←戻る
【紅3802】やる夫達の普通村 [6982番地]
~今週金曜はマリオメーカー2発売日です~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon やる夫GM
(生存中)
icon マリ夫
(生存中)
icon できない子
(生存中)
icon たわし
(生存中)
icon 小傘
(生存中)
icon 博麗レーム
(生存中)
icon アカギヒゲ
(生存中)
icon できる夫
(生存中)
icon 魔理沙
(生存中)
icon 海浬
(生存中)
icon 壇狩摩
(生存中)
できる夫 「それでは私もサラダバーで健康的になるとしましょう。ムラ建て同村ありがとうございました」
マリ夫 「そういう白さを引き出すタイプにも見えたから早めに退場してもらったというのもある。やはりグレコン正義。」
魔理沙 「            ______
            ´>  `ヽ、
           ._,.'-=[><]=.,_
           ヽi <レノλノ)レ〉'
           ノレ§ ゚ ヮ゚ノiゝ<では、諸君!!サラダバー!!
      、_    `k'_.〉`=' !つ
 *  ☆ ミ≡=_、 _i_ノ(,,i!_,-、i!>__
☆  +  彡≡=-'´ ̄ ̄ `~し'ヽ). ̄」
魔理沙 「それじゃお疲れ様だ。同村の皆とGMまた会おうなー」
壇狩摩 「ンじゃお疲れー」
できない子 「それじゃあお疲れさまでした」
魔理沙 「2日目の時点ではね。だから朝一の準備してた時にたわしに発言引き出す誘導を
予定してたんだよなあ…
>小傘」
できる夫 「ありがとうございます>レームさん」
マリ夫 「華はないがいいじゃないか渋くて。また。マンマミーア。」
博麗レーム 「そんじゃお疲れ様だ
相方とできる夫はありがとうな
まぁ面子に華はないが」
マリ夫 「だからやる夫もマリ夫になる。」
魔理沙 「たわしは2日目の発言でGJ出れば云々あったし、発言引き出せたら色見えると思ってたが…」
マリ夫 「水は流れる。人も同じだ。」
小傘 「わちきとしてもたわし村打ちしたのは魔理沙噛みの意図からでだったから
単体で見て判断はできなかったしねー」
小傘 「正直ね。たわしが全くもって発言無いから発言で精査するのが不可能だったのが難しかったかもしれないね。」
海浬 「囲ってなくて灰噛みしてると、というかするのか、というかですね」
できない子 「私もたわしだと思ってたわ」
たわし 「では村建てとみんなありがとー」
魔理沙 「私的にはアカギヒゲに投票したのが問題だったな。狼2人も気になってたんだが
白い位置はたわしも含めて見極めてたがね」
海浬 「路線としてはできる夫狂人で囲ってなくて灰噛みしてると
たわしが怪しいだろ…みたいな安直な方向にもなってしまいますよね」
博麗レーム 「できる夫>便利な言葉がある
結果オーライ」
たわし 「まあしょうがない」
できる夫 「途中まで普通に真占い(笑)していたようで申し訳ない>人狼zy」
マリ夫 「                 ____
               /      \
             /  _,ノ   \ \         ___
                /    (●)  (●) \        /      \
            |        '      |    /  _ノ  ヽ、_ \
           __∠\        ⌒     /,_  /  (● )  (● )  \
         《〈〈ゝ´            \ `ヽ|      (__人__)      |
         {    /             |、 ヽ  \    ` ⌒´    /
          ヽ___ ノ!           l ー‐ヽ             ⌒ヽ
                l          l     i               、 ヽ」
博麗レーム 「マリ夫>まぁ結果オーライだろ
皆たわしだと思ってたようだし」
やる夫GM 「占い初日なのはやる夫のせいじゃないお(きり」
小傘 「負けちゃったけど、わちきは自分の推理は合っていたから、そこは嬉しかったなー」
魔理沙 「お疲れ様だぜ。うーん早く落ちると白い位置を言っておいて詰めるのが出来ないじゃないか」
できる夫 「お疲れ様です」
マリ夫 「いやぁ・・・見方を浮き彫りにさせた挙句吊られてしまったダメ狼ですいませんでしたね
仲間のおかげで勝てました。」
壇狩摩 「お疲れェ」
海浬 「おつかれさまでした。」
できる夫 「(たわし人狼だと思ってて正直まじで!?!?!?ってなってました)」
小傘 「残念残念。初日占いだから難しかったもんね。仕方ないよね。」
できない子 「お疲れさまでした」
博麗レーム 「お疲れ様だ」
マリ夫 「お疲れ様でござんした。」
できない子 「占いを持っていくなっていってんだよ!!!>GM」
やる夫GM 「おつかれだお」
小傘 「だめだー!お疲れ様ー」
たわし 「おつかれー」
ゲーム終了:2019/06/26 (Wed) 22:12:54
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
たわしさんの遺言  \                    /
   \  丶       i.   |      /     ./       /
    \  ヽ     i.   .|     /    /      /
      \  ヽ    i  |     /   /     /
   \
           た  わ  し  で  す        -‐
  ー
 __            __VV
             >:::::::::::::::::::: <
            _>'::::::::  ::::::::<
            ,>':::::   ::::::::<
            >:::::::   :::::::::<
            >;;:::::   :::::::< 
             >i::::::::::::::ゞ<
               'ヘトハト!             ‐-

    /
            /               ヽ      \
    /                    丶     \
   /   /    /      |   i,      丶     \
 /    /    /       |    i,      丶     \  
海浬 は無残な負け犬の姿で発見されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
たわし を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
5 日目 (1 回目)
たわし2 票投票先 →博麗レーム
博麗レーム1 票投票先 →たわし
できる夫0 票投票先 →海浬
海浬1 票投票先 →たわし
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
できる夫 「私の投票先は固定です、霊能乗っ取りしかありませんからね。
細い道筋でもそれが真実なので」
博麗レーム 「海浬>いや、俺とたわしで2択だ
できる夫狂と考える理由は挙げてる」
たわし 「あ、ヒゲとマリ夫を勘違いしてた」
海浬 「だれにしようかなー」
博麗レーム 「たわし>できる夫狼なら三日目に仲間囲わないか?
海浬真ならアカギヒゲで吊れたのは否定されるし」
できる夫 「霊能乗っ取り決まった時点でぶっちゃけ下手に吊り増えしなければ高笑いコースなので、身内もなんでもござれ、ですよ」
たわし 「まーー相互はしようぜ!って言えばできるけど」
海浬 「さらにその上で私だけ3択で投票しなければいけないわけです
酷い話ですよね。」
たわし 「相互投票してるな、博霊とアカギ」
海浬 「できる夫人狼か狂人かは個人で考えてもらう必要がありますけどね」
できる夫 「自分で言うのもなんですけど、セオリー通り無難に占いに出たんやろお前!と殴られたときに言い返せる材料が「はいそうだよねボクも普通はそう考えまーす!!」なのが」
海浬 「海浬が人狼ならマリ夫〇出してもいいですし指定吊りしても良かったですし
吊れたのは全て海浬の投票先だったので 海浬人狼は考慮しなくていいですよ」
たわし 「できる夫狂人で博霊で囲った、か?」
博麗レーム 「だから俺は
狂ー真
で見てるって話だ」
博麗レーム 「海浬>ぶっちゃ最後まで読んでほしいが
●出し展開ならだいたい今日来ないんじゃないか?
ってのは多少あるんだよ」
たわし 「霊能乗っ取りだとして指定しなかった利点はって言うのがな」
たわし 「●が吊れてることは確かなわけで」
できる夫 「はい>たわしさん
非常に「マジか」って気持ちでいっぱいですよ」
海浬 「●は別にできる夫さんとの対立要素にはならないんですよね
海浬人外想定での話ですが」
博麗レーム 「まぁなんだ
つまり形的に、海浬が俺かたわしかに入れて
たわしに入れてようやく引き分けになってんじゃねーか今?」
できる夫 「なんというか……神は製薬会社(胃薬)の売上に貢献したがっているのでしょうか(天を仰ぐ」
たわし 「できる夫視点霊能乗っ取りってこと?」
たわし 「えーもう」
できる夫 「理由
まあ狐いないんでどっちでもいいっちゃいいんですが」
海浬 「おはようございます。」
博麗レーム 「形的に
できる夫狼ならマリ夫囲うだろ
海浬狼なら、●出してできる夫との対立作った可能性もなくはないが
それなら今日がそもそも来ない
アカキヒゲで吊れたなら知らん」
できる夫 「占い師です できない子さん○」
博麗レーム 「おはようさん」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
できない子さんの遺言 狩人
壇狩摩さんの遺言             \                ,  ---─  、
              \          _, ィ彡:::ィ:::::::::::::::::::::\
      (つ -ゝ ゝ    \         /::::::/  //::::/  ヾヽ
     (_ ノ _⊃-'      \      /:::::/ ィ7 /::://   /ハヽ
               --==ミヽ-===彡イ::::::::::// / :/  / /   ,
           \        V//l   l::::::::::::/ ィ:l   .::/{ /    ;
            \      ヽV/l   i::::ィ::イ  /l l:::::/ l / //イ li
               =- _   V/l   V l:/~:l l l l l:::ハ筵l::/ // ハi   なんとケッサク素村じゃけぇ
                   \ l lVil   v l ノ l li l    l:lii//// ゞ、
               _ -=ニニ=\//l    V ヽ        l V                   r -- ┐
            _ -=ニニニニ=-= ̄ヾム   ヽ_, -.、` -_ ァr'T:/                    ゝ __ノ
         _ =ニニ=--::: ̄l   /::::::::::::>  _ 〉  ヽ / l:/   r 、       _ ___ -   ̄ _ ノ
       _=ニ= ´_  l:::::::::k   l::::::::::/   ヽ::.-..、-=┘      / ノ- , -===ニニニ=-=- ──  ̄
     _ -ニ=´::. ::::ヘ   ̄   ̄ ` -=-  __   ゝ::/:\ムヽr_ ',ニニノ / . -ヽ ̄
   _-= '    :.   ヽ l ヾ l   ///////ヽ  {::::::::ヽilヽ  /`¨フ_,ノ r-イ、
  /イ      :.    \    ///////ム//ハ  (:::::::r 'V l /  l  ゝイ_,r-ノ  できない子が初日マリ夫殴ってんのに
   /       :.     \ ////////// l///\ ゝ:ノ   Yl.{  ノ_ノ   _ノ
  ,    l         //////////// r- 、// ,   { /      /      投票してねぇのが全てだと思う。
  }            /// ィ///////////\_  // lヘ .v
  /     ゙ \  ヽ\/////l///////////////, - ' ノl| .l l   /    狂欠けで見てっから詰めて終わりでよ。
 l            //////i//////////////(_ ィ///l l l  _,/
 三=========== ///////lil///////////////l////lゝlゝ-::::::l }
できない子 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
博麗レーム 「できる夫狼ならどこ噛む?」
博麗レーム 「できない子視点、できる夫真はほぼ消えた形」
博麗レーム 「できない子噛んで
霊に2択やらせるかどうか」
博麗レーム 「どうすっかなんだよなぁ」
博麗レーム 「面白い展開になってきた」
博麗レーム 「さぁて」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
壇狩摩 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
4 日目 (1 回目)
できない子1 票投票先 →壇狩摩
たわし0 票投票先 →壇狩摩
博麗レーム0 票投票先 →壇狩摩
できる夫0 票投票先 →壇狩摩
海浬0 票投票先 →壇狩摩
壇狩摩5 票投票先 →できない子
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
できる夫 「ゲームが終わってしまえばその問も梅雨に消えるのですが、その発言は好きですね>だn」
たわし 「できない子狼には見えないんだよねえ」
壇狩摩 「一応そのスタンスはここではっきりさせたほーがええでよ」
海浬 「私が壇狩摩ならたわし吊りに人生をかけますけどね
残り2吊りでどうやったらどうにか詰むのかというと
できる夫人狼でしか詰まないのですが」
できない子 「できる夫かな(キリッ)>壇」
壇狩摩 「一応聞いとくができる夫とできない子、どっちかが偽だとしてどっちが偽だと思う?>全員」
海浬 「できる夫ーマリ夫で身内票なんてするのかな しないんじゃないですか
分かりませんけど」
壇狩摩 「そうじゃなぁ、正直できない子狩人に俺ァ全然見えてねぇんだけど
進行論としちゃ俺吊ってどーにか詰めた方がいいな。」
できない子 「できる夫の○吊るならたわしって言いだしそうなのはさておき」
できる夫 「ふむ、先日に似たような村は見ましたが、あんまり考えないですかね」
できる夫 「霊能と狩人が両方偽はまずなくて
で、狩人をきっちり噛めているパターン1点読みでの6人の日の飛び出し」
できない子 「私かできる夫の○(つまり壇以外)吊って明日壇吊り予約する
今日壇吊って続いたら明日どうしようって考える」
海浬 「たわし吊りかできる夫吊りか壇吊りでしょう?>路線」
壇狩摩 「あー、できない子真狩りなら確かにできる夫視点俺LWじゃけぇ」
博麗レーム 「ならまぁ壇吊ってかねぇ」
できない子 「路線が二つあって」
できない子 「私がLWで狩人騙りに出た(狩人が生存していれば霊能結果含めてほぼロラ路線)と
思うのは自由」
たわし 「できない子と壇狩摩が灰
占いと狩人が真なら壇狩摩吊ればおわり」
壇狩摩 「おー、●は嬉しいが霊能はもっと喋れ、1-1じゃけぇ欠け考慮で
射程圏内じゃぞお前」
博麗レーム 「ほー
残り灰は?」
海浬 「〇でも●でも占いに先に提出してもらいます、当然ですよね」
できない子 「できる夫真なら壇がLW」
たわし 「よーし」
できる夫 「理由
3日目昼にも言ったんですけど、占い方針を明言した=今夜は占われなさそうだな、で
完全グレー噛み入ったんじゃないのかという考えでこちらへ。
海浬 「●」
できない子 「出ないGJじゃないのですまんね>小傘」
できる夫 「占い師です 博麗レームさん○」
たわし 「霊能は?」
博麗レーム 「で、どっちが生きてる?」
壇狩摩 「あっこの俺ー博麗レームとマリ夫の対立軸でマリ夫吊れると踏んで
2wが便乗したなら狩人様が大活躍しねぇと覆せねぇんでよろしくなら
ぎゃはははははは!!」
できない子 「狩人CO
できる夫>できる夫>

狩人日記

一日目
できるわけがない!できるわけがない!できるわけがない!
さあ三回いったぞ!できるわけがない!
黄金の回転というやつを見せてあげよう(護衛成功とはいってない)

二日目 護衛先:できる夫
霊能を信じてないという意味でも
GJが出たら楽という意味でも
占い護衛で問題なかろ

三日目 護衛先:できる夫
投票的に狼吊れて無くない?ってのが一つ
(身内がないなら博麗のみで身内があるなら霊噛まない)
狼乗っ取りじゃなさそうだなって言って霊能護衛するなら
そもそも昨日の時点でGJ出たら乗っ取りじゃないなって護衛してる
霊能を信じられないのは変わらないので占い護衛続行」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
マリ夫さんの遺言    __                                          __
  (´(     ,r―――‐-y .,--,   r----y r----, ,-----、 ,r-ァ ,r-y     ) ヽ
  ヽ、`ヽ __ 一7 /'7  } / /  / / ̄  .//l  l´ / / 7 // /_/ / _  ,r´,r´
   ,/ / l (  /   ̄ <´/ /  / └‐ァ //_l  l / / '--' / _. / )ヽ ヽ ヽ、
  / (  ) ヽ, / /'7 / / /  ./ / ̄ //~~l .l / /./ ̄// / / ./ ノ (  )  ).
./l ヽ-、`''´ /___ー'_,ノ /__'--ァ/___'--ァ/_/  l_-'_'-'__ノ/__ノ/___'--y__ `~ ,--' lヽ
.l ヽ_ノ   .7∠ニニニニニニ フ--y〃/ / _ _┬∠ニニニニニニニフ/  ヽ,_ノ/
 ヽ,__,,,,,,7∠ニニニニニニフ  /   /    / ̄∠ニニニニニニフ /,,___,ノ
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
小傘さんの遺言 魔理沙噛みを考えてみた。
多分だけど狩人狙い。狩人狙いをするってことは
できる夫は非狼で結果真だったという想定。
わちきの結果はあっているから単純に真(結果真)なのかな?っていうのが今の推理。
小傘 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
博麗レーム 「お花摘みにいかなきゃ」
博麗レーム 「てか」
博麗レーム 「ま、なるようになるわな」
博麗レーム 「んじゃどーしますかねぇ」
博麗レーム 「ま、マリオォォォォ!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
マリ夫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
マリ夫5 票投票先 →博麗レーム
できない子0 票投票先 →博麗レーム
たわし0 票投票先 →マリ夫
小傘0 票投票先 →マリ夫
博麗レーム2 票投票先 →壇狩摩
できる夫0 票投票先 →マリ夫
海浬0 票投票先 →マリ夫
壇狩摩1 票投票先 →マリ夫
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
できる夫 「(この村の面々でグレコン噛みは、それ自体は有用だと思いますが2日目夜にするものではないんでは、って感想でした)」
できない子 「ただ霊能が狼乗っ取りだったらこれ絶対指定入れてる場面なのでとは思うんだなぁこのぐだぐだ間」
マリ夫 「俺は霊を吊らねえよ。そこが違う。」
小傘 「>できない子
結局どうするか決断は出さないといけないよ。
分からないっていうならそれ以外の場所を見て判断するしかないし。」
たわし 「指定はしないらしい」
博麗レーム 「勘違いすんなよ
灰噛まれたら絶対占い霊の対決って言ってる訳じゃない

灰噛まれで対決展開になったら
だいたい霊吊るって話だ」
壇狩摩 「ほぉー、対立勝負起こって欲しいで霊吊りが気にかかったと。
まぁ言いたいことはわかった。>マリ夫」
できない子 「>小傘
強く吊れる場所でもないので噛み位置としてはおかしいとはいえないし
投票していることを理由にもできないしねーこまったこまった」
マリ夫 「で、レームへのかばいだてでしょ?
レーム=壇あるんじゃないの?」
マリ夫 「いやー吊りたいけど吊れないなら噛むってグレーコントロールでありえるじゃん。」
小傘 「ちなみに、今更誘導しても遅いかもしれないけど
わちきとしてはできる夫残すとするならマリ夫の色を見てみたいかな。」
マリ夫 「ちなみに僕の理想はできる夫死亡からの霊能●結果でしたね。」
壇狩摩 「はん、占1で投票噛みなんぞするか狙って狩人噛みでよ、どんな位置だろーが
●一発でしまい。できる夫偽でも同じじゃけぇ。」
博麗レーム 「俺が挙げたルート以外にも
灰噛むルートもある
そういう話だな」
小傘 「>できない子
弱いね。可能性としてはあるんだけど
魔理沙噛みの意図がそれ以外の可能性は普通にあるから
噛まれてないから狼にはならないね。」
できない子 「>たわし
潜伏狂含めたらもうちょっと増えるぞ具体値には出ないけど」
マリ夫 「対立勝負が起こってほしいみたいな感じじゃん。」
できる夫 「ちなみに夜に占い先考えていたところでは、博麗レームさんはすぐ外して、魔理沙さん、小傘さんでどっちのがいいかなぁ、あるいは他か?って感じで思考しておりました。参考までに」
たわし 「ランより指定のがいいだろうね」
できない子 「あとそれ食らってたら(占いが狂でも狼でも)勝ち目が超薄い」
マリ夫 「◇博麗レーム 「できない子>霊乗っ取りなら占いだいたい噛むんじゃねーか?
灰噛みで対立勝負狙いだと
だいたい霊吊りそうだが」
これこれ。
灰噛み言ってるじゃん?
そっから霊吊り言い出すのがなんかなーって感じた。」
博麗レーム 「できない子>そのときゃ狩り抜いて占い噛むんだろ
乗っ取りなら乗っ取りでルート1つしかありません
って訳でもあるまい」
たわし 「できる夫の灰4だから、真なら50%でグレランで狼吊れる」
海浬 「特に真とも偽とも思わなかったという事なんでしょうね」
できない子 「>小傘
実は占い偽でたわしが囲われ狼なんだよ!理論とかあるけど
根拠として持ち出すには弱いからどうしよう」
小傘 「ちなみにたわしは知らないけどわちき○自体は合っているのは保証してあげるよ。」
壇狩摩 「ほぉー、どこか聞いてええでよ?>マリ夫」
マリ夫 「壇狩摩 1 票 投票先 → 魔理沙
で、これかね。」
たわし 「最悪3吊り3人外」
小傘 「>できない子
そうだね。どうしてたわしを噛まなかったのか?は割と大事そう。」
できない子 「>博麗
だから占い噛んでGJ食らったらどうするねんって言ってるのさ」
できる夫 「んーむ。狩人探してから抜こうって噛みになるから、「やべえ占われそう(ガクブル」って思わなかったのだろうか、って」
マリ夫 「噛みに関する発言がちょっと目についた<壇かりま」
壇狩摩 「魔理沙死体ィ?完灰じゃけぇ霊でも占いでもねぇでよ。」
小傘 「単純に魔理沙噛みが何の意図をもって?になるかな。
単純に○狙いならたわし噛みでいいと思うけどね」
博麗レーム 「できない子>ぶっちゃけ霊乗っ取り成功の場合は無理に対決しないで占い噛んで発言減らしてりゃいいんじゃねーか?狐いないんだし」
できない子 「本気で占い決め打たせたいのかなぁ
GJ避けだけならたわしでいいのでそこ噛みですらない意味を感じるべき?」
小傘 「魔理沙死亡なんだ。ちょっと変わった感じではあるね。」
マリ夫 「んー〇〇。グレラン継続より霊能の指定希望するんだぜ」
壇狩摩 「霊いないな、勝ったと言ったレームは初日の印象じゃかなりの村目でよ。
そこん投票はちょい気にかかる、つってもその一人は死んで今ァ、あー
まり夫だけだが。」
小傘 「>海浬
単純に人外が何のために霊能を騙るか?って考えるとだいたいは
・霊能乗っ取り
・霊能の昨日潰し
なんだけど乗っ取り見てないからいいとして
占い1の状態で霊能潰しても問題先伸ばしにするだけなんだよね。
だからそれで1-2にするってのはあまり考えないかなー」
たわし 「灰噛みと」
小傘 「おはよー」
できない子 「完全灰噛みに見えるが大丈夫か?」
できる夫 「理由
1-2になれば人外が喘ぐのはよくわかります。
が、発現量自体はある方でありながらその話題に終始していた点、得票0である点からここ占いですね。」
海浬 「〇」
マリ夫 「なんだぜ」
できない子 「◇博麗レーム 「できない子>霊乗っ取りなら占いだいたい噛むんじゃねーか?
灰噛みで対立勝負狙いだと
だいたい霊吊りそうだが」

占い噛んでGJ食らったら乗っ取った価値がないので
灰噛みでGJ出ないルート(とそう見せかける占い狼ルート)があるから。
そして対立するってことは占霊がどっちも生きてないと起きないから『めんどくさい』」
できる夫 「占い師です 小傘さん○」
博麗レーム 「おう結果は?」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
魔理沙さんの遺言                         /////////////////////////,∧: : : :}´ ̄ : : : : : : ヽ/ /
                     {///////////////////////////\メ: : : : : : \: : :///
                        ∨///////厂ム==弌辷艾////////\: : : : : : : : Y.//
                   / ∨///升/   /     `ー辷迅///// \: : : : : ///
                   /   λ/ 乙/    /        `ー辷迅/////ヽーく //
                   /   /  ∨//  _! 丶{ ム斗  \ `ー辷z///∧: : Y
             /   /     ∨  /__{`   Y__リ\}  \ヽ`ー辻///∧/
              く    イ     _ト、 {Yr ヾヽ ト、{んヽヽ|    ヽ}  Yて{//∧
               ヽ    \  (ノ_ヽ ヽ! ヒソ,  \ヒzソ ハ ノ / |   `て}// ∧
                    \ r‐く ノイ゙゙゙、____,゙゙゙ムイ  {   八_}ZZ///|
                    丶    }ヽ  ̄八 ├     ~ナ´ ノ    l  、ー==´///
                      \__ノ ノ  乂 \`ー/У`「 メ   、乂人  \ノ////<普通の魔法使いで村人だ
                    入_/     _f`Y´} メヾメr=≠──┐`ー─ ̄二ヽ
                   〉     彡イ,≠` 1ヾヽr==´      {   ー== \
                  \  ////ムイ λヽ-イ          ヽ ヽ   ̄ミー ゝ
                   `ー{/// {  { ヾ{ ∧          }  λ (ヽノ
                   ____ノ////乂ト、ト、λ//「 ̄`ヽ     /{ヽ(  `ヽゝ
              ∨//////////////////////`ヽ  \   _ソ
                   ∨////////////////////   \  }7フ
                  ∨//////////////////      /`7//
アカギヒゲさんの遺言 アカギ、意外にもこの惨状をスルー
何もせずただ茫然と立ち、そのまま帰っていく
魔理沙 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
マリ夫 「まりさ噛むぅ・・・」
博麗レーム 「ま、なら任せるさ>噛み先」
マリ夫 「グレコン考えりゃ魔理沙か小傘か」
マリ夫 「灰噛みが妥当よの。
でもやるならどこかーってなるんだよ」
マリ夫 「できる夫とやる夫は・・・そういう関係だから・・・!」
博麗レーム 「まぁ灰噛みか
勝敗度外視でいっちょやるってんなら乗るぞ」
マリ夫 「んー霊能噛みで占い真に見せない線はどーも行けそうだけど厳しそうな気もする」
博麗レーム 「なんだ占いと一発ヤりたいのか?」
マリ夫 「パコるってなんだよパジェロ」
博麗レーム 「どーすかね」
マリ夫 「狂人初日臭いなあ。占い不穏って吊らせるの基本的に無理そうだし狩人狙って占いパコってこ?」
博麗レーム 「狂人っぽい場所死んだなぁ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
アカギヒゲ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
マリ夫1 票投票先 →博麗レーム
できない子1 票投票先 →壇狩摩
たわし0 票投票先 →アカギヒゲ
小傘0 票投票先 →マリ夫
博麗レーム2 票投票先 →アカギヒゲ
アカギヒゲ4 票投票先 →博麗レーム
できる夫0 票投票先 →できない子
魔理沙1 票投票先 →アカギヒゲ
海浬0 票投票先 →アカギヒゲ
壇狩摩1 票投票先 →魔理沙
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
魔理沙 「小傘には投票はこの日は止めておく
村目っぽいしな」
壇狩摩 「かばち垂れっ前に言うが、どこで出るかわからんぞそれ。よっぽどの
読み合いと変態でよ。お?いいな? それはそれで愉快でよぎゃはははは!>GJ」
海浬 「8人って明日で明日もうできる夫さんは決め打ちを迫られているらしいんですが
そんな防御で大丈夫か?」
博麗レーム 「できない子>霊乗っ取りなら占いだいたい噛むんじゃねーか?
灰噛みで対立勝負狙いだと
だいたい霊吊りそうだが」
できない子 「1-0っぽい(ひとまず霊能が出るタイミングは逸した)と判断したはずのマリ夫が
霊能信じるだけに済まずに占いの方信じない動きしてるのが不思議なんだけど」
アカギヒゲ 「1吊り、たった1吊りだが
それが増えるかどうかで変わる
だがそう簡単に増えるもんかね」
魔理沙 「たわしの発言筋は後で精査するけど、まずは灰も見なきゃな…」
マリ夫 「そうでない限りできる夫は暫定真でいいんだよ。そうじゃない風に考えるのは明日以降。」
たわし 「わたしじゃなくてたわし>小傘」
小傘 「そうしたらできる夫はもし偽でも残せるしね。それだけね。」
できない子 「逆にこう」
できる夫 「あ、基本的に方針としては吊りは守り寄り、占いは吊りにくそうな位置(私の主観)って方針ですのでその点はご了承を。」
魔理沙 「霊能騙りには余り思えない
占いも正直不穏さは無いんだよな。まー投票と噛み見て考えたいかな」
海浬 「それはどうでしょうかというか
割と1-1になるくらいなら1-2でも見たいな発想で霊能COする人外もいなくは無いという説もありますが
ただ護衛ぶれまで込みで考えるならやはり1-2よりは1-1の方が(占いが非狼なら)
人外としてはいいんでしょうかね」
マリ夫 「だから8人で●出てそこ吊って霊能白ケースが面倒になるから明日判断なんだってばよ」
博麗レーム 「ま、アンタの信義趣向なら仕方ない
それで誰を吊るかだ>海浬」
小傘 「とりあえず、わたしが囲っていないなら2W灰にいる可能性も高いし
なるべく頑張って人外は落としたいよね。」
たわし 「1GJで吊り増えてほしいねー」
マリ夫 「ただ偶数のままなら処刑する意味はそこまでないし、奇数になるなら一日伸ばしてもいい程度の話」
魔理沙 「縄が12より少ないしな。だからグレーがちゃんと狭まった上での1-1は有り難いよ
>できる夫」
できない子 「>博麗
そこが対立したらめんどくさいのが一番だよ」
壇狩摩 「欠けん考慮したところで占欠けか狂人欠けなら話は単純じゃ。
まさかの狼騙りはよぉそこまで見ん。」
マリ夫 「8人でできる夫を処刑するかどうかだけど、それは明日の結果とできる夫の今日の発言次第。」
アカギヒゲ 「何を言っている、地獄の底に落ちてから本番だぜ?>できる夫」
小傘 「だから海浬は真で考えてるよ。」
小傘 「だって対抗出て1-2になったらロラされちゃうし、できる夫が真なら狩人吊れなくなって
噛むの難しくなるし」
博麗レーム 「つーか霊騙りなら占い真だろ
不都合は殆どないんじゃないか?
狼の乗っ取りだとヤベーぐらいか」
魔理沙 「白判定の1占いは真目で見たいな。その方が分かりやすい
だが、盲信はまだしないんだぜ?」
海浬 「勘違いした人外が霊能COしてくれる展開の方が好きなのでしょうが無いんですよ
ただ実際にはそんなことはありえないと言っていいほど無いのが現実なんですが」
できる夫 「いえいえ、非人狼=人間ですから、ちゃんと人間らしく「さん」付でないと>たわしさん」
マリ夫 「祈りじゃなく合理的思考だよ。
真ー真路線で基本的に構わない。
囲があって困るケースは占い初日狂人潜伏のみだけどそれなら分かる形になるからいい。
そうでないケースの場合灰狼1は確実にいるので真ー真でいい」
できない子 「雰囲気見て>マリ夫」
できる夫 「11人って割りと鉄火場になりやすいのでちょっと胸を撫で下ろしている、というのが本音ですね」
小傘 「単純にこれは占い1見えていたと思うんだ。仮に海浬が人外ならね。
そうなると占い1見えてるってことは霊能欠けてないのはかなり見にくいだろうから
そうそう偽でCOできるとは思わないんだよね。」
壇狩摩 「ほーん、素直すぎて逆にたいぎぃ話でよ。
ま、そんならそれなりの進め方をするだけなら。」
アカギヒゲ 「できる夫がキーで考えておけばいいのさ
盲信するか明日殺すか、それが博打ってもんだろ」
たわし 「たわしでいいよ>できる夫」
博麗レーム 「なんだよいるならいるで大きく出ろよ
勘違いしたオッサンが恥ずかしい想いすんだろ」
魔理沙 「挨拶も挟んでるから不穏って速度でも無いしな
>小傘」
できない子 「>マリ夫
それはただの祈りでは?」
マリ夫 「霊能のCO位置的に乗っ取りためらった感じはあんまりしないけどどこ見て?<できない子」
小傘 「霊能はいるね。海浬がCOしてるよ。タイミング的にも偽にはわちきは全然思わないかな。」
できる夫 「おめでとうございます、非人狼だと証明されましたので、「たわし」はこれから「たわしさん」になります」
壇狩摩 「お?ええんかええんか? このままできる夫が真じゃったら鉄板護衛の
平押しで終了じゃけえ?」
たわし 「驚きの白さ!」
海浬 「1-1は一番期待外れな進行ですね」
マリ夫 「1-1でしたか・・・では真ー真であると考えつつグレラン進行で」
できない子 「1-1だった、乗っ取りっぽいとは言わないでおこう(思ってないとはいってない)」
魔理沙 「じゃグレランからだな」
博麗レーム 「よし、霊いないな
勝った」
アカギヒゲ 「やはりな」
魔理沙 「あ、出たな。1-1の白進行か」
小傘 「1-1だね。とりあえずグレランしかないね。」
アカギヒゲ 「こういうとき霊能いないといいなと思ってると
霊能が出てくる、知っている」
博麗レーム 「なんだ占い一人か
霊いないといいな」
マリ夫 「1-0は・・・笑いますね」
できない子 「1-0っぽくない?」
魔理沙 「霊能は?」
小傘 「パージェーロー!」
できる夫 「理由
明らかに非人間なので人外ですねッ!(謎理論」
海浬 「それでは霊能者であることを宣言します。」
たわし 「おはわし」
壇狩摩 「おはよーさん……と」
できる夫 「占い師です たわし○」
海浬 「はいおはよう。」
できない子 「ワンチャンス3-2にならないかな」
小傘 「おはよー」
マリ夫 「なんだぜ」
アカギヒゲ 「始めようぜ、無意味に殺しあう博打をよ」
博麗レーム 「そんじゃ結果を聞かせてもらおうか」
魔理沙 「おはようなんだぜ」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やる夫GMさんの遺言 なぜこんな村になっちまったんだお
やる夫GM は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
博麗レーム 「してもなぁって感はある」
マリ夫 「用意するってのかぁ?!」
マリ夫 「3日目以降はどうすっかね。
狩人日記の用意でもしておくかぁ?!」
マリ夫 「2日目●貰ったら黙って死ぬんで霊能頑張って噛み殺して占い吊らせる感じでひあうぃごーして。」
マリ夫 「今日はなんかだらだらとしたい気分」
博麗レーム 「あいよ」
マリ夫 「全潜伏で。」
博麗レーム 「さぁてどうすっかね」
マリ夫 「かくなる上は仕方ない・・・。」
「◆やる夫GM GMがスバルだと一体いつから錯覚していたお……
GMはスバルだお!!!!!
皆頑張るんだお!!!!!」
博麗レーム 「知ってた>狼」
マリ夫 「くっ・・・!やる夫GM狂人か・・・!」
出現役職:村人5 占い師1 霊能者1 狩人1 人狼2 狂人1
ゲーム開始:2019/06/26 (Wed) 21:26:50
マリ夫 「開始ィ!」
マリ夫 「5」
マリ夫 「1」
マリ夫 「3」
マリ夫 「はじめないのか・・・?」
魔理沙 「まともな奴いねーじゃねえかw」
マリ夫 「はじめるのか・・・?」
小傘 「そもそも、おしりでワープするような人がまともなんてありえないよ。」
マリ夫 「はじめるか・・・・?」
魔理沙 「改めて宜しくな」
壇狩摩 「よろしくでよ、博打ィ? 俺の一人勝ちでしまいなら、ぎゃはははは!」
マリ夫 「これは・・・」
できない子 「>魔理沙
いじめないよ、ただ校舎裏に呼んで私は帰るだけだよ」
小傘 「一番まともじゃないとわちき思う!」
魔理沙 「お、11人になって狩人入ったんだぜ」
やる夫GM 「時間になっちまったお
皆丸太は持ったならカウントしていいお!!」
アカギヒゲ 「むしれるだけむしってやる」
マリ夫 「こんなまともな人間他にいないじゃないか」
小傘 「博打なんてしないよー!?」
壇狩摩 が村の集会場にやってきました
できる夫 「ジー」
アカギヒゲ 「悪くないな」
マリ夫 「小傘くん!僕を見てごらん!」
魔理沙 「小傘をイジメ隊がまた増えちゃったんだぜ…あちゃー」
アカギヒゲ 「校舎裏で博打か」
小傘 「ひぇっ!?」
できない子 「私をまとも扱いしなかった小傘は校舎裏」
魔理沙 「後2人位来ると良いけどな」
海浬 「こんばんはー」
海浬 が村の集会場にやってきました
マリ夫 「どういうことだ・・・?
マリ夫村なのにマリ夫が来ない・・・」
アカギヒゲ 「流れがあるうちにとにかくすすめ」
魔理沙 「できない子も加えてあげよう
>小傘」
ワリ夫 「ワリ夫 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ワリ夫 → マリ夫
アイコン:No. 9979 (やらない夫07) → No. 4882 (やる夫3)」
魔理沙 「折角なんだ、総勢で11人以上は欲しい所だな」
アカギヒゲ 「延長時間ぎりぎりまで進もう」
小傘 「魔理沙!やっとまともそうな人が来たよー!」
できない子 「募集:八人に分身できる人」
魔理沙 「魔理沙 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 12 (霧雨 魔理沙) → No. 2328 (霧雨魔理沙 )」
ワリ夫 「俺が二人分になる。」
魔理沙 「こんばんわだぜ。名前が面白い事になってる奴がいるな」
マリ夫 「マリ夫 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:マリ夫 → ワリ夫
アイコン:No. 4882 (やる夫3) → No. 9979 (やらない夫07)」
やる夫GM 「なお延長して人が来るかはわからないので影分身の術を使えるゴレイヌが来ることを期待します」
たわし 「延長了解たわし」
魔理沙 が村の集会場にやってきました
アカギヒゲ 「地獄に落ちてからツッコミ入れりゃいいのさ>やる夫」
やる夫GM 「5分延長するお(きりっ」
できない子 「>GM
手がつく所から全部だ、この村に突っ込み役は一人しかいないんだから」
博麗レーム 「弱いトコ見せちゃ吊られるのさ
残酷だがそれが人狼なんだよ」
小傘 「なんでも化けるなんてまるでぬえみたいだねー」
できる夫 「クリエイティブな要素のあるゲームが流行るというのも面白いですね
課長がマリオメーカーのプレイするやつは観ましたよ」
たわし 「わしわし」
マリ夫 「https://www.youtube.com/watch?v=PDSkFeMVNFs」
博麗レーム 「小傘>今回は人狼退治だ
もっとも奴等は何にでも化けるらしいがな」
やる夫GM 「お前らどっからツッコミ入れればいいんだお……」
アカギヒゲ 「いったん潜っちまえばいいのさ、残機0という地獄にな」
マリ夫 「それはOPが終わるまでの短い時間でしかない。
その間に・・・村を始めるんだ!」
博麗レーム 「捨て身の気合い避けが必要な状況は、訓練に訓練を重ねたテクニックで補え

そして忘れろ、コンテニューを」
マリ夫 「いいかやる夫。僕たちが一つであるためには時間制限がある。」
小傘 「妖怪退治!?わちき何も悪い事してないよ!?」
できる夫 「どうも」
アカギヒゲ 「狂気の沙汰ほど面白い」
できる夫 が村の集会場にやってきました
アカギヒゲ が村の集会場にやってきました
博麗レーム 「いいか覚えろ
博麗は殺し合いなんてやらない
やるとしたら一方的な「妖怪退治」」
小傘 「えっ…!?わちき知らないよ!?」
やる夫GM 「小傘
同郷の人がきたみたいだお相手してあげるんだお」
マリ夫 「                 ____
               /      \
             /  _,ノ   \ \         ___
                /    (●)  (●) \        /      \
            |        '      |    /  _ノ  ヽ、_ \
           __∠\        ⌒     /,_  /  (● )  (● )  \
         《〈〈ゝ´            \ `ヽ|      (__人__)      |
         {    /             |、 ヽ  \    ` ⌒´    /
          ヽ___ ノ!           l ー‐ヽ             ⌒ヽ
                l          l     i               、 ヽ
博麗レーム が村の集会場にやってきました
小傘 「がーん!わちきショック……」
やる夫GM 「マリ夫の流れが強烈なので驚けねえお……」
できない子 「いやイケメンでも嫌だったわ」
できない子 「やだよ!!なにが悲しくて饅頭と君の名はするんだよ!
イケメン連れてこい!!!私の美少女さにふさわしいくらいのイケメンを!!」
小傘 「おどろけー!」
小傘 が村の集会場にやってきました
やる夫GM 「できない子ならおにゃのこだから
入れ替わって君の名はができるじゃねえかお」
できない子 「こちとらか弱い女の子だぞ!!!!!」
できない子 「それを言ったら私にどうやって止めろと申すかおぬしは」
やる夫GM 「やる夫にどうやって止めろっていうんだお!?
まだたわしに削られたほうが止まりそうだお!!」
マリ夫 「あと1ピースでパズルが完成するんだ だけどその1ピースを不良の城之内君に取られちゃって」
たわし 「こんばんは
わたしはたわしです」
たわし が村の集会場にやってきました
マリ夫 「ちょっと待ってくれお!」
できない子 「同じ顔した人が止めるべきでは?」
やる夫GM 「できない子よくきたお
このマリ夫を止めるんだお!!!」
できない子 「よろしく」
できない子 が村の集会場にやってきました
マリ夫 「https://www.youtube.com/watch?v=PDSkFeMVNFs」
マリ夫 「村の名は」
やる夫GM 「君の名はじゃねーんだお!?」
マリ夫 「私たち・・・いつの間にか・・・入れ替わってる!?」
マリ夫 「!?」
やる夫GM 「いやいやいや顔は同じだけども!?」
マリ夫 「僕は君だよ」
やる夫GM 「なん……だお……!?」
マリ夫 「マリ夫 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 9936 (やらない子03) → No. 4882 (やる夫3)」
マリ夫 「いやっふー。」
マリ夫 が村の集会場にやってきました
やる夫GM 「20分開始だお」
やる夫GM 「禁止事項】
 村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼COを除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、意図的突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ、人外の村人騙り騙り(狼、狂人、狐問わず、役職CO後からの撤回村人COの禁止、村人騙り禁止であるため)

【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み

【参加者全員へ】 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
 投票延長は1日1度まで,,遅れる場合は名指しで警告します 遅くとも2:00過ぎまでには投票しましょう
 ※狼の夜中の会話or共有の夜中の会話ではOKです。
 また、処刑投票の際の突然死は、いかなる場合であっても続行と致します。
 夜投票の際の突然死は、ノーゲーム処理と致します

【観戦者の方へ】 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。

 https://t.co/xmYEix5WhC」

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → やる夫GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 4882 (やる夫3)」
村作成:2019/06/26 (Wed) 20:54:35