←戻る
【紅650】やる夫達の普通 村村 [988番地]
~トラブル怖いならGMやればいいじゃない~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM早朝待機制自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
(生存中)
icon 幽谷響子
(生存中)
icon 泉こなた
(生存中)
icon ヤン
(生存中)
icon 天子
(生存中)
icon できない夫
(生存中)
icon 森近霖之助
(生存中)
icon 流石兄弟
(生存中)
icon やらない子
(生存中)
icon ワラキアの夜
(生存中)
icon 霧雨魔理沙
(生存中)
icon でっていう
(生存中)
icon シオン
(生存中)
icon 古明地こいし
(生存中)
icon 八意永琳
(生存中)
icon 西行寺 幽々子
(生存中)
icon 朝倉義景
(生存中)
古明地こいし 「森近偽確定
流石が盲信されるか?って言ったらノーだったし
グレランであとは頑張ってね展開ではあるけど」
霧雨魔理沙 「あとは遊んでる印象が強いぐらい
んじゃーおやすみ」
古明地こいし 「と私最後かな
おつかれさまー」
霧雨魔理沙 「噛まれた後の村への危機感がうんたらかんたら
私はむしろ賛成だが」
古明地こいし 「噛まれてもいいよ別に?とは三日目言ったしねぇ」
霧雨魔理沙 「それをなぜゲーム中に言えない」
古明地こいし 「あの噛みしてきてて森近真ブン投げさせてまで私噛みはないよ
あるなら三日目夜だけど
霊→でっていうって噛んできた時点でもうない」
霧雨魔理沙 「噛まれる危機感がうんたらかんたら」
古明地こいし 「◇古明地こいし [占] (okazaki◇rkbZTx/3nc) 「ちなみに私はどっちでもいいよ
信頼勝負なら狼は私真見るとこに●投げるなり噛むなりする作戦だろうから痛いけど
銃殺チャンスも捨てがたいから」

こうは言ったんだけどなぁ…>マリサ」
霧雨魔理沙 「>こいし
◇ヤン(8)  「こいしが自分の○が噛まれているかつ
自分の○つりに拒否反応をしめさない。
いくら信頼勝負の可能性があるとはいえ、
自分がかまれた場合のことを考えない?」
これとかー」
シオン 「噛まれる危機感とかなんとかかんとか」
シオン 「じゃーおつかれんこー」
古明地こいし 「なんでこんな信頼ないん?ですごい混乱したんでアドバイスおなしゃす!」
幽谷響子 「それじゃーおつかれー」
幽谷響子 「折角開始前に大声で言い直したわけですし
しっかりみといてくださいな気持」
西行寺 幽々子 「ではお疲れ様、GMさんは村建てありがとうございました。」
古明地こいし 「ログ見た感じ危なかったなぁwww」
霧雨魔理沙 「速さが足りない!
まあいいやお疲れ」
森近霖之助 「かぶったwまあいいやwおつおっつーw」
できない夫 「んー?俺は何見えてたんだろ>昼AA」
やらない子 「お疲れ様でした、村建てありがとうございます」
シオン 「緋色さん割といつもこの時間帯回線不調っぽいですからねぇ」
西行寺 幽々子 「>天子
調べておくわ、ありがとう。
もう少し私の発言が良ければ決意してもらえたかしら」
霧雨魔理沙 「しょうがねえ適当にやろう」
シオン 「誰かと思ったら緋色さんですかー」
森近霖之助 「んじゃやっとくよーん」
泉こなた 「ま、そりゃそーだね。反省点があったら謝って、次への糧にするつもりでは勿論あるよ。>響子」
やらない子 「◇仮GM [] (十六時野緋色) 「AA無し 狐CO無しの狐遺言無し 占い理由3行
超過即噛みは初日夜以降あり
点呼は50分。それより早く埋ったら前倒しで開始」
多分この方が報告してくれると思います」
霧雨魔理沙 「おいー!」
霧雨魔理沙 「おいお前ら落ちるな誰かやれよ」
ワラキアの夜 「ではお疲れ様。
次の夜まで消えるとするか……」
流石兄弟 「お疲れさん。」
八意永琳 「      ,.. "´::::::::::::::::::/,,,_/7:::ヽ
     /::::::::::::::::::::::::::::`ヽ",' ,-' !:::' ,
     ヽ::::::::,,..--─,..-y--、~::::'´:::::::〉
  ,. ‐‐--〉´ ,-ーγ+ーイ、. ,'γヽ::::/
 |   、 ,' /  ./' ´ ̄ヽ V  i/_ノ,^', iヽ
 ',    \ ( ! ハ ""     -、 / iハ(  |
  ヘ,     >ァ i |   、__  ,, i  イ  ,'   さて、それでは私も失礼しますね。
   ゝ., __rソ `ヽ!、      ,.イ ハ  ./   村建てありがとうございました。皆様、お疲れ様です。
    i|´        iソ> -r<ノレヘノゝ/
    ゝ、       \〈>i ノ:`:::::::::::::i
    人 `'r.      `十::゜:::::::::::::::/
   ,ゝ ヽヽ、!ー、    十:::::::::.,r‐'´
   ( ヽ、 ' `!.     十::::::::!
   )  ゝ、 }.     十:::::::{、
   i  (  ヽイ「`'ー=='==rヘ」
朝倉義景 「んじゃお疲れ様だよ…
村立てありがとう」
ヤン 「よし、それじゃ寝よう。
おやすみぃ」
霧雨魔理沙 「まて話をしよう」
でっていう 「じゃ、魔理沙いったわけだし報告よろしくね」
でっていう 「魔理沙報告でFA」
ワラキアの夜 「『騙り役の狼』という条件だと
番長が最後か」
幽谷響子 「戦績とかなんて経験で積むべきですし
失敗してから学べばいいんで次に繋げばそれでよしとも」
霧雨魔理沙 「ところで報告誰がするんだ?」
森近霖之助 「さて、おちますか、またぬぇー
お仲間もおつかりー、またかとうじぇー」
シオン 「大好きです」
霧雨魔理沙 「信頼勝負以前に狼が弱い!」
シオン 「信用勝負なんてっ」
森近霖之助 「占いにでると、勝ち筋が見えるとついしたくはなるのが信用!>でっていう」
霧雨魔理沙 「狼で信頼勝負など吐き気がする!」
泉こなた 「まーむしろ、ざっと見て戦績私が一番低そうだったから騙りに出れば良かったよね。
ってのは言ってもしょうがないんだけどね。
あまりにものらなすぎて村の流れが見えてなかったとか、初心者かと!まぁ初心者もどきだけども。」
八意永琳 「そうなると両者の●が狩人COなら森近狂人の推察まで建てて、なら森近を遠慮なく切れば良かったかな、と。
これを昼間に辿り着けるなら良いんですけど。時間が足りないんですよね。」
ワラキアの夜 「信用勝負とかいつ以来かね」
森近霖之助 「うげww>魔梨沙」
でっていう 「というかひふみん
一体どんだけ信用勝負の修羅やってるの1日で・・・ホロリ」
シオン 「クマー沢…っ!」
霧雨魔理沙 「そのうち人狼マメができるぜ>香霖」
天子 「うみねこの使用人の人>ゆゆこ
幽々子を村決め撃つことによって森近の真を切ろうかとも思ったが結局決意できなかったわね。」
森近霖之助 「今日信用勝負しすぎて手が痛いw」
八意永琳 「私視点、天子の反応が○貰った流石切りに動いていたので。
できない夫が非狼なら流石兄弟は真狂なのじゃないかなという判断でしたけど。
できない夫狼の可能性をこいしから出すなら流石狼も復活した感じで。」
古明地こいし 「ただ初手落ちじゃなかったらあれだね
絶望だったね…」
でっていう 「>ワラキア
あの村以降それは学んだ気がする」
できない夫 「今日脳内ぐだぐだだったんでこなたに○でも良かったかもしれん」
ワラキアの夜 「多分こー 狐は占わせないで
いいんじゃないかって事なんだと思うが>でっていう」
流石兄弟 「>こなた
見た感じで戦績順で並べるなら俺>>>できない夫>>>こなたになりそうなのは
雰囲気で分かったんだし、
それでも何の対処もしなかった俺が悪いよ。

そんなこともあらーな位で。」
幽谷響子 「できない夫が人外目に見えたんで
2日間こいし護衛ですし」
霧雨魔理沙 「なんだ別の村か」
森近霖之助 「狐もありえるから
投票しないわけにはいかにーんだよね>こなた
そこら辺は投票してるしお互い様」
霧雨魔理沙 「なんか覚えがあるな>でっていう」
でっていう 「>ワラキア
両儀式狐あったから柱になったら最後まで占われなかった不思議・・・」
西行寺 幽々子 「熊沢さんて誰?」
ワラキアの夜 「両儀式か。
あれは絶望的だった>でっていう」
できない夫 「んーと」
シオン 「間抜けに死体として転がるぐらいなら
精々遊び切って死にたいともいーます。」
泉こなた 「いやもーね、自分に反省点がある以上は謝るよ!よ!>こーりん」
やらない子 「拙い指示と途中突然死しそうなのは申し訳ありませんでした…」
森近霖之助 「多少信用はあったのかもしれない」
でっていう 「一度ワラキアが似たケースで狐勝ちした経験はあったよねたしか
今日と似た形で狐の時に」
シオン 「とゆー感じ」
シオン 「んでこいし吊りは無理ですよええ
響子と繋がってる辺り」
シオン 「というか死ぬ気でグレ吊りは逃げますようん」
霧雨魔理沙 「NDKNDK>でっていう」
朝倉義景 「◇朝倉義景 「というわけで流石兄弟―できない夫で2人外だから。
そこ偽ラインだから。
ちょうど初手囲いってやつだからね。」 」
ワラキアの夜 「正直こなた吊りについては
割と事故めいてたと思う。票が全体的に散った為
複数人が軽く入れてた場所が落ちてる」
森近霖之助 「わたしとかもするしね。したときはしゃーにーのさ。」
シオン 「マジレスするとそれでも信用勝負を選ぶ狼には何かしたくなる」
でっていう 「>こいし
ひでえ」
天子 「死体なし・狩人●で狩人が即COで反応が良かったから
その日まで熊沢さんが言うには占い師にはもう人外が紛れ込んでるって
いうんだけど、でも全然分からない状態だった」
古明地こいし 「うすうす中身に気付いたのでそうはさせねーって思ったから!>でっていう」
八意永琳 「こう、こいしからできない夫●が出た瞬間にこいしの信用が回復した感じですかね。」
ヤン 「そのとおりでした。」
霧雨魔理沙 「9人で占い3狩人2生存だろー
6日目で永琳噛んでシオン○にして次シオン噛んで義景○投げれば呪殺対応できたと思うぜー」
できない夫 「ぶっちゃけ永琳噛んでも美味しく無いと思ったからなんだよねぇ」
ヤン
◇朝倉義景(37) 「こなた人狼で流石兄弟狼だ―霊結果見えたらもろばれだー
やばーいで霊噛んだってわけないと思うけどね
その場合こいし噛めばいいだけだし」」
森近霖之助 「初手吊り自体は謝ることじゃないよー
したくてするんじゃにーし>こなた」
流石兄弟 「マジレスすると真占いを狐が支持しても勝率の向上には
全くつながらないどころか狼の真占い噛みの可能性をむしろ下げると思う」
ワラキアの夜 「──斯くて死出の鳥は地に伏して
虚言の夜もまた幕と成る──か」
朝倉義景 「まさか初日に言った通りの内訳でびっくりだったよ。」
でっていう 「おいこいし
なんで占ったし
初日エキサイティンする気満々だったのに!」
森近霖之助 「かなー」
古明地こいし 「あー狼は初手落ちかー」
幽谷響子 「永琳-天子での選択が大きいですね」
森近霖之助 「狂であろうとすると灰のてきとーなどっかに●」
シオン 「まー
狩が強くて狐が性格悪いとこうなりますね」
泉こなた 「おっつかれー、狂人お仲間マジ色んな意味ですまんかった。
昼になった瞬間全く乗れない事に気付いた瞬間絶望したんだ。
結果としてあの得票だよ、ほんと申し訳ないわ」
八意永琳 「               _______
             ,. '"::::::::::::::`゙ヽ、
            〈::::::<::╋::::>::::::::/
            γ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ  ,ヘ  ))
           ,' ,  、    ヽ '.,,/ /
  ((  ,ヘ,   ル, 'エ-リλン-レ-イλ/_/
      '、 '、 .ルレi ○   ○ ノλ::::::::::)
       > ⌒弋.リ ""r-‐‐┐""イ::::::::イ  
      (    弋ゝ ヽ、__,ノ_ノ」:::::,,,.‐'  お疲れ様でした。
       `ヽ_,.,__ i.r'入」」_ン':::::::::::/   
         ( 弋〈  +::::::::!i-イ
         (  ノλ +;;:;;;;λ
        }>'<{ <._+;;:;;;;::ゝ,
        ノノ  /:::::::::::;; ̄ ̄ヽ
           .,':::::::::::::;;」
森近霖之助 「真であろうとすると幽々子に●でないと後々苦しい」
シオン 「お疲れ様でしたー。」
天子 「おつかれさまー」
古明地こいし 「おつかれさまー」
朝倉義景 「お疲れだよ」
できない夫 「おっつおっつー」
霧雨魔理沙 「お疲れさん」
西行寺 幽々子 「お疲れ様よ」
ワラキアの夜 「お疲れ様」
やらない子 「お疲れ様でした」
流石兄弟 「お疲れさん」
ヤン 「お疲れ様」
でっていう 「お疲れー」
ゲーム終了:2012/06/04 (Mon) 02:00:56
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
できない夫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
8 日目 (1 回目)
幽谷響子1 票投票先 →できない夫
天子0 票投票先 →できない夫
できない夫5 票投票先 →幽谷響子
やらない子0 票投票先 →できない夫
古明地こいし0 票投票先 →できない夫
八意永琳0 票投票先 →できない夫
やらない子 「だったらできない夫さん投票ですね」
天子 「積もる話は終わってからにしましょうよ」
古明地こいし 「いやいやいや…>できない夫」
できない夫 「まぁぶっちゃけ今日の噛みは狙ってGJ出させたけどな」
やらない子 「あ、森近さんの結果ってできない夫◯混ざってましたっけ」
八意永琳 「あ、すいませんすでにできない夫さんに投票済みです>できない夫」
幽谷響子 「やらない子さんでGJですね」
古明地こいし 「銃殺出てなければ2吊り増えてたね…」
できない夫 「という訳で俺吊っても良いけどさきこっちでよろしく」
やらない子 「んー」
古明地こいし 「狩人やりおる…」
できない夫 「QPCO 響子ーこいし」
古明地こいし 「理由
ラスグレ
以上!」
八意永琳 「おはようございます。」
古明地こいし 「占いCO!
八意永琳は○だったよ!」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
流石兄弟 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
7 日目 (1 回目)
幽谷響子1 票投票先 →流石兄弟
天子0 票投票先 →流石兄弟
できない夫0 票投票先 →幽谷響子
流石兄弟5 票投票先 →やらない子
やらない子1 票投票先 →流石兄弟
古明地こいし0 票投票先 →流石兄弟
八意永琳0 票投票先 →流石兄弟
古明地こいし 「八意さん狼だと…
ああそれでもいけるね」
天子 「とりあえず語り合うのはいったん終わらせてからにしましょう」
流石兄弟 「つうかそもそも永琳狼の可能性なんて森近真でしかないじゃん」
八意永琳 「響子さんからGJ貰ってますからねー。>天子さん」
幽谷響子 「ぎりぎり潜伏狂人があるだけですねこうなると」
古明地こいし 「だからできない夫を吊ってくれとあれほど言ったのに―!>やらない子」
できない夫 「あぁそうか・・・>ハーレム
じゃあ流石兄弟先に吊られてね☆」
天子 「永琳は狼じゃないのよね」
やらない子 「では一応流石兄弟さん指定で」
八意永琳 「最終的に村は女の園になりましたEND」
流石兄弟 「結論としては久々にやると処理が許容量をオーバーする」
やらない子 「んあー……昨日までで人狼吊れていなかったらやばかったんですか……」
古明地こいし 「うっへへーい!」
できない夫 「おいばか俺占いだから」
幽谷響子 「というわけで真確定で詰みですね
できない夫と流石兄弟が残りの狼」
天子 「じゃあそういうことで」
古明地こいし 「やるぅ!>響子」
八意永琳 「それじゃ流石兄弟とできない夫吊りで終了ですね。」
できない夫 「潜伏占いCO やらない子○ やらない子○ やらない子○ やらない子○ やらない子○ シオン○」
やらない子 「!?」
流石兄弟 「そんな感じはしたけど判断役になって貰う方が困るので」
天子 「おはよう」
古明地こいし 「占いCO!
シオンは○だったよ!」
幽谷響子 「天子さんで銃殺GJですが」
八意永琳 「おはようございます。」
流石兄弟 「あーごめんねー」
古明地こいし 「理由
私真しかないまで言ってくれるとはわかってらっしゃる!
わかってらっしゃる人は好きなのでシオン占うね!
狐なら私偽押すよね…?ね…?」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
森近霖之助さんの遺言 占いCO!流石○でっていう○幽々子●天子○
シオンさんの遺言
    ,r'    ` 、       _,,r‐''''¨ ̄¨'''‐--..,,__ /     ┐
   /         ヽ    _,r''´-‐''´ ̄ ̄ ̄ ̄¨''‐-`l  は ぱ
.  /  言 聞 何   l _,r'´:.:.:.:.:.:.:.:.:,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;!  い ん
  !  葉 .こ .と   !f:.:.:.:.:.:.:.:.:._;,:.-‐'¨ ̄ ̄¨''‐-:,/l   て つ
  l.  か .え    l ヽ、:.;,r'_,;r''¨7¨´ ̄ ̄¨¨'''''ヽ  !  な
.  !.  l  の    l   l´ :i: :/: : : :/|: : /l: : i ヽ l  い
  !  ! 良     !  l: : l;/: /:/''¨ !: '7¨'l‐:l、 ;! l └
   !    い    /  ! ∠:''ムi'´     ! /;;;;;;;lレ′ ゝ、
    ヽ      _ノ  /: :/ l: : :l;;;;;;;;''  レ' // !l    `ー-‐''''′
     `ー‐‐''''´ `  /: : :!〈 !: : ! //      ,!:ヽ
            ヽ : : `ー!: : !   r‐'7 /!: : l
              ` 、: : :l: i l`ー┬-‐'  !: i l
            __,,r<¨¨'i´!: !:!、  ,!`、-''''ヽVレ
         _,r''´r‐ゝ,r`:、:ヽヽレ >,,,  l;,;,____>、
        r''´!___,,,,,,.,/;,;,:.:ヽ;,ヽ_,r'ヽ_,,,>,!;,l;,;,;,;,;,;,;,;`、
        !:.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.;,i;,;,;,;,ヽ/ i`、,;,!;,;,;,;,;,:.:.:.:.`i''‐、
        !:._,;r‐‐-:.;_;,r‐、/_;,;,;,;,;/  ! `、;,!;,;,;,;,;,;,;,;,/ /,,,__
        7_,,,,,,,__,,r‐! l´ ̄ ¨''''ニ=、   ヽ,!,;,_-;/ /   ¨''‐
        /,,-‐'´    ! !-!ー、__,_ヽ_ト、!___,r‐!__,└、¨´` 、
      /     / !ー′:.:.:.;,;,ヽ!;,;,;,;,;,;,;/  `ー、_`、   ¨¨''‐
       〈     /   l:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;!     7 !

あ、もし銃殺が出たら決め打ちで最悪引き分けですね。
シオン は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
森近霖之助 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
6 日目 (1 回目)
幽谷響子0 票投票先 →森近霖之助
天子0 票投票先 →森近霖之助
できない夫1 票投票先 →森近霖之助
森近霖之助7 票投票先 →流石兄弟
流石兄弟1 票投票先 →森近霖之助
やらない子0 票投票先 →森近霖之助
シオン0 票投票先 →森近霖之助
古明地こいし0 票投票先 →できない夫
八意永琳0 票投票先 →森近霖之助
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やらない子 「森近さんで!」
森近霖之助 「呪殺飽和おそれるのに狩人候補つりたがるのは変」
天子 「今日森近を吊るすならこいしは狐を避けなさい」
古明地こいし 「◇天子 「確定○として指示を出しておくけどやらない子が指示を出さない・突然死するならできない夫処刑ね」」
できない夫 「下に書いてる」
流石兄弟 「弟者「つーか誰でもいいから人外吊れよ。
村人が吊る場所分かんないんならとりあえず森近。
狼の●が狼(キリッつってんだぞそこ?」」
古明地こいし 「できない夫>やらない子」
幽谷響子 「森近で>やらない子」
天子 「確定○として指示を出しておくけどやらない子が指示を出さない・突然死するならできない夫処刑ね」
森近霖之助 「流石吊り」
八意永琳 「天子さん、代わりに吊り指定しなさいな!」
シオン 「だから
森近吊り。」
やらない子 「間に合ったー!
誰吊りたいですか!?」
古明地こいし 「いやだからさぁ!
無理っぽいお願いなのもわかるよ?
占い残したいのもわかる
ただ狂人吊ってもアウト…
ってああー!
狂人のこしたら余計アウトや―!」
シオン 「共有生きてます?」
八意永琳 「正直占い単品ではこいしの真を疑問符なんですが、幽谷が非常に真っぽいのでとても迷っているという。」
できない夫 「俺視点で最大限譲歩して霖之助吊り
それ通らんのだったら俺もう知らん」
幽谷響子 「やらない子さん生きてる?」
シオン 「できない夫吊るんなら流石切りですし
そうじゃないなら森近切り。
こいしさん真に今私は賭けるしか無いんですよ系の話。」
森近霖之助 「今狩人候補を吊るす必要
はこのよのどこにも
そんな理屈はない」
幽谷響子 「あなたが村人なら間に合うよ>シオン
護衛情報と○配置でみれば
逆囲いとかなら知らない」
流石兄弟 「兄者「ん?あれこれ全視点でシオン吊りでいいんじゃん。
わーい偽視点まで考えてあげる俺らやさしー。
こいし視点永琳非狼+できない夫+占い2人だろ?
森近視点できない夫真狩だからなんとかなんだろ?」」
八意永琳 「狩人に手を出すのは愚作です。
決め打つなら占い。お茶を濁していいというのならシオン吊り。
そんな感じですね。」
天子 「やらない子いる?」
シオン 「だから占い切り。
森近霖之助切り。間に合うかどうかは知りませんけど。」
森近霖之助 「できない夫つるぐらいなら、流石吊りでいいじゃない」
古明地こいし 「のこり4吊り
3W1Fと見るなら狂人吊ってもアウト」
できない夫 「という訳でここで吊られる道理もないんで
占い吊りで頼むわ」
森近霖之助 「狩人候補を急いで釣りたがる必要はないよね」
天子 「森近狂人で狐溶かした瞬間アウトかもしれないじゃない」
シオン 「ほぼ森近真の吊りしてるんですけどまぁ。」
流石兄弟 「兄者「もちろんこいし吊りでも可。つーか人外4残りなんで。」」
古明地こいし 「決め撃ちだとさぁ!
狂人吊った時がアウトなわけよ!>ない子」
八意永琳 「なので私としては悩む時間が欲しい的な意味でシオン吊りがしたいのですが、他の皆様から見れば私が狼の可能性を見るならば今日決め打たないといけないのはわかりますので。」
幽谷響子 「シオンさんにここで●出すなら3W残りではないという事でしょうけど
永琳非狼+天子○だから」
できない夫 「おいばかやめろ
俺視点でも普通に3wありーでヴェルチなんで」
森近霖之助 「なら、響子ー永琳もありえるのか?」
流石兄弟 「兄者「森近&こいしで狂狼、まぁ多分こいし狼の方、
狐は占いに混じってなきゃどっかで吊れてる。
森近吊りで可」」
シオン 「昨日灰吊りした時点で
今日が決め打ちですよ」
天子 「どおすんのよ?
この際もうできない夫を即吊りするぐらいで無いと通らないんじゃないのと
引き分けにも手が届かないかもしれないわよ」
古明地こいし 「というわけで狼の飽和で村の敗北がマッハっぽいからできない夫吊ってくれないかな」
八意永琳 「私視点、シオン吊っても決め打ち間に合いますねー。」
シオン 「でないならもうこいしさん切るしかないんですけどという話。」
できない夫 「半人前の技では私には通じん(キリッ>霖之助」
森近霖之助 「あら、意外、なら流石釣っといていいよ
明日響子ちゃん占うから」
シオン 「占い切り。
こいしさん真の場合普通に3W1狂残るんで。」
幽谷響子 「森近か流石兄弟どっちか切ってください」
流石兄弟 「朝倉がラストの狐候補だからでそこ噛みか、まぁ普通」
流石兄弟 「ふむ」
シオン 「はいはいわろすわろす。
こいしさん真ですねとしか。」
古明地こいし 「あーこれどう考えても飽和の危機でしょ>噛み」
できない夫 「護衛:やらない子
別に護衛しなくても良いんだけど
今ここでここ抜かれると致命的なんで、信用的に」
森近霖之助 「理由
昨日全ていったから。
そう、多分、メイビー。溶ける
とけなきゃ響子ちゃん占えばいい」
流石兄弟 「えーお前残るのー?どーなのそれ。
朝倉と二択だけどさ。
残っちまったもんはしょうがねーんで占うわ。」
シオン 「――高速思考、展開。
ああ、COは判っていますが――まぁ、皆に聞かせてあげましょう。」
古明地こいし 「理由
二度目の正直(今作った)というわけで◎の天子ちゃん占い
というわけで確定情報作ろうねっと
あと森近できない夫占ってなかったの昨日気付いたわwwwww普通に1○じゃんwwww」
天子 「森近霖之助を昨日吊るさなかったことによって村が詰んでしまう可能性があったわけだけど」
八意永琳 「おはようございます。」
流石兄弟 「占い結果!シオンは人狼」
森近霖之助 「占いCO!できない夫は○!」
幽谷響子 「護衛 こいし
こいし噛み入るパターンが1番厄介
GJ等は狙う時ではないからこいし護衛」
古明地こいし 「占いCO!
天子は○だったよ!」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ヤンさんの遺言
素村だよ。

おはよう。
なぜか、えいりんに絡まれていたと思ったら
ゆゆこと勘違いしていたらしい。申し訳ない。

歴史を学ぼうって者が漢字が苦手じゃどうしようもないね。
朝倉義景さんの遺言 ヾ;;;ヾ;;;;; ;/_/ヽ;;;;ゝ;;;;; ヾ;;;;''"  ゝ ;;;;ヽ;;;;;;ヾ;;;;;;;;ゝ;;ゞ ;ヽ、、、ヾ
ヾヾ;;ヾ /_/ヽ;;;;ゝゞ ;ヽヾ;;;;''"   ゝゞ;;;;;;ヽ;;;;ヾ;;;;;;;;ゝゞ ;ヽ、、、ヾ
ヽ;;;ヾヽ/ /;;; ;;;;ヽヾ;;;;;ヽヾ;;;;       "''ヽ;;:::ヽ;;ヾ;;;;;;;;ゝゞ ;ヽヾ;;;;
;;;;ヽ|ll/_,/ヾ:::ヽヽ ;;;ヽヾ''"        ヽ丶;;;;ヽ;ヽヾ;;;; : ゝゞ;|_,|、_,|
;;|_|;;;/ ./,i :::ヽiヾ; ヽ;; ;:|,|∥     ■  "''ヽ ;;; ヽ ;ヽヾ:;;;|_|_∥|_,|、_,|
:;|_|/.,,/,|_,| ||iil;;;;ヽヾヾ,|,|∥    日        "\\;;::|_|_∥|_,|、_,|
::|/ /、,|_,|l|||_|;;;; ヾヽ;;|_|∥   /´'⌒ヽ       ,;ヽ_>|_|_∥|_,|、_,|
,,'___/;;;::|_,|;|||_| ゞゝ;;;;;||_|     〔(, !○ 0   楽しいお遊びもここまでだねえ・・・
  /||;; l|_.|;|||_|||;; l|_|;|||_|,;;    <代_ノ     ヾ ||;|-|ヽ_> |_,|、_,|
__/;;||;; l|_,|;|||_|||;; l|_|;|||_|     /[ <つ=≡三l   ,.;:.||;|-|;;|\_>,|、_,|
,/ : ||;; l|_,|;|||_|||;; l|_|;|;;''"   く しio==o!>      ''"':,|_,|;;|-| \_>_|
|: ||;; l|_,l;;''"         ノ_ノ_>ハく〉          "'''=,,...ヽ_>
;;''"'''"""                               ''゙"`
朝倉義景 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ヤン を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
5 日目 (1 回目)
幽谷響子0 票投票先 →ヤン
ヤン6 票投票先 →朝倉義景
天子0 票投票先 →森近霖之助
できない夫0 票投票先 →ヤン
森近霖之助1 票投票先 →ヤン
流石兄弟0 票投票先 →シオン
やらない子0 票投票先 →シオン
シオン2 票投票先 →ヤン
古明地こいし0 票投票先 →ヤン
八意永琳0 票投票先 →朝倉義景
朝倉義景2 票投票先 →ヤン
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やらない子 「ではグレーランダムでお願いします」
流石兄弟 「兄者「えっ今日は流石に黒か占い候補かつってくれると思ってたんだけ」
八意永琳 「あー、指揮がはっきりしてないときに占いに手を出すのはよくないです。
灰吊りましょう。」
できない夫 「いや俺だって正直自分の胡散臭さになきてーよ!
こんな不利な狩人日記だしたくねーよ!
今からかきかえていい?ちょっとだけだから」
古明地こいし 「正直できない初手囲いで流石兄弟狼が否定できなくなった」
天子 「切っちゃえ切っちゃえ>りんのすけ
真でも狐が残ってんならわけぐらいにはなるでしょ」
ヤン 「護衛先からみると、えいりん噛みがありえそうなんだがなんとも。」
シオン 「●貰いですししなきゃ今日の吊りはそっちだと思うんですけど普通にという>天子」
古明地こいし 「それで私吊りならまぁ何やっても負ける村だし
というわけで最低でも対抗二人から吊ってほしいわけよ」
朝倉義景 「昨日の会話の流れ的に森近は流石吊る気満々でこいしも信頼乗り気で
流石噛みされるかっていったら微妙な気がするよね」
森近霖之助 「そこは狐になる」
天子 「対抗してる時点でできない夫が微妙だというのはある」
森近霖之助 「響子ちゃんを妄信すると」
シオン 「スルーされる私に全埃が泣きました>共有」
ヤン 「完灰だと、私と朝倉とシオンかね。」
流石兄弟 「兄者「シオンも完灰じゃないっけ?」」
森近霖之助 「よって。」
八意永琳 「>朝倉
ただ銃殺一つで吊りが減るんですよね。
それ含めて考えれば安易に灰吊りでいいものか迷いますね。」
できない夫 「多分森近に俺占わせて溶けないから明日吊りーって展開だから
狭めるために完グレ吊りで良いと思うけど」
森近霖之助 「僕視点、狼の●のできない夫は●足り得ない」
ヤン 「あれ発言またのまれた」
やらない子 「完全灰って朝倉さんしかいないような気が…ヤンさんもいましたね」
古明地こいし 「こなたで狼吊れてないなら余裕ないのでできない夫吊ってくれない?
嫌なら占いランでもいいよ」
幽谷響子 「ちと昨日こいしの○が吊られたのが痛いので
霜之助さん吊りを唱えるのが正道かなと」
シオン 「えーりん噛みと流石噛みだと
えーりん噛みの必然性のが高いなーと思いつつ
どっちにせよ森近吊りで良いんじゃない?という程度ですけど。」
流石兄弟 「弟者「おいこらぁ!俺も話に絡ませろよ!で今どうなってんの?」
朝倉義景 「吊り増えたし完灰吊ろうか」
できない夫 「という訳で流石兄弟GJ
狩人で初手○ってこれだからびみょいのよね」
森近霖之助 「明日できない夫を占えば溶けるさ」
ヤン 「ここでえいりん噛みっていうことは、銃殺対応ってこと?」
シオン 「割とこいし普通に真かなーって思ったり思わなかったりしつつ」
八意永琳 「んー、んー、計算が追いつかない。
どうしましょうこれ。」
幽谷響子 「初手真贋ついてた形なのでしょうねこれ」
流石兄弟 「兄者「ならこれあんまり狼的に真狂判断ついてねー気がする、
狂GJとか狼GJとか言ってみてよさそうなもん、それがないってことは
人狼がどこと明確に敵対するべきか狼が判じかねてるってことだ」
古明地こいし 「いやまぁ◎一●ならあがきに来るよねーそりゃ
たださぁ」
やらない子 「…誰吊りましょう?」
森近霖之助 「つまり、僕視点で多分仕事はできない夫を溶かすことだと思うんだ」
できない夫 「ごめ、響子人狼判定出てるのに気づかなくて
ちょっとパードゥンってた」
ヤン 「さてさて、狩人2人と。」
八意永琳 「おや、私でGJと?
まあ私は噛まれ位置ではありますけどね。
主に銃殺対応用で。」
古明地こいし 「あ、ごめん
三行ルールすっかり忘れてた>ALL」
天子 「じゃありんのすけ吊りでいいんじゃん」
森近霖之助 「響子ちゃん真に何一つ疑いをもたなくていいよ
そこは合格なのだから」
できない夫 「できない夫の三分でできない狩人日記

二日目
護衛先:流石兄弟 襲撃先:魔理沙
あ・・・あにきぃ!
兄貴の占い先が言葉でなく心でわかった!

三日目
護衛先:流石兄弟 襲撃先:でっていう
やべぇ
共有履き違えてるせいでなんか疑われてる
ただでさえ昼AA間違って使っちゃって精神的に余裕ないんですよこっち!

四日目
護衛先:流石兄弟 襲撃先:GJ
今日までここ護衛
明日から共有シフト」
流石兄弟 「兄者「ほう。永琳GJを人狼が唱えるか」」
古明地こいし 「おおー!>GJ」
八意永琳 「んー、あれこれ状況を見るならば流石兄弟は真狂でそこから発言噛みすれば狂寄り。」
朝倉義景 「えーりん村なんだ。」
やらない子 「というか占い三行ですよ?>こいし」
天子 「対抗いるなら出なさいよ」
できない夫 「対抗狩人CO」
森近霖之助 「GJかい?」
流石兄弟 「兄者「ふんふん死体無しか。これどこ噛んだんだろな、囲いあり&信頼勝負ムードっぽい状況で」
シオン 「ふーむ。>狩COと。
今日は?」
幽谷響子 「今日は八意永琳護衛成功」
古明地こいし 「きょ、きょーこちゃーん!」
森近霖之助 「ああ、実に嬉しい死体無し。
吊りもふえて、万々歳と」
幽谷響子 「 幽谷響子の狩人日記

1日目 護衛 なし 噛み GM
2日目 護衛 古明地こいし 噛み 霧雨魔理沙
3日目 護衛 古明地こいし 噛み でっていう
4日目 護衛 八意永琳 噛み

1日目 護衛 なし
ぎゃーてーぎゃーてー

2日目 護衛 古明地こいし
できない夫 0 票 投票先 → やらない子
これあるならマジで初手囲いの可能性と
森近の発言含めてこいし護衛にしてみよ

3日目 護衛 古明地こいし
信頼勝負思考の銃殺対応なんだよね
対応をしてきそうって点だとこいしかこーりんに狼いるのは路線として正しく
そうなると霜之助っぽいだけどね狼って
とりあえず継続

4日目 護衛 八意永琳
噛み配置として○の多い流石兄弟の○から
噛んでくんじゃないかという」
朝倉義景 「わたしだよ」
幽谷響子 「先に出ておきます
狩人CO」
できない夫 「なん・・・だと・・・」
ヤン 「ほう 死体無しと。」
古明地こいし 「全私が泣いた」
森近霖之助 「理由
狂の囲い先
響子君と朝倉君は僕にはまぶしすぎて占えない
できない夫はなんか動きが嫌だから」
流石兄弟 「兄者「いや、ここ以外囲い候補いねーし。
なら今日はここだろ。他に占う先がない」
古明地こいし 「理由
うんまぁあれよ!
信頼路線でくるなら○を作らないとね!
私の○一人しか残ってないし…
というわけで三重○れっつごー!
銃殺なら私神様信じる!
●なら泣くかな…」
シオン 「――高速思考、展開。
ああ、COは判っていますが――まぁ、皆に聞かせてあげましょう。」
できない夫 「おはレイツォ容赦せん!」
ヤン
こいしが自分の○が噛まれているかつ
自分の○つりに拒否反応をしめさない。

いくら信頼勝負の可能性があるとはいえ、
自分がかまれた場合のことを考えない?」
やらない子 「死体なしー」
幽谷響子 「死体なしはありがたいですね」
天子 「おはよー」
八意永琳 「おはようございます。」
森近霖之助 「占いCO!天子は○!」
流石兄弟 「兄者「占い結果!響子は人狼」
古明地こいし 「占いCO!
できない夫は●だったよ!」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
西行寺 幽々子さんの遺言 村人ね。
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
西行寺 幽々子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
4 日目 (1 回目)
幽谷響子0 票投票先 →西行寺 幽々子
ヤン0 票投票先 →西行寺 幽々子
天子0 票投票先 →西行寺 幽々子
できない夫0 票投票先 →西行寺 幽々子
森近霖之助1 票投票先 →西行寺 幽々子
流石兄弟0 票投票先 →西行寺 幽々子
やらない子0 票投票先 →西行寺 幽々子
シオン0 票投票先 →西行寺 幽々子
古明地こいし0 票投票先 →西行寺 幽々子
八意永琳0 票投票先 →西行寺 幽々子
西行寺 幽々子11 票投票先 →森近霖之助
朝倉義景0 票投票先 →西行寺 幽々子
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
流石兄弟 「弟者「できない夫……俺と一緒にスルー同盟に入ろうぜ?」
ヤン 「ワラキアに誘導したシオンが謎なのは確かだけど。
あれしゃべりで判断つかない。
占いをつかうなっていうならわかるがなんとも>朝倉」
古明地こいし 「了解―
ごめんね!>西行寺 幽々子」
朝倉義景 「占うのなら昨日占えばいいのにね」
森近霖之助 「ならこいし君は吊らないように、LWが怖いからね
明日流石切り」
天子 「ならやっぱり流石は真じゃないんじゃない?
吊れるつれないのビジョンの段階じゃないと思う」
西行寺 幽々子 「ああ、ならそれでいいわよ。」
できない夫 「おいふざけんなよ
石ころ帽子ナチュラル装備かよ」
西行寺 幽々子 「ということで、私を吊るか森近切るかね。」
古明地こいし 「熱い告白待ってるよ!>森近」
森近霖之助 「狼騙りにしては、なかなか悪くない。」
八意永琳 「>やらない子
ひとまずどうするかの指示だけはお願いしますわ。
なければ私は幽々子に投票させてもらいます。」
やらない子 「ではパンダつり指定で
幽々子さんお疲れ様でした」
シオン 「割と短絡的な話をすると
他二人と比較して流石兄弟が真っぽいだけ。
てんこ占いがクリティカルヒットですねー。」
幽谷響子 「こいしってそれほど真切る要素がないからこそ悩みどころとも」
天子 「面倒だから完灰吊るすとかいったとき私吊るせないのはどうなんだという話」
古明地こいし 「というわけで私にはどっちもメリットデメリットあるので共有さんにお任せ」
できない夫 「あ、違うわこれ
全力でスルーされてるわ」
朝倉義景 「ヤンかシオンかどっちかは人外でしょ多分。」
森近霖之助 「少し君が好きになったよ
敵だけどね>こいし君」
ヤン 「合格・・と。
うーん ゆゆこは疑っていたと声小田が ふーむ。」
幽谷響子 「初手真贋ついてる噛みではなさそうなんで
流石兄弟真狂では見ていいだろうという感覚はあんですけどね」
シオン 「別にこいしに真切り要素があるとは思えませんけれども。」
流石兄弟 「弟者「しゃーねーなー、三割当たる俺の勘でどっちが狼かズバっと言い当ててやるよ!」
兄者「いや、お前昨日永琳人外外したろ。つかむしろお前の逆を信じることにするわ」
朝倉義景 「めんどくさいから完灰吊ろうか」
西行寺 幽々子 「ということはヤンはもう吊りたくはないわね。」
古明地こいし 「ちなみに私はどっちでもいいよ
信頼勝負なら狼は私真見るとこに●投げるなり噛むなりする作戦だろうから痛いけど
銃殺チャンスも捨てがたいから」
できない夫 「俺個人的に暫定○含めた指定とか・・・駄目?
あ、駄目だこれ、視線でわかるわ
針のむしろってレベルじゃねーわ」
森近霖之助 「合格だからさ>ヤン」
流石兄弟 「兄者「ぶっちゃけ俺は弟者が邪魔するからあんまりどっちが狼とか考えてねぇ!」

弟者「おいおい、俺のせいにすんのかよ、自分の怠慢を」
森近霖之助 「ああ、大声とかめんどうくさい」
八意永琳 「私個人としてはパンダの幽々子を吊って良いと思ってますけどね。
現状、信用としてはこいしが他より劣っている形。
ならこいし真の場合は○吊り銃殺待ちでよろしいかと。」
ヤン 「それとも、もう囲ってるか。だけど
響子君は非狼だね

これはどこから?」
西行寺 幽々子 「ということは、森近が狼で、できない夫で真贋ついた。
こいし噛むと破綻するとかそういうふうに見えるけれど。」
シオン 「霊噛みから狂かな、とは思ってますけれど
真かなとは思えない。」
森近霖之助 「ああ、対向1切りでキープ
もっとも切る対向次第だけど僕視点>やらない子」
できない夫 「これ多分占い1切りになるんじゃないかな、進行として
あ、超ウソつきました」
シオン 「よって森近さん真切り推し。」
朝倉義景 「こいし狼でどっちともつかないから霊噛んで囲ったりしたってのは
割と安直な気もするけどなぁ」
流石兄弟 「兄者「でっていう村人だったっぽいから、森近狼の場合でも2日目に真狂不明か、ふむ……
狂の場合も勿論、と……」」
八意永琳 「こいし真を強く追いたいのならグレラン推奨。
こいし真を投げ出し気味だけど1手ぐらい銃殺余地を与えたいならパンダ吊り。
そういうことです。」
森近霖之助 「昨日の反応が僕にはとてもグッドだったから」
幽谷響子 「パンダを吊らない手もあるけど
それはそれで今日占い一人切るべきという話」
シオン 「ぶっちゃけ、発言と占い位置のセンスが
流石兄弟が凄まじく真狼の位置だと思うので
森近さん真切りで良いんじゃないかと思ってますけれど」
古明地こいし 「いや
ああそういうつもりなんだー
面白いじゃん!って感じかな!>森近」
森近霖之助 「それとも、もう囲ってるか。だけど
響子君は非狼だね」
八意永琳 「進行としては素直にパンダを吊る論。
今日グレランの明日以降偽と決めた占いを順次吊って行く論。
どちらとしてもありますわ。」
ヤン 「んー その●が森近からでるとは。」
天子 「流石はこの展開で私占って、まぁ仕方ないのかね」
西行寺 幽々子 「森近偽なら間違いなく●を打たれると昨夜気づいて、悲しかったわ。」
森近霖之助 「考えてもう囲わないようにするか」
やらない子 「んー、今日から明日まで
どういう順番で誰を吊りたいですか?」
できない夫 「COなしですってよ奥さん(ヒソヒソ
というかもう12なのか、光陰矢のごとし」
森近霖之助 「さて、これを見て、こいし君はどうおもうだろう」
古明地こいし 「んで私の○に●かー
ほぼそこ狼かなー」
シオン 「まぁ、よくある形ですね、という。」
流石兄弟 「兄者「つーわけで理由の通り。対抗どっちか吊って欲しい」
幽谷響子 「○噛みであるならば
本気で信頼勝負という思考でよいのではないかという」
西行寺 幽々子 「ああ、COなしね」
古明地こいし 「あー
ガン信頼路線なわけね
よくわかった」
森近霖之助 「まあ、こういうことになる」
できない夫 「でっていうは死んだ!
ホワイドゥーユーノー!?」
流石兄弟 「兄者「んーギリギリ吊れねぇなぁ、ここ。吊れてる所の投票、
こなたは論外だしワラキアも半分入ってるから明日対抗切って貰わないとなんだよな……
じゃあ吊れそうで吊れないままだと困るしここでいいか」
森近霖之助 「理由
霊能噛まれたら狼の○を洗ったほうがいいだろう
当たり前、ここで狂の意図的でない○を狙うことに
意味は無い、個人特定完了」
西行寺 幽々子 「おはよう」
古明地こいし 「理由
なにかある気がする…私の無意識がそう囁いたの…
冗談は置いておいて後々埋もれそうな位置は引き続きつぶしておくよ
というわけで占いの観察ができてる感のある響子ちゃん!
占いガン見は真面目な村(希少)か役か…」
八意永琳 「おはようございます。」
やらない子 「おはようございます
でっていう噛みーと」
シオン 「――高速思考、展開。
ああ、COは判っていますが――まぁ、皆に聞かせてあげましょう。」
天子 「おはよー」
流石兄弟 「兄者「というわけでPCが復帰した俺の占い結果だ。天子は村人」
森近霖之助 「占いCO!幽々子は●!」
古明地こいし 「占いCO!
幽谷響子は○だったよ!」
朝倉義景 「わ た し だ よ」
ヤン 「おはよう。
なぜか、えいりんに絡まれていたと思ったら
ゆゆこと勘違いしていたらしい。申し訳ない。

歴史を学ぼうって者が漢字が苦手じゃどうしようもないね。」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
でっていうさんの遺言 \\   で ー っ て い う ー う ー ♪ で ー っ て い う ー う ー ♪  //
  \\     で ー っ て い う ー う ー 、 で っ て ー い う      //
   \\        で で で っ て ー い ー う ー ♪          //
       ,、 ,、     ,、 ,、     ,、 ,、     ,、 ,、       ,、 ,、      ,、 ,、
    , - (゚(゚ ))> , - (゚(゚ ))> , - (゚(゚ ))> , - (゚(゚ ))>   , - (゚(゚ ))>  , - (゚(゚ ))>
   ( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i
     ∠_ ,,ノ   ∠_ ,,ノ   ∠_ ,,ノ   ∠_ ,,ノ     ∠_ ,,ノ   ∠_ ,,ノ
     (    )   (    ).   (    ).    (   ).     (    )   (    )
    ,、 ,、      ,、 ,、     ,、 ,、     ,、 ,、      ,、 ,、     ,、 ,、       ,、 ,、
 , - (゚(゚ ))>  , - (゚(゚ ))>  , - (゚(゚ ))> , - (゚(゚ ))>  , - (゚(゚ ))>  , - (゚(゚ ))>   , - (゚(゚ ))>
( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i  ( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i
  ∠_ ,,ノ    ∠_ ,,ノ    ∠_ ,,ノ    ∠_ ,,ノ   ∠_ ,,ノ    ∠_ ,,ノ   ∠_ ,,ノ
   (   )     (   )     (   )    (   )    (   )     (   )    (   )
       ,、 ,、     ,、 ,、     ,、 ,、     ,、 ,、       ,、 ,、      ,、 ,、
    , - (゚(゚ ))> , - (゚(゚ ))> , - (゚(゚ ))> , - (゚(゚ ))>   , - (゚(゚ ))>  , - (゚(゚ ))>
   ( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i
     ∠_ ,,ノ   ∠_ ,,ノ   ∠_ ,,ノ   ∠_ ,,ノ     ∠_ ,,ノ   ∠_ ,,ノ
     (    )   (    ).   (    ).    (   ).     (    )   (    )
    ,、 ,、      ,、 ,、     ,、 ,、     ,、 ,、      ,、 ,、     ,、 ,、       ,、 ,、
 , - (゚(゚ ))>  , - (゚(゚ ))>  , - (゚(゚ ))> , - (゚(゚ ))>  , - (゚(゚ ))>  , - (゚(゚ ))>   , - (゚(゚ ))>
( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i  ( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i
  ∠_ ,,ノ    ∠_ ,,ノ    ∠_ ,,ノ    ∠_ ,,ノ   ∠_ ,,ノ    ∠_ ,,ノ   ∠_ ,,ノ
   (   )     (   )     (   )    (   )    (   )     (   )    (   )
       ,、 ,、     ,、 ,、     ,、 ,、     ,、 ,、       ,、 ,、      ,、 ,、
    , - (゚(゚ ))> , - (゚(゚ ))> , - (゚(゚ ))> , - (゚(゚ ))>   , - (゚(゚ ))>  , - (゚(゚ ))>
   ( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i
     ∠_ ,,ノ   ∠_ ,,ノ   ∠_ ,,ノ   ∠_ ,,ノ     ∠_ ,,ノ   ∠_ ,,ノ
     (    )   (    ).   (    ).    (   ).     (    )   (    )
    ,、 ,、      ,、 ,、     ,、 ,、     ,、 ,、      ,、 ,、     ,、 ,、       ,、 ,、
 , - (゚(゚ ))>  , - (゚(゚ ))>  , - (゚(゚ ))> , - (゚(゚ ))>  , - (゚(゚ ))>  , - (゚(゚ ))>   , - (゚(゚ ))>
( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i  ( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i ( '_,r'⌒゙i
  ∠_ ,,ノ    ∠_ ,,ノ    ∠_ ,,ノ    ∠_ ,,ノ   ∠_ ,,ノ    ∠_ ,,ノ   ∠_ ,,ノ
   (   )     (   )     (   )    (   )    (   )     (   )    (   )
ワラキアの夜さんの遺言
,r'''i   ___             _,,,____
,r'´''''' ̄,,ノ          ,r'''´  ,r  ̄ ̄ヽ、
  ,r'7´ /          / / ,r'7 ,r' /,r'''i,r
‐'/ / /|       ,/ / / /  / /',', l,r'
/  /  /  /      /  /  /  / / `ヽ、!,r
  ム/ ,イ      /! /  /  / /ヽ、
..::: ...:;r‐''/!     レ/ ,!  ,!   ,/`ー、`
ー、‐'´_,/,r'’''''ヽ   /  ! / ,! / ./ !     、_/    ──残念無念、其の選択はミステイク。
;r‐‐'´' , /:::::::;;::::ヾ'''''''i /レi/レ! ,! ! 、   >//    私を殺そうと思うのであれば、
ー---ー'’::::::;;::::;;;:::ヾ:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.! /! l、  `ー/  l    せめて私をイメージする全ての者に。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;;::;;;;;:`、:.:.:.:`、:.:.:.レ:.:.! ,! !`ー'´;r! /l !    血の禍を届けねばね。
:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;ヾ.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:./:.:.ト、r'´.:,!/`レ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;ヾ:.:.:.:.ヽ_/:.:.:.;! `i:.:.:l/:.:.:.:   ──素村とあれど此の身はとうに極めた身。
;;;;::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;`、:.:.:.:.:.:.:.:(_)`ー-ヾ.:.:.:.:.:.:    次の夜まで消えるとするか──……
;;;;;::::;;;;;;::::;;;;:::::::;;;;;;;;;;::;;;:::::;;;`、:.:.:.:.:.:.:.7ー---'、_:.:.:.:.
;;;;;;:::::;;;;;::::::::;;;;;::::::;;;;;;;;:::;;;;;::::;;`:、__/`ヽi,r‐、/,!:.:.:.:
;;;;;;;;::::::;;;;;;::::::::;;;;;:::::::;;;;;;;::;;;;;;;::::;;;;;;;;::::::::::::::::`<:.:.:.:.:.
でっていう は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ワラキアの夜 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
幽谷響子0 票投票先 →ワラキアの夜
ヤン2 票投票先 →朝倉義景
天子4 票投票先 →朝倉義景
できない夫0 票投票先 →天子
森近霖之助0 票投票先 →ヤン
流石兄弟0 票投票先 →天子
やらない子0 票投票先 →ワラキアの夜
ワラキアの夜5 票投票先 →天子
でっていう0 票投票先 →ワラキアの夜
シオン1 票投票先 →ワラキアの夜
古明地こいし0 票投票先 →ワラキアの夜
八意永琳0 票投票先 →シオン
西行寺 幽々子0 票投票先 →ヤン
朝倉義景2 票投票先 →天子
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ワラキアの夜 「実に滑稽、実に愉快。
中盤に座長を配するとは。
君の演じる役どころも、それでは御鉢が知れるというもの」
シオン 「灰削りも普通の思考ですし
信用取りに来ているという印象込みだと
一番悪いのは森近さんなんですが
信用勝負を挑める位置じゃないかなーと思わないこともないですけれども、そこは。
初手対抗占いという辺り。」
でっていう 「>ヤン
でっていうが天才ってこと キリッ」
天子 「信頼勝負ならそもそも消極的なつりでいいでしょう?
信頼勝負ならだけどね」
古明地こいし 「いや別に私噛まれても困らないし…
すくなくとも森近騙り確定すんじゃん>朝倉」
流石兄弟 「弟者「何、それまでどれだけ村人を吊っても狼を全滅させれば勝利だろう?
大事なのはそう……結果さ!」
兄者「3回村人吊ったら大抵負けるんだぞ、おい……」
やらない子 「まあ、今は今やってるゲームに集中するだけですねw>できない夫」
ヤン 「ん?でっていう視点ってなにかわかったかい?>でっていう」
森近霖之助 「意味が無い」
西行寺 幽々子 「>朝倉
森近は、噛まれたらこいしを残してグレー噛ませろ、そう言ってたし。
考慮しているように見えたけれど」
森近霖之助 「なぜなら今日はもう二つにふえてる、だけど、そう。霊能を
噛むのなら。」
でっていう 「でっていうwwwwwwwwwwwwwwww」
でっていう 「じゃーwwwwwwwwww
今日もみんなで・・・」
八意永琳 「んー、正直灰をざっと見回した感じ、あんまり情報がないので正直積極的に吊りたいという位置がない。」
幽谷響子 「ぶっちゃけ占い先なんて占い師に任せて
その思考から考えとくのが大事だとおもいますけどね」
でっていう 「>ヤン
うはwwwwwwwwwwそれ俺視点狼位置確定wwwwwwwww
もしや・・・・天才かっていうwwwwwwwwwwwwwwww」
森近霖之助 「説明の必要はないかな。
僕はすべていっているから>対向のこいし君」
古明地こいし 「なんか見られてないからいっか
私を残したことを後悔させるからね!(キリリッ>狼」
流石兄弟 「兄者「つーかお前理由で俺の勘だとこいつが人外(キリッとか書いてんじゃねーか!肝心な方は合ってたからまだいいけどよ!」
シオン 「まぁ、グレランの続行が正解でしょうね。
だからこそのワラキア吊りを(真顔」
朝倉義景 「自分が噛まれてるんじゃねーの?
って反応がこーりんからもこいしからも特に感じられないのが
不気味なんだけど」
でっていう 「流石兄弟はでっていうを保護するなら真でみてやらんでもないぞっていうwwwwwwwwwwwww」
ヤン 「こいしの占い先がどちらかといおうと囲い狙いっぽくみえるのだが、
そこ狂人であれば、森近が狼=流石真なので
あまりえいりんに絡みたくないんだがね。」
できない夫 「いやー俺勘違いして
シオンにセクハラじみた発言しちゃった>やらない子
もしこれ告訴されたら村終わるまでまってくれんのかな」
ワラキアの夜 「嗚呼見るも無残な嬉し悲し、
キャストの質も頭数も、タタリの夜としてはまだまだ、まだまだ。
泡沫は胡乱に消え逝き、
呪詛の願いも只虚しく響キ
故にコソヨウコソ、ソシテサヨウナラ!虚ろで虚しき虚言の夜へ!」
流石兄弟 「弟者「な?」
兄者「『な?』じゃねぇんだよボケ!外れてたらどうする気だったんだ!」
でっていう 「うはwwwwwwww
残り2分しかないぞっていうwwwwwwwwwwwwwww
まにあわなくなってもしらんぞーっていうwwwwwwwwwwwww」
森近霖之助 「で、じゃあ明日僕ができない夫を占うかどうかなんてことを
示唆するような村人は不合格」
西行寺 幽々子 「流石兄弟の発言はなぜかログがおかしなことになっていたから他に任せるわ。」
幽谷響子 「ああ、理由でも書いてるか
とか割と大事なそっち見逃してた後悔」
流石兄弟 「兄者「あ、PC復帰した。永琳、永琳の結果……永琳の結果……
頼む、村人であってくれ……(チラッ

……ほっ」」
ヤン 「初日なぞ、話題をじぶんから作るか、
誰かの話題に絡んで話す以外に必要があるかい?>えいりん」
やらない子 「……えー……>できない夫」
古明地こいし 「んー
対抗の森近さんに聞くけどさ―
狂人の○占ったほうがいいのはなんでかな?
結局私の○占ってるけどさ」
でっていう 「うはwwwwwwwwwwww
狼かかってこいっていうwwwwwwwwwwww
牙なんか捨ててこいよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
森近霖之助 「君だけか。ま、そんなもんだよね」
できない夫 「なーんだ!
シオン共有かと思ってたらやらない子共有だったのか!」
でっていう 「そんなことに省みず・・・・
でっていうwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
でっていう 「AAはれないかなしみ・・・」
天子 「占いの発言を見るゲームは苦手だし好きじゃないんだけどね」
シオン 「確○になってくれたら死ぬでしょう、いつか勝手に>森近霖之助」
でっていう 「でっていうはこんなもんじゃないっていうwwwwwwwwwwwww」
流石兄弟 「弟者「なんだ、兄者は俺の勘の精度知らねぇの?なんと3割で的中だ」
兄者「それ、精度高いって全然言わねぇんだよ!
森近霖之助 「合格」
でっていう 「27発言しかしてないっていう・・・」
森近霖之助 「あああ、君は実にいいね>響子君」
できない夫 「ん?おー」
西行寺 幽々子 「天子に乗っかって、起こってしまった挨拶に
ながなが言うヤンは何か持っているのじゃないかしら」
八意永琳 「こなたには流石兄弟以外の占いが投票してるので狼吊れたとかはないので結果隠しは否定。
故に信頼に進みたいか、真贋ついてないからお茶を濁したとかそういう噛みですね。」
でっていう 「じゃwwwwwwwwwwww
可愛い子保護しようぜっていうwwwwwwwwwwwww」
古明地こいし 「ま、霊抜いてくるなら対抗占っておこうかな~
確定情報多いほうがいいっしょ!

○ならね…」
ヤン 「まぁ発言的に27発言もしている位置
占いたいと思うのもわかるか?」
シオン 「森近狼は他二人と比較して薄め、という程度だと考えますけど」
森近霖之助 「即座にでっていうとできない夫なら
僕ができない夫を占わないのに眉をしかめられるような村人が好き」
幽谷響子 「できない夫の共有投票あんのに対抗○占いで先そっちなんだとか
森近にはそんな感想かな」
やらない子 「それではグレーランダム継続よろしくおねがいしますね」
朝倉義景 「こなた人狼で流石兄弟狼だ―霊結果見えたらもろばれだー
やばーいで霊噛んだってわけないと思うけどね
その場合こいし噛めばいいだけだし」
でっていう 「うはwwwwwwwwwwwwww
俺様天才wwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
流石兄弟 「兄者「おいおいおい、PC壊した後でどうする気だったんだお前……って思ったら、勘かよ……」
西行寺 幽々子 「森近の印象が他より頭ひとつ良かったというのが初日の感想ね。」
できない夫 「なぁ、今霊界に行ったらハーレムじゃね
早く男が死ぬ前にいってみたい」
でっていう 「そんなことより野球やろうぜっていうwwwwwwwwwwww」
森近霖之助 「ここで村人の反応として。」
ワラキアの夜 「其の思考は道理にして合理的だよ。
惜しむらくは、其れが何一つとして
意味も無く言語とすら役に立たない、
という只其れだけの事。では虚言の夜の幕を開こう──
第二幕!!」
ヤン 「森近は灰じゃなく対抗の○占いと。」
シオン 「ですか。>霊噛み
妙な位置に投票が集まった、とは思いましたが。」
でっていう 「霊能噛みってことは占い師狼混じりってことだろっていうwwwwwwwwww」
古明地こいし 「あちゃー!霊抜かれちゃったか―
銃殺頑張るよ(キリリ」
八意永琳 「霊能が噛まれるのならゆるゆると灰詰めしていけばよろしいのではないかと。」
天子 「こなたでつれたんならいーわね
しかしそれを確認するすべは無いのだった>霊噛み」
幽谷響子 「霊抜きなら信頼するのだろうかという」
流石兄弟 「弟者「なーおい素朴な疑問だけど、
俺が狼の時ってしんのすけ→俺○で噛み変わるんじゃねーの?
俺○が見えてるお前さんは何なわけ?」
でっていう 「うはwwwwwwwwwwwwwwwww
じゃあ今日も楽しい人気投票といこうぜっていうwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
朝倉義景 「霊能噛むんだ。」
西行寺 幽々子 「おはよう」
やらない子 「霊能者かみですかー」
森近霖之助 「理由
僕視点、狂の○のできない夫を占えばいいのはわかってるけど
そこが○だったとき朝倉君に嫌われそうなのと、
でっていうを占わないのは危険だと思った」
ヤン 「霊噛まれると。」
古明地こいし 「理由
無意識占い(キリッ
二票貰いってグレランならなんか別のところ吊れたり●出たりで吊るタイミングを失くしそうな位置だね
村ならそれでよし!」
ワラキアの夜 「──カット。
タタリを継がせるには修行不足だと言っているのだシオン君。
君に口出しをされるほど、私のシナリオも耄碌してはいない。
奈落の底で見ていたまえ。
君の残滓には、端役でも与えてあげるとしよう」
でっていう 「うわっ、魔理沙しんでるwwwwwwwwww
ざまぁwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
できない夫 「いやー昨日はさーせんっした」
シオン 「――高速思考、展開。
ああ、COは判っていますが――まぁ、皆に聞かせてあげましょう。」
天子 「おはよーぐると」
八意永琳 「おはようございます。
投票的に狼は吊れてなさそうな、そんな感じですかね。
狙ってただけに残念な夜でした。」
ワラキアの夜 「開幕直後より鮮血乱舞、烏合迎合の果て
名優の奮戦は荼毘に伏す!廻せ、廻せ廻せ廻せ廻せ廻せェーッ!!」
幽谷響子 「おはよーございまーす」
流石兄弟 「弟者の勘占い!永琳は村人」
でっていう 「殺伐とした村に俺様参上っていうwwwwwwwww」
古明地こいし 「占いCO!
西行寺 幽々子は○だったよ!」
朝倉義景 「わ た し だ よ」
森近霖之助 「占いCO!でっていうは○!」
ヤン 「◇ワラキアの夜(133) 「だからこそ 趣味潜伏というプロットも
流行ってしかるべきだと思うのだがね>ヤン

趣味潜伏も良いだろう、ただし結果を伴わないとね。
あくまで理由もなく潜るのには、信頼を落とす行為だと理解の上
自分と自分の○が吊られる可能性のデメリットを考えた上でやるべきさ。

僕の好みじゃないけどね。」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
泉こなたさんの遺言 村人CO
深夜だし頭も回ってない上にAA使う気力もないっていう。
霧雨魔理沙さんの遺言                 / ⌒ヽ
                /      \
              ,.-‐''⌒ヽ   ,.=、  ヽー、
              ,〃/∠彡ニ\ (.fゃ)  |  j
            /       ミ彡三ヘ`=´   | |
         /       ミ彡三∧    j ./
           ト ャ''"    ミ彡三∧.   //
        」i _;''_,    ミ彡'ニミヘ、 〃
          リ ´ ̄     リ´ f'`ij }/「i|
         ヽ-         '´/ソ'川||
         ヽ一       「彡'川ll.|||
          T   _   / ´ j||.川||
           ` ̄了、     i! 川.川|
              _」. \    | j| 川|ト、
        _/ ̄  \  \   '_/./川 `
        ̄       `    ̄  ´
       ネゴトワ・ネティエ[Negtva Netie]
       (ルーマニア.1935~54)
霧雨魔理沙 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
泉こなた を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
幽谷響子1 票投票先 →西行寺 幽々子
泉こなた5 票投票先 →でっていう
ヤン1 票投票先 →八意永琳
天子1 票投票先 →泉こなた
できない夫0 票投票先 →やらない子
森近霖之助0 票投票先 →泉こなた
流石兄弟0 票投票先 →天子
やらない子1 票投票先 →幽谷響子
ワラキアの夜3 票投票先 →泉こなた
霧雨魔理沙0 票投票先 →西行寺 幽々子
でっていう1 票投票先 →ワラキアの夜
シオン0 票投票先 →ワラキアの夜
古明地こいし0 票投票先 →泉こなた
八意永琳1 票投票先 →泉こなた
西行寺 幽々子2 票投票先 →ヤン
朝倉義景0 票投票先 →ワラキアの夜
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
霧雨魔理沙 「役保護に立つか村っぽく見られるかの2択>挨拶速度」
泉こなた 「まあ、占いの早さは○なら多少遅くても良いかなーって思うよ。
●で遅いとかだったら死ねば良いと思うけど。」
ワラキアの夜 「だからこそ 趣味潜伏というプロットも
流行ってしかるべきだと思うのだがね>ヤン」
流石兄弟 「兄者のPC復帰にご期待下さい。2日目完!」
朝倉義景 「こうでも言わないと○もらってるのって割と有利な気がするもんね。」
天子 「素村が挨拶を早くすること人外の挨拶が遅くなる事に関連がないわ」
森近霖之助 「朝倉君とは僕は仲良くなれそうな気がする」
シオン 「まぁ、そうですね――タタリは、言葉の使い方を間違っています。
共有初日は、不幸でもなく、損失でもない―――悲劇です。」
八意永琳 「しかし私としたことが除草剤を忘れてしまうとは不覚。
どなたか草を除去してくれませんかね。主に蜥蜴の。」
でっていう 「俺様絶好調っていうwwwwwwwwwwwww」
ヤン 「ま、○進行では無意味かもしれないけどね。」
古明地こいし 「みんな私についても吟味していいんだよいえーい!」
幽谷響子 「素村が挨拶遅くしてもいいと思いますけどね>魔理沙さん
特攻潜伏占い保護で噛まれるべきは素村ですから」
西行寺 幽々子 「気持ち悪いから真を見る見ないはべつでしょう。
そんなのって良くないわ。」
でっていう 「うはwwwwwwwwwwwwwww」
ヤン 「10秒より早い●が出た場合、
潜伏占いがいるかもしれないという保護を考える村人であれば
挨拶は遅くすべきだと思うよ。天子の意見はもっともだと思う。」
流石兄弟 「兄者「え、ちょ、おい!?PC落ちた!?明日の占いどうすんだ!?」
でっていう 「こいよ狼っていうwwwwwwwwwwwwwww
牙なんて捨ててかかってこいっていうwwwwwwwwwwww」
やらない子 「AAは夜貼るもの!」
古明地こいし 「あれ…
対抗が対抗○で私の影が…」
森近霖之助 「ああ、だから僕は暗いんだ」
でっていう 「もう一時なのにみんな元気だなっていうwwwwwwwwwwwwww」
霧雨魔理沙 「人外もとい役職」
森近霖之助 「いや、無責任なわけじゃなく。
死にたくないって思っても、死ぬ時は死ぬから。
死んだ時のことを考えたほうが建設的だよねと」
できない夫 「おいばかやめろ>幽々子
連鎖反応的に局地的な
次元歪曲が起きてしまう」
でっていう 「それよりもっていうwwwwwwwwwww」
ワラキアの夜 「キ、キキ、キキキキキ!!
喰ライ尽クセ喰ライ尽クセ喰ライ尽クセ!
救いなどありはしない望みなどありはしない希望などありはしない
──カ、カカカカカカット!カットカットカットカット──
リテイク!最初の夜よりやり直したまえ!」
流石兄弟 「兄者「ほうほう。で、弟者君や。使い方は分かりましたかなぁ?」
弟者「…………………ブラクラポチッ」
シオン 「そもそもまぁ
占い出尽くすぐらいまで待つ質ではありますが
そうしていると気付いたら3分目ぐらいまで誰も喋らない村が完成する訳ですね。
―――計算通りに。」
でっていう 「まぁ流石兄弟気持ち悪いから真みないぞっていうwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
霧雨魔理沙 「素村が全員挨拶早くするなら遅い挨拶は人外しかしないからどうでもいいぜ>天子」
西行寺 幽々子 「>できない夫
つまり、あなたも架空の存在。
はっ、なんてことなのかしら。」
森近霖之助 「それはそれで。」
八意永琳 「森近が流石兄弟占ってることに対してあれこれ議論が交わされるんでしょうけど。
それで噛みが変わってくれるかと言えばノー。
なので噛まれてから内訳考えればいいやぐらい。噛まれないならまたそれはそれで考えざるを得ませんが。」
朝倉義景 「というわけで流石兄弟―できない夫で2人外だから。
そこ偽ラインだから。
ちょうど初手囲いってやつだからね。」
古明地こいし 「でもいっつもおもうんだけどトカゲだし見た目的につるつるしてそうだよね…>でっていう」
流石兄弟 「まぁいいやしゃーない台詞だけ続き」
でっていう 「うはwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
森近霖之助 「でも、逆に僕の灰はかなり広大だから
僕が即噛まれても、こいし狼なら只管飼えば
狼が灰噛んでくれるから」
泉こなた 「AA無しだってーの!そこのAAども自重しやがれー!」
できない夫 「・・・ニコッ」
でっていう 「共有も俺様をたよれっていうwwwwwwwwwwwwwwww
そうしたら可愛い子だけ残して可愛くない奴からつぶしていくからっていうwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
霧雨魔理沙 「お前は共有初日について何も思わないってことでいいな>こなた」
幽谷響子 「テンプレはよく読んでおくべきという話です」
ヤン 「あれ 発言のまれたかな。」
天子 「まぁ早朝待機だからって朝一取っちゃうのはどうなのってね
そんなことばっかりしてると占い師は挨拶→COという手順を踏む時代が来るわね」
シオン 「まじで。」
でっていう 「まぁまぁ俺様が頂点だから俺様生きてたら村かてるっていうwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
できない夫 「まじで」
流石兄弟 「折角書いたのに!?」
朝倉義景 「確かダメって書いてあったような。」
泉こなた 「とりあえず占いと霊能に真がいるのが確定してるってだけっしょ>共有初日
嬉しい嬉しくない、じゃなくてそれが確定してるって事実があるだけ。」
でっていう 「うはwwwwwwwwwwwwww」
森近霖之助 「でも、こんなことを言ってると、きっと
お前そんな事言ってる場合じゃないだろとか突っ込みがくるとおもいつつ」
流石兄弟 「えっ」
古明地こいし 「えーと対抗は…
ああ一人分灰囲い候補がないね!
結構結構!」
でっていう 「ありだったら俺様つかいまくってるぞっていうwwwwwwwwww」
流石兄弟
    ∧_∧
    (  ´_>`)  ∧_∧         弟者「ほれあった。これだろ占いツール。
    i⌒   l  (´く_`  )        えーっとどれどれ操作方法は…………」
.    | |      ./    \
.   | |  .| ̄ ̄ ̄ ̄|   ヽ       弟者「………………」
 __| |_,| DELL  |⊂ニ__)__
   ⊂ u)  |____|/」
できない夫 「というかあれじゃね>幽々子
流石兄弟という存在そのものが
架空のうわなにをする」
西行寺 幽々子 「AA禁止って書いてあったわよ」
シオン 「AA禁止ですよ…」
でっていう 「AA禁止だぞっていうwwwwwwwwwwwwww」
ワラキアの夜 「嗚呼淀み憂い愁い 叫び叫べど叫び届かず
故に我に我に我に其の命与え
命の蜜は杯に満ち足りぬ

──嗚呼、即ち是ぞ失策!狂喜!狂気にして境地!」
幽谷響子 「AAは禁止ではなかったでしたっけ>できない夫」
でっていう 「いいだろうこいしは許してやるぞっていうwwwwwwwwwww
だがかかってこいっていうwwwwwwwwwwwww」
シオン 「…っ、と、友達、ですか?
結構ですっ…>できない夫」
幽谷響子 「森近視点狂狼の区別がついてるってくらいですね」
でっていう 「>こいし
わかってるなっていうwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
ヤン 「毎度のことながら僕は10秒まってから挨拶すべきだと思っているね>天子」
できない夫 「AA一日に三回までじゃなかったっけ」
霧雨魔理沙 「様子見しない挨拶もメリットあるぜ>天子」
古明地こいし 「わーい!もふもふしたーい!>でっていう」
でっていう 「でっていうが正義っていうwwwwwwwwwwwwww」
流石兄弟 「弟者「はぁぁぁぁ!?ざっけんな!おいお前そのPCよこせ!
どうせそれでインチキ占いやってんだろ!三割当たる!とか言って!」
できない夫 「シオンちゃんは夜一人なのか・・・
俺の友達の魅音ってやつが居るんだけど
送り込んであげようか」
西行寺 幽々子 「流石兄弟の占い理由、つまり弟者はできない夫で、この村にはできない夫が
二人いるということかしら。」
森近霖之助 「ああ、なら僕噛まれたらこいし飼ってねっていうのが普通なんだろうけど
霊能より遅い対向って狐も稀にありえるねって」
でっていう 「うはwwwwwwwwwwwww
最高に気分がいいっていうwwwwwwwwwwwwwwww」
古明地こいし 「まぁ仕方ないね!霊能真確定ひゃっほい!意外に言うこともないね」
朝倉義景 「確かAA禁止だったはずだから今日はできない夫吊りでいいね。」
泉こなた 「まじうぜー!>でっていう」
でっていう 「俺様つれなくてどんな気持ちっていうwwwwwwwwwwwwww」
八意永琳 「3-1で共有初日はよろしくない。
初日共有でメリットが少ない形なので、確定○が多い方が良いに決まってます。」
でっていう 「>こなた
ねえねえどんな気持ち?っていうwwwwwwwwwwwww」
シオン 「ふむ。>相方初日。
予測されていた事象、特に何か言うべきことでもありません。」
泉こなた 「いや、そんな事言ってないからね?>できない夫」
天子 「ただし、村人は平気で様子見せず挨拶するのばっかだから占いに優しくないのよね」
やらない子 「グレーランダムですねー」
ヤン 「霊脳真確定と。
占いにも真まじり。実に普通な展開か。
3COでの霊脳は大抵真なので残念な情報でもある。」
泉こなた 「このでっていううざすぎるのに吊れない事に悲しみを覚えた。」
でっていう 「来いよこいしwwwwwwwwwwwww
占い理由なんて捨ててかかってこいっていうwwwwwwwwwww」
古明地こいし 「な、なんだってー!>ない子」
流石兄弟 「弟者「てかおい、おい。兄者が占い師なのはいいけど、俺は何なんだよ。
俺も当然占い師なんだろ?」
兄者「は?んなわけねぇだろ。俺が占い師。お前はあくまでそのサポート。」
幽谷響子 「まーよくある共有初日の3-1展開ってだけですねー」
霧雨魔理沙 「じゃあおとなしく攻めに集中できそうだ」
ワラキアの夜 「──其れは不運なお知らせだ。そう思わないかね?
3-1で相方が初日とて。
何の嬉し悲しを感じすらもしない」
できない夫
            ,r' ⌒ヽ、 彡
       / ̄ ̄ Y , ⌒ヽ ヽ
    / 「  へ { ~ } |    ピクッ
    |  (●)(●)  / ノ ノ
    .|    |   (   /
     |   __´___   , _.ノ        できない夫○・・・できない夫白い・・・できない夫かっこいい
     |        }
     ヽ       }
      ヽ     ノ
      /    く
      |     |
      |     |」
朝倉義景 「対抗占いある3-1で共有初日ってうれしくもなんともないよね」
森近霖之助 「この場合、二人共狂人ってことでいいんだろうか」
天子 「最近初手●が遅い傾向があるから占い師は30秒くらい様子見するのが理にかなっている」
シオン 「―――3CO、計算通り、です。
森近さん視点、占い内訳は以下略。
グレランと行きましょうか」
でっていう 「これは草生やすことしかできないwwwwwwwwwwwwwwwww」
古明地こいし 「はいはーい霊能はいいCOありがとう!
共有もよろしくぅ!」
八意永琳 「3-1展開ですね。共有も出て下さい。
グレランするしかないんですから。」
泉こなた 「はいはい3-1グレラングレラン。
んで占いの真贋付きやすい形になってるんかね」
でっていう 「うはwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
でっていう 「俺様の人気投票に参加できないじゃないかっていうwwwwwwwwwwwww」
幽谷響子 「それじゃー共有も」
霧雨魔理沙 「3-1と」
ヤン 「3CO ○進行と、それじゃ共有もでるといい。」
でっていう 「なん・・・だと・・・」
やらない子 「共有者CO 相方はゲームマスターです
既にお亡くなりになりました」
古明地こいし
理由
無意識占い(キリッ
まぁ初手ヘイトアイコン占いもたまにはいいよね!」
森近霖之助 「理由
RPが二人羽織で大変そうだから。

個人特定できればいいからこんなもんかな、一行空ける程度の気遣い」
でっていう 「うはwwwwwwwwwwwwwww」
流石兄弟 「弟者「俺だと思ったのか?できない夫だ」
兄者「なん……だと……!?」
ワラキアの夜 「──ふむ、あまり考えたくは無いのだが──
どうやら。舞台ジャックという奴かね?
面白い。観客となるのは実に──否、1年前にも在った事か。
少々格好がつかない事になったが……
では虚言の夜を始めよう!」
でっていう 「俺様最強すぎて余裕だろっていうwwwwwwwwwwwwwwwww」
古明地こいし 「占いCO!
でっていうは○だったよ!」
西行寺 幽々子 「おはよう」
天子 「おはよーぐると」
霧雨魔理沙 「霊能CO」
ヤン 「やぁおはよう。

やはり朝にはブランデー入りの紅茶を飲まないと目が覚めないね。
コーヒー?あんな泥水を飲む人の気が知れないよ。」
朝倉義景 「わ た し だ よ」
シオン 「――高速思考、展開。
ああ、COは判っていますが――まぁ、皆に聞かせてあげましょう。」
でっていう 「さーて人気投票しようぜーっていうwwwwwwwwwwwww」
森近霖之助 「占いCO!流石兄弟は○!」
流石兄弟 「兄者「俺が占い師だ、できない夫は村人だった」
ワラキアの夜 「何だね是は。このような脚本、このような舞台。
このような登場人物を私の夜に引き入れた覚えは無いのだが──」
幽谷響子 「おはよーございまーす」
泉こなた 「おはよーさん。
ぶっちゃけ深夜だしあんまり気張っていく方向じゃなくて良いよね」
やらない子 「おはようございます
役職の方々はCOをお願いします」
でっていう 「殺伐とした村に俺様参上っていうwwwwwwwww
占い師?霊能者?共有?全ローラーでいいっていうwwwwwwwwwww」
霧雨魔理沙 「おはようさん」
八意永琳 「おはようございます。
それでは皆様、改めてよろしくお願いしますわ。」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
GM は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ゲーム開始:2012/06/04 (Mon) 00:47:04
でっていう 「でっていうwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
幽谷響子 「ぎゃーてーぎゃーてー」
幽谷響子 「1」
幽谷響子 「2」
八意永琳 「ま、GMが居ないので投票忘れなどには注意ということですね。」
ワラキアの夜 「君には未だ此の程度の御遊戯で十分だよシオン君。
是以上の採点をお求めとあらば──
キャスト!幕を開けたまえ。
観客たちもどうか速やかなる着席を。開演のブザーはとうの昔に鳴り終えている!」
朝倉義景 「よろしくね」
幽谷響子 「さんきゅー>こなた」
ヤン 「弟者ができない夫に見えるのはきのせいかい?>流石兄弟」
流石兄弟
         
     _, ._   
   ( ゚ Д゚)   お、弟……者……!?
   /   \ 
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/
__(__ニつ/  FMV  / .
    \/____/ 
幽谷響子 「3」
泉こなた 「あ、スレに報告きたよー

えー、入れませんでしたので……
村開始お願いします……
投票にだけ気をつけてください

だってさ」
古明地こいし 「えーとテンプレで変わったことあるのは狐遺言なしと占い理由産業だけだね」
やらない子 「その顔はブラクラゲットした目ですね>できない夫」
幽谷響子 「というわけでカウントしちゃいますね」
シオン 「要するにパスワードを忘れたのでしょう?>GMさんは」
幽谷響子 「改めて再掲

AA無し 狐CO無しの狐遺言無し 占い理由3行
超過即噛みは初日夜以降あり」
できない夫
          ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  )
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i         ・・・
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/  FMV  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃

                   

               
          .┘ 、 、
          (● ●).!
         | !    |      また騙されたな
    ∧_∧  ヽ `  .ノ
   (  ´_ゝ) /   ⌒i
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/  FMV  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃」
霧雨魔理沙 「本当にいないらしいから始めるか」
やらない子 「占い理由3行ですかー、縛りプレイですか?」
西行寺 幽々子 「じゃあ、投票するわね。」
幽谷響子 「全員投票みたらはじめちゃいますよ
はじめていいっぽいですし」
古明地こいし 「おまたせしましたー!」
かりりん 「かりりん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりりん → 古明地こいし
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 4832 (古明地こいし 5)」
森近霖之助 「特殊ルールあるね、確認確認」
流石兄弟 「まぁ、響子が進めてくれって言い残してたし大丈夫だろ」
「てわけで適当に始めちゃおうぜ」
泉こなた 「まー、そーゆー事だから、投票周りだけ気をつけよーぜーって事で。」
シオン 「GMが戻れない……これもまた、計算通り。」
霧雨魔理沙 「まあいなくてもなんとかなるだろ」
ワラキアの夜 「これはこれは。巨人の穴倉、其の当主候補殿ではあられませぬか!
皆様、喝采のご準備を!
愛しき演者のご活躍、とくとご覧あれ!」
泉こなた 「GMなんていなかった。」
朝倉義景 「よろしくね」
やらない子 「スレで報告なりなんなりあればいいんですけどね」
かりいー 「かりいー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりいー → 森近霖之助
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 166 (森近 霖之助)」
天子 「いやべつに>ゆゆこ@」
霧雨魔理沙 「GMはいなかったのだ」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 朝倉義景
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 4518 (朝倉義景)」
でっていう 「お前らもうすぐ1時だぞwwwwwwwwwwwwww
元気だなっていうwwwwwwwwwwwww」
西行寺 幽々子 「あら、もしかして入ったら不味かったかしら。」
「仮 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮 → 流石兄弟
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1705 (流石兄弟)」
天子 「いまだに発現がないという事は入れないのでしょう>GM」
でっていう 「うはwwwwwwwwwwwww」
やらない子 「埋まりましたね、よろしくお願いします」
幽谷響子 「果たしてGMはどうなのだろうか」
西行寺 幽々子 「よろしくね。」
シオン 「――――――タタリ!
やはり…私の計算は正しかった。」
かり さんが幻想入りしました
西行寺 幽々子 さんが幻想入りしました
泉こなた 「あ、やっぱいていいや>でっていう
なんかシオンとワラキアが揃っちゃったし癒し要因って必要だよね。」
やらない子 「雪華綺晶さんには謝っておくべきです。いまいませんけどw」
霧雨魔理沙 「今流行りなんだぜ>ヤン」
ワラキアの夜 「──では、虚言の夜を始めよう」
八意永琳 「よろしくお願いします。」
八意永琳 さんが幻想入りしました
かりかりかりかり 「かりかりかりかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりかりかりかり → ワラキアの夜
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 925 (ズェピア)」
シオン 「……こんばんわ。」
かりりん 「よろしくー」
ヤン 「変えたか。さすがにあの格好はちょっと・・・」
かりりん さんが幻想入りしました
霧雨魔理沙 「こいつはすげえや」
シオン さんが幻想入りしました
ヤン 「ダウト>まりさ」
でっていう 「>こなた
ひどいっていうwwwwwwwwwwwwwww」
霧雨魔理沙 「霧雨魔理沙 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 5512 (キラキダイン) → No. 2328 (霧雨魔理沙 )」
霧雨魔理沙 「霧雨魔理沙 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 2328 (霧雨魔理沙 ) → No. 5512 (キラキダイン)」
かりかりかりかり 「(バキューン」
泉こなた 「いや、別に殺伐としてねーから帰って良いよ?>でっていう」
でっていう 「殺伐とした空気の中
      大人気の俺様登場っていうwwwwwwwwwwwwwww」
霧雨魔理沙 「よろしくートイレ」
でっていう さんが幻想入りしました
霧雨魔理沙 さんが幻想入りしました
かりかりかりかり 「ども よろしくお願いします」
かりかりかりかり さんが幻想入りしました
かりいー 「よろしくー」
幽谷響子 「はいはーい」
やらない子 「こんばんはー」
やらない子 さんが幻想入りしました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
仮GMさんは席をあけわたし、村から去りました
仮GM は 仮GM に KICK 投票しました
「こんばんは」
仮GM 「その際はアンカー、響子さんお願いします
全員の投票を確認したら、好きにカウントしてください」
仮 さんが幻想入りしました
かりいー さんが幻想入りしました
できない夫 「メーン」
できない夫 さんが幻想入りしました
仮GM 「という訳でGMで入れないかちょっと試してきますので
もし戻らず埋ったら、身代わりくん村だったと思ってください(土下座)」
天子 「ハロー」
泉こなた 「まー大丈夫じゃねー?
別に少人数でも私は構わないしねー」
ヤン 「やぁ宜しくだよ。」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → 幽谷響子
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 5479 (かそだにきょうこ)」
天子 さんが幻想入りしました
ヤン さんが幻想入りしました
仮GM 「いらっしゃいませー
最悪、少人数も覚悟でよろしくお願います>時間も時間なので」
泉こなた 「やっほー☆」
泉こなた さんが幻想入りしました
仮GM 「AA無し 狐CO無しの狐遺言無し 占い理由3行
超過即噛みは初日夜以降あり
点呼は50分。それより早く埋ったら前倒しで開始」
kari 「よろしくね」
kari さんが幻想入りしました
仮GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。

【参加者全員へ】
 完全ステルス防止のため入村時一言挨拶をお願いします。

【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【初心者の方へ】
 詳しいルールなどについては、以下のURLを御覧ください
 ttp://alicegame.dip.jp/shinku/info/rule.php

 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は、やる夫村では
 禁止されています。※共有や狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 ttp://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html」
仮GM さんが幻想入りしました
村作成:2012/06/04 (Mon) 00:29:55