←戻る
【紅3789】やる夫達の普通村 [6960番地]
~久々の普通村~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7
icon イタチGM
(生存中)
icon 教授
(生存中)
icon できない子
(生存中)
icon 七海千秋
(生存中)
icon 五条勝
(生存中)
icon キル子
(生存中)
icon サニ夫
(生存中)
icon スター
(生存中)
icon できる夫
(生存中)
icon マルコシアス
(生存中)
icon ジュライ
(生存中)
icon 参謀
(生存中)
icon ルナチャ
(生存中)
icon 霊夢
(生存中)
icon 水銀燈
(生存中)
icon 古明地こいし
(生存中)
icon 影狼
(生存中)
霊夢 「ではお疲れ様
GM村建て&同村してくれた人に感謝」
参謀 「そうだな、鍋はいいぞぉ」
サニ夫 「それじゃあまたどこかでお、お疲れだお」
古明地こいし 「それじゃあ私も落ちよっかなー。お疲れ様でしたー!」
イタチGM 「それじゃ集まってくれてありがとだな
お疲れだサスケェ!!」
できない子 「んじゃお疲れさま。」
できる夫 「まあなんであれ村がお見事だった、それではお疲れ様です」
ルナチャ 「私もこの辺で、みんなありがとう。それじゃまたねー」
スター 「では、私も神社の木に帰りますね
同村の皆とGMありがとうございましたー」
できる夫 「つまり村にしてやられたってことですね(ぉぃ>こいし」
ルナチャ 「どっちかというとお鍋の方メインで行くつもりだから、普通の初心者村は時間が合えばって感じで。>GM」
古明地こいし 「出方が出方ならあれぐらい信用取れるわけがないんだしね!」
スター 「いや、初心者だから
>ルナチャ」
古明地こいし 「勝てない勝負じゃなかったからなー。占いよりもどっちかっていうと我慢した狩人の方にしてやられたんだし>できる夫
あんな出方の占いに折られるんじゃあないよ!」
できない子 「占いが出てたら(○的に)狩人の護衛貰って即噛みも通らんし
うんまあ、たらればいってもしょうがないね!
サニ夫○は投げてないけど吊れる訳でもないのでムズカシイネ。」
スター 「霊夢さんへの反応が二転三転してたのが露骨な村でした」
ルナチャ 「スター初心者は嘘でしょーとしか思わないんだけど
あとサニ夫はもっとない!」
ジュライ 「じゃあな!
ルナチャは相方感謝! おつかれ!」
五条勝 「参謀●できる夫役はあてられてたで・・・!
なお。」
霊夢 「騙りは妖怪 退治するわよ>サニ夫」
スター 「ないです
>サニ夫」
五条勝 「結果から言っても仕方ないのだ
次回もサービスサービス」
教授 「それじゃお疲れ様
改めて村はお見事
GMは村をありがとう」
ルナチャ 「五条も初心者だったのね
おつかれさま」
イタチGM 「俺たちは毎週土曜日の夜9時に初心者村を立てているから
気が向いたら来てくれると助かるぞェ!>ルナチャェ」
古明地こいし 「誤爆しなければ狂アピしほーだいだしねー>五条
誤爆したらあばー!?ってなるけど!」
スター 「最終日は発言それなりに頑張れたかしら…」
できる夫 「占いにしてやられたでいいんですよ(うつろ目」
サニ夫 「スターとルナが初心者なら、やる夫も初心者かお?(キラキラ」
できる夫 「といっても全潜伏してればは結果論ですからねぇ>こいし」
水銀燈 「それじゃログ見てくるわね。
村建て感謝、お疲れ様。」
五条勝 「この村に限ってはそれのがよかったかもね<全潜伏」
参謀 「( ・ω・)私も準初心者だ(自称」
霊夢 「他にマルコシアスと共有2人と噛み候補がまだある、と思ってたから
私噛みで告発入るという発想までなかった 悪かったわ>教授」
古明地こいし 「初日のグレランで水銀燈吊っていたらまた別だったけど
吊れなかったからねえ…」
ジュライ 「灰視の調子は頗る悪かったが,村人が有能だったから問題ねぇ
げーっひゃっひゃっひゃ! 俺様のためにせっせと働いてくれてご苦労!!」
ルナチャ 「ほぼ初心者であって完全初心者ではないと言うか・・・
だからあんまり歓迎しないでくれると嬉しいの」
できない子 「全潜伏で狂-初日の形になると狂人の胃が大変なので許してあげて。」
五条勝 「初心者仲間が多くてうれしいサービスだぁ」
水銀燈 「最後のルナチャ噛みに対してはGJ行けたと思うのよね。
狼の噛み傾向をしっかり考慮していれば。

あそこで指揮きっちり取れる共有残しよりは吊り増え優先の方が村としては楽だったんじゃないかな、とは思う。」
できる夫 「んー」
スター 「あなたも初心者枠だったの?
>ルナチャ」
古明地こいし 「くっそー、狼全潜伏が正解の一つでもあるかなー
サニ夫を噛まなければ呪殺が出ない後から出てきた霊能初日の潜伏占いなんて吊れる吊れる」
キル子 「水銀燈の位置ならまだ潜伏を選ぶとは思いますね。
偶数で吊り増えも期待したい展開ですし」
スター 「キル子さんは村人か狐か正直本当迷いました…」
サニ夫 「ちなみに三日目に出る気はあったお(狂人噛まれ水銀燈グレ3票)

ただ、水銀燈がかなり発言を伸ばしていたから
ならサニ夫も潜って勝利を掴もうという考えになったお。
つまり水銀燈で始まって…終わったお…(やる夫の潜伏道」
七海千秋 「それじゃあお疲れ様
村建て同村ありがと~」
ルナチャ 「たぶん私が噛まれたのも狩人護衛が怖いから相方は避けたんだろうしね」
イタチGM 「あとルナチャよくきたなェ!
初心者を歓迎するぞェ!!」
水銀燈 「教授は早いうちから非狼に見えたけど、狐だったから。
残ってたら私じゃ吊れなかったわねー。
あのときグレランで吊ってくれて助かったわ。」
スター 「水銀燈さんの狩人は強いですね。村人の発言強い位置に見えました」
できない子 「五条GJとサニ夫GJは出てた方が面倒だし
他は出すのが難しい(正直マルコシアスとか噛まれた方が楽だった)から
狩人がGJ出してないのはしょうがないんじゃねえかな。」
サニ夫 「結果論ではあるお>潜伏占いの成功
過程としては幾つも山あり谷ありだったお」
イタチGM 「人外は犠牲になったのだ
占い師の犠牲
その犠牲にな……」
五条勝 「こういうこともあるさ。また次やろう。
ではまたー」
七海千秋 「もしも五条さんでGJ出てたらと思うとやば~い」
スター 「占いの真偽は合ってましたね…しかし、潜伏占いとは…」
ジュライ 「まーできる夫非狼目で見てたから助かったぜ
結果が出るんなら占い師は潜っていいんだ」
古明地こいし 「だから狩人COしたサニ夫が良かったんじゃなくて潜りっぱなしの水銀灯が良かった
ぶっちゃけサニ夫の動きは下手したら真狩人出しちゃうからね!」
教授 「できない子くん>まぁその辺りは性格的な問題の話だからね
合う合わないで私が投票されることもあるだろう」
五条勝 「こういう展開なら潜った方がよかった。が、それは結果から見たものなので」
参謀 「でっていうを占ったケースよりは軽傷」
ジュライ 「草>銃殺が出てないから潜伏」
サニ夫 「水銀燈呪殺してないから偽って思われるかもしれないという
防衛本能が…働いてしまったお…」
水銀燈 「                 _,、、
              -{勾」}―  _
            -――-  、::.::.::. .\
            /         \::.::.::. .\
       /               \::.::.::lハ
        '   .′   |   ト、ヽ ヽ   ヽ::.|_ l
      /   l |  ||   | 斗 ┼l| // 小ヽ l
     l|   | |  ||.イ | | l ノ || 〈〈_ノ:||:l_〉〉l
     | |  _|ム、 |ヘ ヽ>==十F| ト-r1ヾ.r′l
     | l 、 |,,≧、ヽ  ヘ __ ノ l | | |:| |:|  l             ィ /
      ヽヽ\ 〈ヘ _〕     ̄   ノノ l|:| |:|   l  /{ イ ∠ ィ三/
        |:ト ヽil|〈       ´| | |      l /三//三三∠ ィ彡
        |:| |、   __,. ィ    | | | //{ノ}ノ三三三三三三二ニ       ことごとく護衛外してるけど勝てばよかろうなのよ!
          | ト  ` ´┐ / l |∨三三三三三三三三三<⌒
           ノ イ |>'´∠ ヘ /'  ├┴―-、三三三三三三≦ ̄
            / / ,ィ ´l  {Y::/  ,ノ.::.::.::.::.::. .\三三三三三ニ=
         / /  ´_ 二二アУ   ;´::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ三三ア⌒ヾミ、
         /   ´_ 二二ア'〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ド⌒ヾ
       ∧    _,二二ユ l ll /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. |   l
     ┌ / ヽ.r┬1ヱこ⌒ー|八/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|l   l
     |V   イ  |.::|{包}j}/.::.::.ト ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: イ¦   l
     |ノ // /.::.|`冖 /.::.::.::.::.jノ::.\ ::.::.::.::.::.::.:イ | l  l  |
     |\ ' f::.::.::.:.\_/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:`>┬rく | l|  l  l  l
   ┌ヘ   八::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.://.:|:|:||:トヽl ||  |  |l l
   r个 \{ ハ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.___ゝニノ|:|ゝニイ | ∥ | l l
   | } L イ /_ハ__r一¬¨ ̄ ̄} ::.::.::.::.::./|:| |:|ノ ノ ハ l l |
  / |  )〔 }イ〔 - l   し┐ イ.::.::.::.::.::.〈〈;ハ;〉 ヽノ  } ノ l |
  〈 ├〈 ┌く.⊥ )  |    / /.::.::.::.::.::.::.r'         ´   jノ」
できない子 「3-0になる所を2-0にしたやる夫の罪は重い。(まがお)」
七海千秋 「お疲れ様ぁ
潜伏占い師は凄かったね」
スター 「教授さんは狐でしたか…」
サニ夫 「◇サニ夫の独り言 「潜ってしまったお……(白目

水銀燈〇で呪殺が出てないから……という理由でお……(白目」」
ルナチャ 「噛まれれば真見ないわけにはいかないから、か。>やる夫
ホント初心者向けじゃないわこの村!!」
古明地こいし 「くっそー、占い噛まなければ何とでもなるんだけどねー潜伏占いは
噛んじゃうとどうしようもねえや!」
できない子 「>教授
三日目の投票は理由に入ってないよ。
四日目も「霊夢吊らないなら噛んでね」程度にしては霊夢に構ってると感じて。」
参謀 「狩人候補に票を投げると言うべきだったが
吊られるとは思ってなかったのは慢心すぎたな」
スター 「正直占い師はサニ夫さんで無いと納得出来ない内容でしたから」
教授 「霊夢くん>一応捕捉すると
例えばこいしくん狼で即吊りしていた場合
場合によっては(まぁ吊れる位置にはいなかったが)できる夫くん吊れて即おうどんもあった訳だ
この村で私自身が狐だった身から言わせてもらえば
仮にこいし君真でも即死してもらうに越した事はない訳だからね

即吊り狐目とはそういう事なんだ」
できる夫 「潜伏占いェ!!!!!」
キル子 「おつかれさまでした。」
サニ夫 「○位置を二つも作ってやったんだお、感謝しろお!>ジュライ」
古明地こいし 「お疲れ様でしたー」
教授 「お疲れ様
村はお見事!」
影狼 「お疲れ様です」
スター 「お疲れ様です。占い師真は合ってましたね…」
水銀燈 「よかった狐は居なかったわね。」
できない子 「お疲れさまでした。」
霊夢 「お疲れ様」
ジュライ 「おつかれ
真じゃねぇか!」
五条勝 「お疲れ様でございました。GMからのサービスにございます すっ投石」
できる夫 「お疲れ様です」
参謀 「おつかれさま」
ルナチャ 「おつかれさまー!」
イタチGM 「サスケェ!お前はこの村の新たな光だ!!」
サニ夫 「潜伏占い日記は狩人日記を隠し持っていると昔から言われているお。
お疲れだお。」
教授 「その上で早めに吊らないなら噛んでね
とも言ってるが
なら強い位置お前だよなと言われると
仕方ないね」
イタチGM 「やめろォ!!」
ゲーム終了:2019/05/01 (Wed) 22:45:07
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
できる夫さんの遺言 村ですよ
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
できる夫 は投票の結果処刑されました
7 日目 (1 回目)
キル子0 票投票先 →できる夫
スター1 票投票先 →できる夫
できる夫5 票投票先 →スター
ジュライ0 票投票先 →できる夫
霊夢0 票投票先 →できる夫
水銀燈0 票投票先 →できる夫
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
できる夫 「わかりました、最終日があること願って、まあ来ると思いますが」
キル子 「スター狐なら出来る夫吊り誘導でも構わないので村か狼かなと。」
スター 「潜伏占いの占ってる位置が非常に納得の位置で

完全灰のキル子さんは正直怖いです」
ジュライ 「できる夫吊りで.」
できる夫 「スターさんLWだと思ってますが
私視点狐狙いする余裕はないのでここで決めたいんですよね」
キル子 「投票履歴でできる夫ーこいし人狼と仮定したときの洗い出しは
個人的な事情でできないんですが」
ジュライ 「Ok分かった」
水銀燈 「だからできる夫吊って明日が来るなら勝負という構え。
終わった上で狐残ってるなら、途中までのグレランで捕捉できなかったのが悔しいわね、って感じ。」
スター 「私の順番はそれ考慮ですよ
>水銀燈」
できる夫 「狐探しの灰噛みしてないところ見ても
2wいる感じには見えないんですよね」
水銀燈 「一応できる夫Lwと見て狐ケアするんだ! 主張もわからなくはないけど。
五条真ケースを完全に切れる要因はないのよね。」
スター 「霊夢さんと水銀燈さんは潜伏占い信じるなら納得の村位置
呪殺も無かったので霊夢さんは村確定

そうなると狼はこいしさんで1Wですかねえ」
キル子 「そこまで独善的に動くタイプなんですかねという話になると真で見たくもなります」
霊夢 「サニ夫真なら灰2人が狐云々ってあるけど
それはこいしを残したことと同じように呪殺の期限は過ぎたわけなので」
キル子 「サニ夫が仮にあえての噛まれを狙った狂人だとしてもできる夫●は余りにも狙いすぎているので
そうならよっぽど霊夢ー水銀燈に1wあるだろうに賭けたんだなという話になるとは思いますが」
スター 「キル子さんからできる夫さんで良いです
>ジュライ」
できる夫 「吊り希望位置はスターさん
霊夢さんも残したくはないんですが正直そこつれるかといわれると
水銀灯さんぐらいしかそこ吊れないのでは感あります(共有は灰視いってないのがわからん)」
水銀燈 「スターを非狼に見た上で、キル子が狼ならば連携してスターを吊り殺してそう。
ということでキル子も違う。
と、なれば普通にできる夫Lwケースかできる夫霊夢で2w。
このパターンのどちらかじゃないかしら。」
キル子 「キル子吊りでいいと主張するのは清々しくて悪くないんでしょうね、きっと」
ジュライ 「誰吊りたい?」
スター 「水銀燈さんと霊夢さんは村として見て下さいね」
霊夢 「昨日言った通りできる夫を吊る予定でいる」
キル子 「スターはどの辺で灰視が変わったのか分からない変わり方をしているようにも見えますが
思考推移を全部残す必要も無いといえば無いですかね。なんとも言えないところです。
できる夫さん自体は昨日の発言を見ても吊らない展開にはならないでしょう。」
スター 「できない子さんは村でしたか…ごめんなさいー」
ジュライ 「おっと 俺様を残すか狼
相方は上から見守ってくれや」
水銀燈 「(や……)」
霊夢 「おはよ」
スター 「おはようございます

占いは狂狼と潜伏真占いでしたか…狂人には出来ない潜り方ですし…
そうなると霊夢さん吊りは無くなったですね。キル子さんとできる夫さん水銀燈さん…
順番的にはキル子さん>できる夫さん

サニ夫さん 水銀燈〇>できない子〇>霊夢〇>できる夫●>スター○●

キル子さんはサニ夫さんに占われていないので、呪殺が無い状態ですし指定でお願いします
呪殺が無かった上に○の水銀燈さんと霊夢さんは除外枠で」
できる夫 「個人的にはこいしさん吊ってのLWになってると見ますね
昨日言ったように身内してる可能性強く見ています」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
古明地こいしさんの遺言 占いだよー! 影狼は○

一日目
それじゃあ特になんだかなーだし
素直に隣のかげろー占っちゃおうかな!


占いだよー! 霊夢は○

二日目
発言的に見てそれほど多くないし内容も薄いのにあんまり投票されていないとこー
まあ、私も投票してないんだけどね?でも参謀に投票ってことは
吊れやすそうなところに投票って見えるから、そう考えると目立ちたくないかつ
吊られたくなさそうなところってことで役目かなーって思うの!

占いだよー! できる夫は○

三日目
あっれー、水銀燈が頑張ったら吊れそうだなーって漠然と思っていたらできる夫1票しか入っていないじゃん!
それならマルコシアスも言っていたし占うかなー。こういう場所って吊れる吊れると思ってたらいつの間にか生き残るんだよねえ
発言的にはどうだろ?実はピンと来ないけど発言的になんか生存欲がありそうな感じはする
狼より狐狩人の方がありそうかな?呪殺ワンチャンいっちゃうぞー!

占いだよー! 水銀燈は○

四日目
できる子はピンとこないしサニ夫はよくわかんないや。教授は吊れたし
それならできる夫と同じ位置になりそうな水銀燈かなー。二日目のグレランから
被投票ががくんと落ちているしなんかグレランでは吊れそうにないし
投票先も○のできる夫投票しているし!というわけで水銀燈占うよ!

占いだよー! スターは○

五日目
名前を打ち込む時サニ夫のことを考えていたせいかサニーってなったフュージョン戦士かな?
それはともかくずっと投票しているけど吊れないから最後かもしれないけどここ占おうかなー
具体的に怪しんでいるところは序盤から村目を多く見ているのは味方をたくさん作りたい
つまり仲良くしたい人外って印象があるんだよねー。だから投票していた!けど吊れなかった!
ここが狼とかじゃなくて狐だったら勝ちだけどどうなるかなぁ…
ルナチャさんの遺言 共有CO
ジュライが相方ね、スターは何を引いたのかしら?
サニー・・・サニ夫?は同陣営だとなんだかやだなぁ
ルナチャ は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
古明地こいし は投票の結果処刑されました
6 日目 (1 回目)
キル子0 票投票先 →古明地こいし
スター1 票投票先 →古明地こいし
できる夫0 票投票先 →古明地こいし
ジュライ0 票投票先 →古明地こいし
ルナチャ0 票投票先 →古明地こいし
霊夢0 票投票先 →古明地こいし
水銀燈0 票投票先 →古明地こいし
古明地こいし7 票投票先 →スター
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
霊夢 「狂人がやるにしては指定されたところから考えてやっぱり真噛まれで見たくなる
明日の吊り先は揺るぎそうにないわね」
古明地こいし 「でもある意味ファインプレー?」
スター 「そうなると教授さん投票者への疑いは解かないと行けないのかも」
キル子 「まぁ、残り2吊りで間に合う内訳なのかはわかりませんが
できる夫さんを疑わしく思っていたのも確かです
夜にもう一度見直しては見ますけどね」
水銀燈 「>できる夫
ちなみに五条真ケースでこいし吊った後に2w残ってるパターンってあると思う?」
古明地こいし 「どっちにしろ最終日にはいけそうだしね
残った方はがんばれ。でも狂人は許さなえ!」
ルナチャ 「サニ夫初手水銀燈○だけど、2昼にノータッチ過ぎて自分の○吊られないか不安じゃないのかなぁって思うわ
今さらどうでもいい話かもしんないけど」
できる夫 「狩人CO自体は対抗あぶり出し目的でしょうけど
占い遺言残しは狂人いないことを教えるためでは?というのはありますね
誤爆の可能性とかありますがその辺は知りません!」
スター 「分かるんですけど、人外と言うよりは村目線だと思うんですけどねー
>こいし」
古明地こいし 「ああ、そういえばそうか。くっそー、まあ、いいか>狂人二人になる」
ジュライ 「変な遺言だけども見る価値は有る」
ジュライ 「まぁ、死体で遺言が出てるっつーことは
真占い師なのかはたまた狂人かの二択なんで」
キル子 「狂人は2人死んでることになるからこいしさん視点は破綻しているわけで
こいし真主張で私を疑う事だけは出来なくなるわけです
良かったですね。」
スター 「そしてできる夫さん●と…早い段階で議論誘導してる位置なので、かなり納得は出来ますね…」
水銀燈 「ケースとして、狂人が1吊り消費かつ噛まれと引き換えの占い遺言をするかどうか。
考えるべきはそこじゃない?」
古明地こいし 「吊れなかったから占ったんだろろんっ!?」
古明地こいし 「ずっと吊れなかったスターが何か言っている…」
キル子 「何か狩人日記だろうと思ってスルーしてましたが
占い遺言ですかこれ」
霊夢 「基本的に狼の○に●打つのは勇気がいる行為だと思うので
明日できる夫吊りまで考えていいとは思っている」
できる夫 「これで私吊らない理由とかはないですし
私とこいし吊って2w残ってないの祈りながらの
スターあたりがLWなのではと思っています」
古明地こいし 「まあ、いいや。私吊っても明日キル子吊れば何とでもなるし」
スター 「私の位置は吊り位置だと判断してるので、この占いで真は切れるかな」
古明地こいし 「面白いと思うけど噛まれちゃうから先に占いCOしたほうがよかったと思う(真顔」
キル子 「サニ夫さんの推薦を受ける展開かとも思いましたがどちらにせよ同じ話ではありましたね。」
水銀燈 「ケースとして、五条orサニ夫で真狂なのでこいし狼が確定。」
ジュライ 「まぁ〇位置二人死んでるから
こいし真は見なくていいってこと>ルナチャ」
古明地こいし 「たぶんっていうか確実に狂人なんだ。はえー、なんでこんな動きしているんだろう?」
できる夫 「こいしさん偽確定はいいとして
狂人ですね、これ」
スター 「ここで私占いの時点でこいしさん吊りで良いですね」
古明地こいし 「やったぜ。たぶん狂人だ!」
古明地こいし 「うん?」
水銀燈 「>日記を見て
おばかさん! お馬鹿さん!」
ルナチャ 「遺言でスライド占いCOって出てるけど見ていいやつ?」
霊夢 「少なくともこいし吊り」
スター 「えっ???」
ジュライ 「まぁ… まぁとりあえずこいし吊りだ!」
古明地こいし 「それじゃあLWはキル子だね!」
霊夢 「これはこれは」
古明地こいし 「五日目
名前を打ち込む時サニ夫のことを考えていたせいかサニーってなったフュージョン戦士かな?
それはともかくずっと投票しているけど吊れないから最後かもしれないけどここ占おうかなー
具体的に怪しんでいるところは序盤から村目を多く見ているのは味方をたくさん作りたい
つまり仲良くしたい人外って印象があるんだよねー。だから投票していた!けど吊れなかった!
ここが狼とかじゃなくて狐だったら勝ちだけどどうなるかなぁ…」
できる夫 「こいしさん真ならいうことはない
偽の場合身内あると思うんですよね」
水銀燈 「(や……く……)」
ジュライ 「スライド占いCOで草」
古明地こいし 「占いだよー! スターは○」
キル子 「                        ___
                    ...:::::"::::::::、::::::::::::`::´`::::.、
                  .::;"::::::::::/:::::::::ヽ:::::::::::::::::::、::::`ヽ、.
                ./::/::::::::::/::::::::::::::::!:::::::::::::::::::',:::::',::::::゙:::.
                 /:/:::::::::::::::/::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::|:::::::',::::::::::.
              ///::::::::::::::/!::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::|::::::::',:::::::::',
             /://::::::::::::::::i.|::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::|::::::::i::::::::::',
             /:イ:|:::::::::::::::::| |:::::::::::_,:-'<:::::::::::::::::::::::|::::::::|::::::::::|
            /:,j:::|:::::::::::::::::| |_,:ィ"i|゚● 。|:::::::::::::::::::::::|::::::::|::::::::::!.
             ,:/|:::|:::::,ィ、ィ=:、    ゝ=='|:::::::::::::_,:ィ'"´:::::::|:::::::::j:!
            i::! |:::l/:::::゙'●。;       |:,:ィi|イ::::::::::::::::::::|:::::::::ト:i    サニ夫が真に狩人であるならこいしさん視点キル子ースターの2灰なので
            i::| ヤ::::/j::::iゝ"           |::::::::::::::::::::::::i:::::::/ ゙i:!   必然私視点は銃殺はもう期待薄という話になってしまうんですよね
             !| .V´ /::::::、丶  _       |:::::::::::::::::::::::|:::::::j   ||
            ゙i   /::::::::::::\´       .:!::::::::::::::::::::::|:::::::i   i|   スターさんは多分私とそんなに趣味は合わないんだろうなという感じではありますが
.               /:::::::::::::::::::::ヽ、      ´ i::::::::::::::::::::::|::::::::|  j::|
:::`::-..___        ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::`=r´、ヤ ,i::::::::::::::::::::::|:::::::::|  j:'
::::::::::::::::::`:::丶、........ィ"::::::::::::::::::::::,ニ─- ト、/ `ヽ\|::::::::::::::::::::::ト、::::::|  /ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/-     `ヽ.  .`゙/:::::::::::::::::::::|| ト、|_リ__
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ノ  、      \ ./::::::::::::::::::::::ル  .i   ヽヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://   、 |       〉'::::::::::::::::::::::/j    |    ∨ト.
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://     ヾ∨     /::::::::::::::::::::/、i |   |    ∨゙.
 ̄二≧─ ‐::::::::::::イ./       ト.∨   /::::::::::::::::::::/ `|    |i    ∨゙.
 ̄:::::::::::::::::::::::::::://         ∨.   /::::::::::::::::::::/  ,!    |     ', ゙.
:::::::::::::::::::::::::::://           ∨.  /:::::::::::::::::::/∨ /    j     i  ゙.
スター 「おはようございます。水銀燈さんとキル子さん辺りを最終日送りにするかって所ですね
特に水銀燈さんの目線は非常に村寄りに感じます」
霊夢 「おっと」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
サニ夫さんの遺言 狩人スライド占いCOだお

占いだお 水銀燈〇>できない子〇>霊夢〇>できる夫●>スター○●

潜伏理由:水銀燈を呪殺できてない占い師とか信じられるわけねーお?
     ●なら流石に出たけどお!=意訳:潜伏理由?趣味に決まってるお!
     ※狩人にはすまんって感じだお。

騙り理由:当然ここまで来たら噛まれるためだお、ジュライがやる夫を疑ってることはわかるお
     だが噛まれれば、やる夫の真は追われる理屈が存在するお
     やる夫はこれで真狂だお、こいしが今日、やる夫を占う理由は存在しないお?
     そして、狂人ならここで狩人を騙って噛まれにいく理由はあるかお?

占い理由
この対応されている線引きの場所を占うことがやる夫のハンデだお……
さあ、対応してこいお!狼!水銀燈対応とか絶対一人か二人はいるお!
その調子で4人対応してきても構わんお!!

占い理由
霊能初日であるとはいえ灰が狭いことに変わりはないお
水銀燈が票を3票もらってることからも出ることも視野に入れつつ
水銀燈に票を入れたできない子でいいかお、灰でも吊り難そうな位置にいるお
〇でもいいがお、初手囲いの対応や初手両贋察しパターンの時に面倒だからお。
少なくとも潜伏した以上は、吊れない位置を占うお。

占い理由
マルコシアスは嫌でも噛まれる位置だからお、こいしの○である霊夢と影狼
どちらかを追っかけする展開だお、この場合は
どちらかというと意見の見えやすい霊夢の方に注視してみるお。

占い理由
マルコシアス狼の初手両贋判別潜伏占いor潜伏霊能理解の漂白パターン
ここらへんワンチャンありそうだお、そうするとマルコシアスは
噛まれ位置としても占い位置としても違うお。
できる夫を占うお、ここで灰を占うのは灰吊りがこれ以上の危険性があるためと
単純にできる夫の方が非狼だからだお>マルコシアスと比較して。

占い理由
できない子すまんお。
今日はスターでもキル子でもいいお、できない子の遺言を尊重するお
噛まれない場合のみの理屈として言うがお、キル子投票したのは単純にやる夫視点の灰であるから、だお。
スターは灰だお、ここで死ぬのはこいし視点おかしいはずだお。
サニ夫 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
できない子 は投票の結果処刑されました
5 日目 (1 回目)
できない子8 票投票先 →スター
キル子1 票投票先 →できない子
サニ夫0 票投票先 →キル子
スター1 票投票先 →できない子
できる夫0 票投票先 →できない子
ジュライ0 票投票先 →できない子
ルナチャ0 票投票先 →できない子
霊夢0 票投票先 →できない子
水銀燈0 票投票先 →できない子
古明地こいし0 票投票先 →できない子
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
水銀燈 「こう言っておけばサニ夫真でも狼が噛むの躊躇しないかしら。」
できない子 「単純に私誘導の理由が弱いというだけでスター吊っといてって遺言残すわ。」
できる夫 「非狼よりではあるんですが、うむむ」
古明地こいし 「えーっと、そうなると灰はキル子スターの二人だけかな?
勝ったな…!」
サニ夫 「(結果の言及にのみだお」
ルナチャ 「噛まれたらグレーが減ってラッキーじゃないの?>こいし」
水銀燈 「たぶんこの状況で一番良いのはサニ夫狐で噛まれて吊りが増えること。」
キル子 「発言的に強い位置が両方指定されたわけですが
こいしさんが頑張ってくれる真でなければ残り2回なんですよね」
サニ夫 「できる夫が妙に怪しい気がするお、とだけ残しておくお
多分、それがなければこいしは真だと思うお」
スター 「仕掛ける狩人さんもたまにいるわよ、ルナ
>ルナチャ」
できる夫 「これ五条さんが真であれこいしさんが真であれ
どっかで狼吊れてそうな気はするんですよね
その場合霊夢さん非狼よりではあります」
ルナチャ 「サニ・・・夫、狩人にしてはずいぶんアグレッシブに発言してるなぁ、すごいね」
サニ夫 「やる夫が明日噛まれた場合には、まずこいしを吊るといいと思うお。
ここは絶対決まりだお。」
スター 「できない子さんはこいしさんへの吊り誘導も含めて納得が
村なら懸念が強い位置で信用置きたいのですが…ね」
古明地こいし 「なんかよくわかんないのはあっていた!!!でもこの展開なら占っていたほうがましだったー!」
できる夫 「いないようですね、ふむ」
ジュライ 「できない子吊りでオーバー」
キル子 「グレーと○で比較したときに個人的には○の方が何かありそうな位置が多く見えてしまうので
そんなにこいし真には期待できないかなぁとは思いますけどね」
水銀燈 「サニ夫狩人ね。」
できない子 「ないよ。>CO」
古明地こいし 「サニ夫ー!!!!」
サニ夫 「すまねえお。」
できない子 「まだいいんじゃないかなぁって。>狩人」
古明地こいし 「あれ、できない子何かあったっけ?
私のさっきの確認だと対抗からも何にもなかったと思うけど>サニ夫」
スター 「サニ夫さんですか…狩人と」
できる夫 「対抗いますか?」
ジュライ 「じゃあできない子指定」
サニ夫 「狩人日記

2日目 護衛:こいし 噛み:五条

2分の1だお。共有噛みとかの可能性はあり得るけどその場合は
占い師を生き残らせる方が重要だお
対抗を即噛みする狼にこいしが見えなくて、非狼であるなら
ベグの場合噛まれるんじゃないかという判断でいくお

3日目 護衛:こいし 噛み:影狼

……護衛継続でいってみるお
こいしはまだ真結果を出している気がするお、マルコシアス漂白でなく
こいしが真結果を出しているなら勝ち目は充分ある戦いだお

4日目 護衛:ジュライ 噛み:

こいし護衛を外し、ここからはGJ狙いで考えるお
単純にマルコシアスか共有二択って話だお、マルコシアスは噛まれ位置であるがお
ここで影狼を噛むということは最悪残してくる可能性はあるお
すると共有二択勝負でしかないお」
サニ夫 「狩人だお」
霊夢 「教授投票で要素取ってるなら特に言及する気は起きないけど」
できない子 「見返すと別にそんなことないと思うが。」
スター 「投票も含めて気になると言うだけで、まだGS的にはそこまででは無いですね
ただ、教授さんへの投票が組織票疑いが強いので
>霊夢」
ジュライ 「サニ夫指定」
サニ夫 「キル子かスターかだと思うお、お前視点」
古明地こいし 「…これ私信じてもらえるなら勝てる!勝てるのか!じゃあ噛まれないな!呪殺ワンチャン!!!」
水銀燈 「状況がこいし狼濃厚とみているので、投票関連でスターは吊りたくない。
狐とかまで考えるなら狼側に処理させたい構え。」
サニ夫 「できない子は違う気がするお>こいし」
できない子 「そうだっけ。>真切り」
できない子 「>スター
私わりと教授吊ろうと思っていて三日目から継続投票だけどその辺は確認せず?」
古明地こいし 「でー、水銀燈まで○なら残りの灰はできない子キル子サニ夫スター
…あれ、これだけだっけ?」
できる夫 「スターさんはそこまでいえてるのなら
ある程度見繕っててもいい感じはするんですがね
広く広く取ってる感が」
サニ夫 「というありきたりな理由になっているがお」
スター 「できない子さんへの投票はこいしさん真を早めに切りに行く流れを誘導してたからです
この流れだとできる夫さんと水銀燈さんは凄く良い位置ですので残したい…」
霊夢 「噛みから私疑いに入るのはどういうことなのか
マルコシアスはもともと噛まれ占いの白だし
私に囲いを見ているなら今日に限ったことじゃないし>スター」
サニ夫 「ただ、狼がこいしをここまで残しておくのは割と
こいしが非狼なら不自然な気にはなってきたかお、理由としてはできる夫占いの日だけ少し雑じゃないかお?」
古明地こいし 「それならそれで○でもなんでも指定してくれてもいいよ!
もちろん、灰を減らしてくれるのが一番だけどね」
水銀燈 「良かった、わかってたみたいね。」
キル子 「マルコシアスさんはこいし真を言うのが若干囲い噛みしている狼が
敢えてそう言っているようにも見えたのでそんなことは無くて良かったという事にでもしておきましょう」
水銀燈 「占い吊らないにしても指定は居る場面よ。」
できない子 「んー、こいし狼だと信じてたマルコシアス噛む必要があるかー?ってーと
どうせ切られるつもりなら邪魔かあ、考えんとこ。」
サニ夫 「構わんお>指定
ここからは組織票を警戒するタイミングだお」
古明地こいし 「やったー!生き残れるんですね!?」
ジュライ 「指定しますんで」
スター 「この噛みは…成程…霊夢さんもちょっと怪しくなりましたね
昨日の教授さんとのやり取りも気になってました」
ルナチャ 「◇ジュライ 「俺様は今日こいしを殺すと言ったな
あれは嘘だ」
きゃージュライかっこいー!」
サニ夫 「灰にこれ以上吊りたい位置がいなお……お……」
水銀燈 「単純に灰ざっと見渡して、そこでサニ夫とかできない子吊ってできる夫とか霊夢残ってる方が嫌だなって思ってたら、普通にできる夫投票しちゃってたわ。」
できる夫 「マルコシアスさん占ってるわけではない、純粋に噛まれと
そのうえで水銀灯さん○ですか」
ジュライ 「お前を殺すのは明日にした」
古明地こいし 「ぐわーんっ!対抗の○だったけどたぶん私の一番の理解者ー!」
霊夢 「なら灰吊り?それとも○から吊るのかしら>ジュライ」
キル子 「                    -─……─―-- ..、
                  ´.:::::-―.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             /.:::::/.:::::::::::::::::::::::::.\::::::::::::::::::::::::::.
         .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::.
.        /.::::::::::::/.::::/.:::::::::::::::::::i::::::::::::::::. ::::::::::::::::::::::
       /.::::::::::::/.::::::| ::::::::::::::::::: |::::l::::::::::::i::::::::::::::::::::::
        ,′:::::::::::|:::::::::|::::::::::::::::::::: |:: | ::: |::::|::::::::::i:::::::::::
.      :::::::::::::::: | :|:::::|:::::::::::::::::::::::l:: | ::: |::::|::::::::::|:::::::::::
       |:::::::::::::::: | :|:::::| :::::::::::::::::::-|:::|─:|ハ::::::::::::|:::::::::::
       |::::::::: i:::: |-l─|!‐ :::::::::::::::: |::」L:⊥:|:::::::::::|:::::::::::
       |:::::/:::|:::: |八__jL.::: -─‐‐ 孑云气|:::::::::::|:::::::::::
       |::::::::: |:::: |r孑う庁ト     弋●ノ |:::::::::::|:::::::::::
       |::::::::: l::::小 弋●ノ         |:::::::::::|:::::::::::
       |::: !:::::|::::::ト、     、        |:::::::::::|:::::::::::  こいし偽を前提とした話になりますが現状だとできる夫さんが疑わしいですね。>水銀燈
      ∨|/|::::::iヽ:.             |:::::::::::|:::::::::::  意見的には影狼白いとは言っていても自分がそう思うのと村がそう思うだろうというのは大きな差がありますし
            |::::::::::人       __ _      ′::::::::|:::::::::::  影狼ー霊夢で見ての霊夢噛見に触れてるのも悪くは無い
            |::::::::::V介::....        / i:::::::::::|:::::::::::
            |::::::::::::::i:::::::::::>‐r-<ヘ.   l:::::::::::ト、:::::::  でき夫さんだけ影狼意外からの発展性が無かったので良くは見えないです。
            |:: |:::::::::|::::::::〈\_,|/  ,、\.l:::::::::::| ヽ
            |:八::::::::ヽ;;__>r"´  ̄ ̄ ̄} :::::::: |
.         / ̄ \:::::::\\|.  ` ー─〈|:::::::::::|
.       ∧      \::::::::ヽ|    、___,ノ|:::::::::::|
.       {        \::::: |       .}|:::::::::::|
            丶       \:|    /し′:::::::::::|
.       |    \        |    }   .|:::::::::::|
.       |     \    リ     /    |:::::::::::|」
できない子 「そっち死ぬのはまあいいか。」
できる夫 「おはようございます
昨日の時点での教授吊り主張は3日目の灰見ての消去法で
昨日の発言見ても影狼噛みにあんま反応してないのもあって人外目ではありました
とはいえどちらかというと狐目だったんで放置のこいしさん真の流れ見るのなら放置が妥当だと思ったんですが
つれてるというあれ

スターさん投票はなんか周りと足並み揃ってないなで
人外あるか?で入れました

というかマルコシアスさん占わせるべきでは、この感じなら?」
ジュライ 「俺様は今日こいしを殺すと言ったな
あれは嘘だ」
古明地こいし 「四日目
できる子はピンとこないしサニ夫はよくわかんないや。教授は吊れたし
それならできる夫と同じ位置になりそうな水銀燈かなー。二日目のグレランから
被投票ががくんと落ちているしなんかグレランでは吊れそうにないし
投票先も○のできる夫投票しているし!というわけで水銀燈占うよ!」
できない子 「投票見返したら霊夢が全員吊っていて草。
吊りたい気持ち押さえて身内がないと判断して
狼に噛めっていう方がいいのかなぁこれ。」
水銀燈 「(乳酸菌……)」
霊夢 「ロック入ってるし
吊れるなら吊るに越したことはないわね」
古明地こいし 「占いだよー! 水銀燈は○」
サニ夫 「おはおっすお」
スター 「おはようございます。投票見てましたが、教授さん狼や狐には見えないので
組織票疑いの私です

できない子 2 票 投票先 → 教授
キル子 0 票 投票先 → 教授
サニ夫 1 票 投票先 → 教授
霊夢 0 票 投票先 → 教授

組織票ある発言位置の教授さん吊られを見ると、この中に狼いるんじゃないでしょうか」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
マルコシアスさんの遺言 村ですよ
マルコシアス は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
教授 は投票の結果処刑されました
4 日目 (1 回目)
教授4 票投票先 →スター
できない子2 票投票先 →教授
キル子0 票投票先 →教授
サニ夫1 票投票先 →教授
スター3 票投票先 →できない子
できる夫1 票投票先 →スター
マルコシアス0 票投票先 →水銀燈
ジュライ0 票投票先 →サニ夫
ルナチャ0 票投票先 →できない子
霊夢0 票投票先 →教授
水銀燈1 票投票先 →できる夫
古明地こいし0 票投票先 →スター
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ルナチャ 「教授の言う事は難しいわ、やっぱりプラズマとか第五の力とか言ってそう」
古明地こいし 「○を吊っていいから残してもいいのよ?路線もありといえばありなんだけど…」
水銀燈 「でもキル子には占って欲しいと言った位置をどうしたいか聞いておきたいかしら。
推理の参考にもなるし。」
マルコシアス 「こいし狐きれないぞーっていうなら8人です。
何度でもいいますけど2-0からのグレラン展開なんて狐が勝つようにできてるので
こいしの真偽とわず8人でいいです」
サニ夫 「マルコシアスも言ってるがお
こいし真のパターンの方が現状やる夫の中では濃いお、最終日までとは言わずとも
8の日までは個人的に残したいと思ってるお」
スター 「教授さんとサニ夫さんは良い位置ですね」
できない子 「>マルコシアス
こいしの○撤廃が前提でしょそれ。」
できる夫 「狩人狙いですか、まあ暫定○でしたしなくはないですね>ジュライ」
教授 「おーいできる夫くーん
私吊りたい理由はなんだーい」
スター 「霊夢さんの早目にこいしさん吊りたい発言の意味合いをじっくり見直すべきかも」
水銀燈 「個人的には教授・キル子辺りが残し位置かしら。
教授は発言が村寄りの視点だし、キル子は初日の投票と3日目の発言と投票が一貫性持ってて良い感じに見える。」
マルコシアス 「こいし狐以外は本来いつ吊ってもいいので、飼狼理論ってそういうことですし」
サニ夫 「正直こいし視点の○であるできる夫に関しては測りかねるところがあると思うがお
灰から狙う、という分にはやる夫視点狼が既に吊れているor狼が灰にまだいる
という感触はあるお」
古明地こいし 「三択!?じゃなくてできない子も合わせると4択!
ちょっと多すぎないかな?>マルコシアス」
できない子 「駄目だそういう話をするとマルコシアス狼に行き着くから泥沼だったわ。」
ジュライ 「多分今日が最終日までの最期のグレランだから
悔いの残らんように投票するように」
スター 「グレラン了解です。水銀燈さんの印象は変わらず残って噛まれなかったら考慮位置…ですね」
教授 「霊夢くん>狐なら騙りと解ってる位置は即吊りで損は無いし
狼なら告発の目も潰せる
メリットが幾つかあるのだよ
訳ワカメと言ってしまうその辺りは君の不勉強だと思うがね」
マルコシアス 「正直初日に発言で五条さんよりこいしのほうがいいので最終日でもいいですよ」
キル子 「おおよそ村の大半が吊れる位置だと考えている影狼さんが噛まれるという事は
狼だけが灰視がずれていると考えるよりは狼はもっとほかの狐候補を処刑したかった、と
(こいし偽なら)考えるのが自然でしょうね、となった時に」
できない子 「>水銀燈
五条を噛めて驚くほどそっち護衛があると思ってた場所と推察するとワンチャン?」
できる夫 「やっぱ影狼さん噛みってこいしさん偽だとあれですよねっていう感じはありますよね
ふつう噛みませんもんね」
古明地こいし 「というわけでいろいろ発言してね!狐っぽく見えるのは村が村に見えるからだから
村がちゃんと村村していたら呪殺は必ず狙えるんだよ!!!」
マルコシアス 「どこが結果でるかわからないけど君真のケース
狙い撃ってみるといいです」
スター 「真狂なら潜伏に多くいそうですね…それも白く見える位置に」
サニ夫 「やる夫は現状だと水銀燈が一番残したい位置だお

◇水銀燈 「個人的には初手○が両方囲われ臭いとは思ってたので、
初手占い死んでるなら真死んだんじゃないかって印象。」

これを言いながら占い師を噛む狼像には、水銀燈が当てはまらないからだお
他の狼、特にこいしが狼であるならこいしが噛む位置ではあるんだがお
ただ狼の総意によって決まったのだとしたら、この位置は非狼ではあると思うお」
ジュライ 「影狼噛みは俺様も分からんなー
狩人狙いぐらいか」
ルナチャ 「私が狼なら「影狼さん○貰ったからって発言薄すぎる、狩人ね!」みたいな勢いで噛んでるかも
あ、こんな発言だけど共有者だから投票しないで―」
マルコシアス 「あ、あとサニ夫と教授と水銀燈も追加
君真だと多分狼明日できる夫噛みするかもだし>こいし」
水銀燈 「まあ一番あり得そうなのは五条噛めた=影狼狩人だろう説を狼が考えただから。
噛みから狼像想像するとしっぺ返し食らいそう。」
古明地こいし 「1w見つけるの自体は結構弱いんだけどね…
でも見つけないよりはマシ!○結果よりはマシ…!」
できない子 「こいし真だとして霊夢吊ったらいかんかなこれ。
吊って噛み切ってくれるならわかりやすくなるんだけど。」
スター 「こいしさん真目で見ると、潜伏狼考慮なら
白く見えてた霊夢さんが少し怪しく見える部分も

戦術論が違うので、すぐは見えなくてどうかとは思いますが」
できる夫 「サニ夫くんとマルコシアスさんの意見はあんまり同意できないんですが
影狼さんが死んでるの見て私の灰視がおかしいのかんってなってる」
古明地こいし 「ひーん!呪殺!もしくは1wでも見つけないと…!!!」
霊夢 「こいし即吊り=私狐 になるのは訳わかめだけどね
10まで残しでグレランしてくれるなら私吊り位置に入らないんだからそっちの方が得でしょ>教授」
マルコシアス 「2-0の真即噛みってだいたい超狐場なので
仮にこいし偽でも8人まで残していいですよ
キル子 「こいし真含みもそうですし影狼吊らなくても勝てる位置が狼だろうという話にもなりますね。」
古明地こいし 「というわけで狼的には私噛みワンチャンあるかどうかって感じのところだと思うから
違った、ないや。この発言でもうなくなったわ」
できない子 「霊夢ならまだしも影狼なのでそうでもない。>こいし真強め」
水銀燈 「私が狼なら喜んでそこ残して、こいしが死んだ後にそこ囲い位置だし吊りましょうって言い出すぐらいSGにしやすそうな位置な気がしたし。
実際私は囲い疑ってたし。

よくわからない噛み。」
ジュライ 「からこいしは死ぬ気で銃殺を狙えよ!」
サニ夫 「マルコシアスに聞きたいお、お前視点こいし真あると思うかお?
とかいってたら言ってるお」
教授 「できる夫くん>まぁ一応理由だけは聞いておこうか」
ジュライ 「強もまたグレランだ!! 明日こいしが結果出せてなかったら吊り殺す!」
できない子 「んーんーんー。
一応五条噛めたからそっち狩人読み的な意味と
それでなくても護衛三択勝負を避ける的な意味では普通にあるのか。」
キル子 「影狼噛みはそれなりに意外ですね
理由はいくつか思いつくことも出来ますけど」
マルコシアス 「だって影狼って多分絶対に吊れない位置じゃないどころか
正直つれる位置なわけで」
古明地こいし 「狐狙いの噛みじゃないね。絶対に狐ないもん
じゃああれかな?狩人狙いもありって感じかな?」
ルナチャ 「お前が言うなって鉄板過ぎるネタよね>影狼の遺言」
教授 「まぁ今日はまだグレラン続けようか」
スター 「影狼さん襲撃…これは…」
できる夫 「わかりみ>できない子」
マルコシアス 「これあれでしょ、こいし真で呪殺でたときに詰まないような噛みにみえます」
できない子 「○位置書き間違えたかなって思ったけどそっち死ぬんけ。」
古明地こいし 「普通に違った!○なら○でって私の○噛むの?」
サニ夫 「こいしの○を見ている限り、やる夫には影狼も霊夢も狼には見えないお
結果真なんじゃないかお?という程度には、お」
水銀燈 「何というか凄い意外な位置が死んでるというか。」
ジュライ 「おはよう!!」
キル子 「影狼さんは命運をこいしさんと共にしそうだなというぐらいで
残り明確にここが人外だろうと思える位置というものは無いですね。無いものは無い。
それなら正論らしきものを言っている位置に人外を見ていかなければいけないんだろうなという感想になりますか」
マルコシアス 「やっぱこいし真あるんじゃないかなー」
霊夢 「そっちが死ぬのね」
できない子 「◇霊夢 「あと呪殺期待ってあんまり好きじゃなくて
だってわざわざ人外を残すような吊りなんてしないでしょ?」

状況として先に吊すべきは狼なんで
そういう意味では狐が残りやすいことから銃殺期待残しは可能。」
教授 「まぁ、ここで即吊り言えちゃう霊夢くん
自分○で騙り見えた狐なんじゃね?感私感じてるので
そういう意味では霊夢くんが○吊りに関しては意見無さそうなんで
吊るなら早いうちに
逆にギリギリまで吊らないならもう噛まれてほしいなぁっていう位置

そして私の説明では不服っぽいできない子くんには
加藤茶を飲ませるしかないね」
古明地こいし 「三日目
あっれー、水銀燈が頑張ったら吊れそうだなーって漠然と思っていたらできる夫1票しか入っていないじゃん!
それならマルコシアスも言っていたし占うかなー。こういう場所って吊れる吊れると思ってたらいつの間にか生き残るんだよねえ
発言的にはどうだろ?実はピンと来ないけど発言的になんか生存欲がありそうな感じはする
狼より狐狩人の方がありそうかな?呪殺ワンチャンいっちゃうぞー!」
サニ夫 「おはおっすお」
水銀燈 「(ヤクルト……)」
できる夫 「そこ死ぬんですか?」
スター 「おはようございます。昨日の雑感では噛まれてない方のこいしさんからの
霊夢さん○貰いでしたが、霊夢さんへの印象は変わらず良いですね。
白囲い位置には見えなかったですね
投票したキル子さんはサニ夫さんへの占い誘導が引っ掛かったので投票しました

占いの真偽は真狂本線で考えてる所です」
できない子 「千秋が吊れて悲しいのでスター投票だったかという気持ちがないでもない。
問題は投票者を見ても灰は吊りたい訳じゃない所か。」
古明地こいし 「占いだよー! できる夫は○」
できる夫 「そこ吊れるんですか・・・
現状ですとこいしさんの暫定○どっちも吊りたいなって印象なんですよね
灰で吊りたい位置は現状教授」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
七海千秋さんの遺言                     __
                ,  ´. : : : : .ヽ─- 、
               /  . : : : : : : : : : : : : . ヽ
                .:' / :/: :/: :/. : : : : : : : : : : .
               .:' //. :/: :/: :/: :/ : : :l: : :|ヽ: :l: :,
            / : | | :イ : :| : :| : :|: : :/|: : :|/|: :|: :|l
       /   / . ; | |:/l: : :|>|─|‐ノノ _ノ/|: :|C||
       !人__ノ . :ノ:乂| |: : :| ===、    `ヽノ: :リ   すぴー
      丶ー─<//人|: : :| ヽ 「'ノ    ー==彳.:/
       ヽ __ノ ∧:.丶 :|、      '<⌒)⊂ヽn┬ 、
         ー─ ノ 八: : :>\   |'つ  ノ. :/   `UJJJ 「\
           ` <二ノ ,∠二\` |i-< : :ノ  ⊂ニ rー、く\ ヽ
           厂\_///八厂≧=|lノ个ヘ/∧   \ \\\',
           丶∠≦⌒|l/∧  /|j\|'⌒|l//|__   '. 〉 〉 ハ
          厂////|l  l///\/(⊆U⊇)||__人\\   V二二ノ|
          ///ヽ //|l  |////|//l|ノ八\||///| |/∧  l///// l
           〈/////∨|l  |////|//l| 「| Ⅵ|///ハ |//∧ l/////l
            ∨/////,|l  |////|//l| 「| | :| |l//|//|///∧ l//// l
           |//////|l  |////|//l|_|」 |o| |l//|//|////∧!////|
           |//////リ_lヽノ/|//l|  | :| |l//|/ノ\////|////|
       __ノ//////|匸]\_|//l|_/o/〃 //   ∨//////|
        ∨/////│|  |////|//l| /.:/〃 /イ     ∨/////l
        │/////│|_l////|//l| |o| |l//|/l       \///ノ
         │/////ノ  〃////|//l| | :| |l//|八       ` ̄
       /l /////l  ///////|//l| |o| |l//|/∧
        | |/////イ 《/ ̄〉//|//l| |_」 |l//|//∧
        | |/////Ⅳ_/ ̄///|//l| ̄ ̄|l//|///ハ
      /| |/////|厂///////|//l|厂厂|l//|////|
影狼さんの遺言         _,,..ノ}   )、
   ,.. : :''"~ : : : / __,/: }_,,... -‐‐…‐- .._
 /: : : : : : : : :/⌒: : : :/: : : : : : : : : : : : : : :``フ
 : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : :\: : : : : : : : /
 : : : : : : : : :/: : : : : : : : 、: : : : : :\: : : : :/
 : : : : : : :/: : : : : :l : : V\: : : : : : :\_;r'
 : : : : _彡: : : : : : : ; : : :}  \: : : : : : :`,         人     怖
 : : : : : : : : : :∧: :/ : : /  \ !: : : : : \}            狼    い
  : : : : : : : : /ノ∨: : :/    |/V: : : : : \        怖    わ
  : : : : : : : /   }_/   /⌒ヽ}: : : : : T⌒       い     l
  : //| : / /⌒ヽ       、_ ノV: /\ノ            わ      :
  : : : : |:/{  、 _ノ  ///  U  ∨\               l
  : : : : : : :\_U            八 : `,           :
  : : : : : : : r'⌒  v~'⌒マ  /: : :)\}
 : : : : : :{\〉,,_   └  _,,. イ: : : : /{
  : : : : : \::ノ⌒T     {;.;.;.L;,_ : : : l
  : : : ⌒ア゙;.;.;.(ノ    ∨;.;.;.;.;.``ヽ;l
  : : : _ノ;.;.;.;.;.;.\,_    };.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.\
  : /;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.\_,r(_);.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.〉
影狼 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
七海千秋 は投票の結果処刑されました
3 日目 (1 回目)
教授2 票投票先 →スター
できない子1 票投票先 →教授
七海千秋4 票投票先 →できる夫
キル子1 票投票先 →七海千秋
サニ夫1 票投票先 →七海千秋
スター3 票投票先 →キル子
できる夫1 票投票先 →教授
マルコシアス0 票投票先 →スター
ジュライ0 票投票先 →サニ夫
ルナチャ0 票投票先 →できない子
霊夢0 票投票先 →七海千秋
水銀燈1 票投票先 →七海千秋
古明地こいし0 票投票先 →スター
影狼0 票投票先 →水銀燈
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
できる夫 「占い位置云々ってあげるよりは結果出せなかったら吊りでばっさりでいいと思うんですがね」
スター 「議論誘導が怖い位置で人外あるならこう言う位置が怖かったので
非狩位置でも
>七海千秋」
教授 「以上証明終了」
霊夢 「あと呪殺期待ってあんまり好きじゃなくて
だってわざわざ人外を残すような吊りなんてしないでしょ?」
古明地こいし 「やったー!褒められた!」
マルコシアス 「まあ私漂白とか大好きですけど今回ちゃんと村人ですので応援してますよ>こいし
結構発言はいいとおもいます」
古明地こいし 「マルコシアスがガチギレジャスティスレディになるから私はやらないよ!>サニ夫」
霊夢 「霊能で結果見れない+対抗噛みの時点でこいしが何であるかは分からない上に信用が落ちるなら吊ってしまっても の考えよ

残すことに意味があるのは知ってるし一つの手としてね>教授 スター」
教授 「加えて言えばその場合
今日●打って援護しそうだから
それよりかは強い位置にいるか、真狂目>できない子くん」
キル子 「本当はできできサニー当たり占いで処理してほしい村でもありました」
サニ夫 「こいし即切りかお、やる夫個人はあまりお勧めしないお

1.狂狐の場合噛み切りをしてくれる可能性があるお
2.狼の場合、10~8まで飼い狼想定として残しておくと狐噛みをした時に告発してくれるお

どうしても組織が気になるなら、指定をかけるといいと思うお」
できない子 「切られる前提でマルコシアス占う意味があるかというと
狼に見えないなら村狐どっちでも構わんので別にいいんでないのくらいの奴。
狼なら無理なので銃殺出せみたいな話になるけれど。」
できる夫 「そこは別にいいと思いますよ
ベグの可能性も0じゃないですし
灰視が出てるのなら吊る位置ではないと思います>千秋」
水銀燈 「でもまあわざわざこんなこと言わなくても教授が釣れるなんてことなさそうだけど。」
スター 「いずれにしても10位までは猶予あっても良いと思います」
古明地こいし 「ないよねー。マルコシアスがはっ!?ってブチギレジャスティスレディになることもわかったし絶対にやーらい」
マルコシアス 「真でもですね。8人まで残すなら別にいいですけど
こいしの立場で噛まれるかもしれない私占いとかしてたらだめでしょう。
仮に私人外でも他に人外見つけてから考えること」
水銀燈 「教授の狐告発期待って考え、好みだわ。」
キル子 「占いの初手〇って個人的には初日一番発言を読まない位置なので
感性が違うなと、それだけの話かもしれませんが」
教授 「できない子くん>狼がグレラン弱い位置にいるが信頼もしたくない
だった場合
多分村か狐が勝手に勝つから考えても仕方ないね」
古明地こいし 「その時ならできない子占うかなー。マルコシアス占う意味って狐狙い以外ありゅ…?」
影狼 「即切りは危険な感じがしますが」
七海千秋 「私も灰視あるなら昨日の発言通りだし良いかなと思ったけど>できる夫くん
なんかベグとか言い出してる……」
サニ夫 「ただ、どうしてもマルコシアスが狐であるとこいし視点思うなら占ってもいいと思うお。
やる夫はきっちりそこも見て行くつもりではあるお。」
古明地こいし 「君のその意見、拝聴しよう!できる夫吊れたら意味ないけど!」
ルナチャ 「>だから私は私でがんばるんば!
ユンケルンバで~」
できる夫 「マルコシアスさんからゴキブリみたいな扱いされてる気がするんですが気のせいでしょうか?」
スター 「即切り…まだ呪殺考慮だと危うくありませんか?
>霊夢」
マルコシアス 「私占ったら多分こいし切ります」
古明地こいし 「まあ、マルコシアスは漂白するにはあれな位置だし非狼っぽく考えて」
教授 「霊夢くん>即切りは狼目で見たとしてもあまり、だな
それやるぐらいなら○も灰扱い
灰噛みで狐噛みなら告発期待
の方が効率的だね」
できる夫 「スターさんは参照発言見てもどう村でみたのかわからないんですが
灰視があるのなら残そうかな感」
できない子 「>教授
(こいしが狼として)単純に信頼を拒否った可能性はあまり見ない系?」
マルコシアス 「今日生きたらしぶといと思います>こいし」
スター 「占いはこれ真狂でこいしさん狂だと影狼さん辺りで囲われたのかも
ここは精査しておくわ」
サニ夫 「一応、こいしに言っておくお。
こいし視点はマルコシアスでの漂白か、ベグではあるお
漂白パターンの場合、占ってもこいし視点の●は吊れないお
ベグの場合狐の可能性もあるがお、そこは狼も噛み路線位置であるから無視していいと思うお。」
七海千秋 「それって、こいしさんまで非狼に見てるって事?>スターさん」
マルコシアス 「その程度にはこいしと五条に差がない」
キル子 「まぁ占い自体の評価もしていないので噛まれ残されたことだけでネガティブなことを言うのもどうかとも思いますけどね」
古明地こいし 「できる夫吊れる、吊れない?>マルコシアス」
マルコシアス 「本音をいっちゃえば8まで残しだけど」
水銀燈 「まあでもテンプレ吊りすれば良いんじゃない。
置いておける日数までおいて、銃殺出なかったら吊りというね。」
古明地こいし 「だから私は私でがんばるんば!呪殺を出せればそれがジャスティス!」
できない子 「水銀燈の言い分に納得してしまうの草。」
スター 「グレラン了解です」
教授 「真狂か、あるいは真狼で強い位置にいるか」
マルコシアス 「できない子とできる夫あたり考えておいて>こいし」
霊夢 「10まで残してのグレラン
即切りしてしまうのも手」
影狼 「グレラン了解です」
スター 「この噛みは面倒ですね。ベグ噛み?」
水銀燈 「個人的には初手○が両方囲われ臭いとは思ってたので、
初手占い死んでるなら真死んだんじゃないかって印象。」
できる夫 「今日もグレランして明日こいしさん吊るかどうかですね
占いに関しては見てないので共有に丸投げです」
古明地こいし 「じゃあそれならそれで狩人に期待してくれる
一回の噛みで私の護衛をずらさないって…!」
ジュライ 「コロシアエー」
サニ夫 「真狂のベグである場合やこいし狼であることも考慮すると
10~8の日程度までは残せるお、そこを考慮に入れていくかお」
七海千秋 「昨日の投票について一言>スターさん」
教授 「正直、共有噛まれて信頼勝負になると思ったのだが」
キル子 「占い噛まれるとこいしさんが銃殺出さない限りは大体霊不在のグレラン村になってしまいますから
かなりだるい村になったわけですが」
ジュライ 「グレラン続行だ!」
マルコシアス 「占い真狂切ってはないというか正直真狂に見てるので
こいしは10までは最低でも残したいですね」
ジュライ 「噛まれちまってるぜ…」
できる夫 「悲しいですね・・・>霊夢」
できない子 「多少優しくして明後日リミットにしてグレランすればいいんとちゃうの。」
古明地こいし 「狼全潜伏かつこう、なんか嫌な感じに雑にかんでくるやーつ!」
ジュライ 「五条さん… 裏切りそうな顔してたから人外かと思ってたが」
教授 「おや」
できる夫 「千秋さんがそれいえるのなら千秋さんの越していいのでは感ありますね>朝市」
ルナチャ 「噛まれるのはやーい!」
影狼 「五条さーん!?」
水銀燈 「占い噛まれちゃうと。」
サニ夫 「Q.霊能初日展開の初手占い嚙みは?
A.つらい」
スター 「◇水銀燈 「初日素村とかよりは痛いけど、占い二人のケースだと初日占いを無条件で外せるというメリットは大きいわよね。」
◇霊夢 「そういうの見始めると何から何まで疑わないといけないから
ある程度の線引きは必要ね>サニ夫」
◇霊夢 「霊能が潜伏して最悪なのは占い初日だからねえ
それを霊能が判断できるはずもなし 基本出るのが安定になるのよね>キル子」
◇サニ夫 「・真占いがいる状況で無駄占いがない
・占い2COの両贋を疑わないでいい
という条件がある時点で、霊能初日はそこまで村のデメリットに働かないお
まあ……せめて共有初日の方が嬉しいとか、そもそも欠けがない方が嬉しいとかはあるがお」」
霊夢 「現実になったわね()>できる夫」
古明地こいし 「びえええっ!!!やられたくないの来ちゃったよもう!」
マルコシアス 「ええ・・・」
七海千秋 「即噛み通るんだね……」
ルナチャ 「ルナは村だといいなー
霊夢さんはおっかないから村でありますように
サニ・・・私どういう目で見ればいいのかわからないわ」
影狼 「おはようございます」
できない子 「悲しいなあ。」
スター 「おはようございます。私的には霊夢さん水銀燈さんサニ夫さん辺りを
まず村位置で見てみました。占い掛けても良いですが、結果が出ない可能性が高いですね。
噛まれる可能性高い位置だとも。

キル子 「         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
      |:::::|::::::|(●) (●)|::::|:::|
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `  個人的に目についたのはスターがやけに気合を入れているように見えることぐらい
      |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i `
      |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|:::::|    だから狩人だろうと思っているわけでもありませんが個人的には放置枠ですね
       |:::::|:::::| ヽ. // r─┐
       |:i|:|:::::|  ̄ ̄7~ア茶_}、
       |:||:|::,i'l    /三゙一メ;}|
     !| |.゙::j ト-、/┴─イ、~ /
      | _|/   / ト. ̄  ̄`、、
        У  ,/‐-、j}      〉ュ
       ` ̄´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
できる夫 「そういってたら死んでますね・・・」
古明地こいし 「二日目
発言的に見てそれほど多くないし内容も薄いのにあんまり投票されていないとこー
まあ、私も投票してないんだけどね?でも参謀に投票ってことは
吊れやすそうなところに投票って見えるから、そう考えると目立ちたくないかつ
吊られたくなさそうなところってことで役目かなーって思うの!」
できない子 「ザックリ見て占われそうな位置で
人外結果が出てそうなのは教授とかキル子かなぁって。」
サニ夫 「おはおっすお、う、占い師いいいいいいいいいい!!!」
水銀燈 「(ヤクルト下さい 2回目)」
七海千秋 「キル子さんは強いと思うよ
スターさんはやけに灰を見よう見よう言ってたから
どんな考察するのかは気にしてる」
古明地こいし 「占いだよー! 霊夢は○」
できる夫 「まあ順当な吊り具合じゃないですかね
問題は今日の占い結果がどうなってるか」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
参謀さんの遺言 私にいい役職(村人)がある
五条勝さんの遺言 占い マルコシアス〇
五条勝 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
参謀 は投票の結果処刑されました
2 日目 (1 回目)
教授0 票投票先 →スター
できない子0 票投票先 →水銀燈
七海千秋2 票投票先 →参謀
五条勝0 票投票先 →できる夫
キル子1 票投票先 →七海千秋
サニ夫0 票投票先 →できる夫
スター2 票投票先 →できる夫
できる夫3 票投票先 →水銀燈
マルコシアス0 票投票先 →霊夢
ジュライ0 票投票先 →七海千秋
参謀4 票投票先 →水銀燈
ルナチャ0 票投票先 →参謀
霊夢1 票投票先 →参謀
水銀燈3 票投票先 →参謀
古明地こいし0 票投票先 →スター
影狼0 票投票先 →キル子
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
スター 「占いの内訳次第ですね
>教授」
影狼 「貴重な話題ですからね」
五条勝 「いないものをいないものとして考えつつ、現状やはり恐ろしいのは即死パターン。」
サニ夫 「>霊夢
自分の中で線引きを決めておくといいお
その線引きは自分の中の裁量次第であるがお、やる夫なら霊能は挨拶→霊能COまでが10秒前後
霊能CO自体は30秒以内、という線引きを持ってるお」
できる夫 「他にいうことないんでしょう>ルナチャ」
できない子 「>ルナチャ
他に話題がないんだよ、言わせるな恥ずかしい。()」
水銀燈 「>キル子
奇策ってのは決まれば強いけど、往々にして周囲全部混乱させて無茶苦茶にするものよね。>霊潜伏云々」
古明地こいし 「まあ、それでも数回は護衛されそうだけどね!
それまでに結果残せればいいかなぁー」
霊夢 「霊能が潜伏して最悪なのは占い初日だからねえ
それを霊能が判断できるはずもなし 基本出るのが安定になるのよね>キル子」
スター 「霊能はいない物で考えて動いた方が村には良いわね
>ルナチャ」
マルコシアス 「要は考えなしにいった発言は悪ですけど説明できる言葉は正義ですから」
教授 「ああ後
占い師は潜伏狂人がいる可能性にも着目したまえよ」
できる夫 「出てないものに対して考えても仕方ない気はするんですがねぇ
まあいいたいこというのは悪くはありません
私もいいたいことだけいってあとを任せるスタイルですから(キリッ」
できない子 「2-0で狼の択が真即噛みか信頼勝負ってなると
1/4(占い噛みか信頼かかつ狩人が真護衛)のパターン以外はアド薄いし……。」
参謀 「普通に考えて、今から出たら乗っ取りだろうって疑うよ >スター」
七海千秋 「遺言とかCOあったら一応真かどうかは考えるよ
本当に一応だけど」
古明地こいし 「ぶっちゃけ狂人潜伏とかぶるのってあるのかな?って思うから
狼全潜伏あったら怖い。何が怖いかっていうと五条からの噛み抜きが怖い」
キル子 「他に目立った話題の種がありませんからね」
五条勝 「あーそれに、僕がやられた時点でCOするだろうので最悪一歩手前とはならんと思いますね」
ルナチャ 「霊能がどうのこうのって話題、ずいぶん長く続くのね」
教授 「水銀燈>独自のフレーバーティーに月の名がつく事は多々あるからね
私が好きなお茶に月が咲くというものがあるよ」
マルコシアス 「なるほど、そういう意見ならそこそこありだとおもいます>できない子」
スター 「今から出ても不穏ですしね
>参謀」
五条勝 「もっともマルコは〇なんで今のところ別に中身は何だっていいんですよ
こしいが狼の場合即死貰うんで嫌ですねってだけで<水銀燈」
サニ夫 「・真占いがいる状況で無駄占いがない
・占い2COの両贋を疑わないでいい

という条件がある時点で、霊能初日はそこまで村のデメリットに働かないお
まあ……せめて共有初日の方が嬉しいとか、そもそも欠けがない方が嬉しいとかはあるがお」
キル子 「霊能初日で占いに真がいるねで終わればいいところを
霊能潜伏だったらどうのこうのという議論が始まる時点で
やはり潜伏霊能者はたとえいなかったとしてもなお悪であるという事でしょうか」
霊夢 「そういうの見始めると何から何まで疑わないといけないから
ある程度の線引きは必要ね>サニ夫」
できる夫 「というか先に霊夢さんに占い無残ネタ言われてた、くっ」
スター 「占いは出方的には真狂目…?それならグレーしっかり見ないと行けないですね」
水銀燈 「>五条
あなたの言ったケースだと、狂が噛まれて死ぬパターンになるから。
最悪一歩手前じゃないかしら。」
できない子 「>サニ夫
共有の片方が霊能COして
もう片方が相方初日って言い出したら信用しなくもない。」
古明地こいし 「たぶん!いぇい!」
古明地こいし 「というわけで狩人に頑張ってもらいつつ
私も頑張るのだー。無意識に任せればなんとなく勝てるよー」
参謀 「今から霊能が出ても信用できんし
霊能初日で確定としてみるべきかな

占いの内訳が何なのかにもよるが、どうせ真狂か真狼だろう」
影狼 「何それ怖い >サニ」
できる夫 「まあそういうことにならないためにも
占い死んでないといいなと思いながら
私は占いと共有に頑張れと応援するだけです」
マルコシアス 「3-1は狼の噛み筋が自由ですから。
2-0なら真即噛みか、信頼勝負でしょう」
ジュライ 「俺様がいないグレーで精々惨たらしく殺し合いするこったなぁー
げひゃひゃひゃひゃひゃ!!」
教授 「明日の死体は明日の人間のみが知る
無論、犯人以外が、だがね」
七海千秋 「言うた程速く伸びません>音速が遅い」
スター 「霊能は後から出て来ても乗っ取り濃厚で見た方が良いですね」
五条勝 「占われたくないアピールが若干の違和感だったので言うだけ言ってみました。これは護衛してほしいアピールですね。」
サニ夫 「これで霊能潜伏の両贋とかはやる夫の管轄外なので気にしないお」
できない子 「>マルコシアス
占いと狩人に期待しないという意味で露出人外が多い方が助かるというのと
狼騙りの方が出てると思っているので潜伏狂人を考える必要が減るから。」
できる夫 「無条件に外せる(占い無残>水銀灯」
古明地こいし 「うんうん、凄腕狩人がやってくれるよね!>千秋」
マルコシアス 「3-1より2-0のほうが私は嬉しいですけど。」
影狼 「ここまで出ないのならもう気にしないで良いと思います」
サニ夫 「この時点でいきなりすまん霊能者とかいって出て来る霊能者を
信じられるかどうかだと思うお>参謀」
ジュライ 「色んなお茶の名前を知ってんなぁじぃさん>教授
悪いが今日はパスだ
2リットルペットボトルを持参してるからな!」
スター 「グレラン展開なので、まずは役職保護の吊りも考えないといけないなあ」
水銀燈 「>教授
月茶と書けば何か貴重感あるわよね。」
ルナチャ 「役職変わっちゃうのは闇鍋村の方かなぁって>参謀さん」
五条勝 「霊初日なら。
こいし狼で狂占いが最悪ですかね。あんま言いたくないですが即襲撃食らう線はそこか。」
キル子 「大分音速が遅いですね」
古明地こいし 「しょうがないね。こういう時に初日を持っていくほうが悪いと思うの私
狩人持っていかれるよりましだしね!」
教授 「まぁこの展開ならグレランだねぇ」
できる夫 「サニ夫くんがなんかひどいこといってますね?
フラグ立ちましたね(ゲス顔」
七海千秋 「二択だよ二択>こいし
狩人ならきっと何とかしてくれる。君がどっちかは知らない」
霊夢 「そして発生する占い死体 分かるわ>できる夫」
サニ夫 「無駄占いがないということは偉大だお>できない子
特に霊能初日なら尚更だお」
参謀 「というか霊能居ないのか?
初日霊能と判断するぞ」
教授 「ルナ茶、だ…と」
古明地こいし 「はーい、共有はちゃんと二人いると。じゃあやっぱり霊能は初日って考えたほうがいいのかなー」
五条勝 「うーん」
できる夫 「2-0-2という展開
これは信用勝負の流れ(きりり」
ジュライ 「げーひゃっひゃっひゃっひゃ!! グレランだぁーっ!!!」
キル子 「3-0だったら3-1の方がいいでしょう
2-0と2-1だったら意見が分かれるところかもしれませんがね」
参謀 「共有に挟まれたら共有になるというシステムはありませんか(逃げ」
水銀燈 「初日素村とかよりは痛いけど、占い二人のケースだと初日占いを無条件で外せるというメリットは大きいわよね。」
スター 「共有はジュライさんとルナね
2-0-2了解です」
できない子 「灰が狭いはずなのに広いなあ。(すっとぼけ)」
教授 「ジュライ>ナラン茶、飲むかい?」
影狼 「ジュライさんとルナ茶さん共有ですね」
サニ夫 「ルナが村陣営、サニーも村陣営
スター……お前は……?」
マルコシアス 「ふむ、そのこころは>できない子
護衛択及び真混じり確定で占いが多いほうがいいとはなにか意図でも」
古明地こいし 「霊能初日だとなー。噛まれなければいいんだけど噛まれちゃうと嫌なんだよねー
まあ、負ける気はしないんだけどね!」
ジュライ 「そしてその相方はルナチャだ!!」
できる夫 「そしてルナチャさんがもち肌のとりこになってる」
ルナチャ 「はい、共有COジュライが相方!」
スター 「2ー0の共有がどうかですが」
教授 「ペロッ
これは霊能初日」
キル子 「霊能者にとってはもはや30秒の猶予も与えられていないと」
七海千秋 「じゃあ二人の占い師の両詰めで行こうか」
参謀 「占い2で○展開
霊能のCO待ちかな?」
ジュライ 「俺様が…共有者だ!」
マルコシアス 「霊能初日は正義」
五条勝 「いやあなた村でしょう。」
サニ夫 「霊能いねーお、なら真占いがいることだけ分かるからそれはそれで問題ねーお
2-0状況なら嫌いじゃねーお」
霊夢 「霊能初日なら占い2COはまだ悪くない と思ってるわ」
できない子 「2-0かあ、それなら3-0の方が良かった気がしなくもない。」
水銀燈 「霊能は反応がない、と。」
できる夫 「霊能いませんね、まあよくあることでしょう」
古明地こいし 「霊能がいないよー?えー、いないのー?共有はー?」
ルナチャ 「あなたはゴレンジャイじゃなくてコレジャナイよ!!>サニ夫」
ジュライ 「共有者CO!」
五条勝 「では共有どうぞ。」
マルコシアス 「私占いとは、私が人外だったらどうするんですか!
その行為!悪ですね!」
影狼 「占い把握です」
七海千秋 「霊能居ないね」
水銀燈 「占いは二人ねぇ。」
霊夢 「2-0ねえ」
教授 「おはよう
モーニングはアバ茶でいいかね?」
できない子 「霊能初日かな」
五条勝 「理由
マルコシアスだけに、〇か●か
その程度の理由ですよ、初日はね
あと、近かったものですから」
ルナチャ 「スターはいつも通りスターなのにサニーがなんかこれじゃないんだけど
サニーはこんなつるつるすべすべもちもちじゃないわ(ペタペタ)
やっぱりおかしいわ(なでなでぺたぺた)
うん・・・(なでなですりすりぺたぺた)」
古明地こいし 「一日目
それじゃあ特になんだかなーだし
素直に隣のかげろー占っちゃおうかな!」
サニ夫 「サニー!スター!ルナ!3人揃ってゴレンジャイだお!」
参謀 「そんな都合のいい展開はなかったようだな」
できる夫 「ヤクルトは売り切れているんですよ>水銀灯」
キル子 「おはようございます」
七海千秋 「すやぁ……」
霊夢 「おはよ」
ルナチャ 「おっはよー」
マルコシアス 「おはようございますは正義」
五条勝 「占いCO マルコシアスは〇でしたね」
古明地こいし 「占いだよー! 影狼は○」
スター 「おはようございますー。まずは役職の宣言からお願いしますね?
3w1k1fの5人外に吊り縄は7なので、無駄吊りしたくないなあと」
できない子 「火星で発見されたパンドラボックスが引き起こした「スカイウォールの惨劇」から10年。
この村の妖精はスター、ルナチャ、サニ夫の3つに分かれ、混沌を極めていた。」
影狼 「人を見た目で判断してはいけない(戒め)」
参謀 「おはよう

さて、とりあえず占いCO待ちで何が出るかってところだな
個人的には初手銃殺が起きるような予感がしている、期待だな
村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1」
ジュライ 「おはよう!!」
水銀燈 「(ヤクルト下さい)」
できる夫 「おはようございます
サニ夫くんだけはぶられているに1円賭けます」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
イタチGMさんの遺言 サスケェ!!
イタチGM は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆イタチGM サスケェ!お前がこの村の新たな光だ!
GMはスバルなのだ……」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ゲーム開始:2019/05/01 (Wed) 21:36:05
古明地こいし 「よろしくー!」
教授 「レヴォリューションだ」
サニ夫 「我が儘言うんじゃねーお!!!」
ルナチャ 「やだー!こんなサニーヤダー!」
スター 「胡散臭いなあ…私が言うのもなんだけど」
教授 「キーさん」
サニ夫 「いくお!スター!ルナ!」
参謀 「昔、パチ夫というゲームがあったのを不意に思い出した」
教授 「富士山」
ルナチャ 「でもサニーってよく考えるとあんまり特徴無い気がするの>できない子」
影狼 「お待たせしました」
教授 「ではカウントする
茄子」
霊夢 「サニーレタスだっていい 幻想入りとはそういうものよ
妖怪だったら退治するけど」
できる夫 「もはや別固体ですね>サニ夫」
サニ夫 「これでいいんじゃねーかお?」
教授 「失礼、GMから何か指示があるかと思って待機していたのでね」
「仮 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮 → 影狼
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 8061 (今泉影狼2)」
スター 「ちょっと待ってー仮さんまだだから」
やる夫 「やる夫 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:やる夫 → サニ夫」
ジュライ 「カウントしてる最中の仮入村は控えような!
カウント止まってたかどうか分からんけど」
やる夫 「やる夫がサニーになるお――!」
イタチGM 「俺はいつでも構わんぞ教授ェ!!」
古明地こいし 「なんか埋まってた!」
五条勝 「たったいま準備が整いました
五条勝を1位という運命から解き放つ準備がね」
できる夫 「教授の腰が・・・死んだ・・・」
七海千秋 「ぎっくり腰かな」
教授 「ではGM、構わないかね?」
スター 「あ、埋まった」
やる夫 「ちょうど17人目が来たからお」
できない子 「位置的に『私自身がサニーになることだ』するにはサニーに詳しくないのよな。」
仮 が村の集会場にやってきました
ジュライ 「カウントの霊圧が…消えた…?」
ルナチャ 「ん?2人?」
スター 「ドラえもんどこ行った!?」
五条勝 「準備はできましたか?僕はできてません」
ルナチャ 「そっか、あと2人ね!」
やる夫 「ルナチャの下は18人目になるお」
できる夫 「その真紅さんがいないんですよねぇ・・・>水銀灯」
五条勝 「 閑 散 と し た 村 に ド ラ え も ん が !



        (^^^)
          |=|          +    
        \/ ̄ ̄ ̄\
  +      /        |
        |    (・)(・)|
        |      ●   |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    +    |  ______, / <  おい磯野、野球やろうぜ!
          \_\___ノ/     \________
             ̄ ̄ ̄

__/__               
  /       7   〃   __|__    ̄フ   ー--、
 /__     /   |\   __|__   ∠ニ、   ,    
     \   |__/     __|       o,ノ  ヽ__
  __/           (_ノ\             
スター 「サニーも来て欲しいわね
>ルナチャ」
霊夢 「ルナチャの下に来るわよ(棒読み)」
水銀燈 「>できる夫
銃殺されるのは真紅だけで十分よ。」
スター 「あ、何気に真ん中…」
ルナチャ 「サニーは来ないのかしら?」
できない子 「待てば海路の日和なんちゃら。」
スター 「と言ってる間に1人増えたわ
こいしさんですね」
霊夢 「なんだかんだで埋まりそうね」
やる夫 「伝統的ヒロインは初手呪殺されるのがお似合いなのが哀しいとこだお」
古明地こいし 「ででーん!」
五条勝 「例のAAを!」
できる夫 「水銀灯さんがまた銃殺されてますね(未来予知」
古明地こいし が村の集会場にやってきました
できない子 「このやる夫スレの伝統的ヒロインさん超助かる!」
スター 「ギリギリで埋まるのかしら?」
マルコシアス 「あと一人待ちたいですねえ」
参謀 「これで狐出現だな、初手銃殺がはかどる」
やる夫 「もう一人待とうお(テンプレ)」
水銀燈 「よろしくね」
七海千秋 「√4=2」
スター 「あ、ルナと霊夢さんだ」
霊夢 「14の内訳とか忘れてるけどこの話題出すと増えるからいいわね」
水銀燈 が村の集会場にやってきました
ルナチャ 「あっ(コケッ」
教授 「おっとステイステイ」
できない子 「あと一人おいで、あと一人きたらもう一人待とうってなるから」
スター 「具体的には個性が強過ぎる」
五条勝 「しかし、ですね
未来を変えることが出来れば、五条勝は生存するのです」
ルナチャ 「ちこくちこくー」
霊夢 「よろしく」
やる夫 「急に2人増えたから更に増える気がするお」
参謀 「これは15人いくか?」
できない子 「硬そう。>丸太の抱き枕」
五条勝 「5時間前の過去因子を持つ五条勝は間もなく原子から崩壊します」
霊夢 が村の集会場にやってきました
教授 「ルート4」
ルナチャ が村の集会場にやってきました
やる夫 「なんて村っぽいやつらしか…いないんだお…」
スター 「サニーとルナがいないけど隠れられそうね」
できる夫 「なんか売ってました」
できない子 「>できる夫
自分でも自分が狼じゃないかと疑いたくなる状況になると楽しくなるよね。」
イタチGM 「教授ェ!お前がこの村の新たなカウントだ!!」
できる夫 「丸太の抱き枕ならありますよ」
教授 「ではカウントを始める
3×1」
マルコシアス 「おや、もう時間ですか」
ジュライ 「丸太なんて重いもん持てるか!」
七海千秋 「すやぁ……」
スター 「おー」
スター 「12村になりそうね」
イタチGM 「とかいっている間に時間だなサスケェ!!
皆丸太は持ったか!!」
スター 「飲んじゃったんですか…やだー」
できる夫 「自分でも自分が狼にしか見えないなっていう展開ならあると思います」
ジュライ 「飛行機を一位にしよう(名案」
イタチGM 「この中に影分身の術の使い手がいれば……」
やる夫 「人狼側の策略が初日夜以前から始まりすぎだお>参謀」
五条勝 「あと5人ぐらい欲しいですね」
参謀 「ただの村人が自分を人狼だと思い込む展開もあるな
そうなった原因は人狼という策略」
五条勝 「最初の五条勝は、1位になってしまった・・・その事実は変えられないのなら!」
やる夫 「最初のお前を騙せお、世界を騙せお!」
スター 「あらあら…早くも大惨事の予感がするわ」
ジュライ 「げぺ?>スター」
五条勝 「しかし確定された過去は変えられないので、未来を変えましょう」
ジュライ 「中国発祥のお茶とかなんかね?」
イタチGM 「壮大なタイムパラドックス物語が
始まろうとしているぞサスケェ!!」
できる夫 「そして殿堂入りですね、わかります」
スター 「それは何かのプレーですか?(辛辣)
>ジュライ」
やる夫 「自分を村人だと思い込んでる人狼が最終日に
自分が人狼であることに気付く展開とか最高に感動物だお」
五条勝 「私は五条勝が1位になってしまった過去から来ました
この過去を改変し、五条勝を1位でなくします」
ジュライ 「おお、気が利くやつもいるじゃあねぇか>教授
アバ茶ってのは初耳だけどよ」
スター 「アバ茶は…要らないかなぁ…」
できる夫 「なぜレベルファイブは五条さんを含まない人気投票をしないのか
結果は決まりきっているというのに」
参謀 「未来を変えるただ一つの手段
それはお前自身が変わることだ(それっぽいテンプレ」
スター 「……(この個性強いメンバーたるや)」
ジュライ 「お茶って… どう見ても固体だろコレ!」
教授 「ジュライくん>アバ茶、飲むかい?」
やる夫 「やる夫は元号予想はしなかったがお>スター
頭文字はM、T、S以外だけの予想はしてたお」
五条勝 「パラドクスなどというものはね、ないのですよ<できない子」
イタチGM 「参謀ェ!
お前がこの村の新たなお茶だ!!」
スター 「音と今の日本に合うのはこれだと思ったわ
>やる夫」
できる夫 「五条さん、人気投票1位おめでとうございます」
できない子 「過去から来てどう未来を変えるんだ……?」
ジュライ 「茶の一つでも用意してもらいてぇとこなんだが
気が利かねぇ奴等だ」
五条勝 「未来を変えるために過去から来たのです。」
参謀 「私にいい考えがある!!」
参謀 が村の集会場にやってきました
五条勝 「実は私、5時間ほど前の過去から飛んできましてね」
やる夫 「一文字違いで惜しいやつだお>スター」
ジュライ 「げーひゃっひゃっひゃっひゃー!!
俺様が来てやったぜぇー!」
スター 「私も和は入ると思ってたんですよね
礼和あるかなぁって
>やる夫」
できる夫 「えー、解説のできる夫です
この村のGMは名前のあとにェをつけてばかりです
あれですね、吊りましょう」
イタチGM 「マルコシアスェ!ジュライェ!
お前らがこの村の新たなヒロイン枠争いだ!」
ジュライ が村の集会場にやってきました
マルコシアス 「よろしくおねがいします。」
マルコシアス が村の集会場にやってきました
イタチGM 「できる夫ェ!お前がこの村の新たな解説役だ!!」
できる夫 「よろしくお願いします」
五条勝 「五条勝 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 9992 (デミウルゴス) → No. 7321 (五条勝)」
できる夫 が村の集会場にやってきました
イタチGM 「スターェ!お前はこの村の新たな光だ!!」
スター 「こんばんわ」
スター が村の集会場にやってきました
七海千秋 「和和和忘れ物~」
やる夫 「元号が令和と決まった時、絶対和が入ると思っただろってやらない夫がどや顔してたお」
イタチGM 「やる夫ェ!お前がこの村の新たな令和だ!」
五条勝 「五条勝でございます」
五条勝 「そう!私が」
やる夫 「令和最初といえば当然やる夫だお、常識的に考えて」
教授 「五条勝
イナズマイレブンで何故か大人気の
公式人気投票でも絶大の地位を誇る」
七海千秋 「第一位の人じゃん>五条さん」
やる夫 が村の集会場にやってきました
キル子 「もうひとつ前の人の方がそれっぽい雰囲気出してますね」
イタチGM 「キル子ェ!
お前はこの村の新たな軍師だ!」
教授 「まぁうん
だからこそ一部のクラスタでは
「なんでや!?」ってなってる訳だが>韓信の扱い」
イタチGM 「教授ェ!それはつまり韓信が村に来るフラグか!!」
五条勝 「こうしておこう」
絶死絶命 「絶死絶命 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:絶死絶命 → 五条勝
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 9992 (デミウルゴス)」
キル子 「おはようございます。」
教授 「韓信君こそが国士無双の名で歴史に名を刻んだ希代の軍師なんだがね」
キル子 が村の集会場にやってきました
絶死絶命 「アイコンがないか、それなら」
イタチGM 「サスケェ!!
なんかもう死んでそうな人がきた!!」
イタチGM 「聞いたことはあるぞ教授ェ!!」
教授 「できない子くん>拷問を受けたいのかい?
奇特なレディだ」
絶死絶命 「私が来た!」
絶死絶命 が村の集会場にやってきました
教授 「なら国士無双という言葉は?」
できない子 「私軍師枠よりも妲己枠になりたい。」
イタチGM 「あの世界に麻雀は……
あってもおかしくはないが俺はできんぞ教授ェ!」
教授 「おや、可愛いお嬢さんが増えたよ」
七海千秋 「よろしくね」
七海千秋 が村の集会場にやってきました
教授 「そう言うがねイタチくん
時に君、麻雀はできるかね?」
イタチGM 「サスケェ!できない子は軍師なのか!!」
教授 「やあやあ」
できない子 「こんにちは。」
できない子 が村の集会場にやってきました
イタチGM 「そこはエルメロイの人たちだろサスケェ!!」
教授 「イタチくん>どちらの話かな
ああいや
韓信くんかね?」
教授 「ネタバレ:死因は過労死
ダイイングメッセージのMは
MasterのM」
イタチGM 「サスケェ!!
軍師がこない!!」
教授 「教授ならイベント的にロードだと思った?
残念アラフィフでした」
教授 が村の集会場にやってきました
イタチGM 「久々に立てた
それはいい、問題は埋まるかどうかだサスケェ!」
イタチGM 「30分開始だサスケェ!!」
イタチGM 「禁止事項】
 村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼COを除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、意図的突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ、人外の村人騙り騙り(狼、狂人、狐問わず、役職CO後からの撤回村人COの禁止、村人騙り禁止であるため)

【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み

【参加者全員へ】 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
 投票延長は1日1度まで,,遅れる場合は名指しで警告します 遅くとも2:00過ぎまでには投票しましょう
 ※狼の夜中の会話or共有の夜中の会話ではOKです。
 また、処刑投票の際の突然死は、いかなる場合であっても続行と致します。
 夜投票の際の突然死は、ノーゲーム処理と致します

【観戦者の方へ】 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。

 https://t.co/xmYEix5WhC」

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → イタチGM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 5620 (うちはイタチェ)」
村作成:2019/05/01 (Wed) 20:56:52