←戻る
【紅番外】やる夫達の初心者村 [6972番地]
~運動会で熱中症~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 4 分)[5:4]初日の夜は身代わり君身代わり君は GMトリップ必須自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8
icon 黒の剣士GM
 (dummy_boy)
[共有者]
(死亡)
icon ない子
 (案山子◆
SXwrHrrtguh3)
[村人]
(死亡)
icon チルノ
 (ドラゴソ◆
fv2vsHD.zM)
[人狼]
(死亡)
icon 姉貴
 (1001◆
JQsRzex4lqqV)
[村人]
(死亡)
icon ルーミア
 (インサイト7◆
insight9Fg)
[共有者]
(生存中)
icon 社長
 (ドラギオス◆
oQzct4HbXg)
[村人]
(死亡)
icon 銀の蛇
 (十六時野銀色◆
aELdi2ITS.)
[狩人]
(生存中)
icon 霍青娥
 (ウォドリング◆
obOefDB96w)
[村人]
(死亡)
icon ノッブ
 (レックー◆
REKvBDNwJY)
[村人]
(死亡)
icon 天子
 (コルクマリー◆
korKmarIEw)
[狂人]
(死亡)
icon ジークフリート
 (オノサス◆
ELjOFJXjTU)
[人狼]
(死亡)
icon レミリア
 (謎のぽよ◆
with5OGYtM)
[霊能者]
(死亡)
icon ルビー
 (コマ◆
E7slkNo4FU)
[村人]
(死亡)
icon 佐倉千代
 (ろく◆
ew8UefE3Yw)
[人狼]
(死亡)
icon サム
 (ボコボコ◆
ykF.OnZcIY)
[妖狐]
(生存中)
icon やる夫
 (酔仙◆
/MoxNTNx3o)
[村人]
(生存中)
icon シュガカ
 (ぱめるぼ◆
vyJ0qLfYQU)
[占い師]
(死亡)
ない子 「ノシ」
ない子 「それでも誤爆まで追うとかいろいろ考えるならやっぱり千代は最後で良かった、が結論」
やる夫 「それじゃあお疲れ様だお」
やる夫 「ただなー2W残り想定だと本命からいきたくなるのはどうしようもないからなぁ」
ない子 「こっちも大体次回以降の結論見えたし、そろそろ引き上げかな。
それじゃ、村建て同村ありがとー。 じゃあね、やる夫
やる夫 「そんな感じだろうお」
ない子 「あのタイミングで狐が黒打たれて黙って落ちるのか、の観点は
今回もそれで良かったわけだし、残りの位置のケア発想まで思考を回す感じかしら」
ない子 「天子の遺言は特に何も感じなかったというか、「あっふーん」でスルーしたというか」
やる夫 「ぶっちゃけ天子の遺言でなんか人外吊った感はあったんで警戒解除したのはある」
やる夫 「そうなるかお」
ない子 「ミス、やる夫非狼狐打ち。 まあ狂もないと思ってたけどそこは2騙り言い出すと打てはしないし」
ない子 「シュガカ真打ち(=やる夫真打ち)までは村とも共有出来てた感強いし、
後は千代がLWでもそうじゃなくてもサム→千代吊りでいいよって言えればだったかな」
やる夫 「詰めれば勝てるっていう村を詰め損なうのは修行が足りんお」
やる夫 「2騙りなら必然的にLW残りなわけでそこを最終日に吊るせば間違いがないからそこ残してほかを吊る。
ぶっちゃけ真狂狼の灰or○に狼狼狐パターンでもわかりやすい狼を最終日に残してほか吊れれば勝率あがるしお」
ない子 「ああ、そういうこと。 千代は狼だと思ったんだし、
そのあたりは私も主張してから落ちれば良かったわね。

サムに手を届かせるのは残った村に全てを託す感じで」
やる夫 「もう順番だけど狐残ってないよねっていうのが今日の村のポイントだから」
やる夫 「単純に最終日に吊るす狼位置を見つけてそこ以外から吊っていく備え」
やる夫 「あーログ見てたお」
ない子 「備え、って?>やる夫」
ない子 「とはいえ適当に喋ればいいってわけでもないし、何ともってところね」
やる夫 「2騙り自体は信用勝負続行するなら真死ななきゃ変わらんし。
死んだ場合の備えが足りなかったという反省点を抱えて終わりにするお」
やる夫 「どっか吊らないと勝負できないからお。」
ない子 「千代に質問スルーされたぐらいしか序盤のグレーで気になるところなかったから、
どっかで何か起きてる可能性は考えたけど、内訳のところだとは気づけなかったわ」
ない子 「自分が完グレに残されてるのは吊らせる気満々だなーとは理解したけどね>やる夫」
やる夫 「でもなんか狼どこやねんっていう感覚は灰にいるとわからなくもない」
ない子 「そのタイミングでは千代が囲われてたから別にバグってはなかった」
やる夫 「銃殺対応にしてはない子に言われたとおりしっくりこない。
でもどこ狼でも銃殺でるのに破綻しそうな噛みしてる。
なんぞこれ・っていう」
ない子 「ただ、完グレがサムと自分だけってなってバグったけど」
ない子 「正直、社長噛まれたの見て「あっここまでに囲いいないのかなー」とはなったわね」
やる夫 「そのへんはようわからんお
最終的に狼全潜伏だな!!ってなったし」
やる夫 「いうて蛇と佐倉しか○ないからなぁ(ほかはシュガカの○)
えー?灰噛むの?」
ない子 「そこ最後まで疑問だったのよね。 何であんな白貰い噛んでるんだろ?って」
やる夫 「なので狼側としては囲い位置噛みすぎじゃね?ってのが反省点になるんかお?」
やる夫 「2騙り想定しないとまぁ囲いっぽい場所始末するかってなるし難しいお」
やる夫 「一応2騙りのいいところは占いに手つければ狼が2/3で吊れるから奇数にならんのなら狂人は無視できなくもないお」
ない子 「それねー。 とりあえず千代吊るよね?しか考えてなかったわ>やる夫」
やる夫 「狼をしっかり見抜く目が大切ってことだお。最終的にこれに尽きるお>ない子
そうすれば佐倉最終日に送れるわけだし」
ない子 「とはいえ2連で偽黒吊り通されてるからやっぱり足りないは足りない気もする」
やる夫 「GJ出たのは結果論としてーの、出ない場合もジーク吊ってせいが噛めてもなんか佐倉から吊ろうってなってるからなぁ」
ジークフリート 「さ、俺も失礼させてもらうか
GMと同村した皆、お疲れ様」
ない子 「サムに手を届かせるには村の地力で消去法気味に圧殺するしかなさそう>やる夫
佐倉千代 「いやー、蛇狩を見抜けなかった私が悪かったよ、ごめんね>ジーク
それじゃお疲れ様、村のみんなには感謝のきのこのほうし!」
やる夫 「あれ実際どうなんど?」
ジークフリート 「>天子
また狂人に●を投げてしまうかもしれないぞw」
ない子 「2騙りでシュガカ噛んだのはびっくり箱」
天子 「みんなお疲れ様
村建て同村ありがとね」
やる夫 「駒がやっぱ足りねー感じなんかなぁ
生存のどこから狩人CO飛び出しても辛いっていう」
天子 「狼二騙りは面白いから次は成功させよー!>ジーク」
ジークフリート 「灰を見る目がなかったな、仲間はすまない」
やる夫 「完全に村は順番守るだけになってる。」
佐倉千代 「だって狐残ってるってわかったらサムしか候補いないしサム→私で負けるよね
そういう意味で村と狐の直接勝負に持ち込んだ手腕(ガバ)を誉めて欲しい」
やる夫 「というより蛇COした時点で全占い視点の人外位置がサム 佐倉 ない子 やる夫に集約されるからお」
社長 「それじゃあ同村村建てお疲れ様。新しいスーツでも考えないとね。」
やる夫 「結局選べない系」
やる夫 「それもサム噛めたらもう死ぬしかないから>シュガカ」
シュガカ 「ではお疲れ。」
佐倉千代 「GJ喰らった時点で勝ちはないからねー、引き分けならギリ狙えたんだけどその場合村勝ってる気がする>ない子」
ジークフリート 「狐噛めば狩人が嫌でも狐噛みだと言うからな
引き分けの目は出てくる」
黒の剣士GM 「それじゃー来てくれた人には感謝だ
お疲れ様だな」
やる夫 「グレラン1回しかなくてーでサムより確実に優先する位置あるっていう」
ルーミア 「それでは私もこれにて失礼
同村さんとGMさんと鯖管さんと式神研さんに千の感謝を」
社長 「僕はまぁ上から見れてたからね。何か言っても特に何もないよ。だって僕だし」
シュガカ 「サム噛んで平和出しつつ今日灰噛むわけないじゃん! 〇に狐いるよ! と主張するとか?」
天子 「私生きてたら千代ちゃん投票しちゃったかもしれないから(なんか誘導されてたし乗っかった)
私●は正解だったのかもしれない」
やる夫 「吊るタイミングが正直なーないんだよなー」
霍青娥 「落ちます、皆様お疲れ様です
村建て同村ありがとうございました」
ない子 「サム噛んでも狼勝てなかった気がするとは。 狙えて引き分けっぽい>千代」
シュガカ 「何にせよ最後の一人に収まったことは狐の殊勲。」
やる夫 「サムの採算の狐死んでるにシックスセンスが発動してねぇお」
佐倉千代 「忘れてなかったらサム噛めたなあ、これは反省だね」
社長 「>ジークフリート
ふーん。でも僕が作ったスーツには勝てないんだろう?」
銀の蛇 「ではお疲れ様だ
GMは村立て感謝する」
やる夫 「せやろな。>ない子
なんでどっち狼でもまぁ最終日は安泰なんだけど狐いるっつー」
ジークフリート 「>社長
R戦闘機に搭載されてるやつだぞ
つまりこの世界線にはバイドがいる」
佐倉千代 「GAHAHAHAHA!>天子」
シュガカ 「結局最終的に狼はそれを武器に戦うしかなくなるしな。>ない子」
サム 「んじゃちょっとログ見てくるわ。
村建て感謝、お疲れ様。」
社長 「波動砲?確か、日本のヤマトとか言うのが装備してるあれか?」
天子 「HAHAHAHAHA>千代ちゃん」
ない子 「やる夫漂白って私吊り許容した時点で切ってるものだと思ってた」
サム 「>社長
波動砲下さい」
銀の蛇 「シュガカ>まあサム狐を切った以上
サムがお見事だ」
佐倉千代 「あ、初日共有じゃん! 忘れてた!」
シュガカ 「社長死体の日に二死体と誤認したことと姉貴強引に吊りにいったことを反省。」
やる夫 「佐倉狼よりだよなって佐倉に投票するのはまじあかんお
チルノのサム投票確認までしてるのに」
ジークフリート 「>サム
丈夫な和紙で作ったボディだ」
シュガカ 「やる夫漂白まで見ると5人で狼目吊りたくなる気持ちは分かる。」
サム 「って、二騙りかよ。
それは全然読めてなかったわ。
GJあった日の時点で灰狼1だろうなって感覚はあったけども。」
黒の剣士GM 「最後の千代のかみに対するジークの霊界の発言が物悲しく響く
そんな村でした」
ない子 「千代とサムの比較だと1万回試しても千代先吊りにしかならなそう」
社長 「ふむ、じゃあどういう設計が良いんだ?ビームでも出す?それともセンサーでもつけるか?>サム」
ルーミア 「お見事としか言いようがない」
ルーミア 「うっわーこれは。これは」
銀の蛇 「狐はお見事」
チルノ 「この前も最後まで狐占われず吊られずで残っていたし>真占い生存で
単純にそれは吊られなかった狐が強かったという話ではないだろうか。」
サム 「>社長
一番良いのを頼む(イーノックボイス」
佐倉千代 「狐はおめでとう! どうせなら狐だったらいいなーって感じだったから祝福ー」
ジークフリート 「嫌な予感したなら銀蛇○撃つなってな」
天子 「狼の二騙りは面白かったよ」
銀の蛇 「狼視はあっていたが
いかんせん急いで吊ってしまったか」
社長 「ところで、そのスーツお金足りてないのかい?全身もっと良い改造するべきだと思うだが>サム」
ルーミア 「内訳!?」
やる夫 「やっべやらかしたお」
天子 「チルノのアシストできなかったなぁ
狩人日記出してればチルノの信用上がったかな」
霍青娥 「お疲れ様です
サムは最後まで生存お見事でした」
黒の剣士GM 「お疲れ様だな」
シュガカ 「サムには甘えが無いポイントを千点やろう。」
佐倉千代
                              ,ハ
                             /  l
                          /   l
              , -──-、      /    |、
             /  =   ヽ    /   __ノ |
                / =    =ニ=ヽ  /       丿
           /ニ)       (ニヽl       /
           /   (ニ)       ヽ、 _/
    |\    / (ニ)      (ニ) ノ _人     お疲れ様!
   l  ヽ ト、/   ,. --‐,‐( )‐( )、‐--(_∠   )
.   l   `  `く__,.、_ ,{ヽ、____,.ィ=="   )ノ
    ヽ       `ーr'ィヽニー'ニフ三}ヽ-<<_
      ` ー--''77 ̄l .l ̄ヽニニノ` ̄`ヽ l`ヽ }
         ヽ〉  ヽ〉           〈/ ∠ィ」
サム 「耐えた! 耐えたぞ!」
銀の蛇 「お疲れ様だ」
ルーミア 「ひゃああ!?」
ジークフリート 「お疲れ様」
シュガカ 「お疲れ。」
ない子 「お疲れ様。 狐はおめでとー」
社長 「お疲れ様だ」
ルビー 「おつかれー」
チルノ 「おつかれさまー」
天子 「お疲れ様~」
チルノ 「狐勝ちだな」
ゲーム終了:2019/06/01 (Sat) 23:03:41
[妖狐勝利] 人狼がいなくなった今、我の敵などもういない
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
佐倉千代さんの遺言                    __ _
        , -‐-、      /,-゚t、0ヽ
       /  (ニ) j─-- 、{{ゝ',ニヽ ,}    
        {O  o,.イ     `ヾ=ニノノr'´ ̄`ヽ
  ,--‐フニヘー‐'/_ニ二二ニヾ、二ニ>、     \
 ,// ̄  ,ゝ`Y (P:))゚。 ゚。゚ (P:))     \_   }
 レ   /   ト、`´ r( 二 )、`ノヽニ`ヽノ丿 ヽ_/ヽ
    /    j 〉ーレイ_,ィヽ)    } |'´    `ヽ }  あのGJは許されない↑(鳴き声)
    レヽ  ノl ヽ ヽj  レ'    / ノ       ソ
     {  〉'´  ヽゝ           レ'
    l /
    ヽ'
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
佐倉千代 は投票の結果処刑されました
8 日目 (1 回目)
ルーミア0 票投票先 1 票 →佐倉千代
銀の蛇0 票投票先 1 票 →佐倉千代
佐倉千代4 票投票先 1 票 →サム
サム1 票投票先 1 票 →佐倉千代
やる夫0 票投票先 1 票 →佐倉千代
銀の蛇 は 佐倉千代 に処刑投票しました
ルーミア は 佐倉千代 に処刑投票しました
佐倉千代 は サム に処刑投票しました
やる夫 は 佐倉千代 に処刑投票しました
サム は 佐倉千代 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
サム 「>やる夫
たぶん帰って来る答えは
(ファミチキください)
だ。」
やる夫 「信じてくれて問題ねーお>サム」
佐倉千代 「マリーと言えばジョージ
ジョージと言ったら所
所と言ったら目がテン=メガテン
つまりマリーはペルソナだった……?」
サム 「>やる夫
俺はお前を信じたからな! それを裏切るのは自分への裏切りだ(ドヤァ」
やる夫 「でーどっちがより非狼か問題の回答にテレフォン使っていいかお?」
銀の蛇 「負けたら永劫回帰で無かった事にするから
気楽にやるといい(クズ)」
サム 「奇遇だな、俺も炎は嫌いだ。
理由? 察しろ。」
サム 「4日目の投票的に2w残りはねーだろ、でもこの灰から狼捜しきっつーからの狩人素敵抱いて! ストーリー。
ラノベ化しようず。」
銀の蛇 「マリーは何故この村にいないのだろうな」
佐倉千代 「ドーモ、リボンです
嫌いなタイプは炎と飛行です」
やる夫 「まぁせいがにゃん噛んでGJでましただとサムor佐倉視点最終日やる夫吊りっていう高難易度ミッション待ってるから
今日で終わることを祈ればいいお」
サム 「まあこういう場でどういうこと聞けば、人外視に繋がるか? の練習してればええんとちゃう?
としか俺は言えんぞ。」
ルーミア 「個人的にはサムのリラックスっぷりがまな板の上の鯉ではないように見える」
佐倉千代 「質問あったら私の頭から生えたリボンが答えてくれるよ!」
銀の蛇 「サム>すまないが少し考えこませてもらう」
佐倉千代 「まあその辺りは判断役の人に委ねればいっかなって」
サム 「>やる夫
俺視点、もう狐死亡確認状態だから。
一足先に悩みからさらばっす。」
やる夫 「社長狐だったら何も考えることはないお>サム」
サム 「まあ俺と佐倉ランなのは変わらんので、残るお3方が何か聞きたいこととかあれば喋ってればいいやの構え。」
ルーミア 「あ ごめんなさい」
銀の蛇 「まぁそこ噛まれるわな
死体無しなら灰か私吊ってもう一回噛んで死体無し出して、で」
やる夫 「順番だってことは結局全支店変わらなかったお」
サム 「>ルーミア
節子、それハガレンの人の後作や!」
佐倉千代 「おはよう! 私としてはサム吊りしか言えないかな」
サム 「ない子LWだと思ってた俺の純情、プライスレス。
共有の判断に助けられたね、とか思ってたら普通に社長狐だったで大団円説、あると思います。」
ルーミア 「おはよ。

銀の匙の護衛は確定に近い○護衛ってことか。
なんだ変態でも何でもない。
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
霍青娥さんの遺言 素村ですわ
ない子さんの遺言 村人
霍青娥 は無残な姿で発見されました
(霍青娥 は人狼の餌食になったようです)
佐倉千代 は 霍青娥 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
やる夫の独り言 「チルノ真でも結局順番じゃねーかお」
サム(妖狐) 「なんだ、俺がやることは結局吊り増えようが増えまいが変わってなかったんだな。」
ルーミア(共有者) 「いや確定じゃないかこれ」
ルーミア(共有者) 「ジーク偽を読み切っての」
ルーミア(共有者) 「銀の匙の護衛は確定○護衛ってことか。
なんだ変態でも何でもない。
サム(妖狐) 「いやぁー、わかりやすいっす。」
佐倉千代(人狼) 「青娥狐GJに賭けてみよっか、青娥何も持ってないとは考えにくかったから残るは狐」
サム(妖狐) 「佐倉吊れば俺の勝ち。
吊られれば負け。」
銀の蛇 は やる夫 の護衛に付きました
ルーミア(共有者) 「共有COだよ。相方はそこの死体(GM)。
つまりそれ以外の役はい【た】ってこと。
佐倉千代吊って終わらなければ考えてみよう的な。
ルーミア(共有者) 「いつう」
佐倉千代(人狼) 「狐見つけなきゃ明日死ぬなー」
サム(妖狐) 「んもー、狼さん! ここでGJ食らわないで!」
やる夫の独り言 「順番だけなんだよなぁ」
佐倉千代(人狼) 「真狂欠けな気がするんだよね」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ない子 は投票の結果処刑されました
7 日目 (1 回目)
ない子6 票投票先 1 票 →佐倉千代
ルーミア0 票投票先 1 票 →ない子
銀の蛇0 票投票先 1 票 →ない子
霍青娥0 票投票先 1 票 →ない子
佐倉千代1 票投票先 1 票 →ない子
サム0 票投票先 1 票 →ない子
やる夫0 票投票先 1 票 →ない子
やる夫 は ない子 に処刑投票しました
サム は ない子 に処刑投票しました
銀の蛇 は ない子 に処刑投票しました
ルーミア は ない子 に処刑投票しました
佐倉千代 は ない子 に処刑投票しました
霍青娥 は ない子 に処刑投票しました
ない子 は 佐倉千代 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
サム 「個人的には佐倉からの方が良いけども。」
銀の蛇 「あと
私GJしない護衛するから」
佐倉千代 「異議ないよー」
サム 「あかん、なんかダチョウ倶楽部みたいになってもーた。」
ない子 「異論なし>ルーミア」
佐倉千代 「指定いらないんじゃないかなー」
ルーミア 「ない子からでいいよね?」
サム 「俺吊り先に挟みたいっつーなら、最後に残る人は絶対迷うなよ、絶対だぞ! が必要。」
佐倉千代 「割と気楽にいけるようになったし後は任せたって私のリボンが言ってる」
銀の蛇 「なお、理由に関してはまぁうん
私はマリーのストーキングで忙しい」
サム 「どっちかってーと、ない子の方が狼臭あったから佐倉→ない子で吊れば俺視点で一番安定。」
ない子 「増えたならとりあえず私吊ってOK。 明日は千代吊りでしょってところ含みで。
サムは発言的に最終日(あるなら)送って良いと思うところ。

ちなみに、狐は楽観論に聞こえるかもだけど社長で呪殺隠れたと見てる」
やる夫 「チルノ真パターンはどうだっけ」
やる夫 「ジーク真でもまぁ終わってそうな」
ルーミア 「指定ほしい?」
サム 「>やる夫
終わってるよ。
後は順番の問題。」
ルーミア 「>銀の蛇
夜によく読む」
佐倉千代 「狐残ってたらおめでとうでいいや」
銀の蛇 「ルーミア>理由は適当に書いたが、ちゃんと理屈のある護衛だ
自身の好みに合わぬから変態では理解に及ぶことがないぞ」
やる夫 「ガチシュガカ真ならほぼ終わってね?」
ルーミア 「ないことさくら…。」
佐倉千代 「えっと残り3吊りだからない子サム吊ってでやる夫までケアできる線っと」
サム 「灰GJじゃなくてシュガカの○噛みじゃね?」
霍青娥 「吊りルート的にもほぼ真
大体明日死んでそうな気はする>銀の蛇」
サム 「誰残すかめっちゃ迷ってたけど頭の悩みが取れたわ。」
ない子 「別にこの護衛が特段変態だとも思わないんだけど」
やる夫 「そこ噛むなら漂白が否定されーの」
銀の蛇 「やる夫>狼の路線的に共有混じりの灰3最終日
であれば灰GJは当然の帰結だ」
ルーミア 「対抗要るなr出て」
サム 「じゃあない子と佐倉吊り切りで云々。」
やる夫 「んー?」
ない子 「シュガカの白はもはや確白扱いの流れだしGJ出るのは納得ずく」
ルーミア 「なんという変態護衛」
霍青娥 「対抗もいないようですね」
佐倉千代 「うせやろ?」
サム 「>銀の蛇
超GJだ! 金の蛇に昇格していいぞ。」
霍青娥 「意外>GJならルーミアかなと思ったので」
ない子 「あーそこからの狩COならだいぶ信用。 理由は朝一」
佐倉千代 「GJ! ナイス!」
やる夫 「すごいところでGJ出てるやん>蛇」
ルーミア 「ここで釣り増え」
サム 「ひゃっはー! 吊り増えたー!」
霍青娥 「対抗居たら出ましょう>狩人」
銀の蛇 「青娥で護衛成功だ」
ない子 「ん、平和。 これ何由来かしらね」
佐倉千代 「狐かな?」
やる夫 「ここで増えると」
銀の蛇 「狩人か
マリーが不在だが
仕方あるまい

一日目 不可
仕様だ

二日目 シュガカ
すまん、正直占い全員あまりタイプが合わない
その中では比較的シュガカが一番波長合いそうだったので護衛

三日目 ジーク
勘だ

四日目 ルーミア
まぁ、吊り増えそうな位置護衛
占い噛みなら吊りが浮く
そういう話だ

五日目 ルーミア
同上

六日目 青娥
右」
霍青娥 「平和いいですね」
サム 「ちわー、三河やです。天丼です。」
佐倉千代 「平和!」
ルーミア 「ひゅー!」
霍青娥 「シュガカ(真狂)
やる夫〇 ルビー〇 霍青娥〇 社長〇
〇:やる夫と私とルーミア
灰:ない子 銀の蛇 佐倉 サム

チルノ、ジークの吊り際の反応とこの灰状況からシュガカ真には見える」
銀の蛇 「ふむ」
佐倉千代 「おはよう! 昨日の吠えの減り方が作為を感じる……
その場合ジーク狼に見せたいんだろうなって思うけど、それを追っても狼の思う壺かなって思うよ
狼位置としては銀の蛇>サム=ない子>青娥=やる夫かなあ」
ない子 「おはよう。 シュガカ真(最低でも真結果)と置いて、
吊りたい順のスケールは 千代>サム>銀の蛇 かなって。

サムに関しては、この辺の発言とか良いと思うけど、2連続白噛みがネック。
そのあたりの理由が腑に落ちれば狼の目はだいぶ薄くなりそう。

◇サム
「このタイミングで漂白噛み挟む狼なら、ちょっと手が出ないです。
というかジーク君偽なら狂人だと思ってたから真死んだ感ある。」

銀の蛇は、ジークの単白貰いでこの発言がすっと出るなら狼って線はかなり薄そう。

◇銀の蛇
「ならシュガカの灰を削ってみるか?」」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ジークフリートさんの遺言 占師だ
ノッブ●、社長○、銀の蛇○、佐倉千代○、ない子○

シュガカが初手で囲ったのだろうか
人狼は護衛に阻まれたようです
佐倉千代 は 霍青娥 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
佐倉千代(人狼) 「 」
佐倉千代(人狼) 「 」
やる夫の独り言 「せいが最終日コースとして」
やる夫の独り言 「しゃーねー」
ルーミア(共有者) 「吠えをひらしてきた」
やる夫の独り言 「あー」
サム(妖狐) 「ちゃうねん! トイレ行きたかってん!」
佐倉千代(人狼) 「あいつ狼だったのか!? それともブラフ!? 効果も期待!」
サム(妖狐) 「あ、今日のログ取り忘れた。」
佐倉千代(人狼) 「わざとジーク狼っぽさを醸す吠え」
やる夫の独り言 「チルノで狐落ちてる期待はー」
銀の蛇 は 霍青娥 の護衛に付きました
佐倉千代(人狼) 「 」
やる夫の独り言 「いやまぁ漂白くせーんだけど」
ルーミア(共有者) 「胃痛」
やる夫の独り言 「えー」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ジークフリート は投票の結果処刑されました
6 日目 (1 回目)
ない子0 票投票先 1 票 →ジークフリート
ルーミア0 票投票先 1 票 →ジークフリート
銀の蛇0 票投票先 1 票 →ジークフリート
霍青娥0 票投票先 1 票 →ジークフリート
ジークフリート7 票投票先 1 票 →やる夫
佐倉千代0 票投票先 1 票 →ジークフリート
サム0 票投票先 1 票 →ジークフリート
やる夫1 票投票先 1 票 →ジークフリート
ジークフリート は やる夫 に処刑投票しました
やる夫 は ジークフリート に処刑投票しました
ない子 は ジークフリート に処刑投票しました
サム は ジークフリート に処刑投票しました
ルーミア は ジークフリート に処刑投票しました
銀の蛇 は ジークフリート に処刑投票しました
佐倉千代 は ジークフリート に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
霍青娥 は ジークフリート に処刑投票しました
ジークフリート 「な、それは困るぞ」
サム 「でもジーク真信じたいって場合は、今日シュガカの灰指定しても明日と今日やること変わるだけなんで。
今日灰吊るとじゅさつワンチャンはある。」
やる夫 「シュガカ真だと狼ってそれなりにいるおってぐらいかお」
霍青娥 「ジーク吊って真見る占いの灰詰めて、で」
ルーミア 「ごめん、ジーク吊り」
サム 「俺っちとしてはジーク狂に傾いたんで、吊って明日の吊り精度高めよう派。」
霍青娥 「チルノの遺言読んでのー
ジーク吊りに1票
理由は結局決め撃てないからです」
ない子 「ジーク吊り、で良いと思う。 この噛みしてジークLWで即終了ってことないでしょうし」
佐倉千代 「ジークどうかなあ……狩人保護の意味なら賛成>ルーミア」
サム 「>やる夫
あんた狼が一瞬よぎってそれが怖かったけど、自分でそれ言い出すなら俺はお前を信じる!
俺が信じるお前を信じる!」
銀の蛇 「ならシュガカの灰を削ってみるか?」
ルーミア 「とりあえずジーク吊り?>ALL 意見求む」
ジークフリート 「んー、シュガカが狼ではなかったのは意外だが
俺か俺の○を吊らせられないかという噛みか?」
ない子
佐倉千代 「シュガカの〇は青娥とやる夫だね
シュガカの灰は ない子 銀の蛇 私 サム」
サム 「灰数と○的にどうせ明日えっと4灰のー、どうせ○噛まれーの。」
やる夫 「このタイミングで漂白っておおよそせいがかやる夫しか狼ねーお>サム
ついでに確定1W吊れてる系」
銀の蛇 「ふむ」
霍青娥 「整理します」
ルーミア 「うー」
やる夫 「チルノ狼シュガカ真ならなんで今噛むん¥・があってー」
サム 「このタイミングで漂白噛み挟む狼なら、ちょっと手が出ないです。
というかジーク君偽なら狂人だと思ってたから真死んだ感ある。」
ジークフリート 「>銀蛇
やる夫、せーが、サム」
霍青娥 「あと2>ジークの灰」
ない子 「これなら流石にやる夫囲い説はないかなー。 漂白やるなら今じゃないでしょうし」
やる夫 「チルノで真吊ったらシュガカ噛む意味はあんまなくて」
サム 「チルノ狼で統制取れなくなったから噛んだ、なんかぬー。」
銀の蛇 「ジークの残り灰は?」
ジークフリート 「というか、あいつ狼じゃなかったのか……」
ルーミア 「うー?」
佐倉千代 「シュガカ真決め打っていい?」
ジークフリート 「んん?
なんだこの噛みは」
ルーミア 「おはよ」
サム 「はいー? >占い死亡」
霍青娥 「ここで占い噛んでくると」
佐倉千代 「???????????????????????」
銀の蛇 「今更シュガカが噛まれるか」
ジークフリート 「少し悩んだが、完灰を占うことにした
サムは発言から考えてどうするか決めれそうだったし
ない子の方を占う

まぁ、完灰占った方が銃殺は出せそうなのもある」
サム 「そろそろ朝一ネタなくなってきたよママン。
俺は朝ドラじゃねーんだよ! 毎回面白い話提供できっか。」
やる夫 「ふむー」
ない子 「おはよう あっはい」
霍青娥 「ジーク視点 ノッブ●とチルノ吊りで1W1人外キル残り3
灰はない子 サム やる夫

シュガカ視点 チルノ吊りで1人外キル残り4
灰はない子 銀の蛇 佐倉 サム

チルノ視点 天子●で1Wキル
灰はない子 銀の蛇 佐倉 サム やる夫

チルノはこれで真切りしていいかどうか
◇チルノ 「呪殺出ないならロラしろ!」
呪殺云々関係なく対抗は吊るす以外ないはずなので
佐倉千代 「おはよう! 呪殺なければ粛々とロラだね
そしてこの二人見て、昨日の占い理由と筋がシュガカ真狼かなって思ったよ
あとジークのやる気の薄さが狼っぽくはない、ついでに狐もなさそうだからね」
ジークフリート 「占師だ
ない子○」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
シュガカさんの遺言 甘えを捨てろ。>狩人
チルノさんの遺言 ◇チルノ 「ただなルーミアこれだけは言っておくぞ。」 ◇チルノ 「呪殺出ないならロラしろ!」

時間がなかったので詳しくはこっちで。
単純にあたいは囲い候補が青娥しかいない(仮に青娥が囲いならそれはシュガカも偽なんだけどそれはおいておく)


そしてこれいこう呪殺は発生しない。噛みはあたいの○だった場所だ。
つまり呪殺対応も含めても噛みだろう。そこから分かること。
そして呪殺が出ないから真決め打つな! そういう意味が含まれている。

…、、、まぁこれで残して負けるならそれはまぁ……うん。
シュガカ は無残な姿で発見されました
(シュガカ は人狼の餌食になったようです)
ジークフリート は シュガカ に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ルーミア(共有者) 「銀蛇は狼には見えない」
ない子の独り言 「引き分け期待できそうな状況でもない気はするから、どうかなあ」
やる夫の独り言 「いうてやる夫●だとチルノ真なんだお」
やる夫の独り言 「天子で狐落ちたがどんだけあるかで」
ない子の独り言 「黒貰いで落ちてる場合、、、あのタイミングで抵抗しても感はあるにはあるけど」
佐倉千代(人狼) 「おっけー!」
シュガカ は 銀の蛇 を占います
佐倉千代(人狼) 「せーがは狩人ありそうかなー」
ジークフリート(人狼) 「明日は完灰に○出す」
やる夫の独り言 「せいが○だとうーん」
佐倉千代(人狼) 「シュガカ噛まれてなりふり構わなくなった狼に見せてみようって思ったけど疑われるかな?」
ジークフリート(人狼) 「せーがには気をつけた方が良い気もしてきた
まぁ、占わないが」
サム(妖狐) 「ぬがー! どうせ溶けると思って狩人日記残してねーぞ。」
ない子の独り言 「シュガカ真で社長狐の呪殺隠れたぐらいしか思いつかなかったり。
そうでない場合は狐生きてる可能性が高そうかな」
サム(妖狐) 「まあここで完全灰の俺を占うとかはなく、ならば明日ない子との一騎打ちになるわけか。」
やる夫の独り言 「チルノ真はー」
佐倉千代(人狼) 「多分社長だと思う!>噛み」
ジークフリート(人狼) 「じゃ、噛み先はそれで」
銀の蛇 は ルーミア の護衛に付きました
佐倉千代(人狼) 「仕方ない! ところで占い筋的に結構私占われそうなんだよね>シュガカに」
ルーミア(共有者) 「if」
ジークフリート(人狼) 「噛みたいなら構わんぞw」
ルーミア(共有者) 「共有COだよ。相方はそこの死体(GM)。
つまりそれ以外の役はいるってこと。
◇チルノ 「呪殺出ないならロラしろ!」
if(呪殺==false){roller();}
if?なんでif?
サム(妖狐) 「ジーク狼であの遅い●やりつつ霊噛むスタートってかなり難しいから。
普通にシュガカ真ならジーク狂っぽいんだけど。」
ない子の独り言 「狐どこー状態なのよね。 真面目に」
ジークフリート(人狼) 「多分、社長噛みだったよな、これ」
やる夫の独り言 「うーん」
シュガカの独り言 「呪殺GJないかな(甘え)」
佐倉千代(人狼) 「ヘイジーク! シュガカ噛みって無しかな?」
ジークフリート(人狼) 「いやー、すまん噛み先相談するの忘れてたな」
サム(妖狐) 「ジーク君真なら、これで真狼残り。
シュガカ真ならジーク狼あるのかなー、これ。」
佐倉千代(人狼) 「 」
ルーミア(共有者) 「胃痛」
サム(妖狐) 「終わらんかー。」
佐倉千代(人狼) 「 」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
チルノ は投票の結果処刑されました
5 日目 (1 回目)
ない子0 票投票先 1 票 →チルノ
チルノ9 票投票先 1 票 →シュガカ
ルーミア0 票投票先 1 票 →チルノ
銀の蛇0 票投票先 1 票 →チルノ
霍青娥0 票投票先 1 票 →チルノ
ジークフリート0 票投票先 1 票 →チルノ
佐倉千代0 票投票先 1 票 →チルノ
サム0 票投票先 1 票 →チルノ
やる夫0 票投票先 1 票 →チルノ
シュガカ1 票投票先 1 票 →チルノ
チルノ は シュガカ に処刑投票しました
やる夫 は チルノ に処刑投票しました
ジークフリート は チルノ に処刑投票しました
サム は チルノ に処刑投票しました
佐倉千代 は チルノ に処刑投票しました
ルーミア は チルノ に処刑投票しました
ない子 は チルノ に処刑投票しました
霍青娥 は チルノ に処刑投票しました
銀の蛇 は チルノ に処刑投票しました
シュガカ は チルノ に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
チルノ 「呪殺出ないならロラしろ!」
やる夫 「シュガカは絶対対抗落とす必要があってほかはまぁ灰でもってだけだし」
佐倉千代 「感覚だけならジークは狼なさそうって思ってたから選ぶならチルノかなあ……って私も思う!>ルーミア」
チルノ 「ただなルーミアこれだけは言っておくぞ。」
シュガカ 「狼側からも村側からもより不安定になるだろう。」
サム 「正直、チルノ真ならわりとノッブ・天子2wありそう。
ジーク君真なら残り狼佐倉じゃね? 感はあったのでそこ○ならあるぇー、もしかして死んでる?
シュガカ真ならない子と案外これもノッブで埋まりそうな感覚あるのよね。」
シュガカ 「二日目の動きと発言からいってチルノの方がより狼っぽいと考えている。」
チルノ 「いや、これ以上文句を言っても仕方ない。ミスる時はあたいだってミスるから。」
チルノ 「そうか……」
佐倉千代 「シュガカのこと真>狂>狼で見てたけど
社長占い死亡が凄く真狼っぽいなって思ったな
狂なら〇確定させる動きはあまりしなさそうで」
シュガカ 「なので灰はそこそこ広い。
姉貴天子ノッブで2W死んでて吊り切り云々は考える日ではないし。」
チルノ 「っていうかそれなら青娥占いするもミスったかもしれんな。」
霍青娥 「正直どの占い視点でも対抗落ちてください!なターンだと思います」
やる夫 「いうて大体切らないとどうしようもねーお。>サム」
ルーミア 「個人的感覚を信じてチルノ指定」
チルノ 「あたいがみただけでランならあたいが死ぬ。 すでに4票入る位置がいるあkら。」
シュガカ 「シュガカの不手際のせいだったとしたら申しわけない話になるが、とにかく今日は占った相手が死んでいる。」
チルノ 「指定の方がいいかな。」
ない子 「あっサムだけね。 私視点の完グレって。 サムが完グレ残し狼・・・それはちょっと微妙」
ジークフリート 「完灰を無理に吊る必要がある場面だとは思わない
対抗切ってくれた方が助かる」
シュガカ 「ない子、サム、銀の蛇、佐倉。」
ルーミア 「指定。私の指定でいいのね」
サム 「やーだー! 俺っちどれが騙りとか自信持って言えるほどまだ診察済んでないの!
やーだー!」
チルノ 「○だったら面倒なんだよねって。 >銀の蛇」
やる夫 「囲ってるとして想定位置がやる夫 せいが 蛇になるお>ない子」
チルノ 「銀の蛇なー●ならいいんだけどぶっちゃけ昨日の要素的に人外強く見えるじゃないから」
シュガカ 「10人3Wだとけっこう辛いよ。>ラン」
霍青娥 「>ルーミア
胃が痛いとは思いますが指定しましょう」
サム 「俺とない子だけじゃね?>完全灰」
サム 「ぶっちゃけ昨日姉貴が居たこと忘れてて、ない子と佐倉だったらない子ボッシュートでいいや論だったけども。」
チルノ 「>ない子
囲っているなら昨日時点ではやる夫と銀の蛇だな。」
シュガカ 「完全灰吊りは許さない。オブ・許さない。」
ジークフリート 「呪殺はない」
ルーミア 「占い騙りを狙って占いラン」
銀の蛇 「完全灰は誰々だ?」
シュガカ 「じゃあ占い騙り一人切る。占いは切らない。みんな分かってることだね。」
チルノ 「シュガカが狼なら1死体なのにあの結果の出し方市ない気がするような。いやそうでもないか?」
サム 「呪殺ならもうCOあるだろう。
なので無いやつ。」
ない子 「これ本当に囲ってるの?って気がしてくる噛み>連続で2白位置噛み」
ジークフリート 「初手以降不発気味だな、すまん」
やる夫 「ああと昨日の発言は単純に見落としだお>ない子」
霍青娥 「呪殺出てたら嬉しいけど期待したらだめなやつ
狩人は絶対遺言書いてくださいね」
チルノ 「これジークの方が狼か? 」
シュガカ 「銃殺GJなら狩人が知っている。
そうじゃないならシュガカはピエロ。」
サム 「面白いのが佐倉がシュガカ派みたいなこと言ってたのに、ジーク君もチルノも投票してないことだよなぁ。」
チルノ 「んー?」
佐倉千代 「これ呪殺じゃない?」
やる夫 「銃殺gjならうんぬん」
ルーミア 「む」
佐倉千代 「おはよう! 占いを見比べて思ったことを書いてくね
ジーク:ふわふわしてて狼っぽくないけど霊能噛みが真狼っぽい
チルノ:信用取りたそうな感じがあるし霊能噛まれた後の●が真狼っぽい
シュガカ:発言が好きで真みたいけど占い理由がちょっと狂の対応っぽいかなって印象」
ジークフリート 「俺視点狼っぽいシュガカ寄りの発言が見られた
騙り真推して暗躍してる狼っぽいか?
銃殺チャンスもなくはない占い処理しておこう」
シュガカ 「ルビー占いからの霍青娥占いで占い師の傾向も読み切れてはいないはず。だから嚙み合わせは怖くない。
そしてどうあろうと占い一切りの展開であるため●を一生懸命引く必要はない。
だから機械的にアイアンマンを占う。機械だけに。いや人だけど。」
銀の蛇 「社長が死ぬのか」
チルノ 「やっべログ吹き飛んだ(2回目)
とりあえず完全灰占いをする気はない

やる夫・青娥・銀の蛇の誰かだけどまず銀の蛇は占う必要性がほぼないため除外。

青娥かやる夫ならやる夫の方が意見スムーズに出てる感じがしたので青娥に。」
ない子 「おはよう」
ジークフリート 「占師だ
佐倉千代○」
チルノ 「占いCO 青娥○
シュガカ 「甘えを捨てた占いCO。社長〇●」
霍青娥 「一応今の予想
切りたい順は
チルノ>ジーク=シュガカ
村に分かりやすく動いてるのは正直チルノなので
悩むんですけどね 呪殺出てくれません?

ルーミア 「おはよ。」
サム 「ちわー、三河屋です。あら、サブちゃん、俺はサムだってーの! いい加減にしろ。」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
姉貴さんの遺言 ジーク→ノッブ●社長〇銀の蛇○
シュガカ→やるオ〇ルビー〇霍青娥〇
チルノ→ルビー〇天子●社長○
レミリア→
ルーミア=ショニ
社長さんの遺言               /::::::::/ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::_-={
                〈:::::::::::/   \:::::::::::::::::/ ̄廴__ソ
              >─── 、 ‘,::::_.イ
             /:::::::::::::::::::::::::|_/ ̄
           /::::,イ ̄ ̄ ̄`ヽ_
            |:::::|::厂 |─‐{ ̄ |::}
           / ̄| |  .!___}  .!´                     カーン…カーン…カーン…カーン…
.           //:::| |       |
          // :::::_| 「二>─<二.′
.        //::::::/∧L_     |:}‘,
.          /⌒У:〈::∧ノ ___ ∧!::‘,
         /:廴ノ|:::::::ヾ∧____/::∧:::ハ
.        ム=-::::! ̄ \/:::::::::::::::\::::}:::::|
.       |:::{. : :::|::::::::::::|:::::::::::::::::::__|:::: !
.       |:::|/ ̄ ̄ ̄ `ヽ::{_}/ ::::::::::: |
.       ∨::::::::::::::::::::::::::::∧:: !:::::::::::::::;ム____
.       /{::::::::::::::::::::::::::::::::::〉ノ:::::::::::::/    (      ̄`フ=z___
      |八:::::::::::::::::::::::::::::: |ニ=─≦{     \_   / /:::::::::::`ヽ  _
        \::::::::::::::::::::::: 八__./ ̄ ̄ ̄≧z_\. `ー{:::::::::::::::::::∨∧
          }≧=─一 ´-=}::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::\\ \_::::::::::::: |::::∧
         /|:::::::::::::::\   |:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ \_〉`>:: !::::|:∧
           /:/\:::::::::::::〈 -=!´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_ノ_(__ノ二\八:::|:::∧
.         |/::::::::}::::::::::::::\ |_  -一 ´ ̄ ̄ ̄ ̄       \:::::::ヽ::::|:::::∧
社長 は無残な姿で発見されました
(社長 は人狼の餌食になったようです)
チルノ は 社長 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
サム(妖狐) 「占い吊りたいんだけどなぁー、狐の俺としては。
でも俺が村ならこの村なら間違いなく限界まで占い残しする。」
ジークフリート(人狼) 「了解した」
チルノ(人狼) 「ならジークで。 >佐倉〇」
ルーミア(共有者) 「胃痛」
チルノ(人狼) 「呪殺は対応さえすればいいから問題ない。」
ジークフリート(人狼) 「◎はマズいどちらが佐倉に○を出すべきか」
チルノ(人狼) 「ならどっちで行く? >囲い」
シュガカ は 社長 を占います
佐倉千代(人狼) 「共有護衛されてる気するなあ
あと呪殺そろそろ起きそうな気がする」
チルノ(人狼) 「噛みはそうだな。社長で」
ジークフリート(人狼) 「完灰に残して吊れちゃったぜ☆とか嫌すぎる局面だ」
チルノ(人狼) 「共有噛みは面倒だな。おいておこう。」
社長の独り言 「見てる感じだと灰は銀の蛇は良いかなって今は感じてるけど。占いに関しては何ともだね」
ジークフリート(人狼) 「胡散臭くてもぼちぼち囲うか」
佐倉千代(人狼) 「んー姉貴役持ちだったと思うんだよね
でも吊らなきゃ私死んでた未来見えたし」
やる夫の独り言 「非狼吊りとしてー」
社長の独り言 「うーん、これで吊れてるのなら良いんだが。何だろう、信頼しきれないという感じだなぁ」
チルノ(人狼) 「さてそれじゃどうしましょうかねって。」
ジークフリート(人狼) 「姉貴ィ!!
狂人っぽく見えた姉貴ィ!!」
サム(妖狐) 「あるぇー、姉貴、あんたの存在忘れてたよ。」
銀の蛇 は ルーミア の護衛に付きました
チルノ(人狼) 「姉貴落ちるのは面倒だな。 >シュガカ偽で見てる」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
姉貴 は投票の結果処刑されました
4 日目 (1 回目)
ない子3 票投票先 1 票 →佐倉千代
チルノ0 票投票先 1 票 →サム
姉貴4 票投票先 1 票 →サム
ルーミア0 票投票先 1 票 →姉貴
社長0 票投票先 1 票 →姉貴
銀の蛇0 票投票先 1 票 →ない子
霍青娥0 票投票先 1 票 →佐倉千代
ジークフリート0 票投票先 1 票 →ない子
佐倉千代3 票投票先 1 票 →姉貴
サム2 票投票先 1 票 →ない子
やる夫0 票投票先 1 票 →佐倉千代
シュガカ0 票投票先 1 票 →姉貴
チルノ は サム に処刑投票しました
サム は ない子 に処刑投票しました
社長 は 姉貴 に処刑投票しました
ジークフリート は ない子 に処刑投票しました
佐倉千代 は 姉貴 に処刑投票しました
ない子 は 佐倉千代 に処刑投票しました
ルーミア は 姉貴 に処刑投票しました
姉貴 は サム に処刑投票しました
霍青娥 は 佐倉千代 に処刑投票しました
銀の蛇 は ない子 に処刑投票しました
やる夫 は 佐倉千代 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
シュガカ は 姉貴 に処刑投票しました
サム 「特にチルノ視点では噛み的に言ってそれが濃厚。
だから決め打ち永遠と先延ばししようず。」
姉貴 「余裕がないから最初に切れるんだよ<佐倉千代」
チルノ 「>ジーク
あたいが囲う事は絶対にない。できないからな。」
シュガカ 「言っちゃった。甘え過ぎだな。」
やる夫 「グレラン挟んでないんだから今日の発言でヤバみ感じるなら狩人は自主的に出ればいいおってぐらい」
ない子 「ルビーってチルノとシュガカの白だったんだから、
そこ噛んで呪殺対応できるのジークだけの気がしなくもないけど、何か勘違いしてる?>やる夫」
サム 「シュガカが反応的に真狼な感じするから、
ジーク君とチルノ視点、どっちも今日誤爆で灰狼すでに尽きて騙り狼吊ってアボンのリスクが存在する以上は。」
シュガカ 「少なくともルビー占いについては噛みも含めて考え甲斐があるはずだ。銃殺時のチルノの破綻とかな。」
銀の蛇 「個人的には好まないが、かといってそれが人外要素に直結するとは必ずしも言えない
そういうことだ」
チルノ 「あたいが生きてる限り呪殺があるから7吊り5人外だが、狐に関しては考えなくていいぞ。」
ジークフリート 「んー?
チルノは囲いしてない・できていないのか
ふむ」
姉貴 「占い先の意図が読めないからね。」
シュガカ 「占い理由が見えない時はなぜ占ったのか考えればいい。>姉貴」
佐倉千代 「シュガカ視点が一番余裕ないから切るのは最後になるんじゃないかな?」
姉貴 「暫定○占いを徹底するならまだ真の目も見たが今度は灰だろう?それで納得できる理由を示せないならそりゃ偽扱いもするよ」
社長 「まぁ僕は狼じゃないから、考えても無駄なことだけどね。考えないことをオススメするよ。時間の無駄だからね」
サム 「どっちかってーと占い吊りは最後の手段というか6>4で吊ると狐に脅えなくて済むんだよね。」
チルノ 「っていうかぶっちゃけ信用勝負だろ?これ。なら普通に灰詰めばいいじゃん。」
銀の蛇 「チルノ>個人的な波長の問題だからな
チルノに明確な落ち度がある訳ではない」
シュガカ 「誤爆した感じもないし身内切ったにしては噛みもおかしい。」
ルーミア 「いや、1切りでチルノ吊りしか考えてなかったので汗」
社長 「感覚でとは言うけど。それシュガカ視点だと僕狼の場合もしかしたら1Wも吊れていない可能性もあるって
考えてる上で言ってるのかい?」
チルノ 「ただ、そうだな。現状灰はかなり狭まっている。
指定しても良いとは思うけどね。」
霍青娥 「シュガカ真なら鉄火場ってだけです
今日で決め撃ちたくないのが本音ですね
気になるのは佐倉とだけ
初日から動きがあまり素村ぽくは無いかなと」
姉貴 「占い先が不定で理由が見えないから真に見えない<シュガカ
これ以上の理由がいるのかね」
やる夫 「灰で出ればルビーで対応できるからお>ない子
そういう意味でいうとジーク狼でも成立すっけど、逆に言うとこれでいうとチルノ狼は薄めになる」
シュガカ 「甘えるな。>ない子」
チルノ 「灰吊りが全体的に多い。ってなるとどうなんだろうな。まぁ考えても仕方ないか。狐とかもある以上は。」
佐倉千代 「朝遅れたのは甘えてた!>シュガカ
昨日の霊能噛みのこと考えてたら結論あっちこっち行ってわかんなくなっちゃったんだよね
そうしたら朝が来てた!」
ない子 「グレー詰めで良いと思う。 感覚で言うなら1黒は吊れた感もするし」
シュガカ 「姉貴生きてると村負けるから俺は姉貴に投票するが。」
サム 「なお俺自身はそれを活かせるとは言ってない。」
シュガカ 「狩人候補ルビーしか落ちてないんだからグレランよりかは指定した方がいいと思う。
慎重過ぎるのではない。占い噛まれない展開だからといって狩人が重要でないわけではない。」
姉貴 「今日以降シュガカを吊るならシュガカを偽として完全に切り捨てる路線な。
もちろん吊らない手もある。」
社長 「>やる夫
んん?それだと霊能噛みからのチルノの●、君はどう見てるんだい?」
サム 「ぶっちゃけ今日までの噛みは手なりでこれるし、狼側が演出するのも楽だから今日占い切るのはお勧めしない。
明日以降の噛みが狼苦しくなってくるので見るべきポイントアップ!」
チルノ 「>銀の蛇
一応理由だけ聞いておこうか?」
姉貴 「んーいや、5吊りだから占い1切りも視野に入れるといいな。
シュガカ真の場合を考慮したら、シュガカ吊りは今日が最後。」
社長 「ルビーはジークフリート以外の◯だったのか。ふむ、ジークフリートが何か次第なところはあるが。
僕はチルノは真狼だろうって言う軸で考えてるけどね」
霍青娥 「灰吊りかなと」
チルノ 「別に灰詰めで構わない。」
やる夫 「ただまールビー噛みが銃殺対応ってなると消去法でシュガカ狼っぽくなっけど」
ない子 「呪殺対応? どの位置で呪殺出た場合の想定をしている感じ?>やる夫」
シュガカ 「うん、そうだといいね。>サム」
ルーミア 「ではグレラン」
佐倉千代 「5吊りだよね? あと1回グレラン挟んでもいいんじゃないかな」
サム 「シュガカの○3つなら灰吊ればシュガカ視点の狼死ぬでしょ(適当」
チルノ 「シュガカが●打ってこないのを見るとどうなんだろうな。すでに2Wなら
すでに囲っているか?」
銀の蛇 「切るなら切るでも構わんが
個人的にはチルノだな」
シュガカ 「甘えポイント+三点。>佐倉」
姉貴 「ジーク狂でこの噛みやる意味がないからジーク真狼
シュガカ狂寄りで見えるんで切るならシュガカから。」
シュガカ 「そうだぞ。>社長」
サム 「灰吊り押しで良いんじゃねーの?」
ジークフリート 「>姉貴
流石にああ言った手前占わないぞ
逆張りする気にもなれなくてな」
やる夫 「早い>ルーミア」
シュガカ 「ちょっとぬるいんじゃないか。なぜ明日のことを明日が来る前に話すことができるんだ。」
佐倉千代 「朝になってた!」
やる夫 「銃殺対応だろうお>ない子」
霍青娥 「>シュガカ
はい(それ理由です?)」
社長 「あーなんだ?あれか?シュガカ真で見ればいいのかい?」
ルーミア 「占い1切る?」
チルノ 「外れか。まぁいいや。」
姉貴 「やっぱりジーク真かジーク真に見せようとしてる人狼路線でいいんじゃない?」
シュガカ 「誰だシュガカの●今日吊ればいいとか言ってたやつ。」
ない子 「その2人からの白噛み? ちょっと狙いがいまいち」
チルノ 「単純に内容として結局ジークどうみてんの?に尽きる。
ジークに対しての発言メインだが内容はどっちつかず。
そしてなのにジークが自分を占うのがどういう意味で残念なのか?
このあたりの一貫性が見られないため。」
サム 「霊抜きからの占い抜きがめっちゃ怖かったけど、なくてよかった。」
姉貴 「でねえな。であれば簡単だ」
霍青娥 「ふむ」
ジークフリート 「吊り先が早くに決まる流れが続いているが
それにしても発言薄すぎないか?
こういうところを放置する気にはなれないので占っておくぞ」
チルノ 「占いCO 社長○」
シュガカ 「甘えを捨てろ。>霍青娥」
銀の蛇 「ルビーが死ぬのか」
やる夫 「ふー」
姉貴 「ジークからルビー〇が出るんじゃねえのって思うよ姉貴は。」
ジークフリート 「占師だ
銀の蛇○」
サム 「ABBABA→→←
このコマンド入力により、サムの手足が1ミリ伸びる。」
社長 「うーん、一つだけ答えを考えるなら、霊噛みからの結果を見れば、チルノが真狼ではないか?ってくらいじゃないか?」
ルーミア 「おはよ。」
シュガカ 「甘えを捨てた占いCO。霍青娥〇」
霍青娥 「おはようございます
シュガカ真なら今日で鉄火場
他が真なら鉄火場ではない

現状は
チルノとシュガカが多分真狼
ジーク:多分真狂ぐらい

一番自分に向く目を気にしてるのはチルノかなって感想
決め打ちになるなら今日も踏まえてどこ真見るかギリギリまで考えます
ない子 「おはよう」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
天子さんの遺言                            ト、/ Y {//
                 _,,.xzzzzzL { Y )ノ___
               ,ィ圭圭圭圭圭圭ミY乏圭圭)
               ィ幺圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭/
    _         /圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭彡<
   ⌒ヽ `ヽ、    /圭r≪ミ圭圭圭圭圭圭圭㌢:::::::\
     乂\ハ /`ヽシ    `寸圭圭圭圭≫''i>、::::ヽ::::::ヽ
       >-/    {  (    ハ圭圭≫イ:::::l:::l _L;;::ハ:::ト:}   信頼勝負ぅ?
      / -‐弋 ゝ__乂__>彡圭≫イ::/ !:::l::l::ィ沁 》::::}::} ノ
    /~⌒ィ乏圭圭圭圭≫イ:::::-‐/ j::::!:ノ弋;リ jィ:ノノ         まあ頑張って☆
      (圭圭圭圭≫イ::::::::::i::// _,,_ ノ   `'"  }く
        ̄ ̄フ:::::/i::::ヘ:::::::::ヘ ,y'"⌒    `   ハ:::\
            ノ/:::/:::i::::::::゙、:::::::::\_   __ ノ /::\:::::\
       / /::::/:::::}:::::i::::::\::::::::\_    /:l:::::::::\:::::ヽ
     /_ノ::::/::/::;:::::::}:::::}:::l\::::::::\ /:: ̄:::::::ト::::::::::::::::::::::゙、
   -‐7 ̄ /::/::/::::j::::::;:::::;::::::i::::}>、::::`<^ヽ::::::ノ }:ト、:::::::、;;):::ノ
/   {{ イ:::/:::::/:::::/::::/::::/::::::}/   ヽ:::::ヘ i-く ノ:j ヽ::::::厂
--‐‐''"//:::::/:::::/::::/::/::/::j       ゙、:∧ }  \   V:/
::::::::::::彡::::::::/:::::::ノ::/彡:/:::/      ∨ヽi ヽ ヽ〉  }/
''"~ ̄ ̄三ニミー-‐'"--‐彡::/       ∨∧  _〉 /i
::::::/:/:::-‐::::::`'''ー‐┬ ''"\        }::::ハ/ ヽ  i:::i
:::/:::/-‐'' 7⌒Y:::/⌒ j    {`<⌒<__、__ノ:::::::}l Y"  {::::゙、
/{::::{  )ノ}   }:(__ノ ノ_  /`ミ三のフ ̄/:::::ノ l l   \:ヽ
し\ミ=彡   }/ ̄   ̄l/    ̄/  /:i/ __}-┘   、__)ノ
    r┴、 } /        /     /  {:::{~/       〈(
~>'"   Y__,,,    /    /     乂`ニノ
〈__=彡ノミ        /    /       /
___/八: :`ヽ   /    /      /
;:;:;:;:;:;:;:;:;/  \: : \ /    /      '
-‐'" ̄ ヽ、   }\_/     /        {
        ノ;:;:/ /     /`ー- -- _〉_
        /;:;:;:У    / ミー `ー=ニノ┐
ルビー は無残な姿で発見されました
(ルビー は人狼の餌食になったようです)
ジークフリート は ルビー に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
チルノ(人狼) 「噛みはルビーで行こう。呪殺対応はよろしく」
ない子の独り言 「ジーク狼で黒飛ばして霊能噛むのもでもうーん」
姉貴の独り言 「天子ノッブ2W路線はねーなーって感想」
サム(妖狐) 「狐としてはどう動けば良いんだろうな、これ。」
姉貴の独り言 「あとチルノは天子を排除したい理由がチルノ人狼っぽくてとてもマイナスだが」
チルノ(人狼) 「あたいは社長に行こうかなと思っている。」
チルノ(人狼) 「各自好きなようにすればいいかと。」
シュガカ は 霍青娥 を占います
ルーミア(共有者) 「ジーク真目に見える シュガカ真に見える チルノ真に見えない」
佐倉千代(人狼) 「やる夫あたりじゃないかなって>狂人」
ジークフリート(人狼) 「狐はないと思うがなぁ」
やる夫の独り言 「ジークorチルノの真詰める感じで行くお」
ない子の独り言 「正直、狩狐探す気なく速攻で霊能噛むって言うのなら、
狼は信用勝てると踏んでるか信用するしかないと踏んだかどっちかなのよね
ジークフリート(人狼) 「銀の蛇占って良いと思うか?」
ルーミア(共有者) 「要素じゃないのかなぁ」
やる夫の独り言 「つまり」
チルノ(人狼) 「とりまルビー噛みでいいんじゃないかな。」
チルノ(人狼) 「ただ、狂っぽい場所が見当たらない。誤爆したかもしれん。 >天子で狂人」
やる夫の独り言 「ぱめるぼ狼にしかみえねーんだけど」
ルーミア(共有者) 「チルノ遅い。3日目。」
銀の蛇 は ジークフリート の護衛に付きました
チルノ(人狼) 「増えないと思う。」
サム(妖狐) 「初手霊抜いてからの占い抜きは決まれば強いけど、この構えするなら普通にノッブも狼で残った灰狼がグレラン村する自信なかった云々。」
やる夫の独り言 「というより」
姉貴の独り言 「シュガカの占い方が真っぽくねぇな」
やる夫の独り言 「まあジーク真チルノ狂人より狐あるかなぐらい」
社長の独り言 「ああ、非常に面倒臭い…おいおいなんでこんなに面倒なんだ?新設計のスーツでも考えている方が気がやすらむよ」
佐倉千代(人狼) 「増えないで欲しいなあ……」
佐倉千代(人狼) 「それじゃ使わなさそうな狩人日記頑張って書くね」
ない子の独り言 「正直これどっちか狼臭はする。 ただし根拠はない」
ジークフリート(人狼) 「狂人居るんだよな、占師増えると思う?」
やる夫の独り言 「連続誤爆までありそう」
シュガカの独り言 「この村マジ投票早いな。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
天子 は投票の結果処刑されました
3 日目 (1 回目)
ない子0 票投票先 1 票 →天子
チルノ1 票投票先 1 票 →天子
姉貴0 票投票先 1 票 →天子
ルーミア0 票投票先 1 票 →天子
社長0 票投票先 1 票 →天子
銀の蛇0 票投票先 1 票 →天子
霍青娥0 票投票先 1 票 →天子
天子13 票投票先 1 票 →チルノ
ジークフリート0 票投票先 1 票 →天子
ルビー0 票投票先 1 票 →天子
佐倉千代0 票投票先 1 票 →天子
サム0 票投票先 1 票 →天子
やる夫0 票投票先 1 票 →天子
シュガカ0 票投票先 1 票 →天子
シュガカ は 天子 に処刑投票しました
佐倉千代 は 天子 に処刑投票しました
ジークフリート は 天子 に処刑投票しました
サム は 天子 に処刑投票しました
ない子 は 天子 に処刑投票しました
ルーミア は 天子 に処刑投票しました
やる夫 は 天子 に処刑投票しました
ルビー は 天子 に処刑投票しました
天子 は チルノ に処刑投票しました
チルノ は 天子 に処刑投票しました
社長 は 天子 に処刑投票しました
姉貴 は 天子 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
やる夫 「佐倉かせいがあたりじゃね?>ジーク」
霍青娥 は 天子 に処刑投票しました
ジークフリート 「占い先の予告なんてするものではないからな」
社長 「まぁ、ジークフリートが僕を占ったのは非常に残念ではあるが」
サム 「>ジーク君
狐の狙いに自信あるならそっち狙ってどうぞ。
狐ぶっ殺せば面倒な手順すっ飛ばせること多いんで。」
銀の蛇 「まぁ、呪殺出てくれるのが一番解りやすくて助かる」
シュガカ 「誤爆感はないし身内切りでこんな嚙みをしない。」
社長 「そういう意味では、占いはまだまだ全然どこがどの役ありそうかってのは全然決められないと思うけどね」
ルビー 「そういうのは宣言してするもんじゃないんだZE!」
やる夫 「別段投げたって言って騙り決め打つにはちとはえーしお>せいがなyん」
天子 「まあ後は残った生存者に託すしかないのさ……」
ジークフリート 「いや、やめておくか」
ない子 「というか天子視点でも拒否する理由は流石にないよね。
ノッブ・天子がどっちも非狼だとしても、まだ吊られて問題ないから」
天子 「なんか昨日のジークはすっごい気が緩んでる気がしたけど>やる夫」
シュガカ 「甘えを捨てろ。>佐倉」
社長 「だから、わざわざジークの真結果をみせたくなかった。もしくは狂人でも使えると思ったから、そういうのもあると思うけどね」
ルビー 「せやろ?」
チルノ 「>ルーミア
遅れたとは何のこと?昨日は様子見したんだぜ?あたい。」
ルーミア 「>ジーク
任せる。」
霍青娥 「ジークは出方が多分真狂かなあとしか
発言少ないのでなんともですが」
佐倉千代 「苦い!>シュガカ」
ジークフリート 「共有初日で霊能噛み、俺もルビーを占っておいた方が良いのか?」
天子 「チルノをぶった切ってくれたまえよ>姉貴」
シュガカ 「お前には甘えが無いポイントを二点やろう。>佐倉」
やる夫 「天子●として霊能噛んでるっつーならぶっちゃけノッブ●寄りだと思うけどお?>チルノ」
社長 「正直、ここでジークが狼あり得るんじゃないか?って言う感じだけど。僕はそういう風にはあまり考えれないかな
どちらかと言えば、初日共有が発覚したからな。それなら霊能噛んで勝負しようって言う風に思えるしね」
ルーミア 「チルノが遅れたのはなぜだろう?」
サム 「ジーク君は昨日の反応的に、真の●引きだから霊能とライン繋がるからって知ってるからの余裕か、狂人でお仕事終了感満載のアレかのどっちかだろうなって思ってたけども。
シュガカ 「天子●からの動きに関しても推定狼をチルノにしておいていいんじゃないだろうか。
狂人で霊能嚙みから即撃ちたいかと考えると少々疑問。」
佐倉千代 「一応シュガカ真っぽいなって思った理由言うけど、
共有欠けの反応が一番村の視点に近いかなって思ったんだよー
だから絶対真! とは言わないけど真っぽいなって思うの」
天子 「まあその場合村全体で通して見ると二人吊る事になるのでは?
ってなるけどグレランで吊ってないならセーフ? 知らない」
ルビー 「狼だと霊抜いて●は動き固めちゃわないかなーって感じではあるけどどんなもんだろ」
霍青娥 「>やる夫
どっち、とはどういう意味でしょうが?
引くなら真しかないはずですが、説明お願いします」
姉貴 「>天子
その前に占い切りが入るかな」
チルノ 「あたいは天子●に関してはかなり自信はあったんでね。」
やる夫 「別段そこはきにせんでもいいお>ジーク」
シュガカ 「(ぷれっしゃ~)」
チルノ 「>やる夫
単純に昨日の天子の態度というかムーブを見たら分かってもらえると思うよ。」
シュガカ 「だな。>天子」
ルーミア 「>佐倉千代
おそらくそうなる」
銀の蛇 「では吊ってまた明日か」
シュガカ 「ジーク狼でやる気があるなら特攻がもっと早い。
ジーク非狼でどうにでもなる嚙みの方がありそうだと甘えなく考える。>やる夫」
ジークフリート 「で、霊能噛みとは侮られたものだ」
天子 「次はシュガカの●吊りだねっ」
ルビー 「真狂かとおもう位だったけど抜かれてちゃぬぇー。
まあ●詰めてって」
霍青娥 「非狩ならOK
他の占いの灰でもあるので」
社長 「おいおい、男が占いだったら胡散臭いだろう。そこはこう…魔女みたいなので妖艶なのはないのかい?」
姉貴 「まあ、問題はないが」
やる夫 「でも今日チルノが●ひいてるのがどっちかなっていう」
チルノ 「んだろうな。天子でCCOないなら少なくともノッブ○だろう。」
天子 「私は面白い事にかけては右に出る者は無く>シュガカ」
銀の蛇 は 天子 に処刑投票しました
佐倉千代 「ノッブ吊ったなら天子も吊るしかない気もするけど
それならシュガカは残す路線になるよねってルーミアに聞いてみる」
霍青娥 「COはきくべき」
ジークフリート 「>社長
果たしてそれがお前の本心かな?」
ルーミア 「COなし確認。では天子吊りで」
シュガカ 「結果として面白いかどうかはおいておく。」
ない子 「信用ガチで挑む気なら狼って線はあると思うからそれは何とも>姉貴」
チルノ 「正直霊能噛まれるなら多少勘ぐることはあるが
どっちにしろ●見つけれたのは良かったよかった。」
やる夫 「このパターンはジーク真かジーク狼でやる気ある系のどっちか」
ルーミア 「天子にCOを聞いてみる」
シュガカ 「面白いリアクションだね。」
天子 「あ、はい(COないです)」
ジークフリート 「煙に巻くような発言が多いように見えたが特になにもなしか」
サム 「天子吊っての構えで良いんでね?」
社長 「本心?見えてるじゃないか。プレイボーイで博愛主義な男って言うのがね。十分だろ?>ジークフリート」
シュガカ 「お前には甘えポイントを十点追加だ。>姉貴」
銀の蛇 「では天子にCOを聞いてだな」
チルノ 「当然天子吊りを要求する!」
ルーミア 「信用したそうではあるね…汗」
天子 「えぇ……>チルノ」
シュガカ 「お前には甘えが無いポイントを一点やろう。>佐倉」
ない子 「ここで霊能抜くならジークは真狼目かなってところね。
そこ狂なら霊結果なんて見せて破綻させれば良いでしょうし」
サム 「霊能死ぬのか。
占い誰か死ぬと思ってた分、意外だわ。」
ルビー 「まあそうだよねって感じの噛み」
霍青娥 「それか対抗抜けないと見たか」
チルノ 「霊能噛まれか。まぁでも悪くない。」
佐倉千代 「霊能噛まれてるー!?」
姉貴 「基本的にじーく真路線でいんでない?」
チルノ 「手違いによりログが焼失した。
占い先は天子。あたいの記憶によれば結構変わったこの初手陣形3-1-1に対してのリアクションが薄い。
内訳とかに対して意図的に触れないようしてる感触を感じた。
だいたい人外視点ではいろいろ見えているだろうし。それを喋らないようにしてる雰囲気」
やる夫 「まぁ4よくある」
霍青娥 「霊能噛みと
信用したそうな噛みではありますが」
天子 「え? 灰? 千代が気になったくらい」
銀の蛇 「ふむ。霊死亡か」
シュガカ 「甘えを捨てろ。>ルビー」
社長 「あー…ちょっと追加しよう。働いてくれるとは限らないけどね」
チルノ 「占いCO 天子●」
佐倉千代 「おはよう!
占いの感じ見てるとシュガカが良い感じな印象だね」
ジークフリート 「よく喋る男のようだが本当のところが見えてこない
本心を見せない者らしいので、隠し事はないか占っておく」
サム 「今週のサムさんは? サムです。ってこのサザエさんネタはきつい。」
ルーミア 「ふむ…」
天子 「出ねーーーー」
ジークフリート 「占師だ
社長○」
ルビー 「おっはー
今日の噛みは何処だろなー」
シュガカ 「甘えを捨てた占いCO。ルビー〇」
ルーミア 「おはよ。
社長 「あー、よしわかった、前向きに考えよう、初日共有だからって暗くなる必要はない例えば~…
狼が出てる役職を噛まざるを得なくなった。とか?後狩人もいる。どうだ?考えれば悪くはないだろう?」
霍青娥 「おはようございます
噛みと結果は」
天子 「出ろ! GJ!!」
ない子 「おはよう。 特攻>>黒引きなんじゃないかなーって感じがするのよね。
千代は私の昨日の問いかけに返答をよろしく。 朝一に書いてくれるならそれで結構。

サムは共有伏せに対する「予告すれば」周りはちょっと印象良いかなって。
発言数自体は水増し気味だけど、吊り先決まってるから生存欲も何もない場面だし」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ノッブさんの遺言 村じゃよー
マジで特攻されるとか是非もないよネ!
レミリア は無残な姿で発見されました
(レミリア は人狼の餌食になったようです)
ジークフリート は レミリア に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
サム(妖狐) 「こー、ジーク君の余裕がわりと普通に真の●引きか、狂人の特攻でお仕事終了感のどっちかなんだよなぁ。」
やる夫の独り言 「佐倉は狩人じゃねぇなら狐かなんかじゃね?」
やる夫の独り言 「ならまぁ誰狼だってはなしになってー」
銀の蛇 は シュガカ の護衛に付きました
やる夫の独り言 「感じでいうとジークはなんか特攻くせーけどお」
シュガカ は ルビー を占います
ジークフリート(人狼) 「破綻も織り込んで占い先は囲わないようにしておく」
やる夫の独り言 「びみょー」
チルノ(人狼) 「そいじゃレミリア噛みしてまた明日。」
社長の独り言 「全く…初日に役職を持っていくだなんて…ダミーと同じように不器用なのか?>GM」
サム(妖狐) 「だらだらとネタ発言してたら9発現にもなってたサムです。
サムです、サムです。」
ジークフリート(人狼) 「まぁ、レミリアに関しては噛めても噛めなくても良いかな現状では」
佐倉千代(人狼) 「私の責任重大だねー
レミリア噛めるかどうかは狩人次第!」
社長の独り言 「ああ~…どうしたものかなぁ。フライデーにでも頼んでこういう時の分析パターンでも作らせた方が良いかな?」
ルビーの独り言 「ジーク狂かなあ」
ルーミア(共有者) 「銀の蛇が少し怪しい」
天子の独り言 「ま、なるようにな~れ☆」
チルノ(人狼) 「別に2騙りで全然かまわないよ。」
姉貴の独り言 「普通にジーク真っぽいのう。」
チルノ(人狼) 「それじゃレミリア噛んでって感じで」
天子の独り言 「なんか知んないけど潜って正解だったらしいわ
って事は私噛まれるわね」
ジークフリート(人狼) 「済まないがそのまま出ることにした」
シュガカの独り言 「投票早いな。俺最後か。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ノッブ は投票の結果処刑されました
2 日目 (1 回目)
ない子0 票投票先 1 票 →ノッブ
チルノ0 票投票先 1 票 →ノッブ
姉貴0 票投票先 1 票 →ノッブ
ルーミア0 票投票先 1 票 →ノッブ
社長0 票投票先 1 票 →ノッブ
銀の蛇0 票投票先 1 票 →ノッブ
霍青娥0 票投票先 1 票 →ノッブ
ノッブ15 票投票先 1 票 →サム
天子0 票投票先 1 票 →ノッブ
ジークフリート0 票投票先 1 票 →ノッブ
レミリア0 票投票先 1 票 →ノッブ
ルビー0 票投票先 1 票 →ノッブ
佐倉千代0 票投票先 1 票 →ノッブ
サム1 票投票先 1 票 →ノッブ
やる夫0 票投票先 1 票 →ノッブ
シュガカ0 票投票先 1 票 →ノッブ
シュガカ は ノッブ に処刑投票しました
サム は ノッブ に処刑投票しました
ノッブ は サム に処刑投票しました
やる夫 は ノッブ に処刑投票しました
ジークフリート は ノッブ に処刑投票しました
チルノ は ノッブ に処刑投票しました
佐倉千代 は ノッブ に処刑投票しました
ルーミア は ノッブ に処刑投票しました
社長 は ノッブ に処刑投票しました
ルビー は ノッブ に処刑投票しました
ない子 は ノッブ に処刑投票しました
天子 は ノッブ に処刑投票しました
霍青娥 は ノッブ に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
シュガカ 「身代わり共有で〇が一つ少ないから霊能鉄板じゃ狼次第で勝てない村になる。>チルノ」
銀の蛇 は ノッブ に処刑投票しました
ルビー 「なるほどな?
どっちにしてもGMのせいじゃん」
サム 「>シュガカ
モスラにチェンジで。
そしたら俺、怪獣映画デビューできるかもだし。」
チルノ 「あたいが護衛されずに死ぬのが最低。霊能が護衛されていてあたいが死ぬなら
霊能という軸ができるからそれはどっちでも。」
天子 「絶望が深い程希望は輝くから……>千代
いやまあ3-1からの狩人が誰を護衛するか悩むなんて普通だからそんなでもないかもしれないけど」
ノッブ 「というわけでさらばじゃ!
燃え盛る本能寺でわしと握手!!」
やる夫 「ぶっちゃけ●ひいたジーク以外としては●が狐HITしてれば自分噛まれてもまぁリカバリーはできてるから>シュガカ」
シュガカ 「GMはよりエキサイティングな村を見たいだろうから彼の望みにかなっているのでは?」
チルノ 「>シュガカ
ふーん?まあそっちがそう思うなんじゃない?
あたいとしては霊能護衛自体は別に悪手だとは思ってないのでね。」
社長 「今から僕が共有者になるなんてことは出来ないかな?
ダメ?僕が共有者なら良い発明するよ?」
サム 「俺なんて毎日、感謝の正拳突きを……しているネテロの場面を2回ぐらい読んで、ネタにしたっきりだわ。」
レミリア 「まあ狩人が凄腕であることをいのりましょー」
ない子 「共有欠けは別に何も嫌な気配しないけどね。 どうしてそう思うの?>千代」
姉貴 「んーまあ霊能守るか占い守るかって意味で考えりゃいいんで発言次第ね。」
ルビー 「GMじゃないかな>善行詰み忘れた人」
ジークフリート 「ふむ、後は俺が死ななければ何とでもなるか」
佐倉千代 「共有欠け!? さらに嫌な気配がする!」
ノッブ 「その場合は多分ジーク狂人じゃとおもうので
残った方の占いを飼っておけば、狼釣りきりとかもなくてよいじゃろう…
霊能軸の飼い狼進行じゃな」
シュガカ 「今お前の家にラモス送り込んだから。>サム」
レミリア は ノッブ に処刑投票しました
サム 「ここで共有初日。
おぃいいい、誰だよ善行積み忘れた奴!」
社長 「おいおいおい…COあったは良いがそれでこのCO数なのか。共有の少女のようにお先真っ暗だな。
誰か、黒一色じゃダメだと、明かりでも持って行ってあげないか?」
チルノ 「灰多いじゃんかよ。」
シュガカ 「理由は護衛される確率が霊能の分だけ減るから。」
レミリア 「ぶっちゃけ私噛まれても真占いいるし占いで護衛択とったほうがいいとだけ」
ルーミア 「あらためて指示:ノッブ吊り」
チルノ 「共有初日かよ。余計に面倒だな。おい。」
サム 「>シュガカ
悪いな。俺、ブラックよりミロ派なんだ。」
佐倉千代 「この4人から護衛するの狩人凄い可哀想……」
シュガカ 「身代わり共有がより村に辛くのしかかる形になったな。
悪いよ。>チルノ」
ない子 「あ、初日共有は割と例外。 個人的には出てくれて良き」
霍青娥 「ふむ…>共有初日」
天子 「ほう、欠け無しね!
ただ3-1になってるから……灰が一人多いってだけで少しだけマイナスかなっ!」
やる夫 「前言撤回だお。なんで霊能潜ってないんだお!!」
チルノ 「って感じでどうやらシュガカ視点では霊能CO出ているのも都合が悪いらしいな?」
レミリア 「なるほどね、共有初日、ならなおさらでていいわ」
ルビー 「占いは悪くなくても村は判断に困るんだよう」
やる夫 「はい」
ない子 「ノッブ吊りでぶれないなら共有出なくていいと思うけどねー」
ノッブ 「もし占い抜かれたら霊能軸の進行をない子にやってやってくれ共有!!」
やる夫 「それで初日占いでしたーとかはふて寝してこの時間のことを綺麗さっぱり忘れるお」
シュガカ 「予告占いは甘え。>サム」
ルーミア 「迷ったけど共有COだよ。相方はそこの死体(GM)。
つまりそれ以外の役はいるってこと。」
天子 「別に共有出て良いと思うけど
潜るんなら占われた共有が悪いって事で」
社長 「別に自由にしたらいい。それで勝てるならね。僕が吊っても責任はないけどね」
佐倉千代 「特にないならノッブ吊りしかないけど
何か微妙な立ち上がりだよね
ジークちょっと遅めだったし霊能出ちゃったし」
銀の蛇 「あと、吊り先は決まっているが共有は出ていい」
サム 「どうしても出たくないとかで、出ないようなら占いどもは予告占いでもすれば?
共有占い発生するよりはマシだわ。」
レミリア 「あんまりいわないけど
占い霊能でてる以上保護はもう狩人だけで」
霍青娥 「この●タイミングでは霊能潜れなくてもしょうがないとしか思わないですね」
チルノ 「霊能噛みはあたいとしては実はそこまで悪くない。 」
シュガカ 「共有は占わないから大丈夫。甘えてないし。」
姉貴 「占いか霊能が死ぬ」
天子 「霊能か占い噛みかの二択よねぇ>レミリア」
やる夫 「別段翌日2COにならないならどうでもいいお>レミリア
ついでにいうと占いの盾になって死ぬならまぁ仕事はしてるお」
ルーミア 「まぁ、明日を待つしかない
霊能結果見たいけど占いを護衛したい二律製版」
シュガカ 「という理由から共有は伏せたまま明日に進んでいいぞ。
明日俺が噛まれてるなら伏せたままゲー開幕すればいい。狼に灰を噛ませてやれ。」
ノッブ 「ああ…まぁあれじゃ
残った二人のどちらが真かまでは知らぬが…
噛まれぬことを祈っておる…いや本当にな」
レミリア 「共有はでたほうがいいわよ。」
サム 「この状況で灰噛み発生するわけないから共有は出た方がいいよ。」
レミリア 「霊能でてる以上初手灰噛みはないんだからまず」
チルノ 「シュガカが出た分ジークが狼特攻かもしくは対抗が狂狐とかならって期待するぐらいかなぁ」
霍青娥 「共有は出て置いたらいいでしょう
進行自体は●吊るだけかと
>佐倉」
天子 「バーニング!
ってその火が村を燃やしたら洒落んなんないわ」
レミリア 「ま明日を待ちましょう。」
姉貴 「オレオは黒いのは当然では・・・?」
社長 「とりあえず、そこのホットな美少女を吊りつつ、人狼とやらを見つける仕事だね?」
シュガカ 「霊能が出ているため狩人の護衛がより一層期待できない状況であるとみていい。」
ない子 「あ。 霊能出てるじゃない。 これは面倒な予感がプンプンと」
ルビー 「大変だね」
ルビー 「何もかも手遅れだし本能寺炎上してるし」
チルノ 「ノッブ吊り自体は進行として変わらないのだろうけど
これあたいが噛まれるかどうかってだけな気がする。」
ジークフリート 「>ノッブ
すまない、オレオは墓前に供える
黒い奴をな」
天子 「明日死体無し出ないかな~~~」
銀の蛇 「まあ明日死体無しが出るかどうかではあろう」
サム 「無いならノッブさようなり。
しょせん時代は沖田さんじゃけぇ。」
姉貴 は ノッブ に処刑投票しました
佐倉千代 「3-1だね! ●出てるけど共有は指示して欲しいな!」
霍青娥 「COなしならノッブ吊ってまた明日」
チルノ 「だるい。普通に様子見した分これはめんどい」
ノッブ 「マジで特攻されるとかわし大人気じゃよなあ!!」
やる夫 「さよならだお>ノッブ」
シュガカ 「お前は甘えが無い。>ノッブ」
ルーミア 「霊能出ちゃっったのね」
ない子 「じゃあ他伏せてお休みだねー」
天子 「色々と出てるんだよなあ……」
レミリア 「なんか最近●見て潜れない怠慢霊能しすぎてるきがするわね」
社長 「さて、宝石色に輝く少女が◯なのは実に良いが、何で3人も占いがいるんだい?」
サム 「遅い●だなー、と思うものの。
CO聞けば良いんじゃないかという構え。」
シュガカ 「甘え過ぎ。>ジーク」
霍青娥 「少し遅めの●と」
チルノ 「えー」
天子 「ノッブウウウウ」
ルビー 「おやすみ」
ない子 「黒遅いよー。 とにかくノッブはCOあれば」
ノッブ 「COなし!
おのれジーク!!」
姉貴 「んーこれは」
シュガカ 「甘え過ぎ。>やる夫」
ジークフリート 「ノッブ、オレオ欲しくないか?
白いのと黒いのどちらが良い?
何、遠慮するな^^」
ルーミア 「ふせ」
霍青娥 「占いまず1と」
チルノ 「あたいサファイアとエメラルドだから!(ポケモンの話)」
天子 「おっはよー」
レミリア 「霊能うー☆」
シュガカ 「甘えを捨てた占いCO。やる夫〇」
ジークフリート 「占師だ
ノッブ●」
やる夫 「おはようだお」
サム 「このハイパーメガライフル紙によって戦艦ぐらい撃破してやる!
えっ、戦艦なんて居ない? そんなー。」
天子 「おっはよー」
社長 「さて、素晴らしい朝だね」
チルノ 「占いCO ルビーは○」
ルビー 「おはよー」
ルーミア 「おはよう」
ノッブ 「人外を焼きつくし村も焼き尽くす第六天魔王!
それがわしじゃあ!!

…って、村を焼いたら本能寺案件じゃああああ!!!」
姉貴 「知ってる?アザラシってネコの仲間なんだって。」
霍青娥 「おはようございます
COある方はよろしくお願いしますね
佐倉千代 「おはよう! COある人はどうぞ!」
銀の蛇 「ルーミア>その上で言えば狼男の方が起源が古いという説もある

それと伝染病と吸血鬼に関しては狂犬病等が伝承発生に関わり合いが深いとされているな
一例を挙げるなら
水を怖がる反応を示すようになるのと、流水を渡れないという性質
などだな」
ない子 「おはよう」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
黒の剣士GMさんの遺言 いつの間にか村が埋まっていた……だと?
黒の剣士GM は無残な姿で発見されました
(黒の剣士GM は人狼の餌食になったようです)
チルノ は 黒の剣士GM に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ルーミア(共有者) 「緊張する」
ルビーの独り言 「初日共有かなこれな」
チルノ(人狼) 「これは……2騙り?」
姉貴の独り言 「あざらし物語作戦で行くか・・・」
ジークフリート(人狼) 「銃殺なければノッブに○か●で出るかな
気分次第で結果は変える」
姉貴の独り言 「まじめな話はこれで終わりっと」
佐倉千代(人狼) 「対応くらいはしておくね」
サム(妖狐) 「張り切りすぎると逆に生存欲云々に引っかかるから難しいんだよねぇ。」
ルーミア(共有者) 「まぁ、なんとかなるか…汗」
チルノ(人狼) 「それじゃ見た感じ占いに出る気にある奴はいないみたいだ。あたいが行こうか。」
サム(妖狐) 「風のような何か戦法で生き残る。
死んだら風呂へ、ぐらいの気持ちで漂えば逆に生き延びる的な。」
ノッブの独り言 「是非もないよネ!」
佐倉千代(人狼) 「じゃあ普通にやろう!
変なこと言ってごめんね!」
サム(妖狐) 「しっかし狐かぁ。
どうすっかなぁ。占い騙りする元気はねーし、適当にだらだらでいいか。」
ジークフリート(人狼) 「身内切りする方はあまり気が乗らないかな」
ノッブの独り言 「なんかこれわし、特攻されるんじゃ」
チルノ(人狼) 「身内切りはし過ぎてあきた」
チルノ(人狼) 「んー普通にやろうかなって思っていたけど。 >占い出るなら」
シュガカの独り言 「甘えの無い村立てお疲れ。>スバルGM」
やる夫の独り言 「真面目に初日吊られるんじゃねぇかお?」
社長の独り言 「ゲームとしては面白くなくなるけどね。仮に僕がそれをして良いのであれば…間違いなくやるけどね」
佐倉千代(人狼) 「ところでいきなり身内切りとかする気無い?
私切られる方」
サム(妖狐) 「最近、時間があわなくてなかなか参戦できねーんだよなぁ。
そもそも忙しいとか、他のゲームはまってるとかあるけど。」
姉貴の独り言 「これを基本軸に据えながら臨機応変にわちゃわちゃとやっていけばいいんじゃないの・・・?」
ルビーの独り言 「ご飯食べなよ」
ジークフリート(人狼) 「ノッブにオレオをご馳走してやるべきか否か」
社長の独り言 「ところで、村人だからって発明品を作っちゃいけないなんてルールはないよな?
なら、人狼でも発見出来る機械でも作りたいところだな。
一人一人とは言わず、全員発見出来るようなものでも」
やる夫の独り言 「おう・・・」
佐倉千代(人狼) 「あ、狼になってた
よろしくね!」
ノッブの独り言 「何か食って良いぞ!>GM
いや糧は大事じゃし」
ない子の独り言 「GMさんありがとー」
天子の独り言 「けど正直潜りたい」
姉貴の独り言 「噛まれないなら人外を吊ってからラス灰で吊られて☆」
ジークフリート(人狼) 「さて、どうするかな」
ルーミア(共有者) 「稼いでも無駄だと思うので…なんか食べるべし!」
天子の独り言 「ま、まあ、頑張ります?」
ノッブの独り言 「まぁよいわ
問題はこの空いた時間をどうするかなんじゃよ、村人は」
姉貴の独り言 「占われるな
吊られるな
噛まれろ」
天子の独り言 「……」
「◆黒の剣士GM GMは空腹に倒れそうなスバルがお送りする」
ルビーの独り言 「すやあ」
チルノ(人狼) 「希望を聞こう?どうしたい?」
天子の独り言 「え、狂人?」
社長の独り言 「>GM 村建てお疲れ様だよ」
姉貴の独り言 「素村三カ条!」
シュガカ は やる夫 を占います
サム(妖狐) 「村建て感謝だじぇー>GM」
ジークフリート(人狼) 「まぁ、狼になってしまったが」
ルーミア(共有者) 「ぎゃあ」
チルノ(人狼) 「狼かー」
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ゲーム開始:2019/06/01 (Sat) 21:39:55
ない子 「開始」
ない子 「1」
シュガカ 「全員甘えは捨てておくよう。」
ノッブ 「ぎゃあああ!
体が燃えて溶けるうう!
って、やめんかあ!!?」
姉貴 「スリザリンは嫌だな」
ない子 「2」
ない子 「3」
ない子 「それじゃ行くわよー」
やる夫 「共有COするお>ノッブ」
ない子 「3特攻ぐらい欲しいわね」
黒の剣士GM 「あれ見ないうちに村が埋まってた
じゃあ準備できたらカウントでいいぞ?」
ジークフリート 「ノッブ、遺言はそれだけで良いのか?(銃殺」
姉貴 「いいさそんなに欲しいならくれてやろう。
つ●
ルーミア 「>佐倉千代
そう、銀は毒で色が変わるから食器に用いられる
転じて銀の匙をくわえてきた、とか」
銀の蛇 「ルーミア>だから創作上の都合だと言ったのだ」
ノッブ 「やる夫村にやる夫がいるとは珍しい!
初日に墓標に埋めてよいな!?」
サム 「残り一気に来たな。
何にせよ一年戦争の幕開けだぜ、レッツパーリィー」
やる夫 「姉ちゃん小遣いクレオ」
ない子 「あら、兄さんのお友達ね>やる夫さん」
佐倉千代 「銀って毒で色が変わるから転じて神聖視されてたんだったかな?」
社長 「>銀の蛇
へぇ~詳しくは知らないがそんなものか。弱点がない吸血鬼でも。僕には勝てないのはわかってるがね」
姉貴 「あいつやっぱ弟じゃないわ。隣の家の家なき子だわ」
ルーミア 「吸血鬼はなんか、伝染病の伝承だったかと」
姉貴 「弟ォ!お前が俺のオレオ!」
ルーミア 「銀は狼男ではなかったかしら」
佐倉千代 「弟っぽい夫が来たよ姉貴!」
シュガカ 「よろしく。」
やる夫 「よろしくだお」
姉貴 「共有会話禁止とかね。」
シュガカ が村の集会場にやってきました
姉貴 「15は村ぬるげーになる場合が多かったんで村側が縛りプレイを行うことでバランスをとってたのが一番古い記憶だい」
やる夫 が村の集会場にやってきました
銀の蛇 「社長>そもそも銀が効く、というのが
弱点が無いと倒せないから
という理由での創作上の都合で生まれた説がある」
ない子 「回答がないなら解釈が合ってると受け取るわよ。
正直、いわゆる手心の類とかは好みじゃないから>GMさん」
ルーミア 「その分ゲームとして難しいということ」
姉貴 「アイコン探してクリックミスしただけなんだ、許してほしい」
ジークフリート 「吸血鬼退治か?
銀とニンニクを塗布した剣を使うと良い」
ルーミア 「13-15はどのサーバーでもかなり配役に工夫がある」
姉貴 「姉貴 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 1964 (大妖精(ゴール)) → No. 7008 (できない子04)」
チルノ 「なんで???」
ノッブ 「しかしあと一人じゃなあせめて
15はある意味どこもきついなーって配役なのじゃが」
姉貴 「弟はどこ・・・?」
社長 「僕なら天井を壊して日光を当てる方法を取るけどね。もしくは日光でも作るかな?」
姉貴 「姉貴 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 7008 (できない子04) → No. 1964 (大妖精(ゴール))」
天子 「謎のヒロインXXが欲しいです」
社長 「>銀の蛇
だとしたらシルバーバレットでも作って、吸血鬼退治でも専門業にしたらどうだい?吸血鬼ってのは銀に弱いらしいぞ?」
レミリア 「15人で何故かピタっととまったわね?」
ノッブ 「復刻をまてい!>ない子
わしのところのマスターもXXほしいとうるさいんじゃ!」
ない子 「その大ちゃんは色々大ちゃんなのかな? それなら私も欲しいかな」
佐倉千代 「ちょっと待って……! もしかして私……見逃しちゃった……>手刀」
チルノ 「水着大ちゃんください。」
チルノ 「なんでそのアイコンに変えてしまったのかが結構気になる所ではあるが。」
ルーミア 「Silver Bulletね」
ない子 「水着ノッブより水着フランください(ください)」
姉貴 「アイコンまで変えてしまったよ。戻さないとね」
銀の蛇 「社長>銀は柔らかい金属だからな
フィクションの銀の弾丸も、撃った瞬間砕けるのではないか?と考察された事もある」
姉貴 「姉貴 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 6667 (手刀を見逃さない人) → No. 7008 (できない子04)」
姉貴 「姉貴 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 7008 (できない子04) → No. 6667 (手刀を見逃さない人)」
ノッブ 「じゃあ、暑くなってきてそろそろ水着復刻もあるじゃろうし
景気づけに村を燃やそうぞ!

…え? 人外だ吊ろう?
そんなー」
ジークフリート 「悪竜の血鎧があって良かったと思う日が来るとはな」
佐倉千代 「私達は雰囲気でTSの話をしている……」
チルノ 「ちなみ生物の中には生まれてから環境に応じて性別が変わる種もある >クマノミとか」
ない子 「100年後ぐらいには意味が分かる話だと思うわ」
社長 「>銀の蛇
ふむ、どうやらジョークには馴染みがなかったかい?まぁ銀と名前が入っているんだ
さぞ固いだろうしな、僕よりは柔らかいだろうけど」
かりkれい 「かりkれい さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりkれい → ノッブ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 10478 (水着信長)」
姉貴 「分からん・・・。」
チルノ 「いったい何の話をしてるんだ…」
銀の蛇 「佐倉>現実に存在すれば何人救われることか」
かりkれい 「いつから性転換していると錯覚していた?」
姉貴 「それは何か佐倉千代。
「私はお前の股間に爆弾を取り付けている。ボタン一つでボン、だ」
と言いたいのかこのモロッコ!!」
銀の蛇 「魂のモロッコかな」
佐倉千代 「よく考えたらボタン一つで性転換できるって凄くないですか?」
チルノ 「お兄様がお姉様になってしまいました(某ゲームのPVより)」
銀の蛇 「社長>その辺りは強さ議論スレになりかねないからな
まあ東方組は二次創作等でも幅があるから一概には言えないが」
ない子 「GMさん。 この部分についてだけど、そういうことだと解釈して構わないのよね?
                 ^^^^^^^^^^^

■この村について■
この村は初心者を場慣れさせるための『初心者村』。
でも、あまり育成要素などを期待してはいけないわ。
どんなことであっても、自分を強くするのは自分自身。そうでしょ?」
姉貴 「兄貴は死んだ!もういない!」
ジークフリート 「190センチ、黒髪短髪で目つきが鋭い?
この村には居なさそうだな」
佐倉千代 「あ、あにきがあねきになった!>できない子」
姉貴 「ストン…」
サム 「俺が信じるお前を信じろ的な存在じゃねーの?>兄貴」
佐倉千代 「高校生でも漫画家やってる人もいるんですから大人カウントされてもいいと思うんですよ」
社長 「>銀の蛇
僕より強い?あれかな?凄い発明でもあるのかな?見てみたいね。きっと僕は驚いてしまうだろうからね」
兄貴 「兄貴 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:兄貴 → 姉貴
アイコン:No. 2415 (バニーやらない夫) → No. 7008 (できない子04)」
兄貴 「RP変えるか・・・兄貴ってなんだよ」
銀の蛇 「社長>まあ社長より強そうな奴も多いからな
年齢で判断するのは早計だ」
サム 「機動戦士ガンサム! 燃え上がるぜ!」
ルーミア 「もどり」
社長 「>ジークフリート
村であることを考えたら、子どもばかりであることは問題しかないように思うけどね
確かに、古臭い爺さんばかりの村じゃ、僕のやる気も出ないからね」
サム が村の集会場にやってきました
兄貴 「俺は兄貴の概念(♀)だ、よろしくぅ!<佐倉千代」
ジークフリート 「>社長
老人ばかりの村よりははるかにマシだろう」
佐倉千代 「佐倉千代です!よろしくお願いします!」
天子 「大丈夫だ、問題無い>社長」
兄貴 「単純計算で7時間程度だろうか?」
佐倉千代 が村の集会場にやってきました
社長 「しかしあれだな。子どもの多い村だな。こんな村で大丈夫なのかい?」
ない子 「兄さんがそれ言うの...」
天子 「夜時間の会話も大変そう」
兄貴 「ちょっとお花を摘みに、オホホホ」
ない子 「普通にやったらどれぐらいかかるのかしらね>100人村」
ルビー 「よっろしくぅー」
ルビー が村の集会場にやってきました
ない子 「そういう時は「ちょっとお花を摘みに、オホホホ」とか言うものよ」
チルノ 「でも狼も狐噛みする危険度けっこうあるのかそれ。」
天子 「十七匹の狼とかそれ村じゃなくて群れだよね」
ジークフリート 「1日に得票上位10名吊るとかじゃないとめんどくさそうだな」
ルーミア 「念のためにおといれ」
兄貴 「レミリア!レミリアじゃないか!
ようやく会えたな、妹よ!」
チルノ 「そもそも最高で13票集まるのやべえ」
レミリア 「よろしくね」
かりkれい 「人狼17だった」
ない子 「出てくる役職数を減らしすぎて、逆にシンプルじゃなくなってる典型の気がするわ」
チルノ 「村きつくね?そうでもない?」
社長 「まぁ僕なら一つ飛びで遠くまで行けるからね。別に僕自身はここが集落でも問題ないさ。
でも人が少ないならもっと良い設備でも整えるべきじゃないかい?」
ない子 「シンプル #とは」
レミリア が村の集会場にやってきました
チルノ 「100人村か……」
かりkれい 「ちなみに100人村の配役は
村人73 人狼13 妖狐10
とシンプルだった」
ジークフリート 「よろしく頼む」
ジークフリート が村の集会場にやってきました
黒の剣士GM 「40分開始予定なので各自カバディしててくれ」
ない子 「集落じゃなくなるには5~6倍は欲しいかもね」
かりkれい 「でも100村とかやってみたい?>チルノ」
チルノ 「17人でも集落レベルだと思う」
天子 「やっほやっほよっす~」
かりkれい 「こんばんは」
銀の蛇 「マリーがいない
やり直し」
天子 が村の集会場にやってきました
霍青娥 「こんばんは、よろしくお願いしますね」
かりkれい が村の集会場にやってきました
社長 「やぁ、少ない村だね。これじゃ村って言うよりは集落なレベルじゃないか?」
霍青娥 が村の集会場にやってきました
兄貴 「私が来たからにはもう安心するのだわっちょ」
ルーミア 「こんばんわ」
銀の蛇 が村の集会場にやってきました
社長 が村の集会場にやってきました
ルーミア が村の集会場にやってきました
兄貴 が村の集会場にやってきました
チルノ 「のりこめー!」
チルノ が村の集会場にやってきました
黒の剣士GM 「全員許可」
黒の剣士GM 「1」
黒の剣士GM 「2」
黒の剣士GM 「じゃーカウントの時間だな
3」
黒の剣士GM 「さてこれでもっと増えてくれればいいんだがなー(ちらちら」
黒の剣士GM 「はいはい……えーと、よろしくな」
ない子 「よろしくね」
ない子 が村の集会場にやってきました
黒の剣士GM 「準初心者許可」
黒の剣士GM 「初心者枠許可!」
黒の剣士GM 「ー、o,-'!
     >,'"´⌒ヽ
      .i ,'<((ハノ〉〉    オオキイAAハツカレルワ…
  /`-(リ! ゚ ヮ゚ノリノ^ヽ
 (、ハ,ノk_メ`ll><lliつハ,ノ
     (ン'/ `´メゝ
     `!,ンィン"´

以下、告知より抜粋。
普通村の定義は曖昧な所もあるけど各自で判断して頂戴。

■開始前の流れ■
村が建ちます→初心者枠入村許可→準初心者枠入村許可→入村許可

初心者枠に該当する方は【初心者枠入村許可】、と言った後に入ってきてください。
準初心者枠に該当する方は【準初心者枠入村許可】、と言った後に入ってきてください。
また、特別枠の人は初心者枠入村許可後なら好きな時に入ってきてくださって構いません。

【入村許可】前にはカウントダウンしてから入村許可を行います。
この入村許可後は好きに入村して構いません。

■初心者枠該当条件■
以下の条件を両方満たしている人が初心者枠に該当します。

①スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバにおいて普通村の戦歴が50戦以下
②真紅鯖定期初心者村での戦歴が15戦以下

■準初心者枠該当条件■
以下の条件を両方満たしている人が初心者枠に該当します。

①スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバにおいて普通村の戦歴が100戦以下
②真紅鯖定期初心者村での戦歴が15戦以下

なお、スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバは
やる夫系、鉄村人狼系、iM@S系、東方ウミガメ系、猫又系などです。
よく分からない人は恐らく該当してるでしょう」
黒の剣士GM
   ───────────┐
  │やる夫達の初心者村  ....│
  └───────────┘

               /::::::`゙' 、 _   _,. --─ 、
             /:::::::::::::::::::く´メ´::_:::::::::::::::::: /
            >''"´ ̄` '' ´       ヽ::: /
          /                     V-、
        /                       |::::::\
        イ  /      ;' ,ハ  |_ ./|  |:::::/    この村は「初心者村」よ。
      |  |  | ‐-/,.∧;'   | ,/| ,/ ト. |:/ |     ルールを守って、楽しく遊びましょうね。私との約束よ?
      l  l  ! ./´l`メ i  ,!/ァ─-、 !  |  |
        !, i  | /!、j_,リ       ,.,./  ,  ヽ.
       ソl  |,ハ ,.,.   '      /  /     ':,   γ'"´\
          |,/  ,!      -‐ '  /  /    / ,ハ/       \
        /   /.ト 、;'´|     ,.イ  /|  / ∧ !          \
      /  /   .!  ,! !,>r< !/ >--─‐ く             \
      !/|/∨ヽ|iン   !_ン|_,/ //::::/     ヽ             \
          /   l´、   |/ ム_,__/ /::::/ /     '               \
         ./     し|   ∨⌒}´\ .|:::::|  |     |              ∧
        /   ./ゝ、__ノ ̄ `!" ヽ/ |:::::|  |     /             ∧
        ,'   / /くー' 、   ト、 j  .|:::::| /    /                  ',
      ゝ く  /  〉、__    イ \  |:::::|,く    /  人   人   人   ノ

(↓一般枠向けテンプレ)

■ローカルルール纏め■
入村許可制、トリップ必須、昼AA禁止

(↓ここから初心者枠向けテンプレ)

■この村について■
この村は初心者を場慣れさせるための『初心者村』。
でも、あまり育成要素などを期待してはいけないわ。
どんなことであっても、自分を強くするのは自分自身。そうでしょ?

■禁止事項■
過度の暴言、無益な村人騙り、意図的突然死
早噛み許可前の超過前噛み、昼間のAA(夜・遺言は可)など…

■入村許可制について■
入村許可制っていうのは、村に入る際にGMが許可を出してからでないと入村をしてはいけない制度のことよ。
記念村や特殊村ではこの制度が採用されているので、初心者村で慣れてしまいましょう。

初心者の人は【初心者枠・特別枠入村許可】が出されてから入ってきてね。

■トリップについて■
ユーザ名の欄にトリップ専用入力欄があるでしょ? そこに、自分が好きな文字とかを打ちこむのよ。
例えば、トリップ入力欄に「幻月」って打ち込むと『◇nZ3F7B/M2E』って感じで村では表示されるわ。
これは、まったく同じものを作るのが非常に難しいの。無数のパターンがあるからね。
だから、これは自己の証明手段、つまり成りすまし防止として使えるのよ。

私のトリップは『 .2TxrisQ1I』という文字列だけれど
これだけを見ても、ここから元の文字列を判別することはほぼ不可能でしょう」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 黒の剣士GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 5683 (キリト)」
村作成:2019/06/01 (Sat) 20:57:06