←戻る
【紅3780】やる夫達の普通村 [6903番地]
~明日は日曜だぜ!~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
(生存中)
icon キル子
(生存中)
icon ルーミア
(生存中)
icon チルノ
(生存中)
icon 蝦夷の警察
(生存中)
icon 大妖精
(生存中)
icon 白でっていう
(生存中)
icon 銀八先生
(生存中)
icon 小悪魔
(生存中)
icon 諏訪子
(生存中)
icon 100年生
(生存中)
icon できない子
(生存中)
icon スケルトン
(生存中)
icon やる夫
(生存中)
icon やらない夫
(生存中)
icon ルーク
(生存中)
村作成:2018/11/24 (Sat) 22:58:33
キル子 が村の集会場にやってきました
キル子 「禁止事項】
 村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼COを除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、意図的突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ、人外の村人騙り騙り(狼、狂人、狐問わず、役職CO後からの撤回村人COの禁止、村人騙り禁止であるため)

【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み

【参加者全員へ】 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
 投票延長は1日1度まで,,遅れる場合は名指しで警告します 遅くとも2:00過ぎまでには投票しましょう
 ※狼の夜中の会話or共有の夜中の会話ではOKです。
 また、処刑投票の際の突然死は、いかなる場合であっても続行と致します。
 夜投票の際の突然死は、ノーゲーム処理と致します

【観戦者の方へ】 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。

 https://t.co/xmYEix5WhC」

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
キル子 「20分開始予定です」
ルーミア が村の集会場にやってきました
キル子 「いらっしゃいませ」
ルーミア 「こんばんわなの」
キル子 「はい、こんばんは」
キル子 「あ、昼AAは自由です」
チルノ が村の集会場にやってきました
チルノ 「遅刻しちゃうよ~! 間に合ったかな!」
ルーミア 「チルノ?どうしたの?」
キル子 「いらっしゃいませ
門限に間に合いましたね」
チルノ 「あれ?全然人がいない!?」
キル子 「口に食パンをくわえてそう」
チルノ 「どうしたってルーミアちゃん! 私寝坊して急いで飛んできたんだから!」
チルノ 「食パンはもう食べきったよ!」
チルノ 「もー最悪!なんで目覚まし凍ってんのよー」
ルーミア 「じゃあアンパン?」
キル子 「二人でいちゃいちゃ空間を作っている……!」
チルノ 「アンパンは今日は家にはなかったわ」
ルーミア 「いちゃいちゃ空間…?」
チルノ 「いちゃいちゃなんてしてないわよ!
そ、それに私には好きな先輩がいるし…って何言わせるのよ!」
キル子 「キャー
恋バナですか? 恋バナですね!
どなたが好きなんですか?」
ルーミア 「人の恋路のじゃまするやつは
馬に蹴られてしんじまえ」
ルーミア 「だったかしら」
キル子 「邪魔はしてないじゃないですかぁ」
チルノ 「だ、誰って……3年1組の大妖精先輩よ!」
チルノ 「何?もしかして大妖精先輩2人とも狙ってるの!?」
蝦夷の狂戦士 が村の集会場にやってきました
ルーミア 「この3年というのが中学生なのか高校生なのか」
キル子 「おじいちゃん、函館戦争はもう終わったでしょ」
蝦夷の狂戦士 「バーサーカー、召喚に応じ参上した」
ルーミア 「好きにするといいと思うの」
キル子 「大妖精先輩! キャー」
蝦夷の狂戦士 「キル子>まだだ、まだ終わらんよ」
キル子 「いえいえ、私はチルノさんを応援していますよ」
大妖精 が村の集会場にやってきました
大妖精 「よろしくね。」
キル子 「だ、大妖精先輩! 大妖精先輩ですよ!」
チルノ 「せ、先輩!」
大妖精 「先輩!?」
ルーミア 「何か入りづらい雰囲気の何かが始まった気がするの」
チルノ 「あ…2年のチルノって言います!先輩”」
白でっていう が村の集会場にやってきました
キル子 「これは大チル生存勝利が見れますよ。私は詳しいんです」
キル子 「こんばんは」
白でっていう 「でっていう先輩のお通りだぞっていうwwwwwwwwww」
ルーミア 「こんばんわ」
銀八先生 が村の集会場にやってきました
キル子 「え? アッハイ>でっていう先輩
どうぞ、通ってください」
キル子 「銀八先生~」
銀八先生 「はいラブコメな空気作った奴らグラウンド100周な」
チルノ 「銀八先生!今日はどんな授業してくれるんですか! 」
小悪魔 が村の集会場にやってきました
ルーミア 「(闇に隠れ」
チルノ 「ひ、ひどいです! 私が誰を好きになろうと自由じゃないですか!」
銀八先生 「今日は授業中にズラかぶってもばれない方法教えんぞ
あれいねーなズラ」
小悪魔 「お邪魔します」
チルノ 「ルーミアちゃん!? 私を置いてかないでよ!?」
大妖精 「あ、い、一年の子なんだ...」
キル子 「先生~グラウンド百周は体罰で教育委員会案件になると思いまーす」
諏訪子 が村の集会場にやってきました
キル子 「いらっしゃいませ」
諏訪子 「よろしくよろしく」
キル子 「延長するかこの人数で始めるかですね」
諏訪子 「諏訪子 さんが登録情報を変更しました。」
チルノ 「せ、先輩!? 私2年ですよ!?」
大妖精 「今1*2年で合同なんだね...」
銀八先生 「ちっ、しゃーねーな
じゃあそこの蝦夷の狂戦士相手に指相撲で100回勝ってこい」
チルノ 「ちなみに隣にいるルーミアちゃんは同じ2年で幼なじみなんです」
ルーミア 「延長するかどうかは村たてに任せるの。」
大妖精 「あ、そうなんだ...ごめんね、1年のこかと思ってた」
ルーミア 「(闇に隠れ隠れ」
100年生 が村の集会場にやってきました
チルノ 「授業の開始時間が遅れて大丈夫なのかなぁ?」
大妖精 「じゃあ2*3年で合同かあ」
100年生 「私が来たわ!!」
キル子 「あ。11人ならこのままカウント始めちゃいましょうか」
大妖精 「あ、伝説の浪人生さんだ」
チルノ 「そ、その……名前覚えてくれると嬉しいな! 大妖精先輩!」
小悪魔 「いらっしゃいませ>お嬢様」
銀八先生 「知ってるか侍ってのは相撲とかもできるとかできないとか
誰かがいってたようないってなかったような

いやでもどっかの格闘漫画の公園最強は相撲の知識ねえな……」
藤原竜也 が村の集会場にやってきました
藤原竜也 「い゙っ゙げな゙~゙い゙ぢごぐぢごぐ~゙~゙~゙」
小悪魔 「ズサーで13人ぐらいになる未来が見えました」
キル子 「先生~、その人に勝てる気がしませ~ん」
ルーミア 「なんだかんだ埋まりそうな…」
100年生 「優雅にティータイムから始めるわよ>小悪魔」
チルノ 「あれが噂に聞くこの学校の七不思議の1つ。浪人先輩ね」
白でっていう
     ./ \Yノヽ
    / (0)(―)ヽ キリッ
  /  ⌒`´⌒ \     俺様存在がラブコメみたいなもんですみませんっていうwwwwwwwwww
  | , -)    (-、.|
  l   ヽ__ ノ  l |     特にモテない天パ先生っていうwwwwwwww
.  \        /」
大妖精 「94年留年してるっていう伝説の浪人生レミリアさん」
できない子 が村の集会場にやってきました
スケルトン が村の集会場にやってきました
できない子 「お邪魔します。」
キル子 「じゃあ十分延長の30分開始とします!
これ以上は延長しません!」
スケルトン 「今、七不思議っていいました?」
銀八先生 「おめー卒業する気あんのか!
そろそろ通知表に何書けばいいのかわからなくなってきたぞ俺は!!」
チルノ 「延長ね!分かったわ。」
小悪魔 「普通に埋まりそうな気がしてきました」
チルノ 「きゃぁああああああ! 七不思議の1つ! 動くガイコツ!」
100年生 「違うもん、留年じゃないもん
同級生とかいるからー」
ルーミア 「延長了解」
やる夫 が村の集会場にやってきました
スケルトン 「100年もあればーリアル空白の100年がうまりそうですねー」
白でっていう
   /ノYヽヽ       >藤原竜也 が村の集会場にやってきました
   /(0)(0):::ヽ
 ./ ⌒`´⌒ ::\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | )ノ(、_, )ヽ, (::::|  < バトロワでも始まんのかっていう…
 |.l ,;‐=‐ヽ  l :::|    \___________
 \ `ニニ´ ::::/
 /`ー---―´\」
藤原竜也 「先輩方うっす!今日転校してきました藤原っす!
よ゙ろ゙じぐお゙願゙い゙じま゙あ゙あ゙あ゙あ゙ず」
やる夫 「よろしくだお」
95年生 が村の集会場にやってきました
キル子 「伝説の100年生……私も同級生になる日が来るのでしょうか(レミリア先輩が残留する前提)」
大妖精 「藤原君も素行悪すぎて地下労働じゃなかったっけ...」
チルノ 「大妖精先輩! 私…怖いです…!(大妖精先輩に抱き着く)」
95年生 「呼ばれた気がした!」
キル子 「よろしくお願いしますね」
小悪魔 「いらっしゃいませ>妹様」
ルーク が村の集会場にやってきました
できない子 「ギャンブルの始まりだぞ。>白でっていう」
銀八先生 「おめー今更バトロワとか流行るわけねーだろ
やる夫スレで何回バトロワったりキラークイーンしたと思ってんだ
何回参加者のやる夫は運営に喧嘩うったと思ってんだバカヤロー

もっと別の切り口でいけ切り口でぇ!!」
小悪魔 「埋まりましたね」
ルーク 「うっす、宜しくな」
スケルトン 「すいません、パンツ見せてください>大妖精」
白でっていう 「大妖精先輩!俺様も…怖いです…!っていうwwwww(大妖精先輩に抱き着く)」
キル子 「藤原竜也はデスノートを持って同級生とのバトルロワイヤルに挑むようです
あれ? これ竜也の一人勝ちでは?」
大妖精 「うん素行悪すぎて学校追い出された、から転校生としてやりなおしなんだって」
100年生
     /                  \
 _人_ '                      ` 、  \
  Υ'/ /  /              ト、        丶
   / /  /         |    | | Χ     }
  .′   il  /   |  | \ | / `、  リ   |      彼女が、私の同級生の
  i | _|l__∧ト、八  |   メ´  ニニ  /   } |
  | |   ||  `>x、\|   斗チ芋ミ、∨   ,′j        【大星淡】よ!!
  | |l   l|斗示芋ミ、    ''h!::::::::}  ,′    ,
  |l 八  И'h!::::::}      乂___ノ /     /
  ||  \| 乂__ノ       /i/i/ /     /l|
  .八   ゝ /i/i/i    i       / /  / / |
   ‘,\ ハ      r    ア  /l/ /  /:: |
     ト、  込、         _ノ   //  ,イ::: l|
     |l l\ \> .,_       /∨  /l|:  八_
 |ヽ.  八l_\ \-─=ー ァ--<  /   / 八 {  \ `ヽ
 | | ./ /´  ハ 〕     { 〉     ,′ /   ` ヽ  \∧
 | |/─、_ / |∨  __ Ⅴ__=|   /     〕\  \
 | | Y´ \\.ノ (`ヽ \\)     |  ,′         \ 丶
キル子 「埋まりましたね
皆さんの投票を確認したらカウントしますよ」
大妖精 「ふえ!?>>スケルトン」
ルーク 「え、なに?レミリア先輩また留年したの?」
大妖精 「今抱きつかれてるでっでいうのパンツでいいなら...>スケルトン」
蝦夷の狂戦士 「蝦夷の狂戦士 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:蝦夷の狂戦士 → 蝦夷の警察
アイコン:No. 10586 (土方歳三(ゴールデンカムイ)) → No. 5171 (土方十四郎)」
藤原竜也 「いやいやいやいや前の学校でそんなんなそんな事したとかねえですからパイセン!>大妖精」
小悪魔 「大妖精先輩さん大人気です」
チルノ 「な、何言ってるのこのガイコツ!
私も大妖精先輩!のパンツみたい!!!」
スケルトン 「でっていうはパンツはきませんね、かなしい!>大妖精」
95年生 「あ、このネタ滑ってるやつだ」
ルーミア 「でっていうって下着つけてたの!?」
100年生 「だから私は留年なんてしてないって言ってるでしょ」
白でっていう
     /ニYニヽ
    /(●)(●)ヽ     
   /::::⌒`´⌒::::\   俺様のパンツほしいとか変態だなっていう
  | ,-)___(-、|
  | l  mj |┬-|  l |   こいつ退学処分でよくねっていうwwwww
   \〈__ノー'´ /
    ノ  ノ」
蝦夷の警察 「相撲だぁ?
いいぜ、まずはテメェからだ>銀八」
95年生 「まあいい、気にしない気にしない!」
キル子 「欲望が溢れる村になってますよ」
銀八先生 「おめーら教師の前で不純異性交遊してんじゃねーよバカヤロー
どう考えてもスルーしたら俺が職務してないみたいにあとで言われるじゃねーかコノヤロー」
ルーク 「でも、確か俺の爺さんも先輩の事知ってるし……>100年生」
スケルトン 「バサラ学園でパリィいってそうな>警察」
大妖精 「わ、わたしのパンツ!?」
銀八先生 「ちょっとー!!なんでここにマヨラーきてんの!?」
100年生 「つイチゴパフェ(罠)」
ルーク 「いや、銀八センセは職務してないでしょ」
チルノ 「何この学校…カオス」
小悪魔 「警察がいるので任せたらどうでしょうか?>銀八先生」
ルーミア 「純粋異性交友というのもなんか」
できない子 「藤原ー投票忘れてるよー」
大妖精 「あ、準伝説の留年生のフラン先輩も来てる」
チルノ 「>ルーミアちゃん
私と大妖精先輩は同性だから大丈夫だよ」
白でっていう
      / ニYニヽ
    /(仡ト)(仡心) __人_
     弋cソ弋cソ  ..`Y´
   /   ⌒`´⌒\      ラブコメ反対先生がもうカップル作ってますっていうwwww
 /    ,-)   (-、\
 |      l  __  l |     ほら100周走ってこいっていうwwwww
 \     \  /  /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.」
藤原竜也 「すいません、このノリに乗れそうじゃないんで参加やめときます。すいません観戦しときますお疲れ様でした」
キル子 「竜也さんはもうしばらく準備が必要でしょうか?」
蝦夷の警察 「うっせぇ
テメェには俺の六マヨ流でマヨ網掛けすんぞ」
銀八先生 「どう見ても学園モノなのに警察役とか
誰か不良でもなれって話になるじゃねーか!
俺の仕事が増えるどころか残業にまでなるじゃねーか」
小悪魔 「ありゃ」
ルーミア 「あっ」
できない子 「ノリに乗る必要はないと思うけど本人がそういうなら仕方ないね。」
大妖精 「あ!指導の土方先生!助けてください!」
スケルトン 「抜けた方わります?>藤原」
ルーク 「純粋な気持ちでいたら純粋異性交友だから問題ないから
きっと多分メイビー
少なくても不純同性交友よりはまともだから」
やる夫 「ノリに載れって言われたらやる夫はどうすればいいんだおっていまおもってえるお」
チルノ 「ノリ自体はスルーしてくれていいと思うけどねー」
キル子 「ああ……分かりました
無理に周りに合わせなくても大丈夫とは思いますが」
できない子 「それね>やる夫」
100年生 「ノリなんて最初だけだと思うんだけどね…」
藤原竜也 「何度もすいません退村ボタンどこですか」
キル子 「そうですね、後半になるとみんなガチ推理始めますね」
ルーミア 「まぁ開始前のノリに合わないとその後不幸になる可能性あるから」
やる夫 「やっべえこれやる夫どうすればいいんだおってなるおね>できない子」
銀八先生 「おめーは教師役不良役脚本役監督役
全部こなせるエンターテイナーだ
もちろん主役で100年生と恋愛してもいいぞ>やる夫」
できない子 「>藤原
自分のチェック入れて左下にあるKick牡丹」
100年生 「投票するときと同様の画面で左下のキックよ」
キル子 「投票の所から自分にチェックを入れて、左下にあるキック投票で退村しますね」
ルーク 「自分を「KICK」すると良いぞ>藤原」
できない子 「Kickボタン。(訂正)」
藤原竜也 「教えてくれてありがとうございます。今後は参加控えますルーミア」
蝦夷の警察 「何をどう助ければいいんだ?>大妖精」
ルーミア 「控えなくていいの!」
藤原竜也 は 藤原竜也 に KICK 投票しました
藤原竜也は席をあけわたし、村から去りました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
ルーク 「つかまぁ、出方わかんないなら蹴ったらいいんじゃねぇか?こっちで」
ルーミア 「合うときには参加してくれればいいの」
やる夫 「いいんですかお?やる夫が主役になっても!?>銀八先生」
白でっていう

              /ニYニヽ
       .     /( ゚ )( ゚ )ヽヘ
           /::::⌒`´⌒:::: \\
          /^| ,-)___(-、| }    お、俺様は悪くねぇっていうwwwww
          |: | l   |-┬-|  l | |
           ゝ\   `ー'´ _/イ     俺様のパンツ盗んだ骸骨が悪いっていうwwwww
            \;"ヽ::... ∠ ヽ \
          γ⌒:|:: .}"    ⌒\ \
           |  ;/ /    ,ィヘ. \ ヽ
          | / /    ノ   \___ノ
          | " /    /
           ゝ__ノ    /
           /.     ..f」
チルノ 「もっと積極的に参加していいんだよ?」
キル子 「いえ、控えなくて大丈夫です!>竜也さん
ノリとかは無視しても全然平気ですし!」
95年生 「95年生 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:95年生 → やらない夫
アイコン:No. 21 (フランドール) → No. 420 (やらない夫)」
チルノ 「開始前のOPなんて遊ぶものだからね!」
できない子 「参加控えなくて良いというかまた来てくれた方が嬉しい。
こういう変なノリも珍しいのでタイミングが悪かったね。」
100年生 「99期から96期までのうち1人足りなくなったわね」
スケルトン 「私、パンツは盗みません!>でっていう」
やる夫 「やらない夫!おめぇ女装してたのかお!!!」
やらない夫 「アイコン変えておく」
100年生 「誰だ、お前は!? ><」
キル子 「では30分になったらカウント、という事で」
できない子 「>ルーク
やり方覚えておくに越したことはないからね。
急いでいるわけじゃないし。」
大妖精 「開始したらみんなガチになるから大丈夫だよ!」
チルノ 「さて、それはそうと時間ね! 遅刻しちゃうわよ!」
スケルトン 「ルパンもびっくりの女装術ですね>ない夫」
銀八先生 「こうしてまた一人転校しちまったな……
まあこういうこともあるって考えるしかねーな」
やらない夫 「立看板に気づかないのはおかしいだろJK>やる夫」
白でっていう
            /ニYニヽ
           /( ゚ )( ゚ )⊂)     >ガイコツ
        ./::::⌒`´⌒::::⊂)
      ./| ,-)___(-⊂)    大妖精のパンツだったら?っていうwwww
    ./  | l   |-┬-|  l |
   /    \   `ー'´   /      欲望に素直になれよっていうwwwwww     
  (              \
  \_ |            \
   (_) ̄ ̄\     /    |
    ) ししし |\ /     /
    (_⊃\   \   /」
キル子 「開始前と初日は遊びが多いだけですしね」
小悪魔 「Zzz」
キル子 「ではカウントを始めましょう」
キル子 「5」
やる夫 「あ、本当だこれ立ち看板だお」
キル子 「4」
諏訪子 「がんばろう」
キル子 「3」
スケルトン 「え、履いてるパンツを見るのが好きなだけなんで!>でっていう」
キル子 「2」
キル子 「1」
白でっていう
      /\Y/ヽ
    / ( 0) (0)ヽ
.  /::::⌒`  ´⌒\
  |::::::::::-) __ (-|   俺様ならメルカリで買いますっていうwwwwww
  l:::::::  ヽ|!!il|i|!l|. l |
.  \::   lェェェェ| /
.   /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
   |  ,___゙___、rヾイソ⊃
   |            `l ̄
   |          |」
キル子 「開始します」
できない子 「まぁノリなりなんなりに合わない村にいても辛いしね。」
ゲーム開始:2018/11/24 (Sat) 23:31:24
出現役職:村人6 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
スケルトン 「男子が全員役職COしないかなーでっていうは飼育用ペットで」
100年生
                 ヽー-=  _
                   \: : : : :  ̄!
                   \_: : : : L> 、__       \
                    >: :´: >一´: : : :\≧‐-、___)\
.             \ー 、 /: : : :/: : : : : : : : : : : ヽ : : :ヾ‐--‐'
           /: :_;レ'彡: : :./: : : : : : : : : : : : : : :∨: : :.\
            /: : :.:V-‐: : :.:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;ゝ
.           //: : : ,'\ミ: :/: : : : : : : :.∧: : : : : : : ハ: : : :.ヽ\
.            |.! : : : |\ミ.:/: : : : /⌒/ヽ∨: : : : : レヤ: : : :.:|ヽ}       せんせー、
.         从: : : ,|\:.:ム: : : : : : :.:/  i|: : : : : / lハ: : :.:ハ
          ∧: /ハ\ミ.∧: : : :.:/   |:.: : : :/ , ィTV.:/        朝食のカレーラーメンの汁が
             V ∧,>―!: :.;ィT,ニ マヽi| : :/ イl! | | :V
                「_ャ=|/ハ ||:0:l:|  j/  .|リ l/l :|           撥ねたんで、帰ってもいいですかー?
               ヽ\ V: : トヾーソ ´    ゝ′l :|
                  \`V: ハ `¨´     '   /! |   -‐ 7||
                       ヽV: :ト _    , ィ_ </|/    ∧
                  , 斗: :!____{≧ ‐-ヾ\ヽ/     /  ヽ    というか帰りますね
                   /∥| :/| ̄ \.__  \`ー-ミ       | レ
                      i! ゚ l/ |l       V  __)) ̄)) ,   iレ
                  φ i   ゚      トk―‐<´      :
                  /{_ ! |!      ,' {_`ー- 'h <\     :
                    /,ィ'´| ハ  |     iヽ._)   ,ム! \ヽ、
                〃/! .i! | ,' /|    !  `¨¨¨_r、>‐宀卞、
               // !、 .| !_/ .!   .|ニ=-‐今┐`Z   _ヽ>、
         ___≫'/   .l `¨| !  .|    !   └i メ 〈__r'´ \ヽ、
        _/r‐七/     l  .l |、 乂_   _  -‐セス>、/_ ̄ ̄ ̄ヽ ゝ ミ三
 ヽ=ニ二 __ .! └ァ   _r ヘ .ハ|   / ̄Υミ≧-‐=ニ´       }_フ
        l |  /   ,'   !  ヽ| l|  ,/   .| \ `ヾi__      ∠メ
        l l  !   ,'  」  / ,'|      .|   ',   V     /   _ ニ=-―━―-=
._______>┤ ! .!   r!    //__〉      ,'   ',   |!_> ´   /´__彡ミ彡三彡ミミ
-、 、ー―' ///  _}l    / ///ヽ  /         ,ハ     |>`ミ_川ミ川三ミ彡
. ヽ`ニ=-´‐´‐´    〉ヽ _ / / {    `<__     /   l (      ヘ        ̄¨¨ ̄
             下、_/ /  `ー、   ヽ  ̄     , '¨7      \
                 「´ /       `ー-=ニ _ /ヽ∠ r ´          >-=  _  =-
             /  ヽ、     _ -‐==≒=-/
               _丿   ヽ-‐=_ <´    `ー-ミ_
             ∠ < ̄ヽ  <´____>_-‐===_<、`ヽ
                 \_ -‐ ≦´       >、ヽ \
ルーミア 「おはよう。」
諏訪子 「ああっ! 私が死んだ!>身代わり君」
やる夫 「おはようだお!
こうなったらがんばって主役を目指すお!」
やらない夫 「うーっす」
大妖精 「占い師CO銀八先生○」
キル子 「おはようござい……ます!」
小悪魔 「おはようございます

16人村の開始です
役職のCOを待ちます」
できない子 「おはようございました。」
銀八先生 「はいそれじゃCOしとけ」
蝦夷の警察 「レッツパーリィ!」
ルーク 「呪殺で吊りが減る。護衛成功で吊りは増えない
狼もアグレッシブに攻めて来るだろうな
そういう意味では、大雑把な展開にもなりやすく、展開がストレートになりやすい、が…」
白でっていう 「どうせ初日に大妖精のパンツを盗んでメルカリに売ったガイコツが
初日三重●貰うに決まってるっていうwwwwwwwwwwwwww
うはwww俺様超絶推理小説家っていうwwwwwwwwwwwwww
家宅捜索は任せろっていうwwww余罪見つけるていうwwww」
ルーミア 「占いCO  チルノ○」
チルノ 「おはようございます。」
スケルトン 「1CO?」
銀八先生 「教師かつ霊能者CO」
できない子 「霊能CO」
ルーミア 「占い理由 二年生?大妖精先輩?何を…?
     というか隣だから占う。それだけ。
     ○もらいなら挨拶してから出るように心がける。
やる夫 「占い師は一人かお?
それじゃあ霊能も頼むおー!」
大妖精 「先生が非行してたら嫌だから...」
チルノ 「私が学級委員(共有者)のチルノよ!
ちなみに男の子の方の学級委員はスケルトンね!」
キル子 「占い師は一人!?
と思いましたが二人居ましたね」
小悪魔 「2-2でしょうか?」
スケルトン 「無駄占いしかない村ですねー」
諏訪子 「クスン……美人薄命だ……」
ルーク 「16で2-2で霊ロラしてる暇ねぇだろ
灰ランで良いよ」
やらない夫 「カレーラーメンにとんかつをのせないから汁が跳ねるだろJK」
大妖精 「...先生霊能かあ」
蝦夷の警察 「じゃ、霊ローラーだな」
ルーミア 「対抗が1で」
キル子 「2-2ですか
ふむ……共有混じりではないみたいですしローラーで良いのではないでしょうか」
銀八先生 「対抗は共有じゃないのか
珍しい展開だなこりゃ」
チルノ 「なるほどね。2-2になるんだ」
やる夫 「おっと2-2になったお。
それで占い師二人とも共有と霊能の一人を占っていると」
白でっていう 「オイオイ死んだなこいつ・・・大チル同陣営とか夢のまた夢だろっていう・・・wwww」
できない子 「16だし大妖精-銀八で2Wまであるのかなと思いつつ。」
やらない夫 「ロラるだろ?4日めになったら起こしてくれ」
ルーミア 「チルノちゃんその寸劇まだ続けるの?(汗)」
100年生
                          ____
                                 `丶
                /く\              \_ 
            厂 ̄`丶  \〉             ハ そ
             |....{.............\  く\   -‐━‐-ミ  くノ |   て  
           \_〉-‐‐-ミ...\  >'^........ -‐━‐-ミメ、 |    うー
         / ̄`⌒>............`丶〉⌒し'⌒ヽ__ノ⌒丶   \‐‐-ミ゚ o
        く................{............ _/ r‐-ミ___厂   |\__\_r-ヘ、____〉゚ 
           ̄\......〉、___/ r-┘| /八   |´ ∨  {   丿゚ 
            / ̄し-ヘ.__丿   rテ='气\   fニミ}  {__厂  ゚ o
          く__/ }      c弋_,リ u V _lj。んヘ. {     ゚ o  
.             └-}   } |   { ////  ' ///人  ∨(⌒⌒ヽ
                  厶ヘ  } |  {トu  (⌒) ι l  j (   ノ    ただいまー、調子どう?
                     ∨V \ {‐-ミ ι_,lj, }丿 /  `ー'´
                 丿r-‐' \〉   \ノ┐〕iト .∨
                     丿-ミ `く     /(0)∨_〕
                     .′  し┐`く_/ }.......〉 _〕 {
                {       し┐  }....{ V   \
                 / ̄〉\        \ノ.........\゚。    }
           /----し'^ }        }................〉ト、___丿
           /-------/ く__rく三アく_ノ⌒¨´/__r-┘、
.        /-----/V-/  厂し-ヘ.__ノ〈 /   {  |\--\
.        /-----/  V    }..._j∧   ∨    {    \--\
     /-----‐         /../    ',   ,    {   |    ー--
    /---‐         __/..厂     ハ   ∨ニ-/  |
  --‐           /...../⌒   __/      V-{  |」
銀八先生 「教師を占うのは疑いの証
バツとしておやつのパフェは俺がもらっておくぞ>大妖精」
スケルトン 「ロラでいいでしょうね(スヤァ」
小悪魔 「ルーミアさんは共有占い、大妖精さんが霊能候補を占っていますね」
ルーク 「占い師視点、霊能欠けねぇ限り「真狼=真狂」確定してんだ
霊能完全放置でグレランで良いんだよ

真狼=真狼だけ後で考えりゃ良い」
諏訪子 「共有混ざらずの2-2は久々な気がする
16人村だからって狂人あたりが気を利かせたつもりの動きをしたのかね」
やる夫 「これ霊能ローラーでいいと思うんだけど
〇もらったほうともらってない方どっち吊った方が情報が多いんだお?」
蝦夷の警察 「味噌ラーメンカツ乗せ
って店は近くにあるな」
大妖精 「霊ローラーはするならできない子さんからお願いしたいかなあ。先生吊りの私が噛まれてたが一番最悪な展開だから...」
ルーク 「ちげぇわ。チルノとできない子間違えた」
キル子
             , ':::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::ヽ
           /::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:ヽ
        /:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.'
        ,'.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::i
          !::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::|:.:::.:::|!:::.:::.:::.:::.:::.|  
       l:.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::|.:::.:|l|::.:::.:||:.:::.:::.:::.:::.::.!  いえいえ、大チル生存勝利
       |::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:!l::.:::.:::.:::.:::.:::|.::.::|」|:.::.::|!L:.__:」::.::.::.l  
       |:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::._:|:|.::.:::.:::.l:::.::.|L:::」ー=ミ;   ハ|.:::.:l:.:!   私はまだ諦めていませんよ
       |::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:/ |]::.:::.:::.::|:.:::.|| { 。● i    {;;;!::.::l|:l   
          !.:::.:::.:::.:::.:::.:::..i /|:!::.:::.:::.:|::.:::l|l ゞー '゚   'V:.::l.|:!|    信じていれば夢は叶うと信じていますから
          |::.:::.:::.:::.:::.::: 八ヽ.||.:::.:::.:::|.:::.:l||           ヽ川
         |.:::.:::.:::.:::.:::.,':.:::.\l|::.|::.:::.|!::.::||         r '´
        |::.:::.:::.:::.:::.:i::.:::.:::.:::|.:.!:::.:::|L::」|      ‐セ′
        |.:::.:::.:::.:::.:::|.:::.:::.:::.:|:.|:.:::.::||          /|
         !::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::: |.:|:::.:::.|  えニ_ー‐一1|:!
         ,':.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::./|:::!:.:::.::| /、 \``ヽ.:/ !|
      /:.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.://:ハ::.:::.:l'  \ ヽ  \|!」
できない子 「まぁロラだしどうせ先に私が死ぬのでそれ以上にコメントはやめておこう。」
チルノ 「それじゃ、霊能ロラするわ!」
やらない夫 「あんのかよ。北海道はじまってんな>蝦夷」
白でっていう 「大妖精を捨ててチルノ狙いとかガイコツ策士だなっていうwwwwwww
俺とその位置トレードしろっていうwwwwwww」
ルーク 「どっちにしても16で霊ロラなんざしてる暇ねぇよ」
銀八先生 「おめー仮に俺吊って対抗が俺●うったとして
それだけで「大妖精破綻!!」とかいわねーだろ?つまりはそういうことだ>やる夫」
大妖精 「ごっごめんなさい!>>先生」
蝦夷の警察 「パワハラで逮捕な>銀八」
100年生
         ,へ、     _,,,..--、__
        /::::i i::ヽ ,斗'"        `ヽ、_           ,ィ'ア三=-y-、
       f:::::::| i::::::ヽ、              ヽ、       /r' .、ア''"´ ,、く
 r=-r-―、__i:::::::| i::::::::::::ヽ、         ;i ’   .}      ん'(_ノ    / .i    咲夜、霊2らしいわ
  ';::::::', ',:::::::弋_::|f::::::::::::::::ノ  、、  _人__ノー-<⌒ヽ、_   f ゝ-イ≦ナ ,イ  (
  丶;:::::', ',::::::::f::::i i::::::::::::::::)  ,ィ'7r--、_,r=、__f弋:`t___,  }  、__>  、x.)じ'  tア .)ゝ  そうせロラならいそいうで戻ってくる意味無かったじゃないの
   `ヘ::::i i:::::弋::::ii:::::::::::::/`" /´    i   ヽ、Y__::::/   ..弋 .{y}.  __ 人)
     {::__:ii:::::::::`;:::ヾ;:::::/ 人ノ  ;  i 十マ   ',  Y     z弋=マヘ r.< yノ
     `、::::::::`、:::::ヽ、__ノ `ァ、__ノ  ノ≦_ } ; _ノ _,.ィ´     /:::(_ V)) rvヘ弋Yア
     ..`ヽ、:;:::__ノ__Z''"    i て_, ̄´ '´( r'ヽ(      {:::::::::::',`" Vトノ アノ
            弋_  ,、     `ァ¨´  __ ./.ノ         ./:!:::::::::::`ヽ `'" ノ::t、
             ノノ寸ノ、__ノ< 、_,, -―=ニユ、       };;::::__>- /   i-r"
              /: : : ::弋: : : : /     弋ー'ー、       ヽ、_ -ヘ =-, .} |
            ./: : : : : : 7ヽ、./  .r=―<__    `、     /´ヽ  `、 f .i
            i': : : : : : : 弋: /  .i :r=ミ、、: `¨ヘ  ',   .∠   .'、  .', .i  ト、
          ノ:>: : : : : : : /   i: { {_人_:}: : : :i   ',ィ''"´     .`、 i .} i ヽ、
           ,イ: ::ノ: : : : : : :::/    i: : `T: : ;': : : ::|   ',         } 'V f   .\
         {: : : : : :`ー-ア/    iイ": :`;: : i : : ::i    .',         { ., i V´    '、
         `Y: : : : : : : /     .!: : : : : :`: : `: :|    i         リ ノ´」
やる夫 「まあやる夫も霊ローラー渋ったせいで悲しいことになった思い出もあるし
狩人も保護できると思えばローラーもいいもんだお」
チルノ 「私は本当はライン戦したかったんだけど」
100年生
         ,へ、     _,,,..--、__
        /::::i i::ヽ ,斗'"        `ヽ、_           ,ィ'ア三=-y-、
       f:::::::| i::::::ヽ、              ヽ、       /r' .、ア''"´ ,、く
 r=-r-―、__i:::::::| i::::::::::::ヽ、         ;i ’   .}      ん'(_ノ    / .i    咲夜、霊2らしいわ
  ';::::::', ',:::::::弋_::|f::::::::::::::::ノ  、、  _人__ノー-<⌒ヽ、_   f ゝ-イ≦ナ ,イ  (
  丶;:::::', ',::::::::f::::i i::::::::::::::::)  ,ィ'7r--、_,r=、__f弋:`t___,  }  、__>  、x.)じ'  tア .)ゝ  そうせロラならいそいうで戻ってくる意味無かったじゃないの
   `ヘ::::i i:::::弋::::ii:::::::::::::/`" /´    i   ヽ、Y__::::/   ..弋 .{y}.  __ 人)
     {::__:ii:::::::::`;:::ヾ;:::::/ 人ノ  ;  i 十マ   ',  Y     z弋=マヘ r.< yノ
     `、::::::::`、:::::ヽ、__ノ `ァ、__ノ  ノ≦_ } ; _ノ _,.ィ´     /:::(_ V)) rvヘ弋Yア
     ..`ヽ、:;:::__ノ__Z''"    i て_, ̄´ '´( r'ヽ(      {:::::::::::',`" Vトノ アノ
            弋_  ,、     `ァ¨´  __ ./.ノ         ./:!:::::::::::`ヽ `'" ノ::t、
             ノノ寸ノ、__ノ< 、_,, -―=ニユ、       };;::::__>- /   i-r"
              /: : : ::弋: : : : /     弋ー'ー、       ヽ、_ -ヘ =-, .} |
            ./: : : : : : 7ヽ、./  .r=―<__    `、     /´ヽ  `、 f .i
            i': : : : : : : 弋: /  .i :r=ミ、、: `¨ヘ  ',   .∠   .'、  .', .i  ト、
          ノ:>: : : : : : : /   i: { {_人_:}: : : :i   ',ィ''"´     .`、 i .} i ヽ、
           ,イ: ::ノ: : : : : : :::/    i: : `T: : ;': : : ::|   ',         } 'V f   .\
         {: : : : : :`ー-ア/    iイ": :`;: : i : : ::i    .',         { ., i V´    '、
         `Y: : : : : : : /     .!: : : : : :`: : `: :|    i         リ ノ´」
スケルトン 「ヨホホーヨホホー」
小悪魔 「霊ロラ了解です」
100年生 「SAKUYA-------(ラグ)」
ルーミア 「霊能ロラの間に結果を出せれば良いのだけど」
諏訪子 「もっと熱くなれよ!>本当はライン戦したかった」
やらない夫 「連続投稿する100年生可愛い」
やる夫 「あー16人だとセオリーが変わるってやつかお?>ルーク」
ルーク 「安心しろ。霊ロラ始まったら片方残しとかしねぇよ
奇数展開になんだから、狂人ありえる場所を残しがねぇ>大妖精」
チルノ 「偽偽ー真偽の時にも戦えるしね。」
スケルトン 「(腹パン>100年」
白でっていう
       ./ \Yノヽ
      / (0)(―)ヽ キリッ    >キル子
     /  ⌒`´⌒ \     何%ぐらい信じてますかっていうwwwww
     | , -)    (-、.|    ________
     l   ヽ__ ノ l |   | でっていう植民地 |
    /ヽ、-ー、__,--‐´\ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   / >   ヽ▼●▼<\  |ー、.
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \
 l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ____」
できない子 「>やる夫
○い方から吊った方が情報は多いんだけど
大妖精が明日噛まれてたら銀八残すって路線を取るなら灰から吊った方がいいので
大体後者のために灰から吊る」
銀八先生 「あえていうなら大妖精明日即噛まれ死ぬ場合に俺残してくれとかちら見できる程度だが
大妖精から没収したパフェを食ってそのままニートしたいのが本音だ」
100年生 「                                     ____\   ー‐┐    |一
                                      \      ノ´   ⊂冖
 ∧      /|           ,ヘ、_             \    ー‐┐   ,/
/   ∨\/   |         r‐';:::::::゙7              ,>   ノ´   \
         |____.     ,r‐':;;ハ:::;;/-‐゛"`ヽー‐-;;_   __   く.   ー‐┐ ー|ー
ー‐┐ ー|一ヽヽ /     ./::/::::::::/~__,ゝヘi、_rヘ,_''  ),, / l   \   ,ノ´   ̄匚ノ
 ノ´   ノ こ  /_____.  '-'、;:::::<7´i ! ̄i i ̄ハ'=r‐、 .」/ /   /  ー‐┐  ┼‐ヽヽ
ー‐┐  ニ|ニ.     / ,ヘ, ヽ<ハ; |\ l.レ / iハ⌒/ 人_ /     ,ノ´   ノ こ
 ノ´   ⊂冖   く  '、 '、-‐<レ|/○`'  ○`'λ ̄ヽレイム  \    ||  ニ|ニ
ー‐┐  |     /    >、ソフミリアi ""r-‐‐v,""イ `´゛-イ     \   ・・   ⊂冖
 ノ´   l.__ノ   \   <-、ソ,/ノイ |lゝ,ヽ、__,ノ_ノ j   ,,,.‐'\    /       |
ー‐┐ ー‐;:‐    \  `-r'_,.,___`、ハ  ~」_/、  ',-‐<;;;::::::::::', ∠.、       l.__ノ
 ノ´   (_,     /   |::::::::::;`l^レ'´§ ヽ、__」 |-、ヽ⌒ヽ)    /        ┼‐
ー‐┐   /     /     i:/⌒r,^'ー、__§、r-v⌒ヽハ,      /          ノ こ
 ノ´   \     \       /~ヽ"゛V`‐L/゛`'⌒'\'\     ̄ ̄|
 | |   」z.___    >                            |/l   /|  ∧  /\
 ・・   /| (_,  /                                |/   | /   V
       ┼‐   \                                   |/
      ノ こ     \
      ┼‐ヽ    /
      ノ ⊂ト  く
                \
スケルトン 「狐保護としてー呪殺がんばってください」
キル子
.     !:: :::::::::::::::::::::::::::::::::::|:|::l|:::::::::::::ll|::::::::::::::::::|||:::::::::::::::::::::::::l
     |:: ::::::::::::::::: :::::::::::::::::|:|!:ll:::::::::::::||l: :::::::::::::::l||::::::|::::::::::::::::::.!
     |:: ::::::::: ::_l||::::::::::::::::::|ll.l||::_:::_| ll :::::::::::::||.!:::::|l:::::!::::::::::::|
     |: ::::::::: /、ll|::::::::::::::::::|>|ァ-、、''ミ  ̄ ̄ ̄〃ニ‐く∠!::::::::::::|
     |:::::::::::::! /l!|: :::::::::::::::||/;●.c !\'    '.f{●.!..∨::: :.!::::::|   共有の意見は尊重しますよ
     !::::::::::::::!.l.|!|:::::::::::::::::|ヽ:l..≦.ノ . '     .!ic丿 /:::.!:::l:::::f|
     |:: :::::::: :ヽ.!||: :::::::::: ::|l| l`.´         ´  .!:: :|::l||::::ll|   私の意見はローラーの方が
     |:: :::::::::::: ::||:!: ::::::::: ::||| │        !    /:::::l!:.!||:::|l|
    ,l:: ::::::::::::::::::::::::::::::_::_l:!|| │     ´     /.::::::.!|:|.!|:::|l!   考える要素が減って楽というだけですし
    l|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!ト、 |    ─‐‐   /.:::::::::i| ̄  ̄  
     l|::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::||  丶、      / :::::::::::::::||
    !|:: :::::::::: :::/|::::::::::::::::::|.| 、  .` ー┬ '´::::::::::::::::::::::::l|
   l:!::::::::::::::::/ :l|::::::::::::::::::l |、 丶、  /丶、:::::::::::::::::::::::|.!    
   l:!|::::::::::/::::: !|:::::::::::::::::.! !、ヽ  \ l i  !ヽ:::::: :::::: ::::ll|     
  !:|:!:::/'"`ノ ー!|: ::::::::::::::::|:.!:::ヽ丶、 ヽ!   ! |:、!::::: :ヽ:::|.||
  !::!'´ノ>∠: :: :||!::::::::::::::::::.!:|:::::::\ヽ .!   | .!:(ヽ:::: ::ヽ|、!|
/:: ̄ソ '´   \::|:l|::::::: ::::::: :|:.!:::::::::::ヽ ヽl   | !::::ヽ:::::::::ヽ:\」
小悪魔 「大事なことですか?>お嬢様」
ルーミア 「呪殺がんばるしかないわね…(汗)」
やる夫 「あーなるほどそれのほうがいいっぽいおね>できない子」
大妖精 「ローラーの間に人外見つけれると、いいなあ...」
スケルトン 「◇チルノ 「私が学級委員(共有者)のチルノよ!
ちなみに男の子の方の学級委員はスケルトンね!」

よく見たら、潜伏できてなかった」
ルーク 「そゆこと>やる夫
真狼=真狼でも無い限り、霊能なんて「なんか狩人じゃなくて狼も薄め。狐ほぼなし」で
結果までガン無視で放置で良いんだよ
死体なし出りゃ別だけど>やる夫」
銀八先生 「いや実際大妖精明日即死ぬなら
俺吊ったら○も霊能もいなくなることになるが
それでも多分ロラとめねーんだろ?
一応止めるよう努力はするが頑張ってくれや」
キル子 「100%純粋な愛で>白でっていう」
やらない夫 「2人いる霊能なんてボロ雑巾より価値がないのにライン線と言う名で残したい人が多いのは驚きだろ」
100年生
   _      _/ヽ.__
 _//\ '"´ ̄/:::ヽヾ `'ヽ.
//::::::__,.ゝ、-ァ'-::::::::!」-、_  ',
\ヽ:::::::::::ノ_7--‐'´-'`ヽノ___ノ_
 ノ____,.イ-7´ハゝ、/!  ハ ヽ.__7、
く__.rY ノノ ./ァ''Tヽレ'i/_,! ハン´
 ヽ|  ´ !,イ ゞ、!_   r'!/ 〈
  イ   | i "    , ヾiへノ 私の威厳的に
 ハ ノ   ! ハ、   -   ノ〈   とっても大切>小悪魔
 レ'〈/!/ ヽ、:r>r=7´ハノ〉
   ,.へ,.ィ'´/´  `ヽ. ,.-‐- 、
-‐''" ,.へ! i      ヽと_  ',
/:::::/::::::ハ !、  、___、_ト、`[二.l
:::::::/::::::::i、,ゝrヘ'ー!_,-' ヽ、!7  i
:::::::i::::::::::ヽr/:::::>、`ヽ.   ヽ ノ」
チルノ 「進行はローラーで決定します!
学級委員だから! みんな私にしたがってくださいね!」
諏訪子 「現代で呪殺頑張れって応援される人も珍しいよね
他にはブードゥーの祭祀くらいしかいないんじゃないの」
蝦夷の警察 「銀八>横領で逮捕な」
小悪魔 「潜伏予定だったんですね…>スケルトンさん」
大妖精 「うーん、村からしたらそうなのかなあ...>>ルークさん」
ルーミア 「今気づくとか結構よくある>スケルトン
まぁ共有FOのほうがこっちはありがたいけど」
やらない夫 「ま、ボロ雑巾にしてやるけどな!!」
できない子 「>スケルトン
潜っているつもりだったのか……。
(普通にチルノので良いのかと思ってた)」
キル子 「キャ~、学級委員長~♪」
ルーク 「あくまで俺の意見だよ>大妖精」
チルノ 「あと、ルーミアちゃんは何を言ってるんだろう?
寸劇?」
スケルトン 「いえ、予定にはなかったんですが空気で>小悪魔」
銀八先生 「ちがいますーあくまで教師としての仕事の範疇ですー
ってかむしろ人狼を取り締まれ不良警察が!!>蝦夷の警察」
できない子 「この展開で潜伏共有のメリットとはって思うけど
●投げやすい環境だからわりとトラップ狙えるのかな?」
白でっていう
             / ノ Y ヽ
     (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
     (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))    16村なら霊能ロラ定石なんじゃねぇのっていうw
    /∠_| ,-)    (-,|_ゝ \
    ( __  l  ヽ__ノ   ,__ )   昔過ぎて忘れたけどそんなコト言ってたような気がするっていうwwwwww
        \   |r┬-|  /´
         |  | |  |  |
         |  | |  |  |
            `ー'´」
諏訪子 「学級委員だからって命令する人が最後まで命令聞いてもらえたことを私は知らない」
ルーミア 「寸劇…?」
ルーク 「俺は奇数展開で、片方吊った霊能なんざ残せねぇ
たかが狂人?違う
奇数で「狂人候補」が残せねぇ」
やる夫 「なるほどなるほど、考慮するのはあとからでもいいと。
でもそれで吊らなかった結果霊狼が残った思い出があるんだお>ルーク」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
キル子0 票投票先 →できない子
ルーミア0 票投票先 →銀八先生
チルノ1 票投票先 →できない子
蝦夷の警察0 票投票先 →銀八先生
大妖精0 票投票先 →チルノ
白でっていう0 票投票先 →銀八先生
銀八先生7 票投票先 →できない子
小悪魔0 票投票先 →できない子
諏訪子0 票投票先 →できない子
100年生0 票投票先 →できない子
できない子7 票投票先 →銀八先生
スケルトン0 票投票先 →銀八先生
やる夫0 票投票先 →銀八先生
やらない夫0 票投票先 →銀八先生
ルーク0 票投票先 →できない子
2 日目 (2 回目)
キル子0 票投票先 →できない子
ルーミア0 票投票先 →銀八先生
チルノ0 票投票先 →できない子
蝦夷の警察0 票投票先 →銀八先生
大妖精0 票投票先 →できない子
白でっていう0 票投票先 →銀八先生
銀八先生8 票投票先 →できない子
小悪魔0 票投票先 →できない子
諏訪子0 票投票先 →銀八先生
100年生0 票投票先 →できない子
できない子7 票投票先 →銀八先生
スケルトン0 票投票先 →できない子
やる夫0 票投票先 →銀八先生
やらない夫0 票投票先 →銀八先生
ルーク0 票投票先 →銀八先生
銀八先生 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
やる夫 は無残な負け犬の姿で発見されました
ルーミア は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やる夫さんの遺言 ┌────────────────── 、  r───── .、           r――――┐
│┌───────────────── 〈   |─────‐/         `───┐ノ
││                 __      <  i        〈  /\     〉    /
││                ´     `      〉  }       /  \ /    〈    /
││              /        \  《  \     /    }/      \/      ィ
││            /           ヽ  》   \∧/     /、              / |
││               '               , {       ∧/W  \          〉、/||
││            |   ` ー ノ    ⌒   } ゞ、    rイ   __  >       /  ||
││                |   ( ● )   ( < ) i /   〈  <      >\     、イ    ||
││              i               l {     \     _  /      >    .||
││.              l    (  ノ、 ヽ   ,' ヽ/  /ゝ. ` </ヘ  /        \.   ||
││               l     弋ー‐チ′ /   / /  ` \    ヽ/         \/\ |
││      ___ rチ厂ケ、      ̄     /__ .〈 〈 ( > )  〉  .入            /{!  `
││    , ´      ̄ ¨´ .∨≧ュ _  _ノ  '  〉 \    /  ノ  \    ヽ ̄ ^ヽノ   ゝ、
││    ,                      { <   \∧/ / _ ノ >    .〉 r< ヽ`j /    ィ
││.   l       _                 i /        \_ j /     〈  lヌ´  ./ 〈  / |
││.   !      i_」                入W\/ヽ  ∧/\ ∨∧M  ∧.\     / /||
││   '    /У 二!            l  >    \/.    , .\/ ./ W  \ ∨\/ <  .||
││  / ___∠/  ー:}             ト、        `</!    /    V  ー ^ 、.  \.|/
││.  〃         二ソ    , 、        j /             ,'   /    /   |   入ノ 、 ∨/
││  {       / ー― "    ー― <l ,'          ノ   /   、 ,    |       \/.|
││ ∧ _ >"´                j {         /    〈   ∧    .,'       ││
││       i                ,' .!          レl    .!   〈.∧   /        ││
││        l                 { l           | l / ,リ   ,'  ゞ __/       ││
││.      /                  ヽi           l j_/ノ′   !              ││
││        .:                  l                 {            ││
│└────────────────────────────────────┘│
└──────────────────────────────────────┘

                  ┏━━━━━━━━━━━━━┓
                  ┃  最高の日、最高の友人と  .┃
                  ┗━━━━━━━━━━━━━┛
ルーミアさんの遺言 占いCO  チルノ○●
占い理由 二年生?大妖精先輩?何を…?
     というか隣だから占う。それだけ。
     ○もらいなら挨拶してから出るように心がける。
銀八先生さんの遺言 普通に考えて俺先吊りからできない子までロラしないルートってないんだけど
大妖精がチルノ投票してるから俺ー大妖精ライン全部偽とかいわれて
できない子残しとかしねーだろうな

したら笑うぞバカヤロー
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
チルノ 「大妖精 0 票 投票先 → チルノ

大妖精先輩!これはもしかして私への愛の告白票ですか!? (迫真)」
100年生
        「|lヽ、    _,,. - ''"´ ̄ ̄"'' ー 、,
        |::|l:::::::>'"´             `ヽ.
      r‐ァ'、ヘ,'"             i     ',        めっずらしー>ロラ展開で引き分け
      ./::/::::ヽi   `rー-、r'"二、へ、__ノ,.へ.,_  !-‐'7
     |:::|l::::::::::'、 _,,..-ゝr-'" ̄  `ー-'^ー-へ `ヾ、!ー'-‐ァ     あなた狙ったわね>大妖精
     /::/::::::::::r'"ヽ-ァ'"   !    i _/,.イ´|  iヽ、__ノ、__ノ
     !::|l:::::::::_L_,,..イ´!、,__,.ハ.  ト、!,'-ァ=-'、レi   i |
    └─''i´ /  'i !,r'!='、ハ ! ' i `ー'iゝ|  ノV !
       ノ`Y   レ'!,! i.`ハ V   '、_>' !イ  ! ト、       ま、どうでもいいわ
      く::::ノ! .ノ i  ヽ, ゝ '  ,     ⊂⊃!    ', `' ー-‐ァ
       ``''!へ,ハ  ハ⊃          ハ  ハ  `ー'"`ヾ.     ティータイムよ
          ノ  )ノ 人    '´`   /i | / i    r-、ノ
  _,,..-‐ァ   /´  ,' / /`7ァ- .、.,_,. イ ,!イ /`r' ハ  r,.'"''ー-'、
''"´::::/(   レ^ヽ!/レ'´ ̄`ヽ、!、    /.! レ'ヽ、!/_,.!-/ ./ / , ヽ. /!
::::::::/:::::::ヽ、    /        Yゝr-ァ'」/   /! !_,..し'i / /_ノi/::;!
::::::;':::::::::::::::ヽ、 /          iヘ__rハ」 ∵/」ヽ! `ヽ`'^'-'、  i::::/::|
:::::i::::::::::::::::::::::::Y           !ハ/´i_」ヽ.,ヘ」   ',   ``'i__,,..イヽ:::::|
:::::!:::::::::::::::::::::::::ゝ、r' 、   ,   ,.イ / ,'__,,.. -‐-'、 ハ   、「´--‐''" i:::::!
::::|::::::::::::::::::::::::::::ヽ7ーヽ.,_/_,,..- ' Y    _,,.. -< i_rヽ rノ、_,.-、_,.イ:::::|」
大妖精 「やる夫○」
諏訪子 「おおっ」
やらない夫 「や、やる夫ぉ!」
白でっていう 「銀八先生・・・授業ボイコットされてて草草草っていうwwwwwww
ストパー当てて異世界転生して戻ってこいよっていうwwwwww」
小悪魔 「おはようございます

大妖精 0 票 投票先 → チルノ
霊ロラ展開なのに何故共有に入れているのでしょうか?
投票ミスにしては場所もおかしいですし」
キル子
               .: ::-‐-、,.----、
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ.
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::\
          /::::::::::::::,::::::::::::::::、::::::::ヽ::::::::::::::ヽ
          /:::::::::::::::l::::::::::::::::::ヽ::::::゙i:|:::::::::::::::ヽ
         ,:::::::::::::::::i|:::::::::::::::::::::|!:::::::i:|::::::::::i::::::|
         |::::::::::::::::||::::::::::::::::::::::|゙i:_:_||:|:::::::::|::::::|
         |:||::::::::::::||:::::::::::::_::-‐,;≦=ャ:|:::::::::|::::::!
         |:||::::::::::|:|」≧ニヽ  i'ji「コjメ|::::::_」::::::|
         |::||:::::::::|:i7「fコj`    `¨¨" |:イ:::::|:::::||   占い師については
         ヽ|ト、::::::i`ゞ・¨´          |::::::|:::::||   霊能ローラーの間に結果が出ると良いなと
           ゙!|!::``iト.      丶     |::::::|:::::|:|   仲良し発言してる以上の感想を得られませんでした
             ||:::::::| /7    _ _   .イ::::::|:::::|:|
            !|:::::::i//‐i_- ._     ,.イ ||::::::|::::||:!
           j:|::::::/! l-'、 !.i| ゙ .‐ ´   jイ:::::|:::::||:!   初日はあまり動きが無く
           /´|:::::|/   `メ| i    //|::::::ト、_:!、゙、  灰についても怪しいと思っても
        /   |:::::|    〉!ヽ  / / !:::::|/  , `ヽ やや根拠が薄く、自信が持てない状況です
        メ    |::::::!   / | ヽ/ /  |::::::| /  ヽ
         /iヽ  |:::,、゙!   i  | / /  |::::::| /     |
        || ゙i  |:/ \_ |  〈 ./´   |::::::|'        |
       j |  ヽ |!、_ r 、 \   У    j::::::|   , -‐=┤
       | !  ヽメ、`ヾヽ  ヽ. /    /|:::::j /       |
      |  ゙!  i`    ヾ!  〈.     / !:::://      |
        |  ヽ 〉ミ    ヽ_,_ ゙|   / j:/´       /|
      |    `|  \_    | `ヽ、/ /'     _ -" |
      |_  _...イ、   `ヽ、_|    `ヽ、!-‐ =  ̄    |
       |  ̄   |     |       `ヽ、__    /
      ゙!     ヽ     |        ヽ    ̄  i
       ヽ     |     |               /
       |     |     |             /´」
ルーク 「◇やる夫 「なるほどなるほど、考慮するのはあとからでもいいと。
でもそれで吊らなかった結果霊狼が残った思い出があるんだお>ルーク」

ポイントは(死体なし)だ
これが出た時、初めて霊能は「狩人でも狐でも無い」場所として保留吊りを行う場所になる
なぜなら、死体なしは「2回」出るまで吊りが増えないからだ
狼は薄いが、ありえはする、偽交じりの場所、として霊能を見る。その上で
2-2の霊能が残り続けるならば、最終日前日に決め打つ」
スケルトン 「あー呪殺ですね」
蝦夷の警察 「ほう、呪殺か」
できない子 「破綻したかこれ。」
白でっていう
 |ニYニヽ
 |゙0)(0)ヽ         >キル子
 | `´ ̄ \ジーッ
 |    (-、.|       こいつを見てくれ、100%から90%ぐらいにはなったんじゃね?っていうwwwww
 |___ l |        
 |.`ー'´  /       大妖精 0 票 投票先 → チルノ 
(⌒ー─' )
大妖精 「◇やる夫「なるほどなるほど、考慮するのはあとからでもいいと。
でもそれで吊らなかった結果霊狼が残った思い出があるんだお>ルーク」
「どっちから釣るべきか」で質問してたと思うんだけど...どっちから吊るべきかわかってるけど質問してるように見えたんだよね」
小悪魔 「呪殺ですね」
チルノ 「流石大妖精先輩!!! 私尊敬しちゃいます!」
諏訪子 「うーむこうなると吊り順しくったね」
できない子 「○出しても●出しても死んだわ。」
キル子
                       __,,, --‐‐ー-‐‐‐‐
                    ,.r.' "´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              ,r".::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | :::
.               /..::::::::::: /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | :::
            '.::::::::::::: ,'.::::l::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | ::::
           ,'::::::::::::::: l::::::l:::::l|:::::::::::::::::::l:::|:::::::::::::::: | ::::  ふっ、勝ったな
              ,..:::::::::::::::: l:::::i|:::/l|::::::::::::::::::ll::l|:::::::::::::::: | ::::
             ,'.:::: l:::::::::: l:::::||::i l.|::::::::::::::::l.|:|.|::::::::::::::::: | ::::
           i::::: i:l::::::::: l::::∥∥l::::::::::::::::i.!:l l::::::::::::::::: l :::::
           ./l::::: l:|::::::::: ! リ:l∥.l:::::::::::::::l.ll.l::::::::::::::::: l| :::::
           l l::::::∥::::::::: ! i~癶必、::::::::::l リ.l|::::::::::::::::∥.::::::
        l l::::::i l::::l:::::::l l|iミメ弋ノ `ー′! !!;;;;;;;;;;;;;;∥.::::::::
          l l::::::l l::::l:::::::l.リ乂廴汐i    , イ弋勿/.::::::::::::
            !、ノ l::::l::::::::l.l  ` -'       '´ l=刈刃 :::::::::::::
            `ソ:::::::l|             `込リ/.:::::::::/l:
             l::::::::::ハ,r'~`  、        /.//.::::::::::〃:
            /:::::::::l/       ` 、       '..::::::::::∥:::
           /.:::::::/           ヽェェェェ┐'<::::::::/l:::::
           /.::::::/            ヽェェノ   `フ.l::::::
          /.:::::/            `i _ ‐ ' ´ .l:::::::
             l::::::/                  l       l::::::::」
白でっていう 「銃殺でてるじゃんっていうwwwwwwww」
やらない夫 「さらばやる夫…お前のDドライブは俺が死守するだろ…」
大妖精 「や、やった!」
スケルトン 「霊能ロラゾッコンでいきましょう」
100年生 「大妖精真確定で
明日から結果隠しの上で指定ーね」
ルーク 「って答えたんだが…」
諏訪子 「スケルトンってやつが悪いんだな
諏訪子はかしこいから理解したよ」
蝦夷の警察 「じゃ、できない子吊りだな」
ルーク 「真狂=真狼……ね」
白でっていう 「俺様大妖精先輩のこと疑ったことないっすっていう!!!!!wwwwwwww」
100年生
                   ______
                  ,..  ´          `  、    占い真確定したのなら優雅に過ごせそうね
                 /                \
               ,:                    ヽ
                /                        :.    で?そう、今日の紅茶は
       ,.イ「 ̄:::\{_,.---- 、/ ̄7ー〈´ ̄ `ヽ/⌒、   }
     /:::::{ L:::::::/∧    {_∧_,ノ、___/ ヽ  }_,<       アールグレイを基調とした
     \::::、 |:::/  ': :\_ノ__/ | : : : ,.ィ、-l―l L_/ ⌒ 〉`ヽ、      オレンジジャムの入ったロシアンなのね
    r:::∧::} }:_\ |: : :|: : :|: :/` {: : l: : :| }/从:|: :|: : : |:<_,.-、}
    {:::::、{::::∧_ノ {: : :{: : :{:ィ=≠ミ、: 、:|イ芯笊ア': : :/{: : :、__ノ
     \:\乂_r-八:、乂: 从弋ヒソ \:}' ゞ-゚'/ : : イ: |: : :ハ/ニヽ
       \::/  /_}、}: \}∧     '     ムイ:./: ,': :/: :}ニニム    お茶受けはなにかしら?
        `     /: /: : : :人   ー '   ィ/: ,: :/:イィミ、//\ ム
              {: イ: :{ : : : : >,.... __   ´{: /イ::「_フ⌒ヽ、/ ∧ }
               从{、:」乂≧=「/ ̄ ∧  /从{' {::l |_フ   ∨/ } |
                 /   〈/:|  { '  / / |::| !フ    {//| |
                    j   〈/|::|  \   /  /:/「ィ    |// '
                 /   〈il |::| /::∧/\:.、 /://イ     |/イ
           ィ=v^>===-<{|::∨イ{⌒Y、 \://       ヽ
             ∧ 〉,.=======/  /::乂_ノ::   ∨{       /  }
          {ニつム     ,' /::::::::::/::::|::::|    乂-r、_,/_ノ
          { ̄__) ゝ.__,ノ_,'::::::::::/::::/:::::|___ |ー{_∧_〉、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨ゝ--'_ノ ¨´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    `ヽ  /―― `――――
          {    ノ、__,..-- 、 __               /
          乂_,.イ         ` ¨  ―   __.ノ
              ,..------ 、
           ( ( ̄ ̄ ̄) )
           ` ━━━ ´
やらない夫 「まだ寝続けれそうだな」
小悪魔 「できない子さん吊りでまた明日」
チルノ 「できない子を指定して
大妖精先輩は明日から結果は隠してくださいね!」
大妖精 「投票しちゃってごめんね...>>チルノちゃん」
チルノ 「キル子
警察
でっていう
小悪魔
諏訪子
100年
できない夫
ルーク」
できない子 「大妖精真かー普通に間違えたけど
ルーミア噛めてるから大妖精噛んでたら護衛あるはずなんだよな。」
諏訪子 「銃殺された狐の遺言としては100点やっていいくらいに良いAAだなあ」
キル子
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     'ヽ:::::::::_ /レ//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::ヽ::::::::::::ハ
    ,.'  l:::::/V//::レ'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙、:::l ヽ._ ノ !、_ _/ |
    l   V  l| | ::::::::::::::::::::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::|::: ゝ、_ │    i|
    |/ハ ィVリ:レ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::|:::::::::::::\|r v'^ヽ|
    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::: | :::::::::: |
    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::| :::::::::: |  ルーミアさんなかなか起きてこないな
    |:::|:::::i ::::::::|::i_:::::::::|_::::::_::::::::::::::_|_:::::::::::::::::::_|:::::::::::::::::::|:::::::::::::|
    |:::|:::::l ::::::::ハ!rz示≧ミ       ,.z≦=ミ、i::::::::|!:::::: ilヽ:::::::::|    偽者なのかな
    |::ハ::::l ::::::::| f爪●川`     /f爪●川i!:::::::ll!::::::::|/ |::::::::|
    |:| |::::| ::::: ハ 弋_夕        弋_夕 |::::::::|l::::::::| リ:::::::::|    と思っていたら朝に死体となっていました
    |:| |::::| ::::: ハ  ` ´            ` ´  |::::::::|l::::::::|/:::::::::::|
    ゝ ヽ:|::::::::ト i       i          |::::::::|i|:::::::||::::::::::::|    なるほど真狂ー真狼、と
      ゙|_:_:_||::::i      ヽ           |_::::_|i|_:_:|l|:::::::::::::|
       |:::::::::::ゝ                /:|::::::::::::|:::::::::::::::::|    何故昨日銀八先生を吊ってしまったのか
       |::::::::::::|::::\     ー ―       ィ':::::|::::::::::::|:::::::::::::::::|
        |::::::::::::|::::::::::::::::、        ,. ' ト、__|::::::::::::|:::::::::::::::::|
        |::::::::::::|::::::::::::::::ィゝ . ___  ィ    |/ |::::::::::::|::::::::::::::::::!
       |::::::::::::|:::::::::::/; ;/ j::::::::::::::/    / /;!:::::::::::|::::::::::::::::::|
       |::::::::::::|:::::/; ;.//:::::::::::: ,     /  l'; |::::::::::::!:::::::::::::::::|
       |::::::::::::|/; ; ; ;| | :::::: /     /  /; ;|::::::::::::|、:::::::::::::::|」
やらない夫 「真狂ー真狐が…!と言いたかったけど呪殺でてたわ。
うーんシンプル」
スケルトン 「やる夫くん噛みは、狩人っぽかったところと考えたんですがー呪殺ですかナイスですねー」
蝦夷の警察 「真狂―真狼か
となるとまぁ、そういうのが好きそうな位置にいるんだろうな」
チルノ 「ぜ、全大丈夫ッス! むしろありがとうございますッス! >大妖精先輩」
白でっていう
      / ニYニヽ
    /(仡ト)(仡心) __人_
     弋cソ弋cソ  ..`Y´
   /   ⌒`´⌒\     銃殺記念にパンツプレゼントとかないですか?っていうwwww
 /    ,-)   (-、\
 |      l  __  l |    ログポで銀髪の天パ上げますけどっていうwwww
 \     \  /  /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.」
100年生
     ┌───┐
   .∧. |ニニニニ|
  /::/∧|::::::::::::::::::::}_______
  /:://::::`/ ̄               \
. /:://::::::::{                     \
/:://::::::::::{                     \
`>‐,ァ─{   _ ___  __ _         }    え?ドラ焼き?
   {> 、_√⌒ヽ、_/\/\丿⌒ヽ__   |
 κ´_/  x-〈-      ̄∧ ̄     \|─ |
   _/    }  iゝ     ,__ /   ヽ \_〉   紅茶でロシアンティーでどら焼きがお茶受けなの?
  | 〈     芋芋ミx) } /芋芋ミx | | | |} | | \
  |  |\   ト、 ] | //∨lll ] |  }   | | | / | | <
  | _/   |、} ∪ '´  u  ∪/  ,         >   そそそそそ、そうなのね
  | `ー‐'  ' `{  u      uフ ̄  /    /
  |  |└ 、 }、 `>:.._   ヮ , .イ┐- ' ´  人 (__
  |  |   }イ .|ゝ   ,-'==、v::,=:x=:v,=ュー< |ゝイ     へーーー、し、しってたわ、最近のトレンド位
  |  |   | | !{ ̄ ̄へヘヘ((::))~へヘ、}  ', |
  |  |   | | !{   , - ュ-┌───┐ <.|
  |  |   | |_/  /  -ュ’〔i      }ヽ  >
  |  |   | {\ /}_{  ~ァ=コ、____ノ } '┐
  |  |   | L/V_i{  イ  /::::i::::::::::::::iヽ⊂ ヽ
  |  |   |< ̄ ̄',{',  ',[二二二二┌「二 ̄ }
できない子 「大妖精護衛しているなら昨日私投票してるはずなんでー。」
チルノ 「あ、焦ってなんか体育系になっちゃった…」
諏訪子 「もう誰も履くもののいなくなったやる夫のパンツをあげよう>シロでっていう」
ルーク 「大妖精が呪殺出さない限り、銀八先吊りが一応情報多いからじゃねーの?>キル子」
やらない夫 「むしろ呪殺と見えてなければ-30点くらいでしょ>諏訪湖」
キル子
                       __,,, --‐‐ー-‐‐‐‐
                    ,.r.' "´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              ,r".::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | :::
.               /..::::::::::: /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | :::
            '.::::::::::::: ,'.::::l::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | ::::
           ,'::::::::::::::: l::::::l:::::l|:::::::::::::::::::l:::|:::::::::::::::: | ::::  大チル同陣営!
              ,..:::::::::::::::: l:::::i|:::/l|::::::::::::::::::ll::l|:::::::::::::::: | ::::
             ,'.:::: l:::::::::: l:::::||::i l.|::::::::::::::::l.|:|.|::::::::::::::::: | ::::  これは大チル生存勝利にも
           i::::: i:l::::::::: l::::∥∥l::::::::::::::::i.!:l l::::::::::::::::: l :::::  手が届いていますよ!!
           ./l::::: l:|::::::::: ! リ:l∥.l:::::::::::::::l.ll.l::::::::::::::::: l| :::::
           l l::::::∥::::::::: ! i~癶必、::::::::::l リ.l|::::::::::::::::∥.::::::
        l l::::::i l::::l:::::::l l|iミメ弋ノ `ー′! !!;;;;;;;;;;;;;;∥.::::::::
          l l::::::l l::::l:::::::l.リ乂廴汐i    , イ弋勿/.::::::::::::
            !、ノ l::::l::::::::l.l  ` -'       '´ l=刈刃 :::::::::::::
            `ソ:::::::l|             `込リ/.:::::::::/l:
             l::::::::::ハ,r'~`  、        /.//.::::::::::〃:
            /:::::::::l/       ` 、       '..::::::::::∥:::
           /.:::::::/           ヽェェェェ┐'<::::::::/l:::::
           /.::::::/            ヽェェノ   `フ.l::::::
          /.:::::/            `i _ ‐ ' ´ .l:::::::
             l::::::/                  l       l::::::::」
できない子 「私投票者見てーのー。」
チルノ 「そういえば、16人だから吊りへっちゃってるのか」
100年生
            厂\
             |.........厂\
.             〉......|........{
             /...... ノ.........{   -‐━‐-ミ
           r‐-ミ.....}.............\          `丶
           |...........\.....................             \
.            〉...............\__........|           \
         r‐‐‐-ミ.... 厂\\〈                 ゚。
         |〈 ̄\__V     \_厂 ̄\_
         └ァ'´  .′  /〉`丶|  └‐-ミ-‐     }
.           /    |   /'r‐-ミ /|    \__)X-‐‐-ミ      もっとアツクなれよー>チルノ
        /      八 { r-J..ハ丿   ハ_ (__r―‐-ミ丶、
.       .′ /     \〉 V.ン ‐--‐ァ'___ }Х   |   }丿
.       | /|        | Vi/    /r-J「\/     八 厂
.       ∨八  ハ   人__ __  、   v.ン 厶イ  / .ノ\__
         ___\{ } /〈  /V 丶   Vi/ .′ 〈/{-┘
-‐‐-ミ__/    `r ノ'^ { ヘ、、___.ノ     /     {\
    .′     [_ {   \个ー---‐=≦   |     {  }
           _){     } r┘∨ ̄}   人   / 丿
          く__ {   /⌒V } _丿\(  }/
              ノ {_/ r┘.{ \}く  |
         厂\___/........{  `く  |\
  \____∧_.........................../     |  l   \
_/-┘  <⌒...丿 ................... /     | .′   |
白でっていう
     /ニYニヽ
    /(●)(●)ヽ    やる夫が人外だったんだからやらない夫も人外っていうwwww
   /::::⌒`´⌒::::\   
  | ,-)___(-、|   寝続けて明日銃殺されろっていうwwwww
  | l  mj |┬-|  l |
   \〈__ノー'´ /
    ノ  ノ」
スケルトン 「諏訪子とルーミアが同一人物だっと思ってた骸骨」
小悪魔 「明日以降の大妖精先輩の指定に期待しつつ、寝ます」
蝦夷の警察 「まぁ、しかしこうなると銀八吊りが勿体無かったな
後悔先に立たずか」
諏訪子 「お前親友に厳しいな>やらない夫」
ルーク 「ちなみにそれも、ルーミア噛みまで入って初めて、だからな
あ、俺?

別に最終的大差無いからどっちでも良かったです」
キル子 「別に理由を知りたかった訳ではなく>ルーク
銀八先生が吊れて残念という感想なのでした」
やらない夫 「貴様には鍋がお似合いだ>白でっていう」
できない子 「ドヤ顔で狩人予想した所の名前あげようと思ったけど
少なくても占い視ミスってるからな。当たる気がしない。」
諏訪子 「アイムノット狂人>スケルトン」
白でっていう

      /ニYニヽ
    / (0)(0)ヽ     >諏訪子
   /  ̄`´ ̄ \
  | ,-)    (-、.|    イラネ。っていう。
  | l ____ l |
   \   `ー'´  /」
ルーク 「一応分かっているので、俺もただの発言稼ぎだ。気にするな>キル子」
100年生
                        -――-
        _        _   -―/          `
.       /::::丶    /                     \
      _j::::::::::::::` '.、                          l
        V‐-  .. ____\      __j    ∠ ____   .{
.       l::::::::::::::::::::::::::::{rfL -.r 、⌒´ー ´ .}  )-―-< _
        ,j_::::::::::::::::::__ノ_v -―{  `ヽ ____ ノ__(__  -―/丶
      (::_ ..ニ=-/ 「 `ヽ   .}__//://:/! :ヽ:ト . ', `(____.ヽ
.      ) :::: /____\/` ー-', :/_ :/-′ミ' .} .:.:}:ト}:、!   :',   .)   先生は犠牲となったのだ
       {::::/(´_   ./     /:/  /:/_」 l_ /:} .:/ }∧」    l´ ̄
      `´      ̄′i /   l.:l . 下 んソト ゝ/} /}/c「 ア.:l.:ト !
              } 人:{   }∧ { {iツノ,//'′仏ノ {.:/}/ !      糖尿病の……
             ノ´ } `  .:` ヽ乂´¨´       `¨`ノ:/′ノ
              /   i  ',  , {、'''''''''       '''ノ/ {            (ちがう)
                / :i   :∧   ヽ \.:>.    ´ /i   i.:\
             { :∧ ..:V} / :} }ノ、   ー-.イ..:∧ :∧ .:)
.             V  \/ノノL.-ノノ^\   {V{.:/ }.:/ }/
            ゝ   ,に∧ ´    \、_j. 乂ノ'´、乂
                / 入ニ\     /()\  V) ,
                 ′    ⌒込z./ノr .. (()) __- 、. 、
               i       _ /// /,. (()) ゝ-  `ヽ \
                /}.      /,/.  `´ //_, (())  -‐\ !   /_
           _〈__   __  V    // (()) `⌒ヽ  l_/:::/
          ∧:::::<に:::::ノ _,/     ,. ′ /´    ,.}  |/ ){
             }:::::ソ^ヽ:{_,{U⌒,  ノ.   (_乂.     {_ソ、)⌒/´:}
               `¨/  ()}V /ー∧)            ト 」 ,>´:{- '
           <^,⌒ ー々/T゙┬-く             l>-‐ へ )
              i /⌒ ー-v、ノ           l`}⌒'  ',
                  !/     ′               l ,    .,
         ┌-  __j    /    丶、__     〉.′   }
.           l:::::::::::::::ヽ   , ー―…...:: ̄:::::::::::: ̄ ̄:{ ⌒ 、  /
.          l::::::::::::::::└ ´}:::--=ニニ二 :::::__,,.... -―」    `´
            l::::::::::::://⌒ ー-―/⌒ ー―}⌒ヽ ̄ >、」
諏訪子 「この村やる夫に厳しい人多過ぎない?」
スケルトン 「狂人が死亡確定ヤッター……あ、霊能に狼いるんですね!>諏訪子」
小悪魔 「なんか、狂人しかいない気がします…」
やらない夫 「村人っぽい遺言にみえんからなぁ。遺言で村を乱す狐はいらんわ>諏訪子」
チルノ 「ルーミアちゃん狂人で確定してるからね!」
できない子 「やる夫は主人公なんだぞ!!!」
キル子 「その村人は狂っていた」
白でっていう
      . … .
     :/ノYニヽ :
    :/ (0)(0)。ヽ :
   :/::::⌒`´⌒::::\ :   銃殺びびってんじゃねーよっていうwww>ない夫
  :| ,-)    (-、.|:
  :| l rヽ/⌒ヽノ | :
   :\{/   //:」
チルノ 「つまり、大妖精先輩の○は確定で村陣営!」
100年生 「マジレス入ったわね」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
キル子1 票投票先 →できない子
チルノ0 票投票先 →できない子
蝦夷の警察0 票投票先 →できない子
大妖精0 票投票先 →できない子
白でっていう0 票投票先 →できない子
小悪魔0 票投票先 →できない子
諏訪子0 票投票先 →できない子
100年生0 票投票先 →できない子
できない子11 票投票先 →キル子
スケルトン0 票投票先 →できない子
やらない夫0 票投票先 →できない子
ルーク0 票投票先 →できない子
できない子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
キル子 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
キル子さんの遺言                 ,.-::::::: ̄::::::=‐-....、_
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
             ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::ト、
           /::::::::::/:::::::::::::::::::::::r‐::、::::::ヽ.:::::::::、ト、::.
            ,:::::::::|/::::::::::::::::::::::/::::/:ヽ:::::::ヽ.:::::::ヽ.ヽi
           ,イ:::::::イ:::::::::::::::::::::j'::::::l:::::::',::::::::::',、:::::::゙l::::|
          /:j::::::::|:::::|:::::::::::::::|:::::::|:::::::::ト.:::::::::l、::::::::|::::|
          /:,イ::::::|::::::{:::::::::::::::|:::::::||:::::::::|i:::::::::|r|::::ィ'|::::|
         /::/´|::::::|::::::|::::::::::::::::|::::::|.|:::::::::|i:::::,イ●゚j:::|::::|   小悪魔さんとルークさんが狼に
         /イ   |::::::|::::::ヤ::::::::::::::ト.ト:jト-‐" ~´ ゞ="}:::|ヽj
        ノ'   }::::::j|::::::ヤ:::::::::::::k.。●゜ノ        !:::ト、    花京院の魂を賭けておきましょう
       |:|    j:::::j:::::::::ト、::::::::::::ヤ≡"    ,   /::::∨ヽ.
       ||     j::,ィ ヤ:::::::::`ヽト、::゙、     /⌒ヾ.、:::〈 ヽ.  まあ適当推理ですけれど
       ヤ   ,イ´ ``j:::::::::::::::゙i ヾY:.、.._/´   ∧゙ト、:ヽ i
       ヾ、 /    ヤ::::::::::::::|  ヾト、〉ナ      ヤj゙ヽ:\|
        ヽ,'      |:::::::::::::::|ヽ.  `Y"        ヤj ヽ:::\
         /      |!::::::::::::::| ヽ /          ゙|i| ヤ::::::\
         |       |ヤ:::::::::::|  ヽj          |i| .ト.::::::::::\
         ヤ、      .| |::::::::::::|   /           }!  ! ヽ.::::::::::\
          、 \.    | |::::::::::::|  ,j          |ノ    \:::::::::::ヽ.
         ∨  `ト 、_| |:::::::::::::|  /          / |       〉、.:::::::゙:.、
         ,::∨    .| |::::::::::::jィ"           /  |     /  ヽ:::::::ト、
           ,:::::∨   | |::::::::::::j           /  .|     / |   ゙.::::ヤi゙、
           /::::::/∨  | |:::::::::::j'l         ,/   j ヽ.  /  |    j::j゙j:::ト、
         ,/::::::j'::::/\ ,| |::::::::::::| ト.       ,/     ,|.  `´   |  ノ:イ ノ'
       /:::::::/::::'::::::|.`k{:::::::::::::|| }      ,/     |ト.      | /イ
       /:::::::/::::j:::::::| j |::::::::::::::| j     /      | \.    i
      ,{:::::::/:::::j::::::::ヤノ |:::::::::::::::| j'    /       j   ヽ.  /
       ||:::::イ::::::!:::::::::∨ !|::j!::::::::::| '   /       ,/     \/
        |.|::::|:::::::|::::::::::/ヽ/:/i:::::::::::|ヽ /       /
       | ヤ{::::::::iヤ:/:::、// |:::::::::ト、`´        /
       l ヤ|::::::| ヽ.::::::::X、  ヽ.::::ヽヤ        ノ
      ヽ._ヽj、|\ \:::\\ \ヤヽト.      /
        ヽj、ゞ\          .∨   /
                        ∨ /
                        `´
できない子さんの遺言 やる夫が妖狐ならやらない夫が人狼だと思うぞ。
やる夫と人狼の遊戯的に考えて。
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
白でっていう
      . … .
     :/ノYニヽ :
    :/ (0)(0)。ヽ :     昨日の慌てっぷりからしてやらない夫狐確定っていうwwww
   :/::::⌒`´⌒::::\ :
  :| ,-)    (-、.|:    銃殺されてあの世でやる夫といちゃついてろっていうwwwwww
  :| l rヽ/⌒ヽノ | :
   :\{/   //:」
スケルトン 「ない夫噛まれてないかなーあとトカゲ」
諏訪子 「ほほう」
小悪魔 「おはようございます

今日からは大妖精さんの指定展開ですね
とりあえず、その指定まで待ちましょう」
やらない夫 「うーっす」
ルーク 「3夜時点で、9灰
今日の時点で、灰噛み灰白で7灰4吊り残り 吊りで1減って6灰
次で占い白の灰白で4灰3吊り残り

2回灰噛み、灰占いしてくれりゃ、勝ち確定、か?
まぁ、今日は灰どっか噛まれてんだろ。俺の予想だとキル子だけど」
やらない夫 「白でっていううざくなければ吊りたかったけど、昨日はうざかったので保留」
100年生
          /`ァー、
          .//:::::::::::\/>、
         |::||::::::>'-r'-< ̄`゙' ー- 、
         「`'ーく´  i    \_ノ`ヽ、_ `ヽ.         朝から体育ってダルいわねー
         ,!  、>'´ ̄`ヽ、/____   「ヽ、__\
        く\/          \__ハ    `'ハ
         `/  / /  ,  ,!      `ヽ.___/`ヽ.     というか、教師もいないわけなんだし
         !   |  ! 、/| / |    ,ハ   ! \  ノ、
         `ヽノ  !イ´i>;、 レ'! 、/__」_ 八   Y  〉    別にやる必要あるの?
          (,. へ.! ,!,_ソ  レ',!-‐',r、/\)  .|-‐'
.             `ソ 7"   .     ! ,リ,ハ/     ',
            / !,へ.      `''",,! | i   ', ヽ.
              i |  /`>、 `   _,. イ ! ';   !   )     そこの学級王 大妖精が取り仕切れば良いだけでしょ?
     λ      ソ| /」_,,.イ`Tこ j ヽ | ,'  !  ,ハノ  λ
    /:::::..        ≫  {::{     }::}`ヽ  jイ     /:::::\
  /:::::::::::::ヽ      /   ヾ\   /:/'  \.      ,..:::::::::::::::\   おこた探しに行こう…
/´ ヽ::::::__::::::ニ==/    r ´ ` ― ´ \ l ∨- =ニ、:::__:::::::/ ¨`ヽ,
.    V´ `´    '    .!         |   ヽ    ` `V
            ト、    i            l   〉
             ` rミ _ 」            !_ イ
             |   |            ||   |
             |   |            ||   |」
ルーク 「あ、当たったわ」
蝦夷の警察 「一応、理屈だけ補完しておくが」
諏訪子 「お前ら仲いいな>やらないでって」
スケルトン 「大ちゃんさんー?」
ルーク 「とりま、灰数での管理が大事なんで、潜伏共有出た方が良いんじゃね?」
チルノ 「おはようございます。」
大妖精 「うーん...」
スケルトン 「現場の大ちゃんさんから返事が!」
やらない夫 「やめろ!俺は乗り物じゃねえ!人間だ!>諏訪子」
小悪魔 「狩人狙いならどこ噛まれても驚きませんが」
白でっていう 「で?っていうwwwwwwwwww
俺様がうざくないとかwwwwwww
俺様の言葉は玉音放送だと思って聞いとけっていうwwwwwwwww」
諏訪子 「本気で言ってるのかネタ発言なのか分からない人が複数いるんだが……」
やらない夫 「3人目の共有がいるなら大歓迎だろ」
チルノ 「それでは大妖精先輩! スパっと指定してください!」
100年生
              _____
    ヘ、    ,...  ´            `ヽ、
    |:::::\ /´                     ヽ
    |:::::::::::\__     _    __    :.
    |::::::::::::::::}/==}_ / ̄ \  / ̄ ̄ ̄\=}      死ぬ位置考えても仕方が無くない?
    〉:::::::::/ / \_   ! 〈    _,.-/  ̄ \
   /::::::::::/  /___∨:\|_> ̄: : :∨\  /
   ゞ_:/、- ': :/: :|: : : |: /、: / /: /: :,.イ: :;: : |∨ ̄}     >ルーク
     <_/: : ': ::::|: : :下≧ミ、_, ': :,ィ斥ミ: /: : |: }_/
       /: :/: : : :|: : : {瓧)ソ //瓧ソ/:イ : /: /
      ,': :/: : : : :!: : : |     ´  ,   ムイ}::/    そんなの、ネタしてるだけの私と変わらないわよ
      { イ: : : : 八 : 从 、   っ   イ: /: :∨
       八: 、: : : ∧: : } >r-=≦; :/:/}: :}、|
        \}、:/-イ从l ` - 、_ 〉./:/:イ j: / }
.        /   ∨  ヽ' : : : : : : :, '´  /イ ヽ
.     / !         ` ‐‐'       i
   ,.ィ/   |                   ||
 ///   .!     、!          i,   リ、
'////     ;     ヽ        /    イ l\
// /     |       〉       /     !. }//\
/ /     .!  ,-‐~`‐、ノ       〈 , - 、/ |////\
/ {.      ゝ〈: : :,-‐、,〉     :.:.  i´: : : : ,` ////// ∧
//|      .| ` ,   i:.:..   .:.:.:.:. / ̄`、:ノイ/////////}」
大妖精 「警察さんCOありますか?」
スケルトン 「初日の投票者1回目に、銀八先生 投票者指定でもいいですよ>大妖精」
蝦夷の警察 「真狼―真狼
なら
仲間に○は対抗吊りやすくする&騙りの灰が広くなる
って利点もあるんで
その辺りも込みで考えて銀八に入れた」
スケルトン 「あ、そこいいですねー>警察指定」
チルノ 「そこの位置指定分かるわね」
蝦夷の警察 「ないぞ」
小悪魔 「警察さんですか」
ルーク 「いや、だって……………
やることが………ない………
推理っていうか……狩人生きてね……ゲーム……>100年生」
やらない夫 「共有が占い師の指定評論家になってるの草生える」
白でっていう
             /ニYニヽ
          / (0)(0)ヽ     
         / ⌒`´⌒ \
        | ,-)    (-、.|   >諏訪子
        | l  ヽ__ ノ l |
         \ ` ⌒´   /    はぁ~???
        /        ヽ
       /           ヽ   俺様が仲いいのは巨乳のギャルだけだぞっていうwww
       |           | |
       ヽ_|         |丿
         |         |」
チルノ 「ちなみに、大妖精先輩! 言い忘れてましたが〇狙いで占ってくださいね!」
蝦夷の警察 「お前等俺をなんだと思ってやがんだ」
諏訪子 「共有がよってたかって納得してるから私は反逆して警察指定を意外に思うね
まさかそこを指定するとは……COが無いなら仕方なく吊るけど」
白でっていう 「この村では・・・・あっ(巨乳が居ないことを察し)」
スケルトン 「マヨラー>警察」
やらない夫 「巨乳…ギャル…つまり女装したやる夫か!」
小悪魔 「マヨラーと聞きました>警察さん」
スケルトン 「小悪魔ってサイズを変えられたりしないですかね?>でっていう」
諏訪子 「お前らの反応も仲良く見えて困るんだよな……男子高校生的というか……>やらないでって」
チルノ 「>でっていう
わ、私は育ちざかりなの! まだこれからなのよ!」
小悪魔 「!?!?!?>スケルトンさん」
100年生 「またのまれたか?」
やらない夫 「いやー、これは早くでっていうを霊界に送ってやる夫といちゃつかせなければなー!」
100年生
                              _,.. - ''´ ̄ ̄`ヽ、
                         , -――'´          \
                       /                 ヽ /:.、
                      /    ___/ヽ、-―-/`ヽ、     \:.:.l  __
                     __{_{`ヽ ̄`ヽ!   \/ / /\     ヽ´:.:.:.:.l l:.|
                    -、 ,\_l/}、___|/´ヽ、_/---{ ̄`ヽ、__    ',:.:.:.//:/
                     \/: /: : : : /: :/: :/: :l: : :l: : : :l ヽ_/、 ̄ /、  /:.://:/    大妖精死んでから考えるの私には
       _ ,zz=======z、 /: イ: : : : イ: :.{: /_lヽ、!:./: : :/!: : : : ヽ`-'、`ヽ':.:.//:/
  _, ィ升斗 ' ´: :: :: :_,..-'''"j厂´  ./: |: : : ,: :!: :.l:.ん;心 l/: :/リ: :_: : l: : : /二ニ-/     死角しかないから、ドンドン指定していけばいいぞー
=彡 '´: : : : : : :: ,..-''": : /: :l{     }: /: : : l: :l: : ,弋z)ソ l/´  ,´ュ、/イ:/: : /:、:.:./
: : : : : ,..-": : : :/: : :ヽ、   /:イ: : : /: :.l: :l          んソム:/:イ:/: : }´
:_: : : ´ : : : : : /: : : : \ / /: : :./: : : !: ト、  、_ ` ¨´ /:l: : : :{' リ/:!        ただし、狩りCOの場合の時間考えて早めにってくらいで
 ): :  -― 、: : :/: : : : :_,ィ´ /- ´ 、_l:从!. \   ´  _ ,イ: :.!: : : :',
,:' -'"     ヽ : /: : -- r'     i     `\\_`_ーュ、´  ,.イ: }ヽ:ト、:}
           |: :/´    f´\    .iソ .     `ー-、ニム,__      リ
            j /    ,/´\. \  ノ               `寸ュ
            レ   /    .\__>                  i `ヽ」
ルーク 「昼間に誘導して狩人透けさせる手助けしてもしゃーねーからな
少なくても占い師生きている間は推理の披露は控えめで良いんじゃねーの?っていう感じ
大妖精死んでたら公開してくけど。考え自体はあるし」
蝦夷の警察 「それは否定しねぇけどよ!?>マヨラー」
大妖精 「3吊でグレーが3になるから今日チャレンジくるのかなあ。したいが出たら」
やらない夫 「おいおい、俺はタチじゃねえぞ>諏訪子」
チルノ 「>諏訪子
警察官のことどう見てたのか聞かせてもらってもいいかな?
どうせ今やることないでしょ?」
白でっていう
           /ニY二ヽ
          /( ゚ )( ゚ )ヽ
        /⌒`´⌒   \
        |      (-、  |         >チルノ
  ,-ゝ、    ヽ___ノ  |  ト- :、
 /'´ミ)ゝ^)   | |r┬ー|  l ,/;;;;;;;;;;;;`゙    はいはい頑張れ夢は叶うきっと望めば桜咲くっていう
 ト、つノ,ノ   ∧ l | /  //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  i _,,.:イ  レ''";;;;;ヾ二,-;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ヽ  ゙v'′ ,:;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ヽ  ゙':く´ ;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ヽ   ヾハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    t    `^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;」
大妖精 「あ、4だ」
スケルトン 「伊達政宗でも海賊狩りでもいいでも?>警察」
諏訪子 「アイコン変える前の方がかっこよかったなって思ってたよ……本人に悪くて言えなかったけど>チルノ」
大妖精 「でも明日チャレンジ来そうだから怖いなあ」
ルーク 「明日8人
灰2なら、6人が灰
共有入れて、占い入れると3」
100年生
                       ,................__      _
                    ,  ´         `ヽ、 /:ll:{_,..- 、
                  ,  ´      ____   `ヽ、:./:.:.:.:.:.ll:.:}
                 {   __  ,__-―-- r―-、7ュ、 _ \:.:.:., -/
                 _冫´ {   /ヽ   人_,.イ`ヽ /  \':.:.:.:.ll:{---、
                { /l___>'´: : /: ー': :´: :l: : V \{ ̄ ̄}:.:.:ll:/:./´
               /V/: : : :/: : :,イ: : /: : : : : :}: : :ト、__)ヽ_/ll/:.:ll:l
               ヽ,': :l: : :{: : /:- l、/: イ: : : :/: :./: : |: : : }l >'-- '´
                /: :/: : :l: : :{ォュx、`リl: : :./-―/: /: : : リ/―‐ '
              /: :/: : : }l、: :弋z)ソ l: /,ィ=-ァ/:イ:/: :/_,..-、
             /: イ:/: : :イ: :lヽ: : }   ´, 弋)ソ/イ:´: ´: : : -- 、}
             {/ l:/: ´: :.|: : :/: :/  ー    /:、: : `ヽ: : :-、
               リ レル /: : : /:{`! -┬ ''"´x_l:/:}: : }  リ
                   l从/lリ/ ̄!//lァ、 /ニ{   `ヽ: /
                ;.ィ´ !:.:.:!|      / /:.:l,>‐-ヽ
               rヘ.ヽヽ.|:.:.:l.ト、!    __/ /:.:.:レ'/ ̄`ヽ、
               fヽ ヽヽ:!::.い!_`  '´ / /:.:.:.,!イ  , ⌒`{
               |  、 ぃ ヽ:.:!ヘ辷三/_,.イリ::.:,!/ //   }
               |  ヽ ヽ:\t辷ヘ /'/,.{i:::::リ{ /    !    桜咲く季節 新制服
                |  \ } \:`ー- V_r'´: :川/' }' /    .イ
               !   ! `7:ー{::::{‐ :`く'″t_!′    }、
               i'ー-- -‐ l  /: : /「´ l:、 : :ヽ }、`ー ‐ ''二 l
             i|ー--‐':{  !: : : /  ヽ: : :/ !ヽ二_ ̄.. -‐!
                 _` ̄¨~´ヽ!/    l ヽ′l 「`ー-- r一'
                丁¨ ̄´ !        l    lj′   i
                ! ′  l 、        ,′   i ハーv
                |      ! ヽ.       i     l /ー-ヽ_
           ____ -‐,l     l  _   ー/.l    i/ ヽ._:.__ ヽ.__
.      -―-<7ー、一' ̄:.l    |`ヽ `ー   _,.|     |ゝ-‐ノ  ̄ゝ- _二`_、_
   /        ヽ::.:.:.>‐、イ|     !:::.::.`iー¬´ .|     !;ノ´ ゝヘ'-< /    `ヽ、
  '´             `く:::.:::.:ヽl   |::::::.:.!::.:.::::.ヽ:.:l     !_,.r'´ .:/   /        ヽ
 {       ̄`ヽ、  ヽ::/::.:|    l、_:::::.:i:::::.:.:.:.::::.:|   |.:.:}/...:.:./   __;       }
  、          \  \/l    |_::.`>:-、__;.-‐l    j_/ヽ: / . -‐  ̄         /
  \          ヽ.   j    ! 丁`ー:'´:.:.l:.:.l    t:.:.:.:.:.//               /
     丶          >'    {:::{:ヽ:.__;..イ:/    ヽ-‐'´           /
      `丶、    ,. '´      }丁`ー--‐:_l;i      \            _, ‐'´
         `丶、{ / ;     / !`ー‐ 、ァ'"´ l  、     _ ヽ   _,,. - '´
                `{ / ,4  r';_/     {     ヽ } r、 { リノ-‐ ´
             `゙ー-'{ 广、      }    `1 }_'_ノ-'´
                `´  ヽ. {   v′   /´ `´
                         ヽt._ y´ j  /
                          `t.弋ノ, /
                       `t匕ィ_j
                        `¨´
小悪魔 「中の人ですか」
蝦夷の警察 「お前のアイコン的には海賊狩りの方先出してやれよ>スケルトン」
ルーク 「まぁ、今夜だろ」
チルノ 「>でっていう
大人になったら私もきっとセクシーボディよ!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
チルノ0 票投票先 →蝦夷の警察
蝦夷の警察9 票投票先 →100年生
大妖精0 票投票先 →蝦夷の警察
白でっていう0 票投票先 →蝦夷の警察
小悪魔0 票投票先 →蝦夷の警察
諏訪子0 票投票先 →蝦夷の警察
100年生1 票投票先 →蝦夷の警察
スケルトン0 票投票先 →蝦夷の警察
やらない夫0 票投票先 →蝦夷の警察
ルーク0 票投票先 →蝦夷の警察
蝦夷の警察 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
蝦夷の警察さんの遺言 素村だな
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
やらない夫 「うーっす」
100年生
       ,.ィ7  _  ,
       }//,ィ///|,ィ |' ´ ̄ ̄ `ヽ
   _   // {///|////|        `丶、
  //\_{//////{////,..===- 、__     \
  \/--- 、////> ,-―-、   ` ̄`,.ィ 、  ヽ
  _{^}/!//⌒ヽ   \_∧    /  } `ヽ、}
  {/{!/\∧  /\__〉: :/:\_/!:\/_,..ィ`ヽ
  \////,イ:/:/: : :_:_: ' /: : : : : :}: : |:ヽ: :ヽ_/     はっーーーー……
     </: : /: :/: : : : : `/ト: : : : :,ム斗: }: : :从' \
      /:,: ':/: : ': : : /:イ ',: : : : / }:イ|:!: :!: : :\_/
     {/{: :{: : /: :イ下芹圷 \:イィォァ}: |: :|: : 、: :}     お茶がおいしいわー……
     从,: :|:从:/: : :.| 込ソ   ` {ソ j:/: /: /: }:/
       /: :乂: { : : 八        '   八:':{:.人: {
       {: /: : :\:.イ: : }、   っ   イ: |:从: : :`ゝ     詰みにはまだまだ遠いでしょうから
       从: { /:/ `|: :/:| > r: :.:´: |: :|': : :\〉          大妖精、死ぬんじゃないわよ(大妖精に言っても無理)
        \}'从-.、 ̄\  |`ヽ 从:イ\〉`
      / !ァ'"ヽ、',:::|  ヽ、」 Y`iヽ               ,. -'⌒ヽ.,
   ,.ィ/  /   `レiヽ  /ムヽ i_(  `、      \       (      )   私はこのままネタで終える運命でいたいのよ
 ///  7、__  ,r_i:.:.ヽン/ ハヽリヘ.   >ヘ.    l\  (´_)  ヽ、.,_ン- '
////  / ヽ _ `二´7:.:.:.rム____」>:.:.:.'Y´/ ヽ、   }//\
// / /        ハ::::::::`'ー'^ー-':::::::::',  ,. -`"'"ー--‐うー「 ̄二i
/ //      ./  /ンi.:.:.:.:.:.:.:.:/:i:.:.:.:.:.:.:.ハ ´     / / ̄`つ紅 _|
./         ハヽ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!/i        i  ノ´i. 魔 」
      ,. '  ,'ァ'ヘ:.>:.、:;___:.:」:.:.:.___」、.!       l |、___,,..'ーr-‐'
諏訪子 「いぇーい」
ルーク 「色々考えたが、俺の頭では死体なしが出たら大妖精が全公開して狩人出して、したらほぼ詰むのでは?感がアリアリであって
大妖精は公開してもいいのでは無いだろうか?路線で髪の毛が伸びている

大妖精死んでる? ひゃっほー殴り合いだぁ!!!!!!!!!」
白でっていう
             /ニYニヽ
          / (0)(0)ヽ
         / ⌒`´⌒ \
        | ,-)    (-、.|    俺様思ったけどこんな昼でいいのか心配になってきたぞっていう
        | l  ヽ__ ノ l |
         \ ` ⌒´   /
        /        ヽ
       /           ヽ
       |           | |
       ヽ_|         |丿
         |         |」
スケルトン 「ルークくんが狩人じゃなければいいなー(ONE PIECE読みながら」
100年生 「やったぜ>死体なし」
小悪魔 「おはようございます

吠えからして狼吊れてないのでしょうか?
とりあえず、大妖精さんの指定を待ちます」
諏訪子 「勝ち筋入ったな」
小悪魔 「GJですね」
大妖精 「おはようございます」
チルノ 「やりました!」
スケルトン 「大ちゃんさんー○です?>大妖精」
大妖精 「白でっでいうさん指定でいきますね」
やらない夫 「白2つあれば即詰み。そうじゃなくてもほぼ詰みか。」
チルノ 「それでは大妖精先輩!指定お願いしますね!」
ルーク 「せめて大妖精さん公開して狼を早く吊れるかゲームをしたい……」
白でっていう

           /ニY二ヽ
          /( ゚ )( ゚ )ヽ
        /⌒`´⌒   \
        |      (-、  |      だがでっていうwwwwwwwwww
  ,-ゝ、    ヽ___ノ  |  ト- :、
 /'´ミ)ゝ^)   | |r┬ー|  l ,/;;;;;;;;;;;;`゙   俺様は巨乳ギャルを探すたびに出るぜっていうwwww
 ト、つノ,ノ   ∧ l | /  //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  i _,,.:イ  レ''";;;;;ヾ二,-;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ヽ  ゙v'′ ,:;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ヽ  ゙':く´ ;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ヽ   ヾハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    t    `^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;」
大妖精 「結果はまだ伏せておきます」
100年生
_r-'"ニ 'ー、
::::ヽ,     `"'ー、
:::::ミレ-r-,,、 ゝ  ヽ       ,. ---
_;:-ゝr-'"_,.>r--.、 /      /
- "/-/、   i_,.-、>ヘ    ,'  飽     占い個所2が死体になってないなら
 ァ㍉」_!  / ィ  l Y    |
 ハ rリ,ハ /イチ  | /    |   き     吊り増え=灰数じゃない?
. ヽゞ-'  V. ヒリl/|/    <
  \     "ハ\     |   た
    ヽ rァ ,..イ ./ ヽ    |
.  ハ /rハ"! レ .ィ /     ',  わ
ハ/、 Vヽ、 lハ / l/ ハ    ヽ
  ヾ/ヘヾ-ヽ、-'"ニニヽ    `ー-
   ノ:::::::ハ:::::ヘ  〉ヽ::::r..、::',
ヾハゝ::::/ i:::::::ヘ/ゝ :';::l : ヽ',」
チルノ 「流石先輩!仕事が早いです!」
やらない夫 「霊界で探してきな!(にっこり>白でって」
諏訪子 「さらばでっていう
巨乳ギャル見つけてこいよ」
スケルトン 「狩人占いもありますからねーまだ狩人COはいいでしょう
あともう噛まれていいですよ>ない夫」
白でっていう 「あっ・・・(昨日の巨乳発言がヘイトを買ったことを察し」
チルノ 「現状確定で先輩の結果1つは出せます」
白でっていう 「霊界にも居ねーだろっていうwwww」
やらない夫 「大妖精がそうしないってことは違うってことだしまだ寝るわ>スケルトン」
諏訪子 「黒ギャルあたりにしておくべきだったね
やっぱりでっていうにはそういう配慮が欠けている」
小悪魔 「COはなさそうですね」
ルーク 「スケルトンが巨乳だって!?」
スケルトン 「身代わりくんが>でっていう」
100年生
     ト、      ,. ''"´ ̄ ̄ ̄ ̄`'' ー- 、
    .//::::\  ,. '´  、              ヽ、
    //::::::::::::`7    /´ ̄ ̄ヾ二ニ>‐く-- 、 }
    | |::::::::::::;>─-< _」'´ ̄ ̄  ` ̄ \_ ̄`ヽ、
    | |:::::::::/ /,>‐ ァ'´ /    ハ-/-‐ ハ   ∨ヽ、}
   //:::::::::{ {/  /   |    / |/_」ニrァ |  |  ,ソ
   └ r r─:7   |/‐-八   ; ァ'´h ハリl|   、|/
     | |:::::/     l|ァ=t=r\|   弋z.ソ ;' /_,,.>、         ト 、
     |_|_/{ 、  八 ∨ハ       x//|     \         | r、\
       \ )  ヽ|、 ゝ゚'   .     '´.! |      ',         | |:::\\       私は有るわよ
        ∠.,_,,.イ ハxx    _,. ‐'   /| ;   |   |         ,' :|:::::::::\\
         //  人          / .! /  /  / /       / , |:::::::::::::::':, ':,     胸張りながら!!
 .        /   / | `7==ー-,イ  ,r'レ'ァ‐-' 、/ (      , ' , ':| |::::::::::::::::::'; ;
        ∨レ'\r'ヘ  '  _,r┴、 /  /r'    \,ノ    //::::| |:::::::::::::::::::| |
               `ア´ ̄}|ム/  /r'       ';   .//::::::::::| |:::::::::::::::::::| |
             /  ,  / ̄|\ ァ',/        | //::::::::::::::;' ;'::::::::::::::::::::! !
              / / / / |  ヽ}/         ∨ /::::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::::::'、 '、
             /, '  くr-、'_|    ',       }/:::::::::::::::::; ' ,:'::::::::::::::::::::::::::::ヽ.ヽ、
           ヽ {    .}|::|{        };─‐‐- 、 /:::::::::::::::://::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\
.            {人   {|::|}      八 ̄ `ヽ }:::::::::::::::://:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':, ':,
            「 `!ー-}l::l` ー---‐''/     /::´::::::::::://::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':, ',
            |   |  .{l::l}      /     /:::::::::::::::/ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ',
             |   |  }l::l{    /     /`ヽ::::::::/ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l .!
             | 、.|  {l::l}   /     /   }::;::'/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
            |  |  {l::l}  , '   ., /    .レ'´`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l .!
            |   .|  {l::l} /     .,:':、       ` 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!|
.              |  .| ,.イ~Ⅴ    .,:'   \        `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!|
                |  .|'′.:!/    .,.'      `:、          `゙''ー-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! .!
               |  .| .::/    ,:'、      \               `ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::! l
.             /|  .| /   ,.:' i:.ヽ.         `:、            `''ー--、::::::::::::::::::l .!
            /_.|   |/   ,.:'::.. !:::. \       \                   `ヽ::::::::::::! !
           /  l   ヽ.   I,_:::.. ;::::...  `'':‐-:.---:.‐''"ヽ.               `゙_、:ノノ
          ,. '    .|   ; j  !  :::.. i  ::::....   :..  :...   \                '-‐''´
.      /       '、 、 、ヽ._,ノ     ;            :      `:、」
スケルトン 「わたし、胸ないので>ルーク」
チルノ 「大妖精先輩はもし今の灰数が4人以下なら結果出していいですよ!」
大妖精 「あ、でもこれ詰んでますね」
ルーク 「くそ、なんて時代だ」
やらない夫 「やる夫が優しく抱擁してくれるだろ>白でって」
諏訪子 「君には立派な胸骨があるじゃあないか>スケルトン」
チルノ 「その場合。詰みですから。」
白でっていう
           /ニY二ヽ
          ./(0)(0 ) ヽ
            / ⌒`´⌒  \      俺様黒ギャルはなぁ~っていうwwww
          | ,-)    (-、 .|
  ζ      | l  ヽ__ ノ l |   ζ    やっぱ黒タイツが似合うギャルじゃねぇとっていうwwww
 [ ̄]'E    \  ` ⌒´   /  [ ̄]'E
 ⊂⌒ヾ  ./⌒         ⌒i /⌒つ
    \\/ /i        i  レ / ̄
     \__/ .i        L___/」
100年生
                    /三三三三三三三三三:
                   /三三三三三三三三:::, .<
                  ,.イ:::/ ̄ ̄ ̄ ̄`¨¨.ヽ,_< . ,
                {ヽ.|イ   __        .ヾフ>'´:
                .ヽ',}. _, ‐{___.'r―-}- 、  ハ三三:    あんたは胸どころか
                ./ヽ/      .` ー '` <.',三三
                `¨¨,'  .| ,ィ゙ 、.、   .ヽ   トミ_、三:     肉すらないでしょwww>スケルトン
                , <',/ |ハヽハ}‐<',ヽゝ   ヾ三:
              , < >'{ . ヽリ少 ヽ少リ.ヽ  .`ヽゞ´:
           , < >'´  ヽト、ト、` _  ,.イ ..ト、__、_',三
         , < >'´      .',ト、ヽ '.rr'´ハ ハ} ',' ,三三ニ
      , < >'´          _,ニくノイ{_,_´ ヽ〉ヘ ̄ ̄`
    , < >'´            _,ゝ- ' ´    . ,'゙ ∧___
 , < >.'´       ..,ゞ,¨_¨¨¨¨´    _____/   .\ `
´ >'´         ./,ィ゙/ .,  ., ‐ ' ¨´-} ',
. '´            `゚´〈_{ .,' /  , イ ,ィ  ',        /
               ヽトゝ ./  , ' ヽイ\    ,  '´」
スケルトン 「骨ですからねー>諏訪子」
大妖精 「ルークさん○でっでいうさん●ですー」
ルーク 「さて、プランBでも作るか……」
小悪魔 「あ、狼でしたか」
諏訪子 「あっはい>白でって●」
ルーク 「なんで!俺を!占うんだよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
殴り合いに!!!!!参加権利がぁ!!!!!!!!!!(」
スケルトン 「100年たってもない方>100年」
やらない夫 「>やっぱ黒タイツが似合うギャルじゃねぇとっていうwwww
悔しいが同意」
チルノ 「小悪魔
諏訪子
100年
やらない夫

に狩人いるならCOしてください」
ルーク 「んー?共有ってチルノだけだっけ?」
スケルトン 「噛まれていいよ>ルーク」
大妖精 「ルークさん人外だ村厳しいかなあと...>>ルークさん」
ルーク 「ちなみに俺は狩人じゃねぇから絶対に灰にいるぞ」
小悪魔 「スケルトンさんですよ>共有相方>ルークさん」
100年生
              -=ミ         -=ミ
             /:i:i:i:i:i:.、       /:i:i:i:iム
               /:i:i:i:i:i:i:i:i\  _/:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ
            /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:」Lユニニ=-----=ミ:i:}
             人:i:i:i:i:r~~´_____       ``
         -‐_"~ ̄`Y''"゚~ ̄~゚"'       ニ=- _
        {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:)____ _,,. -‐=ニ⌒└--  ノ:\  -_
        人:i:i:i:i:i:i:i:iア¨¨: : :/: :- ̄:¨:¨:冖:¬:<:}  ,ハ
         >-:i:ア   /|     /\    : : : :) (:_:_:_‘,     ●で詰んだっけと思ったけど狩り生存で
         ん:i:i:ア   | :/⌒!   / ⌒\  /: : : :\_/:i:i:i:i:i:i:h
           {:i:i:i:厶  |/ _、 |\{  ___,」 /    ―\:i:i:i:i:i:i}     どの道、灰狭まるからいいのかー
         `¨¨}:i:| ィγ⌒ |i  |/⌒ `レ    、 |: : : V:i:i:iム
             У/:.: |{ |:! V\i | |:! | [    |:\| : : : Vi:i:i:i:h
          ′/⌒} 乂,ノ    乂__,ノ ,ノ /  i|:┐: :/\{:i:i:i:i:iノ
          | /.: ⊂⊃      ⊂⊃/  i|ノi:i:i:i:i:i:/:i:i:(
          }./V 人    r‐:::v 、  /   /:i:i:i:i:i:i:i:/
             }/ }:〕=- ゝ--- _  / /}/i:i:i:i:i::/}/
                 しじ⌒Vア爪_」斗-く厶i:┬'⌒___
                  /⌒V_ノ{:i:i:\/:i:i:}_ ノ:i:i:i:i:ih.,_
   __               /八_ノ⌒V:i:i:i:i:i:i:iく=:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
  んハ    --=ミ     __,/ (0_   ノ }:i:i:/\:i/ ̄`寸レ'⌒ ̄
  {⌒vム<    ''"゚~ ̄ ア⌒V~、、 __人にユニフ⌒
  ‘, Vi}           ん   }i    /:iム」L..V  V:ih,
  _}__」:i!\⌒V __ ノ⌒V  ん'ノ 〈:i:i:i:i:i:i:i:i:ム  V:i/
 (,八 V:}: :}__,   rく:}   i|八__ `¨¨V:i:i:i:iハ  寸
  >-=彡'⌒ー―――人__ノ:_:_ノニ=-―┛ ̄ `ー'┘

諏訪子 「100年生 小悪魔 諏訪子 やらない夫
明日1占って人狼でも村でも吊り数が足りて詰み
ルーク狩人でもおk」
やらない夫 「常識的な狩人の常識的日記

2日目 護衛:大妖精 襲撃:ルーミア 【やる夫呪殺】
3日目 護衛:大妖精 襲撃:キル子
4日目 護衛:大妖精 襲撃:
5日目 護衛: 襲撃:
6日目 護衛: 襲撃:

初日
古典的テンプレやる夫スレでお馴染みのやる夫のお守りをしないといけないのか…?
いや、古典はどうであれ、新感覚派は自分の信念に基づいて護衛するに決まってるだろJK

二日目
どっちの占いも護衛したくねえ!
ルーミアの挨拶→占いCOが気にいらないので大妖精の方護衛するけどさあ!
ぶっちゃけ共有連噛みが一番ありえるんじゃね?と思ってるわ!

三日目
占い護衛したくねーわーつれーわー(チラッ
鉄板は楽だけど楽しくないのがなぁ(変態護衛できないため)
狩人は展開にケチつけれないからしゃあないけどさぁ

四日目
狩人ってこういうとき占い抜かれたらどうしようとか考えなくていいから楽だよね!
ルーク・警察・100年生あたりが狼だと思うぜ
でっていう?ねーだろwwwww」
やらない夫 「ほい、狩人ね」
チルノ 「ルークさんが狩人でも1人占えば勝ちですね」
白でっていう
          ___
        /     ||   へ ̄ ヽ
      /     ノ ||   // |    \
     /   _/  ||  // /\   \
      ̄ ̄    ヽ/ ノ Y ヽ/   \__ノ
       (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
       (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))     俺様を占うなんて数奇なやつだなっていうwwwww
      /∠_| ,-)    (-,|_ゝ \
      ( __  l  ヽ__ノ   ,__ )   ま?村っぽかったからシロ狙いか?っていうwwww
          \   |r┬-|  /´
           |  | |  |  |
           |  | |  |  |
              `ー'´」
チルノ 「詰みました」
諏訪子 「常識的ィ!」
スケルトン 「ルークさんとない夫さんを噛みで!」
チルノ 「では、残った3人をロラすれば勝ちですね。狂人もいませんし」
大妖精 「やらないさんだと思ってました...寝ててい発言村でいうかな?って」
白でっていう 「やらない夫が俺様を護衛すれば積んでないぞっていうwwwww
な?俺ら仲良かったろ?っていうwwww」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
チルノ0 票投票先 →白でっていう
大妖精0 票投票先 →白でっていう
白でっていう8 票投票先 →やらない夫
小悪魔0 票投票先 →白でっていう
諏訪子0 票投票先 →白でっていう
100年生0 票投票先 →白でっていう
スケルトン0 票投票先 →白でっていう
やらない夫1 票投票先 →白でっていう
ルーク0 票投票先 →白でっていう
白でっていう を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
100年生 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
白でっていうさんの遺言 ,   ,:‘.          。             +   ,..
 ’‘     +   ,..       . ..; ',   ,:‘
      . .; : ’                           ' ,:‘.
           あ あ             ,:‘.      +
.. ' ,:‘.                             . ...:: ’‘
 ’‘ /ニYニヽ  こ ん な に も 「で ?」 っ て い う
   /( ゚ )( ゚ )ヽ                                。
  /::::⌒`´⌒::::\ 気 持 ち に な っ た の は   ,:‘. 。
 | ,-)___(-、|
 | l   |-┬-|  l |    初 め て で す          .. ' ,:‘.
:: .\   `ー'´   /                  .. ' ,:‘.
100年生さんの遺言
                              _,.. - ''´ ̄ ̄`ヽ、
                         , -――'´          \
                       /                 ヽ /:.、
                      /    ___/ヽ、-―-/`ヽ、     \:.:.l  __
                     __{_{`ヽ ̄`ヽ!   \/ / /\     ヽ´:.:.:.:.l l:.|
                    -、 ,\_l/}、___|/´ヽ、_/---{ ̄`ヽ、__    ',:.:.:.//:/
                     \/: /: : : : /: :/: :/: :l: : :l: : : :l ヽ_/、 ̄ /、  /:.://:/    大妖精死んでから考えるの私には
       _ ,zz=======z、 /: イ: : : : イ: :.{: /_lヽ、!:./: : :/!: : : : ヽ`-'、`ヽ':.:.//:/
  _, ィ升斗 ' ´: :: :: :_,..-'''"j厂´  ./: |: : : ,: :!: :.l:.ん;心 l/: :/リ: :_: : l: : : /二ニ-/     死角しかないから、ドンドン指定していけばいいぞー
=彡 '´: : : : : : :: ,..-''": : /: :l{     }: /: : : l: :l: : ,弋z)ソ l/´  ,´ュ、/イ:/: : /:、:.:./
: : : : : ,..-": : : :/: : :ヽ、   /:イ: : : /: :.l: :l          んソム:/:イ:/: : }´
:_: : : ´ : : : : : /: : : : \ / /: : :./: : : !: ト、  、_ ` ¨´ /:l: : : :{' リ/:!        ただし、狩りCOの場合の時間考えて早めにってくらいで
 ): :  -― 、: : :/: : : : :_,ィ´ /- ´ 、_l:从!. \   ´  _ ,イ: :.!: : : :',
,:' -'"     ヽ : /: : -- r'     i     `\\_`_ーュ、´  ,.イ: }ヽ:ト、:}
           |: :/´    f´\    .iソ .     `ー-、ニム,__      リ
            j /    ,/´\. \  ノ               `寸ュ
            レ   /    .\__>                  i `ヽ
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
やらない夫 「うーっす」
チルノ 「おはようございます。」
ルーク 「ちなみに俺を占いはふつーにそりゃ怪しいので占った事を責める気は毛頭無いので
結果出してる以上それが大正解だと思います>大妖精

ちなみに俺の推理だと、100年生と小悪魔のどっちかに狼はいるだろうからここロラっていうのが、昨日大妖精噛まれてたら言う予定だった推理」
スケルトン 「なんてっこたい」
スケルトン 「で、どっちが狼なんですか」
小悪魔 「どっちを占いました?>大妖精先輩」
諏訪子 「小悪魔よ! 天に帰る時が来たのだ!」
大妖精 「あ、すわこさん○です」
小悪魔 「はい」
チルノ 「小悪魔さん狼は見抜けなかったですね…」
諏訪子 「キル子が賭けた花京院の魂半分戻ってきたね」
小悪魔 「では、狼COです
早投票お願いします」
スケルトン 「小悪魔ですってーわたしたちの目、狂ってましたね>チルノ
あ、私、目ないですけどーヨホホー」
やらない夫 「寝てていいは俺が狩人でも村人でも狼でも狐でもいうからそこで判別されたのかーという印象です」
チルノ 「真面目に小悪魔さん一番白いと思ってましたよ…」
諏訪子 「投票したよーケロケロ」
ルーク 「プランB忘れた。いいか。健全な村だ」
6 日目 (1 回目)
チルノ0 票投票先 →小悪魔
大妖精0 票投票先 →小悪魔
小悪魔6 票投票先 →スケルトン
諏訪子0 票投票先 →小悪魔
スケルトン1 票投票先 →小悪魔
やらない夫0 票投票先 →小悪魔
ルーク0 票投票先 →小悪魔
小悪魔 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
小悪魔さんの遺言                       /`\
     ,!      _,,,. --─- 、..,   /::::/ヽ::::',
   /:.!   ,. :''´:::::::::::::::::::::::::__、:::`'|::::/\. V:|
  ./:::::ゝ、,.:'_:::::::::::::::::::::::::::::::::':::::ヽノ;:イ-‐-ヽ|/
  /::::::::::ァ'´::::`ヽ::::::::::::::::::::く`ヽ::::::::Y:::::::',
  |/`7:::::i`>'::!::::::::::;:::::!_:ヽ::!:::::::i::::::::::i
  レ'^'7:::::/:::!-‐ハ:::::::/!:::/!_」_`,ハ!::::::!::::::::::!
    i:::::,'::::::!ァ-、|/ 7´ , -,、ヽ !::::::|::::::::::!
    |::::|::::;7 i´ハ     i   ハ !|:::::::|::::::::::|
    |::::!::;ハ` '、,リ     '、_,rノ .!:::::::!::::::i:::|
    |::::'´!7⊃ ´  ' __   ⊂⊃::::::|:::::::!:::!
    !::::::::|ゝ、,    i´ `ヽ ,.イ:!:::::;ハ:::::ハ::| ト、
    .!:::::::|八:::`i7ァー--r '/`ソ、|:::/::::レ'`ヽ! |::i\
     '、:::::|:::/\!へ;:イ'!/ /:::::レ'`ヾ、    /:/  ' ,
      \|/  ,ハ/´/レム  /::::/    ,iーイン  ,  i
         /::/i ,!::::!ハ」`::::::i、  _r' \'⌒ヽ./   !
          |:/ 〉 ヘ:::∨::::::::::Vヘ´    ´` 、_,!/)_/
       _  !' /   〉:i:o:::::::::::`ハ     // ' ノ、
      '、``/7´   く_/!:o:::::::::::::::::::>、    | |つ ´ く
      _〉 '、'、__//:::::`'ァー--‐r'´、::`'、ー‐'"´ ̄` '´
      `'ー‐./:::/::::::::/::::::::i:::::::';:::::\:::Y⌒゙'ー-‐l>
やーらーれーたー
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2018/11/25 (Sun) 00:19:14
小悪魔 「お疲れ様でした」
100年生
                   ,.。<         `゙'ー.、                    お疲れ様、これが本来の遺言
                 /     ,. --   .,    `゙': .、 
-- 、          /     /_,,..。-ェェェェェ-。.,__::.  、   \
;';';';';'\     /    _∠≦ニ=-ァ'" ノ::.二ニ=->'"´ ̄ ̄ ̄ ̄`゙'*。、
V;';';';';';';\_ ,/    ,/!´ ̄ ̄/  /:|   \:.     _,..。---―――
;'V;';';';';';';';';'二ニニ=/::!   _,.。*''"´V!     :.   /゙マ:::::::::::::::::::::::::::::
;'ハ;';';';';';';';';';';';';';';';';';ノ :::!,ィ"~´/  /  ':゙ ̄`フ¨~フ'ー!'"l ム::::::::::::::::::::/      この学校、卒業までにあと1900年くらいかかるらしいわ
;';';'Y;';';';';';';';';';';';'γ´   |l:::  ∥ /  :;/ ,イ::: ,/V: ! ∥ ',ハ::::::::::::::::ハ
;';';';ヘ;';';';';'_;;:ィ´;';i     ノ::  ∥ ,/___ノ_/ ! ,/  ! _」; 八 i ハ::::_jI斗‐"
;';';';';';`ー'";';';'>イ    /::V>ナ「|//`゙ ノノ '"「./,イ ;! l !ヘ:V:ゝ、            そもそも、この学校って何教えてるの?
¨“¬=ァ--i':/   ,.イヘ:| .V:::f|斥ム¨゙ヽ ,/   rァイ‐t'ノ ,!   !:::i:::ゝ-、>.、
 ̄ ̄ :::::::ノ'_,r'"::|八 ト:、.V人r;;;ノ¨゙'''¬=、_,ィ{;炒'''フ /:! /:マ:!:::::::::::::::`゙'ミ
―‐¬ニニ`l :∧ ヽl、 ヽi :lV ヽ八~‐'    ノ¨ヘ`゙ー,イノノ::ノノ:::::}リ:::::::::::::>'"
`゙'<ニニニ{ {::::V ゙Y::、ヘ:!::ヽ ヘ`゙'ー―'"   ゝ‐从ァ:/::::::::∥ニ=‐'"         というか、上級生ほとんど見ないんだけど……
―--`゙''¬ミ、V斗! ノミ} 人!'" V }、     ,. -   ,.イ::'イ ̄ ̄~フ´
     /  ヾ,ノノ _,/ヽ 〉斗ヘ|. \     _.イ  ノ |
ミt、_∠,, /ノ´/。-"''´ ̄    ,ノ   }¨斥「 ( r''" | |                 卒業生もいるの?って思ったけど、
彡=ァ-‐"/__,.イ            ∥ ゙   ヾー  ヘ|                      2018年ほど前にはいたらしいわ
三三ニニニ=1   _,.。、       〈
>‐''"´./r―ェヘュt≦ェx ヽ        ',                        たしか名前は…キリ…キリ…キリギリス?
/ ヘ_/__」ゝ{_,>、  ノ゙ヾ:、_ヽ       !   __,,..ニ、
 ̄~∨_,.。*> / ヘ/    ヘ::.   ,ノ_,ィァ"__,.。ェェ‐''"___               あとは、シッダールタとか言うらしいわ
ャ‐z┘、  .フ′   ̄ ̄フ‐-、< ̄ /'"´ ´ --―‐三r┘
 ̄   .ハ.ア        /、`<_}/     `ー<´
ミ.、   ア.       ,イ  ノ`ー'"/     γニニゝ⊃
三ミt、/       ,イ ./  >'"      ,ノ
三ニ/      ./>" '"´      /」
やらない夫 「お疲れ様だろ」
キル子 「お疲れ様です」
ルーミア 「お疲れ様。」
諏訪子 「お疲れ様」
ルーク 「お疲れ~」
できない子 「お疲れさまでした。」
銀八先生 「おつかれさんと」
チルノ 「お疲れ様でした」
やる夫 「おつかれだおー」
大妖精 「お疲れ様です」
小悪魔 「白く見られていたのなら潜伏して良かったのかな?」
ルーミア 「なんにも出来なかったという印象」
キル子
                       __,,, --‐‐ー-‐‐‐‐
                    ,.r.' "´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              ,r".::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | :::
.               /..::::::::::: /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | :::
            '.::::::::::::: ,'.::::l::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | ::::
           ,'::::::::::::::: l::::::l:::::l|:::::::::::::::::::l:::|:::::::::::::::: | ::::  大チル同陣営!
              ,..:::::::::::::::: l:::::i|:::/l|::::::::::::::::::ll::l|:::::::::::::::: | ::::
             ,'.:::: l:::::::::: l:::::||::i l.|::::::::::::::::l.|:|.|::::::::::::::::: | ::::  大チル生存勝利!
           i::::: i:l::::::::: l::::∥∥l::::::::::::::::i.!:l l::::::::::::::::: l :::::  
           ./l::::: l:|::::::::: ! リ:l∥.l:::::::::::::::l.ll.l::::::::::::::::: l| :::::
           l l::::::∥::::::::: ! i~癶必、::::::::::l リ.l|::::::::::::::::∥.::::::   やはり私は……間違っていなかった!
        l l::::::i l::::l:::::::l l|iミメ弋ノ `ー′! !!;;;;;;;;;;;;;;∥.::::::::
          l l::::::l l::::l:::::::l.リ乂廴汐i    , イ弋勿/.::::::::::::
            !、ノ l::::l::::::::l.l  ` -'       '´ l=刈刃 :::::::::::::
            `ソ:::::::l|             `込リ/.:::::::::/l:
             l::::::::::ハ,r'~`  、        /.//.::::::::::〃:
            /:::::::::l/       ` 、       '..::::::::::∥:::
           /.:::::::/           ヽェェェェ┐'<::::::::/l:::::
           /.::::::/            ヽェェノ   `フ.l::::::
          /.:::::/            `i _ ‐ ' ´ .l:::::::
             l::::::/                  l       l::::::::」
チルノ 「やっぱり大チルは大正義です!」
諏訪子 「チルノ投票が狂アピ見られて上手くはまったのかな」
100年生 「大チル生存勝利か…
めずらし」
蝦夷の警察 「お疲れさん」
スケルトン 「おや、チルノの中身が意外だったーヨホホー」
白でっていう
           /ニY二ヽ
          ./(0)(0 ) ヽ
            / ⌒`´⌒  \    銃殺出てから結局開始前と同じノリで続けてたなぁっていうwwwwww
          | ,-)    (-、 .|
  ζ      | l  ヽ__ ノ l |   ζ
 [ ̄]'E    \  ` ⌒´   /  [ ̄]'E
 ⊂⌒ヾ  ./⌒         ⌒i /⌒つ
    \\/ /i        i  レ / ̄
     \__/ .i        L___/」
ルーク 「灰2噛めねぇんだな。狼って
初めて知ったわ」
諏訪子 「うむ
いよいよ出発のようだな>大チル同陣営」
大妖精 「でっでいうさん占い理由は銀さん投票者ロラですね。やらない夫さん狩人でみてたのでそこ以外の。」
チルノ 「え?そうでしたか? >相方」
やる夫

   / ̄ ̄\__
 /  _ノ ,ヽ\  \
 |   ( ●)(.●)ヽ、\
. |     (__人__)(<)゚o\  やったお!やらない夫!
  |     ` ⌒人__)   |
.  ヽ      .}⌒ ´  ./  無事人狼を倒したお!
  (⌒) (⌒'― .ニ二 .イ
  .√  .ヽ ̄ ̄, -‐ i´
  .|      i ̄  . |
  .|      |     . |」
スケルトン 「役職まとめ作ってなんでーヨホホー>チルノ」
100年生
              ,. -───-- 、_
         rー-、,.'"          `ヽ、.
        _/::::::::i  _ゝへ__rへ__ 八_,、 _ '`l
        く::::::::::`i / ゝ-'‐' ̄ ̄`ヽ、_ト-、__rイ、         やる×やら
         \:/::::ゝ/イ N/l从 l イヽ∧ヽ' |
            ヾ,小ハィ外V\ |代テ心リ   |      ~引き裂かれた友情~
             ∠ハY Vリ   `V辷レ'  / l │      俺、お前のことズット…
           ハレヘ人"-――-、"∠/ 丿│     
         _,一'´ ̄::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ヽレ'ヽハヘノ
        /::.::.::.::::.::.::.::.::.::.::.::./.::.⌒Y:::}⌒ヽ, ,",二ヽ、        とか言うのを、やるやら別陣営
         {.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::{::.::.::.::ノ.:ム゙^、ミ} /  i' ゙、、      +やる夫の遺言から妄想してみた
        ヾ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::..::.::.::.::ノ.:/`´'/「 /  │ ヾ、、
         \.::.:;∠::_::.:\.::.::.::.: ノ  /リト、へ/⌒ヽ、 ヽヽ
           (     ̄ ̄ ̄ ̄   / /        ⌒ヽノ
      _,..:::-―‐(`ー--一ァ──r-イこ」                 狼はギブアップして次村ヒャッハー
    /::.::.::.::.::.::./`ーx_,ノ::.::.::.::.:j.::ハヽ_〉ーz―-、__            希望してもいいのよ?
   /::.::.::.::.::.::.::./::.::.::.::.{::.::.::.::.:: /::.:,'::.::.::.::.} Y        ̄`ー- 、 
  ,/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./::.: /::.::.::.::.::|ヾ_゙xヘ;:::::......   .....:;:::::〉
   |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::{::./::.::.::.::.::./   \ `ー-、-‐=ニ二/
  〈::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:/::.::.::.::.:∠.____)ー ‐一' ̄ ̄
   `ー-==ニニ=====-一'⌒ー‐'′
白でっていう 「ルミア噛んじまってるからなっていうwww>ルーク」
できない子 「>ルーク
17村だと噛めたんじゃないっけってのと
今回狂人噛んでたりするから。」
スケルトン 「◇銀八先生
 (スバル◇
.2TxrisQ1I)
[霊能者]
(死亡)

あ、あれ?いたんですね!」
100年生 「朝一出そうと思ってたの
やっぱりやる×やらだったのね!!」
チルノ 「そ、そんなに変だったかな…?」
キル子 「16人村で一人少ないですからね>ルークさん
あとずっと潜伏共有だと思ってスケルトンさんが見えていなかったのは笑いました」
諏訪子 「狂嚙み銃殺想定せずに「お前ら引き分けてんじゃねーよ!」で票変えしたのはよろしくなかったね」
蝦夷の警察 「占いがお見事
って村だなぁ」
大妖精 「一発チャレンジしかないって厳しいですね...>ルークさん」
チルノ 「むしろ、私としても相方が鶴さんだったのがすっごい意外だったけど」
小悪魔 「ヒドイ発言が見えた気がします…」
やらない夫 「やる夫…お前の犠牲は無駄にはしなかったぜ…」
スケルトン 「もっと暇つぶしに推理してるよなーと>チルノ」
大妖精 「ありがとうございます!>警察さん」
できない子 「まーそれはある>警察
銃殺出てなかったら噛み切っても良いわけだから」
白でっていう 「確かどうだったか知んないけどあの◯のなさじゃ役職噛みしても
占い噛まずに灰が2まで残るから戦えんこともない、ようなことも合ったぞっていうwwww」
ルーミア 「それでは私もこれにて失礼
同村さんと村建てさんと鯖管さんと式神研さんに千の感謝を

流石に眠い…」
チルノ 「呪殺出た時点で推理も何もないですからね…」
ルーク 「良いか。俺はな!」
蝦夷の警察 「そんじゃお疲れ様
キル子は村ありがとうな」
小悪魔 「潜伏の練習ができただけでもよしでしょうか(狩人噛めてないのでダメ」
100年生 「初日:遊ぼう→3日目:銃殺:そのまま遊んでよー だったわ>チルノ」
ルーク 「ずっと「共有潜るんだ~。へー」と思いながら!!!!!!!!
「別に良いか……………。占い死んだら流石に出るだろ」
としか思ってなかったわ!!!!!!!!!!!」
諏訪子 「まあそういう日もあるよ
狩人は意地悪だからね>小悪魔」
諏訪子 「それじゃお疲れ様
村立てありがとうねー」
100年生 「わかるわ>ル-ク
あっれー?共有出てないわね―って思ってた」
スケルトン 「初日にめっちゃ共有が二人COしてろ!(チルノがFOにしてる>ルーク」
キル子 「初日にチルノさんがスケルトンさん相方って明言してるんですよねえ!」
小悪魔 「では、落ちます
村建て同村感謝です」
ルーク 「ふつーに見えてなかったわ!!!!!!!!!!!!!」
白でっていう
                      /=Yニ ヽ
   _,rーく´\  , --、     /(-)( 0) ヽ    それじゃお疲れっていうwww&村建て感謝
 ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /  /⌒`´⌒  \
 { -! l _」_ノ‐′/    |-)     (-、 |   巨乳ギャルが居たら俺様に連絡くれっていうwwwww
 ヽ ゙ー'´ ヽ  /    .| ヽ__ ノ  l |
  ゝ、  ノ_ イ       \ `⌒´    /
    ヽ     |」
ルーク 「スケてたんだよ初日ィ!!!!!!!!」
100年生 「銃殺出た時に共有COなくて共有占い有り得るのに出ない???
え???と思って見直して気が付いたわ」
キル子 「そんなんだから親善大使も務められないんですよ!!!」
やる夫 「スケルトンだけに?」
できない子 「(投票先噛まれたの踏まえて)キル子投票をやらない夫投票にするか
霊能乗っ取りを狙うなという話になるんだけどどっちかやらないといけないのか……。
人狼ってむずかしいね()お疲れさまでした」
スケルトン 「腹パンは正義だった>100年生」
キル子 「ははは>スケルトンだけにスケスケだぜ」
ルーク 「おっと、闇系の仕事あるからこれで……>キル子」
100年生 「何するのよ(オコ)
グングニル発射>スケ」
やる夫 「ではおつかれさまだお 次は主人公になるんだお」
100年生 「主人公、村陣営とは言ってない、ね>やる夫」
ルーク 「お疲れ~、んじゃ俺もコレで」
スケルトン 「このグングニル、100%はずれそう>100年生」
100年生 「必中付いてるんだけどー――――>スケ」
100年生 「もう、私帰るから
お疲れ様!!」
スケルトン 「うそだろwwww>100年生」
スケルトン 「そではーおつかれさまー!」
キル子
                         _ _,...---- 、
                      .::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
                     /:::::::/:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::ヽ
                  /:::::::/:::::::::::::::::::/:::::|::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::、ヽ.
                  /:::::/:::::::::::::::::::::/:::::j|::::::l::::::::::::l::::ハ:::::::::ヽ::iヘ:ヽ
                  /:::::/::::::::::::,:::::::/::::::/|:::::::|::::::::::::|::::|ヽ:::::::::l:::i ゙ヾ、
                   |::://:::::::::/:::::::/::::::/ !:::::::ハ:::::::::::|::::| !::::::::|::::|  ゙|  それでは皆さんお疲れ様でした
                 |://::::::::::/:::::::/_:::/__!:::i::::| ゙!::::::::::|:::」=-|::ハ:|:::::|  ||
                 /:,':::::::::/:::::::::/,z"≧、、ヽ'' ヽ',ィ,ェ≦x、 /:||::::::::|  |  またご一緒した時はよろしくお願い致します
                  /:/::::::::/::l:::::::/{{f::●;:ハヽ   i/.{i●;ッj ,'::::|:|::::::::!
               /:::::!:::::::/::::l::::::i  ` ー "      `゙ー" i:::::|::|ヽ、:|    
               /:::::::::`>':::::::i、::|        丶     i::::::|::|
              /:::::::::::::/:::::::/:ヽ   .、____ ´___.ィ  ノ::::::|::::i
              /:::::::::::::/::::::::/:::::トヽ  ヽ v‐ ─‐ v;,' /::::::::::|:::ヽ
             /:::::::::::::::/::::::::/ヘヽノ ` 、  ` -== /::::|、:::::::::|::::ヽ
              /:::::::::::::::/:::::::::,' \\   ` ‐- _イi`ヽ、:|、_、::::::|::::::ヽ
             /::_:-‐="/:::::::::,'   \\       ,' |  ヽ  ヽ:::::|:::::ヽ」