←戻る
【紅番外】やる夫達の初心者村 [6998番地]
~青獅子~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 4 分)[5:4]初日の夜は身代わり君身代わり君は GMトリップ必須自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 黒の剣士GM
(生存中)
icon 大妖精
(生存中)
icon チルノ
(生存中)
icon 博麗霊夢
(生存中)
icon 霍青娥
(生存中)
icon 八雲藍
(生存中)
icon 小悪魔
(生存中)
icon ルーミア
(生存中)
icon 竈門炭治郎
(生存中)
icon ジークフリート
(生存中)
icon 中国人
(生存中)
icon 琴葉茜
(生存中)
icon ノッブ
(生存中)
icon シャックス
(生存中)
icon アスナ
(生存中)
icon ベルンカステル
(生存中)
icon 天子
(生存中)
琴葉茜 「じゃあお疲れやで&村建感謝」
琴葉茜 「チルノには即で票替えたけど(発言的に狩人0と思ってたし)
まぁやっぱ途中で霊夢真あるかもね、って言ったら吊るすわなぁみたいな。個人的にはそこでアウトかなと」
シャックス 「それじゃあ私もおちるおちるー!お疲れ様でしたー!」
シャックス 「炭次郎にはなんだか投票入れやすそうな雰囲気だったから…()
まあ、あそこで吊れていてもそこまで変わらなかったかなって思うけど!」
天子 「んし、それじゃあ私は帰るわ
おつかれー ノシ」
シャックス 「そだねー。3票合わせられるのは強いし今度は初日から組織の相談してみようかなー>師匠
今回みたいに初回のグレランで吊られると苦しいのは確かなんだしね」
琴葉茜 「;;>炭治郎」
シャックス 「信用は藍がそこまで占い慣れていなさそうなところもあって選択肢になかったなぁ>霊夢
どちらにしろ真占いは噛める時に噛んだほうがいい

それはそれとして吊れそうなチャンスがあるなら吊りに行くのも乙だよ!」
竈門炭治郎 「茜さん>尚、三人から入れられた奴もいる
「あれ、そこチルノに入れてたっけ?」」
ノッブ 「ではお疲れじゃ」
博麗霊夢 「それじゃあお疲れ様。GMと村の皆はまた会いましょ」
琴葉茜 「チルノに身内入れるんやったら一言誘導入れとったら大分村目になるで」
竈門炭治郎 「シャックス>まぁ初日から大幅に偏ることはあれど
三票固まれば引き分けからの運次第で助かる可能性も出てくるから
ある程度適当だったり勘で割り振りもあり」
博麗霊夢 「即噛まれるなら信用勝負で無く潜伏勝負で逆なら信用勝負で睨んでたわ
>シャックス」
黒の剣士GM 「それじゃお疲れ様だ
皆きてくれて感謝だ」
小悪魔 「では、お疲れ様でした
村建て同村感謝です

よく考えたら飼い狂人は初めてかな?」
ノッブ 「結局結果論じゃけどなあ>霊夢
自分が狼のときの思考を晒しているだけじゃし」
アスナ 「それじゃお疲れさま、またねーw村はありがとーw」
霍青娥 「村はお見事でした
皆様お疲れ様です、村建て同村ありがとうございました」
竈門炭治郎 「それじゃお疲れ様
GMは村ありがとう」
小悪魔 「狐は最後に尻尾が見えた
投票してしまったのがいけなかったかなぁ…」
シャックス 「組織はあんまりやりすぎると見られちゃうのがなー>師匠
というか発言みないと投票が集まりそうとか見れないし」
ノッブ 「ぶっちゃけわしが狼でも流れでチルノに入れたというか
似たような状況で身内で狼を吊り殺したことを思い出したわ…」
大妖精 「ではお疲れさまでしたー」
黒の剣士GM 「まーよくがんばったと思うよ
狐かみなかったらどうしようもなかったとはいえどもだ」
大妖精 「絡む相手が最初にいなくなるというのはやはり少々やりにくいものがありましたけど
結果的に初手で狼が吊れ、霊夢さんが噛まれたからこそここまで生きたんですよね」
博麗霊夢 「私狩人だと狼位置になってる占いか霊能かしらね。霊能護衛も凄い有手だわ
>ノッブ」
シャックス 「私が身内しているし狐狙い以外ならなんとでもなるなるー、と思っていたのが即噛み理由だよ!>霊夢

なお、ふわっとした感じに目をつけられてはい」
天子 「ルーミアと茜は……2択外した結果なのよね
ふふふふふ………orz」
ノッブ 「真贋が見えてない状況ならば霊能髪もあるという話じゃよー」
竈門炭治郎 「シャックス>まぁ真噛みやすい構成になったのは偶然だけど
初日組織準備はしても良かったかな
ってのは結果論だけど」
博麗霊夢 「そのケースも想定で人外二人とトレードとは言ってたからしゃーないなあってね
>天子」
大妖精 「私は途中自分が狐であることを忘れていました」
小悪魔 「どちらにせよ、ルーミアさんは噛まれ位置ですし…
何故か投票先が噛まれていったのは笑いましたが」
琴葉茜 「信用勝負する気ないなら初日で真贋付いてるし噛むやろー」
ノッブ 「別に霊夢護衛でもいいんじゃよそれなら?>天子
霊夢が狼なら、狂人を噛むかもしれないで霊能噛み行くかもしれぬし
あ、もしかしたら霊能護衛が一番かもしれぬ、あの形じゃと
流れ次第じゃろうけど」
博麗霊夢 「久しぶりに占い12以上に引いたのに即死はw」
天子 「藍真狼までは読んでたのよ?
ただ、霊夢の位置的に○あるし、噛まれれば対抗2人破綻できるから
噛まれてもダメージ少ないかなで・・・」
霍青娥 「>ノッブ
私は結局大妖精見れなかったので純粋に彼女が強かったです」
博麗霊夢 「人外2人とトレードになるのよね、あそこで即噛まれると
>天子」
シャックス 「うぐぐぐっ…。優柔不断でグレランし続けるか相性が良ければ何とでもなるけど
ならなかったらどうしようもというか身内とか考えずにやったのかーというか

いいのいいのー。こういうのは吊られちゃったこっちがだいたい悪いしね!!!>八雲藍」
八雲藍 「もうアスナをビビらせられたのでそこだけは満足だ。ではお疲れさまでした同村村建てありがとう」
黒の剣士GM 「いやいやなんだかんだ
潜伏人外の息の根止めまくってるだろアスナ
俺とか関係なく頑張ってたじゃないか
いや確かに祈ってたけど」
天子 「初手噛みは割と噛めると見てあの位置で霊夢真なら噛まれる>霊夢」
ルーミア 「今回全く頭動いてなかったのだ・・・」
ノッブ 「いやいやすまんな>青娥
わしももうちょっと大ちゃんに気をつければ見つけられたかもしれぬし」
大妖精 「思ったより長生きできました」
博麗霊夢 「あの初手護衛は仕方ない
>天子」
アスナ 「キリト君に5回くらい祈ったのが勝因よ」
シャックス 「おつかれおつかれー!アスナ一人に負けた…!!!」
霍青娥 「>ノッブ
あまりにもふわふわした殴りで申し訳なかったですが
狐の代わりに自分が死ぬわけにもいかなかったので少し無理やり喋りました…」
竈門炭治郎 「お疲れ様」
博麗霊夢 「狂人と狼相互占いで位置悪くなったけど、初手噛みするのは予想外だったわ()」
ノッブ 「いやあ、それだけ真剣に遊んでいたということじゃろ?>青娥
わしも大ちゃん狐の感覚は少しあったけど、どっちだあ?ってなっておったしな」
八雲藍 「仲間狼と狂人には申し訳ない」
小悪魔 「頑張れば4-4で引き分け行けたかも…なぁ」
天子 「完全に裏目しか引いてない狩人でしたーorz」
アスナ 「やっぱキリト君が村にいると勝てるってそれいち」
琴葉茜 「おつかれさんやでー」
黒の剣士GM 「お疲れ様ー
アスナ無双だったな、うん」
ベルンカステル 「おつかれさま。」
天子 「お疲れ様―」
博麗霊夢 「お疲れ様。ついて無かったわ…村は勝ったけど…ね」
アスナ 「お疲れキリト君!!!!」
大妖精 「残念、しょうがないですね」
ノッブ 「お疲れじゃ!
村同士で最後殴っておってすまんな!」
大妖精 「おつかれさまでした!」
天子 「これは・・・蝉ドンによる結婚」
小悪魔 「お疲れ様ー」
霍青娥 「>ノッブ
こちらもすみませんでした」
八雲藍 「お疲れさまでした」
博麗霊夢 「グレランの所で大妖精指定予想だったわ()」
八雲藍 「もうしたぞ」
ゲーム終了:2019/08/17 (Sat) 23:10:53
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
八雲藍 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
9 日目 (1 回目)
霍青娥1 票投票先 →八雲藍
八雲藍2 票投票先 →霍青娥
ノッブ0 票投票先 →八雲藍
ノッブ 「では、投票するぞ?」
ノッブ 「わしだと8割青娥に入れておったからいい共有じゃったよ!」
霍青娥 「アスナお見事でした、投票しますね
ノッブ 「ほう大ちゃん狐か
強かったな」
八雲藍 「畜生!負けだよさあ殺せ」
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
大妖精さんの遺言                        _ /\/ ̄ ̄ヽ
         ,.   ´ ̄> 一'´   〕/  /⌒マ′
      ,   ´   ,.  ´      ヽ  i 〃/    ハ
      /     / / {    ′  丶| / /     }
    ′     / //  厶  i ‐=+x ゝ------- < _
   /     ,′// // 丶 {   j\ 、\ ゝ 、     \ `ヽ.
    {       { ,イ {   仏=x\  厶==x 、 `<__`ヽ、  ヽ ,ハ
    、    从{ 、  {/r'::}  \{ r':::ヾト ー一'´  ミx  ヽノ
    丶    |l 、,ハし′   、__,ノl \}    \ }   }
          人{\仄 xx r‐┐ xx∠ハ   ̄`ヽ V/}ノ . ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶_
             ハ >x`ー′ , イ ,人 ー - -x.ノ  /  <  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ >'´
              { ト、広>' 〕ァ_´jヽ{    ` ー < ′/ , -‐x  }       ./
                乂´{/{__rュ{   _ ゝ------<ニヾニフ    }  /      /
              {  r '7 ハ ヾ;´-‐'´ ̄∨ /  \ \     ムイ    /
            ヽ人/{_,ハ} {       } ′     \}         /
              /{::::::::::::::::しヘ ∠  /              /
         ,    / ヽ:::::::::::::::;く`ー=ァi´ r─ 、            /
   。。 トヘ/{__ /  ハ::::::::::::/ `ァ´::{ ̄     ` ‐------‐ ´
   %⌒ヾ√⌒)  / 厶-‐ ´ /::::::彡、
   'イイj爻マ⌒)彡 ´   x≦三:::::::::::::::> 、__
     ‰㌻r‐' `′,. <〔::::::::::::::::::::::::::´:::::::::::::::::::::::::: ̄
     (/´ゝ-- ´    ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
アスナさんの遺言 キリト君助けて!!!!!!!!!!!!!!!
アスナ は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
八雲藍 「へいへい共有びびってるー!」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「キリトのいる場所におくってやるというのと狂人いるわけないがバグでいるかもしれないので共有を噛むぞ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆黒の剣士GM とりあえずお願いシンデレラをBGMにしてあげるから落ち着け」
八雲藍 「ところどころ共有の小声が大文字になってて笑う」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「早噛みしないのは噛んでいいかわからないのでな」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「さあ!」
八雲藍 「びびれー」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「アスナのばかー!」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「引き分けみえたと思ったのに!」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「くそっ精々朝までたくさん吠えて共有をビビらせてやろう」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「キリトーアスナのペアの前に敗れ去ると考えると敗北感2倍なんだが?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「狐は噛んですまんな」
八雲藍 「キリトが力を貸すからこんなことになる」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「見事だ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
大妖精 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
8 日目 (1 回目)
大妖精3 票投票先 →霍青娥
霍青娥1 票投票先 →大妖精
八雲藍0 票投票先 →アスナ
ノッブ0 票投票先 →大妖精
アスナ1 票投票先 →大妖精
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アスナ 「指定:大妖精

チェックメイトよ、キリト君!!!!!!!!」
八雲藍 「力借り過ぎ」
霍青娥 「>ノッブ
比較論なのでそこはすみません
ノッブ 「総合で見てそっちと思っただけじゃよ」
アスナ 「いくわよ!!!!キリト君!!!!力を貸して!!!!!(5回目」
大妖精 「無いって断言されたら
何で?っていう気でいました>ノッブさん」
アスナ 「正直二択!!!!二択!!!!外してたら本当ごめんね!!!!
でもシャックス吊りした私を信じて!!!!

あとキリト君!!!力を貸して!!!!(四回目」
ノッブ 「ヘイトヘイトっていうが
どのあたりじゃよ?
その当たりの思考が全く見えぬ」
八雲藍 「流石にそれを答えるほどお人よしではないのでな。」
大妖精 「わかりませんね…?」
霍青娥 「>ノッブ
あの質問のあと、ですね
すみません」
ノッブ 「いやな、お主が狐でかまれたもないとは言わぬよ>大ちゃん」
大妖精 「票の数的に、吊り易きを狙うのであれば私ではなく青娥さんに向かうんじゃないかとは思っていましたけど…?」
アスナ 「キリト君!!!!力を貸して!!!!(三回目」
霍青娥 「ノッブの吊りたい要素はこれまでに言った通りヘイト気にしてるかな感が他より強く見えたこと

大妖精はチルノ●への触れ方が勝ちルートを組み立ててた狐ある?
ぐらいです」
アスナ 「そうね、ところで私は二択なのだけど貴方はどうだった?昨日の夜まで?>藍」
八雲藍 「お前の指定を見届けてやろう。さあ勝負だアスナ」
ノッブ 「いや、わしはまったくスルーしておらぬが?>霍青娥」
大妖精 「ノッブさんがそこでそっちにいくんですか…」
八雲藍 「ふむ。では勝つしかないな>アスナ」
アスナ 「そうよ、つまり同陣営よ>藍」
八雲藍 「キリト村人ってほぼ確定しているな」
大妖精 「なのでとっても悩ましいです…」
ノッブ 「朝一からして死体なしが出るかもしれないとわかっていて
文章を作ってるように見える」
アスナ 「キリト君!!!力を貸して!!!!(二回目)」
大妖精 「青娥さんだったら
天子さんとやり取りしていた時にもう少し強く吊りを薦めても良かったんじゃないかとは思うんですよね」
八雲藍 「アスナはずせはずせ~」
ノッブ 「狼が噛みそうな方なあ
狐狙いなら青娥じゃろうなあとは思っとるが」
アスナ 「狐ギドラCOはしていない、偽ね>藍」
アスナ 「今から剣術の勝負にしない?>藍」
八雲藍 「ちなみにアスナ狐だったぞ」
大妖精 「ノッブさんについては昨日も言った通りなので
今のところ消去法で青娥さんになっちゃうわけですが」
霍青娥 「3回もできませんよと言いつつ思考筋は大妖精が好き
ただ二人とも私狐は有り得るのにスルーされてる感」
ノッブ 「いやな、本音を言うと
そこ二人とか青娥のほうがと思ったけど大ちゃんも頑張っておったしで悩んでおる」
八雲藍 「勝負だアスナ」
アスナ 「ジーク!!キリト君!!力を貸して!!!!!!」
アスナ 「今からここは私の探偵村になるわ」
大妖精 「まず少なくとも
藍さんに狐はないでしょうねと」
アスナ 「じゃあ指定します
理由、そりゃ狼が狐吊れないように投票して実質組織るから」
ノッブ 「霍青娥と大ちゃん?」
霍青娥 「狐いると…」
八雲藍 「グレラン3本勝負!」
大妖精 「狐探しですか」
霍青娥 「平和が出ない限り藍吊って終了
平和ならノッブか大妖精吊り

これまでは吊りたい順:ノッブ>大妖精で見てたけど見直します
6:4で大妖精をやや村寄りで見ます(もちろん両者村の可能性も当然ありますが優先度、って意味で)

…これで占い狐交じりならこの無能邪仙!中国製!と貶してどうぞ
アスナ 「つまり中国人はやっぱり無実だった、くっ、残しておけばっ!!!」
大妖精 「おっ?」
ノッブ 「なんじゃ
マジで狐が残っておったのか」
アスナ 「それじゃ狐探し、ファイ!!!!」
八雲藍 「きたわ」
大妖精 「おお外ししました。申し訳ないです…」
大妖精 「おはようございます」
アスナ 「きたわね」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
小悪魔さんの遺言                       /`\
     ,!      _,,,. --─- 、..,   /::::/ヽ::::',
   /:.!   ,. :''´:::::::::::::::::::::::::__、:::`'|::::/\. V:|
  ./:::::ゝ、,.:'_:::::::::::::::::::::::::::::::::':::::ヽノ;:イ-‐-ヽ|/
  /::::::::::ァ'´::::`ヽ::::::::::::::::::::く`ヽ::::::::Y:::::::',
  |/`7:::::i`>'::!::::::::::;:::::!_:ヽ::!:::::::i::::::::::i
  レ'^'7:::::/:::!-‐ハ:::::::/!:::/!_」_`,ハ!::::::!::::::::::!
    i:::::,'::::::!ァ-、|/ 7´ , -,、ヽ !::::::|::::::::::!
    |::::|::::;7 i´ハ     i   ハ !|:::::::|::::::::::|
    |::::!::;ハ` '、,リ     '、_,rノ .!:::::::!::::::i:::|
    |::::'´!7⊃ ´  ' __   ⊂⊃::::::|:::::::!:::!
    !::::::::|ゝ、,    i´ `ヽ ,.イ:!:::::;ハ:::::ハ::| ト、
    .!:::::::|八:::`i7ァー--r '/`ソ、|:::/::::レ'`ヽ! |::i\
     '、:::::|:::/\!へ;:イ'!/ /:::::レ'`ヾ、    /:/  ' ,
      \|/  ,ハ/´/レム  /::::/    ,iーイン  ,  i
         /::/i ,!::::!ハ」`::::::i、  _r' \'⌒ヽ./   !
          |:/ 〉 ヘ:::∨::::::::::Vヘ´    ´` 、_,!/)_/
       _  !' /   〉:i:o:::::::::::`ハ     // ' ノ、
      '、``/7´   く_/!:o:::::::::::::::::::>、    | |つ ´ く
      _〉 '、'、__//:::::`'ァー--‐r'´、::`'、ー‐'"´ ̄` '´
      `'ー‐./:::/::::::::/::::::::i:::::::';:::::\:::Y⌒゙'ー-‐l>
お疲れ様でしたー
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「大妖精噛みそうだ」
八雲藍 「うーむ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「うむ迷うな…どうせどちらも村なんだろうが」
八雲藍 「霍青娥狐だと思っていたが、狼に対する殺意高いだけかもしれないな
大妖精も小悪魔吊り賛成しておいて小悪魔狼で見ていたりして怪しくなってきた」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「ノッブは流石に狐ないと思うのだが」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
小悪魔 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
7 日目 (1 回目)
大妖精1 票投票先 →小悪魔
霍青娥0 票投票先 →小悪魔
八雲藍0 票投票先 →アスナ
小悪魔4 票投票先 →大妖精
ノッブ0 票投票先 →小悪魔
アスナ1 票投票先 →小悪魔
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
霍青娥 「ノッブか大妖精が狐ならそこが強かった、で終わりです
狼にチャンスは与えてはいけません」
アスナ 「これが本当の暇人よ」
アスナ 「占い霊能狩人共有ギドラCOよ……ここに置いておくわ……
もしこの村でリプレイが作られたら

私は栄誉ある共有ギドラというまとめをもらえる」
八雲藍 「まあ一応言っておくがわたし狼だ」
小悪魔 「毒ですね>暇な役職」
大妖精 「たぶん狼狂の
小悪魔さん狼だと思うんですけどねー」
アスナ 「真の暇な役職ってやつをね」
アスナ 「教えてあげるわ、小悪魔、藍」
霍青娥 「狐把握してるのは占いに混ざってるパターンだけですが
私は切ってます(くどくてすみません)」
大妖精 「確定人外の言葉なんて
消し忘れたカーステレオくらいに思っておけばいいです>青娥さん」
八雲藍 「ではわたしも頑張って探そう」
ノッブ 「狐がおると考えるなら狂人はCOして引き分け道具探しをと言っておるんじゃけど
こうなると、狐混じりじゃないかという気もするんじゃよなあ」
八雲藍 「ふむ」
小悪魔 「生きてる気がしてるんですけどねぇ>狐」
小悪魔 「実際」
霍青娥 「騙りの発言は気にする気ないです
狼に勝てるゲームで無理をして負ける方が私は嫌です
アスナ 「犯人の年代は10~50代、男か女、朝ごはんはたべているかもしれないし、食べていないかもしれない」
小悪魔 「そういう意味なら、どこが狐なんでしょうかねぇ」
大妖精 「私抜けてるなぁほんと」
八雲藍 「いるかもしれないし、いないかもしれないな>小悪魔」
小悪魔 「狐がいるかどうかだけど、どう考えます?>藍さん」
ノッブ 「指定は共有の好きな方で構わぬよ
むこうが何も言わぬなら」
大妖精 「あーそっか
狐混じってる可能性ありましたか(今更」
霍青娥 「了解」
小悪魔 「あ、そうそう」
大妖精 「>小悪魔さん指定」
大妖精 「いいと思います」
大妖精 「んー
私はノッブさんは信じます
あれ以降怪しい点もありませんでしたので」
小悪魔 「んー?」
ノッブ 「で、占い二人はどっちがなにかも言う気はなしと
狐混じりあるかあ?」
アスナ 「まあ指定は小悪魔ね。」
八雲藍 「天子…そういうこともあるさ」
霍青娥 「ではアスナが占いのどっちか指定して吊りと」
ノッブ 「普通に入れるか悩んだんじゃけど!」
霍青娥 「天子狩ですか、疑ってすみません…」
ノッブ 「天子はあの状況なら狩人COしてもよかったんじゃけど」
小悪魔 「さて」
アスナ 「物凄い裏目ってるwwwww>天子」
霍青娥 「ノッブ>天子>他 ぐらいで吊りたかったので
狐不在を願う以外無し
大妖精 「わーお>遺言」
八雲藍 「おはよう」
ノッブ 「とか言ってたら勝手に狐探しをしおったか」
大妖精 「でも、小悪魔さんは霊夢さんの方しか向いていませんが
藍さんは小悪魔さんの方にも向いた発言をしていました
対抗二人の真贋がわかっていない狂人じゃないかなって思います。」
霍青娥 「6人になってるならアスナが藍か小悪魔指定して吊り
LWCOきたら逆を吊り、でいいかと(アスナ噛まれてるなら狩不在でほぼ確定、占いランでOKと見ます)
狼には勝てるゲームで無理をして結局負けては本末転倒ですゆえ

平和出てるなら灰吊り続行

大妖精 「藍さん小悪魔さんのどちらかを吊る展開になるとおもうのですが

どちらも偽だということはハッキリしている上で
見返してみるとどちらも初日に対抗を気にしていますね」
アスナ 「あぶなーーーーーーい!!!>天子吊りしそうだった」
大妖精 「おはようございます」
小悪魔 「果てしない物語の時計が
太陽に溶かされて 今を刻みだした」
ノッブ 「先にいう、占いに狐混じりはもう追わぬので狂人でも狼でもいいからCOせい
狼を残して狂人を吊るす
そうして狼に狐探しをさせる、それでいいじゃろ?」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
天子さんの遺言 総領娘の狩人様よ!!

護衛先
しらなーい>八雲藍>ルーミア>琴葉茜>アスナ>アスナ

1日目
狩人ねー…初日すること無いから暇だし
ゴロゴロしてましょ
おやすみ

2日目
灰ではべる~んが気になるけど、狩人何でぽーい
霊夢は噛まれたら2人外確定と○1つ有るからバランス見て放置で
他からの評価を敏感に気にしてるのは藍野方なんだよなぁ…
狂ってよりは真狼目、なら藍護衛でいいかな?
ここで占い放置、霊能噛みとか厄介だけど…
霊夢狼の場合、藍ー小悪魔で真狂、GJ出てもスライド噛み有るとかメンドクサになるわ

3日目
霊夢はすまんかった、が、位置的に護衛する気は無かった
護衛候補は4択ね、共有2に霊能、ルーミア
ただ共有は2人いるなら片方は噛まれて良いでしょで実質霊ールーミア2択
ここで即霊噛みに来るか?と言われると来ない気はする
霊夢の○のルーミア護衛に逝くわ!!

4日目
あー…メンドクサイ3択
霊噛みに来そうな気もするけど其れ読みでルーミア死にそうな気もする
共有嚙みってことはGJ避けの噛みしてきてる感じもするのよね…
ここで一番抜かせちゃいけないのって霊能だと思うから霊能にしとくわ

5日目
ガバガバ、2択でミスってるし……
今日も霊ー共有で2択なのよね
GJでれば5>3で小悪魔ー藍吊りで残り2吊り想定
と言っても灰は4になるだけだけど、すくなくとも私噛みの後でも
共ー霊どっちかは5の日まで残るはず
茜は仕事終わってるし、確実に村のアスナ護衛で
万が一茜人外でもアスナが何とかするでしょ

6日目
ことごとく裏目ってる!!
もう一回最初からやり直させてくれない?だめ?
あ、今日もアスナで吊り増えして私狐見るなら
狂吊り>私が狼護衛するで死体なし出してみろ
m9(^Д^) ぷぎゃー するだけだからね


Extra Stage
あと中国人吊った本当の理由は
◇中国人「我可読性高!嫌死!救命亜!」
あれで助けて、死にたくないって命乞いしてるとこ
素村で命乞いするってなあに?無いでしょ?
私が狩人だから、潜伏村役は無いのよ!!
ベルンカステルさんの遺言 惨劇サンドボックス(仮)改め幻想牢獄のカレイドスコープ略してゲロカスらしいわよ
天子 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
八雲藍 「夜時間4分待たせるの申し訳ないし早めに噛みたいのだが」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「今日死体無しでたら狼が吊りたがってた天子を狐として噛まないだろうと思われそうなので天子を噛むことにしよう」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「あとは明日、ギリギリで狼COするが狼COをどれぐらい欲しがるかを見るか」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「狐落ちてる気はするけどな」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「今候補4で噛んで3
明日小悪魔吊って噛めたら吊り2で灰3だから詰まない」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「今日明日で灰噛みか?」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ベルンカステル を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
6 日目 (3 回目)
大妖精0 票投票先 →ベルンカステル
霍青娥0 票投票先 →ノッブ
八雲藍0 票投票先 →天子
小悪魔0 票投票先 →ノッブ
ノッブ3 票投票先 →ベルンカステル
アスナ0 票投票先 →ベルンカステル
ベルンカステル4 票投票先 →ノッブ
天子1 票投票先 →ベルンカステル
6 日目 (2 回目)
大妖精0 票投票先 →ベルンカステル
霍青娥0 票投票先 →ノッブ
八雲藍0 票投票先 →天子
小悪魔0 票投票先 →天子
ノッブ2 票投票先 →ベルンカステル
アスナ0 票投票先 →天子
ベルンカステル3 票投票先 →ノッブ
天子3 票投票先 →ベルンカステル
6 日目 (1 回目)
大妖精0 票投票先 →ベルンカステル
霍青娥1 票投票先 →ノッブ
八雲藍0 票投票先 →天子
小悪魔0 票投票先 →アスナ
ノッブ2 票投票先 →霍青娥
アスナ1 票投票先 →ノッブ
ベルンカステル2 票投票先 →天子
天子2 票投票先 →ベルンカステル
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
天子 「ごめんねー>霊夢
(色々な意味で)」
ベルンカステル 「他から非狼要素を拾えなくなかったというのもあるけどね
炭治郎の狼への駄目だしどうなのとかさ。」
八雲藍 「それハイパーミラクルじゃないか>小悪魔」
アスナ 「仮に全員別々の場所投票しても2:2:1:1:1:1だからそれは安心していいわよ>天子」
ノッブ 「それはそれとして>天子
お主が変な仕込みをして二回目の倒壊を迎えたときは霊夢がマジ泣きしておったぞ」
小悪魔 「にしし」
天子 「は、普通に有ると思ってる>青娥」
大妖精 「気分を害したのであれば謝ります…」
八雲藍 「大ぱちゅってマイナーカプだな。わたしは見たことない」
小悪魔 「なお、指定しないとアスナさんが吊られる可能性はあるのですよねぇ」
霍青娥 「むしろ今ので藍と小悪魔が共有吊り狙う説」
大妖精 「あ、あれが私宛だったんですね
失礼しました。安価つけてもらえると嬉しかったです>ベルンさん」
ノッブ 「というか狂人は明日にでもCOして吊られて狼に狐を探させたほうがいいぞと
先に行っておくがな」
天子 「炎上じゃなくて倒壊よ!!>ノッブ」
小悪魔 「名前が設定されてない同士、仲良くしましょう>大妖精さん」
ベルンカステル 「だからチルノ●への反応で考慮したって言ったでしょ。」
大妖精 「私はパチュリーさんをいただいていきますので
来ないでください>小悪魔さん」
八雲藍 「がぶー>アスナ」
小悪魔 「えー、だってEXボスの藍さんとでは力不足ですし」
天子 「というか、アスナは指定した方がいいわよ
これ、最悪バラけ過ぎてあんた吊られるのが一番まずい」
霍青娥 「>ノッブ
私ははっきり切っています(占い狐交じり)
理由は天子との会話を参照ください」
アスナ 「敬意を評して明日噛まれてあげるわ、さあきなさい>藍」
ベルンカステル 「正直狐探しゲーでグレランしても別にそんなに面白くは無い気がしなくも無いというか
積極的に吊ってやるぜ!とはなかなかなれない」
ノッブ 「博麗神社を炎上させそうになったのは天子じゃけど…んー」
八雲藍 「ひどい!わたしじゃないのか!」
大妖精 「>ベルンさん
んーっと
私の朝一での質問の返答を聞きたいです、よろしくおねがいします」
天子 「ないわー>藍」
小悪魔 「では私は大妖精さんと組みましょう」
八雲藍 「今の小悪魔の発言上手くないか?村陣営は敬意を表して共有吊ってほしい」
霍青娥 「ベルンカステルは質問しましたが朝一ありがとうございます」
アスナ 「私はキリト君とペアよ。」
小悪魔 「さー、二人組を作ってください!」
天子 「コア【クマ】・・・」
八雲藍 「こあっ熊」
ノッブ 「真狂狐とかあんまり見ないしのう>霍青娥
それがあるんどえ見てたけどけっきょくわからなんだ」
ベルンカステル 「チルノ●で狼はチルノ●をそれが出る前に知っていて、
だから発言もそれに備えてしまうわけでしょ
それが考え方の原点」
霍青娥 「こあクマ―的な」
八雲藍 「八雲くま」
小悪魔 「一応、私もくまではありますけどね」
アスナ 「まあグレラングレラン、本当は指定の方がいいのは
昨日からずっとそうなんだけどグレランしない村なんて面白くないもの」
大妖精 「何で熊を組むんですか」
天子 「熊?」
八雲藍 「ベア?熊?」
小悪魔 「ペアの間違いです」
大妖精 「ああごめんなさい
おうどん危機が、ってことを考えてたらそれは頭に浮かんできませんでした>青娥さん」
天子 「霊能噛み……
割と都合よく●でてくるから茜人外有りえるの?とかちょっとだけ考えてました
サーセン」
小悪魔 「では、ベアを組んでください」
霍青娥 「>ノッブ
吊りきったら狼全滅で終了するので、って意味の発言ですわ」
ノッブ 「ヘイトを気にしてたら初日に灰が広いが禁句とか言って
挑発するようなことは言わぬわ!」
八雲藍 「これ狩人初日じゃないか」
霍青娥 「霊能噛みと」
ノッブ 「◇霍青娥 「では吊り切ると終了するのでギリギリまで灰から狐候補吊りと」
これが吊りきったら終わりとわかっている狐要素かずっと考えていたがわからぬ」
大妖精 「その二人を見返してみましたが
一昨日、お互い議論を重ねていたようですが
どちらも互いを吊りたいという意思は見受けられず。

残った位置ではベルンさんがいますけど
私とチルノちゃんを同陣営だと見た理由について聞きたいってくらいでしょうか」
天子 「指定無いとべる~ん吊れる気がしなかったし
ノッブに人外臭さを感じなかった
で、昨日も言ったけど大妖精と青娥は村に見てる
消去法ね」
霍青娥 「>ベルンカステル
◇ベルンカステル 「霍青娥なら除外を考えてもいいわ」
昨日時点これは私非狩見てるってことです?
それとも吊り候補に入れる気は現状ない、ってことですか?
八雲藍 「ボールは誰にするか?>小悪魔」
大妖精 「青娥さんの存在をすっかり忘れていました!!!
天子さんが私と青娥さんの事を挙げたのを見て、あっ…って…」
霍青娥
雑感
灰の中でヘイト気にしてそうなのはノッブと天子かな、ってぐらいです

大妖精について

重箱の隅をつつくようであれですが
朝一に身内は多分無いです、って言っておいていざシャックス●(チルノに身内してる)が
明らかになったことに関してリアクションがないのをどう見るか、でしょうか

ベルンカステル 「霍青娥非狐で考慮した理由は占い吊り切りと妖狐騙りへの言及が
妖狐当人がするそれでは無さそうかなと思ったからね」
大妖精 「おはようございます」
小悪魔 「サッカーしましょう!」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
琴葉茜さんの遺言          __
.     / /    \
.    /  / /」_」__」」
   |   | |┃  ┃||ヽ    うちにはスペシャルな役職があってると思うんや
   | (_| |  ワ_)j^゛
   | ∧ |]  [| | /      霊感があったんや  
    j //目\∧目|
   / ∧{ii}______{ii}|      霊能CO
竈門炭治郎さんの遺言 全集中!
素村の呼吸一の型CO無し
琴葉茜 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
八雲藍 「そんなことよりスに何を返すか」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「だが今日は霊か共有でいいな」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「いや、小悪魔吊りが挟まるから」
八雲藍 「まだ時間あるしゆっくり考えるか」
八雲藍 「残り2灰になって狐噛みで、村が間違えて初めて引き分け」
八雲藍 「最後の最後まで噛めないんじゃないか?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「狐噛めると吊り増えて4が確定だから」
八雲藍 「候補が
大妖精  霍青娥 ノッブ ベルンカステル 天子」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「狐分からないな
いつから狐狙えばいいのだろう」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
竈門炭治郎 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
5 日目 (1 回目)
大妖精0 票投票先 →竈門炭治郎
霍青娥2 票投票先 →ノッブ
八雲藍0 票投票先 →琴葉茜
小悪魔0 票投票先 →竈門炭治郎
竈門炭治郎3 票投票先 →天子
琴葉茜1 票投票先 →霍青娥
ノッブ2 票投票先 →霍青娥
アスナ0 票投票先 →天子
ベルンカステル0 票投票先 →ノッブ
天子2 票投票先 →竈門炭治郎
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
小悪魔 「最後の人を吊りましょー」
アスナ 「私の考えだとこの噛み筋する狼って
よほどのことない限り9割狐に負けるのよね」
ベルンカステル 「清く正しく生きてきただけだけど正しさだけでは生き残れないというわけね」
天子 「あんたたち……
私も混ざりたいのに!!(マテ)」
琴葉茜 「狐さん、手、上げるんや!」
大妖精 「もうみんなでしりとりしませんか?←」
アスナ 「うんまあでもさー」
八雲藍 「あっ言われてた」
霍青娥 「天子は私と大妖精を村寄りと」
ノッブ 「大ちゃんも結構人の話を聞いて考えてる印象はあるか」
竈門炭治郎 「大妖精>今回のケースだと狐勝ちは近づかない
どちらかと言えば最悪引き分けの可能性が増えたから●吊りは良い吊り」
八雲藍 「ヒヒダルマ」
琴葉茜 「小文字とかガチやん」
小悪魔 「マタドガス」
アスナ 「面白そうだから混ぜなさい、私も暇だから>小悪魔、藍」
大妖精 「闇妖精残

これかなと一瞬思ったのですが残したい意思の方に見えました」
霍青娥 「ふむ」
天子 「ぶっちゃけべる~んが何かーだとは思うのよねー…
青娥と大妖精は狐って感じも無いと思ってるのよね」
アスナ 「ヒヒダルマ」
琴葉茜 「「ま」魔貫光殺砲」
小悪魔 「マントヒヒ」
ノッブ 「ベルンカステルはグレランよりは指定の位置なので
そこは共有とか次第でいいか」
ベルンカステル 「霍青娥なら除外を考えてもいいわ」
八雲藍 「じゃあ5文字の単語で>小悪魔」
アスナ 「うん多分今日はしない方がいいかなー
グレランね」
八雲藍 「小悪魔の「ま」からね」
大妖精 「ルーミアさん吊りの示唆、ですか?
ごめんなさい、どれでしょうか?>炭治郎さん」
小悪魔 「縛りはどうします?>藍さん」
竈門炭治郎 「ノッブ>狩り吊りは無駄だから指定
も解る
その辺りは指定できる位置の好みだろうけど」
八雲藍 「小悪魔しりとりしようぜ」
天子 「指定するならサクサクすべきよ>アスナ
しないならしないでいいけどギリギリの指定はNG」
霍青娥 「狼が否定されるなら炭治郎は結構信じたくはある」
ノッブ 「まぁな
6のときに狂人がCOすれば、まだ狼がというのはあるんじゃけど
それまでやる義理はないとかわかっておるわ」
小悪魔 「勝ち目がないから引き分けねらおー」
大妖精 「とりあえずは朝一の通りとしてノッブさん以外から誰かといったところですが」
ベルンカステル 「狩人考慮での指定。」
霍青娥 「と、了解です」
ベルンカステル 「非狼要素は拾えるけど非狐要素は拾いにくいし
私の代わりに誰かが考えてくれたって構わないのよ
そもそもどのみち指定するのかしらね」
天子 「2吊りは灰吊ってーでよね」
アスナ 「正直狼吊れようが私の考えだと指定するべきなんだけど
気がとにかく進まない」
琴葉茜 「実はあの発言ブラフやったんやで……!」
霍青娥 「ギリギリまでなら6、4で全吊りかな
6で狼吊りになる可能性はあるけどもそこまで狐詰める形で」
八雲藍 「というか狂人COしたところで村利になるだけだからな」
大妖精 「ではまぁ
偽占い2人には手を付けずにグレーを狭めていってまだまだいけそうですね」
天子 「じゃ、6>4で占いCO吊りすればいい感じと
吊り増えでたら5>3でいいけど」
竈門炭治郎 「シャックスは狼で俺にそう言えばチルノ入れてたって
素だったのかすっ惚けだったのか」
ノッブ 「で、占いは放っておけまだ
自白する気がないのならな」
琴葉茜 「うちの発言に小悪魔が反応したから指定は決まったんやな…!」
ノッブ 「ベルンカステルが狼あるかとちょっと考えておったけど、それならなしで」
アスナ 「多分小悪魔狂の藍狼だと思うんで」
ベルンカステル 「それなら良かったわ
狐は知らないけど。」
大妖精 「おーって言いましたけどこれおーなんでしょうか?
LWってことは狐勝ちの危険性も近くなってきてるわけで」
アスナ 「じゃー6の日から吊り切りねー>ALL」
霍青娥 「では吊り切ると終了するのでギリギリまで灰から狐候補吊りと」
アスナ 「でもそれはあまり嬉しくない」
小悪魔 「さて…」
天子 「マ?やったぜ>●」
琴葉茜 「狼狙いは終わりなんや―」
ノッブ 「シャックス●か!
じゃあ、いいかの」
アスナ 「あら、当たった」
大妖精 「おー」
ベルンカステル 「シャックス人狼でないとして灰から人狼探すのはしんどいわね
それでも無理に今結論を出すなら大チル同陣営考慮ね」
アスナ 「おはよー」
ノッブ 「狼狙いの理由じゃけど
灰狼を吊ったらどうせ残った狼占いは自白するじゃろうから
そこから、狐を探させて引き分け狙いをさせたほうがいいじゃろ?>ルーミア」
八雲藍 「眠るたびに思う。もう二度と朝など来なければよいと」
琴葉茜 「●やで」
霍青娥 「ルーミア噛みと」
大妖精 「ノッブさんについて

中国人さん吊りへの質問に対して
狼を狙ったように見えない、と批評をしながら
自分が初日に投票しようとしたことを理由付で説明してくれた
返答が非常に素直な感じを受け取りました。
心象がそこそこあがりました。」
天子 「雑感として、
べる~んは何か気になる感じね(もんにょり)
青娥と大妖精は割と残してもいいんじゃないの?とも感じたけど
チルノ身内してない見た場合、ノッブと炭治郎が投票者だから非狼と見ると
結局狼候補べる~んくらいしか残んないの?となるのよね……」
小悪魔 「やっぱりかみほーだーい」
霍青娥 「灰について
チルノ投票の灰を見る

◇竈門炭治郎 「だから共有噛めるでしょ
みたいなノリで即噛みは
個人的には止めた方が良かったとは思う噛みかな」

あまり人外が言ってるようには見えない、でも目を切ってはいけない、そんな位置

ノッブは炭治郎よりも身内にやや敏感な反応をしていた
炭治郎より少し気になるかも、ぐらいです
竈門炭治郎 「身内無さそうって思ってるらしい大妖精にまで入れられたのか俺!?

ちなみに中国人さんに入れたのは
俺の読み間違えでないならルーミア吊りを示唆したからだよ」
大妖精 「昨日の貼れてない朝一ですが
勘レベルだけど雑感として身内票は無さそうです
…しかないのが恥ずかしいです()」
大妖精 「おはようございます」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
シャックスさんの遺言 素村だよだよー
ルーミアさんの遺言               _, - - ― - 、_      ,ヘ,_
         /: : : : : : : : : : : : : `丶、 /  _〉
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ,ィ'O´
      /: : : :/: : : : : : ,: : 、: : : : : : : ヘイ,`ヽ,
      ,': : : :,': : : : :/: :ハ: : } ヽ: : : : : :l ヘヽ/
      !: : : :∧_」、-|‐ l  l: :A-|ュ、,_: : :|: :l
     ∧ト、::| ´ヾ!ヽ|ヽ|  レ' ヾ! ヽ、|: :!: :ヘ
     /: : : ヾ!---    ---- l:;ノ : : ヘ
     ! ,ィ: : : l """   ___   """ l: : : : : : !
     ヾ!ヽ、: :ゝ、    Y  _ソ   ,.イ: :,ィ::ルレ'
          ヾト、ト` --z二、-‐''レイ//ノ
              __,.ィく´><ネ、._
       , -r'´  _/´c8っヘ_ ``7ー.、
         ゝ-'`'´ ̄/:::::::::::::::::::}   ̄ゝー'
            7´ ̄ ̄`ヾ!
              /:::::::::::::::::::::ヽ
          /::::::::::::::::::::::::::::::\
         ヾ、_::::::::::::::::::::::::::;_/
            ` ーr-r‐イ
                  {二!二j
                  ゝ,人ノ
ルーミア は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
八雲藍 「お風呂入りたいな」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「いやルーミアを噛もう」
八雲藍 「狐が残ってるかどうかは運でしかないのでこうなるとこちらからはやることがなくなるのだろうか」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「あんなこと言ったし霊護衛に期待だな
ルーミア噛みでもいいのだがふーむ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「あと遅れたがチルノ」
八雲藍 「お疲れシャックス」
八雲藍 「まあ共有噛むしかないか」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「ふむ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
シャックス を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
4 日目 (1 回目)
大妖精0 票投票先 →シャックス
霍青娥1 票投票先 →シャックス
八雲藍0 票投票先 →アスナ
小悪魔0 票投票先 →ルーミア
ルーミア1 票投票先 →シャックス
竈門炭治郎0 票投票先 →シャックス
琴葉茜0 票投票先 →シャックス
ノッブ0 票投票先 →シャックス
シャックス9 票投票先 →霍青娥
アスナ1 票投票先 →シャックス
ベルンカステル0 票投票先 →シャックス
天子0 票投票先 →シャックス
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
天子 「身内狙いでーだから、霊噛みされてないパターン?」
大妖精 「あれ
身内無さそうの朝一がはれてない」
アスナ 「あまり気が進まないってのは言葉通りなのよね。」
琴葉茜 「いや狼狙えや」
竈門炭治郎 「だから共有噛めるでしょ
みたいなノリで即噛みは
個人的には止めた方が良かったとは思う噛みかな」
シャックス 「うーん…。共有がそういうんなら仕方がないんだけどさー…(しょんぼり」
ルーミア 「>ノッブ そもそも狼狙う状況じゃないのだー」
ノッブ 「見逃したというかみ間違えじゃなあ>炭治郎」
大妖精 「身内狙いって感じですか?
雑感としてはなさそうって思いましたけど」
琴葉茜 「じゃあノッブは吊れへんかな。>小悪魔」
霍青娥 「非狩ならそこ吊りと」
ベルンカステル 「まぁ、何か当たっていると良いわね」
アスナ 「吊り指定理由は夜にでも言うわよ>シャックス」
天子 「こっちも言いたいことは理解できたからね>青娥
とことん噛み合わなかったらどうなの?だけど言いたいことは理解できたから」
竈門炭治郎 「ノッブ>貴女も票見逃してただけか!?
狐疑いされたかと思ってた」
ノッブ 「って?
チルノ身内票狙い行くのか?>アスナ
それなら別に止めぬが」
大妖精 「でも投票理由がなんとなくではなく理由があったということは各自分かりました」
小悪魔 「吊るみたいですねぇ>茜さん」
シャックス 「なんで私なんだろう?」
ベルンカステル 「初手の3-1でチルノ狼なら狼には十分霊噛みの選択肢もあったから
そこで霊を噛まないならそういう投票をしている可能性も当然考慮するでしょう
言わなくてもね」
ノッブ 「そうじゃなあ>シャックス
というかわしとお主と炭治郎じゃよなそれ」
シャックス 「COないよないよー!?」
琴葉茜 「そんなことはなかったー!」
アスナ 「チルノ投票であることは当然理解してるのであしからず。」
琴葉茜 「マジなん?じゃあシャックス噛むんや
多分吊れヘンで。>小悪魔」
霍青娥 「>天子
私も今すぐに貴方を吊りたい位置とは思っていません、とだけ」
竈門炭治郎 「小悪魔>それは違う
引き分け路線残す読みで共有護衛する狩りはいる
将来凹まない為にも、それは憶えておいた方がいい」
八雲藍 「多分狼吊れたら霊噛んで狐に勝たせるぞ」
アスナ 「指定:シャックス」
ノッブ 「初日はそれで入れそうになったのも事実じゃけど>大ちゃん
チルノがな…うむ」
大妖精 「あー
それはその、ごめんなさい…>よめない」
シャックス 「いるんだったら噛まれないし最後まで残ると思うよ?>ノブノブ
でもそれは終盤に考えることで今考えても可能性低いことだと思うの!」
天子 「そうね、考え方の違いだわ>青娥
まあ、考え方の違いって分かったからそこは良し」
ノッブ 「なにかおかしいと思ったら炭治郎はチルノ当表示者じゃったし
見間違えておったか…」
大妖精 「見辛いから、の可能性も考えましたけど
あれくらい読めません…?とも思いました>ノッブさん」
琴葉茜 「ま、今日か明日灰狼吊れば噛みの心配とかはなくなるんやで」
シャックス 「別に狐は急いで吊る必要はないっていうか
噛まれるなら噛まれるし身内考えないなら非狼吊りは無駄かなーって思うの!>たんたん(炭次郎)」
小悪魔 「身内はないでしょー
投票結果見てないですけど」
ルーミア 「>大妖精
いや、正直あのRP読む側もする側も辛いじゃん?」
ノッブ 「んー?>シャックス
身内表を入れた中に狼おると思っておるのか?」
天子 「ぶっちゃけ私が発言の意味を理解できないから!!>大妖精
だから最後に残したくなかった」
ベルンカステル 「竈門炭治郎はチルノ投票者で私と同じ位置として考えるのは何かを勘違いしているとしか思えないわね」
大妖精 「組織だったり取ってつけた理由での投票を飛ばせそうな位置なので
そこに人外がいそうって気はしています」
霍青娥 「>天子
…ふむ
考え方の違い、のようですわね
私が狼なら狐騙り見えてる時点で霊能噛んで信用路線見せてまとめて吊らせたいので(特に今回初手でチルノで吊れてますし)」
小悪魔 「いやー、やっぱかみほーだいですねー」
ノッブ 「わからぬ>大ちゃん
少なくても狼を狙ったようには見えぬがな」
アスナ 「あんまり気が進まないけど指定かなー」
竈門炭治郎 「シャックス>まあ狼はなくとも狐疑いはあるだろうから仕方なし」
シャックス 「ノッブノッブー、身内しているかどうか噛みでほら
なんか投票者噛まれるとかないかなー?って思うから取っておきたいんだけど!>ノブノブ」
天子 「まあ、それはそうだと思うけどね
反応的に小悪魔狂の藍狼っぽい感じなのは分かるけど>青娥」
大妖精 「中国人さんって何で吊られちゃったんですか?
初日の生存意欲でしょうか…?」
ノッブ 「じゃよなー
そこ狼で狼がやる進行ではないしの」
アスナ 「お疲れ>ジーク」
ルーミア 「おはよーなのだー」
霍青娥 「>天子
小悪魔と藍の昨日の反応で生き残る気は明らかにないので
二人で狂狼残りでいいでしょう

竈門炭治郎 「ジーク噛みと」
ベルンカステル 「チルノ人狼かつ中国人人狼で霊夢噛んでグレラン頑張るぞ!にはならないと思うけど
まぁ根拠がそれだけで絶対的に村認定しますとも言えないししょうがないわぐらいね

シャックス投票理由はチルノ人狼見えてる人狼あるかなで入れたわ、
もう吊るした相手に対して過剰に見えたから。」
天子 「吊り増えリスク有っても、狼混じってないなら2/3で噛める
まあ、ここに狩人の護衛も入る可能性は有るから確率は変動するけど
噛めなかったらスライド噛みとかでも問題無いわけよ
1人死んだ占いはまずそのうちロラの運命に会うんだからね>青娥」
霍青娥 「残り5吊り、藍と小悪魔で狂狼まで確定として

12、10、まで灰吊り、そこまでで霊能●が出ないなら
8、6でロラって、って進行でしょうかね
霊能●が先に出るならロラは6、4でOKかな?
大妖精 「初日の印象を引きずってしまっている
所以の投票なのでごめんなさい…」
ノッブ 「ぶっちゃけると位置吊りをするなら炭治郎とベルンカステル、それをする気かどうかまでは知らぬが
初日にチルノ投票者に処刑投票をしたものの中で灰位置はこやつしかおらんからな」
琴葉茜 「◯やで」
小悪魔 「おっはよーございまーっす」
大妖精 「おはようございます」
八雲藍 「おはよう」
シャックス 「おはよおはよー!
たんたん(炭次郎)ごめーん!占いロラとかの進行に淡白で
そういうところで反対意見の人とか目をつけられたくないのかなー?って思っちゃったけど
投票をちゃんと見返すとチルノに投票していたから置いておくべき人だった!」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
中国人さんの遺言 救命阿!
ジークフリートさんの遺言 共有者だ
相方は アスナ
ジークフリート は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「こちらもLWとして任せたぞ
会話にこれ以上時間とらせるのも申し訳ないしな」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
シャックス 「それじゃあ任せた任せたー!」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「了解した」
シャックス 「ジークフリート噛みかなー
初日の時に私に投票していたしあぶないあぶないー」
シャックス 「GJでたら十中八九ルーミア狩人だからそれはそれでー」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「了解したぞ。また同じ時間に噛もう」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「GJ出たらどうしようかと。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
シャックス 「じゃあ共有を噛んでいこう!」
シャックス 「うんうん、噛めたね噛めたねー」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
中国人 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
大妖精1 票投票先 →竈門炭治郎
霍青娥1 票投票先 →中国人
八雲藍0 票投票先 →アスナ
小悪魔1 票投票先 →ジークフリート
ルーミア0 票投票先 →中国人
竈門炭治郎3 票投票先 →中国人
ジークフリート1 票投票先 →天子
中国人4 票投票先 →小悪魔
琴葉茜0 票投票先 →霍青娥
ノッブ0 票投票先 →竈門炭治郎
シャックス1 票投票先 →竈門炭治郎
アスナ1 票投票先 →大妖精
ベルンカステル0 票投票先 →シャックス
天子1 票投票先 →中国人
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ノッブ 「入れた理由ひったのでな>大ちゃん」
アスナ 「ということでグレラン。」
天子 「ま、そうね
占い噛んだなら狼が責任もって狐処理しなさい進行」
霍青娥 「>天子
無駄に平和で吊り増えてしんどくなるリスクあるのにしますかね…?」
中国人 「狼保護想定 闇妖精残」
大妖精 「投票者さんにはですね
理由を詳しめに聞いてみたいですね」
ベルンカステル 「COしない場合にグレー吊りになるんなら、狂人が今COする理由が無いでしょうと思っただけよ
それでもする可能性はあったけど、もう無いでしょうから言うけど」
竈門炭治郎 「狼としては引き分け路線も念頭なら霊は噛まない
逆にどうあれ白黒つけるなら霊を噛む
って感じになりそう」
小悪魔 「どのみち、狩人は霊能護衛しかないから…食べ放題なんですよねぇ」
ノッブ 「うっかり狩人を指定したら
占いの片方を吊って霊能の色を見るでいいじゃろ」
大妖精 「正直な話
チルノちゃんが吊られたのって割と
考え方の違いからの投票でしかないのではという感じがしているので」
アスナ 「ちなみに狼陣営がこれを白状しないメリットは
狐処理は自分達で出来るってことくらいね。」
霍青娥 「どうせ素直に狂COもないと思いますゆえ」
琴葉茜 「じゃああと5GJぐらい頼むわ。
この村じゃブラックな仕事なんやで。」
シャックス 「えっ、安全策ってグレランじゃないの?
ロラしてLW吊っちゃうとおうどん食べられちゃうよー!」
ノッブ 「じゃなあ
霊能鉄板指示で狼狙いの灰指定でもいいとは思うぞ」
天子 「うん、だから占いに狐混じってるからこそ噛んで吊りきり狙いだって>青娥
あんたは霊夢噛んだから狐混じってないって言ってたからね」
霍青娥 「霊能保証が無いので私はさっさと占い吊りたいですね
人外にいつまでも投票権あげたくないですし」
中国人 「狐無混即噛LW危険想定
狐混可能性考慮大」
アスナ 「狂人がCOすることで狼が飼える
この場合、狼視点で狐に対する警戒が弱まるわ。既に使い古した騙り狼と引き換えにね>狼陣営」
竈門炭治郎 「ベルンさん>占いランは早いかな」
ルーミア 「ただ真狂狐だと霊夢噛みってほぼほぼ狐噛みで縄増える噛みになるのだー」
大妖精 「そうですね
吊るなら指定でいったほうがいいとは思います」
ベルンカステル 「まぁランか指定かはこの際問題じゃないけどね」
ジークフリート 「特に反応が無いなら占い結果はスルーして
頃合い見て吊りきりだな」
琴葉茜 「初日狩人ちゃうやろな?!」
ノッブ 「で、チルノ
狼が3分の2じゃなくて、人外が3分の2で見るでいいと思うぞー
あれは役関係なしの本音と思っとるし霊界に向けてな」
シャックス 「むぅむぅ!いじわるいじわるー!>こあこあ(小悪魔」
霍青娥 「>天子
どういうことでしょう?
霊夢ほぼ真のこの盤面で噛めてる以上どうあっても吊るだけでは?」
天子 「占いランよりは共有の指定でよくない?>べる~ん」
ベルンカステル 「メリットかデメリットを提示しないと取引は成立しないわよ」
大妖精 「まあ、まだそんな気があまりしてなかったので…>ルーミアさん」
竈門炭治郎 「占いに関しては霊軸で時期見て吊る感じかなとは」
小悪魔 「どーでしょーねぇ>シャックスさん」
アスナ 「狐にだけ一切メリットがない提案だから、それは狼と狂人の裁量次第>ジーク」
シャックス 「こあこあ(小悪魔)のそれは狂人ってことなのかななのかなー?」
ベルンカステル 「狂人がCOしないなら占いラン行為にするのかしら?」
ノッブ 「まぁ、それが妥協点かの…
人外が乗るかはわからぬが」
八雲藍 「何も言うことはない」
ジークフリート 「素直に白状するとも思えないが」
大妖精 「まあチルノちゃんが何であれ
わたしはチルノちゃんの一番のお友達ですよ
天子 「狐交じり(狼騙ってない)からこそ、噛んで吊りきり狙いのパターンとかも有ると思うけど?>青娥」
小悪魔 「にゃははは」
ルーミア 「村の流れ見てて気になったのが
この村真狂狐追ってなさすぎじゃないのだ?ってことなのだー」
小悪魔 「狂ってる世の中を治しますよー」
シャックス 「結果はもちろん無視するスルーでー
霊能が生き残るなら10人か8人でロラかなーって思う!」
アスナ 「だから、先に狂人候補吊り。」
竈門炭治郎 「天子さん>その辺り、なんとなく吊れるなら吊りたいって臭いがしたからかな>チルノちゃん吊り」
ベルンカステル 「まだ同陣営の可能性は残ってるけどね」
琴葉茜 「占い破綻しとるしルーミア◯以外グレー戻しでええんちゃうかー。」
中国人 「占完吊最優先狐混確認」
大妖精 「難しいですかね…?」
アスナ 「占い師の中に狂人いてCOするなら吊るわよ
狼が狐噛んだら吊るのも約束するわ。」
ノッブ 「どうするかのう…狂のほうが先に連れたらかいでいいんじゃろうけど」
大妖精 「単純に残った二人が狼狂と仮定すると
狼が分かればキープして、おうどん対策を練りたいですよね
とは思うのですが…」
ベルンカステル 「ルーミア投票する気持ちはわかるぐらいのシンパシーはあったわ>チルノ
だが大チル別陣営可能性もこれでかなり高くなった」
霍青娥 「占い噛んでる時点で狐交じりは見ません吊りきったらLW、ってだけですわね」
シャックス 「あっ、ちるちる狼だったんだやったやった!
じゃあ占いに関しては取っておくこともなんだけど狼残したいなー
どうするー?」
天子 「と思ったけど●出るなら、吊ってLW警報あるから不味いわね」
ジークフリート 「霊能結果●出るのか」
ノッブ 「で、チルノ狼じゃったのか?
霊夢真だと厄介+狩人ないじゃろで入れたんじゃけど」
霍青娥 「しかも霊能●と
占いロラったら大体LWと」
小悪魔 「お仕事は終わりました
吊ってください」
琴葉茜 「逆にあれで生き残れると思ったなぁという」
ルーミア 「チルノ●?正直意外なのだー」
中国人 「緩守?
否霊能●勝負手」
竈門炭治郎 「あっ(察し)」
大妖精 「チルノちゃん●なんですか???」
八雲藍 「ふむ、そうか。」
アスナ 「そこ●も問題なし」
ジークフリート 「あっさりと噛んで来たな
俺でもそこが真なら噛むが」
天子 「藍と小悪魔引きつぶしでーね」
霍青娥 「では占い二人お疲れ様です」
ベルンカステル 「少なくともルーミア狼は考慮する必要が無くなったみたいね」
シャックス 「いむいむー!?
ほんとうにそこ噛まれるのかうーん…」
小悪魔 「フム…」
大妖精 「あらら」
竈門炭治郎 「おはよう!
結果を教えてほしい」
琴葉茜 「霊能●」
アスナ 「相方の目が正しかったようでなにより。」
ノッブ 「なんじゃ占い二人が破綻で良いのか?」
小悪魔 「狼は霊夢さん真を言うよりはぐらかすと思うんですよね
その中で
◇霍青娥 「藍視点小悪魔狂の霊夢狼>狐と」
藍さん視点しか見ていないのが気になります
占ってみましょう」
大妖精 「中国人さんのことを何言ってるか分からない吊りをされるのでは
との発言が、その中国人さんへの誘導とも取れました。
同じ発言で占い結果こうはならんやろとも言っているので
正直私の受け取り方が合っている気はあまりしないのですが…」
八雲藍 「理由
◇霍青娥  「藍視点小悪魔狂の霊夢狼>狐と」
◇霍青娥  「占い3と」
占い3確認しているのに小悪魔視点も霊夢狼狐なのに触れないのは
狼特有の焦りによる把握ミスではないかというのと、占い師ばかりに触れているのが気になったのでな
灰に目が向いていない」
大妖精 「おはようございます」
霍青娥 「占いについて

今のところ発言で好きな位置は特になし
霊夢が初日からヘイトすごく気にしてるのが
あんまり好きでないといえばないけど位置的に狼見られてのそれもあるので真切りまではいかず

小悪魔と藍はどっこいどっこいという印象
小悪魔は
◇小悪魔 「身内する可能性は十分にあるので」
◇小悪魔 「この場合、狼である霊夢さんの投票に気を付けないといけませんね」

これを言った上でどう動くのか、というところ」
ルーミア 「そんな気はした>霊夢死体」
小悪魔 「占いですよ 霍青娥〇」
ノッブ 「吊り逃れもなしにチルノが吊れてると思ったら霊能者か
一旦様子見ぐらいしたほうがいいとは思うがの
中国人は狼なら騙りぐらいするじゃろって意味であって狐ぐらいにしか思っておらんけど」
ジークフリート 「おはよう

霊能の票替え、吉と出るか凶と出るか」
天子 「はー…チルノ吊れるのね
チルノの霊夢即吊りは案としては普通に有の案なんだけども
私?私は霊夢真も考慮で即吊りしないけど
正直、チルノ吊れるのは意外だったわ」
シャックス 「おはよおはよー!
ちるちるは流石に発言が過激だったしいむいむ(霊夢)真あるって
なんか取り繕ったように言っちゃうのがねー

あとルーミア投票し続けるのも余裕がない役だったのかなかなー?」
中国人 「氷妖精何故死
殺人的酷暑…?皆熱中症要注意」
八雲藍 「占いCO霍青娥〇」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
チルノさんの遺言 >ノッブ
逆を言うと2/3で狼だぜ? あたいはそういう思考
博麗霊夢さんの遺言 占いCO ルーミア○ ベルンカステル○●

占い理由:
挨拶が遅い位置で挨拶が短文。役職について触れ過ぎで
尚且つ村人なら冷静にフラットで見てくれそうな位置
人外なら厄介な位置でもあるので視点整理でも良い位置なので


  .「^ヽ,ry'^i
  ,ゝ"´ ⌒`ヽ
 くi Lノノハノ)」    
  λ.[i ゚ ヮ゚ノi!  <お茶位飲ませなさいよ…全く…   
  レ',ヘ.i`ム'」つ旦~   
  ,く_,//T.iλ
  "ーr_,t_ァ'"
博麗霊夢 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
八雲藍 「了解した130で噛む」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
シャックス 「うんうん、噛みは任せたよー!」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
シャックス 「狐は気にしない気にしない
それは生き残る私の仕事だからねー」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「そうか。では任せる」
シャックス 「いいよいいよー。霊夢を即噛んじゃお」
シャックス 「じゃあ霊夢噛んで私が生き残るねー」
八雲藍 「さてどうしよう、何か意見はあるか?ちなみに今日銃殺出たら無理だ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
シャックス 「 」
シャックス 「でもルーミアに投票はうっかりしすぎだと思うの…」
八雲藍 「まあわたし的にはチルノはシャックスに票替えするしかなかったし仕方ないな」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
シャックス 「ごめーんちるの!中国に投票しておけばよかったね!」
シャックス 「 」
シャックス 「うわー」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
シャックス 「うわー」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
チルノ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (2 回目)
大妖精1 票投票先 →竈門炭治郎
チルノ4 票投票先 →ルーミア
博麗霊夢0 票投票先 →中国人
霍青娥0 票投票先 →中国人
八雲藍0 票投票先 →竈門炭治郎
小悪魔0 票投票先 →シャックス
ルーミア1 票投票先 →ノッブ
竈門炭治郎2 票投票先 →チルノ
ジークフリート0 票投票先 →シャックス
中国人3 票投票先 →ノッブ
琴葉茜0 票投票先 →チルノ
ノッブ2 票投票先 →チルノ
シャックス3 票投票先 →チルノ
アスナ0 票投票先 →大妖精
ベルンカステル0 票投票先 →シャックス
天子0 票投票先 →中国人
2 日目 (1 回目)
大妖精1 票投票先 →竈門炭治郎
チルノ3 票投票先 →ルーミア
博麗霊夢0 票投票先 →中国人
霍青娥1 票投票先 →中国人
八雲藍0 票投票先 →竈門炭治郎
小悪魔0 票投票先 →シャックス
ルーミア1 票投票先 →ノッブ
竈門炭治郎2 票投票先 →チルノ
ジークフリート0 票投票先 →シャックス
中国人3 票投票先 →ノッブ
琴葉茜0 票投票先 →霍青娥
ノッブ2 票投票先 →チルノ
シャックス3 票投票先 →チルノ
アスナ0 票投票先 →大妖精
ベルンカステル0 票投票先 →シャックス
天子0 票投票先 →中国人
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
チルノ 「雑感だけどね。あたいぐらいしか初手霊夢吊りありじゃない?って発言してる位置がいなかったから」
琴葉茜 「え霊夢へのやねんけど。>八運」
竈門炭治郎 「天子さん>共有だからメタ的には犯人じゃないのが解ってるからあれですけどね」
大妖精 「用心するにこしたことははないですね」
ノッブ 「偽の占い結果なんて、ただのノイズじゃし」
中国人 「我可読性高!
嫌死!救命亜!」
シャックス 「わかりにくいか!>てんてん(天子)」
チルノ 「それにしても、意外とこれ霊夢真もあるのかな。」
ベルンカステル 「それが霊護衛誘導だというならそれはそれでいいけどね」
八雲藍 「いやあり得ないだろう。君視点はそうかもしれないが真狂狐でもない限りありえん。
言いがかりはやめてほしい>茜」
天子 「それは狩人次第じゃないの?>べる~ん」
博麗霊夢 「グレランにしてくれてありがとう。なら結果出すだけだわ」
ノッブ 「ああ、チルノそれはないぞ
大体この形で霊夢が真って結構見かけたのでなー
結局はなににせよ三分の一なのは変わらん。真混じりなら」
アスナ 「そもそもキリト君が死んでいるわけないじゃない
きっとどこかで颯爽と助けにきてくれるに決まってるもの」
シャックス 「そう?逆にいむいむが噛まれなかったら怪しまれる位置なんだし
噛まない狼は噛まなさそうだけどなー>かねかね」
ルーミア 「霊夢吊った後に出る霊能結果で何か情報出る?って考えるとノーなんだよね」
霍青娥 「まあ初手が一番真抜かれそうな気はしますが
真は結果どうぞ、狩人さんもいるなら結果よろしくですの構え」
大妖精 「霊夢さん噛みが無い!
なんて言い切れるわけがないので」
小悪魔 「身内する可能性は十分にあるので」
ベルンカステル 「狩人にじゃあ護衛しなくてもいいんだななんて思われてもいい事なんて無いでしょうに」
小悪魔 「この場合、狼である霊夢さんの投票に気を付けないといけませんね」
チルノ 「はいはーい。」
八雲藍 「この形だからか初日だからか、みな同じようなことばかり言っている感じだな
占い先に苦労しそうだ」
竈門炭治郎 「もの凄く酷いことぶっちゃけると
何言ってるか解らない吊りされそうな中国人さん狼で占い結果こうはならんやろ感凄くある」
アスナ 「心はずっと一緒にあるわよ>大妖精ちゃん」
チルノ 「まぁ、グレランするならそれでもいいけど。
個人的にはグレラン派が多いからそれならそれでいいけどね。」
天子 「てんてんって私か!?>シャックス
某忍者の武器マニアじゃないんだけど」
大妖精 「その一筋の相手さんは
既に死んでしまっているのですが…>アスナさん」
博麗霊夢 「勿論よ。この流れだと結果で示すしか無いから
>霍青娥」
琴葉茜 「霊夢噛み普通にあるやろ
その発言するなら初日の時点で切っていいかもしれんなー」
ベルンカステル 「霊夢単体で見て真っぽいことを言っているかというと
自分が噛まれない理由なんかを話し出している時点で厳しいけどね」
ジークフリート 「グレランで頼むぞ」
シャックス 「うんうん、そういう考え方もできるし自分からそう主張できるのいいよね好き!>いむいむ」
天子 「怖>炭治郎
これがサスペンス物だったら容疑者筆頭ね」
ノッブ 「面白いことを言えば残れるかもしれんぞ>中国人
わしは、こういうのは嫌いじゃないしな」
博麗霊夢 「確率上もそうだし、まあ結果も含めて見てて
>ベルンカステル」
ルーミア 「変則初手●貰い占い切りかー」
チルノ 「これに関しては完全に好み。正直霊夢が真ならついてないね。だけど
それは初手●もらった占い師もついてないね。で吊るから。あたいは。」
小悪魔 「それはあり得ませんね>ベルンカステルさん」
霍青娥 「>霊夢
言葉のアヤというやつかもですが狼見つけるのも当然仕事ですよ」
八雲藍 「この形なら狼視点小悪魔かわたし、どっちが狂人かって区別ついていないんだな
小悪魔かわたし噛みがきそうな気がするぞ」
大妖精 「チルノちゃんの言ってることは
別に際立っておかしな進行ではないと思いますよ>ルーミアさん」
博麗霊夢 「そう。だから狼は私を噛めない
噛むと2人トレードになるから
>シャックス」
シャックス 「同じ感想感想だいえーい!>てんてん」
アスナ 「私はキリト君一筋だから>天子さん」
ノッブ 「ここでこれを言うとそれだけで殴りかかってくるものがおる言葉がある
灰が広い、と
まぁ、それはそれとしてこれなら灰に人外がおるじゃろうし、そこを狙ってジャな」
中国人 「全開承認
灰色抽選多分我死」
竈門炭治郎 「旦那が即死んで即再婚
これは二時間ドラマの一見犯人に見える枠」
霍青娥 「初手占い吊りはする気ないです
まずはグレランして占いから情報増やしてでいいです」
ベルンカステル 「小悪魔か八雲藍のどっちかが狼なら霊夢真なんでしょ?
つまり2/3の確率で霊夢が真という理論ね」
天子 「黒の剣士(キリト)から黒の剣士[セイバー](ジーク)に乗り換えたのか!!>アスナ」
チルノ 「>ルーミア
変則的な初手●もらい占い吊りみたいな感じ。」
小悪魔 「霊夢さんは噛まれませんよ>天子さん
こちらが占って溶ける可能性はありますが」
大妖精 「藍さん小悪魔さんの視点だと
霊夢さんってほぼ飼い位置ですからね」
シャックス 「(原作っぽい組み合わせだ…!)>アスナと”黒”のセイバー」
チルノ 「ぶっちゃけ初手●もらいの占いって真でもつられるもんだから
それと同じ理論で霊夢吊りはありだと思っている。
っていうかこれ単純に占い藍か小悪魔真なら狼吊りだしな。」
ルーミア 「>チルノ ん?初手霊夢吊りって何を目指す進行なのだー?」
博麗霊夢 「私吊ったら呪殺は無くなるからね?
>天子」
八雲藍 「わたし視点霊夢狼狐把握している人多いが、小悪魔視点もそうなの見落としてる人ちらほらいないか?」
ジークフリート 「相方はアスナで合っている」
中国人 「占難噛的?
3人軸好」
竈門炭治郎 「逆も然り、と」
博麗霊夢 「うーんついてないわね
グレランにして欲しいけど」
ノッブ 「まぁ、そうじゃけど>天子
ここまで足並みが揃うのも珍しいしの」
天子 「霊夢死んでたら他2人は爆発って覚えとけばいい感じよねー」
シャックス 「どっち視点もいむいむが狼になっているからそこが噛まれると破綻するね!」
大妖精 「霊夢さんが圧倒的に不利な位置ではありますが
まあグレランで普通に進めていっていいんじゃないでしょうか」
小悪魔 「そして大体霊夢さんが狼と」
霍青娥 「霊能もいると、では共有出てグレランですわね」
チルノ 「グレランするならいいけど、初手霊夢吊りもやぶさかじゃないね。」
アスナ 「共有者よ、相方はジークであってる。」
八雲藍 「霊夢が狼か。まあ狐もあるのだが」
ベルンカステル 「対抗占いに〇を投げるのは偽要素だと思うけど
統計学的にどうなっているのかは知らないわ」
竈門炭治郎 「八雲さん視点では博麗さんが狼相当か」
大妖精 「共有者さんが出てきて指揮を取っていいと思います」
アスナ 「そうね、霊夢ちゃんだけが二人の推定●位置ね」
ジークフリート 「共有者だ」
ノッブ 「なんかお互い狂人主張をしてる占いがおるわ
かと言って霊夢が真も普通にあるんじゃけどな」
八雲藍 「占いCOしようとしたら間違えて投票ボタンを押してしまったので遅くなった
しかし、大きく遅れなくてよかった」
シャックス 「霊能も出てきたー!じゃあ共有もよろしくよろしくー!
占いはらんらんとこあこあが相互に○を投げているのかなー?」
霍青娥 「藍視点小悪魔狂の霊夢狼>狐と」
天子 「●特攻警戒したらそんなもんじゃない?>ノッブ」
チルノ 「具体的にはこれ霊夢初手●2もらいみたいなもんではある
大妖精 「3-1ですね
面白い形になっていますが…」
ルーミア 「面白い占い結果だなぁ」
小悪魔 「狂人占い…」
ジークフリート 「ふむ、相互○してる占師が居るな」
中国人 「占三国志」
博麗霊夢 「ふむ…対抗は2人出たわね」
チルノ 「おっと?これは珍しい展開。」
竈門炭治郎 「おはよう!
結果を教えてほしい」
シャックス 「占い出てきたねー。霊能もよろしくよろしくー!」
ノッブ 「ほう、少々遅く占い3COとな」
八雲藍 「理由
正直絡みのある奴いなくて占い先に困るな…
右の小悪魔でも占っておくか。無理に理由つけるとしたら従者繋がりだな」
天子 「占い3と、霊能どうぞ」
琴葉茜 「霊能屋で」
霍青娥 「占い3と」
小悪魔 「左の狐さんを占いましょう
呪殺が出たら面白いですし」
琴葉茜 「クーラーの効いてる部屋で食べる明石焼きは美味しいな」
ベルンカステル 「おはよ。」
博麗霊夢 「占い理由:
かつては人食い妖怪として恐れられたルーミア
ここは占っておいて損は無いわ。中央占いと言う
人外が微妙に対応しにくい位置なので呪殺出ても
割と納得して貰えるんじゃないかしら?って考えて
とりあえずここ占ったわ
八雲藍 「占いCO小悪魔〇」
小悪魔 「占いですよ 八雲藍〇」
博麗霊夢 「私が占い師よ 博麗式占い師宣言 ルーミアは○」
アスナ 「おはよう」
ルーミア 「おはよーなのだー」
ノッブ 「人外共を大炎上させに来た第六天魔王!
それが、わしじゃ!」
中国人 「早朝太極拳日課也」
ジークフリート 「おはよう

占師はCOを頼む」
チルノ 「おはよー。 大チルは同陣営(挨拶)

大チル別陣営とかいうやつは人外なので吊る」
霍青娥 「おはようございます
COある方はよろしくお願いしますね
大妖精 「おはようございます」
シャックス 「おはよおはよー!」
天子 「衣玖ー、私が快適に過ごせるように調整してくれない?
え?無理?なんでよ!!
……現場にいないから?
うん、うん、そう、それじゃあ無理よね…
わかったわ、自分で何とかするわよ
ん、それじゃ、また後で(Pi)

よし、やるわよ、あんた達!!
サクッと人外潰すわよ」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
黒の剣士GMさんの遺言 FE風花雪月でひたすら男を茶会に誘わねばならない
そんな気がしてきた
黒の剣士GM は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
チルノ 「って思っただけだから」
チルノ 「藍でいいよ。あまり占い騙り苦手ならもぐりのほうがいいと思うけどねー」
八雲藍 「わかった」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
シャックス 「じゃあなんか迷走したけどらんらんに任せるね!」
シャックス 「ちるちるが占いCOするの?
私はらんらんに任せるつもりだけど」
チルノ 「初手グレランぐらいは抜けてみせるさ。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
チルノ 「囲いは別になくてもいいかなー」
シャックス 「私は囲いいらないかなー」
八雲藍 「ふむ、どちらでもよいのだがどっちだ?」
チルノ 「潜伏!どうしてそういう誤変換になった!?
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
八雲藍 「じゃあ占いCOしよう
銃殺対応には期待しないでくれ。それで囲いしたほうがいいか?」
チルノ 「なら覧は船腹のほうがいいね」
シャックス 「グレランが無理そうなら占いCOするといいよいいよー>八雲
だって吊られないもん!」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
チルノ 「青獅子は最後になるわ…… 金鹿 → 赤鷹 → 青獅子 でやってるから…」
八雲藍 「わたしは騙っても潜伏しても持ちこたえられるほどの強度はない
どうどう動いた方がいいとかあるか?」
シャックス 「だいだいが狂人ならチルチルが占いCOしたら○投げてもらえそうじゃない?」
「◆黒の剣士GM GMは青獅子の学級をクリアしたスバルがお送りします
皆頑張れ頑張れ」
チルノ 「誰でもいいよ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
シャックス 「それじゃあ騙り誰やる誰やるー?」
チルノ 「さて、どうしようかな。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
シャックス 「よろしくよろしくー」
チルノ 「大ちゃん狂人ですね!わかります。」
八雲藍 「よろしく」
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ゲーム開始:2019/08/17 (Sat) 21:38:19
大妖精 「開始です」
ノッブ 「なんとぉ!>炭治郎
わしもいろいろなのが増えたしのう」
チルノ 「せやぞ! >霊夢」
博麗霊夢 「さあさあ、素敵なお賽銭箱はこっちよ」
大妖精 「1秒前です」
八雲藍 「こうも暑いのに燃えていては迷惑だな」
大妖精 「2秒前です」
チルノ 「本能寺、紅魔館、中国の3連続爆発か」
大妖精 「3秒前です」
アスナ 「私にだって、できるんだからっ…!キリト君…ごめんね…っ!」
天子 「ついでに鈴奈庵も炎上するのね>霊夢」
大妖精 「4秒前です」
竈門炭治郎 「ノッブ>沖田に水着の感想求められたノッブが薄い本にされるぞって返す1コマ漫画ならTwitterにあったよ」
博麗霊夢 「魔理沙が遊び相手になって貰ってるのね()
>チルノ」
大妖精 「いっしょに遊ぶまで5秒前です」
チルノ 「爆発って言ったら中国爆発するんじゃないの?」
小悪魔 「それです!>霊夢さん」
中国人 「我静的生活望!」
大妖精 「ではカウントにうつりますね」
博麗霊夢 「本能寺と紅魔館ダブル炎上の線もあるんじゃない?
>小悪魔」
黒の剣士GM 「初手アスナを占うやつなんていないだろ(フラグ>ジーク」
大妖精 「お二人がいい雰囲気になっていたようなので
邪魔をしてはいけないと思いました…」
ノッブ 「そう、わしじゃ!>チルノ」
天子 「家も衣玖呼んだら来ると思うし
でも、ほら、私はー、スーパー格好いい天子ちゃんだし―
1人でもできるからね、呼んでないだけよ」
チルノ 「>霊夢
遊んでやってるからな!感謝してもらいたいものだな。 」
ジークフリート 「>GM
そんなことを言って
仲良く開幕無残になるかもしれんぞ」
八雲藍 「本能寺爆発ってレベル上がってないか?」
黒の剣士GM 「さておき、準備全員できたみたいだし
カウントしても構わないぞ」
ノッブ 「ほれ、本能寺の火をくれてやるわ>小悪魔」
シャックス 「とりあえずもう初めてもいいんじゃないかなじゃないかなー?」
竈門炭治郎 「鬼滅の吉良「キラークィーン第一の爆弾。屋敷を爆弾に変え自爆する!」」
中国人 「火属性付与」
黒の剣士GM 「そこまでいうなら任せたぞアスナ……無事に帰ってこいよ!!」
博麗霊夢 「それはそれでシュールだわねー
>天子」
チルノ 「お前だったのか。 >ノッブ」
ノッブ 「沖田が水着で喜びすぎてWピースをかましておるが
あれ、薄い本にネタにされるじゃろうなあ…」
博麗霊夢 「魔理沙は妖精達と遊ぶ事もあるのよね。案外面倒見良いから
>大妖精」
小悪魔 「開始時に本能寺か紅魔館が爆発しそう…」
アスナ 「いいえ、副団長命令よ
キリト君は下がっていて、私が倒してくるわ!」
天子 「そういうときは、魔理えもん、来て―とか叫んだら
来るんじゃないの?>霊夢」
ノッブ 「すまんな、遅くなった
そう、わしじゃ!」
黒の剣士GM 「いやいやアスナ一人で人狼を倒せるわけじゃないだろ?
こうやって一緒にいる以上、俺たちで協力するべきさ」
大妖精 「魔理沙さんはいつも遊んでくれるので
とっても感謝しています」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → ノッブ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 10478 (水着信長)」
竈門炭治郎 「アスナさんが初日で未亡人に」
八雲藍 「逃げるなァァ!杜王町から逃げるなァァ!」
博麗霊夢 「あっさり揃う事もあるから面白いけどね
>天子」
チルノ 「血盟騎士団が聖騎士団に見えたあたり、あたいもなかなかにヤバイ」
博麗霊夢 「魔理沙とのコンビは結構タッグマッチの時に嵌ってたから悪くないのよね」
天子 「いつかは揃うときくるんじゃないの?>霊夢」
アスナ 「ここから先は、血盟騎士団が担当するわキリト君>GM」
竈門炭治郎 「やっぱり嘘吐いてる自覚あるじゃないかー!?>これは儂の過去か?」
黒の剣士GM 「さておき、埋まったからまずは準備をお願いする」
博麗霊夢 「レイマリで揃う事って少ないわね…」
黒の剣士GM 「アスナもきたのか!?」
チルノ 「まかせろー!!!バリバリー! >大ちゃん」
チルノ 「ところで、ルーヴェンクラッセ要素なくてアレ。」
中国人 「是我過去…?」
大妖精 「じゃあがんばってね!>チルノちゃん」
博麗霊夢 「あら、駄目よ?大妖精の意思も確認しておきなさい
ご利益はあるけどね
>チルノ」
天子 「私が来たわ!!」
八雲藍 「狼の薄汚い命を持って罪を償わせる人か」
天子 が村の集会場にやってきました
ベルンカステル 「よろしく」
中国人 「人民元可?>賽銭」
ベルンカステル が村の集会場にやってきました
シャックス 「よろしくよろしくー」
アスナ 「よろしくね」
チルノ 「あと5分ぐらい! >大ちゃん」
アスナ が村の集会場にやってきました
シャックス が村の集会場にやってきました
チルノ 「大ちゃんと結ばれるご利益あるなら奉納してやらんこともない。」
大妖精 「掃き掃除おわった?>チルノちゃん」
竈門炭治郎 「お奉行様連れてこなくちゃ」
博麗霊夢 「さて、お賽銭奉納して行ってね」
中国人 「止!止!奴付合悪」
かり 「こんばんはー」
チルノ 「ふん!あんたのためじゃないけど、暑いのは嫌いだからね。」
かり が村の集会場にやってきました
中国人 「否我如何見中国人」
博麗霊夢 「紹介文も変えておいたわ折角なんで」
大妖精 「どう見ても宮城の方ですよね?」
霊夢 「霊夢 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:霊夢 → 博麗霊夢」
琴葉茜 「よろしくやーでー。」
中国人 「涼>氷妖精」
琴葉茜 が村の集会場にやってきました
竈門炭治郎 「嘘を吐くな
お主M県人であろう>中国人」
チルノ 「あたいの全力を見せてやる!!!
レイジングジオフリーズ!」
中国人 「我中国人也」
竈門炭治郎 「鬼……じゃないけど人間でもない臭いがする」
霊夢 「と、思ってたら外の人が」
中国人 が村の集会場にやってきました
チルノ 「大ちゃんの遊ぶためならもちろん!全力だよ!」
ジークフリート 「やる夫でなくてすまない」
霊夢 「幻想郷の者ばかりだわね」
ジークフリート が村の集会場にやってきました
竈門炭治郎 が村の集会場にやってきました
ルーミア 「早苗民が乗っ取りに来てる説なのだー」
大妖精 「ちゃんとやらなきゃ慧音先生におこられちゃうよー?」
チルノ 「早苗鯖かな??? >メンツ」
ルーミア 「よろしくなのだー」
チルノ 「おっけー!そっこーでケリつけてやる!」
ルーミア が村の集会場にやってきました
大妖精 「お掃除が終わってから、一緒に遊ぼうね?」
八雲藍 「宜しく」
小悪魔 「お邪魔します」
小悪魔 が村の集会場にやってきました
八雲藍 が村の集会場にやってきました
黒の剣士GM 「いつの日かやる夫が来る
俺はそう信じている」
チルノ 「ん?掃除道具だね? どうしたのこれ?」
チルノ 「ところで、メンツを見て……ここ早苗鯖だったっけ???」
大妖精 「はい、じゃあチルノちゃんこれ。
ほうきと、ちりとりね。」
チルノ 「えへへ~!だって大ちゃん大好きだもん!」
霍青娥 「こんばんは、よろしくお願いしますね」
霊夢 「こんばんわ。…元気な妖精がいるわね」
チルノ 「大ちゃんと一緒だから実質あたいの勝ち。」
大妖精 「もう…チルノちゃんってば相変わらずなんだから…」
霍青娥 が村の集会場にやってきました
霊夢 が村の集会場にやってきました
大妖精 「わかりましたー」
チルノ 「大ちゃん見てから入村余裕でした!!!」
黒の剣士GM 「二人きりだがすぐにチルノがきたぞ安心しろ」
チルノ が村の集会場にやってきました
黒の剣士GM 「こんばんは、40分開始予定なのでそれまで待機よろしく」
大妖精 「二人きりですねー」
大妖精 「こんばんはー」
大妖精 が村の集会場にやってきました
黒の剣士GM 「全員許可」
黒の剣士GM 「1」
黒の剣士GM 「2」
黒の剣士GM 「それではカウント
3」
黒の剣士GM 「準初心者入村許可」
黒の剣士GM 「初心者枠入村許可」
黒の剣士GM 「「ー、o,-'!
     >,'"´⌒ヽ
      .i ,'<((ハノ〉〉    オオキイAAハツカレルワ…
  /`-(リ! ゚ ヮ゚ノリノ^ヽ
 (、ハ,ノk_メ`ll><lliつハ,ノ
     (ン'/ `´メゝ
     `!,ンィン"´

以下、告知より抜粋。
普通村の定義は曖昧な所もあるけど各自で判断して頂戴。

■開始前の流れ■
村が建ちます→初心者枠入村許可→準初心者枠入村許可→入村許可

初心者枠に該当する方は【初心者枠入村許可】、と言った後に入ってきてください。
準初心者枠に該当する方は【準初心者枠入村許可】、と言った後に入ってきてください。
また、特別枠の人は初心者枠入村許可後なら好きな時に入ってきてくださって構いません。

【入村許可】前にはカウントダウンしてから入村許可を行います。
この入村許可後は好きに入村して構いません。

■初心者枠該当条件■
以下の条件を両方満たしている人が初心者枠に該当します。

①スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバにおいて普通村の戦歴が50戦以下
②真紅鯖定期初心者村での戦歴が15戦以下

■準初心者枠該当条件■
以下の条件を両方満たしている人が初心者枠に該当します。

①スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバにおいて普通村の戦歴が100戦以下
②真紅鯖定期初心者村での戦歴が15戦以下

なお、スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバは
やる夫系、鉄村人狼系、iM@S系、東方ウミガメ系、猫又系などです。
よく分からない人は恐らく該当してるでしょう」
黒の剣士GM
   ───────────┐
  │やる夫達の初心者村  ....│
  └───────────┘

               /::::::`゙' 、 _   _,. --─ 、
             /:::::::::::::::::::く´メ´::_:::::::::::::::::: /
            >''"´ ̄` '' ´       ヽ::: /
          /                     V-、
        /                       |::::::\
        イ  /      ;' ,ハ  |_ ./|  |:::::/    この村は「初心者村」よ。
      |  |  | ‐-/,.∧;'   | ,/| ,/ ト. |:/ |     ルールを守って、楽しく遊びましょうね。私との約束よ?
      l  l  ! ./´l`メ i  ,!/ァ─-、 !  |  |
        !, i  | /!、j_,リ       ,.,./  ,  ヽ.
       ソl  |,ハ ,.,.   '      /  /     ':,   γ'"´\
          |,/  ,!      -‐ '  /  /    / ,ハ/       \
        /   /.ト 、;'´|     ,.イ  /|  / ∧ !          \
      /  /   .!  ,! !,>r< !/ >--─‐ く             \
      !/|/∨ヽ|iン   !_ン|_,/ //::::/     ヽ             \
          /   l´、   |/ ム_,__/ /::::/ /     '               \
         ./     し|   ∨⌒}´\ .|:::::|  |     |              ∧
        /   ./ゝ、__ノ ̄ `!" ヽ/ |:::::|  |     /             ∧
        ,'   / /くー' 、   ト、 j  .|:::::| /    /                  ',
      ゝ く  /  〉、__    イ \  |:::::|,く    /  人   人   人   ノ

(↓一般枠向けテンプレ)

■ローカルルール纏め■
入村許可制、トリップ必須、昼AA禁止

(↓ここから初心者枠向けテンプレ)

■この村について■
この村は初心者を場慣れさせるための『初心者村』。
でも、あまり育成要素などを期待してはいけないわ。
どんなことであっても、自分を強くするのは自分自身。そうでしょ?

■禁止事項■
過度の暴言、無益な村人騙り、意図的突然死
早噛み許可前の超過前噛み、昼間のAA(夜・遺言は可)など…

■入村許可制について■
入村許可制っていうのは、村に入る際にGMが許可を出してからでないと入村をしてはいけない制度のことよ。
記念村や特殊村ではこの制度が採用されているので、初心者村で慣れてしまいましょう。

初心者の人は【初心者枠・特別枠入村許可】が出されてから入ってきてね。

■トリップについて■
ユーザ名の欄にトリップ専用入力欄があるでしょ? そこに、自分が好きな文字とかを打ちこむのよ。
例えば、トリップ入力欄に「幻月」って打ち込むと『◇nZ3F7B/M2E』って感じで村では表示されるわ。
これは、まったく同じものを作るのが非常に難しいの。無数のパターンがあるからね。
だから、これは自己の証明手段、つまり成りすまし防止として使えるのよ。

私のトリップは『 .2TxrisQ1I』という文字列だけれど
これだけを見ても、ここから元の文字列を判別することはほぼ不可能でしょう」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 黒の剣士GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 8626 (キリト02)」
村作成:2019/08/17 (Sat) 20:58:42