←戻る
【紅番外】やる夫達の初心者村 [7279番地]
~魚ァ!!~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 4 分)[5:4]初日の夜は身代わり君身代わり君は GMトリップ必須自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 大佐GM
(生存中)
icon 神北小鞠
(生存中)
icon 棗恭介
(生存中)
icon ルガール
(生存中)
icon 零崎双識
(生存中)
icon 井ノ原真人
(生存中)
icon 諏訪子
(生存中)
icon 種ヶ島修二
(生存中)
icon
(生存中)
icon キル子
(生存中)
icon ガイル
(生存中)
icon できない子
(生存中)
icon 綾崎ハヤテ
(生存中)
icon マフティー
(生存中)
icon 結月ゆかり
(生存中)
icon モヒカン
(生存中)
icon ルーク
(生存中)
村作成:2021/07/31 (Sat) 21:00:47
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 大佐GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 3970 (ロイ・マスタング)」
大佐GM 「  ───────────┐
  │やる夫達の初心者村  ....│
  └───────────┘

               /::::::`゙' 、 _   _,. --─ 、
             /:::::::::::::::::::く´メ´::_:::::::::::::::::: /
            >''"´ ̄` '' ´       ヽ::: /
          /                     V-、
        /                       |::::::\
        イ  /      ;' ,ハ  |_ ./|  |:::::/    この村は「初心者村」よ。
      |  |  | ‐-/,.∧;'   | ,/| ,/ ト. |:/ |     ルールを守って、楽しく遊びましょうね。私との約束よ?
      l  l  ! ./´l`メ i  ,!/ァ─-、 !  |  |
        !, i  | /!、j_,リ       ,.,./  ,  ヽ.
       ソl  |,ハ ,.,.   '      /  /     ':,   γ'"´\
          |,/  ,!      -‐ '  /  /    / ,ハ/       \
        /   /.ト 、;'´|     ,.イ  /|  / ∧ !          \
      /  /   .!  ,! !,>r< !/ >--─‐ く             \
      !/|/∨ヽ|iン   !_ン|_,/ //::::/     ヽ             \
          /   l´、   |/ ム_,__/ /::::/ /     '               \
         ./     し|   ∨⌒}´\ .|:::::|  |     |              ∧
        /   ./ゝ、__ノ ̄ `!" ヽ/ |:::::|  |     /             ∧
        ,'   / /くー' 、   ト、 j  .|:::::| /    /                  ',
      ゝ く  /  〉、__    イ \  |:::::|,く    /  人   人   人   ノ

(↓一般枠向けテンプレ)

■ローカルルール纏め■
入村許可制、トリップ必須、昼AA禁止

(↓ここから初心者枠向けテンプレ)

■この村について■
この村は初心者を場慣れさせるための『初心者村』。
でも、あまり育成要素などを期待してはいけないわ。
どんなことであっても、自分を強くするのは自分自身。そうでしょ?

■禁止事項■
過度の暴言、無益な村人騙り、意図的突然死
早噛み許可前の超過前噛み、昼間のAA(夜・遺言は可)など…

■入村許可制について■
入村許可制っていうのは、村に入る際にGMが許可を出してからでないと入村をしてはいけない制度のことよ。
記念村や特殊村ではこの制度が採用されているので、初心者村で慣れてしまいましょう。

初心者の人は【初心者枠・特別枠入村許可】が出されてから入ってきてね。

■トリップについて■
ユーザ名の欄にトリップ専用入力欄があるでしょ? そこに、自分が好きな文字とかを打ちこむのよ。
例えば、トリップ入力欄に「幻月」って打ち込むと『◇nZ3F7B/M2E』って感じで村では表示されるわ。
これは、まったく同じものを作るのが非常に難しいの。無数のパターンがあるからね。
だから、これは自己の証明手段、つまり成りすまし防止として使えるのよ。

私のトリップは『 .2TxrisQ1I』という文字列だけれど
これだけを見ても、ここから元の文字列を判別することはほぼ不可能でしょう」
大佐GM 「    ー、o,-'!
     >,'"´⌒ヽ
      .i ,'<((ハノ〉〉    オオキイAAハツカレルワ…
  /`-(リ! ゚ ヮ゚ノリノ^ヽ
 (、ハ,ノk_メ`ll><lliつハ,ノ
     (ン'/ `´メゝ
     `!,ンィン"´

以下、告知より抜粋。
普通村の定義は曖昧な所もあるけど各自で判断して頂戴。

■開始前の流れ■
村が建ちます→初心者枠入村許可→準初心者枠入村許可→入村許可

初心者枠に該当する方は【初心者枠入村許可】、と言った後に入ってきてください。
準初心者枠に該当する方は【準初心者枠入村許可】、と言った後に入ってきてください。
また、特別枠の人は初心者枠入村許可後なら好きな時に入ってきてくださって構いません。

【入村許可】前にはカウントダウンしてから入村許可を行います。
この入村許可後は好きに入村して構いません。

■初心者枠該当条件■
以下の条件を両方満たしている人が初心者枠に該当します。

①スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバにおいて普通村の戦歴が50戦以下
②真紅鯖定期初心者村での戦歴が15戦以下

■準初心者枠該当条件■
以下の条件を両方満たしている人が初心者枠に該当します。

①スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバにおいて普通村の戦歴が100戦以下
②真紅鯖定期初心者村での戦歴が15戦以下

なお、スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバは
やる夫系、鉄村人狼系、iM@S系、東方ウミガメ系、猫又系などです」
大佐GM 「初心者枠入村許可だ」
神北小鞠 が幻想入りしました
神北小鞠 「よろしくですよぉ~」
大佐GM 「準初心者枠入村許可だ」
大佐GM 「そしてよろしく頼む
アンカー等は大丈夫だろうか?」
神北小鞠 「アンカーだいじょうぶですっ >大佐GM」
大佐GM 「なるほど、ならば安心して任せよう」
大佐GM 「それではカウントをしよう」
大佐GM 「3」
大佐GM 「2」
大佐GM 「1」
大佐GM 「全員許可だ」
kaririri が幻想入りしました
かりる が幻想入りしました
仮くし子 が幻想入りしました
井ノ原真人 が幻想入りしました
かりかり が幻想入りしました
種ヶ島修二 が幻想入りしました
暁 が幻想入りしました
キル子 が幻想入りしました
かりいん が幻想入りしました
種ヶ島修二 「こんばんは、よろしゅうな」
できない子 が幻想入りしました
かりいん 「こんばんは」
kaririri 「スマホで連打しながらPC待機で最速いやっふぅぅぅぅぅ」
「よろしくね」
井ノ原真人 「筋肉配達入りましたぁー!」
karii が幻想入りしました
karii 「よろしく」
できない子 「4649」
キル子 「よろしくお願いします。」
かりる 「かりる さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりる → ルガール
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 10718 (CVSルガール)」
マフティー が幻想入りしました
ルガール 「宜しく、諸君」
マフティー 「なんとでもなるはずだ!」
神北小鞠 「真人くんこんばんわ~ よろしくねぇ >真人くん」
かり1 が幻想入りしました
karii 「karii さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:karii → 綾崎ハヤテ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 2438 (綾崎ハヤテ)」
モヒカン が幻想入りしました
ルガール 「ククク…どんな者が来るか楽しみでは無いかね?」
かり0 が幻想入りしました
モヒカン 「ヒャッハー!」
kaririri 「kaririri さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kaririri → 棗恭介
アイコン:No. 6 (水色) → No. 1551 (棗恭介02)」
かり0 「ちょっとだけ待ってくれ、すぐ決めてこよう」
棗恭介 「よろしくな」
井ノ原真人 「おう、邪魔するぜ>小毬」
神北小鞠 「恭介さんもよろしくねぇ~ >恭介」
仮くし子 「仮くし子 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮くし子 → 零崎双識
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 4577 (零崎双識3)」
ルガール 「倒した格闘家を銅で塗り固めて銅像にしてコレクションにしていたからね私は」
かり0 「かり0 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり0 → ルーク
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 3807 (長髪ルーク)」
かり1 「かり1 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり1 → 結月ゆかり
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 4891 (結月ゆかり)」
棗恭介 「ああ、よろしく>小鞠」
ルガール 「だが、もう飽きてしまったよ…あの趣味は」
ルーク 「よろしくな」
大佐GM 「それでは各自準備をしてくれたまえよ」
井ノ原真人 「恭介まで来やがったじゃねえか。
なんだ?今日は筋肉祭りか?」
かりかり 「かりかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりかり → 諏訪子
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 6427 (洩矢諏訪子05)」
ルガール 「一度消滅したからか、趣味がリセットされたのかもだな」
棗恭介 「俺は筋肉祭りにはあいにくだが参加しないぞ>真人」
かりいん 「かりいん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりいん → ガイル
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 306 (ガイル)」
結月ゆかり 「よろしくおねがいしますね」
ガイル 「人を石像にしておきながら飽きたとはいい身分だな、ルガール…
貴様もベガと同じようにしてやろうか?」
ルガール 「……これはこれは
中々の混沌(カオス)が期待出来そうだ」
ガイル 「銅像だったか
あの熱さはもう死ぬかと思ったぞ…」
ルガール 「>ガイル
ああ、多分他人の空似だろう」
ルガール 「※ガイルでは無いと公式コメント」
ルガール 「あったんだよなあ」
井ノ原真人 「なっ……!
お、お前!筋肉祭りに参加しねえってことは、じゃあマッスルパーティーの方が良かったか……!?>恭介」
大佐GM 「それではカウントしてくれ」
「燃えたり感電したり
よく考えたらタフよね…>ガイル」
ガイル 「ソニックソニックソニックソニックソニックブーム!!!!>ルガール」
綾崎ハヤテ 「まぁ世の中には自分に似た人が三人はいると言いますからね」
神北小鞠 「カウントしますよ~」
神北小鞠 「3」
神北小鞠 「2」
できない子 「意味同じなんだよなぁ>真人」
神北小鞠 「1」
神北小鞠 「0」
ルガール 「だがまあそうだね、銅像よりも兵器でもコレクションで良いよもう」
ゲーム開始:2021/07/31 (Sat) 21:27:18
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆大佐GM GMはスバルだ
君たちの戦いぶりは見させてもらおう」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
大佐GM は無残な負け犬の姿で発見されました
モヒカン は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
大佐GMさんの遺言 焔の錬金術師だ
覚えておきたまえ
モヒカンさんの遺言 世紀末を必死に生きる村人だ
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
棗恭介 「おはよう。 さあ、胸躍る勝負を始めようか」
マフティー 「我々は連邦を反省させるために仕方なくダンスを踊ることにした。」
ガイル 「占いCO
モヒカンは○だ」
種ヶ島修二 「おはようさん、COある人はよろしゅうな」
キル子 「おはようございます」
井ノ原真人 「モ、モヒカン!!!!」
諏訪子 「霊能CO」
綾崎ハヤテ 「おはようございます。本日はお日柄も良く絶好の人狼日和と言えるでしょう。
紅茶はハーブティーがお勧めです。」
「レディーは速攻で朝の準備をするわ
役職は速攻で出るのよ」
ルーク 「占いCO モヒカン○」
棗恭介 「呪殺が出ているな」
神北小鞠 「おはようですよぉ」
できない子 「ぐっどもーにんぐ男の娘。」
マフティー 「その結果、モヒカンが反省した。」
ガイル 「俺と似たような髪型をしていることに気がついて困惑していたら占っていたぞ…
そのモヒカン、ソニックで狩ってやる」
「呪殺ね」
諏訪子 「占いは2人か」
ルーク 「呪殺出た時に、絵面が一番映えそうなモヒカン占い。
うわらば、してくれや。
本当に死んでても俺は悪くねぇ! 悪いのはケンシロウだ! あいつが北斗百烈拳なんて放つから!」
結月ゆかり 「おはよーございます」
零崎双識 「共有だよ」
綾崎ハヤテ 「おっと銃殺、お前に朝日は拝ませねぇとばかりのモヒカン氏」
棗恭介 「呪殺からの2-1だな 真混じり確定でグレラン」
ルガール 「占いは2人で呪殺出て居るな」
井ノ原真人 「これが対応ってやつか、へへ、やるじゃねーか。」
種ヶ島修二 「共有者CO」
マフティー 「で、結果2-1になると。」
諏訪子 「消毒する人が溶けて消えるとは」
ガイル 「ふん、呪殺か
だが、対応したのがいるな…小賢しい」
キル子 「特別理由の速度と内容では差がつきませんね、という印象」
ルーク 「俺は悪くねぇ!>霊界のモヒカン」
井ノ原真人 「だがよぉ、俺はもっと頭がいいぜ?
恭介!小毬!
いい作戦を思いついちまったんだ聞いてくれ!!」
できない子 「一人ぼっちは寂しいもんな…>霊界にモヒカンと大佐の二人きり」
「ガイルが普通声、ルークが大声でCOの2-1と
神北小鞠 「2-1把握ですよ~狐さんがいなくなったのはいいことですね~」
種ヶ島修二 「相方あってるで、今日はグレランでよろしゅう」
棗恭介 「何を思いついたんだ、言ってみろ>真人」
結月ゆかり 「挨拶パスってすっとCOできるのはちょっといいなって思いました>諏訪子様が」
ルガール 「ガイル君とルーク君のどちらが真であるか」
ガイル 「ルーク…言いたいことがわかった気がするが
言ってはいけないのだろうな」
神北小鞠 「なになに? >真人」
ルガール 「了解だ>グレラン」
キル子 「CO自体の速度で見るならガイル有利なのはそうでしょうけど
ルーク即吊りするほどのものでは無いでしょう」
綾崎ハヤテ 「2-1ー2、COは出揃いましたね。まぁグレランでいいのでは」
できない子 「別段そこまで差ないっぽいんだからおいておいて見とけばいいと思うよ」
マフティー 「じゃあ逆にこの二人のどっちかでGJが起きたらほぼほぼGJ起きた方が真で良いな(真顔)」
ルーク 「ぶっちゃけ対抗共有とかの楽な展開ないかなとか思ったら、そんなことはなかった。」
井ノ原真人 「村ってのは最終的に3人になるんだろ?なら、3人狼じゃねえ奴を残せば勝ちってことだ。
共有ってのが2枚いるんだろ?
で、GMってのが必ず非狼なんだろ?そいつら残していこうぜ!!>小毬、恭介」
種ヶ島修二 「今日はちゃんと相方がいるダブルスが出来るんやなって…俺は嬉しい」
零崎双識 「ルーク>最近北斗の拳のスピンオフで
もしもテレビドラマだったなら、を題材にした漫画がある」
マフティー 「狂人の対応? 無い無い(素マフティー)」
「後は狼吊るだけだから気が楽と言えば楽だけど」
ルガール 「速さでは判断せずにあくまでもこれからの噛みや結果で判断
それで良かろうさ」
井ノ原真人 「これで俺達の勝ちってことさ!!」
神北小鞠 「ほぇぇ~真人君頭いいねぇ~ >真人」
綾崎ハヤテ 「とりあえず占いが死なないならそれはそれで……。
どうです狼さん、占いを殺さない……そんな選択肢もあるのでは?」
ルーク 「>零崎
へぇー、俺読んだことねーわ。
今度探してみよー。」
棗恭介 「現時点で霊能を疑う要素は特にない(特段遅くもない)はずなのに、
わざわざこれを口にしたのはどういう気持ちからなのかが掴めないな

◇結月ゆかり 「挨拶パスってすっとCOできるのはちょっといいなって思いました>諏訪子様が」」
キル子 「何がどう逆なのか真意を測りかねますけど
単純に狂人が銃殺対応しないだろうと思っているだけなんでしょうか」
井ノ原真人 「よっしゃ!あとは一緒に筋肉祭りだ!>小毬」
「狂人でも対応できる人は出来るだろうし、何とも言えないんだけどね>マフティー
分かっているのは真が確実にいるってことぐらいだし」
零崎双識 「真決め打ち、やっちゃいなよマフティー!」
ガイル 「まぁ、これは俺の雑感だが>マフティー
狂でも運が良ければ普通に成功するものだぞ
狼のほうが対応しなくていい場所が多い分容易いが」
神北小鞠 「呪殺対応ちゃんとしてきたのは厳しいかもですよ 」
結月ゆかり 「マフティーの発言見て、『逆に』ってどっから来たんだろ、
そこまでにこれは真狼確定(青酸カリぺろ

みたいなこと言ってる人居たのかなと思ったら居なかった」
できない子 「ないわけじゃないけど別段それにしたって狂人GJで翌日真死亡とかじゃないなら同じことだよ>マフティー」
井ノ原真人 「で、GMってのはどこだ?
あ、このモヒカン男の傍で転がってるこいつか?」
零崎双識 「ルーク>ウェブで見れるよ」
マフティー 「人狼というのはな? 村人に反省を促させる能力を持っているのだよ。 >真人
まぁ逆に我々マフティーはそんな人狼に反省を促すべくダンスを踊らさせるのだが。」
棗恭介 「まともに聞いた俺が間違いだった>真人」
キル子 「信じる気持ちと理由を言葉にするのも
それはそれで意味ある行いだと思いますよ>棗」
井ノ原真人 「おい起きろGM、何やってんだもう朝だぞ!」
結月ゆかり 「まぁ本人の頭の中でのあれに対して逆に、みたいな感じのことなんですかね、その後のを見るに」
棗恭介 「で、結月はどういう心境だったのか答えてはくれないのか?」
井ノ原真人 「おい!!!!お前ら!!!!GM死んでるぞ!?!??」
ルガール 「狼を吊り殺せば良いだけだ。やる事は単純だな
占いの内訳次第では潜伏狂人が居るやも知れぬが
そこはそれだ。○に狂人が行こうとも噛まれるかもだからな」
ルーク 「正直なところ、狩人に守ってくれよと懇願しても狩人は媚びを売る奴は狼だ派だったら意味はなく、かといってこいつ生存に無頓着だし護衛しないってケースもあったりで。
じゃあこの時間に占いは何をすれば良いのかと言えば、ネタに走るしかないんじゃないかと思いました、あれ作文んんんんん?

って感じが俺の言いたいこと。」
綾崎ハヤテ 「モヒカンと違って時化った男ですから>真人」
「というかねぇ…
位置が位置だけに、どちらも対応できるというのがね」
キル子 「初手銃殺、銃殺対応できなかった狂狼は仕方なく霊を騙ることがそれなりにありますからね」
井ノ原真人 「俺の作戦がぁーーーーーーーーーーー!!!!!!!!」
棗恭介 「ちょっとこう、白く見られるのに必死に映ったんだよな。 俺の中では>キル子」
神北小鞠 「霊能さんは早すぎても遅すぎても疑われて可愛そうだよぉ」
マフティー 「そうかね。呪殺対応に成功する(or準備する)のって大抵wな印章があるんだが。 >暁ガイルゆかり」
できない子 「作文したいならもう少し練って提出してください>ルーク」
マフティー 「ま、ただの雑感よ雑感。」
ルガール 「我々に言える事は真占いが確実に生きてると言う事だけだ」
ルーク 「あ、そうだ。
俺生きてる前提で明日のこと言わせて貰えば、
共有達には指定の準備しておいてね。」
キル子 「で、仕方なく騙る狂狼は真狂狼を回避したいから様子見するのが素直ですから
まぁ発言稼ぎととるならそれはそれでご自由に追求どうぞという感じですね」
綾崎ハヤテ 「そもそも理由の良し悪しを見るにしてもせいぜい文章の出来を見るしかなく
それにしたってなんで位置じゃなくて困惑とか映えとかインスタなのかと
なり、結局水かけ論なので私は速度と結果しか見てないです」
井ノ原真人 「へぇ、人狼ってのはそんなすげーやつなのか?
でもよぉ、反省なんて筋トレしてれば勝手に考えなくてよくなるものなんじゃねえの?>マフティー」
できない子 「その発言で白く見られる要素あるの?気になったからつついたんだよね?>棗」
ガイル 「よくわからんが>ルーク
噛まれたときは霊能軸で死ぬ気でやれ!
それしか言うことはないという程度だろう…

占い師は因果なものだな、対抗の人外に言うことではないが」
結月ゆかり 「そのまんまですけど。>棗

(占い2人特に差ないな)
→霊能特に疑う所ないな
→(まぁふつーな感じになりそうですね)」
「狂人でも対応出来るならするかな、って思ってるし>マフティー」
棗恭介 「ルガールも、言っていることは至極最もなんだがわざわざ言うことではないと感じるんだよな」
ルガール 「>マフティー
対応しやすいのは狼だが決め付けても良くは無い
あくまでも噛みを見て考えたら良いだろう」
ルーク 「俺死んでるならガイル吊ってグレラン村だから。
俺から言うことはねぇ。
逆に生きてるならだいたいGJ出てるし。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
神北小鞠0 票投票先 →綾崎ハヤテ
棗恭介0 票投票先 →結月ゆかり
ルガール2 票投票先 →結月ゆかり
零崎双識0 票投票先 →ルガール
井ノ原真人1 票投票先 →綾崎ハヤテ
諏訪子0 票投票先 →綾崎ハヤテ
種ヶ島修二0 票投票先 →
1 票投票先 →結月ゆかり
キル子1 票投票先 →マフティー
ガイル0 票投票先 →井ノ原真人
できない子0 票投票先 →綾崎ハヤテ
綾崎ハヤテ5 票投票先 →キル子
マフティー2 票投票先 →綾崎ハヤテ
結月ゆかり3 票投票先 →ルガール
ルーク0 票投票先 →マフティー
綾崎ハヤテ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ルーク は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ルークさんの遺言 占い日記

結果まとめ モヒカン○>結月ゆかり

1日目:モヒカン
呪殺出た時に、絵面が一番映えそうなモヒカン占い。
うわらば、してくれや。
本当に死んでても俺は悪くねぇ! 悪いのはケンシロウだ! あいつが北斗百烈拳なんて放つから!

2日目:結月ゆかり
まず前提として俺が生存して占えてるって時点で、俺GJor霊死亡が99%ほど。残り1%はまさかの対抗狂人で噛まれ。
で、俺生きてる前提ならばまず一番大事なのは非狂非狩占いなわけで。
その点で灰を見た時に、占いではなく霊能に注目したゆかりは安牌だと思うのでここを占う。
綾崎ハヤテさんの遺言 村人です
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
棗恭介 「結月から返答は来ていたが、ちょっとはぐらかされたように感じるんだよな。
結局、特に要素と取れるような内容でもないものをわざわざ言うところに対する疑惑は解消されないままだ。

◇結月ゆかり 「そのまんまですけど。>棗

(占い2人特に差ないな)
→霊能特に疑う所ないな
→(まぁふつーな感じになりそうですね)

ルガールは、発言を要約すると「狼を吊ればいい」「潜伏狂はいてもいずれ噛まれる」「真占いが絶対生きている」ということで、
これわざわざ口にしなくてもみんな大体同じこと考えているわけだ。

これを発信することでルガールは何を伝えたかったんだ?となるのが俺の今の脳内だな。」
「レディーは速攻で朝の準備をするわ
ガイル 0 票 投票先 → 井ノ原真人
ルーク 0 票 投票先 → マフティー
真狂か真狼かで変わるけど、両占いの投票先ね
なお、ハヤテはあまり見てなかった

今日どこが噛まれているかで真狂か真狼かがわかるかもしれないわね
GJならかなり楽になりそうだけど」
種ヶ島修二 「>零崎
了解、じゃあ今日は指定先よろしく頼む」
井ノ原真人 「おいおい見つけちまったぜ。
みんなぁ!占い師についてわかったことがある。聞いてくれ!」
ガイル 「占いCO
棗恭介は●だ」
神北小鞠 「おはようですよぉ」
キル子 「3いる狼と1しかいない(いない可能性もある)狂人で銃殺対応成功率が高いのは圧倒的に狼なのは当然なんですけど
それにしたってあまりにも決め打ちが過ぎるので
ワンチャン潜伏狂人かな?という気持ちを込めてみました」
諏訪子 「○」
棗恭介 「はい、占い噛まれているわけだが」
結月ゆかり
棗さんへの印象はふぅん頑張って白く見られようとしてますねぇ
位ですかねぇ、それが何要素なのは今はわかんないですね。

投票的にはどっちか言うと乗っかってる暁のが気になるかな。」
ルガール 「おはよう。投票は結月ゆかり君だ
発言的には抑え目で一歩引いてると思ってね」
マフティー 「占いの活躍によって狐のモヒカンと、それからハヤテを反省させた我々は更なる反省を促すべくダンスを踊ることにした。

暁「狂人でも対応できる人は出来るだろうし、何とも言えないんだけどね>マフティー
分かっているのは真が確実にいるってことぐらいだし」
結月ゆかり「マフティーの発言見て、『逆に』ってどっから来たんだろ、
そこまでにこれは真狼確定(青酸カリぺろ
みたいなこと言ってる人居たのかなと思ったら居なかった」
できない子「ないわけじゃないけど別段それにしたって狂人GJで翌日真死亡とかじゃないなら同じことだよ>マフティー」
ルガール「>マフティー
対応しやすいのは狼だが決め付けても良くは無い
あくまでも噛みを見て考えたら良いだろう」

俺の発言に入って来たのが占い候補のガイルを除いて四人。この中で「kでも出来る奴は出来るだろう」と言っているのが暁。
俺の発言を見て「真狼だと促している奴が前にいるんじゃ」と考えたゆかり」
ガイル 「◇棗恭介 「ルガールも、言っていることは至極最もなんだがわざわざ言うことではないと感じるんだよな」
この発言か引っかかったのは全体的に進行をしっかりというかバランスの良い発言という感じではあるが

それはそれとして、お前こそわざわざ言うことか?でしめられたのでな」
できない子 「じゃあガイル吊ってもいいかなって」
マフティー 「アッハイ」
棗恭介 「ルーク真だったな」
ルガール 「片方占いが抜かれているな…」
「ルーク噛み…信用捨てた狼か真狙ったベグか
どっちかしらね?」
井ノ原真人 「おっと、小声になるから占い師の理由とかぶらねえようにしねえとな。」
ガイル 「…対抗狂人か
俺を吊らせるために噛んだというところだろう」
結月ゆかり 「棗●はそこそこ印象いいから霊護衛で指定進行する前提なら1日置いていいんじゃない」
棗恭介 「俺のCOは指定されたら答えるで良いな?>共有」
井ノ原真人 「◇ルーク「正直なところ、狩人に守ってくれよと懇願しても狩人は媚びを売る奴は狼だ派だったら意味はなく、
かといってこいつ生存に無頓着だし護衛しないってケースもあったりで。じゃあこの時間に占いは何をすれば良いのかと言えば、
ネタに走るしかないんじゃないかと思いました、あれ作文んんんんん?って感じが俺の言いたいこと。」

このルークの発言だがよぉ。
こいつ、間違いねえ。最近銀魂を見たな!つまりこいつは銀魂読者ってことだ!
これが俺ならではの発想だぁ!!!」
ルガール 「恭介君については気になる点はある」
マフティー 「すげぇ素直にガイル吊って良いと思う。」
キル子 「棗恭介人狼かは微妙なところですね
無くは無いけど初日から良く動くなという位置なので」
零崎双識 「棗くん>そうだね」
井ノ原真人 「死んでるじゃねえか……ルーク……
銀魂読者だからもしかしたら帰って来るかもしんねえか……?」
結月ゆかり 「おっマフティーさん面白い掘り方するじゃないですか、
そこからなんかいいところ取れます?」
「棗吊るかガイル吊るかになるぐらいでしょうね
ガイル偽と思うなら吊っていいかもだけど」
ルガール 「◇棗恭介 「ルガールも、言っていることは至極最もなんだがわざわざ言うことではないと感じるんだよな」

この発言を見てたんだが、私に投票しなかったのは何故かな?
少し気になっていた」
棗恭介 「もちろん俺としてはガイル吊り一択だ。
真占いが即噛まれた今、狐もいない以上狂狼どっちでも生かしておく理由がない」
種ヶ島修二 「>零崎
昨日の通り今日は任せるで」
神北小鞠 「ルークさん真だとして、3票入っているゆかりさんを占ったのはなんでだろう?今日もグレランだとしたら吊位置なんじゃないのかなぁ」
できない子 「棗●出てるけど吊るかどうかは共有任せでいいや。
狼で逆囲い、をこの段階でするか?っていうとしないだろうし。」
ガイル 「俺吊りでも構わんが霊能護衛しろ、狩人は
そうして明日に恭介を吊ってグレラン村してくれ…
この状況ならば、それしか言うことがない」
井ノ原真人 「よくみたら恭介に●が出てるじゃねえかよ
恭介、お前マジかよ!?」
棗恭介 「結月の方がより気になったからだ>ルガール」
ルガール 「初手真贋付かずで考慮するならガイル君吊るのは一手置くべきだが」
マフティー 「できない子が「仮に真狂でも真がいれば良いでしょ」という意見で、ルガールが「噛みから考えろ」と言うもの。」
キル子 「俺吊りでも構わんがはこの状況の占い師としては弱気だと思います
ガイル吊って●に期待するルートを目指しますか」
棗恭介 「まぁ、俺の今の目線で結月とルガールが気になるってのは朝一を読んでくれれば伝わるだろ」
結月ゆかり 「でもとりあえずで一手放置されるとガイルの狼仲間説で私が吊られるのかな、それはあんまりだからそれならガイルさん吊っちゃっていいかもですね(クルー」
井ノ原真人 「吊るってのは恭介を殺すってことだろ?
それが村のためになんのか?」
結月ゆかり 「棗さんは、ゆかり/ルガールを除いた人の発言に、
『これは今喋るべき発言であったのだろう』という理由をつけられますか?」
ルガール 「>棗恭介
ふむ、そこは理解出来たよ。私も朝一の通りで
結月ゆかり君が発言抑え目だと思っての物だったからね投票は」
種ヶ島修二 「指定 ガイル」
神北小鞠 「真人君は恭介さんとガイルさんどっち吊りたい? >真人」
できない子 「別段言ってることがおかしくないけど、流れで投票はいったとかは普通にあるので>小鞠
そこ吊り位置かどうかっていうのは見解わかれそうなとこだよ」
「真偽判断で吊るにしても吊が厳しくなるし…」
ガイル 「貴様が村なら喜ばしい結果になるが?>真人」
棗恭介 「ナイス指定だ>共有」
ルガール 「しかし、この●はどう判断した物か…」
キル子 「ただガイル狼なら霊噛んでも良さそうかなという気持ちもありますけどね
だから●吊りでも強く反対はしません 揺らぐ余地は残されています」
「了解>ガイル吊り」
零崎双識 「おや」
神北小鞠 「指定了解だよ~」
ガイル 「わかった
だが狩人は本当に霊能護衛で頼む…
これで俺を狼にされた場合が一番まずい、わかるだろう?」
結月ゆかり 「多分つけられないですよね。

なので、私としてはあなたの発言には言ってみただけ、以上の説得力は私からは感じなかったです。」
井ノ原真人 「正直よぉ、わからねえんだ>小毬
恭介のやつが狼かも、ガイルが偽かも、馬鹿だから。」
井ノ原真人 「でもよぉ、どっちを吊れって言われたら
きっと、俺は悩んで悩んで、きっと今日は、俺が決めていいなら、恭介を吊った気がする。」
ルガール 「ふむ、ガイル君吊るのか。了解だ。霊能護衛をさせるべきだね、それなら
その場合、●が出たら逆囲いは見なくて良くなる>恭介君について」
結月ゆかり 「まぁ、それを狼がやりたがるかどうかは別の問題なのですが、

結局棗さん本人が思う村人像をやってるだけなのだろう、ということで、
棗さんの色は不明なまんまですね」
マフティー 「ぶっちゃけるとさ「真狼に決まってんだろ」的な発言すれば人狼あぶり出せるんじゃねーか的な考えの元だったのよあれ。
んで、反応したのがこの四人。この中なら「二回発言して念押しした暁」はあんま人外臭くない。」
棗恭介 「それは俺からも言葉を返させてもらおう。
少なくとも俺の目に昨日の君はそう見えているということを>結月」
神北小鞠 「私もわかんないぃ~ >真人」
キル子 「正直これで明日霊死んでたら●吊って全部なかったことにしそうですね」
神北小鞠 「真人君 了解、ありがとうね」
井ノ原真人 「共有が決めちまったあとだし、これで恭介が本当に狼ってやつなら
俺が疑われるかもな、ま、そん時はそん時さ!!!」
できない子 「面倒くさいとかそういうのはあるだろうね>キル子
若干有利とったからじゃあさっくり噛んじゃおうってよくあるじゃん。
そもそも真いかしとく理由の一つは昨日爆裂四散してるし」
ルガール 「>キル子
割と真狂も有り得る噛みにも思えるからね」
ガイル 「では、後は頼むぞ村よ」
井ノ原真人 「わかんねぇよな、こんなもん!>小毬」
結月ゆかり 「ただまぁその観点からはどっちかいうと乗っかってる投票の方が気になる、という今朝の所に戻る」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
神北小鞠0 票投票先 →ガイル
棗恭介1 票投票先 →ガイル
ルガール0 票投票先 →ガイル
零崎双識0 票投票先 →ガイル
井ノ原真人0 票投票先 →ガイル
諏訪子0 票投票先 →ガイル
種ヶ島修二0 票投票先 →ガイル
0 票投票先 →ガイル
キル子0 票投票先 →ガイル
ガイル12 票投票先 →棗恭介
できない子0 票投票先 →ガイル
マフティー0 票投票先 →ガイル
結月ゆかり0 票投票先 →ガイル
ガイル を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
零崎双識 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ガイルさんの遺言 占い結果はログだ
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
棗恭介 「マフティーは、そのやり方が効果的かはどうあれ、自身の言動を餌とすることで発言を引き出して、
それを判断して推理するという姿勢から人外をあぶり出そうという強い意識を感じた。

素直に村目のものと見るぞ。 内容はともかく、意識が明らかに村利に向いているからな。

◇マフティー 「ぶっちゃけるとさ「真狼に決まってんだろ」的な発言すれば人狼あぶり出せるんじゃねーか的な考えの元だったのよあれ。
んで、反応したのがこの四人。この中なら「二回発言して念押しした暁」はあんま人外臭くない。」」
諏訪子 「●」
「レディーは速攻で朝の準備をするわ
諏訪子の結果次第かな…って所
●ならガイルが対抗噛んで棗に●を撃ったという事
棗の判断は最終日でいいかな…って所ね
〇の場合棗を吊るかどうかかな
狂人の●で村に当たった…だと難しいから」
種ヶ島修二 「おはよう」
井ノ原真人 「よっしゃあ!今日も筋肉祭りだぁ!」
神北小鞠 「おはようですよぉ」
結月ゆかり 「見せていいよ、と」
ルガール 「おはよう。視点的に自然に思うのはキル子君かな
霊能軸にする進行の中で噛まれについての危惧が村寄りに思える

後はそうだね、ガイル君の色次第で恭介君どうするかは決めねばな
早い段階での●は余り逆囲いは見ないが…」
結月ゆかり 「>少なくとも俺の目に昨日の君はそう見えているということを>結月」

これはどこにかかってるんですか?『言ってみただけ』の所?

私の主張は、『棗がゆかり/ルガールと他とを分けている根拠は示されていないので、説得力がない』ですね。
私の2日目の発言に、私が立証する必要のある何かってありますっけ。

『私がはぐらかした返答をしている』ことの立証責任はあなたにあると思いますよ。
何故ならそれはあなたが勝手に事実を歪めた解釈をしているだけだから。」
種ヶ島修二 「グレラン」
できない子 「GJ出てもいいよねでルーク噛みして棗●投げるとする。
この場合大凡ゆかり庇いの●なんだろうで、それ考えるとゆかりは吊り候補に入れておいても良い。

ただGJでたら○にしよう、出なかったら●にしようってケースだとこれはゆかり吊りたい系になるんだろうっていう。
理由は棗●ってガイル●見えたらまず吊らないわけで、そうなるとじゃあゆかり吊るねってなりそうだから」
棗恭介 「占い真狼だったか」
キル子 「ガイル狼ー棗狼はガイルの弱弱しさには少し思うところが無くは無いですけど
棗の位置で逆囲いしに行くのはやりすぎかなと思うので当分見なくていいんじゃないですか
ガイル〇なら棗吊りするつもりでいますね」
マフティー 「我々は真占い(仮定)を抜かせた狩人に反省を促すべく、ダンスを踊ることにした。(攻めるつもりは無い)
初日ならば兎も角、これでハヤテが狩りだったりした場合は私は反省のためにダンスを踊ることにする。ガイルの方が真でも反省するためにダンスを踊ることにする。

で、なんだけど昨日と同じく暁は見えて無い感は強いんだが、朝1の余裕ある感じがあんま好みじゃ無かった(見直した結果)。
けど、すぐには指定して欲しく無いし吊りたくない。

結月ゆかり「おっマフティーさん面白い掘り方するじゃないですか、
そこからなんかいいところ取れます?」
良いところっつーか、後々役立ちそうだとは思うよ。 >ゆか」
「狼と
棗は放置ね」
神北小鞠 「●なんだね」
井ノ原真人 「ルークよりガイルの方が、なんか、人を殺す目をしていた。
そんな気がするぜ。って、霊能結果が出てからいっても、うさんくせーな」
ルガール 「ふむ…ガイル君狼だった訳か」
マフティー 「だいたい知ってる。 >ガイル●」
種ヶ島修二 「相方ありがとう、お疲れ様
シングルスになったが勝って見せるで」
できない子 「で、これを大前提として考えた場合にルガールあたりから手つけようか」
神北小鞠 「真ー狼了解だよぉ」
キル子 「ガイル吊りした帰結としては一番マシな結果で良かったですね。」
井ノ原真人 「……狼ってやつは、そんなに恭介を怖がったってことでいいのか?」
結月ゆかり 「どーうなんだろうなー、まぁいっかぁ棗さんは」
できない子 「真人じたいはおいて置けるのが良し悪しで言うと微妙なとこだけどな>キル子」
ルガール 「そうなると狂人も潜伏してる可能性もあるのだな
でだ…恭介君は灰戻しで良いが、私は彼を吊る気は無い(理由は説明済み)
●の場合の話をifでしていたからね」
結月ゆかり 「吊れたらラッキー程度だったにしてはえらい切り捨てられようが強いなぁという気もするけれど」
神北小鞠 「恭介さんは一日目から発言も伸びてたから●だししたってことのなのかなぁ」
棗恭介 「結月は俺に何を求めているんだ?
俺は結月が「はぐらかした」とは一言も言っていないつもりだが。
ただ、「言っただけ」でしかないと言いたいのであって。

もっと極端な表現をするなら「魂が発言に乗ってない」」
神北小鞠 「そうだね、狂人潜伏だと私も思うよぉ >ルガール」
「ルガールはガイル真を見ていたのかどうか…かな
ルークが噛まれた時どう思ったの?>ルガール」
井ノ原真人 「よくわかんねえやつらだな
そのままルークを噛まねえで戦うこともできただろうによ。」
マフティー 「結月ゆかり「マフティーの発言見て、『逆に』ってどっから来たんだろ、
そこまでにこれは真狼確定(青酸カリぺろ」
だから聞いときたいんだけど、お前これ「真狼だろJK」的な発言を「俺が見た結果」逆にって発言が出てるって思ったって事でいいな? >ゆかり」
ルガール 「>結月ゆかり
君が対立ライン気味だったが、君視点でも彼を吊りに行く道理は無いな」
結月ゆかり 「えー役に立つかなぁそれ。

◇マフティー  「ぶっちゃけるとさ「真狼に決まってんだろ」的な発言すれば人狼あぶり出せるんじゃねーか的な考えの元だったのよあれ。
んで、反応したのがこの四人。この中なら「二回発言して念押しした暁」はあんま人外臭くない。」

最初の意図は、
・構成に隙のある発言をして自分吊りに来る狼を誘い受けしたかった
・(仮に内訳真狼であった時) 事実を突然提示することで反応を見たかった

等ありえますけれど、結局2回それに関連して発言することがどう人外臭くないのかわかんないです。」
できない子 「どっちかっていうとGJ出たらーで●投げ予定でそのまま変化しないで出した系のあれそれじゃないの?>ゆかり」
キル子 「全灰村ならグレー噛みが入るのはほぼ必然なので
身内票位置とかは放置しとけばそれなりに噛まれると思いますよ
そうならなかったら改めて後で狙えばいいだけですしね」
種ヶ島修二 「棗に関しては「灰」と見てどう思うかで各自決めてくれ
言わなくてもいいかもしれないが」
結月ゆかり 「いや、『逆に』っていう単語は、何かしらその後ろに続く語と対立する考えがあってのもんだと思うので」
ルガール 「>暁
そこについては個人的には微差で見てたかな…
故にガイル君真を昨日の時点では追ってたよ>ルーク君噛まれた時点でも」
棗恭介 「結月。 それが「分からない」というのならその根拠をまずマフティーに問うべきであり、
それをせずに「役に立たなそう」と断じる時点でマフティーを理解するつもりがないとしか見えないぞ」
マフティー 「内訳が「確定」した時に役立つでしょ。 >ゆかり」
井ノ原真人 「ガシガシぶつかってる中では、今んとこ
ガイルみてぇに人を殺す気の目をしてそうなのはゆかりってくれぇか。」
キル子 「流れに関係ありそうでない話するとマフティーは安価付けなかったから私の発言は拾ってくれなかったのかなという事だけは
心残りですね」
「その辺りは棗を吊って真偽確定させたかったと?>ルガール」
結月ゆかり 「んん?」
できない子 「奇数推移するっていうなら狂人位置は吊る必要出てくるけど
現状5吊り考えるなら確定しない狂人位置よりは確定しない狼位置のほうがだいぶマシって感じだし」
ルガール 「>神北小鞠
まあそこはそれで、ルーク君の言っていた通りでグレラン村になったので
吊り殺せば良い・噛まれてくれたらラッキーって位で思えば良いんじゃないかな」
棗恭介 「マフティーの想定を考慮せず、ただ「理解できない」では意図的不理解と取られても文句は言えないと思うのだがな」
マフティー 「例えば、今回は実際に真狼だった訳だけど、仮に真狂だったとして、ガチのガチで「真狼だろ」って断言してるような場所は「人狼目から外れる」と思わないか?」
結月ゆかり 「ちょっとよくわからないなそれ
真狼だという当時のマフティーの前提が正しかったとして、
正しかったらしいんですけど、

それと灰の誰が狼で誰が村かは別の問題だと思うのですけれど……」
「もしガイル狂人、棗村だったらとても厳しいことになるんだけど
その辺り考えてた?」
キル子 「マフティー狂人なら棗吊りに動くべきなので
狂人位置といった推理ももうご破算ですしね」
できない子 「他の要素ってなかったの?>ルガール」
神北小鞠 「そうだねぇ、私もグレーの波にのまれないようにしなきゃ >ルガール」
結月ゆかり 「いや、特に棗さんに求めるものはないですね、邪魔臭いなー位。」
マフティー 「ん? >ゆかり」
ルガール 「>暁
その時点ではね。だから●吊りも吝かでは無いと思っていた
ただ、彼の返答・反応は余り狼らしくは無いとも思ったのでこう言ってた」
結月ゆかり 「多分このまま外したまま一生を過ごしそうな人だから、
私が頑張って生き残らないと村かたなそう、位?」
マフティー 「なんかゆかりと壮絶なすれ違いが起きてる気がする。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
神北小鞠1 票投票先 →結月ゆかり
棗恭介0 票投票先 →結月ゆかり
ルガール4 票投票先 →マフティー
井ノ原真人0 票投票先 →
諏訪子0 票投票先 →神北小鞠
種ヶ島修二0 票投票先 →ルガール
3 票投票先 →ルガール
キル子0 票投票先 →
できない子0 票投票先 →ルガール
マフティー1 票投票先 →ルガール
結月ゆかり2 票投票先 →
ルガール を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ルガールさんの遺言 村だよ
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
棗恭介 「他のグレーについていえば、キル子は発言の節々が素直に白くて村目と思えるな。

ガイルを吊って狼だったと分かった時の「マシ」という言葉も、
当時俺吊りも考えていたキル子の視点からすると納得できる言葉のチョイスだ。

◇キル子 「ガイル吊りした帰結としては一番マシな結果で良かったですね。」

また、この辺は純粋に「見られてない」ことへの不満で村要素と計上できるだろうな。

◇キル子 「流れに関係ありそうでない話するとマフティーは安価付けなかったから私の発言は拾ってくれなかったのかなという事だけは
心残りですね」

潜伏狂目線で俺への黒判定が何を意味するか、を起点として
マフティーがそれに該当しないという推理まで続いているところも見極め姿勢を感じる。

◇キル子 「マフティー狂人なら棗吊りに動くべきなので
狂人位置といった推理ももうご破算ですしね」」
種ヶ島修二 「おはよう」
「レディーは速攻で朝の準備をするわ
◇ルガール 「>暁
その時点ではね。だから●吊りも吝かでは無いと思っていた
ただ、彼の返答・反応は余り狼らしくは無いとも思ったのでこう言ってた」
ガイルに関しては少なくとも狼から噛まれてないという情報があるからちょっと…ではあったのよね
でも、そこから出た●をどうしても吊りたかった…というのはちょっと分からなかったのよね

ここ〇だとちょっと分からなくなってくるけど」
できない子 「統計的に2-1っていうCO数は狼まじりのほうが多いわけで(今回はそう言い切れないケース)
でも対応しやすさで言うとやっぱ狼側が対応しやすいわけじゃん?

それ考えた場合、真狂であっても「形でいうと真狼のほうが多い」から真狼だろっていう人は一定数いると思うから
それで狼じゃないんじゃない?っていうのはあんま成立しないと思うよ>マフティー」
マフティー 「結月ゆかり「いや、『逆に』っていう単語は、何かしらその後ろに続く語と対立する考えがあってのもんだと思うので」
この答え自体は予想とは違ったけど「想定していた物ではある」 >ゆかり

何が言いたいかってーと俺は

「占い真狼ですねこれは……」的な発言を俺以外の誰かが言ったとお前が思った結果、俺から
「じゃあ逆にこの二人のどっちかでGJが起きたらほぼほぼGJ起きた方が真で良いな(真顔)」
って発言が出たんだってお前が考えたんだと思ったのよ。

結月ゆかり「マフティーの発言見て、『逆に』ってどっから来たんだろ、
そこまでにこれは真狼確定(青酸カリぺろ
みたいなこと言ってる人居たのかなと思ったら居なかった」

じゃないとこういう発言にならなくない? >ゆかり
何かを前提として「でもその場合は~」的な意味じゃないの「逆に」って。」
井ノ原真人 「よぉ、筋肉筋肉!」
諏訪子 「●」
結月ゆかり 「今日マフティが吊れる流れなわきゃないからこんな浮いた票入れてるルガールが狼なわけないんだよな、というのが私の感覚ですけど、さてはて。」
「GJね」
棗恭介 「GJか。 素晴らしいな」
神北小鞠 「ん、ggj?」
結月ゆかり 「狼だったらしい()」
キル子 「神北小鞠は不穏な位置ですけどガイル狼の場合の相方狼としては
ルークの遺言に目を付けるのはあまり狼らしくは無い説も一応あります

暁投票はルガールへの絡み方が強引に見えたので、という理由です
票で見るとルガールの票の浮かせ方は狼としては不自然かなと予想します」
種ヶ島修二 「残り2分で指定入れる」
棗恭介 「ルガール黒だったか。 さもありなん」
井ノ原真人 「おお、すげぇなおめぇら!」
神北小鞠 「gが一個多かったよ~ふぇえええん」
「ルガール狼と」
結月ゆかり 「ふーむこれならさっくり行く方がいいのかな」
できない子 「偶数になったので暫定狂人位置は放置でいいと思います」
井ノ原真人 「◇ルガール「>暁
そこについては個人的には微差で見てたかな…
故にガイル君真を昨日の時点では追ってたよ>ルーク君噛まれた時点でも」

◇暁「もしガイル狂人、棗村だったらとても厳しいことになるんだけど
その辺り考えてた?」

俺は馬鹿だからよくわかんねえんだがよ……
ガイル狂人だったなら、キル子みてぇにガイルの色を見てから
じゃあ今日は恭介吊ります。ってやつだっていただろ?これはルガールを疑うところとしてちげぇんじゃねえか?

とか考えてたが、俺が馬鹿だったってことか!すまねえな!」
マフティー 「まぁこれ以上言葉の云々に言及すると言葉の受け取り方云々になりかねないからこれ以上はこの要素で言わないけど。」
結月ゆかり 「◇棗恭介  「結月から返答は来ていたが、ちょっとはぐらかされたように感じるんだよな。


◇棗恭介  「結月は俺に何を求めているんだ?
俺は結月が「はぐらかした」とは一言も言っていないつもりだが。

ソウデスカー」
マフティー 「アッハイ >●」
キル子 「あれで●で死体なし出るとだいぶ良くなってるみたいですね
ルガール●だと暁とかも吊る必要が無さそうですからね」
できない子 「暁もマフティーも私も違うとするとだいぶ狼位置狭くない?みたいなルガール吊り投票結果」
「考えずにただ闇雲に吊ろう…はちょっと
って思ったんだけどね>井ノ原」
神北小鞠 「狩人さん頑張ったねぇ、そして●も了解だよ」
結月ゆかり 「んー暁あんまり身内票しない気がするんですよねー」
棗恭介 「そ、そこか。 すまないな、正直その部分は本気で忘れていた>結月」
マフティー 「俺の要素引き出し発言は正しかったな(キリッ)
ルガール俺の発言に吊られて最後の最後に発言してるしな」
できない子 「霊能GJっていうならそれこそ身内いれてないでしょう系のなにかじゃない?」
結月ゆかり 「ルガール-暁の場合はまず昨日は私に全力突っ込んできそうなもんですし」
井ノ原真人 「でも、お前は狼を吊ったんだろ?
しかも結構つえぇ誘導してたしな!>暁」
結月ゆかり 「お前本当に相手が私で良かったな
人によってはもっとマジギレしてますよ」
神北小鞠 「私の非狼予想として遺言に目を付けたことが理由になるってなんでかなぁ? >キル子ちゃん」
キル子 「ルガールがマフティー投票した理由は全然分からないので
ルガールからの投票でマフティー白く見ようとは余り思わないですけど
どのみち投票者ではあるみたいですね。」
結月ゆかり 「で、マフティのやつ読みますね」
マフティー 「だるぉ? 暁も白くなってくるだるぉ? んで、昨日の投票含めて俺も○いだろぉ?」
できない子 「ついでにゆかりもおいておいて良さそうな>初日ルガールが投票してる」
井ノ原真人 「おいおい恭介が謝ってるところなんて初めて見たぜ
でもよ、恭介と昨日早いうちから誘導しかけてたできない子と、あと、誘導の末に入れてた暁を残して最終日ってのを目指す感じでいいんじゃねえか?」
棗恭介 「で、何をはぐらかされたと感じたかについて説明すると。

結局「霊能良いな」をわざわざ発言で落とすことを選んだ理由ということだ>結月」
結月ゆかり 「まぁ、昨日私があなたのそれに絡んでいたのは
・私が暁吊りたかった
・マフティの暁白いんじゃね理論の論理が胡散臭かった

という2点が大だったので」
キル子 「占い真狂なら噛んだ占いが真か狂かは気になるでしょうけど
真狼なら通った時点でもう真確定で、かつ死んでいる占い師はどうでもいいでしょう
狼にとっては>神北小鞠」
種ヶ島修二 「キル子COあるかい?」
「つまり、ゆかりは私-マフティーじゃないか?と思ってたのね」
結月ゆかり 「それは喋ってるでしょ!
3つの思考の中で文字にしようと思ったのがこれだった、という」
棗恭介 「そこは村だろう、反対だ>共有」
できない子 「もう普通に考えるべき狼位置小鞠とキル子しかなくない???」
キル子 「狩人CO
諏訪子護衛成功」
棗恭介 「ああああああああああああああああああああああああ」
キル子 「以上です。」
神北小鞠 「なるほどね、ありがとう! >キル子ちゃん」
種ヶ島修二 「神北COあるかい?」
「うわ…>狩人」
マフティー 「アッハイ」
神北小鞠 「COないよ!」
キル子 「ルガール投票しておけば良かったですね」
井ノ原真人 「こっから先の吊りは、俺も長くは生き残っていられなさそうだな
今のうちに言っとくぜ恭介、小毬!勝ってくれよ!って言おうとしたら小毬に指定がかかった!!!!」
結月ゆかり 「いや3日目時点の予想ではルガール狼ありそうだと思ってたかな、
でもルガールが昨日浮いた票入れてるからこんなん絶対ルガール非狼じゃんって思って、あれーという」
種ヶ島修二 「神北吊りで頼む」
結月ゆかり 「なんか色々あれーな感じになっていた」
棗恭介 「神北は正直エアポケしていたので判断が付かないな」
結月ゆかり 「あ、今のは暁宛です」
「終わらないと身内もあり得るのかしら…これ」
できない子 「終わらないなら身内入れてる人たちと二日目に●貰ってる棗
の中から決めようぜっていう非情にあれな形です」
神北小鞠 「村のみんな頑張ってね!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
神北小鞠9 票投票先 →結月ゆかり
棗恭介0 票投票先 →神北小鞠
井ノ原真人0 票投票先 →神北小鞠
諏訪子0 票投票先 →神北小鞠
種ヶ島修二0 票投票先 →神北小鞠
0 票投票先 →神北小鞠
キル子0 票投票先 →神北小鞠
できない子0 票投票先 →神北小鞠
マフティー0 票投票先 →神北小鞠
結月ゆかり1 票投票先 →神北小鞠
神北小鞠 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
キル子 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
神北小鞠さんの遺言 小鞠ちゃんのなんとなくパッション

白っぽい 
できない子 恭介さん 真人くん マフティー 暁 キル子
黒っぽい
ガイル ルガール ゆかり
キル子さんの遺言       . : "´  ̄ ` : 、
      .,:::::::::::::::::::::::::::ヽ::、
     //:::,::::::,:::::::、:::::::、::ヾ:.
.    l,f:::i|_:::::|:::::::||:::::_|i::::i::|
    |:|:::::|(●)  (●)|::::::|:|
    |:|::::_|    、    |_::::|::|
    |:|:´:|゙:、_ ‐‐ _,.ィ|:`::|::|
    |:|::::|:::::/ ヽ//ヽ:::1::::|::|
  ┌─────────┐
  { )             ( }
  │   狩 人 C O  . .|
  │             │
  └─────────┘
    _,ノ ,| |      ,| ヾ、_
    ` ̄ ̄ `  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄´


護衛履歴
1.なし→初日
2.ガイル→ルーク
3.諏訪子→零崎
4.諏訪子→護衛成功
5.


2.ガイル
本命は霊噛みだと思いますが抜かれても別にいいんです
確定〇で吊りを増やせば(増やせるとは言っていない)

3.諏訪子
霊噛みがローリスクな場面になってるので
ワンチャン護衛外し見て噛まれる可能性、をケアしておきましょう程度の護衛。

4.諏訪子
どうせ共有噛み切ったら灰か霊しか噛めないんですから
狼が霊噛みたくなるまで待ちますか
霊偽はまぁ…
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
棗恭介 「やはり俺の中では結月LWという結論にしかなりそうにないな」
マフティー 「 じゃあちょいとダンスを踊りながら考えましょうかねぇ。
ルガール投票者は暁できない子俺。実質あの時身内があったとして、候補は暁かできない子。

なんだがな? キル子真前提で話すがそもそもの話しとして、身内を入れた上で霊能を噛みに行くって事は、普通に霊能結果が村に提示できない可能性があるって事でさ。
それ踏まえるとやっぱ暁はやらないだろ感がある。仮にやってるならできない子の方。

ルガール 2 票 投票先 → 結月ゆかり
結月ゆかり 3 票 投票先 → ルガール

ルガールゆかりも初日に相互投票してる訳だしなぁ……。」
「レディーは速攻で朝の準備をするわ
初日
ルガール 2 票 投票先 → 結月ゆかり
結月ゆかり 3 票 投票先 → ルガール
ガイル 0 票 投票先 → 井ノ原真人
4日目
暁 3 票 投票先 → ルガール
できない子 0 票 投票先 → ルガール
マフティー 1 票 投票先 → ルガール
キル子真なら残り全員身内じゃない…

…棗疑うのもないと思うし」
諏訪子 「○」
結月ゆかり 「ガイル→真人
ガイル→棗●

ルガール→ゆかり
ゆかり→ルガール(2日目のみ)

暁、できない子、マフティー→ルガール
ルガール→マフティー
(ここちょっと胡散臭いけどここ2狼だと霊噛まないのが普通)」
井ノ原真人 「>恭介
でもよぉ、恭介。
ルガールのやつが狼ってわかった時点で票を見返してきたが
ゆかりが狼だとしたら、ずいぶん気合入ってんな、狼陣営は。って感じがするぜ。」
井ノ原真人 「ああ、これ今日の恭介の朝一宛な。」
結月ゆかり 「まぁ棗さんが(村人なら)そういう外し方をしそうなのは予想できていましたのでスルーするとして」
できない子 「投票要素を最大限に考えると、昨日のルガールがマフティーに入れてるのが非常に目立つ、という結論になりました」
種ヶ島修二 「指定かグレラン 意見求む
残り1分で決める」
棗恭介 「確かにはぐらかしただろと追及した部分を忘れていたのは俺の落ち度だ、すまない。
だが、それに対して明確な返答を得ていると受け取っていないのもまた事実だ」
マフティー 「井之頭恭介吊り殺して最後考えるじゃダメ?」
井ノ原真人 「誰だよ井之頭>マフティー」
マフティー 「ルガール投票者ならできない子かゆかりなら認める。」
井ノ原真人 「おめーには見えねえ9人目でも見えてんのか?
吊りが増えるから頼むぜ!!!」
「ガイルがあの日身内する理由も分からないし…
ただ、ゆかりの考えも理解できるし」
結月ゆかり 「あ、昨日のマフティ宛はちょんぎれちゃいましたけど、
多分暁狼じゃない気がするし、マフティ本人凄く怪しいかと言われると別に
(言ってることの内容に賛同はできなかった)ってな感じなので、

あなたが私を怪しいと思うならご自由にな感じです」
できない子 「吊りたくない位置があって、そこが吊られそうに見えるとかなら指定すること自体は普通にやってもいいよ>種ヶ島」
マフティー 「(けどぶっちゃけどっちもやってなさそう感)」
井ノ原真人 「まあどっちかというと、誘導でなんか不自然だなって感じたのは
身内とかもあるなら暁なんだがな。」
結月ゆかり 「どっちかいうとその場合指定より、
吊りたくない位置を吊りたくない理由を明示して明らかにする方がいいですよ」
「吊りたい位置があるなら指定でもいいと思う>種ヶ島」
井ノ原真人 「ルガールはあれだけ殺意を宛てられてたのに、票も返してねえしよ。」
結月ゆかり 「何故ならそれで外すと種ヶ島が死んだあとに票食らってそこが死ぬとなんの意味もなく」
井ノ原真人 「俺が狼でルガールの立場だったら暁になんとなく票を投げたぜ、きっとな。」
棗恭介 「あと、正直これは感覚的だが、昨日の「3日目時点ではルガール狼を想定していた」も霊結果見せてのライン切り発言に見える。

◇結月ゆかり 「いや3日目時点の予想ではルガール狼ありそうだと思ってたかな、
でもルガールが昨日浮いた票入れてるからこんなん絶対ルガール非狼じゃんって思って、あれーという」」
「不思議も何も、思ったことを聞いただけなんだけどね
ルガールぐらいしかガイル擁護してなかったから>井ノ原」
できない子 「むしろ暁いかすなら投票入れるだろうっていうのはあるよ>真人」
井ノ原真人 「俺もしてたぜ?>暁」
結月ゆかり 「う~ん真人の発言に理はあると思うんですけど、
ルガール側から見た場合ね、

でも暁側から見た場合がなんか納得行かないんですよね」
「そうだっけ?
ルガールがかなり印象残ってたんだけど」
結月ゆかり 「霊GJなんじゃなかったですっけ昨日って」
結月ゆかり 「>棗」
井ノ原真人 「なるほどな、確かに。
じゃあ逆に暁とゆかり残してみっか?>できない子」
棗恭介 「自分がルガールと繋がっている狼なら「狼かもと思っていた」なんて胡散臭いアピしない、というためのものという話だな」
できない子 「霊能GJです」
マフティー 「できない子「GJ出てもいいよねでルーク噛みして棗●投げるとする。
この場合大凡ゆかり庇いの●なんだろうで、それ考えるとゆかりは吊り候補に入れておいても良い。

ただGJでたら○にしよう、出なかったら●にしようってケースだとこれはゆかり吊りたい系になるんだろうっていう。
理由は棗●ってガイル●見えたらまず吊らないわけで、そうなるとじゃあゆかり吊るねってなりそうだから」

この意見だけど今はうゆかりの事どう見てる。ルガール●だったけど。 >できない子」
種ヶ島修二 「指定 できない子」
「霊GJだったわね」
できない子 「路線としては私としてはその路線ではある」
結月ゆかり 「あとね、棗さん。

あなたが非狼であればこそ、
私の非狼度かなり確度高いと思いますよ

実質的にあなたの誘導に乗っかりました、って言ってるんですよ?ルガール」
できない子 「いやCOないけど」
井ノ原真人 「わかった、この先続くなら覚えとくぜ>できない子」
できない子 「狐おらんのだぞ…」
マフティー 「多分なんだけどルガール●なら紫吊りたく無さそうなそれに見えた。」
井ノ原真人 「この言い方すげぇ非狼っぽいから、指定やめてみねぇ?とか思っちまったぜ。」
棗恭介 「ルガールそんなこと言ってたか>」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
6 日目 (1 回目)
棗恭介0 票投票先 →できない子
井ノ原真人0 票投票先 →
諏訪子0 票投票先 →できない子
種ヶ島修二0 票投票先 →できない子
1 票投票先 →できない子
できない子6 票投票先 →マフティー
マフティー1 票投票先 →できない子
結月ゆかり0 票投票先 →できない子
できない子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
諏訪子 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
諏訪子さんの遺言 霊能CO
綾崎ハヤテ○>ガイル●>ルガール●>神北小鞠○>できない子○
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
棗恭介 「ルガール、そんな「実質的に俺の誘導に乗った」と言外に主張しているような発言あったか?
と思い、3~4日目のルガールの発言をすべて見直したが特になかった。

どこのことを指しているのか、明確に把握しているなら示してくれないか>結月」
マフティー 「できない子が違うって事は身内してるなら暁ゆかりなんだがー。見直す必要があるな。
今までの考えを程よくリセットする。

四日目も言ってるけど暁自体は三日目はスゲー印象落ちるのよ。
けどこいつが身内した上で霊能を噛む理由がなぁ……。

結月ゆかり「今日マフティが吊れる流れなわきゃないからこんな浮いた票入れてるルガールが狼なわけないんだよな、というのが私の感覚ですけど、さてはて」

俺が吊れる流れだと思わなかったし俺への投票は「浮いている」から「人狼だと思ってない」って言ってるけどじゃあ」
種ヶ島修二 「おはよう」
「レディーは速攻で朝の準備をするわ
できない子ではない…と
ガイルが井ノ原狼で投票したのか棗狼でどちらかが吊られないように●を投げたのかって考えてみたけど…
それも何か微妙なのよね

マフティーは相互票がちょっと分からないかな…って感じがしてる
あの日、かなりゆかりと争ってたイメージがあったから」
結月ゆかり 「3日目、ルガールは棗の発言を認識していた旨を述べています。

◇ルガール  「>棗恭介
ふむ、そこは理解出来たよ。私も朝一の通りで
結月ゆかり君が発言抑え目だと思っての物だったからね投票は」

はい、ここの『も』に注目。棗→ゆかり(あるいはルガール)であることは予想できていたわけですね。」
井ノ原真人 「よお。」
井ノ原真人 「恭介に逆囲いってのを考えてみたんだが……。
それやるならルガールにやらねえか?って感じになっちまった。
恭介がもし吊れた後、事故ってルガールまで吊れたらどうする気だったんだ?ってなっちまう。
ルガールは、結構吊れそうだったしな。」
結月ゆかり 「ちょうど貼ってあげましたよ」
「それは何か分かる>ルガール逆囲い>井ノ原」
井ノ原真人 「だろぉ?>暁」
結月ゆかり 「おお真人それ凄い面白いしただしそう」
棗恭介 「ルガールはそもそも3日目にこれを先に言っている。
自分「も」目を付けていたという意味で「も」になるのはごく自然だろう>結月

◇ルガール 「おはよう。投票は結月ゆかり君だ
発言的には抑え目で一歩引いてると思ってね」」
結月ゆかり 「よし、採用で行きますか」
井ノ原真人 「じゃあよ、やっぱ恭介以外から吊ってみようと思ってんだ
俺は正直に言うぜ?正直、暁が怪しい。
けどよ、できない子は暁‐ゆかり残しって言ってたじゃねえかよ、考えてみたんだ。」
結月ゆかり 「申し訳ないけれど発言から狼の意図を読み取るという習慣がない方なんです?」
「それ、棗狼だから●撃ったんじゃないか?って考えてるの?>井ノ原
ガイルがやるならそういうことにもなるし」
井ノ原真人 「だけどよ、できない子を信じて俺はマフティーにいってみようって思ってる。今はな。
明日がきたら知らねえからな!」
マフティー 「ルガールが俺に投票した理由=自分が吊られると見ての身内票と考えてたでおk? >結月」
「って思ったけど、そういうことじゃないみたいね」
マフティー 「結月ゆかり「あ、昨日のマフティ宛はちょんぎれちゃいましたけど、
多分暁狼じゃない気がするし、マフティ本人凄く怪しいかと言われると別に」」
種ヶ島修二 「グレラン」
棗恭介 「俺が結月に誘導していたと認識していたということと、
ルガール自身が結月に投票したという事実は別物であって関連性はないだろう」
マフティー 「暁は非狼説を結構前から推してる=俺と同じような結論に至ってた訳だけど」
井ノ原真人 「マフティーの発言はほとんどゆかりとの対立だったから
よくわからねえけど、こういうのって、村位置からのしょうきょほう?っていうんだろ?」
結月ゆかり 「ルガールが狼であって、
2日目にルガール→ゆかりになりそうな兆候が何も示されていない以上、


・狼ルガールが後付で自分の投票理由を言い訳した
にすぎないわけですよそれは」
結月ゆかり 「あのさ~」
「その発想があって棗●は打たないだろう…になってるのはちょっと気になるけど
でも、2wはないのよね…」
井ノ原真人 「そういうやつだ!」
結月ゆかり 「自分の1票があって、狼仲間の1票もあって、って時に身内したらどうなりそうか予測位つかんのかな」
結月ゆかり 「この自分ってのは棗のことね」
棗恭介 「兆候が示されていない=後付けで言い訳した となる根拠は?

超過時間になってから結月が気になって投票した可能性をどこで否定できる?」
結月ゆかり 「正直こんなに棗さんに構う意味薄いんですけど、真人さんの言う棗逆囲いならルガールにやらね?

理論が正しく見えちゃうから仕方ない」
結月ゆかり 「正しさには抗えないのが辛いですよね村側は」
結月ゆかり 「あのさ~」
井ノ原真人 「いやだからよ恭介狼だったら、●打ったか?って考えてよぉ>暁」
結月ゆかり 「なんで狼がそんなにバックグラウンドで考えてるってなってんの?」
結月ゆかり 「それとも棗さんはルガールが実は非狼だとでも思ってんの?」
結月ゆかり 「霊死にましたけど」
棗恭介 「普通に投票時間や夜時間にログを読み返して考えるとか、そんなこといくらでもあるだろう」
井ノ原真人 「俺なら、ガイルの立場ならルガールにうつ。
そこだと吊れても霊能結果を見せる感じでいくとかできるじゃねえかよ!
そしたら、恭介をなんかいいかんじに囲えばいいだろ?」
「どちらかを吊から逃れるなら打つかもしれないとは思うのよね>井ノ原
ルガールは撃っても死にそうと考えたかもしれないし」
マフティー 「ちょっとマジでこれ答えてくれ。今日の投票に直結するから。昨日の時点でどこ吊りたかった? >ゆかり」
結月ゆかり 「もーしょーがない、話にならないので吊りますね棗さん」
井ノ原真人 「恭介、初日は吊れなそうだったし
指定とかでも生き残ってくれる……って思うんじゃねえかってな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
7 日目 (1 回目)
棗恭介2 票投票先 →結月ゆかり
井ノ原真人2 票投票先 →マフティー
種ヶ島修二0 票投票先 →井ノ原真人
0 票投票先 →井ノ原真人
マフティー1 票投票先 →棗恭介
結月ゆかり1 票投票先 →棗恭介
7 日目 (2 回目)
棗恭介2 票投票先 →結月ゆかり
井ノ原真人2 票投票先 →
種ヶ島修二0 票投票先 →井ノ原真人
1 票投票先 →井ノ原真人
マフティー0 票投票先 →棗恭介
結月ゆかり1 票投票先 →棗恭介
7 日目 (3 回目)
棗恭介0 票投票先 →結月ゆかり
井ノ原真人3 票投票先 →
種ヶ島修二0 票投票先 →井ノ原真人
1 票投票先 →井ノ原真人
マフティー1 票投票先 →井ノ原真人
結月ゆかり1 票投票先 →マフティー
井ノ原真人 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
種ヶ島修二 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
種ヶ島修二さんの遺言 共有者や
俺のダブルスパートナーは零崎やで!
井ノ原真人さんの遺言 俺は暁狼にやっぱりBETするぜ。
恭介、ゆかり、マフティー。俺の遺言が外れていたら笑えよ。

だけどよ、おめーら、このまま俺が吊れたら、暁だけは絶対に非狼位置に置く最終日になっちまうんじゃねえか?
俺は小毬に勝つと約束しちまったからな。
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
棗恭介 「結月は俺を「残すと障害になるから吊る」と明言までしていた。

そう明言した以上、俺を吊って村だと知れても何も自身の信用に響かない結月の立場で
絶対に吊れる位置ではないマフティーに票を変えた理由は狼じゃ説明つかなくないか?

真人は2回目の票変えで全員に村が透けた。 だからそこを吊りに動いたマフティー。
普通に村吊りに関与していた暁。 このどちらかしか、狼たり得ないのではないか?」
「レディーは速攻で朝の準備をするわ
◇井ノ原真人 「恭介、初日は吊れなそうだったし
指定とかでも生き残ってくれる……って思うんじゃねえかってな」
●にいたら万が一の指定にも耐えられると思ったのよね…
ガイルの●に対して非狼と決めつけている印象があったので投票したんだけど…完全に間違えたみたいね

井ノ原の意見が正しいのなら棗は村なんだけど…その辺りはガイルがなんで●撃ったのかになるのよね

マフティーはルガール吊の時何故ルガールがマフティーに行ったか…が気になっているぐらいだけど
でも、それぐらいなのよね…気になるところは

ゆかりの最後の投票がちょっと気になるところだけど…」
結月ゆかり 「真人さん吊りたくなかったんだけどなぁ」
棗恭介 「昨日の投票から、正直本気で最後までどっちなのか悩ませてもらうつもりだ」
マフティー 「ダンス踊ってる場合じゃねぇ!!(真顔)
今までの考えを全部「消して」考え直す。暁○置きも撤回する。
恭介投票はルガールが3日目

ルガール「ふむ、ガイル君吊るのか。了解だ。霊能護衛をさせるべきだね、それなら
その場合、●が出たら逆囲いは見なくて良くなる>恭介君について」
って言ってたから「自分が吊られた時の為の誘導有り得るか?」+「これ恭介ゆかり両方残しの最終日は地獄だな」ってなってたからだ。

3日目の恭介の朝一言及見て「これ身内切ってねぇかも……」ってなったんだが逆に「そう思ってるにしては肝心のルガール投票の日にルガール投票してねぇんだよな……」ってなった。」
結月ゆかり 「棗:真人の理論正しいと思いますよ(LWとして残るのがルガだったら流石にヤバい)
一生推理外しそうなのが残ってるのはもう仕方ないです、分け以下受け入れます」
マフティー 「これさぁ、マジで思考0に戻して考えてるんだけど」
「井ノ原が狼だったとしても票は変えないと思ったんだけどね>棗」
結月ゆかり
>マフティー
えー?正直どこもわからんなー否定要素のがあるなー、
強いて言うならガイル→真人の身内は低リスクなのかなー?

まぁ分からんからあの日の発言&票見て考えるかってなってましたけど。
私が狼外してても吊れて勝つならそれでいいですし。

だからできない子の指定でいいよに反論してた。グレランして皆の殺意を見たかったので。」
結月ゆかり 「とり、昨日の返答だけ」
マフティー 「ダーメだ分んなくなった()」
結月ゆかり 「できない子指定の日ですよね」
「なお、私投票に変えたのは見えてなかった…」
棗恭介 「もちろん、真人が狼でも俺を吊りには来なかっただろう。
それをして最終日を迎えると信用に大きく響いて不利になるだろうからな。

ただ、全く吊りと関係ない位置への票変えは、村の意思表示以外説明がつかないだろう>暁」
結月ゆかり 「まぁ真人さんが最後暁狼かもと思った理由は分からんことはないです」
結月ゆかり 「そもそも暁さんが昨日、真人さんの理論をすっと理解しようとしなかったのがまぁまぁ謎かったので」
「でも、棗‐ゆかりが見えている状況でマフティー投票って言うのも分からないのよね>棗」
棗恭介 「なので、「狼でも票変えはしない」は「俺を吊りには来ない」にしか当てはまらないと考えるがそこはどうだ?>暁」
マフティー 「暁だとして、あの日霊能を噛むのか。
恭介だとして速攻で身内を切り捨てにいくのか。」
「例えばルガール狼で、ルガールが死にやすいから●撃たないように仕向けた…って考えたらどうなのかな?って思ってね>ゆかり」
マフティー 「一応言っておくけど」
結月ゆかり 「ん~ルガール逆囲いしたらそのまま吊れちゃってやっべぇぜ路線を危惧ってことですよね」
「狼が同票になったら吊られないように動くとも思うのよ
私への票替えはその一手かと思っただけね」
結月ゆかり 「ただ、棗さんに●撃ってもそのまま吊れるリスクはあるわけですよ、この村はたたまたまさっくりガイル切りましたけど」
棗恭介 「俺があの日「死にづらい」と考えた根拠は?>暁」
マフティー 「俺が本気でwなら最初から恭介じゃなくて井ノ原に行くからね?
絶対恭介VSゆかりでグダグダにできるじゃん()」
結月ゆかり 「っていう所とそれとを天秤にかけた時に棗●を選択する狼の思考というのが」
結月ゆかり 「というのが真人さん理論の趣旨だともいますし、わたしshどうい」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆大佐GM システム:投票制限時間をリセットしました。」
8 日目 (1 回目)
棗恭介0 票投票先 →
2 票投票先 →マフティー
マフティー1 票投票先 →結月ゆかり
結月ゆかり1 票投票先 →
暁 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
さんの遺言             /ニニァ''メニニニニニニメ.、
         ,'/!ニ!ニゝィ'ニニニニニニニニメ、
    ,斗-----メ=='乂!i_,ノ'ニニニニニニニニム
    `` <、ニニニ≧:.、ー‐‐‐----------ム
      ,.ィ"::\ニニニニニ≧------r----ミニソ
  _,.斗:≦::::斗'::::::::::`::大=======ァ==イ::::::::::::::::::V
   ̄ ̄ ̄. /::::::::::::,}:::/ ',::::::::::::::::::/ {:::::::::j::::::::::::::::::!
       {:::::::::::::!}≫ミ,':',::::::::::/ _斗:'":ハ:::::::::::::::::i
       八::i::::::!:{' f//メヽ::::/孑示' ミ{ }::::!、:::::::八
        }ハ:::ムゝ 乂タ ヽ' マ/タ 八:::i !::::::{
        ' ヽ!:}////  '    `"////::::'丿::::!::':、
         !:八u    __  ___,.、 ,イ::/´:::::::{ ヽ:.、
         !::::ハ>.。_(::::::::::::::::::jイ,':::ハ::::::::{   ``
          ノ::/:::::///ヽ ̄ ̄{',´/Y::ム:::,::::::::{:、
       ,イ:::/:/ヾヽ////ヽ_斗}//i:::! ∨,:::::::{:::.、
      /::::'::':f   ` ミメ//ハ♀!〃!ハ i !:':,::::::',、::\
      ,:::::::!:,:::!メ.、   ',`: :<ム!イ彡! ' i::i ',::::::',:メ:::ヽ
     i:::::ハ:',{::i   丶 ! ー‐-fニニ!  :! Y ,::::::!:, ヽ:::.
     i::::{:::ヽ:::!    {     7::::Y  :i  }  }:::::!:i  ,:::}
     乂{j:::::::ハ    ',   ':':::::::i   i  i  j::::,'::!  }:八
       i !::::{从!    ',  /::i:::::::i  ハ  !  }:/ノ  j/
       乂ノ ,'!    , 八::i::::::/  /i  .i  'イ  ノ´
          , .i     ,  V!:/  / i  i    `´
          ! !    i   ´    ! .!
素村よ
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2021/07/31 (Sat) 23:03:06
ルガール 「これは強い」
諏訪子 「雨降って地固まる、でいいのかな?」
棗恭介 「お疲れ様だ」
結月ゆかり 「ひゅー」
諏訪子 「おつかれー」
「お疲れ様」
ガイル 「お疲れだ
村は見事だ」
零崎双識 「お疲れ様」
井ノ原真人 「やるじゃねえか。お疲れさん!」
ルガール 「お疲れ様だ。村はお見事」
ルーク 「お疲れ様ー。」
神北小鞠 「お疲れさまだよぉ」
棗恭介 「最後、何とかたどり着いたか・・・」
「行けるところまで行けたからいいかな」
キル子 「紆余曲折あっても最終的に狼にたどり着くこれが村人の議論の成果という事ですね(適当)
灰4最終日にした狩人の事は忘れましょう」
マフティー 「村が強かったな()」
キル子 「おつかれさまでした。」
できない子 「一応そこはゆかりに入れとくもんだよ>暁」
種ヶ島修二 「お疲れ様
最終日4灰から勝った村が本当に強かったと思う、おめでとう!」
神北小鞠 「筋肉いぇいぃえい!」
結月ゆかり 「様々に思う所はありましたが!
やはりグレランが正義!ということでいいでしょうか!」
モヒカン 「お疲れ様だ」
井ノ原真人 「筋肉いぇいいぇい!」
大佐GM 「お疲れ様だ
時間に関しては最終日だから悩むのは理解はするが
危ないのは控えてくれ」
「ゆかりかマフティーか迷ったから>できない子」
諏訪子 「あなたが狂人だったか…>マフティー」
結月ゆかり 「あっぶねぇぇぇぇぇ>マフティー→ゆかり」
井ノ原真人 「あれ?GM残したら負けてねぇ!?」
結月ゆかり 「本当は私、暁-マフティのどちらに投票するかはもっとはぐらかしたほうがいいんですけど」
ルガール 「>暁
何、そこは仕方あるまいさ」
マフティー 「やっぱ人狼占いの奴以外俺の発言に乗ってきてるじゃねぇか!!?(なお最後の最後で外した模様)」
大佐GM 「私としては井ノ原を吊れば棗と結月で
殴り合いが発生するかとみていたが、そうはならないものだな」
マフティー 「いやすまん。本気で分らなかった。 >ゆかり」
結月ゆかり 「棗が私入れる気じゃなくなったっぽいのを見て

まぁ賭けるなら暁だな、と思ったので、

棗と一緒に暁に入れよう、って感じで最後らへん喋ってましたね」
「あれなぁ
棗吊るべきだったのか迷うのよね」
できない子 「狐おらんのだぞ真意は
「おい便乗してルガール殺しに行ってるんやぞ!ルガール狼ならその日はまず暁殺すだろ!どう見ても私白いだろ!!」
という押しつけから出た魂の叫び>ゆかり」
井ノ原真人 「ゆかりは恭介を村と見てたし
恭介のやつもきちんと盤面を見ようとしてたからな。最後の最後まで信じて遺言もうってたぜ>GM」
結月ゆかり 「村人は正しさには抗えないので……>GM」
ルガール 「後はそうだね…質問の類も投票も確かに早い方が楽であると」
マフティー 「恭介じゃいまでは決め打つまでは行ったんだが、後の二人が……」
神北小鞠 「わたしは名前を書き間違えました 

小毬」
大佐GM 「あと結局のところ、身内をしてからの霊能かみ自体は
なんだかんだ見破りづらかった、というのはあるのだろうか」
結月ゆかり 「難しい所ですよねー、狼視点、最後の最後まで棗→ゆかりが持ち越されればかなぁり勝ちに近いので」
棗恭介 「正直、勝ったは勝ったが霊界ログを読むのが怖いな。
今まで読み返すの怖いと思ったことはないんだが、な・・・」
大佐GM 「といっても護衛成功出しても吊りが増えない以上
ある程度予測できたフシもありそうだが……」
種ヶ島修二 「ルガール吊れた時点で組織票は消えてるのだし
8を指定するぐらいなら8でグレラン、終わらなくてかつ吊りたい位置いたら6で指定、の方がよかった気はしたので村はごめん」
できない子 「ゆかり狼はないわけじゃないけど、ぶっちゃけ流石に棗噛むと思います」
結月ゆかり 「ずっと自分に投票する気満々だったように見える棗さんに入れすらしないって朝名言してるゆかりさんマジ白ですよ!>マフティー」
井ノ原真人 「最後の最後に勝ったんならおめーが強かったんだよ
んなこといったらマフティーなんて読み返せねえぞ>恭介」
ルガール 「単純に村が強かった。それで良い村だったとね
お見事だ」
大佐GM 「まああれだな」
マフティー 「メッチャ強い。 >大佐」
ルーク 「それじゃ俺はこの辺で失礼するぞ。
村建て感謝、お疲れ様ー。」
大佐GM 「狩人が護衛成功出さなかったら
案外ルガール→暁と落ちていたのだろうか?」
井ノ原真人 「じゃあな、またどっかで会おうぜ。」
零崎双識 「大佐>即狩り直撃したからいいが
そうでないなら割りとGJ出る可能性上がるんでどうあれ厳しい>路線としてはあの場の身内は正しかったけど」
棗恭介 「自分の発言がどこか破綻しているのか、と思うばかりの言われようだったからな・・・。
正直、はぐらかす周りのすっぽ抜け以外は本当に何もピンと来ていない」
諏訪子 「身内票+霊GJで白くなるには
今回狼に投票していた村人が多かった」
結月ゆかり 「7日目、あのさ~連呼しててマジギレ感がすごい」
「そこよね>ルガール投票者が多すぎ」
種ヶ島修二 「>恭介
君が最初から最後まで発言頑張って推理も当てたから勝てたんだよ
おめでとう」
ルガール 「ではお疲れ様だよ」
マフティー 「だってあれ霊能噛まれてたら(要はルガールの色が見れなかったら)書いてあるとおり暁吊りに行ってたもん。
色が見えたから非狼じゃないかって考えた訳で。」
モヒカン 「終盤に一気に形成が入れ替わった感があったな
中々面白かったぜ」
大佐GM 「まあ多かったな
逆に言えば暁が何もしなかったらそれこそ致命的すぎるきらいもあったが>諏訪子」
モヒカン 「村建て同村ありがとよ!」
できない子 「もうちょっとゴタゴタだと多分相当以上に効くんだけど>大佐
でもこの村って理屈でいうと
棗違う ゆかりも多分違う 真人も村だろう ってなると結局できない子 暁 マフティー吊ってく村になりそうっていう

マフティーと真人は入れ替えてもいいけど」
結月ゆかり 「この辺はやっぱり要修正……」
大佐GM 「むしろ身内しないで
共有なりを噛むことのほうが身内あり得るかも、と言われる可能性もあるか
それでもあっさり落ちる可能性もあるしなかなか難しいな>零崎」
神北小鞠 「それではみんな同村ありがとう~!GMさんも村建て感謝だよ、お疲れ様~」
諏訪子 「狩噛まれた日にそのまま暁指定して
身内票同士で戦う流れになっても全然おかしくなかったね>GM」
できない子 「マフティー自体はタイピングに自信あります系狼でやってやれないことはないんだろうけど
それするには相談しすぎじゃない?っていうのがあるから
好ましくないけど一応非狼目で見るっていう」
ガイル 「ではお疲れだ
暁はギリギリまで耐えてくれたのには感謝するさ
その踏み台になったルガールは…今度銅像にして祝ってやる」
諏訪子 「それじゃおつかれ
GM村建て&同村してくれた人はありがとう」
「お疲れ様
村建て同村ありがとうなのです」
できない子 「ちょくちょく煽り入れてたからそうとうピキってるんだろうなって>ゆかり」
零崎双識 「大佐>そっちもありだね
理想はルガールが暁に殴られながら二人でもう一日耐久」
大佐GM 「それではお疲れ様だ
入村に感謝しておこう」
結月ゆかり 「実際の所ルガ暁だと、

・どうにか強引にゆかりに票を突っ込んで落とす
・その後ルガ暁相互する

位だと思うんですけど勝ち筋は」
種ヶ島修二 「ではでは、零崎はサポートありがとう
村建て同村ありがとうございましたっ」
結月ゆかり 「ただ、多分ゆかりさんが吊り殺されてしまうと翌日多分指定なんですよね、
ルガ暁の片方が多分吊れて、んで白くなるためのイベントが発生し得ない」
できない子 「村濃度がやっぱ今回でいうと相当以上に高いのでやっぱ発言で村って見られると便利よねっていうまとめ」
マフティー 「あー、そうか。結果だけじゃ無くて仮定があった。」
結月ゆかり 「ので、ルガ暁相互しかなかったんかな?
霊GJ出さすのは実戦譜と同じに」
零崎双識 「改めてお疲れ様
共有は村をありがとう」
マフティー 「ゆかりルガールであの投票はかなり微妙だな今考えると。」
棗恭介 「正直、今回はちょっと一人でログを読みながら反省させてもらうことにする。
揉め事に発展してしまったら悲しいログになってしまうと思うからな。

村建て同村ありがとう。 結月はじめ村の皆には本当に迷惑をかけた、すまない」
マフティー 「そもそもルガール暁に対して殆ど触れてなかったじゃん()
見えてる物を見すぎたな。」
結月ゆかり 「いやだって私にしてみれば
棗「ゆかりなんかごまかしてるっぽい」→へーほーんまぁいっか、どっちかいうと乗っかりっぽいルガと暁の方吊りたい

ゆかり「いや説明してるでしょ」
えええしかも棗吊れない、これ激烈に面倒くさい、しかも予想通り一生粘着してる

みたいな感じでしたよずっと」
できない子 「個人的にGJ出したくないなぁなんか奇数維持すると狂人っぽいとこ吊ってくれそうじゃない?
でも多分その前に狼死にそうかもしれんけど」
マフティー 「お前らが両方村ならホント終るで恭介投票しにいったからなマジ。 >ゆかり」
結月ゆかり 「ああなるほどそれでぇ……>マフティー」
結月ゆかり 「いやーマフティーなんで棗投票してるんだろ謎だなぁでマフティー狼かなって思ったんですよね」
できない子 「一応その場合どっちかっていうと投票先としておおよそ正しいのはゆかりのほうね>マフティー」
マフティー 「朝1で書いてあるんだよなぁ(ダンスを踊りながら)」
結月ゆかり 「マフティーは私吊りたいんか吊りたくないんか良くわからない感じだったので、最後私吊らない気の狼ならこのムーブあるかなと」
結月ゆかり 「一応棗さんが唯一のルガールに絡んでない灰(暫定)だったからじゃないです?」
できない子 「マフティー自体はゆかりに村見て棗投票だろうけど、全体意見として棗とゆかりで狼ありえるのってゆかりのほうが上だから

ゆかり残ししようとしてる狼って見られかねない」
結月ゆかり 「逆囲いするんかどうなんや問題はさておくと、まぁ票が云々なら、吊る候補として上がっても全くおかしいわけではないです」
マフティー 「そうなんだけどさぁ。 >できない子」
できない子 「余計なオプション取っ払うとそうね>吊り候補

今回は●オプ付いてるから」
結月ゆかり 「あと、ゆかり残ししたい狼だろう理論だと、そもそも棗残せばゆかりを一緒に吊れるだろうってなっちゃうんで夜考え直しました、

この辺は投票時間中にたどり着かないといけない所ですね本当は」
結月ゆかり 「狼マフティーならゆかりにギリ質問かました上で暁か真人吊って、
返答が納得イキマセンデシター

で最後一緒に攻める、が綺麗なルートかなと」
できない子 「結局逆囲いも身内も白塗りガードとしてはまぁ同じやつで
一応身内よりかは逆囲いのほうが塗りが厚いからとかそういう」
できない子 「そっちのほうが自然かぁ」
できない子 「結構構築ミスはやらかすからそのへんもう少し詰めようかな」
マフティー 「恭介最終日行き理論を発言から早めに見出してればもうちょい楽だったかもなぁ。」
マフティー 「恐らくなんだけど」
結月ゆかり 「最終日行き理論というかうーん」
結月ゆかり 「ぶっちゃけて言ってゆかりの位置って多分もっと早く吊れるんですよね」
結月ゆかり 「そしてその方が多分いい結果になりやすい」
マフティー 「俺がwならルガールが吊れた日は普通に共有噛み殺して良かったと思うの()」
結月ゆかり 「まぁ私はルガール●見えるまでは『これ私吊れてたら絶対吊りたらないだろ!!』と思ってたので暁白理論に反対したり色々ぎゃーすか言ってましたが」
マフティー 「だってそれで身内疑われるとして絶対最終日まで残れるじゃん。疑われてる暁なら兎も角。」
結月ゆかり 「私が吊れて棗さんの思考が更新される方がありがちな展開なんじゃないですかね」
結月ゆかり 「それはまぁそうですね>マフディー身内理論」
結月ゆかり 「よしこんなところでしょーか、お疲れさまでした!」
マフティー 「じゃあダンスに戻るか。」
マフティー 「村建て同村お疲れ。」