回間に挟んでるのがなぁ」
コムギ 「ふむ、了解です。
正直●を打たれたというその一点のみで今日吊られそうな気がしますが。
それでも残してもらえるならばその分がんばります、ええ。」
ライナー 「俺はイタチを占った恩がある!
返してもらおう!>イタチ
ほら指定するんだ」
ルーミア 「吊ってルーミア○見てなにか意味あるとおもうなら投票すればいいのかー」
グリム・ミュー 「>佐々良
真の結果も多く残るけど
それは霊能結果がしっかりと見えた時の話だしね」
岸波白野 「ぶっちゃけ最速挨拶取れたなら
●出しも最速で出てよかったろ」
佐々良 「>白野
お。ほんとだ」
ライナー 「一理あるな。>傘
まぁ俺は俺が吊られなければどっちでも良いが」
博麗霊夢 「まー、でもルーミア真狼な動きなのは確かなので、残して明日どう動くかは参考になるんじゃない?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
佐々良0 票投票先 →コムギ
岸波白野0 票投票先 →ルーミア
0 票投票先 →ルーミア
うちはイタチ0 票投票先 →ルーミア
コムギ6 票投票先 →ライナー
ゾディアック0 票投票先 →コムギ
ライナー1 票投票先 →ルーミア
フランドール0 票投票先 →コムギ
グリム・ミュー0 票投票先 →コムギ
博麗霊夢0 票投票先 →コムギ
ルーミア4 票投票先 →コムギ
コムギ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
うちはイタチ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
コムギさんの遺言 コムギ、占い師を宣言します。
岸波さんは○ですね。
うちはイタチさんの遺言 霊能ェ!
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ライナー 「占いCO岸波◯」
ゾディアック 「連星術。」
グリム・ミュー 「おはよー!」
岸波白野 「イタチ死ぬのか」
ライナー 「八つ墓村……俺にはそう見えた。
なんて光景なんだと。まさか夜ってのに巨人が現れて
ベルトルトを食っちまったのか!って俺は慌てたよ。
俺が騒々しくするもんでエレンが起きて
ベルトルトがめっちゃ笑われた。
グリム・ミュー 「えー!?」
博麗霊夢 「おっはよー。」
ルーミア 「占いなのか。フランは○
「おはよう
ルーミア吊るべぇよって言った俺が言うのも何だが
ライナーがルーミア投票するのが割と何狙いか分からんかったです


ルーミア投票は対抗●出してて『吊りは任せる』って言葉が出る占い師信用できる…?
俺は無理です…」
フランドール 「雨の代わりに血の雨が。」
ルーミア 「身内票してると読むので
可能性だけを示唆したフランドールを
傘とかのほうが偽っぽい

狼は狼に●だされてるの知ってるんだから
あそこで私投票はしないとの読みが身内票してるという判断基準」
フランドール 「とりあえずコムギの○の岸波白野は現状そこまで変な感じしないし置いといていいや枠。
わりかしミューも展開が動くまで様子見でいい枠。
ササラと霊夢でちょっと考えるかなあって感じの感じ。」
ライナー 「イタチ死ぬってどこ護衛してんだ?
もう居ねぇのかよ」
ゾディアック 「リスクの高いことを。」
佐々良 「ルーミア吊りでいいとしか」
「はいクソゲー始まったな」
グリム・ミュー 「みゅうもびっくりした! >イタチ死ぬの >岸波」
フランドール 「イタチ死ぬんかい」
岸波白野 「まあローラーしきるしかないな」
博麗霊夢 「狩人初日だろうと、ここで無理して霊能噛む必要あるのってコムギ狼結果だけだと思うんだけど。」
フランドール 「でもここでイタチ噛むならコムギ狼の方があるんじゃないって」
ルーミア 「もう1匹吊って○も1いるし、おおよそ岸波傘が村なので」
佐々良 「コムギ●なら占い噛んでるので、霊能死んでる訳ないんだよね」
ゾディアック 「リスクの高いことをしなければならないほど追い詰められていたか、
護衛成功出たところで大して怖くなかったか(コムギ真)どちらかでしょう。」
ライナー 「流れ的にルーミア吊りだろって思ったから投票しただけだな。>傘
なんか俺吊りの話題が流れなさすぎてビビった」
佐々良 「>フラン
逆」
グリム・ミュー 「んーコムギで吊れたのかな?
霊能噛むってことは1番考えられるのはそこだよね」
「いや普通霊能者護衛するだろあの投票結果じゃw」
岸波白野 「ミュー>一応は占い護衛ある日ではあるが、だからって霊噛むのか
ってのはあるな」
グリム・ミュー 「そうなのー? >佐々良」
ルーミア 「あとはゾディ、フラン、グリム、霊夢から村があてれば勝てるとおもうよ」
ゾディアック 「0も無限大もあるねという意味のない話。騙りを狙って投票する大作戦は継続されます。」
ルーミア 「んで、フランが今○なので。」
フランドール 「あー、コムギ●なら霊能噛むくらいなら占い噛む、って考え方のほうな、なるほどね」
ルーミア 「ゾディ、グリム、ササラ、霊夢の言い間違い」
グリム・ミュー 「占い護衛の日なの? 霊能軸で進めて行くものだと思っていたんだけど」
ライナー 「霊能なんて護衛ほぼ9割超えを噛むリスクをとってまでしねぇだろ。」
ルーミア 「多分傘は狼じゃないかな。」
博麗霊夢 「ぶっちゃけ個人的にはルーミアとライナーで真狂だと思うから、グレランしたいとか思うけど。
村全員を説得できる気がしないから、諦める。」
佐々良 「>ミュー
アンタ狼だったら、3-1の初手護衛、どこだと予想する?」
「今みたいに霊能見れないリスク考えて吊れやすそうなとこ投票した的なことか
分からんでもない>ライナー」
ルーミア 「多分その上狩人いるなら灰からでてくるので。
私投票してたひとが霊能抜かせる狩人なわけないのでー」
ゾディアック 「真占いがもう一日生き残って狼を占えば
大抵の場合最後まで残った一人の真ケアしてみようかくらいの話は出ますし
ライナールーミアともに全力で生き残る努力をしてみるとよいでしょう。」
グリム・ミュー 「あと、コムギがもし●じゃないとしたら
この噛みはルーミアが狼ってことかな? >佐々良」
ルーミア 「だから3灰2吊り。私1日くれればそれで本当は多分勝てる。」
「が、正直全員ロラする気がする」
ルーミア 「狩人初日ならそれはそれだけどね。」
グリム・ミュー 「みゅうが狼なら? 霊能者だと思うよー」
ライナー 「>傘
いや、別に俺が吊られなければどこでもいい。そんだけ。
占い結果がどうとかじゃなく俺吊れても霊能結果で情報増えないからな」
フランドール 「言っちゃっていいんかなあって言っちゃうと、ミュー狩人で予想してたから「展開が動くまでそこは放置でいい」って朝一に述べたので」
ゾディアック 「あなたの論調はルーミア真狼でしたが二人で真狂ならば即ちルーミア真ですか?>霊夢」
佐々良 「で。ルーミア狂人で2-1見て潜らないわけないのでパーペキ狼」
岸波白野 「グリム>いや、だいたいは霊護衛だよ
ただ投票の流れ的にルーミア真を村が見てるなら
コムギで狼吊れたと決め打って占い抜かせないよう護衛する狩りもいなくはない程度」
フランドール 「自分の中の配置を一回白紙に戻す」
「はあくした>ライナー」
グリム・ミュー 「よっぽどルーミアなりライナーが真に見える!っていうならそっちかもしれないけど
みゅうは割と結果だけでコムギ投票したからね…」
博麗霊夢 「>ゾディアック
だと思ってるよー。
コムギ○結果ならライナー真あるかなーは考えたけど、霊噛まれるならルーミア真じゃねーの、に落ち着くかなー。」
ゾディアック 「ルーミア真狼視にちょっと疑問符が浮かびましたので。
「?」こんな感じに。」
ライナー 「俺吊れてルーミアだけ残しとかそんなんいやだしロラで頼む。
逆に俺が残っても、まぁみんな結果見ないんなら意味ないしな」
岸波白野 「だからこそ死ぬのか
って驚きがある>だいたい護衛だし
コムギ狼ならだいたい占い噛み」
ゾディアック 「その辺一貫してるならルーミア残しに動いた方がいいかもしれませんね。>霊夢」
ライナー 「今日も俺の話題がないな・・・どういうことだ」
フランドール 「ルーミアは仮に偽なら狂人でも狼でもやりたかったからやったってタイプ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
佐々良0 票投票先 →ルーミア
岸波白野0 票投票先 →ライナー
0 票投票先 →ルーミア
ゾディアック0 票投票先 →ライナー
ライナー5 票投票先 →ルーミア
フランドール0 票投票先 →ライナー
グリム・ミュー0 票投票先 →ルーミア
博麗霊夢0 票投票先 →ライナー
ルーミア4 票投票先 →ライナー
ライナー は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
佐々良 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ライナーさんの遺言 アニメSeason3見てないんだが。俺出てた?
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
グリム・ミュー 「おはよー。霊能噛みの意味を考えたらルーミアの方が狼かな!

ルーミアが真だったら霊能噛みってみゅうなら護衛入ってると考えるから
GJ起きそうだし、GJ起きたらルーミア真に見られるだろうから狼はそれは怖いはず!

だから、もしルーミアが真ならルーミアが噛まれてると思う!
そうじゃないからルーミアが狼のケースかな?」
ゾディアック 「エーテルの輝き。」
博麗霊夢 「おっはよー。」
ルーミア 「あ、ごめん、佐々良○だった」
フランドール 「傘とライナーの質疑応答見てると傘がLWならフランむーりーって感じ。
「頭がよく回る」と「内訳が見えてるので一歩先に出てる」の境界線にいるのが
霊夢とササラって感じで、ササラ霊夢で比較するなら霊夢のが二歩くらい後ろに下がっちゃってる感じ。
そんなことを書いていたらササラ噛まれてるぅ」
「おはよう
ルーミア吊れると思ったらそんなことは無かったぜ
まぁ発言的に俺に黒飛んでこなさそうだし残してメンドクサイことになるのは吊った奴等だろ(まがお」
グリム・ミュー 「すごく真実が分かった人から噛まれた感じがする!」
ルーミア 「じゃあ灰噛みしてくれたらないいや、真だけど吊りでどうぞ、灰ラン
頑張ってねなのかー」
ゾディアック 「意味のない結果を承りました。」
博麗霊夢 「まあ、ロラって2吊り頑張ろうコースで良いんじゃない、ここまで来たら。」
岸波白野 「まぁルーミア吊る」
「お、結構コワイ位置が噛まれてたからヨシ」
ゾディアック 「意味のある明日を目指して頑張りましょう。」
ルーミア 「岸波狼のときは私が悪いでいいのか。
多分傘と岸波いればどうにかなるのかー」
グリム・ミュー 「>傘
狼なら怖い位置だったけど噛まれるならルーミア狼だったんだなーって結果だね」
グリム・ミュー 「そういう訳でルーミア吊りでグレランファイトー!だね」
フランドール 「ササラ、怖いっちゃ怖いけど非狼だったらまー噛まれるのかなあって感じるある感じかなって>傘
まあこれは噛まれた後だから言える話だけど(私からすると霊夢・ササラ両方いてぐおーって胃が痛いのがイヤだったし)」
ルーミア 「フラン、傘、岸波に手をつけないでゾディグリム霊夢から2吊りで勝つゲーム」
ゾディアック 「ルーミア真で岸波狼なら霊能噛んでる場合じゃないでしょう。
占われる可能性が高すぎて、なおかつルーミアの真ケアするかーなんて話になれば死ぬ。」
グリム・ミュー 「フランも灰でいいよね?多分」
「正直佐々良以外の奴らの中だったら霊夢と岸波くらいにしか評価つけてないんじゃよね
後は似たり寄ったりの印象
フランドール 「ルーミアの1個○とかそら(灰扱いなのは)そうよ」
グリム・ミュー 「>ルーミア
その辛い位置に傘が入るのはどういうロジックー?」
ゾディアック 「別にいいんですよ、今日一生懸命意見表明しなくても。
どうせ明日になったら殴られた人の一人くらい死体になっていますから。」
岸波白野 「ルーミア>佐々良占いの理由ってある?」
ゾディアック 「明日になれば一生懸命意見表明するということではありませんのであしからず。」
「死んでるかもしれないから明日きこう」
博麗霊夢 「ルーミアが仮に狼だとしたら、灰狼はルーミアに●結果だして貰って私巻き込んで明日その●吊りに動いて、最終日私吊るムーブしてるんじゃない?
だからまあルーミア真と見てーの、フラン吊る気にはならないかな。」
フランドール 「一応霊能結果が見えていた場合―、コムギ人狼ならば12人村で狼騙りで初手囲いってそのあととれる動きがめっちゃ狭められてしまうので潰しが効かないって点で8割くらい村扱いできたんだけど」
グリム・ミュー 「ちなみにルーミア狼視してるから岸波は村だと思う。
狼ならちょっとみゅうじゃ吊れないかな」
ゾディアック 「むしろ本心では殴りたい相手を村認定しまくって噛まれるように誘導すべきなのでは?」
ゾディアック 「噛まれてない?
なら吊りましょうそれが正義です。」
フランドール 「(以前に12人の狼騙りで初手囲いしたらとっても事故って辛い目にあった経験則)」
「その発想はなかった>ゾディアック」
グリム・ミュー 「ゾディアック・フラン・霊夢から2吊りする感じだと思うかな」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
岸波白野0 票投票先 →ルーミア
0 票投票先 →ルーミア
ゾディアック0 票投票先 →ルーミア
フランドール0 票投票先 →ルーミア
グリム・ミュー0 票投票先 →ルーミア
博麗霊夢1 票投票先 →ルーミア
ルーミア6 票投票先 →博麗霊夢
ルーミア は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
傘 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ルーミアさんの遺言 岸波傘フラン村と判断でGO
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
ゾディアック 「星体観測。」
グリム・ミュー 「おはよー」
博麗霊夢 「おっはよー。」
岸波白野 「ふーむ」
グリム・ミュー 「うん。だいたいルーミア狼かな。
でもフラン吊りはいいかなー」
フランドール 「村々しすぎて護衛されてるかもしれなかったんだから傘を差すのは後回しでもよかったんだよ>狼」
岸波白野 「ぶっちゃけて聞くが
フラン吊りたい奴いる?」
ゾディアック 「狩人いるならCOどうぞ。たぶん出てこなくて今日は殴り合いです。
ゾディアックというクラスは殴り合いに不向きなんですけどね。」
フランドール 「(意訳:別のところ噛んでくれた方がやりやすかったのに……)」
博麗霊夢 「まあ、私としては何度も行ってるけど、ルーミア真でー、ルーミアor霊能のチャレンジをせざるを得なかった、と考えてる。

その上で、岸波や傘が狼なら占い噛むだろうから違う、とまで考えてたわけだけど。」
ゾディアック 「三日目の朝一発言が村狼共に注視していない場所にとんでいるのが
たとえライナー真であったとしても傘の村要素と言っていいのではないかと。実際村でしたね。
せっかく作った発言なので投下します。もったいないじゃないですか。」
グリム・ミュー 「フランールーミアって露骨な組み合わせであるかなー?って感じなんだけど
あんまり見ても繋がり見ないの感じなかったかな」
フランドール 「ぶっちゃけられてとても困るけどそこまで言及してくれてる人がいないって意味で最終日にいきなり矛先向けられても困るのでぶっちゃけてくれると助かるね、確かに」
グリム・ミュー 「>岸波
最終日かな。考えるなら」
ゾディアック 「おおよそフラン吊れないから投票しませんよ宣言。
だいたいゾディ霊夢ミューランでしょう。」
岸波白野 「もっと突っ込むと
ルーミア真で見てる位置いる?」
グリム・ミュー 「>霊夢
ルーミア真で ルーミアチャレか霊能チャレで
霊能チャレってそうそうないと思うけどねー?」
グリム・ミュー 「>岸波
あんまりー」
ゾディアック 「結論ありきで発言しているように見える霊夢と比べればミューの方が素直に見えるため私は今日霊夢に投票しますね。
結論ありきというのはルーミア真狼からのライナーと真狂残りからのルーミア真です。」
フランドール 「んー、グリムに質問だけ投げておきたいんだけど
◇グリム・ミュー 「ゾディアック・フラン・霊夢から2吊りする感じだと思うかな」
あんまりグリムへ言及してる人が少なかったとはいえ、自分自身がこの2釣りの中で使われる可能性って考えてなかったの? 純粋な疑問としてね」
博麗霊夢 「3昼の動きだけ見ると、ゾディアックとミューはミューの方が成功した安堵してる狼らしい封に見えるけど。」
岸波白野 「フラン>二重◎の俺でもフラン噛みでもないのなら、バランス的にそういう噛みをせざるをえなかった位置がありえるか?
は考えるさ」
ゾディアック 「筋としては通っているように見えますし、ブレてはいませんが、それだけに結論ありきに見えますね。」
グリム・ミュー 「霊夢とゾディアックはルーミア真想定かー」
グリム・ミュー 「佐々良 0 票 投票先 → ルーミア
岸波白野 0 票 投票先 → ライナー
傘 0 票 投票先 → ルーミア
ゾディアック 0 票 投票先 → ライナー
ライナー 5 票 投票先 → ルーミア
フランドール 0 票 投票先 → ライナー
グリム・ミュー 0 票 投票先 → ルーミア
博麗霊夢 0 票 投票先 → ライナー
ルーミア 4 票 投票先 → ライナー
フランドール 「ルーミア単体だとそこまで真みてないんだけど、初日の挨拶挟んでからのCOといい「そういうことをする真はいるかもしれない」くらいの感じ>岸波>ルーミア真みるかどうかに関して」
博麗霊夢 「>グリム
なんで? どっちか噛めばルーミア死ぬじゃん。
じゃあ狩人との読み合いでしょ?
岸波や傘なら確定で霊護衛する派だから、そこ狼なら占い噛むだろうけど、
違うパターンもあるんじゃないの?」
グリム・ミュー 「3日目のランがそのままルーミア真で見てるか狼で見てるかの差か」
ゾディアック 「そうではありませんと言いたいところですが、あの三人の占い師候補ならルーミアが最も真に見えるかなというのが本音です。>ミュー」
グリム・ミュー 「なら、そのパターンでの狼位置はどこー?」
博麗霊夢 「3日目で噛みに対してオドロキだけして、そこからの考察でるのが遅かったミューは視点隠したかったのもあるんじゃないかな、って思ってるけども。」
フランドール 「ああそうか、確かに私がLWであれば今日に岸波→明日に傘、とかだったら私(フラン)の位置が浮くっちゃ浮くもんね。
でも私自身からしたら、そこまでルーミアの○だからで逃れれるような立場と感じてないわ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
岸波白野0 票投票先 →博麗霊夢
ゾディアック0 票投票先 →博麗霊夢
フランドール0 票投票先 →グリム・ミュー
グリム・ミュー2 票投票先 →博麗霊夢
博麗霊夢3 票投票先 →グリム・ミュー
博麗霊夢 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ゾディアック は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
博麗霊夢さんの遺言
             __                 __
             从> 、             / ̄ ̄i入
           斥.ソ ; ; ; \      /; ; ; ; ; ; イハ
             くり; ; ; ; ; ; ミ ;ヽr ―‐vヘ彡; ; ; ; ; ; {イi
           从; ; ; ; ;__;> :"  ̄ ̄: `: < ; ; ; ; ;ヘ 入
             そハ ; /: /:/: : :/l : : ヽ : : : \; ; ;んイ
           >入/ : / : /: : :/ !: : : :',: : :l: : :ヽ/んへ,
          //::7: :.,' : : l : : /  l : : :.:|: : :|: : : :∨l; ; ;ヘ,
        /; /: : {: l: |: lr: l‐:、|   !: ,r/‐:.、.|: : : :.|: |; ; ; ヘ,
       /; ; /: /: ハ:ヽl´lヽ:|人|   |:/ヘ∧ノ!:..: :.:|: :! ; ; ; ;l
        /; ; ; /: イ: : :へ:ヘ:ヘ            |7イ: : /:.∧; ; ; ;|
       /; ; ;./: :/ : : : : :ヘ!;ハ´ ゙̄  ,  ´ ̄`l;;;;|: /: :,' |.; ; ;/        無職の巫女。
       |; ; ;/: :/ : : : : : ぇト小、  ┌‐┐  ,.辷!/: :イ  l ; /
       |; ;/: :/: : : /: : : 7:7:.:.> 、ヽ_ ' ,<イ : | : : :|.  |;/
       |;/: :/: : : /: : : :/: /ュ-ェ-ノソ    l¨ヾ|:.:.:|: : : |
      /: :/: : : /: : :.:/: :/トl ; ; ; ; ヽ ./;.; ;.;.|:.:.:|そ:.:|
      /: :/ : /ヽ-、/: : ハヘ ; ; ∠ニへ; ; ; ;.|:.:.:|∧: |
      /: /厂{!; ; /-./: : /ヽ》入/; 〈__〉-ヘ ; ; |:.:.:| ∨!rー==ュ _
     /. /ヘ;_/ヾくー|: : / /; / ̄.从 ̄\ ; |:.:.:|/  rー| ; ; Y; ; ;}
.   / ,.' 〈ソへ ̄~| :/\{ く / / l lヽ ヽ,.ヽ|: / />  ̄\〆、/
.   ,'    ヽ/\ |/  .|; ;〈 /  ! rえ 〆|/.//       ̄l
  ,      ∧  \ヽ /; ; ;⌒;⌒ヾ; ;〝; ; ; /:.:. : . .       ヽ、
          /: :\.  \ミ>ュ、_; ; ; ; ; ; ;_ュ;>イ:.:. :. : . : . . .     ` ー――
       / : : : : \.  \f; ;ヾ`,ー; 彡=-;ト、ヽ:.:. :. : . : . . .
        /: : : : : : : : >'  ̄; ; ; ; ; ; ;.:;.:;.:;./;.:;.:;l \:. :. : . . .  .
.     / : : : : : : /; ; ; /;.: ; ; ; ; ; ; 彡; ;.:;.:;.:;.:l  l:.:. :. : . . . .
     /: : : : : :/; ; ; ; ;/;.:;. ; ; ; ; ; ; ; ; ;.:;.::;.:;.:;;ハ ヽ,:.:. :. :  . . .
     / : : : :/; ; ; ; ; ; ;i;.:;.:;.: ; ; ; ; ; ; ;.:;.:;. ; ; ; ; ;ハ_\:. :. : . . . .
.    / : : /; ; ; ; ; ; ; ;:.;:l;.:;.:;.:;..:;.:;.:;.: ;:;.:;. ; ; ; ; ; ; ;ハili|>ヽ:. :. : . . . .  . .
   /: :/; ; ; ; ; ; ; ; ; ;.:;.:;l;.:;.:;.:;.:;.:;. ;.:;. ; ; ; ; ; ; ; ; ;.:;ハ|;. ; ;.:;\:.:. : . . . . . .
.  /:/; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;.:;.:l; ;.:;.:;.:; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;.:;.:;.;.:|;. ; ; ;.:;.:;.ヾミ 、:_._ ./ ̄
 〃; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;.:; ; ; ; ; ;.:;.:; ;.:;.:; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;.:;.::;/ !;. ; ; ; ; ; ;.:;.:;.\ ヽ 二二
/; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;.:;.:; ; ; ; ; ;.:;.:; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;.:;.:;/;.:;.!;. ; ; ; ; ; ; ; ;i; ; ;\
; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/;.:;.:; ; ; ; ; ; ;.:;. ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;.:;.:;/;.:;.:;.|;. ; ; ; ; ; ; ; ;|; ; ; ; ;.\
;.: ; ; ; ; ; ; ; ;.: /;.:;.:;.:;. ; ; ; ; ; ; ;.: ; ; ; ; ; ; ; ; ;.:; ;/;.:;.:;.:;.|;. ; ; ; ; ; ; ; ;|; ; ; ;.:; ; ; \
;. ; ; ; ; ; ; ;.:; /;.:;.:;.:;.:;.: ; ;. ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;.: ;/;.:;.:;.:;.:;.|; ; ; ; ; ; ; ; ;.!; ; ; ;.:;., へ; へ
; ; ; ; ; ; ;;.:;.;/;.:;.:;.:;.:;.:;.: ; ;.:;. ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;.:;./;.:;.:;.:;.:;.:;|; ; ; ; ; ; ;.:;.:;l; ; ;,:;.:∧  ヽ
ゾディアックさんの遺言 ゾディアック弱いって言ったやつはセスタスに謝れ。
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
グリム・ミュー 「おはよー

◇フランドール 「んー、グリムに質問だけ投げておきたいんだけど
◇グリム・ミュー 「ゾディアック・フラン・霊夢から2吊りする感じだと思うかな」
あんまりグリムへ言及してる人が少なかったとはいえ、自分自身がこの2釣りの中で使われる可能性って考えてなかったの? 純粋な疑問としてね」

みゅう視点の話だからねー。自分が死ぬことを計画に入れるのは人外だけだよ!」
グリム・ミュー 「ゾディアック噛まれるんだ!?」
グリム・ミュー 「誰も起きてこない!!!」
フランドール 「まじで、そこで霊夢噛むのけ。って思ったらゾディだったわ(遺言だけ見て1分前の思考が途切れる」
岸波白野 「コムギ>駆逐艦岸波、秋月涼に少し似てない?
これは冬コミで男の娘本沢山出るに
ギルガメッシュの魂を賭ける」
岸波白野 「ゾディアック噛むのか」
グリム・ミュー 「>フラン
霊夢噛まれるってそんな意外な位置だったの?
仮に生きてたとして?」
フランドール 「自分がこれ最終日まで堪えられるメンバーじゃないなあって思ったときに、最終日になって自分が吊られるくらいなら整理吊りされた方がいいしーとかそういう感覚はないのか。
今回の村のミューの立場がそういうのならさておいて」
グリム・ミュー 「かみだけ見ると岸波だねー狼」
岸波白野 「遺言に書いてた話抜粋すると
ゾディ吊り切り視野にしてたんだよなぁ」
グリム・ミュー 「それはスタンスの違いだよ!」
フランドール 「なんか霊夢吊られたことを半分忘れてたけど、霊夢はやられるとしたらSG候補扱いではないかね?>ミュー」
岸波白野 「その心は?>噛みだと」
グリム・ミュー 「村だけど整理吊りされる必要性があるとは思ってないもん
みゅうが吊られるのはメリットないもん」
フランドール 「すっげえ怖い話するならば岸波LWで最終日にそっち向かってくるかもしれなかったゾディ噛むとかそういう話になるんだけど、んー
そんでも序盤の噛み筋がなー」
グリム・ミュー 「>岸波
だってルーミア真だったら狼位置じゃない? 岸波って?」
岸波白野 「ルーミア真を復活させるぐらい、俺の噛み筋か?>グリム」
グリム・ミュー 「正直みゅうはねルーミア真は見てないから岸波村だとは思ってるけどね。
あくまで噛みだけ見たらってこと」
フランドール 「岸波LWなら、コムギ狼で初手で誤爆かわからんけど狼騙り吊られて霊能噛んだか、
コムギ狂人ルーミア狼でライナー真わかってたのに温存してたってことじゃん。怖いじゃん。」
グリム・ミュー 「>岸波
霊夢もゾディアックもルーミア真見てたからねー」
岸波白野 「昨日時点だとあまりルーミア真を見てないと聞いていたし
ルーミア真ならフラン噛まれるんじゃないか?」
グリム・ミュー 「ルーミア真見てる位置が両方死んだら岸波ってつれないもん」
グリム・ミュー 「だから噛みだけ見たらって」
岸波白野 「二人が真見てたのとグリムの視点は関係ないだろ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
岸波白野0 票投票先 →グリム・ミュー
フランドール1 票投票先 →グリム・ミュー
グリム・ミュー2 票投票先 →フランドール
グリム・ミュー は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2018/09/18 (Tue) 22:29:01
うちはイタチ 「というかあの発言の流れだと
グリム・ミュー投票しかできなくないか岸波視点」
岸波白野 「お疲れ様」
博麗霊夢 「お疲れ様ー。」
GM 「お疲れ様でしたー」
コムギ 「お疲れ様です」
うちはイタチ 「おつかれェ!!」
グリム・ミュー 「ぐわー負けたー」
ライナー 「お疲れさん。」
ゾディアック 「お疲れ様でした。」
ルーミア 「おつかれさまー!お仲間も村もナイスゲームなのかー!」
「おつかれさまですた
村勝利ありがとう」
フランドール 「お疲れ様よ。」
ゾディアック 「まことに。>ルーミア」
ルーミア 「というわけでちょっと支援いってくるのか、同村ありがとー
お仲間はつぎかとー!」
ライナー 「あの最後の発言で外してたら流石にハズいしな…」
佐々良 「お疲れ」
グリム・ミュー 「ライナー真だったか―」
GM 「村陣営おめでとうございます」
コムギ 「さてと、同村村建てに感謝しつつ、コムギはぶくぶくしますね
お疲れ様でした」
フランドール 「序盤のゾディとかの指摘がなかったら岸波LWなにそれ怖いって視点にはたどり着いてなかったんで感謝。」
「ライナーはスマンな 白野占いはGJだ」
ゾディアック 「コムギを怪しんで投票し、実際騙りだったわけですが
「人狼に●を投げられて不審なふるまいをする狂人」の可能性を薄く見過ぎていましたね。」
フランドール 「うん、真占いすまんかった」
うちはイタチ 「まあ2昼のコムギがルーミア投票してない(岸波がいろいろ2昼に指摘してるのに)のが
ルーミア落ちたら人狼霊能結果が出るのを嫌がってライナー投票した狂人だった

というのはある意味盲点だったな」
ゾディアック 「基本、私は狼陣営にいいように操られていました。もう少し火力があれば。」
「ではではお疲れ様でした
同村村建て感謝します」
博麗霊夢 「ライナーは状況的にほぼ確実に非狼だから残そう、と言ってルーミアを先に吊れたとしてもロラを止められたかは正直無理な気がする。」
うちはイタチ 「やはり情報になるものだな投票は」
佐々良 「コムギは吊られ際が自吊り許容してたしライナー真じゃんって感じだったので吊れてた時はちょっと泣きそう感あった。」
ライナー 「占うとこそこしかないしな。
霊能結果が出て有利になる占いなら岸波だし。」
岸波白野 「それじゃお疲れ様
GMは村立て感謝」
佐々良 「私はライナー残し主張したけどね。出来たかは別として」
グリム・ミュー 「どうしたらよかったかなー?うーんわかんない!」
博麗霊夢 「それじゃ私はこの辺で失礼するわね。
村建て感謝、お疲れ様。」
フランドール 「ほんま頭回ってなかったのと、占い師そこまで見てなかったもので……>ライナー投票してた」
うちはイタチ 「フランドールかめば岸波がゾディアック誘導したから
それに乗っかればいいんじゃね(超結果論)」
ゾディアック 「お疲れ様でした。GMと鯖管さんに感謝します。」
グリム・ミュー 「フラン噛みで良かったかな?うーん?」
ライナー 「ロラは止まることはないだろうな。俺も釘を差していたし。
生き残ったとしても村にいい情報を残せたかは知らん。普通に◯占いしてるんじゃない?」
佐々良 「岸波吊りよりはフラン吊り殺しに行く方が勝ちやすいかなーって印象はあったけど上で見てるだけなのでわからん」
岸波白野 「イタチ>遺言抜粋すると、グリムかゾディアックって考えてはいたから
その辺りは悩ましいな」
うちはイタチ 「というか岸波にかみ筋で狼っていって
なおかつ投票はフランはしんどくないか?
岸波視点「あれ、これフランが俺に投票したらやばくね?」ってなって
グリム・ミューしか投票できんし」
グリム・ミュー 「岸波視点でフランとみゅうでルーミア狼見るならみゅう狼なのかな?
分かんない!」
フランドール 「うん、最終日はフランvsグリムかなーって半分思ってたらなんか明後日の方向で乱闘始まってて困惑してた」
岸波白野 「グリムはルーミア真見てない位置だから
フラン噛まずに傘噛む位置足り得たので
ゾディVSグリム
が本線だった」
うちはイタチ 「でもなフラン
最終日のグリム・ミューはフラン投票なんだ……」
ライナー 「それじゃな、お疲れさん&村建て感謝。
超超大型巨人がキモいらしいってのは知ってる。>アニメ」
グリム・ミュー 「だって岸波は村だって言ってるもん。
投票しないよー」
フランドール 「なん・・・だと・・・>イタチ」
グリム・ミュー 「あの流れで投票するなら間違いなく人外だよ」
岸波白野 「グリム>ルーミア真復活があまりに早すぎたように感じたかな
占いの真偽に関して自分の都合でシフトした感触というか」
グリム・ミュー 「え?どうして岸波投票すると思ったの???」
うちはイタチ 「ルーミア真でみてる人間を大量に噛み殺して
ルーミア真なら岸波人狼じゃね?っていって
岸波投票する理由解説じゃなかったのか最終日のあれは……」
グリム・ミュー 「ルーミア真じゃない?なんて一言も言ってないんだけど!!!」
岸波白野 「噛み筋なら岸波狼だね
と言い出したのがな
岸波狼考えてないなら言う必要は薄い」
グリム・ミュー 「ちがうよー? >イタチ」
うちはイタチ 「そうにしかみえねえ……」
岸波白野 「違うなら違うでリソースの割き方が村に見えなかった
という話ではあるかな」
うちはイタチ 「まあ岸波本人が
あ、これ今オレ誘導きてるなこれって思ってるかまでは知らんが!!」
フランドール 「むしろ「私が判定役???(音速でミューに投票しながら)」みたいな印象だったけど……」
グリム・ミュー 「それならしっかりとルーミア真おすし
押してないから普通にルーミア真は切ってるってことだよ」
うちはイタチ 「俺は霊界からみてて
普通に岸波誘導してるなあって思ってました」
岸波白野 「イタチ>まぁフラン村に寄ってたから
グリムの説明次第とは思ってた」
「おっ岸波吊りに行くんか…? 勇気あるやんけ!
って霊界で俺も思いました…」
うちはイタチ 「グリム・ミュー本人はフランに投票している以上
岸波人狼は思ってなかったというのは事実なんだろうが
多分誰にも伝わってない気がします(真顔」
グリム・ミュー 「??? アレで岸波誘導してるなら
◇グリム・ミュー 「正直みゅうはねルーミア真は見てないから岸波村だとは思ってるけどね。
あくまで噛みだけ見たらってこと」

これは言わないよー!
岸波白野 「村ならその可能性挙げるリソースの分もフラン殴るか
岸波村で見てると消去法の補強する
という結論に最終的には至った」
岸波白野 「ミュー>村なら噛み筋だけなら岸波狼だね、も言わなくていいとは思ったかな
疑っていないのなら」
岸波白野 「二人の様子見ながら
乗った方に便乗したい位置に見えたのはある>どちらなのか、で迷ってる風でもなかったから」
グリム・ミュー 「えー岸波〇だろうから噛み筋はそこ狼だけど違うからフランだねーって誘導なんだけどな」
うちはイタチ 「まあぶれそう!!とかそういう流れならいうけど
ぶれないならいわないか?
仮に言うにしてもフランが岸波LWに見せかけるためにルーミア真で見てる人をなんとかかんとか」
うちはイタチ 「でもフランLWだったらどうみてもグリム・ミュー投票する流れしか
できてないから全くこの説が成り立たないってばよ……」
フランドール 「噛みだけ見たらすごい混乱するだけどー!って部分に関しては噛み筋に関与していませんよアピールになるので一概には言えないけども
結局最後は噛みだけ見たら岸波LWに~に話題の重心がいってる感じ」
岸波白野 「噛み筋に触れなくてええやん>岸波狼見てないなら」
フランドール 「あと。ライナーに怒られそうだけど、ライナーが岸波○出してたの見落としてました☆(というか占いの真偽を思考から外して考えていた。ルーミアも「そういう真もいるかもしれない」枠にぶちこんでいたので」
うちはイタチ 「やっぱり唐突だったのが違和感あったのか……的なあれか」
うちはイタチ 「それではお疲れなのだ……
まあ別に村でもブレるときあるしLWがぶれてもいいとは思うけどな
俺はよくぶれる(きりっ」
岸波白野 「イタチ>というかまぁ、噛み筋持ち出すと
フランは自分入れるかもしれない岸波優先して残してるしで
フランがこの噛みするのか?の視点も無かったのがな」
フランドール 「それじゃあおつかれー」
岸波白野 「それじゃ改めてお疲れ様」