←戻る
【紅3870】やる夫達の普通お祭り村 [7125番地]
~キッズ~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)お祭り村
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 死神代行GM
(生存中)
icon 白石蔵ノ介
(生存中)
icon 霊夢
(生存中)
icon 流石兄者
(生存中)
icon やらない子
(生存中)
icon ジロウ
(生存中)
icon バッチ
(生存中)
icon 大尉
(生存中)
icon 大佐
(生存中)
icon ハンサム
(生存中)
icon 妖夢
(生存中)
icon 対馬
(生存中)
icon 蒼星石
(生存中)
icon 雪風
(生存中)
icon 汚い忍者
(生存中)
icon ヤ・シュトラ
(生存中)
icon サム
(生存中)
村作成:2020/05/26 (Tue) 21:02:05
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 死神代行GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 3770 (黒崎一護 2)」
死神代行GM 「禁止事項】
 村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼COを除く)
 人外の村人騙り騙り(狼、狂人、狐問わず、役職CO後からの撤回村人COの禁止、村人騙り禁止であるため)
 システムメッセージのコピーペースト
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ

【準禁止事項】
 昼の初心者CO、初心者騙り
 狼の超過前噛み(狼側が諦めた場合は許可)

【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
 投票延長は1日1度まで 遅れる場合は名指しで警告します。遅くとも2:00過ぎまでには投票しましょう。

【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【初心者の方へ】
 ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/
 ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼・共有の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html」
死神代行GM 「30分開始だ」
死神代行GM 「しばらく待つか……」
白石蔵ノ介 が幻想入りしました
白石蔵ノ介 「よろしくな!」
かりか が幻想入りしました
かりか 「先に入村を。少し後で戻って来ます」
死神代行GM 「二人ともよろしくな」
流石兄者 が幻想入りしました
流石兄者 「うっす」
死神代行GM 「よろしくなー」
40分位なら が幻想入りしました
40分位なら 「とりあえず体置いとくけど30分開始だと無理なんで集まったらけってちょーだい」
死神代行GM 「8人来ないとお祭りにもならないしな
その時はたぶん延長はするが……」
かりか 「かりか さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりか → 霊夢
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 11 (博麗 霊夢)」
霊夢 「戻って来たわ」
ジロウ が幻想入りしました
虎枝悠仁 が幻想入りしました
虎枝悠仁 「やあ」
ジロウ 「バトルの準備ができたらホロセウムの前に立ちな」
死神代行GM 「いろいろ混ざっている……だと……?」
虎枝悠仁 「どうしたんだい一護
僕達は地元じゃ負け知らずだったじゃないか」
大尉 が幻想入りしました
大尉 「俺がガンダムだ」
死神代行GM 「いろいろ挟まったやつ多すぎだろ!?」
流石兄者 「まだ30分じゃないから慌てない」
大佐 が幻想入りしました
ハンサム が幻想入りしました
大佐 「私がラピュタ王だ。」
大尉 「バルス」
ハンサム 「俺が!俺だけが!ハンサムだ!」
かりぽ が幻想入りしました
霊夢 「あー…キャスバル専用ガンダムでなら乗ってるわね
>大尉」
霊夢 「真っ赤なガンダムあったけど」
大尉 「私クワトロさんだから
キャスバルっていうのはちょっとよく分かんないです(真顔」
流石兄者 「30分になったな。延長ありでも無しでも構わん。」
大佐 「知らんのかね? オブジェクト飛行石を持っていないから滅びの呪文は無効だよ。 >大尉」
大尉 「支援で来ただけなので始めるかどうかとかは任せる」
かりぽ 「かりぽ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりぽ → 妖夢
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1951 (魂魄 妖夢02)」
白石蔵ノ介 「俺もどっちでも大丈夫やで>延長」
死神代行GM 「まあ40分までまつか……」
霊夢 「妹さんにビンタ食らいそうだわね(困惑)
>大尉」
妖夢 「みょんみょん」
大尉 「バルス(目潰し)>大佐」
虎枝悠仁 「挟む……挟む…ブック・オブ……栞……オェェェ」
霊夢 「延長で良いでしょ」
ハンサム 「なんか40分まで待って欲しい人もいるっぽいし延長でいいんでない」
大尉 「私もようむちゃんに挟みたい(真顔」
虎枝悠仁 「ぼ、僕は誰だ……存在しない記憶が頭に」
霊夢 「本人も本意じゃないキックしなくて良いもんね
>ハンサム」
妖夢 「例のFGO人狼のRPしようとしましたがアイコンがなかった」
大佐 「ハッハッハ。私は君同様グラサンを掛けているのが分からんのかね?」
霊夢 「通報しなきゃ…(使命感)
妖怪退治が本分だから変態退治は私のお仕事じゃないもん…」
妖夢 「ここに刀2本あるんですけど挟まれてみます?>大尉」
ハンサム 「30分開始キックが本意か不本意かというと本意ではあると思うが」
大尉 「此方も抜かねば…無作法というもの…>ようむちゃん」
霊夢 「妖夢の返しが中々素晴らしい物があって私は大変良いと思うわ」
大佐 「ちなみに何をやりたかったんだ? >妖夢」
霊夢 「これ虎枝さんと大佐さんに大尉さんが監視されてるような構図に見えるのだけど(配置)」
対馬 が幻想入りしました
対馬 「よろしくおねがいします」
妖夢 「デオンかサンソンですかね、まだあそこら辺ならリア狂まで行かなくてセーフ(小声>大佐」
大佐 「まぁまぁあの辺りならまだ。 >妖夢」
大尉 「ま…」
40分位なら 「てすと」
40分位なら 「おっと」
大尉 「ママ……???」
ハンサム 「お帰り」
霊夢 「博麗神社にお賽銭と参拝を宜しくね♪
あ、依頼は巫女の本分の範囲じゃ無いと受けてあげないけど」
40分位なら 「40分位なら さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:40分位なら → やらない子
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 9936 (やらない子03)」
やらない子 「よーいしょっ」
霊夢 「あっ…(察し)」
大尉 「すまないようむちゃん…」
やらない子 「GMのすーぱーぱわーでこっから5人ぶわっと来たりしないのん」
蒼星石 が幻想入りしました
雪風 が幻想入りしました
雪風 「こんばんは!」
蒼星石 「よろしく。」
大尉 「許せサスケ…挟まれるのはまた今度だ…」
霊夢 「では宜しくね」
汚い忍者 が幻想入りしました
汚い忍者 「よろしく」
妖夢 「なんで私が謝られるんです??」
大尉 「GMのすーぱぱぅわーすげえな」
ヤ・シュトラ が幻想入りしました
サム が幻想入りしました
妖夢 「おっとあと1欲しいですね」
やらない子 「流石ブリーチ」
流石兄者 「まだ3人だからのーまるぱわー」
大尉 「私は久しぶりに真のバブみを見た」
ハンサム 「16人村だな!!!ヨシ!!!!!!」
死神代行GM 「埋まる……だと……?」
やらない子 「大したやつだ……いやこれ違うな」
大尉 「此方も抜かねば…無作法というもの…!」
ヤ・シュトラ 「よろしくお願いするわ」
流石兄者 「5人来た。すーぱーぱわーすごいですね。」
死神代行GM 「まあ埋まったなら準備して
準備終わったらカウント頼むぜ」
大尉 「なん…だと…?」
サム 「こばんは」
白石蔵ノ介 「了解や>GM」
妖夢 「大尉●の準備はできています」
大佐 「と、言うよりこの辺り周辺の鯖のズサ文化が凄い。」
虎枝悠仁 「虎枝悠仁 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:虎枝悠仁 → バッチ
アイコン:No. 3294 (月島さん) → No. 10908 (バッチ)」
霊夢 「奇遇ね、私もよ
>妖夢」
大尉 「嫌だァ!!!!」
白石蔵ノ介 「ほな、カウントいくで」
サム 「マーダーミステリー見終わって見て見たら村がやってたので
ズサったわね」
白石蔵ノ介 「5」
白石蔵ノ介 「4」
大尉 「お前この流れで幼女キャラとか
オラやだァ!!!!!>バッチ」
白石蔵ノ介 「3」
大佐 「なぜ大尉の隣に来てしまったのか。 >バッチ」
バッチ 「っと
間に合ったわね。フレッチャー級駆逐艦バッチよ!
大尉が犯罪者にならないよう面倒見にきてあげたわ」
白石蔵ノ介 「2」
白石蔵ノ介 「1」
霊夢 「www」
大佐 「草。 >大尉」
白石蔵ノ介 「スタート!」
妖夢 「間に合ったな・・・」
ゲーム開始:2020/05/26 (Tue) 21:43:09
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆死神代行GM GMがスバル……だと……?」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆死神代行GM 関係ない記憶を挟みこむのはやめろぉ!!」
「◆死神代行GM どうでもいい豆知識
皆知ってる月島の身長は198cmだ

たけぇ……」
「◆死神代行GM チャドは197cmなのでチャドより高い……だと……?」
死神代行GM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
死神代行GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
妖夢 「次回大尉死す!デュエルスタンバイ!」
大佐 「今更ながらに思う。大尉が↓の段、もっと言えば汚忍の位置にいなくて本当に良かったと。
真面目な話し。大尉がどんな役職にせよ、色んな意味で占われそうだよねっていう。」
ハンサム 「おはれいのうございます」
バッチ 「大尉>大尉みたいなロリコン、バッチが面倒見てあげるしかないじゃない!
こーんなダメロリコンの面倒を見るのはバッチ以外誰もいないんだよね~可哀想~」
白石蔵ノ介 「試合開始やな、COある人はよろしく」
大尉 「おはようじょ」
サム 「おはよう
身長が丁度いちきゅっぱでお買い得感>月島さん」
汚い忍者 「はようさん」
霊夢 「楽園の素敵な占い師よ 占いCO 妖夢は○ 」
ヤ・シュトラ 「おはよう
それじゃ、COをお願いするわ」
蒼星石 「おはろー」
ジロウ 「占いCO ヤ・シュトラ○」
流石兄者 「おはよう。」
対馬 「おはようございます」
ハンサム 「霊能CO」
白石蔵ノ介 「占いまず1人と」
ジロウ 「2-1らしいな」
霊夢 「妖夢を占ったわ。鬼形獣の自機仲間だし、占っておきましょ」
大尉 「     /                   _      `,
      !                    `ヽ     l
     /                       !      !
    /     /  /                 、l , -     ',
   l     l   !,ィ               ノ'       ',
   ヽ     !  !l!             , , ノ        /
    ヽ    ト、 ヽ  ! /, _,.-_ ,ノノ ,ィノl'ヽ/,       ,'
   ,...ノ'   | ヘーヽヽl(/ l'´ ≧ミ、_ ,ノ' ! リ! l       ト!_
 r'´イノ    ヽ リ   r'`    ヽヾ歹、=、ヽ ,_リ=、  l  ノ l `     バッチちゃんに…
 !( ゞ,.     ´r、 r'       ̄` ヽ  /ゞクイノ /ノ ノノ
 }ヽ、`` ー- _i´, ノ'.lヘゝ          /  /ー '´_, '´
 l   ̄` ー- 、`ヽ、l,_        _   l  / ,(´        虎杖のことを思い出さずに…
 !        ` ー-、ヽ       ヾ=-' ,.', ィ、丶、
_,ゝ          _レ'-―- ..,'' ―=- ,イ(   `ヽ\
           `iーrヘ ̄`ヽ、` ー, - '一ー- 、   ヽ.ヽ     バブみを感じられるだろうか…!
                l lー-ヽ _, -`´ , --‐_レ‐- `)  /∠、   
                | | ヽ./ r=ー'―‐'´-、  ̄ `ヽ///ニ,
              ! ト.ノ   , ―---=、_ヽ l / \ ヽ
            ヽ〉′      , - 、 `i.| !/   〃,.、!
               /        '   ヽ_!!l'    ヽ'へ\
            /              `ヽ      ヽヽ
やらない子 「おはおは」
サム 「おはれいのうございますとかいう面白い挨拶を見たな」
汚い忍者 「2-1らしい」
流石兄者 「普通だな>2-1」
蒼星石 「共有者を宣言」
ジロウ 「独断と偏見による闇コマンダーっぽい名前の奴狙い
ヤ・シュトラガンとかヤ・シュトラボムってありそうじゃない?
と書いて個人特定になるのかは知らん」
白石蔵ノ介 「2-1かな、共有も出よう」
大佐 「2-1だな。共有出してグレランと行くか。」
雪風 「おはようございます!」
ヤ・シュトラ 「共有者よ」
バッチ 「そんなんだから鎮守府の方の雷からも見放されるのよ!」
対馬 「2-1の展開」
大尉 「イヤだぞ私はァ!!!!!」
ハンサム 「ジロウ君に100ポイント」
やらない子 「そういうのええねん>ハンサム」
妖夢 「大尉●がなくてがっかり妖夢です」
汚い忍者 「これが占い片方共有で共有初日だったりしたら面白いんだが多分そんな事は無いんだろう」
雪風 「大尉●じゃなかったんですか?>霊夢さん」
白石蔵ノ介 「ジロウが共有占いの2-1-2か
大佐 「何に対して言ってるんだ……。 >大尉」
流石兄者 「すぐに気づくとは流石サム同士だな。」
大尉 「バブみを感じても遺言に月島さんが出て来たりすんだァ!!!!!>バッチ」
サム 「普通にもう一回大声COするのか…>ハンサム
まま,(普通に2-1-2になるなら)ええわ」
やらない子 「これけっこ面白いんだけどうーn」
霊夢 「無駄占いに私はならなかったけど対抗のジロウさんは共有占いだったみたいね」
汚い忍者 「投票したらええやん>妖夢」
バッチ 「それじゃグレランね!
ほらほら大尉
もっと喋らないと非役目吊りされるわよ」
ハンサム 「>やらない子
初手大声COしていいならするぞ
占いCO見る邪魔だと思ってのこれだけど」
雪風 「カブッタ」
白石蔵ノ介 「ほなグレランやな」
大佐 「草すぎるwwwwww >大尉」
蒼星石 「言うほど共有初日占い1確定展開って面白いかな
村不利なのがいいってわけじゃないけどね」
やらない子 「ジロウの
CO
→CO数を確認
→そういや理由貼ってねーわ、

は何要素だろうと暫く考える」
ジロウ 「レイフォールガンを持ってるから初手無駄結果と合わせてまあトントンだろ(適当)」
ヤ・シュトラ 「まあ、普通にグレランね」
対馬 「確かにその挨拶してるならわざわざ言い直さないほうが面白いと思いましたね>サム」
流石兄者 「対抗の占い先ってそんなに気になるか?>霊夢」
大尉 「                                '.
                 ハ 八      、     i
               ノリノ j/  \j八  \   |
          '" __彡'  ノ'    ノ'  \  ∨  }
         ,′///777777ハ` /77777》 ノ  ,′
       从 ////////////}=ィ///////jノノ |
  f⌒ヽ   {{/////////////厂{//////イ(   |
  |   }   }\//////////   ∨//// |i  ノ    あたい絶対……
      ,′ ,′ `ー──一'    _∨ ̄ ハ /
    ヽ{   (_,            r‐´   ,' Y
      \__彡         _ _   / 乂_     屈しないんだから……ッ!!!
        |         〈 ̄::::::ァ  /  彡′
       } \          一   / `Y
       ノ}   丶.            /   ノ
      从         __, イ  ′
     ノ(              ̄|   (   )y
  _彡(¬…ー-    ___|___ `ー彡
       ....:::::::::::::::::::::::::::::::/゙\:::∨//\
    //\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/⌒ヽ\∨///¨>ー-
   ////\:::::::::::::::::::::::::::::/   ∨//////////////ヽ
   //////\:::::::::::::::::::::∧    》///////////////∧
霊夢 「あー…実は占おうと思ったけど、そこで●だと特攻に凄い見られそうだったから
初手は泳がせようと思ってあなたにしたわw
>妖夢」
白石蔵ノ介 「>バッチ
非役目(=村?)ってことは狩人保護考えてる感じかい?」
バッチ 「大尉>そんな大尉でも見捨てないから安心なさい!」
やらない子 「そもそも朝一CO自体メリットないので……>ハンサム」
妖夢 「私が唯一の灰〇になったところでグレランですね
おら、働くんですよ一般人ども」
大佐 「まぁ大尉がなんにせよ占われてるだろって感じはあったよね。 >雪風妖夢」
ハンサム 「もうちょっと騙りが吊れるような挨拶を考えてみたい」
サム 「HAHAHAこんな大声出したり小声出したり大暴れしてる大尉に重要役とかねぇべ(ポチー」
大尉 「ママ……?>バッチちゃん」
雪風 「対抗が無駄占いしてると護衛がそっちに行くかもみたいな心配する占いはいますよ>流石兄者」
霊夢 「囲いかも知れないもの。そりゃー少しは気になるわ、私視点でも
>流石兄者」
ジロウ 「>やらない子
オレはハンサムの朝一COに気づいてたもんね!!!!!!!
を言いたい気持ちが占い理由を張り付けようという気持ちより大きかったんだぞ」
汚い忍者 「少なくとも俺は狩人生存ゲーやで!寝る!占い死んでたら起こして!死体無しなら勝ったな!になるな>蒼星石」
霊夢 「基本グレランで狼や狐吊れるように頑張りましょ」
バッチ 「白石>それで吊るやつメッチャ多いの知らないの?
そんな白石でもバッチは答えてあげるわ」
大佐 「騙りが吊れるような挨拶?」
白石蔵ノ介 「ジロウ真なら一手遅いのがきついけど真は頑張ってや、ってだけやな
>初手〇位置云々」
雪風 「話しかけられて
・・・大尉さんと大佐さんがいたことに今気が付きました」
対馬 「●や銃殺ならそりゃあネタになりますけど
○だとがっかり感がすごいですし、何よりパンダにされそうなので真占いなら占いたくないものでは」
やらない子 「しばらく考えたけど結論が出なかった」
流石兄者 「囲いかもしれない、は理解できるけど狙ってできるのは狼だけだからな>霊夢」
妖夢 「逆に考えるんだ・・・ぐれで吊るために大尉を占わなかったんだと・・・」
雪風 「間違えないようにしないと」
ハンサム 「>大佐
俺の挨拶を見落として
『おっ霊能COがおらんやんけ!乗っ取ったろ!』って人外が出てくるような挨拶」
やらない子 「>ジロウ
いやまぁそこは分かるんだよ」
汚い忍者 「無駄であろうと無駄じゃなかろうと基本的に占い師の初手占い先なんてのは指運ゲーなのだ」
霊夢 「私は私の占い方で占って村に貢献する事だけ考えるだけだもん
ま、灰考察もしたいわね」
バッチ 「子供にママとか言ってるから通報されちゃうのよ
顔だけはいいんだからキリッとしなきゃダメよ大尉」
大尉 「どうせ初手死ぬ狩とか
そもそも期待出来るもんじゃないから
気にせず行った方が幾らかマシ説があるぞ」
蒼星石 「ほどほどに難しくてほどほどに勝てるぐらいが一番気持ちよく遊べるんだろうね」
白石蔵ノ介 「>バッチ
そうなんやな、俺は単に「ここ村じゃない気がするな」で結構吊るんでな」
大佐 「朝1で真が騙り予定の奴に●でも出せば良いんじゃないですかね?」
サム 「役職の普通声CO見ると気づいてたアピールしたくなっても良いじゃない
男の子だもん」
大尉 「幼女にバブみを感じてオギャる……」
汚い忍者 「それで毎度呪殺狙ったり●狙ったりするのはおみくじで毎度大吉狙うようなもんなのだ」
ジロウ 「>白石
オレの一手損で苦しむとしたらオレじゃなく周りの村だろうがな」
霊夢 「対抗が狂人・狐だとそれは言えるからねえ…でもまあ気にはしておかしいとは
私は思わないわ。初手なら尚更よ
>流石兄者」
やらない子 「それがジロウの役職に関わってくる所なのかどうかという所で仮説を立てて色々考えてるけどあんまりしっくりこないので単純に『おれっちはちゃんと見てるもんねー』ってドヤりたかったんでしょ以上の答えが出なかったけど

でもそれと類似のアクションを私もしているので」
汚い忍者 「でもそこら辺の運の絡み具合が人狼の面白さだと思ってる」
大尉 「その行いに…たった一つも…」
雪風 「治安が悪いですね・・・」
バッチ 「白石>そもそも
バッチは大尉にそういう吊りされちゃうぞ☆
って言ってるのに
なんでバッチがそういう吊りしようとしてる
みたいに解釈しちゃうのかな?」
大佐 「ああ、お前(霊能)の方か。 >ハンサム」
流石兄者 「呪殺じゃない時にその辺気にしてもなあ>やらない子
朝イチ挨拶挟む占いみたいなもんだ。」
ハンサム 「初手の占い先だと
狼や狐を占うよりも狩人を占うのが最強という説があってだな」
ヤ・シュトラ 「マトーヤお母さん…って言われたりすることもあったわね
あなたそれ面白いと思ってるの?と返してしまったけれど」
白石蔵ノ介 「大尉の意見に割と賛成やなあ
居るかもわからない狩人守れば勝てるもんでもないんやし」
やらない子 「つまり朝一霊能COはクソ!

という朝に感じたお気持ちを再度繰り返すだけの身のない5分になってしまったのだった、ちゃんちゃん」
妖夢 「治安が良かったら狼なんていませんよみょんみょーん」
サム 「やらない子は男の子だった…?>同じような事してる」
大尉 「     /                   _      `,
      !                    `ヽ     l
     /                       !      !
    /     /  /                 、l , -     ',
   l     l   !,ィ               ノ'       ',
   ヽ     !  !l!             , , ノ        /
    ヽ    ト、 ヽ  ! /, _,.-_ ,ノノ ,ィノl'ヽ/,       ,'
   ,...ノ'   | ヘーヽヽl(/ l'´ ≧ミ、_ ,ノ' ! リ! l       ト!_
 r'´イノ    ヽ リ   r'`    ヽヾ歹、=、ヽ ,_リ=、  l  ノ l `
 !( ゞ,.     ´r、 r'       ̄` ヽ  /ゞクイノ /ノ ノノ
 }ヽ、`` ー- _i´, ノ'.lヘゝ          /  /ー '´_, '´    間違いなんてないんだから……ッ!!!
 l   ̄` ー- 、`ヽ、l,_        _   l  / ,(´
 !        ` ー-、ヽ       ヾ=-' ,.', ィ、丶、
_,ゝ          _レ'-―- ..,'' ―=- ,イ(   `ヽ\
           `iーrヘ ̄`ヽ、` ー, - '一ー- 、   ヽ.ヽ
                l lー-ヽ _, -`´ , --‐_レ‐- `)  /∠、
                | | ヽ./ r=ー'―‐'´-、  ̄ `ヽ///ニ,
              ! ト.ノ   , ―---=、_ヽ l / \ ヽ
            ヽ〉′      , - 、 `i.| !/   〃,.、!
               /        '   ヽ_!!l'    ヽ'へ\
            /              `ヽ      ヽヽ
大佐 「てっきり「見極めるノ面倒くせぇ」的な八束と。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
白石蔵ノ介1 票投票先 →対馬
霊夢0 票投票先 →バッチ
流石兄者2 票投票先 →対馬
やらない子0 票投票先 →大佐
ジロウ0 票投票先 →汚い忍者
バッチ2 票投票先 →大尉
大尉2 票投票先 →大佐
大佐2 票投票先 →サム
ハンサム0 票投票先 →バッチ
妖夢0 票投票先 →大尉
対馬4 票投票先 →白石蔵ノ介
蒼星石0 票投票先 →流石兄者
雪風0 票投票先 →流石兄者
汚い忍者1 票投票先 →サム
ヤ・シュトラ0 票投票先 →対馬
サム2 票投票先 →対馬
対馬 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ハンサム は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ハンサムさんの遺言 霊能CO
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
白石蔵ノ介 「占いは見比べた感じ信用欲しそうなのが霊夢、って見えるぐらいやな
ジロウはあんまり仲間いる感じはしない非狼目

汚い忍者 「はようさん」
霊夢 「占いCO 雪風は○ 」
ジロウ 「占いCO やらない子●」
流石兄者 「初手で死ぬような狩人でも昼にCOさせれば吊り縄が浮くのに
あんなことを言う大尉くんに投票すればよかったと思った。
気づいたの夜になってからだったから手遅れ。」
ヤ・シュトラ 「おはよう」
バッチ 「対馬が吊られたわね
大尉の毒牙にかけられる前の介錯とか?」
大佐 「おはよう諸君。
サム投票理由だがな? ぶっちゃけ「ハンサムと発言見間違いそうで嫌だ」というのがメインだ()
いや割と真剣になんどか目が滑ってしまってな……あの挨拶発言、サムが言った物だと思ってたし。」
やらない子 「おっ結果どうなるんだ」
白石蔵ノ介 「霊能噛みからか」
雪風 「信用勝負ですか!?(単純思考」
妖夢 「ちっ吊れなかったか・・・とか思ったら
バッチ 2 票 投票先 → 大尉
で草しか生えないんですが」
汚い忍者 「ほいじゃま、両偽じゃないと良いね」
霊夢 「発言を大尉さん絡んで稼いでた位置かつ発言としては色をはっきりさせておきたい
位置が雪風ちゃんね。なら占っておくわ。占い誘導にも取れるし視点整理よ」
サム 「おはよう
皆聞いてくれ 俺は恐ろしいことに気づいてしまった
この村,大尉と大佐が居る……!」
ジロウ 「シンプルに発言強いのでチェックしないと安心ができん
占い師注視してるって意味じゃ狼よりは狐があるかどうかって感じだな
なんならオレじゃなく霊夢に目を向けてるって意味じゃ他にも候補はいるんだが
占い位置はって言ったらダントツでやらない子だよなっつー」
やらない子 「>ジロウ
がっかりだよ君にはぁ!」
白石蔵ノ介 「>バッチ

なるほどな、俺は君の発言が大尉に対してだとしても内容を見て
「狩人守りたい吊り」を割と考えてるのかなと思ったんや
違うならごめんな、それだけやで」
バッチ 「で、吊るかどうかね」
やらない子 「でうーんそーねーCOはないけどちょっと真面目に霊夢の発言読ませてね」
大佐 「ふむ。まぁやらない子にCO聞いて良かろう。」
流石兄者 「6:4でジロウ優勢かなと感じた。
んで●ならだいたい吊りになるな。」
蒼星石 「めんどくさくなってきたね」
やらない子 「いや~」
サム 「やらない子がジロウの細々としてた所について着目して考えてたんが
結構非狼目っぽくは映った.
狼ならそこ触れるよりもCO数とか周り触れてく感じするんだよな」
妖夢 「ほーんまぁとりあえずCO聞いてでいいんじゃないですかね」
霊夢 「ごめん、大文字になってなかったわ」
白石蔵ノ介 「んじゃ●にCO聴こうか」
ヤ・シュトラ 「やらない子がCOないならない子吊りで行くわよ」
大尉 「めっちゃ寝過ごしたわ」
蒼星石 「まぁ申し訳ないけどやらない子CO聞かれない理由も無いので」
やらない子 「流石にその理由での雪風○は真に見えん」
雪風 「発言稼ぎと言われるのは仕方ないとして
占い誘導した覚えはないんですけど・・・>霊夢さん」
ジロウ 「こっちはニッコリなので全体の幸福量としてはトントンだな>やらない子」
流石兄者 「ないならない子吊り?」
やらない子 「両偽コースが本線かな」
霊夢 「やらない子さんは私の灰でもあるからCO聞いて次で良いけどね」
バッチ 「白石>というか
そういう意図なら黙って」
大尉 「じゃあ真狼なんだろうな
真狼だったらいいなみたいな気持ち」
汚い忍者 「占い両偽においても狂が真結果してくれてるなら即噛みは真の即噛みと大差ないんだけど、霊能死ぬ場合は両偽を視野に進めて行かないといけない」
大佐 「ナニしてて寝過ごしたんですかね……? >大尉」
バッチ 「大尉入れちゃってよくなくなーい?」
サム 「(ログ吹き飛んだので細かくやらない子見れてる訳ではないという一文は置いておく)
ってない子にジロウから●出てんのか」
大尉 「因みに寝過ごした理由なんだがこれを見てくれ」
やらない子 「そしてまぁ多分私が死ぬと狼を打倒する役回りの村人足りなくなるので
両偽コースの吊りすると勝たないから」
大尉 「大尉 「幼女にバブみを感じてオギャる……」

◇大尉 「その行いに…たった一つも…間違いなんてないんだから…!」

白石蔵ノ介 「大尉の意見に割と賛成やなあ」
汚い忍者 「んでまあ、やらない子視点では霊夢真があるかどうかなんで霊夢を注視するのは普通に好印象」
霊夢 「えっとね、昨日のこの発言が気になったのよ
暗に占えって言ってるように見えてね
◇雪風 「大尉●じゃなかったんですか?>霊夢さん」
>雪風」
大佐 「草 >大尉」
サム 「おまいう>「目が滑る」大佐」
大尉 「同志……!!!」
バッチ 「やらない子>何人に占いロラりたい?」
大尉 「因みにもう一つ言うなら」
白石蔵ノ介 「>大尉
やめーや、違うの分かっとるやろ!」
大佐 「まま、言わんとせんとすることは分かる。 >やらない子」
やらない子 「霊夢かジロウのどっちかが真だったらいいな(願望)で吊りを進めるのが、
実際に霊夢が真か偽かはなんとも言い難いけど『この後村が勝つ可能性』を最大化させるかなって思います」
やらない子 「いじょー」
白石蔵ノ介
◇大尉 「どうせ初手死ぬ狩とか
そもそも期待出来るもんじゃないから
気にせず行った方が幾らかマシ説があるぞ」

こっちや、俺が同意したのは!
大尉 「ログ取り忘れたから
確かこんな感じだったよなって記憶を頼りに制作してたら」
バッチ 「昨日、白石がバッチに絡んできたのってっ……!?」
雪風 「霊夢さんの大尉●準備と同様にネタ以上の意味は無いんですよね>霊夢さん」
霊夢 「端的に言えば大尉さん占いたくなかったのよ、昨日の発言筋だとね
占うとしても後にしたいかしら」
蒼星石 「結局
勝たないから両偽は諦めろって事?」
ジロウ 「1W見つけたし霊夢も狼のような気がするし狐目狙いで狙ってくぜ
露骨に怪しい位置でもだ」
大尉 「     /                   _      `,
      !                    `ヽ     l
     /                       !      !
    /     /  /                 、l , -     ',
   l     l   !,ィ               ノ'       ',
   ヽ     !  !l!             , , ノ        /
    ヽ    ト、 ヽ  ! /, _,.-_ ,ノノ ,ィノl'ヽ/,       ,'
   ,...ノ'   | ヘーヽヽl(/ l'´ ≧ミ、_ ,ノ' ! リ! l       ト!_
 r'´イノ    ヽ リ   r'`    ヽヾ歹、=、ヽ ,_リ=、  l  ノ l `
 !( ゞ,.     ´r、 r'       ̄` ヽ  /ゞクイノ /ノ ノノ
 }ヽ、`` ー- _i´, ノ'.lヘゝ          /  /ー '´_, '´     寝過ごしちゃった☆
 l   ̄` ー- 、`ヽ、l,_        _   l  / ,(´
 !        ` ー-、ヽ       ヾ=-' ,.', ィ、丶、
_,ゝ          _レ'-―- ..,'' ―=- ,イ(   `ヽ\
           `iーrヘ ̄`ヽ、` ー, - '一ー- 、   ヽ.ヽ    てへぺろ☆
                l lー-ヽ _, -`´ , --‐_レ‐- `)  /∠、
                | | ヽ./ r=ー'―‐'´-、  ̄ `ヽ///ニ,
              ! ト.ノ   , ―---=、_ヽ l / \ ヽ
            ヽ〉′      , - 、 `i.| !/   〃,.、!
               /        '   ヽ_!!l'    ヽ'へ\
            /              `ヽ      ヽヽ
汚い忍者 「目線としては自分の白さを信じ切ってる感じのやらない子、嫌いじゃあ無いね」
白石蔵ノ介 「>バッチ
済まんな、また気になったら絡むわ」
やらない子 「>バッチ
今からやらないと多分勝たないよ、でも私が言うとそれ通らないからね」
流石兄者 「グレランで狼狐吊りたい言ってた霊夢がバッチに投票して占い先はそこじゃなくて
その占い理由はなんかよく分からんからやらない子の言いたいことは分からんでもない」
霊夢 「あ、そっか。それなら悪いわね
でも○だったからそこは良かったわ。私視点
>雪風」
バッチ 「仕方ないわね
どっちもバッチが面倒見てあげるわ☆」
やらない子 「から、両偽だったらもう負けだねしょうがないね、で諦めて霊夢真だったらいいな(願望)の方が」
汚い忍者 「ただ、両偽視野に入れてるのにローラーじゃ勝てないってのは感性の違いで合わない」
大佐 「加えて、まだそうなるかは断定できないが、このまま信用勝負を挑みそうな人狼像はどちらかと言うとジロウの方なイメージがあるからな。
まま、今後次第だがね。」
妖夢 「私視点の話をすれば昨日時点で判別はついてなかった上での霊能噛みなんで
昨日狼が吊れたかもしくはグレ自信のある位置が狼か」
白石蔵ノ介 「喋ってたらCOないらしいんで吊って考えよか」
雪風 「そうですね、こちらも返答に手間取らせてすいませんでした>霊夢さん」
蒼星石 「霊夢偽っぽいと思ったが両偽なら負けるだろうから真交じりでいいって
結局霊夢見た意味があんまりなくて哀しくない?」
サム 「なんかジロウが真の場合でのやらない子狼像っぽか無いと現状思ってるところで
両偽疑惑湧いてるので心動かされそうになってくりゅ
霊能者死んどるし,占い師は狼目より狐目狙うと良いと思うよ」
霊夢 「実はあなたも占い候補だったのよね(後のログで参照すれば分かるけども)
>やらない子」
大佐 「(どうしよう大尉のせいで白石がそういう趣味のある奴にしか見えなくなってきた())」
やらない子 「両偽6割、霊夢真4割に見えたとしても、
ロラった後2~3割しか勝たなそうに見えて(予想)、
真決め打ちゲーしたら5割位勝つんじゃないか(予想)と思う場合」
バッチ 「やらない子>意見はありがとう」
ジロウ 「え、誰が信用勝負を挑む気概があるチャンピオンオーラに溢れた狼像に合致するって?」
やらない子 「真居る願望で進める方がましかなって思う」
やらない子 「そーいう感じです>バッチ」
妖夢 「そういう意味ではやらない子は狼位置としては理解できなくもないですね
逆にジロウが味方を助けるために●だした説はありますけど」
大佐 「白石蔵ノ介「>バッチ
済まんな、また気になったら絡むわ」
これとか」
バッチ 「ジロウは霊夢占い考えていいよ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
白石蔵ノ介0 票投票先 →やらない子
霊夢0 票投票先 →やらない子
流石兄者0 票投票先 →やらない子
やらない子13 票投票先 →大佐
ジロウ0 票投票先 →やらない子
バッチ0 票投票先 →やらない子
大尉0 票投票先 →やらない子
大佐1 票投票先 →やらない子
妖夢0 票投票先 →やらない子
蒼星石0 票投票先 →やらない子
雪風0 票投票先 →やらない子
汚い忍者0 票投票先 →やらない子
ヤ・シュトラ0 票投票先 →やらない子
サム0 票投票先 →やらない子
やらない子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ヤ・シュトラ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やらない子さんの遺言 ふんわり
まぁまぁいける感じかな?と思ったのが

バッチ、霊夢、忍者、というところ。そこら辺に狼含まれてたらまぁ多分村は勝たない。
ヤ・シュトラさんの遺言 共有者よ
相方はうん…ハンサムなのよね
蒼星石は結果お願いね、霊能でしょうから
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
大尉 「ジロウー霊夢で見比べて
霊噛みルート選びそうなのジロウじゃねって思ったのある」
霊夢 「占いCO 白石蔵ノ介は●」
バッチ 「ほらほら
朝食食べないとダメよ大尉!」
蒼星石 「共有撤回霊能CO
対馬○、やらない子〇」
ジロウ 「占いCO 白石蔵ノ介○」
白石蔵ノ介 「共有噛みか」
妖夢 「霊夢真のジロウ狼の場合大体において一昨日の2票位置に狼いそうなんで
とりあえず●なければそこらへん吊ればいいんじゃないですかね。
ちなみに両偽の可能性については共有2生きてる限り共有に任せます」
大佐 「おはよう。
さてと、伏せておいた考えを言おうか。仮に両偽だとして、ジロウの方が素直に印象が良いんだよ。
加えて、やらない子自身が言っていたが、霊夢があまり真占いに見えない。

霊夢「無駄占いに私はならなかったけど対抗のジロウさんは共有占いだったみたいね」
流石兄者「対抗の占い先ってそんなに気になるか?>霊夢」
これは私個人の感性だから、そう深くツッコむ気はあまりないのだが、流石兄者のこれが的を得ていると思う。
真占いならば対向の騙りがどこを占っていようが、気にしないのではないだろうか。

ジロウの囲いが今の所0だしな。印象としてはやはりジロウの方に傾く。」
流石兄者 「バッチの占い誘導が露骨すぎるから
占いじゃなくて指定してほしいとこ。
やらない子が狼かどうかはよく分からん。」
霊夢 「発言的には狐狙い。全体的には非狼位置かつ色を見ておきたいと判断が
白石さんなのでここを占っておくわね。狼なら吊って貰うとして
○なら○で有り難い位置だわ」
サム 「おはようご」
汚い忍者 「はようさん」
雪風 「信用勝負だとしたら呪殺を恐れてないみたいな噛み」
白石蔵ノ介 「おもろいやん>パンダ」
汚い忍者 「ほーん?」
霊夢 「んー…霊能アーマー?」
雪風 「!?」
蒼星石 「まぁそういうことでね」
大尉 「これ比較した話なので
霊夢真に見てんの?って話には
無言で目を逸らすことで返答とします(真顔」
汚い忍者 「そいじゃジロウ吊りで良いんじゃねえの」
サム 「●出したジロウと対抗が●出してる霊夢俯瞰的に見た感じ
ジロウはマイナスもプラスも無い感じ

霊夢は霊能死んでて対抗の●出してるんほ見て
噛まれ意識が薄いのがちと気になるのは気になる。バランス理論で噛まれない
と思ってる系なのかね…?

ただ占い位置については占いたくて占ったんだろうな って感じするんで好印象」
大佐 「ほう、素晴らしいじゃないか。 >蒼星」
ジロウ 「理由
◇バッチ「ジロウは霊夢占い考えていいよ」
投票間際に爆弾落とすのやめろ
ただバッチのこれは狐のそれとは思えん

3日目じゃなく2日目に既に候補にしてた白石だな
ぶっちゃけやらない子と方針はそう変わらん
占い師に注目している狐目狙い、そして吊れにくい位置だ」
雪風 「すごいです!」
流石兄者 「なんか面白いことになってきた。」
大尉 「おーやるやる」
妖夢 「じゃあ白石吊りでいいんじゃないですか?霊夢真切らない限りは」
白石蔵ノ介 「マジか、すごいわ>アーマー」
サム 「ぽえ~ 霊能撤回でるんか」
バッチ 「霊共交換ね!」
ジロウ 「ハンサムが共有者なのかで話は変わるが
少なくとも蒼星石は偽だ」
霊夢 「ジロウさんの色は何かしら。破綻吊りで良いもんだし」
汚い忍者 「占いに真がいるかいないかは別にしてこの占い師どっち真だポン勝負は正直クッソ面倒臭いなあと思ったと思ってたので霊能生きてるのはすごく助かる」
雪風 「ジロウさん吊りですね」
霊夢 「このアーマーは素晴らしいわね…」
大尉 「白石吊りするかなぁこれなら」
大佐 「ま、ならば素直にジロウを吊って良かろう。私の考察通りなら、大体狼な気がするがね。」
流石兄者 「2回○吊ってるならとりあえずジロウ吊りか」
白石蔵ノ介 「んー?」
ジロウ 「待てオレ先吊りはおかしいはずだ
霊夢の●があるなら●先吊り、オレに蒼星石を占わせろ」
雪風 「霊夢さん視点、ジロウさん吊って●なら今日の●はキープでも良しですし」
霊夢 「そして私の●でパンダ…ねえ
囲いかしら?」
蒼星石 「白石くんかジロウくん吊るんでしょうね
大佐 「ふむ…… >ジロウ」
バッチ 「まぁほぼ真狼読みで
先に白石吊りたい、も解ると言えば解る」
汚い忍者 「ジロウ○なら霊夢狼だろしそれなら白石残せるから勿体なくね?と思うんだけど」
霊夢 「ええ、勿論よ。キープして貰うわよ
>雪風」
サム 「蒼星石のCOタイミングとかもろもろは分からんので考察し様が無いが
ただ蒼星石人外だとすると  霊能噛まれてるの考えておおよそあって狂人。」
大佐 「まま、それでも良いと私は思うぞ? >白石吊り。」
汚い忍者 「今日白石吊りならね。」
妖夢 「ジロウ吊りは結局のところ霊夢をどうするかの保留でしかないですよ?」
大佐 「と言うか、朝1でも書いたが霊夢もあまり信用できん。」
ジロウ 「蒼星石に護衛つければ噛み合わせも防げるし
貫通呪殺なら文句なしにオレの真が確定する」
流石兄者 「>妖夢
霊夢真見るならジロウの色見て●キープでいいし
両偽見てもジロウ吊りでよくね?」
大尉 「既に真見てない感じ?>忍者」
白石蔵ノ介 「両偽なんかこれ… 霊能真か考えとったけど」
雪風 「やらない子さんの遺言、霊夢と妖夢を間違えてそう」
妖夢 「明日呪殺なければ霊夢吊り!っていうならジロウ吊ってでもいいですけど」
サム 「その上でサム死んでる状態で撤回しないとそのまま噛まれ死ぬ可能性あるし
護衛ブラシもできそうで狂人なら撤回しそう」
蒼星石 「多分占い狼交じりだと思うし
ジロウ先吊りして〇ならまぁ、見たいな展開で見るならジロウ先吊りでもいいんじゃない。」
バッチ 「霊夢>囲いかしら、とか
霊夢真なら自分から信用落としに行ってるけど
ジロウ狂でも見てるの?」
ジロウ 「そもそも蒼星石●なら無駄になるが
拾えるチャンスを無駄にする趣味はない」
汚い忍者 「えー反対反対>白石吊り
ジロウ○なら大体霊夢●じゃろー?なら両偽で白石残せるじゃん
ジロウ●なら霊夢視点詰めてけば良いでしょ」
妖夢 「霊夢の真見て白石吊るっていうなら今日吊っちゃった方が霊能生きてる可能性がより上がるんで」
霊夢 「白石さん吊りなら霊能護衛で良いんじゃない?って奴だわ」
蒼星石 「ジロウ吊りたく無きゃ白石吊るんだろうけどね」
大尉 「ここで元気に
両偽じゃんふぁっく!!!ってしない白石に」
妖夢 「なので今日は白石吊ったほうがいいです」
サム 「から真霊能で見てジロウ破綻で見て良いと思う。
霊夢はまー 偽要素そこまで強くないんだが」
大尉 「私村ちから感じないけど」
汚い忍者 「つか蒼星石真決め打ってるから偽確定の占い生かす意味あんの?って>大尉」
白石蔵ノ介 「ジロウ吊りで
霊能真の占い両偽かこれ
大佐 「白石が○でも霊夢が対抗狂人主張するだけだと思うが。 >汚忍」
妖夢 「ジロウ吊りたいかどうかってんじゃなくて霊夢の真考えるなら今日白石吊って色見たほうがいいですと言っています」
大佐 「間違えたジロウ。」
白石蔵ノ介 「>大尉
反応遅れたわ…」
霊夢 「偶発的に白石さんが囲いに行ったタイミングで私が占った格好だからね
>バッチ」
大尉 「まぁ極論どっちでもいいわ」
汚い忍者 「あーなるほど>白石の両偽主張激弱」
サム 「ジロウ〇なら両偽(ほぼ)確定できるしジロウ吊って色見て良い気はする」
白石蔵ノ介 「ジロウ吊りで、霊真しかないわ 混乱しすぎて済まん」
ジロウ 「覆らないらしいな」
バッチ 「仮にハンサムで霊死んでる目算で
●出して○囲いは
真or狂狼の狼目だと思うんだけど」
霊夢 「白石さん吊りは1W吊れてないしお願いね」
サム 「白石非狼位置になるしなその場合」
汚い忍者 「それならまあ解る」
ジロウ 「霊能は噛まれない 忘れるな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
白石蔵ノ介2 票投票先 →ジロウ
霊夢0 票投票先 →ジロウ
流石兄者0 票投票先 →ジロウ
ジロウ9 票投票先 →蒼星石
バッチ0 票投票先 →ジロウ
大尉0 票投票先 →ジロウ
大佐0 票投票先 →白石蔵ノ介
妖夢0 票投票先 →白石蔵ノ介
蒼星石1 票投票先 →ジロウ
雪風0 票投票先 →ジロウ
汚い忍者0 票投票先 →ジロウ
サム0 票投票先 →ジロウ
ジロウ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
汚い忍者 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
汚い忍者さんの遺言 ◇バッチ 「ジロウは霊夢占い考えていいよ」
昨日のこれ見てバッチが滅茶苦茶潜狂くっせって見て思ったんで真狼で良いんじゃないです?
ジロウさんの遺言 正直どうにもならんな>霊欠け
狐盾の選択肢が出たときに優先してそれを追ってほしい
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
霊夢 「占いCO 流石兄者は○」
蒼星石 「ジロウ●」
大佐 「おはよう。
昨日の朝1でも言ったが、霊夢自体があまり信用できないから白石吊りに向かった。

汚い忍者「えー反対反対>白石吊り
ジロウ○なら大体霊夢●じゃろー?なら両偽で白石残せるじゃん
ジロウ●なら霊夢視点詰めてけば良いでしょ」

汚忍がこう言っていたが、仮にジロウが○だったとして霊夢が真だろうか偽だろうが狂狐主張をするだけでは?
霊能が「いつまで生きていられるか分からない」以上、ハッキリとした情報だけは持っておきたかったのだがね。

まぁ究極的な話し「霊能が死ななければどうでも良い」のだが。」
妖夢 「みょんみょーん結果待ち」
霊夢 「占いの品定めをするような発言が3日目にあった位置(6:4とか)
狼よりは狐が有り得る・狩人目かと言われると微妙な位置だもん
○なら村の推理の基軸に成り得る位置がここ。忍者さん占いと天秤だけど
流石兄者さんにするわ」
白石蔵ノ介 「ほな霊夢の偽要素上げてこか
忍者と大尉の俺への「両偽主張遅いだろう」指摘はもっともな話なんでそれに関しては反応遅くて済まんとしか言えへん、言えることを言うだけや」
蒼星石 「だ、そうだけど」
流石兄者 「白石の反応が鈍いとか主張が弱いとかで白石狼を見たくなるが
霊夢も霊夢で初日に灰考察云々言うのに占い理由が理解できなくて信用しにくい。
誤爆あんのか?」
雪風 「寂しい遺言」
サム 「おはよおはよ」
大佐 「ならば良い。 >ジロウ●」
白石蔵ノ介
霊夢偽要素はまずここや

霊能結果が両方〇かつ対抗が破綻している→霊夢視点鉄火場であり
ジロウの色より白石を即吊ってライン見てくれでいい、それでつながれば霊夢視点勝ちゲーに近くなる それが出てへんのは真の視点じゃないやろ

◇霊夢 「そして私の●でパンダ…ねえ囲いかしら?」
まるで「あ、これは白石吊ってくれる?」って思ってる気持ちの表れやと俺は主張するで」
大尉 「んあ」
サム 「ほー 〇予想で思っていたが●か。」
バッチ 「霊夢>いや白石が
じゃなくなーい?
そして偶発的?マ?」
霊夢 「ジロウさん狼ね。なら白石さん飼いで灰詰めで良いわ」
白石蔵ノ介 「これは狂人かね<霊夢」
雪風 「霊夢さんは昨日の動きとかどこ吊っても良さそうすぎて恐ろしく不穏なので」
大尉 「忍者死体は割と意外なんだが」
大佐 「良いのだが、霊夢単体の印象がやはり悪い。」
流石兄者 「そんなとこかなあと思ってた>ジロウ●」
サム 「んじゃ割と白石狼で囲いに来たの見つかったは切らないで良いんなぁ
今日噛まれてないのをどう見るか。」
妖夢 「じゃあ白石吊りでいいと思ってます妖夢です。
正直見直した結果霊夢の●ってのより白石自身が残したいと全く思わなかったので」
大佐 「ホンそれ。 >白石」
霊夢 「囲いと同時に占いが重なるって良くある事だもの
>バッチ」
白石蔵ノ介 「まあ昨日反応遅かった時点でお前は信用ならん、ならそれでも仕方ないと思っとる
ただ俺は霊夢偽要素は出した」
蒼星石 「まぁ妥当なのは霊夢狂人で脅威が無いので灰噛みましたには見えるよね>忍者噛み」
バッチ 「白石>てかさ
昨日は自吊り推す場面だよ」
雪風 「かと言って白石さんも機能の反応うすいし」
大尉 「んーー」
大佐 「霊夢「そして私の●でパンダ…ねえ囲いかしら?」
囲いかしら? じゃねーだろお前視点囲いでしかないだろ。」
大尉 「結構偽なら狼じゃんってのが忍者だったから」
霊夢 「私視点どっちも人外だからそりゃー…ねえ?」
雪風 「総合的に白石さん吊って明日に投げる感じになりますかね」
蒼星石 「白石吊りするか
霊夢白石最終日コースで見るかっていう」
大尉 「サムのその反応はあんまり好きくないんだが」
流石兄者 「霊夢も白石も吊りてえなってのが正直なところ。」
白石蔵ノ介 「他にも雪風の占い理由が大尉で発言稼いでた、ってあったけど
稼ぎかどうかは置いといてそれ別にバッチとかもやろ、もあったしな」
大尉 「いやどーにも」
サム 「残したくない で霊夢真の場合吊って良い人数か?>妖夢」
大佐 「これ困るんだよなぁ……霊夢が真なら白石は「吊ってはいけない」
けど霊夢偽考えると「白石を吊って視点をハッキリさせたい」」
妖夢 「霊夢白石最終日コースはジロウ●ならないんじゃないですか?」
大尉 「わかるぅーーー!>兄者」
バッチ 「霊夢>それ私への返答の言い回しとしてはおかしかったと思うけど

ジロウ狼に見るなら、囲い先が偶発的にパンダになった
とかじゃないかな」
霊夢 「ええ、?付けたけどジロウさんが囲ったかジロウさん○なら「囲われ」の線も見てたもの
>大佐」
大佐 「メッチャ分かる。 >兄者」
サム 「霊夢白石で二人共残して最終日吊るす みたいなルートを割と考えては居る」
大尉 「霊夢自体そこまで真に見えてますか?
いやそんな…」
大尉 「じゃあ白石は?
めっちゃ人外見てます!!!」
白石蔵ノ介 「以上、俺視点は霊夢吊り以外ない
白石村見れない、もしくはお前両偽でも人外だろ、なら俺にも落ち度は多いし言われるのは仕方ない」
霊夢 「しかし…忍者さん占わなくて良かったわね…」
妖夢 「真に見えなくても今偶数なんで」
大尉 「だから判断めっちゃむずいんだわ」
大尉 「つまり??」
妖夢 「狐見ない限りは霊夢放置でいいと思います」
霊夢 「白石さんは飼って頂戴」
大尉 「共有に丸投げ(はあと」
バッチ 「大佐>いやー
それなら昨日白石吊り推しのがいいよ
私は残念ながら結果真とは見たから先にジロウ吊ったけど」
雪風 「霊夢白石二人のこしは違うと思います」
妖夢 「そのうえで灰吊るなら私白石だと思ってるんで」
大佐 「こんなのと一緒にされたくないんで同意したくないがやはり同意するしかない。 >大尉」
蒼星石 「ジロウ人狼だとして霊夢が囲ってないなら白石囲いはそこそこあるし
白石〇なら霊夢の〇に人狼いてくれ路線」
妖夢 「みょんみょーん」
雪風 「狂人と誤爆された狼ならどうなるんですかという感じですから」
大尉 「霊夢吊る理由は一切ないっすねェ!!!」
霊夢 「忍者さんと流石兄者さんで昨日は本当~に迷ったわ」
流石兄者 「なんか大尉と大佐に同意されて気持ち悪いな…」
大佐 「いやだから私は白石に投票していただろう……。 >バッチ」
サム 「割と霊夢真をまだ見てるのが俺しかいねぇ気が回り見てしてきた」
白石蔵ノ介 「俺は霊夢投票、以上や」
大尉 「とだけ言っとく」
バッチ 「大尉>タイミング的に
メッチャ囲ったように見えるのは解る」
雪風 「狂人と●撃たれた村人でもあれだし」
サム 「ので白石吊って狩人生きてる可能性高いうちに色みとくべきなのか」
霊夢 「そ、で…白石さんも吊っちゃ駄目よ
>大尉」
蒼星石 「なら白石先吊りで良かったじゃんという説もあるけど
昨日の時点ではジロウ狂人説も採用の余地があったのでセーフ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
白石蔵ノ介7 票投票先 →霊夢
霊夢1 票投票先 →大佐
流石兄者0 票投票先 →白石蔵ノ介
バッチ0 票投票先 →雪風
大尉0 票投票先 →白石蔵ノ介
大佐1 票投票先 →白石蔵ノ介
妖夢0 票投票先 →白石蔵ノ介
蒼星石0 票投票先 →白石蔵ノ介
雪風1 票投票先 →白石蔵ノ介
サム0 票投票先 →白石蔵ノ介
白石蔵ノ介 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
白石蔵ノ介さんの遺言 素村
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
雪風 「おお」
妖夢 「みょんみょーん」
サム 「おはよよよよ」
大尉 「       /                         |
.       /        π                  |
      |      ノ {               |
      l i   从(´__  `ヽ_                {    ●だと思ってるけど
      ヽヽ .{/////`ー´77777ノ丿  /       |
       `ヽ i/////r-、//////ヽ─´  /,    |   ○だった場合ようむちゃんじゃね普通にっておも
         _ノ ∨/_ノ/  ヽ////>/   //  _/
        て ',  ヽ   ` ̄  z  /´  /_     なんつーかこう…
         -=>  ',  ニ=      レイ    く
       |::::::::::::|/ ヽ  `    / /   ヽ ト--= _   忍者とかと比べて霊夢偽追いに対する
       |:::::::::::{{ ,|_`ー- - ´  / |_   ノ:. :. :. :. 〉 〉
       |:::::::::::|| |`ー------ イ _(:. :. :. :. : //    真摯さ?ガチさ?を感じない
       └:::::::::|| イ            }t-:. :. :. :. :. //
-=ニ二三三::::::::::}}              |/:. :. :. :. :. //
霊夢 「占いCO 大佐は○」
蒼星石 「○」
霊夢 「狐狙いで大佐さん占いよ。単独臭い位置でここを詰めると村がやりやすいでしょうし
灰圧殺で●より狐を引きたいもん…さて結果は?」
大佐 「おはよう。
一昨日から言っているが、霊夢自体が信用出来んので白石を吊った。白石自体は人外に見えると言うのは

大尉「ここで元気に
両偽じゃんふぁっく!!!ってしない白石に」
大尉「私村ちから感じないけど」

大尉のこれにクッソ同意なんだがな。なので「これ霊夢も白石も纏めて吊って良いのでは?(なお吊るタイミングは離れる)」という考えだな」
流石兄者 「おはよう。」
大尉 「つーかとりあえず言っといて
私!霊夢の偽ずっと追ってましたよ!!!
みたいなこと言いたがってるように見えるんだけど
霊夢真だったら笑おうぜ」
雪風 「そうなんだ・・・>○」
サム 「やっほい死体無し
狩人イケメン速報」
大佐 「やはりな >蒼星」
流石兄者 「狐死んだってことにしていい?>霊能結果○」
雪風 「じゃあ霊夢さん吊りましょう」
バッチ 「へぇ
○?意外だわ」
大尉 「ヒューッ!!!」
サム 「あ、〇なんすね 
速報取り下げ」
流石兄者 「そしたら狩人いることになるじゃん!」
蒼星石 「ここ死体なし出るの狐噛みっぽいよなー
実質〇僕しかいないのに噛む必要あんまりなかったと思うし。」
妖夢 「死体無しで霊〇なら霊夢吊りで」
大尉 「ブーーー!!!>○」
大佐 「では霊夢吊りからのー……私の○打ち位置は妖夢。」
霊夢 「霊能偽って事になるけど私吊りよね…」
サム 「大佐とか大尉とか,具体的な発言さして分かるとか嫌いとか言えや!!!!
どの発言指してるのか分かんねぇんだよ!!!!!


まぁ多分分かる ってのは兄者の発言数的に「両方共吊りたい」って所だろうけども
妖夢がそれ以前にそういう感じなのスルーしてたのは二人共揃って見逃してただけ?」
雪風 「○だからって狩人イケメン速報取り下げることはないんじゃないですか」
大尉 「いやーここら辺は本気で割と分かんなくなってきたなってなる」
バッチ 「いやまぁ、殴りながらこう言っちゃなんだけど
白石●だけは真結果だと思ってた」
流石兄者 「白石●なら妖夢●もあるかなと思ってたけど取り下げるわ。」
大佐 「あの段階で私同様「白石吊り」を人狼陣営の誰かが押せるかというと(実際彼女は私同様あの日に白石投票)かなり疑問。」
蒼星石 「奇数になってなお霊夢残して灰吊りするぞウオオみたいな意見はやっぱり出ないよね」
サム 「霊夢GJ出した狩人は居なかったんだね… ってなるから仕方ないね>取り下げ
奇数だし霊夢吊って良いと思う」
大尉 「昨日の時点でようむの発言見る理由あんまないから……>兄者
今日から見たけど」
大佐 「見てたぞ? 私としてはあの瞬間から「両偽でも初手妖夢囲いじゃないな」と思っていた。 >サム」
霊夢 「霊能偽主張しても無駄でしょうし、ここは大人しく吊られるわ」
流石兄者 「一旦霊夢吊って整理がしたいです…>蒼星石」
バッチ 「蒼星石>まぁ、吊って明日からは指定してけばいいんじゃないかな」
大尉 「兄者じゃなくてサムだったわ」
雪風 「霊夢さん吊って残り3吊り
霊夢さん狂人で狐行きてるならノーミス」
サム 「狩人保護も兼てなー。 今日のが霊能チャレなら偶数にしてくる可能性はあるっちゃあるけど
狼の気分次第にしかならんし」
大尉 「ってか多分」
霊夢 「狐噛みの可能性は残ってるからね?」
流石兄者 「白石吊り押して霊夢真ルートで妖夢は安全圏だよやったねコースだと思ってたんですぅ!」
大尉 「結構早期に真贋判明してると思うんだよねこの感じ」
サム 「さいですか>大尉&大佐」
バッチ 「雪風>狼が灰噛むか、偶数調整どっかで入れにくるんじゃないかしら」
大尉 「雪風ェ!!!」
雪風 「狼がやってくれればいいですけど>バッチ」
霊夢 「それはいつも突然 またも異変の予感
ざわり肌を刺す気は私を駆り立てる事でしょう

でもねそんなに急かさないで、私は此処に 予期せぬ事態の行方は?
煎れたてのお茶もお預けに私を急き立て 事の行方、暴かせるでしょう

浮かび上がる舞台は終わる事無い謎を呼んだ 示されるまま、身を任せて空へ
浮かび上がる疑惑は終わる事無い戯曲の果て それは未来の行方を示した

——旅の始まり。

あらあなたも違うの? またも外れの予感
こんな勘違いにも隠れている 異変の欠片が

でもね、回り道でもそこに答えがあれば 空を駆け、あなたの元へ
難解な事も紐解けば容易く解決 …まさか私、試されている?

浮かび上がる世界があなたを隠し、惑わすから 私はまるで遊ばれてるみたい
それも悪くないけど、そろそろ飽きた。『お茶にしましょ』
それも叶わず苛立ちは限界 「…諦めていい?」

だからそんなに急かさないで、直に終わるから
後でお茶と花見にしましょう♪

繰り返され続ける異変の謎はまるでパズル
サイズ違いの欠片がまた一つ 浮かび上がる疑惑は終わる事無い戯曲の果て
それは未来の行方を示した

——旅はまだ、始まり。」
大尉 「この子忘れてたァ!!!!!」
バッチ 「という意味では
吊り増えは期待してないけどワンチャンぐらい」
大佐 「囲いだけで物を考えるなら、雪風ー流石なんでそこを重点的に(どっちかというと雪風)を見てくるとしようか。
グレーならバッジだな。」
妖夢 「どっか縦読みですか?」
霊夢 「この状況だとじたばたしても仕方無いし歌でも歌っておくわ」
雪風 「ええ??>大尉さん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
6 日目 (1 回目)
霊夢8 票投票先 →サム
流石兄者0 票投票先 →霊夢
バッチ0 票投票先 →霊夢
大尉0 票投票先 →霊夢
大佐0 票投票先 →霊夢
妖夢0 票投票先 →霊夢
蒼星石0 票投票先 →霊夢
雪風0 票投票先 →霊夢
サム1 票投票先 →霊夢
霊夢 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
大尉 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
霊夢さんの遺言 占いCO 妖夢は○ 雪風は○ 白石蔵ノ介は● 流石兄者は○ 大佐は○


        r'ア ̄ ̄::`ヽ
        i7_::,,. -- 、::::::::,>⌒>-< ̄::`丶、
        r!,. -‐ '" ̄::::::::::::::::::::::::::::`ヽ:::::::::\
      / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒i::::::::ヽ >' />
.    ∠,ィ/::::::,::::::/::::::/::::::::::::::::::::::::::::::!::::::', ',/r'
    /  /::::/::::/::::::::l::::::l::::::::.ト、::::::,::::::|::::::::i !'`
      i::::::i::::::l::::::,. i- ハ::::::|::::ヽ‐ト- |::::::::liミi        _,,..-=ニ二7
       |::::::l::::::l::::::/ V  \!  ヽ!ヽl::::::::liニ}\     ヒ'ア´
      レvヘ::::ト::〃⌒`    '"⌒ヾ !:::::7´) /´    ノノ
      ん~\!     __     「 丁''      r'ァ⌒ヽ、
          /iゝ.,   i  ノ   , ィ´L 」        ||<伝統の紅白巫女よ。お賽銭宜しくね♪
        /〈::::::::i >  --  <  ./::::ヽ       ||
     /`丶、_ \::ハ1T iヽ/ /:::::::/::::::/_     .||
     !    li |. 〉::::}.|ソ^ヽ、/」:::::/::::::/ iュ_   !!
    / `ーァ┴ i/ハリくr-、_」:::::::〈:::::.:{    「i ̄ ̄ヽ
   /   //   /::::八 ,::::::::::::::::::::::::i::l:::!      |___ノ
.  |   .i |  _レ'__>ー-- -‐へリヽ!    [] ',
   ',   !.|  | /:::::::::/  i l::::ヽ::::::\`''ー-┴'"
   \ k|  |:::::::::::::/   ! !::::::::ヽ.::::::\
大尉さんの遺言 狩ですねェ!!!
狐噛みですねェ!!!!!
だから指定蒼星石な(真顔
告発させろ



へんたいふしんしゃ(狩)日記

初日 護衛 無☆理

はい来ましたね
すごく特攻食らいそうですがみなさんには
強く生きてほしいと思います、ぼくも幼女の誤爆を諦めません


二日目 護衛 霊夢

イヤアアアアアアアア!!!
ログ取ってないイイ!!!!占いわからないイイイイ!!!
霊夢?!?霊夢だよな!!?霊夢居たよな!!!?
よっしゃ君に決めたァ!!!!!ごめぇん!!!


三日目 護衛 霊夢

ログ良し!!!ご安全にッ!!!
んーーまぁーー占い二択なんすけども現状
真狼前提だとんーージロウのが選んでそうな感じあんだよね
つーことで霊夢護衛


四日目 護衛 蒼星石

んーーこれどっち守るかな
つーかどっち護衛が結果だせっかなぁ
たーーぶん霊夢噛んでこないと思うんだけど
これまで見るにさ、どーかなどーだろ


五日目 護衛 蒼星石

まぁここしか無いよねもうね
こっから鉄板入りますねェ!!!


六日目 護衛 蒼星石

いやぁこれバレてんな反応出来なかったわ
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
大佐 「おはよう。
昨日も言ったが私の○打ち位置は妖夢。彼女は初手霊夢の○にも関わらず、あの日白石吊りを押している。
仮定として霊夢が○人外で初手で妖夢を囲いに行った場合「あの日白石吊りは押せない」と読む。

妖夢「じゃあ白石吊りでいいんじゃないですか?霊夢真切らない限りは」
妖夢「じゃあ白石吊りでいいと思ってます妖夢です。
正直見直した結果霊夢の●ってのより白石自身が残したいと全く思わなかったので」

特にこの二つな? 大半の奴が白石に投票したあの日なら兎も角、折角囲われている自分がジロウ吊りの日に白石吊りを押すとは思えん。
必ず囲いである自分に目が行くぞ?」
妖夢 「昨日狐噛みだった場合、白石がほぼほぼ確定で村になるので
死ぬほど霊能偽を考えてましたけど流石に無理ですねみょんみょーん。」
サム 「おはようござざざざ」
雪風 「ええーーー」
蒼星石 「○」
流石兄者 「おはよう。」
蒼星石 「だ、そうなんで」
バッチ 「た、大尉ィィィィ!
仇はバッチが取らせるから!」
大佐 「なるほど?」
雪風 「狩人は死んだけど狼2いるので指定したほうがいいかもです」
バッチ 「はい
じゃ柱」
妖夢 「はい、だれだよ初日に大尉●でろとか大尉吊ろうとか言ってたやつは!!!」
サム 「大尉ィー!>狩人遺言
結構白目で見てた大尉ィー!」
流石兄者 「狐噛みらしい」
妖夢 「???」
バッチ 「狼は告発するか引き分けにするか決めてね☆」
雪風 「大尉さんと大佐さんは狼じゃないなと思ってましたけど」
蒼星石 「蒼星石吊りで狼が告発出るならそういうルート
告発でないなら引き分けルートでいいんじゃないのかな」
妖夢 「つまりそれは狼の柱で告発ですか?」
サム 「狐噛みは薄々予想はしてたのでああうん…」
蒼星石 「いや割と指定する気だったけどね。」
バッチ 「いや、村柱だよ?>妖夢」
流石兄者 「サムの指摘を見て大尉と大佐見て
大尉の○の見方がなんか変で怪しいなとは思って吊ろうと考えてた。」
妖夢 「??????」
雪風 「そういうことですか」
サム 「なんかよく分からん事になってるけどどういうことだってばよ?>柱だの霊能者吊りだの」
バッチ 「あ、ならゴメーン>蒼星石」
蒼星石 「村柱は今後の村の展開に対して健全な影響を与えないと思うので無視しよう」
大佐 「スゲーストレートに考えると、雪風で囲われたから共有噛み切りに(いや霊能だと思っていたのだろうが)走ったと考えるのが一番しっくり来る。」
サム 「奇数なんだし2W1狐で3吊り3人外吊り切れる状況ではあるくね別に」
大佐 「…… >バッチ」
流石兄者 「バッチのやりたいことを通すなら霊能者吊ればええやん」
妖夢 「今この段階で村が柱する理由が全くないんで」
蒼星石 「狼2、狐1が確定で生存してる(はず)
→蒼星石吊りで狼は狐噛みしかすること無くなる」
大佐 「えぇ……()」
雪風 「もう言っちゃった以上はその路線で行くしか無いのでは」
蒼星石 「っていう進行を狩人も遺言で望んでるしならそれでいいんじゃない?」
妖夢 「狐がワンちゃん賭けに来たor狼が吊られに来たの2択だと思うんですけど」
大佐 「え、待て狐生存してるっけ?」
バッチ 「サム>バッチ吊り
狐噛みで偶数
引き分けコースなら狼一人出て、吊られて告発灰噛み
狼が勝負するなら狼出て、告発して狐噛んで狐吊って三人最終日」
サム 「俺はあのスピードで名前間違えてまでうってくるんなら
コイツ本心で思ってんだなって考えてたわ>兄者」
雪風 「遺言・・・」
大佐 「狩ですねェ!!!
狐噛みですねェ!!!!!
だから指定蒼星石な(真顔
告発させろ」
蒼星石 「僕吊った場合の進行は間に合えば遺言に書いておこう」
妖夢 「遺言、見よう!>大佐」
大佐 「大尉のこれか。お前ら遺言を全部ちゃんと見ろ。」
サム 「遺言ゥー!>大佐」
バッチ 「大佐>昨日霊夢噛みあると思う?」
大佐 「いや、遺言を見るのは貴様らの方だ。」
大佐 「五日目 護衛 蒼星石

まぁここしか無いよねもうね
こっから鉄板入りますねェ!!!
妖夢 「いや別に大尉の蒼星石吊りの進行は分からなくもないですよ」
サム 「あー なんもやらずに灰吊りで狼吊り上げたらそれこそ順番気にしなきゃならないから最終日確定でヨクネっつーことか>バッチ」
大佐 「上のはおふざけだろ!!?」
妖夢 「でもバッチが出てきたんで吊りますけど」
大佐 「あの野郎、分かりづらい遺言を!!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
7 日目 (1 回目)
流石兄者1 票投票先 →蒼星石
バッチ1 票投票先 →雪風
大佐0 票投票先 →雪風
妖夢0 票投票先 →バッチ
蒼星石3 票投票先 →流石兄者
雪風2 票投票先 →蒼星石
サム0 票投票先 →蒼星石
蒼星石 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
蒼星石さんの遺言 狼2、村①→狐
狐、村②、村③→村①
で引き分け処理ってことで良いんじゃないのかな

バッチ村柱COしてたしバッチが①ってことで狐と残りの村全員が投票
バッチと狼が狐に投票で引き分け

ちなみにバッチが人外なら即座に人外COしてね、そうしないとバッチが何者でもバッチが吊れる結果になるから。
後狐も6人になった時点で勝ち無いから自分からCOするのをお勧めしておく
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
大佐 「おはよう。
いや私もパッと見で「狐噛みか」と思ったが護衛場所とその内容を見て「人騒がせな……」と流してた。貴様ら気付いてなかったのか……!?
いやまぁ誤解を受けるような文を書いた大尉にも(ここで夜が来た)

……
…………
……………………

あの、いやその……うん……本当に狐噛みなら5日目の遺言に「昨日は狐噛み」って書いてあるだろう……()

これ本当にどうすっかなぁ……()もう私は怪しい場所に投票する気しか無いぞ。具体的には雪風バッチの二択。流石サムなら最終日にならんと無理。」
大佐 「は?」
バッチ 「アッハイ>死体無し」
サム 「おはようござざーざ」
妖夢 「兄者狐 私つりで 以下黙ります。」
流石兄者 「おはよう。」
雪風 「じゃあ告発がない限りはバッチさん吊りで良いですね」
大佐 「え、ちょっと待て。狐がいるのか?」
サム 「???」
大佐 「ウッソだろお前!? >妖夢」
サム 「大佐夜を開けてもその状態なのどういう事なんだ…???」
妖夢 「ちなみに夜明日って言ったのは明後日の間違えでした」
大佐 「絶対にお前じゃ無いと思ってたのに()」
雪風 「狩人で狐噛みって遺言残しておふざけでしたは無いでしょう」
バッチ 「妖夢>その前に
それは最終日勝負ルートを狼が選んだ
でいいんだね?今日兄者また噛むと」
雪風 「大佐狐で暴れてるのかと思ったら違うのなら大佐狼じゃないですか」
流石兄者 「1つ聞いていいか?>妖夢」
大佐 「え、いや朝一に書いたとおり、普通に↑が大尉のおふざけだと思ってた。 >サム」
バッチ 「これ四人偶数にしたままワンチャン狙います!
とかされると
事故って狐勝ちあるからハッキリさせときたいんだけど」
サム 「抑々2W残りなんだから引き分けにするにも勝負するにも今日狐噛まれしかなくね?>バッチ」
流石兄者 「俺を噛んだのは全部妖夢か?」
大佐 「えー、それなら色々思考を0に戻す。」
流石兄者 「それなら許す。」
雪風 「大尉さんに失礼でしょう。おふざけであの遺言は度が過ぎてます。大尉さんがそんなことをするとは思えません」
サム 「大尉の信頼無さすぎて草>大佐」
バッチ 「サム>妖夢吊って灰噛みなら
村村狐狼の四人最終日」
大佐 「いや、だって5日目の護衛に狐噛みも何も書いてなかったから。」
バッチ 「大佐>大尉がおふざけでやりました!
だなんて信用なさすぎ~
そんな大尉もバッチは見捨てないよ」
雪風 「村が明らかに狐噛みあったと認識する遺言を「一番上の目立つところ」に書いてるんですよ」
大佐 「最初に「狐噛みですねぇ!」って遺言書いておいて、その下に色々書き足してったから訂正する暇が無かったのかと。」
雪風 「5日めの欄に無いとか関係ないですよね」
サム 「ああその下の発言で言いたいとしてた意味は分かった>バッチ」
大佐 「いや違う違う。狐噛みを把握しててふざけたんじゃなくて「そもそも最初から「狐噛み」を書いてあったのかと。
狩人文の最初の方はふざける人多いし。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
8 日目 (1 回目)
流石兄者1 票投票先 →妖夢
バッチ0 票投票先 →妖夢
大佐0 票投票先 →妖夢
妖夢5 票投票先 →流石兄者
雪風0 票投票先 →妖夢
サム0 票投票先 →妖夢
妖夢 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
大佐 「えーっとうんまぁはい……すまん。トンでもない勘違いしてたわ()」
サム 「おはぐおごごごご」
流石兄者 「3度も噛まれた!」
流石兄者 「バッチ狼だよね?そうだとお兄ちゃん嬉しいなあ。」
雪風 「兄者さん投票で進んでいくのですね」
バッチ 「じゃ、兄者吊ってまたあーした」
サム 「ミント味っぽい>狐ガム」
大佐 「兄者吊って最終日で」
流石兄者 「ほら妖夢もバッチが柱した時にこう言ってるからバッチ狼だよ。
◇妖夢  「つまりそれは狼の柱で告発ですか?」
◇妖夢  「今この段階で村が柱する理由が全くないんで」
◇妖夢  「狐がワンちゃん賭けに来たor狼が吊られに来たの2択だと思うんですけど」」
サム 「明日の為に初日のグレラン投票結果誰か教えてもらえると助かる」
バッチ 「兄者>素村キーツネ」
雪風 「バッチさんの柱COを柱COだと考えれば2択」
流石兄者 「霊能いて吊られない柱で白くなるの?」
大佐 「白石蔵ノ介 1 票 投票先 → 対馬
霊夢 0 票 投票先 → バッチ
流石兄者 2 票 投票先 → 対馬
やらない子 0 票 投票先 → 大佐
ジロウ 0 票 投票先 → 汚い忍者
バッチ 2 票 投票先 → 大尉
大尉 2 票 投票先 → 大佐
大佐 2 票 投票先 → サム
ハンサム 0 票 投票先 → バッチ
妖夢 0 票 投票先 → 大尉
対馬 4 票 投票先 → 白石蔵ノ介
蒼星石 0 票 投票先 → 流石兄者
雪風 0 票 投票先 → 流石兄者
汚い忍者 1 票 投票先 → サム
ヤ・シュトラ 0 票 投票先 → 対馬
サム 2 票 投票先 → 対馬」
サム 「明日灰噛まれるから灰視については村見てる奴は居るけど言わないスタイル」
大佐 「これだな。」
バッチ 「兄者>それなら昨日私が柱でよくなくなーい?」
サム 「サンキュー大佐」
雪風 「霊能がじゃあバッチ吊ろうってなったら死ぬし、狼じゃないと思ってたんですが」
雪風 「どうなんですかね・・・」
雪風 「高度な名乗りだし」
バッチ 「あにじゃー?」
雪風 「だったらと考えるとぐるぐるしますが」
サム 「まぁバッチが吊られて遺言で狐告発すりゃそれはそれで事足りるし
【柱CO】自体は要素として考えなくても良いと思うよ」
大佐 「その場合、バッチが兄者狐を告発して妖夢が普通に残るんじゃ無いか? >雪風」
流石兄者 「呼んだ?」
大佐 「だから、私としてはスゲー疑問。「なんで妖夢が告発したか」」
雪風 「確かに!!」
バッチ 「合理性持ち出すなら
そも昨日私が柱しない理由が無い
以上
になるじゃんジャン・バルジャン投獄」
大佐 「私あの子吊る気まっっったく無かったもん。」
サム 「バッチー妖夢ージロウ の3Wでバッチがそういう事をするかどうか
はまた柱COの印象とは別の話。」
大佐 「最終日が来てたら普通にあの子以外に投票してたわ。」
雪風 「じゃあ一旦柱したから云々は取り消して3択・・・おおい」
流石兄者 「まあでもこうして話題に出すことで今日も狼探しのお話ができたじゃん。
あってるかは別にしてさ。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
9 日目 (1 回目)
流石兄者4 票投票先 →バッチ
バッチ1 票投票先 →流石兄者
大佐0 票投票先 →流石兄者
雪風0 票投票先 →流石兄者
サム0 票投票先 →流石兄者
流石兄者 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
バッチ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
流石兄者さんの遺言 村人CO
バッチさんの遺言 素村・オブ・ジ・エンド

バッチは大尉のママ
と挟み込んでおいたよ
朝日が昇り、10 日目の朝がやってきました
大佐 「おはよう。

どうだろうなぁ……。私はバッチじゃないと思うんだよ。
昨日も話した通り、バッチー妖夢ージロウなら「絶対告発役はバッチ」じゃん。

妖夢 0 票 投票先 → バッチ

ただ、大尉が噛まれた日に妖夢がバッチに投票してるのがなぁ……全て計算ずくだとするなら「これならバッチは吊れないでしょ」って誘導しているように見えなくもない。」
サム 「おはようおおおおおおおおおおおお」
大佐 「はい」
サム 「村目で見てる位置は大佐。

◇大佐  「おはよう。昨日も言ったが私の○打ち位置は妖夢。
彼女は初手霊夢の○にも関わらず、あの日白石吊りを押している。」

って狐噛んでて態々妖夢〇うちするのか…?? って.
大佐と兄者関係悪くなかったし, 2W勝利目指して兄者吊ろうとしてるような動きにも思えなんだ」
雪風 「3択じゃなかった」
大佐 「むっす。(サム雪風の二択)」
雪風 「私以外噛まれたら2択だった」
サム 「うむむ」
サム 「ジロウ狼で霊夢狂人の両偽。んで霊夢の妖夢〇で両偽は見えてたわけで.
ジロウが急いでない子●出す理由がほぼ無いんだよな。
俺が狼陣営ならよほどじゃなきゃ狐ケアの為に〇位置に●出したいだろうと思うし.」
雪風 「やっぱり大佐の狩人への反応がわざとらしすぎて・・・」
サム 「●を出さなきゃいけなかった理由って一体なんだろう
って考えて普通に見るんなら灰に居る奴の吊りのがしだが」
大佐 「サムと雪風なら「○いのはサムなんだよ」なんだけど」
大佐 「すげー問題があってさ。」
サム 「雪風0票なんだが
雪風0票はフシギだと思うような2日目だったかね?」
サム 「俺はログを取ってないから分からん!!!」
大佐 「妖夢ー雪風でも告発者雪風だろ……」
雪風 「あとあれです散々狂人の判断ついた位置とか言われた私じゃなくて妖夢さんが告発すること、ありますか?」
雪風 「私は不思議でした>サム」
サム 「確かに。>大佐
妖夢が大佐に白ぬりサレテル状況で雪風じゃなく妖夢が告発してるのが」
大佐 「いやもうなりふり構っている場合では無いな。恥を書き捨てて勝利を村に届ける。」
大佐 「私が人狼で、流石兄者狐を把握しておいて「狐いるの?」は流石にないだろ!!?」
サム 「大佐狼で妖夢〇位置に押し込む理由ってあるかね」
大佐 「むしろ「あ、はいはい狐いるのね」ってしれっと言うわ!!」
サム 「あー 〇位置にしたんじゃなくて せざるを得なかったんか」
雪風 「その狐噛みの日以降の発言いろいろみんなめちゃめちゃになりすぎて」
雪風 「前を見るしか無いのかああああ」
雪風 「それがわざとらしいんですってば」
サム 「俺の妖夢の発言見た? 発言に合わせて」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
10 日目 (1 回目)
大佐1 票投票先 →サム
雪風1 票投票先 →大佐
サム1 票投票先 →雪風
10 日目 (2 回目)
大佐2 票投票先 →サム
雪風0 票投票先 →大佐
サム1 票投票先 →大佐
大佐 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
大佐さんの遺言              /: : : : : : : : : : : : :`ヽ、
          /: : : : : : : : : : : : ;.イノ\ : ',
         i: : : : : : : : : : ;. - '´ ′ │: }
         |: : : : : : ://__       l /
         |: : : : : : :L -‐{〒ぇ>‐rfデ1
         ヽ: : f ヽ;|     ̄  ト -〈
          \:! ぃ         ′ ./
            `!ヽ.、   r_:三ヨ /
            L:_| ヽ     ‐  /
             │ \      亅
             │ __二二ニヱ‐ 、_
               r弋/ _  -‐ フ´    | ̄  ‐- .._    __
         ,. ‐ '"´  ̄\=ニラ'´        !         ̄    \
      _ /   / /  |/   ____」      /        ヽ
      //      /.   |     \           /            ',
    / 〈ヽ       /    |         >        /             i
    /   \\   L. _  │_, -‐ ´         /               |
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2020/05/26 (Tue) 23:27:55
ジロウ 「よーしよーし」
ハンサム 「お疲れさまでした」
大尉 「失礼な>ハンサム
村のこともちゃんと考えているさ
それ以上に幼女のことで頭がいっぱいなだけだ」
雪風 「うーんごめんなさい」
対馬 「おつかれー」
大佐 「やっぱりか、お疲れ。」
雪風 「お疲れさまです」
やらない子 「おっいいね、お疲れ様。狼陣営おめでとう」
白石蔵ノ介 「お疲れ様や」
バッチ 「お疲れ様
こうなるならサムがお見事」
大尉 「おつかれっしたー」
霊夢 「お疲れ様」
死神代行GM 「お疲れさんと」
蒼星石 「おつかれー」
ジロウ 「お疲れ様だ
レイフォールガンのデータを転送してやろう」
サム 「これで妖夢の気持ちもなんかいい感じにはなるだろうという事で嬉しみ>赤帯
おつかれ」
妖夢 「お疲れさまでした」
流石兄者 「おつかれ」
霊夢 「御主人様達お見事よ」
大尉 「            /            >、
            ′                ヽ、
             /                     \
         /                   ヽ
           /              :..        ',
         i                  Y::.      j
          |               ト、::.  Y   ヽ
          '               | ヽ:  }    ',
        |             从  ノ  } 人ハ j }
        |    .イ  r イ彡'ル人イ   レ' / 小イ イ
        j    人 从(( ー-==__、 r彡‐─┐,j
          ヽ   / ̄ 二ィ::l |::::::::::::::::X:::::::::::::l |     分かりにくかったのは素直にすまんが
        、J  ,イ  / ‐-、l |::::::::::::::::r‐::::::::::::l |
           从 イ | / /    ヽl::::::::::::::八弋::::::::lリ 
        イ   ソ | / /   /¨ヽー‐‐´.../  ¨/¨      私愉快犯であの日記は作らないからな?
          ij ノ  jイ   ./   j ヘ        /ヽ、
        ハ人 ( { {  、  ーィ'ヽ l-=ニア  ,'    >、_
          'リ::::ヽ∧      | .し' ..:::::  ハ      >、  いやー笑った笑ったwww
          |::::::::::ミ{      ',、       j           |
        __|: : : : ∧      ハ ` ー‐< 7          /
       「: : : : :| `',        ハミ辷彡' /         八_
      .....<: : : : : ト、  ',      j    |ヽ、.{.      /: : :入
  ,ィ彡: : : : : : : : : : : : : : }     /      |  人     /: : : : : :ヽ
/: : : : : : : : : : : : : : : : : |     |      人.  }   /:: : : : : : : :〉
大尉 「大佐ァ!!!!!」
流石兄者 「2度も噛みやがって…>サム」
大佐 「あの日は完全に狩人のCOを勘違いしてたわ()」
大尉 「めっちゃ笑ったから安心していいゾwwwwww」
流石兄者 「妖夢ちゃんはノーカン」
大佐 「すまーん!! バルスの呪文を唱えて良いから許してくれ!! >大尉」
ハンサム 「大尉と大佐で熱い友情が芽生えた」
大尉 「いやー悪い悪い
私ももう少し分かりやすく書くわ」
大佐 「いや、愉快犯だとは思っていない。」
サム 「サムに噛まれるなんて中々ある事じゃないから記念にするとよい>兄者」
白石蔵ノ介 「俺視点で両偽が発覚したときに主張が出るのが遅すぎたのが個人的に大きな反省点やな…
村も狐狼も最後まで奮闘お疲れ様やで」
大佐 「私も時々やるが。狩人分の最初の方は「ふざけた文章を入れる」んだよ。」
霊夢 「大尉-大佐で矢を飛ばして良いかしら?」
大佐 「だから勘違いしてしまった、申し訳無い。」
大尉 「初日時点で狐噛み云々は書かねえよwwwwww」
死神代行GM 「初日占いなのによく頑張ったな(目そらし」
やらない子 「>ハンサム
◇ハンサム 「健全な議論が狐生存時の灰柱に限定されてる現状別段……」
あれなんか誤解が、あれ?」
ハンサム 「「ふざけた文章」と「心にもない的外れな文章」は違うからねって感じの感想」
サム 「大佐吊れねぇだろと思いつつ最終日迎えて大佐吊ってんだから
人狼って分からないものですね」
妖夢 「LW押し付けてしまったすいませんでした&ありがとうございました。>サム」
バッチ 「大佐>バッチも入れるけどだいたいRP要素かなー
進行に関わることだと流石にマイナスになりやすい」
サム 「まま,赤帯見れたのでよかったよかった>押し付けた云々

ではでは同村村建て感謝 お疲れ様でした」
雪風 「狼はおみごとでした。大佐は疑ってしまいすいません
村建てとみなさんお疲れさまでした」
大尉 「主観だと白いなって思うけど
吊りたいって言われたら、わかるよ…ともなるやつ」
ジロウ 「カッコいい事言ってんなあ
◇サム 「大佐吊れねぇだろと思いつつ最終日迎えて大佐吊ってんだから
人狼って分からないものですね」
オレだと大佐吊りはハナから諦めてるわ」
ハンサム 「>やらない子
初心者が吊り逃れ(て怪しまれ)るのは不健全な議論ではなくない?
あとなんかケース言われてたっけ」
死神代行GM 「正直白熱した勝負だったと思ってるぞ
それじゃ報告してくる」
流石兄者 「おかしい…どう見ても村不利な展開なのに最終日は狼不利とか…」
霊夢 「真でも同じルートで行ってたから、これ本当3・4手目の●を逆だったら
もっと良かったのね。3手目での呪殺対応は流石兄者さんと白石さんで持ってたけど」
大佐 「バッチ噛まれてた時点で大凡の当たりはついたから、これは単純に私が悪い。
全部素だ、申し訳無いね。 >雪」
霊夢 「んー…最終日が特に白熱してたわね」
白石蔵ノ介 「狼は勝利お見事や
村建て同村ありがとうございました」
ジロウ 「村建て同村ありがとよ!」
霊夢 「流れってあるのだと思い知らされたわね…
>サム」
ハンサム 「>兄者
村不利狐有利なだけで狼有利だったかというとそうでもないという説」
霊夢 「ではお疲れ様。御主人様3人おめでと」
大尉 「いやーーー」
大尉 「見返したけどダメだなー
狐噛み見ちゃって反応遅れてる
バレるってこれなー」
バッチ 「それじゃお疲れ様!
一護は村ありがとう!」
大尉 「まぁそんくらいでおつさまッ!!!」
バッチ 「大尉>そんな大尉もバッチは面倒見てあげるよ」
ハンサム 「霊界でちょっと話した決着村OP自体は天啓有無とか恋有無とか共有の囁き有無みたいな感じで
どっちでもいいんでない、俺は現状の方が好きだけどみたいなスタンス
そんじゃお疲れさまでした」
流石兄者 「狐は村のフリしてるから実質村陣営!>ハンサム」
流石兄者 「んじゃ、お疲れ様」
大佐 「村建て同村お疲れ。」
バッチ 「大尉>そんな大尉もバッチは面倒見てあげるよ」
やらない子 「おっとごめんちょっと離れてた」
やらない子 「理想の何かを追い求めたくはあるんだよな~」
やらない子 「まぁこの村でいつまでも続ける話題でもないか、ハンサム落ちちゃったし」
やらない子 「狼はおめでとう、美しい勝利だった。
GM村立てあり、お疲れ様。」