←戻る
【紅3791】やる夫達の普通村 [6963番地]
~鉄は熱いうちに打て~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
icon クワトロGM
 (dummy_boy)
[共有者]
(死亡)
icon チルノ
 (菜花◆
Q0vO3KwJos)
[狂人]
(死亡)
icon 大妖精
 (ドラゴソ)
[共有者]
(死亡)
icon 琴葉茜
 (コマ◆
E7slkNo4FU)
[村人]
(死亡)
icon アクア
 (ろく◆
ew8UefE3Yw)
[人狼]
(生存中)
icon 博麗霊夢
 (INM114514◆
i24KSpXfdk)
[村人]
(生存中)
icon 岸波白野
 (十六時野緋色◆
aELdi2ITS.)
[村人]
(死亡)
icon
 (1001)
[人狼]
(死亡)
icon ギャレン
 (インサイト7◆
insight9Fg)
[村人]
(死亡)
icon 早苗
 (わたあめ◆
fJUyC1SnqY)
[人狼]
(死亡)
icon 魔理沙
 (Amsterdam)
[占い師]
(死亡)
icon Hg
 (Yuu)
[狩人]
(死亡)
icon ゼパル
 (レジィ◆
jVO.2NVEU6)
[妖狐]
(死亡)
icon 琴葉葵
 (とある旅人◆
i1TzBWrqavnn)
[霊能者]
(死亡)
icon できない夫
 (阿鴉◆
utqejpwiLM)
[村人]
(死亡)
icon 玖渚友
 (RIP)
[村人]
(死亡)
icon やる夫
 (くろあか◆
qCRdVYic/rNn)
[村人]
(死亡)
朝日が昇り、11 日目の朝がやってきました
琴葉葵 「引き分けでも良かったと思うけれど>霊夢」
やる夫 「ま、狼はおめでとう」
できない夫 「漫画か……」
Hg 「ニジエもいいわよ>エロ画像」
ゼパル 「おつかれおつかれー。かなしい…」
早苗 「な、なんの話をしてるんでしょうか…」
やる夫 「ニコニコ静画ではない、漫画だ・・・」
チルノ 「やった!!ごめんこの状況で言うの嫌味っぽく聞こえるかもだけどやる夫お疲れ様!」
できない夫 「俺はあれほどニコニコ静画で探すなと……」
「お疲れ様、ぐっどげーむ、だ」
岸波白野 「お疲れ様」
できない夫 「お前はいつだってそういうやつだ
pixivでエロ画像を探さない、それがお前の敗因だ」
Hg 「あ」
魔理沙 「ああ、見事だった狼」
やる夫 「お疲れ様」
早苗 「アクアさん!ナイス!です!」
ギャレン 「お疲れ様だ」
「よし・・・!」
できない夫 「やる夫、どうして…>やる夫」
早苗 「おつかれさまです」
琴葉葵 「お疲れ様」
チルノ 「大ちゃんは砕けない!」
早苗 「おれなかった!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
「引き分けの事告発された狐っていうのやめてあげなよ!!」
できない夫 「ここでやる夫に入れた人には特典で『アクアの水着』をプレゼントするだろ」
早苗 「ここまでくると大妖精のほうが折れそう」
Hg 「止まるんじゃねえぞ...」
早苗 「あーーあああーーあ」
チルノ 「ゼパル起きろおおおおおおおおおおぉぉぉぉ」
魔理沙 「ラスト・・・」
ギャレン 「緊張するな…」
琴葉葵 「希望の花ぁあああああああ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 3 回目)
チルノ 「フリージオォォォ!!」
早苗 「心の折れたほうが、のしょうぶ」
Hg 「まったくわからかった」
「おまえだったのか<できない夫」
できない夫 「別に――勝ってしまっても構わんのだろう?」
魔理沙 「ふう、ふう」
Hg 「せやかて工藤!」
琴葉葵 「お前だったのか>できない夫」
「アクアァ!生き残れ!お前は俺たちの希望の花ぁ!」
ゼパル 「よしよし、やっぱり引き分けになるかなー」
チルノ 「ただ霊夢もぶれそうなやつには見えない」
クワトロGM 「この私は工藤新一と呼ばれたこともある男だ!!」
できない夫 「わいや、服部平次や>鉄」
早苗 「霊夢!共有に!あわせて!」
「工藤って誰だ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
チルノ 「大ちゃんはぶれなさそう」
再投票になりました( 2 回目)
できない夫 「ほら、見てやる夫の村要素あるじゃん
村人って書いてあるし……」
「この配置、2回目の投票・・・行けるで工藤!」
魔理沙 「霊夢・・・!」
「お、これなら勝ったか」
できない夫 「いや待て…やる夫が一番正しいから皆でやる夫に従ってみないか…?」
琴葉葵 「ぶれるな霊夢、考え直すんだ大妖精!!」
Hg 「さてと」
「共有に従え霊夢・・・この共有は正しいぞ・・・。」
ゼパル 「やったー!>引き分け」
チルノ 「やはり侮れないな霊夢!」
早苗 「霊夢、そっちじゃないよ!」
できない夫 「さあ、ここからの勝負だ。村も狼もな。」
できない夫 「正解が一つ。」
琴葉葵 「引き分け以上確保と」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
魔理沙 「よし!霊夢いいぞ!」
早苗 「一年ぶりくらいだから、すごいたのしかった」
チルノ 「うお」
魔理沙 「この時間たまらん」
琴葉葵 「霊共交換できただけで満足」
早苗 「こわい」
できない夫 「俺も久し振りの人狼楽しかったわ」
「久しぶりの人狼は楽しかったです(フライング)」
できない夫 「やる夫が最終日を間違えてないから勝ちだな」
琴葉葵 「泣いても笑っても最終日の投票…」
チルノ 「さーどうなる!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
チルノ 「まああたい吊れるだろで入れたを持ち出されそう」
チルノ 「たしかに・・・!>鉄」
できない夫 「だからあとは村二人が、アクアとやる夫をどう見るかさ。」
できない夫 「呪殺対応文だから(震え)>岸波」
「あの日早苗とアクアから投票されてて吹いたからな・・・!」
できない夫 「ぶっちゃけ投票要素とか、Hgと俺指定いった時点でもう何もなしだと思うぞ。」
岸波白野 「できない夫>一人リアルアイコンだった雷ちゃんをハブられてるみたいうけると言ったのは忘れない(戒め)」
魔理沙 「これが妖精の現実」
「チルノ吊りの日の投票持ち出せば勝つんじゃねえかなって思うけど誰も言わんな・・・!」
できない夫 「最終日間違えをしないその位置なら……もちろん……勝てますね?」
チルノ 「大ちゃん…恐ろしい子…!」
できない夫 「だけどやる夫……今日のあなたは間違えようのない位置よ……」
チルノ 「◇大妖精 「私悪いけどチルノちゃんの事まったく信用してないから…」」
Hg 「いやあ占い抜かせてる時点で狩人としては-一億点くらいだからねえ...」
ゼパル 「ひっきわけ!ひっきわけ!」
できない夫 「やる夫は人を不快にさせる意味で責めるようなことはしないやつだ>岸波
普通に対応してやればいいと思うさ」
「騙り狼や狂人の働きってサポートであってメインじゃないからのう。
その意味で最善のサポートだったと言えるで。(自画自賛)」
岸波白野 「それが何で解らんの?」
岸波白野 「やる夫>今その形になった時点で
やる夫視点アクア吊ればいいだけになってるやん」
できない夫 「ケンシロウとラオウ理論だ、隙の間を練るように灰視をすれば
正解には辿り着ける>Hg」
魔理沙 「お疲れ様」
琴葉茜 「お疲れ山野で—」
ゼパル 「おつかれおつかれー!

鉄吊れれば勝ち目は十分にあったし勝ちたかったなー!>できない夫」
「お疲れ様ー。強い狩人だった。」
Hg 「村同士で殴り合ってたのねぇ」
チルノ 「お疲れ様ー、護衛すばらしかった!」
早苗 「おつかれさまです」
岸波白野 「お疲れ様」
クワトロGM 「お疲れ様だ」
できない夫 「お疲れだろ」
琴葉葵 「お疲れ様」
「いや、早苗〇のタイミングはかなり良かったし、狩人●も狩人噛みの可能性が生まれてた。」
できない夫 「というわけで間をとって俺達が下界は勝つ……というのはダメだろうか?」
朝日が昇り、10 日目の朝がやってきました
早苗 「やる夫さんはたしかに、つかう、つかってる」
チルノ 「あたい達は負けたくないんじゃない、勝ちたいんだ」
できない夫 「狼もほら、狩人の護衛とれたから勝ちでいいし」
できない夫 「狐はほら、ゼパルRPできたからもうそれで勝ちでいいじゃん?」
チルノ 「ほんと?>鉄
折角の囲いも狩人●もあたいが真見られてないからなかったようなものよ?」
「勝てないんだ、引き分けじゃあ・・・!」
魔理沙 「狐にも引き分けのチャンスがあるから平等だぞ」
できない夫 「狼……貴様……」
できない夫 「Hg は 鉄 の護衛に付きました」
「最後まで分からないよ、どの陣営にも等しく勝利条件はある。狐を除いて。」
できない夫 「ここで2夜の護衛を見てみよう。」
できない夫 「やはり初手占い嚙みは強いな、かのブリタニアも言っていた
――“護衛は平等ではない”と。」
「狂人チルノは強かったよ。」
できない夫 「趨勢は狼有利か。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
魔理沙 「狂人は吊られただけで仕事してるまであるからな」
チルノ 「おー、くっしろくっしろー!」
「思ってることが違ったようだぜ・・・!」
「Hgの発言に尽きるな。チルノ●のHgが狩人COした時点でチルノ狂人が確定しちまう。となるとそこの初手〇は余裕あるなら吊る。」
チルノ 「あたいただ真切られるだけの騙りでここまで来れてる、グッドゲーム。
やっぱりあたいったらサイキョーね」
早苗 「鉄チルキテル」
ゼパル 「おつかれおつかれー!」
「ゼパル狐までだな!
俺はそんなものに・・・くっするぞ!<チルノ」
チルノ 「鉄かわいそう(なでなで」
できない夫 「俺が最終日に残らないでやる夫が最終日に残るだけでナイスゲームだな。
勝っても負けてもやる夫のせいにできる、素晴らしい。」
岸波白野 「お疲れ様」
「なんでや・・・信じてや大妖精・・(´・ω・`)」
クワトロGM 「お疲れだ」
琴葉茜 「お疲れ様」
「3人/4人最終日迎えてんなら、それはもうグッドゲームなのよ。
お疲れ。」
チルノ 「お疲れ様ー」
魔理沙 「お疲れ」
早苗 「もうここまできたんなら、狼の勝ちでいいんじゃない?おねがーい」
できない夫 「お疲れさまだろ。」
「なんだかんださ。」
できない夫 「ここで岸波が吊れたことはOK、問題ない。」
琴葉葵 「お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
できない夫 「間違えたっていいのさ、最後に正解に辿り着けば、それで勝ちだ。」
「狐告発して吊っておいてさらに4平和は出しません・・・!」
チルノ 「大妖精と霊夢を判定役にしてのやる夫vsアクア
霊夢がアクア白見てる分悪くないね」
早苗 「霊夢が〇なのが
確定情報として残ると、そこ狼を主張してた位置がつれちゃう」
できない夫 「灰視を間違えるのは仕方ないんだ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「できない夫を吊った時点でやる夫より先に~というのは通らんというか、共有と噛み合わんという一語に尽きると思うの」
魔理沙 「最終日霊夢とやる夫と大妖精頼んだ」
早苗 「そこの指定はわかる」
琴葉葵 「フレーム単位で更新して行くんだね」
「6人での狂人初手〇。筋は通るが良かった・・・!」
ゼパル 「よしよし、最終日にはいける!あとは引き分けるだけ!」
できない夫 「やる夫……持ちこたえろ……」
チルノ 「RTAとかしてそう」
できない夫 「まずいな、岸波指定か。」
魔理沙 「大調整で草」
チルノ 「ここからが勝負!」
できない夫 「OK、Hgが出るのは問題ない。
大妖精が推理を考え直す時間ができる。」
「ここまで想定通り
次が問題だが」
ゼパル 「アクア吊りはやめてほしい…!」
できない夫 「Hgが吊れないならアクアは吊れる、岸波とやる夫は持ちこたえてくれるさ。」
「ただ問題は共有の指定先だな。
昨日できない夫を処刑したところを見る限り、Hg指定→アクア指定が考えられる」
クワトロGM 「そのへんの計算は
できておくとこういう状況で自滅せずにすむから
覚えておくことだ」
チルノ 「よかった」
「あってる<チルノ」
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
魔理沙 「狩人噛めたところで勝てるわけでもないしな」
チルノ 「灰削って狩人出ると2吊り2灰になるってことで合ってる?
霊夢大妖精Hgが確定村になって」
「あんまりやる人いないんじゃないかな・・・!」
「一発狩人噛み賭けてもいいけど、そういう噛みは」
「なんで、夜偶数で平和になっても吊りが増えない安全な噛みとなる。」
チルノ 「Hgが出るなら灰勝負で
出ないなら日記用意しつつ殴り合う相手を選ぶ形ってことか」
「灰を削って狩人じゃなかった場合、灰数<吊り数になって詰む」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
早苗 「下手に灰を削るより
偶数に指定良いから共有噛み、のほうが安全ってことですね」
「よし、その通りだアクア。さすがだぞアクアァ!」
できない夫 「Hgは吊れない、ならやる夫は頑張ってくれるさ。」
チルノ 「あたい真持ち出してもだめだな
Hgに●持っちゃってるからだめだ」
クワトロGM 「詰むな
故に安穏と噛むことはできんというわけだ」
「大丈夫だ問題ない。<アクア
頑張れ、まだ勝負出来てるぞ」
琴葉葵 「お疲れ様」
「詰む<チルノ」
琴葉茜 「おつかれやで」
チルノ 「お疲れ様ー」
チルノ 「ていうか灰数的に灰噛みで狩噛めなかったら詰まない?
あたい真持ち出すしかなくなってくる気がする」
できない夫 「お疲れさまだ、勝ったな。」
「お疲れ様。」
魔理沙 「お疲れ」
ゼパル 「おつかれおつかれー!」
できない夫 「よし、やはりか。」
早苗 「おつかれさまです」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
「うむ、灰噛み一発はもうリスクが高すぎて厳しいよ
大妖精噛みを通すと思う」
クワトロGM 「無論共有なり霊夢なりへのかみが通ったとしても
状況は(詰み云々でいえば)変わらんし
わざわざHgを噛む必要もあるまい」
琴葉葵 「岸波狩り無いわで放置されそう
2択チャレ入っても偶数になるだけだから入って
そのあとどうなるかっぽい感じかな?」
クワトロGM 「そういう意味で言えば厳しいが
不可能ではあるまいよ」
クワトロGM 「共有かんで偶数になって狩人がCOするなら
明日灰3吊り2の勝負だし
明日偶数になっても狩人がCoしないなら最終日狩人日記持ち出せばいいだろうな」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「個人的な雑感だけど村人視点からの難易度は
灰4最終日>灰2白2最終日>灰2白1最終日なので、平和が来ても悪くないかなとは」
早苗 「あしたHGさん噛み、かもですね」
魔理沙 「最終日やる夫VSアクアかな」
ゼパル 「うーん、そっち指定しちゃうかぁ」
「よしいい指定だ。悪くねえ流れが来たぞ」
「んーまあどちらでも、かな<チルノ
狩人が出たら奇数だし出なくて平和出ても偶数、平和でなくても2択通せる。」
チルノ 「たぶんこの状況露呈しない方が狼は助かるよね?」
魔理沙 「大妖精の指定次第だな」
「村人に情報を与えるな、切り札を伏せたまま沈んでいけ・・・・!」
「狩人伏せて岸波を吊れ。
それの方が勝負はできる」
チルノ 「そしてこれにより引き分けがほぼ0に!」
ゼパル 「あちゃー」
チルノ 「てきながらみごと!」
早苗 「おつかれさまです」
琴葉茜 「おぉー」
琴葉葵 「ヒュー」
魔理沙 「ナイス」
「7人なって狩人出して岸波吊るしてやる夫・できない夫・アクア
ちょっと分は悪いが勝負できないわけじゃない」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
琴葉葵 「私、生きてても鉄ーチルノは切れても
残り2W潰せるか言うと微妙だったかも」
「7人で狩人伏せての吊り指定挟んでも2択で偶数になるからびみょっちゃ微妙だけどどだろね」
早苗 「そうだったんですねー
アクアさん、すごいです>鉄」
チルノ 「マイケル誰だ」
「真抜きはともかく霊抜きはアクアのおかげやぞ<早苗」
ゼパル 「大妖精を噛むと村が何とでもなっちゃうかなー」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「アクアが意地を通すかどうかの勝負よ」
早苗 「もしもし、ピザの宅配ですか?>できない夫」
「んだからまあこっからは」
琴葉葵 「GJ出そう」
魔理沙 「すまん詰まないわ灰一人余る」
「3吊りになるとやる夫・できない夫・白野・アクアで4吊りなのでぎりぎり詰まない」
チルノ 「できない夫がなんか満身創痍になってる」
「6人で狩人を出すだろうから共有2択」
クワトロGM 「これは……昨日は○かみのほうが人狼にとってはよかったかもしれんな」
早苗 「真抜き、霊能噛み、狐補足
ぜんぶすごかったです!>鉄」
魔理沙 「これあと1回GJ出たら詰みか」
クワトロGM 「お疲れだ」
ゼパル 「おつかれおつかれー!」
早苗 「いいえ、すぐに囲ってくれましたし
とってもたすかりましたよー>チルノ」
琴葉茜 「オツカレサマー」
「お疲れ早苗。
無茶な騙りに付き合ってくれてありがとうよ!
最後まで大健闘だったな!」
琴葉葵 「あってる@あと1Wだけ」
チルノ 「お疲れ様ー
情けない狂人でごめんよー」
早苗 「おつかれさまでした」
魔理沙 「お疲れ」
琴葉葵 「お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
チルノ 「まあ早苗ここで逃れても明日吊られそうだしね」
ゼパル 「くそー、目がいいなー(ごろごろ」
琴葉葵 「別の意味で大分目立ってたと思う@岸波」
「岸波は候補だったぞ、2択だ
できない夫とやる夫は村人にしか見えんかった」
チルノ 「あ、そっちか」
ゼパル 「あとあんまり目立っていなかった岸波とか…」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「早苗が狩人COをして指定変更でアクアが吊られると詰む<チルノ」
チルノ 「アクアに残すってことかな」
「あと2吊りしのげば勝ちだが狩人噛みをもう1つ入れる余裕があるかどうかの線だな
2択を通すか灰を通すか好きな方でいい。」
チルノ 「そうなの?>鉄」
ゼパル 「できない夫とかやる夫とかもっと狐目だったと思うの…!>鉄」
「狩人COで狩人いぶりだし・・・は悪手だな
正しいぞ早苗、そのCOなし!」
琴葉葵 「むごい>チルノ」
ゼパル 「それは重々わかっているし鉄チルノランの時にめちゃくちゃ言っていたんだけど…>葵
わかっているから尚更口を滑らしちゃって投票がなー」
チルノ 「流石大ちゃんだ、なんともないぜ」
「ゼパル狐見て●投げるかーって思ったけど3Wいるし普通に噛んでる余裕あったしいったろ!ってな<ゼパル」
チルノ 「じゃあ生存敗北であたいが狼に加担して犠牲になったと知って絶望しながらしんでもらう?>葵」
琴葉葵 「グッドb」
琴葉茜 「ひゅう」
琴葉葵 「3Wだからこそ狐告発考えて噛まれた
2Wなら放置で吊るす方向に持っていくことになったと思う>ゼパル」
「茜と葵が同陣営だというのに大チル別陣営。やはり大正義か」
琴葉葵 「まだ、早い>チルノ」
ゼパル 「割と残したほうがいいんじゃない?
って言われる位置になっちゃったからねえ…。できない夫を先に噛めばよかったのに…!>葵」
チルノ 「はやく大ちゃんもこっちおいでー」
クワトロGM 「お疲れだ」
琴葉茜 「アクアの違和感突っつこうとしたら死んでた」
「姉妹がそろっちまったな」
琴葉茜 「おつかれさんやでー、楽になった」
琴葉葵 「おねえちゃああああああああああああん」
「お疲れ様」
琴葉葵 「2Wだと狐探すより村殺す方優先するかもで、噛まれなかったかもしれない>ゼパル」
ゼパル 「おつかれおつかれー!」
「魚・・・お前も俺のライバルだったのか」
魔理沙 「おつかれ」
魔理沙 「私が生きててもゼパル占えなかった気がする
狼との相性が悪かったな」
チルノ 「お疲れ様ー」
「4日目までのところで占いの内訳に関する発言なかったから、4日目にチルノ先吊りを言わず鉄先吊り賛同してりゃよかったと思う。」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
ゼパル 「まあ、怪しまれていたんだけどね狼から」
ゼパル 「実際にこうして狐噛みから告発してもらえるかも知れないからね!!!(白目

狐っぽくない動きを一生懸命にしていただけなの…(およよ>鉄」
「だってあの日チルノ先吊りするメリットって鉄真だけだし」
「ゼパルは鉄投票でよかったと思うよ」
チルノ 「状況的村だからってことかもだけど」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
チルノ 「狼もHgに目をつけてるね
すごい」
ゼパル 「でも村としては狼を残して狐噛みに期待したいの…(かなしみ」
「んだけどまだまだ勝負はできる。がんばーれ。」
「がっ・・・惜しい・・・!」
琴葉葵 「さすゴソさんだわ」
「さすがアクアの噛み筋はえらい。」
ゼパル 「鉄吊りを先にできれば楽だったかなー
アクアがこっち見なければ何とでもなったんだけど」
「そんなんされたらさすがに勝てんわ」
チルノ 「カッコイイ…!」
「俺は身内票を入れられることに定評のある男なんだぜ・・・!」
魔理沙 「大好きなお姉ちゃんが噛まれそうだな」
「あっれ岸波の方なんだ」
琴葉葵 「鉄狼で霊能CO無い状態で初手から身内入れるか?だし」
「まあ来ないだろうね、来るなら茜。
お疲れ狐。予定外の平和で偶数になっちまったぜ」
ゼパル 「おつかれおつかれー。おのーれ」
チルノ 「お疲れ様ー」
クワトロGM 「お疲れだ」
魔理沙 「おつかれさん、狐よ」
琴葉葵 「お疲れ様」
琴葉葵 「多分来ないでしょ@Hg指定は」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
「吊り逃れ出来るのにしなかったなら確かに素村っぽいかもしらんが、吊り逃れ出来ない状況でしなかったのはそうは言えないが。
その辺でHg指定が来るかどうかが明日の見どころか」
チルノ 「あー、ギャレンとの決戦で?
なるほどなー」
「ギャレンにもともと投票してたから吊り逃れ出来なかったことを、吊り逃れしなかったと勘違いしているんだろう。」
「◇博麗霊夢 「初日のグレランでの動きでもHgは素村COしてるも同然だったし
ここは村で決め打って良いんじゃない?
>大妖精」
これか?これなら吊り逃れしていない(できなかったんだが)を言ってるんだと思うぞ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
チルノ 「霊夢が言ってるぜパルの投票が素村COってどゆこと?」
「んで人狼側は平和出されたのでここから狩人探しの灰噛みに入る。
茜はもったいない。白野は噛んでもいい。
って感じに見てる。」
「狩人から見た人狼心理、か。」
「葵噛みの時と同じなんだよな。
狩人心理としては共有は絶対に狩人でないから噛むのは狩人候補が減らせなくておいしくないので先に暫定○護衛を入れるって展開なので、先に確定○が潰しやすくなる」
「うむ、そういうことだな<魔理沙
〇でかつ狩人なし位置の2択に狼は負けたのだ。」
玖渚友 「狩人を狙って噛めるなら偶数の方が都合はいいんじゃない
当然吊りを増やされるリスクはあるけど」
琴葉葵 「狩り落ち位置がギャレンしか無い状態で
霊夢ー大妖精以外灰状態だから狩り狙い噛みでも問題無さそうだったけど」
魔理沙 「共有か霊夢の2択だったんんじゃないか?」
「出したくて出したんじゃないもん!」
「でも2択だから仕方なしだな。」
チルノ 「ちょっとお手洗いいってくるー」
「あ、そこで霊夢噛み入れちゃったんか。そら護衛されるで」
魔理沙 「霊夢を守ってくれてありがとう狩人」
クワトロGM 「ほう、ここでGJとはな」
チルノ 「了解、ありがとう」
「で、その場合の狂人COは即じゃなくて2日ぐらいおいて、噛みとか動向を見たうえでやりゃいいと思う」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
「真噛み入ったって3日目朝とか早期の場合ね。
真狼狐が明らかな場合。」
「やるとするなら3-1で狂人が潜ってて真噛み入ったときに生きてる間の狂人COとかかな」
魔理沙 「いや、それやったら私真が確定するぞ>チルノ」
琴葉葵 「いらないと思う
大体狂人騙って潜伏狐ってパターンが多いから」
「しなくてOK。騙りが遺言で中身ばらすのは人狼の告発だけでいいと思うよ」
チルノ 「仕事してるならいいんだけど…
あ、あとさ 今回みたいなのって遺言で狂人COした方がいい?狐潜伏を知らせるのに」
「チルノ狐は後半言うほど考えちゃいなかったよ。
けど玖渚友の投票ミスでアピール?ってなった日はまじめに考えてた」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
琴葉葵 「実は欠けてない霊能@共有COで出てる」
チルノ 「遅くなったのも理由うっすいのも操作が遅いだけだったんだ
おかげであたい狐みたいな変な懸念をさせてしまった というか霊能欠けなら狂人潜れまであるし」
「初手から狩人投票で2手目で人狼囲い、更に狩人●
つよい。」
クワトロGM 「まったく、大した狼騙りだ……」
魔理沙 「噛まれず吊られたし狩人●当てたし十分仕事してるんじゃないか?>チルノ」
「素晴らしい狂人だったよ、ありがとう<チルノ」
クワトロGM 「お疲れだ」
チルノ 「お疲れ様
くそざこ騙りでごめんね…」
魔理沙 「お疲れ」
「お疲れ」
琴葉葵 「お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
琴葉葵 「そうだよ(断言)」
チルノ 「んー潜伏のがよかったかなー」
魔理沙 「お姉ちゃんっ子なんだな」
琴葉葵 「ちなみに占い引いてたらギャレン占いしてた
主にお姉ちゃんとの間の障害という意味で」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
琴葉葵 「あ、やっぱり思ったんだ…
Hgでハゲ」
琴葉葵 「鉄が告発するなら鉄>ゼパルで吊り
3吊りで2W吊るす村」
魔理沙 「お、告発か?」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
チルノ 「鉄が告発できるかな?これ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
チルノ 「大ちゃんの思考ならたぶんあたい吊りが正しいんだよね」
クワトロGM 「お疲れだ」
魔理沙 「お疲れな」
チルノ 「おつかれさまー」
琴葉葵 「お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
琴葉葵 「玖渚が村だったとき用と狼だったとき用で
2パターン書いて出そうとしてたから」
琴葉葵 「魔理沙噛みでも、即共有嚙みに来るとは思わなかったし
ワンチャン位鉄真泣くも無かったから…
吊って色見てからでも良いかなと」
琴葉葵 「大妖精の方が噛まれてたら鉄偽見てたし…
初日共有の次点で交換分かって私真見えるわけで…
鉄そのまま吊ってーかなぁ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
玖渚友 「魔理沙噛み見て撤回する択もあり得たぐらいだね」
琴葉葵 「潜伏霊能見抜かれた訳では無かったらしいから
純粋に運が無かった感じ」
クワトロGM 「お疲れだな」
ギャレン 「おつかれさま」
琴葉葵 「お疲れ様」
魔理沙 「お疲れ」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
クワトロGM 「お疲れだ
さて、悪い結果になってきたものだ」
ギャレン 「大妖精チルノのいつもの人が逆なんだな」
玖渚友 「おつかれさま。」
魔理沙 「おつかれー」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
魔理沙 「てか霊能いたんだな
こりゃ楽しみだ」
クワトロGM 「お疲れだな」
ギャレン 「おつかれさま」
魔理沙 「おつかれー」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
クワトロGM 「ほう、このように動きが推移するとはな」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ギャレン 「1001!?」
ギャレン 「むー」
クワトロGM 「2昼からずいぶん際どい展開になったものだ
お疲れ様だ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ゲーム開始:2019/05/09 (Thu) 21:17:19