←戻る
【紅3792】やる夫達の普通村 [6965番地]
~なん……だと……?~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 死神GM
 (dummy_boy)
[霊能者]
(死亡)
icon やらない子
 (石板◆
DDug7hLjOs)
[占い師]
(死亡)
icon 真紅
 (RIP)
[妖狐]
(生存中)
icon チャド
 (1001)
[人狼]
(死亡)
icon リグル
 (謎のぽよ◆
with5OGYtM)
[共有者]
(生存中)
icon 雪華綺晶
 (十六時野白薔薇◆
aELdi2ITS.)
[共有者]
(死亡)
icon ノッブ
 (弓の人◆
H/UIyHiUAk)
[狩人]
(死亡)
icon でっていう
 (えんだか)
[村人]
(死亡)
icon さとり
 (コルクマリー◆
korKmarIEw)
[村人]
(死亡)
icon 池上
 (盤◆
aoznOAH94o)
[人狼]
(死亡)
icon やる夫
 (やらない◆
e2rIbqsAds)
[村人]
(死亡)
icon ジロウ
 (ジロウ◆
WwaIPdl0Z6)
[人狼]
(生存中)
icon 更木剣八
 (Yuu)
[村人]
(死亡)
icon 小悪魔
 (とある旅人◆
i1TzBWrqavnn)
[村人]
(死亡)
icon ぐだ子
 (レックー◆
REKvBDNwJY)
[村人]
(死亡)
icon 魔理沙
 (幻◆
C0oOi9CF9A)
[狂人]
(死亡)
icon 紲星あかり
 (無人◆
6XLsuav3kPSF)
[村人]
(死亡)
村作成:2019/05/17 (Fri) 21:03:57
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 死神GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 3770 (黒崎一護 2)」
死神GM 「禁止事項】
 村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼COを除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、意図的突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ、人外の村人騙り騙り(狼、狂人、狐問わず、役職CO後からの撤回村人COの禁止、村人騙り禁止であるため)

【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み

【参加者全員へ】 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
 投票延長は1日1度まで,,遅れる場合は名指しで警告します 遅くとも2:00過ぎまでには投票しましょう
 ※狼の夜中の会話or共有の夜中の会話ではOKです。
 また、処刑投票の際の突然死は、いかなる場合であっても続行と致します。
 夜投票の際の突然死は、ノーゲーム処理と致します

【観戦者の方へ】 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。

 https://t.co/xmYEix5WhC」

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
死神GM 「30分開始……だと……?」
死神GM 「ちなみに誰もこない場合は
特に何も考えてないのでどうにかしてほしいぜ!」
死神GM 「チャドの霊圧が……消えた?」
やらない子 が村の集会場にやってきました
やらない子 「よろしく。」
死神GM 「なん……だと……?」
死神GM 「そしてチャドがこない……だと……?」
真紅 が村の集会場にやってきました
真紅 「こんばんは。」
死神GM 「真紅……だと……?
真紅鯖なだけにか」
やらない子 「真紅鯖だから真紅が来る割にはやる夫さんは……。」
死神GM 「やる夫の霊圧も……消えた?」
死神GM 「そしてチャドの霊圧が……消えた?」
真紅 「さっきも消えてたけどついたり消えたりしてるのかしら>チャドの霊圧」
かり が村の集会場にやってきました
かり 「ファミレスでさー」
死神GM 「村に来るまでは霊圧は消えたままなんだよ……」
かり 「カップルがいちゃついてるのを見てしまってさー」
やらない子 「自分もいちゃつきたくなったと?>かり」
かり 「いやぁ」
かり 「いちゃつき方ってのがまたこっそりでね」
かり 「机の下でなにやらうごいてるんだ」
かり 「こいつは見てやろうと思ったらどうだい」
かり 「足が・・・ないじゃないか・・・」
やらない子 「二ヶ月ばかり早い怪談だったわね。」
リグル が村の集会場にやってきました
雪華綺晶 が村の集会場にやってきました
ノッブ が村の集会場にやってきました
ノッブ 「支援来たゾーイ」
リグル 「よろー」
でっていう が村の集会場にやってきました
雪華綺晶 「また幻冬舎がやらかしたらしいですわね」
かり 「どういうことだね」
でっていう 「いちゃつきたかったら俺様を呼べっていうwwwwwww
10kから恋人代行してやんよっていうwwwwwwww」
さとり が村の集会場にやってきました
死神GM 「かいs……えんty……どっちだ!!」
さとり 「よろしくお願いします」
雪華綺晶 「幻冬舎のやらかしでまさかの電撃最終回
私の出番もこれからでしたのに」
池上 が村の集会場にやってきました
池上 「宜しく」
やらない子 「どっちでもいいけど。>開始か延長か」
かり 「名前はこのままでいくぞい」
死神GM 「じゃあ10分延長するのでいい感じに皆カバディしててくれ」
さとり 「かりりー」
でっていう 「ストーカー面の奴が来たっていうwwwww
うはwww初日に吊って淑女たちを安心させねばっていうwwww」
やる夫 が村の集会場にやってきました
やる夫 「それは紛れもなく奴さ」
池上 「ディーフェーンス! ディーフェーンス!」
やらない子 「パカーディ?(難聴)」
死神GM 「やる夫が来る……だと……?」
ノッブ 「マンガワンでやっておるなー>カバディ漫画」
やる夫 「やる夫達の普通村なのに
やる夫居ねーじゃんと言われ続けてそろそろ7000番も近づきました」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 26 (リリーブラック) → No. 5567 (やらない夫05)」
やる夫 「ふぁっきゅー」
ジロウ が村の集会場にやってきました
でっていう
. __
 どつ  二連チャンで来たっていう。吊りキツキツっていう。」
ジロウ 「バトルの準備が出来たらホロセウムの前に立ちな」
やらない子 「逆に一番参加しているの誰なのかしらね。>やる夫いねーじゃん」
更木剣八 が村の集会場にやってきました
やる夫 「最近の悩みはAAが多すぎて
把握できねーってことですよろしくお願いしまぁす!!!」
かり 「まぎれもなくやつだよ」
更木剣八 「戦いがいのありそうなやつがいねーな」
でっていう 「>やらない子

     ./ニYニヽ
    / (0)(0)ヽ    <でっていうっすか?
   / ⌒`´⌒ \   _
  | ,-)    (-、.|  ヽ\
  | l  ヽ__ ノ l |   ヽ .ヽ_
   \  ` ⌒´   /   (   )」
リグル 「よろしくねー」
やる夫 「え?語尾?ごめんやる夫ちょっと最近イメチェンしたんで知らんわ」
やる夫 「池上とかディフェンスに定評あるから
いい感じに戦いがいあると思うお」
やらない子 「確かにでっていうもベスト10から漏れるくらいの参加率してそうね。」
池上 「俺は陵南高校の池上だ。
お前がどこのバスケ部かは知らんが…相手にとって不足は無いだろう?>更木」
やる夫 「ディーフェンス!ディーフェンス!」
死神GM 「剣八まできて
愛染とかまでくるとか言うんじゃないだろうな……」
かり 「名前、変えてもいいかい?」
ノッブ 「~愛染を探せ~」
さとり 「良いですよ」
やらない子 「>かり
こっそり変えれば誰も見て見ぬふりすると思うわ。」
さとり 「というか開始前ですからどんなに変更しても自由だと思います」
更木剣八 「おもしれえじゃねえか>池上」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → チャド」
やる夫 「いったい何時から
やる夫が愛染じゃないと錯覚していた…?」
ジロウ 「催眠で騙されているだけで既にこの中に愛染が紛れ込んでいる説」
さとり 「なん……だと……?」
死神GM 「もう時間……だと……?」
やる夫 「まぁ違うんすけど
やらない夫はチャドだったらしいお」
小悪魔 が村の集会場にやってきました
ぐだ子 が村の集会場にやってきました
やらない子 「気がついたら時間過ぎていたからそろそろカウントするわ。」
さとり 「な……に……?」
小悪魔 「こぁ~」
やらない子 「…………。」
ぐだ子 「はい、こんばんはー
遊びに来ましたよ」
ノッブ 「15人と。
埋まりそうで埋まらんなー」
小悪魔 「人類悪が顕現してる」
池上 「そろそろ試合の時間か」
魔理沙 が村の集会場にやってきました
やらない子 「もう一人来るのを待つかカウントすれば来るだろの精神で15人村するか。」
かりり が村の集会場にやってきました
魔理沙 「パソコン間に合った」
ぐだ子 「紅魔館をガチャ地獄にしてもいいって?>小悪魔」
チャド 「向かい合って座ってる状態の机の下で足を触れてくるってさ」
ノッブ 「いつ、埋まらないと思った?」
やらない子 「埋まって良かったわ悩まずに済んだという意味で。」
死神GM 「なん……だと……?」
かりり 「かりり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりり → 紲星あかり
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 10724 (紲星あかり2)」
死神GM 「チャドがいる……だと……?」
紲星あかり 「滑り込みました(きりっ」
更木剣八 「なんだかんだ埋まったなァ」
やる夫 「うーむ」
チャド 「チャドがいる?どこだ?オレオ!?」
やる夫 「この混沌具合
実に真紅チック」
小悪魔 「埋まったー」
ノッブ 「初日チャド銃殺に池上の魂を賭けよう」
ぐだ子 「チャドの髪圧が消えた…!」
やらない子 「紲星の投票確認したら始めるから。」
紲星あかり 「・・・古明地あかり・・・ありだな(ぼそ」
魔理沙 「魔理沙 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 12 (霧雨 魔理沙) → No. 10730 (霧雨魔理沙01)」
さとり 「チャドの霊圧が……消えた?」
チャド 「俺は・・・死なねぇから!」
やらない子 「3」
死神GM 「全員準備できたらカウントしていいぞ」
やらない子 「1」
やらない子 「開始。」
ゲーム開始:2019/05/17 (Fri) 21:43:53
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
やらない子の独り言 「くそわろ。」
ジロウ(人狼) 「よろしくな」
更木剣八の独り言 「チッ」
ノッブの独り言 「わーい、狩人。」
ぐだ子の独り言 「村人か
じゃあゆっくりやろうっと」
やらない子の独り言 「人狼寄越せオラァン!」
リグル(共有者) 「やほー」
魔理沙の独り言 「うーむ」
チャド(人狼) 「                        '″.
                   .
                          ' _、
                    、   、ィ;;;;;`, rt┐
               _゙_  `、 ・   ヘ;;;;;ゞ' |l!!l|             __,
     ‐ __ ━‐-、.___“_¨_、_`)、,イ´i;;;|^^`くレィ_,,=、,=━      ‐  ̄
         ━=`≧‐━〓〓〓{ !. l;;;l   j!l|l|〓‐_,,,,=- ・,‐━  _,,〟_,._
━─〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ゙ /! j;;;!  /{!Il|{━〓━〓-=━─=-_━-〓_
   ´ ̄ _━‐ ‘, ´ ̄_,... ´,  / ,! } j;;;!  ! Vl{、` ゙”  ¨`_ 、 ̄“¨¨``ヽ ゙̄´ ̄”’
                     / / ,ィ┴'―t  |lil!|
                 / r′|//////! Vil|,
                  / |、 |///ハ//l  ヾli!
                      `ー゙′|///| |//l  〈l!l}
                    |//V 、/,}  ´
                    |//,{  V'ム
                         V//!  Ⅵム
ノッブの独り言 「マジかー。マジっすかー。マジじゃん。」
でっていうの独り言 「村人じゃねぇかっていうwwww
机片付けんのやーめっていうwww」
小悪魔の独り言 「2日目の朝がやってきました
死神GMは無残な姿で発見されました
チャドは真っ白に燃え尽きた姿で発見されました」
池上(人狼) 「人狼陣営だ! 人狼陣営に定評のある池上!!」
ジロウ(人狼) 「更木の対応はしようかと思ってたがチャドがいるならいらんか?」
チャド(人狼) 「ああ、よろしく頼もうじゃないか」
魔理沙の独り言 「人外はやぶさかではないが、普通村入るのもう年に3回でも多いくらいなレベルでブランク空いてるのが問題だ」
やらない子 は ぐだ子 を占います
真紅(妖狐) 「ダイスロールでもしておきましょう」
「◆死神GM なん……だと……?」
やる夫の独り言 「素村」
紲星あかりの独り言 「あっ村人ですか」
チャド(人狼) 「俺は・・・占い師だ・・・!(囲いいりますか?)」
ジロウ(人狼) 「どうすっかな」
ノッブの独り言 「わりと今回、全力で集中力をゴミ箱にシュートしてるんじゃけど」
雪華綺晶(共有者) 「よろしくお願いしますわ」
チャド(人狼) 「占いCO 更木剣八は〇だ」
ジロウ(人狼) 「貰えるなら貰っとくぜ>囲い
理由無理ならなくてもいい」
池上(人狼) 「別に囲ってもいいし囲わなくても良い」
ぐだ子の独り言 「ところで本当にチャドが呪殺されていたらどうしよう」
でっていうの独り言 「で・・・っていう・・・?」
雪華綺晶(共有者) 「問おう、貴女が私のミーディアムか」
チャド(人狼) 「もしくはジロウ〇っかなー
呪殺出るなら潜るべ」
池上(人狼) 「俺は俺の仕事をやるだけだ」
チャド(人狼) 「それじゃジロウ〇で」
リグル(共有者) 「共有は結構さいきんすきかも」
リグル(共有者) 「いやいやいや」
小悪魔の独り言 「池上「ディフェンスに定評がある池上だ!!」
   「初日は護衛出来ないと思ってたが、俺のディフェンス力をもってすれば護衛はできたぜ」
   「チャドを護衛していた!! あいつは外に出ていないはずなんだ!!」」
ジロウ(人狼) 「やる夫の対応だけしとくわ」
雪華綺晶(共有者) 「基本的な指揮はお任せしますわ」
小悪魔の独り言 「こんな展開なーいー?>いっちー」
池上(人狼) 「右2列は対応しておく.
が期待はするなよ」
魔理沙の独り言 「ま、気楽にいきましょーか」
さとりの独り言 「大声……でっていう共有ですね」
雪華綺晶(共有者) 「では御随意に」
ぐだ子の独り言 「自分が狼のときにやりそうなムーブの人に入れてみるとどうだろ
グレランなら」
チャド(人狼) 「理由
   __                                          __
  (´(     ,r―――‐-y .,--,   r----y r----, ,-----、 ,r-ァ ,r-y     ) ヽ
  ヽ、`ヽ __ 一7 /'7  } / /  / / ̄  .//l  l´ / / 7 // /_/ / _  ,r´,r´
   ,/ / l (  /   ̄ <´/ /  / └‐ァ //_l  l / / '--' / _. / )ヽ ヽ ヽ、
  / (  ) ヽ, / /'7 / / /  ./ / ̄ //~~l .l / /./ ̄// / / ./ ノ (  )  ).
./l ヽ-、`''´ /___ー'_,ノ /__'--ァ/___'--ァ/_/  l_-'_'-'__ノ/__ノ/___'--y__ `~ ,--' lヽ
.l ヽ_ノ   .7∠ニニニニニニ フ--y〃/ / _ _┬∠ニニニニニニニフ/  ヽ,_ノ/
 ヽ,__,,,,,,7∠ニニニニニニフ  /   /    / ̄∠ニニニニニニフ /,,___,ノ
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
さとりの独り言 「もしくはチャドかぐだ子ですね」
小悪魔の独り言 「あとAAおk?
特に明言無かったけど」
ぐだ子の独り言 「なんとなくでしかないけどね」
チャド(人狼) 「呪殺対応はコレで行く」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
チャド は 死神GM に狙いをつけました
死神GM は無残な負け犬の姿で発見されました
(死神GM は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
死神GMさんの遺言 なん……だと……?
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
ノッブ 「チャドの霊圧が…消えた…?(先行入力」
でっていう 「【チャドの】GMが驚愕した内容に村民全員の涙が止まらない…【霊圧が……】」
紲星あかり 「おはようごz・・・えっちょっと待ってください
今気づいたらなんでゆかりさんいないんですか(白目」
ジロウ 「おう」
更木剣八 「はよさん」
池上 「ディーフェーンス! ディーフェーンス!」
チャド 「占いCO ジロウは〇だ」
やらない子 「占いCO ぐだ子○」
さとり 「チャドの霊圧が……消えた……?」
小悪魔
                 <⌒   ̄> 。
               , ´ /         ゚
             ′              \
            /    /      i       、     チャドが真っ白に燃え尽きてないか
            /    {       |      ハ
             /     /ハ        |!       _}___      ご期待しています!!
          _′    />ト、 、    リ斗ヤ    「:::::::::::{
            /::!   !   ィ'んハ \  /んrハ!  /|:::::::::::::\_
        /::∧  レヘ| 弋zり  ヽ' 弋zツ|  /.└┬―z∧}
         // }    }!"""   '   """!/    |\
      /   八  / 八    「 ̄V}   /⌒)    ,   \      あと、池上が狩人とか
         /  } /  ,イ >、  ー‐ ′  }  {_ -‐ 、   \
            / / !>1>  __ 1ノ  }-、    \   、
           / /-r:「´  ハ {⌒ー‐ '   / /ヽ    ヽ   ゚。
          / / / }::|     ,ヘ>-―-、 / /  ノ、    /    ゚.
        /  ' / /:::!  /}//∧   /:ー'{_/ 八  ∧
        .゚/ / /:::::|/  L,//∧ /::::::::{  (_∠_ノ /   、   }
       {  〉 ,':::::::::::i  ///∧ ∨::::::::::i ∧__/   }   /
        /  .:::::::::::| ///////}  }::::::::::レ:/   /    /  /
        ] 、   \::::|: :{///////. . |::::::::::::/}  /    /   {
        /  \__}`! __∨////: : : |:::::::::://  /!  /   ′   \
         /     / ]::::!   ∨// 、 :_:_|:::::::::{/  /| /  /        \」
ぐだ子 「チャドにとって本当に消えたものは霊圧じゃない!
毛根なんだ…!!」
魔理沙 「占い でっていう○」
チャド 「理由
   __                                          __
  (´(     ,r―――‐-y .,--,   r----y r----, ,-----、 ,r-ァ ,r-y     ) ヽ
  ヽ、`ヽ __ 一7 /'7  } / /  / / ̄  .//l  l´ / / 7 // /_/ / _  ,r´,r´
   ,/ / l (  /   ̄ <´/ /  / └‐ァ //_l  l / / '--' / _. / )ヽ ヽ ヽ、
  / (  ) ヽ, / /'7 / / /  ./ / ̄ //~~l .l / /./ ̄// / / ./ ノ (  )  ).
./l ヽ-、`''´ /___ー'_,ノ /__'--ァ/___'--ァ/_/  l_-'_'-'__ノ/__ノ/___'--y__ `~ ,--' lヽ
.l ヽ_ノ   .7∠ニニニニニニ フ--y〃/ / _ _┬∠ニニニニニニニフ/  ヽ,_ノ/
 ヽ,__,,,,,,7∠ニニニニニニフ  /   /    / ̄∠ニニニニニニフ /,,___,ノ」
やらない子 「占い理由
恐怖を捨てろ…前(次のガチャ)を見ろ…進め…決して立ち止まるな…!
退けば老いるぞ…臆せば死ぬぞ…!
叫べ!我が名は…『(ガチャを)やらない子!!』」
真紅 「おはよう。」
でっていう 「誰も占ってない・・・だとっていうwww」
やる夫 「はろー」
魔理沙 「センターにいてなんかむかつく顔だったので
うっかり手が伸びたが私は暗殺者ではなかったな?(ポチー」
ジロウ 「霊も出ていいな」
リグル 「霊能初日ね」
さとり 「誰もチャドを占ってないじゃないですか
ってチャドが占いCOしているんですけれど」
紲星あかり 「3-1ですね。
しかしなぜでっていうを占ってしまったんですか」
ぐだ子 「チャドが占い候補だwww」
小悪魔 「チャドが真っ白に燃え尽きてない、やり直し!!」
紲星あかり 「って霊能出てない()」
さとり 「霊能の霊圧が……消えた……?」
池上 「全く関係ない理由で草>チャド」
でっていう 「オイオイ占われたわアイツ」
やる夫 「なんででっていうが占われてるんですかね??????」
ノッブ 「なん……だと…?>チャド死なない」
真紅 「霊能初日判定ラインは30秒といったところね」
更木剣八 「誰もチャド占わねえしチャド占いかよ」
ぐだ子 「チャドを占わないのはわかるよ
呪殺対応楽そうだし」
リグル 「霊能どこにいる?」
チャド 「俺が占い師である以上、俺の霊圧は消えない・・・ということだ
だがどうやら消えたのは・・・霊能者だったようだな!」
小悪魔 「霊能こそが真のチャドだった?」
やらない子 「チャドの方が(●避けで出た)狼説高いかなぁと思う雑感。」
リグル 「あ、共有CO」
ジロウ 「霊圧が消えた絡みに縦読み霊能COでもいないかと思ったが
残念ながらいないらしい」
ノッブ 「霊能おるー?」
やる夫 「クッソ力強い理由で感動すら覚える」
さとり 「昨晩まで確かに霊能の霊圧を感じる事ができていたのですけどね……」
池上 「霊能者は居ないみたいだな
くっ… 霊能者をディフェンスすることができなかった…」
紲星あかり 「ゆかりさんが霊能COを見たと幻視しました
ここにお詫び申し上げます」
でっていう 「ほうたいしたものですね魔理沙さん真確定ですおめでとうございます」
雪華綺晶 「相方ですわ」
ぐだ子 「霊能が消えたのはチャドのせいなの?」
ノッブ 「草>チャド霊能」
魔理沙 「正直なところ、初日に溶けるか●かで必中だと思ってたらこのザマなのででっていう占いへの文句はうけつける」
リグル 「相方が息してないからいっておくけど
きらきー相方ね」
さとり 「ゆかりは居ませんよ(小声)」
小悪魔 「おりゃんね?>ノッブ」
やる夫 「うーんこの」
やらない子 「あかりのこれは霊能CO?
共有初日じゃないなら吊ってよろし?」
更木剣八 「なんだ、あいつ霊持ってきやがって」
雪華綺晶 「改めて
相方ですわ」
ジロウ 「消えた=霊能者
チャド=消える
チャド=霊能者 Q.E.D」
リグル 「あ、よかった」
紲星あかり 「んあ? チャドさん霊能者なんです?」
ぐだ子 「このでっていう草がない
でっていわないの可能性?」
ノッブ 「ん?
どーいうことかのう?」
やらない子 「あっはい。>相方雪華綺晶」
チャド 「おいちょっと待て俺占い師だからな?!」
さとり 「霊能者の占いCOかあ……>ジロウ」
池上 「チャドのせいで霊能者が消えた…?」
小悪魔 「それに賛成だ!!>ジロウ」
池上 「人狼COかな?」
紲星あかり 「ですよねー>チャドさん」
やる夫 「あ、ちげえおこれ
霊能初日ですねって話してるだけだわ」
やらない子 「◇紲星あかり 「3-1ですね。

霊能幻視ってこれのことか。」
ジロウ 「消えたのはチャドの霊圧じゃなく霊能者だったのさ!(意訳)>あかり
だな」
真紅 「見えない役職を幻視して適当なことを言うのは村でも人外でも良くある程度の話だと思うけどね」
やる夫 「うん、まぁあれだお」
ノッブ 「えー、霊能者いないということでファイナルアンサー?」
でっていう 「ほう占い撤回霊能CO撤回占いCOですか・・・」
小悪魔 「あなたは実はチャドと言ってますが、本当にチャド何ですか?
チャドもどきじゃないんですか!!>白いチャド」
ジロウ 「オレの余計な発言で混乱している奴がいたのなら誠に申し訳なくもないぞ」
さとり 「FA」
紲星あかり 「その発想は草。確かに霊圧消せるなら狼ですけど>池上さん」
魔理沙 「私も一瞬、え、チャド霊能で占いCOしたの??めんどくさいことやめて?って気持ちになったので勘違いした人出るのはすごい分かる」
チャド 「3-0なら即チャ圧は無いだろう」
リグル 「んじゃぐれーらんだむ!」
更木剣八 「まーチャド狼なら特攻なりしてそうではあるがな。占われ読みで」
紲星あかり 「オーディエンスを使います>ノッブさん」
やらない子 「霊能いるのに霊能いないっていうよりはただのミスに見えるのでどうこう。」
さとり 「チャ圧www」
ぐだ子 「そもそも霊能があるような気がしたは、多分役職関係ないと思うので…
チャドが霊圧Coに見えた結果じゃない?」
やる夫 「         _ _
     _, -¬ | |.| .|
 __,,-''"´   |.し'' "~,,,,.  ,,へ,
「     _.,.  | ,| ̄ ̄ / ,/´ /
|__,,-''"~ |  |.,!.__,,..--',/´  /   ___
    _.,_|   |    /   /  /       \
__,,-''"´   .,;;   く.,   / ./  ―  ―  \
|   _,,-'' ^      ^"  /  (●)  (●)  \
|,,-''"´      、、     |     (__人__)    |   いらんこと大声で言うんじゃねえお!
    |.       ヽヽ    \    `⌒´     /ー- 、
     |i       ヽヽ    >                  \
    .| !      ,     /                  \
   .! .{    ノ|   /                       |   ヽ
   i  ヽ--''"  |   {  .,                |   i
   ノ        `<__,//   亅            |    |
            。 /    \           |  _|
        =      、 ゝ.     ヽ          | ,√,/ ,>、
    / ̄ ̄ ̄\、   ヽ、     \、        |{r,/_/_/冫
   / ノ   \ \   , 、=-     \、      \ヾ匕/」
.  | ( ○) (○)  | /  |\.      \、      ヽ
.  |   (__人__) u .||. >   |  \      \       ヽ
   |   |!il|!|!|     ||.\   ヽ  ヽ、       `丶、..,,,,_  ヽ
.   |    |ェェェ|    |.  ̄´   冫    ヽ、         `ヽ i
    ヽ       /.    /       ` ー .,,,       ,) 、
    >      <.     /              ̄ゝ_、ノ  ヽ
   /         ヽ ー┴---.,,,,,___ /ヽ、         ヽ
   |          |.              ` ̄ ̄ `ー―---- .,,,,,__
   | i        i |
真紅 「人狼だから内訳が見えているのでした勘違いの可能性がある、なら価値があるかもしれないけどね」
チャド 「>小悪魔
   __                                          __
  (´(     ,r―――‐-y .,--,   r----y r----, ,-----、 ,r-ァ ,r-y     ) ヽ
  ヽ、`ヽ __ 一7 /'7  } / /  / / ̄  .//l  l´ / / 7 // /_/ / _  ,r´,r´
   ,/ / l (  /   ̄ <´/ /  / └‐ァ //_l  l / / '--' / _. / )ヽ ヽ ヽ、
  / (  ) ヽ, / /'7 / / /  ./ / ̄ //~~l .l / /./ ̄// / / ./ ノ (  )  ).
./l ヽ-、`''´ /___ー'_,ノ /__'--ァ/___'--ァ/_/  l_-'_'-'__ノ/__ノ/___'--y__ `~ ,--' lヽ
.l ヽ_ノ   .7∠ニニニニニニ フ--y〃/ / _ _┬∠ニニニニニニニフ/  ヽ,_ノ/
 ヽ,__,,,,,,7∠ニニニニニニフ  /   /    / ̄∠ニニニニニニフ /,,___,ノ」
でっていう 「死んだなアイツ(確信)」
池上 「霊能潜伏の可能性を考えると
フィフティーフィフティーと言えなくもない」
小悪魔 「50:50しましょう!!>あかりさん
中身は狐と狼の2択で」
ジロウ 「今更だがジロウ占いでその迫真のAAはなんだ!?
なんか受け入れてたわ」
紲星あかり 「ひえっ、す、すみません 殴らないでほしいのだ>やる夫さん」
チャド 「落ち着け、チャドの霊圧がそうそう消える展開ではないということだけは俺にも分かる<やる夫」
やらない子 「>池上
噛まれ死ぬか○から出てきたらフィフティーフィフティーで信じるわ。」
紲星あかり 「じゃあそれで!>小悪魔さん」
さとり 「まあ死神は霊能者と言えなくもありませんね(GMの事)
元から霊が見える方だったようですし」
リグル 「池上さんがディフェンスに定評ありそうな発言してる・・・」
ノッブ 「初日、潜り、そもそも存在しない、貴方の心の中です。の4つから2つになります。>あかり
デン!
初日、潜り」
ジロウ 「オレは死神だった…?」
更木剣八 「ランダムだぞ。あれ>小悪魔」
小悪魔
    _ ,,,,;;;-;;;;-;:'                       -、 -,,,,,,, _
  ,,,;;'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'                            `;;;;;;;;;;;;;;`;;;,,、
,;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',           _ ,':、_                  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;、
;. - - 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;; 、    ,. . :'´: :,': : : :¨ : :‐. . _    _ _ _,:';;;;;;;;;;;;;;;;;;;. - -
     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;._': : : : : : :,': : : : : : : : : : : `: 、 ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'
    ,' - 、;;;;;;;. ''¨ヽ,_,:' ,: :, : ; : :': : : : : : : : ; : : : ` 、,;;';;;;;. - 、;;;;;;;;;;;. - .;
       ''´    ,: :, ':, ' : ,': :, ; : : : : : ; :,'_',:' ,: ' ,: :'`'",   ` 、,:'
           ,' ,:' :,': : :,' : :; :; : : : : : ';' `',=', =:', : ',: ',
          ,':,'; :,', : :,': : :;', :', : : ; : : ; _ _', :',: : ': : '; :'
          ;.':; :,';: : :;: : :,' ', ',':,: :': :, :',   ',: ; : : ', :': :;
          : :; : ; : :;', : :;  ',:', ': :',: ',: ',   ; ; : : ;.': ;: ;      チャドのごとき霊圧術
          ': :;: ;', : ; ',: :;  ` ': :',、',: ',  ;:';: :; ;: : ; :;
           ', ': ': : ;',''´´``丶  ' ,'.,. ''´´``''; ,':,': : ;: :;      チャ圧
           ':,',:;',: : ',:::::::::     ;     ::::::,';:':,': ; :,':, ;
            ',: ;` 、',    :- - v;   ,':,':,' :,', ' ' '、
             ;';: : :; 丶   '、  ,.'   , ',': ; ,'´
              ;:; : ;:、丶:`: , 、`_´,. ; '´,' ;' : :,';
              ;:; : ;、:',、_, '`' 、_ _,. '丶._.; : :,' ',
             ',',: :',¨ ,';',   ,'';'',    ,'; : :;- 、
             , '' , : ', ;;;;;;', ,:'、::::',、 ,';;',: :;   ,
            ;′ ' ,:';;;;;;;;;;''、 ;‐:;' ,`'';;;;;;', ;     ;
       ,. '';;;丶   ,    ,';;';;;;;;;;、';;' : ',';;;;;;;;;;;;;;';    ;  _,. ';;;丶
     ,:';;;;;;;;;;;;;;;`;;、 ',  ,:';;;;;;;;;;;;;;;;;': : : ';;;;;;;;;;;;;;;;;;':,   ,' -''、;;;;;;;;;;;;;_ヽ
     ´  `ヾ'' `''´  ', ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;': : : : ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;', ,'    ´ ヾ'´ `''
               ' ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;': : : : : ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,'
              '. ':;;;;;;;;;;;;;;;': : : : : : ';;;;;;;;;;;;;;;;;:',
やる夫 「チャドの霊圧だったら消してもいいと思ってしまったなどと供述しており
特に反省の色はないもよう」
魔理沙 「2-1と3-0どっちがいいんかって言ったら、私としてはそもそも自分が明日を迎えられるかどうかって話の方に比重いくのでノーコメント」
チャド 「理由を・・・貼り間違えるわけがないだろう!
   __                                          __
  (´(     ,r―――‐-y .,--,   r----y r----, ,-----、 ,r-ァ ,r-y     ) ヽ
  ヽ、`ヽ __ 一7 /'7  } / /  / / ̄  .//l  l´ / / 7 // /_/ / _  ,r´,r´
   ,/ / l (  /   ̄ <´/ /  / └‐ァ //_l  l / / '--' / _. / )ヽ ヽ ヽ、
  / (  ) ヽ, / /'7 / / /  ./ / ̄ //~~l .l / /./ ̄// / / ./ ノ (  )  ).
./l ヽ-、`''´ /___ー'_,ノ /__'--ァ/___'--ァ/_/  l_-'_'-'__ノ/__ノ/___'--y__ `~ ,--' lヽ
.l ヽ_ノ   .7∠ニニニニニニ フ--y〃/ / _ _┬∠ニニニニニニニフ/  ヽ,_ノ/
 ヽ,__,,,,,,7∠ニニニニニニフ  /   /    / ̄∠ニニニニニニフ /,,___,ノ」
池上 「まだあわてるような時間じゃない…>リグル」
ぐだ子 「ところでこの村ってでっていう以外にムカつくかおっていると思う?
なんか魔理沙の占い理由を見て思ったけど」
紲星あかり 「あいつはもう消した(AA略」
でっていう 「剣八も死神なんだがっていうwww>さとり」
やる夫 「すまない、殴りやすい頭だったからつい…>あかりん」
小悪魔 「なん・・・だと…>あかりさん」
ノッブ 「茶圧?
なんかありそうな名前じゃのう」
真紅 「ブリーチ、つまり漂白
ここまで言えば分かるわね」
さとり 「BLEACHは名作ですね」
やらない子 「>魔理沙
人外二匹出ているという意味で3-0の方がいいんじゃないかしら。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
更木剣八 は ジロウ に処刑投票しました
やらない子 は 小悪魔 に処刑投票しました
チャド は 更木剣八 に処刑投票しました
リグル は 紲星あかり に処刑投票しました
雪華綺晶 は 真紅 に処刑投票しました
でっていう は さとり に処刑投票しました
ジロウ は ノッブ に処刑投票しました
真紅 は 池上 に処刑投票しました
小悪魔 は 真紅 に処刑投票しました
ノッブ は さとり に処刑投票しました
やる夫 は 池上 に処刑投票しました
ぐだ子 は 更木剣八 に処刑投票しました
池上 は やる夫 に処刑投票しました
さとり は ノッブ に処刑投票しました
紲星あかり は 更木剣八 に処刑投票しました
魔理沙 は さとり に処刑投票しました
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
紲星あかり は 更木剣八 に処刑投票しました
チャド は 更木剣八 に処刑投票しました
さとり は ノッブ に処刑投票しました
やらない子 は 小悪魔 に処刑投票しました
小悪魔 は 真紅 に処刑投票しました
池上 は やる夫 に処刑投票しました
リグル は 紲星あかり に処刑投票しました
真紅 は 池上 に処刑投票しました
でっていう は さとり に処刑投票しました
ノッブ は さとり に処刑投票しました
ジロウ は ノッブ に処刑投票しました
魔理沙 は さとり に処刑投票しました
雪華綺晶 は 真紅 に処刑投票しました
ぐだ子 は 更木剣八 に処刑投票しました
やる夫 は 池上 に処刑投票しました
更木剣八 は ジロウ に処刑投票しました
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
更木剣八 は ジロウ に処刑投票しました
小悪魔 は 真紅 に処刑投票しました
チャド は 更木剣八 に処刑投票しました
ぐだ子 は 更木剣八 に処刑投票しました
でっていう は 更木剣八 に処刑投票しました
やらない子 は 小悪魔 に処刑投票しました
雪華綺晶 は 真紅 に処刑投票しました
さとり は ノッブ に処刑投票しました
紲星あかり は 更木剣八 に処刑投票しました
ジロウ は ノッブ に処刑投票しました
魔理沙 は さとり に処刑投票しました
リグル は 更木剣八 に処刑投票しました
ノッブ は さとり に処刑投票しました
やる夫 は 更木剣八 に処刑投票しました
池上 は さとり に処刑投票しました
真紅 は さとり に処刑投票しました
2 日目 (1 回目)
やらない子0 票投票先 1 票 →小悪魔
真紅2 票投票先 1 票 →池上
チャド0 票投票先 1 票 →更木剣八
リグル0 票投票先 1 票 →紲星あかり
雪華綺晶0 票投票先 1 票 →真紅
ノッブ2 票投票先 1 票 →さとり
でっていう0 票投票先 1 票 →さとり
さとり3 票投票先 1 票 →ノッブ
池上2 票投票先 1 票 →やる夫
やる夫1 票投票先 1 票 →池上
ジロウ1 票投票先 1 票 →ノッブ
更木剣八3 票投票先 1 票 →ジロウ
小悪魔1 票投票先 1 票 →真紅
ぐだ子0 票投票先 1 票 →更木剣八
魔理沙0 票投票先 1 票 →さとり
紲星あかり1 票投票先 1 票 →更木剣八
2 日目 (2 回目)
やらない子0 票投票先 1 票 →小悪魔
真紅2 票投票先 1 票 →池上
チャド0 票投票先 1 票 →更木剣八
リグル0 票投票先 1 票 →紲星あかり
雪華綺晶0 票投票先 1 票 →真紅
ノッブ2 票投票先 1 票 →さとり
でっていう0 票投票先 1 票 →さとり
さとり3 票投票先 1 票 →ノッブ
池上2 票投票先 1 票 →やる夫
やる夫1 票投票先 1 票 →池上
ジロウ1 票投票先 1 票 →ノッブ
更木剣八3 票投票先 1 票 →ジロウ
小悪魔1 票投票先 1 票 →真紅
ぐだ子0 票投票先 1 票 →更木剣八
魔理沙0 票投票先 1 票 →さとり
紲星あかり1 票投票先 1 票 →更木剣八
2 日目 (3 回目)
やらない子0 票投票先 1 票 →小悪魔
真紅2 票投票先 1 票 →さとり
チャド0 票投票先 1 票 →更木剣八
リグル0 票投票先 1 票 →更木剣八
雪華綺晶0 票投票先 1 票 →真紅
ノッブ2 票投票先 1 票 →さとり
でっていう0 票投票先 1 票 →更木剣八
さとり4 票投票先 1 票 →ノッブ
池上0 票投票先 1 票 →さとり
やる夫0 票投票先 1 票 →更木剣八
ジロウ1 票投票先 1 票 →ノッブ
更木剣八6 票投票先 1 票 →ジロウ
小悪魔1 票投票先 1 票 →真紅
ぐだ子0 票投票先 1 票 →更木剣八
魔理沙0 票投票先 1 票 →さとり
紲星あかり0 票投票先 1 票 →更木剣八
更木剣八 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
さとりの独り言 「なんか生き残りました」
雪華綺晶(共有者) 「ふーむ」
リグル(共有者) 「私間違いなく信用勝負になったら魔理沙最初にきるとだけ」
ジロウ(人狼) 「どうする?信頼でも即噛みでもよしだ」
紲星あかりの独り言 「更木さんにザラキの呪文ってね! へへっ」
雪華綺晶(共有者) 「まぁあまり良くない形の出だしですわね」
魔理沙の独り言 「チャド真かなあこれ」
池上(人狼) 「おあつらえ向きに霊能者不在なのでまぁ…
どこ噛んでも問題無い」
紲星あかりの独り言 「いやごめんなさい。反省します」
チャド(人狼) 「ちょっと信頼は難しそうだな。即噛みつつ連囲はどうだ?」
リグル(共有者) 「ちょっと他社視点からみてよく見えるようにしすぎてる。」
魔理沙の独り言 「囲い狙いで○投げしていきたいが」
ノッブの独り言 「ネタ的にはチャド
真見るならチャドか魔理沙
じゃあチャドいいや」
ぐだ子の独り言 「うーん、占いは見た感じではチャドがある意味突出してるけど
そんなにかなあ」
紲星あかりの独り言 「さてと・・・」
ジロウ(人狼) 「どちらを噛むかか」
雪華綺晶(共有者) 「まぁその辺りはその時に生きてた方が好きにするという事で」
チャド(人狼) 「ない子真とは思うが。」
池上(人狼) 「真目はどっちもどっちだな」
池上(人狼) 「噛めそうなのは魔理沙.」
ノッブの独り言 「ない子真…あるか…?
答えろガチャ↑」
雪華綺晶(共有者) 「私からは今の所はまだなんとも」
紲星あかりの独り言 「なぜジロウさんに票を入れてたのかとかありますけど」
ぐだ子の独り言 「魔理沙とでっていうで2Wだと茶番がすぎるしなあ」
チャド(人狼) 「恐らくチャド護衛は無いだろう。
チャドの霊圧を消したい輩が多すぎる」
リグル(共有者) 「チャド死んかなあ。」
ジロウ(人狼) 「◇やらない子 「チャドの方が(●避けで出た)狼説高いかなぁと思う雑感。」
やらない子 は でっていう を占います
魔理沙の独り言 「あかり占いしてみたけどそこ狼かっていうと微妙なのがなんとも」
チャド(人狼) 「魔理沙噛みででって●という提案もなくはない。」
リグル(共有者) 「やらない子はわるくないけどぐだ子がそこそこ人外っぽい」
さとりの独り言 「あかり、小悪魔、ノッブ、やる夫辺りが気になりますけれど」
ジロウ(人狼) 「狂人で言うかっつーと…言いたくなさそうなセリフに思えるな」
リグル(共有者) 「ま、展開みつつだね、一応初日の雑感」
紲星あかりの独り言 「初手で票が少ない辺りから選んで占ってくれると嬉しいですね」
チャド(人狼) 「うむ、その発言でない子真じゃね?って思った」
紲星あかりの独り言 「いや、そうでもないか」
池上(人狼) 「まぁ…どっち噛みでも問題無い」
チャド(人狼) 「ない子噛むわ
失敗したらめんご。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ノッブ は チャド の護衛に付きました
チャド は やらない子 に狙いをつけました
やらない子 は無残な負け犬の姿で発見されました
(やらない子 は人狼の餌食になったようです)
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
さとり 「BLEACHの話しかしない初日でした
そして剣八に勝利した私が次の剣八と云う事でよろしいですね?」
チャド 「占いCO でっていうは●だ」
でっていう 「初日に◯投票とかそんなにGMといちゃつきたかったかのかっていうwww
俺様もうお前らに関してはもう崖から落とす勢いでおめでとうって言ってやるっていうwww」
池上 「おはよう」
小悪魔
       _    _  --  _  __
     //´  , . :´ : : : : : : : : :`丶ヽ:::\
   ..::::::::{__/: : : : : : : : : : : :\ : : : }:::::::::\
  /::::::::::::/ : : : : : : : : : : :|: : : ヽ<::::::::::::::::ヽ
  {/⌒/: : : : ; -: :/: : : : :ト、:|: : :} : :`Y⌒ヽ::::}
     l: /: |: :ハ :∧: |、 : ハ :イ : :ノ:} : : |   ソ    妥当 of 妥当.>ぱっつぁん吊り
     |イ : ハ/∩′ヾ ∨∩|j/:V: : : :|
      Vi.:.} ∪     ∪|: : : :} : : : |
       |:( '" {/⌒} '"| : : /: : : : |      むしろ、さとりに初手3票入るんです?
       |: :`7: :ーr--r‐: ':l: : ;′: : : :|
        ハ : l ;ィ'´|,示|`7ヾ:ハl : : : : : |      そこ初手吊りはちょっと怖いんですけどー
      /: : V/(「 ̄ ̄||{___ V: : : : : : |
      /_: : {::{='^}) (7^ヽ /マ: : : : : :|
    /(__ノ:::ゝイ__|トく::::::Vi:_:_ : : |       特記戦力:更木剣八”戦闘力”????
   /:::::::::::::/  i      >、::`ー'::\:|
  /:::::::::::::::::/: \_{__i__ .ィ: : :}:::::::::::::::ヽ
  |:::::::;. -- {ト: : :|::::| : : |:::::| :/ ハ::::::::::::::::::,
  l::::/     V |::::lヾV|:::::レ'j/ }7ー- 、::::|
  ∨        {_ノ   {_,ノ         ∨」
ノッブ 「おはよう。
まーステルス気味吊りってところかの>更木吊り
占い噛まれるじゃろうけどどこ噛まれるかのう。」
紲星あかり 「更木さんにザラキをかけましたってね(ぼそ

割と1票位置を占ってもあまりいい結果は得られない気が直感するので。
個人的には2票以上とか暫定○行ってもいいと思います。」
チャド 「理由
   __                                          __
  (´(     ,r―――‐-y .,--,   r----y r----, ,-----、 ,r-ァ ,r-y     ) ヽ
  ヽ、`ヽ __ 一7 /'7  } / /  / / ̄  .//l  l´ / / 7 // /_/ / _  ,r´,r´
   ,/ / l (  /   ̄ <´/ /  / └‐ァ //_l  l / / '--' / _. / )ヽ ヽ ヽ、
  / (  ) ヽ, / /'7 / / /  ./ / ̄ //~~l .l / /./ ̄// / / ./ ノ (  )  ).
./l ヽ-、`''´ /___ー'_,ノ /__'--ァ/___'--ァ/_/  l_-'_'-'__ノ/__ノ/___'--y__ `~ ,--' lヽ
.l ヽ_ノ   .7∠ニニニニニニ フ--y〃/ / _ _┬∠ニニニニニニニフ/  ヽ,_ノ/
 ヽ,__,,,,,,7∠ニニニニニニフ  /   /    / ̄∠ニニニニニニフ /,,___,ノ

◇でっていう 「ほう占い撤回霊能CO撤回占いCOですか・・・」
この発言をしたのが引っかかる。暫定○だから発言数を抑えたのもあるんだろうが目立ちたくないのは透けて見えるようだな。
たとえ暫定○だろうが俺は占うぞ!」
ジロウ 「>投票理由
チャドの発言を本気で霊能者COで見てた(勘違いしていた)なら
もっと遅いとか偽を疑う発言やらが真っ先に出そうだと思ったんでな」
やる夫 「         ____
       /      \      占い見ようかと思ったんすけど
      /  ─    ─\
    /   (●)  (●) \   なんかもうあれすぎるので
     |      (__人__)    |
    \      ` ⌒´   ,/   噛まれた奴が真だろみたいなあれです
___/            \
| | /     、   _,.-‐-、 ミ ー-,..-‐-、 ミ   やる夫はリグルの薄い本探す旅に出るお
| | /        ̄ ̄_゙、!j.j.jJ___iJ.j.j.j.!____
| | |         . ̄/______丶.,_,______,_ヽ.
 ̄ ̄ ̄ ....("二) .`――――-((」II.IIニニニニニニエ!
ぐだ子 「魔理沙狼ならでっていう初手囲いあるかもしれないけどってぐらいで
真紅はどうしよ、消えるような感じではあったけど」
魔理沙 「占い 真紅○」
さとり 「ノッブ、あかり、小悪魔、やる夫辺りで
何かしら結果が出るだろうと踏んでいます」
でっていう 「てめぇwww>チャド」
魔理沙 「最初ので2票はいってたけど、その他の票の傾向からして今日は票もらい占っていい日だろう感
ちょっと引いた立ち位置とりつつも最後の方はなーんか流れにノリそこねてるような
そういう雰囲気を感じたんでやや役目狙い」
真紅 「どちらも狩人あり得る吊り逃れは出来てもしていないのを確認した上で
魔理沙の投票先の方を優先することにしたわ、逆説的な意味で。」
紲星あかり 「占い師が一人噛まれて暫定○に●」
ぐだ子 「うーん、一人噛まれたけど遺言はなし」
さとり 「やらない子死んでしまいましたけどね……」
池上 「チャドはなんか,発言が軽すぎて真占い師が無さそうに見えた.
魔理沙とない子のどちらかが真だと見ている.

やる夫投票はチャドの例の件を誤認していたところから投票した」
チャド 「どうした、人狼。
かかってこい!」
小悪魔 「やらない子噛まれで
チャドはいきなり対抗の○占いするんです?

狂アピっぽい感じがしますけど」
でっていう 「チャドの霊圧が●だったらでっていう様は共有の如き扱いになるのでは・・・?」
ノッブ 「ない子噛みかのう。
まあでっていうに聞くかの」
ぐだ子 「でっていう自体は魔理沙狼ならとは思ったし
CO聞いていいかなとは思ったけど」
魔理沙 「更新タイミング悪くて微妙に出遅れたの申し訳ない」
リグル 「まあでっていうは後でつるかなー」
やる夫 「タイミングだけ見ると非常に狂くさいけど理由しだい」
チャド 「チャドの霊圧は消えないから・・・」
紲星あかり 「遺言自体は印象が若干下がるだけの云々なので」
真紅 「やらない子が少なくとも非狼っぽいのは灰にいきなり殺意向けていたので
狼ならやらないんじゃないだろうかぐらいの気持ちはあったわね」
ジロウ 「普段なら●吊って霊結果見ようだが霊能者いねえっつーな
グレランで様子見ってのはありか?」
池上 「うむ… あんまり●だからっていう理由では吊りたか無いな.
やらない子視点の灰ではあるが.」
さとり 「でっていうなら別にと思う反面
占い師ではチャドはちょっと一番信用低いかなとも思っていたので共有にぽいします」
紲星あかり 「おっそうだな。
霊能がいないということを除けば完璧な理論だな>でって」
チャド 「霊能不在なんででってキープで行くぞ。」
でっていう 「オイ!霊能今からでも良いから出てこいっていうwww」
リグル 「1灰指定
2灰ラン
3でっていう

どれがいい?」
やる夫 「この発言っていうけど
だいたい似たような反応だったと思うんすけど(真顔」
ぐだ子 「というかさ>やる夫
チャドが狂人だったら、狼濃厚の○に●とか怖くない?」
チャド 「なぜださとり!
俺の霊圧をお前も消したいというのか!」
雪華綺晶 「やる夫
貴方が池に落としたのは
幽リグハードレズ本ですか?
ふたリグル本ですか?
可愛い系イチャラブリグル本ですか?」
小悪魔 「……っは!?
これはまさかチャドが己の存在を示すために行った陰謀説!?」
魔理沙 「なんというか、そりゃセオリー的には3日目の●は吊るの普通だし
狂人噛みおつってところではあるんだけど、気持ちとしては残してやってくれって言いたい」
ぐだ子 「これがさー
私に●ならはいはい狂人、大安定ですねになったけど」
ジロウ 「●放置しておいて呪殺やら抜きにチャド真を後から追いなおせるか?ってのがネックだが」
紲星あかり 「闇深ァ!>きらきー」
さとり 「BLEACH AAがくどいなと思いました>チャド」
真紅 「狂アピしたいなら噛まれの〇に●撃った方が間違いがないので
別にでっていうは見れないことも無いけど
でっていうが狼で、狼のくせに(チャド視点の推定)狼に初手囲い貰っているのなら少し期待外れね」
でっていう 「>あかり
俺様天才だから最適解しか導かねンだわっていうwwww」
チャド 「まあまじめな話するけど俺が狂アピって発言した人はみとけよ。
そいつはこのグレランで処刑する。しなけりゃ占う」
リグル 「でっていうは確定でつるよ」
ノッブ 「んー、ない子の○ではないから即吊りはありじゃないかのう>ジロウ
噛まれたない子の○ならば悩む話じゃけど」
やる夫 「そもそもお前視点魔理沙が推定狼なんだし
残す必要無いのでは>チャド」
雪華綺晶 「でっていう>霊能出るなら明日がいいのでは?」
魔理沙 「一言言わせてくれ

なんで私は初手ででっていう占いをしたばかりにでっていうを庇うような言動をしているのか」
ぐだ子 「そういう意味で
チャドに狼をみないならって話」
紲星あかり 「確定で吊るならCO聞いとけって思います>リグルさん」
小悪魔 「魔理沙真追うかどうかじゃないです?
でっていう指定の場合」
チャド 「俺が狂人なら狼初手〇に●被せだぜ?
いくら俺がチャドでもない子の死体を見てから変えるだけの時間はあった」
でっていう 「慈悲はねンだわ」
リグル 「聞かない」
池上 「灰ラン… いや、指定希望かな
吊れた奴の色が分からない状況でのグレランにあまり」
リグル 「あとで吊ること確定してるのに今きいてどうするの」
さとり 「でっていうは占う位置ではなかった。そういう事になるのでしょう>魔理沙」
ぐだ子 「じゃ、別にグレランでもいいです>リグル
CO聞くかどうかは任せます」
やる夫 「        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (●)  (●) \   ふたリグに決まってんだろ
    |       (__人__)    |   ___________
   \      ` ⌒´  ,/   .| |             |
   ノ           \   .| |             |
. /´                   | |             |
 |    l              | |             |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、    .|_|___________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニニニ   _|_|__|_
ノッブ 「少年っぽいからと言って○○○り扱いはやめて差し上げて>きらきー」
紲星あかり 「そうですか、まあ判断はお任せします」
チャド 「>やる夫

   __                                          __
  (´(     ,r―――‐-y .,--,   r----y r----, ,-----、 ,r-ァ ,r-y     ) ヽ
  ヽ、`ヽ __ 一7 /'7  } / /  / / ̄  .//l  l´ / / 7 // /_/ / _  ,r´,r´
   ,/ / l (  /   ̄ <´/ /  / └‐ァ //_l  l / / '--' / _. / )ヽ ヽ ヽ、
  / (  ) ヽ, / /'7 / / /  ./ / ̄ //~~l .l / /./ ̄// / / ./ ノ (  )  ).
./l ヽ-、`''´ /___ー'_,ノ /__'--ァ/___'--ァ/_/  l_-'_'-'__ノ/__ノ/___'--y__ `~ ,--' lヽ
.l ヽ_ノ   .7∠ニニニニニニ フ--y〃/ / _ _┬∠ニニニニニニニフ/  ヽ,_ノ/
 ヽ,__,,,,,,7∠ニニニニニニフ  /   /    / ̄∠ニニニニニニフ /,,___,ノ
リグル 「じゃあ指定小悪魔」
雪華綺晶 「あかりさん>全部実在するんですよねぇ
リグルさん案外、エロスを多方面展開してるというか」
小悪魔 「確定で吊るなら今吊りで良いのでは?
COあるなら別ですけれど」
小悪魔 「COないですよ」
ジロウ 「>ノッブ
なんか放置は悪手だって聞いたことはあるんだが
こういう形だと●置きたくなるんだよなオレ
吊るのは考えとしてオレもわかる」
でっていう 「がんばって銃殺出せっていうwwww>魔理沙
俺様を生き残らせろっていうwww」
やる夫 「後々吊るなら今でいいんですけど」
ぐだ子 「そっち?
この流れだとあかりに行くのかなって思ったけど」
さとり 「なんかでっていう吊るす気がどんどん下降しているので小悪魔指定の方になびきます」
紲星あかり 「いやあるのはありそうですけどここで選択させるのはすごいなと」
リグル 「明日から占いロラね。」
チャド 「そうだな、後で吊るなら今霊圧を消そう」
ノッブ 「ん、そっち吊るのか」
小悪魔 「ですよねー>やる夫」
やる夫 「見て判断かつ吊らない可能性もあるよって言わんと
それやる価値がねえお」
魔理沙 「初日の占いなんて顔面で半分ノリで決めたんだけど、こう3日目からよーかぶせてきたなとかそういう気持ちで色々>さとり」
雪華綺晶 「ノッブ>ロリ美少女系扱いも多いからセーフ」
真紅 「結局霊能不在だと占いの色が分からない以上
でっていうの色は本人の発言か銃殺可能性でしか判断できないのよね
楽したいなら吊ってもいいと思うけど」
チャド 「しかし消すのはチャドの霊圧ではない・・・小悪魔の霊圧のようだな!」
リグル 「別に今きいて村になにかメリットあるならきくけど」
やる夫 「で、でっていう吊りたい気そんなに起きんので」
リグル 「わかるようにメリット説明して>あとで吊るでっていうのCOを今聞く」
ぐだ子 「まぁ、確かに真結果ではありますけど
…狼が吊れてないとなると…んー」
ノッブ 「これはチャドの霊圧が消える前兆…?」
紲星あかり 「単純にCOを後で聞くと人外でも準備できるので今聞いとけって思いました」
魔理沙 「頑張りはするけどお前を守るためっての最高に嫌だなw>でっていう」
やる夫 「やる夫は小悪魔吊りに流れてもいいかなって」
でっていう 「いいのか・・・?俺様の推理をききたくないのか?っていう」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
チャド は でっていう に処刑投票しました
さとり は 小悪魔 に処刑投票しました
雪華綺晶 は 小悪魔 に処刑投票しました
リグル は 小悪魔 に処刑投票しました
でっていう は チャド に処刑投票しました
やる夫 は 小悪魔 に処刑投票しました
小悪魔 は 真紅 に処刑投票しました
ノッブ は 小悪魔 に処刑投票しました
紲星あかり は 小悪魔 に処刑投票しました
池上 は 小悪魔 に処刑投票しました
真紅 は 小悪魔 に処刑投票しました
魔理沙 は 小悪魔 に処刑投票しました
ぐだ子 は 小悪魔 に処刑投票しました
ジロウ は 小悪魔 に処刑投票しました
3 日目 (1 回目)
真紅1 票投票先 1 票 →小悪魔
チャド1 票投票先 1 票 →でっていう
リグル0 票投票先 1 票 →小悪魔
雪華綺晶0 票投票先 1 票 →小悪魔
ノッブ0 票投票先 1 票 →小悪魔
でっていう1 票投票先 1 票 →チャド
さとり0 票投票先 1 票 →小悪魔
池上0 票投票先 1 票 →小悪魔
やる夫0 票投票先 1 票 →小悪魔
ジロウ0 票投票先 1 票 →小悪魔
小悪魔11 票投票先 1 票 →真紅
ぐだ子0 票投票先 1 票 →小悪魔
魔理沙0 票投票先 1 票 →小悪魔
紲星あかり0 票投票先 1 票 →小悪魔
小悪魔 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ぐだ子の独り言 「いや、でっていう●はさすがに狂人でやるには勇気が大きすぎないかって思うわけで」
チャド(人狼) 「魔理沙か共有どっちがいい?」
ぐだ子の独り言 「チャド真狼を見たくなるんだよね
その場合は魔理沙何ってなるけど」
雪華綺晶(共有者) 「ふーむ」
魔理沙の独り言 「とりあえず第一関門突破、と>真占い死亡」
リグル(共有者) 「明日から占いロラでいいよね?それとも6=4でロラる?」
ジロウ(人狼) 「イェー!>噛みが通る」
ノッブの独り言 「共有噛みなら共有噛みでいい。
問題は噛み切られる場合」
でっていうの独り言


     ./ \Yノヽ
    / (0)(―)ヽ キリッ
  /  ⌒`´⌒ \    狼ども、俺様のためにあの共有を噛むのだっていうwww
  | , -)    (-、.|
  l   ヽ__ ノ  l |     俺様はそうまでしても助かりたいっていうwwww
.  \        /」
チャド(人狼) 「俺は魔理沙かなって」
リグル(共有者) 「完全指定ゲーになるからあんましたくないかな」
さとりの独り言 「そういえば投票を記録していませんでした」
ジロウ(人狼) 「呪殺出ないこと祈って共有でいいんじゃねえかな
ぐだ子も可」
ノッブの独り言 「チャド狼なら魔理沙噛み抜きはする可能性ある
万が一でも銃殺されたくないだろうし」
チャド(人狼) 「ぐだ子は狩人線あるけどんー護衛線もちょっとあるんが」
ぐだ子の独り言 「でも小悪魔も小悪魔で
でっていう●の反応が怪しいといえばそうだけど」
ノッブの独り言 「…いや、ここで噛みは共有や占いよりかはない子○噛みするか」
池上(人狼) 「やらない子を真と見るのならば,噛む必要はないからな>魔理沙
俺はちょっと発言が振るわないので少し黙る」
ジロウ(人狼) 「噛み切ると暫定○が3つと共有2人か」
雪華綺晶(共有者) 「私としては
ロリ系リグルさんが好きですね」
池上(人狼) 「●出されても問題は無い.(二個出されなければ、だが)」
リグル(共有者) 「わからない・・・」
雪華綺晶(共有者) 「まぁローラーからの方が」
ぐだ子の独り言 「これヘタをすると
魔理沙と小悪魔とでっていうで3Wとかないよね?」
チャド(人狼) 「よし」
チャド(人狼) 「雪華綺晶をやろう。」
ノッブの独り言 「魔理沙かぐだ子。」
雪華綺晶(共有者) 「事故る確率は増えますが
取れる選択肢は多いかと」
チャド(人狼) 「占い先は囲わずに行く。」
ジロウ(人狼) 「霊能者が欠けてる分噛み切りする余地はありそうな気がするぞ
魔理沙真をケアするかどうかだな」
さとりの独り言 「何かチャドに真を見れないんですよね……」
ぐだ子の独り言 「…でっていう
ああでっていう
でっていう」
ノッブの独り言 「わしならぐだ子噛みじゃな」
リグル(共有者) 「チャド真にみえる」
雪華綺晶(共有者) 「死体無し出たらでっていう吊りで」
ノッブの独り言 「共有抜きはそこまでメリットがない。
護衛がいるし」
ノッブ は ぐだ子 の護衛に付きました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
チャド は 雪華綺晶 に狙いをつけました
雪華綺晶 は無残な負け犬の姿で発見されました
(雪華綺晶 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
小悪魔さんの遺言
            _. -―     ―- ._     ィー- _
          _.  ´            `丶. /:|!:::::::::::::>
__. -- 、 /                     ン::::!l:::::::/
:::::::::::r 、\   /   /         \  \=-―、‐ ´
、::::::: l l::::::::ソ   /  / /  ヽ  、ヽヽ  ヽ   ヽ
 ``゙'l レ'7     /  i 斗--  '.  } ヽ'.      i |
   / ├ ヘ   { i ,イ |ハ {   V / } l l '.  ヽ lリ__人__    小悪魔ですから(きらっ)
 / ヽ /  ノヽ  V ,>-‐vヽ   }/j ハ|i l  }  l V  `Y´
/   と__∠ ノー ' ´ _ . <ハ \/ ,z=、! | ハ. レ' __ i __
{    _ `ヽ ,.< '. うZソ    ´  jイ /  l     !       素村だって、ネタに全振りしても
        く  \ } '"'"   _, ' "/イ  l /
\ ーr--  _  \  ヽ   マ __ノ  ,.' / /イ              イイジャ無いですか?
ゝ、こノ  ∨ | `ヽ.ノ、  ト 、    . </イヽ ヽ
   {   / |   l  `ヾ  ` 7´}_ ヽ    \ \
 /  /   ! /l    l    {| / ニヽ_}_    ヽ \
7  / ̄`ヾ´:::::::l    lヽ. ___ノ レ'´, ̄   `丶.  ハ   \        答えは~?
 /       ヽ::::l   |   /ヽし' /       ヽ┴ 、  \
'´        i  V /  l / ヽ-‐ V r/ _   } 〉 \
        l  } l   /:、   l : : と´<  )Tー '/    \      イイともー!!
       l  ハ !  l:::::::` ー'-- く:::::::::`´ l\
i         ! ::::|l、  l::::::::::::::::::::::::::ヽ::::i::::::::l }ヽ
       / /::::::!::ヽ l:::::、::::::::::::::::::::::ヽ:!::::::::l/  〉.
 ヽ     /:::::::::::::::ヾ:::::::`:::ー-:::::_\::}:::::::::|}/ lヽ
/´丶 _/人:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`○、:::::/    | i \___
 /  i  {`:::::、`::::ー-::::::_:::::::::::::::::::::::::::〉'ヽ   //    ノ
,    |  ヽ:::::::`:::ー-:::::::__:::::::::::::ー--‐::'::::/}  〃   /
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
チャド 「占いCO ぐだ子は〇だ」
ノッブ 「おはよう。
チャド死んでたら割と草なんじゃけど」
さとり 「チャドの真はなにか切ってしまっている私が居ます」
でっていう 「魔理沙が真狂っぽいのでチャドを狼(仮)と推理すると
やらない子噛み&魔理沙の◯に●→特段吊り稼ぎしなければならないというわけではないっていうwwww
魔理沙狼としても●撃ちしない&さとりに初日投票よりさとり非狼説まででっちあげれるっていうwww
俺様の推理完璧すぎか?っていうwwww」
魔理沙 「占い 池上○」
ぐだ子 「狂人が残った占いの初手○に●を重ねるとかどうなんだろうと思いつつも」
池上 「おはよう」
チャド 「理由
   __                                          __
  (´(     ,r―――‐-y .,--,   r----y r----, ,-----、 ,r-ァ ,r-y     ) ヽ
  ヽ、`ヽ __ 一7 /'7  } / /  / / ̄  .//l  l´ / / 7 // /_/ / _  ,r´,r´
   ,/ / l (  /   ̄ <´/ /  / └‐ァ //_l  l / / '--' / _. / )ヽ ヽ ヽ、
  / (  ) ヽ, / /'7 / / /  ./ / ̄ //~~l .l / /./ ̄// / / ./ ノ (  )  ).
./l ヽ-、`''´ /___ー'_,ノ /__'--ァ/___'--ァ/_/  l_-'_'-'__ノ/__ノ/___'--y__ `~ ,--' lヽ
.l ヽ_ノ   .7∠ニニニニニニ フ--y〃/ / _ _┬∠ニニニニニニニフ/  ヽ,_ノ/
 ヽ,__,,,,,,7∠ニニニニニニフ  /   /    / ̄∠ニニニニニニフ /,,___,ノ
漂白、という意味だ。伝わったな?」
紲星あかり 「まあぽそっといいましたが。
吊り確約してその前にCO聞くなら狂狼狐の場合普通に準備できます。
というか私なら予約された時点でします。
それに対して逆(あえてCOなしとする)もできるので正直好みじゃないんです。
これ、CO聞いてなしなら吊れって話ではないですし、まあ好みの問題ですけど。>リグルさん

まあ若干魔理沙さんの印象が微妙に感じたのもあるので普通に真死んだかなという印象。
難しいですけどノッブさんか池上さんあたりを少しにらんでいきたい勢。」
魔理沙 「◇池上「うむ… あんまり●だからっていう理由では吊りたか無いな.
やらない子視点の灰ではあるが.」
これの前にチャド真あまりみていないって趣旨の発言があるから
内容自体に問題があるとは思わんのだが
目立ちたくないって雰囲気を感じたところ。
そういうRPだったんなら申し訳ないんだけどな」
ジロウ 「チャドは理由の文見てもあんまピンとこねえ
魔理沙は理由の内容自体はわかるが共有の投票先選んでる辺りでほんの少しだが心象ダウン
やらない子>魔理沙>チャド
ってとこだな」
やる夫 「あかりんの朝一が該当者多すぎて
割と適当言ってんじゃねえかおって感じ

池上とかはでっていう吊りたくねーな派だけど
特に援護も他の位置も見えんので敵作んねーなムーヴに見える」
ノッブ 「共有抜きと。
まー通常通りじゃなー」
でっていう 「銃殺出さないとか…魔理沙には俺様の恋人失格だなっていう…」
ぐだ子 「ここでチャドが私に○を投げるという意味でもってやつ?」
真紅 「でっていう残しだと噛み切り路線はかなり可能性としては低くなると思ったわ」
池上 「さとりの,自分自身の意見を持っているのにも関わらずに
共有者にぽいをしている様子を見ると何か役職を持ってそうな気がするが
他の発言を見ると狩人っぽくはない.
何が言いたいかと言うと怪しんでいる.」
さとり 「チャドを霊能勘違いで言えばやる夫もでしたけど>ジロウ
そちらはどう思いましたか?」
チャド 「>ジロウ
   __                                          __
  (´(     ,r―――‐-y .,--,   r----y r----, ,-----、 ,r-ァ ,r-y     ) ヽ
  ヽ、`ヽ __ 一7 /'7  } / /  / / ̄  .//l  l´ / / 7 // /_/ / _  ,r´,r´
   ,/ / l (  /   ̄ <´/ /  / └‐ァ //_l  l / / '--' / _. / )ヽ ヽ ヽ、
  / (  ) ヽ, / /'7 / / /  ./ / ̄ //~~l .l / /./ ̄// / / ./ ノ (  )  ).
./l ヽ-、`''´ /___ー'_,ノ /__'--ァ/___'--ァ/_/  l_-'_'-'__ノ/__ノ/___'--y__ `~ ,--' lヽ
.l ヽ_ノ   .7∠ニニニニニニ フ--y〃/ / _ _┬∠ニニニニニニニフ/  ヽ,_ノ/
 ヽ,__,,,,,,7∠ニニニニニニフ  /   /    / ̄∠ニニニニニニフ /,,___,ノ」
ジロウ 「草>漂白」
やる夫 「          ____
        /      \
       / ─    ─ \   やる夫は昨日吊らんのなら
     /  (●)  (●)  \  
.     |     (__人__)     |   吊り確約なんてするなよって話ししてるんで
      \    ` ⌒´    ./ヽ
      (ヽ、       / ̄)  |   CO聞く聞かないのメリットとかは興味ないです
       |  ``ー――‐''|  ヽ、.|
       ゝ  ノ      ヽ  ノ |    具体的にはチャドの心証低いんでがんばれよっていうこと
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
紲星あかり 「さくっと共有噛んでいく感じからしてこれ判断ついたかなという。
でってさん最終日送りで吊り不要と見ます」
チャド 「白くなれジロウ・・・!」
ぐだ子 「占い理由は完全に遊んでるし考えるな感じるんだとなってると思う>ジロウ」
魔理沙 「うーんうーん、割と2日連続で(でっていうは初手だからノーカンとして)結果出るところ狙ったつもりなんだけどなあ、でも水晶玉(?)がこう告げているのが」
リグル 「真狩人早期露出のデメリットより大きいとは思わないかな
あとで準備して対抗CO真狩人したほうがいい気がする、理由は拝聴したよ>あかりさん」
チャド 「いやそれは負けるよ<あかり
でって吊りは確実に遂行してくれ」
ぐだ子 「…漂白した世界を救いたいのに
4章が始まりません!!」
紲星あかり 「ん? 初日は大体適当ですね。
ドンピシャでここ占っとけっていうほどでもなかった>やる夫さん」
やる夫 「つーか●だなって確信の理由にしか見えねえんだもんチャドの●」
でっていう 「あかり氏…村人認定してやろうっていうwwwwうはwwww」
池上 「仮にでっていうが狼だったとしても,チャドを噛むだろうか…?>あかり」
やる夫 「それにしては理由よええもん」
チャド 「いや遊んでねえよ!?<ぐだ子
ない子噛みがぐだ子漂白かと思ったからだよ!」
ジロウ 「>さとり
◇やる夫 「うーんこの」
この発言は『え、このタイミングでCOする霊能?』と拒否する感じが出てたからな
勘違いしているかもしれんが違和感はない」
さとり 「やらない子が死んでいますので>池上
別にでっていう吊りでも構わないかなと思っていたのですが
チャドの動きがどんどん真から遠ざかったのででっていうは吊りたくないに傾いていきましたね」
紲星あかり 「今見てるのは魔理沙さん狼でチャドさんの●で判断ついたパターン」
チャド 「伝われ・・・!
   __                                          __
  (´(     ,r―――‐-y .,--,   r----y r----, ,-----、 ,r-ァ ,r-y     ) ヽ
  ヽ、`ヽ __ 一7 /'7  } / /  / / ̄  .//l  l´ / / 7 // /_/ / _  ,r´,r´
   ,/ / l (  /   ̄ <´/ /  / └‐ァ //_l  l / / '--' / _. / )ヽ ヽ ヽ、
  / (  ) ヽ, / /'7 / / /  ./ / ̄ //~~l .l / /./ ̄// / / ./ ノ (  )  ).
./l ヽ-、`''´ /___ー'_,ノ /__'--ァ/___'--ァ/_/  l_-'_'-'__ノ/__ノ/___'--y__ `~ ,--' lヽ
.l ヽ_ノ   .7∠ニニニニニニ フ--y〃/ / _ _┬∠ニニニニニニニフ/  ヽ,_ノ/
 ヽ,__,,,,,,7∠ニニニニニニフ  /   /    / ̄∠ニニニニニニフ /,,___,ノ」
ノッブ 「チャドなー。
わし的には狼あんの?ってぐらいは思っておる
まー、チャドネタで扱ってたからシニタクナーイで出た可能性十分あるんじゃけど」
チャド 「あ、失敬」
ぐだ子 「共有はでっていうをなんで見てるかになるんだよねえ
狼を見てるなら占いロラ今でもありだけど
あんまり見てないならロラの前にでっていうにCoって気分になってきてる」
でっていう 「俺様狼ならネタで噛むンだわ>池上」
やる夫 「ん?」
でっていう 「っていうwww」
リグル 「んーどしよかなー」
池上 「昨日の様子を見ると,かなりノーリスクだと思うが.
えらく簡単に判断するのだな」
ジロウ 「>さとり
ノッブは(オレの偏見だが)少し受け入れてそうな感じがしたんだよ
◇ノッブ 「草>チャド霊能」
第一発言のこれがな」
さとり 「じゃあジロウ残します>ジロウ」
ぐだ子 「わかるけどさ>チャド
チャド視点だとでっていう●なんだから、疑うのわかるし」
魔理沙 「あ、あんまりぐだ子占って一発逆転(具体的には他噛み+呪殺)が出そうかっていうとそれはなさそうだなって感触なので
対抗が2人占ってるし機械的にぐだ子占いってのはする予定ないんで」
紲星あかり 「普通に護衛ないと思うので私ならやっちゃいますね>池上さん」
やる夫 「こいつ霊のくせに占いCOしてんじゃねえーおふぁっく>ジロウ
のうーんこのだお」
でっていう 「俺様吊られても俺様のせいじゃねぇかんなっていうwww」
ジロウ 「今日の理由はそうだが昨日の理由はなんか違くねえかな>ぐだ子」
真紅 「個人的にはチャド切だけど
リグルが残るなら狼もリグルによる進行を期待しているんでしょう」
ノッブ 「チャド信用するかしないかぐらいじゃろ、今日の場合」
リグル 「真混じってる想定なら
1でっていう先吊り
2ロラ→でっていう
3でっていう
4でっていう
どれがいい?」
やる夫 「でっていうがなー」
チャド 「1,3,4で行こう」
リグル 「魔理沙とチャドどっちつるかは好みだけど」
池上 「朝を迎えた時点では占いに優劣がついてなかった…
と言う事か?>さとり」
ぐだ子 「チャドをちょっと信じてはいるけど
なんか私ずれてるっぽいし…」
でっていう 「俺様の選択肢多くね・・・?」
リグル 「んじゃ魔理沙吊りで」
やる夫 「想定ではまぁ村だと思うんすけど
発言が嫌」
真紅 「でっていう吊りたい気持ちは昨日の夜を挟んだことで大幅に減退している」
さとり 「私の中だとチャド切りなのでチャド吊りかなと思います」
リグル 「私も信じてるよ>ぐだ子」
紲星あかり 「それができない場合? 小悪魔さんか更木さんが狼のパターンですね。
これ見てます?>池上さん」
ジロウ 「>やる夫
さとりと話していたのは
詳細はともかくなんかこう…ファック!って拒否反応が第一発言からうかがえたかどうかって話だな
チャド 「まあ仕方ない。呪殺狙いで行く・・・!」
やる夫 「ええ…」
池上 「正直
チャド偽で見ているがでっていう残そうとも思わなくなってきた.」
リグル 「魔理沙→でっていう→チャドも考慮で」
ノッブ 「チャド霊能疑惑についてか?
霊能真偽については即座に考えれるもんではないじゃろ>ジロウ
あとネタ的に草はやしただけじゃな」
チャド は 魔理沙 に処刑投票しました
やる夫 「ええ…て」
リグル 「魔理沙がすごい真だと思うなら反対してもいいけど」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
さとり は チャド に処刑投票しました
リグル は 魔理沙 に処刑投票しました
やる夫 は 魔理沙 に処刑投票しました
ぐだ子 は 魔理沙 に処刑投票しました
でっていう は チャド に処刑投票しました
ノッブ は 魔理沙 に処刑投票しました
ジロウ は 魔理沙 に処刑投票しました
紲星あかり は 魔理沙 に処刑投票しました
池上 は 魔理沙 に処刑投票しました
魔理沙 は チャド に処刑投票しました
真紅 は チャド に処刑投票しました
4 日目 (1 回目)
真紅0 票投票先 1 票 →チャド
チャド4 票投票先 1 票 →魔理沙
リグル0 票投票先 1 票 →魔理沙
ノッブ0 票投票先 1 票 →魔理沙
でっていう0 票投票先 1 票 →チャド
さとり0 票投票先 1 票 →チャド
池上0 票投票先 1 票 →魔理沙
やる夫0 票投票先 1 票 →魔理沙
ジロウ0 票投票先 1 票 →魔理沙
ぐだ子0 票投票先 1 票 →魔理沙
魔理沙8 票投票先 1 票 →チャド
紲星あかり0 票投票先 1 票 →魔理沙
魔理沙 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
でっていうの独り言 「俺様吊りをここまで引っ張る意味あるのか・・・?」
チャド(人狼) 「狐探しかなー候補ぐだ子!」
チャド(人狼) 「いやあいつ狐はなかったわめんごめんご」
ぐだ子の独り言 「チャドさ…これ真狐って感じもしてきてる」
チャド(人狼) 「    ____\                ト、   __/ /Z_
    `ヽ                    |  ̄     {  /
      _>―-             / ,ニ_j  一  み ヽ_\
       ̄`>   ,   /| ハ i! ,小 ヽ ヽ   体  ん  /\
       /  / / |  /| レヘ| i | /V ! ト、Vハ      な  i  、
      /イ//彳 | /ィ寸v'jハj/   Vヘ. V|        |  、
     ´ // // { ヽ匕^弋レ',  '      ヽj        ト、 ヽ
      / 〃 ,.ィヽうーァ'彡′       /7        ヽ `
       // / /〃 ´´`´          '´ ̄ 「`'´ ̄\「\
      '  //!/       _              |ヽ
          〈  _,.‐ァ  /` _>..、           !:.|
       /    ``ヽ,. / /::::::::::::::\      /:.:|
     //    /  `ー<:::::::::::::::/´  }     /:.:.:.!
\__/ └-‐'/       ヽ:::::::/   リ    /:.:.:. :|
        /          V:::!   /   /:.:.:.:.: :|
  し 何   し'             v、_ノ/   /:.:.:.: : : :{ ヽ
  て を   /           ヽ‐'   /'´ ̄::\_ヽ_ノ:.ヽ
  ん     |          _/ハ __,.イ::::::::::::::::|  |\`\!
  だ     |           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ヽ ヽ
  よ    N         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |   ゙
   ッ    |        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ {\_
   !?     |       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ヽ `ヽ
ジロウ(人狼) 「そういややらない子噛めたってことはぐだ子狩人は薄そうか」
チャド(人狼) 「チャドさん心の叫び。」
ノッブ は ぐだ子 の護衛に付きました
ジロウ(人狼) 「自分に○出した狩人護衛したくなりそうなもんだしな」
チャド(人狼) 「んー狐っしょ?さとりかノッブで見てるけどどう?」
でっていうの独り言 「小悪魔人外なら正解だと思うけどwww(剣八は◯投票してるから考察外」
ぐだ子の独り言 「となるとさとりがなあ
チャド狐なら潜伏狂人もありそうな
もっとも、そうじゃなかったら普通に疑ってる村人だろうけど」
池上(人狼) 「ふむ」
ジロウ(人狼) 「ぐだ子とリグル噛めば○はいないし
今日は灰から適当に噛んでもよさそうだ」
チャド(人狼) 「さとり●投げてノッブ噛みで行くかな」
ジロウ(人狼) 「ノッブは狐狩で見てるぜ(第一印象)」
池上(人狼) 「俺は正直自己擁護で忙しいので見ていない…
狐位置か…」
紲星あかりの独り言 「うーん?」
ノッブの独り言 「共有だったらリグル護衛じゃったしなあ
リグル抜き?
笑えよベジータ」
池上(人狼) 「さとりは狩人なさそう ぐらいだな.」
ジロウ(人狼) 「さとりは狩はなさそうだな
村>狐>狩の印象だ」
チャド(人狼) 「よしやっぱノッブだな!
噛めたら即告発で」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
チャド は ノッブ に狙いをつけました
ノッブ は無残な負け犬の姿で発見されました
(ノッブ は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ノッブさんの遺言
         >…・・… <
       ,ィi{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ
      /.:i.:i:i:i:i:i:i:。o≦:i:i:i:i:i:i∨
    /: : : : j:i{≦j(:i:><!:iⅥ:iⅥ       最近、なろう漫画増えたのう。
     {:{:i{:i:i{:{ⅥⅥ/    ):i:iⅥ:Ⅵ      
    ⅥⅥjヾ ` `ゝ - ''゛Ⅵi:Ⅵ:Ⅵ      いろいろありすぎて、やってる雑誌がわからんのじゃけど
     ⌒}:i:i}       ノ:i:i:iⅥ:Ⅵ
    _____,ノ:i:iL _____ 。o ⌒Ⅵ:iⅥ´⌒ヽ
 /:i:i:iア:i:i:/:/ ゝ‐'Ⅵハ /  ):i:i:i∨、、 i}
.(人:i:i:(:i:i:i:({:i:L ___ 。 Ⅵハr' ,.ィi{ノ:i:i:ノ)"'<i}__
    ⌒ ⌒`⌒    ⌒´ ⌒ゝ‐'イ---‐ '"
魔理沙さんの遺言 うーん、ロラ先にされるんならでっていう吊りでチャンスくれって方になるわ(でっていう吊られ自体は諦めるとして)ってまで書いて時間なくなった。
しいていえばロラるにしてもチャド先のが嬉しかった

ちょっと厳しい展開になるだろうが残った面々は頑張ってくれ
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
さとり 「チャドが一番微妙なのでやらない子か魔理沙が真かなという印象でした>池上
そして、やらない子が噛まれているのであれば魔理沙の○を庇う理由も無いと思いました
ですが昼間の間にチャドがどんどん株を下げていったので、次第にでっていう吊りが嫌になりました」
ぐだ子 「チャド視点で一番結果がどうなるのか気になるのがさとりんになるけどね
問題なのはあかり●ならってなるけど」
チャド 「占いCO さとりは●だ」
やる夫 「        ____
       /      \
     /  _ノ  ヽ、_  \    魔理沙>でっていう>チャド
    /  (●)  (●)   \
    |     (__人__)    |   の吊りとか一番意図わかんねーお
    \     ` ⌒´     /
   /´           `\   これチャド偽でも真でも地獄しかねーもん
  /  /          l  l   .
__l  l_.[] _____/_/__  (チャド偽時ほぼ村のでっていう吊り挟み)
  \, ´-'ヽ
    ヾ_ノ              (真時2w落ち場合によっちゃ即おうどん)
池上 「おはよう」
紲星あかり 「一気にでっていうさんがヘイト稼いでる感すごいなと。
割合ガチってる人が多い印象ですが、
やる夫さんジロウさんあたりを最終日想定であと一人誰がいいかなという感じです。
こういう時は大体自分は入れずに考えていくのがマイフェイバリット。」
さとり 「魔理沙に真を強く見るというより
チャドに偽を強く見ていますね」
チャド 「理由
   __                                          __
  (´(     ,r―――‐-y .,--,   r----y r----, ,-----、 ,r-ァ ,r-y     ) ヽ
  ヽ、`ヽ __ 一7 /'7  } / /  / / ̄  .//l  l´ / / 7 // /_/ / _  ,r´,r´
   ,/ / l (  /   ̄ <´/ /  / └‐ァ //_l  l / / '--' / _. / )ヽ ヽ ヽ、
  / (  ) ヽ, / /'7 / / /  ./ / ̄ //~~l .l / /./ ̄// / / ./ ノ (  )  ).
./l ヽ-、`''´ /___ー'_,ノ /__'--ァ/___'--ァ/_/  l_-'_'-'__ノ/__ノ/___'--y__ `~ ,--' lヽ
.l ヽ_ノ   .7∠ニニニニニニ フ--y〃/ / _ _┬∠ニニニニニニニフ/  ヽ,_ノ/
 ヽ,__,,,,,,7∠ニニニニニニフ  /   /    / ̄∠ニニニニニニフ /,,___,ノ
◇さとり 「なんかでっていう吊るす気がどんどん下降しているので小悪魔指定の方になびきます」
でっていう吊る気がないなら、さとりはチャドの霊圧を消しに来る筈だった
だが奴は共有になびいた!
あと俺を吊りに来てるのが露骨に見えるから占うわ。」
でっていう 「>魔理沙とない子のどちらかが真だと見ている.
>正直チャド偽で見ているがでっていう残そうとも思わなくなってきた
なんでチャド偽と思ってるのに魔理沙投票に靡いてるのか?っていうwww池上氏
チャド偽と思っていても魔理沙真偽はまだ保留じゃなかったのか?っていうwww
指定だから従ったっていうのにはあまりにも発言ぶれすぎなんじゃねぇのって言うwwww」
ジロウ 「第一印象の話だからそこまでロックオンしてるわけじゃないからよ
話の流れ上掘り起こして何度も触れることになってはいるが」
真紅 「でっていう処刑を確定とするなら魔理沙より優先する理由はどこにもないと思うので
きっとでっていう処刑は確定ではないんでしょう
出力落ちてる魔理沙に真を期待するわけじゃないけど
でっていうキープもぐだ子占いも真占いの路線としては私は共感出来なかったわね」
さとり 「ノッブ吊りたいなと考えていましたが噛まれているので私は不正解の投票をせずに済みました」
リグル 「でっていうとさとりどっちも残したい人いる?」
紲星あかり 「ほほう<さとりさん●」
ぐだ子 「ああ、だよねー
チャドがさとりを占ったら本当かどうか別にしてその結果だよねー」
やる夫 「それするくらいなら潔くチャド真打ちします
私と共に散るがいいしてくれる方が
まだ気持ちに余裕が出来るお」
チャド 「推定でっていう・さとり・魔理沙で3W!
狐は見つからんかった!」
やる夫 「  ________
  | ______ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  | |       / ⌒  ー、  :::::::::::U:\
  | |       /( ○)}liil{( ○)   ::::::::::::::|    構図上さっきからやる夫
  | |      .|U⌒(__人__) ⌒   ::::::U::::|
  | |       |   |r┬-| U...:::::::::::::::::::/    すげえ共有に噛みついてる形になるけど
  | |____ ヽ  `⌒´.....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄      :::::::::::::::::::::::::|     これホント精神的にクるかんな?
  |\    |             ::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___      ::::::
真紅 「グレー噛みは予定調和でしょうけど噛み先は予想とは少しずれたわね」
紲星あかり 「どちらか吊りは許容範囲」
池上 「でっていうを吊るさない共有者を見ればチャドの信頼が薄い=噛まなくても吊るせるから噛まないだろう
と俺は思っていたが
今回の場合 でっていう吊らないのには違う理由がありそうだと 考えてきた>あかり」
リグル 「やる夫的にはでっていうもさとりも村でいい?>やる夫」
ジロウ 「灰噛んでくれるならよし
占いの内訳だがオレは魔理沙の方狂人読みしてるぜ
共有の投票先〇の辺りからな」
でっていう 「俺様とさとりなら俺様でいいんじゃないのっていうwww残すのねwww」
ぐだ子 「●をどっちか吊って
チャドをあと一日だけ残すー?
ノッブ噛みがなにってなっってるけど」
さとり 「リグルがどうしてチャドの真を追っているのでしょうと不思議には思いますが
考えや印象の違いなのでしょうか……」
チャド 「ふむ、ならさとり吊りでどうだね」
やる夫 「やる夫の望みとしては
チャド吊って後は野となれ山となれが
ベターになってますお」
リグル 「灰見ても吊っていい二人に見えるんだけど。うーん」
真紅 「初日見るとでっていうも魔理沙もさとり投票ね」
チャド 「灰だぞ、吊れるぞ?」
紲星あかり 「ほうほう>池上さん」
やる夫 「いんや?そこは後々判断することだお>リグル」
ぐだ子 「ん、そういえばそうだ>真紅」
チャド 「>真紅
   __                                          __
  (´(     ,r―――‐-y .,--,   r----y r----, ,-----、 ,r-ァ ,r-y     ) ヽ
  ヽ、`ヽ __ 一7 /'7  } / /  / / ̄  .//l  l´ / / 7 // /_/ / _  ,r´,r´
   ,/ / l (  /   ̄ <´/ /  / └‐ァ //_l  l / / '--' / _. / )ヽ ヽ ヽ、
  / (  ) ヽ, / /'7 / / /  ./ / ̄ //~~l .l / /./ ̄// / / ./ ノ (  )  ).
./l ヽ-、`''´ /___ー'_,ノ /__'--ァ/___'--ァ/_/  l_-'_'-'__ノ/__ノ/___'--y__ `~ ,--' lヽ
.l ヽ_ノ   .7∠ニニニニニニ フ--y〃/ / _ _┬∠ニニニニニニニフ/  ヽ,_ノ/
 ヽ,__,,,,,,7∠ニニニニニニフ  /   /    / ̄∠ニニニニニニフ /,,___,ノ
身内票、という意味だ。伝わったか・・・?」
ジロウ 「魔理沙狂人、チャド狼で噛みが真偽ついてるってパターン考えると
真紅狼の可能性をちょい見てるな」
でっていう 「まさか真紅氏霊能か?っていうwwwじゃねぇなら投票とかあんま意味ねぇぞっていうwwww」
池上 「今回は霊能者がいない、からでっていうを吊らないのがチャドの真贋にはかかわってこない.共有者の中では だが.
からあかりがそう見るのも違和感は無い.
早めにレスポンスが返ってきたし、嘘はついてないように思えた.」
さとり 「でっていうは別に最終日送りで良いと思うというか
吊る気がどんどん減退していますね」
リグル 「んじゃでっていうとさとりどっちが白い?」
真紅 「チャドの真贋を別とするなら非狼要素としてはチャド狼なら、ぐらいだけど
チャド真の路線としては納得いく結果ではあんまりないかな」
紲星あかり 「それってつまり非狼目高いってことでは・・・。
吊りも含めて逆囲い見るなら別>真紅さん」
ぐだ子 「投票を見ての狂アピあるのこれ?
って気分になってきたけど」
チャド 「どっちも黒いよ」
リグル 「白いほう最終日残しになるけど」
やる夫 「現時点流れの手綱の先が見えんので
そこはっきりしてくれって話しだお」
でっていう 「チャド吊れよ
迷うとこじゃねぇだろっていうwww」
リグル 「どっちも釣らない進行はしないだけだから」
リグル 「んじゃさとり吊り」
やる夫 「やる夫は現時点ではチャド投票しか考えてねーお」
池上 「さとりが白いというよりも,でっていうが黒い.

◇でっていう  「俺様狼ならネタで噛むンだわ>池上」

狼というよりは狐のようなふわふわ感を感じた.」
ジロウ 「比較評価じゃねえけどさとりは俺の中じゃとりあえず残すかって位置だったぞ
でっていうはチャド狼読みした場合非狼だからって理由で白い」
さとり 「>◇でっていう「俺様とさとりなら俺様でいいんじゃないのっていうwww残すのねwww」
これを狼で言えるのかとは思ったのででっていうの方が白いと思います」
リグル 「COあればどーぞ」
やる夫 「んしゃチャド真決め打ちだってお」
さとり 「COはありません」
ぐだ子 「うーん
すごく悩んでますそれ
どっちも疑ってた英せいで」
リグル 「明日チャド吊りだよ。」
さとり 「えぇ……>やる夫」
やる夫 「は??????」
真紅 「正直言ってチャドのみをそこまで優遇する気持ちに共感できないわね」
チャド 「は?」
でっていう 「なんすかこの進行っていうwww???」
リグル 「それはやる夫の中だけの進行だとおもう>チャド決め打ち」
チャド 「いやそれなら今日俺吊れよ」
やる夫 「進行がわかんねーおwwwwww」
さとり 「チャド吊りと主張しておきます」
チャド 「明日吊るなら俺を吊れよ!」
リグル 「極めて普通の進行してるよ
チャド狼でも残していいじゃん」
チャド 「                       );
        __ - ァァ―‐┐   ,ィー=彡'ー―┐
  .ィ ´//    \;i;i;i;i;i;/  ,.イ″` ≧:;:;:;:;:;:;:;ゝ-'     . -――- 、
// / 必 理 そ ヽ;i;i/  くイハ从「:;:;:;:;:;:;:;:;ヾ:;`,   /        \
. / /.  要 由 れ. ∨ 、_ノ彳:;:;:;:;:;:;ハ:;:;:;:;:;:;:;:;:;ゝ- /    か 命 俺 V
/ /   な .は 以  i  <:;:;{:イ/{イ'゙ _j:!ハ;:ト、:;:;:;:;ミ=-'|.     け を .が |
 /|    い    上  l __ノ.;:;リ リ ヾ '、ソ::::`!ノヘ:;:;(  ',     る        ,'
./.:::、          の  !  {イ:;i゛ ,∠ニニヽ_:.:: ハ:;:〉゙-  V.   の       /
'.::::::::ヽ         /  _ノ人!、 ´`-- ‐'.::::イ:;:(_,   ヽ..  に    /
ヾ::: (/\       ./   ̄  | ヽ  _,:::::;イ:::!:ト:;く     >―― "
   ̄  ./>――ヘ「   ィヘ-‐┤  ヽΞ::::イ::::::!;乂ソ
   /.イ;i;i;i;i;i;i;|_ ..<   \   ヽ:::::7.::::::ハ
  //;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;|   ー---= \、 ヽ 〈: j:::{;i;',
  //;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;|          `ヽ._ {::::Vi;i;ヽ._
  i !;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i|             `ヽ.ー'∧;i;i;i;i;、≧、__
 //;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;,′                  ∨ V;i;i;i;i;゙、  ト 、
.//;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;/                      Ⅵ;i;i;i;i;i  ヽ 丶
'/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;/                    };i;i;i;i;i|   ゙、  ヽ
;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;イ/                   !;i;i;i;i;i;|   `、 ヘ
;i;i;i;i;i;i;i;i;iイ'//、                    !;i;i;i;i;i;|     !  ハ
;i;i;i;i;i;i;i;i;i}::::::::::::.ヽ.                 ;i;i;i;i;i;|     !    }
;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;゙::::::::::::::::::::.>.、                  j;i;i;i;i;i;i|    ,`   ,
;i;i;i;i;i;i;i;i;/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧       /;i;i;i;i;i;/   /     !
;i;i;i;i;i;i;i;/、:::::::,′`ヽ:::::::::::::::::::>-        |;i;i;i;i;i|   /    ゙.
;i;i;i;i;i;i;/ ヽ::,′    ̄               |;i;i;i;i;i;|   ,′    }
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
さとり は チャド に処刑投票しました
リグル は さとり に処刑投票しました
チャド は さとり に処刑投票しました
ぐだ子 は さとり に処刑投票しました
でっていう は チャド に処刑投票しました
真紅 は さとり に処刑投票しました
やる夫 は さとり に処刑投票しました
紲星あかり は さとり に処刑投票しました
池上 は さとり に処刑投票しました
ジロウ は チャド に処刑投票しました
5 日目 (1 回目)
真紅0 票投票先 1 票 →さとり
チャド3 票投票先 1 票 →さとり
リグル0 票投票先 1 票 →さとり
でっていう0 票投票先 1 票 →チャド
さとり7 票投票先 1 票 →チャド
池上0 票投票先 1 票 →さとり
やる夫0 票投票先 1 票 →さとり
ジロウ0 票投票先 1 票 →チャド
ぐだ子0 票投票先 1 票 →さとり
紲星あかり0 票投票先 1 票 →さとり
さとり を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
でっていうの独り言 「俺様はもうリグルが霊能だったとしか思えない進行してるんですがっていうwww
剣八小悪魔さとりに人外いなかったら狩人に祈るゲームだぞっていうwww」
ぐだ子の独り言 「多分これさあ
リグルはLW警戒をしてるんじゃないかな…?
でもチャド狼…んー?」
リグル(共有者) 「普通の進行しかしてないのになんで文句いわれるのか」
チャド(人狼) 「んーとさ」
チャド(人狼) 「でって噛みとかやっちゃ、ダメかい?」
紲星あかりの独り言 「チャド視点で確実に1W1F以下にしたいってところかなあ」
ジロウ(人狼) 「明日チャド吊って…
狐候補はでっていう、やる夫、あかり、真紅か」
チャド(人狼) 「もしくはあかり。」
ジロウ(人狼) 「オレはありだと思うぞ」
やる夫の独り言 「        ____
      /      \
     /ノ  \   u \ !?
   / (●)  (●)    \
    |   (__人__)    u.   |   これやる夫がおかしいのかお?
   \ u.` ⌒´      /
   ノ            \
. /´                 ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
チャド(人狼) 「あかり噛み失敗すると狐吊れる線が薄くなってきついって思う。」
ぐだ子の独り言 「ああこれチャド狼のほうがありそうかも
魔理沙とでっていう狼で二人で身内とかちょっとなあ」
ジロウ(人狼) 「○は2人しかいないしな」
池上(人狼) 「アリだ.」
チャド(人狼) 「でって噛みは失敗しても告発するだけで勝負できる路線まで持っていけるからまあありっちゃあり。あとあいつ最終日のこし食らうから狐はやべぇ」
チャド(人狼) 「よし。でっていうを噛む」
ぐだ子の独り言 「だから逆囲いありうるさとり吊りをしたってこと?」
紲星あかりの独り言 「魔理沙視点だとチャド吊って1W1K死だし
やらない子視点だと同じく1W1Kっぽいが」
池上(人狼) 「あかり噛みもアリ」
ジロウ(人狼) 「チャド狂人読みでも狼読みでもでっていう非狼だと説明がつきやすいしな」
チャド(人狼) 「噛めたらなんか絶望かも知らんがすまん、頑張ってくれ」
やる夫の独り言 「チャドが優遇されすぎてて
リグルはチャド真打ちしてーんだな
じゃあ嫌だけどつき合うか…」
リグル(共有者) 「単純にチャド狼なら灰噛み誘発狙いでのこしていいし
チャド真でさとりにCOないならさとりから吊ってチャドの結果一つみればいい」
やる夫の独り言 「って思考はそんなにおかしいのかお?」
チャド(人狼) 「ただ正直なんだ」
ジロウ(人狼) 「さとり狐も結構期待してるからオレはその希望だけで生きていける」
池上(人狼) 「俺はあかりを…吊るせにはいけない発言傾向になったからな.」
チャド(人狼) 「剣八で連れてる気がしなくもないんだ・・・」
チャド(人狼) 「その希望は捨てていく。
でっていうを噛んで俺は行く」
チャド(人狼) 「先に待ってるぜ、相棒」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
チャド は でっていう に狙いをつけました
でっていう は無残な負け犬の姿で発見されました
(でっていう は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
でっていうさんの遺言         ──,丶丶   ──,   i   、    ヽ
         /   ___   /    |   ヽ   ̄ ̄`i
         ヽ_    _ノ   ヽ_    ヽ/  '    _/


                   /⌒ー―/⌒ヽ、
             //   r'´. ,-┬y `ヽ
             ノ    / ,へ、l丿   .}`゙''‐-,
               / /  /       _/  .l   /
             /   /      '´     l.  /
             _/                   /.|∨___
         l´    r'´,   / ./ヽ`ヽ‐''´ ./ .ヽ   |   _
.           |    ヽ`´  ./ ./::::::|:::::::)-=ニ  ..\  |  / |
            |  ___,,..-   /::::::,-、::/|   `ヽ、 .\|/   |
         ヽ____,,..-''ヽ‐、_l.M/.丿      ヽ   `''‐..,,_|
             \ _,,..-‐'ヽ,--‐l∨       ' ,      ̄
                      }.ru ∨         '.,
                     U .   ∨       ',
                             ∨       ',
さとりさんの遺言                  __     ヽ、
           _ ,..-.... ̄__.......`..-..、 ))
     ヽ、-─,ニ´_, -'_二二__ `゙ヽ 、....`゙ 、
       フ´..,イ‐''´......................`゙ヽ、  ゝ'"`Yヽ
      ,..'.../.....................................,.......\!   '‐、.ヽ
      //............../.............../.......!.............l_     )─- ..._
   -=チ''rイ..../L_λ............/.....ノ!.........ヽ....`チi!´ ̄..ヽ ̄ヽ\
 -=ニニィ..!!.|...从 !ヽ!....,'...,イ--,'、_!_...........!.......∨!.........lヽヽ  \ヽ  でっていうとジロウは白いと思いますけど
    /.....ヽ∨λL_、∨!/|_/  ヽ`.....,'...........ヾ.........ハ ``ー   } }
.   /............_ヽ!l 代i! ヾ チ"≧=ュ!_,ィ'...........,'...}.........ハ    ノノ   霊界での真実や如何に?
   l......,.-ァ'........} ヤノ    l |乂ソノ'`ノ......._ノ! ,'....ヽ.....∧ ,. '/
   |/ ,'....._,.イ''' ′    `ー‐'_/, -''´.....j/......._}シ-_ '/
    ´  l..../ ,',ヘ      """-ァ'ニ.............../ -,.=-r ´ヽ/
       ヾ !' ! .>、^ ,r'i   /....,rir'_`<≦'∨|ノ_   ´
         ‘/ヽ>'´ ノ--<!,イ/    ヽ! !;f´.!,ィニニニニニ
       /゙i / ノ,' /  _ -、ヽ、!      ! l.{ |<,、
      f イ | } ,' j / ,-、 ヾj! , -''_´ヽ  } .}j }'{ .}、_
      ゙、ヽィ |' _.ノ'_./   >i<-''´ ∧ ヾィ / .// ノ >'-、
.         } ´ "´   j  , ,'<{ {    /,!  -' /' ,<‐t'‐<
        l   ヽ-,r‐ {. l ! i7  `、. //λ ., '´ }ヾY ̄
.,r'ニニニ丶、{    }'    ヽ_|.|./_    ソ// `/   ! \
f i    `ヽ!   '__ ,-''ヽ ヽ、 _>-─''''"   {   ,′   \
| |      l ` ̄  {、Y´. \_jf,..--t-‐、   !   ノ、   \ヽ
| |      |    .!. ゝ    ノ-''   `ヽ   ノ   ヾi   ヽ!
   __                                          __
  (´(     ,r―――‐-y .,--,   r----y r----, ,-----、 ,r-ァ ,r-y     ) ヽ
  ヽ、`ヽ __ 一7 /'7  } / /  / / ̄  .//l  l´ / / 7 // /_/ / _  ,r´,r´
   ,/ / l (  /   ̄ <´/ /  / └‐ァ //_l  l / / '--' / _. / )ヽ ヽ ヽ、
  / (  ) ヽ, / /'7 / / /  ./ / ̄ //~~l .l / /./ ̄// / / ./ ノ (  )  ).
./l ヽ-、`''´ /___ー'_,ノ /__'--ァ/___'--ァ/_/  l_-'_'-'__ノ/__ノ/___'--y__ `~ ,--' lヽ
.l ヽ_ノ   .7∠ニニニニニニ フ--y〃/ / _ _┬∠ニニニニニニニフ/  ヽ,_ノ/
 ヽ,__,,,,,,7∠ニニニニニニフ  /   /    / ̄∠ニニニニニニフ /,,___,ノ
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
チャド 「   __                                          __
  (´(     ,r―――‐-y .,--,   r----y r----, ,-----、 ,r-ァ ,r-y     ) ヽ
  ヽ、`ヽ __ 一7 /'7  } / /  / / ̄  .//l  l´ / / 7 // /_/ / _  ,r´,r´
   ,/ / l (  /   ̄ <´/ /  / └‐ァ //_l  l / / '--' / _. / )ヽ ヽ ヽ、
  / (  ) ヽ, / /'7 / / /  ./ / ̄ //~~l .l / /./ ̄// / / ./ ノ (  )  ).
./l ヽ-、`''´ /___ー'_,ノ /__'--ァ/___'--ァ/_/  l_-'_'-'__ノ/__ノ/___'--y__ `~ ,--' lヽ
.l ヽ_ノ   .7∠ニニニニニニ フ--y〃/ / _ _┬∠ニニニニニニニフ/  ヽ,_ノ/
 ヽ,__,,,,,,7∠ニニニニニニフ  /   /    / ̄∠ニニニニニニフ /,,___,ノ」
ジロウ 「さとり⇒チャド処刑進行自体は別にいいんだが(さとりを人外と見るかは別としてな)
共有噛まれて指示役いなくなった結果チャド真ルートに邁進するとか怖くねえ?って思ったのでチャド投票に乗ったぞ」
ぐだ子 「えとチャドは狼よりの真狼じゃない?って気分になってきました
魔理沙とでっていう狼で初手さとり投票は両方で身内は流石になあという感じでしたので…」
紲星あかり 「チャド視点だとおそらく1W1F以下ででってLW見えてる状況となるから・・・
その状態にしておくってことだろうかなあ<片方吊り
他の視点はチャドさん吊って2W1F以下になる感じだと思うけど、
まあどちらにしてもギリ・・・あれ間に合ってなくない?」
リグル 「お、やーさしー」
池上 「おはよう.」
チャド 「おいどういうことだ狼」
紲星あかり 「草生える<でってさん死」
ぐだ子 「あ、破綻してる
狐チェックを入れちゃったのかな」
真紅 「その噛みって狼にとって何の得があるのかしらね」
やる夫 「        ____
      / ─  ─\
     / (●) (●)\   えって感情しか湧いてこねえけど
   /    (__人__)    \
    |     ` ⌒´     |   共有相手なんで頑張って気持ちを入れ替えようと思います
   \             /
   ノ            \    ぐだ子チャドのさとりん●を素直に受け止めてた感あるけど
. /´                 ヽ
 |    l             \  チャドをどう思うかさとりんどう思ってたがなくてどーも
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
ジロウ 「元々あまり真見ちゃいなかったが気兼ねなく吊れるわけだな」
チャド 「まあ、十分か」
やる夫 「うーんこの」
池上 「でっていうのほうが吊りたい チャドは偽目
散々言っておいて指示に従ったのは,共有者の指示だったからだ.」
紲星あかり 「破綻してるので吊ろうでエンド」
リグル 「ぐだ子かまれないのどーしよかなー」
チャド は リグル に処刑投票しました
ぐだ子 「それねー>リグル
別ん漂白を見るなら見るでいってくれてもいいけど」
池上 「ふむ 偶数展開ででっていうが噛まれていると.
共有者を残せば吊れる位置を,敢えて破綻させる意味か.」
リグル 「ま、とりあえずチャド吊ってこー」
やる夫 「んじゃぐだ子でいいんじゃねえかなぁって感じなんだけど
ぶっちゃけ雑感でしか無い」
紲星あかり 「ぐだ子さん漂白見ると内訳どうなんだってなってしまう感」
真紅 「まぁ他に狐候補吊りたいってぐらいだけど
そうすると狼吊れてない路線の方が可能性としては高いんでしょうね、ぐらい」
チャド 「   __                                          __
  (´(     ,r―――‐-y .,--,   r----y r----, ,-----、 ,r-ァ ,r-y     ) ヽ
  ヽ、`ヽ __ 一7 /'7  } / /  / / ̄  .//l  l´ / / 7 // /_/ / _  ,r´,r´
   ,/ / l (  /   ̄ <´/ /  / └‐ァ //_l  l / / '--' / _. / )ヽ ヽ ヽ、
  / (  ) ヽ, / /'7 / / /  ./ / ̄ //~~l .l / /./ ̄// / / ./ ノ (  )  ).
./l ヽ-、`''´ /___ー'_,ノ /__'--ァ/___'--ァ/_/  l_-'_'-'__ノ/__ノ/___'--y__ `~ ,--' lヽ
.l ヽ_ノ   .7∠ニニニニニニ フ--y〃/ / _ _┬∠ニニニニニニニフ/  ヽ,_ノ/
 ヽ,__,,,,,,7∠ニニニニニニフ  /   /    / ̄∠ニニニニニニフ /,,___,ノ
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
チャド 「裏切りを意味する言葉だ」
ぐだ子 「やる夫はさ
結局どういうのを見てるわけ?」
やる夫 「ごめんやらない子の○だったわ(白目」
ジロウ 「漂白見るにしても最終日に考えればいいんじゃねえかな」
紲星あかり 「その場合って魔理沙さん真になると思われ」
チャド 「一足先に行くぞ狼ァ!」
ジロウ 「このタイミングで漂白AAを使うのをやめろ笑うから」
リグル 「チャドの朝見る感じ破綻しってそうだからチャド狼目かなこれ」
ぐだ子 「魔理沙に真をみるのなら真紅と池上を残せ場になるけど」
紲星あかり 「占い結果すら張らないあれで?>リグルさん」
やる夫 「魔理沙の真でやらない子狂はもう
それはシカタナイネになるんで純粋にやる夫の間違いだお」
池上 「仮にぐだ子狼のぐだ子漂白を見るならば,
それまでにLWにして最終日に見るぐらいの占い師の印象.」
ぐだ子 「えー>やる夫
漂白狼を見ていたんじゃないの?」
真紅 「今更魔理沙真に期待してるのってでっていうが噛まれたからなの?」
リグル 「でっていう噛みが多分ねーうーん真の○噛みはあるんだよねー」
紲星あかり 「メモはしっかりとろうの巻>やる夫さん」
やる夫 「有る無しで言うならあんじゃねって感じだけど>ぐだ子」
リグル 「でっていう非狐だから吊りたくないみたいな」
真紅 「ぐだ子噛まれ云々は今日するべき話では無かったと思うわね」
やる夫 「魔理沙をあの吊りしちまった以上見る気にならん
だから殴ってたのがそもそもやる夫の手落ち」
ぐだ子 「ちょっとまとめ直してくる
遺言も含めてね」
リグル 「とりま池上さんと真紅は最終日おくりかなこれ」
紲星あかり 「ぐだ子さん残しで狼が窮するかっていうとそういうわけでもない気がするので
噛まれないこと自体はあまり・・・」
真紅 「相対的に魔理沙の方がというだけで魔理沙自身も別に良くは無かったわ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
真紅 は チャド に処刑投票しました
やる夫 は チャド に処刑投票しました
池上 は チャド に処刑投票しました
ぐだ子 は チャド に処刑投票しました
紲星あかり は チャド に処刑投票しました
ジロウ は チャド に処刑投票しました
リグル は チャド に処刑投票しました
6 日目 (1 回目)
真紅0 票投票先 1 票 →チャド
チャド7 票投票先 1 票 →リグル
リグル1 票投票先 1 票 →チャド
池上0 票投票先 1 票 →チャド
やる夫0 票投票先 1 票 →チャド
ジロウ0 票投票先 1 票 →チャド
ぐだ子0 票投票先 1 票 →チャド
紲星あかり0 票投票先 1 票 →チャド
チャド を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ぐだ子の独り言 「さすがにチャド狂ならさ怖いことしてるよ!
そこは私に●が安定だからwww」
真紅(妖狐) 「凄い雰囲気的には真紅が噛まれそうになってしまった」
ジロウ(人狼) 「ぐだ子を残せば池上、真紅も最終日送りになりそうだな」
紲星あかりの独り言 「でってさん狐チャレンジしたのだとしたら」
ぐだ子の独り言 「というか私が狼なら
チャドを破綻させるわけないから!!」
池上(人狼) 「まぁそれ以外から噛んでいくのが…と言う事か.
それ以外というとやる夫とあかりだが.」
紲星あかりの独り言 「そもそもがやらない子さん真なので」
ぐだ子の独り言 「真を見てもらわないと困るしね」
ジロウ(人狼) 「やる夫かあかり噛むのはどうかね」
池上(人狼) 「後真紅とリグル.」
リグル(共有者) 「どこかなー」
ぐだ子の独り言 「2Wでチャドに死んでもらいたかったら
他にもいろいろ手はあるしー」
ジロウ(人狼) 「真紅はチャド狼、魔理沙狂人で見た場合に真贋位置主張できそうだよな
本人の発言が強いのが厄介だが」
リグル(共有者) 「ぐだ子はまあ最終日なんだけどー」
池上(人狼) 「やる夫の方が何か持ってそうな浮つき方ではあるが」
池上(人狼) 「ただ狩人だった場合はぐだ子〇見逃してはいないよなとも思う.」
ジロウ(人狼) 「どっちでもええか…感がある
生き残りそうな池上!頼んだぞ!」
ジロウ(人狼) 「狐ケアに定評のある池上!」
池上(人狼) 「分かった. じゃああかりでも噛むか」
池上(人狼) 「ディフェーンス!!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
池上 は 紲星あかり に狙いをつけました
紲星あかり は無残な負け犬の姿で発見されました
(紲星あかり は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
紲星あかりさんの遺言 いや当然潜伏霊能とかではなく普通の村人ですよ。
ただの幻視ですって。はい。
                           -ァ "⌒7━‐- 
                            /〈└彡/   y‐ミ\
                           /  /`ト-く  _\r匕__)) `、
                        /  / 人  ∨ ` ∨ ∨ `、
                     _//  | ´  \_〉ィf戎Y  \ `、
                     ⌒7 T1 ィf戎´ ̄  Vン丿   ∨ `、
                     ノ 八代Vン     " /    厂   人
                    └=1  込"       ∠ イ  /  \√
                       ∨ /人   f´⌒)  厶 /|    〈
                            Ⅳ  /> `  イ  〈/八   `、
                            / |_/ ゚̄ア/}__/  √、   `、
                       〈 く  / レヘ::::::::::/   |i:i:i\     \
                     /    /\_У/Х \/⌒\_|i:i:i:i:/\  〈⌒
                  〈廴__\/) 〈/\〉厂::|⌒\/i:i:i:i/i:i:i:∧ `、
                      \   У:::) /  厂::::::八_J|i:\:/i:i:i:i:i:i:∧ `、
             ┌i      /⌒7 /::::::::)∥厂:::::::::::|i:i:i:i:i:i:i:i:∧i:i:i:i:i:i:i:i∧  \
         r―y//>  〈( /_八:::::::::Y´::::::::::::::::|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:\ 廴_ノ〉
          _丿r ¬`'〈 ___/i:i:i:i:i:i:i\:::j込::::::::;;;ノ|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i:i:/i:i:i:i:i:i:i⌒∨ く
       └ァ〃}::::::::∨\i:i∨i:i:i:i:i:i:i/I⌒T冖冖ニ|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:八/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|_   \_ノ〉
          / /しヘ::::::::丿ヽ〉i:|:i:i:i:i:i:i/ /―━――┤i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:/⌒ヽ:i:i:\    /
       / /  /〕Tてヽ/:i:i:i\i:i:i:| /::::::∨/:::::::|:八i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〈i:i:i:i:i〃   ∨i:i:i::\ /
.      └   /i:i:>-彡i:i:i:i:i:i:i:∨:| /::::::::::∨::::::::|::::::∨i:i:i:i:i:i:i:i:i∨i:i:|¨¨¨¨¨¨ | ∨i:i:i:|〈
          人i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i乂/:::::::::::::::|:::::::::::::::::::∨i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:人:_:_| : ノ√/∨i√`、
チャドさんの遺言  ̄`´ ̄    〉/三三三三三三リ ∨三二二ニヘ   |ヨ
@    /ィニ三三三三三ニソ  ∨三ニニニ!  |ヨ___
三ミ=≠イ三三三三ニツ,ィリ7 ,,、_  W三三三ヨ ≫'' ̄ ̄ \
三ツ¨7/三三三三ニイ卅ク /  !::::::\|_!三三ニ/       ∨
ニニノ/三三三リ,イ彡二ヾ   `>≦、_`VE三∥   は     l|
 ̄T彡三三三/,/r-、ヾ    チ',- 、ミヒ N三||         }}
  |三三三チzヲ { ・ }     ' { ・ .} 》’Yニ||    ?    ∥
  .|三三ニ! `゙ミ.、`ー",,     、.゙ー'_メ^ !三|i        ∥
   |:三三ヨ    ̄ ̄       ̄   l三ニ\      /
   .|:三三ヨ                ∥三三|゙メ===彡´
   |三三弍、        ^ "       /三三ニ| |
ヘ   |三三三ゝ     _,..=.、__,   ,イ三三三| l
 ヘ /三三三三\    `¨¨¨´  ,..イ三三三三∨
  V三三三三三ヨ::>.、    /::::|三三三三ニ|
   |ニ;ィ三三三三リ::::::::::::`:=´::::::::::|三三三三ニ|
  .{ニ| V三/ _,∠::::::::::::::::::::::::::::::::人\-='´ ̄\|
_,-‐弋シ^ー' ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::/   /     `ー-、_
       /  ヾ:::::::::::::::::::::::::/  /          `\
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
やる夫 「         ____
       /      \
      /|(●)⌒)  \   んー池上が発言から
    /       <   \
    |   |(●)、_,)      |  でっていう噛みするかって感じ
     \             /
    ノ           \  あかりんこれやる夫に乗っかって
  /´               ヽ
 |    l              \  ぐだ子殴ろうとしたけどハシゴ外された的なあれが見えんだけど
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
池上 「おはよう」
ぐだ子 「そもそも、チャドの偽が発覚しても困らなかったり大歓迎の位置に狼がいそうな気はするので
やる夫は素で私○気づいてないっぽい感じだったけど、このあとの態度がブレブレで
やらない子狂なら仕方ないと言いつつ、位置だけで考えるなら明かりっぽいかんじで」
ジロウ 「やらない子と真紅、池田組が両方狼ってのはないわけだからよ>真紅、池上最終日回し
真紅ー池上の2Wさえ見なきゃ○全部最終日回しはありだ」
やる夫 「はい」
ぐだ子 「ってえ?
あかり死ぬの?」
やる夫 「ぶっちゃけこれやる夫含めて
誰も灰殴ってねえから地獄だよね」
池上 「チャドが狼で敢えて吊れそうな所噛み、灰噛みで狐ケアをしない噛みをしている様子からチャド狂人と見てる.」
真紅 「推定人狼位置ではあったのでこっちの方が助かったわね>あかり」
ぐだ子 「魔理沙の○ですらない位置が死んでいくわけで…」
真紅 「どっちにしろ共有が指定するゲームだし
少なくとも今日はね」
やる夫 「進行に乗っ取った思考しますよってポーズは最初から示してるお>ぐだ子」
ぐだ子 「殴ろうとしたら死んでた>やる夫」
リグル 「うーん灰だれがつりたい?」
やる夫 「ぐだ子村打ちはそれに乗っ取ってる物
発言もその他要素も全部無視だお」
池上 「なのでやらない子真と見て.
魔理沙が残りそうな雰囲気で(村がチャド真目切りムード)
魔理沙が噛み切られていないのならば」
ジロウ 「狼視してる位置挙げるなら真紅だが…やる夫に聞きたいことがあるな」
真紅 「それで真紅ー池上の2Wを否定するに足る根拠は見つかったかしら
もちろんそれは私視点で否定はできるけどね」
リグル 「とりあえず聞くだけ聞いておこう」
ぐだ子 「やる夫が灰だけどあまりに天然過ぎて
すごく悩むわけで」
ジロウ 「>やる夫
さとり処刑がチャド真決め打ちに等しいと思った理由細かく言えるか?」
やる夫 「やる夫もビックリだけど2w残りなら狐狙いとしては
妥当じゃねえかなとか思わんでもない」
ジロウ 「もし根拠があったらどや顔で村中を触れ回るところだな」
やる夫 「やらない子死んで>魔理沙吊って>チャド吊らずに
その黒吊ります」
ぐだ子 「真紅はでっていう噛みのときの態度が置いとく感じになって
なんかあるいみ先を見てそうなのが池上の方という感じで」
やる夫 「もうやる夫の心は共有と一緒に殉じてって感じ」
真紅 「個人的に吊りから一番遠かったのはやる夫だけど
最終日があるなら転ぶ可能性はある、ぐらい
ジロウーあかりとか安易に予想するならありそうかなと思っていたけど
少なくとも半分は無かったと」
ジロウ 「>やる夫
逆囲いの線とかは見てたか?
考えた上で否定した感じか」
リグル 「んー指定池上さん」
やる夫 「考えとしては今でもあるお>ジロウ」
真紅 「根拠が無いなら結局真紅池上最終日主張は成立しないから無意味じゃないの」
やる夫 「魔理沙吊ったので【見なくしてる】」
ぐだ子 「いや、自分の考えを言ってほしいんだけどやる夫は
指定先は依存はないけど、やる夫を決め打つか悩んでるので」
池上 「狩人COだ!」
やる夫 「ぐだ子に関してはこれしかもう言えん」
池上 「狩人日記
1日目 護衛 不可
理由
ディーフェーンス! ディーフェーンス!(できない)


2日目 護衛 魔理沙
理由
チャドは発言の軽さが真占い師っぽくない.
魔理沙かやらない子だと… 魔理沙護衛だな.
初日から対抗の色を確定させようとしている占い師
◇やらない子  「チャドの方が(●避けで出た)狼説高いかなぁと思う雑感。」
が真だった結果をあまり見たことが無い.


3日目 護衛 魔理沙
理由
うーむ チャドが狂人だとすると魔理沙の初手囲いに●出しをしている.
あまり狂人に見えないのと,魔理沙の発言にオカシイところが無かったのを見ると
噛み切りがあり得るように見える. ので護衛する


4日目 護衛 リグル
理由
ここで噛みが来ないなら,共有者護衛が安定だ.
ぐだ子護衛でもいいが リグルという指揮者を失う方が現状困る

5日目 護衛 リグル
理由
ここ以外に護衛する必要は無いかと….
このまま死なれても此方が困る.
リグル 「そのまま」
やる夫 「遅いシネ」
ジロウ 「だから真紅狼は見てるぜ!を振りかざしたわけよ>真紅」
池上 「6日目 護衛 リグル
理由
上に同じ」
真紅 「お祈りゲーね」
ジロウ 「対抗いたら出ろ」
池上 「切れてた」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
リグル は 池上 に処刑投票しました
真紅 は 池上 に処刑投票しました
ぐだ子 は 池上 に処刑投票しました
ジロウ は 池上 に処刑投票しました
やる夫 は 池上 に処刑投票しました
池上 は やる夫 に処刑投票しました
7 日目 (1 回目)
真紅0 票投票先 1 票 →池上
リグル0 票投票先 1 票 →池上
池上5 票投票先 1 票 →やる夫
やる夫1 票投票先 1 票 →池上
ジロウ0 票投票先 1 票 →池上
ぐだ子0 票投票先 1 票 →池上
池上 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
リグル(共有者) 「さて、明日は来るかどうか」
ジロウ(人狼) 「どこ噛んでもキッツイな!」
やる夫の独り言 「2w残りがある以上
即COしとけ的な心」
ジロウ(人狼) 「ぐだ子にさよならするか」
真紅(妖狐) 「残念ながらまだ続くと」
やる夫の独り言 「これでまぁダメだと」
ぐだ子の独り言 「まぁ、6なら狩人でろってことなんだろうからいいけど」
ジロウ(人狼) 「池上は人外想定で進むと考えよう」
やる夫の独り言 「そもそもこの村にとってやる夫は異物だったねとそんなあれそれに」
ジロウ(人狼) 「やる夫真紅が両方池上投票じゃねえか!」
リグル(共有者) 「池上さん狼でぐだ子狼は成立しないんだけどー」
ジロウ(人狼) 「 」
ジロウ(人狼) 「池上狐推せるか?」
ジロウ(人狼) 「推すしかねえな」
リグル(共有者) 「狩人初日はないんだよねこれ、あれー真吊ってる?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ジロウ は ぐだ子 に狙いをつけました
ぐだ子 は無残な負け犬の姿で発見されました
(ぐだ子 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ぐだ子さんの遺言 そもそも、チャドの偽が発覚しても困らなかったり大歓迎の位置に狼がいそうな気はするので
やる夫は素で私○気づいてないっぽい感じだったけど、このあとの態度がブレブレで
やらない子狂なら仕方ないと言いつつ、位置だけで考えるなら明かりっぽいかんじで
池上さんの遺言
        ____
      /~__   ヽ
     / /´    ̄ ̄\ \
     / /          ヾヽ
     | |  =‐y   ‐=   | |    ________
     {, .| ,,‐rュ-i  {‐rュ-, | |   /
     レ|"`-= '   ト ー= |.,| <  いい質問ですねぇ!
     iu   「,、_,入   リ   \
     ,-ヽ  /ィェェェァゝ /ー 、    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ,―一: : : \` ー‐ ' ,.´: : : : `ーヽ
/ : : : : : : : : : i`―― '/: : : : : : : : : : \


真紅を昨日の時間じーーーーーーーーーーーーーっと眺めていたが、怪しい部分が見当たらなかった.

なので終わらなければ…ジロウかやる夫が狼だと思うな.
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
やる夫 「チーズ蒸しパンになりたい……」
ジロウ 「池上は人外と祈るとして吊って朝が来たなら狐じゃねえ?感がある」
やる夫 「そして千の風になってあの大きな空を
駆け抜けてゆきたい……」
やる夫 「   / ̄ ̄\
 /   ⌒ ⌒\   「がんば☆」
 |    ( ●)(●)               ____
. |   ⌒(__人__)            :/      \:
  |     |r┬-|           :/─::::::::─:::..  \:
.  |     `ー'´}  \      :/ <●>:::::<●>:::..  \:
.  ヽ        }     \     :|   (__人__)       |:    やる夫これジロウー真紅で
   ヽ     ノ       \  :\   ` ⌒´     _/:
   /    く. \      \  ノ           \      考えんのつらたんなんすけど
   |     \  \    (⌒二              |
    |    |ヽ、二⌒)、      \         |  |
リグル 「最終日どうしようかな」
リグル 「真紅狩人COあったりする?」
真紅 「ぐだ子人狼は魔理沙真でしか成立しないけど
魔理沙真だとチャド狼で見た時に狼位置がほとんど死ねないはず」
やる夫 「見返すとこの二人特にチャドに触れざる位置だったんだけど」
ジロウ 「さとり逆囲いマジであんのかね」
リグル 「一応狩人いるならでていいよ。」
リグル 「どうせGJでないし」
真紅 「そういうことを考えてた
ジロウは真紅狼で見るなら真紅ー池上2W無いなら最終日でいい説なんて提案する必要ないと思うんだけどね
しかも真紅ー池上2Wが無いだろうという理由も特にないというのが謎」
やる夫 「どっちも敵作ってねえ!!!」
真紅 「ま、どっちみち私視点じゃ2択ね」
ジロウ 「>やる夫
さとり逆囲い見ていたとして
さとり吊りになんというか否定的な反応を見せてた気がするが
チャド⇒さとり吊りの順なら納得はできてたとかそういう奴か?」
やる夫 「この村で敵作れるかっつーとすっげえあれだけどさぁ!!!」
やる夫 「出来るよ」
リグル 「真紅そこまで人外にはみえないよーなー」
ジロウ 「◇リグル 「とりま池上さんと真紅は最終日おくりかなこれ」」
真紅 「昨日見たら私とジロウが敵対してそうに見えて一番その敵つくってねぇ!ってなるのやる夫なんじゃないのかしら」
ジロウ 「これ見て無条件で最終日送りしていいか考えた結果のあの発言よ
ついでに言えば真紅、池上の2Wはない根拠見つからなかったから
真紅怪しんでることは主張したぜ」
やる夫 「敵対予定がね、死んでんだ」
リグル 「ジロウは今どんなかんじ?やる夫は?」
やる夫 「ただこう」
やる夫 「いややめとこ」
真紅 「投票ログ見ても終えると思うけど真紅はチャド真否定派よ
少なくともでっていう●出た日以外はね」
ジロウ 「結構迷ってる
もうちょい前なら真紅狼って言えたが」
ジロウ 「>やる夫」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
リグル は やる夫 に処刑投票しました
やる夫 は ジロウ に処刑投票しました
真紅 は やる夫 に処刑投票しました
ジロウ は 真紅 に処刑投票しました
8 日目 (1 回目)
真紅1 票投票先 1 票 →やる夫
リグル0 票投票先 1 票 →やる夫
やる夫2 票投票先 1 票 →ジロウ
ジロウ1 票投票先 1 票 →真紅
やる夫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やる夫さんの遺言             / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
             |    ( ●)(●)
            |     (__人__)  「村中だぞなにしてんだやる夫」
          |     ` ⌒´ノ
          __|___       }
        /      \     }    
       /  ─    ─\  ノ    ノブグダ本探してんだお
     /    (●)  (●) \ヽ、   ふぁっく!こいつもグダノブだ!!!
     |       (__人__)    | _|_________
     \      ` ⌒´   ,/ | |             |
___/           \ | |             |
| | /    ,                | |             |
| | /   ./             | |             |
| | | ⌒ ーnnn          |_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_


                  / ̄ ̄\
                /   _ノ  \
                |    ( ●)(●)
                   |     (__人__)
                 |     ` ⌒´ノ
                    |        }
                 ヽ         }
             \ /⌒      /
              \   ゞ        /
               \丶          \
           \/  、\    ’、
           \ (  \ヾ 、′・”        ’、
            \\  , -─´⌒ヽ ’).    .;_ _ ”  ’、
       _ ,. -‐\ ./ ( _i _i_ト、__)’、 .(;;ノ;; (′‘ ・\ ’、′”;
____/     ,/ .’、′・  ( (´;^`⌒)∴⌒`.ヘ /  ” ;  ’、′
| |   /   ,    /   、 ’、 ’・ 、´⌒,;y' ⌒ ;);;;;;ノ、./"'人      ヽ
| |  ,/   /    |:::..     、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;:;;) ;;  ,,)/⌒ ;; :) )、   ヽ
| |  | ⌒ nnn  \:::::::.....,.从人( ´;`ヾ,;⌒)´  从⌒ ;) `⌒ )⌒:`.・ ヽ
 ̄  \_、("二).W.V l二二l二二:::、  .,ノ  ...;:;_)|_..::ノ  ソ ...::ノ
[妖狐勝利] マヌケな人狼どもを騙すことなど容易いことだ
ゲーム終了:2019/05/17 (Fri) 23:05:00
小悪魔 「御疲れさまでした」
雪華綺晶 「お疲れ様ですわ」
やらない子 「お疲れさまでした。」
紲星あかり 「お疲れさまです」
でっていう 「おつかれーっていうwwww」
死神GM 「お疲れ様だな」
池上 「お疲れ様だ」
更木剣八 「お疲れさん」
真紅 「おつかれさまね。」
ぐだ子 「お疲れ様
きつねおめでとー」
チャド 「すまねえ。あかり噛み提案がダメだったな・・・。
お疲れ様だ、狐はおめでとう」
魔理沙 「お疲れ様だ、狐はおめでとう、だぜ」
池上 「「負けたことがある」というのが、いつか大きな財産になる…」
やる夫 「そりゃ判断つかねえわ(」
リグル 「小悪魔の非は真紅もジロウもつれないからー」
ジロウ 「狐候補1にきっちり残るか参った」
ぐだ子 「やる夫が死んじゃった!
私の色を忘れてたから仲間いないんじゃないのって感じはしてたけど
…言おうと思ったら噛まれて死んだよ!!」
チャド 「だけどなジロウ、お前・・・生きてるんだぜ」
小悪魔 「上北改め噛み来たぁーー>池上」
でっていう 「3年は引退だろ?っていうwww>池上」
やる夫 「言いたかったことは
そもそもでっていう噛まずに共有と延々敵対する道選ぶ方が
発言稼げるし、敵作らないことに違和感出さねえしと」
ジロウ 「>チャド
本当か?
催眠にかかったレイフォールガンが後ろから撃ってきたりしないよな」
やる夫 「そういうこと言いたかったけど
なんかなぁってなった」
池上 「真紅噛みは丸いっちゃ丸いから選択出来たな
スマン  だがジロウはよく最後まで生き残ってくれたな
チャドと魔理沙も感謝だ」
真紅 「やらない子即噛み私狼なら怖くてしないから助かったなという感じね
ジロウが私狼を言うまでは噛まれそうな予感も無いことは無かったし」
紲星あかり 「まあ真紅さんは狼の位置的に噛みづらすぎるでしょうね」
リグル 「霊能初日で狩人遺言無しかんがえるかどうかがうーん」
小悪魔 「まあ、実際私狩りないですけど、
チャド真見てでっていう吊るす言うなら、先に吊ればよかったのでは?何ですけれども…>リグル」
真紅 「真紅ー池上残し説とか出てたら真紅噛みたくなるかなと思ったけど
吊り先としてはあかりーやる夫よりはという感じなのかしらね」
死神GM 「GJ出てないから残さなくても普通じゃないか>リグル」
やる夫 「想定する進行と現実のギャップが有りすぎて
灰視が進めらんねー(震え声」
リグル 「魔理沙チャドで真残りの場合呪殺起きた時○吊りがいたいし、
CO即言わないなら残してもいいかなあ、で>小悪魔」
ノッブ 「おつかれー」
リグル 「少なくとも普通オブ普通の進行しかしてないよ>やる夫」
でっていう 「この村は共有に敵対しないと吊り変わらんし間違ってねぇんじゃねぇのっていうwっw
その分灰殴れなかったら意味ねぇけどwwww>やる夫」
ぐだ子 「じゃ、おつかれー
真紅に初日に叩き込む勇気…かー」
小悪魔 「剣ちゃん狩りだった場合、どうするんです?何ですけど…
吊り逃れしてない時点でないとは思いますが
序盤に死ぬんだったら残さないことは多々」
チャド 「   / ̄ ̄\
  / ヽ、_   \
. ( (● )    |  次は勝とう、生きているんだ、まだ戦える
. (人__)      |
  |⌒´       |
.  |        |
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |
    |     |
死神GM 「村についていうべきことは
霊能いないからなんかgdったな程度の感想しかない」
リグル 「1日占いロラストップで思考が止まるほどのストレスだっていうなら
それは私は納得はしない」
池上 「狩人COして遅いシネと言われたことには流石に衝撃を受けたが
まぁ狩人炙りだったな.」
紲星あかり 「ではでは、お疲れ様でしたー」
ジロウ 「真紅噛みか…オレは真っ先に外しちまったからな
発言で吊れずとも告発すれば吊れるっつーのはやっぱ強いしな
リグル 「3昼にでっていう確定吊りいってるんだから先につられたければでっていうは
その旨言ってCOすべきだし」
死神GM 「というかリグルの進行に異論あるなら反対投票すればいいし
そもそもジロウは反対投票したけどなんだかんだ生き残ってはいるからなあ……」
やる夫 「そもそもチャドを一切真視してなかったんで
魔理沙吊られたことのほうっすかね……」
ノッブ 「6なら出ていいと思うからのう。
まー潜るやつもいるから難しいところじゃけど」
やる夫 「んじゃロラルートか>えっ残すのマジ?みたいな」
死神GM 「みたいなところかな
別に本気でチャド先吊りしてさとり残したいなら
それはそれでしていいと思うよ俺は」
やらない子 「ぐだった理由を霊能いないだけにするとぐだる率高くね?ってなる。」
リグル 「別に反対しても私文句はいわないよ。ただ考えを否定するなら
考えを出してねってだけで」
小悪魔 「でっていうは魔理沙真も考慮で考えさせて、なら分かりますけど
後で吊るすなら今吊れば良いじゃないですか!!にしかなりませんでしたよ>リグルさん」
チャド 「別に共有が絶対じゃないんだから反対なら扇動してもいいんだぞ」
チャド 「勝っても負けても楽しけりゃそれでええねんで」
リグル 「私は私の考えで進行をしてるし、それに反対があるなら別の考えを提示
しておしすすめればいいとおもう。反逆なんて別にいわないし」
死神GM 「大文字でチャド対抗指定したのに対して誰も乗ってくれなかったさとりが
まるで可愛そうになるからやめるんだチャド!!!」
ジロウ 「狐は見事!としか言えんな
村建て同村ありがとよ!狼&狂人にはレイフォールガンのデータを転送してやろう」
やる夫 「ぶっちゃけチャドがどーだこーだが
絶対混ざっちゃうから灰の精度落ちるんで
個人的に好きじゃないっていうとこにハマっちゃった感じ」
でっていう 「俺様村人なんで無駄釣りわかってる自吊りとか言わないんでwww
剣八人外視は楽観的すぎるしな」
チャド 「そりゃ相手が悪いよ。
だってチャドの霊圧消えてるもん。」
ノッブ 「まーわしはない子護衛できなかったのが駄目じゃなー
共有護衛?そこはそんなに重要じゃないと思うんじゃ」
ノッブ 「それじゃおつかれさまじゃー」
池上 「ま,でっていう吊らない理由はでっていうがCOを言ってないからこそだからな.
チャド偽を見ていた俺の視点でも他の灰との差は無い.」
リグル 「別にあとで吊れば吊りが節約できるわけではないので
どこも変わらない1吊りだよ>小悪魔」
チャド 「きらきー噛みはぐだ子護衛だったんで読み勝った!感が強いけどない子護衛はなーうん。
チャドのおかげらしい。」
ジロウ 「さとり吊りはあの時点でLWになってる可能性やら
逆囲い、誤爆、狐に●やら色々考えた結果なのかと勝手に解釈してたぜ」
小悪魔 「共有の指定と灰の別案提示で別案受け入れられるとは思わないんですが…」
雪華綺晶 「ではお疲れ様でした
GMは村ありがとうございました」
チャド 「>小悪魔
いけるいける。扇動とは勢いだ。」
やらない子 「んじゃお疲れさまでした。」
池上 「同村感謝 狐はおめでとう
さぁ、整列だ…!」
リグル 「ちゃんと先につるべき納得できる弁があるなら聞くけど
進行として間違いな進行してるとは私には思えないんだよね。」
チャド 「チャドの霊圧はクールに去るぜ。
霊能!次は会おうな!」
小悪魔 「結構変わると思いますよ?
視点1W吊っているのと吊っていないのでは……」
死神GM 「むしろして勝ったこともあるし
して負けたこともある立場からいうと
してもいいと思う」
やる夫 「多分でっていう今日吊らないけど
今後確約で吊るよって言われた辺りで歯車砕けて
そのまま直せなかった感じ」
リグル 「チャド狼でも飽和狙いで灰噛み誘発でのこしていい
真ならそれはそれでいい。みたいな」
でっていう 「共有がCO訊かない&それに対してハンコウセイメイ的なこと言ってたから言わなかっただけなんだがwww
それを俺様がはオイオイってなるぞっていうwww」
死神GM 「霊能初日の段階で占い一人噛まれって
それつまり残った占いって路傍の石みたいなもんだからなあ俺からすれば」
死神GM 「呪殺出してどうぞみたいな感じだから
じゃあ●うってもはい無視していいよねみたいなところはある

そりゃ●もらった態度とかは参考にはするけど」
チャド 「おいやめろGM
チャドの霊圧が路傍の石みたいに言うのはやめろ」
死神GM 「もっと存在感を出せチャド!!!」
小悪魔 「つ 石ころ帽子>チャド」
リグル 「チャド真なら●キープはありだし
魔理沙噛まれもあるわけだからパンダで>小悪魔
先にでっていう吊ってたら村がかったとはあんまりなー」
リグル 「いや、別に個人の考えを否定する気はないけど
進行として間違いだっていうなら納得できる理由ないとそうは思えないってだけ」
チャド 「   __                                          __
  (´(     ,r―――‐-y .,--,   r----y r----, ,-----、 ,r-ァ ,r-y     ) ヽ
  ヽ、`ヽ __ 一7 /'7  } / /  / / ̄  .//l  l´ / / 7 // /_/ / _  ,r´,r´
   ,/ / l (  /   ̄ <´/ /  / └‐ァ //_l  l / / '--' / _. / )ヽ ヽ ヽ、
  / (  ) ヽ, / /'7 / / /  ./ / ̄ //~~l .l / /./ ̄// / / ./ ノ (  )  ).
./l ヽ-、`''´ /___ー'_,ノ /__'--ァ/___'--ァ/_/  l_-'_'-'__ノ/__ノ/___'--y__ `~ ,--' lヽ
.l ヽ_ノ   .7∠ニニニニニニ フ--y〃/ / _ _┬∠ニニニニニニニフ/  ヽ,_ノ/
 ヽ,__,,,,,,7∠ニニニニニニフ  /   /    / ̄∠ニニニニニニフ /,,___,ノ」
やる夫 「これ単にやる夫が知ってるセオリーでしか動けない人間ってのが
多分に関わってるんで」
魔理沙 「突然のAA」
小悪魔 「まあ、私の所よりもさとりさん吊りの所では?と思いますよ、問題あるとしたら>リグルさん
チャド狂のさとり狼狐とか見ないなら、チャド吊りで良くないです?」
リグル 「でっていう狩人ケースも考えたら一手起き自体が間違ってるようには思えないし」
死神GM 「別にさとり身内切りとかあるから
そこはいいんじゃないのか(てきとう」
やる夫 「チャド偽にしか見えねえし
基本チャドからロラってグレラン村しようぜ的な」
でっていう 「ンじゃお疲れなンだわ&村建感謝っていうwww」
死神GM 「少なくともそれを想定してました
って誰かがいうなりしたら誰もまあ反発できないし
想定しちゃったならしょうがないで終わるぞ多分」
リグル 「二人のどっちも吊らないってほど白いかはちゃんと聞いてたよ
その上で狩人ないと判断したほうにCOきいた>小悪魔
仮にさとり非狼チャド狼でも灰噛み誘発狙えるし」
小悪魔 「それは分かる>やる夫さん
チャド残す=ほぼチャド真の進行する!!だと私も思いましたもん」
リグル 「さとり非狩人なら翌日でっていうとランってだけだから、うーん
変速的にして問題ある場面にみえないのとー」
小悪魔 「灰嚙みってそもそもやらない子真見たらみんな灰みたいなものでは?」
死神GM 「まあ霊能いないからな
霊能いるならチャド確定狼で飼うわーっていう空気が作れるけど
作れないからなんか面倒になるって感じだろこれ」
リグル 「なんで変速しただけで真進行になるの?」
リグル 「そこが間違ってる」
チャド 「噛まれた占いが一人いる状態での占いの価値なんて12人で即死させらぁ!ぐらいでいいとは思うよ、たとえ真に見えてもね」
リグル 「変速したからうわーーチャド真盲信だーってのは人の話きいてないだけだとおもう」
死神GM 「偽見る占い師は即吊らないと考える人間はいるし
●が出たら吊らないといけないっていう思考が前提の人間はいるってことさ>リグル」
リグル 「私はちゃんと言ってるよ、片方は確実につるってだけと」
やる夫 「察するにチャド狼視あってずっと残してたってことじゃろうか」
死神GM 「俺もどっちかっていうとそういうタイプの人間ではあるからな
まあだからこそ下界にいたら反発というか反論はするし
みたいな感じ」
チャド 「霊能不在ならなおの事情報が錯綜してるんで情報整理の意味でもチャド切り魔理沙切りスタートのが安全進行だったんじゃね、ってことだと思うよチャドの霊圧は」
死神GM 「ただリグル普通にチャドはさとり吊りのあとに吊るっていってたから
別に真見ますとはいってないと思うんだが……」
リグル 「結局こっちの意見きいてないもの、一言もいってないことを勝手に解釈して
お前は間違ってるって言われても私には理解できない」
リグル 「別にチャドって狐以外特別吊り順変えて問題ないでしょ。」
チャド 「言ったことと伝わることは違うんだよチャドは知ってる」
小悪魔 「さとりーでっていうで村しか吊れないのと
グレランで他吊って人外吊れるパターンあると思うんですけど
チャド切る=そこの●は関係なく灰になるんで

そこ2人だけで考えず灰全体見て指定するなら変則言われても分かりますけど
2人に固定してる時点で変則なんです?」
リグル 「変速ローラーになれてないからそれにヒステリー起こしてるだけなら
私は変速進行はどんどんするべきだとおもうので」
リグル 「村しか吊れないなら狼が残るじゃない>小悪魔」
死神GM 「チャド吊ってからグレーの怪しいやつ見よう!!
ってタイプの人間からすれば多分困ると思うぞ

俺はそういう理屈でやめてくれーとはいうと思う>リグル」
リグル 「他に灰の吊り先提示があればもちろんきいたよ。」
小悪魔 「いや、狼吊りましょうよ?」
死神GM 「逆に怪しいやつ見つけられてるなら
さとりやでっていうよりチャド仮想狼で残すにしても他のやつ吊りしたいとか
言ってると思う

なんかそんな感じ」
でっていう 「ぶっちゃけさとり釣りは間違ってたら吊り返しつかない場面だし
そこは共有の指示云々にかかわらずさとり投票した村人が悪いとこだと思うわっていうwww」
チャド 「俺は狐絶対殺すマンなので飽和進行大嫌い。なんでまず占いロラって狐探し出して人狼と楽しく勝負!が理想的な進行よ」
リグル 「別にでっていうかさとり吊ってチャド吊ってから怪しいやつ見よう
となにもかわらないよ時間的には>GM」
やる夫 「まぁヒステリー起こしてたって言われるとそうなんだが」
チャド 「その意味でさとり吊りが間違いってのはさとり●だから吊りの思考停止なんでまあでっての言う通りなんじゃねいのって」
リグル 「14の日に占い吊りいってもヒステリー起こすんだから
別になれてない進行でヒステリー起こしてるだけだとは正直おもってる」
チャド 「しかしさとり吊りが間違いってのはさとりが村であることからの結果論なので、逆説なのだよ」
死神GM 「夜3分あれば人は何かを決められるんだろう
多分
実際は何もわからないことがわかったとかいう悲しい事実がわかることも多々あるが>リグル」
リグル 「さとりでっていう両方村だと見抜けないのが悪いならそこは
ごめんね。とは言える」
やる夫 「チャドさっさと吊ってんじゃ
切り替えてグレランやろうぜの思考リソースの手っとり早さが
やる夫には魅力的過ぎるお」
リグル 「でも私には二人が素村断定できるほどとは判断できなかった。
そして二人とも村だと言ってる人もいなかった」
チャド 「チャドが真かどうかは別としてさとり吊りたいか聞く感じにすりゃよかったんかもねって思うぐらいだよ<リグル」
小悪魔 「さとり人外だとしても、普通にチャド吊ってから灰で見て吊れば良いのでは?何ですよね」
リグル 「ならその進行を推し進めればいいとおもう。
私は私の進行をしてるだけなので」
チャド 「んで代案はチャド吊り。さとり・でって2W出てるし吊る価値はあったと思っていたし吊られるつもりだったよあの日。」
リグル 「間違ってるかどうかだけだよ。進行手順として」
チャド 「8人で3W生存狐生存とか最悪じゃねーか飽和だよこんちくしょう」
やる夫 「うーん」
リグル 「間違ってるなら聞くけど、ただヒステリーってだけの意見にみえるなら
ゴメンねとしか私は言わない」
やる夫 「慣れろやって言われたらそれまでなんだけど」
リグル 「今の所、そう見えちゃう>ただのヒステリー」
リグル 「間違ってるって強く思える論理をもらってない」
リグル 「だから人外見抜けなくてごめんね。で私はあがるねー」
やる夫 「変則ってだけでアレルギー起こす人間って多分
やる夫だけじゃ無いと思うんで」
小悪魔 「村しか吊らない可能性があるよね?で十分では?」
リグル 「うん、意見全然きいてもらえてないのがわかったからもういいや」
チャド 「チャドの半分は人狼でできてたからね」
リグル 「お疲れ様。」
死神GM 「もう半分はなんだよチャド
ホロウか?」
チャド 「霊圧だ」
死神GM 「消えてるじゃねーか!!」
やる夫 「現場としては共有の思考が降りてこなくて
どうすんだよどうなってんだよって右往左往するしかなかったわけで」
チャド 「まあ共有だって1プレイヤーに過ぎないからな」
死神GM 「でも共有って大体ブラフする生き物だから
しょうがなくないか?(ひげ並感」
チャド 「情報が一つ分少ない村人なんだぜ、共有は。」
やる夫 「理論はある、追いつけ
って言われても無理だお……」
でっていう 「間違ってるって思ってるのは
さとり吊りや小悪魔吊りが村の意志で行われたかどうかが明確じゃないからだろっていうwww」
小悪魔 「割とやる夫が村中で言ってたと思うんですよね、進行については
で、それ聞いてないのでは?何ですけど…
人外多いなら人外の意見の方が通っちゃいますし」
チャド 「村人は自分が〇だって情報を持ってるが共有にはそれがない。
村人より共有の方が弱いんだ。」
死神GM 「でも共有の指定ゲーなんて
村の意思を聞くと見せかけてうるせー俺の吊りたい先吊りします!!
とか普通にあるからな>でっていう」
チャド 「小悪魔吊りはともかくさとり吊りは村の意志だろ?<でって」
でっていう 「特にさとり吊りに関しては残りの村が共有の指示に従って投票したのか
それとも自分の推理と合致するから投票したのかわからんからじゃねぇのっていうwww」
やる夫 「っていうか素直に狼狙いたいです(」
死神GM 「村の意思……グレランさせろ……なんのことです?
とかよくあるよくある
それで勝ち負けが左右されるとかもよくある、これは良くも悪くもとつくが」
やる夫 「いやぁ……やる夫はそもそも見てない……>さとり」
小悪魔 「半ば共有の指定ごり押しに感じる…というか
共有が言うから反逆しても吊れないこと多いからしょうがないで吊りは私もするので
チャド 「さとり吊りに反する側はチャド人狼を推してチャド吊りに動いてもよかったとは思うんだよ」
リグル 「進行の話をきいてるんだよ。私は>小悪魔」
やる夫 「チャドの●ってだけでとりあえず吊りたくなかった……
が、やるっていうならわかったお……としか……」
リグル 「それだけなんだ」
でっていう 「>チャド
ぐだ子やあかりがその通りならやる夫達も納得するんじゃねっていうwwww
まぁさとり吊りが出たの突飛だし灰視でさとり人外視もなかったからなっていうwww」
リグル 「疲れちゃうから落ちるね、私がヘボかったすいませんでした。
お疲れ様でしたでおわろう、この話」
小悪魔 「さとり吊りする人の音頭はリグルが取ってたけど
じゃあ、逆にチャド吊りの音頭取れる人誰?
さとりかでっていう位?」
やる夫 「進行に関しちゃさっさと占いロラでよくねって……」
死神GM 「チャド吊りに乗ったのでっていうさとりジロウだからな
っていうか乗ったのでっていうだけじゃねーかみたいなところはあるな」
チャド 「チャドだな<小悪魔」
死神GM 「っていうか実際さとりはチャド吊り音頭とってたし……」
やる夫 「自分から霊圧消しに行くスタイル嫌いじゃない」
チャド 「チャドが真に占い師なら音頭を取るのはチャドだった。
でもチャドは人狼だからそれをしなかった。」
死神GM 「チャドさとり吊りのとき俺吊れよとかいってたからなお前」
チャド 「さとりが音頭取ってたけど立場がキツいからな。
やるなら他の灰だよ。」
チャド 「最後に占い師の魂が目覚めちまったようだぜ、どうやらな」
死神GM 「どーだろ
他の灰がいうならさとり村って思うやつじゃないとだめだと思うぞ
だってさとり確定村って思ってる灰がいないとチャド吊り音頭は多分取らない」
小悪魔 「占いの魂(真っ黒)?>チャド」
死神GM 「俺は自分で音頭は取らないけど
さとりが音頭とるならでっていうみたいに乗るって感じかなあ
下界にいるならだが」
チャド 「さとり確定村ってよりは確定非狼宣言、チャド人狼決め打ち宣言できる位置だな。今回で言うとぐだ子。」
チャド 「もしくは真紅あたりになるんだろうがあいつ人外だしな・・」
死神GM 「でも下界身内切り見れる状況だししんどくない?
でっていう吊ってさとり残す読みでさとり●うった身内狼とかいわれると
うーん否定できないみたいなところあるし」
やる夫 「してもいいんだけど致命的に共有と決裂するからなぁ(白目」
でっていう 「正直さとり吊りで負けても共有のせいにすればいいやとかそういう邪な考えでさとり投票するヤツいるしなっていうwww俺様が夜そんな事言いそーとかいうなっていうwww」
小悪魔 「霊能か、共有片割れいないと…ですかねぇ
積極的にチャド吊り音頭をとれる人がいる場合って>GM

まあ、霊能いた場合魔理沙○見えるんでそもそも無いんですけど」
チャド 「霊能不在ってのと自分が吊られる直前での●ってので逆囲い線は薄くなりゃせんか?」
やる夫 「それだわ>でっていう」
死神GM 「チャドが吊られる状況だからこそ
逆に何があってもおかしくないんじゃね?
あの状況でチャド放置さとり吊りは実際皆からすりゃ想定外だし」
小悪魔 「ごめんなさーい、私其のパターンです>でっていう」
やる夫 「割とずっと指定してるから
じゃあ好きにやってもらえばいいやってやつかこれ」
死神GM 「想定外ってことはやる夫みたいなタイプが共有なら
さとり身内切りしてたら目くらましにはなったかもしれない
(確定生存とまではいわんが)
みたいな感じ」
でっていう 「え?共有とか噛まれてくれーって3日目夜に思ってねンだわ
決裂しても噛まれるのは共有の方なンだわ」
チャド 「そりゃただの感情じゃないか<やる夫」
チャド 「決裂しても共有より灰のが生かされるな。確定○はそれだけで圧迫するから」
やる夫 「いやなんでさとり吊りの日チャド吊り行かなかったんだろ
って部分が自分で疑問だっただけ>チャド」
死神GM 「仮にさとり吊りのタイミングで反発してもさとり残しチャド吊りが通った瞬間
多数決でいうならリグルの理屈は否定される関係上
ムカついたからチャド投票者全吊りとかしないだろうから……」
小悪魔 「正直、共有と決裂すると印象すっごく悪くなりません?って思うんですけど」
チャド 「>小悪魔
   __                                          __
  (´(     ,r―――‐-y .,--,   r----y r----, ,-----、 ,r-ァ ,r-y     ) ヽ
  ヽ、`ヽ __ 一7 /'7  } / /  / / ̄  .//l  l´ / / 7 // /_/ / _  ,r´,r´
   ,/ / l (  /   ̄ <´/ /  / └‐ァ //_l  l / / '--' / _. / )ヽ ヽ ヽ、
  / (  ) ヽ, / /'7 / / /  ./ / ̄ //~~l .l / /./ ̄// / / ./ ノ (  )  ).
./l ヽ-、`''´ /___ー'_,ノ /__'--ァ/___'--ァ/_/  l_-'_'-'__ノ/__ノ/___'--y__ `~ ,--' lヽ
.l ヽ_ノ   .7∠ニニニニニニ フ--y〃/ / _ _┬∠ニニニニニニニフ/  ヽ,_ノ/
 ヽ,__,,,,,,7∠ニニニニニニフ  /   /    / ̄∠ニニニニニニフ /,,___,ノ」
死神GM 「だから別にいいんじゃねーのって思うけどな俺は
俺も下界にいたらまあ不思議というか性に合わない進行ではあるんだけど」
死神GM 「ジロウ生き残ってるから!!!」
チャド 「1.チャド真の場合
2.さとり逆囲いの場合
3.飽和回避狙い
この辺でカバーできるな」
死神GM 「チャド投票者のジロウが生き残って
さとり投票者の池上が死んでるから!!!」
小悪魔 「なんでもそのAAで押し切ろうとする魂胆
その意気ごみや良し>チャド」
やる夫 「ぶっちゃけ共有と話しするのって時間の無駄じゃん?
あ、悪い意味で言ってんじゃねーお」
チャド 「いやまじめな話やぞ小悪魔ァ!
共有と敵対するほど悪目立ちする奴が人外のわけないやろという漂白」
チャド 「これが狼少年の気分か・・・・いや」
チャド 「漂白少年の気分、だな・・・!」
死神GM 「ブリーチ少年か……」
死神GM 「よし!!
話も一段落ついたし俺は落ちる!!
皆またな!!!」
チャド 「   __                                          __
  (´(     ,r―――‐-y .,--,   r----y r----, ,-----、 ,r-ァ ,r-y     ) ヽ
  ヽ、`ヽ __ 一7 /'7  } / /  / / ̄  .//l  l´ / / 7 // /_/ / _  ,r´,r´
   ,/ / l (  /   ̄ <´/ /  / └‐ァ //_l  l / / '--' / _. / )ヽ ヽ ヽ、
  / (  ) ヽ, / /'7 / / /  ./ / ̄ //~~l .l / /./ ̄// / / ./ ノ (  )  ).
./l ヽ-、`''´ /___ー'_,ノ /__'--ァ/___'--ァ/_/  l_-'_'-'__ノ/__ノ/___'--y__ `~ ,--' lヽ
.l ヽ_ノ   .7∠ニニニニニニ フ--y〃/ / _ _┬∠ニニニニニニニフ/  ヽ,_ノ/
 ヽ,__,,,,,,7∠ニニニニニニフ  /   /    / ̄∠ニニニニニニフ /,,___,ノ」
やる夫 「だからスタンスは共有の思考進行に合わせて思考する
なんだけど変則に不慣れで
俺はどうすればいいんだでフリーズしてたな!!!」
でっていう 「共有の発言とか灰視のときに必要ねンだわ>小悪魔
他の灰から見ればあーこいつ対立してんなーぐらいで灰視とは別なンだわ」
小悪魔 「鰤って占い師の「師」に似てるけど違うから鰤少年は偽物?」
やる夫 「よし!終わり!!!
長々すまん!!!」
小悪魔 「ふーむ…
そういうもんですかねぇ>でっていう」
でっていう 「というか共有と対立ならリグルのがよくやってンだわ」
チャド 「共有は弱いからな。
確定○というだけの情報が一つ少ない村人以下の存在だと言っていい。
つまり共有はチャド。」
やる夫 「正直さっさとチャドのこと切り離して
灰視やってりゃ良かったとは
村中も思ってました(小声」
小悪魔 「ヤス トラ
安く取られる?」
チャド 「   __                                          __
  (´(     ,r―――‐-y .,--,   r----y r----, ,-----、 ,r-ァ ,r-y     ) ヽ
  ヽ、`ヽ __ 一7 /'7  } / /  / / ̄  .//l  l´ / / 7 // /_/ / _  ,r´,r´
   ,/ / l (  /   ̄ <´/ /  / └‐ァ //_l  l / / '--' / _. / )ヽ ヽ ヽ、
  / (  ) ヽ, / /'7 / / /  ./ / ̄ //~~l .l / /./ ̄// / / ./ ノ (  )  ).
./l ヽ-、`''´ /___ー'_,ノ /__'--ァ/___'--ァ/_/  l_-'_'-'__ノ/__ノ/___'--y__ `~ ,--' lヽ
.l ヽ_ノ   .7∠ニニニニニニ フ--y〃/ / _ _┬∠ニニニニニニニフ/  ヽ,_ノ/
 ヽ,__,,,,,,7∠ニニニニニニフ  /   /    / ̄∠ニニニニニニフ /,,___,ノ」
でっていう 「まぁ共有の推理なんて外れてると最初から考えていった方がいいンだわ
俺様天才なンだわ
そして指定されるンだわ」
小悪魔 「そこまで傲慢には慣れないから>でっていう」
チャド 「間違えたっていいんだ。ただ全力で臨めばそれでいい。
   __                                          __
  (´(     ,r―――‐-y .,--,   r----y r----, ,-----、 ,r-ァ ,r-y     ) ヽ
  ヽ、`ヽ __ 一7 /'7  } / /  / / ̄  .//l  l´ / / 7 // /_/ / _  ,r´,r´
   ,/ / l (  /   ̄ <´/ /  / └‐ァ //_l  l / / '--' / _. / )ヽ ヽ ヽ、
  / (  ) ヽ, / /'7 / / /  ./ / ̄ //~~l .l / /./ ̄// / / ./ ノ (  )  ).
./l ヽ-、`''´ /___ー'_,ノ /__'--ァ/___'--ァ/_/  l_-'_'-'__ノ/__ノ/___'--y__ `~ ,--' lヽ
.l ヽ_ノ   .7∠ニニニニニニ フ--y〃/ / _ _┬∠ニニニニニニニフ/  ヽ,_ノ/
 ヽ,__,,,,,,7∠ニニニニニニフ  /   /    / ̄∠ニニニニニニフ /,,___,ノ」
でっていう 「NOと言える日本人なンだわ
と思ったけど俺様ハーフイケメン設定にしとくっていうwww」
でっていう 「んじゃおつかれっていうwww深夜0時を超えると魔法が解けるンだわっていうwww」
小悪魔 「では、私もこれで
御疲れ様でした

……でっていうの魔法ってどんなのだろうか」