←戻る
【紅番外】やる夫達の初心者村 [6941番地]
~もういくつ寝るとバレンタインデー?~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 4 分)[5:4]初日の夜は身代わり君身代わり君は GMトリップ必須自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
icon 黒の剣士GM
(生存中)
icon マシュ
(生存中)
icon チルノ
(生存中)
icon やらない夫
(生存中)
icon 小悪魔
(生存中)
icon 地獄兄
(生存中)
icon お燐
(生存中)
icon 汚い忍者
(生存中)
icon 地獄弟
(生存中)
icon ジークフリート
(生存中)
icon 結月ゆかり
(生存中)
icon ラ・ピュセル
(生存中)
icon 妖夢
(生存中)
icon ぐだ子
(生存中)
icon パチュリー
(生存中)
icon 坂田銀時
(生存中)
icon 石丸清多夏
(生存中)
村作成:2019/02/09 (Sat) 20:56:14
GM
   ───────────┐
  │やる夫達の初心者村  ....│
  └───────────┘

               /::::::`゙' 、 _   _,. --─ 、
             /:::::::::::::::::::く´メ´::_:::::::::::::::::: /
            >''"´ ̄` '' ´       ヽ::: /
          /                     V-、
        /                       |::::::\
        イ  /      ;' ,ハ  |_ ./|  |:::::/    この村は「初心者村」よ。
      |  |  | ‐-/,.∧;'   | ,/| ,/ ト. |:/ |     ルールを守って、楽しく遊びましょうね。私との約束よ?
      l  l  ! ./´l`メ i  ,!/ァ─-、 !  |  |
        !, i  | /!、j_,リ       ,.,./  ,  ヽ.
       ソl  |,ハ ,.,.   '      /  /     ':,   γ'"´\
          |,/  ,!      -‐ '  /  /    / ,ハ/       \
        /   /.ト 、;'´|     ,.イ  /|  / ∧ !          \
      /  /   .!  ,! !,>r< !/ >--─‐ く             \
      !/|/∨ヽ|iン   !_ン|_,/ //::::/     ヽ             \
          /   l´、   |/ ム_,__/ /::::/ /     '               \
         ./     し|   ∨⌒}´\ .|:::::|  |     |              ∧
        /   ./ゝ、__ノ ̄ `!" ヽ/ |:::::|  |     /             ∧
        ,'   / /くー' 、   ト、 j  .|:::::| /    /                  ',
      ゝ く  /  〉、__    イ \  |:::::|,く    /  人   人   人   ノ

(↓一般枠向けテンプレ)

■ローカルルール纏め■
入村許可制、トリップ必須、昼AA禁止

(↓ここから初心者枠向けテンプレ)

■この村について■
この村は初心者を場慣れさせるための『初心者村』。
でも、あまり育成要素などを期待してはいけないわ。
どんなことであっても、自分を強くするのは自分自身。そうでしょ?

■禁止事項■
過度の暴言、無益な村人騙り、意図的突然死
早噛み許可前の超過前噛み、昼間のAA(夜・遺言は可)など…

■入村許可制について■
入村許可制っていうのは、村に入る際にGMが許可を出してからでないと入村をしてはいけない制度のことよ。
記念村や特殊村ではこの制度が採用されているので、初心者村で慣れてしまいましょう。

初心者の人は【初心者枠・特別枠入村許可】が出されてから入ってきてね。

■トリップについて■
ユーザ名の欄にトリップ専用入力欄があるでしょ? そこに、自分が好きな文字とかを打ちこむのよ。
例えば、トリップ入力欄に「幻月」って打ち込むと『◇nZ3F7B/M2E』って感じで村では表示されるわ。
これは、まったく同じものを作るのが非常に難しいの。無数のパターンがあるからね。
だから、これは自己の証明手段、つまり成りすまし防止として使えるのよ。

私のトリップは『 .2TxrisQ1I』という文字列だけれど
これだけを見ても、ここから元の文字列を判別することはほぼ不可能でしょう」
GM
     ー、o,-'!
     >,'"´⌒ヽ
      .i ,'<((ハノ〉〉    オオキイAAハツカレルワ…
  /`-(リ! ゚ ヮ゚ノリノ^ヽ
 (、ハ,ノk_メ`ll><lliつハ,ノ
     (ン'/ `´メゝ
     `!,ンィン"´

以下、告知より抜粋。
普通村の定義は曖昧な所もあるけど各自で判断して頂戴。

■開始前の流れ■
村が建ちます→初心者枠入村許可→準初心者枠入村許可→入村許可

初心者枠に該当する方は【初心者枠入村許可】、と言った後に入ってきてください。
準初心者枠に該当する方は【準初心者枠入村許可】、と言った後に入ってきてください。
また、特別枠の人は初心者枠入村許可後なら好きな時に入ってきてくださって構いません。

【入村許可】前にはカウントダウンしてから入村許可を行います。
この入村許可後は好きに入村して構いません。

■初心者枠該当条件■
以下の条件を両方満たしている人が初心者枠に該当します。

①スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバにおいて普通村の戦歴が50戦以下
②真紅鯖定期初心者村での戦歴が15戦以下

■準初心者枠該当条件■
以下の条件を両方満たしている人が初心者枠に該当します。

①スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバにおいて普通村の戦歴が100戦以下
②真紅鯖定期初心者村での戦歴が15戦以下

なお、スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバは
やる夫系、鉄村人狼系、iM@S系、東方ウミガメ系、猫又系などです。
よく分からない人は恐らく該当してるでしょう」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 黒の剣士GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 8626 (キリト02)」
黒の剣士GM 「初心者枠許可だ」
黒の剣士GM 「準初心者許可だ」
黒の剣士GM 「それじゃカウントだ
3」
黒の剣士GM 「2」
黒の剣士GM 「1」
黒の剣士GM 「全員許可」
マシュ が村の集会場にやってきました
チルノ が村の集会場にやってきました
やらない夫 が村の集会場にやってきました
チルノ 「よろー!」
やらない夫 「よろしく」
チルノ 「って、2番目か? 」
小悪魔 が村の集会場にやってきました
黒の剣士GM 「40分開始予定だから
それまで待機しておいてくれ」
小悪魔 「お邪魔します」
小悪魔 「Zzz・・・」
地獄兄 が村の集会場にやってきました
チルノ 「入ってすぐ寝てる……のび太か何か?」
地獄兄 「どうせ俺なんか…」
お燐 が村の集会場にやってきました
やらない夫 「了解だ」
マシュ 「よろしくおねがいしまーす」
お燐 「こんばんわ。ねこはおこたでまるくなる。」
汚い忍者 が村の集会場にやってきました
汚い忍者 「よろしく」
やらない夫 「今のところは初心者枠はいないようだな」
チルノ 「1000戦以下は初心者とか云々…」
地獄弟 が村の集会場にやってきました
ジークフリート が村の集会場にやってきました
地獄兄 「影山…」
ジークフリート 「よろしく頼む」
結月ゆかり が村の集会場にやってきました
地獄弟 「いいよな~兄貴は
なんやかんや生き残って」
結月ゆかり 「こんばんは」
ラ・ピュセル が村の集会場にやってきました
ラ・ピュセル 「よろしく頼むよ」
地獄兄 「ディケイドには一緒に出れただろ…」
かり が村の集会場にやってきました
かり 「こんばんは」
ぐだ子 が村の集会場にやってきました
地獄弟 「そうだね兄貴
ジオウのオファーはまだなのかな」
パチュリー が村の集会場にやってきました
坂田銀時 が村の集会場にやってきました
ぐだ子 「こんばんはー
マシュをマッシュマッシュするんだー」
地獄兄 「あいつら…俺らのことを笑うつもりだぞ…」
パチュリー 「よろしく。」
石丸清多夏 が村の集会場にやってきました
坂田銀時 「おう。」
ラ・ピュセル 「確かに出てもおかしくはないよな>地獄兄弟」
石丸清多夏 「宜しく頼む!」
地獄弟 「どうする兄貴
処す?処す?」
ジークフリート 「マシュは潰されてしまうのか……
何をしたのだろう」
お燐 「うう寒い」
マシュ 「!?」
地獄兄 「影山…いいか、処すって言葉じゃない…処したって言葉なら使っていいんだぜ…」
マシュ 「ちょっと目を離したら私がつぶされていました・・・」
地獄弟 「ラ・ピュセル>でも天道の奴が「オファーもらってないだけ」とかツイートしてたんだ
アイツ出る気はあるんだよ……(スケジュールが合うとは言っていない)」
黒の剣士GM 「埋まったし準備を頼むぜ」
お燐 「嫉妬ってやつは怖ろしいねぇ」
ぐだ子 「潰さないよ!
マシュを可愛がるんだよ!!」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 妖夢
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 2238 (しまむら妖夢)」
地獄弟 「わ、解ったよ矢車のアニィ」
地獄兄 「元々殆どの奴らが出る気はあるからな…それぞれに事情があるから実現出来るかは不明だがな…」
坂田銀時 「坂田銀時 さんが登録情報を変更しました。」
小悪魔 「Zzz…」
ラ・ピュセル 「準備はできている。」
チルノ 「まだ寝てるよ…」
石丸清多夏 「準備ができたら皆、【投票/占う/護衛】のボタンを押し、『ゲームを開始するに一票』をクリックするんだ!」
チルノ 「>石丸
全員終わってるんだよねー」
パチュリー 「小悪魔も秋の間に栄養を蓄えて冬の間は冬眠してるから」
小悪魔 「……パチュリー様!!!(ガバッ」
黒の剣士GM 「全員できたならカウントしていいぞ?」
マシュ 「ではごーよんさーんにーいーち」
坂田銀時 「それは知らなかったぜ!!>石丸」
地獄兄 「所で…キバット3世の声がするが…」
マシュ 「かいし!」
石丸清多夏 「発言するのが遅かったようだ。
失礼した!>チルノ」
ゲーム開始:2019/02/09 (Sat) 21:32:53
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
「◆黒の剣士GM GMはスバルだ
皆頑張ってくれよ?」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
黒の剣士GM は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
黒の剣士GMさんの遺言 リンク・スタート!
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
ラ・ピュセル 「おはよう。
さて、一般的な17人村だがどのような村になるか楽しみではあるな」
ジークフリート 「おはよう

朝一なので予想してみる
小悪魔が共有者になってると見た!!
当たっていても外れていても特に何もないがな!!」
地獄弟 「おはよう
いいよなぁ朝から何かCOできる奴等は」
汚い忍者 「おはようさん」
やらない夫 「おはよう」
小悪魔 「おはようございます
17人村の開始です
役職のCOを待ちます

いきなり開始かと思ったらカウントしていました

…濃い村ですね」
パチュリー 「占い師を宣言、結月ゆかりは〇判定」
マシュ 「おはようございまーす」
地獄兄 「今…俺のことを笑ったのは誰だ…」
石丸清多夏 「よし、皆目を閉じよう! そして狼は挙手したまえ!
僕が責任を持って君達を森に返そう!」
ぐだ子 「おはようございます!
じゃ、占い師とか出ちゃってよ」
チルノ 「占いCO 妖夢は○」
坂田銀時 「占いCOお燐◯」
結月ゆかり 「SA MU I N DA YO-!!」
チルノ 「あたいは妖精、こいつは妖夢。
同じ妖同士ってことで初手占い。」
パチュリー 「占い理由はガイアが私に彼女を占えと囁いたからよ」
ラ・ピュセル 「パチュリーだけか?」
お燐 「おはおー
さむいよー
地獄兄 「どうせ霊能者は、日向の道を歩けない… 霊能者だ…」
妖夢 「霊能CO」
坂田銀時 「お隣占いって奴だ。
ちなみにこの占い理由は5秒で考えた。
だから間違っても俺は悪くないし俺が正義だ。」
マシュ 「もうひとこえ! 」
小悪魔 「ハズレなのですよねぇ>ジークさん」
チルノ 「おっと?」
マシュ 「妖夢はこれ共有ですね」
小悪魔 「3-2ですか?」
ジークフリート 「ふむ、霊能2COか」
地獄弟 「兄貴、誰も笑ってないよ
クスリのキメすぎだよ」
やらない夫 「3-2だと?
共有者混じりか?」
汚い忍者 「そいじゃ霊能も出てって書こうとしたら2見えたわ」
チルノ 「どっちにしろ妖夢が役職持ちで悲しいな…」
坂田銀時 「霊能が二人いるのう」
ぐだ子 「あのーなんで霊能二人出るのかな!
せっかくの単独共有なのに!!」
地獄兄 「対抗がいるな…共有者のCOを待つとするか…」
パチュリー 「ちなみにこのガイアというのは決してバキの登場人物ではないわ」
汚い忍者 「混じってるに1000ペリカ」
妖夢 「なら共有にお任せのパターンで」
結月ゆかり 「おやすみ、ふとん中潜ってあったまってる(イソイソ)」
ラ・ピュセル 「霊能2か。
共有交じりでなければ吊っていいと思うが」
マシュ 「じゃグレランいきましょうか。」
石丸清多夏 「く黒の剣士くん…!! 
・・・君の犠牲は絶対に無駄にはしない!!」
マシュ 「!?」
地獄兄 「そうか…やはり霊能者は…日向の道を歩けない…」
汚い忍者 「おー混じってねえの?」
汚い忍者 「最近にしては珍し」
ジークフリート 「ほう、共有初日で3-2になるのか」
お燐 「霊ロラ?」
チルノ 「OK!霊能アーマーじゃないなら兄の方から吊ってくれ」
妖夢 「じゃあ2騙りかもしくは狐が紛れてるか です
ロラして構いませんよ」
やらない夫 「何、初日共有なのか?」
小悪魔 「…初日ですか?>単独共有」
地獄弟 「裏切ったな!許さねぇ!
アンタはまた俺の心を『裏切った』!」
結月ゆかり 「ボッチ
仲間、其れは課金しても得られなかった者」
マシュ 「3-2ですか、なら乗っ取りねらったんですかねー。
そんな狙えるタイミングには見えなかったですけど」
坂田銀時 「ぼっち共有かよ!
昨日のヒソヒソ小声一人でやってたのか…」
ぐだ子 「霊能ロラで
好きな方吊っていいよ、メリットはどちらでもあるので」
石丸清多夏 「名乗り出てくれる狼はいないのか!!
役職COをしている中からでも良い! 」
パチュリー 「それが本当なら潜伏を視野に入れていれば2-2の霊能ローラーでの
楽々潜伏占いも出来たかもしれないわね」
地獄兄 「逆に言えば、3人外は露出したということだ…幸いにも俺を占った占いもいないようだしな…」
ラ・ピュセル 「つまり確定真存在か
ならばグレランも選択肢に入ってもいいな」
チルノ 「単純に妖夢が狂人の可能性はあるけど
少なくとも非狼である以上はな」
やらない夫 「まぁ、これならロラか
しかし珍しい展開だな」
お燐 「ちなみに地獄兄はちょっと霊能者スキーの心を傷つけたような気がする」
地獄弟 「初日共有なの?
マ?」
結月ゆかり 「ポチー」
ラ・ピュセル 「っと、霊能ロラになったか
了解した。」
ジークフリート 「3-2なら2騙りよりは狐が悪さしてる方で見るかな」
地獄兄 「ああ…チルノが妖夢を占っていたか…やはり地獄兄弟には、地獄がふさわしい…」
ぐだ子 「うっかりロケット霊能しようとしたのを自重したらこれだよ!」
マシュ 「うーん、少なくとも狂狼が占い3見えて霊能に出るメリットは基本的には
ないですから。」
妖夢 「メタい話ですが、開始してから共有の囁きがしばらくポツポツでしたからねえ」
石丸清多夏 「そうか……
戦いは避けられないという事なのだな・・・。」
小悪魔 「霊ロラ了解
共有初日なら真占いいると言う事で」
坂田銀時 「ロラってわかった瞬間から発言おってねぇから誰かもわかんねぇぜ」
パチュリー 「でも今回は形だけでも初心者村だから
様子見せずにCOしてあげようと思ったんだけど
それでも7番目になってしまったのは遺憾の意を表明せざるを得ないところではあると」
お燐 「……?」
チルノ 「3-2なら狼2枚出てる可能性も普通にあるわけで
それなら兄の方が狼であるケースもそれなりに。」
パチュリー 「そんな感じ」
汚い忍者 「一応明日チルノ噛まれたら妖夢の方は残せるかもしれないから地獄兄先吊りでも良いかも~とか思ったりしたけど俺含めて多分チルノ死んでても妖夢吊らねーって多分無理なんだろな」
地獄弟 「割りと
妖夢狂人はある気がする」
結月ゆかり 「そんなことより御布団です>銀時」
マシュ 「人外が必ずメリットある行動とるとは限らないですけど。」
チルノ 「後はあたいが呪殺出せた時に妖夢吊らなくて良くなるからね。
狂人の場合でも吊る必要性はないし」
地獄兄 「影山…俺がいなくなっても、後のことは任せたぞ…」
マシュ 「それででるなら存外占い2かもしれませんね>チルノ」
やらない夫 「狐混じり・・・よりは狼二匹が出たのか?
まだ何とも言えないが・・・」
ぐだ子 「妖夢狼で出ないとは思うけど
狐はなくもないとして」
坂田銀時 「3-2で真占いいない心配してたの?>小悪魔」
ジークフリート 「>汚い忍者
片方吊っておいて残りを残すのもどうなんだ?
やらないだろ?」
小悪魔 「それにしても…」
ラ・ピュセル 「チルノ視点は妖夢は真か狂人か。
君としてはどう見るかいこの形は>チルノ」
汚い忍者 「いや共有が偶数続く以上は妖夢残すよ!と言えばどうかね。解らん。乗るかもしれんし乗らないかもしれん。」
マシュ 「基本的に2騙りは信用勝負前提なので、
占い3見えてCO数が多くなりすぎると言うか普通に詰む3-2には
しないとはおもいますけど」
小悪魔 「いない可能性は少ないですがないとは言い切れないので>銀時さん」
汚い忍者 「まーね」
地獄兄 「妖夢狼=チルノも狼の比率が高いとは思うぞ…
妖夢から吊ってくれれば俺はそれを確認出来るがな…」
お燐 「まぁ占いさんは呪殺狙ってとしか言いようがない
狐っぽかっったら相方の○占いってもいいんじゃないかな」
妖夢 「今回共有初日ですから狩人保護で死ぬと思います>忍者」
お燐 「相方違う!」
坂田銀時 「俺ベッド派なんで>ゆかり
それともなんすかナンパっすか」
地獄弟 「潜伏狂人するつもりだった→占いが三人出た→狐混じりにせよ2騙りにせよとりあえず出た
霊CO文が簡潔なので無くはない」
結月ゆかり 「狂狼狐ー真狼、来るぞ遊…じゃない、小悪魔」
チルノ 「>マシュ
さぁね。最終的な狼の意図は分からないけど
狼が信用勝負する前提で霊能に1枚出すケースはあるとおもうよ。あたいはね。」
ジークフリート 「結局のところ、チルノは初手を無駄にしてしまったということでしかない」
マシュ 「私も正直3-2で真占いいるの喜びましたよ。
3-2で狂狼狐ー真狼とか過去のトラウマがよぎったので>銀さん」
ぐだ子 「いや1-2とかなら霊能残し少し考えたけど
3-2はちょっと流石にねえ」
小悪魔 「どうしてパチュリー様は初日に私を占ってくれなかったんですかー!!??」
石丸清多夏 「占い師が狐交じりに見えたとしても、狂人がCOするとは思わないが。
狼としてはその場合、信頼勝負しかなくなる訳だからな。」
地獄兄 「どうせ俺は、日向の道を歩けない…」
やらない夫 「>ゆかり
初心者村にあるまじきカオスだな」
お燐 「>結月
あの、共有初日」
妖夢 「共有初日なので来ませんよアストラル>ゆかり」
坂田銀時 「俺がいるじゃねぇか!オレオレオレオレオレオ!>小悪魔」
マシュ 「そのばあい占い2なんですよ>チルノ
3だと信用勝負するには逆に不利になる」
パチュリー 「そこはいっそ対抗の占い師を占ってもとでも言ってほしかったわね」
ラ・ピュセル 「色を見るという意味ではたしかに妖夢の色を見たいのはわかるな」
結月ゆかり 「え?自意識過剰もやめてください>銀時
ひくわー」
ぐだ子 「あのー、共有初日ですので
念の為」
地獄弟 「うぅぅ……本当だったんだねアニィ
たとえ吊られようが!」
チルノ 「まぁ、ぶっちゃけそれは分からない。
兄が○である可能性もあるかもしえないが
どっちにしろ妖夢は真狂であるのは間違いないのだから。

どっちにしろ兄吊りでゴー」
パチュリー 「人外ひきそうだし>小悪魔」
小悪魔 「霊能に共有がいたのなら狂狼狼の可能性も」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
マシュ0 票投票先 →妖夢
チルノ0 票投票先 →地獄兄
やらない夫0 票投票先 →地獄兄
小悪魔0 票投票先 →地獄兄
地獄兄9 票投票先 →妖夢
お燐0 票投票先 →妖夢
汚い忍者0 票投票先 →地獄兄
地獄弟0 票投票先 →妖夢
ジークフリート0 票投票先 →地獄兄
結月ゆかり0 票投票先 →地獄兄
ラ・ピュセル0 票投票先 →妖夢
妖夢7 票投票先 →地獄兄
ぐだ子0 票投票先 →妖夢
パチュリー0 票投票先 →地獄兄
坂田銀時0 票投票先 →妖夢
石丸清多夏0 票投票先 →地獄兄
地獄兄 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ぐだ子 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ぐだ子さんの遺言 共有CO
相方初日!
地獄兄さんの遺言 どうせ霊能者は、日向の道を歩けない… 霊能者だ…
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ラ・ピュセル 「おはよう。
基本的には妖夢吊りになるわけだが。
占い結果はどのようなものになるかな」
やらない夫 「おはよう」
パチュリー 「占い結果を宣言、やらない夫は〇判定」
坂田銀時 「占いCO石丸◯」
結月ゆかり 「わかってますよ、初日共有
◇坂田銀時「3-2で真占いいない心配してたの?>小悪魔」
これに対するネタですよ
「狂狼狐ー真狼、来るぞ遊…じゃない、小悪魔」は 遊戯王パロでの

P.S.いま、エアコン付けました
  手もとい指先が冷たい、はやくあったまれ」
ジークフリート 「おはよう

◇地獄兄 「妖夢狼=チルノも狼の比率が高いとは思うぞ…
妖夢から吊ってくれれば俺はそれを確認出来るがな…」

狼と狂人はあり得るが、そこで狼2は無理がないか?
正直、この発言が印象悪すぎたな
危うく弟の方に投票しそうになった!!」
妖夢 「●」
汚い忍者 「おはようさん」
小悪魔 「おはようございます
◇小悪魔 「どうしてパチュリー様は初日に私を占ってくれなかったんですかー!!??」
◇パチュリー 「人外ひきそうだし>小悪魔」

泣けます

昨日の最後の発言の補足で
霊能に共有が出てた場合は狂狼狐‐真共や狂狼狼‐真共の可能性もあったかも…という事でした」
お燐 「おはおー。
狼が初手囲いからの霊能COってどうなのかなーと思った。
坂田銀時は占い理由との相関がよくわからない。
ただ、真狂狼-真狼を想定するなら
よほど強い占い騙りだろうね、ってぐらいで。」
チルノ 「占いCO 地獄弟は○」
石丸清多夏 「おはよう!!」
坂田銀時 「◇石丸清多夏 「占い師が狐交じりに見えたとしても、狂人がCOするとは思わないが。
狼としてはその場合、信頼勝負しかなくなる訳だからな。」
この理論謎いんだが直で聞くより占った方が早そう(っていう占い理由)
霊能ロラだから霊能護衛の可能性なくなって占い噛みしにくいとかそんなんすか(自分で脳内補完)
でもなんか唐突に喋りだしたし怪しいから俺が正義だ。」
パチュリー 「狐騙りより狼2騙りの方が高そうだと判断した理由が少なくとも提示されてないから占い。」
地獄弟 「兄貴ィィィィィィィィ」
チルノ 「妖夢狂人視するのは面白い視点だ。
言ってることが不自然とは思わない…が

それってあたいの結果真なの前提なんだよね
その辺あたいと妖夢で2Wとか見ずにそっち行ったのは気になった」
ラ・ピュセル 「…共有を噛むのか?」
石丸清多夏 「個人的には一択でしかないが、こういう時どちらを先に吊るか、はどうしようも無く個人差が出るので
こうやって割れるのも自然の理なのだろうな!」
ジークフリート 「ふむ、共有者噛みと」
小悪魔 「共有噛み
司令塔潰しですね」
チルノ 「ん。なるほど。 >霊能●」
坂田銀時 「兄貴が●だと・・・!?」
やらない夫 「共有噛みか」
マシュ 「3-2で真狂狼ー真狼で何がつらいかというと
最初霊能ロラですよね」
結月ゆかり 「ぐだエもーん!!
私の快適ゆるふわ生活が」
汚い忍者 「信用勝負なのかねって感じだけどまーまだなんとも」
妖夢 「2騙りですね では占いの見極め
狼がそれをさせるかどうかは分かりませんが 御武運を」
お燐 「ふむ、2騙り主張と」
地獄弟 「これガチで狐混じりか
2騙りで信用やるかってやつだろ>共有噛み」
やらない夫 「まずはロラ完遂だな
明日以降どうなるか・・・」
チルノ 「ま、それじゃ妖夢吊り…かな。」
マシュ 「真占いはロラが終わるまでに3回占えるわけです。ここで
人外を引くと●なら無駄吊りなし継続
呪殺ならまあ大体狂人が破綻しますから無駄吊りを稼げない」
お燐 「バレンタインどこにロックオンチョコ投げるか聞いておきたかった!」
結月ゆかり 「さっさと銃殺でて真占い確定からの
ゆるふわ生活にもどらせてくだしあ」
石丸清多夏 「ふむ 共有者に護衛は行ってなかった…と。」
小悪魔 「2騙りが普通ですね」
ジークフリート 「>ラ・ピュセル
狐混じりで霊能ロラ展開なら共有囓れるときに囓って信用勝負するつもりなのかもしれんな」
坂田銀時 「ぶっちゃけセオリーに見えるけどな
共有一人なら潰すだろ普通に」
チルノ 「真なら悪いね >妖夢」
ラ・ピュセル 「妖夢が偽のように見えるな。
本当に地獄兄が狼ならば今日、共有抜く理由があまり見えん」
パチュリー 「霊能者としては発言的には地獄兄の方が信が置けたとは思うけど
結果としては地獄兄〇判定が出た時にチルノは霊能人狼を主張できない、
ぐらいの展開しかなかったからそういうことになったわね」
地獄弟 「だから昨日のアレは「対抗占えよ察しろよ」だったんだがなぁ
チルノ俺を占うのか」
結月ゆかり 「占い真交じりなら大体占い護衛でしょ>石丸」
坂田銀時 「チョコほしい~~>お燐」
お燐 「共有潰されたなら
確定○作らない?とは思うけどうーん」
汚い忍者 「形なんであれそれは同意>銀時」
チルノ 「>弟
まぁ3人外露出してる時点で2騙りか狐混じりは確定だし…」
マシュ 「16>14>12>9で呪殺とか
14>14>12>10>8>5で呪殺(両方の●吊りしてると)
全視点詰みます」
石丸清多夏 「誘導するのもなんだが、君達は対抗の〇を占って確定〇を作るべきだと思われる!
占い師の真偽を正確に判断してこそ、勝てる村だろうこの村は。」
坂田銀時 「お前の◯なんだからちったぁ真見るそぶりぐらい見せろよ>チルノ」
ジークフリート 「チルノは無駄ついでに対抗占っていっても良かったのではないか?
まぁ、無理にとは言わないが」
ラ・ピュセル 「…まあ妖夢が狐のような気がしているからありそうだな>ジークフリート>信用勝負」
お燐 「>坂田
んー、猫にはチョコはだめなのです」
坂田銀時 「俺は昨日妖夢に投票したけどな(キリ」
妖夢 「ロラされる身です 真贋はどうにでも
残りが見るべきは霊能ではないですから」
チルノ 「>弟
いや、流石に真狂狼ー真狼は普通にあると思ったから
流石に狐混じり確定で見るのはできるんよ」
小悪魔 「とりあえず、今日は完遂ですね」
マシュ 「なのでまあ2騙り慣れてる狼はあんまり真狂狼ー真狼は
つくらない、ですけどまあ狼がそういう人間とは限らないですし」
パチュリー 「妖夢挨拶せずに霊能COしてるし
人外だった時に占いに出ようと思ったけど3出たから霊に出た狂人という線もまぁなくはないというぐらい
乗っ取り狙いだとしたら〇もらいなのに出るのは私なら止めるけどね」
地獄弟 「ラ・ピュセル>兄貴が狼なら信用やる布陣だから
そりゃ共有噛み(そう)よ
ただ昨日言ったように俺は2騙りより狐混じり見てる」
汚い忍者 「地獄兄が狼なら真狂狐見ねー限り2騙りなんだからこの形なら信用勝負上等の共有噛みって普通なんじゃねと思うけどね>ラ・ピュセル」
チルノ 「>銀時
仕方ないだろー。 形的に吊るしかないだろ」
結月ゆかり 「おう、私占ってアックてゐ○してもいいですよ
ただし、指揮権なんて取らない
指揮取るなんてゆるやかな生活では無い!!
胃痛生活だから」
お燐 「うーん、まぁ、明日以降考えるかな、粛々と霊能ロラ」
パチュリー 「結局もう地獄兄●出されてしまったわけだし
霊能はどうでもいいといえばどうでもいいわ」
ジークフリート 「>ラ・ピュセル
霊能に狐居たら狼に美味しすぎる展開だな」
坂田銀時 「アックてゐ◯ってなんすかゆかりさん!!!」
やらない夫 「ちなみに狼二騙りと思ったのは
単に狐が騙るような気がしなかっただけで深い理由はない」
チルノ 「っていうか、妖夢真で確定したわけではないしな。
流石にここであたいが妖夢残し強く言っても村は通さないだろうよ」
マシュ 「初日共有噛みしたからどっちかはわからないです、
信用と見せかけて占い噛み狙いとか、真贋初日ついてないから
様子見したとかなんでもあるので」
地獄弟 「チルノ>いや、妖夢狂人に見たのも含めての見解だ」
マシュ 「あ、そういえば先輩死んでましたね・・・」
小悪魔 「信用勝負だとこの先〇噛み連打ですかね?」
マシュ 「なむなむなむ」
やらない夫 「明日以降〇継続ならなかなか混沌としそうだ」
お燐 「>チルノ
あ、真見るのと、残すのとは別だよ????」
坂田銀時 「アキラメンナヨ。>チルノ」
マシュ 「ポクポクポク」
ラ・ピュセル 「まあ2騙りの場合は、ほぼ確実に共有なんて噛まないだろうからな
それについては同意するよ>地獄弟」
お燐 「そういえばで死なれる先輩の立場 #とは」
結月ゆかり 「確定○ですね、
指先がかじかんで辛い…>銀時

おう、早く私を温めるんですよ」
チルノ 「なんでみんなそんな対抗占いさせたいんだ……?
狐混じり見えてるから呪殺してほしいのか…?分からん」
パチュリー 「狼2騙りの方が灰噛みそうだけどね
狐見えてる方が共有は噛みやすいわけでしょ」
マシュ 「薀蓄語りにかまけて先輩が死んでるのにきがつかないなんてマシュうっかりしましゅ!」
結月ゆかり 「カイロもってきてください、はやく」
チルノ 「>お燐
分かってるよ」
パチュリー 「銃殺対応的に考えて」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
マシュ0 票投票先 →妖夢
チルノ0 票投票先 →妖夢
やらない夫0 票投票先 →妖夢
小悪魔0 票投票先 →妖夢
お燐0 票投票先 →妖夢
汚い忍者0 票投票先 →妖夢
地獄弟0 票投票先 →妖夢
ジークフリート0 票投票先 →妖夢
結月ゆかり0 票投票先 →妖夢
ラ・ピュセル0 票投票先 →妖夢
妖夢13 票投票先 →石丸清多夏
パチュリー0 票投票先 →妖夢
坂田銀時0 票投票先 →妖夢
石丸清多夏1 票投票先 →妖夢
妖夢 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
やらない夫 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
妖夢さんの遺言 霊能CO
地獄兄●
やらない夫さんの遺言             /    ;;;;;;;;;;ヽ
           /      ;;;;;;;;;;;;;、
           | ノ   \  ;;;;;;;;;;|
           |( ●) (●) ;;;;;;;;;l
           | (__人__)  ;;;;;;;;il   村人だ
            | ` ⌒´ ; ;;;;;;;.;;;;;ヽ
            !      ;;;;;;/i;;;;;;;;ヽ、
             \    ;;//;;;;;;;;;i;;;;;;ヽ、_
         /)    ̄ ̄;l; ;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`‐-、
    _   / :/      |;;;; /;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ、
   ノヾ `‐-" l    , -‐"i  /;;;ノ;;;;;;;/;;;;;;,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ヽ,
   ノヽ      |  /  .ヽ!;;:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;li
   l      ,  :l / ,    ;/       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   (      ヽノ .i i;    ;l     ,,    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
   ヽ、      \l/_,-‐ 、:;|     :;\,,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
    ヽ、i      \i;;;;;:));|    ;;;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐、;;;;;;;;;;/
      \      \´);;|    ;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ジークフリート 「おはよう

信用勝負なら昨日か今日辺り囲い入れてくるだろう
そういう視点だとパチュリーは昨日の時点で囲いしてそうだと占い理由見て思った」
坂田銀時 「占いCOラ・ピュセル◯」
パチュリー 「占い結果を宣言、石丸清多夏は〇判定」
お燐 「おはおー。
多分信用勝負になると勝手に思った。
信用勝負になると思った根拠はあんまりない。
真 パチュリー>坂田>>チルノ 偽
ぐらいかなーとは思うけど
手首ベアリングの準備は万全だよ!」
ラ・ピュセル 「おはよう。
さて、噛み箇所がどこもありえる状況になったが
できれば怪しく感じてるところは噛まれてほしいものだな」
小悪魔 「おはようございます
ジークさんと弟さんが言うように、普通に考えたら真狂狼‐真狼
なので妖夢さんが●を出すのは違和感はないのですが」
結月ゆかり 「銃殺真確定はよ
もう、御布団の中に手を突っ込んで温めるだけの生活がしたい」
石丸清多夏 「おはよう!!」
チルノ 「占いCO ジークは○
坂田銀時 「初日通して自分の意見ってのが見えねーな
地獄兄が狼なら~~ってあるけど
霊能ロラされに行ったのありきなら元からそういう路線っぽいにみえるし
◇ラ・ピュセル 「まあ2騙りの場合は、ほぼ確実に共有なんて噛まないだろうからな
それについては同意するよ>地獄弟」
あとこれは俺とは全然ちげぇ感じ。潰したほうが早くね?っていう俺狼に見られるくね」
パチュリー 「まぁ候補が3つあるならせっかくだから対抗の〇から選択してあげましょうかという感じで
毒食らわば皿までの精神でやらない夫を占ったのだから石丸まで占い続けてあげましょう。」
チルノ 「弟と一緒で対抗占いを進めてきた位置だな
とはいえ、これ狐混じりじゃないなら無駄占い気味になるしで

それならあたいの占い先を占い師に誘導してる可能性もあるしね。
つまり本人が占われたくない可能性を見て占う」
マシュ 「 今日占い1切りがセオリーです。
そこらへん同意できる人います?理由は残った占い2者で詰む可能性を
高めるため。そこを朝一番お話し合い。」
汚い忍者 「おはようさん」
地獄弟 「灰噛みなら信用勝負だね兄貴」
ジークフリート 「囲い有りそうだと考えたところがもう死んでいた!!」
坂田銀時 「石丸が死んだのかと(錯覚」
結月ゆかり 「シロナガス饅頭ダイーーン」
チルノ 「ふーん。なら信用勝負なんかね。」
小悪魔 「パチュリー様の〇噛み」
石丸清多夏 「ラ・ピュセル君と地獄弟君のコミュニケーションが通じていないように思えたが
大丈夫だろうか?」
チルノ 「が、ジーク○なら対抗占いも真剣に考えてみるwあ」
お燐 「うーん、」
マシュ 「3-1でも12人が1切りの日ですけど判断つかないというなら伸ばし
そのかわり両方視点の詰み可能性は激減します」
小悪魔 「完全灰じゃないですよね?>やらない夫さん」
ジークフリート 「>チルノ
別段●が2つ出ても構わないと考えていたぞ
お前視点でははっきりするし」
ラ・ピュセル 「やらない夫噛みか
パチュリーの占ったところでもある位置か」
結月ゆかり 「個人的にグレー詰めてけば良いでしょ派>マシュ」
地獄弟 「マシュ>まぁ確率だけなら今日一人吊りのが良いのは同意する」
お燐 「信用勝負ーなんだけど、」
マシュ 「それは占い1決め打ちになりますよ>ゆかりさん」
パチュリー 「信頼勝負なんて言うのは詰むまでいつでも占い噛みに挑戦できるようなものだからあてにはできないけれどね
せめて私の〇でなければまだマシだったけど」
チルノ 「とりあえず、お燐が灰ならあたいは吊るしかないかなという感じではある>現状」
汚い忍者 「信用勝負と言う事ならまあ結局のところ狼混じってるのかでこの噛みも変わってくるかな」
地獄弟 「ああ暫定○だったか
ウッカリ」
お燐 「切りたいのはチルノではあるけど…」
坂田銀時 「吊るのならチルノじゃね
なんか狼っぽくないし
2騙り想定とか知らんけど偽なら狼じゃない方吊った方がいいんだろ?」
マシュ 「人外は結果操作できますから、基本的には両方視点の詰みはできなくなります 」
石丸清多夏 「ふむ 今日1切りはボクとしても賛成ではある。
今時点で、二人どちらが真か迷っているのでな。」
マシュ 「私ならチルノ切」
小悪魔 「パチュリー様狼の場合この噛みがあるのかなぁ…」
ラ・ピュセル 「意思疎通はできていると思うが。
しかし、なぜそれが気になったんだい?>石丸」
結月ゆかり 「銃殺出れば決め打ちできるし
真交じり確定なら、急いで吊るの?と」
チルノ 「>ジーク
まーそうかもしれないのだけどさー……
でも占い師って基本潜伏する人外狙う方が露出人外増えるからさーってね」
お燐 「>石丸
1人、切るのね」
汚い忍者 「狼交じりの2騙りならパチュリーは真狼だと思うけどねこの噛み>やらない夫死体
自分の〇に狐いるかの確認あるいは呪殺対応用に〇噛んでる」
ジークフリート 「>チルノ
お燐は対抗の○なのだが」
マシュ 「というか銀さん吊らなければいいです。
チルノ切の理由は昨日の占い理由が非常に、騙りで困ったときに作りそうな
理由なので」
パチュリー 「〇占いにしてあげたのは今日グレランするでしょうから
人外引けない場合に不透明な〇をたくさん抱えて狭い灰で勝負するのも
村にとっては面白くないだろうと思ったからだけど」
小悪魔 「対抗がやらない夫を占っていると想定した噛みの可能性はないでしょうか?」
坂田銀時 「どっちかってどっちだよ!俺だよな!!>石丸
仕事と俺どっちが大切だよ!」
マシュ 「噛み先対応されるのが目に見えてるから呪殺は関係ないですよ」
ラ・ピュセル 「私としても怪しく感じてるのはチルノだな。
妖夢を人外視してる部分もあるからな」
パチュリー 「そうでなければもっと発言強めの位置から占うことも考えていたわね」
チルノ 「却下! >あたい吊り」
汚い忍者 「狐交じりならなんとでもありそうなもの」
結月ゆかり 「とりあえずまとめ役がいないから意見統一できなくて
ぐだぐだのまま吊りに成りそうな気しかしない」
マシュ 「発言はいいんですよ、チルノ。悪くない。」
石丸清多夏 「◇ラ・ピュセル  「まあ2騙りの場合は、ほぼ確実に共有なんて噛まないだろうからな
それについては同意するよ>地獄弟」

ラ・ピュセルが言っているのは地獄兄狼なら噛まないから非狼

◇地獄弟  「ラ・ピュセル>兄貴が狼なら信用やる布陣だから
そりゃ共有噛み(そう)よ
ただ昨日言ったように俺は2騙りより狐混じり見てる」

弟が言っているのは狼なら共有噛む、だぞ」
坂田銀時 「なにそれ告白?>マシュ
ゆかりさんに続いて俺モテモテだな」
ジークフリート 「チルノの動きはなにかと明確にするのが嫌そうに見えるのだよな」
マシュ 「ただ、昨日の占い理由がどうにも。他に比べてちょっと騙り
で作りそうかなーと」
地獄弟 「なんかなぁ
逆にチルノ狼はないんじゃね感あって草>チルノ吊りで意見固まってて」
お燐 「んーぐだるのはあrだねぇ
ただ占い切りたいのも事実ーなんだけどー」
チルノ 「自分の○盲信するだけでいいならした方が良いの? そんだけに偽見られるならあたい知らんわ」
石丸清多夏 「見解が違っているのにもかかわらず、すんなりと終わっていたようだったので
気になってしまった! 野次馬でスマナイ。」
汚い忍者 「うーん迷うねこれ」
結月ゆかり 「占い切りたい半数以上なら占い1人切り
そうじゃないならグレランで良いのでは?

斬りたいのは挙手しろで」
マシュ 「確定○いないですからねえ」
お燐 「あとマシュは寒いギャグセンスをなんとかするように」
坂田銀時 「そのための共有噛みだったんだろ
つまり共有噛みはセオリーであり普通>ゆかり」
小悪魔 「信用勝負を選択した狼なら共有噛むですよね…」
ラ・ピュセル 「ああ、それは私の読み間違えだったようだね。そこはすまないよ>石丸」
パチュリー 「私が狼でやらない夫にわざわざ〇あげてから噛むくらいなら
もっと狼が噛みたそうな位置に〇を上げるわよ
そういう話が聞きたかったのかどうなのか」
ジークフリート 「>地獄弟
狼でなくても真でないなら吊っても問題ない」
結月ゆかり 「ちなみに和は死はさっきも言いましたがグレラン押しなので」
マシュ 「でもこれ明日でもチルノ吊りになりそうというのが」
小悪魔 「グレランしてないので一回はしたいですかね…」
チルノ 「グレランでいいだろ!なんで今急いで吊る必要性あるん? まだ1ミスはできるだろが!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
マシュ2 票投票先 →チルノ
チルノ8 票投票先 →ラ・ピュセル
小悪魔0 票投票先 →マシュ
お燐0 票投票先 →チルノ
汚い忍者1 票投票先 →マシュ
地獄弟0 票投票先 →チルノ
ジークフリート0 票投票先 →チルノ
結月ゆかり0 票投票先 →汚い忍者
ラ・ピュセル1 票投票先 →チルノ
パチュリー0 票投票先 →チルノ
坂田銀時0 票投票先 →チルノ
石丸清多夏0 票投票先 →チルノ
チルノ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
マシュ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
マシュさんの遺言 今日占い1切りがセオリーです。
そこらへん同意できる人います?理由は残った占い2者で詰む可能性を
高めるため。そこを朝一番お話し合い。

私ならチルノ切、占い理由がつくりものくさい
本気で考えた理由にはあまりみえないですね

銀さん真見

確定○いないならチルノ指定
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
結月ゆかり 「グレラン⇒マシュ残るなら狼よりは狐目ってことで占ってない?期待の上で
今日占い吊りしたかったんだけど

マシュに乗っかって、占い切りを石丸とお燐が乗ってるのが気に成る
どっちも銀時の○、銀時狼で2連続囲いとか狼と狐パターンある?とも」
ジークフリート 「おはよう

◇小悪魔 「おはようございます
ジークさんと弟さんが言うように、普通に考えたら真狂狼‐真狼
なので妖夢さんが●を出すのは違和感はないのですが」

俺はここまで狼2騙り想定とか全く出していなかったと思うのだが……
この子、完灰に残ってたんだよなぁ、この感じは狼よりは狐かな」
パチュリー 「占い結果を宣言、ラ・ピュセルは〇判定」
坂田銀時 「占いCOゆかり◯」
汚い忍者 「おはようさん」
ラ・ピュセル 「おはよう。
グレラン吊りをするなら私以外に票すべきではないのかとは思うのだが。>チルノ
灰で言うなら汚い忍者は最後に残してもいいぐらいにはあまり人外を見てない点はある」
小悪魔 「おはようございます
◇マシュ 「発言はいいんですよ、チルノ。悪くない。」
◇マシュ 「というか銀さん吊らなければいいです。
チルノ切の理由は昨日の占い理由が非常に、騙りで困ったときに作りそうな
理由なので」
他にもありますが、パチュリー様への感想が全くないんですよね
マシュ‐パチュリーを少し見てみようかと…」
石丸清多夏 「おはよう!!」
お燐 「おはおー。
パチュリーと坂田のどちらもが真ある。
呪殺出るといいね、って思うけどチルノ真は…ない、よね?
あと昼投票遅かったからめっちゃこわかった。いわゆるやむ。
坂田銀時 「確定◯作りとかじゃないんだけど灰に占いたいのいねぇしなぁ
チルノ吊ったし結果全部なくして見たときにゆかりさんかな
パチュリーが狼でやらない夫噛みした理由がない夫に狐を見たから、とすると
二騙りになるんならソッコー囲ってたほうが都合がいいと思うしな
◇結月ゆかり 「占い切りたい半数以上なら占い1人切り
そうじゃないならグレランで良いのでは?
斬りたいのは挙手しろで」
正直これってカンペキチルノ見捨ててるだろ…
つまりチルノ吊りで問題がまったくない
ってか誰つられてもいいって感じに見える」
パチュリー 「チルノを吊し上げたのなら銀時の〇を徹底的に潰してあげましょうか
お燐とラピュセルでどちらかといえば噛まれたら嫌だなと思うのはお燐の方だから
占うのはその逆になるというわけね。」
汚い忍者 「んーむ?」
小悪魔 「…噛まれてた」
ジークフリート 「完灰噛まれると」
地獄弟 「今度こそは灰噛みか」
汚い忍者 「占い3人の雑感

パチュリー……真狂の狂寄り。自分の信用に関してあんまし無頓着な感じが特にそんな感じを受ける

銀時……3人の中で一番印象良いかな。少なくとも一番切りたくない占い師。

チルノ……真狼の狼より。4日目の妖夢への反応が特に。ただ一番自分の信用に敏感臭い感じなので狼っぽくて1切りの場合吊りたくねーなー2騙りなら尚更なーと思った

総じていうと一番真に見える占い師は銀時だったけど占い吊りたくなかったので灰吊りで良いんじゃないかねと思いましたまる」
坂田銀時 「マシュ噛まれそうって思ってた
まぁ灰ならそこだしな」
ラ・ピュセル 「ふむ、灰噛みか
ゆかり○と。」
汚い忍者 「チルノ狼だと思ってたけども噛みが占いに行かずにと」
パチュリー 「なんか霊界に行ったみたいだから言うけれど

◇パチュリー 「そうでなければもっと発言強めの位置から占うことも考えていたわね」

これはマッシュのことよね」
結月ゆかり 「まあ、マシュ狼は目立ち過ぎですし?
村か狐でしょう位置でしたから」
石丸清多夏 「ふむ 占い師に狼が居ない、と言う訳ではなさそうだな」
お燐 「結月ゆかり、ラ・ピュセルが二重丸」
地獄弟 「まぁ、どうするこの二人で信用続ける?
狐狼なら何かリアクションあるだろうなで」
小悪魔 「パチュリー様に対して昨日と言ってること変わりましたね?>忍者さん」
坂田銀時 「ちなマシュ投票理由ってなによ>忍者
あと噛まれた感想とか色々」
汚い忍者 「灰占わずに対抗の〇占いに移行するのは二人とも悪くない」
ジークフリート 「>汚い忍者
そうか?俺はチルノって狂人とか狐の方だと思ったが」
お燐 「あたいとしては信用勝負を続けるというかうーん、」
結月ゆかり 「あらかじめ言ってますけど指揮する気なんて全くないですよ
ゆるふわ生活していたいんで」
小悪魔 「◇汚い忍者 「狼交じりの2騙りならパチュリーは真狼だと思うけどねこの噛み>やらない夫死体
自分の〇に狐いるかの確認あるいは呪殺対応用に〇噛んでる」」
パチュリー 「つまり銀時ーパチュリーのラインで単独〇はお燐のみっていうわけ
やらない夫を噛んでしまったから銀時が狼なら●の打ちどころを見失った感じではあるけど
お燐狼で私も見ているわけではないから」
ラ・ピュセル 「というかグレランになるとマシュしか吊れない気がしたが。>残りの灰小悪魔と忍者見ながら」
小悪魔 「昨日真狼と言ってたのですが、何か変わったことありましたか?>忍者さん」
石丸清多夏 「チルノの〇は撤廃し、完全灰を吊ると良いだろう。」
お燐 「2人ともわかってるっぽいよね>対抗○占いに移行」
パチュリー 「〇に狼がいないなら、銀時が狼出ない可能性もそれなりに考えなければいけないというわけね」
坂田銀時 「いや・・・なんていうかこのままグレランだと小悪魔吊りだろうなって
灰占いするのもなぁって」
汚い忍者 「マシュ投票理由は単純に灰で吊り急ぎ過ぎってのかな>銀時
俺チルノ狼目で見てたし2騙り本線っぽいので切りたくなかったし。」
汚い忍者 「ただここで噛まれてるならチルノ非狼かね」
石丸清多夏 「僕は指揮が欲しいというのならば喜んでするが!」
地獄弟 「まぁ、そんなもんか>完全灰吊りに以降」
お燐 「ちなみにチルノは最後の大声で吊りたかったという」
結月ゆかり 「マシュ狐あるな―で銃殺考慮で非投票でしたね
狼は全く見てないのもあって>ラ・ピュセル」
汚い忍者 「占い噛まれねえなら」
坂田銀時 「俺の初日の占い理由で初日囲いだ!っていうんならいいっすよ!
誰も突っ込んでくれなかった気がするけど!」
パチュリー 「ただ噛み筋的にはチルノ狼の場合に完全灰を噛むのはちょっとという場面ではあるので」
ラ・ピュセル 「…石丸、お前確定村ではないはずだが…
それ言ったら私もできるぞ」
坂田銀時 「まぁあれ無駄釣りしてから死ぬわ!にしか見えないしな>お燐」
地獄弟 「お燐>それは解る
あと1吊りミスできるって内訳知ってる何かに見えた」
パチュリー 「つまり銀時が何者なのかという点について私たちは未だに答えを出せずにいる…と」
ジークフリート 「>銀時
小悪魔占いは俺なら怒らなかったからやってくれても良かったが」
お燐 「>ラ・ピュセル
チルノ真あるとはおもえないのよねーって」
石丸清多夏 「ほ、【欲しいというのならば】と言っているだろう…!
無理やりやりたいとは言っていない…」
坂田銀時 「俺はチルノの結果見てない!から石丸確定◯みたいなもんだろ」
結月ゆかり 「どうぞどうぞ>ラ・ピュセル
私はしたくないんで持ってっちゃってもいいんですよ」
汚い忍者 「パチュリーの感じと言うか動きが自身の信用に無頓着な感じ真狂と思ってて現状狼残ってるならじゃあ銀時狼のパチュリー真にならねえになるんだけども。」
汚い忍者 「ただマシュ噛みがなー」
地獄弟 「石丸の提案はまぁチルノ真切りならそこまでおかしくはないよ」
小悪魔 「もう一日見ておきたかったが本心ですが…>チルノさん」
汚い忍者 「そこいっちゃん銀時真見てたところだと思うんだが」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
小悪魔6 票投票先 →ジークフリート
お燐0 票投票先 →小悪魔
汚い忍者1 票投票先 →小悪魔
地獄弟2 票投票先 →小悪魔
ジークフリート1 票投票先 →汚い忍者
結月ゆかり0 票投票先 →小悪魔
ラ・ピュセル0 票投票先 →小悪魔
パチュリー0 票投票先 →地獄弟
坂田銀時0 票投票先 →小悪魔
石丸清多夏0 票投票先 →地獄弟
小悪魔 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
小悪魔さんの遺言                       /`\
     ,!      _,,,. --─- 、..,   /::::/ヽ::::',
   /:.!   ,. :''´:::::::::::::::::::::::::__、:::`'|::::/\. V:|
  ./:::::ゝ、,.:'_:::::::::::::::::::::::::::::::::':::::ヽノ;:イ-‐-ヽ|/
  /::::::::::ァ'´::::`ヽ::::::::::::::::::::く`ヽ::::::::Y:::::::',
  |/`7:::::i`>'::!::::::::::;:::::!_:ヽ::!:::::::i::::::::::i
  レ'^'7:::::/:::!-‐ハ:::::::/!:::/!_」_`,ハ!::::::!::::::::::!
    i:::::,'::::::!ァ-、|/ 7´ , -,、ヽ !::::::|::::::::::!
    |::::|::::;7 i´ハ     i   ハ !|:::::::|::::::::::|
    |::::!::;ハ` '、,リ     '、_,rノ .!:::::::!::::::i:::|
    |::::'´!7⊃ ´  ' __   ⊂⊃::::::|:::::::!:::!
    !::::::::|ゝ、,    i´ `ヽ ,.イ:!:::::;ハ:::::ハ::| ト、
    .!:::::::|八:::`i7ァー--r '/`ソ、|:::/::::レ'`ヽ! |::i\
     '、:::::|:::/\!へ;:イ'!/ /:::::レ'`ヾ、    /:/  ' ,
      \|/  ,ハ/´/レム  /::::/    ,iーイン  ,  i
         /::/i ,!::::!ハ」`::::::i、  _r' \'⌒ヽ./   !
          |:/ 〉 ヘ:::∨::::::::::Vヘ´    ´` 、_,!/)_/
       _  !' /   〉:i:o:::::::::::`ハ     // ' ノ、
      '、``/7´   く_/!:o:::::::::::::::::::>、    | |つ ´ く
      _〉 '、'、__//:::::`'ァー--‐r'´、::`'、ー‐'"´ ̄` '´
      `'ー‐./:::/::::::::/::::::::i:::::::';:::::\:::Y⌒゙'ー-‐l>
素村ですよ、パチュリー様

チルノさんへ
初日の占い理由で、妖怪は考えなかったのでしょうか?
と無意味な質問なのでスルーしてもいいです
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
パチュリー 「占い結果を宣言、地獄弟は●判定」
お燐 「おはおー。
>◇汚い忍者 「そこいっちゃん銀時真見てたところだと思うんだが」
んー?有利なことを言ってるところをあえて噛むのもあると思うけど。
そのほうが場が有利に働く可能性を考えたら1人の犠牲?もコスト回収できる。
ただこれで忍者狼とは思え…思え…潜伏狼が援護をレリーフの如く浮かび上がらせた?
パチュリーは信用に無頓着で、
坂田銀時は力の抜け加減が絶妙なので甲乙つけがたい」
結月ゆかり 「チルノ吊れた時12人生存=残り5吊り、人外は全部で5
ここから霊能COした人外で1人外死亡で1
残り4人外でミス1回できるでは???

共有初日なんで霊真交じり確定、噛まれたやらない夫狂人じゃないなら
普通にみえることしか言ってないと思うのですけど???

見えてるも何もロジック的にわかることだけなのでは?>地獄弟
ゆかりさんはいぶかしんだ」
坂田銀時 「占いCO地獄弟◯
ラ・ピュセル 「おはよう。
だいたい○貰いが噛まれる場面だが」
地獄弟 「死体無し、と」
ジークフリート 「はい、おはよう

小悪魔ってそこが狼なら無理矢理にでも囲って良い位置だと思ったのだがなぁ
銀時は何を思って小悪魔投票したのだ?」
汚い忍者 「おはようさん
良いね」
お燐 「死体なし!!」
パチュリー 「小悪魔吊れてしまうなら投票先の地獄弟占いでいいかしら。
グレラン一回挟んでからお燐との択で投票先を占うならそれで十分でしょう?」
坂田銀時 「◇地獄弟 「なんかなぁ
逆にチルノ狼はないんじゃね感あって草>チルノ吊りで意見固まってて」
これ擁護に動いた狼に見えなくもねぇけど
ま正直チルノの◯って以外占い理由ねぇわ
1吊り稼ぎに~は100%同意」
石丸清多夏 「マシュ噛み→狐を警戒する噛みかなと思う。ので
真狼狼ー真? か
真狼狂ー真狼 だったりするのだろうか。
それならば今日も灰吊りで良いかな、と思っているが」
汚い忍者 「地獄弟がパンダと」
地獄弟 「じゃ、俺吊りでまた明日」
結月ゆかり 「吊り増えたー、で弟で割れる」
坂田銀時 「僕が今更囲いにいった狼に見えますか?!」
ジークフリート 「そこに●ならパチュリー視点でチルノはほぼ狼かな」
ラ・ピュセル 「死体なしと。
GJか狐噛みのどちらかだが。
そして結果はパンダか」
石丸清多夏 「死体が無し…そして吊りが増えた、と。 良い事だ!」
パチュリー 「ここで死体なしで占いで出ているなら分かり易いとは思うけど
どちらにせよ吊りは増えているので良いでしょう」
坂田銀時 「見捨てたほうがいいよね可愛い子じゃないし」
パチュリー 「見える>銀時」
お燐 「今更囲いにいくのはあんまり」
汚い忍者 「占い師各々にそのパンダどうしたいって聞こうとしたけどパチュリー視点でこれで対抗狼見ねーってねえから吊って良いし銀時視点では吊りたい訳がないので無為な質問である」
ラ・ピュセル 「別段、狂人はあるだろう>銀時」
ジークフリート 「しかしだな、占師2名よ
忍者占ってやれよ!!」
地獄弟 「まぁ狐噛みなら今更占い噛みに行ってるんで
GJが石丸か処女で出てるんじゃないかな」
パチュリー 「だって私の投票先を勝手に占う方が悪いでしょう」
汚い忍者 「小悪魔吊った上で返答するけど噛みの感じがパチュリー真狼っぽいと思っててでも発言見る感じあれこいつ真狼っぽくねえな真狂じゃね感がある。
この感じ解ってもらえるだろうか(ろくろ回し)
と言うかこれ俺パチュリー真じゃねって言ってるな自分で書いてて思った。」
結月ゆかり 「チルノ真で石丸狐
パチュリー狼、銀時狂人パターンもあるんじゃないです?疑惑」
坂田銀時 「俺甘党狂い以外しないし>ラ」
石丸清多夏 「弟を吊るかどうか、を言おうと思ったが
忍者の言っている通り。」
パチュリー 「正直一番警戒していたのはチルノー妖夢ージークで人狼みたいなパターンで
狐勝利になると嫌だなと思っていたから
●だと思って地獄弟に投票したわけでも占ったわけでもないけどね」
地獄弟 「その上で今更占い噛みだと
チルノ実は狼だったんだ
って感じになるから
それも無さそうでさぁ」
ラ・ピュセル 「まあその場合は、引き分けよろしくとか言い出すだろうから捨ておこう>ゆかり」
ジークフリート 「パチュリー視点だと割と可能性広く取れるからなぁ(どこにでも●撃てる感」
結月ゆかり 「いらない>ジーク
対抗の○占って忍者は完灰放置でいいでしょ

下手に片○状態とか完灰よりもメンドクサイ」
お燐 「んーんーこれはまいったかしら」
石丸清多夏 「パチュリー視点で地獄弟をLWmと言うのは無いか。」
地獄弟 「石丸>俺吊りでいいよ
多分狩りいるし」
坂田銀時 「お前の手のひら電動かよ>忍者
そんなコに育てた覚えねーぞ」
パチュリー 「マシュ噛みなら忍者噛みもあり得なくはないラインかなと>ジーク
グレーコントロール的にどうなのかは数えてないから知らないけどね」
汚い忍者 「どうすっかなーんー
正直パチュリー真本線で見てて狼交じりならCO聞いて無しなら吊りで進めたいのが本音」
ラ・ピュセル 「まあ狩人がGJが一番濃厚だろう
そういう点では弟吊りでよさそうだ」
結月ゆかり 「ぶっちゃけ、チルノ即吊りになったのすら
わっかんねーわこれ後退のゆかりさんなんで>ラ・ピュセル」
ジークフリート 「>地獄弟
諦めんなよ!!」
お燐 「自分吊り言い出してるけどー」
パチュリー 「銀時妖狐チルノ人狼…いえ2騙りで見るなら銀時狂人グレー妖狐のパターンは
恐れるべきではあるんだけど」
地獄弟 「逆に言えば
明日占い転がるようなら
チルノ狼且つ今日狐噛みだった
になりそう」
石丸清多夏 「ああ、 村人ならばスマナイ!>地獄弟君
僕は君に投票しよう!」
ラ・ピュセル 「生かしてもこのまま信用できないだろうなと言うのがあってな…>ゆかり」
パチュリー 「地獄弟ー小悪魔で人狼は投票的には無いと思いたいけどね
別にグレー処刑でもいいわ」
地獄弟 「ジーク>だからってパチュリー吊ったり灰詰めるか?
って言われると代案が浮かばない」
お燐 「坂田銀時が今更加工のはないと思うんだよねーとは思うし
今日パチュリーがあたい占わないのは違和感ある」
パチュリー 「むしろグレー処刑の方がいいかな」
坂田銀時 「狩人いんならでぇじょうぶだ>弟」
汚い忍者 「パチュリー視点でLW地獄弟とか狼噛み何やってんの案件だし銀時視点ではまあアレだけど逆に言えば呪殺チャンス広がるって事じゃね?2騙りなら」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
お燐0 票投票先 →地獄弟
汚い忍者1 票投票先 →地獄弟
地獄弟5 票投票先 →パチュリー
ジークフリート2 票投票先 →汚い忍者
結月ゆかり0 票投票先 →地獄弟
ラ・ピュセル0 票投票先 →地獄弟
パチュリー1 票投票先 →ジークフリート
坂田銀時0 票投票先 →ジークフリート
石丸清多夏0 票投票先 →地獄弟
地獄弟 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
パチュリー は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
地獄弟さんの遺言 素村
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
結月ゆかり 「現状吊り数残り3
残り人外数不明(1人外は確定で死んでる)
狩りか狐昨日時点では生きてた

ここまでが確定情報

なんか、ジーク噛まれてるかパンダになる気しかしないこの頃
ジーク○が残り2人から○ならチルノ合わせて確定○になるのだから」
ラ・ピュセル 「おはよう。
さて、占い結果が出るわけだが。
片方噛まれるならばまあそれでもかまわないが」
汚い忍者 「んん?」
お燐 「おはおー。
昨日の占い先選定でやや坂田銀時真に傾きつつある。
でもパチュリー真はまだ追えるわけでー
今日パチュリーがあたいを占いっているかどうかではある…>信用
石丸清多夏 「おはよう!」
ジークフリート 「おはよう

何というかね、俺や地獄弟よりは忍者は占っておくべきだと思うんだよ
なのに占師はそれをしなかったと」
坂田銀時 「占いCOジークフリート●」
お燐 「…え」
坂田銀時 「忍者かジークフリートならこっちじゃないんすか
もうあれじゃん、忍者はもう灰でボン!って感じで
ラス灰でハイハイハイって感じで」
汚い忍者 「えー?」
石丸清多夏 「む、このタイミングで占い師が死体になるとは。」
ラ・ピュセル 「ふむ、パチュリー噛みか」
ジークフリート 「え、凄い意外な噛み」
お燐 「パチュリー噛み…」
結月ゆかり 「ここでパチュリー死ぬのか……
で、まあ銀時からジーク●来るだろうな―は想定付いてた」
お燐 「ちょっとまってすごく動転」
汚い忍者 「ジーク吊りで終わらないなら銀時破綻としてーで」
坂田銀時 「なんすかこれ
昨日俺噛みGJでもでちゃいました?」
ジークフリート 「俺に●より忍者に○を出すべきだったと思う」
ラ・ピュセル 「ジークフリート●…私としてはそこ非狼位置だったわけだが」
汚い忍者 「え、意味解らん。銀時狼じゃねーの?信用勝負きつくなったの?
俺正直昨日はああいったけど揺れてたよ」
汚い忍者 「◇坂田銀時 「お前の手のひら電動かよ>忍者
そんなコに育てた覚えねーぞ」
お前真を見てない訳じゃないつーかお前が狼でマシュ噛まねえだろってのは一番思ってる。
狼占い師の視点として自分の味方してくれそうな所を噛まないってのは信用勝負の大原則なんで」
お燐 「んーわからん…。。」
坂田銀時 「忍者村っしょ村じゃなきゃもう汚すぎるわ人間不信になるわ」
石丸清多夏 「…?
銀時はLWCOは有るのだろうか」
ジークフリート 「>ラ・ピュセル
いや、銀時視点だとこんなものだろう」
ラ・ピュセル 「ジークフリートがパチュリーを噛むか否か」
汚い忍者 「返答これ用意してたし」
結月ゆかり 「銀時視点人外が、霊能枠ー対抗2、ジークー?」
結月ゆかり 「パチュリーは銀時視点のジークが弟にかわった位」
汚い忍者 「ジークー銀時でジーク●はない>ラピュセル
俺●だろ」
お燐 「>ピュセル
それいったらぎんときがパチュリー噛むかどうかも」
坂田銀時 「なんでそんなことしなくちゃいけないんだっつーの>石丸」
ジークフリート 「まぁ、どうするかは皆で決めれば良い」
石丸清多夏 「残り3吊りだろう。
残りの灰に狼が居ないとしても、●を連打すれば詰むことは無い。」
ラ・ピュセル 「ただ、狩人が出ないということは銀時を噛んだかもしくは白貰ってる人間が噛まれたか。
ジーク狐可能性は残りの占い結果からしてない」
坂田銀時 「いやまぁジークしかいなくね狼
そんだけの話じゃねこれ」
坂田銀時 「そこ疑うとこじゃなくね?」
結月ゆかり 「この噛みなら銀時狂人っぽい気はする
ジークパンダ製造狙い兼ねて確定○作らせないようにって感じの結果出し」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
お燐2 票投票先 →ジークフリート
汚い忍者0 票投票先 →ジークフリート
ジークフリート5 票投票先 →お燐
結月ゆかり0 票投票先 →お燐
ラ・ピュセル0 票投票先 →ジークフリート
坂田銀時0 票投票先 →ジークフリート
石丸清多夏0 票投票先 →ジークフリート
ジークフリート は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ラ・ピュセル は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ラ・ピュセルさんの遺言
        〈',                      |///|
           V\                       |///|
          V/\               ---- }///}--  . .
           ∨/ \        -=ニ    . . :〈////: .    . .、
            V///\     /. .  ⌒\: .   ⌒\ ⌒ニ=-- \
            V////丶  , . .     /   \: .     \=-<⌒><⌒>
               \////\/: . /   '      \ . .     \-/ニニニ∧
               -=ニア: . /    : .   i : . . \: .    \ニrくニ{(ニ',
                 / /: . '    : .   : | : .   i \ 丶: .  \〉ニニニ〉
                 ' :/: . .  i: .  i : . i: .| : i: .|: .| : .∧: .\: .  \‐=ニハ      村人だ。
.                /: /: .  i: .|: .  | i: .|: .| : |: .|: 八/ ∧: . \: .  ∨⌒7
            / ⌒' i: .  |: .|: .  | |: .|: .| : |:i八⌒乂: ハ: .∨/\: .  ∨/       ジーク狼はないと思っていたが
                  i |: .  |: .|: .  | |: 八乂从ィぅ示笊㌘: . ∨/:/ハ :ハ ∨/
                  | |: .  |: 八⌒八乂⌒  〃 ん/(_,Ⅵi: . .}: .   | i:∧∨/      というかお燐が狩人っぽい気がしたのが
                  | |: . 八: ィう笊ぅ        乂:ツ   |: . .|: .   | |'__∧∨/
                  |八: .  Ⅳ ん(_,         ''    |: . .|: . /} |:i:i:i:ハ V〉      
                    / ∧: . 、 八 乂ツ           |: . .|/:i:i:}八:i:i:i:i} |'
               , / i\(\i:\:.''  '    ,     ...: :|: . .|:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:/八__
                / ′ |: . {  | |込    `     ..: : .:八: 八、:i:i:i:i:i:i:i:i//:i:i:i:i〉
             / /  |: . |  | |: . |≧=-   _ イノ⌒/: /⌒〉〉:i:i:i:i:i//:i:i:i:i/
               {  {   |: . i  | |: . | |/    _rく⌒ ア/ニ=-//:i:i:i:i:i//i:i:i:i:/
             八 八 八: .∨八:i/: |八    └ァ=-<⌒7⌒7〈:i:i:i:i:i//:i:i:/
              )⌒   \:\ /: . 「⌒ニ=-<ニ=- ⌒∨  / V:i:i//:i/
                     \〈:./{ /       L ⌒V   ∨/
                       ___ rくニ{           \_∧   ',
           /〉        {   /ニニL __          〉__}    :.
      ___ /i:i/   _ -=ニニ「  ̄ {ニニニニニ〉        /      :.
  _ -=ニ/i:i:i/_ -=ニニニニノ   {ニニニニ/  __ /  }      . }
ニ=-  ̄   ̄ \ニニニニニニ{⌒¨ ∧ニニニ〈        /      . :,
ニニニニニ\  \ニニニニニ>-//∧ニニニ\⌒ニ=- /: .      /:/
ニニニニニニ>   >ニニニニニ〈⌒  \ニニニ」、___/: : : .        /
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
汚い忍者 「おはようさん」
結月ゆかり 「銀時狂人のお燐狼じゃない?と思う

銀時視点:6日目の死体なし何?になる
 狐⇒銃殺出てないし地獄○>ジーク●>ラスの忍者●しか出ないで
 狐死ぬか所が無い
つまり狩りGJくらい
狐想定するならジーク飼いで先に忍者ケアしてくれ出るべきだし」
石丸清多夏 「おはよう!!」
坂田銀時 「占いCO汚い忍者●」
お燐 「おはおー
>◇汚い忍者  「ジーク吊りで終わらないなら銀時破綻としてーで」
んー。あなた視点ではそうなんでしょうねーとしか
ただまぁ、坂田銀時吊り…で、間違いないのかなぁ多分
あんまりにも自信なくて困るんだけど。
いまさらチルノ真追う?それはないよねって感じで
汚い忍者 「ジークは銀時の●って点加味しなくてもパチュリーの灰だってのとチルノ狼の銀時パチュリー真狂(噛み的に切ってたけど)がない訳じゃないって事で
ジーク吊って終わってないので銀時破綻っすわハイ」
坂田銀時 「忍者だ?貴様この野郎」
石丸清多夏 「狩人は居るのならばCOしても良いと思っている!」
お燐 「かりうどは でたほうが いいとおもう」
坂田銀時 「破綻してないね、なぜならお前が狼だからだ」
汚い忍者 「銀時吊りで終わるんじゃない感が正直あるけど。銀時吊って終わるならなんでパチュリー噛んだんじゃってずっと思ってるけどまあ詮無き事」
お燐 「いや今日出ても出なくてもおなじことか」
結月ゆかり 「銀時吊りで、チルノ真のほか3人に2Wとかじゃないなら大丈夫
パチュリー視点LW確定なわけだし」
石丸清多夏 「まぁ銀時吊りで終わらなければどっち、になるな。」
お燐 「パチュリー噛みが謎すぎるのです」
坂田銀時 「俺吊って終わるわけないって知ってんだろ!吐け!
お袋さんが作ったカツ丼食うか?」
お燐 「あそこで信用勝負を放棄せざるを得なかった理由ってなんだろ」
汚い忍者 「ほんそれ>パチュリー噛みが謎」
坂田銀時 「食わねぇなら俺が食うわ。あんまうまくねぇな。」
お燐 「いや違うか、信用勝負をひっくり返して混乱させたかった、だけでもいいか
最終的に狼が勝てばいいので」
坂田銀時 「パチュリー偽以外にないでしょ
真で噛む意味ない以上そういうことだし」
石丸清多夏 「狩人が出ないのであれば、死体無しは狐噛み、となるが…
今日死体無しが起こっていないのであれば、ゆかり君が狐でパチュリー君を噛まざるを得なかった、と言うのは切り捨てることになるだろう。」
坂田銀時 「つか俺が真だし!」
お燐 「ただ、坂田銀時狼ならパチュリー噛みしないと思う…のよね…」
坂田銀時 「昆布だしィ!」
結月ゆかり 「ジーク狐の銀時狼の場合、ジーク狼ラスケア忍者先吊りも無い時点で詰みみたいなもんだから
パチュリー真でジーク狐の銃殺回避って訳でもなさそう」
汚い忍者 「俺結構ワクワクしてたんだけど昼はパチュリー真目本線で見てるって言ったけどマシュ噛みとかで銀時真も結構見てたしそんな圧倒的って信用差でも無かったと思うんだが」
坂田銀時 「今思うと手のひら返しが電動なのは狼なんだからだな
俺は人間不信にならねぇなぜならお前が狼だからだ」
お燐 「なんだろー、混乱させたかっただけ、で
理由にはなるんだけどー、違和感はある」
結月ゆかり 「そもそもチルノ吊りからして占い見切れてなかった私からしたら、
はえーよホセ!!状態であった。」
石丸清多夏 「チルノの真を切り、ジークを吊ったからには、ジーク●で吊れていることを祈るしかないのだな。」
坂田銀時 「人狼不信だし!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
8 日目 (1 回目)
お燐0 票投票先 →坂田銀時
汚い忍者1 票投票先 →坂田銀時
結月ゆかり0 票投票先 →坂田銀時
坂田銀時4 票投票先 →汚い忍者
石丸清多夏0 票投票先 →坂田銀時
坂田銀時 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
石丸清多夏 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
坂田銀時さんの遺言     イ ,ィ/レ′lハ!`ヽ!ヽ、,ィ    ヽ
     レ/ __,ノ    ヽ、__ ´ノ_    ヾ、   と
     /   __    __     l    ト!   思
    /    ・ l   ・ l    イィ   `ゝ   う
    /     `´   l`´    ノ   予    銀
   /  r―-、   `ー     iィr‐-、/    時
   !  {     、          l|    で
   l `ー`ー‐'^ー'′、      __ノ l    あ
    l  __     ヽ      / ┌`    っ
    l/  ヽ       ヽ    / ,ィ!     た
    ├‐ヽノ--〉       ヽ   /l/
   /人   /         /ヽ、
  //  `ーr'′         / \ヽ
  ヽ\    l           /   //
    \ヽ  l       /   //、
   / ヽ\ l_   _ /   //l `ヽ、
  /    \ヽl `  ′./   // !   l
石丸清多夏さんの遺言 死体無しの要因が居なければ銀時君が偽確定。
僕はパチュリー君を真で見ているが それでもお燐君と忍者君で2択なのだよな
うむむ…
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
結月ゆかり 「今日3人ならチルノ真はほぼ無いかな?
狐位置が死んで無さ過ぎる
つまりパチュリー真でいいはず

この場合、お燐VS忍者でファイ」
お燐 「おはぎゃあ

忍者自身は手のひら返す程度でよくあること。
マシュ噛まないのが大原則とは言えど
『人狼ゲームに大原則というものはあんまり存在しない
 なぜなら狼はその裏をかいて生きる生き物だから』
なんだけどーこれは狼要素といえるほどでもないし
ある程度の定石ってのはある、それは勝てるから存在する
ただそれを破るパターンってのも存在する
まさにパチュリー噛みが?
汚い忍者 「おはようさん」
汚い忍者 「チルノ真とか見ねえでパチュリー真見てお燐LWでBETするけど構いませんね」
お燐 「チルノ真はあたいも今更見れない」
汚い忍者 「◇お燐 「おはおー
>◇汚い忍者  「ジーク吊りで終わらないなら銀時破綻としてーで」
んー。あなた視点ではそうなんでしょうねーとしか
ただまぁ、坂田銀時吊り…で、間違いないのかなぁ多分
あんまりにも自信なくて困るんだけど。
いまさらチルノ真追う?それはないよねって感じで

つーかジーク吊って終わらないであわよくば銀時吊らずに俺吊り匂わせるニュアンスが最高にコレ」
結月ゆかり 「チルノ死んだとすると狐死んだ位置が実質
地獄兄、小悪魔、銀時しかないわけでー
狩りCOも無いなら御察し」
お燐 「ただ忍者ともあろう人が定石をうーん、定石に個室してるってのは気になる」
お燐 「まぁ3人で狐考えても」
結月ゆかり 「よってパチュリーが真
閉廷、お休み(御布団いそいそ)」
お燐 「個室→固執」
汚い忍者 「なんか質問ある?>ゆかり」
結月ゆかり 「殴り合って>忍者」
お燐 「閉廷?」
結月ゆかり 「あと、最終日の弱さに定評がある私だから間違っても
許してね☆ミ」
汚い忍者 「お燐殴ろうにもこう、他人に適当にツッコミ入れつつ「~~あるかな?うーん……」的な発言ばっかりでこう……」
お燐 「なんでパチュリーをあの時点で噛んだか、なんだけど
単に混乱させたかっただけって感じもある」
お燐 「そりゃそうですよ、混乱を演出させたかったんだから、狼は」
結月ゆかり 「正直なとこどっちもどっち感
お燐吊りたいけど暫定○だったし、チルノ吊りの時灰吊るなら忍者かなー思ったし、で」
お燐 「んー困る」
お燐 「手のひら返しがきつすぎるのはあるけど」
お燐 「忍者のそれは人狼ゲームにおいて狼要素といえるほどのものではない」
汚い忍者 「昼の発言見てたけど
◇お燐 「んーんーこれはまいったかしら」
死体無しの日のこれがなんか狼の反応としてすっごい素っぽいよね」
お燐 「混乱を演出させたかった程度の狼にふさわしいものではあけど」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
9 日目 (1 回目)
お燐2 票投票先 →汚い忍者
汚い忍者1 票投票先 →お燐
結月ゆかり0 票投票先 →お燐
お燐 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
お燐さんの遺言 昨日の占い先選定でやや坂田銀時真に傾きつつある。
でもパチュリー真はまだ追えるわけでー
今日パチュリーがあたいを占いっているかどうかではある…>信用
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2019/02/09 (Sat) 23:12:30
お燐 「ぐ」
ラ・ピュセル 「おつかれさま」
小悪魔 「お疲れ様でした」
ジークフリート 「お疲れ様」
石丸清多夏 「お疲れ様だ!
狼はおめでとう。」
坂田銀時 「おつかれさま~~」
汚い忍者 「お疲れ様」
やらない夫 「お疲れ様だ」
妖夢 「お疲れ様でした」
結月ゆかり 「ごめんちゃい
だから最終日弱い言ったでしょ」
お燐 「ふあ」
パチュリー 「おつかれさま。」
ラ・ピュセル 「視点で言うなら、銀時狐の場合、お燐が噛む理由がないってところだね>ゆかり」
汚い忍者 「銀時噛みじゃなくてパチュリー噛みもっと強く推すんだったなーすまんね」
マシュ 「おー忍者さんはお見事さまー」
石丸清多夏 「死体無しの要因は何か?
突き詰めれば真実が見えたかもしれないな。
僕もまだまだ甘い。」
マシュ 「おつかれさまー」
ジークフリート 「>石丸
俺と地獄弟って他を占ったり吊るなりして残った時に吊るでも良かったし
一応、チルノの真も考慮して進めるならそれで良い」
汚い忍者 「せやねん>ラピュセル
それに気づかれたらやばかった」
坂田銀時 「俺のことばっか見るから・・・
お布団温めときましたよ(秀吉並の心遣い)」
チルノ 「お疲れ様。 おめでとう >忍者・弟・妖夢」
やらない夫 「何もできず誠に申し訳なかった」
パチュリー 「結局地獄弟占いがお燐だったらパチュリー噛むと灰が全部吊れてしまうので、という話だったかもね
地獄弟●でも結局吊るんだったら占う必要なかったし」
汚い忍者 「で、内訳的なもの言うとそれ気づかれそうだから表出さないようにした。」
結月ゆかり 「チルノ狼で銀時狂のパターンでお燐狼なら、狼から初手判別付いてるよな―とは思ったけれども……」
小悪魔 「どちらの占いに真があるか分からないから狐噛み→パチュリー様噛みなら納得行けるんですよね」
地獄弟 「お疲れ様」
パチュリー 「お燐村だろうし占うの無駄だろうと思ったけど
〇しか引いていないなら…ね」
結月ゆかり 「銀時狐とかそもそも想定して無かった>ラ・ピュセル
銀時狂人でジーク狐ー?とは思ってたけど」
汚い忍者 「銀時非狼、チルノ狼なら占いならお燐〇で真偽判明してるから狐噛んで吊り増やすリスク犯さんでパチュリー噛みを1回目で行えば良い。
それに気づかれたら危うかった。」
地獄弟 「忍者>そこはこちらが悪いから仕方ない
自分以外ではあんまり対抗追い掛けやらないから
そこ強く見すぎてしまった」
お燐 「うー。力負けはくやしい」
ラ・ピュセル 「まあ占う個所は悪くなかったと思う>パチュリー」
坂田銀時 「俺狂なら妖夢か兄貴狐だな
内訳なくはねぇけどそれでも狩人いないのに死体なしが説明つかんね」
汚い忍者 「やらない夫噛みはチルノお見事。」
チルノ 「>忍者
狩人噛めって言われたし」
地獄弟 「チルノ>やらない噛んでるんだからチルノもナイス」
やらない夫 「ところで、狩人のときに

1.共有の指定を喰らった際は何日目でもCOすべきか
2.GJ出せてない状態での狩人遺言は何日目あたりに出すものか

を教えてくれんか」
汚い忍者 「それで噛めるのがすげえよw」
坂田銀時 「ジーク…!オメェ狐だったのか…!
ん?内訳真狼狂ー真狼でパチュリーは地獄弟に●出してたぞ?どういうことだ」
チルノ 「>弟
やめろ。あたいにそんな言葉をかけるな。 あたいは何も出来てない」
妖夢 「私狐だとチルノの○である以上霊能出る意味ってないですからね…
地獄兄●出してるので兄狐もありえませんし」
汚い忍者 「そいじゃお疲れさん。同村とお仲間と村建てに感謝」
チルノ 「>忍者
ついでに言うとあたいは銀時しか呪殺対応作ってなかったわ」
ラ・ピュセル 「ジーク狐の場合、パチュリー噛む理由が不明になるかな>ゆかり
噛まれた後に●投げたら最悪吊れない
…ああ、そうか。チルノ真も考えるならばジーク狐路線もあるか」
坂田銀時 「1→すべき
2→終盤狩人乗っ取りを阻止するために遺言残すべき」
結月ゆかり 「狐噛んで吊り増やすリスク犯さんでパチュリー噛みを
ここはねー、うん、不合理なことでもするときはするから…
狩り狙いで噛みと言う場合もあったしで片づけちゃったのが、はい>忍者」
ジークフリート 「>やらない夫
指定もらったらCOしないと良いことは何一つないだろう
盤面によるけどGJなくても4日目辺りからは残すかな」
小悪魔 「◇チルノ [狼] (ドラゴソ◇fv2vsHD.zM) 「占いCO ジークは○
」」
地獄弟 「チルノ>どうあれ3ー2の形になってこれに繋がってるし
パチェ噛みの時に狩り生きてたらアウトだから
狩り噛みで十分お釣りがくる」
パチュリー 「1.指定っていうのはCO聞くために指定してるんだからCOしたらいいと思う
2.展開次第、分からなければ大体残さなくてもいいんじゃない
(狐噛みでも死体なしあるなら残した方がいいと思うけど)」
小悪魔 「チルノ真のジーク狐はないんですよね…」
結月ゆかり 「パチュリー真想定の場合、ね>ラ・ピュセル」
ラ・ピュセル 「チルノは、妖夢が怪しすぎたのが1点
地獄弟占いに疑問が出たのが1点
人外を殺そうとする殺意が見えなかったのが1点
かな。私が怪しんだ理由」
お燐
石丸清多夏 「では 同村村建て感謝だ!
狼はおめでとう! 次は負けないよう 努力を重ねていく事にする!」
小悪魔 「パチュリー真想定なら地獄弟と占霊全滅で終わってないので占霊に狐混じり確定なんですよね」
妖夢 「ではお疲れさまでした
GM村建て&同村してくれた人に感謝です」
地獄弟 「やらない>基本的に指定されたら出た方が良い

遺言は特殊な状況なら誰かしらが昼間に狩り遺言残してねと言うと思う
自己判断であれば、最終盤辺りに」
お燐 「最終盤というのが具体的にn人とかn日とかで示したほうがいいかと」
やらない夫 「指定の際は出るべき
遺言は・・・GJとか狐噛みのときとかは当然COして書くとして
そうでないときはケースバイケースになるか」
石丸清多夏 「チルノ君を吊ったのはマシュ君の言ってた通りに理由で1段下がったからだな。
というか銀時君とパチュリー君に偽に見える部分が見えなかったからこその
消去法だ。 
銀時君とパチュリー君で判別するのが難しそうだったからこそ、マシュ君の提案に乗った形だな!」
地獄弟 「それじゃお疲れ様
GMは村ありがとう
仲間は一緒に戦ってくれてありがとう」
結月ゆかり 「あっ……
ああああああああああああああああああああああああorz>小悪魔
視点人外まとめてたのにスッポリ抜けてた
対抗2、霊能に狐交じりが確定してる」
ラ・ピュセル 「まあ死体なしの後に、パチュリー噛まれた時点で銀時吊りに動けばよかったか
ジーク人外は全く見ていなかったところだし」
坂田銀時 「まぁ狩人遺言って序盤からでも残しててもいいけどねそういう人いるし
村ももう狩人いないって割り切った方がいいときもあるし」
ジークフリート 「あれだけ占って銃殺出てないなら、大概3-2のどこかに狐居るから」
ラ・ピュセル 「…あー、だからか>ゆかり>すっぽり抜けてた」
結月ゆかり 「パチュリー真ならジーク狐確定でないじゃないですか、ヤダー」
小悪魔 「平和でて狩人出ないなら狐噛み
ならどこで出たかってことですよね」
坂田銀時 「俺LWでパチュリー噛みないって考えたら即吊りだよね
ジークじゃなくて忍者なら俺勝ててたのに!でもギリギリで負けるのも楽しい」
お燐 「それではあたいもこれにて失礼
同村さんとGMさんと鯖管さんと式神研さんに千の感謝を

3人最終日タイマンで殴り負けるのは悔しい。」
結月ゆかり 「狩り狙い噛み狐チェック兼ねてジーク噛んだ???
ジーク狐ある???でずっとモヤモヤしてたと言う……
そもそもパチュリー真なら有り得なかった」
小悪魔 「では、落ちます
村建て同村感謝です」
ジークフリート 「>銀時
忍者に●出してたら「お前の仕事は終わりだ」って言って銀時吊っていたかもしれない」
坂田銀時 「俺を信じても勝ててたぞ!」
やらない夫 「それでは、そろそろ落ちるとしよう
お疲れ様だ」
結月ゆかり 「多分それ覚えてたら忍者吊れたかも
お燐狼で銀時偽のチルノ狼なら、初手出判別付いてますよね?があって
その場合パチュリー即嚙みもありますよねー…は思ってたんで

思っても不合理な場合仕掛けてくるときもありますし、で
ジ-ク狐なら…で迷走入って行ったという」
ラ・ピュセル 「それじゃおつかれさま。
うん、ジーク吊りはミスだな。パチュリー噛まれた時点で狩人いるか確認すべきだった」
坂田銀時 「「生き残って家に帰るまでが仕事だ…」>ジークフリート」
結月ゆかり 「ジークは吊りたくなかった
狼ないでしょ、あって狐って思ったんで>ラ・ピュセル」
坂田銀時 「家に待ってる人がいるからな…俺の橋本環奈が」
結月ゆかり 「はぁーーーーーーーーーー
自分で枠上げておいて、忘れるとか言うポカミス
ぐぬぬ・・・
お疲れさまでした」
坂田銀時 「じゃお疲れ様&村建感謝
まぁ鼻ほじってるけど」
ジークフリート 「やらない夫は、もう帰ったのか、一応具体的に残しておくか

占いと霊能が○ばっかり出すなら
GJ・狐噛みなしでも遺言残すのは俺は早くて4日目の夜辺りからにしている
ジークフリート 「では失礼しよう
同村した皆、お疲れ様」