←戻る
【劇場6】劇場公演 木曜の部エクストラ村 [11番地]
~オーバー・マイセルフ~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君天啓封印遺言制限自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
 (dummy_boy)
[占い師]
(死亡)
icon 小日向美穂
 (姉崎◆
iHLHGlkV5Y)
[人狼]
(生存中)
icon 輿水幸子
 (crescent◆
paTche.IL.)
[共有者]
(死亡)
icon 島村卯月
 (cascade◆
qFi/JlgvP6)
[人狼]
(死亡)
icon 結月ゆかり
 (風葉◆
YBQZlOO3l2)
[村人]
(死亡)
icon 姫川友紀
 (Col. Izumi◆
EF81133bWs)
[村人]
(生存中)
icon フレデリカ
 (deth◆
4nafBWqIXY)
[村人]
(死亡)
icon 萩原雪歩
 (ロクジョウ◆
kq8e.0vbbc)
[狩人]
(死亡)
icon 天海春香
 (かんなづき◆
jvBtlIEUc6)
[村人]
(死亡)
icon 川島瑞樹
 (骰子)
[霊能者]
(死亡)
icon 小早川紗枝
 (◆
xniOj1uvwA)
[村人]
(死亡)
icon 五十嵐響子
 (無人◆
6XLsuav3kPSF)
[妖狐]
(生存中)
icon 鬼柳京介
 (レッドヘアー◆
m6iQRgerAg)
[村人]
(生存中)
icon 霧雨魔理沙
 (ジロウ◆
WwaIPdl0Z6)
[狂人]
(死亡)
icon 早坂美玲
 (エリア6◆
iRnBPBX3do)
[村人]
(死亡)
icon 星輝子
 (できない夫◆
5DYYU5zxeQ)
[共有者]
(死亡)
icon 渋谷凛
 (ツバメ◆
2/IVYs.TPo)
[人狼]
(死亡)
五十嵐響子 「占いの目を気にしすぎて出力不安定になって落ちるパターン、多いですから。
村人でも狐と思われること多いんですよねえ>フレデリカさん」
フレデリカ 「>◇五十嵐響子 「偽の○に入ったらそうそう即吊り占いはないですので、
おっかなびっくりしゃべる必要もなくなる、そういう点で速めにエンジンかかりましたね」

なるほど、◯抜きでも 京介 さえちゃんと 違ってみえたのはそこか」
天海春香 「よくわからんが、レッドマン増やせばいいのか!」
五十嵐響子 「AA豊富過ぎて震える」
星輝子 「レッドマンの勇気が村を救う日が来ると信じて…!


     マム
     マム           ,.=-ュ、
  ゙マ三三三三三三三lニニ(   i{ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ>
      マム          ヾーil      〉_::::: ̄_ヘ::::l._
         マム             l__.|       /リiヘ::::ヾ、ヽ.',iソ
                  /   j     Lイノ`'・ュ.‐’',ソ
                   ,'  _.l.     .リ i  、.゙_ソ
                     i  ̄ j`'二ュ._.ィ'  ゝ、 _ー7
                   ',.:::::ノ:::::::::::ソ. ヘ ヽ.;:;:;:.ィ´
                  `'・ャ、_::::ノ丿 ム    ヽーュ、
                     i:::::::::::::::ハ    i:::::::`'ー─‐─‐──==ニニェュ
                     {三ニ=ュ,.::::ヽ._,.ィ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j ィー'ノ
                          }:::::::::¨ー=ニソ.、::::::/二ニ==‐ ' ¨ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄
                      l::::::::::::::::::::::`ヽ::>'´
                      l:::::::_:::::::::::::_l」
フレデリカ 「なんで レッドマンのAAとか持ってるんだ このキノコ という顔してる」
島村卯月 「さてそろそろ帰ろうかな
また次回の公演で宜しくお願いしますね、お疲れ様でしたー」
天海春香 「俺とお前は戦う事でしか分かり合えない!


特撮最近見てないから最新の増やせないにゃあ・・・
趣味で増やそうとしたらたい焼き仮面アルティメットフォームとかの画像探してしまうけど誰も使わないと思って投げ捨てる」
星輝子 「レッドファイッ!」
星輝子 「>五十嵐

              _____    ___         ___
               /   ,.ィ'´.     `i l 人. 人       マ ム
               /   /  ,。 _  ___l l`Y´`Y´____ マ ム‐一、
                /   / /./// // /l `'ーャ、 マ    ム.  ̄ ̄',  ム
           /    '.ィ'’ :/// // / .l       l ー─ァ  ', 、-─'   ム
            /         / /`'" /. l     l マ¨`  リ マ       l
             /         / /__ ノ  l  iヽ、  :l  マ  ィ'’  マ    ノ
         /         / /´       l  ゙ヽ、`ヽ!   ̄ ̄   マ/ ̄
           /,.ィ'`'ー─一’          ̄ ̄ ̄            '
        /´

                         _,.ィ'´ ̄ 0ヽ.__
                       o,  ,.ィ´l三二℡`Y´ィ'´三〉  ,o     ,.,-‐‐、
                  マ, ゙マ::::.ィ'¨`ヽ.:', ,':::.-‐.r’ //     rトアァァ、 ム
                       マ, ∧::::ゝュ,ィ::::i!::〈. .ィム. //      `ュi.i i.イトハ.
                    マ.ィヽ.::::::::::::::::,.ハ::_:::::::リ//       マ三二ハ
                    ゞ、ハ ̄ ̄,.¨二 , ̄.iイソ         ゙i≧<ム
                    _,.ゝ‐tュ  ヘi - ,’ j´          ハ     ',
                    ;仁  ー{っ     ノ             ',    i
                  ,.イハーュ.ー}´  ̄i ̄ ̄i              l:    l
                /ヽ 人  .ィ´j      ハ、_   .ィエャ─‐-v-‐─ 〉:__,.l
              ,.ィ'’  丶.ィ'´            ̄i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i,:::::::::::::.l
            .,・’i,.   /:i::::'.,           ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、::>'’
          ,.ィ'’   ヽ. /.ィ:::l:::::::ヽ.        ,.ィ'’::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.,‐'"
           ,.'::::ム     /::ノ::i::i:::::::::::::::`'・ュ、  _,.ィ’:::::::::::::::.i::::_,.,-‐ '"’
        i:::::::::ム  /:::::::::::.ノi!:::::::::::::::_,. ィ'’ Y℡ュ、::::::::::::::::{'´
        i,:::::::::::::`,ィ'’.-‐一'`',i:::::::::,.ィ仁三ソ=ャ、三三二ニァ
           `'・ャュィ'´       マ三二ニィ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                    ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                     i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l」
星輝子 「ということで」
五十嵐響子 「偽の○に入ったらそうそう即吊り占いはないですので、
おっかなびっくりしゃべる必要もなくなる、そういう点で速めにエンジンかかりましたね」
フレデリカ 「なるほど。 指定周りの発言飛び交ってで狩人目が見えたのが あまりよくなかったかなぁ とか思ったアルヨ」
五十嵐響子 「元々短期でも最初は「村人見つけて圧殺」のほうが好きだったんですよ
今で村うつ人の方がおおい名残がありますが」
星輝子 「あるいは出会い頭に燃やせばいいのよ」
星輝子 「今回、五十嵐が吊られなかった理由は材料が豊富だったから
吟味した上で「狼ではない」と判断されてしまったから

そういう位置を処すには占い師の力を借りるか」
輿水幸子 「                  ´                .
      __       /                   ヽ、
   . ´: : : :¨¨''¬=-_′            /^ヽ、       ‘ ,
  / : : : : : : : : : : : ` : : 、¨¨''<_ ̄¨¨''=|    ヽ、     _」_
.  ′: : : : : : : : : : : : : : :_:_`:_.   ̄¨冖¬、  ゝ、├:v'´ ̄   }
.  、 : : : : : : : : : : : :, ´..:..:..:.....`丶       \  ヽ j`ヽフ /
   \ : : : : : : : : /:.:.:.:..:..:...... : . . .  、      丶_ノ'^丶、 /{
    ` . :. :. :. :./: : : : . . |、 : . .i!   |ヽ`ヽ、           ` ト .,
      丶: : .′ : . ├十:、  }ヽ、「¨'iTヽ}`丶、         ¨^''‐- .,__
           ` ,イ  ハli {  ヽ:{  」ニリ=%}.: : :.`ir…-. . ..___,. -‐…''"¨⌒: : `:
         j/ |  :i リニ=ミ     ''^¨} 圷ア=ー |`、\:\T^\ : : : : : : : : : : : ′
        /:フ|  冰 ヒう       -‐‐''リ!   |-‐ヽ、、 \__: : : : : : : :,. . :´
         ´¨/ |/〈 ハ ^´ r   ...:..:.:.:.::/ |  i リ  :〉 ! i|⌒  ̄¨¨¨¨´
         ⌒  !从'"         ′|  |/  ,ィ :/| リ
             | :个: .  ー-‐'    | !{¨´/}/ ノ′
            | :! l i: .、     ,.. : :.|iハj ! / /
            ヽ |^i从 ⌒::..,, <i: :_:__リ=¬′    この辺でお先にですが失礼させて頂きます
                 リ     ,. <ッ''¨¨フ´二ニヽ
                    r‐=7" //j{^/,㌢: : : : : : \  ボクのかわいさ故に久々にこのステージが満員になってすごく感動しました
                  ノ{ ′/^ jレ',ィ㌣ , : : /: : : : :‘,  もっともっとここを盛り上げていかないとですね…
                /;j/  / ,/ィア ' i´ /.: : : :. :. :.i
            _,. '" / _/,ィf㌣"゙ / }_,. - ´: : :.、: : :! ではみなさんお疲れ様でした。
          r 、  {    /ィf㌣"   ,/:/       ヽ }
      r‐-ヽ_\r≡㌣ュ.,,ィ^i,    /´             〈
     r‐=.,_   マ、:Υ{匸}c ト-rイ            . : `、
     {``‐-     ∨{ i匸}c }勹コ ヽ,___,,.... -< ̄: : : : : :}
     ヽぅ-、     ∨[ニ/  j勹コ_,./..,,_    ` ‐--‐ ´
../^"¨¨¨ ̄} }\   丶/ c /勹 く r-, / /_ ̄7''‐- ...」 |」
星輝子 「その発言をどう吟味するかは共有者次第
ただ。吟味する材料が無いよりはあったほうが絶対にいい」
星輝子 「思ったことはどんどん言っていいのよ、村人だもの>フレデリカ」
星輝子 「自分以外の全員を殴り倒せば是非もないよネ


                 ___,,r=ー--、,,,,,__        ,、
    __ノ\   // .,、-='ミV/////彡彡彡ヽ、    / `ヽ、_
    )  エ `ヽ、.   / ミミ y// 彡彡彡 三\ ヾ<゙  エ  7
    〈   フ  /  /ミミ\///// /彡彡 ミ\ l ii   フ  _l
    ゙i,  ッ /  /彡.彡=、_川/ 彡=ー'''))-、三 三ミ) |   ッ /
     ゙i, /゙.  ,ノ彡/ )):.:.:`'''ー''゙)):.:.:.:.:.:((:.:\_彡三 ) !r''' ̄⌒
      !'゙   (彡 |:.:ノヘ、゙l:.:.:l:.:((:/ ,へ、,,_)):.:゙i,三三ミヽ )i
        / | l 彡ノi/゙\|i :.|:.:.)//゙゙゙`''ヘ、(('i=y'゙iミミ゙ヽ、
     /\  l  .l彡rt, ,,==、゙i, l:.:.:(/゙゙,,m==、_ _ノh,/ .ノミミト、_,r'''゙,r=-、
   / エ \ i  )゙i、| .( (())i,:.i:.:.:/:::::(.(())ノ`:.:.:.:.:.:lノヽ,ミミミ==''゙
   )  フ  > ノ((/.゙i, :.:.:.;;,,ン i i(:::::.:.Zニ,__:.:.:.:.ノ.゙i:.:.:.:iミミミヽ==、 \
  <   ッ  / ./人川ヽ、( :.:.:/=ミー、::.:.:.:.:.:ノ,イ ,ノ:.:.:.:.゙i;;;\ミナ-、_ .゙i,
   \ _,rー'''!゙ Vハメ.|:.:.:i:>、:.:`-=r''゙゙:.:.:.:.:.:.ハ y''゙::.:.:.:.:.:.:.`i;;;;;i、ヽ
    `'   (  ゙! r'''゙i:.:.\(ノ<ニ=ニ>、__,r.:./:/:.:.:.:.:.:.:. ノ::i;;;;;;;゙l`''=、, ヽ
    _ニ   /;;ir=':.:.:.:.:.゙i,'゙ヽ-=r''゙゙゙:.:.:ノ/:.:.:.:.:.:. / :::ノ;;;;;;;/;;;;;;;;;;;゙'
      _,、-/;;;;;;;l:.:.:.l :::.:.:..゙i, :.:.:.:.:.)):.:./ /:.:.:.:.:.: :./;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;
   _、r''゙゙;;;;;;;(;;;;;;;;;;;;i:.:.:.:い:.:.:. `=ー--ー'゙:. /:.:.:.: .:./;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;」
フレデリカ 「ログ読んできた。 3昼指定するかどうか共有つついたの あれは やっぱ ないムーブ。

>輝子
うん 回転数低いんだよね〜 フレデリカ。 6回転から7回転に上がったけど 毎日10回展はしたいね〜 回転数増やすのはさすがに慣れだね〜」
輿水幸子 「納得しない人のほうが多いですから…
なにせ最終日が来る前には基本的に誰がLWなのか見当つけてないといけませんし>響子さん」
五十嵐響子 「6時間かけて丁寧に殴り殺したこともありますけど…誤差でしょう」
五十嵐響子 「本来あれだけやり合って納得したら拳で分かり合えるものと思うんですけどね。
長期ではよく3時間くらい殴り合って分かり合ったものです」
星輝子 「PCSって何の略だっけ…?
パーフェクトカイザスマッシュ?」
島村卯月 「それSCPやろ!」
輿水幸子 「響子さん京介さんが殴り合う

ここまでは計画通りだったんですけどね…
さすがに拳でわかり合えたというレアケースが発生するところまではどうにもならないと思います」
星輝子 「        P  C  S Foundation



         ---ミ
       Y/乂  } `ヽ
       /(;;):::{っ r,,  }
       .{::)::(: rミ L,_ /
      .∧トイ::ゝ'   .,゙
       ∧‐-:、 /
        .}___/
        ./   ヽ
   r=ミ__,,,,,>'^  .: |
  人__,,..  -‐'^ .: |
       .|:.:  .:.:.l
       .l:.:  .:.:.:{,
       ‘:,:  .:.:.:.: ヽ
       ‘:,  .:.:.:.: |
        }⌒ヽ:_丿
        | .:://
        | .:{ |
        | ..:,. :,
        ∧ .:, :,
            }___ト‐'」
五十嵐響子 「うん、6人の段階で潜伏狂人COしたくなりそう」
輿水幸子 「ここまでやって初めて完璧、というものです」
星輝子 「自分を疑われても、理由が納得できるかどうか
自分をかばっても、理由が納得できないかどうか

この辺で考えると楽しい」
島村卯月 「…凛ちゃん、NG会議は来週ね
これ先にPCS会議しないと駄目な流れだ(真顔」
輿水幸子 「そして霊界では響子真占いネタで盛り上がる」
五十嵐響子 「次それになったら間違いなくPCSは吊れって風潮になりますよ・・・?」
輿水幸子 「なお初手即噛みの模様」
星輝子 「残しておけば面白いから。面白いことが予想できるから、吊られない
グレランで残るのは、そういう位置」
天海春香 「まあ確かに、私も叩かれてたけど狼には見えなかったですからね京介さん
あって狐かなと」
五十嵐響子 「同☆陣☆営」
輿水幸子 「◇小日向美穂
[人狼]
◇島村卯月
[人狼]
◇五十嵐響子
[狂人]」
星輝子 「惜しい、と思われたからよ>天海
退場させるには惜しい。そう思われることが、グレランで残る秘訣よ

だから輿水は基本的にグレランで吊られない」
輿水幸子 「鬼柳さんが即座に響子さんに放って狼勝利は割と見えてたんですよね…
ですから最終日に関しては狐さん非常に良かったと思います」
島村卯月 「>響子
つ、次の公演ならPCSちゃんと村陣営になるから(震え声」
天海春香 「京介さんが占われてないのに、男なのに吊られないのはイケメンだったからでしょうか」
小日向美穂 「お前ら争うがいいですーで争わせるんだけれども、最終日はちょっとまずったな」
星輝子 「輿水☆幸子」
渋谷凛 「私は初手蒼がいいかな」
五十嵐響子 「ただまあ、この展開で手繰り寄せられないあたり、まだ腕力が足りてないですね。
鬼柳さんを引っ張りこめたのをよしとしましょうか」
星輝子 「そうだな、せめて☆にしよう」
小日向美穂 「○はいらないですねえ。ほんま」
島村卯月 「霊能噛みで即●を叩くのを躊躇するのも考えものだなあとは思った(小並感」
輿水幸子 「普通にアリです
騙り側が相当頑張る必要がありますけど>卯月さん」
五十嵐響子 「美穂ちゃんと卯月ちゃんは別陣営だと思ってた(アニメの響子の扱い感)」
星輝子 「発言数よ、これは発言数を競うスポーツよ>フレデリカ
発言数が20を超えたらケイデンスさらに上げるんだ」
五十嵐響子 「えぇ・・・>輝子ちゃん」
渋谷凛 「蒼くない者にはわからない話だよ>輝子」
島村卯月 「初手狐囲いを避けるために美穂ちゃんに○を出すという選択肢の是非」
星輝子 「惜しむらくはそれで霧雨を吊り損なった
5日目は僅かに残せる余地を感じてしまった、6日目は姫川●でそれが消えた

色々考えすぎているかもしれない。けど悩んじゃうんだ、女の子だもん」
フレデリカ 「GM村だてありがとう。皆様 お疲れゲンズブール

改善材料がすぐ思いつかないのでログ読み返してみつけるプレ」
星輝子 「それは4日目のことよ>島村
指定をされた反応まで含めて、全部見るもの」
渋谷凛 「なので、発言自体は言葉足らずでボロが出ていたけど、視点思考自体は真っ当だったと自己評価するんだ
なぜなら私は狼のことなんてこれっぽっちも考えてなかったからね」
星輝子 「五十嵐は内訳が見えていないオーラも凄まじかったけれど
やっぱり面倒だから見かけたら燃やそうか…」
輿水幸子 「男は全部消毒します!
とかそういうのとあんまり大して変わらないと思います(こじつけ)」
島村卯月 「◇星輝子(共有者) 「島村卯月の発言が狼のときの俺のテンプレだった
だから指定を取り下げなかった。そんな理由」

これねー…w; 私共有だとそういう思考使わないからなあ」
天海春香 「アイコンに関してはシンデレラは需要あるからこそ、誰かやるだろうと基本任せる方向で他からやってますね
なのでいつかはやるかもですが、後回しになるかもです」
星輝子 「蒼内訳とは一体(哲学)」
輿水幸子 「実際響子さん視点魔理沙真考えたくなるのはわかる気もします
そこが狼と狐の違いなんでしょうかね…」
五十嵐響子 「まあこう、意図してなくてもそういう意図ととられて吊られるワードでもあるから。
私なんて何しゃべってても疑われる時は疑われるし・・・」
渋谷凛 「というか蒼内訳と素の内訳を二重思考するのが面倒なんだよね(素」
星輝子 「結月ゆかりを疑っていたのが残りの半分よ、8割を超えてないからセーフ>島村」
島村卯月 「しかしまー準備不足とは言え3昼で両偽見られるのはちょっと甘いなあ」
星輝子 「渋谷を吊った理由?

…オラは自分の初手投票先が吊れないと前に進めない人間だから」
五十嵐響子 「春香さんとの殴り合いは割と絶望できたなという。
本当に囲いなかったと思ってたんですよ。
事実魔理沙さん割と最後まで真だと思ってましたからね?」
渋谷凛 「狼であろうとなかろうと言ってると思うからそれは狼視点ではないと思うなー
確定○という表現がうっかりしたなーとは思うけど、感覚としては暫定的に確定○の位置に入れることはままある」
星輝子
         ┌-─-┐
         .l____l
         |::::::::::::::::::::|
       <=────=>
         | ▼▲▼ |    I'm watching you...>島村
        /ヽ・┓┏・/\
      _/ :::<i\___/i>:: ヽ_
     /~ \ ::: ('┌-┐')::::/ ~\
    /  <  .(/:::::::|丿 フ  / \
   i ゝ :::::\ \/ソ/::: イ   i
   i   | :::::::::/_/:::::::::: | 」
輿水幸子 「一応そうじゃない可能性は初日含めて見返しましたけど
どうしても残ってもらうわけにはいかなかったなというか」
星輝子 「3日目昼
◇[密]星輝子 「そうなると初日の○を見るべきかしら」
◇[密]星輝子 「占い両偽の予感」


         ┌-─-┐
         .l____l
         |::::::::::::::::::::|
       <=────=>
         | ▼▲▼ |
        /ヽ・┓┏・/\
      _/ :::<i\___/i>:: ヽ_
     /~ \ ::: ('┌-┐')::::/ ~\
    /  <  .(/:::::::|丿 フ  / \
   i ゝ :::::\ \/ソ/::: イ   i
   i   | :::::::::/_/:::::::::: | 」
島村卯月 「それむしろ美玲ちゃんで狐吊れた可能性が抜けてるーで
私なら投票してたかもしれないなあ…騙り狼だからするわけないけど」
天海春香 「私は最終日は響子さんとの殴り合い展開になればいいなと思ってました
・・・ならなくてよかった(内訳をみつつ)」
五十嵐響子 「あー。じゃなくて、やけに確信持って言ったなあという印象があったもので>卯月ちゃん」
輿水幸子 「◇渋谷凛 「まあ、ゆかりは紫だしどっちつかずとはいえまだ真占いがいる可能性はあるよ。
幸い狐もいるしグレーのピンクランしていこうか」

これ言っててゆかりさん確定○扱いはどうなんでしょうかねえとは」
天海春香 「それじゃ、私もそろそろアイコン増やしの作業に取り掛かろう
次は特撮やります
時間あれば千早ちゃんとかも増やしたいけど」
小日向美穂 「そーですねぇ。雪歩噛むタイミングはあそこって決めてたので。 星さんが私の評価出してこなかったから結構ぎりぎりまでまってたんですよね。 響子春香連れればおっけーでうごいてたので。>星さん」
島村卯月 「>響子
3日目の時点で両偽見られてもなあ…」
星輝子 「天海春香と五十嵐響子の位置は同じだけれど、
島村卯月=狼、霧雨魔理沙=狂人で見てたのも天海にとって不利だったな

狼の○よりも狂人の○、が多分最大の理由」
鬼柳京介 「さて、帰るとしよう……」
輿水幸子 「ただ響子さんを残り6で吊るというのはなかなか悩ましいところではありますからね…」
フレデリカ 「しぶりんは視点漏れとか まったく思わなかった。
むしろこのまま 蒼のしぶりんを下界で見たくて投票しなかったよ〜」
五十嵐響子 「3日目の最後に「確定○」といったのが睨まれた理由では・・・<凛さん >卯月ちゃん」
星輝子 「つまり幸子はフリーのカメラマン(時報)だった…?


f ´ , -     ` ー 、        ,  ' ´    `丶、
l             丶     /   ,  '  ̄ ̄ ̄ ̄ `丶、
l       ヽ       ` 、 /   /            丶.
l        丶       /   / , -―‐--, 、.       )
l         、      i  /イ:´l-- 、._  l,:::| ` ヽ,、  /
l          、      l ,イ:::::::::::l'二ニニヽ〃リ_―- }::ヽ'
l          i` ー ---l /rl:ヘ::::ト、l    `/⌒i ―、¨i:ハ::|
i           i     l:i ハヘl、:l ` ー---'   l.._  .l// '
.i           i     l:ヘ、 !  `      ,  ノ  ̄l¨
. i           ト、   l:::::`-,    、 __       .i
 、          l ヽ  `ハ::::ト、      ̄ `   /
  、            ヾ 、  ヾ:;| 丶        /
  、            、. 丶、.)  、 丶、___ノ
   、    、        i  丶  丶      i
   ヽ    ヽ       l   ヽ  ヽ     ト、
    ヽ    ヽ      l    \  ヽ    !|  丶、
     i    ヽ     i      ヽ、     .l    丶.
     l     i    ./       `丶、 _ .ノ     ヘヽ.
     ト.     i   /        \   /      丶 ` ー 、
     i丶      /           \ ./       丶    `ヽ.」
島村卯月 「マジレスすると共有どっち噛むかは特に決めてなかった
ほとんど勘(」
五十嵐響子 「真に見えないというか」
天海春香 「1.可愛いから噛みたい噛まれる
2.うざ(可愛い)から噛まれる
3.可愛いので生きてると村に勝たせたくなるので噛まれる
4.なんとなく」
星輝子 「純粋に発言で比べただけよ、位置的に黒い五十嵐は発言でそれを否定しているんだもの>小日向
発言で比べたらどうしても狼は不利だろ

だからこそ五十嵐を位置で処理できなかったのが不覚
せっかくいい位置にいたと言うのに」
島村卯月 「それは…視点漏れなのだろーか(」
輿水幸子 「それはボクが生きてると困るからじゃないでしょうか>輝子さん」
五十嵐響子 「そのあと、さすがに吊った数的に2Wは薄いなあと思って
私的には狼吊ったほうがいいなあという思考してた感じ」
島村卯月 「2W目の想定がどこだったのかは気になるけど
まーいっか…」
小日向美穂 「ただー。ログ見る限りしょーこちゃん私を最終日に残すかは紙一重だったのがちょっときわどいですね。ブラフだったか」
輿水幸子 「蒼と心中しててどうしてゆかりさんが確定○になるのでしょうか
ゆかりさんは紫ですよ?>卯月さん」
萩原雪歩 「私もログを読み直しに行きますね、
怪しまれないように動きを修正しなくては。
村立同村ありがとうございました。」
天海春香 「2回ガシャでSSRか・・・九蓮宝燈なみに難しそうですね」
五十嵐響子 「むしろ春香さん指定の段階で2Wなら勝ったと思ってたくらいに村見てたよ私」
星輝子 「幸子なんで死んでしまうん…?」
五十嵐響子 「つまり:ないなーと思ってた」
五十嵐響子 「んー。今から2回ガシャひいてSSRが来る確率くらいには狼見てたかな>春香さん」
島村卯月 「幸子>
凛ちゃんのは視点漏れじゃなくて単に蒼と心中してただけだと思うの(茶ずずーっ」
姫川友紀 「あたしもお暇しよー!今度こそ白星あげるぞーお疲れ様でした!」
鬼柳京介 「うさぎ……ヴェーラー……?」
渋谷凛 「それじゃあお疲れ様。卯月に怒られる前に私は蒼になるよ…」
島村卯月 「狼視点で両偽見るなら
フレちゃん○で溶けてない辺りかなあ」
輿水幸子 「魔理沙さんが真に見えない印象ですっごい視点漏れ起こしていた凛さんが吊れて…
いろいろ考えることが増えたという感じですね…死ぬ直前のボクの思考としては」
結月ゆかり 「ではこれにてお疲れ様でしたー」
星輝子 「鬼柳京介は狩人じゃないって理由で指定する位置だったし…(平和な朝が来ていたら)」
小早川紗枝 「それではお疲れ様やね」
天海春香 「春香さんのタイミングで狼吊りたかった>
響子ちゃんからしたらそうだね
私、狼とは思わなかった?」
霧雨魔理沙 「ほぼ通るタイミングの3~4日目に●撃ちだったかな
誤爆は知らん」
フレデリカ 「次の確定◯ゆかりさん噛んで、魔理沙が真に見えない印象
そうなると 両偽なのか〜」
小日向美穂 「最終日まで指定がこなきゃ、いいので。それまでは狼っぽくても、狐っぽさだすとやっヴェーなので、兎にも角にも静香に弱く、よわく」
姫川友紀 「成程ネ
飼い狼云々言ってる余裕あるのかなとか思ってねえ>卯月ちゃん」
鬼柳京介 「指定されて吊られるものだと思っていたが、輝子には信用されていたんだな
満足……するしかねえな……」
渋谷凛 「進行としてもSG位置に狐残してるんだから全く問題はなかった。
私としては最終日は別ゲーなので、最終日に行けた時点で勝ちみたいなもんです」
輿水幸子 「いやメタルモードになるためのキノコじゃなかったんですかそれ!?」
五十嵐響子 「春香さんのタイミングで狼吊りたかった」
星輝子 「んもう、輿水のうっかりさんめー☆」
姫川友紀 「楽天の今江年晶に倣って改名した初戦が引き分けで助かった感がある」
輿水幸子 「食べてなかったー!」
フレデリカ 「霊能ー>共有 とか よっぽど呪殺対応に自信のある騙り なのかな? とか考えてた」
島村卯月 「友紀>
あれは私視点で飼い狼以外を吊ろうって主張」
星輝子 「>輿水

                _,,,,,、----,―――--、_
           .,,,―''"^    ,,/::::::::::::::::::::::::::::::`゙'''ー-,,
        _,-::'^::::"":::::::::::"""^:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;、-''''''"`''-、
      ,/゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/゛       `i、,
     ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;/            i、
      i:::::::::::::::::::::_;;;;;;_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i               l
     'i、:::::::::::::::/   `i、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i,            ,i
      `i、,::::::::'i、   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'i            ,i
        '''-;;;_`-''゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\       ,,/
           `'''―;;;;;;_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_;;.".'=―''"^
              |   ̄^"""'''''''''''"""^ ̄|
              .|      ,,_   _,  .|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              |   *  "゚'` {"゚`   | <  1UPしてみないか?
              .|         ,__''_    |   \_______
             |         ー     l
               l,              /
               \          _,,/
                 `'''''――――'''` 」
星輝子 「すまんな、はいこれ>輿水」
天海春香 「狼が両偽把握できてての霊能→共有噛みだと思ってたんですが
そこは完全に外れましたね
美穂ちゃんから吊ってたらあかんやつでした」
小早川紗枝 「あの時点での共有噛みは両偽でも判明してへんほうがあるで」
姫川友紀 「卯月ちゃんが吊られた日の発言+魔理沙のあたしへの●で両偽は確信とまではいかなくても察することはできた感じかなあ」
輿水幸子 「ま、まあボクも割と両偽は疑ってましたけどね!」
星輝子 「あ。しまった、輿水に渡しそこねていた」
輿水幸子 「輝子さん的には後者に見えたようで」
五十嵐響子 「まあでも最終日久々にしびれたなあ。
友紀さんがこっち飛ばしたのはちょっとありそうとは思いつつ、だったけど」
輿水幸子 「信用やってる系の共有噛みなのか
そうじゃない系の共有噛みなのか」
結月ゆかり 「両偽があの日で進行になったのは凄い識別眼だなぁと」
小日向美穂 「響子か春香を残しつつ、そこつりにかかればバンジオーライだったんですが。ちょっと日和見すぎましたね」
輿水幸子 「たとえそこで狂人さんがゆかり●を打ててたとしても多分遅かれ早かれ似たような盤面になるのではないかなと」
島村卯月 「響子>ほんそれ」
天海春香 「といっても、両偽で見て、そこが狼と思うなら狩人COしてる雪歩吊りはないと思うんだよ京介さん
雪歩が狐のパターンもあるし」
島村卯月 「春香ちゃん交換●は打ちづらいんだよねえこの展開」
渋谷凛 「うん、美穂はよく頑張ったよ。
私は共有の進行と相性悪そうだったから残らなくて正解だったかな」
五十嵐響子 「PCSが次回徹底的に狙われそうな布陣はやめよう()」
姫川友紀 「んで二人天秤にかけてLWっぽい方に投票した結果なのよ」
輿水幸子 「ゆかりさん◎ではなくあの時点で勇気をもって囲えるかどうかじゃないでしょうか>卯月さん」
小日向美穂 「まぁ、のらりくらいですね。鬼柳さんの誤解が最後でとけたのがちょっときつかったですね」
島村卯月 「凛ちゃんのそれは意味が違うでしょー!」
鬼柳京介 「春香から目を離すことができていれば、といったところか」
姫川友紀 「あのさ、最終日残った3人あたしは疑うの無理でしたわ
一番村だったのは鬼柳さん」
天海春香 「まあ私が吊られた時点でね
私ちょっと誤解されやすいから・・・(アイコンのせいにするスタイル」
輿水幸子 「ボクのたけのこを食べてなければもしかして引き分けにならなかった可能性が…!?」
島村卯月 「美穂ちゃん負担かけてごめんねー
割とゆかりちゃん◎が誤算だった」
小早川紗枝 「あの位置にいる狐は吊りづらいんやね」
五十嵐響子 「まあ割といい戦いができたんじゃないでしょうか」
鬼柳京介 「そうだな>友紀」
渋谷凛 「私は最初から気づいてたよ、両偽>卯月」
姫川友紀 「[引き分け]澤村
やっぱり澤村はキャッツの抑えですわ」
輿水幸子 「延長12回引き分けですよ?
むしろ澤村さんは仕事した方です>友紀さん」
鬼柳京介 「勝利とは言えないがな」
星輝子 「                   [引き分け] 引き分けとなりました
                     引き分けとなりました

                                     __
                                   ∠三≧
               __                 f'三三三≫ュ
               .: ´i:i:i:i:i:i::i:i:>              {三三三三三ヽ
          /.i:i:i:i:i;i:i:´i:i::i:i:i:i:i:i:i:.             ∧三三三三ヲ/A
         f'i{i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i;:i:i:i:i:i:i:i:i             レ∧三三三ムイ三≧ュ
           リ大/:i:i:i:i:i:i:i;':i:i:i:i:i:i:i:i:|            |!三≧=ニ三ア三三≫ュ
        {彡'≫、:i:i:i:i:i/:i:i:i;':i:i:i:i:i:|            {i!三三三三Ⅳヘ三三A
         ※三≫、i:i/:i:i:i/:i:i:i:i!i:i:|             三三三三Ⅳ三.心.Ⅳ三ト、
         /`≪彡'≫、/:i:i:i:iノi:i:リ             E三三三Ⅳ三三三》、三Ⅳi:.
        '    .::`寸ソ三iⅣヲ′            {三三三不三三三/三Ⅳi:i:i:i:.
     /     .::::::, ´  ̄  ̄               Ⅶ≧≠≡≡≡彡生ニУi:i:i:iλ
      ′      .::::::/                      Ⅶ三三三三三/三/:i:i:i:i:/ 〉
    i:      .::::::/                       Ⅵi三三三三/_/i:i:i:i:i:/ /
    {:::..   ..:::::::/三二ニ-                    Ⅵ三三≧´i:i:i:i:i:i:i:i:/   .′
      、::::::::::::::,<三三二ニ=-            -=ニニ三三>τ´ ̄ ̄¨¨¨¨¨´   /
         ̄  ̄  ̄                 -=ニ二二三三三≧==--=ニニ二 ’ 」
島村卯月 「初手狐囲いは事故だからいいとして
ちょっと両偽見るのが遅かったなあ」
フレデリカ 「お疲れ様〜 引き分けだね。 響子ちゃんは 惜しかったね〜」
川島瑞樹 「実質成功みたいなものだから>友紀ちゃん」
渋谷凛 「見なよこのリザルト画面の蒼さ」
天海春香 「お疲れ様でした
あの最終日から村としては最善の結果だねよかったよほんと」
姫川友紀 「お疲れ様です!鬼柳さん!やりましたよ!」
小日向美穂 「なるほどね。おつかれさまです」
小早川紗枝 「お疲れ様や」
鬼柳京介 「結果だけ見れば最上か」
萩原雪歩 「セーブ成功w」
小早川紗枝 「村は唯一の正解へと辿りついた票やね」
萩原雪歩 「お疲れ様でしたー。」
姫川友紀 「じゃなかった!?」
霧雨魔理沙 「お疲れ様だぜ」
結月ゆかり 「お疲れ様でしたー」
輿水幸子 「お疲れ様でした」
川島瑞樹 「お疲れ様」
島村卯月 「お疲れ様でしたー!」
姫川友紀 「澤 村 セ ー ブ 失 敗」
五十嵐響子 「あー、惜しかったですね
お疲れ様でした」
輿水幸子 「カレーあげますので帰ってください」
ゲーム終了:2017/01/20 (Fri) 00:00:52
[引き分け] 引き分けとなりました
8 日目 (4 回目)
小日向美穂2 票投票先 1 票 →五十嵐響子
姫川友紀0 票投票先 1 票 →五十嵐響子
五十嵐響子2 票投票先 1 票 →小日向美穂
鬼柳京介0 票投票先 1 票 →小日向美穂
8 日目 (3 回目)
小日向美穂2 票投票先 1 票 →五十嵐響子
姫川友紀0 票投票先 1 票 →五十嵐響子
五十嵐響子2 票投票先 1 票 →小日向美穂
鬼柳京介0 票投票先 1 票 →小日向美穂
8 日目 (2 回目)
小日向美穂2 票投票先 1 票 →五十嵐響子
姫川友紀0 票投票先 1 票 →五十嵐響子
五十嵐響子2 票投票先 1 票 →小日向美穂
鬼柳京介0 票投票先 1 票 →小日向美穂
8 日目 (1 回目)
小日向美穂2 票投票先 1 票 →五十嵐響子
姫川友紀0 票投票先 1 票 →五十嵐響子
五十嵐響子2 票投票先 1 票 →小日向美穂
鬼柳京介0 票投票先 1 票 →小日向美穂
再投票になりました( 4 回目)
小日向美穂 は 五十嵐響子 に処刑投票しました
姫川友紀 は 五十嵐響子 に処刑投票しました
天海春香 「ファイナルアンサー?」
星輝子 「???「もしもし、ボスですか……? ドッピオです……」
鬼柳京介 は 小日向美穂 に処刑投票しました
結月ゆかり 「とぅるとぅるとぅるとぅるとぅるとぅるだだだ……」
星輝子 「ガチャッ」
輿水幸子 「両方がひっくり返るとかそれはそれで結果論です」
五十嵐響子 は 小日向美穂 に処刑投票しました
星輝子 「(とぅるるるるるる…とぅるるるるるる)」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 3 回目)
姫川友紀 は 五十嵐響子 に処刑投票しました
輿水幸子 「まだ正解じゃないですよ
二人がこのまま自分の結論を通せるかどうか。通せないならそれは正解ではないです」
星輝子 「ではここで下界に電波を送りましょう」
鬼柳京介 は 小日向美穂 に処刑投票しました
小日向美穂 は 五十嵐響子 に処刑投票しました
五十嵐響子 は 小日向美穂 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
姫川友紀 は 五十嵐響子 に処刑投票しました
天海春香 「ない、それはない>凛ちゃん」
小早川紗枝 「鬼柳はんはぶれなさそうやから狼かちはあらへん感じやけど」
フレデリカ 「正解にたどりついた」
鬼柳京介 は 小日向美穂 に処刑投票しました
渋谷凛 「間を取って蒼の勝ちにすればいいよ」
小早川紗枝 「2人がぶれるかどうかやね」
星輝子 「たとえ引き分けでも、決着は決着
ケリを付けなければ、先に進めないから」
島村卯月 「おっと」
小日向美穂 は 五十嵐響子 に処刑投票しました
輿水幸子 「てっきりノータイムで鬼柳さん響子さんに入れるものだと思いましたけどね」
五十嵐響子 は 小日向美穂 に処刑投票しました
星輝子 「だけど。決着はつけなければいけない」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
姫川友紀 は 五十嵐響子 に処刑投票しました
天海春香 「引き分けでいいんだよ
みんなで殺しあう必要なんかないんだ」
渋谷凛 「ふふっ、NG会議か…
さて、こってり絞られてこようかな。」
輿水幸子 「あらこれは意外な」
島村卯月 「>瑞樹
やー、まあそこは1夜の時点でね?(」
星輝子 「P!nkは、アメリカ合衆国のシンガーソングライター。
本名はSachiko Kosimizu。2000年に、R&Bシンガーとしてデビューした。
ウィキペディア」
鬼柳京介 は 小日向美穂 に処刑投票しました
輿水幸子 「引き分けありそうですねこれは
友紀さん次第です」
川島瑞樹 「ピンクに当たりきつすぎない?卯月ちゃんもピンクでしょ>凛ちゃん」
星輝子 「◇P!NK「誠に遺憾である」
島村卯月 「凛ちゃん、終わったらちょっと未央ちゃん呼んで家族会議ね(ごごごごご」
輿水幸子 「魔理沙さん真を今更引っ張り出すのでなければ
どっちが狼かと言われればまず美穂さんなのではないかと>川島さん」
萩原雪歩 「セクシー路線(筋肉」
渋谷凛 「蒼は単なる村での役職を越えた
高次元での魂の輝きの色だからね

対してピンクは欲にまみれたポンコツアンドロイドだからね」
小日向美穂 は 五十嵐響子 に処刑投票しました
川島瑞樹 「殴られすぎてアイドルにあるまじきお腹になっちゃったのね・・・」
島村卯月 「というか真狼と仮定して村が吊るべきは
潜狂じゃなくて狼でしょと…」
五十嵐響子 は 小日向美穂 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
姫川友紀 「運命の一投の時間」
星輝子 「そりゃもう、(腹筋が)バッキバキよ>川島」
五十嵐響子 「その辺も含めて、春香さんの発言を見て、初手囲いはないのではと思ってたのです」
川島瑞樹 「割れてるのかしら?>幸子ちゃん」
フレデリカ 「下界で蒼の勝利だけはないことが確定している悲しみ」
[密]小日向美穂 「うわあ、ユッキ狐くさいぞ」
島村卯月 「実際のところ狂狼としてどっちを狼に見てたのか…は
4夜に答えてるからいいとして
魔理沙さん狂の初手囲いってそんなに見えたのかな…狼だから分からないのかもしれない」
鬼柳京介 「……そうか、なるほど、ゆかりで囲いか
納得した>響子」
星輝子 「萩原を吊らないのはいい。輿水が噛まれた時点で占いを吟味する時間だしな
霧雨をそのまま吊らなかったのはミスだな、あそこで欲をかいちまった」
五十嵐響子 「そのあと、狼の二騙りも考えましたよ。
凛さんがあまりにも狂人っぽく発言して死んでいったので」
川島瑞樹 「響子の位置は狐というより狼よりではあるだろうから」
天海春香 「ちかたないね
私も美穂ちゃん狼はともかく、響子ちゃんに関しては狼と見て叩いてたから」
小日向美穂 「星ちゃんを残せなかったと考えそうなところというか。」
輿水幸子 「鬼柳vs響子の形は狼優位ですけど
響子さん視点LW美穂さん割れてますからどうするんでしょうか」
姫川友紀 「あれですね。ログ見返してきますのね…
スコアラー仕事して」
五十嵐響子 「春香さん自体は発言では信用できると考えてたんですよ。
それこそ、○二つ撃たれたゆかりさんが囲われた可能性を見るくらいに。」
鬼柳京介 「3日目のゆかりで判明していない以上、2日目で判明した以外は有り得ない
アンタが村ならば囲いが発生しているのは春香だけだろう>響子」
星輝子 「すまんな。2回ミスっちまっただろ、狼を狙いすぎて狐がノーマークよ>天海」
川島瑞樹 「蒼アピしたから村人とは限らない、蒼の世界」
萩原雪歩 「あれが、蒼さですか(理解しようと頑張る」
小日向美穂 「雪歩ちゃんが人外かどうかって判別していたかいなかって大きいんじゃないかなって思うんですよね。」
五十嵐響子 「それぞれベクトルは違うと思ってるかな。友紀さんはまあ●があれとして。
美穂さんは発言薄め。鬼柳さんは同調多めで、軸が不明瞭だった」
姫川友紀 「占い結果全部破棄したうえでの灰という意味ね」
島村卯月 「鬼柳さんが響子ちゃん吊ってくれるかな?」
輿水幸子 「紗枝さん指定してなければもっと早く滅んでたかもしれませんからこの村」
川島瑞樹 「3日目銃殺は出たらしょうがないね、で割り切るから」
渋谷凛
鬼柳京介 「具体的な発言をありがとう
4日目に両偽を見たというのに、アンタ視点で春香を信用できると5日目に言っていることに強烈な違和感を覚えるが
それに対して反論はあるか?>響子」
姫川友紀 「4人灰での最終日はヤメロッテ…
いやほんと残りの3人特段怪しんでなかったのでなあ」
渋谷凛 「お、鬼柳がいい感じに蒼い」
島村卯月 「>春香
呪殺対応怖がってたら信用なんてできないです!」
天海春香 「2Wはなかったね
1W1Fだったわ、ごめんね輝子ちゃん」
小日向美穂 「雪歩ちゃんを噛みそうな所と、考えると響子ちゃんかなって気はします」
輿水幸子 「流れに従ってあっさり美穂さん吊ってしまうよりは最善を取ったと思います
まあ響子さんの位置がどうにもっていうのはあるでしょうけども>輝子さん」
星輝子 「狐を残してしまっただろ…すまんな、輿水景子…」
鬼柳京介 「のらりくらり生き残っているというなら、アンタ以外は全員似たようなものだろう>響子」
島村卯月 「お疲れ様です!」
渋谷凛 「輝子おつかれさま」
五十嵐響子 「4日目。狩人も占いも噛むそぶりなくいきなり共有噛みが発生した時点で>鬼柳さん」
フレデリカ 「お疲れ様エール」
姫川友紀 「なお最終回まで残ってしまった姫川外野手
怪しんでいた奴は軒並み降板したのでまるで分からない模様」
天海春香 「お疲れ様」
結月ゆかり 「お疲れ様でした」
小日向美穂 「鬼柳さんか、響子さんで見比べて。」
天海春香 「それでも霊能→共有噛みしたんですね
呪殺出ても対応の自信あったからかー
それは読めなかったよホントに」
萩原雪歩 「お疲れ様です。」
輿水幸子 「お疲れ様でした」
星輝子 「ウボァー」
渋谷凛 「村アピと蒼アピは読み取れなかった方が悪いってそれいつも言われてるから」
小日向美穂 「遺言」
鬼柳京介 「アンタに聞きたい
両偽を濃厚だと思ったのはどの段階だ?>響子」
五十嵐響子 「友紀さん→魔理沙さん真の可能性が薄すぎる。ついでに魔理沙さん狼なら逆囲いが邪魔になるとしか思えない
美穂ちゃん→あの時点で○・・・? という気分になる
鬼柳さん→なんだかんだ吊れる位置にならないままここまで推移してきてる。
というところから見るに、鬼柳さんが現状一番狼として安定した動きをしてる気がする。

美穂ちゃんは初手から発言が多い印象だけど、友紀さんに比べると発言内容は格段に薄い気がする。
軸のブレから狼とみるか、発言の薄さを狼とみるかという感じ。友紀さんはないかな。」
姫川友紀 「さあ最終回となりました
最終回のマウンドは勿論この人でしょう
キャッツの守護神、澤村!」
輿水幸子 「残念ですが次点がいないんですよ>卯月さん」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
天海春香さんの遺言           ┏  ━ゝヽ''人∧━∧从━〆A!゚━━┓。
╋┓“〓┃  < ゝ\',冫。’  ,。、_,。、     △│,'´.ゝ'┃.      ●┃┃ ┃
┃┃_.━┛ヤ━━━━━━ .く/!j´⌒ヾゝ━━━━━━━━━━ ━┛ ・ ・
       ∇  ┠──Σ   ん'ィハハハj'〉 T冫そ '´; ┨'゚,。
          .。冫▽ ,゚' <   ゝ∩^ヮ゚ノ)   乙 /  ≧   ▽
        。 ┃ ◇ Σ  人`rォt、   、'’ │   て く
          ┠──ム┼. f'くん'i〉)   ’ 》┼?Ζ┨ ミo'’`
        。、゚`。、     i/    `し'   o。了 、'' × 个o
       ○  ┃    `、,~´+√   ▽ ' ,!ヽ◇ ノ 。o┃
           ┗〆━┷ Z,' /┷━'o/ヾ。┷+\━┛,゛;

         話 は 聞 か せ て も ら い ま し た !
    つ ま り 皆 さ ん は 私 が 大 好 き な ん で す ね ! !
星輝子さんの遺言


                _____
            /      `ヽ、
           /   ●      \
          /    _____   丶       生 き ね ば
         /   /  「  ヽ   丶  ..ヽ
       (●   |  (●)(●)   | ● )
         丶__|    |       |__ ノ
           |    __´_     |
           |    `ー'´     |
          ノ           )ハ、
        「「「{           .ノ ノr‐ァ
          〉 ゝ           人/⌒ ⌒ヽ
       _て二ヽト、 ___   イ   Y     ',
     /    ヽ   /l {    ! Ll_ \    ヽ
     / /   //7レイ'ト   ! j ハハ i ><ヽ    ヽ
     レ′  l/>< ∧ハzヘ   レ'〒ミ、V∧〉 〉/   〉
     /  丶 {∧〉i イ心 \l  V/リ V  |    /
.   〈    Ⅵ i |  辷ソ  ,  `´,,,│i  |    /
    ヽ     | | ハ '''   、 ,     ハ!  |    /
     \  l l トへ       イ ノ  j   /
       \ ∨! ヽ \二 ェ‐ エ y7   ノ  /
        |\Vヘ ヽ l.l.∧_/lol∨/  /  イ
       ,′ \ \∨.!.! /:.:{:}:.\イ::::ヘ / }
        { i    ヽ l::‐::く:.:.:.:}::{:.:.:.:>:∧Y  l
        |│     ヽ!∧/:.\:!∧:.:./. . . } i }
        |│ |   ', . . . ̄.´. i i. . . . . . .| ! !
       Vハ ヽ   ∧ . . . . . . i i. . . . . . .! //
        Vハ ヽ  ∧. . . . . . i i. . . . . . j//
        \ \へヘ 〉. . . . . .i i. . . . . .〈
星輝子 は無残な姿で発見されました
(星輝子 は人狼の餌食になったようです)
小日向美穂 は 星輝子 に狙いをつけました
小早川紗枝 「対抗真で考えても4日目までは同じように進めるものや」
島村卯月 「>春香
いやユッキ●まで見えなかったから…占い先は真としては微妙かなって思ったけど」
川島瑞樹 「別段占い噛みだけが手段じゃないでしょ?>春香ちゃん」
輿水幸子 「観客の言うセリフですってそれ!
友紀さんまだフィールド上ですよ?」
島村卯月 「あの日に美穂ちゃん○はいらないかなあ騙り狼視点
だいたい初日のグレラン次点が吊られる日だし」
川島瑞樹 「響子ちゃんか美穂ちゃんの選択っぽいけども」
天海春香 「この内訳なら狼陣営からは初日占いは見えなかったと思うけど
よく魔理沙偽見抜いたね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
星輝子(共有者) 「鬼柳。満足」
渋谷凛 「素村なら最終日負けても判断役が悪いよ判断役がーで済むから気楽だよ>友紀」
小日向美穂(人狼) 「狼じゃねえ、狐」
島村卯月 「鬼柳さん狐見るなら
雪歩ちゃん●の日に多分●叩いてる」
小日向美穂(人狼) 「でんでんでんででで、でん!」
星輝子(共有者) 「小日向。黒、続行
ただし3日目の灰に残す位置かは疑問」
姫川友紀の独り言 「じゃあユッキ最終日があったらsandstorm流すから…」
星輝子(共有者) 「姫川友紀。霧雨の●
4日目、5日目。ポイント高し」
小日向美穂(人狼) 「ユッキ狼の可能性を踏まえてかんでみちゃう?」
星輝子(共有者) 「位置は思いっきり黒、続行」
姫川友紀の独り言 「最終日に残されるとか絶対澤村化するわ。間違いない」
小日向美穂(人狼) 「なんとなーく最終日まで残してくれそうなオーラを漂わせていたので。」
天海春香 「んー、狐わかんなかったな
生きてるなら京介さんかなって思ってた」
星輝子(共有者) 「五十嵐響子。特に無し、続行
5日目、6日目はポイント高め」
小日向美穂(人狼) 「しょーこちゃんから特になんも言われなかったのはブラフでしょうかね。」
輿水幸子 「今日で終わらせない選択でしたか」
小日向美穂(人狼) 「ユッキ噛むのか、どうかぁ?」
姫川友紀の独り言 「僕自身、素村になれた喜びはあった」
星輝子(共有者) 「4日目。萩原雪歩●」
島村卯月 「>幸子
恐らく魔理沙or卯月-春香-響子3Wの
紗枝ちゃん狐で見てるんじゃないかなあとは」
霧雨魔理沙 「狼に誘導かける狂人なんているわけがないぜ」
輿水幸子 「多分この4パターン」
姫川友紀の独り言 「辛いです…村が好きだから…」
鬼柳京介の独り言 「……そうか」
輿水幸子 「卯月-春香
卯月-響子
卯月-美穂

魔理沙-鬼柳」
星輝子(共有者) 「狐候補は全部吊りきった
あとは最終日だ」
天海春香 「お疲れ様でした・・・狐なんだ
なんであの噛みしてるんだろう?」
フレデリカ 「お疲れ様セーヌ」
渋谷凛 「グレラン2回やってるからどっかで吊れたと思ってるんでしょ
まったくマヌケな狼がいるわけないよね」
小日向美穂(人狼) 「さーてと。ジャンケンの時間です。」
島村卯月 「お疲れ様です!」
五十嵐響子(妖狐) 「まさかの美穂ちゃんである」
星輝子(共有者) 「これで最終日」
萩原雪歩 「おつかれさまですー」
結月ゆかり 「お疲れ様でした」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
天海春香 は投票の結果処刑されました
7 日目 (1 回目)
小日向美穂1 票投票先 1 票 →天海春香
姫川友紀0 票投票先 1 票 →天海春香
天海春香5 票投票先 1 票 →小日向美穂
五十嵐響子0 票投票先 1 票 →天海春香
鬼柳京介0 票投票先 1 票 →天海春香
星輝子0 票投票先 1 票 →天海春香
星輝子 は 天海春香 に処刑投票しました
五十嵐響子 は 天海春香 に処刑投票しました
萩原雪歩 「なんでしょう、今日何か大事な真理を教わっているんですが、
蒼アピとは?という哲学が私の中で消化できません(困惑」
輿水幸子 「というか見ていないと思いますかこういう状況で?>卯月さん」
島村卯月 「共有の中での2W目想定がどこなのかが気になる…」
天海春香 は 小日向美穂 に処刑投票しました
鬼柳京介 は 天海春香 に処刑投票しました
姫川友紀 は 天海春香 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
星輝子 「ささやけ! いのれ! 詠唱! ねんじろ!」
天海春香 「2wあると思ってるよ」
星輝子 「なら

明日、吊るべき相手に投票をGO」
小日向美穂 は 天海春香 に処刑投票しました
渋谷凛 「そう、蒼アピは大事だからね。>雪歩
自分自身の中から湧き出てくる蒼さ…それが人狼において最も大事なことだから。」
天海春香 「というか、響子ちゃん吊らないんだ
私の推理は言ったからね」
輿水幸子 「で、ここからが難しいんですよねえ
美穂さん的に一番吊りたいのは多分響子さんなんですが…噛み先が共有しかない」
鬼柳京介 「俺-輝子-幸子-凛」
星輝子 「もう既にLWだと、思う?>春香さん」
姫川友紀 「村人COも大事って紗枝ちゃんも言ってる」
小日向美穂 「ぼけただけです;;」
星輝子 「LWだと思う?>春香さん」
五十嵐響子 「え、いま?>美穂ちゃん」
天海春香 「というか当たり前でしょ、狩人ならもう死んでるでしょ」
鬼柳京介 「サティスファクションの復活だ!!」
島村卯月 「この指定は魔理沙狂の卯月春香2W見てるように思えるんですがそれは」
小日向美穂 「COする役職かぁ、占い師?」
萩原雪歩 「なるほど。読み返して動きを修正してみますね、ありがとうございます。」
天海春香 「村人CO
霧雨魔理沙 「五十嵐の処理がなあ…」
天海春香 「狩人は噛まれたらお得なのに、吊らせるつもりでほぼ人外見てるなんて言うつもりはないよ」
星輝子 「響子さんと美穂さんで好きな方を逆指定ィィィィィ!!!!」
五十嵐響子 「もうCOする役職がないと思うんですけど(名推理」
鬼柳京介 「4日目に霊能→共有と噛まれるならば、狂人は両偽を把握しているだろう
その状況で●を出す必要は薄いように見える」
姫川友紀 「初手囲い見たのね。指定先に異論はないよ」
星輝子 「指定:天海春香さん。COあるな!?」
小早川紗枝 「その場合の噛み位置は」
島村卯月 「雪歩>
占い理由の通りかな、だいぶ狩狐目だったし」
輿水幸子 「1/3までは絞れますね」
小早川紗枝 「京介はんか美穂はんかな」
星輝子 「ターイムアーップ」
五十嵐響子 「普通にそれを狙ってる、もしくはそうせざるを得ないのだと思ってました>友紀さん」
天海春香 「…人外じゃなかった
狐でも狼でもなかったね

という事はやっぱり卯月ちゃんの響子ちゃん〇でやっぱり把握してるという推理間違ってないはずだよねこれ」
姫川友紀 「ユッキはCOした狩人なんてさっさと噛まれるやろ…って考えでしたな」
輿水幸子 「鬼柳さんの位置がものすっごく厄介ではあるんですよねえ…」
鬼柳京介 「そんなこと、今まで一度も言っていなかっただろう
ゆかりが噛まれた段階で言及してもいいはずだ>春香」
小早川紗枝 「友紀はん狼なら狩人噛みやあらへんね」
星輝子 「チクタクチクタクチクタクチクタク」
姫川友紀 「割とここで噛むのが?という
流れ的に今日雪歩さん吊りだったのでは?」
小日向美穂 「ここまで残した意味なんですよね。残したがったのは誰か」
渋谷凛 「A.私は蒼が良いかな」
星輝子 「Q.今日終わらせるのと明日終わらせるのとどっちがいい?」
五十嵐響子 「卯月ちゃん破綻自体はなにも驚かない件。むしろそこまで残して今噛むんだという」
萩原雪歩 「うーん、全く喋れませんでした。難しいものです。
初日に蒼アピ?で混乱したのでやめて下さいw」
島村卯月 「それな<ユッキ村打ち」
星輝子 「選択の時間です(デデデン」
小日向美穂 「かねがねうーん。なんで今かんできたのかな。両偽とはっきりさせるためなのかな」
姫川友紀 「雪歩さんすいませんでした」
天海春香 「おはよう
京介さんに、雪歩さん吊らないのがそんなにおかしいかな?私は雪歩さんほぼ人外で考えてるけど怖いのがそこが狐だった時だよ
だから雪歩さん吊るにしてもまだ慌てなくてよかったはずたよ

って死んでますね」
姫川友紀 「やっぱり両偽じゃないか!身代わりが悪いよー身代わりが―」
渋谷凛 「お疲れ様、雪歩。
蒼アピをもっと頑張ろうか。」
鬼柳京介 「正直なことを言うならば安心した
疑って悪かったな>雪歩」
五十嵐響子 「・・・」
星輝子 「みなぎるキノコパワァァァァァァ…」
フレデリカ 「お疲れ様ショコラ」
輿水幸子 「お疲れ様です」
五十嵐響子 「どうも鬼柳さんが会話していても上滑りする印象があります。
それ以上に雪歩さんをどうするかの判断を委ねる必要がありますが・・・。
おそらく。雪歩さんは昨日か一昨日に噛むと思いますが」
姫川友紀 「あ、ホンマ…(絶句)」
輿水幸子 「両偽だとむしろもう友紀さん村認定してもいいよってぐらいではないでしょうか逆に」
小日向美穂 「おはよー。ございますと。卯月ちゃん破綻、か」
鬼柳京介 「両偽が判明したのならばおそらく初日の響子か春香
占い師の内訳を狂狼と仮定し、狂人が4日目に●を撃つリスクは高い

そうなると魔理沙が狂人となり、やはり春香が狼に見える」
星輝子 「ヒャッハアアアアアアアア!!!」
結月ゆかり 「お疲れ様でした」
姫川友紀 「おっはよー!本日はベイスボールではなく死球のお話
現役引退した巨人加藤が日ハム多田野からは死球受けていなかったの告白は衝撃でしたね
現役時はあえて話さなかったのは分からないでもない感じ
誤審はやっぱり球審が悪いかなあって

両偽と考えてどうするかなーという
狩人なんていわばGG取ってる村ですから残すようなことしないんじゃないかなというのが
姫川の考えですよ」
萩原雪歩 「おつかれさまです。」
島村卯月 「お疲れ様です!」
島村卯月 「ああ、雪歩ちゃん噛んで
響子ちゃん吊ってもLWまだいるよコースのが確実か」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
萩原雪歩 は無残な姿で発見されました
(萩原雪歩 は人狼の餌食になったようです)
小日向美穂 は 萩原雪歩 に狙いをつけました
渋谷凛 「逆に卯月の○は白くなるかな?
私の好みだと最終日は全員グレーが好きなんだけど」
島村卯月 「問題は共有が美穂ちゃん狐を見ていそうな点
私と魔理沙さんの狂狼はそこまで差異は考えなくてもいいけど
初手○のどっちか、具体的には響子ちゃんを最終日に吊れるか…」
輿水幸子 「まあ雪歩さん噛みなら響子さん吊りは考慮に入れてもいいと思いますね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
星輝子(共有者) 「糖分補給」
星輝子(共有者)
              __
                ∠三≧
              f'三三三≫ュ
              {三三三三三ヽ
              ∧三三三三ヲ/A
              レ∧三三三ムイ三≧ュ
          |!三≧=ニ三ア三三≫ュ
           {i!三三三三Ⅳヘ三三A
             三三三三Ⅳ三.心.Ⅳ三ト、
              E三三三Ⅳ三三三》、三Ⅳi:.
              {三三三不三三三/三Ⅳi:i:i:i:.
             Ⅶ≧≠≡≡≡彡生ニУi:i:i:iλ
              Ⅶ三三三三三/三/:i:i:i:i:/ 〉
               Ⅵi三三三三/_/i:i:i:i:i:/ /
              Ⅵ三三≧´i:i:i:i:i:i:i:i:/   .′
        -=ニニ三三>τ´ ̄ ̄¨¨¨¨¨´   /
      -=ニ二二三三三≧==--=ニニ二 ’
           ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ 」
霧雨魔理沙 「私の魔法と蒼の力が合わさって無敵に見える」
小日向美穂(人狼) 「己の生存をまずかんがえなきゃ、はいなのです!」
星輝子(共有者) 「この場合が一番、厄介
萩原が噛まれないなら、そことつながりのない鬼柳辺りをダストシュートすれば済むというのに」
小日向美穂(人狼) 「明日はのらりくらりやってりゃ、さいしゅーびです。狐がどこに居るかは、まだ考え中ですけど。最終日刺し殺せばバンジオッケー」
五十嵐響子(妖狐) 「一昨日、昨日で噛むでしょう。
輝子さんを残すという面において狼からすると危険に思うでしょうし」
渋谷凛 「ここで卯月破綻させて響子吊ってグレーで最終日でもいいんじゃないかな」
星輝子(共有者) 「イマイチだな
今夜誰が噛まれるか次第だけれど

萩原が噛まれたとする」
姫川友紀の独り言 「両偽だったら身代わりが悪いよー身代わりが―」
小日向美穂(人狼) 「指定の飛ぶ方向次第でレッツ渡来なんで」
輿水幸子 「ボクが糖分補給に置いといたたけのこ…」
星輝子(共有者) 「五十嵐、天海、萩原、姫川というカルテットはどうだろうか?」
五十嵐響子(妖狐) 「雪歩さんが噛めて、噛む気なら」
輿水幸子 「輝子さん!
それたけのこ!たけのこですって!」
小日向美穂(人狼) 「いや、雪歩かまないで灰かんでもいーですが。」
五十嵐響子(妖狐) 「ですけど、何か納得がいかないんですよね。
春香さん狼で魔理沙さん狂、もしくは魔理沙さん真のほうがしっくりきます。
ゆかりさんが噛まれた理由的に見れば、ですが」
姫川友紀の独り言 「雪歩さんとはるかっか吊れば勝てそう…?」
鬼柳京介の独り言 「残りは紗江、凛、美玲」
星輝子(共有者) 「糖分補給糖分補給」
小日向美穂(人狼) 「別に昨日噛むか今日噛むかに大きな違いはないんですよ、うん。」
渋谷凛 「お疲れ様、魔理沙。
蒼ではないけど名誉蒼として認めてあげるよ」
星輝子(共有者)

              __
                ∠三≧
              f'三三三≫ュ
              {三三三三三ヽ
              ∧三三三三ヲ/A
              レ∧三三三ムイ三≧ュ
          |!三≧=ニ三ア三三≫ュ
           {i!三三三三Ⅳヘ三三A
             三三三三Ⅳ三.心.Ⅳ三ト、
              E三三三Ⅳ三三三》、三Ⅳi:.
              {三三三不三三三/三Ⅳi:i:i:i:.
             Ⅶ≧≠≡≡≡彡生ニУi:i:i:iλ
              Ⅶ三三三三三/三/:i:i:i:i:/ 〉
               Ⅵi三三三三/_/i:i:i:i:i:/ /
              Ⅵ三三≧´i:i:i:i:i:i:i:i:/   .′
        -=ニニ三三>τ´ ̄ ̄¨¨¨¨¨´   /
      -=ニ二二三三三≧==--=ニニ二 ’
           ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ 」
鬼柳京介の独り言 「魔理沙or卯月で一人」
島村卯月 「ここで雪歩ちゃんと友紀ちゃんの両方を噛むという博打」
姫川友紀の独り言 「長野並に何も考えてない頭空っぽだぞ…」
萩原雪歩 は 星輝子 の護衛に付きました
五十嵐響子(妖狐) 「雪歩さん狼。とすればおそらく卯月さん狂ですね」
フレデリカ 「お疲れ様ブプレ」
霧雨魔理沙 「お疲れ様だぜ」
萩原雪歩の独り言 「困りました、全くたたきに行けません。みんな発言回りすぎでしょう。」
鬼柳京介の独り言 「どこで狼は吊れた……?」
小日向美穂(人狼) 「んで、狩人ぱっくんちょ事件のはじまーりーでございます」
結月ゆかり 「お疲れ様でした」
島村卯月 「お疲れ様ー」
姫川友紀の独り言 「死球当ててきた投手より生き残ってしまった姫川外野手」
結月ゆかり 「私狩人なら雪歩さんが出た時に出ますしねぇ。二人から〇貰ってる以上好都合ですし」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
霧雨魔理沙 は投票の結果処刑されました
6 日目 (1 回目)
小日向美穂0 票投票先 1 票 →霧雨魔理沙
姫川友紀1 票投票先 1 票 →霧雨魔理沙
萩原雪歩0 票投票先 1 票 →霧雨魔理沙
天海春香0 票投票先 1 票 →霧雨魔理沙
五十嵐響子0 票投票先 1 票 →霧雨魔理沙
鬼柳京介0 票投票先 1 票 →霧雨魔理沙
霧雨魔理沙7 票投票先 1 票 →姫川友紀
星輝子0 票投票先 1 票 →霧雨魔理沙
天海春香 は 霧雨魔理沙 に処刑投票しました
輿水幸子 「もう雪歩さんに関しては噛むしかないかと
両偽で狐探しをしようとなるとそこか美穂さんぐらいですから狐位置」
島村卯月 「ただなー、凛ちゃん吊りの直後に
美穂ちゃん○も辛いんだよねえこの展開」
五十嵐響子 は 霧雨魔理沙 に処刑投票しました
霧雨魔理沙 は 姫川友紀 に処刑投票しました
鬼柳京介 は 霧雨魔理沙 に処刑投票しました
星輝子 は 霧雨魔理沙 に処刑投票しました
小早川紗枝 「ゆかりはん噛みから見えるのは
灰の狼はLWか両偽かくらいどす。
今回はそのどちらもでありんしたが」
姫川友紀 は 霧雨魔理沙 に処刑投票しました
萩原雪歩 は 霧雨魔理沙 に処刑投票しました
島村卯月 「下界視点ゆかり狩人説くらいしか
雪歩吊りの種が無いけどそこ吊ってもなあという」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
星輝子 「きのこが


きれた」
天海春香 「両偽で見るなら、把握は2日目の占いいう事になるはず
だから、私視点では響子-魔理沙で狼、卯月狂人って見えるのだ
響子ちゃん視点では逆に私が狼に見えるだろう両偽見るなら」
鬼柳京介 「あえて噛まないという路線を取っているならば、見事に踊らされているんだろうな……」
鬼柳京介 「春香もゆかりが噛まれるのをやはりと言っておいて、雪歩を放置できると言い切れるのが分からない」
五十嵐響子 「事実そういう噛みをしているように見えますので、はい>鬼柳さん」
姫川友紀 「因みにGJで1吊り増えるので狩人放置するのかなあという感じは」
星輝子 「誰が真占い師であろうと明日の夜にはLWにする
だから、今日の私はもう

限界だ」
萩原雪歩 「私は場面的に星輝子を守ることしか考えていない。
ならば脅威にならないと考えた、とか。」
姫川友紀 「割と魔理沙狼、卯月狂かなと思ってる」
五十嵐響子 「雪歩さんが真であれ偽であれ今日噛まないということは吊り消費の路線でしょう」
星輝子 「限界だ」
鬼柳京介 「SGにするならば俺がいる
真かもしれない狩人をSGにして、吊りを増やすのはリスクが高いだろう」
星輝子 「わかった。考えておこう」
輿水幸子 「魔理沙→美穂→最終日 が結構強いですけど
魔理沙→響子or春香→最終日 も割とありえる盤面かなっていう」
小日向美穂 「後は雪歩ちゃん、何で噛まれないんだろうなぁってやつをかんがえてます」
霧雨魔理沙 「姫川ー五十嵐の2名を最終日送りにするのはやめた方がいいってのが遺言だ」
星輝子 「卯月さん視点の狼と魔理沙視点の狼と私視点の狼でパーティーだ」
鬼柳京介 「そうか、なら俺は辿り着くのが遅かったようだな>響子」
萩原雪歩 「なんで噛まれないか、私をSGにしたいんでしょうね。
それくらいしか言えませんが。」
姫川友紀 「最終日炎上しないよう頑張ります…>輝子ちゃん」
小日向美穂 は 霧雨魔理沙 に処刑投票しました
天海春香 「ああうん、それはわかる>美穂」
星輝子 「最終日に容疑者4人でのパーティーだ」
島村卯月 「ややどころか相当狐寄りだよこれ…」
五十嵐響子 「両偽は個人的に濃厚と思ってますよ。>京介さん」
姫川友紀 「両偽想定して結果灰もどしのグレラン大会叶って」
星輝子 「友紀さんを最終日に送るんだ」
渋谷凛 「私は蒼が勝つと思うよ」
小日向美穂 「なんか爆発しそうな感じのオーラが>はるかっか」
鬼柳京介 「昨日の朝一の発言から卯月は偽の可能性が高いが、雪歩がいつまでも噛まれないというのが小骨のように喉に突き刺さっている」
星輝子 「響子さんも春香さんも限界まで見たんだ
だからもう限界なんだ」
天海春香 「美穂ちゃん、しょうこちゃんがどうかした?」
霧雨魔理沙 「ここで私処刑するってことは私の○が処刑候補に入ってるって事か?
姫川の事は村で決め打ってるのか?」
フレデリカ 「うーん この盤面 やや狐よりかなぁ」
渋谷凛 「お疲れ様フレデリカ。
みなさんお気づきでしょうが現在下界は
蒼系2
ピンク2
オレンジ2
黒2
大混戦なんだよね」
星輝子 「ああ、限界だ」
星輝子 「両偽で見るからこそ私は○を見比べたんだ」
姫川友紀 「フレちゃんだった。誤字はしゃーない」
鬼柳京介 「嫌な話だが、この状況に至って出て来るのは両偽だ>響子」
霧雨魔理沙 「限界か」
姫川友紀 「雪歩さん噛まれんしグレちゃん噛まれたので卯月ちゃん真目上がったかなあというあたしの中での感想」
輿水幸子 「魔理沙さんの灰はあと響子さんと鬼柳さんだけでしたっけ?」
天海春香 「おはよう 
ただ先日も言った通りかな、美穂ちゃんに関しては
グレーに関してはというだけで両偽追うなら私視点では響子ちゃんと魔理沙の2狼で把握というのが一番可能性は高い
なので両偽見るならそこ吊りでいい
とはいえ狐がまだ吊られてないと思っての狐盾進行したいならグレー吊からしたほうがいいんじゃないかとも思えるかな
外してもまだ取返しつくから」
小日向美穂 「しょうこちゃんが」
霧雨魔理沙 「理由
完全に信用されているわけではないだろうしいるかはともかく妖狐狙いにかけるしかない
姫川と同じく占い切りのスタンスが他人事に見える
なんとなくあからさま過ぎるというかで違う気はするが他に候補がいない」
星輝子 「限界だ」
輿水幸子 「お疲れ様です」
結月ゆかり 「お疲れ様でした」
小日向美穂 「おはようございます」
星輝子 「限界だ」
フレデリカ 「お疲れ様〜」
鬼柳京介 「俺が噛まれると本気で思っているならば、アイドルよりも芸人に転向した方がいいだろうな
今よりも売れるだろう

やはり春香が気に入らない
この村の中で俺が吊りたいのはお前だ>春香」
五十嵐響子 「つまり、鬼柳さん視点で今の流れはどういう状況なんでしょう?
その辺が全く出てこないまま進んでいるようにしか思えてないんですよね。
占いのほうに関しては、春香さん安定の判断位置ではあるんですけど、
正直魔理沙さん卯月ちゃんの二騙りまで想定波及してるのが現状です。
雪歩ちゃんに関しては今日噛まれてなければ、判断お任せになりますね。」
萩原雪歩 「護衛先は星輝子!」
島村卯月 「お疲れ様です!」
姫川友紀 「今日はトラノボールのお話だああああああああ
正直虎はエラーより藤浪161球とか超変革とかそっちの方のネタが多過ぎる!
藤浪くん!キャッツはいつでも君を出迎える準備ができてるぞ!
・・・といいたいところだが、某遊撃手の衰えが他球団ファンでも心配するレベルだったね…
サードコンバートは現実的だったけど監督の現役末期も同じような状態だったからねえ…

村の話すると、あたし視点だと両偽7卯月真3って感じだね」
星輝子 「指定:霧雨魔理沙

限界だ、チャンスは与えた。限界だ」
小日向美穂 「なんか妙なところしんでる」
霧雨魔理沙 「占いCO 小日向美穂○」
輿水幸子 「むしろ●を投げると思いますよ
保護するなら多分●です>卯月さん」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
小早川紗枝さんの遺言
                        ______
                     ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:`:. .
                   イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                 ′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
               ノ:._,:.:.:.:.:.:.:.i!:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.i!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
              〈:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:i!:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:|マム:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.il
              //:/|:.i!-==| .|:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.|  .|:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i!
             (V゙ハ| |:!|:.:.:.:.! .|:.:.:.:.::.:./!:.:.7  .|:.:.|:.:.:.:i!:.:.V:.:.ノ:.:.|
              (ノ{)| i! |____| |:.i!:.:.:./ |:.:/⌒ト.|::.i!:.:.:.:.|:.:.:|:.:.}:.:.:.!
               i!:.| , ==、   i!|__/ .|/   !:./:.:.:.:7:.:.:{:~:.}:.:.i!
               !:.:l          _   .|/:.:.:.:.7:.:.:.:{:~:.}:.:|
              ,:i.:.| '''        ⌒~ヾ /イ:./:./:.:.(V゙ハ:.:.:i!
.              .:.:从    `____        7/:./イ |(ノ{):.:.:|
             /:7:.:._ゝ< ̄  \    ''' 〃/  ノ:.:|:.:.:..:i|
            ./:./:.イ    〇   ヽ    __ ィ:.:/:.:|:.:.:.:.i!
            /:.//    /      __〉 イ|:.:.:.:.:.:/::./:.:.:i!:.:.:.:i|
           ./:.// 。  / 。   /  _ヽノi!:.:.:.:./:../:.:.:.:i!:.:.:.:.i 楽しい村になりますよう
         _===イ   | /     ./  イ 7イ \/:.:.7:.:.:.:.:.|:.:.:.:..!
         | ./ /    |i!     / /:::::::/    /:.:.:.7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i!
        / ./ /   〇.i|    / /:::::::/    /:.:.:.:/ \:.:.:.:.:.:.:.:.:|
       ィ ノ!      !    / /:::::::7  .//:.:.:.:i!。  ヽ:.:.:.:.:.i!
       ノl/ !      |   7 /:::::::7 ./ /:.:.:.:.:i!  。  .、:.:.:.i!
     イ ./ .!     。.i!   //::::::::7/  .i:|:.:.:.:|:i!     ム:.:.:i!
    / /i  i       .i!  7.i!::::::::i     |:i!:|:.:.|:.!      7ト:i
   .7 / i! ./       |  7 |:::::::::i!   。゜从ト、i!|     .ノ |:i
    |!  .i! 7       |  i .i!::::::::i!     〇/   _ -  ̄  .∧i
    .i   .,        i!  | i::::::::::|ー―=_____ ---=-----    ∧ト、
    .|   i!     _ --- ._| |::::::::i!>-― イ   ____      /  ヽ
   从   !|    r |     ≧=-- __イ⌒ ̄\     ̄   ノ   7
    .人  人    .マ |            ム   .\          7
フレデリカさんの遺言 タイプ:キュート ☆☆★
年齢:19歳
誕生日:2月14日(水瓶座)
身長:164㎝
体重:46㎏
3サイズ:83-57-85
血液型:B型
趣味:ファッション
利き手:左
出身地:パリ
CV:髙野麻美
フレデリカ は無残な姿で発見されました
(フレデリカ は人狼の餌食になったようです)
小日向美穂 は フレデリカ に狙いをつけました
輿水幸子 「雪歩さん噛んでもう知るか!で通るのでなければ魔理沙さんが何者であろうと厳しい流れ」
島村卯月 「問題は魔理沙さんが私が初手囲いしたと考えると
響子ちゃん◎になるという事態」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
天海春香の独り言 「いや、可能性としてはあるのかな?でもその場合ゆかりさん護衛だからゆかりさん噛まれてるならないね」
五十嵐響子(妖狐) 「あ、これ呪殺あるかも」
星輝子(共有者) 「明日、霧雨をどうするべきだ?」
星輝子(共有者) 「そうか、ありがとう」
星輝子(共有者) 「◇サチコ「ソンナコトナイデスヨ」
小日向美穂(人狼) 「フレデリカ辺り印象薄いし、かんでおきましょーか」
星輝子(共有者) 「輿水。俺は五十嵐を疑うべきなのか?」
天海春香の独り言 「でもまあ、狩人が生きてるとは思ってないよねさすがに」
島村卯月 「ここで響子ちゃん噛んでも辛いし」
小日向美穂(人狼) 「雪歩ちゃんつんの疑惑もありなのでー。」
渋谷凛 「いやだって輝子が
◇星輝子 「どすえ…共有者、どすえ…」
って言うんだもん。輝子が悪いよ輝子がー」
小日向美穂(人狼) 「とはいえー。ああいうのって地味にブラフって可能性たっかいーんですよね」
星輝子(共有者) 「そう考えると小日向を最終日に送るべきなのでは…?
まぁいいや、今は明日だ。明日の霧雨魔理沙だ」
星輝子(共有者) 「ただ。小日向を狼候補で吊るすのはできない
あって狐」
輿水幸子 「はい。
実際両偽が把握できたところで狼視点美味しくないのはこういうことになるからです。」
鬼柳京介の独り言 「決闘者も歯を磨かねえと決闘の時に歯の踏ん張りで瞬発力が出ねえからな」
天海春香の独り言 「あ、文章残し忘れた
というか共有の考えがわからないな
ほんとに私疑ってるのか、それとも私狩人かなんかだと思ってて噛まれないようにしてるのか
多分前者なんだろうけど」
渋谷凛 「おつかれさま、紗枝。」
小日向美穂(人狼) 「春香の所在だよなぁ。吊る気満々なのかどうなのかが困りますね」
五十嵐響子(妖狐) 「発言からして私判断位置ですからね。
でも私ならゆかりさん噛んだら危険じゃないです?」
萩原雪歩の独り言 「慣れていないですが私も頑張って発言していきましょう。
黙り込んで人外に見られても困りますしね。」
星輝子(共有者) 「それで4人」
鬼柳京介の独り言 「歯を磨いた」
島村卯月 「凛ちゃん…w」
小早川紗枝 「そういう話なんやろうなあ」
五十嵐響子(妖狐) 「紗枝ちゃんは私ですか、まあわかる気がします」
星輝子(共有者) 「6人。小日向or天海」
萩原雪歩 は 星輝子 の護衛に付きました
星輝子(共有者) 「8人。魔理沙or姫川」
輿水幸子 「お疲れ様です」
小日向美穂(人狼) 「両偽と。ところでかむところないんだけどー!」
霧雨魔理沙の独り言 「…五十嵐でLWになってるとかかもしかして」
萩原雪歩の独り言 「さて、共有を鉄板です。
私が生きている限りはぬかせません。」
渋谷凛 「おっと?私のメモで紗枝が共有になってたことに今気がついた。」
輿水幸子 「飼えるわけないと思いますけどね
狼数もわからないのに」
結月ゆかり 「お疲れ様でした」
島村卯月 「お疲れ様です!」
星輝子(共有者)
 |
 | ̄ ̄\
 |  「   \
 | ( ●)(●)
 |    | |
 |   __´_ノ
 |   `ー'´}
 |      }
 |     ノ
 |    ヽ
(⌒ー─' )」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
小早川紗枝 は投票の結果処刑されました
5 日目 (1 回目)
小日向美穂1 票投票先 1 票 →小早川紗枝
姫川友紀0 票投票先 1 票 →小早川紗枝
フレデリカ0 票投票先 1 票 →小早川紗枝
萩原雪歩0 票投票先 1 票 →小早川紗枝
天海春香0 票投票先 1 票 →小早川紗枝
小早川紗枝8 票投票先 1 票 →五十嵐響子
五十嵐響子1 票投票先 1 票 →小早川紗枝
鬼柳京介0 票投票先 1 票 →小早川紗枝
霧雨魔理沙0 票投票先 1 票 →小早川紗枝
星輝子0 票投票先 1 票 →小日向美穂
星輝子 は 小日向美穂 に処刑投票しました
鬼柳京介 は 小早川紗枝 に処刑投票しました
霧雨魔理沙 は 小早川紗枝 に処刑投票しました
天海春香 は 小早川紗枝 に処刑投票しました
輿水幸子 「◇小早川紗枝 「多分両偽か魔理沙はん真やからこれ」

実際両偽8の魔理沙真2 って具合でしょうかね推測でしかないですけど
そういう意味では安定が取れてる」
島村卯月 「昨日の雪歩ちゃん吊り言わなかったのは飼い狼って意味なんだけど
それを言うには時間が足りなかった」
フレデリカ は 小早川紗枝 に処刑投票しました
小早川紗枝 は 五十嵐響子 に処刑投票しました
五十嵐響子 は 小早川紗枝 に処刑投票しました
小日向美穂 は 小早川紗枝 に処刑投票しました
姫川友紀 は 小早川紗枝 に処刑投票しました
渋谷凛 「10>8>6>4>
おっと、そういえば偶数だったね。占い吊って●吊って最終日か。
狐も噛みづらい位置だしなー噛みたいところだけど」
萩原雪歩 は 小早川紗枝 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
星輝子 「全部燃やしたらあああああああああああ!」
小早川紗枝 「多分両偽か魔理沙はん真やからこれ」
姫川友紀 「卯月ちゃんが雪歩さん吊ってって言ってれば真寄りだったけど
昨日の言動で両偽疑惑がなあ」
鬼柳京介 「魔理沙を真に見ているのか、偽に見ているのか、よく分からないな」
星輝子 「まだまだ地獄の底は遠い…ふ、ふふ、ふふふふ」
霧雨魔理沙 「>天海
私が呪殺してないなら処刑での死亡しかありえないからな
渋谷のあの言動が占い回避のための動きだったのかもしれない」
五十嵐響子 「優先度的には高いので反対はしないです」
小早川紗枝 「魔理沙はん偽なら春香はんというのもわかるやよな」
天海春香 「共有は私をなんだと思ってるのかな?」
星輝子 「だが今日はまだ残り10人だ
明日、霧雨魔理沙と姫川友紀の2人から選ぶ」
小日向美穂 「春香さんはどこを疑ってるんです?私の」
姫川友紀 「紗枝ちゃん…まさかあたしより先に降りるとは…」
フレデリカ 「そこ 大賛成!
共有 フランス人してる〜」
輿水幸子 「安定手に出ましたが」
星輝子 「というか。そのランにしたい」
天海春香 「美穂ちゃん吊ってほしいんだけどな
星輝子 「今の時点で天海春香を吊るのは容易い
霧雨魔理沙か天海春香のランにしたいくらいだ」
小早川紗枝 「村人COも立派なCOやで」
島村卯月 「!?!?!?<紗枝ちゃん指定」
五十嵐響子 「完全灰? の場合は鬼柳さんかなという印象が」
小早川紗枝 「そやね」
フレデリカ 「了解>きのこ」
霧雨魔理沙 「>フレデリカ
遺言のつもりだったんだよ
だがまだチャンスがあるらしいな」
島村卯月 「雪歩ちゃんは狩狐目だったから対応位置だったんですけどんー
響子ちゃん吊れるかどうかはかなり厳しいなあ」
輿水幸子 「吊り数はそんなに多くないんですけどね
その上で響子さんが早々退場するフラグが見えませんし」
星輝子 「小早川紗枝。COはないな?」
鬼柳京介 「駄目だ、どうしてもブレるな
満足できねえよ……」
小早川紗枝 「やから指定はかまへんで」
フレデリカ 「最終日ねー
さえちゃん 京介 両方 送るはないと思う」
姫川友紀 「姫川外野手、5回途中に交代…
あれしないの?」
結月ゆかり 「今日自分噛みでしたから明日指示役の共有生存は確定ですしね」
鬼柳京介 「卯月が偽で、雪歩が真狩人だとしたら
ゆかりを噛むというのは少々度胸がいる噛みに見えるが……」
小早川紗枝 「逆に考えればもし真なら友紀はんLWもあるかもってところやね。
2残りなら雪歩はんから魔理沙はんへと噛んでもええところやから」
小日向美穂 「どぞー。」
天海春香 「雪歩に関しては吊らなくていいよ、うん
魔理沙視点、狐死んでると思うならどこで死んでるの?
凛ちゃんと美鈴ちゃんしか候補いないけどそこ狐と思ったのかな」
星輝子 「灰吊り。指定をするけどいいな?」
フレデリカ 「◇霧雨魔理沙 「フレデリカ含め妖狐狙いで占って結果出てない辺り妖狐が生き残ってる気はしない」

生き残ってるか どうかでなく 魔理沙視点 灰全部占えばいいだけじゃない??」
霧雨魔理沙 「対抗が昨日●を出した辺り灰に1Wがいるだろう
ゆかりは村視点でも見ての通り白だったわけでそうすると囲い候補で五十嵐が狼濃厚」
星輝子 「ということで」
姫川友紀 「このままじゃ虎の球団勝っちゃうよー」
星輝子 「実はもう既に最終日のメンバーは決めてあるんだ」
小日向美穂 「ゆかりさん噛みは両偽ならかまれそうだけれど」
鬼柳京介 「随分と自信家なんだな>魔理沙」
小早川紗枝 「魔理沙はんが偽やとするなら何かというところやね。
出ても不思議やないってところに●といえば●やし」
[密]星輝子 「チクタクチクタクボーン」
萩原雪歩 「共有の思考、好きですよ。
私が生きている限りはぬかせません。」
五十嵐響子 「え、そうなの?(←ゆかりさんが豪勢に囲まれてる可能性を見てた人)」
渋谷凛 「まあ吊り数多いし卯月の囲い処理的な考えまでいけば狐も処理できるんじゃないかな」
姫川友紀 「あたし視点両偽ェ!と卯月ちゃん真で雪歩さん●の二択なんですねこれ」
霧雨魔理沙 「フレデリカ含め妖狐狙いで占って結果出てない辺り妖狐が生き残ってる気はしない」
星輝子 「萩原雪歩。私を守れ、天国を見せてやる」
輿水幸子 「どうせ魔理沙さんの真は欠片も見たくない展開になってますし
鬼柳京介 「友紀か、ハッキリ言うが何も見てなかった」
姫川友紀 「新井が悪いよー新井が―」
萩原雪歩 「残していただけるならば文句はありません。
残っている間は仕事ができる役ですから。」
小日向美穂 「友紀さん●かぁ」
渋谷凛 「紫というコウモリ野郎なのはともかくお疲れ様だよ、ゆかり。」
天海春香 「まあ、ゆかりさん噛まれるよね、知ってた
そこが死なないのって両偽で狐って以外ないだろうし」
五十嵐響子 「狩人が残っててゆかりさん噛まれてて友紀さんに●というえーと」
星輝子 「霧雨魔理沙。選択肢を2つやる、選べ」
小早川紗枝 「2重○噛んでくるというのは考えるとこはありそうやけど」
姫川友紀 「キャッツファンCO!虎の球団は許早苗」
霧雨魔理沙 「理由
●引いても村視点で真偽が見えない以上狙うは呪殺
◇姫川友紀 「初日う~ん?と思って票入れたところだけにそこ●はあまり違和感はないねからの狩人COなのね…」
こう言っておいてまだ切るには早いやら狩人がどこかで欠けた可能性に触れてない
加えて占い切りについて他人事みたいなスタンスの発言が多いんだよ」
輿水幸子 「両偽把握したところでこれは狼視点あんまり美味しくはないですね」
島村卯月 「さあ面白くなってきました<狼視点両偽発覚」
結月ゆかり 「おー。本当に両偽だ」
姫川友紀 「やっぱり白黒は敵じゃないか(憤慨)」
天海春香 「おはよう
雪歩に関してはしばらく放置でいいんじゃないかな
鬼柳京介さんに関しては指定に逆らってるから逆に村アピしてるように見えるかな
ここが噛まれなければ疑いたいレベルかも

とはいえ、噛み先が霊能→共有という完全に狩人も狐も探してないのは気になるんだよね
占い先から考えるとそれがわかるのは魔理沙ちゃんと響子ちゃんで狼の時しかない
そして美穂ちゃんも狼視してるからこの3人で狼かな
狐に関しては、平和でたら雪歩噛みでそこが狐あるかも」
星輝子 「ソーバァァァァッド」
五十嵐響子 「一番困る展開だぁ・・・」
フレデリカ 「ボンジュール
囲い位置こだわるより 灰削りが真占いだと思うんだよね
あたし吊りじゃなくて 両視点の灰でいいじゃない

ということで どうにも判断つかない さえちゃん投票。京介もだけどね」
姫川友紀 (♀) が「異議」を申し立てました
結月ゆかり 「お疲れ様でした」
輿水幸子 「お疲れ様です」
小日向美穂 「おはようございます。ちょっとおそかったね」
鬼柳京介 「卯月が真で狩人がいるならば、昨日は自分からCOする場面か
それが出てこないということは、きっと真では無かったんだろうな

一晩考えて納得した
満足……できねえな……」
姫川友紀 「お弁当食べられちゃいました…」
星輝子 「それで……結果は?」
小早川紗枝 「おはようどす」
霧雨魔理沙 「占いCO 姫川友紀●」
萩原雪歩 「護衛先は星輝子!」
五十嵐響子 「私視点での囲い候補は春香さんとゆかりさん。
発言からすれば断然春香さんを信じたいところですね。
むろん、ゆかりさんを吊るそうというのは両偽決め打ちになるので厳しいと思うかも、ですけど
鬼柳さんの言うことはまあわかる点もありますけど、あぶり出し目的でも言える程度に見えますので、
まあ、ここが気になるのと。
あとは紗枝さんですかね。最初の直感で少しにらみを利かせていますが、
灰という意味では美穂ちゃん友紀さんより優先度は先です。」
島村卯月 「お疲れ様です!」
星輝子 「萩原雪歩は干し椎茸としてとっておく
天海春香は引き続き私がとっぷりと干してやる」
姫川友紀 「おっはよー!今日も元気にヤ球、しよう!
ヤクルトはエラーよっか投手陣の炎上っぷりが他球団の比じゃないよねという雑感
卯月ちゃんは雪歩さん吊り!じゃなくて自分の灰吊り言い出したのがうーんって感じかな」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
島村卯月さんの遺言             /:/ : /: : : { : : : : : : : \: : : :\: : : : : : : \
        /:/: :/:Λ.:{ : ∨: : : :´, : : : ヽ : : : ∨ : : : : : : : r‐ 、__    ところでネタ切れなんですけど
          /: ': : j :l l { : : ∨: : : :´, : : : : ',: : : :∨ : : : : ⌒ヽ : ヘ:`ヽ    何か面白い話とかないですかね?(無いです
.         .: i : : k:.|  ;ハ : :∨ : ___´ : : : : : : : : :′ : : : : : _j}: ノ:j}: : :',
        ': : | : : l j|y´ ̄jl\: :'´\ : `Y、: | : : : :i : : : : : : : |ァ: :/: : : i
.      i : :l: : : イj斥トyヘ  \\jI斗-ミヽ| : : : :| : : : : : /l ¨` ,: : : |
.        l : : ': : : l jI ハ     `7´ノハk`Y : : : | : : : /: : |  j} : : |
      l: : : 乂: :j{! krj        k,)rj  }i |: : : : f´ヽ: : : : : l  j} : : |
      |: : : : ∧从 vソ      乂ソ  " |: : : : |ハ j} : : : : l   八 : ,
      | : : : ,' V   ,            , /: : : |rj / : : : : l  ' : : : ′
      |: : : :′ j}              //: : : : ト-' : : : : : i  j{: : : {
.        l : : ′ ヘ     r‐‐ 、      // : : : : 八: : : : : : :l  j|: : : {
.       l: : {    \   ー '    /:ハ: : : : , {: : : : : : : : l  jl : : :{
.      l: : l       l\       , ´ / } : : :∧j: : : : : : : : {  jl: : : ,
        l: : l       i: :7 ー r ´:_}イ^〕 : : :/-=! : : : : : : : j   ', : : ´
         ,: :l       ∨: : : :i: :jI斗--/ : :./ニニ!: : : : : : : : :`、 ヘ : : : \
       、:;      /,__/二二/ : : /二二|: : : : : ∧: : : :\\ : : : \
          \  , ィi〔二二二 ̄ ̄/ : : /ニニ二l : : : j:| :∧ : : : : \\ : : : ヽ
           /‐ 、ニニニニニ / : /ニニニニニ|: : : :j:| : :∧ : : : : : :\\: : : ',
.           /二二 \ニニニ二/:/ニニ二二二}: : : :j:| : : :∧: : : : : : : :\j: :у
          ゙二二二 ∧ 二二/´ニニニニニ二}: : : :八: : : :∧ : : : : : : : : }/
         {二二二二∧二二二二二二二二ノ: : :/: : : : : : : } : : : : : : : : }
結月ゆかりさんの遺言                      _,..-‐' ¨ ヽ、
               丿         `ー- 、
                  / :.         ノ:.、 \
                /  .:.:.,_        fj::::::\   ヽ
             / : : ; j::{込         `ヾ;::::\  ゚.
.             ∥.:.://::       :.:.:.:.:    マ:::::::ゝ、ヽ
              ,'.:.:.:::! }:.        :::::     〈 ̄`ヾム  \
              }:.:.:::ノ人     丶-r'´  / ',    `¨'ー′
              |;;シ イ   `  .__, ィ'´ ̄`¨´   ヽ、
              l//   : : : : : .:.:. : : : :    }
              ,'       : : : : : :        {
                {        : :  , jヽ`   ‘.
.              j                  ',
            ∥   / ∥                 ハ
.            ,″           `〟       ’
              ,’ :            ::             {
          {: : :  ,,      ;;   : : ; : :       }
          ゝ、: :   " ;; ' : :||  :  : :     ,ノ
              \;    }     }{     !    <
               (    ,'    ハ    {   ;ノ
                 `~`ー'^ヽ.___/ ̄丶-‐''^ー-‐′
結月ゆかり は無残な姿で発見されました
(結月ゆかり は人狼の餌食になったようです)
小日向美穂 は 結月ゆかり に狙いをつけました
輿水幸子 「ボクの場合でも占い吊りは言ってた気はします
卯月さんではなく魔理沙さんを指定する感じにはなったかとは思いますが」
島村卯月 「春香ちゃんが美穂ちゃん疑ってるのはいいとして
鬼柳さんが吊ってくれる可能性はあるからそこは噛まないでいい」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
星輝子(共有者) 「最終日。姫川、五十嵐、鬼龍」
小日向美穂(人狼) 「はるかっかは排除するとしてー。」
星輝子(共有者) 「鬼柳京介。満足」
フレデリカの独り言 「柱しようかな とも思ったが」
星輝子(共有者) 「結月ゆかり。保留、やや続行」
小日向美穂(人狼) 「凛ちゃんで吊れてるって思ってないパターンではあるんですけどねー。」
結月ゆかりの独り言 「一番狐が面倒層という実感しか湧きません」
輿水幸子 「まあ実際どうでしょうかね
だいたい狐優勢なのは仕方なしな部分は」
星輝子(共有者) 「輿水幸子。宇宙へ」
小日向美穂(人狼) 「今日はゆかりかな」
星輝子(共有者) 「やっぱり続行」
フレデリカの独り言 「灰吊りしたなぁ」
島村卯月 「魔理沙さんの占い先が私が真の時ならやらないなあって感じだったんだけど」
結月ゆかりの独り言 「ふむ…占い全偽路線の場合…」
星輝子(共有者) 「小向美穂。続行
姫川友紀。保留
小早川紗枝。保留」
渋谷凛 「卯月、お疲れ様。
もう少し蒼さがあれば未来は変わっていたのかもしれないね」
フレデリカの独り言 「なんだろう、占い切りには速い 気がして」
萩原雪歩 は 星輝子 の護衛に付きました
小日向美穂(人狼) 「しなかったら雪歩噛みーの」
萩原雪歩の独り言 「魔理沙は真にしては違和感がある。
共有の思考が好きですので守りましょう。
私噛まれてると思いますけど。」
星輝子(共有者) 「五十嵐響子。保留」
小日向美穂(人狼) 「あえて卯月ちゃんを破綻させるかどうかっていうてもまだ微妙。 ランさせて後でいいかなってやつ」
フレデリカの独り言 「真としても ぶったぎってるけど〜」
小日向美穂(人狼) 「狼的には痛いんですけどねー。 さてはて」
星輝子(共有者) 「両偽を危惧するなら天海春香」
フレデリカの独り言 「もう 卯月はぶったぎっているけど〜」
島村卯月 「ああ、初手狐囲いですか」
五十嵐響子(妖狐) 「狼がそんなにいるようには見えないんだけどなあ、灰に」
小早川紗枝の独り言 「たとえ共有がロラって言ってもうちはグレランするつもりやけど」
霧雨魔理沙の独り言 「あそこで●を出すってことは灰にまだ1Wはいるのか?」
萩原雪歩の独り言 「ふむ、これはどうしましょう。」
渋谷凛 「狼は生まれつきだけど蒼は自分で選んだものなんだよ>幸子」
星輝子(共有者) 「島村卯月の発言が狼のときの俺のテンプレだった
だから指定を取り下げなかった。そんな理由

残り2匹」
島村卯月 「お疲れ様ですー」
小日向美穂(人狼) 「ま、その場合狐かってもしらーないっていうやつでいきましょ。」
輿水幸子 「お疲れ様です」
星輝子(共有者)
 |
 | ̄ ̄\
 |  「   \
 | ( ●)(●)
 |    | |
 |   __´_ノ
 |   `ー'´}
 |      }
 |     ノ
 |    ヽ
(⌒ー─' )」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
島村卯月 は投票の結果処刑されました
4 日目 (1 回目)
小日向美穂1 票投票先 1 票 →島村卯月
島村卯月9 票投票先 1 票 →フレデリカ
結月ゆかり0 票投票先 1 票 →島村卯月
姫川友紀0 票投票先 1 票 →島村卯月
フレデリカ1 票投票先 1 票 →小早川紗枝
萩原雪歩0 票投票先 1 票 →島村卯月
天海春香0 票投票先 1 票 →島村卯月
小早川紗枝1 票投票先 1 票 →島村卯月
五十嵐響子0 票投票先 1 票 →島村卯月
鬼柳京介0 票投票先 1 票 →小日向美穂
霧雨魔理沙0 票投票先 1 票 →島村卯月
星輝子0 票投票先 1 票 →島村卯月
フレデリカ は 小早川紗枝 に処刑投票しました
輿水幸子 「蒼の絆よりも狼の絆ではないのでしょうか…(マジレス)」
五十嵐響子 は 島村卯月 に処刑投票しました
霧雨魔理沙 は 島村卯月 に処刑投票しました
輿水幸子 「ここから雪歩さん魔理沙さんが噛まれるとして
明日魔理沙さんが美穂さんに○出せるかどうかですねえ」
小早川紗枝 は 島村卯月 に処刑投票しました
島村卯月 は フレデリカ に処刑投票しました
鬼柳京介 は 小日向美穂 に処刑投票しました
天海春香 は 島村卯月 に処刑投票しました
小日向美穂 は 島村卯月 に処刑投票しました
結月ゆかり は 島村卯月 に処刑投票しました
渋谷凛 「ふふっ、仲間割れとは醜いね卯月…
所詮蒼の絆を持たぬ者にはわかるまい…」
姫川友紀 は 島村卯月 に処刑投票しました
萩原雪歩 は 島村卯月 に処刑投票しました
星輝子 は 島村卯月 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
五十嵐響子 「ちょっとそこは吊りたくないよぅ・・・<灰」
天海春香 「占いランするつもりなら、魔理沙から護衛は外して共有固定にするべきかな
ランしないならそのままで」
島村卯月 「美穂ちゃんは春香さんの意見でちょっと頷けるものがあったし
フレデリカちゃんは魔理沙さん狼なら
囲い位置濃厚です!!」
フレデリカ 「◇島村卯月 「反対の人は私の灰に入れて下さい!
具体的には美穂ちゃんかフレデリカちゃん!」


そこは 完全灰でしょ〜〜〜````」
萩原雪歩 「反対なら私にじゃないんですかね?島村卯月」
鬼柳京介 「卯月視点の狩人が存在するならば、それが真でも偽でも即座に卯月を吊る必要はなくなるだろう>響子」
姫川友紀 「あれですよね。監督に逆らった結果干されちゃ叶わないよね」
小日向美穂 「哀しい裏切りを見た>卯月ちゃん>PCS……」
星輝子 「好きにやれ。オマエが本物なら今日の発言で見えるハズだ」
結月ゆかり 「あー…そうえいば白トリュフを犬で探させてるのを以前見た気がします」
星輝子 「そうだな>霧雨魔理沙」
島村卯月 「反対の人は私の灰に入れて下さい!
具体的には美穂ちゃんかフレデリカちゃん!」
霧雨魔理沙 「そういう路線なら狙う相手もはっきりしたしな」
小早川紗枝 「方針は口に出さないほうがええどすよ」
五十嵐響子 「意味は?>鬼柳さん」
フレデリカ 「うーん 残すとして
どこを吊る?」
結月ゆかり 「トリュフは探すときに豚を頼りますしおすし」
星輝子 「明日のことは明日の私が決める
結月ゆかりでも霧雨魔理沙でもなく、私がだ」
姫川友紀 「トリュフ探すのも今じゃ豚に代わって犬らしいですよ
豚だと食べちゃいました…になるので」
霧雨魔理沙 「頼ってんじゃねえよ気を遣ってやってんだ!!!!!」
輿水幸子 「◇星輝子 「幸子が噛まれた時点で
占い師の命はミクロダケよりも軽い」

同感ですね。せめてゆかりさんあたりならまだ考慮しないでもないですけど」
天海春香 「正直狩人初日ならまだ有り難いのですけどね
占い偽のパターンが一番困る
平和ない以上、狐も把握されてないのでょうけど」
小日向美穂 「多分両偽路線ってことでしょう。」
星輝子 「指定はしたはずだ」
鬼柳京介 「ここで卯月を吊るならば、卯月視点の狩人を露出させてもいいように思えるが」
結月ゆかり 「個人的には狐の目星や狼がどれだけ釣れているか分からない状態で四日目占いは少し怖い所もありますが… ふむ。」
五十嵐響子 「ランじゃなくて完全に指定ですね>美穂ちゃん」
星輝子 「マツタケを探す時に人に頼るなアアアアアアアアアアア!!!!>魔理沙」
霧雨魔理沙 「島村だけじゃなく私ごとロラする気ってことかそれ?」
萩原雪歩 「護衛先指定あればよろしくお願いします。
無ければ自己判断で行きますね。」
姫川友紀 「相方死亡の時点で占いグッバイ既定路線なのね
それなら了解」
渋谷凛 「これは結構辛い噛み先選択になりそうだね…
狼視点で魔理沙真偽ついてないのもあるし、雪歩狐も見えてくるし」
小早川紗枝 「そういう意味では対抗出るかどうかの状況とも言えるのかもしれへんね」
小日向美穂 「占いランって事かな」
島村卯月 「狼が狩人COして私が吊られるくらいだったら
どんな村でも狼は●に対して狩人COするだけで勝てるじゃないですか!!」
星輝子 「幸子が噛まれた時点で
占い師の命はミクロダケよりも軽い」
霧雨魔理沙 「ないなら私なりに判断して動く」
鬼柳京介 「俺は反対だ
現状で卯月を偽と判断するにはまだ早い
ローラーならば意見を撤回するが」
輿水幸子 「ああ現状真占いでしたか視点的には」
五十嵐響子 「個人的にはこう、共有噛みが解せないこともあって・・・うん」
姫川友紀 「んーここで卯月ちゃんさくっと吊るってことは共有占い見限って降板路線かな?」
小早川紗枝 「死んだところに狩人あるなら初日が1番ありそうやから」
霧雨魔理沙 「狩人噛みの場面だろうし占ってほしい場所があるなら占うぜ>共有」
フレデリカ 「ありがとう。 占われにきた狂人ということね >魔理沙
説明してくれると助かるね〜」
星輝子 「共有者が占い師よりも先に噛まれることなんてないんだよォォォォォ!
2人も吊りたい位置を吊ったのなら十分ンンンンン!!!!」
萩原雪歩 「怪しまれていましたか。やっぱり薄かったですかね、難しいものです。」
天海春香 「霊能→共有噛みって狩人も狐も探す気ないのかしら
両偽見えてるのなら2騙りでない限り魔理沙-響子で把握したのかもだけど」
結月ゆかり 「占いを指定ですか?」
姫川友紀 「どこぞの月の兎かな?>キノコちゃん」
島村卯月 「ちょっと待って下さい共有!
狼の吊り逃れですよこれ!?」
姫川友紀 「狩人を狼と誤認するFcですねコレハ…」
五十嵐響子 「からの、卯月ちゃん指定ですか?」
結月ゆかり 「そして狩人COですか…」
輿水幸子 「お疲れ様です」
小日向美穂 「ん、そこからなんです?」
鬼柳京介 「凡庸な発言が多いと思っていたが狩人か」
輿水幸子 「占いロラからの響子さん吊りというところでしょうか」
星輝子 「ゴー・トゥ・ヘェェェェル!!!(指定)」
小早川紗枝 「判断できないところやったね
共有噛み路線でいうなら多分対抗狩人おるならもう出てきたほうがわかりやすくなるかもあらへん」
霧雨魔理沙 「>フレデリカ
占い両偽主張で占われに来たように見えたんだよ
後は昨日の言動が占い真混じりかどうか見てるんじゃなくそもそも見る気がないように見えた」
渋谷凛 「幸子、お疲れ様。」
フレデリカ 「そこから 狩人はわかる」
星輝子 「島村卯月」
姫川友紀 「初日う~ん?と思って票入れたところだけにそこ●はあまり違和感はないね
からの狩人COなのね…」
星輝子 「指定ァ!!!!」
鬼柳京介 「雪歩●か
微妙なところだな」
萩原雪歩 「くやしい。ずっと守っていた所から●をもらってしまった。」
五十嵐響子 「共有噛みって明らかに狼側余裕ですっていう噛みに見えますけど・・・」
島村卯月 「あ、対抗出ないでいいですからね!」
星輝子 「ふー……」
萩原雪歩 「島村卯月>島村卯月>護衛4>護衛5>護衛6

萩原雪歩の狩人日記
1日目:護衛:出来ない 死体:GM 
初日ですからね。割り切って行きましょう。

2日目:護衛:島村卯月 死体: 川島瑞樹
霧雨魔理沙が対抗に少し触れていること、
島村卯月のほうが自然に見えるので島村卯月を護衛。
さて、どこを噛んできますかね。

3日目:護衛:島村卯月 死体:
島村卯月のほうが発言の印象がいいですね。
なんかスッと入ってくる感じです。
おそらく島村卯月が真、霧雨魔理沙狼かな?」
小日向美穂 「卯月ちゃんから、●ですか。」
結月ゆかり 「そして●が出ましたね…。」
島村卯月 「やっぱり」
萩原雪歩 「狩人CO!」
小早川紗枝 「雪歩はんどすか」
渋谷凛 「あ、遺言残すの忘れてた。
駆け込みで入ったからRPのこと考えてなかったんだよね」
五十嵐響子 「もしかして:両偽」
霧雨魔理沙 「理由
3日目じゃなく2日目の発言だ
◇フレデリカ「このまま 両占い 生きて 灰削ってれば狐勝ちだけはないね〜」

妖狐をやけに意識してる気がするんだよな
ゆかり両○見て呪殺対応だと思ったとかはまだ理解できるんだが
なんで初日にふと狐勝ちの有無が話題になったんだろうな」
姫川友紀 「お、●出たのね」
結月ゆかり 「む、共有噛みですね。」
島村卯月 「◇萩原雪歩 「真狼で占いなら即噛みきてもおかしくないと私は思いますけどね。ここら辺は好みの問題でしょうけど。」
噛みが分かってて誤魔化してる感じがすごく強いんだよね
凛ちゃん投票の中でもここは特に人外目高そうだなって思った!」
五十嵐響子 「鬼柳さん占いは割とありかなと思ってはいます。
吊れた可能性を示唆したうえで、雪歩さんへの回答で別の発言をしてますし
割と軸が見えてきてはいない感じがします。
フレデリカさんは朝一の発言を見たり、促しも多い。白狙いならありですけど
ここ占いは好ましくないですね。吊りも考えて無い位置です。
それより灰は見てないけど、割と友紀さんも同じ印象を受けてますね。」
小日向美穂 「指定かな、って投票です」
萩原雪歩 「おはようございます。
鬼柳京介、昨日は回答ありがとうございました。
意見がもらえるとうれしくなりますね。」
天海春香 「おはよう、投票は凛ちゃんね
2日目と同じで狂アピに見えたからね
3日目からまともになるならまだ残してもよかったんだけど

その場合は美穂ちゃん投票したかな?
昨日も言ったけど小日向美穂 「霊能噛み。対抗を噛めないとどうかと見たかですかね
この発言が中身見えてるから言ったと思えるから
真狂だろうとなんだろうと、霊能は護衛されてないと思ったら噛むよ?
美穂ちゃんは真狼決めうってるという旨の発言してないのにこの発言はやっぱりおかしいと思えるかな」
フレデリカ 「共有噛み?」
鬼柳京介 「昨日同様、春香が気になることに変わりはない

紗枝が俺と同じ状態に陥っているようで、発言の振るわなさも納得ができた
だがそろそろ出てくるだろうさ
この村でしか言えない発言ってやつがな」
姫川友紀 「さっちゃんが噛まれた!狼の人でなし!」
小早川紗枝 「おはようどす」
結月ゆかり 「おはようございます。」
星輝子 「あう」
島村卯月 「占いCO頑張ります!
萩原雪歩●」
霧雨魔理沙 「占いCO フレデリカ○」
星輝子 「あ」
姫川友紀 「おはよー!蒼い凛ちゃん吊られたので本家ベイスボールについて
個人的に某二塁手とかが原因の場合が多いんじゃないかなと思ったりしちゃったり
石川内野手、痛恨のミスって奴ですね。でもラミレス監督になってからぐっと守備よくなった感がある
ところで凛ちゃん吊りはあたし含めて放置できない判断したのと序盤ってのもあって集中したのかなあって感じ」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
輿水幸子さんの遺言 遺言だなんて大げさな…
このボクが死ぬわけがないじゃないですか。この中で最もカワイイボクがですよ?
輿水幸子 は無残な姿で発見されました
(輿水幸子 は人狼の餌食になったようです)
島村卯月 は 輿水幸子 に狙いをつけました
渋谷凛 「理想の展開としては魔理沙が美穂囲って狐噛んで卯月が告発して…ってところかな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
星輝子(共有者) 「…あとは、そうだな」
川島瑞樹 「処理するタイミングは両偽把握して、か○噛み対応して、とかになるからもうちょっと先ね」
島村卯月(人狼) 「共有噛んで●出しも狙うか」
小日向美穂(人狼) 「いやなら、肺噛み。ですが、いまいち候補もって感じです」
輿水幸子(共有者) 「机の下ってそんなに発言がよく見えるんですねえ」
島村卯月(人狼) 「真にしてはアピ少ない感じはあるけど多分真でいいと思うよ」
星輝子(共有者) 「お、狼っぽい位置を狙いたいなら、
美玲ちゃんに投票したのと、凛さんに投票したのと
そこから考えると、……いい」
小早川紗枝の独り言 「春香はんは狩人なのかどうなのか。」
輿水幸子(共有者) 「ただどうなんでしょう…
意図的でなければもう真狼しか見れなくなるぐらいの失言でしたし…」
島村卯月(人狼) 「●叩き候補は何人かいるけど
この展開呪殺出されるとアウトなんだよなあ」
小日向美穂(人狼) 「真くさそーってかんじですけど」
小日向美穂(人狼) 「ちなみに、魔理沙は真と狂どっちでみてます?」
渋谷凛 「狐をちゃっちゃか処理したいねー」
星輝子(共有者) 「明日、もしも狩人が生きているなら……その時は、小早川紗枝。鬼柳京介。あと……フレデリカ
狩人のない位置は、……ここ」
小早川紗枝の独り言 「ちと決め打ちできへんな」
小日向美穂(人狼) 「でもいいですしー、そろそろ●ぶつける候補みつくろってもいいですね」
萩原雪歩 は 島村卯月 の護衛に付きました
輿水幸子(共有者) 「信用勝負なら一応ありますけどねその噛み筋」
小日向美穂(人狼) 「や、いいでしょう。1W吊りは県内です。後は私が魔理沙さんに見つからないように、すればいいだけです」
島村卯月(人狼) 「ここは美穂ちゃん囲うタイミングだから○用意しておくね
噛みは共有でいっか」
渋谷凛 「おのれ蒼のかっこよさを理解しない者どもめ…」
五十嵐響子(妖狐) 「まあこれ、少なくとも卯月ちゃんは偽で、魔理沙さんはどうかっていうと・・・
うーん、うーん」
島村卯月(人狼) 「だいぶ辛いなあこれ」
島村卯月(人狼) 「ちょっと吠え増やして」
萩原雪歩の独り言 「さて、今日も生き延びました。どっち守りますかね。」
小日向美穂(人狼) 「そうなるかなぁって感じはしましたけど圧倒的ですね。」
霧雨魔理沙の独り言 「当然私が狂人だから渋谷狂人はない
人狼とも思えないが」
川島瑞樹 「お疲れ様」
島村卯月(人狼) 「指定かな?(」
五十嵐響子(妖狐) 「最後の発言が視点漏れに見えたけど、どうだろう」
小日向美穂(人狼) 「あ、おつかれさま」
星輝子(共有者) 「ふぅ……大丈夫、少し……落ち着いてきた

もしも、共有者が先に噛まれるようなことがあれば……その時は、迷わなくて、いい
占い師よりも共有者が怖いことなんて、あまりない」
五十嵐響子(妖狐) 「狂人の感じはしたかな」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
渋谷凛 は投票の結果処刑されました
3 日目 (1 回目)
小日向美穂0 票投票先 1 票 →萩原雪歩
輿水幸子0 票投票先 1 票 →渋谷凛
島村卯月0 票投票先 1 票 →小早川紗枝
結月ゆかり0 票投票先 1 票 →フレデリカ
姫川友紀1 票投票先 1 票 →渋谷凛
フレデリカ2 票投票先 1 票 →鬼柳京介
萩原雪歩1 票投票先 1 票 →渋谷凛
天海春香0 票投票先 1 票 →渋谷凛
小早川紗枝1 票投票先 1 票 →姫川友紀
五十嵐響子0 票投票先 1 票 →渋谷凛
鬼柳京介1 票投票先 1 票 →渋谷凛
霧雨魔理沙0 票投票先 1 票 →渋谷凛
星輝子0 票投票先 1 票 →渋谷凛
渋谷凛8 票投票先 1 票 →フレデリカ
渋谷凛 は フレデリカ に処刑投票しました
島村卯月 は 小早川紗枝 に処刑投票しました
川島瑞樹 「あら急に集まったけど」
フレデリカ は 鬼柳京介 に処刑投票しました
霧雨魔理沙 は 渋谷凛 に処刑投票しました
小早川紗枝 は 姫川友紀 に処刑投票しました
星輝子 は 渋谷凛 に処刑投票しました
鬼柳京介 は 渋谷凛 に処刑投票しました
結月ゆかり は フレデリカ に処刑投票しました
萩原雪歩 は 渋谷凛 に処刑投票しました
五十嵐響子 は 渋谷凛 に処刑投票しました
輿水幸子 は 渋谷凛 に処刑投票しました
天海春香 は 渋谷凛 に処刑投票しました
姫川友紀 は 渋谷凛 に処刑投票しました
小日向美穂 は 萩原雪歩 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
渋谷凛 「確定○ができたからまだグレーは広いけどね。
まあ共有が占いもらってないしオーライ」
小日向美穂 「ロラするの?全偽路線ってのかんがえられれなくはないけど……」
島村卯月 「グレランの方がいいと思います
投票でもう一度占い先を考え直したいな」
五十嵐響子 「まあ、今から指定も無理でしょう、グレラン安定の感じ」
フレデリカ 「指定なしは 了解してるよ〜」
星輝子 「た、ただ。ちゃんと見ることは、……約束する
だから。今日は、このまま」
結月ゆかり 「では今日もグレランで大丈夫でしょうか」
フレデリカ 「根拠っていうか、勘としても聞きたい>魔理沙
天海春香 「指定しても、しなくてもいいけど、狼多め、霊能いない展開だと票は参考にならないというのは言っておくね」
小日向美穂 「師弟はいらないかな。」
小早川紗枝 「とはいえうちは占いよく見てなかったし
灰だとゆかりはんがグレーのままなら吊りかなと思ってたくらいやから
そういう意味で今日の感じは出鼻くじかれた感あるかもしれへんね」
萩原雪歩 「ふえっ!?」
姫川友紀 「きのこちゃんそういうなら今日もグレランでおっけーかな?」
渋谷凛 「進行的には14>12>10> 8>6>4>
8人になったらロラでいいんじゃないかな」
輿水幸子 「だから指定する気はないですって>雪歩さん」
霧雨魔理沙 「狩人保護の面が強そうだから指定するならあんまり悩んでもしょうがないぜ」
星輝子 「まだ、…足りないから」
姫川友紀 「グレランだろうが指定だろうが共有の指示には従う所存」
鬼柳京介 「噛めそうになかった、初手で囲っている故に噛んだら囲いまで吊れる可能性があった
あるいは霊能者を噛みたかったか
俺は前者を疑っているがな>雪歩」
五十嵐響子 「時間ぎりぎりだと危険ですからね」
星輝子 「私は。指定は、しない」
島村卯月 「対抗狼なら初手囲いあるか考えてみたけど
昨日の春香さん見る限りだとそんな感じしなかったし」
フレデリカ 「>◇霧雨魔理沙 「対抗狼の場合だと渋谷が潜伏狂ありそうに見えるんだが」

根拠は? 発言的にそこまで青でそこ見る??」
輿水幸子 「ここで指定ってそれボクたちが本気でこの子を退場させないとって思わないとあんまりよろしくないと思いますけどね>フレデリカさん」
小日向美穂 「どっちもありえそうって感じはするけどね。 信用戦って感じはみえます」
星輝子 「指定…したい…?>幸子ちゃん」
天海春香 「共有は指定するかグレランするかは大文字で決めて」
姫川友紀 「かもしれない…で温存した結果
ラストエリクサー能見さんみたいになるのでやめようね…!」
小日向美穂 「即吊りだった美玲ちゃんが狼だったということかもしれないですけれど、うーん。そんな感じはしなかったな」
五十嵐響子 「即狼吊りの可能性もあるけど普通に信用戦狙ってる、のほうが目があるかなと
そんな感じ。>ゆかりさん」
島村卯月 「美玲ちゃんは発言数だけで吊れた感じがするから
そこ投票から占おうかって迷いはしたんだけど
共有・自分の投票先・対抗の初手○・霊能・投票次点…だとね…」
渋谷凛 「まあ、ゆかりは紫だしどっちつかずとはいえまだ真占いがいる可能性はあるよ。
幸い狐もいるしグレーのピンクランしていこうか」
結月ゆかり 「ただまだ占いからは二人とも●は発見されていませんし…ふむ」
星輝子 「だけど、えと
私の意見は……特に無い」
萩原雪歩 「真狼で占いなら即噛みきてもおかしくないと私は思いますけどね。ここら辺は好みの問題でしょうけど。」
フレデリカ 「狩人保護でグレランしないで指定 ってのはありだと思う」
天海春香 「小日向美穂 「霊能噛み。対抗を噛めないとどうかと見たか

美穂ちゃんは、占いは真狼決め内なのかな、それとも内訳見えてるのかな
真狂でも霊能噛みはあると思うけど」
小早川紗枝 「かもしれない路線は危険どす」
姫川友紀 「共有は占い降板させる期限決めといて自由占いグレラン続行でいいんじゃない?」
星輝子 「さ、さすがだな……幸子ちゃん」
小日向美穂 「むしろ、狼だから、対抗が真或いは狂だったので、まず霊能かもしれませんね>雪歩さん」
鬼柳京介 「霊能者が噛まれているということは、もしかしたら美玲で吊れているかもしれない
フッ……俺らしくもない台詞を吐いたな」
フレデリカ 「>共有
どうする 指定していいよ」
五十嵐響子 「いや、もしかしたらーな冗談だから本気にしないでくださいね?>凛さん」
結月ゆかり 「霊能噛みだとすると狼即吊りとかも考えられますが。如何な物なのでしょう。
占い噛まないのは狼が占いに混じっているからでしょうか」
輿水幸子 「輝子さん何を言ってるんですか
これぐらい想定外なわけないじゃないですかあ」
渋谷凛 「加えて蒼を減らすその心、
まちがいなくポンコツアンドロイド…!」
[密]星輝子 「そうなると初日の○を見るべきかしら」
姫川友紀 「マジかよ身代わり君最低だな>凛ちゃん」
フレデリカ 「夜 考えて 一気に意見出してるのは
春香 ユッキ 響子 敬称略」
[密]星輝子 「占い両偽の予感」
小日向美穂 「霊能噛みなら真狼ですねえ。」
渋谷凛 「これはやはり全偽…霊能川島さんを噛みに来たのがその証拠」
小早川紗枝 「色々あるとはいうものの基本的に狼が占いに出てると考えて問題あらへん」
萩原雪歩 「さて、真がわからなかったからお茶にごしなのか、
真がわからない理由があったのか。」
五十嵐響子 「っ狂人の可能性>凛さん」
姫川友紀 「ゆかりちゃんが牽制死される確率が高まったところで真狼っぽいのかなあと」
星輝子 「だ、大丈夫だ……>幸子ちゃん
想定の、範囲内……」
島村卯月 「うーん…狐狙いだったんだけど違うか…
私即噛まれなかったから結果残るならそれはそれでいいかな
前向きに考えよう」
霧雨魔理沙 「対抗狼の場合だと渋谷が潜伏狂ありそうに見えるんだが」
小日向美穂 「霊能噛み。対抗を噛めないとどうかと見たかですかね」
五十嵐響子 「霊能噛み、狼交じりはまずまず確定でーの、真狼路線かな?」
渋谷凛 「なんで…?
ゆかりは明らかに蒼に敵意を剥き出しにした投票だったから確定○なはずがなかったのに」
フレデリカ 「二人とも ゆかりさん占い
これ ゆかりさんで呪殺発生かと 勘違いするね〜」
姫川友紀 「霊能即噛みなのねん」
天海春香 「そしてゆかりさんはお弁当、と」
鬼柳京介 「ゆかりが◎か、それならそれでいいさ」
小早川紗枝 「占いとしては十分どすね」
小日向美穂 「ゆかりさん。」
結月ゆかり 「2人して!!」
輿水幸子 「おはようございます」
霧雨魔理沙 「理由
◇結月ゆかり「この数で2占い。出ているのは全て一通りは考えられますがもしも狼が全潜伏もあるかもですか。
初日役職…とかは考えたらキリがありませんね。」
なんとなく狼混じり主張と言いたそうだけど一歩引いた発言に見えるっつーのかな
はっきりと真狼か狂狼に見えるとか言わないのは目を付けられたくなかったんじゃないか?」
姫川友紀 「あ、ゆかりちゃん◎なのね」
萩原雪歩 「霊噛みですか。」
天海春香 「霊能噛みね
護衛は無いとみたようね」
島村卯月 「◇結月ゆかり 「そうですね。個人的には真狼の狐があるかなとは思っています >魔理沙」
真狼で見るなら狂人が潜伏って普通は言うんじゃないかなあ
なんか怪しいんだよね、早めに占おうと思ったんだ」
結月ゆかり 「霊能即噛みですか。」
五十嵐響子 「フレデリカさんの霊疑わないアピをどうとろうかって迷ったけど、
それよりも特にしゃべってる印象がなかった紗枝ちゃんが先かなって感じです。
そういう意味だと美玲ちゃんも同じなのでこの表は割と。
フレデリカさんは卯月ちゃんが投票してるし、占ってる可能性あるかな、くらいに見ておこう。
あとは友紀さんと美穂ちゃんがそれぞれ量をしゃべってる印象はある・・・かな?」
渋谷凛 「美玲の霊結果はピンクだよね、知ってた。
さあ、狼は蒼いかどうか確かめていこうか」
姫川友紀 「球審川島、負傷退場ですか…」
フレデリカ 「霊能 さようなら〜」
小日向美穂 「おはよう」
小早川紗枝 「おはようどす」
萩原雪歩 「おはようございます。
渋谷凛に期待されてしまったので蒼アピ頑張っていきましょう。」
川島瑞樹 「あらあら」
島村卯月 「占いCO頑張ります!
結月ゆかり○」
天海春香 「おはよう、私はまだ生きてるようね

私視点で囲いがない魔理沙のほうがやや真目
とはいえこれからいくらでも信用変わるかしら
卯月も別に偽って決めうちできる感じじゃないわね
基本真はいると思ってみてるわ

凛とどっちにするか迷ったけど美鈴投票は、まず狩人が無い所ね
ああいう無口な所が狼は最終日に村打ちされる事が多くてなおかつ占われない事もあるから早めに吊っておくところだと思うわ

潜伏狂人を見るなら凛は狂人もありそうで困るから、そこは占わずに指定する所だと思ってるわ
結月ゆかり 「おはようございます。」
霧雨魔理沙 「占いCO 結月ゆかり○」
鬼柳京介 「囲いがないことを初っ端からアピールしたり、
共有者にわざわざ確認をさせたり、
春香はどうにもきな臭いな

だから占い師の印象は卯月>魔理沙だ」
姫川友紀 「おはよー!今日も元気にラビット☆ボール!
有名なラビット☆ボールだとやっぱりサヨナラインフィールドフライかな?
あれはTVの前で絶句してたね…
卯月ちゃんと魔理沙ちゃんの投げ合いだけどどっちが先に降板するのやら?」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
川島瑞樹さんの遺言               _ r≦::>ィー=::=.、   :|
             /:::::::::::ヽイ;:::::::::、:::::::::::::::\ |
:rzz  fZZx、.    ,イ::::::::::::/:\く::ヽ::::::::`ヽ:::::::::::ヾt|
.:マ:ハ `¨¨)::)    ./::::/:::::::/      .ヽ、::::::::::ヽ:::::::::',ム
 マ:ハ. /イ.    ,'::: ,'::::j:::,'         .><:::::::::ヽ:::::::ヾt
.  マム .l::::l    i;::::;':::::ハ::i、          r、:::::::::::ヾー、:::ヽ
   ー'' ゞ'    j:::/l::::i:l 〉.          l l\::、:::ヽ:ヽj):i
   ○ ○  i::l::::|::i!;| |. ',.         ', .j `マミr:::ヽ:Y
         Vl:::i::::!i! l j           `´   l:::j ヾ::/
    、.     i|.',::i ハ. `´            レ' .j''
     ヾ,      マハl';.     v '''' ¨|  し   rイ
     ヾ.      ヾ .f      l    |   ,.ィ:´ヾニニミ、.
.                ヽ._   ヽ __,.」.rァ:ノ:::j::::ヽ;:ヽ):/
     _. _.             二.x了」  ノ../:::ノ::::::::j::V:::j   _ ―、 jヘ、
    |::!l:l              rイrzzz.、ヽfくヽ .i)::::::/イ:::ノーく ´    .∨  \
  /::l:l:l:l __、r        ノ#マ.' ' ' .ir:ム _,.イ::::イ:V7¨´###ノ      //
.く::/ ¨.¨ ¨7:::ァ      .〉 # T  i!ト ム  ヽi:i::::i:ヾ、#:#:#{       .//
 ヾヽ   =i:::f.¨ム .f、  〈# # |  | 十ム   ヾ_ヽ、::j#:##l
  ヾゝ    ー' .Li   >:j r;マ:#j|  _,トj:゚:l=lf::ー≦jVイ#:##i!
             ¨   シi#j゙≦##lマハ:::j#####ヾ'####i
川島瑞樹 は無残な姿で発見されました
(川島瑞樹 は人狼の餌食になったようです)
島村卯月 は 川島瑞樹 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
小日向美穂(人狼) 「自身がないなら、灰噛みの呪殺対応用意でもいい気がしますが。初手は霊能でも」
星輝子(共有者) 「◇霧雨魔理沙 「占いCO 天海春香○」
◇島村卯月 「占いCO頑張ります!五十嵐響子○」

◇川島瑞樹 「霊能COよ」


い、今の時点ではこうで……明日、占い師が噛まれたとして……」
島村卯月(人狼) 「それじゃ霊能噛みで
一応日記の準備お願いねー」
輿水幸子(共有者) 「そうですね
投票要素はあまり気にはしないですが魔理沙さんのほうがちょっと「んー?」って感じには見えます」
星輝子(共有者) 「最悪の形になった時、どうするか……それを、考えておけば
いざという時も平気……ね?」
小日向美穂(人狼) 「かめそうというなら川島さんですね。」
星輝子(共有者) 「そ、そうだな……まずは、明日……最悪の形を考えるんだ」
萩原雪歩 は 島村卯月 の護衛に付きました
渋谷凛(人狼) 「ふふ、私に聞かないあたり卯月もわかってきたね。
私に聞いたら川島さん残しに決まってるからね
小日向美穂(人狼) 「魔理沙さんは結構発言してたのと、絡んでたのでその絡み先が狩人だったら、ってのがあるので」
フレデリカの独り言 「護衛は卯月にいくね〜」
島村卯月(人狼) 「信用はそんな得意じゃないけど
霊能の方が噛めそうかなあ」
早坂美玲 「ってわけで、ウチは去っとくか」
輿水幸子(共有者) 「い、いまはややややめときましょうか

さささ作戦会議をしましょう」
星輝子(共有者) 「だ、大丈夫……私がいなくなっても、幸子ちゃんは延々と残り続けるから……ね?」
五十嵐響子(妖狐) 「しかしこれ、PCSバラバラの可能性あるんじゃないかな?」
小日向美穂(人狼) 「個人的には霊能かなって思います。その場合、信用勝負ってことになりますが。」
星輝子(共有者) 「天海春香 0 票 投票先 → 早坂美玲
霧雨魔理沙 0 票 投票先 → 渋谷凛


こう、だな……?」
早坂美玲 「んー、鈍ってるな……」
輿水幸子(共有者) 「それって裏を返せば
もし輝子さんが先に噛まれるようなことがあったら…」
島村卯月(人狼) 「美穂ちゃんはどっちがいい?」
五十嵐響子(妖狐) 「(両偽想定に)切り替えていく」
小早川紗枝の独り言 「抑えても要点言っておけば十分ということですな」
小日向美穂(人狼) 「そのたとえ」
星輝子(共有者) 「え、えと。それじゃ…作戦会議……だな」
島村卯月(人狼) 「霊能と対抗、どっち噛めそうかなあ」
萩原雪歩の独り言 「さて、どっち守りましょうか。」
渋谷凛(人狼) 「まずはひとり」
星輝子(共有者) 「暗い部屋は落ち着く……
何よりここには幸子ちゃんしかいない……」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
早坂美玲 は投票の結果処刑されました
2 日目 (1 回目)
小日向美穂0 票投票先 1 票 →結月ゆかり
輿水幸子0 票投票先 1 票 →早坂美玲
島村卯月0 票投票先 1 票 →フレデリカ
結月ゆかり2 票投票先 1 票 →渋谷凛
姫川友紀0 票投票先 1 票 →萩原雪歩
フレデリカ1 票投票先 1 票 →早坂美玲
萩原雪歩2 票投票先 1 票 →鬼柳京介
天海春香0 票投票先 1 票 →早坂美玲
川島瑞樹0 票投票先 1 票 →早坂美玲
小早川紗枝1 票投票先 1 票 →鬼柳京介
五十嵐響子0 票投票先 1 票 →小早川紗枝
鬼柳京介2 票投票先 1 票 →結月ゆかり
霧雨魔理沙0 票投票先 1 票 →渋谷凛
早坂美玲5 票投票先 1 票 →萩原雪歩
星輝子0 票投票先 1 票 →渋谷凛
渋谷凛3 票投票先 1 票 →早坂美玲
早坂美玲 は 萩原雪歩 に処刑投票しました
フレデリカ は 早坂美玲 に処刑投票しました
霧雨魔理沙 は 渋谷凛 に処刑投票しました
五十嵐響子 は 小早川紗枝 に処刑投票しました
結月ゆかり は 渋谷凛 に処刑投票しました
小早川紗枝 は 鬼柳京介 に処刑投票しました
輿水幸子 は 早坂美玲 に処刑投票しました
渋谷凛 は 早坂美玲 に処刑投票しました
天海春香 は 早坂美玲 に処刑投票しました
星輝子 は 渋谷凛 に処刑投票しました
川島瑞樹 は 早坂美玲 に処刑投票しました
鬼柳京介 は 結月ゆかり に処刑投票しました
島村卯月 は フレデリカ に処刑投票しました
萩原雪歩 は 鬼柳京介 に処刑投票しました
姫川友紀 は 萩原雪歩 に処刑投票しました
小日向美穂 は 結月ゆかり に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
星輝子 「もう倒れるから(ばたっ」
フレデリカ 「青ければいいのか〜
輿水幸子 「今日は見ての通りですから
また明日お願いします>輝子さん」
小日向美穂 「蒼アピ」
鬼柳京介 「渋谷凛か……俺と同じ臭いがするな、まともな世界で生きてねえ」
島村卯月 「未央ちゃんが聞いたらなんて言うかな…もう…
こうなったら凛ちゃんをぎゃふんと言わせるために強気に占おう!」
星輝子 「私が過呼吸で倒れたら…後は頼んだ…!>幸子ちゃん」
姫川友紀 「なお自援護HRしたのに抑えが炎上して勝ち星付かなかった先発はいます」
結月ゆかり 「狐潜伏です。字足らず」
渋谷凛 「とりあえず雪歩と鬼柳は暫定○だから蒼アピよろしくね」
霧雨魔理沙 「>早坂
勘で言うなら私もそっちだな
根拠ないし全然対抗狂もあるけど」
姫川友紀 「大胆な自援護は真占いには必要
どっかの監督もそういっている」
川島瑞樹 「占いに真まじりだったらそれでいいけどね>フレデリカちゃん
いなかった場合は運任せになりそう」
小日向美穂 「蒼ジャンキー凛……」
萩原雪歩 「まあ私も真狼想定ですね。狼が語りを出さない確率のほうが引くそうですし。」
五十嵐響子 「すごい理論だなあ()」
結月ゆかり 「そうですね。個人的には真狼の狐があるかなとは思っています >魔理沙」
小日向美穂 「2Coだけれど、初日がどうかは追々見極めていくしかないんじゃないかなあ>さえはん」
フレデリカ 「あ〜 しぶりん のいうとおり 両方偽なら
狐勝ちあるね〜」
姫川友紀 「占いに狼交じりだろうがそうじゃなかろうが呪殺で自援護してどうぞ」
輿水幸子 「共有車になれなくてもコールアンドレスポンスは欠かさないつもりでしたから
ちゃんと普段から準備してにといざといったときに何もできませんからね?>ゆかりさん」
天海春香 「共有は、指示するなら大文字でね」
渋谷凛 「やれやれ、共有も黒―ピンクなんだ。
これは霊能の川島さん軸にせざるを得ないね」
星輝子 「そ、それで、だな…?>幸子ちゃん」
鬼柳京介 「もう俺に満足は必要ないんだ>美穂」
五十嵐響子 「凛さんがでないとほとんど真いない計算になるけどその変動なんだろう・・・」
姫川友紀 「初回から飛ばして終盤へばるとか菅野かな……って>落ち着いて」
早坂美玲 「ウチはとりあえず真狼だなッ(割り込み)>魔理沙」
フレデリカ 「このまま 両占い 生きて 灰削ってれば
狐勝ちだけはないね〜」
島村卯月 「凛ちゃん!? それってどういう意味!?」
小日向美穂 「凛さんがこう、蒼に染まりすぎてるよ!」
小早川紗枝 「数だけ考えるにしても初日で言い切れるものでもあらへん。
可能性少ないのから切っていくのが正しいどす」
萩原雪歩 「まあグレランですよね。頑張っていきましょう。」
島村卯月 「さ、それじゃ今日も狼さん退治、頑張ります!」
姫川友紀 「紛らわしくて申し訳ない
苦情は一括でさっちゃんへ>ゆかりさん」
霧雨魔理沙 「>ゆかり
強いて言うならで占いで一番推したい内訳はあるか?」
小日向美穂 「満足して勝てるといいですね!>鬼柳」
渋谷凛 「ふーん、ピンクの卯月が占いなんだ。
魔理沙も黒だし、これは占い全偽だよね」
星輝子 「だ、だから、みんな幸子ちゃんをもっと…もっと見て…」
フレデリカ 「役占いないから
両占い 7吊り 10灰スタート 」
五十嵐響子 「まだ決まってないから落ち着いていこう>友紀さん」
小日向美穂 「2-1-2じゃあ、グレランですね。占いのお二人を見極めなきゃ」
結月ゆかり 「(幸子ーユッキが共有だと思ったとはいえない)」
星輝子 「し、視線を浴びるのには、慣れてないから…」
輿水幸子 「輝子さんが一世一代のギャグをかましました!
ボク、今猛烈に感激しています!」
姫川友紀 「2-1-2なので自由占いのグレランで問題ないと思うね!」
島村卯月 「小梅ちゃんがどっかに隠れていそうな共有だー!?」
鬼柳京介 「たかがゲームだ、勝てばいいんだろう?」
天海春香 「一応、二人が共有でいいのかしら
お互い確認しておいて」
早坂美玲 「おう、キノコが共有か」
結月ゆかり 「この数で2占い。出ているのは全て一通りは考えられますがもしも狼が全潜伏もあるかもですか。
初日役職…とかは考えたらキリがありませんね。」
小日向美穂 「142のお二人だーね。」
フレデリカ 「2−1ー2 か〜
セブンイレブンな始まり」
姫川友紀 「はいきのこちゃんりょーかい」
川島瑞樹 「出るのであればいつでも構わないと思うけどね>紗枝ちゃん」
小早川紗枝 「昨晩も大声あげてらしたらへんから」
小日向美穂 「不吉!>プンク!」
萩原雪歩 「あ、出てきましたね。失敬。」
姫川友紀 「名将コシミズ、村を大炎上させる名采配を披露」
霧雨魔理沙 「対抗の中身は今考えてもわからないだろうし
とにかく人外目狙いでいくぜ」
天海春香 「共有も把握可愛い共有さんね」
渋谷凛 「で、もう一つの進行の方はまとまった?」
萩原雪歩 「HOですか?」
星輝子 「どすえ…共有者、どすえ…」
五十嵐響子 「幸子ちゃん共有者ですね、目立つ場所ですね」
鬼柳京介 「随分と声のデカい奴が共有者なんだな」
姫川友紀 「あ、さっちゃん共有なの?ソーナノ…」
渋谷凛 「私の味方は川島さん。
チームnation blue頑張ってピンクを滅ぼそうか」
天海春香 「2-1ね
てっきり真狂狼の3占い展開になると思ったのだけどどっちか潜ったのかしら
真欠けじゃないのを願うわね」
星輝子 「ど、」
小早川紗枝 「共有はんが出てこないのは潜るつもりあるへんかね」
輿水幸子 「ではあらためまして
カワイイボクが共有者COです」
姫川友紀 「幸子ちゃんに便乗した系野球ガール」
小日向美穂 「共有さん出てきて、じゃあ、グレランですね!」
島村卯月 「…ところで、紗枝ちゃんの「どすえ」まだー?」
鬼柳京介 「そうか」
五十嵐響子 「霊能COですね、わかります>川島さん」
結月ゆかり 「占いは二人。占い先からは特に役職は出ていませんね
そして霊能1ですか」
姫川友紀 「共有も出ていいと思うよ」
島村卯月 「よかったー、響子ちゃん狼じゃなかった」
フレデリカ 「霊能CO 了解。
疑わないよ〜」
早坂美玲 「2-1…あれだな、うん、あれだ」
萩原雪歩 「2-1の〇スタート。共有にも出てきてほしいですね、」
五十嵐響子 「占い師は二人かな、卯月ちゃんを信じたい気分(うんうん」
輿水幸子 「もーいけずなんですからぁー」
小日向美穂 「2-1かな」
天海春香 「あら、私をうらなってるのね魔理沙は
私視点では囲いはないわね」
姫川友紀 「2-1かな?」
フレデリカ 「2占い」
渋谷凛 「この村の内訳を発表するよ
ピンク…6
蒼…2
水色…2
黒…2
オレンジ…2
その他ってところかな」
川島瑞樹 「霊能COよ」
霧雨魔理沙 「理由
明らかに何か悪い事企んでるって顔だろこれ」
島村卯月 「そっか、今日は久しぶりにPCS揃ったんだよねー
それじゃせっかく占いだし美穂ちゃんか響子ちゃんから占おうかな
どっちに…直感だけど響子ちゃんの方にしよう」
川島瑞樹 「おはよう」
鬼柳京介 「~~~~♪♪♪(ハーモニカを吹きながら登場)」
姫川友紀 「やきう」
結月ゆかり 「さて、おはようございます」
天海春香 「おはよう、死ぬには良い日みたいね
占いのCOは早めにね
霊能や共有は多少様子見でもいいけど」
小早川紗枝 「おはようどす」
霧雨魔理沙 「占いCO 天海春香○」
島村卯月 「占いCO頑張ります!
五十嵐響子○」
小日向美穂 「おはようございます」
輿水幸子 「カワイイボクと?」
早坂美玲 「さあ、いくぞッ」
フレデリカ 「ボンジュール 」
姫川友紀 「おはよー!今日も元気にベイス☆ボール!
正直星の球団がベイスの愛称認めるようになるとは思わなんだ
◇天海春香 「千早ちゃんの胸が大きい世界なんて認めない」
この発言で思い出したけど72=胸がホームベースで分かりやすいって
知り合いのお兄ちゃんが言ってて納得してしまった
そんなことより先発(占い)の発表まだですかね~?
初日から完封目指して欲しいねっ!」
萩原雪歩 「おはようございます。さてCOが出そろうまでのんびりしていますかね。」
五十嵐響子 「おはようございます!
卯月ちゃん、美穂ちゃん、かたくならずにがんばろう!」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
身代わり君 は無残な姿で発見されました
(身代わり君 は人狼の餌食になったようです)
島村卯月 は 身代わり君 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
五十嵐響子(妖狐) 「一戦一戦、、大事にやっていきましょう!」
輿水幸子(共有者) 「でもいざとなったときの1UPキノコだけは残してくださいね?」
島村卯月(人狼) 「じゃあどっか○出し用意しとくね、130噛みで」
小日向美穂(人狼) 「響子ちゃん対応は卯月ちゃんに任せるとして、フレデリカ、雪歩ちゃんは対応しますね」
輿水幸子(共有者) 「た、たくされました…」
五十嵐響子(妖狐) 「もしかしたら埋もれてるのもあるかもですけど」
渋谷凛(人狼) 「潜伏が苦手なわけじゃないからいらないかな>初手囲い」
星輝子(共有者) 「だ、大丈夫だ、幸子ちゃんなら……やれる……

……がくっ」
島村卯月(人狼) 「全潜伏でもいいけど
1COになりそうなら出るって感じで」
小早川紗枝の独り言 「薔薇GM運営の鯖に移ってからは初参加かいな」
五十嵐響子(妖狐) 「そういえば今日含めてあと4回で1000戦ですね」
星輝子(共有者) 「む、村の命運を……託した……!」
小日向美穂(人狼) 「んー卯月ちゃんお願いしてもいいです?」
輿水幸子(共有者) 「ボクが保証してあげますから」
島村卯月(人狼) 「じゃあ凛ちゃん初手囲おうか?」
渋谷凛(人狼) 「全潜伏でいいかな」
星輝子(共有者) 「私は、あまり喋るのが得意じゃないから……
だから、その」
輿水幸子(共有者) 「共有者さん、ですね」
渋谷凛(人狼) 「私は17人村狼は久々だし任せるよ」
島村卯月(人狼) 「呪殺対応の準備してないからなあ
出られなくはないけど」
小早川紗枝の独り言 「設定合わせるなら隠者置換のほうがええかもしれへんね」
星輝子(共有者) 「そ、それで、えと、その、わ、私は」
小日向美穂(人狼) 「響子ちゃんが占い師じゃない限り大丈夫なはず!」
天海春香の独り言 「普通に考えたら3-1-2の真狼狂よね
とはいえ普通じゃ面白くないわ」
輿水幸子(共有者) 「キノコを何度も分けて貰った仲じゃないですかー!」
結月ゆかりの独り言 「あーうー・・・あーうー・・」
星輝子(共有者) 「あ。ご、ごめん幸子ちゃん……深夜のテンションで、つい……」
小日向美穂(人狼) 「という事で騙りたい人いるかどうかですね」
渋谷凛(人狼) 「悪いけど、私はピンクに馴れ合うつもりはないから」
輿水幸子(共有者) 「ボクですよ!?
苗床じゃないですって!!」
五十嵐響子(妖狐) 「普通の村人になれないなあ・・・(遠い目」
島村卯月(人狼) 「騙りどうしようか?」
萩原雪歩の独り言 「遺言は序盤は残さないほうがいいですね。
この鯖の遺言システムがまだあやふやですが大丈夫でしょうか。」
フレデリカの独り言 「むー」
霧雨魔理沙の独り言 「占い師騙りだな」
島村卯月(人狼) 「どうしようこれw
と、取り敢えずよろしくね美穂ちゃん、凛ちゃん」
天海春香の独り言 「ふむ、やっぱり無理みたいね」
輿水幸子(共有者) 「やっぱりボクには野球なんかよりもこっちでしたね」
星輝子(共有者) 「お前も苗床にしてやろうかアアアアアアアアア!!!?」
渋谷凛(人狼) 「ふーん、プロデューサーの悪意を感じるね」
フレデリカの独り言 「んー」
五十嵐響子(妖狐) 「あっ・・・(察し」
早坂美玲の独り言 「村人…普通だなッ」
星輝子(共有者) 「お、お」
島村卯月(人狼) 「うっわあ…w」
川島瑞樹の独り言 「あらあら」
小早川紗枝の独り言 「素村どす」
小日向美穂(人狼) 「惜しい一人違う!w」
萩原雪歩の独り言 「あら、狩人ですか。」
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ゲーム開始:2017/01/19 (Thu) 22:36:55
小日向美穂 「開演です!」
天海春香 「千早ちゃんの胸が大きい世界なんて認めない」
小日向美穂 「1!」
五十嵐響子 「なお」
姫川友紀 「それ以上行けない>雪歩さん」
小日向美穂 「2!」
フレデリカ 「マクロスならフツー」
五十嵐響子 「がんばろうね、卯月ちゃん、美穂ちゃん!」
小日向美穂 「3!」
萩原雪歩 「アイドル・・・兵器・・・ゼノ・・うっ、頭が。」
天海春香 「大丈夫、行けるわ
私はまだ、飛べる」
小日向美穂 「4!」
小早川紗枝 「心配あらへんどす」
結月ゆかり 「兵器として生きる…次世代アイドルですね」
小日向美穂 「5-!」
島村卯月 「あ、何時の間にかPCS揃ってました…」
輿水幸子 「に、人間兵器!?」
星輝子 「だ、大丈夫………………たぶん」
姫川友紀 「もう肩温まってるいつでも投げれるよー!」
渋谷凛 「私からしてみると、むしろ皆が蒼くなくても兵器で生きているのが信じられないよ」
五十嵐響子 「準備万端ですよ!」
萩原雪歩 「OKです、お手柔らかにお願いしますね。」
五十嵐響子 「PCSとKBYDの構図・・・?」
姫川友紀 「申し訳ないが一岡の人的補償の大竹の話はNG」
小日向美穂 「さてと、勢ぞろいしたところで、カウントいきますね。準備はいいですか?」
輿水幸子 「それはスポーツだけの話ですって!>友紀さん」
五十嵐響子 「あ、美穂ちゃんも来ましたね」
天海春香 「赤い球団はエースの放出が最大の補強と言われてるそうね
少し可哀想」
川島瑞樹 「そろそろかしら?」
絢瀬絵里 「絢瀬絵里 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:絢瀬絵里 → 小日向美穂
アイコン:No. 427 (絢瀬絵里) → No. 63 (小日向美穂01)」
姫川友紀 「青い球団はエースがFAしちゃったね…(その目は優しかった)」
五十嵐響子 「着色料かな・・・?」
小早川紗枝 「かまへんどす」
結月ゆかり 「あざとさは可愛さ。ゆかりさん知ってますよ」
天海春香 「蒼がなかったなら仕方ないわね」
渋谷凛 「ごめん、待たせたね
ちょっといい蒼がなかったから」
姫川友紀 「マウンド(ステージ)に立てば対等ってそれ一番言われて……言われてたっけ?>幸子ちゃん」
五十嵐響子 「こうでしょうか」
五十嵐響子 「あかんのか?>ユッキ」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 渋谷凛
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 58 (渋谷凛02)」
姫川友紀 「むしろあざとくないアイドルなんていたっけ?ユッキは訝しんだ」
輿水幸子 「元祖、というかもう大御所ですよ!?
畏れ多いですって>友紀さん」
星輝子 「ひっ、ひっ、ふー…
ひっ、ひっ、ふー…」
天海春香 「あざといアイドル?そんな子がいるのね・・・吊らないと」
五十嵐響子 「逆ぅ! 逆です!」
天海春香 「恐れ、平伏し、崇め奉りなさい!(こんばんわ、よろしくお願いします)」
姫川友紀 「幸子ちゃん良かったね!元祖あざといアイドルが来ましたよ!?」
輿水幸子 「やっぱり満員のステージに立つと気分も変わりますね」
早坂美玲 「じゃ、よろしくなッ」
絢瀬絵里 「満員御礼感謝よ。それでは、準備が整い次第投票初めてね」
かりりりりん 「かりりりりん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりりりりん → 天海春香
アイコン:No. 9 (紫) → No. 449 (天海春香07)」
かりで 「かりで さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりで → 早坂美玲
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 453 (早坂美玲)」
島村卯月 「(正直、凛ちゃんとかお酒似合うイメージあるなあ…)」
小早川紗枝 「埋まりはりました」
星輝子 「だ、だめだ、き、緊張してきた
気分が落ち着くキノコを」
姫川友紀 「後者が完全にブーメランだったけどユッキ知らなーい」
五十嵐響子 「アイドルの事務所なのにアイドルが激戦区じゃないように思える不思議ってありますよね」
姫川友紀 「年のわりに大人びていたり年のわりにおこちゃまなの多いよね……うん」
かり 「よろしくです
いそぎますねー」
鬼柳京介 「忘れちまったよ、アイドルなんて言葉……」
フレデリカ 「ときどき あたし自分の年齢忘れるけど お酒は飲んじゃいけない ってPがいってた」
姫川友紀 「あっ…ホンマ(絶句)>アイドルという選択肢はない」
かり が村の集会場にやってきました
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 鬼柳京介
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 344 (鬼柳京介(不満足))」
五十嵐響子 「(なおアイドルという選択肢はない模様)」
星輝子 「あががが…」
萩原雪歩 「お酒枠は割と激戦区ですけどね、」
五十嵐響子 「ビールとか・・・」
星輝子 「こ、これだけの人間がいるのに、みゃ、脈拍が、そこまであが、あが」
結月ゆかり 「お酒が残りますね」
姫川友紀 「自分で言ってて悲しくなった
同じ20歳組の千秋ちゃんとかあふれでるアイドルオーラなのに…」
姫川友紀 「あたしから野球とったら何が残るのさ!?
只の童顔の20のお姉ちゃんですよ?」
輿水幸子 「ボクがボクであること、それこそがボクを愛してくれるファンへの最大の恩返しですからねえ」
五十嵐響子 「友紀さんが完全にやきうのおねえさんじょうたいになってる」
姫川友紀 「自分を曲げないみくちゃんみたいな精神を見習わな」
姫川友紀 「サンキューサッチ」
輿水幸子 「自分を・・・貫けばいいんじゃないでしょうか・・・>友紀さん」
姫川友紀 「白黒…お、虎ファンか?」
霧雨魔理沙 「よろしくな」
五十嵐響子 「(こういう時にPCSはそろわないこと多いですよね・・・)」
星輝子 「ふ、ふふふ…」
karii 「karii さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:karii → 霧雨魔理沙
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 173 (霧雨魔理沙)」
姫川友紀 「蘭子ちゃんのあの言葉には坂本の決勝タイムリーエラー並の悲しさを感じた」
星輝子 「フヒ…よろしく…」
絢瀬絵里 「なんか一杯。よろしくたのむね」
フレデリカ 「ピンクチェックスクールにもリーチかかってるね」
輿水幸子 「今さらっと友紀さんブラックなこと言いましたね・・・」
かりで 「アイコン無かったからちょっと待って…」
星輝子 が村の集会場にやってきました
島村卯月 「KBYDが揃うのは久々ですかね?」
姫川友紀 「畜生のオーラ!とやんわり蘭子ちゃんに言われたあたしはどうすればいいんですかね…?>幸子ちゃん」
かりで が村の集会場にやってきました
karii が村の集会場にやってきました
フレデリカ 「あれ これ ユニットせいぞろい?
カワイイボクと野球どすえ?」
輿水幸子 「あざとくないですってば
にじみ出るオーラのせいですって。こればかりはボクにもどうしようもありません」
五十嵐響子 「よろしくお願いします!」
かり が村の集会場にやってきました
五十嵐響子 が村の集会場にやってきました
姫川友紀 「KBYD揃いましたねえ!なお陣営が一緒の保証はやっぱりない模様」
小早川紗枝 「よろしく頼んます」
絢瀬絵里 「いえaayい」
小早川紗枝 が村の集会場にやってきました
姫川友紀 「わかるわと言ったら本家が来た件について」
川島瑞樹 「よろしくね」
川島瑞樹 が村の集会場にやってきました
姫川友紀 「20越えるとああいうあざとさは演出できないよね わかるわ」
姫川友紀 「さっちゃんはかわいいなあ…」
かりりりりん が村の集会場にやってきました
輿水幸子 「ちょ、ちょっと待ってください!
打ち上げとなれば話は別ですって!!!主役を置いて打ち上げなんて許されませんよ!!
萩原雪歩 「こんばんは、よろしくお願いしますね。」
萩原雪歩 が村の集会場にやってきました
姫川友紀 「じゃあ幸子ちゃんだけ残して皆打ち上げに移行ってことで…」
輿水幸子 「いっそ埋まるまでずっと延長してもいいんですよ?
それだけボクのかわいさがいつまでも残りますから」
フレデリカ 「よろしく〜 フンフンフフ〜ン♪」
結月ゆかり 「成程。了解しました。 」
島村卯月 「に、2時間半!?」
絢瀬絵里 「15分ね!」
絢瀬絵里 「いらっしゃい」
フレデリカ が村の集会場にやってきました
絢瀬絵里 「あ、言い忘れてたわね。22時半で、人数次第で延長155分よ」
結月ゆかり 「そういえば。この村は何時開始なのでしょうか?」
姫川友紀 「よろしく頼むよー!」
姫川友紀 が村の集会場にやってきました
輿水幸子 「またボクのために村ができるとは、光栄ですねえ」
結月ゆかり 「こんばんはー」
島村卯月 「宜しくお願いしますね」
絢瀬絵里 「こんにちは」
結月ゆかり が村の集会場にやってきました
島村卯月 が村の集会場にやってきました
輿水幸子 が村の集会場にやってきました
絢瀬絵里 「以上、入村開始よ」
絢瀬絵里 「「【四条劇場からのお願い】

1.戦犯とか軽々しく口に出してはいけません。

自分の立ち回りがうまくいかなかったのは残念な事です。
でもそれで自分戦犯とか言い出すのはいかがなものでしょうか。余計につらくなるだけですよ?
あ、人を戦犯とか言うのはもっとNGです。
開始後だからとて人を呪わば穴二つ。出来るかぎり他参加者を尊重してさわやかに終わりましょうね

2.まったり仲良くいきましょう。

勝利を求めるのも一つの楽しみ方ではあります。
でもそれだけだと疲れませんか?
時にRP、時にしっかり。メリハリは大事ですけどガツガツしすぎずほどほどにゆるく、まったりと。
みんな仲良く終了後も和気藹々。それがプロデューサーの目指す理想の公演です。
できれば、協力してくれると嬉しいです。

3.他の参加者を尊重しましょう。

相手も人。その言葉は『自分のやり方』を意識しているとついつい忘れてしまいがちなポイントです。
いや、わかっていても「その考えをしている人はおかしい」
とか思ってしまう時だってあります
でも、そこは結構大事なのです。
やりすぎなければ殴りあうもいいでしょう。論戦もいいでしょう。
でも、勝敗が関係無くなった時・・・
例えば、霊界や終了後に於いて
「言い過ぎたかも」「ごめんね」などの少しのフォローで構いません。
「これが正しいから私は悪くない」ではなく、相手が傷ついているもしくは気にしているようならフォローも忘れずにしましょう
ちょっとした気遣いが、場の空気をよくしてくれます。」
絢瀬絵里 「■禁止事項■

・PP回避目的を除く村人騙り
・システムメッセージのコピペ使用
・AAを用いた占いCOまたは霊能CO(占い理由は可)
・占い理由と占い結果の同時貼り付け(騙りによる銃殺対応などに差がですぎるため)
・超過前の噛み実行(※超過前噛みは、原則的に全視点で詰んだor狼側の勝ちが確定したor狼側から投了宣言があった場合のみ許可とします)
・かけもちプレイ
・突然死(可能な限りGM付きの場合は回避させるよう努力しますが万が一回線トラブルなどで突然死した場合は必ず謝罪を)
・他者に対する「戦犯」等の発言
・事件前日を含め、昼の会話で初心者であることを明かす行為(騙り初心者COも禁止です。冗談でもやめましょう)
※アイマス村への初参加COはOKです。但し人狼経験の有無は昼間に言わないこと。

昼AAの使用は自由ですが、過度の大型AAの使用は控えていただけると幸いです
またシステムメタに繋がるので、占いや狩人といった村役職の投票は超過時間前にお願いします」
絢瀬絵里 「【四条劇場の特徴】
1--狩人の「護衛成功」と人狼の「狐噛み」判定は出ません

2--夜の共有の「ヒソヒソ」発言(アオォーンの共有ver)は表示されません

3--遺言は前日にしか書けません。温めているネタは今のうちに解放しましょう

4--超過時間でも喋れるけど、狼は独り言になるので相談はできません(共有は喋れます)

5--占い結果と霊能結果は、朝に出ます。呪殺と噛みが同時の場合、狐は生存します」
絢瀬絵里 「ここはアイドルマスターの好きな人を中心に開催されている人狼サーバーです。
アイマスキャラが多いですが、アイマスキャラ縛りではないので気にせずに参加してください。
楽しく自由に人狼しましょうね。


■注意事項■

・COはわかりやすく。基本的には独自の形でいいのですが、他の参加者の事を考えて。
・リスキーな戦略を実行した場合は、その後リスクの影響を受けた人との関係に気を配りましょう。
・霊界・終了後の議論は穏やかに。特に相手の人格などを否定するなかれ。


■初心者の方へ■
人狼・共有になった場合は夜の間に素直に仲間へ自分は初心者だと打ち明けて
どのように動けばいいのか指示を仰ぎましょう。
全員初心者だった場合?開き直りましょう(ぉ
また、その他の役職やわからない人狼用語がある場合は
http://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
で調べるか、過去ログで確認してから参加推奨です。

■経験者の方へ■
この村は人狼をネタにしたアイマス動画をより楽しむために、人狼を知らない人も一度やってみようという経緯でスタートしており、
初心者やプレイ回数の浅い人、ブランクのある人、わかめて鯖以外でしか経験の無い方が多数参加しています。
そのため、細かなミスや用語の誤解、セオリー通りではない言動、タイプが遅く返答や反論が遅いという事がございます。
経験者の方は、その点ご了承していただいた上、間違いを指摘する場合や取るべき戦術を主張される場合は、
何故そうなるかという説明も含めて、あまり強い語調を用いないようお願いいたします。

■マナー(ルールではありません)■

あまり不快感を誘発するような言動は控えましょう。ゲームの楽しみやゲーム性そのものを損ないます。戦犯CO駄目絶対。
本人以外によるニコマスP名での参加もできるだけ控えましょう。
結果から他プレイヤーを責めたりするのも好ましくありません。どちらの結果も人狼なのです。
画面の向こうには他人がいます、熱くなることもありますが最終的に仲良くプレイ出来るといいですね。


★回線等の事情により、投票ボタンを押しただけでは投票がなされていない場合があります。
必ず、「○○さんに投票しました」という表示を確認するようにしてください。
特に、週末等、回線が重い時は気をつけて、締め切り1分前ぐらいには投票を入力するようにしましょう。

名前の変え方:行動内容から名前変更を選んで、発言内容欄に名前を入力して行動
アイコンの変え方:行動内容から追加アイコンの変更を選んで、発言内容欄に番号を入力して行動


■再ログイン方法■
ページを閉じてしまった場合は、以下の方法で再ログイン出来ます。
ログイン→自分が参加している村を選択して「ログイン」をクリック。
→自分の名前を選択→パスワードを入力→「村に行く」をクリック。」」
絢瀬絵里 が村の集会場にやってきました
村作成:2017/01/19 (Thu) 22:02:02