←戻る
【紅番外】やる夫たちの月曜恋色決闘村 [6924番地]
~143週目(前編):タイムリープなのかー~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 1 分 / 夜: 3 分)[1:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する決闘村
1 2
icon 身代わり君
(生存中)
icon QB
(生存中)
icon まど神
(生存中)
icon 暁美 ほむら
(生存中)
村作成:2019/01/07 (Mon) 20:37:54
かり が村の集会場にやってきました
かり 「21:00開始予定です」
かり 「21:00:8人ほしい
21:10:5人ほしい、4人なら相談
21:30:4人なら開始」
かり 「サブタイ解説
タイムリープ:ニコニコでそういう系統のアニメ数種類が9日まで無料?
なのかー:日付が7日なのかー」
かり 「でもこの無料ってネタバレと隣合わせな気がする?」
かり 「タイムリープが序盤で発覚kしない場合とかねえ」
かり 「たとえばほむらちゃんがタイムリープしてたのが
明言されたのって何話?」
かり 「QBは推測してたみたいだけど」
かり 「そして誰もいない」
かり 「本当に誰もいない」
かり 「決闘の参加者を待ってる間に
シャーロット2話を見るという暴挙」
kari が村の集会場にやってきました
かり 「いらっしゃい」
kari 「それをフラグだとでも言うかのように颯爽と参上」
kari 「何か発言の反映遅いね・・・」
暁美 ほむら が村の集会場にやってきました
かり 「サブタイの主役さんいらっしゃい」
暁美 ほむら 「お邪魔するわ。
明言されたのは確か本編だと回想の後だから、11話になるわね。」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → QB
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 5602 (キュゥべえ4)」
QB 「ほむらがタイムリープしてるってことは
それ以前から伏線はあっただろうけど」
暁美 ほむら 「杏子に「ワルプルギスが来る」と相談してたところを明言とするなら8話になるかしら。
どちらにしても後半の話よ。」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → まど神
アイコン:No. 10 (さくら色) → No. 4023 (アルティメットまどか)」
まど神 「ほむらちゃん、来てたんだね」
QB 「見事に作品統一村だね
それが君たちの願いかい?」
暁美 ほむら 「魔法少女の秘密を知っている、マミ、さやかの顛末をある程度予測できてた…とかあることはあるわね。
それで気付けるかは別だけど。」
暁美 ほむら 「……!
ええ。こんばんは、まどか。」
QB 「きりのいい21:30にカウントするよ」
QB 「それまでに投票しておいてね」
まど神 「この世全てのインキュベーターを抹消することが、私の願い>QB」
QB 「過去の僕たちまで抹消すると原始時代に戻るよ?」
暁美 ほむら 「…4人スタートとして、QP系列は何人出るのかしら。
形としては、ケーキカットかあさ来ないかのどちらかしかないわよねこれ。」
まど神 「これ以上、悲しい運命を生み出すことがないように」
まど神 「ウホッウホッ(原始並感)」
暁美 ほむら 「問題ないわ。
たとえ原始時代だろうと跳んで、消してみせる。」
QB 「4人だとQPの数は0か1だよ(ゲルトOFFの場合)
恋人がいなくても結果は同じかな?」
暁美 ほむら 「…まどかが退化する必要はないのだけれど。」
QB 「不本意だけど
メンツを見ただけで結果が予想できてしまう」
暁美 ほむら 「……なぜか未来が見えるわね>結果は同じ?」
QB 「5」
まど神 「大丈夫。 魔法も奇跡も、起こせるんだよ」
暁美 ほむら 「インキュベーター、あなたがQP引かない限り多分覆らないんじゃない?>この面子なら」
QB 「4」
まど神 「きっと、ほむらちゃんが見た未来は変わる。 変えられる」
QB 「3」
QB 「2」
暁美 ほむら 「奇跡には頼らない。
今度こそ、切り開く――!」
QB 「1」
暁美 ほむら 「…変えて、見せる。」
QB 「開始!」
ゲーム開始:2019/01/07 (Mon) 21:32:02
出現役職:おしら様1 掃除屋1 静狼1 女神1
身代わり君 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
暁美 ほむら 「おはよう。
ずいぶん早いわね。」
まど神 「ほむらちゃん。 今度こそ、ずっと一緒だよ」
QB 「僕と契約して魔法少女になってよ」
暁美 ほむら 「……」
暁美 ほむら 「…未来は。」
QB 「やっぱり早いよね」
まど神 「だから、さよなら。 インキュベーター」
暁美 ほむら 「変わるのかしら、ね?
ねえ、まどか……」
まど神 「変わるよ。 きっと」
暁美 ほむら 「大好き。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
QB2 票投票先 →暁美 ほむら
まど神0 票投票先 →QB
暁美 ほむら1 票投票先 →QB
QB は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
[恋人・キューピッド勝利] 愛の前には何者も無力だったのでした
ゲーム終了:2019/01/07 (Mon) 21:34:46
まど神 「お疲れ様だよ」
まど神 「まあ、見えてた運命ではあるよね」
QB 「僕を殺しても第二第三のインキュベーターが…(がくっ」
QB 「(知ってた)」
暁美 ほむら 「はい、皆様お疲れ様でした♪
矢が来た瞬間に「これ0まで待つ必要ないですよね」と早噛み決めましたごめんなさい^^;」
QB 「QBというだけで吊り不可避なわけで」
まど神 「QBに打とうかなって・・・思ってないよ(即答)」
まど神 「というわけでお疲れ様 また、どこかでね」
暁美 ほむら 「オオカミ来た瞬間に初日QPだとどうするか本気で悩みましたねぇ。
確定まどか噛みとかほむらRPで何の罰ゲームかw」
暁美 ほむら 「特にこの面子だとまあ普通にQB死にますよねぇ^^;>さなちょむ様」
まど神 「噛まずに済むんじゃないかな? QBを吊れば」
QB 「お疲れ様
次会うときは魔女のいない世界で、かな?」
暁美 ほむら 「狼勝利のシステムメッセージは「最後の一人を喰い殺すと~」なのよまどか。
それじゃわたしもこれで。またどこかで、ね。」
QB 「(スレに終了報告したときにエラーしたけど)
(無事に書き込めたようだね)」