←戻る
【紅3795】やる夫達の普通村 [6970番地]
~たまにユッケ~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8
icon 黒の剣士GM
(生存中)
icon 蒼の歌姫
(生存中)
icon にな
(生存中)
icon 玉藻
(生存中)
icon ちるの
(生存中)
icon ジロウ
(生存中)
icon キル子
(生存中)
icon
(生存中)
icon 諸葛孔明
(生存中)
icon イーブイ
(生存中)
icon 霧雨魔理沙
(生存中)
icon ベジータ
(生存中)
icon エイ
(生存中)
icon ぶりぶりざえもん
(生存中)
icon 水銀燈
(生存中)
icon アシュリー
(生存中)
icon 結月ゆかり
(生存中)
村作成:2019/05/29 (Wed) 21:01:31
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 黒の剣士GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 8626 (キリト02)」
黒の剣士GM 「禁止事項】
 村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼COを除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、意図的突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ、人外の村人騙り騙り(狼、狂人、狐問わず、役職CO後からの撤回村人COの禁止、村人騙り禁止であるため)

【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み

【参加者全員へ】 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
 投票延長は1日1度まで,,遅れる場合は名指しで警告します 遅くとも2:00過ぎまでには投票しましょう
 ※狼の夜中の会話or共有の夜中の会話ではOKです。
 また、処刑投票の際の突然死は、いかなる場合であっても続行と致します。
 夜投票の際の突然死は、ノーゲーム処理と致します

【観戦者の方へ】 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。

 https://t.co/xmYEix5WhC」

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
黒の剣士GM 「30分開始」
蒼の歌姫 が村の集会場にやってきました
蒼の歌姫 「よろしく」
黒の剣士GM 「よろしくーアンカー任せた!」
黒の剣士GM 「人が……こない!
皆疲れてるのかな」
にな が村の集会場にやってきました
にな 「がおー! でごぜーますよ」
黒の剣士GM 「虎だ!!!」
にな 「仁奈さんじょーでごぜーます! 狼のきもちにも狐のきもちにもなるですよー」
玉藻 が村の集会場にやってきました
黒の剣士GM 「アイドルのいる華やかな村になればいいんだが」
玉藻 「どーもー!」
玉藻 「私も……アイドル……?」
ちるの が村の集会場にやってきました
黒の剣士GM 「いや別にアイドル村になる流れかはわからんけどな!
きたひとはよろしくな!」
ちるの 「あたいさんじょー!」
ジロウ が村の集会場にやってきました
ジロウ 「レイフォールガンの気持ちになるですよ…(挨拶)」
キル子 が村の集会場にやってきました
キル子 「よろしくお願いします」
蒼の歌姫 「あ、仁奈だ」
にな 「狐さんですよ! 占うでごぜーます!」
黒の剣士GM 「どんな挨拶だ!?」
蒼の歌姫 「そういえば異常に暑かったじゃん」
玉藻 「レイフォールガンの気持ちが分かるとかヤバイですね☆」
黒の剣士GM 「異常気象でいいのだろうかこれも
いやほんと5月なのかと思ったが>蒼の歌姫」
玉藻 「沖縄が一番涼しかったですからね」
蒼の歌姫 「令和ちゃん(幼女)が初めての五月で温度設定間違えたんじゃね?
説もあるんだけど」
黒の剣士GM 「なん……だと……?>沖縄が一番涼しい」
ジロウ 「レイフォールガンの気持ちを理解したことでオレもアイドルとして一歩成長した実感がある」
仮 が村の集会場にやってきました
蒼の歌姫 「そこの水天日光が令和記念に張り切りすぎた説も出てて笑った>黒の剣士」
ちるの 「れいほーる…?」
かり が村の集会場にやってきました
ジロウ 「逆に8月辺りから涼しくなってくれたりしねえかな
それはそれで困る分野もあるのかもしれんが」
かり 「こんばんは」
イーブイ が村の集会場にやってきました
にな 「ひとあしおさきに、真夏のきもちでごぜーました」
イーブイ 「ぶいぶい!よろしくぶい!」
霧雨魔理沙 が村の集会場にやってきました
霧雨魔理沙 「こんばんわだぜー」
ベジータ が村の集会場にやってきました
イーブイ 「炎の石がないのにブースターに進化しそうなくらいに熱いよね…」
ベジータ 「俺は、超ベジータだ…!」
エイ が村の集会場にやってきました
玉藻 「令和ちゃんがはじめてのおしごとを張り切っちゃいまして……」
エイ 「エイ!よろしく!」
ジロウ 「もしやイーブイはVレーザーガンの気持ちになっているのか…!?」
ぶりぶりざえもん が村の集会場にやってきました
霧雨魔理沙 「霧雨魔理沙 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 10731 (霧雨魔理沙001) → No. 7143 (霧雨魔理沙07)」
水銀燈 が村の集会場にやってきました
ベジータ 「支援のつもりで来たが
思ったより集まってるようだな」
ちるの 「超べじた!」
玉藻 「べジータP! べジータPじゃないですか!」
ちるの 「かみのけがうすいねー!」
水銀燈 「よろしくね。」
霧雨魔理沙 「おー、支援のつもりだったが埋まりそうだな」
アシュリー が村の集会場にやってきました
蒼の歌姫 「ジロウ>農業は打撃受けそう
冷夏の米不足とかも昔あったし」
アシュリー 「よろしく……」
結月ゆかり が村の集会場にやってきました
ベジータ 「ええい!!!やめろ!寄るな!!」
黒の剣士GM 「時間だ
皆丸太は持ったな!?」
霧雨魔理沙 「髪の毛の事は振れてやるのは止めロッテ」
にな 「いっぱいあつまったですよー!
結月ゆかり 「こんばんは、結月ゆかりです」
エイ 「エイ!」
ちるの 「?」
キル子 「また髪の話をしている……。」
ベジータ 「ブルマに誤解されるだろうが…!」
ちるの 「本当のことなのにー」
霧雨魔理沙 「まだ仮さん2人がいるんだがー」
ぶりぶりざえもん 「丸太なんぞ軽すぎるな」
玉藻 「やだこのPイケ魂(トゥンク」
「仮 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮 → 猫
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 2317 (猫)」
霧雨魔理沙 「ベジータさんブルマさん一筋だもんなー」
「にゃーん」
ベジータ 「俺を…俺をォ…!」
ちるの 「べじた、ブルマなんて履いてるのー?
おとこなのに?」
蒼の歌姫 「ちなみに
蜂に刺されたベジータファンの少年が
「俺は超ベジータだ!」
って自己暗示かけて山から生還した事件があったらしいよ」
結月ゆかり 「                                                      , =‐. .、
                                                    /ゞ、、 .ヽヽ
                                                  /:/: : >..___ソ
                                                      /:/: :/ . ::/ :/
                        、、                      /:/: :/ . ::/ :/
                        _)j__                          /:/: :/ . ::/ :/
                       ,. :´ : : :_:_:`ヽ                 /:/: :/ . ::/ :/    持 み
                        /: : : : : : : : : :ヽ: :\                  /:/: :/ . ::/ :/       っ ん
                         ,': : /: : : : : : : :, : :ヽ : 、             /:/: :/ . ::/ :/      た な
                       i : : l : li: : l : l :.lヽ; : l : !             /:/: :/ . ::/ :/       な
                       i : : l : l V; l : l :l ,ィl ;! :从           /:/: :/ . .:/,,,、           ! ! 丸
                      ' : : l :l';r=ミヽ、ジ'vリ' i: : :',          /:/: :/ . : ;,、!ll |          太
                    从: : ヽヾ'   丶   !:_:_ノ         /:/: :/ . ::/.il i l/             は
                     〉 : :ヽ   , ‐ァ イ{__ト、        /:/: :/ . ::/ :/ /
                      ゝ=、ー≧  ̄ K::'i :ヽl::::.、     /:/: :/ . ::/ :/_∠
                      γ'::〉ー〈::::l    ゙i: : :l|::::::.\ /:/: :/ . ::/ :/_/
                       /`ゝi : : :i;:λ- 、 ‐i: : :l|:::::::::::::/:/: :/ . ::/ :/:::::/
                     ,:::::::::::::l: : : l`ヽl- ― 'l! : :lト、:::::/:/: :/ . ::/ :/:::/
                     y:;;;:::::::l: : : l::::::;;〉 ̄  li: : :i  /:/: :/ . ::/ :/:/
                   f:::::::::::::l: : : l::::::::|    Vi: :.i./:/: :/ . ::/ :/ ´
                       }::::::::::::,l: : : 、::::::|    Vi:/:/: :/ . ::/ :/
                       /:::::::::::' 乂: : :ヽ/       /:/: :/ . ::/ :/
                    ,:::::::;;;;;'  |::ヽ,: : :}    /:/: :/ . ::/ :/
                     〈:::::::::::ヽ  〉::i从リ     /:/: /: . ::/ :/
                       V::::::::∧ !:::::::/   /:/: /: . ::/ :/,
                     V:::::::∧'::::::/   /:/: /: . ::/ :/ ヽ
                       ヽ:::::::::ヽ, '   /:/: /: . ::/ :/   ヽ
          行                〉:::::::::∧   /:/: /: . ::/ :/    /\
         く              /::丶::::_:_:ゝ/:/. /: : : /../   / ノ、
          ぞ           /:::::::::::Y  _):/. /: . : /./ _/ _/  ヽ
          ォ          〈:::::::::::::::::ゝ〈  `丶、.: / / ̄___ ノ     ’
        ! !          ヽ:::::::::::::::::∧   ヽ、j/ /ー ´  \      ヽ
                     ヽ:::::::::/. :∧、、、ヽ /       \      、
                      ヽ/. :/: /. ```゙           ヽ      、
                          /. :/: / .: :/./                \     ヽ
ちるの 「へんたいはげー」
玉藻 「妻帯者である事が惜しい(ぐぎぎぎぎ」
結月ゆかり 「こういうことですね>GM」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 諸葛孔明
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 3370 (諸葛亮孔明)」
ベジータ 「俺をハゲと呼ぶんじゃない!!!!!」
玉藻 「どうしてゆかりさんは丸太を持っているんですか?」
ちるの 「あたいまちがってる?」
結月ゆかり 「淑女のたしなみですよ>玉藻さん」
にな 「ベジータおじさんすげー! 仁奈もピンチのときはまねするですよー!」
イーブイ 「確か、蜂の巣に突っ込んで僕はベジータなんだー!って強い気持ちで思って蜂からかなり刺されたけどって奴かな?>歌姫」
諸葛孔明 「だら~っとアイコンを選んでいたら30分を過ぎている事に気が付きませなんだ、少々遅れて申し訳ない」
キル子 「丸太さんが丸太を持っている……。」
アシュリー 「+」
霧雨魔理沙 「何か凄い面子だよなー」
ベジータ 「そいつ本当に地球人か」
霧雨魔理沙 「改め宜しく頼むんだぜ。>ALL」
アシュリー 「誤爆…・・・」
玉藻 「そ、そんな嗜みが?」
ジロウ 「危機を前にして覚醒するとか主人公かな?>山から生還」
黒の剣士GM 「お前ら丸太のことを貧乳って呼ぶのはやめてさしあげろ
さておきカウントしていいぞ」
ちるの 「ねー魔理沙ー
あたいまちがってる?」
ベジータ 「因みに俺もカカロットも注射なんてものが大嫌いだッ!!」
霧雨魔理沙 「ノーコメントとしておこうw
>ちるの」
蒼の歌姫 「悟空「一緒に修行いこうぜ!」
ベジータ「もうすぐブルマが出産だからそばに居てやらないと」」
玉藻 「GMがこんな事言ってるんですけどゆかりさん」
ちるの 「あたいも注射はきらい!」
ベジータ 「この程度の医療技術しかないのかこの星は…ッ!」
結月ゆかり
                         , :ィ:'´
                        /::: '
                        {::::、 _
                         >::::::::::≧ 、
                      /:::::::::::/:::::::::::::::::::ヽ
                     /: : /: : :,': : : : : : ヽ(〇)';
                   ./:., :/: : : : l: : :ヽ: : :◎: : :, ヽ
                   /:/: : l: : : : l: : : : :ハ: : : :'; : : : ハ
                _,,, イイl: : ハ:‐,:-': : :ト.,ィ':´: : :l: : ド: :ゞ
             , ≦//,イ: :ハ: :ト ァ雫': :.l  ,ァ雫';ハ: : : : :lヽ
          ,,ィ:'////,:'.´   レ, , ト:ヽ弋ン ';ハ  弋ンイ: : :ハ从
       <.>////./      ハ: : :ド    '   イ, : :ハ: :{゙    つるはしも
       ////./       l: : : : : } .、 .` - ´ , イ: : : : : :}
      .,:'////ィ'<.\      >―- ノ、__'_/ ‐ ´ |_ V__-≠{        ありますよ
     ./////,:'   .\\     ド.._7  ヽ / `‐{   _冫
    ////,:'      \\ /./: : : : ハ ヽ /\ _ - /¨: ´: ハ、        たしなみとして
   .ハ.///         { V´,ィ{: : ノ: :ハ:}/-、z--\__ l: : : : : : ',;
   ハ.//        ノニ、 'j: : : :'ノノ:::: ̄フ:::>::::ト:::、'; : : : : : :l;
   ,///       ノィ三〈 ヽ.l: ,': : | \:::::::l::::::::::::::::}:::ヽヘ: : : : : :lィニ:__
  .l/V       /_/三三≧イl: : :イ:::\ \!:::::::::::::::::l::::l:::ハ: : : : ノ三三、
  .l.V       l/三三三/': : ハト:::::-,>.、\::、:::_:ノノ::/ニ',: : /三三三}
  .lv'        {三三彳|三ニ';:ニ}:::::::(ノl:::\.\::l::: ̄三ニ、:〈三三三ニ}
  .l/        .l゙辷´三_l三三`ニ!::〉:::::::l:::::::l:\ `ト' ⌒ ´ ヾ三三三イ
           l三三三|三三_/::/::::::::o::::::::o::::lト{    }≠三-"三}
           |三三三!三三':::/::::::::::,'::::::::::::::::l::::ド{_j ノ 、三三三={
           .j三三三|三ニイ::/:::::::::::;':::::::::::::::::l::::::::ィ_|_\\三三ニl
           {三三三:l三/::::|{:::::::::::;:::::::::::::::::::j::::::ゝニ|三ニ\\三ニl
           l三三三:lニ'_7、::l:::::::::::l::::::::::::::::::/://{  .|三三三\\_':
          〈\三三:|/ 7::::::ト::::_|::::::_:::::{_(〔 ハ  l三三三三ヽィニ、
           メニヽ三! /:::::::ノ::::::::::::l:::::::::::::::::l:::l⌒ドィ三三三三三三!
           |ニヽ'ニoハ::::::::/:::::::::::::::l:::::::::::::::::l::ハ V:::|三三三三三ニン
           V三ト、ニノ:::::::l:::::::::::::::::l:::::::::::,:':::l::::ハ V::l三三三三ジ ノ
             ̄ ,: ハ::::::::l::::::::::::::ヽ:l::::::'::::::::::l:::::ハ V}三三イ三Vイ
              .; ; ノト、::l::::::::::c::::ハ::::o:::::::::l::::::ヘ V{ {ニ()ニ}ツニヽ
              l .l ツト_ 、` ― '  ゝ:::::::::::::j:::-‐ヘ ヽヽ≠ハ三三}
              ヽ≠イl  W ∨ヽへ ̄ ̄ ̄ヽ/ハ ヽイ } }ヾィ
                 l        l `l´ `´     ト ヽ、j }
                 l        l  .l       l」
蒼の歌姫 「3」
霧雨魔理沙 「霧雨魔理沙 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 7143 (霧雨魔理沙07) → No. 2328 (霧雨魔理沙 )」
蒼の歌姫 「2」
蒼の歌姫 「1」
「ゴロゴロ」
ジロウ 「嗜み…土木業者のか?」
蒼の歌姫 「開始」
ゲーム開始:2019/05/29 (Wed) 21:34:41
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆黒の剣士GM なぜこんな流れになってしまったんだ(AA省略
GMはスバルがお送りするかと思いきやしません
嘘ですします」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
「◆黒の剣士GM お前らのひいた役職に俺が関われるわけ無いだろ!!
なんでも俺のせいにするなって!?」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
黒の剣士GM は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
黒の剣士GMさんの遺言 だめだこいつら……早くなんとかしないと
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
霧雨魔理沙 「おはようだぜ」
アシュリー 「世界一皆の人気者だもん……」
ちるの 「おはよー!」
蒼の歌姫 「ちなみに出産を理由にベジータに同行を断られた悟空
「おめぇが産む訳じゃねーんだからいいだろ別に」
「バカ、一生恨まれるだろうが」

うーんこの」
「にゃーん」
エイ 「エイはサメの仲間らしい」
ジロウ 「地平線から昇る太陽の気持ちになるですよ(挨拶)」
ベジータ 「            ス    |  {{ |      |     ||       /    /  |
          l     | /⌒\  ll |       | l i   /_   /   |
   だ   超 ハ°  |'       \| l       l l l /´  ∨ '   |   :   オ
          l     |       ヽ !     l j/       ∨ / |
   / /   ベ      |        ',    l  l/           }/   |   :   レ
   °°           |         ',    l /        /__ _  」
         ジ     | 、        ',  l /       l   / ̄ __/|   :   は
                 /ヽ |     ヽ、  ', l/         | _/ /_ |_\
         |   / ∨ ' ,.へ、   ヾ  ∨   ,.  /\ ',`y'/ j|=-‐_,>
           Λ、Λ く_ \  ゙ | /,/ _ ___〉 /、ソ / __  ̄ ̄\___
          タ   Λ ーヘ \``o、\. } !{'´/,.o'´ /´/‐' /  _二ニ=--
             \>,--ヘ ー`ニ=≧ヲj_l_ヒ≦=ニニ´  /-<二 ̄
___________/フ´..:Λ  ',          ト、 _      /  /:::::::::`ヽ、
           /  .:l :ヽ  ヽ.    r‐、、_j/,.ィ }  /  /::::::::::    \ ___
    ______ /  ..::::::::| .:::::::\  \ ` ヽ二ン  //  /::::::::::::::...  /__ ̄`\
__ /´ ̄ ̄_>、 :::::::::::!.:::::::::::. `:‐ ,,_\ ´ ̄´ /.:.:/ /:::::::::::::::::::::::::∠ __  ̄\/¨
 `ヽ/ ̄ __\:__ __::::::::\:::ヽ`:`:ー‐'´:: ̄ ̄:::::_,,. -‐¬''"´/___  ̄∨::::
. : :::∨ ̄  ___ヽ :.:.:.:.:... ̄フ⌒V__\.:::::::::::ノ,. ‐''"´  ......:.:.:::::::/__    ̄∨:::::::
:  .:.::::∨ ̄ ___',:::::::::::::/    !:.:.:`\::/´   ......:.:.::::::::::::::::/__  ̄ ̄∨:::::::::
:  :.:.::::::∨ ̄      }::::::::::/    |::::::::::::::l    ..:.:::::::::::::::::::::::::: {      ̄ ̄∨:/:.:.
  .:.:.::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/    丿::::::::::: |  ..:.::::::::::::::::::::::::::: / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨:.:
. .:.:.::::::::|  l ̄ ̄ ̄,二У_,>ーく::::::::::::::::::| .:::::::::::::::::::::::::::/  /  ̄ ̄ ̄l  |:::.:
..:.:.:::::::: |  |   ,/  _ `     ハー―‐┴―――ー'''"´  /        |  |::::.:.
: .   .::::|  l / ,.ー‐- `丶、  '   l_____  ______,,. ‐''´.:.:.:.:.:.:....     |  |::::::::.:.
:.:.:. ::::::::| /  /  、      `丶.  |     | |             :.:.:.:.:....   |  |::::::::::::
:::::::__,.-'ァ′  '/  \      |.ノ.     | |                   |  |::::::::::::
ー/ / ,'  /   、   \  ノ | .:     | |                   |  |::::::::::::
,イ 〈  {    ¬  \   \,ノ :     | |                 /,.ヘ`|:::::::::
ハ ', ヽ.   \    \   丿____| |_____ _ ....:.:  .:.:.:.:// :.:.:.:.:|::::::::::
水銀燈 「おはよ。」
キル子 「占いCO 玉藻○」
イーブイ 「おはよう!」
ぶりぶりざえもん 「占いCO水銀燈◯」
結月ゆかり
                                        _ __
   .._.、_、                               s≦: : : : : : : : : :>、
  /ハ ソ` ゙ヾ                           , :´: : : : : : : : :、: : : : : : ヽ
 v' _.,≦>、 ハV                       -,: : :ィ: : :': :': :': :l: : : ヽ: : : : Y:ヽ
 Vハ    ヘ、ハV                      ´  .ハ:': : l: : : : : ;: : : : : ':, : : : : ト:、
  Vバ    ヘ、ハV                       ノ: :l: : :l: :ヽ、: :ト:、,ィヽ、: : :ノ :ト:ハ、
   .Vバ    ヘ、ハV                      '´ l: : :: :,斧x.`  斧けl: : : : :ド
    ,Vバ    ヘ、ハV                      /: :Y弌乂    ㌢ノ: : : :{``
     ,Vバ    ヘ、ハV                    /: : : : ハ    '  /: : : : }`      おはようございます
      Vバ    ヘ、ハV                  {:、: : : : /: >、 ` i': : : >-'、
       Vバ    ヘ、ハV                _...ゝ` ト-:ノ _ソ} イ≧く..._   '.,
        Vバ    ヘ、ハV            , :ィ: ´; : : :/:イ    !}ィ≦:::、::::)   .j      取りあえず、
         V,バ    ヘ、ハV         ,:': : :/ノ: :/}:.ノ  l辷ニソ::::::::::::::';:::::)ゥ ,:   まずは狼達、スバルニキが
          V,.バ    ヘ、ハV       /: : :イイ: :ノノ:' _ノ::::イ::::::::::::::::::::ノト'  .,'   新しい子に魔の手を賭ける前に
           V, バ    ヘ、ハV   ,..、  {: : k'< ナ;:'s≦;:::::::::::::::::::::::::/{:::::l  /!      処理ご苦労様でした
            V, バ    ヘ、ハV .,レ , ` -<>≦:::::::::::::::::::::::::::::/: : :{:::::ハ/:/
             V, バ    ヘ、ハ〈 ハ', -‐   (::::::}:::::::::::_::::≠:´::::ハ,: : :ハ、:::/:::/
              V, バ  {`ヽ``ヘヽへヽ⌒、‐‐ハ ≧、:::::::l:::::::l:::::::::::Y、: : :ヽトイ´     あ、もう本日の仕事終わったんで
               V, バ〉'   )>、 ヽ/ /-ソ  ヾ::},::_l:::::::l::::::::::::l:::::ン:l::::::l         狐と一緒に退村してくれても
                `´く   / へ´ V{へヽr-‐ ' ノ{::;'´j::::::::l::::::::::::l:::::::::l::::::{            いいんですよ?
                   \/j__, >ヽ {こヘ !_≠  , イl::::::::l::::::::::::l::::::::::l:::::ハ、
                    ヽ     ヽ>┬ l  /、 ヾl::::::::l:::::::::::l::::::::::::l:::::>ミト、
                     ヽ    ン l |  l { } }:::::::::l:::::::::::l:::::::::::レ'  ,...、 ヽ、
                      `¨く ヽ__, ィ .ノ  _{ ヽノノl::::::::::l:::::::::::l:::::::::::l Y   } }
                        ヽ- <   // Y⌒ハ::::::::::l::::::::::::l::::::::人 弋_乂 ノ、
                              // /ハ_ノ ノ_:::::l::::::::::::l:::/´,.-、ド-‐イハ、
                              〈// \/:::::::::7:::―::::l:-{ (  ) } ハl }ヘ )、
                              ./  >:'::/::::::::::;':::::::::::::l::{ >二ィハj-{ハ'ヽ
                             / /⌒ヽ、:::::::::/::::::l::::::::l:::´ヘ ノ \ノ}ヘハ .,〉
                             l 7 ト、   `べ::o/ l:o::::l::::;;;;;,> 、  \ ̄.ヽ ヽ、
                             レ'  ⌒へ, 、 ´   ̄ ̄     \  へ ヽ ヽ、
                             l        /へへへw、 ,ィヽ/  ト、   ≧sヘ」
にな 「おはよーごぜーます」
諸葛孔明 「諸葛亮 曰く、『良き朝でございますな』と。」
キル子 「占い理由
和服繋がりですね。
和服……和服?うんまあ和服。多分。
違っていてもしょうがない。」
ぶりぶりざえもん 「伝統文化の継承者の減少傾向についての論文
若者がいないこの村では私がするしかない
銃殺確率は十分問題ない
そしてなんだかんだ好み」
玉藻 「おはようございまーす☆」
アシュリー 「霊能いない……」
ジロウ 「霊も出ていいぞ」
「霊能にゃー」
ベジータ 「霊能は居ないようだな」
キル子 「あぁこれ霊能初日ですか……。」
ちるの 「あたいは共有者だよー!
相方はねー、しんだー。」
イーブイ 「もしかして:霊能初日」
にな 「霊能COでごぜーます!」
諸葛孔明 「諸葛亮 曰く、『おっ、なるほどよく見たらAA禁止じゃないですね』と。」
玉藻 「え~、怖……くない!>共有初日」
「占い見て出るにゃー」
霧雨魔理沙 「2-1-と共有か」
ぶりぶりざえもん 「女子供が相手だと?
舐められたものだな
むしろ舐めてやるぞ」
蒼の歌姫 「グレランかな」
イーブイ 「もしかして霊能2人外もあるのでは?」
ちるの 「だからこんなにおそくてもうたがわなくていいよー」
ベジータ 「俺は投票するつもりでいる>霊能」
ジロウ 「相方初日ならややこしい話にはならんなよし!」
玉藻 「じゃあ霊能ロラですかねー」
ちるの 「あれー?」
アシュリー 「そう…… >相方死亡」
キル子 「えぇ……。>さらに遅い霊能と共有初日」
水銀燈 「2-2共有初日ならグレラン戦もいいんじゃない
イレギュラーが無いわけだし。」
ちるの 「ふたりいるー」
「ロラかにゃー?」
霧雨魔理沙 「ん?霊能アーマーか霊能2か?」
にな 「てことはー、狩人のおにーさんかおねーさんは生きてるでごぜーますね」
イーブイ 「と思ったらそういうのなさそうで悲しさを背負った」
ベジータ 「よし、ロラだ」
ぶりぶりざえもん 「フッ・・・>GMが共有」
ジロウ 「それ以前に2-2らしいな」
アシュリー 「霊能2人もいらない……」
玉藻 「どっちが乗っ取り狙いの霊能だったのかが楽しみですね」
ちるの 「じゃあ霊能ろーらーで!」
エイ 「何も言わないんなら本当に共有初日か」
キル子 「>ジロウ
どっちかならややこしくなかったのに
両方来たのでややこしくなった現実になにか一言。」
水銀燈 「霊能に狂人以外がいる確率はそれなりに高いとは思うけどね
それはそれとしての話。」
結月ゆかり
                           _____
                         . . : : : : : : : : ``丶、__
                        /: : : : : : : : : : : : : : j_/⌒ヽ、
                  ∠/: : :/: : : : : : : : : : : : (込_,ノ_j
                      j: : : |: : : ハ: : : : |: : : : : :` ̄V    2-0…ですかねぇ
                      / : : ∧jI斗-: : : :|―-:、 : : : : |
                  / : : : |´∨  \: :リ ∨ V : : 八    霊初日なら
                ∠イ: : 八≫=ミ  ∨≫=ミ/: : : : : \     占い真交じり…と思ったら
                    〈: : : : : ト......   ,   ..... {: : : : : :j⌒
                  \: : : :〉   _,. 、  くこ三こ>      遅めの霊COですか
                        くこ三>ト ‘'ー '’ イ:/|: : :|く_       そうですか・・・
                         |: : | }从ハ≧=  {:从 |: : :|ニニ=ァ
                    /: : :|/ /__ノ    八_〉.|: : :∨ニ人
                   /: :jI斗-―‐z\/  |八: : : ∨ニニ〉
                  /: :/\  _,ア/\  j/∧: : : :\り
               /: :/ニニニV´⌒Z⌒Z⌒Z⌒|_∧ : : : : \
                 /: く\ニニ/厂^⌒^⌒^⌒^⌒|ニ∧: : : : : : \
                  /: /ニ\\{_/: : i: : : : i: : : : i: : : |ニニ∧: : : : : : : \
             /: :〈ニニニ>┘ : : i: : : : i: : : : i: : : |ニニニ\: : : : : : : :\
              /: : : : :}ニニニ|ニ|===〈(⌒芥⌒)〉===|ニニニニニ\ : : : : : : : \
諸葛孔明 「諸葛亮 曰く、『初心者村とそうじゃないのとで気を使ってるんですね、感心しました、それはそれとして遅い方の霊が初日霊と見て乗っ取りに来たっぽいアレなのでそっちから吊りましょう(どうせ両方吊るけど』と。」
イーブイ 「そう考えたら凄いアグレッシブに動いてきたね…>霊にも人外出る」
蒼の歌姫 「まぁローラーじゃない?」
アシュリー 「狼が乗っ取り狙っただけかも……」
「にゃーん・・・」
ぶりぶりざえもん 「どっちにしろローラーになりそうだな。>ベジータ」
ベジータ 「片方共有だと言うんでも吊りに行くぞ俺はな」
霧雨魔理沙 「共有初日か…じゃあ霊ロラで良いんじゃないか」
玉藻 「猫さんが偽なら、この速度は要警戒という目安になりますので」
エイ 「占い二人を見る村か」
ちるの 「あたいの仮想相方候補もいなくなるーと」
キル子 「>玉藻
挨拶後からCOへのスパンの長さを考えると
猫さんの方が乗っ取り狙いかなと私は思います。」
アシュリー 「大事なのは占い師……どっちかが本物……」
玉藻 「ゆかりさんが話題に二周くらい遅れてる……」
ぶりぶりざえもん 「>エイ
私の写真集は高いぞ?」
エイ 「諸葛亮 曰きすぎ」
蒼の歌姫 「にな、ネコの気持ちになるでごぜーますだよ」
水銀燈 「両吊りするんなら霊能者なんてどうでもいいわ」
ジロウ 「まあ悪くもないんじゃねえ?(決して良くもない)>感想」
霧雨魔理沙 「了解だぜ。偽っぽい方は分かりにくい役職だが…
>ちるの」
ちるの 「ふーん」
にな 「うう、しょせん霊能はぼろぞーきんでごぜーますねーます」
結月ゆかり
                          __, -、
                            / |  |~',
                             |  |  | |
                           __|  |  | |` 、
                        / |  |  | | |
                         |  | _j  | | |
                          ノ 人  `¨`、j, |
         _,.    ̄ ̄    、    j   ノY^ \ \,|
      /       \   \    |    \  \ }   これは狩人ゲーの予感!!
     /   /   \  \   \ .|      i    {
   /  /  ′  i  i  i  、  、\`、          |
  .//  , i i    |  | _|__iハ   \[∧   /    丿    占い真交じり2択ゲーですね
 ノ.イ  i | |     | i i|´ ハノ}/} i   ]::{\ー 、__/}、
  |i  i | ,xf'"   |ノ}/}/ ==t]/  |  ]:::\\  / / |
  ||  | 人「`_竺^     ′, , ,] i i iノ:::::::.\ ̄ ̄/ ,ノ
   j/|i  、[ ァ''⌒`   i    { i / ./:::::::::::::::::`ー =f^
    リ  \ ' ' '  _  ---  V/__/:}::::::::::::::::::::::::::::′
    { i   い,   「       }/フ{_} {::{、:::::::::::::::::::::::/
    乂、  } i >,   乂,    ノ{_ノi |`V}::\:::::::::::::/
     fフ{_}^ー>^'=- 二二/::| i | i|::::::::::::::::/
     /L/i |Yくi::::\:::::::T「::::::::| i  |\:::::::::/
     {::/ | i | }|::::::::::\::f^:::::::::j イ  |:::::::::/}、
     ] i  ∧:::::::::::::::::::i:O:::::::: | i |::::::::::::/:::::
      || i/:::∧:::::::::::::::::|:::::::::::::| i^::::::::::/:::::::|
      || {\:::::\:::::::::::::.、o:::::::jノ::::::::/::::::::∧
      }ハ ト{  、::::::::\::::::::::\::::::::,. '゙::::::::::/ |}
       j/   \::::::::::`辷==‐::T{::::::::::::/i i j}
                \:::::::::\]  I |`ーr'゙  | | /'
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 人___ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              _/   i
             └ァ/ ,  /|
               // /| /L/
                Y_/ ]/
ちるの 「どっちかが、ねー…?」
「にゃーんにゃーん」
エイ 「豚肉は高そう>ぶりぶりざえもん」
ベジータ 「ってああ、初日か
この形ならまぁだいたいなんとかなるな」
ジロウ 「良いか悪いかは明日の朝次第だろうな」
キル子 「このチャンピオン、感想が無難すぎる。」
諸葛孔明 「諸葛亮 曰く『枠のコピペめんどくなりました』と。

相方初日宣言した上で相方に霊騙らせてグレラン~っていうのは相方初日宣言する意味が無いので……」
玉藻 「乗っ取り警戒するならになさんの速度も吊り要因になるんですよねえ……>キル子さん」
イーブイ 「諸葛亮孔明って働かされ過ぎだよね…担うはずだった人が死んだからってのはあるけど」
蒼の歌姫 「タチの気持ちには私がなっておく」
アシュリー 「発言はキル子の方が自然に見えた…… >共有初日からの霊能2」
にな 「猫のきもちでごぜーますか? >凛おねーさん」
ぶりぶりざえもん 「狩人の気持ちになると私が護衛される確率は200%・・・勝ったな(ガッツポ」
ベジータ 「……素面で言ってそうだな……これ>ゆかり」
霧雨魔理沙 「孔明は過労死だからな、史実では」
諸葛孔明 「やはり1人では限界があるのですよ、とは言え1人でやり遂げたからこそこうして名が残ったということでもあるのですが>イーブイ」
ちるの 「偽を吊るすことに意味があるんじゃなくてー
かりうどをほごすることにいみがあるの>魔理沙」
ぶりぶりざえもん 「>蒼
ならなくていいから座ってろ」
結月ゆかり
            _,..ィア===、、
          ,.ィ/ア´/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヾ、
      ///ニf/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;>・'" `` ー-,.、   霊能はボロボロに崩れ去るもの
      ,'///iニ└-、;: '"     _,. ‐ '"   !     >になさん
      i///// 7// ̄ ¨ ¬''"       !
    _,ィ///// /// 、  r    !        !
    /マ////' ////:  ゝ'    i  υ  _,.  '"
   fヾマ/´,ィ'///¨¬‐-  _ !_,. - '"_,.、__ ノ
   マヾ>マ//イ  ー-、_ ,.、   ノ´
    `ゞソ             ̄」
ジロウ 「>キル子
レイフォールガンで今日全ての内訳を明らかにする過激ムーブをしてやってもいいが
膝にマグナムガンを受けてしまってな…」
蒼の歌姫 「仁奈>前に衣装でネコなってなかったっけ?」
キル子 「>玉藻
別にになさんが信用できるとは言ってないですし思ってもないですよ。
どっちかが真なら猫の方が乗っ取り狙いっぽいというだけで
もし共有初日じゃなければ両方偽だと言っていた可能性すらあります。」
イーブイ 「でも赤壁の戦いで軍務を担うべき人が死んだから過労死加速してるよね>孔明」
にな 「猫さんはになのたいこーでごぜーます。猫さんのきもち……うーん、狂人さんか狼さんかってことでごぜーますか?>凛おねーさん」
霧雨魔理沙 「まー、狩人保護も兼ねるし、ローラーしてっと
その間にグレー良く見ておくかな」
アシュリー 「別に狩人保護大事じゃないと思うけど……
どうせ真占い師が噛まれるか全く噛まれないならあまり意味ない……」
霧雨魔理沙 「○貰いもだけどね、見るのは」
諸葛孔明 「ん?法正のことならばもう少し後ですが」
蒼の歌姫 「ぶりぶり>時子様の太刀の気持ちになって
豚料理するでごぜーますよ」
ぶりぶりざえもん 「グレランするときには期待しとくぞ?>魔理沙」
アシュリー 「ただ霊能に狼以上がいる期待値があるから霊能ロラする……」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
蒼の歌姫0 票投票先 →
にな4 票投票先 →
玉藻0 票投票先 →
ちるの0 票投票先 →
ジロウ0 票投票先 →
キル子0 票投票先 →
12 票投票先 →にな
諸葛孔明0 票投票先 →にな
イーブイ0 票投票先 →にな
霧雨魔理沙0 票投票先 →
ベジータ0 票投票先 →
エイ0 票投票先 →にな
ぶりぶりざえもん0 票投票先 →
水銀燈0 票投票先 →
アシュリー0 票投票先 →
結月ゆかり0 票投票先 →
猫 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
結月ゆかり は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
結月ゆかりさんの遺言
ニニニニニニニニニニニr‐、ニ>、
´ ̄∨ニニニニニニニニ乂ノニニ\
  ノニニニニ>:´i: ̄、i:i:〕iトニニニニ',
≦ニニニニ/i:i、i:i:i:i:i:i:i:i\i:i:i:\ニニ∧        Only the gentle are ever
ニニニニ'i:i:i:i:i:i:\i:i:\/i:i:i:i:i:i:i:i\ニニ∨      優しさこそ、本当の強さだ
ニニニニ/i:i:{i:、i:i:i:i:i:ト、i:i:ィ竓i:i:i:i:i:i:i:i:Vニニ>、     really strong.  - James Dean -
ニニニハi-Ⅵ{\i:i乂\ヒツVi:i:i:i:i:i:i:i}ニニニ\
ニニニ7i:i:i< ィ笊ア`⌒  __ }〕iト-</>、ニニニ\                               __
ニニニ{i:i:i:i:\ゞ'   /ニニニ=--///<^〕iトr__/^≧=---  __                    r┴ハ
Vニニ∧i:i:i:i:i:iヽ __fニニ「 ̄ ̄二ニ=-Ⅵニニ{- - - - - - -/⌒アニニ=---=ァ 、                }ニ{ニ}
〕iト-=ニ〕iト.,i:i乂//「ニニL斗-=ニニニ」r{ ^Y-=ニニニニニ{ニ{ニニニニニ{ニハ            /ニ∧∧
∧ ⌒ア///>、i:i:iア^}ニニニニニニニニ{ iV Vニニニニニ=-ィi〔  ̄L__ >ニ〕iトニ\           /ニr_、∧ハ
ニ∧ /ニV/∧i:i:i:乂7ニニニ>-ュ-=ニ{ { V 乂ニニニニニニ{ニ〔ニニニニニニニ〕iト ---  ___/ニL__}ニ}ニ}
ニニ} /ニニV/∧i:i:_/ニア ¨´r ´__}Ⅵニハ \\  ̄ 二ニ=ァォ -- r‐‐ --  __〕iト-=ニニニニニニ{ニニニニア二ニヘ
ニニVニニニV/「⌒{ニ{    ¨´_ -<Ⅵニ乂 ヽヽ    / }ニニ/        ̄ ̄  ---  ___^」ニニニ{ニニニ{i:i}
ニニVニニニ}∧   \〕iト .,   _ .イニⅥニニ> - r-<.:. /ニ/                  ̄ -=ニニLr‐‐ ゝ'
ニニ}ニニニ/-=\ __ ニ=- 「ニニニニ寸ニニ∨〕iト --<⌒
ニニ}ニア-=ニニ=-/i:Vi:i:i:}ニニニニニ寸ニニ寸丶
 ̄「-/-=ニニ=-イi:i:i:i:i}i:i:i:i|ニニニニニニ寸ニニ\\   あ、ノリでAA選んだんですけど
  {-=ニニニ=-/|八i:i:i:乂i:i|Ⅵニニニニニニ寸ニニ\\    狩人っぽいAAですが、違います
...人-=ニ=-/ニニ|.....\i:i:i:i:∧\ニニニニニニ\ニニニ>^i      素村ですよ
    ^¨¨¨アニニ∧.........〕iト^⌒....\ニニニニニニ\ニ|.:.: |=-
      /ニニニ/....\........../........... \ニニニニニニ\|/ニニ=-
      /ニニ/^/.............../...................../丶ニニニニニニニニニニ=-
.    /ニニ/../............................................{ {::::\ニニニニニニニニニ=-
さんの遺言 霊能にゃ
ゴロゴロしたかったけど仕方ないから仕事しようかなと思ったら仕事せずに終わったにゃ
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
イーブイ 「龐統さん死んだのそういえばもうちょい後だったね。まぁでも結局は孔明さんがその分の仕事担わされたのか変わらないよね…」
諸葛孔明 「諸葛亮 曰く、『良き朝でございますな』と。」
玉藻 「おはようございますん♪」
キル子 「占いCO 水銀燈○」
ぶりぶりざえもん 「占いCOアシュリー◯
アシュリー 「おはよう……」
ちるの 「おはよー」
にな 「猫さんは〇でごぜーましたよ。狂人さんでごぜーますか?」
ベジータ 「占いは死んだ奴が真だよ(くそうまギャグ)
くらいの気持ちでいる、フ…界王への弟子入りも問題なくやれそうだな

アシュリーは最後の発言スッと出せるのは
凄まじく心証高い」
キル子 「占い理由
2-2共有初日霊ロラ展開ならば機械的に対抗の○占いします。
水銀燈さんが何者であり誰が噛まれようとも意味が出ますので。」
ぶりぶりざえもん 「霊能いないからの霊能2CO
◇アシュリー 「狼が乗っ取り狙っただけかも……」
でこの発言は?という感じ
◇アシュリー 「発言はキル子の方が自然に見えた…… >共有初日からの霊能2」
対抗に忖度してるしな
霧雨魔理沙 「おはようだぜ。まー、現状は噛み筋や何やらで狼の動きを読むしか無さそうだ

昨日のグレー見た中ではゆかりが比較的出方も含めて色々見てたな
AA使い過ぎで読むのが面倒だったがね。ここ村でとりあえずは見ておきたい
やはりこう言う展開は情報が落ちにくい。霊能は後から出た方が真目かなと思って猫投票
占いは噛み筋や発言投票筋で総合的に見極めたいかなあってのが雑感かね」
水銀燈 「理論上はまだ銃殺破綻からの●●●とかで残った霊能者が吊られない可能性は夜が明けるまでは有り得たわ」
エイ 「おはよえい」
玉藻 「誰も占っていないので噛まれのようですね」
ジロウ 「霊能投票自体は適当にやっといたぞ」
ベジータ 「ふむ」
ちるの 「ローラーかんすーい!」
諸葛孔明 「夜明けが遅くて非役だったのでもしや、と思いましたがどちらも占っては居ないようですな」
水銀燈 「投票済」
にな 「キル子おねーさんは対抗占いでごぜーますか? これでお弁当ごぜーますね」
キル子 「呪殺じゃなくてよかったというべきなんですかね?これは。」
イーブイ 「灰の位置噛むってことは信頼も見越してるんだねって感じだけどもー」
アシュリー 「ぶりぶりざえもんの占い理由が良く分からない……」
ベジータ 「役目は…どうだろうな
俺には普通に村に見えてた位置だ」
ぶりぶりざえもん 「私が雑魚にやられるわけ無いだろう?>ベジータ
その理論は該当しないな!」
玉藻 「になさんその後ろの狂人さんでごぜーますって朝に作ったんです?」
霧雨魔理沙 「水銀燈確定○と…ゆかり噛まれか

ゆかりはどう見ても村位置だったからな…」
イーブイ 「正直今日噛めそうだったら人狼は占い噛んできそう(小並感」
ベジータ 「なんだこの豚馴れ馴れしいぞ」
アシュリー 「霊能いないと思っていてそれから霊能が出たから狼が乗っ取り狙ったと思ったもん……」
エイ 「ちるのと水銀燈が共有ってことで」
ぶりぶりざえもん 「いやこの発言だいぶ違和感あったぞ。>アシュリー」
諸葛孔明 「>イーブイ
あの方は益州攻めのさなかにポロっとおなくなりになりましたからな、私が荊州に留まれていればその後が違うことにもなったものを……」
にな 「意味がよくわからねーですよ? >タマモおねーさん」
ちるの 「あたいもにゅうさんきんほしい」
キル子 「狩人でやる発言とは思えなかったくらいですかね、感想は。>結月」
ジロウ 「淡々と進めていくだけだな」
霧雨魔理沙 「ローラー完遂して次か」
玉藻 「有言実行して灰を見てるのは良いですね>魔理沙」
ぶりぶりざえもん 「豚じゃねぇ!ぶりぶりざえもん様だ!間違えるな!>ベジータ」
エイ 「言うほど霊能乗っ取りって得か?」
蒼の歌姫 「危ない危ない」
キル子 「がんばれ。>イーブイ」
アシュリー 「私がぶりぶりざえもんの位置なら対抗の方に+評価してる場所占うのはしない……
これは私の考えだけど初日の自信の割には占い筋は微妙感じる……」
キル子 「霊能乗っ取りは(狼で出来るなら)最強戦術ですよ。」
蒼の歌姫 「夜が明けないと思ったら私が固まってただけだった」
玉藻 「朝の結果を見てからにしては早いなと思いまして>になさん」
ジロウ 「あいつAA一杯使ってるよな(感想)」
霧雨魔理沙 「村には発言傾向で見えたけど、狩・狐ワンチャン狙いかもって感じかな?
>キル子」
イーブイ 「かんばリーリエ?>キル子」
アシュリー 「どう違和感があったの……? >ぶりぶりざえもん」
ぶりぶりざえもん 「得だろう。霊能2だし考えなかったが。>エイ」
にな 「こういうときって、グレーを先に占うと思ってたでごぜーます。」
エイ 「狼に占い出てたとしたら霊能乗っ取れても次の日灰狼に●とか出たらあーあって感じだし」
蒼の歌姫 「エイ>まぁ狼が成功したらリターンは大きいよ」
霧雨魔理沙 「いきなり噛まれちゃったけどねー
>玉藻」
水銀燈 「貴方には粉ミルクで十分ね」
キル子 「>イーブイ
あなたはでキル子。」
ちるの 「占い師さんは呪殺やってくれると
あたいがさぼれてうれしい」
エイ 「そういうもんか」
イーブイ 「上手い返しで信頼したくなっちゃう」
ちるの 「あたい赤ん坊じゃないよ!」
ジロウ 「ぶりぶりざえもん、キル子は2-2の内訳予想とかあったりしたか?」
諸葛孔明 「なんだろうと思って見てみましたが、『初日共有における2霊』という出来事をイレギュラーよりとみなすかそうでないか(そしてそれに反応すべきか)という前提の食い違いが発生しているのですな」
諸葛孔明 「>アシュリーとぶりぶりのやりとり」
アシュリー 「呪殺しても人外が対抗失敗して初めて意味があると思う……
対応されたらそこまで美味しくない……」
玉藻 「灰噛みしてくるって事は対応してくるつもりに見えますけどね
多分占いは真狼じゃないでしょうか」
蒼の歌姫 「仁奈が縄で縛られ昭和ポルノ女優の気持ちになるって?」
キル子 「>にな
展開として初手共有噛みが十分あると思ったので。
それと私噛まれGJの場合は対抗の○占いがベターなんですよ。」
ぶりぶりざえもん 「>アシュリー
COタイミングや発言のタイミングもあるが私には霊能乗っ取りのタイミングではなかったな
というかCO見えたの霊能二人同時だったし
更に言うならエイにもいったが霊能2で狼を心配するか?私はしなかった」
イーブイ 「霊能は初日共有によって2人外あるんじゃない?ってのが1人外しか霊能に出てないぞ!ってなっただけでしょ?」
ベジータ 「なんかめんどくさいやり取りしてるなという」
諸葛孔明 「アシュリーはちょっと妙だな?と思ったから、それになんか言及したキル子の方が自然だと思って、ぶりぶりはそういう文脈を置いといて発言をきりとってみた時なんだこれ、と思ったのではありますまいか」
にな 「そういうものでごぜーますか。ふーむ>キル子おねーさん」
アシュリー 「>孔明さん
私が懸念してたのは霊能乗っ取りの方……」
諸葛孔明 「(つまりとくにじょうほはなかった」
蒼の歌姫 「チルノ>呪殺対応されるんだね解る」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
蒼の歌姫0 票投票先 →にな
にな13 票投票先 →エイ
玉藻0 票投票先 →にな
ちるの0 票投票先 →にな
ジロウ0 票投票先 →にな
キル子0 票投票先 →にな
諸葛孔明0 票投票先 →にな
イーブイ0 票投票先 →にな
霧雨魔理沙0 票投票先 →にな
ベジータ0 票投票先 →にな
エイ1 票投票先 →にな
ぶりぶりざえもん0 票投票先 →にな
水銀燈0 票投票先 →にな
アシュリー0 票投票先 →にな
にな は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
水銀燈 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
水銀燈さんの遺言 闇を纏わされ逆十字を標された薔薇乙女最凶のドールCO
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ぶりぶりざえもん 「占いCO諸葛孔明◯」
イーブイ 「何か占いで盛り上がってたけど良いから人外見つけてね!終わり!って思ってるよ」
エイ 「エイ」
玉藻 「アオォーン・・・」
ぶりぶりざえもん 「◇諸葛孔明 「夜明けが遅くて非役だったのでもしや、と思いましたがどちらも占っては居ないようですな」
なんだ?これ誤爆か?もしやってなんのことだ
正直私と◯との間のやり取りなんて私にとって不毛に過ぎないが
一応解説してもらったのはいいが→とくにじょうほうがなかった
ダメだろ。」
ちるの 「うえー」
アシュリー 「おはよう……」
玉藻 「エイさんって占い師を見る村かって初日に言っていましたけど
その割には占い師に対する感想が見えませんね?」
ジロウ 「ぶりぶりざえもんもキル子に合わせて対抗占いさせてよ
囲い潰し合いつつ進めるでいいんじゃねえかな」
霧雨魔理沙 「おはようだぜ。○貰い精査はアシュリーの昨日の発言筋に囲い感が無く、むしろ人外探しに
着目してる点を見て、ここは村サイドと判断だ

ここに発言を重ねる孔明さんは役持ってる可能性も無きにしもあらずと言った印象だが
全体の発言出力や内容は村サイド感があるかな
占いは若干キル子の方がアシュリーの発言にもあったが占い位置で納得が出来るので
真目と見たいが、まだフラットに近いね 」
蒼の歌姫 「ぎ、ぎんちゃーん!」
キル子 「占いCO 霧雨魔理沙○」
諸葛孔明 「>アシュリー
1発言目には私は違和感特に持たなかったので(割と普通の懸念だと思いました)
ぶりぶりがどう違和感あったのかはちょっと解読できませんでしたな!

2発言目については切り取ると情報がたりなさそうなので流れでふんわり『こんな感じなんじゃない?』と思った部分を補ってみはしましたが」
ベジータ 「キル子の発言傾向だとか
占い方なんかが狼のそれには思えん

豚の方はなんか自分の○と延々やり合ってて
まるで見えんが心証で比較すると下がる」
アシュリー 「>ぶりぶりざえもん
あなたがそう思っているのは分かった。
でも私はぶりぶりざえもんが偽っぽく感じる……。
だって霊能乗っ取りを見た。対抗に忖度している。
それでどう思って私を占ったのかがないから……。」
キル子 「占い理由
共有と水銀燈で指揮位置が二人できたのでおっかけ必須では無くなりましたね。
かつアシュリーがそこまで占いたい訳ではないのでひとまず放置。
ゆかり死体への反応はわりと非狼の動き(狼なら露骨すぎるので避けたいはず)なんですが
村とみる根拠が乏しいのが敵対しない位置を作りつつ
とりあえず村→どう見ても村という意見の変わり具合が噛んでないアピールする狐に見えたので呪殺狙い。」
イーブイ 「これは…萌え狼!>玉藻」
ぶりぶりざえもん 「こいつ吊ろうぜ。
◇玉藻 「アオォーン・・・」」
キル子 「>ちるの
指定頑張ってください。(はぁと)」
ベジータ 「まぁ後は蒼いのは占ってくれ
魔理沙はどうしような、役臭凄すぎる」
玉藻 「ベジータPはどことなく信頼を置いています」
ちるの 「えー」
エイ 「ごめんサボってた>玉藻」
玉藻 「そ、そんな!>ぶりぶりざえもん」
アシュリー 「私占いじゃないんだ……?」
ちるの 「あたい指定したいとこ今日占われてるんだけど?」
ちるの 「この際いっちゃう。」
蒼の歌姫 「占いが全然●出さないんで
仁奈狼とかあるのかな
とかふと思ってしまった」
ジロウ 「と思ったがキル子も別段対抗占い続行でもないらしい」
霧雨魔理沙 「キル子の方が若干真目に感じるかな私は」
ベジータ 「うーーーむ」
ぶりぶりざえもん 「あれれぇ?対抗が追っかけしてないぞ?
まぁ私には関係ないが」
玉藻 「じゃあ何をやっていたんでしょう?>エイさん」
キル子 「>ジロウ
それさせた場合噛み合わせからの信頼一直線ですが覚悟はありますか?
ありますか頑張ってください応援してます流石チャンピオンだなんともないぜ。」
蒼の歌姫 「狐は犬科なんだよなぁ」
諸葛孔明 「なお割と今更ですがゆかりさんは私はAA貼ってるな位の記憶しかないので、ジロウさんの率直な反応には好感を持ちましたっていうか、
村っぽかったぜ、とおっしゃる魔理沙さんとベジータさんはよーがんばるなぁ本気で言ってんのかなぁ、位ですが」
キル子 「>ジロウ
占い理由参照。」
イーブイ 「しかしここで水銀燈噛みってのは強気だよねーってなるけど
逆にここで水銀燈噛み入ると昨日の流れを考えるならぶりぶりざえもんの方がやらなさそうに思えるけども」
ベジータ 「わかるぅーーーー!!!>チルノ」
アシュリー 「孔明がちょっと気になる……」
諸葛孔明 「で、なんかだら~っとした感じになってますね」
ぶりぶりざえもん 「孔明じゃないだろうな
あって狐ぐらいにしか思わなかったぞ。>ちるの」
ベジータ 「おっとキャラが崩れた」
霧雨魔理沙 「今日の占い理由と位置はどっちもおかしくは無いと思うんだぜ」
玉藻 「呪殺と●のダブルコンボやめてくださいます???>歌姫さん」
蒼の歌姫 「ちなみにコックリさんは
狐狗狸
と書く」
ベジータ 「ンンッ俺は超ベジータだ…俺は超ベジータだ…
……よし」
ちるの 「うわー」
諸葛孔明 「実は私齢1800年位の老齢なのでレスポンスには時間がかかるのですよ、ごほごほ>アシュリー」
ちるの 「みんな狩人じゃないのっておもう」
アシュリー 「昨日私とぶりぶりざえもんもやりとり見てたなら

『初日共有における2霊』という出来事をイレギュラーよりとみなすかそうでないか(そしてそれに反応すべきか)という前提の食い違いが発生しているのですな」

これそう思わない気がする……」
キル子 「一石二人外ってやつですか。>玉藻」
ジロウ 「>キル子
信頼一直線は別に構わん
対抗占い続行だったらややキル子真目だったなって感想だ」
玉藻 「つまり私は仙狸も兼ね備えていた?」
蒼の歌姫 「玉藻>夢占いと真占い二人に同時に占われたのかな」
ぶりぶりざえもん 「>魔理沙
自分の占い理由と位置におかしくないっていいのか」
ちるの 「指定、イーブイ」
キル子 「>ちるの
別に今完全灰指定してそこが狩人でも大丈夫なので気楽にどうぞ。
(指定しなくていいとはいってない)」
霧雨魔理沙 「ふーむ、ベジータさんは何故私を役に見てる?」
アシュリー 「だって私とぶりぶりざえもんの会話の内容は
「霊能乗っ取りありそうと思ったか思ってないか」だもん……」
イーブイ 「占いはまぁそんな感じだけど灰は見てて、ベジータと魔理沙が完全にぐいぐい行くなぁって」
ジロウ 「下手に占い噛みチャレンジ通されるより2択の方がそもそも楽そうだな」
エイ 「発言コピペしてそれつけるタイプの占い理由って量産しやすいから信用下がる気がする」
イーブイ 「COないぶい!」
蒼の歌姫 「玉藻>たぬ狐だったんだね」
ぶりぶりざえもん 「ベジータが変なこと言ったから指定されるのかと思った」
ちるの 「よかった」
諸葛孔明 「ちなみにしぶりんさんについて誰かなんか印象持ってる人いらっしゃいます?
他の人はなんかこう『まぁこんな感じっぽい人』みたいなうすらぼんやりした像があるのですが」
ベジータ 「えっ……>魔理沙」
キル子 「>ジロウ
嫌ですよ対抗の○占いってのは
相手に読み切られないのが前提なんですから。」
エイ 「でもぶりぶりざえもんは2日めの魔理沙への発言は好きだった」
ちるの 「あたいぴかちゅう派なんだよねー!」
アシュリー 「2-2-1の展開・盤面に関しての会話はしてないもん……」
イーブイ 「ちるのを応援するためにグレイシアにならなきゃ…」
ベジータ 「………………えっ」
イーブイ 「失望しました。今からブースターになってフレアドライブします」
諸葛孔明 「おっエイさんが突然良さげな発言を」
ちるの 「でもピカブイのイーブイはかわいい…」
蒼の歌姫 「孔明>え、私シンデレラガールだから」
ちるの 「ぎゃー!!!」
霧雨魔理沙 「ぶっちゃけると、灰とか投票とか色々見て行くスタイルの奴なんて
占った方が安心出来ると思うんだけどなあ。SG作る狼にもありがちだから
>ぶりぶりざえもん」
ぶりぶりざえもん 「俺は昔からだから仕方ないだろ・・・そこは>エイ」
諸葛孔明 「あーん?2発言目違うの?」
ベジータ 「………い、言いたくない……です…(震え声」
玉藻 「ブースターは救済されましたか?」
諸葛孔明 「じゃあ、何をもってアシュリーはキル子>ぶりぶりだと判断したの?」
ジロウ 「玉藻、孔明、魔理沙
キル子真の場合は対抗占いの可能性がありえた」
蒼の歌姫 「決して
援交してそうとかおいやめろ同人誌のネタにするんじゃあない」
諸葛孔明 「そこ食い違うと
えっ?って思っちゃいますけど」
イーブイ 「個人的には占いのスタイルはそれぞれだから良いよねって感じだけど。それと合致しなくなった瞬間にうーん?ってなるよねって思う
理由が強くあればまた話は変わってくるけど」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
蒼の歌姫0 票投票先 →イーブイ
玉藻1 票投票先 →イーブイ
ちるの0 票投票先 →イーブイ
ジロウ0 票投票先 →イーブイ
キル子0 票投票先 →イーブイ
諸葛孔明0 票投票先 →イーブイ
イーブイ11 票投票先 →玉藻
霧雨魔理沙0 票投票先 →イーブイ
ベジータ0 票投票先 →イーブイ
エイ0 票投票先 →イーブイ
ぶりぶりざえもん0 票投票先 →イーブイ
アシュリー0 票投票先 →イーブイ
イーブイ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
共有者の小声 「ヒソヒソ・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
諸葛孔明 は無残な姿で発見されました
ちるの は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
諸葛孔明さんの遺言 とりあえず私の発言意図としては
◇アシュリー  「発言はキル子の方が自然に見えた…… >共有初日からの霊能2」
↑これをもってぶりぶりが『根拠薄弱にキル子を上げてる、アシュリー怪しい!』と思うのは、(2霊と占い師2人については基本関係ないので)無理ないような気もしないでもないけど、多分こういう背景があったんですよ~(と解読してみました

というものですね。

アシュリーが2霊になったことは乗っ取り狙いの発生確率とは微塵も関係ないんだよ!私は2日めの間ずっと霊能のCOの遅さとそれに反応するかどうかについてに絞って話してたんだよ!

とおっしゃるなら、深読みしてすみませんでした、と答えるしかないですが
イーブイさんの遺言 村ぶい!
ちるのさんの遺言 あたいこそがきょーゆーしゃ
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
キル子 「占いCO 諸葛孔明○」
アシュリー 「うん」
玉藻 「コオォーン・・・」
キル子 「占い理由
イーブイ狐じゃなければ呪殺狙い続行でいいんですよね。
その上で(対応の難しさという意味で)対抗の○占いするなら
やっぱりアシュリーさんより孔明さんかと。
アシュリーさん自体に人外要素が見つけられない(村とはいってない)のと
やや唐突に歌姫さんへの感想を聞いたのが全体の視点をブラしたい雰囲気がありました。」
ベジータ 「言えというのか魔理沙…!
この俺に…この俺に言えと本気で言うのか…!」
玉藻 「ヨシ」
ぶりぶりざえもん 「くっ・・・殺せ!」
蒼の歌姫 「今です!>孔明呪殺」
エイ 「ウス」
キル子 「ぶりぶりざえもん吊りで。」
ベジータ 「魔理沙ちゃんなんでもないよ!!!!!」
ジロウ 「キル子視点だと
諸葛孔明は非狼(前日のキル子の方針考えるとな)
アシュリーは結果の組み方的には狼ありうるところか

ぶりぶりざえもん視点だと
魔理沙囲うなら前日に対抗占いしないだろうし
囲いがあるなら玉藻の方に見えるな」
玉藻 「なんか暫定○に絡んでるなとは思っていたんですよ」
アシュリー 「キル子の方が真に見えてた……
違う。ぶりぶりざえもんが偽に思っていた……」
霧雨魔理沙 「おはよーだぜ。成程、キル子真で良いな
やはり何か持ってたか孔明さん」
エイ 「占いを見る必要がなくなってしまった」
ジロウ 「ぶりぶりざえもん吊ってゴーだな」
ベジータ 「やはり豚か…!(キリリ」
ぶりぶりざえもん 「狐なら偽に囲われないような発言してくれよっていっても
俺の占い適当だしな」
玉藻 「初日からキル子さんが真だと思ってました!!」
キル子 「一応チャレって死んだら5灰3吊りなんで頑張ってくださいね。」
アシュリー 「歌姫
玉藻
ジロウ
ベジータ
エイ
アシュリー」
ジロウ 「灰5だよな」
ベジータ 「えーーーと灰が俺とーーー誰だ」
アシュリー 「6灰3吊り」
キル子 「>アシュリー
玉藻は初日の○ですが。」
玉藻 「?????!?!?>アシュリーさん」
ジロウ 「いや6か」
蒼の歌姫 「孔明>私のイメージを聞くから消されてしまったようだね
指定○○団876組に」
エイ 「玉藻○だぞ」
霧雨魔理沙 「ぶりぶりざえもん吊って次だけど、占い希望位置はベジータさんとエイ辺りかな
この辺りは見ておいて欲しい位置」
アシュリー 「違う。玉藻初手○」
玉藻 「やめて! 私を吊らないで!」
霧雨魔理沙 「玉藻と私も○だな」
ジロウ 「オレの方が正しかったらしいな
灰5なら狩人出せば詰みじゃねえのか?」
ぶりぶりざえもん 「わたしとわたしとわたしとわたしと俺だ。吊りは足りないな(ニヤ。>ベジータ」
アシュリー 「5灰3吊り……」
ベジータ 「見た目狐だから狐だよ理論」
キル子 「>ALL
ちなみに吊りたい場所が一人いるんですけれど
明日死んでいて遺言に残したら否応なくそこ吊ってくれますか?」
玉藻 「コンッ……コンッ……風邪かな?」
蒼の歌姫 「ぶりぶり>本日は特別に
時子呼んでおいたよ」
エイ 「いや別にもうどうでもいいんだけどキル子が昨日やけに遅かったのはなんだったのか」
キル子 「吊ってくれるなら残します。
場所によって考えるなら残しません。」
ぶりぶりざえもん 「じゃあ見た目が豚の私は狼じゃないな」
玉藻 「良いですよ>キル子さん」
アシュリー 「だいたい狩人が生きていたら勝ち……
死んでいたら1人村打ちする……」
霧雨魔理沙 「了解だぜ
>キル子」
ベジータ 「いいんじゃないか」
ぶりぶりざえもん 「俺かな?>キル子」
ジロウ 「明日キル子が狩人を占うって危険と
内訳が真狼ー真狼で○の中に潜伏狂人がいる危険とで
どっち警戒するかってとこだが」
アシュリー 「(こくこく) >キル子」
蒼の歌姫 「アッハイ>キル子」
キル子 「>エイ
メタい話、いつもはCO文をコピペして待機してるんですけど
占い理由に手を加えていたら理由の方のコピペが残っていて
CO文コピペに手間取ったからですね。」
ぶりぶりざえもん 「今日のぶりぶりざえもん吊りは中止で玉藻吊りらしいぞ」
蒼の歌姫 「ジロウ>狩り占っても噛み合わせされなきゃよくない?」
ジロウ 「吊り順の問題もないし
3吊り中の1回ぐらいキル子が使うのは悪くないだろう
明日なら情報の差もないだろうしな」
キル子 「じゃあ残しておきますね。
遺言が出ないことを祈っていてください。」
アシュリー 「私かもしれないけど、キル子がどうしても吊りたいと思う位置だったなら吊られる……それぐらいの覚悟はある・・・・・・!」
玉藻 「はぁーー!? 何言ってるんですかぁーーー!?>ぶりぶりざえもん」
ぶりぶりざえもん 「どっじっこ~!>キル子」
霧雨魔理沙 「ジロウさんの目線は良いな。朝一遺言書いてて遅れた私と違って準備して書いてた感ある
村目線の発言だからな」
ジロウ 「その万が一があって詰まなかったらアホ臭くねえかってことだな>蒼の歌姫」
ぶりぶりざえもん 「とっぴお~!」
エイ 「そうかありがとう>キル子」
ベジータ 「なるほど狂想定の自○吊りか…」
ぶりぶりざえもん 「私の遺言指定は・・・」
蒼の歌姫 「それは狼が見事なだけでは」
キル子 「>ぶりぶりざえもん
狐を囲ってしまったどじっ豚に言われたくないですね……。」
ベジータ 「頭が痛くなるな」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
蒼の歌姫0 票投票先 →ぶりぶりざえもん
玉藻1 票投票先 →ぶりぶりざえもん
ジロウ0 票投票先 →ぶりぶりざえもん
キル子0 票投票先 →ぶりぶりざえもん
霧雨魔理沙0 票投票先 →ぶりぶりざえもん
ベジータ0 票投票先 →ぶりぶりざえもん
エイ0 票投票先 →ぶりぶりざえもん
ぶりぶりざえもん8 票投票先 →玉藻
アシュリー0 票投票先 →ぶりぶりざえもん
ぶりぶりざえもん は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
キル子 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ぶりぶりざえもんさんの遺言 ◇キル子 「>ぶりぶりざえもん
狐を囲ってしまったどじっ豚に言われたくないですね……。」

は??ちがうんですけど??孔明の罠なだけなんですけど??
遺言指定は玉藻ちゃんがいいですぅ!
キル子さんの遺言 占いで吊りたい場所はジロウさんでした。
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
玉藻 「コンコン!」
蒼の歌姫 「ジロウ>アホくさいって
なら誰が悪いのそれ?
誰かが悪くなきゃダメなの?」
エイ 「だめなのかよ」
アシュリー 「おはよう……」
玉藻 「そんなー!?>キル子さん死亡」
霧雨魔理沙 「おはよーだぜ

占いされてると嬉しい位置はベジータさんもだが、エイかな
蒼の歌姫はベジータさんが村と仮定するなら占って貰いたいグレーかな
どーも発言で色が見えにくいし、ここが現状一番見たい

ジロウさんは詰めて行く中で狼発覚もあるけど、ここ村で見たい発言筋なんだぜ

狼はぶりぶりざえもんで1Wは落ちてるので、グレーからは蒼の歌姫・エイ・ベジータさんから探す感じか

ジロウ 「知ってた>遺言」
ベジータ 「クソッタレェーーーーー!!!」
アシュリー 「うーん……」
玉藻 「えっ、水銀燈さんかゆかりさんが?」
蒼の歌姫 「狩り不在かぁ」
霧雨魔理沙 「狩人は…初日か?」
玉藻 「指定はジロウさんなのでジロウさん吊りましょう」
ジロウ 「>歌姫
よくわからんが
オレは誰かが悪いとは言っていないぜ」
アシュリー 「ジロウさん指定分かった。私も残す側にはおいてなかった……。」
ベジータ 「正直魔理沙だと思ってたんだ…」
玉藻 「共有初日だって言ってるでしょーーー!?」
蒼の歌姫 「魔理沙>共有が初日だから」
霧雨魔理沙 「ここ村に見えるが…遺言だしな」
エイ 「魔理沙は冗談なのか素なのか」
ベジータ 「ほらこれな(
こんな感じなのがな(」
アシュリー 「雑感だとベジータ・エイ > 歌姫・ジロウ」
エイ 「5灰3吊り」
霧雨魔理沙 「あ、初日だったわ…そうなると生き残ってるなら誰がって事だが死んでるだろうなあ
>蒼の歌姫」
ジロウ 「グレランしていない以上どことどこの2Wはない
みたいな話もないしな
明日はただただ怪しい位置吊ればいいだろう」
玉藻 「明日噛まれた方が遺言指定遺しましょう>魔理沙さん」
霧雨魔理沙 「いや、微妙にやらかした///
>エイ」
蒼の歌姫 「ジロウ>なんかアホくさいってさ
誰かがミスしてそれが悪いって言ってるみたいな言い回しだから気になったんだよね
まぁそれだけの話なんだけど」
アシュリー 「気持ちは分かる……。
だからベジータは吊りたい位置にはおいてなかった……」
ベジータ 「ジロウなーーー」
霧雨魔理沙 「遺言指定かー。了解
>玉藻」
ベジータ 「お前どこが怪しいと思ってる」
エイ 「明日玉藻か魔理沙が指定しても良いんじゃないか
2W残るかもしれないし」
ジロウ 「魔理沙、玉藻は残った方が明日指定するべき(遺言指定でもいいが)だから
覚悟だけしておいたほうがいいんじゃねえかな
アシュリー 「ここで生きているならどこ護衛してるの…? >魔理沙」
蒼の歌姫 「魔理沙>いや生きてたらヒューマンエラー以外じゃ外さないんじゃないかな」
エイ 「いや生きてるほうが指定で良いのでは・・・」
ベジータ 「俺は正直魔理沙で逆転現象起きてから
まともに見れてないんでなんでも欲しいんだよ」
アシュリー 「私はもし狩人COしたら偽決め打って吊る……!」
霧雨魔理沙 「有り得ないわな…そうなると序盤に死んだ位置だろうなあ。水銀燈かゆかり
>蒼の歌姫、アシュリー」
玉藻 「噛まれるって事はそっちが脅威に思われてるって事ですよー、あははー
え? 最終的には両方噛む? そーでしょーね!」
アシュリー 「だから単純に死んでる……残っただけが狼かと言うだけ……」
ベジータ 「この子本当よく占ってくれてたなって感心するがなにもおかしくはない」
霧雨魔理沙 「両方の見解摺り合わせて決める手もあるがー…ね
>エイ」
ジロウ 「実際
狩人を灰から出さずに占わせた結果それが負けに繋がったら村のミスだと思うぜ
悪いのはって話をあえてするなら
気づかなかった村であったり、説得できなかった村であったり
特定の個人が悪いとはオレは思わんし」
エイ 「アシュリー囲いはなさそうかな」
蒼の歌姫 「ベジータ>欲しがりのいやしんぼうめ
二個か?三個か?
甘いの三個ほしいのか」
エイ 「信用勝負する気ならの狼がアシュリーならぶりぶりざえもん叩かないだろうし」
アシュリー 「村アピールだけど私はずっとぶりぶりざえもんサイドにデバフかけてた…… >エイ」
ジロウ 「悪くて何が悪い!って言うとわけがわからんが
仮に狩人出さないのが進行ミスだとして、それで誰が悪いだの責任云々はイランと思うがな」
霧雨魔理沙 「アシュリーは囲い感無いからなあ。でもそう見せる印象漂白も無くもない」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
蒼の歌姫1 票投票先 →ジロウ
玉藻0 票投票先 →ジロウ
ジロウ6 票投票先 →蒼の歌姫
霧雨魔理沙0 票投票先 →ジロウ
ベジータ0 票投票先 →ジロウ
エイ0 票投票先 →ジロウ
アシュリー0 票投票先 →ジロウ
ジロウ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
玉藻 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
玉藻さんの遺言         ト、          ./1、
        } ヽ         / ノ レ´ ̄!
        ヽヽ`ヽrーzt、---} /  !  /
         ヽ ヽ、x'´   ヾキKチ ̄ ̄` ヽ 、
          ヾチア´      `ヾt、       フ
          <ヾ!     、 ヽ  `ニァ   <     遺言指定はエイさんです!
           フ !  x  K´txz t、 ヽゝ__ノ
          /  ! ノtz、ミ ハzチリ トゝヽ、  `ヽ、
        ./  /ノ,ハ ヾ' 、    .} ヽ   ヽ   ヽ、
      /  / ノァ .ト 、 マニア,イ}  ヽ、  ヽ、   ヽ、
     /  /  ,ィ--ノ ハ 、 `トチァヘ}ヘ  `}  `ヽ、  ヽ
.----}_ヽゝ/イ  / t--7´ー‐tr、}´。 ,ィ' ̄~) ,イ.! ,ィヘ、 ヽ!ヘ!/ヽ
ニニ' ー' `!__  ヾゝ / !  ヽ`ヾチ  ノ' !.レ ィシ >x/ {ゞ'
 ` ̄`!> ヾヘ  _t-ソ_/         x ノ/シ´ /  }   !
    }' ヽ Vヽ_}`ーァ'、 _  ./ .,ィ   .ヽヾア ./    {_   }
<ーイ   V / ヽー}`ヽミミt、.レチアァミアtトァ フヽ、/ァ  }  ヽ
  >!  _/  /   xチベt、ヽシ´ /`ヽ、ソ / ノ/ /   .i   }
  ! ヾァ }}  /    ! ヽ_>ミt、 <_,ィァ'ヾ!ニ>ヽ/!   ∧   !
  } }}  }} /   /    }、ミァzt、'彡!彡 _>リ ヽ、  / }   i
  フ ヾ リ /  /    ./! >!、_,ィzアソt´ ア>、!}  ヽ、ヽ、!   !
  !  ヾ' } /     < } ヽァィtcヘ!  /イ >!i    > `ヽ  /
  ヽ、_ノ'´       ア、} /イ リキ! !アシ ´ !ヽ!, ィ'ヘ   } /
            /  ヽ!ニ! !ニi,イ    }ヘミzt三三モチ!'
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
ベジータ 「はい」
エイ 「蒼の歌姫吊りたいなってなった」
霧雨魔理沙 「おはようだぜ。生きてたのは私か

個人的には蒼の歌姫を吊りたいが…」
エイ 「けど遺言指定されてるならCOなし」
ベジータ 「九割型アシュリー残るって形で
そこ狼だと無理くぼ…ってなるんで」
エイ 「やっぱ見返してもアシュリー狼で次の日キル子に占われるかもって状況でぶりぶり落としに行く意味ないし」
蒼の歌姫 「きゃ、キャス狐」
霧雨魔理沙 「エイさん吊れって希望あったから、ここはエイさんで行くしか無いか?
うーん…」
アシュリー 「おはよう……

多分自分で言うのもなんだけど私一番灰の中で○い自信はある・・・・・・
ベジータもとても〇い。少なくとも狼には見えない……」
エイ 「ベジータは2日目の霊能への殺意が狼のそれには見えなかったから、って感じ」
蒼の歌姫 「魔理沙>ふーん」
アシュリー 「エイ指定……うーん……」
ベジータ 「アシュリーが残したくないってところでいいんじゃねってなるが」
アシュリー 「キル子は真占い師だから従ったけど……
玉藻は狂人の可能性もあるからどうしよう……」
エイ 「魔理沙の指定があるならそっちでも良いが
組織票あるかもだから指定は必須
魔理沙が何も指定しないなら当然私を吊るのが筋」
蒼の歌姫 「アシュリー>玉藻噛まれてるじゃん」
ベジータ 「正直じゃあ他二人見れてるのかっていうと
いや正直判断付かんぞこれなので」
アシュリー 「エイか歌姫かの2択なのは私決めていた……だけどどっちに投票するかは自分で決めたい……」
霧雨魔理沙 「アシュリーは私の発言があっても私が噛まれてないから、基本信じたいな
ベジータさんは全体的な印象で白くなってるのと、蒼の歌姫がどうして行きたいのかが
分かりにくかった位置で困るな」
ベジータ 「アシュリー+αの2wだけは捨てるとかそんな風に感じるのが
精一杯だ」
アシュリー 「噛まれてるけど狂人が遺言指定してる可能性もあるからなんだか
それだけでエイ吊るのが嫌なだけ……」
霧雨魔理沙 「エイと蒼の歌姫のランはどうだろうか?
ベジータ 「がんばったぞカカロット
通じてください…これが最期のファイナルフラッシュ…!」
蒼の歌姫 「アシュリー>あのさ
玉藻狂人って仁奈狼なんだけど」
エイ 「私は私が村ってわかってるからリスク無いけど」
アシュリー 「私はそれなら別にいい……初めから自分の中ではそうするつもりだった……」
蒼の歌姫 「私は仁奈狼の可能性挙げてたけどシュリー挙げてたっけ?」
霧雨魔理沙 「正直、決め手に欠けてるからなあ…
玉藻の意見も尊重しつつ、全体の意見鑑みるとこれが折衷案だと思う」
アシュリー 「にな狼変…?」
蒼の歌姫 「魔理沙>指定の意味無くなるからそれ」
エイ 「まあ私視点では蒼の歌姫吊って終わらなかったらベジータとアシュリーで考え直すしか無いで」
アシュリー 「私は最初から霊能に狼いる可能性は十分あるって思ってたもん……」
蒼の歌姫 「進行論としてなら私指定の方が進行としてはまだマシ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
蒼の歌姫3 票投票先 →エイ
霧雨魔理沙0 票投票先 →蒼の歌姫
ベジータ0 票投票先 →蒼の歌姫
エイ2 票投票先 →蒼の歌姫
アシュリー0 票投票先 →エイ
蒼の歌姫 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アシュリー は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
蒼の歌姫さんの遺言 アシュリー>いやだから
口にしてたっけ?って確認したんだけど
思ってたかどうかじゃなく
アシュリーさんの遺言 アシュリー:アシストフィギュア

魔法でアシュリーの周りに闇のゾーンを出現させる。ゾーンの中に入った相手は、スロー状態でダメージを受け続けるほか
以下のいずれかのデメリット効果が発生する地面に埋まる

・透明になる
・方向操作が反転する
・体が小さくなる
・ワザを出そうとするとしりもちをついて失敗してしまう
・移動が微速歩行、ジャンプが小ジャンプになる
・たべものを食べると逆に10%ダメージを受ける
・空中にいるとしりもち落下になる
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
エイ 「エーイ!緊急配備につけぇ!」
ベジータ 「はい」
エイ 「ベジータかい」
ベジータ 「ああはい」
霧雨魔理沙 「ふむ…ならエイさん有力視で行くか
覆したいならどうするか…」
エイ 「ベジータとアシュリーどっちもぶりぶり殴ってんじゃん仲間を大切にしろよもうって悩んでたのに」
ベジータ 「昨日必死にエイの要素を探して」
ベジータ 「おい何も見つかんねえぞとそんな顔になった」
エイ 「じゃあ蒼の歌姫は村だったんだなすまん」
ベジータ 「何も見つからんというか
ほぼ何も発言してなくないか(」
霧雨魔理沙 「エイさんとベジータさん…どっちもなあ
私的には疑い方の質はベジータさんの方が納得してるが、さてどうか」
霧雨魔理沙 「2Wの可能性は考慮しないのか?んー?
>エイ」
ベジータ 「一応だが>魔理沙」
エイ 「いやベジータも言うほど中身ある発言してないぞ」
霧雨魔理沙 「昨日の時点で蒼の歌姫が狼でどっちかが相方で2W
この状況も昨日の時点で考慮して無いのはおかしい」
エイ 「いや歌姫とベジータで2Wだったら確実にベジータも私に投票する>魔理沙」
ベジータ 「俺と蒼いので2wならまぁエイ投票だろは分かるが」
ベジータ 「今それ論じて意味があるのか」
エイ 「だろ?」
ベジータ 「俺は要素は出してたつもりだが」
霧雨魔理沙 「7 日目 (1 回目)
蒼の歌姫 3 票 投票先 → エイ
霧雨魔理沙 0 票 投票先 → 蒼の歌姫
ベジータ 0 票 投票先 → 蒼の歌姫
エイ 2 票 投票先 → 蒼の歌姫
アシュリー 0 票 投票先 → エイ
ベジータ 「要素というか占い推理だなんだだな
それはお前も認めてるはずだが>朝一」
エイ 「アシェリーなんで噛まれたんだって考えたら」
霧雨魔理沙 「昨日の投票では両方とも入れてる位置だな」
ベジータ 「アシュリー自体が俺のことかなり村視してたはずなんで」
ベジータ 「噛みはその辺深いだろう」
エイ 「私が村認定してたからだろ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
8 日目 (1 回目)
霧雨魔理沙0 票投票先 →エイ
ベジータ1 票投票先 →エイ
エイ2 票投票先 →ベジータ
エイ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
エイさんの遺言
      /⌒\
    / ´н` \
  / 彡  ミ  \
 <            >
  \        /
    \     /
      \  /
       ┃
       ┃
       │
       J
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2019/05/29 (Wed) 22:51:37
結月ゆかり 「御疲れさまでした」
イーブイ 「お疲れ様ー」
玉藻 「お疲れ様です」
エイ 「エーイお疲れ様」
アシュリー 「でも昨日で歌姫吊る気はなくなったの。エイ吊れていたらベジータ吊れた可能性は高かったかもしれない……
でもifの話は分からないの……」
玉藻 「ベジータさんはその生え際を後退させてください」
ジロウ 「お疲れ様だ
これは超サイヤ人ですわ」
ぶりぶりざえもん 「おつかれだベジータ
私がナンバーワンだ!」
エイ 「おめでとうベジータ」
霧雨魔理沙 「お疲れ様。こっちか…」
アシュリー 「おつかれさま……」
キル子 「お疲れさまでした。」
「風呂から帰還。お疲れさまにゃ」
蒼の歌姫 「お疲れ様」
ベジータ 「やったああああああああああああああ!!!!!」
霧雨魔理沙 「うーん、最初疑ってたのは合ってたのかー」
蒼の歌姫 「魔理沙>ちょっといいかな」
にな 「ベジータおじさんすげー! お疲れ様でごぜーます」
結月ゆかり
          >'"⌒_ =-
          ゝ ( ´
          >'"⌒ ̄⌒“''*、 、
        >'": : : : : : : : : : : : __\ミ=‐
      //: : /:/: : : : : i|: __.Y´ `ヽ ,./
         /: : /:/i: : : : : :i| (::::)ゝ=イ: ∨
.        ′:/:∥!: : : :.....i|: ハ: : : :.∨:.}    AAつかってハッチャケてた
       {: :.{ 从 !: : : :.....i|∥ }: : : : :}: :|    だけなのに・・・
       |:.:. ィf尓ミ, :./ィ===x!: : : : i: :′
.       从 ム.V リ .∨ {c:::::リ: : : : :| 
      《: : :ゝ ¨  _ 弋rシ: : : : : !     なぜ、即噛みするんですかー
       《≡》 〕iト. --/ハ: _ノ
      /: : {   ,イ/ /ニ=‐}ニ}《≡》       噛むなら中盤位に噛んどいてくださいよ
        ′:/  / / /ニ/!ニ|/ }: : ヽ
      {: : {  / / .′〈 iニ.!i:ヽ ヽ: : }
      ゞ从 / /: :{ニ=‐ヽ::|∨∧ ヽ/
           / /: : :|ニニ=‐\∨∧
.          ,イ .{__.|ニニニ=‐\i:i∧
      //ゝ.!__ ニニニ=‐/ \メ
     /ニ/== {_ }∨ニ=‐/i:i:,イ
     ゙''≪)  .!: : :|: ∨>'"i:/
.            !: : :| (_,>''"~
ベジータ 「俺はカカロットに…カカロットに勝ったんだぁ!!!
ハーーーーハッハハハハ!!!」
霧雨魔理沙 「蒼の歌姫は本当ごめん!!」
結月ゆかり 「これはベジータ王」
蒼の歌姫 「狼はお見事」
玉藻 「カカロットは居ないのでノーゲームです>ベジータP」
蒼の歌姫 「魔理沙>いや吊ったの怒ってる訳じゃないから」
黒の剣士GM 「この村のカカロット枠誰だよ……」
霧雨魔理沙 「指定役は経験無くてな…どうしようか本当ーに悩んだんだ…」
ベジータ 「カカロットはみんなの心の中に居る」
イーブイ 「ブロリーを連れて来るべきだったね。」
にな 「そういえば、3日目の噓霊能、なんかまずかったですか?」
結月ゆかり 「金髪だしカカロットかもしれない@魔理沙は」
エイ 「そこまで喜ばれたら負けた方も素直に悔しがれるわ
エーイ!覚えてろ!!」
ベジータ 「お前もカカロットになるんだよ!!!!!>GM」
キル子 「ジロウじゃないですか?>カカロット枠
尖った金髪ですし。」
玉藻 「魔理沙ロット」
霧雨魔理沙 「指定についてだと思う。あれは本当にどうしようかって
>蒼の歌姫」
イーブイ 「ジロウって金髪だからカカロットじゃね?」
ぶりぶりざえもん
         、/////////\j//////∧
         \/////////////////└           /
     ,ィ  ̄ ̄`ヽ┘///////////////////`ヽ    /    い  オ       >ベジータ
   ////////////////}/////////}////’,   i       く   メ
   /////////////////{/// j{///ィ冖/////L _jl       ら   ェ       お助け料は安くしておいてやる…
    `'<//////////{「ィ´i/ヾ  |i//⌒/ヾ}///////il       持  今
   -―――ァ//////i{  /{i`ヽ  ` '⌒ヾ ////////il     っ           8%引きの一億万だ、わかったな。
   //////////〃´ヽ>, {_ 卩    卩 _}ィシ⌒i/////l      て
   `'<///////{ハ ム '"⌒¨   」〉 ¨゙⌒` }ハ}/// ̄|       る
      `'<///V 〈 ム    r、_ `´-ァ┐  /〉ン゙/////|       ?
         >/\__jl    `ー‐'     ////<_ ̄l
        ´ ̄ ̄¨ヽiム.    ´¨`   / ̄i ̄ ̄   丶
              |   > .     . <   !         \
          、 /|   \ `ー ´  /   j{\_,      ー――
         /i>′ `    ∨/ r'" //     ヾ}>‐i_,,  -―――‐‐-
       iー< _,イ    ___∨_//___ ./ i「 /
      rt'´i { {`ー ¨´     `¨´      /   /   ジ   い
   /〈 {    〈         |       j{  ヾ     ャ   い
.     ヾ l   ヽ       ―- ..i.. -―   」「 /       .ン    か
           〈i           |       `/         プ   ら
        \   V>、     /i______,,ィ/       し
    「i     j{   j「 \ __,,..ィ」i|L::::::::::::::::::::ム        て
    |」    〈!\  ヽ  レ\::::::i|〉:::ニ=-‐''"V/,         み
    ∨/    レ、 \     ノ>一'´    \/i{          ろ」
結月ゆかり 「クズロットォオオオオオオオ」
ジロウ 「イーブイに仙豆でも食べさせて進化させればもしや…>カカロット」
玉藻 「この場合、自分が吊りたい位置に投票するとかで十分ですかね>魔理沙さん
狼に投票できかなった、というただそれだけのお話です」
蒼の歌姫 「最終日エイも触れてたけど
ベジータと私2Wなら、組織されてそこで負けもあった訳で
だから進行論として玉藻の遺言とのランにしたら
指定の意味が無くなる
だから昼間も言ったけど魔理沙が独断で指定の方が
進行論としては正しい
という話」
霧雨魔理沙 「ベジータさんについての評価を変えたのが拙かったのとにな狼云々で
どうも気になってしまったのが問題だな」
ぶりぶりざえもん 「噛みだれする?って決まらんかったから…>ゆかりさん噛み」
結月ゆかり 「AAつかって遊んでただけじゃないですか、ヤダー>豚」
蒼の歌姫 「あ、書いてる間に魔理沙も口にしてた
まぁそういう話ね
外したのは責められない。仕方ない」
霧雨魔理沙 「やっぱりそこだよね。正直、決め手に欠いてたけどスパっと決めるべきだったんだなと
>蒼の歌姫」
ベジータ 「ご、500円しか…
あっ370円しか無いな」
イーブイ 「缶ジュース買ってやがる…!!!>ベジータ」
玉藻 「自販機でジュースを買ってるんじゃありませんよ!」
アシュリー 「◇アシュリー 「発言はキル子の方が自然に見えた…… >共有初日からの霊能2」

露骨でも噛めばいいのに……対抗の方+で見ている時点でいても邪魔だと思うもん……」
ベジータ 「あんな発言されたら吊れてくれとお祈りしながら投票するしかない>蒼いの」
キル子 「>にな
『霊能CO 誰々○●』という形で用意しておいて結果に応じて削るってタイプの人からしたら
狂人(○結果)前提の文がついていると結果を最初から用意している偽に見えるというだけです。

これに対する反論は簡単で●だった場合はこれこれこういう文で用意してましたよ
私は結果を削るタイプじゃなくて結果に応じた二つのCO文を用意するタイプですよ、と教えることですね。」
結月ゆかり 「小市民ベジータ・・・」
にな 「>キル子おねーさん
それ言ってよかったんでごぜーますかー。今度からそうするでごぜーます」
蒼の歌姫 「ベジータ>まぁ魔理沙は入れるだろうしエイが役職なんであれ私入れない理由はないから
吊れる吊れる」
霧雨魔理沙 「最初の印象でロックしないと駄目なケースもあるんだとこれな
最初のベジータさんの脈絡の無い私への「役持ち感ある」は何か見えてるとも思ったが
ここで攻めれないとね」
イーブイ 「占いの用意の仕方何て個人差だよ!」
イーブイ 「ちなみにベジータと魔理沙は最終日で判断したら良いやって思ってました()」
黒の剣士GM 「それじゃ終了報告してこよう」
ぶりぶりざえもん 「侮るなよ?私はもちろんギザ十3枚だ!!
これだから貧乏人は・・・(やれやれ」
アシュリー 「>ベジータ
私と殴り合わないの……?私とタイマンでもいいんだけど……」
玉藻 「そうですね、なんだか夜中に用意した結果を朝に出したように見えました>になさん
私もRPで結果を予め知ってた風なCOする時はありますが
になさんはそういうキャラでもないので疑ってしまいましたね」
結月ゆかり 「さて、私はこれで
ではでは
御疲れさまでした」
蒼の歌姫 「それじゃお疲れ様
GMは村ありがとう」
アシュリー 「ベジータとタイマンなら勝てるかどうか分からなかったかもしれない……」
イーブイ 「それじゃあ同村村建てお疲れ様ー」
ベジータ 「俺はサイヤ人のエリートだからより勝てそうな戦いしかせん」
玉藻 「ベジータとアシュリーなら多分、アシュリーさんに軍配だと思いますが
どうでしょうね……」
エイ 「私も八景島シーパラダイスに帰る
お疲れ様でした」
ぶりぶりざえもん 「それじゃお疲れ様&村建感謝
また村を救ってしまった…。ヒーローの性は止められんな…。」
霧雨魔理沙 「ある程度役目で見てても少し目線柔軟にし過ぎた感が強かったな、反省」
アシュリー 「ヘタレ…… >◇ベジータ 「俺はサイヤ人のエリートだからより勝てそうな戦いしかせん」 」
玉藻 「とりあえずベジータさんの育毛剤の中身を入れ替えまして」
玉藻 「皆さんお疲れ様でした
村建て同村ありがとうございます。また遊びましょうね!」
ベジータ 「いいか、サイヤ人はグレラン民族だ!!!」
ベジータ 「勝てば良かろうなのだってハム太郎言っている」
ジロウ 「ベジータの生存っぷりもよかったが噛み方針も良かったな
村建て同村ありがとよ!」
キル子 「それじゃあお疲れさまでした。」
にな 「たのしかったでごぜーます! またあそんでくだせー!」
アシュリー 「◇エイ 「まあ私視点では蒼の歌姫吊って終わらなかったらベジータとアシュリーで考え直すしか無いで」

これはやっぱり狼の予防線には見えたけど、それ以外はしっかりと推理をして見えてない中
探そうという気持ちは見えた気がする…… >エイ

もう少ししっかりと村目を私が見れたら5日目の時点でベジータに投票できたかも……」
ベジータ 「じゃぁ俺も帰るか

  そ ブ さ       /  ,、  /       / \  ∠      / ̄ ̄ヽ
  .し ル ら      l  .,' l /     /. .,-┬     ̄`ヽ/ /⌒ヽ l
  て マ. .ば      l /  l//l  l   / /  l   、       -",r、  |
   :  :  だ     l / .  / l ノ  / /   /     ',      /  l  l
   :  :         |  /V  V / /  /        l     く--  l  |
  カ ト        l lノ  -=,,,/. ) /∵;::;:.;;;::;;;;,,,   し    "”"]  .ノ
  カ ラ        l  _ヽ_    ̄       :;;;;;:::;;  u j"  ノ /
  ロ ン        ', <_,-‐彡    -'⌒ヽ  ; ;;;;    "-'' ̄/
  ッ ク          ヽ\)/_,,-‐   ノl;;;        u   ,,,,,,/ \
  ト ス          \  ヽ -  //;`;;;:              |  \
  :  :            ',   ;∠/    ;;∵  ;;;         l
  :  :            ',  .: :;;・,:; /;.;: ;;;;;;;         /
  :  :            ヽ     /   ;;;;;;;;        /l
                  \    ;`    `:;       /:: |  | ミ
                    ヽ、   :.・:        /::::  | .l
                      \   `;     /:::::    |  |
                        ` -- ,,__, -"        | |/
                            ,-l  ;・,:;`;:・   l /
                           /  ', .;,:;・:,`    レ
アシュリー 「私も良い所ばかりじゃなかった……反省……」
霧雨魔理沙 「キル子が噛まれたタイミングが悪かったなーと

では同村の皆また会おう」
アシュリー 「……お疲れ様。 レッド帰るよ。」