←戻る
【紅3769】やる夫達の普通村 [6880番地]
~失礼しました~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6
icon 人類悪GM
(生存中)
icon ネプギア
(生存中)
icon やらない夫
(生存中)
icon サウザー
(生存中)
icon 左右田和一
(生存中)
icon やらない子
(生存中)
icon ねむりん
(生存中)
icon フランドール
(生存中)
icon ジョルノ
(生存中)
icon 上嬢当子
(生存中)
icon 博麗霊夢
(生存中)
icon 逢坂大河
(生存中)
村作成:2018/10/21 (Sun) 21:28:51
GM 「「【禁止事項】
 村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼COを除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、意図的突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ、人外の村人騙り騙り(狼、狂人、狐問わず、役職CO後からの撤回村人COの禁止、村人騙り禁止であるため)

【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み

【参加者全員へ】 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
 投票延長は1日1度まで,,遅れる場合は名指しで警告します 遅くとも2:00過ぎまでには投票しましょう
 ※狼の夜中の会話or共有の夜中の会話ではOKです。
 また、処刑投票の際の突然死は、いかなる場合であっても続行と致します。
 夜投票の際の突然死は、ノーゲーム処理と致します

【観戦者の方へ】 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。

 https://t.co/xmYEix5WhC」

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」」
GM 「建てました 50分開始!」
ネプギア が村の集会場にやってきました
ネプギア 「こんばんはー」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 人類悪GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 10085 (ぐだ子)」
ネプギア 「(のんびり」
人類悪GM 「よー」
人類悪GM 「なんか建てる場所まちがえたくせーんだけど」
ネプギア 「そうですか?」
ネプギア 「別に気にすることないと思いますよ」
テコンダー が村の集会場にやってきました
テコンダー 「おう。このまま行くの?」
ネプギア 「私はとりあえず待ちますよー」
人類悪GM 「えーと...どこからタイトルかえるんだ?」
ネプギア 「えーっと」
テコンダー 「早回し要員なので続行ならヌケルデー」
人類悪GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
テコンダー 「右上に村情報変更みたいなボタンない?」
ネプギア 「右上にオプション変更みたいなものが」
ネプギア 「ありましたね」
テコンダー 「おk」
人類悪GM 「あ、こういうことか?」
ネプギア 「それで大丈夫ですね!」
テコンダー 「大丈夫そうね。南北統一も果たしたしヌケルデー」
テコンダー は テコンダー に KICK 投票しました
テコンダーは席をあけわたし、村から去りました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
かり が村の集会場にやってきました
人類悪GM 「たぶんこれで不穏って思われて集まらねえまである」
かり 「はいっとくーちょっとまだ体あかんけど」
ネプギア 「こんばんはー」
ネプギア 「集まらない時はどうしたって集まらないですから」
ネプギア 「たぶん開始時間ぎりぎりに何人か滑り込んでくれると思いますよ」
サウザー が村の集会場にやってきました
ネプギア 「気にせずお喋りしてて大丈夫ですよね!」
サウザー 「俺の名を言ってろォ!!!」
ネプギア 「私はネプギアです!」
人類悪GM 「なんかドレッシングみたいな奴>>ドレッシング」
サウザー 「そうです麗しの世紀末から来ました
将星のサウザーです」
左右田和一 が村の集会場にやってきました
サウザー 「なんか誰も正解してないんですけどォ!!!」
左右田和一 「おっすおっす、よろしくってな」
サウザー 「涙が出ちゃう…だって…
聖帝だもん…」
やらない子 が村の集会場にやってきました
やらない子 「よろしく」
ネプギア 「こんばんはー!」
人類悪GM 「おいすー」
左右田和一 「世紀末がから18年もたてばそらまあなぁ。
いらっしゃいってな。」
ネプギア 「かりさん次第では一列目から色物枠になりそうですね
私が入ってるのはな、なんというか…(」
ねむりん が村の集会場にやってきました
サウザー 「エブリディ世紀末だ
この俺があるところに世紀末があるんだ」
ねむりん 「よろしく……むにゃむにゃ」
サウザー 「何故ならばそう、聖帝だから!!!」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → やらない夫
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 9980 (やらない夫08)」
左右田和一 「ナチュラルに俺も含まれたんだけど。
俺ってモブ・ザ・モブ枠なんだけど。
絶対途中で死ぬと思われていたモブ枠なんだけど。」
やらない夫 「よっと」
人類悪GM 「んまあこんなもんか。どーするよ、延長する?」
フランドール が村の集会場にやってきました
フランドール 「よろしくー」
ネプギア 「私は延長は構いませんよ!」
やらない子 「投票はした、即ちどちらでもいいということ」
ねむりん 「ぐうぐう>延長」
ネプギア 「あ、ほら色物枠に巻き込まれちゃって…」
人類悪GM 「んじゃ5分延長すっか」
やらない夫 「別に10時開始とかでもいいぜ」
左右田和一 「延長したい奴がいたらまあ合わせる感じかな。
俺は時間道理に開始でもいいと思うがね。」
やらない夫 「ういうい」
サウザー 「俺のどこがネタ枠って証拠だし!!!」
やらない子 「まっそーな所よ>サウザー」
左右田和一 「書き込みが1人だけ濃いからじゃね?」
サウザー 「>ねむりん
ほらちゃんとお布団で寝ないと
聖帝のようなビッグな男になれませんよ全く(運び運び」
やらない子 「書き込みの濃さでいうとやらない夫も大概よね」
サウザー 「度合いで言うとやらない夫も似たようなものでは???」
ジョルノ が村の集会場にやってきました
左右田和一 「これはイチゴ味。
そしていらっしゃいってな。」
ジョルノ 「宜しくおねがいします」
ねむりん 「通報しました>サウザー」
サウザー 「ネタが被ったぞ法廷で会おう!!!>やらない子」
サウザー 「なぜだァ!!!」
上嬢当子 が村の集会場にやってきました
左右田和一 「やらない夫は気合入れて書き込みました感があるからな。
サウザーはそれでデフォだから。
これが世紀末クオリティ。」
やらない子 「>サウザー
法廷であっても後に言った貴方の敗訴で終わるのでは」
ネプギア 「右の男の人はかっこいいのかかっこよくないのか…」
ジョルノ 「しっくり来るRPが思いつかないな……」
上嬢当子 「はいはいどうも上嬢さんですよっと」
サウザー 「そこはお前聖帝の権力と暴力でもってだな」
左右田和一 「RPに悩む今を時めく5部主人公」
サウザー 「帝王繋がりだ…
今なら特別にお父さんと呼ばれてやっても…ええんやで!!!>ジョルノ」
サウザー 「…ええんやで!!!!!」
ジョルノ 「5部読み込んでないんで名言とか言いづらいんですよね
変えようかな……」
人類悪GM 「おーうジョルノ大丈夫かー?」
ジョルノ 「無駄ァ!!」
博麗霊夢 が村の集会場にやってきました
ねむりん 「このジョルノ・ジョバーナには夢があるって言っておけばだいたいそれっぽくなるよ」
博麗霊夢 「よろしくね」
ジョルノ 「ライター消してしまった……」
左右田和一 「ジョルノの中の父の血が出てきた」
人類悪GM 「開始時間過ぎてるなら帰るなら40秒で支度しな」
サウザー 「なんでさァ!!!」
上嬢当子 「上嬢さんなんてアニメしか見てないレベルなので大丈夫ですよ
ライターの火を守っていきましょう」
人類悪GM 「帰らないでな変える」
やらない子 「『何度も同じ事を言わせるってのは無駄なんですよ』って言っておけば許されると思う、理由は私が好きだから」
人類悪GM 「んじゃ開始の合図頼むわ」
ジョルノ 「いえ、これでいいですよ」
左右田和一 「>ジョルノ
おっ、なんだ。このライター転嫁できるじゃねぇか」
上嬢当子 「いったそばから消えてた!」
サウザー 「いいんだぞ?セリエAのスター選手よりも
ギャングスターよりも
この聖帝サウザーに憧れてもいいんだぞ?」
ネプギア 「このネプテューヌには夢があるッ!
ってお姉ちゃんなら言いそう…」
かり が村の集会場にやってきました
ジョルノ 「責任転嫁しておきます>左右田さん」
上嬢当子 「そして左右田さんに死亡フラグが…」
左右田和一 「安心しろ!死にそうで死なないと有名なのが俺だぜ?」
ネプギア 「あ、はーい」
ねむりん 「zzz……」
ジョルノ 「あなたちっとも爽やかじゃないんですよ>サウザー
僕がなりたいのはそんなのじゃない」
やらない子 「原作ロンパ的に左右田が死んだらクロは誰になるのかしらね」
ネプギア 「かりさんの即時準備を確認次第カウントいきますねー」
ジョルノ 「愛を感じられない人は信用できませんからね。」
人類悪GM 「まあかりずざはしたことあるしアタシからはなんも言わねーけど」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 逢坂大河
アイコン:No. 10 (さくら色) → No. 976 (逢坂 大河)」
左右田和一 「>やらない子
ソニアさんが筆頭になると思うんです(震え声」
サウザー 「そういやセリエAってずっとエーって読んでたけど
あれセリエアーなんだな」
ジョルノ 「セリエエーって読みづらいでしょう。
僕もそう思ってましたけど」
人類悪GM 「まだ開始の合図してねーしな。」
サウザー 「明日使えるジョジョ知識だ
ありがたく受け取るがいいフハハハ」
逢坂大河 「お待たせ
ネプギア 「ではカウントいきます!」
人類悪GM 「てかこーなるならはじめから10分延長で良かったわな。」
上嬢当子 「眼蛇夢とかになるんじゃないでしょうかね>クロ
正当防衛で殺しちゃったパターンが見える見える…」
ネプギア 「5!」
ネプギア 「4!」
ネプギア 「3!」
サウザー 「分かった、では間を取って
我々二人でセリエAを目指そう」
ネプギア 「2!」
やらない子 「10分延長すると15分後開始になるのが常だからこれでもいいんじゃない」
ネプギア 「1!」
ネプギア 「一人ピンボケしてますけど開始です!」
ゲーム開始:2018/10/21 (Sun) 22:00:51
出現役職:村人6 占い師1 霊能者1 狩人1 人狼2 狂人1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆人類悪GM GMはYuu 手間取らせてすまねーな」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
人類悪GM は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
人類悪GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
ジョルノ 「おはようございます。皆さん。」
博麗霊夢 「おはよー。」
フランドール 「おはよー」
左右田和一 「占いCO フランドール〇」
やらない子 「おはよう」
ネプギア 「お姉ちゃん、朝だよー!


線の濃さではジョルノさんが割とトップに見えますね!

私の隣の男の人はなんていうか…ごめんなさい!」
サウザー 「あたーらしーいーあーさーがきたー!!!
きーぼーおのーあーさーだァ!!!!」
ねむりん 「ねむりんは占い師でーす ジョルノは村人だよー」
やらない夫 「占いCO:逢坂大河○」
左右田和一 「ソニアさーん!見てますかー!超高校級の占い師になりました!
すっごい胡散臭い高校級だけどがんばってきますよ!!
占い先はフランドール。あれだ、やっぱお嬢様系だよな。
まだ幼いけどあと数年後にはソニアさんみたいになると思うと
占わずにはいられないぜ!!」
やらない夫 「理由:なし」
サウザー 「はい」
ねむりん 「ねむりんの友達に暴力団からお金をもらっている魔法少女がいるんだー
友達がイタリアンマフィアと抗争になってもいいようにジョルノに袖の下を渡しておくねー」
上嬢当子 「おはようございま~す」
逢坂大河 「おはよ」
ジョルノ 「3COですか」
やらない子 「3-0っぽい」
ネプギア 「3人出てますね」
博麗霊夢 「じゃ、占い3ならロラって明日でいいか。」
左右田和一 「超高校級のメカニックだと思った?
残念!超高校級の占い師だべ!!」
やらない夫 「んじゃ霊潜って機械的に吊ろうな」
フランドール 「3COだねー」
ねむりん 「zzz……>対抗2」
サウザー 「ロードローラーの時間だァ!!!」
上嬢当子 「占い師がいっぱいで上嬢さんは嬉しいですよハイ」
やらない夫 「吊れた方の○占うことだけ言っとく、おやすみ」
フランドール 「んじゃローラーだー」
サウザー 「ってするつもりなんだが委細無いな」
左右田和一 「これは霊能欠けたかな?もしくは裏にロラをしろってことか?」
ネプギア 「では
グレラン一回はさむ手もあるにはありますけど
占いろーらーでいいと思います」
ねむりん 「むにゃむにゃ>霊能出てこない」
逢坂大河 「霊が潜るならロラになるけど出るなら別にグレランでも。」
やらない子 「潜る霊能いるかぁ?って思うけど。
霊能いないならグレランでよくない」
ジョルノ 「霊能COさせて護衛させるのも手だとは思いますがね
潜伏するならそれもいいでしょう」
博麗霊夢 「どうせ明日出るんじゃない?>霊能
出なかったら初日ってことで。」
ネプギア 「霊能は…素直に欠けで見た方がやりやすいかなと」
上嬢当子 「霊能者が出ないなら占い師吊っていきましょうか
いやまぁ霊能者が仮に初日だとしたらグレランして占い師決め打ち路線の方が良いかもしれないんですが」
ねむりん 「上嬢さんが喜んでいてねむりんもうれしいよー
普通は占い師なんて一人しかいないはずなのに占い師がいっぱいいるなんてサービスいいよね~」
サウザー 「いつつもりでロラる気だったんだが」
フランドール 「私は逆かなー>やらない子
私霊能がいないならローラーしたい」
左右田和一 「まっ、この展開ならロラだな。
霊能がいれば狼吊って残してもらえるんだが。」
逢坂大河 「潜ってるなら遺言どうぞということで。」
ねむりん 「村有利過ぎないかな?
霊能者がいないからプラスマイナスゼロなのかな?」
ジョルノ 「僕は袖の下をもらうより渡すほうなんですけどね」
上嬢当子 「機械的に全員吊り切って残り2吊りでLW当てる確率と
確定村役がいない状況で決め打ち成功させる確率って
前者の方が高い気はしますね」
サウザー 「流石に明日辺り霊能初日見て
アアアアアア騙るぜエエエエエエエ!!!
な狼が来るというのは」
やらない夫 「作業プレイじゃなくなるとオレが真面目にやらないせいで村が負けたみたいないわれなき非難を受ける可能性があるが報われにくいポジで真面目にやりたくはないので脳死作業して欲しい(わがまま」
ネプギア 「潜ってるならそのまま潜ったままでいてほしいですね
乗っ取りとかこの形から明日平然とできそうじゃないですか
私はそこまで見たくないです」
左右田和一 「対抗が占い先に関して言ってるから俺も宣言しておくぞ。
対抗は占わん!だって対抗とか人外でわかってるしロラだろ?
ならば俺はLWを見つけるぜ!!」
サウザー 「ちょっと聖帝考えにくいんだけど」
やらない子 「>フラン
霊能がいないなら本当にローラーにしかならないからね
ロラった後全灰グレランするなら別に今日やって占い噛まれるか見てもよくない」
ジョルノ 「ロラされたくない占い師っています?>左右田さん、ねむりんさん、やらない夫さん」
ねむりん 「うふふふふ
未来を見通すねむりんアイはごまかせないのだよ
君に袖の下を渡しておけばかなり良いことがあるのだ~>ジョルノ」
博麗霊夢 「>サウザー
それで真霊能も潜ってて詰みって展開素敵じゃない?」
やらない子 「明日非占いが噛まれるんならそれは灰が一個減るって事だもの」
ねむりん 「袖の下あげたからねむりんには投票しないでください>ジョルノ」
上嬢当子 「結果には頼れないので各自の発言で村アピしていきましょうってことで
霊能者初日だとしたら発言が強い人が生き残るゲーはっじまるよー 」
やらない夫 「オレが吊れた方の○占うつってんのはそれなら確定○ができる可能性一応あるからね、一応伝えとくと」
サウザー 「明日3-2になるのが見たいからやっていいぞ!!!>やらない子」
左右田和一 「そらロラされずに残差いてくれるなら大歓迎さ。
だが霊欠けっぽい状態で残すといわれても辛いだろう?」
サウザー 「聖帝は面白いことがみたいのぉ!!!」
やらない子 「>上嬢
私が提案してるのはグレラン→占い吊りきり→占いが噛まれてたら2吊り、生きてたら1吊り勝負」
フランドール 「本当にローラーで問題ないと思ってるからなー」
上嬢当子 「いやー別に潜伏してる霊能者は出てくるなら出てくるで良いと思いますよ
明日とか特に、2COになったら全ロラで終わりなのでー」
ジョルノ 「3−2になったら吊り数的に詰みですね……」
ネプギア 「霊能だったり17の共有だったり
噛みの安牌な位置がいない中で灰を噛んでくれるなら
それがまた情報になりそうですから」
逢坂大河 「3-2になるんだったら終わるから別に。」
やらない夫 「霊居ないなら●引いた場合ですら結果に(村がきちんと進行する分には)意味ないしどこ占っても変わらん」
左右田和一 「なら霊ロラでなるべく行きつつLWを探す。まあこれだな。
霊能がいないから護衛がもらえるかもしれないし。」
ねむりん 「聖帝はわがままだな~
ただでさえ一発変換されなくて変換めんどうくさいのに~」
左右田和一 「霊ロラじゃねぇ!占いロラな!」
やらない夫 「ので、霊が居て明日霊結果が見れた場合に意味がある可能性がある場所を占うべき、という話」
ジョルノ 「まぁ同時に、3−1での霊能乗っ取りとかあったら
かなりヤバイ予感もしますがね」
逢坂大河 「グレラン先に挟むってことは、占い師をきっちり見るよって事に違いないから」
やらない子 「>サウザー
グレランして3-2って話?
それ霊ロラ対抗占いでなんかルートなかったっけ」
ねむりん 「それじゃおやすみなさーい」
サウザー 「サウザーって呼んで…いいよ…>ねむりん」
ネプギア 「灰って入力すると3回くらい
ハイって最初に出るんですけど私のパソコンはそんなにウルトラソウルなんですか???」
逢坂大河 「見る気無いなら占いロラでいいって話」
上嬢当子 「噛みを役に使わせるか灰に使わせるかの問題ですけども
まぁ別に潜伏霊能が居るかもしれないっていう状況で
グレランを灰の人が言っててもどうしようもないと思いますよ>やらない子さん」
ねむりん 「また明日~」
サウザー 「特別に…許しちゃう☆」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
ネプギア0 票投票先 →やらない夫
やらない夫3 票投票先 →左右田和一
サウザー1 票投票先 →左右田和一
左右田和一5 票投票先 →サウザー
やらない子0 票投票先 →やらない夫
ねむりん1 票投票先 →左右田和一
フランドール0 票投票先 →ねむりん
ジョルノ0 票投票先 →左右田和一
上嬢当子0 票投票先 →逢坂大河
博麗霊夢0 票投票先 →左右田和一
逢坂大河1 票投票先 →やらない夫
左右田和一 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
やらない夫 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
左右田和一さんの遺言 占い師だ!時間短縮の為に結果はログで尾根配するぜ!
やらない夫さんの遺言 占いCO:フランドール○●
理由:宣言通り。で、ジョルノよりフランの方がなんとなく○になりやすい気がした(ここに明確な根拠を述べることは不可能だが)ので、昨日は左右田に投票した。
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
博麗霊夢 「霊能CO 左右田和一●!」
ネプギア 「お姉ちゃん、朝だよー!


あの投票、真ならだいぶ迂闊な気もしますけど
対抗吊って自分の結果増やそうって考えなかったんでしょうか」
ねむりん 「ねむりんは占い師でーす フランちゃんは村人だよー」
やらない子 「二日目にグレランしようが占い吊りしようが
占いをちゃんと見るのは前提だと思うんだけどね」
サウザー 「占いロラへのスタンスの話ばっかで
正直見えないなって言うのが本音です」
ジョルノ 「おはようございます」
博麗霊夢 「じゃ狼吊れたからロラ中止でいいわ。」
上嬢当子 「完全に占い師誤認して投票してたんですが皆さまどうお過ごしでしょうか
とりあえず私の投票はやらない夫さんに投票してたって脳内保管しておいてください
ねむりんさんもソーダさんも吊りたくなかったのでどのみち誤認してなくてもやらない夫さんに投票してました。
なお吊れる先は変わらない模様」
ねむりん 「キュッとしてドカーン☆」
フランドール 「おはよー」
やらない子 「そっちがしんでーの。」
ねむりん 「ねむりんです
吸血鬼ボスの親族を毎日のように占っています
でもこの村にはもう吸血鬼ボスの親族が残っていません」
逢坂大河 「じゃあ、中止。」
ネプギア 「あ、霊能いたんですか…潜ってた方が乗っ取り見なくて良かった感はありますけど」
サウザー 「ほむんほむん」
ねむりん 「対抗霊能がいればゲームが終わるね~」
ジョルノ 「となるとねむりん放置での吊りですかね?
奇数ですけど」
ネプギア 「でも乗っ取りなら占い師噛まないし●も出しにくいかな」
上嬢当子 「うお占い師死んでるんですね 
●出てたとしても完全に作業で勧める女上嬢さんだったんですけども
ありがたいありがたき」
フランドール 「おー霊能いたんだー」
やらない子 「発言的に霊能乗っ取りは最終日まで忘れる方向かなぁ」
サウザー 「覚悟の乗っ取り説ぅ?」
博麗霊夢 「狼吊れたんだからここで占いGJ出してくれればよかったんだけど、
さすがにまあしゃあないわよね。」
サウザー 「発言的にフラグ建て続けてるんでみませぇん!!!」
ねむりん 「狼が占い身代わりと見ていれば素直にねむりんかやらない夫に投票したんじゃないかな~
身内票で仲間騙りを吊るのは霊能結果があればこそだからね~」
ジョルノ 「霊能乗っ取りの場合は最終日に霊能生存という
変なことにもなるでしょうしね」
上嬢当子 「そして霊能者が左右田●ゥと言う事で…
霊能乗っ取り有るかは前日の模様で霊能候補0人になったかどうか見るとして」
逢坂大河 「というか、もう霊夢護衛いらないから、はずせばいいでしょ>やらない子」
ネプギア 「そもそも左右田さん●自体は
朝一に書いた通りの疑問から納得はいくので」
フランドール 「>ネプギア
どの道対抗いた時点で終わるから
朝一にするなら占い師噛んで●で出たほうが強いよ」
やらない子 「>ねむりん
速度的にそこと、霊能○出せばイージーにねむりんが死ぬから
貴方-霊夢でないなら●出す必要がって話なのよね」
ネプギア 「最悪どうしても気になるなら
護衛させなければいいですし」
ねむりん 「逢坂大河が人狼の場合はその限りじゃないけど、
たぶん昨日の投票とこのタイミングのやらない夫嚙み見た感じ違うなー
ってねむりんは思うんだ~」
やらない子 「>逢坂
だから最終日までに死んでるなら忘れたまま思い出さないでしょ」
ジョルノ 「左右田さんはなぜサウザーに投票したんでしょうかね」
逢坂大河 「狩人が初日でないなくて霊夢乗っ取り見るなら早い話がかませればいいだけ。」
博麗霊夢 「まあLw探し苦手だから護衛外しはむしろしてほしいぐらいだけどね。」
上嬢当子 「(正直霊能者があの流れでいるとは思ってなかった模様)
まぁ本当なら嬉しい事です。 
とりまグレランで良いんじゃないでしょうか 一番投票されてない占い師ですし
現に私も投票しようとは思わなかった位置ですし」
サウザー 「はい来ると思ったァ!!!>左右田サウザー投票」
ネプギア 「そうなんですか?
みすみす後半で自分が吊られるかもしれない縄の余裕を出しに行くとは考えられないのですが>フランドール」
ねむりん 「色々話してくれてありがとねー>兄が噛み殺された動揺をひた隠しにし陰で涙をふく女やらない子」
サウザー 「むしろ待ってたァ!!!
自分から言うのすっごいやだもぉん!!!」
やらない子 「名前が似てるハゲを兄貴扱いされたんですが
この怒りはどこにぶつければいいでしょうか」
ねむりん 「霊夢のっとりならきっと灰で護衛成功2回出たりするよ(ねむ観的」
上嬢当子 「誤認は…誤認は誰にでもある…
(経験者は語る)
真面目に言うならソーダさん人外でも真でもメリット無い行動なので
そんなに深く考えることじゃぁ無いと思いますよ」
ねむりん 「ええっ!>名前が似てるハゲ」
ネプギア 「吊りはグレランでいいと思いますよ」
フランドール 「なんでサウザーに投票したのかは分からないけれど
正直今後の推理に役立つような要素になるとは思えないかなってぐらい」
逢坂大河 「灰護衛してくれるならそれはそれで素敵な話」
サウザー 「                 ,,,,,,__,、  _
              ,r ' ., , .ii, , .))``` ヽ,,
            f`、__(_(_((iii,ヘ__ノノノ .`、
            < 彡   .:: :::ノノ::::.. ´彡'、
            f 彡ri、 ::::'' ::::::,  ,, , ミ .'i
              (,(ノl vゝニニノ'((ニニニノノミ f
               frゝ '─’ゝ l `‐¨‐'´ / /,
               '、゙.',    r__ゝ........:::::yノlj    ねぇどう思うジョルノ…
            < ,t',  ャ,-----.ァ::::::,',-.'
             ',/ ',  .' ,r--ァ/ :::: / 'ノ     君は左右田ーサウザーで
            ,'.  ヽ   ̄ ´::::::, .'::::l
         /ヽ´,'  ::::ヽ__, .'::::::::::l .ヽ__  こういうことやんだろって言っちゃうフレンズなのかな?
      , -f _, -/l   :::  :::::::::::::::::::: .l;;;  l─- 、、
ヽ-、,  '  .l / l;;;l   :::::... ::::::::   ::::: l;;;;l ',   ',',-v--─--
 //   .', //l_    :::::... :::::::::: :::::/ノ  .',   .',',
//      l    丶<── 、 ,──;;;/   ノ    ',',-u--、
   _     ゝ- 、    ヽ─── /  , - 'f   ____ .',',-, r‐ 、
 f  ヽ o ./ l   `ヽ、   `── ´ ,r '   l o .f   )o',f   ,'
  `--'   .ト、 丶、  丶         , - l    `- '  //-- '
ジョルノ 「まぁ特に考慮することでもないし
無駄な議論でしたね」
サウザー 「張って気付いたけどここAAありだっけ」
ネプギア 「あれでそーだって読むんですね
ひだりみぎださんって変換してました」
ねむりん 「無駄だから嫌いなんだね
わかるよ~>ジョルノ」
ジョルノ 「でもサウザーがそこまで話を引きずるのは無駄だと思いました」
博麗霊夢 「うーん、霊居るか居ないか、で身内入れるか否か。」
やらない子 「身内って霊能がいるのが前提だから
いなさそうな状況でやってどうするのとは思う」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
ネプギア4 票投票先 →上嬢当子
サウザー1 票投票先 →上嬢当子
やらない子1 票投票先 →ネプギア
ねむりん0 票投票先 →ネプギア
フランドール0 票投票先 →ネプギア
ジョルノ0 票投票先 →サウザー
上嬢当子3 票投票先 →やらない子
博麗霊夢0 票投票先 →上嬢当子
逢坂大河0 票投票先 →ネプギア
ネプギア は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
フランドール は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ネプギアさんの遺言 お姉ちゃんが心配で心配で…
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
上嬢当子 「おはようございますよっと」
ねむりん 「ねむりんは占い師でーす サウザーは人狼だよー」
博麗霊夢 「〇よろしくお願い、わかってると思うけど。」
やらない子 「ねむりんが●引いてたらそこ吊って
引いてなかったらねむりん吊ってかね」
ジョルノ 「8発言中4発言中「左右田が自分に投票した」の内容を連呼するのが
あまりに無駄すぎたんで無駄無駄しました。>サウザー」
ねむりん 「7人のタイミングならねむりんが狼を引いて吊ってもらえる
逆に言えば、吊るのが難しい相手を占うのなら8人の夜ということになる
というわけで左右田投票者のサウザーを占うよー
自分は左右田投票しましたアピール強いわりに発言内容薄いのもあるしねー」
やらない子 「●引くんけ」
博麗霊夢 「じゃあサウザー吊って明日でいいや。」
ねむりん 「わーいわーい
ねむりんはナイスタイミングで人狼を発見しましたよー
ほめてほめてー」
サウザー 「あ、おはよう」
ねむりん 「明日は来ません(ねむっ」
上嬢当子 「取り合えずソーダさん投票者外して
〇も外すとネプギアさんとやらない子だけで
ネプギアさんの
◇ネプギア  「お姉ちゃん、朝だよー!
あの投票、真ならだいぶ迂闊な気もしますけど
対抗吊って自分の結果増やそうって考えなかったんでしょうか」
が占い師即噛む狼像には見えなかったんで 消去法でない子さん投票しました」
ねむりん 「おそよー>サウザー」
やらない子 「まぁいいや、なら吊りつつーの
上嬢さん3票が意外すぎるんだけど理由は知りたい所である」
逢坂大河 「じゃあ、サウザー吊って最終日かな、おわればそれでいい」
サウザー 「振って来たの君だよねえ!!!」
ジョルノ 「ではサウザー吊りで、もし続いたらねむりん狂人で破綻ですかね」
サウザー 「あっはいどうぞ」
ジョルノ 「振りはしましたけど乗ってきたのはあなたですよ。>サウザー」
上嬢当子 「唯ここで●出してくれるのならば●吊りでも良いんじゃないか感はありますよ上嬢さん。
ちょっと一つだけ懸念あったんですけど 今日出してくれるなら吊れる。」
逢坂大河 「二択ってところでしょ。あなた自身いれてないじゃない>やらない子」
ねむりん 「ベグ失敗するとこういうことになるんだよ
よい子の諸君は覚えておこうね
よゐこの諸君は久々にシュールなコントを見せてくれると嬉しいな」
やらない子 「私はこんなに仲良くなりたいと思ってるのに……ヨヨヨ>上嬢」
逢坂大河 「意外って多いって意味で?」
博麗霊夢 「>ない子
ネプギアとない子は違うと思って、左右田投票してる男二人は後回しってなったら上やんしか残らなかった系。」
やらない子 「>逢坂
投票してないから3票に驚いてるんですがそれは」
ねむりん 「じゃあ超過までジョジョ五部で好きなキャラの話とかすればいいと思うよ
ねむりんはね、プロシュート兄貴が好き」
サウザー 「                        ,,,  -‐―ァ‐- 、
.                     ,,-''´     / --― ``ヽ、
                   /  /    /  -―    -ゝ、
.                 /   ,′/               \
                 j       |  /              ミ',
                  |  /、、_ {  /                 ‘,
.                 { /   ``丶ヘ x-―==冖 ミ         i
                 〉:i         ノノ       ヾ         j
                   { {      0          ミ      ミ
                 } /、、   :.  ..:         ミ        }    因みにジョルノ
.                   ):| `''¬=  ::.ー====彡   ミ     \l
                  ト|  ==ミ /   z==ミx    ミ/ `ヽ  ミ    終わんねえぞ
                   ヽ|      /           リ   }  /
                  |     ./              イ  ミ      今のうちに他への感想言ってくれよ
                       !    ヽ, _         / /!   /_
                  ‘,             r ´  .ノ   }    `>、、
                _   -‐    マ三ア       /   }  ∠ -‐''´   .〉
              <     ‘,     ー一       /  ,, - ''´         /
                ヽ  ___  __,,   -―ー- ''´             /
              。z≦´    `ヽ                    /
          .。z≦ ≪     ,,z==シー- ,,_               /``丶、
      >''''¨7    ``ミ=彳         ヽ       ー=== /
  ∧  /(_ ./!    ,z==x、     ,z==x、    ',ミx、、       /  ̄``ヽ、
  { Y   /  {   ((    ))     //    ))  ヽ }         一''´
博麗霊夢 「えっ、よゐこの人狼ゲーム生活が始まるって?(難聴」
上嬢当子 「愛と言うのはいつの日も一方通行なのですな>やらない子さん」
サウザー 「今俺のことなんてどうでもいいだろ
それこそ無駄無駄というやつだ」
ジョルノ 「5部だと誰ですかね……結構悩みます」
やらない子 「多いって意味で。
霊夢の霊能乗っ取り警戒してる場所がそこしか見あたらなかったから」
ねむりん 「昼はこんなに良い笑顔なのに夜は原作の聖帝フェイスになって人を食うんだね……」
サウザー 「聖帝ミスタがすきです」
ジョルノ 「今言うのは得策じゃないですよ
サウザー吊って終わるならともかく、続く可能性もありますし」
上嬢当子 「逢坂さんは多分狼無いなと言おうともいましたが
これサウザーさん今日吊るなら無用のアッピルですね」
サウザー 「得策もクソも」
ジョルノ 「仮にねむりん破綻した場合にこそ、
今目についた疑い先を言うこともできますがね」
ねむりん 「はまぐちぇ超騙されそう>人狼生活」
逢坂大河 「乗っ取りしてるんだったらそもそも。今日●だしてないでしょ、ねむりん」
サウザー 「えっじゃあ今日の夜
(霊能真なら)村確定するサウザーさんが」
博麗霊夢 「どうせ続くなら今晩の噛みは私か大河の2択するんだろうなって感じだけども。」
ジョルノ 「名シーンは思いつきますが好きなキャラは決めきれませんね」
ねむりん 「ちょっと前にやってた深夜の人狼番組で
メンタリストの人(素村)が村側潜伏役職を看破しまくって村陣営を破滅に導いてたねー」
サウザー 「俺単独しか疑ってないのに
俺黒だへの反応しんでるとか言っていい?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
サウザー6 票投票先 →ジョルノ
やらない子0 票投票先 →サウザー
ねむりん0 票投票先 →サウザー
ジョルノ1 票投票先 →サウザー
上嬢当子0 票投票先 →サウザー
博麗霊夢0 票投票先 →サウザー
逢坂大河0 票投票先 →サウザー
サウザー は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
逢坂大河 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
サウザーさんの遺言                      __
                , '   ヽヽヽヽ ` 、
               / ヽヽヽ     ヽ ヽヽ
                / ミ   、ヽヾ  ヾ }   ヽ
            /    ヽミ ゙゙゙゙゙゙ミ,rz、,///   }
           ノ     ミ ,,,   ミ   )ノ''´l }
            (     ミ 彡≧z、ノ ノ  ノ  l }
         /  ,rz、 /  < 。ヾz,  l_z≦ ノ
           { / /f l l     ニニニ  {< ・ >ノノ
           { _{__{ llヽl       、  l  ̄ /
     _,..-'''"  /乂__l      ,- 、 ヾノヾ /     聖帝だつってんだろォ!!!
. ,.-'''"         {   l    /-、,、`´/  / l\
'             {  ミl    ト、_}_,/  /.  l  \  (素村です
、           {  ミ ヽ    ニニニ´  /≧z l   ヽ
 ヽ         {  ミ  ≧ 、   ノ  /////ノ    )
   ヽ          \ ミ  ヾミ≧.、    /////     /
―― \       \   `ミ彡´フ/////     /、≧ .
二二二}. \       \    /、////     /ヽヽニニニニニ ヽー-
二二二} l >―――――≧z ._ ≦__ .r≦ヽ ヽ ヽニニニニニニ ))
_ ,r==z、,l __,,.. .-‐ '''""~__,,.. .-‐ '''""~/ / } } ,r==z、ニニニ
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
ねむりん 「ねむりんは精神鑑定士でーす ねむりんは嘘吐きだよー」
ジョルノ 「逢坂大河さんの発言に違和感持ってたんですけど
すまん。ありゃあウソだった。
ねむりん偽ならやらない夫真確定で大河さん確定白ですね」
博麗霊夢 「はいはい、〇よー」
やらない子 「上嬢さんが狼なのかジョルノが身内入れたのか
霊夢が乗っ取ってたのか推理するゲームはっじまっるよー」
上嬢当子 「おはよーございます
終わらないじゃないですか(バンバン」
ねむりん 「「ブッ殺す」と心の中で思ったならッ!
その時スデに行動は終わっているんだッ!」
やらない子 「なおジョルノが潜伏霊を予想してるか否かだと
二日目見るに予想してたらしいので悩ましい(真顔)」
博麗霊夢 「ねむりん吊って明日で。」
やらない子 「嘘つきが自分を嘘つきですといった場合嘘つきは嘘つきなのか……?(哲学)」
ジョルノ 「ねむりんが真主張しないなら、
まさかの霊能乗っ取りということもなさそうですかね」
上嬢当子 「まぁ霊能者にはノータッチでジョルノさんやらない子さんに
狼ねぇなと確信できるなら考えましょうというスタンスで」
ジョルノ
◇上嬢当子「逢坂さんは多分狼無いなと言おうともいましたが
これサウザーさん今日吊るなら無用のアッピルですね」

 上条さんのこの発言は、サウザー吊りでも終わるかもしれないという楽観のようなものを感じました。」
ねむりん 「いや、霊夢乗っ取りとか主張する余地ないし……狩人騙りとか言い出すのやだし……」
やらない子 「どっかで言ってた気がするけど
霊能が狼ならおおよそねむりん狼なので
狂人主張した所でなにがそれ、生きてるかどうか」
博麗霊夢 「正直、乗っ取りとか言われたら真霊能アピするものなんて何もないわよ(ノーガード戦法」
ジョルノ 「同時にねむりん真の場合も含んでるように思いますし、
可能性を含めた主張をできるのはかなり村に感じました。」
上嬢当子 「ウムムムム…」
やらない子 「>ジョルノ
ちなみに潜伏霊能ってどの程度予想してたっていうか
灰から霊能っぽい所って目星付けたりしてた?」
ねむりん 「みんな真面目にお話しててえらいなあ」
上嬢当子 「事実村です!」
ジョルノ 「いえ全く。>やらない子さん
そんなの無駄でしょう」
やらない子 「なら実際に霊夢から霊能COが出た感想は>ジョルノ」
博麗霊夢 「まあ強いていうなら3COだし潜るかー、と思ってたら。
思いの外、霊初日見てる人が多くて内心焦ってた模様。」
ねむりん 「すやすや」
ジョルノ 「潜伏霊能がどこか狙いを付ける必要があるのは
狼のやることですよ、やらない子さん。
かなり印象マイナスな問いかけです」
上嬢当子 「う、うーん どうなんでしょう
やらない子さんが分かってて言ってるのか それとも単純に聞いてるだけなのか…?」
ねむりん 「もう食べられないよ……」
ジョルノ 「霊能初日じゃなかったんだなぁというくらいです。」
博麗霊夢 「まあ狼は私噛むんだろうし3人最終日頑張れー。」
やらない子 「潜伏霊能くさくない所から霊能COが出たら乗っ取りを疑うとかそういう思考はないんだろうか」
上嬢当子 「ま、まぁ明日に話し合いましょうええ」
ねむりん 「これ以上いらないよ……村人の無駄な頑張りは……」
ねむりん 「(にやり)」
博麗霊夢 「狩人は初日かフランだった感がある。」
ジョルノ 「ちなみにやらない子さん、
狼は誰だと思ってるんです?」
やらない子 「ちなみに上嬢さんの発言は見返していても
私好みだったので疑い場所が見つからなかったことは報告しておきます」
やらない子 「朝一>ジョルノ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
やらない子0 票投票先 →ねむりん
ねむりん4 票投票先 →博麗霊夢
ジョルノ0 票投票先 →ねむりん
上嬢当子0 票投票先 →ねむりん
博麗霊夢1 票投票先 →ねむりん
ねむりん は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
博麗霊夢 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
博麗霊夢さんの遺言
                ,.-、
     rィへ、      /   ヘ、_
    r,7   \rェォイ____    '(
  ィγ ゝ":::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、  ゝ
  rノ :':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,rイ
   `i:::::;::::::;::::;:::::i、;:::::::;:::;::、:::::::',
    |:::!::.::i::__;!イハ,!'ーメ-レハ::::::i::|
   ル::i::.イ ____,.   ー─'|::!レ::::|:|
    レ[从"      " [ ]:ル':::|        霊能よー。
     イ|::|:ヽ、  rー、  ,.イ从lン:|:::|
    ,':::i:::|:::::|`_rTニyT yγ/⌒ヽ、
    ハ:::i:::|γ"へ、_.へ、イ ', し、  〉
    レゝレ' イi._λuニ、」 lゝ、 `ーi
     レ  イ、 k'_,_'__>  「ヽ、ニ='
    .〈   k      イ
     ヽ、 .,.イ ニ=-=ニニ ヽ
      /ン        \
ねむりんさんの遺言 ジョルノは良いギャングスター(○)でした
悪いギャングスター(●)だったらゲームが終わってたね~

フランちゃんは良い吸血鬼(○)でした
悪い吸血鬼(蝙蝠結果)だったらねむりんどうすればいいんだろうね~

サウザーは悪い聖帝(●)でした
なのにどうしてゲームは終わっていないんだろうね~不思議だね~
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
ジョルノ 「◇やらない子
 「上嬢さんが狼なのかジョルノが身内入れたのか
霊夢が乗っ取ってたのか推理するゲームはっじまっるよー」

やらない子さんに言われて朝一番見てみたんですけど、
これ結局自分以外の3択全員述べてるだけで
疑い先言えてませんよね。」
やらない子 「>ジョルノ
誰が狼か疑っているかって聞かれたら
全員疑っている(村だと信じないという意味)で皆視点FAだと思うんだけど。
その上で上嬢を発言から怪しめないのでジョルノを見ようというだけ。」
上嬢当子 「おはようございます
よかったー! 霊能噛まれてて良かったー!」
やらない子 「そら疑い先絞ってないからそうよ>ジョルノ」
上嬢当子 「今だから言いますけど私の大体意味が分からない発言の裏には
ジョルノさんと霊夢さんしか霊能っぽい人が初日に居なかったので
割と狼乗っ取り有るんじゃね…? と見ていたという背景がありました」
やらない子 「逆にジョルノはそれ言うなら昨日の時点で疑い先を絞っていてしかるべきだと思うんだけど
上嬢を疑う→村だと思うのくだり、ブーメランじゃない?」
ジョルノ 「正直今の状況、
「上嬢さんが村っぽい」というのもありますけど
「やらない子の発言に粗がありすぎて狼にしか見えない」という印象です」
ジョルノ 「上嬢さんを疑わない理由を言うべきでしょう、やらない子さん」
やらない子 「潜霊考えてないはずの上嬢が霊能っぽい所探してた主張って草なんだけど」
上嬢当子 「だから
◇やらない子  「>ジョルノ
ちなみに潜伏霊能ってどの程度予想してたっていうか
灰から霊能っぽい所って目星付けたりしてた?」
を見て

なんかやらない子さん 霊能偽追ってる割には 初日の発言に霊能者っぽいの居るかどうか精査してなくね?
って思ったので」
やらない子 「◇やらない子 「多いって意味で。
霊夢の霊能乗っ取り警戒してる場所がそこしか見あたらなかったから」

既に言ってる>ジョルノ」
上嬢当子 「そら霊能っぽい人0なら乗っ取れる確率100パーセントなんで初日は注意してみますよ!>ない子さん」
やらない子 「>上嬢
潜霊いないなって思って二日目グレラン主張したのに
霊能っぽい所探す必要あるの?」
上嬢当子
◇上嬢当子  「う、うーん どうなんでしょう
やらない子さんが分かってて言ってるのか それとも単純に聞いてるだけなのか…?」

それがこの反応になったわけですね。」
ジョルノ 「もしやらない子さんが村だったら、
あまりに発言が墓穴掘りすぎていて違和感がありすぎるんですよ」
上嬢当子 「乗っ取られたら負けなんですから見るって言ってるでしょ!

◇上嬢当子  「そして霊能者が左右田●ゥと言う事で…
霊能乗っ取り有るかは前日の模様で霊能候補0人になったかどうか見るとして」
発言でもちゃんと見るって言ってますよ!>ない子さん」
ジョルノ 「昨日の僕に対する「初日に潜伏霊能が誰か考えた?」という問いかけ
あれが致命的です」
上嬢当子 「その夜見たら候補二人で草ァ 生えた模様」
やらない子 「出たところの発言見返して潜霊あるか見返すだけだけど。
灰見て潜霊っぽい所が霊能COしなかった所で人狼に見える訳じゃないもの」
ジョルノ 「ねむりん狂人でジョルノ◯で区別が付いたからジョルノ狼では?
という問いかけをしてこない。
そこが変なんですよ」
やらない子 「なら致命的の説明聞こうじゃないの」
やらない子 「うん、してないね。」
やらない子 「してどうする?」
上嬢当子 「あ、やらない子さんが ってことです?>霊能探す必要あるの
やらない子さんって霊能偽追ってる私高評価してたのでそう思ってました」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
やらない子2 票投票先 →ジョルノ
ジョルノ1 票投票先 →やらない子
上嬢当子0 票投票先 →やらない子
やらない子 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2018/10/21 (Sun) 22:57:00
ねむりん 「おつかれさまーソルトジャスティス」
博麗霊夢 「お疲れ様ー。」
やらない子 「無理だった、お疲れさま」
上嬢当子 「お疲れ様でした! ぶれなくて良かとですハイ」
人類悪GM 「お疲れさん」
左右田和一 「お疲れさまだぜ」
ジョルノ 「ふぅ、お疲れ様です」
ネプギア 「おつかれさまでした!」
やらない夫 「お疲れ様」
サウザー 「んあ、お疲れ様ァ!!!」
左右田和一 「最終日のジョルノの圧力がすごかったな、見事な殴りだった。」
ジョルノ 「言いそびれました。
やらない子には狼を探すつもりはないですか?と言いたかったんです」
やらない子 「最終日に狂人の○を狂人の○だから吊すという行為に意味があると思わないから、それは言っておく」
ジョルノ 「お、あさりさんじゃないですか。
これは嬉しい同村」
ねむりん 「よきむらでした(七文字の総括」
ネプギア 「あれ投票ミスだったらしいですね
なんとも投票ミスの多い村」
左右田和一 「そして占いに出て初日で吊れてすまなかったな同陣営。
1日くらいは生き延びれると思ったんだが即落ち申し訳ない案件だ。」
やらない子 「5人の時点でジョルノ狼だと断定して吊そうとする行為が『狼を探す』というのなら
私が人狼を探すことは少ないと思うかな」
やらない夫 「まぁあれだろ、狼を探す課程の話だよ多分」
ねむりん 「あなたの命がけの誘導ッ!
ねむりんは敬意を表するッ!」
ねむりん 「つまりお久しぶりでーす>ジョルノ」
ねむりん 「良い殴りが見れました」
ジョルノ 「左右田さんは3COの1番目に出たから
狂人強めの偽吊るなら安定位置なんですよ」
博麗霊夢 「しかし最近は3COになっても霊は出る感じなのね。
ひと昔は霊潜りが主流だったようなな印象がある年寄りになった気分だわ。」
人類悪GM 「まあ投票さきはよくみよーな>>そうだ」
やらない夫 「どこを省略してどこを再現すれば結論ありきの話に見えないかは難しいんだよね」
ねむりん 「狂人視点では●打つ先が怖いねー
おやつ感覚で●投げれる聖帝ありがとう」
左右田和一 「投票に関してはすまんとしか言えないんだよな。
やらない夫に投票したつもりだったのになぜかサウザーだった。
流石にあの展開で灰に入れんよなぁ。」
ジョルノ 「やらない子さんには村人特有の
「安定を求めようとする気持ち」
「楽観的に向かおうとする意志」というのが足りなかったんですよね。
そこが狼視に繋がりました」
やらない夫 「いやー流石に出なくていいだろ霊、まぁなんか狩人暫○守っちゃったけど」
ネプギア 「基本的には大体初日にばばばってでてますね、最近は!>霊夢さん」
やらない夫 「あ、なんかジョルノっぽい、あんま五部しっかり読んでるわけでもねぇけど」
やらない子 「サウザー投票でも吊れてるのでどうでもいい>左右田」
ジョルノ 「逆に上嬢さんにはそれが強かった。
そういう印象でしたね」
やらない夫 「これでやらない夫護衛成功してれば流石にだいたい勝ちだし」
左右田和一 「まあミスってことを言いたかっただけさ」
ねむりん 「ねむりんが開眼してやらない夫真と見抜きつつ左右田が正しく投票するというIFにIFを重ねよう」
上嬢当子 「ではでは!」
ジョルノ 「これを村中で言えればよかったです>やらない夫さん」
左右田和一 「まっ、次は生き延びたいね。というわけで村建・同村・同陣営お疲れさんってな」
やらない子 「とりあえず上嬢さんを『霊能乗っ取り見てるから村』って言って
お返しに『やらない子は霊能乗っ取り見てたから村』って言われたい人生だった」
ジョルノ 「ほっこりする占い理由でした>ねむりんさん」
ねむりん 「みんなおつかれさまー
GMは村立てありがとねー
ねむりんは眠ります……zzz……」
ねむりん 「ありがと~>ジョルノ」
博麗霊夢 「まあ私もやっぱり潜る派続行でいいかな、と思いつつ。
先に失礼するわね。村立て感謝、お疲れ様ー。」
ジョルノ 「ではお疲れ様です。GM参加者共に感謝です。
残された者は意志を継いで前に進まなければならない。
また別の村で会いましょう。お疲れ様でした。アリーヴェ・デルチ。」
やらない夫 「かみじょーが最終日付近に言いたかったことは霊能乗っ取り実際見てたとしてもそれを最終日よりも前の昼に喋るべきかは別の話みたいなあれだと思われる」
やらない夫 「ぼんやり見てて思ったのはその位だなー、中々見応えあったね、GM村立てありがとう、おつかれさん。」
やらない子 「んじゃお疲れさまでした」
ネプギア 「では私もこの辺で失礼しますねー
お疲れ様でした!」