←戻る
【紅645】やる夫達の普通村 [983番地]
~明日は月曜日~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
(生存中)
icon 咲夜
(生存中)
icon 霊夢
(生存中)
icon でっていう♀
(生存中)
icon でっていう♂
(生存中)
icon 打ち止め
(生存中)
icon アイギス
(生存中)
icon ムスカ大佐
(生存中)
icon アリューゼ
(生存中)
icon 霧雨魔理沙
(生存中)
icon 少佐
(生存中)
icon 森近霖之助
(生存中)
icon giko
(生存中)
icon フランドール
(生存中)
icon 杏子
(生存中)
icon 葉隠康比呂
(生存中)
icon 長門
(生存中)
村作成:2012/06/03 (Sun) 16:18:52
咲夜 さんが幻想入りしました
咲夜 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。

【参加者全員へ】
 完全ステルス防止のため入村時一言挨拶をお願いします。

【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【初心者の方へ】
 詳しいルールなどについては、以下のURLを御覧ください
 ttp://alicegame.dip.jp/shinku/info/rule.php

 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は、やる夫村では
 禁止されています。※共有や狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 ttp://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html」
咲夜 「テンプレは2つ前のものをレンタルしました」
霊夢 さんが幻想入りしました
霊夢 「よろ」
咲夜 「いらっしゃいまし」
仮名 さんが幻想入りしました
でっていう さんが幻想入りしました
でっていう 「でっていうwww」
かり さんが幻想入りしました
仮名 「よろしく、早回しってここのことですか?」
かり 「よろしくね」
咲夜 「すでに過ぎ去った過去ですね>仮名」
アイギス さんが幻想入りしました
アイギス 「よろしくお願いするでありますよー。」
咲夜 「ディナーの食材が……」
かりりん さんが幻想入りしました
かりぱっちょ さんが幻想入りしました
仮名 「ああ、それはよかった。では安心してアイコン決めてくるよ>咲夜」
霧雨魔理沙 さんが幻想入りしました
かりぱっちょ 「よろしくお願いします」
バニない夫 さんが幻想入りしました
霧雨魔理沙 「でっていうのしたかよ」
森近霖之助 さんが幻想入りしました
giko さんが幻想入りしました
バニない夫 「俺の隣じゃなくて残念がるとは・・・この魔理沙できるだろ」
kari さんが幻想入りしました
バニない夫 「ふむ 始まりそうだろ 煙草はやめておこうかね」
でっていう 「魔理沙がいないと変なタワーが出来上がりそうだったなwww
阻止で来てよかったよかったwwwww」
咲夜 「泥棒鼠にはお似合いかと」
杏子 さんが幻想入りしました
杏子 「よろしくな!」
karin さんが幻想入りしました
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 打ち止め
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 525 (打ち止め)」
長門 さんが幻想入りしました
karin 「間に合ったー、よろしく」
霊夢 「早い早い」
アイギス 「おー早々と埋まりそうでありますなー。
皆さんよろしくお願いするでありますよ。」
長門 「ギリギリセーフ」
咲夜 「埋まるのも中々速いこと」
森近霖之助 「お手柔らかに」
仮名 「仮名 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮名 → でっていう♀
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1399 (桃でっていう(大))」
でっていう 「でっていう さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:でっていう → ヒロインっていう
アイコン:No. 648 (でっていう(大)) → No. 1399 (桃でっていう(大))」
霊夢 「げ、なんか私の隣にも…」
咲夜 「やだ
なんか増えた……」
giko 「よろしく。」
ヒロインっていう 「なんかかぶったw」
バニない夫 「中々に見にくい>でっていう」
かりりん 「かりりん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりりん → ムスカ大佐
アイコン:No. 9 (紫) → No. 5012 (ムスカ大佐)」
霧雨魔理沙 「でっていうラインか」
ヒロインっていう 「ヒロインっていう さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ヒロインっていう → でっていう
アイコン:No. 1399 (桃でっていう(大)) → No. 648 (でっていう(大))」
アイギス 「凄い被りを見たでありますなー。」
霧雨魔理沙 「埋まるの速いなー」
長門 「はだか戦隊ギリギリセ-フ
過去に放映された戦隊物のなかでも一際異彩を放つ番組」
でっていう♀ 「                      ''';;';';;'';;;,.,    ザッザッザ・・・
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッザッザ・・・
                        ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        mmmmmmmmm
                      mmmmmmmmmmmm、  ヨースター島からきました
                     /ニYニヽ/ニYニヽ /ニYニ /ニYニヽ
ヨースター島からきますた  /ニYニヽ0)(0) (0)(0)/ニYニヽ / /ニYニヽ
           /ニYニヽ  / (0)(0/ニYニヽ / (0)(. /ニYニヽ/ (0)(0)ヽ
     /ニYニヽ / (0)(0)/ニYニヽ / (0)(0)/ニYニヽ/ (0)(0 ) /ニYニヽ \
    / (0)(0)ヽ .⌒`´ / (0)(0)ヽ ⌒`´ / (0)(0)ヽ⌒`´⌒/ (0)(0)ヽ 、|
   / ⌒`´⌒ \ / ⌒`´⌒ \ / ⌒`´⌒ \ / ⌒`´⌒ \
  | ,-)    (-、.| | ,-)     (-、|| ,-)    (-、.| | ,-)    (-、|
  | l  ヽ__ ノ l | | l  ヽ__ ノ l || l  ヽ__ ノ l | | l  ヽ__ ノ .l |
   \  ` ⌒´   / .\  ` ⌒´   / \  ` ⌒´   / \  ` ⌒´  /」
ムスカ大佐 「ムスカ大佐だ」
でっていう 「でっていう さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:でっていう → でっていう♂」
咲夜 「でっていうは美味しいのでしょうか」
バニない夫 「バニない夫 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:バニない夫 → 少佐
アイコン:No. 2415 (バニーやらない夫) → No. 376 (少佐)」
karin 「karin さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:karin → 葉隠康比呂
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 2248 (葉隠康比呂)」
かりぱっちょ 「かりぱっちょ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりぱっちょ → アリューゼ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 629 (アリューゼ)」
ムスカ大佐
                 _,. . -‐-- 、_  _,, ,,_
               /: : : : : : : : : : : "`::::::::ヾ
             /: : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::ヾ彡
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::ミ
            |: : : : : : : : : : : : : : : : :, ト、:::::::::|-─''''、'" ̄ ̄~`ヽ、_,;、
             _|,: : : : : : : : :/: : : : /|/ |:::::レ|`:::::::::::: ヽ: : : : : : : : : :
        _, - '  ̄/: :n/=<_'─'/_>ヽ|::/、::::::::::::::: : : :ヽ: : : : : : : : : :
     _, - ': : : : : : / トレト ヽ{:エェ:}-,{:ェエ:}ィ//::ヽ::::::::::: : : : : :ヽ: : : : : : : :
   /: : : : : : : : : :/: : `ヽ,  ゙  ̄" | ゙ ̄ "レ:::::::::ヽ::::: : : : : : : : i: : : : : : : :
   /: : : : : : : ヽ : /: : : : : | |    ` '    /|: : : : :/ : : : : : : : : !: : : : : : :
  {: : : : : : : : : ヽ /__: :| ヽ ヽニニ='  / | : : < _: : : : : : : : : :i: : : : : : :
  }: : : : : : : : : : :ヽ /: : :ヽ `_   '   / |: : : : : :/: : : : : : : : : :|__,,,
  {: : : : : : : : : : : :}::|: : : : : :\  ̄ ̄r ̄=-イ- ,,_/: : : : : : : : : ::::|"          そこのトカゲどもを焼却しろ!
  |: : : : : : : : : : : |::::\: : : : : :\r'~`、 ヽ      ̄`>,○: : : : ::|
  ,|: : : : : : , -‐---===>ェ__/~ヽ|  ノヽ、  ヽ   /  |: : : : : : ::/
  |: : : : : : : : : : : : : : : : :r-‐/~ レ `‐' " \-,,_、  |  ノ: : : : : ::/
 ,|: : : : : : : : : : : : : : /イ rイ_ノ   r   、_L_ _,) |/: : : : : : ::/
 L: : : : : : : : : : : : : : / !_ ィ    >,,_,/    /: : : : : : :::/
  \: : : : : : : : : : : __| ノ >-‐': : ヽ      /: : : : : : : ::/
   `‐- ,, __O Oヽ::::`'~フ"○: : : : :ヽ   /: : : : : : : 0: : ::ゝ、」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → フランドール
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 21 (フランドール)」
葉隠康比呂 「ほい、アイコン変更完了
皆よろしくだべ」
少佐 「諸君 私は人狼が・・・合わせて来たらこれだよ はっはっはっ」
でっていう♀ 「>ヒロインっていう ごめんなーっていうwww」
霊夢 「なんかニドランみたい>でっていうs」
フランドール 「…………外、外…?」
フランドール 「ああ、何だか知っている人がいる気がする。」
咲夜 「では適当にカウントして始めますよー」
ムスカ大佐
      ヾ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::ヽ、 ,;
       )::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::V:::!
    _  ィ!::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::! ,,
    ヽゞ::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r‐'-‐‐-、_,.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::!ノi
     !:.:.::::.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イ:.:./''´  : : : /:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::!,
     !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:.:.r'''フ´ノ′     : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::}
    、`、:.:.:.:.:.:.:r'"´~ -‐´        i:.;;:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::!
     ヾ、`:.:.:.:/              !:||::;:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::!
      ヽ、::::!               '`V!:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::ノ
        `{::!            ニ、 : : :!;;:.:.:;r'´ヽ:::::::::::::::ノ,
        ^ |,___  ,  .  ,__二_ `: : :''´!:./r': : :!:::::::::::/´
         ゝ-‐ー、,__'_Y;; ;;;rてテ;;`i,-‐'''"´` )y /::::::::ノ,
          !;;;;ゝニ',/  ヽ,; ;;`ー';;ノ  : : : : :/' /::::::,フ''
          `ヽ,-‐' !    ̄ ̄~    : : : : :、_/::::::::)`          少佐・・・・・・
           !   ,' _         : : : : | /''::::/
           ヽ  `       ,   : : : : /  `i'
             `i  __,,,...='′  : : : : :/: : : : :!,ー-、
             `i  `~ ̄     : : : /: : : : : :!,  ノ,ー-、__
             ヽ   -     : :/  : : : ,r‐'''´/;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ー- 、
             ,,ゝ、    _  ,/ ,-‐'''"´   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄` ー-
        ,,,r‐'''"´,;;;ト、二! ̄  二,イ´      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ,ィ"´;;;;;;;;/;;;;;;;;;;ヽ、 `, /_,,,! _,,,,,ィ‐‐=,=='ー-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉、,.!_/ニ-'"´... ,r'";:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;〈__;;;;;;;;;;;;;;;;;!ーY...     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!;:;:;:; ̄``‐-、、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>;;;;;;;;;;!`┤..    /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,>;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;
   !;;;;;;;;;;;;;;;;;/´;,;,;,;,;,;,;,;,;,! !    /,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/',;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,
   !,;;;;;;,;,;,;,;,!,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,V..   /,^>、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,
   !;;;;;;,;,;,;,;,;!;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,!..   !;,;,;,;,;,;ヽ,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,
   `i;;;;;,;,;,;,;,ヽ;,;,;,;,;,;,;,r''´;,;,!,...   i;,;,;,;,;,;,;,;\;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;
    !;;,;,;,;,;,;,;,;!,;,;/´;,;,;,;,;,;,;,ヾ、 !;,;,;,;,;,;,-‐' ヽ、;:;:;:;:;:;:!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,」
杏子 「確かにw>ニドラン♂♀」
咲夜 「3」
でっていう♀ 「>ムスカ
             ___,,,,,..... -一ァ
         / ̄ ´    ., -──--、,!
.        /       ./ で    ,!
.         /  _    .i   っ  だ ,!
       / /  ` v ―i   て  が ,!
.      // ..―、 :i;:.  ヽ  い    ,!
.       /:/´ @ ヽ;;ッ― 、.〉 う.__,.,!
     /:::|     :i!  @/,イ~',   ,!
      /:-ヾ、    ハ   "  };; 'i  ,!
.    /: ''"⌒''‐"ヾ rヽ、  ノ;;. `ヽ,!
   /ヽ.         ''゙⌒ ''‐'';  ,!
.   /:::::i:::          .:,.  .: ,:' ,!
  /~.フ、:::         .::/~  ;; ,!
. / : : : i~``―-、_  ..::::i ―.;;ヾ,!
/: : : : f__ _     ~―┬ヾ ;; },!
ヽ、: : :{   `ヾ,._,,..,,.._ !   .;; ,!
   ``ヽ.、_  ,:''    /   .;; ,!
       ``ヽ.、..  ノ   ,:'' ,!
             ``ヾ、  ノ,!
                 ``ヽ,!」
咲夜 「2」
咲夜 「1」
フランドール 「咲夜……咲夜だ…、どうしてここにいるんだろう」
でっていう♂ 「でっていうCPの予感・・・

あ、QPいなかったw」
咲夜 「ぽちっとな」
霧雨魔理沙 「こいつらが進化したら何になるんだぜ」
咲夜 「そういうものですわ>フランドール様」
ゲーム開始:2012/06/03 (Sun) 16:28:54
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
咲夜 「……」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
でっていう♀ 「よろしくっていうwww」
咲夜 「さてどうしましょうか」
アリューゼ 「よろしくな」
でっていう♀ 「>咲夜 うん、気持ちはわかるっていうwww」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
でっていう♀ 「誰も出ないなら俺様が騙ろうか?っていうwww」
咲夜 「ふーむ」
アリューゼ 「騙りはどうする」
咲夜 「それじゃ任せましょう。
信頼勝負はいけるクチですか?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
でっていう♀ 「まぁ、作戦はお前らに任せるっていうwww」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
咲夜 「まあ、適当に生存をがんばりますよ
初手囲いは別に貰わなくてもいいです」
でっていう♀ 「>咲夜 自信ナイナイっていうwww」
アリューゼ 「すまない。来客が。噛み時間だけ教えてくれ。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
でっていう♀ 「初日は囲わないっていうwww
加工なら適宜言ってくれっていうwww」
咲夜 「わかりました。では狩人狙って占い抜きコースの思考で行きます」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
咲夜 「では2分で噛むように」
でっていう♀ 「200で噛みでは?」
咲夜 「>でっていう♀」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
霧雨魔理沙 「おはようさん」
霊夢 「ポッポ!ウツボット!プリンケーシィベトベター!ガルーラギャラドスゴローニャピッピ、イ・シ・ツ・ブ・テ!
ゴルダック!オムナイト!ゴルバット!アーボック!でっていう(メス!)、でっていう(オス!)、ナ・ゾ・ノ・ク・サ!
(めーっちゃえー感じでんがなデンガナデンガナ…)
って感じ?」
giko 「はいCOよろー」
少佐 「おはよう」
打ち止め 「おはようとミサカはミサカは朝の挨拶をしてみたり」
ムスカ大佐 「おはよう」
長門 「グッドモーニング
この後に「娘。」とつけるのは一部地域の習慣」
フランドール 「おはよう……?」
でっていう♀ 「占いCO でっていう♂は○」
葉隠康比呂 「おはようだべ
この死体…模擬刀の先制攻撃だべ!」
杏子 「おはよー
占いは早めに頼むよ」
霧雨魔理沙 「おきろー」
ムスカ大佐 「さて、占いはCOしてくれたまえよ」
少佐 「各員に伝達 『霊能者』を、宣言する」
アリューゼ 「おはよう」
咲夜 「おはようございます」
でっていう♂ 「おはよっていうwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
アイギス
────────┐
                |
                |
                |  ミ
                |._____        ヒョコッ
                |,.-ァニ=`=ー-、.,_
                |>'´  /  .  `〉
                | /、/i  / / i
                |イ.ォ-!、ハ /_i/'! 〉
                |'〈ヒ_ノ`レ',!、i./ /
                |"     〈ンi/イ
                |ヽ.  -  ,"イ/
                |/_7`T、´ヽ!/
                |-ヽ. //i
                | `| lヽ. !               \从_人_从_人_从_人/
                |:`´| |  Y               ≪            ≫
                |:::://  /              ≪ あ、アイギス!? ≫
                |:// /               ≪             ≫
                ||'ァ-'´                 //`W^W^W^W^\
                |i
                l」
霊夢 「1-1まで確認」
でっていう♀ 「占い理由 同族を占って何が悪いっていう?」
長門 「身代わり君の死亡を確認
埋葬は後ほど行われる、その前に占いのCOを確認」
霧雨魔理沙 「なんだまさかの1-1か?」
フランドール 「ねえ、咲夜。これが外の世界なのかな。」
でっていう♂ 「盲信wwwwwwww>♀」
フランドール 「嘘だよね。」
giko 「1-1把握 共有者CO」
ムスカ大佐 「でっていうが占いCO
まぁ、そんなときもあるな・・・というか1しかいないのか?」
打ち止め 「1-1展開は珍しいねってミサカはミサカはCO状況に思いをはせてみたり」
葉隠康比呂 「占い師が1、霊能者が1
こりゃまた少ないなー」
咲夜 「そうですね。これは外の世界ですよ>フラン様」
霊夢 「真剣に1-1らしい」
ムスカ大佐 「うわ、やだこれ」
少佐 「あまりにもそのトカゲ君以外のCOが遅かったので宣言させてもらった」
杏子 「あーん?>1-1
ちょっと少なくねえか」
でっていう♂ 「サックっと共有CO」
アイギス 「1-1なら共有出るかどうかは趣味でいいんじゃないでありますか。」
長門 「何も問題はない、内訳などについては後々考えれば十分」
アリューゼ 「1-1ねえ。ま、共有だしてグレランと」
でっていう♀ 「いいタイミングだっていうwww
我ながら惚れ惚れしちゃうっていうwww」
フランドール 「私が夢見た世界はこんな、毎日殺して殺されて、殺しあっていく世界じゃないものね」
葉隠康比呂 「相方初日とかあったりする?>ギコ
そうだったら楽なんだけど」
giko 「潜伏は一切認めない。
明日朝までに出ない場合は、それ以降は黙っていた方が得と思え。

相方は任せる」
咲夜 「初手共有占いで始まるでっていうアイランド」
霧雨魔理沙 「2-1とかとは変わって面倒だな
面倒じゃないことなんて真占い確定してなきゃどれでもそうだがな」
giko 「相方はあく。」
霊夢 「明日潜伏が出るかどうかかなー、霊能は論外として
いや、もちろんそれ以降も出る可能性はあるけど、ちょっと落ちるって感じ」
森近霖之助 「すまない。寝坊した
霊能者COだ」
ムスカ大佐 「でっていう♀が真だとしても無駄占いとかなにこれひどい」
長門 「でっていう♂が共有者
個人的な心情で述べるのであれば、この占い師の真目はやや上昇
でっていう♀ 「ちょ、無駄占いだったていうwww>でっていう♂占い」
葉隠康比呂 「うわぁ……」
打ち止め 「いや絶対に潜伏COが出ると思うんだけどと
ミサカはこの状況に思いをはせてみたり」
アイギス 「と思ったら出てた。
じゃあ例えそこの占いさん偽でも囲いないんで普通にグレランでいいでありますよ。」
フランドール 「………咲夜、認めないでよ。嘘って言ってよ。
お姉様はこんなひどい場所を見せたくないから地下に閉じ込めたんだって、そんな事実を認めないでよ」
杏子 「はあ、潜伏とか勘弁してくれよな・・・>潜伏占いは村にとって不利だと思う」
アリューゼ 「ほおん。」
森近霖之助 「ちょっとよそ見してたら随分と時間が経過していた。
申し訳ない」
giko 「あらら1-2か。」
霧雨魔理沙 「香霖ェ・・・
見たところそのCOが朝1らしい」
フランドール 「やめてよ。」
ムスカ大佐 「1-2のこの状況じゃ・・・・」
長門 「1-2、霊能ローラーを行うかどうか
これについての考察を行いたい」
葉隠康比呂 「って霊能者がまた増えたべw」
アリューゼ 「じゃあ、ローラーでいいと思うぜ。」
少佐 「ふむ 1-1 おおよそ真か それとも初日があるか
安心したまえ 私は・・・ふむ?>森近」
でっていう♂ 「森近霖之助こいつだけ吊りたいけどもローラー」
ムスカ大佐 「>共有
霊能ローラーかそれともラインを診るかどうか決めてくれ」
でっていう♀ 「…森近、さすがに遅すぎやしないか?っていうwww」
霊夢 「共有○でも占い1だとあんまり関係ない気が
囲われてる可能性の分グレランの的が多いね、ってくらいね」
杏子 「出てきたか
だが霊能CO」
打ち止め 「1-2の場合霊に狼狐出るパターン割りと多いから
ローラーを推奨するってミサカはミサカはいってみたり」
霧雨魔理沙 「1-2で霊ロラするなら占い真決め打ちと同じだぜ
それがいやならグレランしとけ
私はグレラン派だぜ」
giko 「ま、ローラーやね。残す意味なさそうだし」
霊夢 「あれ、増えてるじゃん」
アイギス 「じゃロラで。」
咲夜 「ひどいことばかりではありませんよ。フラン様
世の中は何も悲劇ばかりではないのです。
たとえ見た目汚くても、綺麗なものはどこかにあります。」
アリューゼ 「1-3だと?」
giko 「いや、全部吊るぜ>魔理沙」
ムスカ大佐 「ローラー把握した」
咲夜 「っとと、1-2ですね
ん。1-3?>アリューゼ」
長門 「潜伏占いについては共有者の方針が明確に示されている以上、無意味
遺言で公開したところで理解を示されないと想定」
フランドール 「………皆、殺すための話し合いをしてる。何で?どうしてなの。」
霊夢 「杏子?」
giko 「…?>杏子」
霊夢 「1-3?」
でっていう♀ 「はいはい、霊能ロラは決定なんだから、ここで話題は終了っていうwww」
アイギス 「多分杏子さんのを見間違えてんじゃないかなーと。」
少佐 「共有者 この後『やはり霊能2COだから信じられない』なんて意味のない
討論に時間を割く暇は我々にはない と、この共有者は戦場をよく解している」
霧雨魔理沙 「占いの真贋を判別する機会が減るんだぜ>ギコ」
アリューゼ 「あれ、杏子の発言て霊能じゃないのか。」
咲夜 「ローラーでいいんじゃないんですか、これ」
霊夢 「あ、ああ、そういうことね
2-1になるならまだしも、1-2かよーってことね」
ムスカ大佐 「◇霧雨魔理沙 「1-2で霊ロラするなら占い真決め打ちと同じだぜ
それがいやならグレランしとけ
私はグレラン派だぜ」
占いの新決め打ちにどうしたらなるのか教えてもらえないだろうか」
でっていう♂ 「えーとあんこは非霊能でいいよね?」
杏子 「霊能は真狂か?
狐が出てきたパターンじゃない限り占いは真狼目だな」
長門 「遅い早いはさほど考慮していない
出たか出なかったか、だけで考えるべき

本人の言うとおり、森近自身は『朝一番』でCOしている」
でっていう♀ 「杏子?」
フランドール 「これがどうして綺麗だって言うのよ、咲夜。
……幻想郷が此処なんて、そんな嘘を通さないでよ。
外の世界が此処なんだってそんな嘘を通さないでよ。」
葉隠康比呂 「まあローラーでいいんじゃないの?
霊能者は占い師のように結果でこいつが村人とか言えないし」
咲夜 「ああ、だが霊能CO
というのは、杏子さんが霊能COしたわけではない、のですかね」
少佐 「初日占いに対応できるのが霊能者だけだからだろう?>ムスカ」
アリューゼ 「そうならすまない。勘違いみたいだ。」
長門 「今はそういう事態であることを認識することを推奨する>フランドール
殺さねば死ぬだけ」
ムスカ大佐 「少佐、きみはいい軍人だったが、その役職を恨みたまえ」
杏子 「え?>なんで俺が霊能になってんの?」
アイギス 「魔理沙さんはグレラン派ってんなら、
何処吊るか誘導すりゃいいんじゃないですか。賛同する人はそこ入れるでしょう。」
でっていう♀ 「大声ではっきりCOするんだ、吊られるとしても>杏子
だっていうwww」
霊夢 「3CO全部ひき潰せばいいと思うわ、ローラー後であっても>魔理沙」
giko 「「出てきたか
だが霊能CO」
から>杏子
1-2でいいぬぇ。」
咲夜 「ここは外の世界ですが
ですけれどもここは幻想郷ではありません。フラン様」
長門 「◇杏子 「出てきたか
だが霊能CO」

この発言が理由と思われる>杏子」
霧雨魔理沙 「>ムスカ
霊能情報がなくなる
→占いが●を出しても霊結果が見れない
1.霊結果が揃う=霊結果確定
2.霊結果が割れる→ラインのつながらなかった霊能を残せば占い偽に対応できる」
打ち止め 「                     , .:.:"´.: .: .: .: .: .:: .`ヽ __
                   , .:'´ .: .:. :. : .: .: .: .: .: .: .: .: .:`ヽ
                 / .: .: .:/. :. :. /. :. :. :. :.: Z .: .:. :.:\
                /: /: :/: /: /: :/:/: : :/ : : : : : ハ. :. :. :.: .:ヽ
               /: /: :/: /: :/: :/:/: : :/: : : :/ :/: : ト、: : :、: : : ',
              ./: /: :/: /: :/: :/:/: : :/: : ://: : /: :ヽミミヽ: : :.',
             ,': :/: :/: /: :/: :/:/l:l: : l: //: :/: :ハ: : :ハミミ: : : : :ト、
              i: /: :/: /: : l: :/ム: l: : l: イ /: /: :/ }:./ ミミ: l: :l: |: \
              l/: :/: /: : : l/ リ´`メ、 l: ///l: /ゝ-‐'  ミミ:.:l: :l: |\: :ヽ
              l /:イ ji l: :l, テ=ミヽヽ:/   l/ ィ_ _   ミミ:l: :l: |
              リ: ハl: l: :ト、〈  ト .: .::}      彳c .:.斗、 ミ: :l: :l: |
              V: :ト、ト、lヽ| 弋cソノ      ト .:ソノ ノl/∧|:l: ト、
              /: : ヽい⊂ つ      ,     `ー '  /ハ)ト、: :ヽ丶
               //: :/: ヽ     、         ⊂ つノ /: :i
             //: :/: : : : ヘ     「  ̄ `ーr     / _ノ: : :l   勘違いされてるから発言に注意するべきって
             l:/ V: :/: :.ヽ   |/´  ̄`V    /: : : :トト、:l   ミサカはミサカはいってみたり
                  V: : VV:\  ヽ __ノ    ,. イ: : l: :.:| ヽ|
    , ‐‐‐、 ⌒ヽ: : :ー <: : : : : : V: :i 丶 __  <: : /: ::∧: :|
    . :. :.:.: .: .: .: .:. \. :. :.: .:\. :.: .:\ノ      i.:.:.:∧∧: / ヽ|
    .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:\. :. :. :.:\.: .: .\       ト、/   V
    . :. :. :. :. :. :. :. :.: . :.: \. :. :. :.:\. :.: :.\     i. :. :. :.: .i
        . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. \. :.: .\   l. :. :. :. :.ト、
           .:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.\. :. :.:\  l. :. :. :. :l .:.:\
             .: .: .:. :. :. : .:. : .: .: .: .: .:\.: .: ./⌒ヽ.: .: /.: .: .:. ヽ」
ムスカ大佐 「杏子が俺!?」
霊夢 「◇杏子 「出てきたか
だが霊能CO」

これでしょ>杏子」
咲夜 「杏子様
言葉遣いがちょっとはしたなく……」
アリューゼ 「>杏子
だが、霊能COという発言をCOと見間違えた。
俺の早とちりだ。」
フランドール 「………別に。こんな形を、論ずるなんて。
村人がグレーについて述べてもいない。そんな状況でローラー以外にすることなんて、ないでしょ>長門」
少佐 「大佐はなにをおっしゃられている」
でっていう♀ 「紛らわしいっていうwww
さっさと退場させたいくらいだっていう。
遅い2COで荒れてたのに」
杏子 「いや、占いCOを期待していたら霊能COが出てきたがっかりしただけだって!」
長門 「私が危惧することは、初日占いの場合に対処する術があるかどうかということ
しかし、それを差し置いても霊能ローラーには価値があることは認める、よって止めない」
葉隠康比呂 「もっと言うなら、霊能初日だってあり得るべ
真ー狂狼とか!真狂ー真狼とか真狼ー真狂があるなら十分にありえる!(キリィ」
でっていう♂ 「少佐と森近霖之助が霊能ね」
giko 「オレがお前でお前がオレで!」
ムスカ大佐 「>魔理沙
噛みと呪殺でみないのか?
というか噛まれないけど新とカビみょい」
長門 「つまるところ、そういうものだから」
フランドール 「……あっという間に、夜だ。現実って、何だったのかな。これも夢?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
咲夜0 票投票先 →森近霖之助
霊夢0 票投票先 →森近霖之助
でっていう♀0 票投票先 →森近霖之助
でっていう♂0 票投票先 →森近霖之助
打ち止め0 票投票先 →ムスカ大佐
アイギス0 票投票先 →少佐
ムスカ大佐2 票投票先 →森近霖之助
アリューゼ0 票投票先 →森近霖之助
霧雨魔理沙0 票投票先 →森近霖之助
少佐2 票投票先 →葉隠康比呂
森近霖之助11 票投票先 →少佐
giko0 票投票先 →森近霖之助
フランドール0 票投票先 →森近霖之助
杏子0 票投票先 →ムスカ大佐
葉隠康比呂1 票投票先 →森近霖之助
長門0 票投票先 →森近霖之助
森近霖之助 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
アリューゼ 「初日はすまないな。」
咲夜 「潜伏占いを考慮するか
Yes or No」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
アリューゼ 「潜伏探すかどうかだが。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
でっていう♀ 「森近さんは回線が何かあったのかな?っていうwww」
咲夜 「かもですね」
でっていう♀ 「潜伏占いくさいっていうwww」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
咲夜 「噛みは私が担当しましょう
負担分散のため」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
アリューゼ 「んー。」
咲夜 「一応継続して今日までは2分噛みします」
でっていう♀ 「明日は○出すけど、囲われたい?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
咲夜 「あ、ちょっと面倒くさいので、でっていうはフランお嬢様に黒田してもらえますか?」
アリューゼ 「いや、俺は囲えないだろう。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
咲夜 「別に明後日でも構いませんが」
でっていう♀ 「それだと霊能ロラ中だけどいいのか?っていう」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
アリューゼ 「共有の発言から潜伏は認めないらしいし、グレー噛めばいいのじゃないかな。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
咲夜 「どうせロラ終了したら吊ります
そういう点では多少前後しても構いません」
アリューゼ 「狩人に見えるやつを。」
でっていう♀ 「フランに黒だすわっていうwww」
咲夜 「噛みは魔理沙で
2分でいきます」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
霧雨魔理沙 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
森近霖之助さんの遺言 霊能だよ
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
霊夢 「占い●でもローラー、潜伏出てもローラー(ローラーなら出ないでしょうけど)
霊能噛まれてることって稀にあるけど、噛んでくれないかなー」
杏子 「おはよー
占いは早めに頼むよ
あと霊能と勘違いするような発言してごめんな」
でっていう♀ 「占いCO フランドールは●」
葉隠康比呂 「おはようだべ」
giko 「うおっはよーさんと。」
打ち止め 「少佐と大佐で勘違いしただけなんで
投票についてはそれ以上ないとミサカはミサカはいってみたり」
少佐 「『霊能者』を、宣言する 森近霖之助 ○」
長門 「グーテンターク娘。
ドイツのルクセンブルグ地方では、このような習わしがある
初日占いの場合の対処法はおおよそ3つ

・狐
・狩人
・共有者

これらを利用しつつ、でっていう♀が真の場合でも問題のない進行をすればいい
具体的な方法については賛同を得られるかどうかのデータは無い、が試す価値はある」
フランドール 「おはよう」
アイギス
              ,  < ニ三三ニニ> 、
            , '",...<´::::ニニニニニミー、 .> ,、
          / ./::::/´ ̄         ̄'''ミ、  > 、
         ,.'" ./:::/  ,  i   、 l 、     .\`'ー==-
        ./  /:::/  ,イ  .l    ', ト、 ヽ、 ヽ   .\ \
       /  /::/  l  / ト、__ll l   ', | ヽ-ト、 ',      \ \
       ,  ./:/′ l ,l,ィl´ ヽl.ll    ハ  l-リ .ヽ l .ヽ   ヽ,ヽ ヽ,
      ./  ,l:/ i l  .| ,lリ .,rニー、',   ト、,|.,ィー-、リ、 ト、   ト、  ',
     / ,  .|l l l l ト、|. ,イ l::ハ .ヾ、  |   ,'_ノ:::l ヽ、i ヽ  トミ 、 l
    ./ /   t| l l トi ./ ,h-'::::ハ      l::::::::::l  lヽリ .ヽリ.`ヽl`リ
    /,.イ   f-| リ、.ヾ./i  ';::、,ノ::l       ';::::::ノ /シ′ヽ ヽ  ′
   ./イl   /l_j|    \ヽ」 ヽ_;;;ノ       `´_,ィ /イ    l |
      .| .,イ .ト,ル、   \',   ̄                f |   ト, |
     .V .| .ハヽ-l 、  、 \             ,イ ハ  ..l.| リ      霊ロラするにしても、森近さんの霊結果とか○しかでないんじゃないですかね。
       V ヽ, ト、\ `Tー-     _     ,.イ .lリ .|   /
          ヾ、` .\ ヽ`ニ=-  _'_`_  ,.イー、l`’ . l /        杏子さんは紛らわしい言い方の前に、
               ≧´T气ニニニ、r-イ´_`゙  ′  ´
     ____    ,f´:::::::::):::::}: : : : l;_l: : : :ト、               潜伏占いいる事を前提に話してるっぽい時点で残す気が起こらないでありますなー。
  __,イ/ Y ヽ;::::::: ̄ ̄:::::l::::::/::シj: : :/トト; : : lニ=-、___
  f ,ィ ,   , }リ:::::::::::::::::::::::::, -、:::::::l´:イ: i.:ヾ; :y:_:_/i:::::::::::::::::::::::}ー-っ
  Y / ,ィ /、ノl:::::::::::::>'"´  .V:::ー):_r=-'´:::::jj::/<::::::::::::::::ノ .ー<,´
  .l_i /iー./ヽニ>''"´      ,):::::::::::ノ:::::::::::::/::::l  ` ー-‐'´` ̄´
   .´ .し′          /:::::::::::/:::::::::::::::{:::::ハ
                ヽ:::r-、/:::::::::::::::::ll::::::::ヽ
                 フー-Oニ=ニoー|´
                /::::::::::ー--ヲー-:::::l
               /::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::、::ヽ、
               \::::::::::/::::::::::::::ヽ;::::::::::ヽ::::>ー-、」
咲夜 「なんか結果白しか出ない気分ですが>森近様」
でっていう♀ 「占い理由 
フランドール(54)
「………咲夜、認めないでよ。嘘って言ってよ。
お姉様はこんなひどい場所を見せたくないから地下に閉じ込めたんだって、
そんな事実を認めないでよ」
フランドール(98)「これがどうして綺麗だって言うのよ、咲夜。
……幻想郷が此処なんて、そんな嘘を通さないでよ。
外の世界が此処なんだってそんな嘘を通さないでよ。」
RP含め発言多いところから占ってみたっていうwww
2日目の発言から役職目探せとか無理だっていうwww」
アリューゼ 「おはよう」
でっていう♂ 「おはよwww」
咲夜 「でしょうね
ん」
フランドール 「そっか。でっていうは偽モノなんだね」
でっていう♂ 「まwwそこ噛むよなwww」
霊夢 「完全灰噛み、無難と言えば無難、共有噛まないんだって意味ではちょっと見えるものもあるかもだけど」
ムスカ大佐 「おはよう」
長門 「●が出る、理由を拝見
フランドールの発言およびリアクションを計測」
ムスカ大佐 「打ち止め 0 票 投票先 → ムスカ大佐
杏子 0 票 投票先 → ムスカ大佐
霊能ローラーの指示を見ていないところが怪しいな
でっていう♀が真に見えた狼じゃないだろうか
霊能ローラーを支持している私に狩人を見てつりたがったように見える」
杏子 「●がでたな
そしてやっぱりか>霊能結果○」
フランドール 「ねえ、咲夜は、優しいのね
ありがとう。」
ムスカ大佐 「>少佐
霊能で対抗が出れば大抵吊られるという意味だな
グレラン勝負をしたかったよ」
でっていう♀ 「ふぅ、今日はいい仕事ができたっていうwww」
咲夜 「フランお嬢様はお下がり下さい。
そこな爬虫類が何か申してますが」
ムスカ大佐 「◇霧雨魔理沙 「>ムスカ
霊能情報がなくなる
→占いが●を出しても霊結果が見れない
1.霊結果が揃う=霊結果確定
2.霊結果が割れる→ラインのつながらなかった霊能を残せば占い偽に対応できる」
霊能が狂人だった場合そこを噛まれると占いの信用が発言ではなく左右されるし
ここは純粋に発言+○の発言、噛み情報(GJあるといいな)で考えたいって思ったのだが」
少佐 「●でも出たら面白かったのだがな まぁ、事実は変わらんよ」
霊夢 「霊吊って明日●にCO聞いて、でいいでしょ」
打ち止め 「灰噛みならローラー完遂してフランドールさんについては明日COを聞くと
それだけだっていってみたり」
葉隠康比呂 「お、クロが出たか
そいじゃローラーした後そこのCOを聞いて
フランドールが白いか黒いかででっていう♀の真偽を考えるべ」
でっていう♀ 「    / ニYニヽ
   ./ (0)(0)ヽ
  /  ⌒`´⌒\
.  | ,-)     (-| ミ        ピコッ
.  | l   ヽ__ ノl | ミ/\  ,☆
  \  ` ⌒´  /  \  \ , " ̄ ̄ 丶、
   /      く    /\/        \
   |       `一⌒)   / , { / { / } ヽヽハ
    |      i´ ̄ ̄    j |イ/⌒Vヽハ⌒lヽ} j}
    |      |       イ j :|f仡ト  f仡ハ/ノリ
                 レヘ { ゞ''  _ `‐' {/ベ
                   V>  __  イ∧」
フランドール 「少佐は昨日のレスポンス的にどうにも真決め打てるものじゃないから、吊ればいいよ。」
ムスカ大佐 「では、フランのCOを聞くか、粛々と霊能ローラーを完遂してから考えるかだが」
咲夜 「いえ、当然のことですよ。>フランお嬢様
ほら、日傘などいかがでしょうか」
でっていう♂ 「まあロラ続行で」
giko 「フラン先でもいいカナと言う提案。
フラン、少佐、でって♀。
そこからは地力勝負、でいいかい?」
アリューゼ 「なんとも評価に困る理由だな。」
長門 「少佐は占い1COを確認して出ている、真狼>>>狂
森近については不明、出遅れた真あるいは狂人と推測している
よって吊り順はこのようにさせてもらった」
フランドール 「どっちでもいいよ。」
アイギス 「灰噛みはでっていう♀さんがなんでもして来る噛みではありますなー。
でも昨日の魔理沙さんの発言傾向から、潜伏占い狙った噛みには見えませんが。」
少佐 「私もできるならそうしたかったですな
しかし神はそれを許してくれなかった様です>大佐」
giko 「まあ、嫌なら少佐からでもいい。」
ムスカ大佐 「まぁ、フランを吊って少佐が何色を出すかを見てもいいとは思うぞ」
霊夢 「超好み>占いまで吊る>giko」
アリューゼ 「いや、少佐吊りだろうに。」
杏子 「あれ?ムスカ大佐が霊能じゃなっかったけ?>杏子が俺?つまり霊能だと思っていたんだけど」
長門 「2のダメージ>でっていう♀」
フランドール 「んーと、そだね。私吊り含んでも間に合うからそれでいいよ。」
葉隠康比呂 「死体に聞いてどうするんだべw>ムスカ大佐」
ムスカ大佐 「>giko
フランのCO次第で先釣りでもいいと思っている」
フランドール 「>吊りについて」
でっていう♀ 「ロラ完遂しないと何も意味ないっていうwww>giko」
giko 「まあ、とりあえず。
フランCOは。」
フランドール 「でも、そこからはノーミスだから。」
霊夢 「占いまで吊るっていうのならフラン先吊りも分からないでもない、追い風参考記録程度だけど」
アイギス 「片方吊った霊に価値なんてないんでロラります。」
打ち止め 「              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ.:.:.:.:.`ヽ
             .:'.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.く.:.:.:.:.:.:.:.ハ
           /.:.:./.:.:.:.:.:.:.'.:.:/.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
         '.:.:.:.'.:.:.:!.:.:!.:|.:/.:.:/イ.:.:.ハ彡、:.:.:.:.へ.
          !:.:.:.:!:.:.」_:∧i/.:.:/ !.:./」L ミ:.:.:.ハ⌒ヽ
           i:i.:.:ノ:!:.:ハ`メ:.:./  ィ'´rノ  ミ::i:i:.:i
        ノイ:i:i:.〃て心{  ノ ィて心ヾ}:j:i八
         }ハ从八弋::ソ    弋::ソ ′ハ:i:!:\
           //ヘ⊂⊃    '   ⊂⊃ノ:八 `ヽ
        /.:.:.:.:.:.八   Y´ ̄`Y   八:.:.i:.:.:.ヽ
          厶イノ.:.:.:.へ.  ∨  ,ノ  ..イ:.:.:ヽj`ヽハ   それ結局占いの真偽を
          ノ´}ハハヘ个ト ... _ ..イ.:ノ.:.:.ハノ      全く考えてないだけだってgikoにいってみたり
       ,へー-ヘく   Vハ|     |j∧从!
  '⌒`ヽ ̄`ヽ \  \  ヘ∧   乂ヘ⌒ヘ.
    : : : .    : : ..\  \: : ∧   ー } : : 厂`ヽ.
  : : : : : : .  : : : . 、  \: :ヘ. r 、 | : / : : : :ハ
  : \: : : . .  : : : . \  \: :,ヘ. Y| /  } :./: j
 : : : .  \: : .    : : . . ` ー-.〈ヽ  j,′ . : :/: : {
 : : : .  : :\    : : : . . ..ー- {    {  . : :/:.:. :.|
  : : : . : . :.:.:.:.ヽ   ー-- . . . : \  j . : :/.:.:.:::::|」
でっていう♂ 「ああ、そうだな大佐の言うとおり少佐が何出すか見たい。よってフラン先吊り提案」
フランドール 「んー、そだね。」
咲夜 「個人的には両天秤のこの状態での2者の霊能CO
仮定フランお嬢様をありえないとは思いますが吊ってライン確認しても
判断材料にならないと思います」
長門 「ここでフランドールを吊るすデメリットは、彼女が狩人である場合
ないし狐である場合

私はもしも今日の占い結果が○ならばとっておきの作戦を考えていた
試せないのが惜しまれる」
咲夜 「ここでCOを伺って狩人だったりしたら、どうするんですか>共有」
でっていう♀ 「>長門 AA使ってみたかっただけだっていうwww
他意はないからな、念のため」
ムスカ大佐 「>杏子
いや、一人称で驚いただけだが、『杏子が俺』で、霊能ってのは
霊能COしていたって自覚になってしまうが・・・そこはどうなのだ?」
葉隠康比呂 「フランドールが狩人だったら今日CO聞くのはめっちゃやばいべ?>ギコ」
少佐 「・・・ここで●を出して私を残すだと?ははっ笑い話も過ぎるな
しかし良かろう そこのを色を見ておく」
アリューゼ 「片方吊った霊能の情報に何の価値もないだろうに。」
フランドール 「私はね、この世界を変えたかったんだ。たった独りのちからで。
うん、狐なの。」
長門 「COを求めるのであれば
それはでっていう♀を重視する方針になる」
杏子 「あー、やっぱり霊能決め打ちはしたくないから霊能ロラかな?
繋がってもやっぱり完全には信用できないし」
giko 「占いの価値?
クソだ。ええ、まったく持って、「クソ以下の何か」だ。
酷いようだが、そう思う。でってには責任はないが…まあ、すまんね」
アイギス 「少佐が何を出すかを見て、一体何を考察するんですかね。」
打ち止め 「○だそうが●だそうが情報としてノイズになるだけなんで
それするなら霊能両方残してするべきだってミサカはミサカはいってみたり」
咲夜 「森近様があまりにも騙りっぽい
ないし少佐があまりにも真っぽいという点がないのであれば一日置いてもいい位置では。」
霊夢 「●なら噛み見るの1日早くなってむしろ私としては好みだけど>葉隠康比呂」
でっていう♂ 「別に狩人COでも問題ないだろうに。グレラン村になるのが言って早くなるだけ。」
少佐 「アリューゼはおおよそ村だな その発言とローラーという事に意を介している」
フランドール 「プラン的に、そして村人的に私吊りの路線は変わらないから。」
長門 「ならば吊るさず残す>フランドール
明日の吊りは私で良い」
霊夢 「●狩人なら、ね」
杏子 「おいぃぃぃぃ!>フラン狐CO」
giko 「んまぁ、だからこそのこの段階で聞いているんだけどね、COを>メイド長」
葉隠康比呂 「フランドール 「私はね、この世界を変えたかったんだ。たった独りのちからで。
うん、狐なの。」
つまりフランドール人外?」
長門 「フランドールが狐であれ狼であれ、利用価値を認めた」
咲夜 「フラン……様?>狐」
フランドール 「村は私を残すでも、吊るでも、好きにしてね」
giko 「はー、なるほどねぇ…了解した、と」
でっていう♂ 「それじゃ、フラン先吊り」
葉隠康比呂 「あ、そういう意図もあるの?>霊夢」
霊夢 「明日●が狩人COしたらそれこそでっていう吊りになるかグレランか
●噛まれて結局でっていう吊りになるよりは、でしょ
giko 「ん、良い。吊らない方が、失礼だ。
指定はフランドール。」
フランドール 「咲夜、私ね。この力を貰った時、この村を理想郷に変えれると思ったんだ」
ムスカ大佐 「フラン狐っていっているが・・・、どうなの?
偽ならにせでいいか狐処理できたってことで
ただ、そうなると狼が吊れていない事になり、
狼ゲームらグレラン大会とかしゃれにならん書・・・・・・」
咲夜 「人外であるということは非情に悲しいことです
しかし確定人外である点で残す価値もありえるとみます」
少佐 「ローラーという事を意を介している村人は私に投票したまえ
どうせ残ったところで化外の恰好の隠れ蓑になるだけだ」
でっていう♀ 「まぁ、俺様はメタ的に森近真目で見てたけど、
2COならそんなこと考慮する必要はないっていうwww
だから、どうでもいいっていうwww」
フランドール 「変えれなかったね。」
咲夜 「どういう理屈ですか>吊らない方が失礼」
杏子 「ひゃっはー!
・・・もういやだなー>占い初日濃厚」
霊夢 「めっちゃ狐COしてるけど」
長門 「狩人が今夜、占いを守るかどうかは自由でいい
どちらの可能性も備えて進めれば十分、もしもでっていう♀が呪殺を出せばそれで済むこと」
アイギス 「ここで狼が人外coするっていうかと微妙なんで。
本当に狐なんですかね。」
フランドール 「私の力なんて、こんなものだったんだよ。」
フランドール 「悲しいなあ、咲夜。」
giko 「狐COは、そういう覚悟と。>メイド長」
フランドール 「…ごめんね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
咲夜0 票投票先 →少佐
霊夢0 票投票先 →少佐
でっていう♀0 票投票先 →フランドール
でっていう♂0 票投票先 →フランドール
打ち止め0 票投票先 →少佐
アイギス0 票投票先 →少佐
ムスカ大佐0 票投票先 →フランドール
アリューゼ0 票投票先 →少佐
少佐8 票投票先 →フランドール
giko0 票投票先 →フランドール
フランドール6 票投票先 →少佐
杏子0 票投票先 →少佐
葉隠康比呂0 票投票先 →フランドール
長門0 票投票先 →少佐
少佐 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
でっていう♀ 「フランドール 「悲しいなあ、咲夜。」 」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
咲夜 「フラン様キープを主張しつつ灰噛みしていきましょう」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
でっていう♀ 「残念だったっていうwww」
アリューゼ 「はいよ。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
咲夜 「吊られたら吊られたで困りますからね」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
でっていう♀ 「うん、俺様生き残れないようなので、作戦はそちらにまかせるっていうwww
自分たちの利になる展開を教えてくれっていうwww」
咲夜 「真占いの生きてるほうがやりやすい場ですが」
アリューゼ 「俺は悪いけれど生き残れる気がしないから、サクヤ頼む。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
咲夜 「今日は噛み1:30でいきます
ちょっとログ読んで噛み先選んできますね」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
打ち止め は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
打ち止めさんの遺言 1COの占いは吊る
潜伏占いは吊る

gikoさんにとっては初日に狩人護衛祈ってCOする占いってなんなのかな
護衛とかもらえない可能性考えて潜って結果残そうとする占いってなんなのかな
少佐さんの遺言 指揮官たる私が仕事をしないのもおかしかろう?
霊能者を宣言しようじゃないか
森近霖之助●○
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
霊夢 「やっぱり超過前に投票済ませちゃうの良くないねって>少佐投票

狂人の狐COは狼の信頼に関わるので却下して
狼が狐COする場合、真ー真狂の信用落としかなって感じ
占いまで吊られそうだったから狂狼でも残せるぜっていうルート選んだ可能性もあるけど
でも考えるのリソース無駄い気がする、それなら灰見たい
もちろん狂狼の狐●もありえるので、ここ霊能ローラーと同じ考え方で●占いローラーでいいんじゃ、と
17人村は7吊りだから2吊り無駄にできるんでしょ、真占いと真霊能で2吊り、あとはグレラン頑張る、で
もちろん狂狼の狐ヒットならもう1吊り余裕できるしね」
でっていう♀ 「占いCO 霊夢は○」
giko 「何故フランを吊らない、と。
万が一があっても狼だろうに。質はオレの好みの戦術じゃあないねえ」
でっていう♂ 「少佐が何色出すか気になったけども
君たちは興味ないんかという。
やや変則的進行になるが、な」
アイギス
                 ______
                 ,..r'"三二二三`ヽ、
                /,r"_/\/\`ヽ`ヽ、
              / / |,r‐゙/l ̄ ̄ヽ ‐.、.| ヽ,ヘ
           l /‐/´/ /...l  |、 ヘ  lヽ,_lハ
             | l.| .l /``` .l   .l "´∨.l  l l .l
            /l .レ.====.i|ヽ、|==== l   l`ヽ、     あんな朝一に少佐さん投票しているような状況で、
             l.lヽ!.ハ |:::::::|    .|:::::::l/  |  /
          トヽ|.n ゞ__ノ   .ゞ_ノ,.イ,n.l ./」      フランさん吊りーとか言われても困るのであります。
          l/.l.l l .\  _ △  _,,././.-′
              レ'.ヽイノ.|::`}‐{´::| l l.ヽ/ ∨
            |l. ヽ,'└'/llヽ┘.l/ l|
                /_ l  .'‐' `‐` .l ヘ,    バン!
             ミ   /-/.o___.o__\.ヘ 〃  バン!
             `´              `´」
長門 「ボヌ・ニュイ娘。
フランス式、だが挨拶にこだわっている場合ではない


でっていう♀真路線→フランドールを狼とみなし、他に●があれば吊るす○ならば柱を利用する

でっていう♀偽路線→フランドールを狐とみなし、吊って欲しくば1回の死体無しを要求する、代償としてこちらが人柱を提供する

私からはこのプランを提案したい>共有者
指示に逆らったことを謝罪する」
咲夜 「潜伏占いはほぼ確定で居ないと見ていいです」
でっていう♀ 「占い理由 
霊夢(1)「占い●でもローラー、潜伏出てもローラー(ローラーなら出ないでしょうけど)
霊能噛まれてることって稀にあるけど、噛んでくれないかなー」
霊夢(56)「占いまで吊るっていうのならフラン先吊りも分からないでもない、
追い風参考記録程度だけど」
お前ら、もっと情報だせよっていうwww
占う気がしなくなる灰から発言強めのところを選んでみたっていうwww」
アリューゼ 「おはよう。」
ムスカ大佐 「おはよう」
葉隠康比呂 「フランドール人外として
あとはでっていう♀が真かっていうのとグレーの人外が誰かって話だなー」
杏子 「おはよー」
giko 「護衛、ねえ。
取れなくても真ならローラーする。それが最大の供養だ>打ち止め」
フランドール 「おはよう、ね」
杏子 「ファック!生きていやがる!>呪殺は無かったつまり占いは初日」
アイギス 「ないですよ>少佐さんが出す色」
ムスカ大佐 「先につれた方が偽濃厚と見ているなら
少佐を少しは真目で見ている
ローラーだからどうせもありだが、
それならそれで色を見てみても良いと思った」
でっていう♀ 「いい発言だっていうwww頑張ってくれっていうwww>霊夢」
長門 「好みではないかもしれないが、まずはハッキリさせる必要がある>giko


私からのプランは提示した、そして貴方からの指示を要求する
昨日の投票はそのためのサイン」
フランドール 「狂-真狼
狼-真狂

この何れかであって、吊り切りで残り3手、2Wが生存中。
きっと、狼はどうこうなんてならないわ。そんな甘えは許してくれないと思うわ」
咲夜 「フランお嬢様を昨日釣った場合
もしかして生存してるかもしれない真占いの手によって、狐であればフラン様の銃殺が発生してるはず。
そういう点でフラン様が生きてるということは、ほぼ潜伏占いの可能性は否定できます。」
アリューゼ 「それじゃあ、フランドールは延々残していいのじゃねえの。」
霊夢 「ん?私狐目に見てたってこと?>杏子」
ムスカ大佐 「これでっていう♀をどうするかもそうだが、
狐立証でフランドール間で見てって動きなのか?」
giko 「柱?その戦術、断じて「NO」だ
引き分け前提は私の戦術には無い。やるならば、潔く負けること」
でっていう♂ 「フラン吊りは変わらねーよ。ンじゃお休み」
フランドール 「◇でっていう♀(64)  「>長門 AA使ってみたかっただけだっていうwww
他意はないからな、念のため」
◇でっていう♀(53)  「ロラ完遂しないと何も意味ないっていうwww>giko」
でっていう♀ 0 票 投票先 → フランドール
ロラ完遂しないと意味が無いんだーって。私kp論も何も出さない。
ね、ほら。真の取る行動じゃないわね」
霊夢 「それとも昨日の狐CO?
狼の狐COはありえるわけだけど。」
長門 「少佐がどの色を出すにせよ、今は吊り数の増加と狐であるかどうかを確定させるべき」
杏子 「あー、フラン吊ってから占い吊り
そしてからのグレランかー
頭が痛くなるな」
咲夜 「というか吊る順でライン確認なんて意味ないんですからそれくらいの小技をすればいいと思うんですが
それはそれとしてフラン様……貴方がたとえ妖狐であったとしても、その形を私は愛おしく思いますわ」
ムスカ大佐 「>アイギス
議論時間中に投票するなし!!」
アイギス 「フランさん狂だけは却下。
狐なら狂ー真狼の方がしっくりくる。狼なら普通に真ー真狂とかで変な事してるのかなって印象でありますね。」
葉隠康比呂 「んで、フランドール投票した身としてはなんだけど
フランドールが今日溶けてないってことは潜伏占い師がいないと、フランドール狼ノ可能性はあるけど
今日吊ればいいはなしだべ」
アリューゼ 「フランが狐なら残せば、狼勝てないし、でっていうが真でも最後につりゃいい。」
giko 「というわけで、フラン吊りからで。
残り8人3W、かぁ。」
咲夜 「願わくば狐を語った狩人であることを祈りたかったのですが」
長門 「どうしても、駄目だろうか?>giko」
フランドール 「そういう事ね。後の考えはあげない。
3吊りで頑張ってね。出来れば、いい村にしてほしいな。」
霊夢 「人外CO残すのは好きじゃないわね>アリューゼ
外道戦術って、普通のルートじゃ勝てないから狼しゃーん、何とかしてくだしゃーい、っていう戦術だと思ってるから」
アイギス 「>ムスカさん
だって昨日少佐さん吊らない意味があんまないんで。」
アリューゼ 「あーんー。」
フランドール 「………本当に、私の理想は何処にあったのかなあ。」
でっていう♂ 「フラン狼で♀の印象を少しでも下げに来るとかあるからまあ狩人は覚悟しとけ。」
咲夜 「フランさん狂人は、自分に対して黒出した占いに対して何してるのということになりますから
理屈で言えば少々あれですね>アイギス」
フランドール 「理想郷は、幻想郷は。何処に。」
葉隠康比呂 「ん~、確定霊能がいたら長門やアリューゼの方法も取れるんだろうけどなぁ」
ムスカ大佐 「フラン今日つるって言うのならば昨日つっておけという話しでな
フラン残しではないのか?
狐を信じたってことじゃないの?でっていう♀が真と対抗する意味で」
霊夢 「もち狐であるという確証もなし」
杏子 「え、なんでそうなるの?>霊夢狐
いや、フランが狐COしたんなら万が一に潜伏占いがいたら占って
呪殺してくれないかなーという淡い期待がががが」
咲夜 「たやすく手に入らないものこそ、綺麗なのですよ。フランお嬢様」
でっていう♀ 「>フラン Kpとか、絶対じゃないっていうwww
自分で狐COして混乱させておいて何言ってるっていうwww」
アリューゼ 「>霊夢
まあ、確かにフランドールは面白くないかもしれないな。
そういう点ならまあそうかもしれん。」
giko 「狼との交渉…?
無いな。全潜伏の勇気に誉れとして、不利な勝負を全力で受けて立つ、それだけ>長門」
長門 「私としては、ここであなた達に逆らってでもプランを遂行したい
だが先日述べた通り、我々の勝ち筋は3つある

共有者が狐狩人以上の勝ち筋となりえるのであれば、私は反対することができない」
フランドール 「村は危機感持ってね。
狼は多少の反抗ではあるけど、私が狐だという情報は大きな賛辞だから、受け取ってくれたら嬉しいな。頑張ってね。」
アイギス 「>咲夜さん
フランさん狂とかなら私はちゃぶ台ひっくり返しますね。」
ムスカ大佐 「>アイギス
普通ならそうなのだが、議論上でそれができなくなる場合もあると思うのだ
なので私はわかりきった状況でも一応昼の実時間がすぎるまでは投票しないことにしている」
咲夜 「いえ、どういう形であろうとも昨日吊りのメリットは
大体は人外に対して利することしかありませんよ>ムスカ大佐」
アイギス 「いや残しでいいですよ。」
葉隠康比呂 「今回は霊能者二人だしなぁ、フランドール狐は確かに濃いんだろうけど
俺は即吊り派だべ」
杏子 「じゃあ先に占い吊りか?」
フランドール 「貴方視点狼kpしたくないの?どうして?貴方は貴方の視点でいるはずの狐を恐れないの?どうして?何故?>でっていう♀」
長門 「ならば謝罪をさせてもらう>giko
おそらく指定を求める手合いが多くなるだろう、それに備えてグレスケの作成を行う」
咲夜 「私が仮に狂人でお嬢様の立場でしたら
潜伏占いCOしますね>アイギス」
giko 「フラン吊り。
今回は、反逆はなしで頼む。」
フランドール 「……咲夜、星に、手は、届かないのかな。」
でっていう♂ 「フラン吊りだから。>あんこ」
アイギス 「>ムスカさん
その辺りは趣向の違いじゃないでありますかねー。」
フランドール 「だから美しいのかしら。」
フランドール 「何でだろうね。」
杏子 「了解だぜ」
でっていう♂ 「あんこはなにいってるんだ。」
霊夢 「危機感ねぇ
たとえ初日呪殺1COであったとしても、そこで気を緩めたら持ってかれるのが人狼だと思ってるから>フラン
そもそも危機感持たずにプレイするのはあれだと思うけどね、それじゃ、さよなら」
咲夜 「ああかなしいかな
願わくばフラン様が真に狐であり、そこの爬虫類が語であることを」
フランドール 「……地下に閉じ込められていた方が美しかったままだったのかな」
長門 「貴方がせめて狩人COであれば、と残念で仕方ない>フランドール
吊り数の増加が何よりも欲しかった」
giko 「狩人は二択に全力を。」
フランドール 「半端に手が届いてしまったからこうなったのかな」
咲夜 「てにはいらないからこそ、美しく……」
ムスカ大佐 「>アイギス
だな、この議論は打ち切ろう」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
咲夜0 票投票先 →フランドール
霊夢0 票投票先 →フランドール
でっていう♀1 票投票先 →フランドール
でっていう♂0 票投票先 →フランドール
アイギス0 票投票先 →フランドール
ムスカ大佐0 票投票先 →フランドール
アリューゼ0 票投票先 →フランドール
giko0 票投票先 →フランドール
フランドール11 票投票先 →でっていう♀
杏子0 票投票先 →フランドール
葉隠康比呂0 票投票先 →フランドール
長門0 票投票先 →フランドール
フランドール を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
でっていう♀ 「さて、どうするっていう?」
咲夜 「申し訳ないですフランお嬢様
大声で叫べないことをお許し下さい」
アリューゼ 「共有2択か、どこか適当なとこ噛むか。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
咲夜 「では共有を全員始末しましょうか」
でっていう♀ 「にしても灰噛みとは豪気だったっていうwww」
咲夜 「潜伏占いは不在
狩人は見たところいません。面倒くさいところは長門・アイギス」
アリューゼ 「今、打ち止めが死んでいることに気付いた。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
咲夜 「順番が前後するだけですよ
個人的に狩人候補の2名を噛んだだけなので。神は1分」
でっていう♀ 「しかし、アイギス噛みは露骨なような気がするっていう」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
アリューゼ 「うし、じゃあ共有噛みか。」
咲夜 「ですから後に、ですね」
咲夜 「先に共有をやります。では超過1分後にまた」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
giko は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
フランドールさんの遺言   \  __
   _\((_`_
    l⌒Y`¨¨¨¨ \
      |l \ O l|
      |l O\_.ノ
     \___ノヾ〕、
          〝i,                    __r、_r━ー 、
             l}               ー==\j_∨)、ヽ  \
            ,/′             ー=ニ二三/ /_入_ノ\ ‘,
          ((                   / //!/ ノ彧ィ /ヽ ', j
          ))                    /从 :l ト、 ノ 厶ノ7〕V ̄ ̄ ̄/
           r⊂ニヽ     _ _ト、_,、,、,、,、ノ∧ ゞ ー=戓彡\j、ニ三三{
           `ヾと:::. `¨¨¨´    '......)ーz―zーァ厶三三二ニ=彡') ヽニ三/    嘘、全部嘘。
            `¨ヾ⌒  '''' ¨¨´ ̄)/し(⌒ヽ|し'::/ , ⌒ーくー=彡ハ∨|
            }}           ;ニ=--:._   :::::{ {     j ==彡' //      こんなの、幻想郷じゃ、私の望んだ世界じゃない。
               〝i,          /  ..,   `-...::::::>ヾ冖=(_{ ̄ `¨¨´
              〝i,       く .:::::/ _,ゝ ヾ/Vハ〔_厂`Y\_,  __     だから、さよなら。本当の世界を探しに行くから
.               〝。      (>辷彡' {::::_ \ Vハ__:.  ,____)/\
              ㌧、   )⌒X⌒X⌒ーァ_(  ー=∧ ∨――― ⌒ヾ\
           rーx、 ⌒≠o{__人二二辷彡' \___,、/_∧ ‘, ∧   .∧ \\
            )こコ ー<二ノ    /:      \::::::::>'⌒} ./ ∧ / ∧  \\
               )こコ::..           /: : . ._     `¨´   V込∨:/ ∨:/ ∧ \\
           )こコ:::::::::::::::/     /: : : : : : ー  _    ∨ハ.V   V ./ ∧   { {
           )てハ::::::/仄込、   ./:: : : : : :   ィ㌢㍉.、  /こ{        ∨:/   ヾー 、
           `ヽ人z从_:_: `う::/::: : : : : :  ィ´///_に)   /こ/、__      V  ∧ `¨ヽ\
               /∧   )ハ に、: : : : :_:ィ升'゚∨_に厂  人〔ノ ┘¨¨ヽ、_     ./ ∧    .\\
.             // ∧   )込z入/>‐'_j个´  仄(__ ___,/ヽノl」    ⌒!}    ∨:/ ∧   \\
              ' ∨/   ⌒⌒⌒ i     '   ヾ人人ノ  /      厂八     V .〈 〉 ∧ )ノ
            ∧.V         :,    |   .:/    ⌒´         | { ( ー‐     ∨ / ∧
            / ∧         :::,  :{、 .::::'                 | l\\        ∨:/
            ∨:/             ::;  ; :::/::|              レ′ `¨¨        V
           V            :;、 ;   ;
                       ::. ;   :!
                        : :.|   '
                           _|   ∧
                        込__,jミ{
                       くノ人_|:::::〉、
                         }⌒厂ヾ )ヽ
                        /__j  i¨´ }
                          |厂`:|    ー'
                           /`¨¨´}
                      {辷::彡'
                         `¨¨´
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
アイギス
              __
             l |
           <\  |__|
      <\ \>
       \>
                . , ,-‐==ニニ=-ミ
              /≫='=='=='≪≫、\
          (^V   /|    、  \∧ \
            ∨  !;\|   /ヽ  i;心  \     割かしでっていうさん真狂目で見てるんで、
           イィ |●八l\l● |∧|少'   \
          ∧N⊃、_,  ⊂⊃ }/´ )  「 ̄   今日までは残して○撤回のグレランでいいでありましょうな。
           厶人   し′   /: X「 ̄
                 }≧=rr=≦´: :/
               〈: : V^V0 :/
               |\|: : :|/\
               | : : : : : : : : : :>
               |____/ __
               |_l \__∧/:/
               |: : |   \: : :/
               |: : |     `¨
              し'′」
霊夢 「◇杏子 「え、なんでそうなるの?>霊夢狐

◇杏子 「ファック!生きていやがる!>呪殺は無かったつまり占いは初日」
こっから、私呪殺無かったからでっていう♀切るわーって意味だったのかなって

ところで
◇杏子「じゃあ先に占い吊りか?」
これはどこから来たの?」
葉隠康比呂 「おはようだべ」
でっていう♂ 「おはようさん」
アリューゼ 「おはよう」
アイギス 「あれ朝一になっちゃった。」
ムスカ大佐 「おはよう」
咲夜 「お嬢様が……いなくなってしまいました
私は何を目的に生きればいいのでしょう」
でっていう♀ 「占いCO アイギスは○」
杏子 「おはよー」
葉隠康比呂 「それってフランドールの話じゃないの?>霊夢」
でっていう♀ 「占い理由 
アイギス(69)「>ムスカさん
その辺りは趣向の違いじゃないでありますかねー。」
アイギス(57)「>咲夜さん
フランさん狂とかなら私はちゃぶ台ひっくり返しますね。」
アイギス(33)「フランさん狂だけは却下。狐なら狂ー真狼の方がしっくりくる。
狼なら普通に真ー真狂とかで変な事してるのかなって印象でありますね。」
内約まで踏み込んでる姿勢は評価できるっていうwww」
アリューゼ 「じゃあ、でっていう♀吊りでいいんじゃないか。」
長門 「ブオナ セラ娘。

吊りたくない場所を挙げるとすれば、十六夜咲夜
フランドールを残す理由として潜伏占いに呪殺させるという発想はユニーク
フランドール●に対しての反応もやや素村目ではある

葉隠康比呂。良い意味で冷静」
ムスカ大佐 「>咲夜
レミリアはどうしたのだ?」
アイギス 「いや今日吊らんでいいです。」
杏子 「え?狐質の話じゃなかったのか?>霊夢」
でっていう♂ 「はいはい、グレラングレラン。」
アリューゼ 「フランが狐かつ占い初日なら占い、霊能に狼混じり。
でっていう真でも1W吊れてる。」
咲夜 「でっていうに関しては即吊りしてもいいのでは、という気分です。
少佐のCOの仕方が狼にしては少々思い切りがヨすぎていて
少佐が仮に真であれば森近霖之助は真狂。であれば、でっていうは狼固定と見る処」
アイギス 「でっていう♀さん視点でも、村視点でも、2人外吊ってるんで。
○だけ撤回させときゃいい。」
葉隠康比呂 「フランドールが狐CO→潜伏占い師が居たとしたらそこを占うだろう→溶けていない!
ってな解釈だったけど、俺も同じ考え方してたし」
アリューゼ 「んー?」
でっていう♀ 「>アリューゼ てめえの顔も見飽きたぜっていう?
うまいこと言ったつもりかっていうwww」
咲夜 「ここにいないじゃないですか>ムスカ大佐」
長門 「でっていう♀を吊るすメリットは狩人保護、価値は認める
狼である可能性も否定出来ない

でっていう♀を吊るすデメリットは真である場合」
ムスカ大佐 「ここでgiko噛みなのか
でっていう♀をつりたい噛みにも見えるんだが
魔理沙と打ち止めの噛みがわからなくなる
狩人探しにも見えていたし」
霊夢 「うん、呪殺なかったはフランドール占った潜伏がいない、っていう意見だったのよね?>葉隠
中段のは、私が杏子に聞いた
◇霊夢「ん?私狐目に見てたってこと?>杏子」
これがどういう理由で発言されたものかの説明だけど?」
咲夜 「グレランするのですか?>この状況で
猶予はあれども私でっていうに真見る気ないので共有辺りに投票固定させたいのですが」
ムスカ大佐 「>咲夜
生きて帰れよ・・・(決まった(キリッ」
杏子 「占いを先に吊らねえか
狼吊れている保証はないし
自称だけど狐も吊れたし」
でっていう♂ 「狐CO盲信とか泣けるからやめれ。その話題打ち切り。」
でっていう♀ 「おいおい、そんなに信用できないなら吊れよっていうwww」
アリューゼ 「>でっていう♀
奥義!ファイナリティブラストォ!」
葉隠康比呂 「長門とアリューゼは村人かな、と思ってるべ
ああ言ったけどフランドールの態度的に狐はあってると思うべ、あの諦めた感じが狼じゃない

だから延々残し言ったここは狼を追い詰めそうな村人かなーて」
ムスカ大佐 「でっていう♀はまだ残してもいいだろう、明日か次には吊る算段だけどもな」
咲夜 「灰を眺めるならば初手霊能ローラーの形の中で発言が比較的低空飛行のアリューゼを動見るかが問題といったところですね
長門はあまり噛まれなければ、というところ。現時点で吊るべき位置とは思えません」
霊夢 「誰の狐質の話から?>杏子
私の記憶の限りだと、共有は言ってなかったと思うけど」
長門 「先の2回の噛みが狩人探しであると考えるのが妥当>ムスカ大佐
でっていう♀を吊るすための噛みであれば、一手早く共有噛みもありえる

が、考慮するのは難しい」
葉隠康比呂 「あ、なるほど、口挟んでゴメンゴメン>霊夢」
ムスカ大佐 「>葉隠
狐残すについては私も発言していたが、それだけで村目に見るのはどうかと思うぞ」
杏子 「余裕ないと思うけどなー>占い残し」
アリューゼ 「グレーを吊るならムスカ大佐だと思っている。
フランドール投票から考えて。」
アイギス
              ,  < ニ三三ニニ> 、
            , '",...<´::::ニニニニニミー、 .> ,、
          / ./::::/´ ̄         ̄'''ミ、  > 、
         ,.'" ./:::/  ,  i   、 l 、     .\`'ー==-
        ./  /:::/  ,イ  .l    ', ト、 ヽ、 ヽ   .\ \
       /  /::/  l  / ト、__ll l   ', | ヽ-ト、 ',      \ \
       ,  ./:/′ l ,l,ィl´ ヽl.ll    ハ  l-リ .ヽ l .ヽ   ヽ,ヽ ヽ,
      ./  ,l:/ i l  .| ,lリ .,rニー、',   ト、,|.,ィー-、リ、 ト、   ト、  ',
     / ,  .|l l l l ト、|. ,イ l::ハ .ヾ、  |   ,'_ノ:::l ヽ、i ヽ  トミ 、 l
    ./ /   t| l l トi ./ ,h-'::::ハ      l::::::::::l  lヽリ .ヽリ.`ヽl`リ
    /,.イ   f-| リ、.ヾ./i  ';::、,ノ::l       ';::::::ノ /シ′ヽ ヽ  ′
   ./イl   /l_j|    \ヽ」 ヽ_;;;ノ       `´_,ィ /イ    l |
      .| .,イ .ト,ル、   \',   ̄                f |   ト, |
     .V .| .ハヽ-l 、  、 \             ,イ ハ  ..l.| リ      でまぁグレランなら、
       V ヽ, ト、\ `Tー-     _     ,.イ .lリ .|   /
          ヾ、` .\ ヽ`ニ=-  _'_`_  ,.イー、l`’ . l /        杏子さんも微妙だけど、それ差し置いて葉隠さん吊ればいいんじゃないですかね。
               ≧´T气ニニニ、r-イ´_`゙  ′  ´
     ____    ,f´:::::::::):::::}: : : : l;_l: : : :ト、               占いや●に対して疑いだけ出す割には、考察が見えないんで。
  __,イ/ Y ヽ;::::::: ̄ ̄:::::l::::::/::シj: : :/トト; : : lニ=-、___
  f ,ィ ,   , }リ:::::::::::::::::::::::::, -、:::::::l´:イ: i.:ヾ; :y:_:_/i:::::::::::::::::::::::}ー-っ
  Y / ,ィ /、ノl:::::::::::::>'"´  .V:::ー):_r=-'´:::::jj::/<::::::::::::::::ノ .ー<,´
  .l_i /iー./ヽニ>''"´      ,):::::::::::ノ:::::::::::::/::::l  ` ー-‐'´` ̄´
   .´ .し′          /:::::::::::/:::::::::::::::{:::::ハ
                ヽ:::r-、/:::::::::::::::::ll::::::::ヽ
                 フー-Oニ=ニoー|´
                /::::::::::ー--ヲー-:::::l
               /::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::、::ヽ、
               \::::::::::/::::::::::::::ヽ;::::::::::ヽ::::>ー-、」
でっていう♀ 「ま、グレラン指示じゃ仕方ないっていうwww
灰削って、●見つけれたらいいなっていうwww」
でっていう♂ 「あんこは狩人ならCOしとけってくらいにヘイトもらうぞ」
咲夜 「その上で残すは
ムスカ大佐 アイギス ムスカ大佐 葉隠 霊夢 杏子
このあたりから見たいところです」
長門 「私はただ、なるだけ奇数にしたかっただけ
偶数の形でかつ狐死亡は狼にとって最高のステージである」
霊夢 「ううん、気になった発言にどんどん突っ込んで引き出すのが人狼でしょ>葉隠
いい姿勢だわ」
ムスカ大佐 「>長門
今日の共有噛みは切り替えた
そんなふうにみえてしまってな」
杏子 「というか真でもフランで1w吊れているってことになるけど?
でもそしたら狐はどこいったって話になるか・・・」
ムスカ大佐 「>咲夜
私が二人いる件について」
咲夜 「フランドール投票はあれ評価しづらいです
共有の指示に従った、ともいいますし
潜伏占いによる銃殺を恐れた狼ともいえる それだけでなんとも言えません>アリューゼ」
葉隠康比呂 「そりゃそうだけど、フランドールを残すメリット、進行の仕方を考えてるってことだなー>ムスカ大佐
お前さんのは、ゴメン、気づかんかった」
アイギス 「ムスカ大佐は二人いるものです。」
長門 「でっていう♀の可能性について、我々は諦めるべきなのだろうか>ムスカ大佐
そこを決めなければ前に進むことができないように思われる」
咲夜 「ばるすしたんです・・・>ムスカ大佐」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
咲夜0 票投票先 →杏子
霊夢0 票投票先 →杏子
でっていう♀1 票投票先 →杏子
でっていう♂0 票投票先 →杏子
アイギス2 票投票先 →葉隠康比呂
ムスカ大佐1 票投票先 →杏子
アリューゼ0 票投票先 →ムスカ大佐
杏子5 票投票先 →でっていう♀
葉隠康比呂1 票投票先 →アイギス
長門0 票投票先 →アイギス
杏子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
でっていう♀ 「ま、そうなるよねっていうwww」
咲夜 「占い吊りで発言同期してしまったのが辛いですね
視点を分けないとそこから芋づるの可能性も」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
でっていう♀ 「明日は●でも出すか?っていうwww」
アリューゼ 「そだな。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
咲夜 「噛みは共有か長門」
アリューゼ 「んー。」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
咲夜 「ご自由に>でっていう♀」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
咲夜 「ちょっと今日の噛みは悩みます。多分勝敗を決める分水嶺の第一段階。
1:30~2:00で」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
咲夜 「長門がどう動くか
思考がどう飛ぶか」
アリューゼ 「はいよ。俺はちょっと発言の方向変えてみるわ。」
でっていう♀ 「咲夜囲いいらんよね、念のため聞くけど」
咲夜 「いりませんよ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
でっていう♀ 「ムスカに●っていうwww」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
長門 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
長門さんの遺言
            / ̄ ̄\
          /   「  \
          |   ( ●)(●)
          |      | |
          |     __´_ノ
          |     `ー'´}
            ヽ        }
            ヽ、     ノ
        ハ´ ̄ヽヽ|{  ヽフ l ヽ | i!ヽ、
      /   ',   |ヽヽ/ ヽ|  〉.ヽ!/ .〉
     _f´   ',   Lノヘ 〉-i|`ヽ、レ' /|
    /_     }  く   |. l ヽ  /ヽ___ト
 /´ ̄      ノ   ヽ  lヽi  .} l  〉 i
/  ` ー‐´ / ヽ /´⌒ヽ \,ハj  l  ヽ
 ´⌒ヽ ./    V    ヽ   ヽ | \l   }ヽ
    く     /     ノ ヽ   \ ヽ '"_\ー- ._
     ヽ   /__   i  ',   o 〉  \     __ __,..>-、
  /⌒〉〉  /   `ヽ、l   ',  ./\  ̄`ーァ/´      \
 f_/´ ̄V  /      /   ',⌒ ー´ ̄ ̄ ̄/       ,.  ´`ヽ、
. /    ヽ/       /     ', ヽ  ̄`-r‐‐'  `ヽ   /      `丶、
 i     /      ./      ',-、    >      ヽ、i         ヽ、
 { / i ///      /        i ト,  /       /\          \
 ー l///     /         i _ i}、/      ,イ    `丶、        \
   ー/     ./ l         } /       / l       `丶 、       \
.   /     /  ト、         / 入      /-、!
    l     /__」 i` 、___ ,ノ´⌒` ー--‐へ __/           / ヽ O  ヽ  /    イ    二二,
   |     i`ー マ  i    l  \\__ゝ-─'´           /   \  __/   ̄ノ ̄   _ノ
杏子さんの遺言                                       _//_\い\
                            _  -―┐ <_://::::::::::\} }〉〉  -―‐-
                              ´ /     { ̄_ノ{/`丶、::::::∨///⌒\ }
                     /  /     -‐ァ    | ー=ヘ::::::レく∠ニニニヽ/./
                    /   /   /    /         \:::::::::::::::::::::::∨
                   / / / /\    /        ̄|   ヽ::::::::::::::::::::_>
                 〃   //汽   /'  / /      |    ハ\:::::厂\
                  / //  /   r';:〉 // /⌒/\/        '.  ̄   ヽ              
                   |/  |/∨、、、ヾ'   /≧x.///   /   /  }        '.                 
                     ∧   '      r';;:::犲'   /   /   ′  }   }          素村だぜ          
                              ヒ:.ン/   /      /
                        〔::y    、、、/ //  /       /     ,′
                       丶      -=彡   '⌒)'  /        /
                            >‐-;    イ、_ ∠  イ     /      /
        ー‐-   ___   -=ニ二   }   __,|_⌒/     /
           -=ニ    ´           厂 ̄ ̄\__\/  /     /
        ´    /       -=ニ二|:::::..    -=ニ二         /
.     /      /        ´       |/       ´        /
    /     /     /   /   /     /  /      /〕
                                                   
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
霊夢 「今日はでっていう吊り、その後吊り増えないならグレラン2回
狩人は出るなら明日、ムスカが乗っかりに見える気がする、そんな今日
昨日疑い出してなかったのは敵作りたくなかったのかな、と」
葉隠康比呂 「おはようだべ」
アイギス 「おはよーでありますよ。」
ムスカ大佐 「おはよう」
霊夢 「お ま え か>長門」
咲夜 「めがー! めがー!>遺言」
ムスカ大佐 「>長門
おまえかあああああああああああ」
アイギス 「じゃあでっていうさん吊りましょうか。」
アリューゼ 「おはよう」
でっていう♂ 「・・・>長門」
でっていう♀ 「占いCO ムスカは●」
葉隠康比呂 「でっていう♀  「おいおい、そんなに信用できないなら吊れよっていうwww」
あんまり余裕なさそうな所で自分つりはやっぱ真占い師じゃないなーって思うべ
狂人なら霊能に狼いるだろうし、狼なら今日吊らないとまずいかもしれない

今日占いつりをお勧めしておくべ」
でっていう♀ 「占い理由 
ムスカ大佐(27)「ここでgiko噛みなのか
でっていう♀をつりたい噛みにも見えるんだが
魔理沙と打ち止めの噛みがわからなくなる
狩人探しにも見えていたし」
ムスカ大佐(36)
「でっていう♀はまだ残してもいいだろう、明日か次には吊る算段だけどもな」
俺様吊りたいからって、そんな誘導はどうなんだっていうwww
○なら、いい村人。●なら、今回楽勝かもっていうwww」
咲夜 「うう。
昨日最後の発言でバルス! とかいったからこうなったんでしょうか……」
ムスカ大佐
            ,.,,,.--;;,.、
          ,.-':::::::::::::::::::\
         j';;:::::::::::::::::::::::::::::ス 目がぁ、目がぁーーーー!!
        l':::::r',l,.,っ:;-;:::;:(゙ 、;、
         l:l'j -' l/,''-ァ- y lぃ
.         ゙l   ′' /j''゙l  ,l'  ,.-、
.       ,.......゙,   ,''ニ__;.l   ゙y 〉::::::`:::::-::、
      /::::ヾ 、 ,ィ'゙-- ' ,゙-、 / /::::::::::::::::::::::::`:::-       >長門遺言
     /:::::::::::::::,ィ゙ - 、=,ッ''l:::゙、ケ入::::::::::::::::::::::::::::::::
   r'ス::::::::::::::::::/:l゙ -ッ=---、:::::゙l,;;;;;;;;` -、::::::::::::::::::::
  ,l'::::::::::::::::::::/:::::::゙、,j::::::'.:ヾ.:.:.`.、:::::` :y;;;;;;;`::-、:::::::
,./::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;j::::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,l::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:- イ:::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;」
でっていう♂ 「♀吊りでGO-GO!」
ムスカ大佐 「◇アリューゼ(43) 「グレーを吊るならムスカ大佐だと思っている。
フランドール投票から考えて。」
フランドールが狐であった場合、少佐を釣ってからの方が安全なのだが
それについては考えていないのかな?
ローラー仕切る少佐が残す結果などどうでもいいというのであれば
なおさら理由にならない
君が狐質をしたいのであれば、gikoに反逆してでもそれを通すべきだ
違うかね?」
アリューゼ 「>長門
だましたなあ。よくも騙したなあ。」
ムスカ大佐 「◇アリューゼ(19) 「フランが狐かつ占い初日なら占い、霊能に狼混じり。
でっていう真でも1W吊れてる。」
霊能に狼が混じっている可能性は低いと見るが結構広げてみているね
でっていう♀とフランを戦わせたいならそれを発言してもよかったのでは?
沈黙の方が勝っていたようだがね」
葉隠康比呂 「遺言に何かあんの?
と思ったらこれ長門じゃない」
アリューゼ 「じゃあでっていう吊りで。」
咲夜 「さらばでっていう
フランお嬢様に黒を出した罪は万死に値します」
でっていう♀ 「>葉隠 狐COなんて信じてるのが悪いっていうwww」
霊夢 「後は灰見てくだけだけど、っと」
でっていう♀ 「バルスだっていうwww>ムスカ」
ムスカ大佐 「>でっていう♀
私に●出しても吊られるだけなんだが・・・まぁ、偽が確定したのはよいことだ
初日占いで狐いないのとでっていう狼で最悪でも2wという情報」
咲夜 「しかしこうなんというか
一瞬占いCOしてるのが♂なのか♀なのかを悩むでっていうアイランド的な恐怖」
でっていう♂ 「♀真でも今日吊りならまだ間に合うから。狐?狼が探せよ。」
アリューゼ 「>ムスカ
俺はでっていうが真かどうか、霊能に狼が混じっているかどうか、なんて知らねえよ。
ただ、どんな内訳でもでっていうを吊った時に1W吊れているということいいたかっただけだ。」
咲夜 「悩ましいことなんですが
少佐-フランお嬢様ランの時の投票を誰か教えてくれませんか?」
アイギス 「あるあるすぎて困る>♂か♀か迷う」
ムスカ大佐 「>アリューゼ
なるほど、その点については了解した」
葉隠康比呂 「??
そりゃあ、俺はそう思ってるから悪いとか言われるのはいいけど
真占い師ならソウイウやつだって説得するんじゃないかなーって>でっていう♀」
アイギス 「投票者 得票数 投票先 得票先
咲夜 0 票 少佐
少佐 8 票 フランドール 咲夜 , 霊夢 , 打ち止め , アイギス , アリューゼ , フランドール , 杏子 , 長門 ,
霊夢 0 票 少佐
でっていう♀ 0 票 フランドール
フランドール 6 票 少佐 でっていう♀ , でっていう♂ , ムスカ大佐 , 少佐 , giko , 葉隠康比呂 ,
でっていう♂ 0 票 フランドール
打ち止め 0 票 少佐
アイギス 0 票 少佐
ムスカ大佐 0 票 フランドール
アリューゼ 0 票 少佐
giko 0 票 フランドール
杏子 0 票 少佐
葉隠康比呂 0 票 フランドール
長門 0 票 少佐」
アイギス 「確かこれ。」
霊夢 「狂ー真狼、狂誤爆フランがでっていう♀を真だと思って信用下げのために狐CO、とか、そういうのはないわけ?>ムスカ大佐」
葉隠康比呂 「んー、村人だと思った所が噛まれたのは痛い
ムスカ大佐と霊夢とあいぎすと咲夜ねぇ」
アリューゼ 「後、少佐吊りのときにお前はうランドールに投票しているだろうが。
俺がgikoへ反逆云々のくだりが分かんないだが。」
ムスカ大佐 「狼ー真狂の方が理にかなっていると思うんだが
霖之助が出遅れて占いCOできなかった狂人とみている」
咲夜 「初手2灰噛みが潜伏狩人か潜伏占い狙いの噛みなのか次第ですが
そういう形で言うとやはりアリューゼの狼性は薄れそうです。灰狭めという点
仮定潜伏占い狙いとしても潜伏占いCOが出た場合のアリューゼの発言の薄さは辛そう

として見るならば霊夢 アイギス 葉隠 ムスカ大佐 ラ・ムスカ・パル・ウルク王の誰かですが」
咲夜 「ありがとうございます>アイギス」
でっていう♀ 「しょーじき、寡黙が多すぎて占うのに困ったっていうwww」
アイギス 「狼ー真狂は。
魔理沙さん噛みがすっげー不可解になりますからねーんじゃないですかね。
魔理沙さんの発言傾向的に。」
霊夢 「真が普通に出遅れたから普通にCOしたっていうのも理にかなっていると思うんだけどねぇ?」
咲夜 「誰しもそうなんですよ>葉隠様
狼は私たちの都合なんて考えてはくれません」
葉隠康比呂 「ムスカ大佐が無理矢理殴ってる感じがする」
霊夢 「ムスカ二人いる…」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
6 日目 (1 回目)
咲夜0 票投票先 →でっていう♀
霊夢0 票投票先 →でっていう♀
でっていう♀7 票投票先 →ムスカ大佐
でっていう♂0 票投票先 →でっていう♀
アイギス0 票投票先 →でっていう♀
ムスカ大佐1 票投票先 →でっていう♀
アリューゼ0 票投票先 →でっていう♀
葉隠康比呂0 票投票先 →でっていう♀
でっていう♀ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
アリューゼ 「さあて。」
咲夜 「体力が続かないので明日で終わらせる方向で」
咲夜 「(出来るだけ)」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
アリューゼ 「分かった。霊夢かアイギス噛みでいいと思うが。」
咲夜 「まあ悩みますよ
どうせ狩人なんて気づいたら死んでます」
咲夜 「ではかいさーん」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
アリューゼ 「うぃー。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
でっていう♂ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
でっていう♂さんの遺言 銃殺なかったら基本♀吊りで。
でっていう♀さんの遺言 占いCO
でっていう♂○ フランドール● 霊夢○ ○●
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
アリューゼ 「おはよう」
アイギス 「おはよーでありますよ。」
霊夢 「◇ムスカ大佐(26) 「>でっていう♀
私に●出しても吊られるだけなんだが・・・まぁ、偽が確定したのはよいことだ
初日占いで狐いないのとでっていう狼で最悪でも2wという情報」

昨日も言ったけど、想定が決め打ちすぎる、本当のこと知ってたから視点漏れしたんじゃ?って疑ってるのと
それから騙りであっても完全破綻してないんだから騙りの結果は出すでしょっていうのに、●出したことに反応
吊られる占いにそんな反応必要なのかしら?」
葉隠康比呂 「うわぁ……」
ムスカ大佐 「おはよう」
咲夜 「でっていうの死体が並ぶ朝」
咲夜 「そして灰6という現実」
ムスカ大佐 「>葉隠
いたくないだろ、村と思っていたところがそのままだった
なら疑っているところをより診ればいいのに君のは吊りたいところを
そのままいっているだけだ
そして、長門とアリューゼの村視は狐についてのことじゃないのかね?」
ムスカ大佐 「◇アリューゼ(38) 「後、少佐吊りのときにお前はうランドールに投票しているだろうが。
俺がgikoへ反逆云々のくだりが分かんないだが。」
私の発言を見ての発言と思えないから再度いうが
◇ムスカ大佐(44) 「まぁ、フランを吊って少佐が何色を出すかを見てもいいとは思うぞ」
で、フランドール投票だ
狐を早く始末したい狼に見えるのであれば、真目に見ている少佐の色判定で苦しむことになる
そして、でっていう♀の擁護ならなんで私に●がとんでくるのだ?
逆囲いとでも?」
アイギス 「んー?」
アリューゼ 「狩人いねえんか。ここででっていう♂が死ぬなら。」
アイギス 「狩人いなそうで。何か狼噛む位置にでも困ってんですかね。」
咲夜 「一人ひとり考察していきます
まず○の霊夢と●のムスカ大佐の対比について
でっていうの最後の黒であるムスカ大佐は身内黒の可能性もあるのでこちらはひとまずのいて、霊夢について言うならば、葉隠に対して発言を引き出すような会話」
葉隠康比呂 「信じれる奴が二人いるのと一人いるのとでは違うべ>ムスカ大佐」
ムスカ大佐 「>霊夢
でっていう♀にだけあてたものではないが?」
アイギス
                   ○
              _||_
          _,xv7V/ヽ≧ミ ̄フミヽ
         /7/ ハ l l/Vヽ  Y./ /、:ヽハ
          //! l==ヽl' == }!  ! ! {{ }::::::::}
          !.| | |⊃ロ ⊂l 人ヽ∨::/フ
          ヽ',ヽト---―‐厶'  \ヽ彡'    葉隠さん吊ればいいって気しかしない灰でありますなー。
          `ー-rf77::}fハ7´ ̄
             {vハ:/_}!          五日目の私投票からムスカさん疑いへの変遷と、
             |::! /::ハ
            /U ゞ'  ヽ         ムスカさん疑いが霊夢さん辺りへの乗っかりにしか見えない。
            `ト=r彳7´
                | / | ,
                 ト,'  l /
                `   `」
霊夢 「正直昨日の●は全く情報にならない>ムスカ
●が飛んできた事実を、吊りから逃げるための方便に使うなら、疑いが濃くなるわけで」
咲夜 「つまり、殴りあいというわけではなく
葉隠からの質問を歓迎する雰囲気を出しています
狼でそこまで鷹揚とした、どこか余裕な気配をあの場で出せるとはあまり思いません。
精神論的な意味でここは放置」
アリューゼ 「>ムスカ
だれも逆囲いなんて言っていはいない。そしてその発言が出るなら
お前はでっていう♀を狼と考えたってことかい?」
葉隠康比呂 「ムスカ大佐は疑いを拡散させてる気がするんだよな
んでケッキョク5日目の投票は話しかけてない所投票だし

俺も同じだけど、俺は投票したくないところから言ってるから」
ムスカ大佐 「>葉隠
長門とアリューゼを信じている理由をもうちょっと詳しく離してもらってもいいかね?
狐云々だけにしかみえなかったのだが」
咲夜 「アリューゼについては昨日言及した通り。少なくとも即吊りする位置ではないと思います」
アイギス 「とか思ってたんだけど、
葉隠さん狼でここで共有とか噛むんかな。」
霊夢 「んじゃ、1行目の「>でっていう♀」は何のためにつけたの?>ムスカ」
ムスカ大佐 「>アリューゼ
君の発言のなかにある1狼がいるというのであれば、
霊能よりも遥に占いで出ている可能性が高いから、私視点にセが確定したら
狼以外ないと思うが」
咲夜 「アイギスとムスカと葉隠がここが悩みどころです
杏子に対してでっていう♀が投票してる点、そこで狼がつれたとは思いません
ほぼ2W前提として、この3人に2Wがいるとみます」
葉隠康比呂 「んだーから、言ってるだろ>ムスカ大佐
フランドールはともかく、村人としてのメリットと進行の仕方を説明してるって」
アリューゼ 「ん、そうか。いや、そうなんか。」
ムスカ大佐 「>霊夢
そこつっこむところか?
強調してつけているだけだが、現に君は反応しているじゃないか
内容に」
葉隠康比呂 「誰でも噛むだろ、確定シロだべ?でっていう>アイギス」
咲夜 「ちなみに村アピだけのべるならば
ロールプレイは別としても、フラン残しについては私は一定の意見を持っての発言でしたよ>潜伏占い考慮という

長門様にも評価して頂きました」
アイギス 「そこ狼でこの噛みするとなると、2w前提ならよっぽど吊れない位置にもう1wいるように思えるんだよねぇ。」
葉隠康比呂 「まあ狩人がいたら絶対に護衛成功出る場所だけど、そこから疑いを減らす人とかいねーべ」
霊夢 「杏子の「だが霊能CO」発言にも通じることだけど
紛らわしいなら突っ込まれるのが当然でしょ、それとも、突っ込まれることが嫌?吊られたくない?」
アリューゼ 「その発言が出るなら、どうなんだろ。」
アイギス 「>葉隠さん
いや、狩人がいる可能性がそこそこある中で、護衛位置そこしかないので。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
7 日目 (1 回目)
咲夜1 票投票先 →ムスカ大佐
霊夢0 票投票先 →ムスカ大佐
アイギス0 票投票先 →咲夜
ムスカ大佐4 票投票先 →葉隠康比呂
アリューゼ0 票投票先 →ムスカ大佐
葉隠康比呂1 票投票先 →ムスカ大佐
ムスカ大佐 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
咲夜 「ふう」
咲夜 「いやー」
アリューゼ 「おお。」
アリューゼ 「何とかなったな。」
咲夜 「久々の人狼で狼渡すとか何考えてらっしゃるのかしらこのPhP様はと毒づきつつ」
咲夜 「いつもニコニコ貴方の隣に這い寄るメイドアズ咲夜とアリューゼ様でお送りしました」
アリューゼ 「全然そんなふうに見えなかったぜ。
俺もあまり相談できずすまねえな。」
咲夜 「疲れましたねー
いやめっちゃ疲れますよ。噛み先決めるためにログ読んでるんで
文章なんてその場で適宜タイプです」
アリューゼ 「俺も見習うわ。全然発言出来ないし。」
咲夜 「フラン様の屍を乗り越えて
黒田したせめてもの償いということで」
咲夜 「ではアイギス様をおめでとう噛み」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アイギス は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アイギスさんの遺言 素村co
ムスカ大佐さんの遺言
                   /
            -=≡´
                 /       l、
              l/    ,'  `ー――''"´`ヽ、l、l、   __
               |    l      _         ヽ ./,-、ヽ
                   ', |  .|     /       _,.-'.l | |、 /
                   ', |、   !  /-‐    _,.-'"   リ l ' /
               リ \ ',   _,,..、・j´,.-'"         ./
                     `〈ヽ、`,.-''´          _ノ\
                      }ヽ\                |
                      /  `´            l             笑えよ・・・素村だよ・・・
                       (__ -     ,           /
                    __`ヽ __..ィ′        , '
                     r..<r':_::::ゝ `¨´       /  ,,.-''´
                    }、::l{::{薔}:}::} ',      ,,.-''´,.-''"
                /:::l:|r`ー/::ノ ヽ__,,.-''´ヽ/  / /::::::
                 /:::::|r―'-‐'´ノ       ∠、 / /::::::::::::
                  l:::::::ヽ::::`7´     _,,..-‐〉' /:::::::::::::::::
                /|/l_::::}:::ノ    ,.-'"´/ / ,|/:::::::::::::::::::/
                  { _.ノ  ̄   /  /  / / |:::::|\:::::/::::
          / ̄ヽ  //      ./  /   ヽ'  .|/::::::`´:::::::::
           l   l //     /  /         |::::::::::::::::::::::::::
        __|', _ |//,.--、  <_               l::::::::::::::::::::::::::
.       /   | '{_}|/   ノ    `ヽ、         /::::::::::::::::::::::::::
.    ,.-l   | `¨/   /       `>、      /:::::::::::::::::::::::::::::
     i  |  .| //l   ./          /:::::`ー――'::::::::::::::::::::::::::::::::
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2012/06/03 (Sun) 17:40:35
咲夜 「けぷっ」
霧雨魔理沙 「お疲れさん」
打ち止め 「おつかれーってミサカはミサカはいってみたり」
フランドール 「お疲れ様だよ。
おめでとう、咲夜。」
giko 「おつかれさまだ。」
霊夢 「あちゃ、これはごめんなさいだわ」
杏子 「お疲れ様だぜ」
ムスカ大佐 「御疲れ様だ」
葉隠康比呂 「うわぁ……ごめんよー、お疲れ様だべ」
でっていう♂ 「お疲れ様」
アリューゼ 「お疲れ様でした。」
霧雨魔理沙 「霊ロラしてフランも吊ってるならこうなるだろうと」
アイギス 「まー。あっこまでヘイト集まり切ってるとって感じですかねぇ。
お疲れさまです。」
少佐 「お疲れ様ー」
咲夜 「ありがとうございますフランお嬢様
残したら吊れそうにない上に噛み位置でもないから唯一使える黒をフラン様で使おうだなんて思ってしまってすいません」
アリューゼ 「すげえな、相棒。狩人一発ぬきじゃねえか。」
giko 「ま、これが実力差だったってわけだ。
すまねえな、無理させて」
霊夢 「ただ、アリューゼは吊れた気がしない…」
長門 「            敗 北

          _______
        /          \
      __/             \
    /                 |
    |                  |
    l  lヽ             /
   /    ヽ\          /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \」
森近霖之助 「お疲れ様だよ」
ムスカ大佐 「方針について村にいいように発言していたら便乗に全部持ってかれてヘイトを村から受けたらどうしようもない」
咲夜 「だって視点が一人だけ違いますし>魔理沙様>アリューゼ」
アイギス 「でっていうさん狼で魔理沙さん噛みはちっと意外でしたねぇ。」
打ち止め 「1CO狼で霊ロラ展開ならステルスして
とにかくログ全力で読むね」
霧雨魔理沙 「グレラン主張してるの私しかいねえしな」
杏子 「というかなんであたし吊った日に占いを切らなかったんだって思ったんだけど
あの状況で占い真はないと思ったんだけどなー」
咲夜 「あの中で一人だけ視点が霊ロラ反対側に揺れてましたからね
噛みする位置という意味では妥当です」
長門 「狼の位置取りがうまいだろ……
杏子が狼だったらまだしも、そこが非狼だとこう、吊って霊能結果が○なら泣きたくなる連中を吊るす必要があるんだもん」
フランドール 「いいのよ、咲夜。
貴方達はそうあるべきであって、それがたまたま私だっただけなのだもの。」
打ち止め 「1-2なんて一番狼狐が霊に出るパターンだもの
そりゃロラる」
でっていう♂ 「占い吊りだけじゃなく灰の考察もしなさい>あんこ」
アイギス 「霊ロラ反対って潜伏占いで早々ない発言ですし。」
霧雨魔理沙 「他に私にできることと言えば大声でグレランやれっていうくらいだしそんなんで共有を落とせるわけないから霊ロラやった奴らの自業自得」
giko 「だが、オレはグレラン力こそが村の力と。
そう教わって育ってきた。だから、こういう負けだと納得できる」
葉隠康比呂 「んや、忠告だけして自分の意見を出さないのがなーって>ムスカ大佐」
咲夜 「いつかまたどこかで一緒に慣れたらいいですねフランお嬢様
その時は、共有なんていかがです?」
フランドール 「>魔理沙
初日1-2の形でグレランするならもっと全体が誘導合戦しなきゃ無理だよ。
そんな状態でぐっだぐだのグレランしても勝てない。結末は同じ。」
ムスカ大佐 「では、御疲れ様」
杏子 「というかあたしあんまりへんな発言していなくね?
あんまりあたし狼想定されるとへこむんだけど」
打ち止め 「霊能ロラったから村負けじゃないんだけどね」
アイギス 「いやまぁ。」
霧雨魔理沙 「霊能真狼でも真狐でも霊結果見れるんだから残していいんだよ」
giko 「ま、占いと狐のシステムに頼ったワンマンプレーはねってわけさ」
咲夜 「占い師はむしろこの形は適度に生きてもらったほうが得ですわ?>アイギス」
少佐 「よし、落ちよう 狼は勝ちをありがとう あんまり貢献してないがな」
ムスカ大佐 「>葉隠
あの忠告が私の意見と見てもらえないならどうしようもないな」
咲夜 「一番面倒くさいの狐ですもの」
長門 「ムスカ大佐だしな>ムスカ
せめて少将……いや、准将だったら歴史が変わってたんじゃないか?

方針については4日目の辺りで割りきって切り替える必要があると思っただろ
あのまま柱作戦を試してたらどうなってたか、ちょいと模索してみよう」
フランドール 「今回はグレランで村は負けたのだから、初手のあの状態からグレラン始めても無理だったんじゃないかな。」
打ち止め 「正直gikoさんは
潜伏占いは吊る。1CO占いは吊る
これ両方言われて占いで何も思わない人はいないんじゃないと思うけどね」
でっていう♂ 「割かし♀に囲いがないのが真ぽかった。まあみきわめれてねーのはダメだが」
フランドール 「そういう話だと思うよ。」
giko 「うん、ごめん。
持論ぶちまけただけの村になってしまった、申し訳ない

ただ、引き分けは負けに等しい。そういう考えを持ってくれる人が
少しでもいてくれたらと」
アリューゼ 「>サクヤ
なるほど。一人だけ視点が違うか。参考にするぜ。」
アイギス 「>咲夜さん
その辺りは趣向の違いですかねー。
割りと占い噛みを狙う形が多いですから、この形の灰噛みは。」
霧雨魔理沙 「霊ロラしなけりゃグレラン数も増えるんだぜ」
葉隠康比呂 「うん、意見には見えなかった、ごめんよ>ムスカ大佐」
霊夢 「杏子は吊るかどうしようかってところだったんだけど
◇杏子 「というか真でもフランで1w吊れているってことになるけど?
でもそしたら狐はどこいったって話になるか・・・」
真でもの考察いるの?とか、狐の考慮する割にどこが怪しいかとか、占い吊りしたいならもっと強く主張しないの?とか
色々で吊ったわ」
杏子 「いや、だって灰視なんて数を減らさねえとやるのめんどいから
占い切ってからでいいやーと思っていたからさー>でっていう♂」
giko 「今日はわざとやった。
さっきの村の影響でね>打ち止め」
霊夢 「◇霊夢 「誰の狐質の話から?>杏子
私の記憶の限りだと、共有は言ってなかったと思うけど」
これにも答える余裕ないのかな?とかね」
葉隠康比呂 「霊能者二人居たとして、グレラン進行の仕方聞いてもいいかな?>魔理沙」
咲夜 「あんまり長生きされると辛いのでそれはそれで2夜3夜あたりで占いが生きてそうなら狙いますけどね
フランお嬢様キープの銃殺がない時点で狼視点で確定的に潜伏占いは存在しないという証明もらいましたし>アイギス」
長門
     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |   ( ●)(●)   ええと、CO関連の把握不足?>杏子
   |      | |
   |     __´_ノ    真っ当な形であれば、余裕のない狼が霊能者を誤認したりするのが稀によくあるという
   |     `ー'´}    他はそれほどでも……フランが溶けてないことへのリアクションは真っ当だし
   >     ∩ノ ⊃
  (  \ / _ノ |
   \. ”  /_|  |
    \_/__ /」
フランドール 「そうだね、咲夜。また一緒に居れたらいいな。
出来たら、その時は共有で。そうじゃなくても、仲間同士だったらいいね。」
霧雨魔理沙 「霊能2人とも残せば狼が混じってない限りどっちか噛まれるし
最悪占いにラインが割れた方を占わせればいいんだよ」
giko 「じゃあ今度、しつこく霊かまなでやってみっか…
味方には怒られそうだが」
打ち止め 「どっちも噛まないだろうね>霊能2が両方非狼」
フランドール 「霊がどっちも非狼だったら噛まないよ。当たり前。」
長門 「もしも杏子が狼なら、狼陣営はそこまで発言の強くない位置に3匹ということになる
互いにフォローする余裕もないくらいに

そうじゃない場合は、それこそ十六夜アリューゼ葉隠辺りの正論ティー組
この場合、最終日すら危ういという」
霊夢 「フラン溶けてないことへの反応はねー、最初勘違いしちゃったけど、あれはまっとうだったわね」
打ち止め 「真狼でも最終日まで真狂見せすれば平気だし」
咲夜 「そうですね。願わくばそうあってほしいものです
騙りに黒なんて貰わないように…
最初の4吊りで狼狐全滅してしまいましょう!>フランお嬢様」
アイギス 「まー。指定役死んじゃってヘイト集められたらこうなるかな。
という感じですかね。落ちましょう。村立て感謝、皆さんもありがとうございました。
しーゆーあげいん。」
杏子 「うはーいぼろありまくりやん」
霧雨魔理沙 「>葉隠
占いから●が出るまでグレラン(指定)
●がでたら吊って霊結果が揃えば1-1の霊確定と同じ扱い
霊結果が割れたらラインがつながった霊能を吊る
最悪占いに霊能を占わせる」
打ち止め 「噛みどころに困る灰だったら真霊噛んで偽霊吊りあげくらいはするけど」
霧雨魔理沙 「噛むよ>打ち止め
灰圧殺されるのは狼だ」
打ち止め 「それ身内切りと狂人誤爆に全く対応できないけどね」
長門 「引き分け、よりも奇数進行にしたかったのはあるな>giko

せめてでっていう♀が狼であるかどうか、をハッキリさせてかつ奇数にするだけで随分と違うかなーと
試したことがないんだ、この手は」
葉隠康比呂 「結局霊能吊るのかww>魔理沙」
でっていう♂ 「ライン戦今度やってみっか―。霊能に出た狂人に意地悪するという意味で。」
打ち止め 「片霊吊りとかしたくないね
霊能両方残すなら両方ずっと残して勝負のほうがいい」
霧雨魔理沙 「ラインがきれた霊能は占い乗っ取り対策で残し
つながった霊能は吊っても占いが生きてるからなんとかなる>葉隠」
長門 「困ったことに十六夜も似たようなことをしているから困るだろ>霊夢
フランドールを残すメリットとして潜伏占いもある、もしも呪殺が出たら狼は死ぬというのにあの子ったら」
咲夜 「フラン様をずっと残されてたら困りましたね」
霧雨魔理沙 「別に吊らなくてもいいけどな
占い偽を怖がらないなら」
giko 「奇数かー…ま、なるほど>長門
まあさっきからしつこく言っているけど、コレはあくまでも、ナ感じがあるし

ちょっと考えてみるさね」
咲夜 「だって占い師が出ても殺せるように狩人先に狙って噛んだんですもの>長門様」
打ち止め 「こないだの狼で思ったけどライン切れた占いvs霊能って
霊能勝つ割合が多い気がするんだよね。つないだ側吊ったとして」
giko 「っていうか、魔理沙勘違いしているようだけど
今回の方針は「役職ミナゴロシ」だよん」
霧雨魔理沙 「狂誤爆やったなら狼視点で狐探さなきゃいけないし
身内切りやる狼なら狼1減ってるし狼が狐潰さなきゃいけないパターンなんで」
霧雨魔理沙 「そもそも1の占いCO盲信しすぎなんだよ
乗っ取り警戒しろよ」
giko 「結果狼1COだったから、成功とオレは感じた。
他の人からは文句しか言われないだろうがw」
長門 「フランを吊らずに少佐吊り、12人
フランを吊らずに柱の俺吊り、フランを噛んで11人
でっていうを吊って9人

9人で残り2W1F、ここからどうするか? ってのを試してみたいだろ」
杏子 「うーん、灰視なー。あんまり自信がないな、狐以外
それじゃあ落ちるぜ。お疲れ様でした」
霊夢 「まあねぇ、正論は狼の方が話しやすいからね>長門
混戦の中で延々正論ばっかいってるところあったら、逆にそこ吊るわ」
霧雨魔理沙 「1-2でラインがつながった霊能を吊るのは
ラインが切れた霊能の真ケア」
霊夢 「霊能ローラーは盲信じゃなくてむしろ偽だった時に、のやり方だと思うだけどねぇ」
giko 「…フラン噛むかなあ?>長門」
打ち止め 「共有が進行を独占するのは探偵村だけで十分だよ
村は納得しない共有相手に何かしたくないもの」
葉隠康比呂 「つまり霊能で消費する1吊りをどうにかこうにかしてグレランに当てようってこと?>霧雨魔理沙」
でっていう♂ 「盲信とかしてねーよ。見るのは囲いがあるかないか、俺の場合な。」
霊夢 「2COと違って交換もできないからどっち真でもいいやっていうのができないでしょ」
打ち止め 「灰の非狐を吊ってけばいいんだよ
思いつなかければ共有を吊ればいい」
giko 「んだから今回はわざとだってーの!>打ち止め」
霧雨魔理沙 「乗っ取り警戒してるなら霊ロラなんてやらねえんだよ」
giko 「ああもうなんで勝ち筋を変な形で追おうとする人ばっかり出るかな」
霊夢 「霊能ローラーと真占い吊りで真ー真ライン吊ろうが無駄吊り2消費しただけだし
狐も狩人も高確率で生きてるから吊り増えたら、とかね」
giko 「占狂、霊真狼、それでミスって負けたら
他の人はどうなるんだよ」
霊夢 「無駄吊りは17人村の場合2回しかできない、じゃなくて、2回もできる、だからね」
フランドール 「霊ロラで吊れる人外は2手で1人外、グレラン2手で1人外落とせるのって話。
初日の空気見てそれが出来るかどうかでしかないと思うけどね。1-2だと。」
フランドール 「それがやれる村なのか村じゃないのか。」
長門 「9人で2W1F、村が吊れた場合は8人で2W1F→噛みで7人
7人で2W1F、さらに村が吊れた場合は6人で2W1F

狼は再度フランを噛む必要が出てくる、6人で2W1F
狼にとっての嫌がらせとしちゃ意味はあるが、外道だな
そもそも葉隠の言うとおり、霊能結果が見れなきゃ意味が無い」
霧雨魔理沙 「グレランで人外を落とすんじゃなくて吊れない場所を残すってこと>フラン」
フランドール 「えへへ、そうだね。びしーって4人外吊って、一緒に帰れたら、いいな>咲夜。」
長門 「連続で柱を求めて確実に6人2W1Fの形にするプランか>打ち止め」
咲夜 「私なら面倒くさいので霊ロラして占いが真かどうか見定めて偽なら吊りですね。
だって推理ゲームですし」
アリューゼ 「じゃあお疲れ様でした。咲夜は村建てありがとう。
でっていう♀は騙り、咲夜は噛みをありがとう。
咲夜のおかげで気楽に発言が出来たわ。」
霊夢 「それと初日の少ない情報だけで無駄吊り1回消費するのと、後半のグレランで無駄吊り1消費するのは大きな違いがあるからね
フランの言ってるところにも通じるけど」
打ち止め 「正直狐を確定で残す進行ならそっちのほうがいいかな
1-2での霊狐がない限り」
咲夜 「占いについて言及するといっても、占いが真か偽かって重要な要素ですわ?
占いに頼ってるわけではなく、私たちは占い師に信任投票してるわけです。
趣味であれば霊ロラとかせずにそもそも偽だと思う霊吊りして残った方決め打ちとかしますし。
まあその辺りは趣味なので」
霧雨魔理沙 「霊能狐なら狼に考えさせろ
村は占いの内訳を考えればいいんだよ」
打ち止め 「情報なんて初日で十分である論者」
咲夜 「他の人に押し付けてもしょうがないことですね」
長門 「こちらから提示するのは、柱を1~2人無駄吊りさせる代わりに狐を噛め、って要求だな>giko
狼としては飲まざるを得なくなる、けどやっぱり霊能結果が見れないと詰め切れない上に狼が逆上するとアウトだわ

おおさかさんは霊能者だからあの交渉ができたんだなぁ」
葉隠康比呂 「だって狂人が占い師で、霊能が真霊能と人狼だったら
2Wを連続で吊ってしまってフランドールの油揚げもとい棚ボタ勝ちってのも怖かったからなー>フランドールつりの日
現実は2W残りで負けてしまったんだけど」
霧雨魔理沙 「そもそもがそういう話で
占い初日の可能性が高いならなおさらだ」
咲夜 「情報なんて初日で十分足りる系のお話

初日の時点で噛み候補は 打ち止め 長門 霊夢 アイギス 霧雨魔理沙から役職よりを優先に順繰りでバイバイです」
霊夢 「占いの内訳考えるのがリソースの無駄、それなら役職全吊りして灰視に全力を注ぐ、これが今回の村の方針でしょ」
打ち止め 「外道についてどうこう言う人いるけどさ」
咲夜 「共有の方針はそうですね
村の方針がついてこれなかった感じですね」
霊夢 「占いの内訳考える進行、しかも霊残しって、○も●も灰も霊も占いも見ないといけない、めんどくさい」
フランドール 「大体1-2だと話の収束はなくて、個々にある程度の結論が出来るしかないし。
その辺は上手いこと妥協案考えつつーが肝要なところではあるけど」
霧雨魔理沙 「グレーだけ考えた結果がこれだよな」
霊夢 「外道はねぇ、私が狼だった時、知るか馬鹿って気分で噛みに行く時があるから、正直あんま信用できなくってねぇ」
長門 「俺に狼を見ぬいて落とす力量があれば良かったんだが
まだまだ至らないだろ、すまねぇ

そもそも推理はニガテなんだ……ピーマンとタマネギの次くらいにニガテだろ
自分を3割しか信じられない俺に推理なんてできるか!」
フランドール 「ちなみに外道だどうだーって意見については、少し触れたけど。
吊り手の関係上でっていう♀まで吊り切りで3手2Wなんだから狼は乗らないんじゃないかな。よっぽどじゃなきゃね」
霧雨魔理沙 「まー私も初日狩人COが残されたらリソースが追いつかないが?」
打ち止め 「外道っていうのは村が選択する方針なわけで
狼が外道にはのらない(キリッ)
なんていっても村が狐を吊らないなら狐を処理するためにのらなきゃいけないんだよ」
霧雨魔理沙 「外道はあまりにも狼が有利だから村が狐と手を組むしかないってやつだよ
三つ巴でもよくあるだろ」
咲夜 「私は昔徹底的に権力狐を残されてもーいやー狐に勝利あげるーって気持ちで終わらせましたけど」
giko 「まあ、狐CO禁止の理由が今ようやく理解できた
そんな戦いじゃあまあ…なあ。」
打ち止め 「村が徹底した方針で固めるのが外道の強さなわけで
村と狐が持ってる投票を活かす戦術」
咲夜 「あ、報告してこないと……」
でっていう♂ 「それじゃ、お疲れ様&村建て感謝
戦術スレとかあるからそこで意見聞いてもいーかもな。終わり。」
葉隠康比呂 「あ、そいじゃ占い決め打ちのコツとか教えてもらえると嬉しい>魔理沙
俺その自信がないからグレーだけから人外探しだす動きしてたんだし」
giko 「うん、頭痛が酷くなってきたから寝ます
お疲れ様でした、ゴメンね」
霊夢 「結局偽ー真偽の時、偽占いが●を出して「くれる」ことに期待してるし
○連打で囲われたら?とかね」
霊夢 「○連打の場合灰も暫定○も全部見ることになるから変わらない」
霧雨魔理沙 「占いが●を出さないなら普通と同じように占いの真贋図って10人や8人あたりで吊るかどうか考えればいい」
葉隠康比呂 「魔理沙の進行については霊能者VS占い師の決め打ちが必要だから、その進行をとった場合そっちに慣れないと負けそう」
咲夜 「実感として役職ばかり見るべきではない、というのはあまり良くわからないので
私はこれからもずっと役職を見て生きていきますわ(キリッ」
霊夢 「あら、初日の霊能ローラーは占い決め打ちだと批判するのに、後半の決め打ちは百発百中なんだ?」
霧雨魔理沙 「占い理由や発言のどっかに手を抜いてないか>葉隠」
霧雨魔理沙 「どっちかもかな」
長門 「でっていうが占いCOしたら偽>葉隠」
フランドール 「潜伏占いいたら非常につまらなくなるけれど
狩人COしても、潜伏占いCOしても結果論変わらなかっただろうしなあ。
狐CO自体はまあ、いっかーと思っていたりするのでした。」
咲夜 「森の人が黒打たれてCOしたら騙り>葉隠」
霊夢 「グレーだけ見るようにするっていうのはその決め打ちをしないでいいようにする作業だからね」
霧雨魔理沙 「決め打ちを外せば負けなのはわかってるだろ?>霊夢」
フランドール 「まあ、今回の場合はだけど。」
咲夜 「え、私これ割と真理だと思うんですわ?」
霊夢 「決め打ちを外したら負けっていうのがあなたの戦術
霊能ローラーはその「確定で負け」っていうのをなくすものなのよ
結局決め打ち段階で偽って思ったところで灰の人外を吊らないといけないんだから」
霧雨魔理沙 「それとも後半に決め撃つより初日に決め撃つ方が内訳当てやすいのか?」
長門 「狐は展開次第だからな>フラン
勝ち筋があるとすれば、村が徹底的に狐を残す進行をして狼がブチ切れ金剛で狐勝たせてやるよオラァー!なくらい?
3日目の●貰いは無理だろ、界王様でも無理だ」
咲夜 「村々の状況状況に従って動くしか無いといいますか
村人の意思を皆して統一できるわけじゃないので」
咲夜 「進行に合わせた推理と行動をしないと」
長門
     / ̄ ̄\
   /  「  ヽ\
   |  (●)(●)|    そうだな、あの人怪しいもんな>十六夜
   |     |     |
   |   __´_  |     ついでにその●を投げた奴もきっとグルだぜ、一緒に吊っちまえばいいんじゃね?
   |   `ー'´  |
   >     ∩ノ ⊃
  (  \ / _ノ |
   \. ”  /_|  |
    \_/__ /」
霊夢 「決め打ちじゃないっつってんでしょ」
霧雨魔理沙 「決め打ちのようなもんだから言ってんだよ」
霊夢 「占いなんて基本偽だのスタンスでいくのが今回の村だから」
霧雨魔理沙 「占い無のグレラン村をやってんのと同じだぞ」
霊夢 「うん、じゃあこういいましょう
「真でも偽だと決め打ち」」
葉隠康比呂 「手を抜いてるかぁ、確かに狼ならそれ以外の準備とかいるもんな>魔理沙

確かに、でっていうが真占い師の村に立ち会わせたことがないw>長門
森の人w?誰だかわからんけどネタとして受け取っとくべ>咲夜」
霊夢 「それが何か問題でも?」
霧雨魔理沙 「どれでも偽決め撃つなら初日に吊れよ」
フランドール 「          , -‐"´ ̄ ̄`"ゝ‐‐--.、
        /          `ヽ  `"‐7
      ./          ,、_,-.、__/ヽ/|
    ,∠-   /ヽ、___,/ゝ-|::::::ヽy-‐、<:::::i
  /´__、/゙ゝ-く、i !∠,__Z´`'!::::::::::`i.  ' i:::::|
 i ∠__ゝ´`‐,"゙! .|   ハ  i `i::::::::::|   ヽ:::i
 ヽ、(::/´|  /___i   / i |,  !:::::::/|    ト'
   と_イ .i、 i   ヽ ./‐-,リ|  `"´ハ'      |
     リ、/ヽ!‐‐- ヽ'    .i , / /:i     i
     i  !""     ‐‐- レ ' ./::::',    /
     !ハ ゝ、    ""/  //_リ´|   !     森の人が不思議な事してるっぽかったら人外なんだよ、多分。
     ' ', |リ/ ヽ‐-- / /レ'|゙  !   /
        く,____ゝ== く   .iヽ、/   i      >長門
      _ ==|  .|/"i::/゙ヾ、/:|`','   /
  __, =="´∧ i  .!ム_!/  /:::::::::i/  /=ヾ、     うん、正直それしかないしー。だらだら残りながら咲夜とお話してたかったしいいかなって。
==‐" ∧.  ∨ゝ  |::::/  /__;::::::::|  i ∧ヾ、
 ∧.  ∨ r-"´::'~~~:::::~~~:::::::::::::::!  | ∨ ヾ、
 ∨   /"´`ヽ:::::::==::::::::::::::::::::::i  ヽ、_  ∧ヾ、
   i"´丶  ./`‐---r-‐‐‐7、::::ヽ、    ̄∨、 ヾ=
    \_/`"‐- 、_/   /__ゝ=' ゝ /   )」
咲夜 「          , ,. -───-- 、_
     rー-、,.'"          `ヽ、.
    _」::::::i  _ゝへ__rへ__ ノ__   `l
   く::::::::::`i / ゝ-'‐' ̄ ̄`ヽ、_ト-、__rイ、i
   ....\::::::::ゝ ____,ヽ,  ノ.,____ `ヽ7ヽ___> でもこれで意外と生き残るんですよあの方
     ∠/  / _____i レ' レ ______!ヽヽ、、i     いやんなっちゃいますね。>長門
      /  ,イ}.T'ヒ_i´  ´ヒ_,!ア イヽ、ヽ、
     / /くl""    ,    ""{yイ\ ヽゝ
     i//{.人   ー─,-   ,イiy}イ´/ヽ!
      //y}レヽ..、 ̄  ,イゝ|{yレV
      ´ ,{y -─r ̄´=イ─'- y}、
       r´[>}「´ ̄`rt´ ̄ フ [>{<] 'ヽ、」
霊夢 「狂ー真狼とか想定するならありえない、霊能狐混じりもね」
霊夢 「霊能決め打ちなんてできないんだから」
霧雨魔理沙 「役職の内訳を考えたくないならどんな内訳でも初日占いロラすれば?」
長門
                 でっていう吊りのガイドライン
     / ̄ ̄\
   /   「  \      ・でっていうにCOが無い⇒役職保護だ、吊ろう
   |   ( ●)(●)     ・でっていうがCOをする⇒吊り逃れだ、吊ろう
   |      | |     ・でっていうが占い暫定○⇒囲いだ、吊ろう
   |     __´_ノ      ・でっていうが共有CO⇒乗っ取りだ、吊ろう
   |     `ー'´}.    。
   ヽ       }     /
    ヽ     ノ    /    ここ、テストに出るぞー>葉隠
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|」
霊夢 「霊能片方吊りはありえないんだから、両方吊る、なら占い残す、そういうことだわ」
霧雨魔理沙 「どんなCO状況でも」
霊夢 「この前それ言ったら反逆されたわけで
私が指示したら、乗る?乗らないでしょ」
霊夢 「3-1だろうが3昼からローラー開始はありよ」
フランドール 「           / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、
          _ノ= = = = = = = = し/ ̄|
         . `~~~~~~~~\_|
         /,   人  ト、.     ゛i  ヽ   
         〃 / .ヽ .!  ヽ    i、  |/\   />
         レ! / ●   リ ● ル  ! .i   |V V\/V     "霊夢"と"魔理沙"がこうやって話していると
         Vl⊃ 、_,、_, ⊂⊃ /./| .}    V V
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―=-―一’ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   なんだかちょっぴり微笑ましい気がするのがふしぎ。
    ∬   
    旦  、/0゙)  _、──、_        _
.       ´\0_) ̄         ̄`'──'´ ̄」
霊夢 「やる夫村だと乗る人が少なすぎるから言わないけど」
咲夜
          __  __ __
       r-'´`' - '―-' ..`- ,
      _ ー ´       `ヽ )` 、
     ´   , l           ハ
    l  ィ / -‐     l__ 、    ハ
    ' /,V    \ ト、  l  `l  〉 ハ
     /、 ノ ー-- `  ー--― ゝ <  ハ
   / /             / j  ヽ、
   f  、      __,      ,7 ヽ lー-        紅茶などいかがですかフランお嬢様
    V ヽ/ ‐-,  _   _ ... -,<_ヽ_/,ヽl          本場から取り寄せたアールグレイですわ
     .r-.x'-tY::::::::::::::::::, ヘ' i,l_ 介`l
     ,レ介 j j`::T―T´ヘ:::::j  l  i`'
      レ,リ/:::::エニ l:::::::ハ::::ヘ ' リ
       /_::::/,l   i:::::::::ハ:::::,ゝ
       し/::::ゝ、_ヶ-r::´ヽ.J
       /::::::::::::::::ー'::´:::::::::::::ゝ
       '-::::_::::::::::::::::_.. - ´
             ̄ヽT´ヘ ',
            tj   J」
咲夜 「というかAAが多すぎて」
霧雨魔理沙 「占いが噛まれたらか?それとも占い狼交じりが見えるからか?
なんにせよそれができるならここで初日に占い吊っても同じだ」
葉隠康比呂 「そんなもんまで……w>長門
最近のやる夫スレだと意外と格好いいでっていうもいるんだけどなぁ」
霊夢 「初日に占い吊ってもどうせ霊能は吊る
なら残して呪殺が出なかったら占い吊り殺して全灰ラン、全く意味が違うわ」
咲夜 「      __,.--、ィ--、
     rヘ´ ヽ ハ  / ̄ヽ、
   _rヽ_,.ゝ-─'=='─-、イヽ、ヽ
   'γ´          ヽン ヽ
    ,'   ハ  λ  i  、 \ .',
   ノ / .イ__,!イハ,!'ーメ-レ^ゝ、i  i
    iハ .イ ____,.   ー─' Yン   ハ            こうして長々とお話しして痛かったのですが
     レyl"| |   | |"iY i  〉            残念ながらお風呂が湧いてしまいましたので、またいつかどこかでお会いしましょう
     ./(Yヽ、  rー、  ,.イン ハ イ
     〈ハiンル`_rTニyT yγ/⌒ヽ、
      }><{γ/ヽハ/ }><{ し、  〉
      レ'ゝイ /ム',__」 Vゝ、 `ーi」
霊夢 「残してって言うのは霊能ローラーの間だけね」
霧雨魔理沙 「3-1の占いロラと1-2の全ロラは違うからないっとくが」
霊夢 「霊能ローラーの間はグレランなんて挟まらないから○でも●でもどっちでもいい」
フランドール 「     _  .r‐ァ
    く  |  |/
      \|     ,. ‐''"´ ̄ ̄ ̄`"' 、「|\
  [__ >    , '´ _r'r─-、 ヽ-─-、77:::::::ヽァ'⌒ヽ7:7
        ./_/r'⌒ヽ-─-'"´ ̄ ̄`'| |:::::::::_」    ∨
       /r‐ ァ "´ ̄´ /    |  ';  | |::::::::::::|    ト、
     _」| {/   /  / {    ,ハ´ ̄| ∨::::::::::::!    '、l}
    / ヽ /    ; ‐ァ'‐∧   / ァ=t'、 / ̄ 「 |    、 \
    { r' 7    | ァ‐=、ハ  / ´ んハ ∨    |  、    ヽ ハ
   /||:::|     |イ .んハ レ   弋zリ ム|.  ;   |ヽ、    ∨       いいのっ!?
   { rヽ:;| |   八.弋zリ   .    ⊂⊃ ./  ∨ \   |
   \\ 、'、  ;'⊂⊃  rァ  ̄'ヽ    |/ |    ヽ、 ',   ;       
     ` ̄ ヽ|\|/ハ    |'     |   /   /─- 、 ノ\ | /
        /  '  人    、  .ノ /| /     ヽ  レ' ,. -==== 、
.. ==r 、   /   | /!  |`''ァー-- イ  .レ'::/      |  /|\    ∧ \
∧  |ヽ. \{ , "レ' | /:::::;'  ト、_ノ   |;'        | // |  |   〈 .〉  ヽ
  〉 .| ∨ ∨、 ヽrレヘ::::::|  /{r‐、}\ .//        ∨/   \|    ∨   ,ハ
∨   \|  / | ヽ |  ヽ| //   ハ/::`〈         ノ'             / ';
        〈. |  `7   ∨ '  / |:::::::::ヽ7´ ̄`ヽ. /             | /.|
       \|   ヽr'"く_r-、_|:::::::::::/ ̄ ̄ヽ∧   ,. -──ァ        レ' | |
              |    ト、::::::ヽ:::::::/    /:::::::ヽ/     {        //
            く|    |rヘ:::::::::::::/    /:::::::::::/`'::<   ヽ      /」
霊夢 「どんなCO状況だろうがっつったから言って「あげた」だけよ」
フランドール
         _,,,... --──--- 、..,,__   「ト、
        ,:'"             `"''ヽ| |:::\    ,.:':「|
        .!     ヽ__,. -‐‐-、___,/    //:::::::::`ヽ,イ::::| |
       _'、__ゝ'"`;Y-‐‐-、_/__ `ヽ、,_  | !:::::::::ニ=-i7i:::::| |
    r'" ̄7>‐''"´       ヾ/  `,| |::::::::::::::::/i:::::::::| |
   「   ;ア´ /   / i   ,'   ヽヘ/ | |:::::::::::;:イ´⌒ヽ! |
   `ヽ/  / / メ、_ハ  /! !  i  ハヽヘ,ヽ、∠/    Y
     ,'  ,'   !ァァー-;、.レ' |/! _,.ハィ' i  `ヽ.__!7    i |
    .!,  ! ,!イ i └i    ァ‐ァ‐ー=、,!  i.  ', |     | !
    ノ;  ! ハ   ゝ‐'     i  └ソi ハ  | |     !|    って思ったけど、お風呂かあ。むむむー。
     レへレi ! "          ゝ--' レ' i`ヽ! |     ,'  ,
       / ト、    rァー-,、   "'' ,イ ,'! i  |    /  /  あがったら淹れてもらおうかなー。またね、咲夜。
       , '  !,/`'i 、,` 、,_____,!  _,.イフ ,イ ハ. ',  ,〈! / ,..-
       iヘ/ヽ、ノヘ_!>;ーr=''"´ iラ' //_/ .i ハ   ',/く___,
        <,__ヽ,:'" /、r7ムヽ、 /ンレ':::/`ヽ.ハ / ',   i.'
          ./  7:::/ ハ/!::::::::::::::/    ヽ. ノ  ノ>
          〈 、 i::/ /  i:::::::::::::/      Y´ /
          7ヽヘ!7 /   |::::::::::ri _/      ノ`(
          /   ヘコヽ、__」、:::::::!7 `ヽ____,イ!
         ./   /ヘ::`ー-┘::::::/   /::::::::::ヽ.. --‐‐‐ァ
         /   / ,く::::::::::::::::::/   /:::::;::イ:::`ヽ,-= 〈」
霧雨魔理沙 「占いも霊能もいないグレラン村なんて勝てる方がおかしいんだよ」
霧雨魔理沙 「だったら狐質でもやってろ」
長門 「よし、ログ読み完了だろ
お疲れさんだ、またどこかで会うことがあればよろしく頼むだろ

かっこいいでっていうが生き残るなんて、フィクションでしょう?>葉隠
あの子達は乗り捨てられるために生まれてきたのよ……
崖下が彼らのゴールだってヒゲの配管工が言ってた!」
葉隠康比呂 「1-2の霊能残しが上手く決まったログってないかなぁ。
やっぱ実物がないと上手くイメージできないべ。霊能を考えながらグレー人外探すとか忙しすぎる」
霊夢 「グレランで人外吊れないって気持ちで人狼やってる方がおかしい」
霧雨魔理沙 「グレランで人外が吊れたら狼狐陣営の勝ち目は0だな」
霊夢 「違うわね、グレランを避ける技術と当てる技術の拮抗こそ人狼だわ」
霧雨魔理沙 「人外が簡単に吊れるわけないのに吊れる前提で進めてるのがおかしいんだぜ」
霧雨魔理沙 「だから吊りやすくするために霊能を残してんだよ」
霊夢 「ほう、人外が簡単に吊れるわけがない
なら初日のグレランはその最たるものだけど」
霊夢 「よく言われるのは
やる夫村はリプレイ志向、つまり役職が主人公
私のいたところはもっと泥臭い、村人が主人公」
霧雨魔理沙 「初日グレランがいやなら共有が指定するか占いロラでもすりゃいい」
霊夢 「議論の平行線は分かるけどね」
霊夢 「霊能残しの意味がない」
霧雨魔理沙 「吊れない場所を増やすだけで狼狐にプレッシャーはかかるからな
もっというと霊ロラ後のグレランで吊れる奴は初日グレランでも死ぬぜ」
霧雨魔理沙 「いつグレランをやっても死ぬ奴は死ぬんだからグレランの手数を増やせば人外に手が伸びるんだよ」
霊夢 「それはたらればナンセンスだわ
初日は話すことがないから判断つけるための寡黙吊りもあるけど
場が動けば少しずつ発言が蓄積されて見られるようになる」
霊夢 「いつグレランをやっても同じところが死ぬと思うのなら、それは人外の思考だって私なら攻撃するけどね」
霧雨魔理沙 「初日グレランで死ぬような奴が2日程度の発言を稼げば吊られないようになれるか?」
霊夢 「話すことがないから話せないというのがあるでしょうが」
霊夢 「それに、話す機会があれば、それだけ他に怪しい発言が生まれたり、そこに白い発言が生まれる可能性が出てくる」
霧雨魔理沙 「それこそたらればだぜ
話すことがあれば吊られないということのな」
霊夢 「違うわね、私は「見られるようになる」って言っただけで、吊られない、とは言ってないわよ」
霊夢 「発言が多くなればそれだけ情報が多くなるのは、これは事実だから」
霧雨魔理沙 「その可能性が起きる確率が大きければ文句なしだがな」
霊夢 「初日だけで判断するより、占い結果や、前日の他の人へのツッコミ、投票、噛みへの反応
いくらでも多くなるけどねぇ」
霧雨魔理沙 「発言を見られても心情が大きく変わるような発言がなけりゃ同じなんだよ」
霊夢 「機会1と機会4は違うわ、しかも初日の濃度って薄いし」
霊夢 「それなら吊ればいい、怪しいところを吊るのが人狼だわ」
霊夢 「初日の「いんすぴれーしょん」だけで吊るのと、吟味したうえで吊るのは違うわ
機会が与えられるかどうかの違いよ」
霊夢 「変わらないとも決まってないし、変わるとも決まってない
決まってないからこそ見るのよ」
霧雨魔理沙 「第一霊ロラ展開で情報は大して増えねえよ
霊結果も投票もなしだ
そのうえグレランがないんだから発言に気合が入らないやつだっているぜ」
霊夢 「情報は増えないでいいっていうのが今回の村だって言ってるでしょうが」
霊夢 「全灰ランってそういうことなんだから」
霧雨魔理沙 「情報が増えなくなった結果がこれだろ」
霧雨魔理沙 「グレラン村をやってまともに勝てる方が珍しいんだよ」
霊夢 「しかも、気合入らないとか、ローラーの後の大グレラン大会に備えて、着々と準備することをしてないの?って感じだけど」
霊夢 「グレラン村でかてましぇーんって泣いてる方が弱いんだわ」
霧雨魔理沙 「グレラン村で簡単に勝てると思う方がないな」
咲夜 「霊夢と魔理沙の痴話喧嘩(ぼそっ」
霊夢 「違うわね、初日以上の発言情報で吟味した結果外しただけよ」
霊夢 「簡単に勝てるなんて言ってないけどね」
霧雨魔理沙 「しないやつはしないしそういう村少なくないぜ>準備」
霊夢 「思い込みが過ぎる」
霊夢 「あと、そこの、私の相手は天子だけだから>咲夜」
霧雨魔理沙 「まともなグレラン村は勝ち目が低すぎるから霊能残して精度を上げるんだよ」
霊夢 「それはグレラン村のやり方に慣れてないだけでしょうが」
咲夜 「ぺたんずきだったとは意外でしたわ」
霊夢 「違うね、発言濃度を高めるために日を稼ぐんだわ」
霧雨魔理沙 「だったらグレラン村やって狼の誘導や組織票に惑わされずに最終日まで言って狼を吊ってみろと」
霊夢 「私は外見じゃなくて中身で好きになるタイプー>咲夜」
霊夢 「それはあんたの手も同じでしょうが」
霧雨魔理沙 「巨乳より貧乳>咲夜」
咲夜 「つまり量より質と・・」
霊夢 「最終日に確実にいくための手じゃないわよ、あんたのも、私のも」
霊夢 「どこに主眼をおくかだわ」
咲夜 「はいはいおふたりとも。
多分ずっと平行線ですし終わらない論争だと思うので紅茶でも飲んで一息つきませんこと?」
霧雨魔理沙 「まあ最終日はどうでもいいんだが」
霊夢 「魔理沙と平行線ってやだなぁ」
咲夜 「だってお互い簡単に主義主張を変えれるほど積み重ねてきた数に目を背けられないでしょう?」
霊夢 「いやね、この前ね、恋人とこういう話したのよ」
霊夢 「平行線は交わらないけど、ずっと隣にいるんだよって」
霧雨魔理沙 「いやだとはなんだぜ」
霊夢 「もーねー、それでくらっときちゃってねぇ」
霊夢 「こう、彼氏持ちの余裕?」
長門 「([[[[[)<  すみませんほうじ茶ください」
咲夜 「なんかのろけになっている!?」
霧雨魔理沙 「リア充めw」
霊夢 「ずっとずっとすぐ隣にいようね、なんて、言っちゃってねー」
咲夜 「あ、どうぞ っ旦>長門」
霧雨魔理沙 「死んでからも一緒ってわけだな」
霊夢 「うん、そうよ?>魔理沙
閻魔さまのところまで手をつないで一緒に行こうねって」
咲夜 「夫婦喧嘩は犬も食わぬといいますけど
惚気話は誰が食べてくれるんでしょうか」
長門 「霊夢は日数がたつほどグレランで死ににくくなるタイプ、という前提があるんじゃね?
その辺り、村の面子と昼時間次第なところはあるが」
霊夢 「ま、グレランの認識は皆違うからね」
咲夜 「私見、霊夢さんは残すとつられにくいですけど
視線が他を向いてる間は比較的気楽に相手できる相手ですね」
長門 「サンキュウ>咲夜

2-2で初手霊能ローラーをするかどうか、についてはそれぞれメリットデメリットがあるから一概には言えない
グレランが苦手な狩人が占いの○になったりもするしな、そもそもいつの間にかグレランの優位性に話題が移ってる気がする

グレランスキーかどうかで見方が変わると思うだろ、村の面子がグレランスキーな村人ばかりだと実際のところ狼も辛かったりする」
咲夜 「魔理沙さんのほうは
こうすいません。私が少し時間がなくなって人狼時々しかやらなくなってからの方だと思うのであんまりー」
霊夢 「基本多くて2人の怪しいと思ったところにいくからね>咲夜
そこ吊ったか、ああ、もうここいいやってならないと他はそこほど見ない」
長門 「魔理沙は役職の能力はピカイチだ
狩人やらせりゃ護衛成功率が俺の知る限りトップ5に入るくらいいやらしい子……!
占いはあんまり見たことがないので知らないが、霊能でも行ける気がするなお前さん」
霧雨魔理沙 「うまい返しが思いつかなかったー」
咲夜 「今回の場合狼として意見なら村の方針が共有と灰とで統一されてなくて、そういう意味では視線を外しやすくてよかったなあというか」
霊夢 「ラブラブすぎる罪で地獄行きー、とか言ってくれていいのよ?>魔理沙」
咲夜 「ようするに全部を見て積極的に話しかけてきそうな相手(そこの長門さんとか)を取り除いて
数人を集中的に見てそこで判断する相手を残せば勝てそうかなーとか」
霧雨魔理沙 「爆発しろ>霊夢」
長門 「2-2の村で、霊夢は発言で周りから村目に見られることで結果的に人外を追い詰める事ができると思うだろ
狼からすれば、推理のできるやつよりも吊れない村人の方がキツイ、噛むしかなくなるな

魔理沙は狼を吊り上げることで自分の白さを証明できるタイプ
だがそれは霊能がいなけりゃ半減しちまう、あとお前さん自身がその前に吊られるケースも見たことがあるな」
咲夜 「逆に言うとそういう人に狼が集中的に見られると辛いんだけどね」
霊夢 「爆発してもいいかもねぇ
そしたら私の体にたくさん積もったらぶらぶ成分が世界中に溶け込んでいくわ」
霊夢 「自分吊られないことで無駄吊りマイナス1だからね、どの陣営でも」
咲夜 「そうねえ>つれない村人のほうが辛い

ナミダを飲んで(目薬)フランお嬢様に黒だしさせたのは
噛めないし吊れそうにない位置、だったからですし」
霧雨魔理沙 「占いやるとベグリでほぼ負けるし呪殺ができなくなるから個人的にトラウマだぜ
今度霊能か共有で殴り合いたいものだな」
霧雨魔理沙 「地底地獄で爆発しろ>霊夢」
長門 「少し分けてくれないかしら……>霊夢
最近、スレにおけるできない夫の出番が減少しすぎている上にラブ成分が欠乏しているだろ……!
あと長門さんも出番、最近ないだろ」
霊夢 「ごめん、ご飯作りながらこうして話してるんだけど
流石に天ぷらはまずい」
咲夜 「あのタイプは霊ロラ>占い吊りの形だと後半になるほど票が入りにくくなって
かといって噛むには違和感が強い位置なので面倒になるんですよねえ。狼視点」
霊夢 「んー、こう、告白する勇気?>長門
あとはありがとうとごめんなさいを大事にしていくと、長く関係保てると思う」
霧雨魔理沙 「私は吊られやすくなることで残りつつ狼にプレッシャーを与えることができるんだキリリ」
長門 「多分、共有じゃないけど吊り先が吊れる展開が一番向いていると思うぜ>魔理沙
その辺りは相性があると思うが、お前さんの吊り先提示は結構当たる
あとは説得力次第だと思うだろ」
霊夢 「地獄で爆発するって、らぶらぶすぎる罪で一緒に地底に行ったってことだと思うけどぉ
二人一緒ならどこでも天国だからにゃー」
霊夢 「なわけでご飯作るの、お疲れさまぁ~ず」
咲夜 「正しいことを探しても見つからないことが多いので
屁理屈をこねる訓練をするのがいいと思いますわ>釣りたい相手を吊るための方法」
咲夜 「そろそろ解散になりそうかしら」
長門 「くっ……やはりそれか>霊夢

 ガッツ
勇 気 が 足 り な い !」
霧雨魔理沙 「私が村っぽくならないとかなー」
霧雨魔理沙 「やーいヘタレ」
でっていう♂
                 /ニYニヽ
             /( ゚ )( ゚ )ヽ
             /::::⌒`´⌒::::\   告白する勇気wwwww
           | ,-)___(-、|
           | l   |-┬-|  l |
       .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   ,. -‐ '|                    |
  / :::::::::::|                    |__
  / :::::::::::::|     マリオ超愛してる   rニ-─`、
. / : :::::::::::::|                      `┬─‐ .j
〈:::::::::,-─┴-、                 |二ニ イ
. | ::/ .-─┬⊃                   |`iー"|
.レ ヘ   ニニ|_____________|rー''"|
〈 :::::\_ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: /::::::::::::|」
長門 「お疲れさんだろ、霊夢

そうだな、特に昼5分は短いから全てを相手に伝えるのは難しいだろ
おおさかさんが言ってた、吊りたい場所を吊るすの必要なのは理屈であって屁理屈でも構わない、って」
長門

       / ̄ ̄\
      /  ヽ   \
     (●)(● )  u. |     へ、ヘタレちゃうわ!?
     | |   u   |
     |_`__      |     あと爬虫類のラブロマンスいらねぇから!
     {`ー'´     /
      {      u. /
      \     /
      ノ     \」
長門 「そこなんだよな>魔理沙

推理はあってても、その前に吊られて霊能結果が見られなきゃ割とこう、勿体無いだろ
なので吊りを乗り切るだけの防御力、あるいはその前に吊りたい場所を吊るす攻撃力があればと思うんだが」
でっていう♂ 「なんか見てるとグレラン村建てたくなったな。いつか建てようそうしよう。」
霧雨魔理沙 「やめてくださいしんでしまいます」
長門 「狼からすると、攻撃力があるところなんてのは吊りと噛みで始末できる
村もあんまり気にしないんだよな、吊られた奴の誘導先とか」
長門 「ま、その辺を意識してみると面白いんじゃないだろうか>魔理沙

あと、たまには早苗鯖やバーボンハウス鯖に遊びに行ってみるといい
前者は超グレラン主義だし、後者は割とこう……なんと言えばいいのかしら?
でも22人毒QP村って環境は確実に何かあると思うんだ、俺も大好き」
霧雨魔理沙 「だいたいは遺言を気にしないんだよな」
霧雨魔理沙 「確かにそうだなー
バーボンの普通にいったら共有で相方恋人だったぜ」
長門 「四条鯖はかなり特殊だが、あそこではいかに目立つかでグレランを乗りきれるかどうかが変わる面白い環境
いろんな意味で刺激的だったろ」
長門 「ギリッ>共有で相方恋人

恨めしい……俺なんてロクな恋人になったことがないのに……!」
霧雨魔理沙 「四条鯖はキャッキャウフフで疎外感がすごかったなー」
霧雨魔理沙 「共有の相方が恋人のNTRなんだぜ」
咲夜 「初期のバーボン鯖とかまー色々な環境を体験して
郷に入っては郷に従えを実感する私ですわ」
咲夜 「たいていえーとあずささんと濃い人されてるじゃないですか」
長門 「俺自身が色んな鯖に遊びに行ってるのもあるんだが、どこも楽しめたし役に立ったと思うのでオススメはするだろ
それぞれの鯖のセオリーや空気はあるが、それも含めて学ぶところはあるんじゃないかなーと

ドラクエで好きな作戦は『色々やろうぜ』です」
長門 「ノォ、記憶にございません>十六夜
記録にも残っていないはずだ、そんな事実はごじゃいましぇん」
咲夜 「初期バーボンでやった占い師なんてあれですよ
22人で1-3で 真-真狂狐な村ですよ」
咲夜 「かーなーしみのー>長門」
長門 「4-1で狂狼狩毒-Qってのもあったな」
霧雨魔理沙 「むーこーうーへとー>長門」
長門 「    /||ミ
  / ::::||
/:::::::::::||____
|:::::::::::::::||      ||
|:::::::::::::::||        ||
|:::::::::::::::|| / ̄ ̄ヽ|| ガチャ
|:::::::::::::::|/      ヽ
|:::::::::::::::||       |    おっといけない、終電の時間が……お先に失礼するだろ、いやはや
|:::::::::::::::||       |
|::::::::::::::|||        |
|::::::::::::::||ヽ_    _/
|:::::::::::::::||/    ヽ|
|:::::::::::::::||  i   } |
|:::::::::::::::||ノ |   } |
\:::::::::::||  |  i  |∪
  \ ::::|| ̄|  ||ー| ̄」
長門 「ダッ」
霧雨魔理沙 「そっちには例の淑女がいるぜ」
長門
    /||
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\||
 |:::::::::::::::|| 「   ヽ\
 |:::::::::::::::|| (○) (○)|     ……くそっ!
 |:::::::::::::::||    |   |
 |:::::::::::::::|| u __´_  |
 |:::::::::::::::||  `ー'´  }
 |:::::::::::::::||        }
 |:::::::::::::::||ヽ___  ノ
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||」
霧雨魔理沙 「花は手向けてやろう
落ちるぜお疲れ」
長門 「くっ、ならば裏口から逃げるだろ! ハババイスデイ!」
咲夜 「裏口は爆発した
その後かれの行方を知るものは・・・」
咲夜 「ということでさらばです」