←戻る
【紅3860】やる夫達の普通村 [7093番地]
~良くも悪くも気軽にどうぞ~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon やる夫GM
(生存中)
icon やらない夫
(生存中)
icon できる夫
(生存中)
icon 博麗霊夢
(生存中)
icon 罪袋
(生存中)
icon アリス
(生存中)
icon ジロウ
(生存中)
icon 竈門炭治郎
(生存中)
icon できない子
(生存中)
icon でっていう
(生存中)
icon 零崎双識
(生存中)
icon ルナサ
(生存中)
icon クマ吉
(生存中)
icon
(生存中)
icon 汐見琴音
(生存中)
icon 十六夜咲夜
(生存中)
icon 大尉
(生存中)
村作成:2020/03/24 (Tue) 20:58:43
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → やる夫GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 4882 (やる夫3)」
やる夫GM 「禁止事項】
 村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼COを除く)
 人外の村人騙り騙り(狼、狂人、狐問わず、役職CO後からの撤回村人COの禁止、村人騙り禁止であるため)
 システムメッセージのコピーペースト
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ

【準禁止事項】
 昼の初心者CO、初心者騙り
 狼の超過前噛み(狼側が諦めた場合は許可)

【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
 投票延長は1日1度まで 遅れる場合は名指しで警告します。遅くとも2:00過ぎまでには投票しましょう。

【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【初心者の方へ】
 ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/
 ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼・共有の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html」
やる夫GM 「2週間ぶりの普通村とかマジかお……30分開始」
かり が幻想入りしました
かり 「よっす」
やる夫GM 「よろしくだお」
やる夫GM 「こうしてあとは気長にまつんだおー……」
かり 「そーだ、お祭り村試してみてくれてあんがとな」
かりなのかー が幻想入りしました
かりなのかー 「よろしくー」
やる夫GM 「どもどもだお
まあ気が向いたらまたたててみるおー」
やる夫GM 「よろしくだお!!」
かり 「ゲルト的なあれこれの新オプションが(雛には)実装されたので、
真紅にも適用されれば俺が元気のある時に立てる予定」
かりん が幻想入りしました
かりん 「少しRPはお待ちを」
やる夫GM 「おっおっおっよろしくだお!」
かりんぎ が幻想入りしました
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → てるよ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 41 (蓬莱山 輝夜)」
てるよ 「よいしょ」
てるよ 「あっ」
てるよ 「俺とか喋ってたからかえよう」
かりんぎ 「こんばんは
例のオプションを見て必ず役がかけるモードが実装されたのかと
勘違い仕掛けたのが私だ」
てるよ 「てるよ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:てるよ → ギコ
アイコン:No. 41 (蓬莱山 輝夜) → No. 317 (ギコ猫)」
ギコ 「それはそれでおもしろいかもね」
アリス が幻想入りしました
ギコ 「いやギコはなんかないな」
ギコ 「ギコ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ギコ → やらない夫
アイコン:No. 317 (ギコ猫) → No. 6763 (やらない夫06)」
アリス 「アリス さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 4688 (アリス02)」
ジロウ が幻想入りしました
やらない夫 「結局無難にやらない夫」
ジロウ 「バトルの準備ができたらホロセウムの前に立ちな」
アリス 「ちょっと私筋トレしてるからまたあとでね」
かりん 「かりん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりん → 博麗霊夢
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 10860 (霊夢3)」
博麗霊夢 「お待たせしたわ。私よ。こんばんわ」
やる夫GM 「やらない夫!やらない夫じゃねえかお!!」
かりりんぼうめ が幻想入りしました
できない子 が幻想入りしました
かりりんぼうめ 「よろしくお願いします」
できない子 「よろしく」
博麗霊夢 「アリスが筋トレ…?どこぞの風月さんの所思い出すわね」
かりなのかー 「かりなのかー さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 9162 (できる夫2)」
やらない夫 「意外にも人数がまぁまぁ居る」
かりなのかー 「かりなのかー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりなのかー → できる夫」
でっていう が幻想入りしました
零崎双識 が幻想入りしました
でっていう 「俺様参上っていうwwwwwwwwww」
できる夫 「やる夫スレ勢が増えてきましたね」
やる夫GM 「ある程度揃えば割とドバっとくるもんだお」
やる夫GM 「やるやらできできだお」
零崎双識 「やあアリスちゃんできない子ちゃん霊夢ちゃん
お兄ちゃんだよ」
やる夫GM 「できない夫がきたらやるやらできできできだお」
零崎双識 「ところでやる夫くん
幸子ちゃんとか咲夜さんにはならなあのかい?」
博麗霊夢 「妹多いですね(^^;
>零崎双識」
やる夫GM 「むりいうなお!!」
ルナサ が幻想入りしました
やらない夫 「そう言えばそんなスレッドが>やる夫が幸子」
零崎双識 「女装スレとかでなっちゃたりとかしてるみたいだが」
ルナサ 「よろしくね」
できる夫 「やる夫君にそんな趣味が・・・」
クマ吉 が幻想入りしました
クマ吉 「やあ。」
かりんこ が幻想入りしました
やる夫GM 「おとなしく村に幸子ぉ!!よんでこいお!!」
汐見琴音 が幻想入りしました
十六夜咲夜 が幻想入りしました
汐見琴音 「よろしくね」
大尉 が幻想入りしました
十六夜咲夜 「よろしくお願いします」
零崎双識 「霊夢ちゃん>いやいや
零崎たる私の『妹』となるとなかなかね
だが妹的存在は常に募集中さ」
大尉 「えっ」
クマ吉 「隣が可愛い女の子で助かったよ」
やらない夫 「なんか埋まってて驚き」
博麗霊夢 「あっ…(察し)」
大尉 「こ、これは13人族…!」
やらない夫 「どうしたんだ、突如人狼熱が盛り上がってたりするのか」
零崎双識 「ところでやる夫くん」
できる夫 「おっと、もう埋まりましたか」
クマ吉 「初心者鍋がやらないからじゃない?」
十六夜咲夜 「初心者鍋が建っていない影響もあるのでは?」
やる夫GM 「じゃー準備お願いするお」
ジロウ 「2週間ぶりらしいからな」
博麗霊夢 「クマ吉君と大尉さんとかやべー奴のオールスター状態じゃないの
こんなの面倒見てあげられる人いないんじゃない?私は嫌だもん…」
ジロウ 「ああそういうことなのか>建っていない」
かりんぎ 「初日はでっていうとクマ吉と大尉のランかな」
大尉 「しょうがねえなぁ13人以上にするかぁ!
と考えて村に参加する者!(民明書房からの引用」
でっていう 「さっさと吊ればおkっていうwww>霊夢」
博麗霊夢 「えっと、弟的はいないのかしら?
>零崎双識」
大尉 「分かるかお前ら」
零崎双識 「人を殺す鬼、零崎の私を差し置いて鬼ちゃんとか呼ばれてるDKがいるらしい
いやDTかな」
大尉 「クマ吉でっていうと並べられるヘイト扱いという異常性よ」
大尉 「そう」
クマ吉 (♀) が「異議」を申し立てました
大尉 「貴様等は既に我がスタンドの術中にある…!」
やらない夫 「なるほど実は闇鍋とも人員が被っていたのか(すっかり別もんになったとばかり思っていた」
クマ吉 「僕は紳士であり女の子でもあるんだよ!!」
やる夫GM 「人狼陣営がやらない夫、できる夫、できない子の3Wになる可能性もあれば
大尉、クマ吉、でっていうの3Wになる可能性もあるお……前者も後者もなったら笑うお」
できる夫 「鬼はいないけどそこにクマならいますよ>零崎」
大尉 「うわきつ…」
零崎双識 「霊夢ちゃん>いやいや
可愛い可愛い弟がいるからね
可愛さ剰って半殺しにしちゃったけど
だって学校サボるから」
でっていう 「俺様100日後に死ぬでっていうプロジェクト進行中なのでwwwwwwwwww
初日に吊られることはないっていうwwwwwwwww」
かりんぎ 「♀クマ吉か」
できる夫 「ただの女装じゃないですかね?>クマ吉」
ジロウ 「去勢されたのか…(困惑)>クマ吉」
大尉 「それじゃあただの後追いにしかならんだろう>でっていう」
汐見琴音 「100日後に死ぬ(明日生きてるとは言ってない)」
零崎双識 「できる夫くん>うーん
熊っ娘はいないからね物語シリーズ」
クマ吉 「できれば女の子に去勢されたいな!」
大尉 「ここはそう、100日間死に続けるでっていうで
新しく企画を通そうと思うんだ大尉さん」
かりんこ 「かりんこ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりんこ → 鴨
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 2497 (鴨02)」
かりんぎ 「かりんぎ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりんぎ → 罪袋
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 8651 (罪袋02)」
できる夫 「ヒロインは大尉自らやるなんて・・・>大尉」
「よろしくおねがいします」
罪袋 「TSクマ吉と聞いて!
あれ、見た目普通だな…でも女の子なら
俺が相手をするしか無いのか…?
そういう趣味のやつに心当たりはあるんだが…」
でっていう 「連続吊りとかでっていうアイランド以外無理だろっていうwwwww」
十六夜咲夜 「なんだか懐かしい村の面子ですね」
クマ吉 「野郎ばっかりじゃないか!」
罪袋 「で、マジで♀なの?>クマ吉
性別によって紹介するやつを変えないといけないんだが」
大尉 「この村のママ枠は…」
博麗霊夢 「どうなってんでしょこの面子(困惑)」
やる夫GM 「かりりんぼうめがおにゃのこになる可能性を捨てるなお!!」
クマ吉 「紳士であり女の子でもあるよ>罪袋」
大尉 「ルナサちゃんは確定として…」
博麗霊夢 「怖っ!
>零崎双識」
大尉 「場合によっては咲夜さんとアリスも考慮に入る…!」
罪袋 「そうか、じゃあ両方呼ぶわ>クマ吉
撮影先の名刺を渡すんで、今度来てくれな」
ルナサ 「>大尉
…なんのこと?」
博麗霊夢 「クマ吉…ちゃんなの?えー」
かりりんぼうめ 「かりりんぼうめ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりりんぼうめ → 竈門炭治郎
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 10759 (竈門炭治郎)」
大尉 「ロリ霊夢ちゃんは解釈違いです三冊ください」
博麗霊夢 「大丈夫なんでしょうね?この村」
竈門炭治郎 「すみません遅れました!よろしくおねがいします!」
クマ吉 「撮影って僕をどうするのさ!?まさかピーみたいに!?」
やる夫GM 「よし皆投票したってことは準備できてるおー
やらない夫ー開始していいお!!」
博麗霊夢 「見ちゃ行けないわ(遠い目)
>ルナサ」
アリス 「あぶなっげほ」
できる夫 「アリスさんは筋トレ中ですか」
ルナサ 「>霊夢
そうするわ…(遠い目」
アリス 「筋トレ終わってないのにはじめるんじじゃ」
罪袋 「大尉は今度ハマーン様のところに送るわ」
やらない夫 「ほーい」
竈門炭治郎 「鍛えることはいいことですよね!」
やらない夫 「そんじゃー20秒後に開始するわ」
大尉 「     /                   _      `,
      !                    `ヽ     l
     /                       !      !
    /     /  /                 、l , -     ',
   l     l   !,ィ               ノ'       ',
   ヽ     !  !l!             , , ノ        /
    ヽ    ト、 ヽ  ! /, _,.-_ ,ノノ ,ィノl'ヽ/,       ,'
   ,...ノ'   | ヘーヽヽl(/ l'´ ≧ミ、_ ,ノ' ! リ! l       ト!_
 r'´イノ    ヽ リ   r'`    ヽヾ歹、=、ヽ ,_リ=、  l  ノ l `
 !( ゞ,.     ´r、 r'       ̄` ヽ  /ゞクイノ /ノ ノノ
 }ヽ、`` ー- _i´, ノ'.lヘゝ          /  /ー '´_, '´      結婚を前提に>ルナサちゃん
 l   ̄` ー- 、`ヽ、l,_        _   l  / ,(´
 !        ` ー-、ヽ       ヾ=-' ,.', ィ、丶、
_,ゝ          _レ'-―- ..,'' ―=- ,イ(   `ヽ\
           `iーrヘ ̄`ヽ、` ー, - '一ー- 、   ヽ.ヽ    ママって呼んでもいいっすか…!
                l lー-ヽ _, -`´ , --‐_レ‐- `)  /∠、
                | | ヽ./ r=ー'―‐'´-、  ̄ `ヽ///ニ,
              ! ト.ノ   , ―---=、_ヽ l / \ ヽ
            ヽ〉′      , - 、 `i.| !/   〃,.、!
               /        '   ヽ_!!l'    ヽ'へ\
            /              `ヽ      ヽヽ
やる夫GM 「おめー準備できてないなら投票しないほうがいいお……>アリス」
博麗霊夢 「それが良いでしょうね。神前結婚式で大人しくさせましょ
>罪袋」
できる夫 「ハマーンさん速達でよろしく」
罪袋 「TSしたらやることは一つだ>クマ吉」
大尉 「とりあえずハマーンに叩きつけようとするのいくないと思うんだ」
やらない夫 「10秒前」
ゲーム開始:2020/03/24 (Tue) 21:29:01
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆やる夫GM GMはスバルだおー
皆各自頑張れお」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆やる夫GM やる夫はアクタージュかチェンソーマンのアニメ化を心待ちにしてるお
呪術廻戦も応援してるおー」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆やる夫GM チェンソーマンだってファンアート少なかったのに
6巻発売されたらレゼのファンアート増えまくったり
吉田ヒロフミ登場したらまたファンアート増えまくったりするし
何がきっかけで同人なりが出るかはわからんもんだお……」
「◆やる夫GM やらない夫のアイコンでかき混ぜているものは納豆ですか?
という問いをやる夫にするんじゃねえお!!!!!」
やる夫GM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やる夫GMさんの遺言 皆丸太は持ったな!?
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
できる夫 「おはようございます!」
クマ吉 「ボクが此村の占いさ!大尉●」
十六夜咲夜 「おはようございます」
アリス 「おはー」
ルナサ 「>大尉
貴方には私なんかより素敵な女性がきっと見つかるはずよ、ね?

間に合わなかったのでこれを朝の挨拶に代えさせてもらいます、
ルナサ・プリズムリバーと申します COある方はよろしくどうぞ」
零崎双識 「チェーンソーは是非見たいね
だがアクタージュは声優さん大変そう
名演技を再現しないといけないから」
汐見琴音 「おはようございます」
罪袋 「今更気がついたけど俺の横列って白くね?
霊夢も紅白から紅を抜いたら仲間になるってか?」
できない子 「おはよ」
ジロウ 「おう」
博麗霊夢 「おはよー。大尉さんとハマーンさんの結婚式の依頼が入ったけど
神社でも良いのかしら?お金になるなら引き受けてあげるわ巫女だもん
博麗神社に参拝とお賽銭もお願いね

世間話はここまでよ。さ、役職宣言お願いするわ」
やらない夫 「うーっすおはよう」
ルナサ 「霊能伏せで 」
竈門炭治郎 「惨劇の前触れにはいつも血の匂いがする
この村に巣食うとされる人狼を倒せるのは吊り縄のみ
だから俺は刃ではなく言葉で戦わなくてはならない
頑張れ炭治郎!俺はやれる!」
大尉 「占いCOルナサちゃん○」
クマ吉 「理由いるかい...?」
でっていう 「www」
できる夫 「●」
「ではCO聞きましょう」
博麗霊夢 「おっと、霊能伏せでCO聞いて」
大尉 「ルナサ・プリズムリバーは
私のママになってくれるかも知れない女性だッ!!!」
アリス 「んじゃ共有CO霊能伏せ」
罪袋 「っと、大尉●www
マジか!?」
でっていう 「大尉吊ってもいいっすか?www」
十六夜咲夜 「●が見えておりますので大尉様のCO次第ですね」
ルナサ 「大尉、霊界でいい人みつけてね…(COある?)」
できない子 「いわゆるひとつのカウンターカミングアウトね」
大尉 「噛まれてやるから残せ」
竈門炭治郎 「●の2まで把握です!」
汐見琴音 「別に吊ってもいいとは思う>このタイミングでCCO」
できる夫 「おっと大尉はCCOですか」
博麗霊夢 「えっと、CCOだけど…」
「吊っていいのではないでしょうか?」
やらない夫 「綺麗なカウンターが決まった、んじゃ他てきとーにやりたい進行決めといて」
アリス 「大尉吊りになるだろうから霊能は朝いちばんで  」
大尉 「噛まれないなら打ち勝ってやるから残せ」
クマ吉 「CCOするよねそりゃ」
ジロウ 「個人特定にならねえんじゃねえのか~?と口にしようとした瞬間に
いやなるなあ…って理由だな」
罪袋 「すげー大尉を吊りたいと思いつつ
ネタ特攻もありうる位置なんだよなあ」
零崎双識 「まあレゼちゃんと吉田ヒロフミは良いキャラしてるし
レゼ編は綺麗な作劇してたからね
人気なのは解る」
十六夜咲夜 「占いCCOですか…。それであれば一旦様子見してもよろしいのでは?」
できない子 「個人的趣味でいうなら残せという占い師は残すほうが趣味だよ」
やらない夫 「共有がそういう進行選択ならそういう方向で」
大尉 「以上、吊るなら吊るで止めはせん」
竈門炭治郎 「>できる夫さん
その●のみって相槌の●でいいんでしょうか?」
アリス 「素村吊り即かまれとかわらないから>初日真占い吊りでも」
大尉 「ガチで行かせてもらう」
できない子 「でもたぶん私が何言っても関係なく共有の趣味で決まるとしか思ってない」
やらない夫 「ひゅー>打ち勝ってやるから」
できる夫 「共有は一人出て指示した方がいいんじゃないですか?
無理にとは言いませんが」
ルナサ 「と思ったら私に〇で占いCOと…」
博麗霊夢 「吊って霊能判定○なら破綻吊り。●ならクマ吉君?ちゃんを真で見る」
できない子 「つまり無責任飛行。」
博麗霊夢 「ま、共有出して指示仰ぎましょ」
できる夫 「ええ、●出てますねって打とうとして失敗しました>竈門炭治郎」
罪袋 「さっさと決めようか、共有
残すなら霊能を引っ張り出してついでに対抗占いまだいるかという感じになってな」
ルナサ 「吊って進めるのね」
ジロウ 「大尉本人はかなりの闘志だな
霊能が伏せてるならどっちもありだし共有に進行は任せる」
零崎双識 「個人的には残す方が好みかな」
アリス 「だから安心してクマ吉の手にかかって逝きなさい」
クマ吉 「そるならボクも圧倒的信用差で勝って見せるさ」
でっていう 「もうアリスちゃん出てるよっていうwww>できる夫」
竈門炭治郎 「占いCCOなら吊らずに待機でいいと思います
2COなら●警戒で潜伏もあるでしょうし、今焦って占い吊りするべきではなさそうです」
「大尉は朝一ではありますが後ろから数えたほうが早い出立ちですから
大尉 「大方狂の特攻なので吊られてやる義理が余りにない
噛まれあり得るならそちらを狙えるのでその方がいくらかマシ」
十六夜咲夜 「ご本人が仰るとおり噛まれなければというものですし
真なら真ででっていう様が有利なのは変わりませんので、共有霊能を出してグレランよろしいかと」
ルナサ 「うん、無駄占いあるし共有は両方出ていいと思うけど
まあこれ以上は言わないわ」
博麗霊夢 「ああ、アリス共有で出てるわね。把握よ」
罪袋 「アリスが共有で大尉をハマーン送りらしいんで
了解だ」
アリス 「あ、相方不在だからよろしく」
竈門炭治郎 「>できる夫
了解です、2COで少ないかな…って思ってたんでCOと誤解しました」
でっていう 「同人誌的な意味ですか?っていうwww>クマ吉の手で~」
大尉 「護衛要らんから残してくれとは言うぞ」
零崎双識 「アッハイ>相方不在」
できる夫 「出ないなら大尉吊りでいいんですかね?」
博麗霊夢 「大尉さんは真なら…ついてないわね」
「それは言わなくてもよかったのでは>共有初日」
やらない夫 「あっはい」
クマ吉 「その吊りする以上、護衛はボクでよろしくね。狩人欠か護衛にかけて即抜きされかねない。」
できる夫 「あ、アリスさんが共有でしたか」
十六夜咲夜 「共有初日なら尚更様子見をしたほうが無難ではないでしょうか…?
まあ、この様子ならもう意見を変更しそうにはありませんが」
「言ってしまった以上仕方ありませんが」
博麗霊夢 「つまりは占いも真混じり確定ね
>アリス」
竈門炭治郎 「不在ってことは初日欠けですか
潜伏はあるかもしれませんが、この二名の占いCOに真混じりで間違いなさそうかな?」
クマ吉 「そもそも霊COしてなかったね!(ガバ)」
汐見琴音 「こういう進行だとありがたいほうかもね」
罪袋 「つーかクマ吉の理由…ある意味スゲーいさぎいいけど
呪殺が出たら迷ったわな
大尉とか誰でもネタで持てそうだし」
大尉 「お前大尉がCCO用の占いとか用意してると本気で思ってんのかよ(真顔>鴨」
できない子 「占いで初手吊られて面白いわけもないし
私が真占いで●もらったら絶対自分残し主張しかしないからなー
それか狩人CO」
零崎双識 「大尉>私なら残して指定したんだがね
ま、これも巡り合わせだ」
ルナサ 「共有初日と…うーん」
ジロウ 「大尉吊るならむしろ灰にいるオレ達がお前が真なら狼は任せな…!とでも言うべきなんだろうが
まだエンジンがかかってないんだよな」
できない子 「今の発言はややメタメタしかったですね」
博麗霊夢 「ハマーンさん送り…結婚式の依頼が入ってたけど恋のキューピットががいたのね…
>罪袋」
大尉 「っていうか主張が純粋に気に入らないわ
遅いからってんなら皆が挨拶してること自体に苦言を示せよ」
できる夫 「なぜかCO部分だけ見れてなくて
共有も霊能も伏せてって読んでしまいました>でっていう」
汐見琴音 「>できない子
人狼村に参加してる以上占いでも村でも初手つられて面白いことは絶対にないと思う」
竈門炭治郎 「あの、進行決まってる状態で聞くことじゃないかもしれませんが
大尉さん占いCOの、初日共有真混じり濃厚で急いで吊る必要ってあるんでしょうか…?」
「ネタにする程度ならルナサ相手は余裕と考えてます>大尉」
罪袋 「クマ吉が攻めか
…袋がいるならやるぞ、大尉
罪袋の新入りは常に募集中だ」
大尉 「ってか共有初日なら尚更残してほしかったんだけどダメっすか」
零崎双識 「何が切っ掛けと言えば
アニメ放映してから煉獄さんと炭治郎くん増えたよね」
ジロウ 「一応聞いておくが明日は潜伏占い師がいるなら霊能者の結果見てからCOでいいんだよな
具体的には単独霊能者が○出してたら潜る」
博麗霊夢 「共有初日は痛いわね、状況に応じて霊能と連携取りながらになりそうだわ」
罪袋 「すげー喜びながら強化するんじゃねえかな>霊夢」
やらない夫 「んー、大尉吊るかどうかってのはつまり
・大尉が噛まれてくれる
・大尉が実は狩人
・対抗より技術的に明確に優れた真占いで、信頼勝負されてもこの後勝てちゃう

ことに期待して残すって感じになるけど、そこに共有初日との関係性はないと思う」
クマ吉 「なにそのプレイ!?>罪袋」
十六夜咲夜 「ほとんどないですね>炭治郎様
ただ、指示すべき共有が指示している以上、変更しにくいものですから…」
大尉 「ないだろ、残して???>共有初日で急いで吊る」
できない子 「まぁ村人でも吊られて楽しくはないだろうけど
占い師は村人より来る確率も少なくて特別だし、みたいな話」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
やらない夫0 票投票先 →大尉
できる夫0 票投票先 →大尉
博麗霊夢0 票投票先 →大尉
罪袋0 票投票先 →大尉
アリス0 票投票先 →大尉
ジロウ0 票投票先 →大尉
竈門炭治郎0 票投票先 →大尉
できない子0 票投票先 →大尉
でっていう0 票投票先 →大尉
零崎双識0 票投票先 →大尉
ルナサ0 票投票先 →大尉
クマ吉0 票投票先 →大尉
1 票投票先 →大尉
汐見琴音0 票投票先 →大尉
十六夜咲夜0 票投票先 →大尉
大尉15 票投票先 →
大尉 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
大尉さんの遺言      /                   _      `,
      !                    `ヽ     l
     /                       !      !
    /     /  /                 、l , -     ',
   l     l   !,ィ               ノ'       ',
   ヽ     !  !l!             , , ノ        /
    ヽ    ト、 ヽ  ! /, _,.-_ ,ノノ ,ィノl'ヽ/,       ,'
   ,...ノ'   | ヘーヽヽl(/ l'´ ≧ミ、_ ,ノ' ! リ! l       ト!_
 r'´イノ    ヽ リ   r'`    ヽヾ歹、=、ヽ ,_リ=、  l  ノ l     鴨、主張が純粋に合わない`
 !( ゞ,.     ´r、 r'       ̄` ヽ  /ゞクイノ /ノ ノノ
 }ヽ、`` ー- _i´, ノ'.lヘゝ          /  /ー '´_, '´
 l   ̄` ー- 、`ヽ、l,_        _   l  / ,(´
 !        ` ー-、ヽ       ヾ=-' ,.', ィ、丶、       炭治郎、主張はいい、だが圧がない
_,ゝ          _レ'-―- ..,'' ―=- ,イ(   `ヽ\
           `iーrヘ ̄`ヽ、` ー, - '一ー- 、   ヽ.ヽ
                l lー-ヽ _, -`´ , --‐_レ‐- `)  /∠、     思考に対して私吊りへの苦言が薄く思う
                | | ヽ./ r=ー'―‐'´-、  ̄ `ヽ///ニ,
              ! ト.ノ   , ―---=、_ヽ l / \ ヽ
            ヽ〉′      , - 、 `i.| !/   〃,.、!     吊ってもらうとしたらこの二人が良い
               /        '   ヽ_!!l'    ヽ'へ\
            /              `ヽ      ヽヽ
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
できる夫 「大尉真ならクマ吉をそっちへ送ってあげますから仲良くやってくださいね
さて占いの追加があるのか霊能2人出てライン切れるのか
クマ吉と霊能がライン合うなら指定して狩人保護していきたいですね」
できない子 「前提として共有初日なら今日は朝一とるのが村人としての正解なんだよね
ほとんど意味はないとは思うけど。」
でっていう 「霊能CO大尉○ていうwww」
博麗霊夢 「おはよ。霊能は出て来るかしら?」
ジロウ 「おう」
十六夜咲夜 「おはようございます」
竈門炭治郎 「おはようございます
占いの内訳に関してですが
潜伏がありえる以上今の時点で大きくは言えないです
初日欠け共有の霊能が必ずいると考えてますので。
なのでクマ吉が真か偽かだけ考えておきます。
クマ吉真
狼に当たり他潜伏
霊能に白人外でる可能性あり。
クマ吉偽
狂人目、おそらく霊能1…かなもしかしたら狼がでて2くらい?」
「大尉の前に14人
これではCCOを見られてもおかしくはない
村が早かったのかもしれませんが、信用マイナスから始めるのは
大尉がいくらやる気を出そうと信用を返すのは難しいと思ったまでです」
やらない夫 「うっすおはよう」
ルナサ 「霊能者CO 霊能結果 大尉〇」
汐見琴音 「霊能CO 大尉●」
零崎双識 「私としては占い初日吊られ面白いはずがない
というのは完全同意なので汐見ちゃんとできない子ちゃんが好みではあるが
まあ別に人外目かどうかとは関係が無い」
クマ吉 「霊夢ちゃん◯」
罪袋 「まぁ、なんにしても霊能結果を見てになるのか?
こういうときに共有初日だと助かるってのはある
ジロウが大尉に構いすぎてるように見えたのは気になるぐらいか」
博麗霊夢 「お、平和が出てるわね」
竈門炭治郎 「霊能3!?」
でっていう 「うはwww死体なしwwww」
クマ吉 「共有初日への反応が一番遅い。
大尉吊への個人的な反対賛成意見がない。
そもそも大尉にそこまで触れようとしていない。
以上から狐>狼目で占い。」
やらない夫 「なんだなんだ」
ジロウ 「対抗霊能出ないならクマ吉吊ってでいいんじゃねえ」
罪袋 「なんだこりゃ」
竈門炭治郎 「それに平和、ちょっと整理します」
できる夫 「霊能3人?
・・・撤回する共有はいないですよね?」
「ルナサかでっていうから吊りましょうか」
十六夜咲夜 「でっていう様がゲロっていますね…」
でっていう 「抑制した結果wwwwww」
汐見琴音 「繋がりましたね。
何故か対抗た二人出てるけど」
博麗霊夢 「そして霊能結果割れてる…うわあ」
アリス 「へーじゃあ撤回CO相方生存
霊能に人外交じり」
できない子 「共有混じりでないなら琴音吊りにしかならないんじゃない?」
でっていう 「あ、俺様共有ねっていうwww」
「結局は全部ロラはしますけどね」
罪袋 「じゃあ、霊能ロラってクマ吉をその間考えるでいいだろ
なんか死体なしだし」
クマ吉 「これ共有いない?相方欠け嘘じゃないの?」
ジロウ 「霊能3?
実は共有撤回あるんじゃねえのかこれ」
零崎双識 「霊多すぎて
大尉●っぽい」
クマ吉 「だろうね!!」
できる夫 「この平和ってグレー噛みからの狐が濃厚じゃないですか」
やらない夫 「なんで相方初日宣言あるのに2-3なってんだろ、まぁまぁふしぎ」
竈門炭治郎 「すみません、本当に混乱してきました
少し静かになります」
博麗霊夢 「霊能に人外混じりね」
やらない夫 「ずこー」
汐見琴音 「なるほどね、それはいい判断だったと思う>騙り枠出したという意味で」
アリス 「ま、それならそれでいいわ、ロラっごー」
ルナサ 「了解>共有両方生存」
できない子 「人外が混じってないなら狩共霊だしね(揚げ足取り)」
でっていう 「俺様隠す意味あんまなくね?っていうwww」
「死体無しはクマ吉で出てるとは思ってませんので
灰で狐噛んでるのでしょう」
罪袋 「ここでわざわざ大尉●ででるのはそれなりの信用度とは思う」
やらない夫 「なら素直に2-2と、んじゃロラだけど」
零崎双識 「いやまぁうん
うーん」
「なにせ狼は共有初日と思ってたのですから」
ジロウ 「まあ霊能騙り出そうな形だしな
霊ロラでいいのか?死体無し出てるが」
アリス 「抑制されないことにおどろくわ。
狼さすがにいないとはおもうけど」
十六夜咲夜 「あっ(でっていう様とクマ吉様をメモり間違えていた」
できる夫 「あ、共有噛みしてきた?
いや、うーん?」
でっていう 「琴音だけ吊りでよくね?っていうwww
ルナサ大尉の○だしwww」
博麗霊夢 「霊能の内訳が何かが気になる所ね」
罪袋 「○なら霊能追加の必要ねえしなあ…」
クマ吉 「ルナサちゃんも相方だったって感じかナコレ>ルナサちゃんが大尉◯」
汐見琴音 「多分狐、昨日の展開として噛まれ得る位置がどこがどうだ、ってとこだから」
ジロウ 「>罪袋
逆に大尉をガン無視する方がおかしい日だと思うぜオレ」
十六夜咲夜 「まあ、問題ないですね(でっていう様が占いCOしていると勘違い」
博麗霊夢 「噛みが良く分かんない奴だけど」
アリス 「狐噛みで飛び出した、もなさそうだし
情報整理のためにロラでいいよねー」
ルナサ 「ロラでいいです大尉の結果ないので
共有GJだったか灰から役探したら狐噛んだかと見てます」
汐見琴音 「>そういう位置考えて占いして頂戴ね>クマ吉」
博麗霊夢 「相方いたのね
>でっていう」
罪袋 「んー、まぁそうだけど>ジロウ
大尉を一番残したがってる位置に見えてな」
竈門炭治郎 「共有両生存、占い2、霊能3
撤回なしなのでこれで確定。
そうなると初日欠け無しが濃厚
真狼or真狂or真狐-真狂狼or真狼狐or真狂狐
よし、整理できました」
やらない夫 「相方初日宣言なかったら死体なしあったし噛まれ狐が飛び出したもあるんじゃねーのとか思ったけど、そこがあるから狐が乗っ取り期待かける線ほぼ無いんで、

つまり素直な形なのではあるまいか」
できる夫 「霊能でライン割れたならロラでいいでしょう?
さらに狩り保護になりますし」
零崎双識 「鴨>そもそも熊が人外の特攻なら噛まれないよね」
クマ吉 「?そういう位置ってどういう位置?>霊夢」
できない子 「大尉の真狼にかかわらず私は狂人なら大尉〇でCOしなかったと思う
〇〇でそろったとしてもその場合大尉真だから問題ないからね
だからパンダになるということは逆説的に狂人が〇で真が●の可能性があるみたいな」
ジロウ 「クマ吉真なら霊能に狐騙りでもなきゃ狐も保護されるし呪殺狙いで頼むぜ」
アリス 「今グレランしてなんかまとまりつくと思わないし」
でっていう 「終わり間際に共有COしたかったおwww>霊夢」
竈門炭治郎 「そうなると大尉さんへの●がどうかでかなり決まってくると思います」
十六夜咲夜 「私のメモでは占いCOしているはずのでっていう様が霊能COしていたのでびっくりしましたね…
まさか本当に共有だったとは…(狂人ムーブかと思った」
できない子 「推測も成り立たないことはないけど
でっていうだけ早かったし
見てから割った説もまぁ…」
博麗霊夢 「まあでも面白いとは思うわ、進行決まってたし
>でっていう」
零崎双識 「なんかまぁクマ吉ちゃんは私占ってほしいね
そして噛まれたい」
罪袋 「だから割と大尉●じゃねとは思ってるけど
死体なしだし素直に霊能ロラで終わったら指定でよくね?
とは思ってる」
アリス 「とりあえず汐見さんつって
明日占い霊能バトルするかは夜のうちにきめておくわ」
竈門炭治郎 「俺は真狂目と見ているので
おそらく霊能は真狼狐でしょうか、ワンチャン真狼狼もありえそうですが
出てもローラーになる以上普通は片方のみ」
ジロウ 「正直残したかったぞ>罪袋
霊能じゃないの透けるから言わなかったし
ちなみに零崎のことはどう思ったんだ?朝一で触れたか?」
やらない夫 「そういえばそんな古典的戦略もあったな>でっていう早かったし見てから割った」
クマ吉 「ここでグレランして狩人が落ちるのが最悪なんだよね 
だからローラーしてくれない?」
汐見琴音 「今のとこ大尉の○もらってわざわざ霊能に狼騙りで出る理由がないから
対抗は狂人より、初日共有で狐も出るわけもない」
博麗霊夢 「大尉さんの色が分からないわよね、こうなると」
ルナサ 「了解>アリス」
できる夫 「クマ吉真なら狩人保護で楽なんですが
大尉真でも2人外露出でなんとかいけそうですね」
十六夜咲夜 「霊能に関してはクマ吉様が真なら真今日
クマ吉様が狂人なら狼混じりの可能性が高そうなのでロラで問題ないかと」
博麗霊夢 「正直霊能出して昨日はグレランでも良かったんだけどね」
罪袋 「すまん、ぶっちゃけあんまりみてない>ジロウ
言っ割れたからには見てくる」
アリス 「どっちにしても今日のグレランが有益にはおもえないしね」
クマ吉 「大尉の色がわからないって村視点◯か●の二択なんだよ?」
でっていう 「霊能の信用アイコンで変わらんからwwww」
十六夜咲夜 「クマ吉様が狼、ないし狐に関しては可能性が低めなので今は考えなくてよろしいかなと思いますね」
やらない夫 「うん、今回はそっちの進行でいいかもね>●霊吊り

霊がぱぱぱっとCOしてる時はむしろ○霊吊って、くま吉-●霊側で○霊が何になるのか確かめた方がいいんだけど」
竈門炭治郎 「ってなると、なぜ狐らしきそんざいが出たかと考えます
そう考えると怪しいのは大尉○先のルナサさんですかね。
霊能に出る必要がある狐位置って感じると、俺はそこが怪しめと感じます。」
博麗霊夢 「色々ロラは有り難いわよね
>できる夫」
ジロウ 「大尉は結構闘志出してたからよ
大尉本人がああも言うなら残してみたいって思うのが罪袋には人外目に見えたってことなのかね
できる夫 「ロラではないと」
汐見琴音 「ってとこかな。残りのとこはわかんないわ」
竈門炭治郎 「つてテッテ回してる!・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
やらない夫0 票投票先 →汐見琴音
できる夫0 票投票先 →汐見琴音
博麗霊夢0 票投票先 →汐見琴音
罪袋0 票投票先 →汐見琴音
アリス0 票投票先 →汐見琴音
ジロウ0 票投票先 →汐見琴音
竈門炭治郎0 票投票先 →汐見琴音
できない子0 票投票先 →汐見琴音
でっていう0 票投票先 →汐見琴音
零崎双識0 票投票先 →汐見琴音
ルナサ2 票投票先 →汐見琴音
クマ吉0 票投票先 →ルナサ
0 票投票先 →汐見琴音
汐見琴音13 票投票先 →ルナサ
十六夜咲夜0 票投票先 →汐見琴音
汐見琴音 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
博麗霊夢 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
博麗霊夢さんの遺言 楽園の素敵な巫女の狩人日記

01日目
今日の護衛:不可能        
護衛理由:無し

02日目
今日の護衛:アリス           
護衛理由
指定役護衛。余りにもクマ吉君が特攻に見える大尉さんの態度と
クマ吉君が真でも護衛入ってるとの読みで即抜きに来ないとも判断
相方が初日のアリス護衛で行くわ

備考:狐噛み発生(クマ吉君に噛み行ってるなら狐)
  
03日目
今日の護衛:アリス             
護衛理由
クマ吉君の狐特攻考慮で行けば妥当な位置
ここはもう1回アリスで良いもんね

          ♪        ,.-r、.
    r'7ー-..、     _,.,,_    /::::::ヽ!、
   //::::::::::::`ヽ、 ,.:'´:::::::`ヽ/:::::::::::::::::Yi
   { !::::::::::::::::::::;>'''"´ ̄ `"''<:;::::::::::!」
   }.!:::::::::;ゝ'"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;::::!_!
   「/::::::;:':::;::::::::;::::::::::;:::::::;:::::';::::ヽ.:::::::::Y_/
   `ヽ/:::::;':::::/::!:::::::;!::::::ハ::::_!_:::::!::::::!:::!、
♪   /;'::::::i::::;'::/!-‐/!:::_」 レ'_」_`ハ_レ'::::!:::ヽ.
   /::i:::::::::i::::i/,.'-‐-´   ´  `!__!):::ハ:::::::〉、
  ,rく::::ハ;:::/!_;ハ ,.,.     __  ""i::::|::;イ:::';:::/ン'
  `'ミ_コ_;ヽi´::!_,i'、    l'´  `; ,.:'!::::!:::!-r'ア´ i 
    /::::::;'::i::::!:/`iァ.,、..,,__,,. イ::::!::::|/'´「   | l  バン
    ;'::::/!::!::::!::::::,.ィ'ヽ、  /ヽ、!::::!:::::;'!  | l l|  人.__
    !::/::::::';|:::::!7´ヽ.ヽ /ム //|:::;!ヽ!_|  /)、    (
    レi:::::::/!::::::!:::::::::V/ ハヘ / レ'_L_ァ'´)' ' ')  Y⌒ ☆ バン
     '、:/ レ、ハ:::::,,..く. - ''"´」二二二二二二二二二二i
     r'",.-/、`ソ´_,,.. - ''"´ |               |
     / '´./i   ソ´       !   これが 素敵な  |
    ;' /;':::ゝイ         |               !
    ! ! i::::::::::';        |     賽 銭 箱   |
汐見琴音さんの遺言 霊能CO 大尉●

あの初日で噛まれるとこだとできる夫とかジロウとか発言少ないけど意思見せてそうなとこかな
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
零崎双識 「ローラーありがたいとか言っちゃう霊夢ちゃんは占い処理位置なんだけど
いかんせんクマ吉くん信用していいかが汐見ちゃん出たタイミング的に悩ましい

鴨くんは大尉の遺志継いで吊ってあげたらいいんじゃないかな」
「大尉真なら真狂ー真狼
大尉が狼なら真狼ー真狐を軸にしたいところですね
真狂ー真狐は狼有利過ぎてあまり考えたくないです」
できる夫 「ルナサさん大尉の○なんですよね
大尉真ならあって○人外ライン割に来たなら大尉-ルナサの初手囲いで不利と見て霊能に出たのか
大尉真で考えるなら狼は大尉吊りに反対してなかったところですかね
逆にクマ吉真なら狩り保護していけばいい話で」
竈門炭治郎 「おはようございます
申し訳!!!!!ありません!!!!!
共有の撤回を見落としました!俺はバカだ!
普通に2-2-2ですね、霊能3なら狐まじりなんて言ってしまった事全撤回します!
ラインつながってるのは クマ吉さん-汐見琴音さん
大尉さんの○、ルナサさんが○だしで擬似ラインって感じかな?
うーん……俺は正直狼が霊能に出る利点があまり浮かばないんですよね
クマ吉真のケースなら狼つられているのでおそらく狂人が霊能に
クマ吉偽のケースなら多分霊能に出るのは狼なんじゃないでしょうか…クマ吉とのラインつなげかなぁ」
十六夜咲夜 「おはようございます」
ルナサ 「霊能結果 汐見琴音〇」
やらない夫 「うっすうっす、昨日霊能の名前とかどうでもよくて把握してなかったけど、
○出してるルナサって大尉の○だったのね。

いやー2-2からの変則1-2で占霊バトルはあんま現実的じゃねーだろって思ってたけどそれならアリスの考えは納得。」
できない子 「おはよ。」
罪袋 「零崎についてはもののついでに、大尉を残さない?
という感じだったな>ジロウ
お前への便乗もあるかと考えると占い先ならこっちがいいかという結論にはなった」
アリス 「いいわねー」
ジロウ 「グェー!>遺言」
クマ吉 「罪袋◯」
竈門炭治郎 「昨日は!本当に!申し訳ありません!」
できる夫 「おっと、狩生dが。」
十六夜咲夜 「狩人がいきなり噛まれていますが…」
クマ吉 「狐狙い。
霊ローラー終わっ鱈ボクの真偽を考えるの3発言後にボクを猛進してるような発言があるからね。なんか矛盾してるように感じたよ」
アリス 「んじゃグレラン、クマ吉が噛まれるかどうかみるにはいい機会だわ」
やらない夫 「何か噛まれ死体が狩人日記出しててくそわろ」
零崎双識 「ローラーありがたいとか言うからぁっ」
「狩人噛みですか
いや 眼が良い狼ですね」
できない子 「そりゃ妖狐噛みだろうけどね」
でっていう 「なんすかこれwww」
罪袋 「霊夢狩人かよ!
…で、やっぱ狐噛みだよなあ」
アリス 「吊り増えてるし完璧」
ジロウ 「オレは大尉真の可能性をそれなりに見てる村人で
罪袋はクマ吉真(というよりは大尉贋)を濃いめで見てる奴ってことなら筋は通るっちゃ通るな
別段村を強く見るって話じゃないが」
竈門炭治郎 「噛み先遺言での狩人COってほとんど真目ですね
隠していたほうがいい気もしますけど…」
クマ吉 「うっわ>霊夢狩人」
ジロウ 「>できない子
ところでできない子の私が狂人なら~ってアレ
”私は狂人なら霊能結果○でCOはしない”で本当に合ってるのか?あんまよくわからんのだが
3日目に朝一発言は今日は早い方がいい!ってのは良い事言ってるなーと思ってるぞ(追伸)」
できる夫 「遺言には狐噛み発生と書いてありますね
そしてクマ吉護衛してなかったと・・・」
やらない夫 「狐噛みらしいし、んだね>グレラン+クマ吉噛まれるか見る」
十六夜咲夜 「ではクマ吉様が噛まれなければ騙りということで
この状況で、狐を把握している狼が占いを噛まない理由はありません」
「クマ吉視点でルナサが狼ということはないでしょう
霊能に狼でるくらいなら占い追加で出す方が勝ち目あると思いますので」
ルナサ 「ふむ」
できない子 「全てめんどくさいので汐見琴音妖狐だけ切れば妖狐生存だからみたいな進行何ならしてくれても構わないんじゃないかとか」
罪袋 「ああすまん>クマ吉
周りの話を見てるうちに噛まれたのどことか考えてたら変なこと言ったかな」
竈門炭治郎 「>やらない夫
あ、本当だ。昨日の平和ですね」
アリス 「グレランねー」
アリス 「狼も狐把握してるならへんなこたおきないでしょ」
罪袋 「で、クマ吉即噛みとかねえだろうし、狐噛み濃厚じゃねって感じではある昨日は
ルナサについてはあれだ
大尉に○で出るのが狼と思わないなら残しもありとは言うがな」
やらない夫 「ふつーに見れば今日霊夢噛んでるってのは狼がクマ吉真進行してそうだけど、はてさて」
できない子 「少なくともクマ吉狼だったとして昨日狐噛んだなら
昨日今日の〇で狐囲ってる可能性ってほぼないと思うけど」
クマ吉 「そういうことをグレーがいうとボク噛まないんじゃない?>噛まれないなら騙り」
ジロウ 「大尉残してほしいなオーラはジロウの方が出してそうだと言われたら否定できないかもな>罪袋」
十六夜咲夜 「はい、グレランをしつつでいいですね」
アリス 「奇数だしいうことないわ」
罪袋 「ああ、狩人遺言が出たならルナサ残しでいい
明日の状況次第だ」
零崎双識 「罪袋ちゃん>無理無理カタツムリだったからね
アリスちゃんの様子的に
私吊られてやるから大尉残そうぜ!
って言って聞く共有には見えなかった
本当にそうかは知らんけど」
アリス 「だれが真にしても好条件」
できない子 「だから〇両方吊れば…みたいな…現実感が薄い提案だよね」
でっていう 「クマ吉ぃwwww狐誰?っていうwwww」
できない子 「分かります」
できる夫 「クマ吉真なら呪殺出してくれれば簡単なんですが
大尉真だとやはり吊りに行ったところですかね?」
竈門炭治郎 「>できない子
うーん、汐見琴音さん狐だけはないんじゃないでしょうか
初日共有と言っていた時なら、霊能真生存濃厚。
その状況で狐が騙りに出るのはリスクが大きすぎて自殺行為かと」
十六夜咲夜 「クマ吉さまの○に関しては霊夢様が噛まれているので今のところ除いてグレランでよろしいと思います
囲い候補といっても罪袋様だけですからね」
ジロウ 「ああ保護する役職がいないのか
クマ吉視点での狐云々はあるが真ならそもそも明日死体だろうし」
クマ吉 「ボクは占いだから狐は誰か知らないよ。」
やらない夫 「実際大尉真だったとして、2日目に柱吊って大尉残すのが有益だった例見たことねぇけどなぁ」
「で大尉真については朝一の推理なので
ルナサは非狼だと思いますよ
それでルナサ噛んでくれるかどうかは分かりませんけど」
罪袋 「そういやそうなんだな…>俺囲い候補」
ジロウ 「どうせ大した事を今日はもう言えんだろうしログ見直してくるわ」
できない子 「妖狐がグレランで吊れない限りはクマ吉真なら銃殺リスク抱えてクマ吉残す意味もう狼にないから
クマ吉真なら妖狐だけ吊らなければそうなるんじゃない。」
でっていう 「推理して当てろよっていうwwwwwwもうwwwww
まぁ狼でいいけどwwww」
アリス 「だって大尉真で霊能2がでたとき大尉勝つ未来に賭ける進行
は勝ち目あんまないよー」
十六夜咲夜 「あなた様が真占いであれば生きている限り有利なのだから焦る必要はありませんよ>クマ吉様
吊らせる進行を取ろうとしても狼の噛みは歪みますからね」
零崎双識 「ジロウくん>●結果で繋がる→霊ロラほぼ決まる
●と○で割れる→特攻アシストとしては朝早く出れれば最上」
できる夫 「罪袋 「そういやそうなんだな…>俺囲い候補」
あっ、自分で言うんですね なら少し安心です」
竈門炭治郎 「狐確定しているならクマ吉真なら噛まれますよね
狩人もいませんし、明日残るなら真切ってもいい気がします」
アリス 「大尉が真のこと考えるからつるんだもの」
やらない夫 「のでちーっと柱考慮しましたーみたいなのは胡散臭い感じなかぁないかなー」
できない子 「炭治郎君は突っ込みどころが昨日からなんかなんていうか
そこに食いつくのかって感じがするけど」
「そういうこと言う灰がいると真でも残されたりするので言わないほうが吉だと思います>竈」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
やらない夫0 票投票先 →零崎双識
できる夫1 票投票先 →できない子
罪袋0 票投票先 →零崎双識
アリス0 票投票先 →竈門炭治郎
ジロウ0 票投票先 →十六夜咲夜
竈門炭治郎1 票投票先 →できる夫
できない子2 票投票先 →
でっていう0 票投票先 →できない子
零崎双識3 票投票先 →ルナサ
ルナサ1 票投票先 →十六夜咲夜
クマ吉0 票投票先 →零崎双識
2 票投票先 →十六夜咲夜
十六夜咲夜3 票投票先 →
4 日目 (2 回目)
やらない夫0 票投票先 →零崎双識
できる夫1 票投票先 →できない子
罪袋0 票投票先 →零崎双識
アリス0 票投票先 →零崎双識
ジロウ0 票投票先 →十六夜咲夜
竈門炭治郎0 票投票先 →できる夫
できない子2 票投票先 →
でっていう0 票投票先 →できない子
零崎双識4 票投票先 →
ルナサ0 票投票先 →十六夜咲夜
クマ吉0 票投票先 →零崎双識
3 票投票先 →十六夜咲夜
十六夜咲夜3 票投票先 →
零崎双識 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
でっていう は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
でっていうさんの遺言 6でクマ吉吊りすっかなぁどうすっかなぁwwwっていうぐらい
グレランは基本○無視でいいと思うけどwwwwwww
○吊りしたかったら指定のが確実かなっていうwwwww
零崎双識さんの遺言 やらない夫>有益だった例を私は見たことがあるし

その方が楽しいからやるんだよ解ってないなぁ
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
罪袋 「灰数的に一日だけなら呪殺出せやでクマ吉残しは一応あるが
多分クマ吉かルナサが死んでるとは思う」
クマ吉 「たんじろー●」
できる夫 「クマ吉真なら簡単なんで大尉真ならって考えてみますか
罪袋 「すげー大尉を吊りたいと思いつつネタ特攻もありうる位置なんだよなあ」
大尉真ならここがすこし浮かれてるような気がしますね 真占いに刺さったからとか?
鴨 「大尉は朝一ではありますが後ろから数えたほうが早い出立ちですから」
これも大尉吊りに行く発言に見えますね 共有の考えを後押ししてるような
クマ吉 「「狩人遺言が出たから、明日噛まれないならボク偽」と唱えた人から占おうかな。
できない子、たんじろーが該当するけどできない子よりは、最後に便乗してた形のたんじろーを狼狐目で占うよ。」
できない子 「私がは狂人なら霊能結果○でCOする
なぜなら霊〇〇でそろう場合は大尉真なので問題ないから(狐は無視)、という意味
言い方を間違えたのには気づいてたけど別にいいやと思ってスルーしてた。」
竈門炭治郎 「おはようございます
>鴨
昨日はすみません、余計なこと言ってしまったみたいで…
でもやっぱり考えついた事は発言していきたいです。
村に意見を落とすってことはそういう事だと思ってますから。

>やらない子さん
つっかかり…ってなんでしょうか?」
ルナサ 「霊能結果 零崎双識〇」
十六夜咲夜 「おはようございます
真なら残された方がいいではないですか
むしろ話題にせずに扱いを決めかねる方が態度としてあやふやですよ
そう私は思いましたので鴨様に投票しましたね」
やらない夫 「うっすおはよう、んでふむ」
できない子 「あとは自分の発言に責任をもってたぶん鴨は噛まないんじゃないか投票しました
割とそういう目で見たときどこでも噛まれそうに見えたという説もある。」
竈門炭治郎 「俺に●ですか」
アリス 「たんじろー狐ならCOしていいよ、生かしてあげる」
クマ吉 「うん、ボク噛まないならキミ狼ダヨねと言う」
罪袋 「っておお?
チキレやりたい狼?
あるのかどうかになるんだがえー」
できる夫 「クマ吉からまた●が飛び出ましたね
飼っていいんじゃないですか?」
やらない夫 「へー>有益だった例見たことある」
竈門炭治郎 「昨日の考え通り、やっぱり貴方偽だったんですね」
ジロウ 「クマ吉噛まれない奴なー
これいつでもクマ吉噛めるし村がクマ吉即吊り+ルナサ真決め打ちしてくれたらラッキーであえての放置ってあると思うか?」
やらない夫 「うーん」
竈門炭治郎 「俺は狐じゃありません!」
できない子 「で、クマ吉狼なら妖狐に投票していてつまり双識で吊れたが一番無難なんじゃないの
グレーに投票して足跡残すより私ならそっちのほうが絶対いいと思うけど」
十六夜咲夜 「共有を噛みますか。そしてでっていう様が二つ目の●を投げますと
今のところ吊る選択肢はないですね。狩人もいないはずなのでCOもいりません」
罪袋 「どっちにしたってこの●はキープでいいだろ」
クマ吉 「彼は狼だよ>アリス」
できる夫 「共有噛みですね
クマ吉は呪殺出せないと・・・」
「3日目朝一時点で共有以外は共有初日と思ってたのがネックですが
それでも狐噛み見て霊COした は割とあると思ってるので
クマ吉が何にせよ、クマ吉が呪殺出せる見込みってあんまり見てません」
やらない夫 「なんか流石に理由と結果がスムーズにいきすぎてない?クマ吉

という感はある」
罪袋 「うーんとルナサ偽なら狂でも狼は判別できてるわけで」
アリス 「ぶっちゃけゼロサキ狐だとおもうので」
できる夫 「告発もないんですか?>炭治郎」
できない子 「あとはできる夫人狼な気がしました。」
ジロウ 「悩める事があるだけむしろ要素は増えて嬉しいのかもな
でっていうの遺言通り○撤廃しつつグレランでいいんじゃねえかな」
竈門炭治郎 「まず俺視点
真 大尉-ルナサ
偽 クマ吉-汐見琴音 これが確定
つまり未だに3W確定、1F濃厚です」
十六夜咲夜 「はい、罪袋様の言うとおり、クマ吉様の真贋に問わず吊るべきところではないかと
吊っていい場合はクマ吉様が狂人で誤爆してしまった、ぐらいですね」
クマ吉 「告発したらが占うからね。そりゃできないよ」
やらない夫 「えっアリスそういう想定ならなんで昨日増やすんれいさきに」
竈門炭治郎 「>できる夫
だから俺はCOありません!本当にないんです!」
罪袋 「双識で狐が連れたなら
クマ吉真でも残すのは十分にあるんだよなあ」
できる夫 「うわ、本当だ
クマ吉投票・・・」
アリス 「はーい、それじゃ指定進行しまーす、いいでしょーかー」
ルナサ 「呪殺出たら狼ほぼ負けるのに噛まれないクマ吉
偽要素は十分あるし私視点クマ吉吊りしかないけど
共有がいる間は大声は出しません
私真決め撃てなんて通るわけがないので」
ジロウ 「昨日クマ吉が真なら今日噛まれてるだろう~って言ってた十六夜がこの状況どう見てどう進行したいと思ってるか聞きたい」
できない子 「霊夢がクマ吉の〇だったのならクマ吉噛んでも残る〇1個だけだったわけでしょ
それこそクマ吉真で噛まないのって双識狐以外ではないと思うけどね」
罪袋 「だから双識を狐で見るかどうかでもあるんじゃね?
クマ吉をどう見るかは」
アリス 「村だとしてもアリス投票はあとでいわれるし。
別に昨日時点でなんとなくそうおもう=確定ではないもの>やらない夫」
竈門炭治郎 「霊能ロラだけはしないでください!
俺視点真、もし俺が吊られてもルナサさんの結果ですべてが見えます!」
やらない夫 「ほーんクマ吉の投票先と被るんかー
俺はクマ吉まぁまぁ真に見てるからこのままだけど、
今日の時点でまぁまぁ偽に見てるやつ居たし、そこらへんはそーしき助ける票変えするかもなーって思ってたら誰もやらんくてふーんって感じだったんだけど」
アリス 「というわけで指定罪袋」
できる夫 「狩人もういないしCO無しはそうでしょうね>竈門炭治郎」
やらない夫 「いいっすよ>アリス」
ジロウ 「いいぞ(王者の風格)>アリス」
できない子 「ルナサ人狼?そんな蛮勇をふるう狼ならそうする理由はあるだろうけど
本気では考えてない。」
十六夜咲夜 「ここで指定するのですか?
いえ、クマ吉様が騙りであればルナサ様の結果的に狼は全く吊れていないので
ここで狼を狙うのはその通りなのですが」
クマ吉 「ボク真さては切ってるね?」
アリス 「クマ吉の〇
クマ吉と投票あわさってる。以後つりずらい。」
やらない夫 「っていうか遺言でも2人位していきなよ」
「できる夫はクマ吉真明確に見てたようには見えませんでしたが
炭次郎に告発聞くのはネタでしたか?」
罪袋 「COなし
ルナサとのラインでも見て考えたいならいいぞ
俺は囲い候補だしな」
ルナサ 「汐見はほぼ狂よ
共有初日と思ってる狐が乗っ取りに来るはずがないので」
できる夫 「お、いい指定ですね」
アリス 「ありがとう、そういうのわかる人好きよ>罪袋」
ルナサ 「了解」
竈門炭治郎 「クマ吉の囲い候補把握です
そこなら俺は異論ありません」
ジロウ 「クマ吉の○は承知ってことでの指定だよなそれは
会話してた身からするとそんなに吊りたいわけでもない位置だった罪袋は」
できる夫 「ボクの朝一見ました?>鴨」
できない子 「予想だけどクマ吉はルナサ噛まれるまでは生きてられるんじゃない。」
やらない夫 「ルナサ狼はまぁ普通無いからそこがクマ吉以外の誰か吊るっつーんなら従わないでもないけどね、そりゃ」
十六夜咲夜 「大胆ですね…
やはりその、思考や進行が合わないので戸惑ってしまうところが大きいです」
竈門炭治郎 「そうなんです、ルナサさんが○出している以上は
真狼-真狂がほぼ確定」
罪袋 「うん、よく考えてくれるならそれでいいさ>アリス」
アリス 「ちょっと潔すぎて残したいっておもうけど
ぶれちゃうと不満でるからね、本当にありがとう>罪袋」
できる夫 「クマ吉真なら楽って書いてますよ」
竈門炭治郎 「クマ吉は飼い狼にするべきです、告発も期待できます」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
やらない夫0 票投票先 →罪袋
できる夫0 票投票先 →罪袋
罪袋9 票投票先 →
アリス0 票投票先 →罪袋
ジロウ0 票投票先 →罪袋
竈門炭治郎1 票投票先 →罪袋
できない子0 票投票先 →罪袋
ルナサ0 票投票先 →罪袋
クマ吉0 票投票先 →竈門炭治郎
1 票投票先 →罪袋
十六夜咲夜0 票投票先 →罪袋
罪袋 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
罪袋さんの遺言 じゃあ、村人なんでな
俺を推理の軸にでもしてくれるなら本望さ
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
ジロウ 「できない子の返答は受け取ったわサンキューな
なお既に2-2の内訳考察は俺の頭から既に抜け去った模様」
「◇できる夫  「クマ吉真なら楽って書いてますよ」
そうですね 真なら楽です 私もそう思います
で、クマ吉真を強く見てるのですか?と聞いています>できる夫」
十六夜咲夜 「おはようございます
このまま共有が噛み抜かれるかどうかですね
噛み抜かれるのであれば遺言の指示に従いますが
クマ吉様吊りにならなさそうな気配なんですよね…」
クマ吉 「やらない夫●」
ルナサ 「霊能結果 罪袋〇」
できる夫 「炭治郎はボクへの投票理由言ってないですね・・・
できない子さんも理由もなくボク疑ってますね
投票されたからですかね?ならこっちも見ていきますか

できない子  「あとは自分の発言に責任をもってたぶん鴨は噛まないんじゃないか投票しました
割とそういう目で見たときどこでも噛まれそうに見えたという説もある。」
責任もって投票?周囲説得して吊りにいったほうがいいんじゃないんですか?
ただの1票投じるなら身うち切りだってできますよ」
アリス 「へー偶数にしてくるんだ」
やらない夫 「ほー」
クマ吉 「ボクの占い理由が「できすぎ」と呈してたけど、それでどういう想定をしたのかがわからない。
ボク狼らたんじろー狐とでも言いたいのかな?」
できない子 「おはよ」
竈門炭治郎 「おはようございます
大尉占い クマ吉狼
ルナサ真 汐見琴音狂
これで内訳を提出します、汐見さん狐は今までの推理からないと断言出来ます。

くま吉の発言を精査しましたが反応していたのは
霊夢、罪袋のみ」
やらない夫 「んでさらにほー>俺●」
できない子 「妖狐生存確定路線じゃない」
できる夫 「また平和ですか」
「狐残りということですか」
十六夜咲夜 「狐噛み、でしょうね…
さすがに霊夢様の狩人遺言が騙りということはないでしょうから」
竈門炭治郎 「平和ですか、狼は確実に狐補足済みですね」
やらない夫 「これどうなんだろな、クマ吉偽だったわけだけど、
狼どの位クマ吉真進行する気あるんだろ」
クマ吉 「...で、ボク目線狼全露呈だけど狐...?」
アリス 「おっもしろ」
できる夫 「つまり零崎狐じゃないことを見せながら
偶数にしたってことですかね」
「クマ吉真はないですね
クマ吉真で狐噛む余裕なんてないです」
ジロウ 「できない子は村でも人外でもありそうだがただただ強いなって感想
村と決め撃てねえけど吊らない(吊れない)

竈門炭治郎はグレランしてたら投票したかもしれんが良くも悪くも●で吊れない位置になったな

十六夜がなんとなくレベルで目下投票しそうな位置」
やらない夫 「罪袋はまぁまぁクマ吉真追い続ける気ありそうな発言してたけど、
でもあいつの発言は「そうしきで狐吊れてりゃ真でも残すのある」だったからして」
十六夜咲夜 「狐噛み出来る位置、かつルナサ様視点では3w生存ですか…」
ルナサ 「3W1F残りなので今日クマ吉吊りしてほしいです>アリス」
やらない夫 「狐がどうも今も生きてるらしい現状成り立たねぇしな」
できる夫 「クマ吉視点全狼露出ですか・・・
騙りでそんなことするんですかね?ちょっとわからないな」
クマ吉 「たんじろーが見つかったから噛み合わせ狙いとかかもしれないね」
竈門炭治郎 「霊能結果は真です、
つまり3W1Fが確定」
できない子 「まぁ狐以外吊りたいよねでしかないけど
それ以上言うとある問題が発生するので…」
アリス 「クマ吉真の場合はもう狐盾できないから
クマ吉吊る意味がない」
ルナサ 「狩人遺言が出てるのに死体無し、私視点の狂人は琴音でほぼ確定
だからほぼ確実に3W1F残りです」
「なのでクマ吉吊ってルナサ軸で見ましょうか
ルナサ噛まれるような気はしますが」
十六夜咲夜 「まあ、クマ吉様が真であれば狐を噛む必要はないといいますか
それぐらいならクマ吉様を噛んで灰吊りに持っていったほうがいいことなので
この展開であればクマ吉様真はほぼ切れる線かなとは思いますが」
竈門炭治郎 「全視点から役目が終わっているくま吉を残す必要はないと考えています
狼なのは間違いないので、飼うのもありですが…人数が厳しいですね」
ジロウ 「クマ吉視点●3つ出たわけか
欲しいのは狐だが既に死んでる説まであるしな
ルナサ狐ってクマ吉視点じゃあるのか?」
アリス 「炭次郎とやらない夫のほうで柱したい人どうぞ」
「いやルナサ軸なら3w残りで村役噛む余裕もなかったりしますか
飽和される可能性も考えると」
やらない夫 「理想で言うならクマ吉以外の狼吊って、だけど、
狩居ないから潜伏狼吊った所でルナサ噛まれて不明で終わりじゃねーの?」
できる夫 「呪殺出さないなら真でも偽でも吊るって考えですね
そこから全グレランですよ>鴨」
アリス 「村人なら吊られていいわよ」
十六夜咲夜 「クマ吉様が狂人の場合もう一回狐噛みしないと
3w1fであれば飽和してしまうんですよねこの展開だと」
できない子 「ルナサ吊り→クマ吉吊り→柱吊り
で、クマ吉狼ならクマ吉が告発するだろうし
クマ吉が真なら狼が出てくれるだろう
とかじゃダメ?」
やらない夫 「んーんじゃ俺出るわ」
ジロウ 「半ば狐盾ってことか」
アリス 「んじゃ炭次郎吊り」
クマ吉 「ルナサちゃん狐はさすがにないか」
竈門炭治郎 「まってくださいこの人数で柱にでたら明日飽和では?」
やらない夫 「あんまりゴリゴリの飽和進行するのも好みでないけど」
できる夫 「炭治郎とできない子さんはボクへの疑い理由教えてください
もう書いてたならすみません」
アリス 「そういうのにグッとくるのよ>やらない夫」
やらない夫 「やめーやそういうの(キレ」
できない子 「ある問題とはその通り是村がどっか柱する展開だよなとは思いつつ
でも自分ではしたくないな…という問題なので」
十六夜咲夜 「やらない夫様…」
ジロウ 「草」
竈門炭治郎 「まってください!俺吊りですか!?」
アリス 「狐ならCOしなさい」
十六夜咲夜 「後一回吊り増やしてクマ吉様を吊って勝負でしょうか…?」
やらない夫 「それなんだよなぁ>できない子」
できる夫 「アリスさん強気すぎる・・・」
「違います
クマ吉真なら狐噛みするくらいならクマ吉噛みすると思うのでクマ吉吊り意見です>できる夫」
ジロウ 「狐CO出たらやらない夫投票か?」
アリス 「そしたらクマ吉吊ってあげる」
竈門炭治郎 「COは…ないです」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
6 日目 (1 回目)
やらない夫2 票投票先 →竈門炭治郎
できる夫0 票投票先 →竈門炭治郎
アリス0 票投票先 →竈門炭治郎
ジロウ0 票投票先 →竈門炭治郎
竈門炭治郎7 票投票先 →クマ吉
できない子0 票投票先 →やらない夫
ルナサ0 票投票先 →竈門炭治郎
クマ吉1 票投票先 →竈門炭治郎
0 票投票先 →竈門炭治郎
十六夜咲夜0 票投票先 →やらない夫
竈門炭治郎 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
竈門炭治郎さんの遺言             {                 \ ____/      \ _____
          \              \                  /
           \      危        }                 /
              >      ない!! /                {
           /       /:} __ _/     く  気         \
  出  乳    {      /::::://\      だ  を           >
  そ   房     \    /:::::::::/::::::::::::::\     さ  つ       /
  う   が       >   {::::/::::/彡=-- /     い  け       /
  で  零    /  人::{/   <:i:i:<      !! て       /
  す  れ   /    /:::::/ ヽ   / \i:\               {
  !!      \   〈://    ll     ̄ }            \ ___
         / _/:::::′●    ●  /              >.: .: ニ=‐┐
          <   ⌒¨7:::     '     /             /.: .: .: =ニ.:.:∧
___     \  _ノ::::i 〈二二二二ヘ  ̄ ̄ \           /-=ニ∧.:..:.:.V.:.∧
    _ \/ ̄\> ⌒Y {  V////////|     (。 }   __   |.:.:.:V.:.:∧.:.:.:.V.:.:∧
  rf { {ry  「「 {┐  / 八  V///////|   rヘ|/⌒ニ=-、\|.:.:.:.:.V.:.:∧.:.:.:.V.:.:∧
  | .:://  rv l :{ |  〈_/  >、 「二二二 }  ..: V/{ \:i:i:i:i:i:i:i:\.:.:.__ -=ニニ=-  ̄.:.:.:
  、r<∧  \ __人 rヘ __/:i:i:\ ̄ ̄ ̄´イ/ }/|  \:i:i:i:i:/「ニ=-  ̄∧.:.:.:.V.:.:.:.
   V /\  _〉_/\ \:i:i:i:i/ ¨¨¨ 「_/\   ̄  /\/  \.:.:.:.:.V.:.:∧.:.:.:.V.:.:
   </////\V/////\ \/ 「二二ニ=-:i:i:i\ ___/:i:i:i:i∧   ∧.:.:.:.:V.:.:∧.:.:.:.V.:

3W1Fは間違いないんです!
明日必ずクマ吉を吊ってください!
そこが真だとしても、俺を含めて●2つ!彼視点は吊られても問題ないはずです!
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
できる夫 「あと3吊り
クマ吉呪殺出さないなら今日吊りじゃないでしょうか?
鴨さんが突っかかってきてるけど私はできない子さんの方が気になります
理由聞きたいですね グレランで鴨投票してから鴨のこと触れてませんね?どうしててです?
疑いの止めたならその理由聞きたいですね あとボクを疑った理由も下さい
答えが返ってこないならボクピエロじゃないですか」
やらない夫 「おっとー?」
十六夜咲夜 「おはようございます
やらない夫様かクマ吉様を吊るものかとばかり…
ぶっちゃけクマ吉様吊っておいたほうがよくありませんでしたか?
クマ吉様は狼より狂人側だと思うのですが…」
アリス 「えーそこまでしなくていいのに」
ルナサ 「霊能結果 竈門●
できる夫 「ふぁっ?平和?」
「おはようございます」
ジロウ 「狐生存ほぼ(炭治郎狐以外)確定してたわ
今日も狼の動き待ちで狐盾続行か?」
クマ吉 「...さてと」
やらない夫 「今日吊り増えるんだな、意外」
アリス 「ちゃんと4灰で勝負してあげたわよーw」
「●吊れたと なるほど」
できる夫 「え>●なんですか?それなのに平和?>ルナサ」
やらない夫 「えっ>炭治郎●」
ジロウ 「ルナサ視点でも●なのか」
できない子 「2-3見て長々考えてるのは素なら狐ではなさそうだけど
若干わざとやってるような気もするよね、ぐらい>炭治郎
クマ吉狼はほぼ固定でしょ、ない夫ー炭治郎で占い噛まない路線する意味が分からない
まぁどこでもわかんないけど。」
アリス 「いや、十分あるでしょ」
クマ吉 「狼COできる夫狐 ボク→できる夫と吊り2吊り勝負 これでいいかい?>アリス」
十六夜咲夜 「そこでルナサ様から狼結果出るんですね
炭治郎様狼は私ではちょっと届かなかったです…」
「クマ吉狐あるのでしょうか?」
アリス 「十分」
十六夜咲夜 「ええっ…!?」
ジロウ 「じゃあこの死体無し何狙いだよ」
「ああ告発してくれましたか
それなら考えることはなく」
十六夜咲夜 「やらない夫様は一体…」
アリス 「できる夫からつるわね、ただし」
できない子 「ここで死体なし出るのって告発するからってことでしょ」
ジロウ 「じゃあもうログ見る奴だよなこれ」
やらない夫 「なんで狼そんな譲歩しちゃってんの、
いやまぁ村的には分けでも別に良かったから(スタートがスタートだしな)
飽和つっぱしったかもしんねぇけど」
アリス 「偶数にされるのはこまるから」
クマ吉 「4グレー最終日はやりたがらない人もいるからね。」
「そうするとこの死体無しは
クマ吉吊りから偶数にするためでしょうか」
できる夫 「できない子さんは怪しんでるところの理由教えてくださいよ」
できない子 「で吊り増やすなら●吊れって普通予想しないと思うけど」
十六夜咲夜 「やらない夫様が狼としてはの柱COをしていたものとばかり…」
やらない夫 「うーん」
アリス 「ここまでしてくれた狼には礼儀をつくさないとね」
ルナサ 「なるほど>奇数維持のための狐先吊り」
できる夫 「それだけ聞いたら満足しますから コーン」
やらない夫 「俺狼柱ならそもそもクマ吉に明確に偽COさせてからやるんじゃねぇのかな……>さくや」
できない子 「狼が偽告発する可能性をケアするなら村は奇数にする必要があるといえばあるけど」
できる夫 「できない子さんと鴨さんのどっちか狼でしょう」
やらない夫 「なるほどね>4灰避けるために狐先吊り」
ルナサ 「COも入ったから本当のようね」
クマ吉 「礼儀を尽くすならボクから吊ってくれないかな?(強欲な壺)」
アリス 「メッ!>クマ吉」
やらない夫 「一応先に狐(仮)を吊っておくと、このできる夫告発が偽告発だった時のケアにもなるんかな、まぁ狼がそれやる意味あんまりない気もすっけど」
できない子 「大尉真よりの考察してて
狼でも考えられそうな妥当な推理が主で
あと私に投票したから>できる夫」
できない子 「4日目ぐらいの話でしょ?」
十六夜咲夜 「そうですね…>やらない夫様
割とクマ吉様が狂人だから狼として出たのかなとばかり思っていましたので
まったく疑っておりませんでした」
ジロウ 「これ別にクマ吉占い結果からやらない夫が白くなったりするやつじゃねえよな

ただ竈門が吊られたくない人外ムーブでやらない夫がどちらかというと残れそうな方に見えたから
あの日やらない夫があっさり柱COして吊られるのは竈門-やらない夫2Wなら怖そうではあるが」
できる夫 「なんでボク告発なんですか!
このクマ野郎!」
クマ吉 「(´・ω・`)そんなー」
アリス 「偽告発にリスクもつけれるし狐先吊りが安定かなーと>やらない夫」
「そも人外有利の盤面で贋告発して村に氾濫されたら一番溜まったもんじゃないのは狼なので
その辺は考慮してると思いますが…」
できない子 「それこそクマ吉狼なら今奇数なら偶数になるのは損しかないから
告発先先吊りは当然だよね」
ジロウ 「ああそういう>奇数固定
いい進行だな」
アリス 「しかしまあ噛まれまくってるわねできる夫w」
できる夫 「疑い止めた理由も出てないですよ>できない子」
クマ吉 「役目で噛んだら狐だったのさ
悪いね>できる夫」
やらない夫 「んでLWねぇ、2吊り耐えてやるぜ!感バリバリなLWって、
できる夫の話信じるとまぁまぁ違和感だけども」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
7 日目 (1 回目)
やらない夫0 票投票先 →できる夫
できる夫7 票投票先 →クマ吉
アリス1 票投票先 →できる夫
ジロウ0 票投票先 →できる夫
できない子0 票投票先 →できる夫
ルナサ0 票投票先 →できる夫
クマ吉1 票投票先 →アリス
0 票投票先 →できる夫
十六夜咲夜0 票投票先 →できる夫
できる夫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ルナサ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ルナサさんの遺言 霊能結果 大尉〇 汐見〇 零崎双識〇 罪袋〇 竈門●  できる夫〇●
できる夫さんの遺言 狐ですよ よくも3回も噛んでくれましたね!!
たぶんできない子と鴨でグレランの日身内切りしてますね
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
クマ吉 「噛み理由 特攻した詫びに大尉へルナサちゃんを早く霊界に届けてあげたかったかったので」
やらない夫 「うーっすおはよう」
十六夜咲夜 「おはようございます
噛みは共有から噛んで行きそうなのであとは村の吊り次第という形になりそうですね…
私としては投票結果があまり意味を成さないのでやらない夫様をどうするかとか
鴨様がなーとしか思っていないのですが」
「おはようございます」
アリス 「じゃあそのままでーw」
ジロウ 「クマ吉吊ってゴーだよな」
できない子 「あえて不利な噛みをすることにより俺狼ならこんな噛みしないよと
やらない夫が狼で主張する説とか絶対ないとまでは言わないけど
それはそれとしてクマ吉吊って2吊りあるなら1吊りは私は鴨吊るよ。」
十六夜咲夜 「霊能のルナサ様を忘れていました…
灰噛み二回あるという想定が…!」
「狼特攻をぶち当てて狐噛んで狩人噛んで」
クマ吉 「せめて吊り縄はできないちゃんか咲夜さんかアリスちゃんに掛けてもらいたいな!」
やらない夫 「咲夜が正直狼に見えねぇんだよなうーん。
昨日えっ何いってんのこの子って思って発言全部見返したけど、狼でルナサから琴音○出てるのガン無視してクマ吉狂だから~とか言えるのかな?という疑問。」
アリス 「一回灰噛まれるから」
できない子 「クマ吉投票済み
全員がそれやって昼が一瞬で終わるパターンとか偶にはあったりしないのかな」
ジロウ 「3択まではいったぞ(進捗報告)」
「狼強くないですかねえ」
十六夜咲夜 「ええっ…。やらない夫様ならうまく処理して臭みも無くしてもらえるのでは…?」
アリス 「鴨も幼女かもしれないでしょ!!!」
クマ吉 (♀) が「異議」を申し立てました
「そうかも」
「鴨だけに」
アリス 「貴様ッ!」
ジロウ 「オレ正直明日十六夜投票しそうでお前村視してるから理由ちゃんと聞いとくか>やらない夫」
できない子 「鴨狼説は昨日この噛みは当然だよね見たいな態度してからでしかない」
クマ吉 「ボクはフローラルな匂いだよ!!」
やらない夫 「熊鍋の臭み抜きはきついらしいぞ~」
十六夜咲夜 「ルナサ様が真の場合そういえばクマ吉様狼でしかなかったですね?>やらない夫様」
やらない夫 「そーなの」
やらない夫 「うーん、昨日マジ何いってんのってことで着目したんだけど、
なんかずっとこの子クマ吉狂言うててどうなんだろなって」
アリス 「その容姿でボクっ娘なんて許されるわけないでしょ!」
十六夜咲夜 「ルナサ様対抗の霊能結果○投げているじゃないですか
狂人特攻に囚われすぎてクマ吉様狼はよくよく考えると可能性大きかったですね…」
やらない夫 「狼仲間でこんなん言えるのかな、でも言えるのかも知れん、
狼だからこそルナサからの霊結果マジ意識してなくって見てなかった、という説は成り立つ……のか?」
ジロウ 「十六夜狼でそこまですっとぼけられるかみたいな話か
確かにクマ吉狼っつーか内訳見えてる奴が言えるかっつーと納得してしまいそうになる」
クマ吉 「ボクは変態と言う名の紳士であり女の子でもあるんだよ!!」
「クマ吉贋見ればルナサ真でしかないので3w1f残りで狼余裕あるので別段死体無し出るのは驚きはしません」
アリス 「私たぶん今晩死ぬからいっておくけど」
クマ吉 「そして夜の狼さ!」
やらない夫 「そうそう、俺はおめさんが狼でそこをマジですっとぼけられるかどうかで悩んでいる」
十六夜咲夜 「いえ、クマ吉様狂人霊能真狼っぽいなーとしか思っていなかったので…」
アリス 「やらないと十六夜咲夜は村じゃないかなたぶん」
やらない夫 「咲夜の焦点はそこだ」
やらない夫 「できない子-鴨の2人はできる夫の言自体はまぁ真っ当だよねって感じに留まる」
アリス 「ジロウできない鴨で迷いそうだけど」
アリス 「ま、参考意見程度に」
十六夜咲夜 「さすがに思いついていたらもっと考慮して思考していますよ…
なんでもっと早く教えてくれなかったのですか?>やらない夫様」
やらない夫 「(なお昨日述べた留保要素はある)」
ジロウ 「じゃあオレとできない子と鴨で椅子取りゲームするか?」
できない子 「でも炭治郎●だったらしいじゃん
炭治郎●だったのに即吊り増やすのは常識的に考えれば不自然だよね、と思いました。」
アリス 「ジロウもできないも村狼あんま動き変わらなそう」
ジロウ 「めっちゃ変わるぞ
オレ狼だと朝一でつい吠えちまうからよ」
クマ吉 「飛べる鴨有利じゃない?椅子取りは」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
8 日目 (1 回目)
やらない夫0 票投票先 →クマ吉
アリス1 票投票先 →クマ吉
ジロウ0 票投票先 →クマ吉
できない子0 票投票先 →クマ吉
クマ吉6 票投票先 →アリス
0 票投票先 →クマ吉
十六夜咲夜0 票投票先 →クマ吉
クマ吉 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アリス は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アリスさんの遺言 やらない炭次郎で●連打は、んー
なくはないんだけどー最終日いたら考えなさいな
私咲夜やらないは村だとはおもう
クマ吉さんの遺言 アオーン...
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
できない子 「昨日の発言を見て分かったのはできる夫はどうやら鴨投票したのに
鴨誘導していないことを疑い止めたと言っていたらしくて私はまた誤読していたらしいということです

それに関してはあの日は鴨はたぶん噛まれないだろうで投票したので
そこが人外かどうかはあんまり意見がなかったで終わり。」
十六夜咲夜 「おはようございます
とりあえずやらない夫様は炭治郎様と一緒に●投げられるというのは
あんまりなさそうといいますか。危険なことはさすがに狼でもしなさそうなので今のところ非狼で見ております。
なので残りジロウ様できない子様鴨様の三択なのですが…」
やらない夫 「なんで教えてくれなかったのかっつわれてもな」
「◇できない子  「でも炭治郎●だったらしいじゃん
炭治郎●だったのに即吊り増やすのは常識的に考えれば不自然だよね、と思いました。」

炭次郎●の翌日に吊り増やすなら違和感しかありませんが…
炭次郎●出る日に吊り増えてるんですよ?」
十六夜咲夜 「教えていただければもっとクマ吉様狼で推理できたのですよ?>やらない夫様」
やらない夫 「>できない子&鴨
実際どうよ君等的に咲夜狼だった時すっとぼけられる感じする?」
十六夜咲夜 「まあ、昼間なんていくらでも言葉でできるので
私の推理や動きを全体で見て判断していただきたいです」
できない子 「そうだね>鴨
つまりあの日狐噛まなかったら8人の2W1Fの3吊りだから
クマ吉が告発してクマ吉→できる夫で吊って最終日って狼視点全然ありうることだったと思うけど」
ジロウ 「強いて言えば鴨の3日目朝一がな
2日目の言動見ると大尉●強く見てそうなのが3日目の朝一は大尉○強めに想定してそうに見える
と思ったけどやっぱり3日目の鴨の言ってることがそのままで…やっぱなしな!」
やらない夫 「ジロウ咲夜を比較したとき、すんなり村人っぽく発言が通って来ないのが咲夜、でも
俺が咲夜狼としてやれる気がしない気がするのが昨日述べたあれ」
「すっとぼけに関してはできる人はできる なので
程度にもよりますがそこ軸で考えることはしないかと」
十六夜咲夜 「ところでジロウ様の動きがないのですが…」
ジロウ 「速すぎて鯖がオレの動きを捉えられていない…?」
やらない夫 「うーん凄いな一貫性」
できない子 「あんまりないけどそもそも今日狼吊らなかった場合に噛まれるのって咲夜なんじゃないの>ない夫
私はそう思っています。」
「撤回してることに反論しますが
大尉●強くは見てませんね大尉の信用を私が返せる気がしなかったので吊ってます>ジロウ」
十六夜咲夜 「ありましたね。発言を見据えて考えたいので発言がないと困ってしまいます…。
今のところ私が考えているのはできない子様狼だとして
鴨様を吊るように動くかどうか?といったところですね」
やらない夫 「んじゃ咲夜かのこと考えるのやめよーっと、どこまであざとく振る舞えるか的なのは考えても解答でねぇし」
ジロウ 「まあ昨日の共有の意見に乗るわけじゃないが
オレはできない子と鴨から吊るすだろうぐらいだな」
十六夜咲夜 「そこができない子様を考える要点だと思いますので
その場しのぎかどうかと鴨様の発言を踏まえて、ということです」
ジロウ 「3日目朝にまさしくそう言ってるもんなあお前>鴨」
「なんでそこで狼視点の考慮から入るのか分かりません
炭次郎○の場合3w1fで8向かえるのが厳しいと思ったから死体無し出ることに違和感なかったのですが>できない子」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
9 日目 (1 回目)
やらない夫0 票投票先 →
ジロウ0 票投票先 →できない子
できない子2 票投票先 →
3 票投票先 →できない子
十六夜咲夜0 票投票先 →
鴨 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
十六夜咲夜 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
さんの遺言 村CO
十六夜咲夜さんの遺言 素村でございます
もし翌日に続いたら私が噛まれているのでは?という発言が
狼でするには危険な発言だと思ったのでできない子様には投票しませんでしたが…
もし、本当に私が噛まれていたらよく考えてくださいますようお願いします
朝日が昇り、10 日目の朝がやってきました
できない子 「◇ジロウ「オレ正直明日十六夜投票しそうでお前村視してるから理由ちゃんと聞いとくか>やらない夫」

言われるまでは咲夜さん吊る気だった理由でも話してもらえれば何らかの参考にはなるんじゃない?」
やらない夫 「うーん意味深」
ジロウ 「4日目に
◇できない子 「炭治郎君は突っ込みどころが昨日からなんかなんていうか
そこに食いつくのかって感じがするけど」
これ言いながら確か他の奴に投票してただろって殴るつもりだが
実は竈門炭治郎に投票してたとかいうオチでも身内票だとか主張するぞ」
できない子 「朝一で言っておくことにより時間的猶予が最大限に与えられるので優しい」
やらない夫 「ジロウの村要素といえば村要素なのが、俺の挙げた咲夜白では?とか、
鴨の反論に(セルフでも言ってるけど)サラッと納得して向かう先を変えられることだが、そだね、
できない子の言う所は聞いときたいかな」
ジロウ 「◇ジロウ 「クマ吉噛まれない奴なー
これいつでもクマ吉噛めるし村がクマ吉即吊り+ルナサ真決め打ちしてくれたらラッキーであえての放置ってあると思うか?」

◇鴨 「そういうこと言う灰がいると真でも残されたりするので言わないほうが吉だと思います>竈」

こういう話だな
咲夜吊る気だったのは」
できない子 「なんなら炭治郎君が真で霊の●を見るまで…正確には死体なしを見るまで…
そこ狐の可能性は別に考慮できたし」
やらない夫 「ふむ」
ジロウ 「なんかやけに十六夜はクマ吉噛まれてなかったら吊るぞ断言してるなあ…と思ったんだよ


◇十六夜咲夜 「ではクマ吉様が噛まれなければ騙りということで
この状況で、狐を把握している狼が占いを噛まない理由はありません」
できない子 「だから炭治郎吊りの日もやらない夫吊ったほう含侵できると思ってたし
そうしたしね、まぁこれは意味ないのはわかってたけど。」
ジロウ 「まあ後シックスセンス的な」
やらない夫 「ん、つまり咲夜がクマ吉を残すために「クマ吉真でも噛まれない理由」をどうこう喋ってた仲間っぽいっていう疑いを持っていた、という意味でいいのか?」
やらない夫 「ちょっとごめんジロウのその返答よくわからんかった」
ジロウ 「なんか他に十六夜を疑ってた要素あった気がしたがなんだったろうな」
できない子 「できない子人狼なら昨日の投票見てジロウはできない子きそうだから
咲夜がジロウ見てそうなのと合わせてやらない夫噛みが強いじゃん!
ってなると思うのでできない子人狼ではないと思います」
できない子 「噛み水利にどの程度の説得力を感じられるのかは人それぞれだね」
ジロウ 「>やらない夫
十六夜が村人ならばなぜクマ吉が真の場合に
狼がクマ吉をあえて噛まずに残して吊るみたいなプレーを許す発言するんだやめろ!的な話」
ジロウ
◇ジロウ 「昨日クマ吉が真なら今日噛まれてるだろう~って言ってた十六夜がこの状況どう見てどう進行したいと思ってるか聞きたい」

だから5日目にこういう発言になって出てきたわけよ」
やらない夫 「ああ、噛まれてくれた方がいいよねって話ね」
やらない夫 「うーむやっぱすっと通る」
できない子 「まぁたぶんジロウ投票するんだろうな…と思いながら最終日に来てることは確かだけど私視点で悩む余地が無さそうな最終日の形になってしまっているのは遺憾ですね」
ジロウ 「オレもジロウさんは村人だと思うから平行線だな>できない子」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
10 日目 (1 回目)
やらない夫0 票投票先 →できない子
ジロウ1 票投票先 →できない子
できない子2 票投票先 →ジロウ
できない子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
できない子さんの遺言 私は狂人なら霊能結果○でCOする
なぜなら〇〇出そろう場合は大尉真なので問題ないから、という意味
狐は無視。
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2020/03/24 (Tue) 23:13:40
零崎双識 「大尉>それでも紳士かね」
やる夫GM 「こんなときどんな顔すればいいのかわからねーお」
「お疲れ様でした」
博麗霊夢 「お疲れ様」
大尉 「おつさまァ!!!!」
できない子 「おつかれさまでした。」
できる夫 「おつかれさまでした」
竈門炭治郎 「お疲れさまです!」
汐見琴音 「お疲れ様」
零崎双識 「お疲れ様」
やらない夫 「かったー」
罪袋 「おつかれさん
狼はおめでとうってな」
アリス 「まけたーwおみごとさまー!」
クマ吉 「お疲れ様ー!
赤帯ありがとうね」
ルナサ 「お疲れ様です」
やる夫GM 「お疲れ様だおー
やらない夫……おめぇ頑張りすぎだお……」
やらない夫 「2人の視点が固定されかけているので、俺の投票を秒で行うことで、
『あいつはもう投票したな、仕方ない』という意識になってくれたらいいなと願うことにした」
竈門炭治郎 「やりましたねクマ吉さん、やらない夫さん!」
でっていう 「ただの陰キャじゃ・・・?>大尉」
零崎双識 「狼はお見事」
ジロウ 「お疲れ様だ
汐見琴音 「総じて人外がグレランで吊れてないんで妥当な結末」
クマ吉 「大尉が紳士失格COしてたら終わってた」
博麗霊夢 「特別ルールの時の時津風の時日和ってませんよね?
>大尉」
やらない夫 「狼やると自分の行動全てが裏目になりそうで怖いぜ本当」
十六夜咲夜 「お疲れ様でした」
「17秒」
博麗霊夢 「狼はおめでと」
できる夫 「狼はお見事です
しかしよくも3回も噛んでくれましたね!」
やる夫GM 「◇やらない夫 「2人の視点が固定されかけているので、俺の投票を秒で行うことで、
『あいつはもう投票したな、仕方ない』という意識になってくれたらいいなと願うことにした」

精神的優位性がなくなるおね実際やられると」
やらない夫 「炭治郎、クマ吉、琴音、全員凄く良く機能してくれた、ありがとう」
大尉 「素村単騎に比べたら圧倒的にひよってるゾ」
十六夜咲夜 「うーん、やらない夫様が噛まれなかったら
というのを残せていればでしょうか?」
アリス 「ジロウできない子も鋭い村人だけに、これは手筋も発言も
ちょっとやらない夫がよすぎた」
ジロウ 「オレができない子ロックしてたことでできない子がやらない夫への考察捨ててたらすまんな」
でっていう 「初心者陣営の勝利ということで実質俺様勝ちかなっていうwww」
クマ吉 「いや、ほんとありがとね
頼もしかった、>やらない夫」
「うん
許容範囲内でした
ごめん大尉 大尉が遅いのではなく周りが早かった>大尉」
罪袋 「大尉と幼女を刺すと正気を疑われるらしいので
どんどん男とさせばいいと」
できる夫 「2日目僕を噛んだ理由ありますか?>やらない夫君」
できない子 「実際やらない夫が投票したかどうか実際見てたけど
どうせジロウができない子投票するなら意味はないなとは思ってた。」
やらない夫 「>GM
この辺俺が村人の時まぁまぁ気にするからね、
できない子とジロウにはあんまり通じて無くて
それでもやはりたっぷり悩んだ上で投票されてしまったが」
竈門炭治郎 「>できる夫さん
投票理由完全に狐だからでした…欲かいて吊れないかなと」
大尉 「余りにも思い切りやられすぎて
逆に感心しかない」
やらない夫 「>できる夫
なんだっけ、霊能噛みたかったんだよ」
アリス 「最終日いてもたぶん投票できなかったとおもうから、まああの日炭次郎
指定した私のマイナスも結構あるw」
大尉 「それでも俺は素村がやりたかった…ッ!(血涙」
やる夫GM 「やる夫も真似するわ>やらない夫」
「一応あの思考から大尉吊ったことは間違ってないと思ってるものの
そもCOの速さ云々については撤回」
アリス 「でもなーあの時点で内心やらない夫村見してたから(炭次郎指定の日)」
博麗霊夢 「実際狼の特攻筋には余り見てなかったわ(下界時点で)」
でっていう 「LWになる前に吊るわ…>やる夫先輩」
零崎双識 「咲夜>そこはちょっと難しい
発言の流れで自分噛みで利がある人間を明示する必要があるけど
その手間だいたい翌日の殴り準備に回すし」
アリス 「やらない夫村なら柱してくれるだろう読みのあの柱希望でとかうごごごご」
クマ吉 「霊狙いでやらない夫に任せたんだよね>できる夫噛 ボクは霊噛めなかった時に◯扱いになるからでるからでルナサちゃんを噛もうとしたけど」
できる夫 「こっち人外見られて焦りましたよ>鴨、できない子」
大尉 「初日は様子見一応入れてたらなんか●食らってんじゃんって
そのままCOした感じなんだけど>鴨」
アリス 「そう、ほぼ村見してるのの追証にちかいのよねー
むずかしい」
竈門炭治郎 「ああよかった、指定の日やっぱり黙っててよかったんだ…
色々すごく悩んだんですよね」
博麗霊夢 「指定展開としては間違いは無かったもの。仕方無しだわ
>アリス」
やらない夫 「んでなんか噛み役を任されてしまったので
(えっまじっとは思ったけど、まぁ真吊れたっぽかったから良かった感ある)、

のんびり発言を見た結果、非霊っぽかったやつを弾いていって、
まぁまぁどっちつかずな感じが霊な気がした(あやふや)
(次点はでっていう)できる夫を噛んだ

なおさっさと俺が弾いたルナサが霊だった」
やる夫GM 「ぶっちゃけ狼特攻で様子見ちょっとはするだろーと思ったら
狼がそもそも秒でCoしてるからなー」
十六夜咲夜 「やらない夫様のほぼ柱な動きに騙されましたね…>師匠
ほぼ狼COしていると思っていたのですが勘違いと思わされました」
できる夫 「あ、やっぱり狐だからですか
なんとなくそう思ってました>炭治郎さん」
大尉 「なんかこの挨拶の感じ見るに
様子見無しでCOするようにした方がいいかなって思うんだ
潜れねえだろこれ(」
アリス 「さて、楽しかったわ、んじゃまたねー
狼はおみごとさま」
罪袋 「初日に大尉を残すかどうかは好みだしなあ…」
汐見琴音 「霊能騙るなら●にしたいなと2日目終了時点で思ってて
朝一で縦読み霊能がいないことだけを見返してました

いたら多分出てない」
アリス 「うにうにwむぐーw>霊夢」
「初手●見えて第一発言遅くしたのは鴨だけだった…」
罪袋 「じゃあ、お疲れさん
クマ吉を歓迎しないとなと」
博麗霊夢 「狩人COしてくれても良かったのよね(噛まれれば吊りが1浮く)」
やる夫GM 「http://alicegame.xsrv.jp/shinku/old_log.php?room_no=7093&db_no=8&heaven_talk=on&reverse_log=on&time=on#date2」
やらない夫 「>やる夫
やはり誰吊ってもいい狼最大のアドバンテージを活かさない手はないぜ、
票読みできてない時はあれだけど」
大尉 「村参加してーから残せって言ってただけで
吊られ自体にはなにも文句はないぞ
誰だってそーする、俺だってそーする」
やる夫GM 「5秒で2発言目だから
10秒様子見しても許されるとやる夫は思います」
大尉 「なんなら私は率先して占い吊る(真顔」
汐見琴音 「初日は割と早い時間で●が出てて
これ私が出ても護衛ぶらせないなと感じて潜りました
それでも早い方の挨拶になったのはありがたかった」
ルナサ 「出るか悩んだけど共有が既に指示出してくれてるし混乱したら
余計ダメだと思うから潜ったわ、大尉は…ライブのチケットあげるから元気でして?」
博麗霊夢 「ではお疲れ様。今回の展開見てて、霊能や占いで初手特攻食らった場合の
狩人COもありだと改めて思ったわ(真狩人が即対抗COって無いから)」
やらない夫 「実際あそこの柱かなりリスク取ってるからね~

できる夫がすんなり吊れそうではなくて、
炭治郎ができる夫に投票してしまった以上は俺がLWになるべきだったし

炭治郎を庇うための柱と解釈されないか怖かった」
クマ吉 「あと大尉は特攻刺さりしてごめんね
大尉か罪袋辺り占いでボク●引いてる気がしたから特攻した」
汐見琴音 「というのが今回の村の狂人視点、
それではお疲れ様」
できる夫 「大尉が占い引くと変なことばかり起こりますね」
やらない夫 「後俺は狼柱っていう認識で柱はしてないな、
村柱トレースで柱してる」
ジロウ 「オレできない子は普段ならとりあえず最終日に回して結局吊らない事が多い気がするから
狼のムーブがイカしてたな」
やらない夫 「>咲夜」
大尉 「いいか」
零崎双識 「咲夜がどうこうできる要素ではないし
気にしない人は気にしない
で確実な人外要素ではないけど
咲夜噛まれに反応薄くない?が取っ掛かりになるかどうかかな>咲夜」
竈門炭治郎 「>やらない夫さん
やはりあの投票は目立ちすぎましたねすみません
狼目に見られることで先に指定されてよかったです」
十六夜咲夜 「ですよねー。タイミング的には村を指定された狼が出てきた、と思ったので狼と最初勘違いしていました>やらない夫様」
やらない夫 「>やる夫
えっ凄い、秒数まで見られるんだ

そんな機能あったんだな」
でっていう 「それじゃおつかれっていうwww村建感謝」
大尉 「                                '.
                 ハ 八      、     i
               ノリノ j/  \j八  \   |
          '" __彡'  ノ'    ノ'  \  ∨  }
        ,′ __`≧z、 `    ィ≠‐》 ノ  ,′
        / ノゞ't逎艾ゞ `   /f逎フ`jノjノ |
  f⌒ヽ   {   `~`   ゙`   ( ¨ ゙` ノ(  j   真初手●のグレラン試合とか
  |   }   }             ∨/   |   ノ
 ,八  ,′ ,′            _∨   ハ /
    ヽ{   (_,            r‐´   ,' Y
      \__彡         _ _   / 乂_     俺が一番好きな展開なんだよォ!!!
        |         〈 ̄::::::ァ  /  彡′
       } \          一   / `Y
       ノ}   丶.            /   ノ
      从         __, イ  ′       なんで俺が占いなんだよクソがァ!!!!
     ノ(              ̄|   (   )y
  _彡(¬…ー-    ___|___ `ー彡
       ....:::::::::::::::::::::::::::::::/゙\:::∨//\
    //\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/⌒ヽ\∨///¨>ー-
   ////\:::::::::::::::::::::::::::::/   ∨//////////////ヽ
   //////\:::::::::::::::::::::∧    》///////////////∧
やらない夫 「やっぱり理想はこっそり吊り上げることだからな、吊れるって確信が無いと入れるのは怖い」
大尉 「チケットはありがたくいただいていく」
「いつものように目視で時間計らない限りは時間に言及するのはやめとこう
そろそろ腹時計並に身についたかと思ってた自惚れ」
できる夫 「この秒数ってやってるときは見れないですよね?」
やらない夫 「でも炭治郎の発言と投票があったればこそ、
俺とクマ吉のシナリオ作りがスムーズに行ったんだから炭治郎も狼としてよく機能してたんだよ」
でっていう 「ヘイトアイコンで村はいるなら覚悟しとけよっていうwww
女性アイコンだと特攻くらわなそうな気はする」
できる夫 「2,3票あったら確実に狼だって確信できたんですがね>やらない夫」
やる夫GM 「村終わってからみれるおー>やらない夫とできる夫」
ルナサ 「よかったら聴いてくれると嬉しいわ>大尉」
「村最中は残り時間で判断してるね>できる夫」
ルナサ 「では
狼は勝利お見事でした
村建て同村ありがとうございました」
大尉 「大尉がヘイトであるということに
認識の齟齬があるな…ッ!」
クマ吉 「じゃ、お疲れ様!」
竈門炭治郎 「>やらない夫
そう言っていただけると嬉しいです
頼りになる仲間たちで思いっきり楽しめました」
できる夫 「やっぱりそうですよね>GM
それではおつかれさまでした」
「ではお疲れ様でした
GM村建て&同村ありがとうございました」
やる夫GM 「村のURLに&time=onって入れると
しっかり時間が出てくるお」
やる夫GM 「それじゃー皆おつおつだおー!」
竈門炭治郎 「俺も失礼します!
同村村建てありがとうございました!おやすみなさい!」
十六夜咲夜 「それでは私もそろそろ落ちますね。お疲れ様でした」
零崎双識 「それじゃお疲れ様
GMは村ありがとう」
やらない夫 「ふぅ、霊界の発言も読み終わった。いや疲れた。めっちゃ緊張したわ。

なんか噛まれまくった狐はすまんな。お前さんのおかげで狼が勝つの難しくなったから許してくれ。
村の進行は正直とてもよくて面倒くさかったのでもっとグダグダやってて欲しい。

仲間に全員ありがとう、GM村立てありがとう、また会おう。」
大尉 「んであおつさま
狼め…やるな!」