←戻る
【紅番外】やる夫たちの水曜恋色決闘村 [6693番地]
~2月の終わり~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 1 分 / 夜: 3 分)[1:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する決闘村
1 2 3
icon 身代わり君
 (dummy_boy)
[女神]
(死亡)
icon 鍵山雛
 (さなちょむ◆
MORIYA/XLQe4)
[風神]
(死亡)
icon もこたん
 (ドラゴソ)
[静狼]
(生存中)
icon スターサファイア
 (雪姫◆
1mKds5z0InMW)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
[熱病]
(死亡)
icon てゐ
 (ディー◆
Yr5YVhO3Zk)
[掃除屋]
(死亡)
icon 蓬莱山輝夜
 (タルタルソース◆
DM6DUwUhn6)
[女神]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon 鈴仙
 (くろあか◆
qCRdVYic/rNn)
[静狼]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon やる夫
 (えんだか)
[おしら様]
(死亡)
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「解散のようね。お疲れ様」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「それじゃお疲れ様。たまにはこのもこたんを見てかせんというPLがいたという事を忘れないでほしいな。」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「まぁ、その辺は特に気にしてはいないけどね。私は。」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「※鍋もやってません」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「普通村やってない人は人狼プレイヤーじゃない理論だと
私も亡き者扱いされそうなんだけどね」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「とりあえず、輝夜と恋とかっていう悲惨な結果にならなくて良かった良かった。」
やる夫 [お白] (えんだか) 「じゃあの」
やる夫 [お白] (えんだか) 「えんだかさんは人狼人生を輪廻転生してるから
いつも生まれたてのひよこ、つまり初心者だお」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「なんだかんだ、「かせんのもこたん」は気に入ってたからね。」
スターサファイア [女神熱鳴] (雪姫◆1mKds5z0InMW) 「それじゃ私もこの辺でー、村建て同村ありがとね
そういえば最近刺さってないわね…いやそれは前からか
たまに刺さるくらい、というか1本自分で持ってる時点で刺さりにくいわね」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「>雛
いやまぁ、今は亡きって言うけどちゃんと生きてるからね?
引退しちゃったんだ。(とはいっても大喜利村には行くみたいだけど)」
やる夫 [お白] (えんだか)
           ____
  ( ( (   /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●)\
      |       (__人__)   |   じゃおつかれー&村建て感謝だお
       \      ` ⌒´   ,/
        |          |
   ___/ r       r \_____
  (   __./|        |\       _)
    ̄     |        |   ̄ ̄ ̄ ̄
          |        |
   ( ( (   l    Y    l
          \  |   /
            ヽ、|  /
     ( ( (     しし'
てゐ [掃] (ディー◆Yr5YVhO3Zk) 「乙ウサ」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「まじで!?>もこたん」
やる夫 [お白] (えんだか)

              / ̄ ̄ ̄\
             /  ─    ─\
           /   (●)  (●) \
           |      (__人__)   |   超ドSけーねたんは指一本触られせくれないんだお
           \     ` ⌒´   /
           //           |ヽ
           ヽ=三三三三三三三=/
            |           |
        __ /      ____|__
      /   (       /        /\
     /      \    / .      /    \
   /        )  ノ      /       \
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゝ_) `TT´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   .| |
                   .| |
                   .| |
                   .| |
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「ちなみにだけど、この姿は今は亡き私の大切な友達の姿なんだ。
たまにはさ、こうやって人前に出してあげたいっていう私のわがままさ。」
スターサファイア [女神熱鳴] (雪姫◆1mKds5z0InMW) 「まあ熱病運が悪かったってことで」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「久々に矢いっぱいもらったなーwそれじゃあお疲れ様ー」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6) 「村建て同村お疲れ。」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「けーねに指一本触れてみろ!この場で消し炭にしてやる!」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「は!?」
やる夫 [お白] (えんだか) 「やる夫にもけーねがいるお!」
てゐ [掃] (ディー◆Yr5YVhO3Zk) 「まさか噛まれるとはこの海のてゐの目を持ってしても」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「てゐ噛んでも雛噛んでも終わってるじゃないですか!」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6) 「じゃあもこたん勝利か雛勝利かかぁ。」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「>鈴仙
ぼっちじゃないもん! けーねがいるもん!」
スターサファイア [女神熱鳴] (雪姫◆1mKds5z0InMW) 「その場合雛が生存>輝夜」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6) 「あ、そうか」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「上3人にぶっぱしても恋人の手助けにしかならなそうと思ったけど
熱病が厄い場所に当たったようね」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「もこたんだった場合雛残るんで・・・」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6) 「(ってかこれもこたん組織してれば全員死亡だったんじゃ)」
スターサファイア [女神熱鳴] (雪姫◆1mKds5z0InMW) 「まあ熱病だし仕方ない
というかもこたんもかかってなさいよ」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「これはひどい」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「もこたんぼっち勝利おめでとう」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6) 「いやぁ、凄いねこれwwww」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「もこたん 1 票 投票先 → 蓬莱山輝夜
蓬莱山輝夜 1 票 投票先 → もこたん

最高にかぐもこでした。本当にありがとうございました。」
やる夫 [お白] (えんだか) 「おつかれだお」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「ぐふ・・・」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「お疲れ様」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6) 「くっそwwwwww」
てゐ [掃] (ディー◆Yr5YVhO3Zk) 「乙ウサ」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「ちょっとw」
やる夫 [お白] (えんだか) 「おーのー」
ゲーム終了:2018/03/01 (Thu) 00:01:19
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
鈴仙 は恋人の後を追い自殺しました
蓬莱山輝夜 は恋人の後を追い自殺しました
スターサファイア はショック死しました
(スターサファイア は熱病にかかったようです)
鍵山雛 は投票の結果処刑されました
3 日目 (1 回目)
鍵山雛3 票投票先 1 票 →蓬莱山輝夜
もこたん0 票投票先 1 票 →蓬莱山輝夜
スターサファイア0 票投票先 1 票 →鍵山雛
蓬莱山輝夜2 票投票先 1 票 →鍵山雛
鈴仙0 票投票先 1 票 →鍵山雛
スターサファイア はショック死しました
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) は 鍵山雛 に処刑投票しました
スターサファイア [女神熱鳴] (雪姫◆1mKds5z0InMW) は 鍵山雛 に処刑投票しました
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) は 蓬莱山輝夜 に処刑投票しました
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6) は 鍵山雛 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
やる夫 [お白] (えんだか) 「勝てるチャンスが出てきてるお」
スターサファイア [女神熱鳴] (雪姫◆1mKds5z0InMW) 「なお熱病」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「雛吊りで」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6) 「もこたんでどうぞ。」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「とりあえずビール感覚で輝夜吊っていいよ!」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「あえてもこたんのこしましょう(ゲス顔」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) は 蓬莱山輝夜 に処刑投票しました
スターサファイア [女神熱鳴] (雪姫◆1mKds5z0InMW) 「んー、とりあえずどこにする?」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「うるさい!しないって言ってるでしょ!」
てゐ [掃] (ディー◆Yr5YVhO3Zk) 「まさか噛むとは・・・ウサ」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「自害しろ!輝夜!」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「てゐがPP先にしようかなと思ったけど」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「おはよう」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6) 「令札を持って命ずる。今度こそ自害せよ! もこたん!」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
もこたん スターサファイア てゐ で足音が聞こえた…
てゐ は無残な姿で発見されました
(てゐ は人狼の餌食になったようです)
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) は てゐ に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
スターサファイア [女神] (雪姫◆1mKds5z0InMW)の独り言 「ん、通ればPPか」
もこたん [静狼] (ドラゴソ)(人狼) 「でも、だからと言って輝夜を私が噛むのはポリシーに反する。」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn)(人狼) 「PPですねー」
スターサファイア [女神] (雪姫◆1mKds5z0InMW)の独り言 「まあ共鳴の仕方的にズレた話してるわけだしねー
頑張れ」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn)(人狼) 「なぜそこでアシュラマンが・・・」
もこたん [静狼] (ドラゴソ)(人狼) 「えー」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn)(人狼) 「そこ吊るのは諦めてください>相方狼」
もこたん [静狼] (ドラゴソ)(人狼) 「アシュラマン的アレなら余裕余裕」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4)の独り言 「噛まれるなどで暗殺フェイズ前に死ぬ場合は絶対に0
これも厄いわね」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6)の独り言 「と、言うか明日PPよねそれ。」
スターサファイア [女神] (雪姫◆1mKds5z0InMW)の独り言 「まあある意味ぶれない>2人の投票
特に他の矢刺さってないし適当でいいわよー」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn)(人狼) 「凄く難しいですよ!」
もこたん [静狼] (ドラゴソ)(人狼) 「だってさ、輝夜がいるんだよ? 投票するでしょ?」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn)(人狼) 「3人相手に会話って」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6)の独り言 「おk」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6)の独り言 「>鈴仙 当り前だよなぁ?」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn)(人狼) 「相方狼から噛み譲ってもらえるようなので適当に噛みますね」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4)の独り言 「熱病は確率だから
0とか3とかいう厄い結果もあるんだけどね」
やる夫 [お白] (えんだか) 「イケメンに慣れすぎてないのにも程があるお」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn)(人狼) 「にしても相変わらずですねお二人がた・・・(投票見ながら」
もこたん [静狼] (ドラゴソ)(人狼) 「だけど、輝夜を吊れないのは心残りだなあ」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6)の独り言 「まぁ良いわ。それだけ暗殺される危険性も減ったって事だし。」
スターサファイア [女神] (雪姫◆1mKds5z0InMW)の独り言 「狼で2本刺さりなのね、ある意味凄いわ」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4)の独り言 「合計165%…
何回か繰り返すと平均1.65人の熱病ね」
もこたん [静狼] (ドラゴソ)(人狼) 「いいよ。噛みは譲ってあげる。」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6)の独り言 「>鈴仙 あ~……」
もこたん [静狼] (ドラゴソ)(人狼) 「もこたん 1 票 投票先 → 蓬莱山輝夜
蓬莱山輝夜 1 票 投票先 → もこたん 」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6)の独り言 「>鈴仙 ナイスナイス」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn)(人狼) 「矢が2本刺さってます・・・」
やる夫 [お白] (えんだか) 「どういうことやねんwwww」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn)(人狼) 「私は狼ですよー」
もこたん [静狼] (ドラゴソ)(人狼) 「つ れ な い」
てゐ [掃] (ディー◆Yr5YVhO3Zk) は 鈴仙 に狙いをつけました
もこたん [静狼] (ドラゴソ)(人狼) 「はい。」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) は もこたん スターサファイア てゐ に狙いをつけました
スターサファイア [女神] (雪姫◆1mKds5z0InMW)の独り言 「よろしくー」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6)の独り言 「草」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
やる夫 は投票の結果処刑されました
2 日目 (1 回目)
鍵山雛0 票投票先 1 票 →てゐ
もこたん1 票投票先 1 票 →蓬莱山輝夜
スターサファイア0 票投票先 1 票 →やる夫
てゐ2 票投票先 1 票 →やる夫
蓬莱山輝夜1 票投票先 1 票 →もこたん
鈴仙0 票投票先 1 票 →やる夫
やる夫3 票投票先 1 票 →てゐ
スターサファイア [女神] (雪姫◆1mKds5z0InMW) は やる夫 に処刑投票しました
てゐ [掃] (ディー◆Yr5YVhO3Zk) は やる夫 に処刑投票しました
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) は やる夫 に処刑投票しました
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) は てゐ に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「っていうか、私はランサーかって」
スターサファイア [女神] (雪姫◆1mKds5z0InMW) 「奇数てゐ偶数やる夫」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6) 「>鈴仙 あなたが私の忠実な部下だというならもこたんにどうぞ。」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「あの2人、いつもどおりだな・・・」
やる夫 [お白] (えんだか) は てゐ に処刑投票しました
スターサファイア [女神] (雪姫◆1mKds5z0InMW) 「1d6⇒6
やる夫ね」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「すごくぼっち臭がする・・・>やる夫」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「逆に輝夜ー!霊界に旅立て!!!!
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「うさぎ肉なのか熊肉なのか…
気になるわね」
スターサファイア [女神] (雪姫◆1mKds5z0InMW) 「信仰するダイス神様の導きでてゐかやる夫投票決定で」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn)
                _ _
                     \
        __/    r―r‐= ニ=ミメ x―x<⌒ヾz
         \       /   ><     \_ヽ\ i}
           `ー ァ=彡'⌒/   \    【___】 l∨
           /     ,' ヽ    }    l} l}  |
         /     /,′l ト、   ノ   l|  txxt  ヽ、
        イ     /  i ,八 } ,_,rxzぇ  リ / ̄`ヽ  }  白饅頭吊るすか
     <  _   /   t! ,}\i Vン' /〃  ...  }、 {
               八,/ r'   ムイ {{     ハ∧    てゐにお仕置きするかのどっちかね
                   {_ヽ、     | 八 o   /  } ヽ
                / xー个ー┐ i'  厂 ̄ )) {  ノ}
               / ニス、乂乂..」 |ノノ/厂i})〃、 ]  {_
                _/ /^,′ rvf¨ / // ,{i ((ハ〔  /
             / \ /  //》′/,// ⌒ヽ、\ .〕 L __
               /. . . .{`} / '〃__/ /: : : : : ::},  )ハ  、 )
           /. : : : 7¨ / :/》' ,'/, : : : : : : : i}/}  \ \
             /. . . : :///¨》' /:/: :{ : : : : :...{ ,」   )  }
   .         /. . . .: :仏,/ / ̄: :/: : : : :} : : : : : |∧  /   八
           { . . . . . |: :}/ : :rー': : : : ::/: : : : : :ハ ヽ (  /  \」
やる夫 [お白] (えんだか)
               ____
             /      \
           / ─    ─ \     。:oο○.。
          /   (●)  (●)  \ 。◇◎。o.:O☆ο
            |      (__人__)  ./。:゜◎::Oσ★。∂:o゜
          \     `⌒´  / 。○。∂γ:☆O◇。σ    マイハニー、向かいに来たお
          /     ー‐ /   ◎:.♭★:ο。:iσ:★:◎:
                 ´    ☆。σ:。: o α:θi:ρ☆   やる夫達の間には矢なんて必要ないことを証明してやるお
                  (>)>)   。●..io.。◇.: ★ 。.:
             ☆―― ,i  /―――σ :∂io☆ ゜
                  ヽ__/」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「しないよ!」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6) は もこたん に処刑投票しました
てゐ [掃] (ディー◆Yr5YVhO3Zk) 「ウサウサ」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「もこたん は 蓬莱山輝夜 に処刑投票しました。」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6) 「令札を持って命ずる。自害せよ、もこたん!!」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「おはよう」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) は 蓬莱山輝夜 に処刑投票しました
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
身代わり君 は無残な姿で発見されました
(身代わり君 は人狼の餌食になったようです)
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) は 身代わり君 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
もこたん [静狼] (ドラゴソ)(人狼) 「私はけーねがいるから浮気なんてできないや。」
スターサファイア [女神] (雪姫◆1mKds5z0InMW)の独り言 「3か6なら事故だったけどこれならこれでありね」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn)(人狼) 「え、もっと他に刺す相手いるよね・・・!?」
もこたん [静狼] (ドラゴソ)(人狼) 「おーおー。モテモテだねー」
スターサファイア [女神] (雪姫◆1mKds5z0InMW)の独り言 「1d6⇒5」
もこたん [静狼] (ドラゴソ)(人狼) 「ん?どうしたの?」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn)(人狼) 「2つ来たんだけど!?」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn)(人狼) 「ちょっと!?」
スターサファイア [女神] (雪姫◆1mKds5z0InMW) は スターサファイア 鈴仙 に愛の矢を放ちました
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn)(人狼) 「といってたら矢が来ました」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn)(人狼) 「不死相手にそれできれば苦労しないですよ・・・」
もこたん [静狼] (ドラゴソ)(人狼) 「それはまぁ、それでもせっかくの縁だしさ。」
スターサファイア [女神] (雪姫◆1mKds5z0InMW)の独り言 「どちらにしようかなっと、決まらないなら信仰に委ねましょう」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn)(人狼) 「よろしくお願いします、といっても少しの間だけでしょうけど」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6) は 蓬莱山輝夜 鈴仙 に愛の矢を放ちました
もこたん [静狼] (ドラゴソ)(人狼) 「>鈴仙 何か言われる前に処理してしまえばいいんだよ!」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6)の独り言 「ちがったぁあああああああああ!!!」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6)の独り言 「……」
スターサファイア [女神] (雪姫◆1mKds5z0InMW)の独り言 「んー、輝夜×2なら刺し先決まってたんだけど」
もこたん [静狼] (ドラゴソ)(人狼) 「まぁ、よろしくね。」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn)(人狼) 「姫様にまたなんか言われそうだなー・・・」
てゐ [掃] (ディー◆Yr5YVhO3Zk)の独り言 「ウサ」
もこたん [静狼] (ドラゴソ)(人狼) 「輝夜と2Wだったらどうしようかと思ったけど」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4)の独り言 「ひゃっはー!
まとめて消毒よー!
熱病なのに消毒とはいったい」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn)(人狼) 「まさかあなたと一緒になるとは」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6)の独り言 「いよっしゃぁああああ!!」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn)(人狼) 「あら?」
もこたん [静狼] (ドラゴソ)(人狼) 「ん?狼か。」
出現役職:おしら様1 風神1 掃除屋1 静狼2 女神3
ゲーム開始:2018/02/28 (Wed) 23:52:31
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「開始」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「鏡割るとかカイジかよ…」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「1月1日」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「2月2日」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「それよりそこの白饅頭を初手吊りしたほうが心痛まないわ」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「3月3日」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「4月4日」
やる夫 [お白] (えんだか) 「世界一イケメンはやる夫じゃないって言った嘘つき鏡なら割ってやったおwww」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「姫様初手吊りしたらあとがめんどくさいからなー」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「5月5日」
スターサファイア [女神熱鳴] (雪姫◆1mKds5z0InMW) 「時間ー」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「さすがにそれでやる夫が吊られたら
クマーに失礼でしょ」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「いやいや。初日は輝夜吊り以外ありえないよ!」
スターサファイア [女神熱鳴] (雪姫◆1mKds5z0InMW) 「これは初日てゐvsやる夫ね間違いないわ」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「私にはけーねだけがいればいいや。」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「鏡見たことないの・・・?」
やる夫 [お白] (えんだか) 「恋にはイケメンが必要、だお?」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「7人なら十分でしょ
…と思ったら8人目ね」
スターサファイア [女神熱鳴] (雪姫◆1mKds5z0InMW) 「っと来たわね」
やる夫 が村の集会場にやってきました
スターサファイア [女神熱鳴] (雪姫◆1mKds5z0InMW) 「にしてもあと1人が遠いわね…
50分までに来なかったらどうする?」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「(あ、一応だけど「輝夜かえって良いよ」はRP発言だから本当に帰らなくていいからね?)」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「今日はいつもより静かだからゆったりできそう」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「アイコンの雰囲気を変えましょ」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「どっちにしろってことだね~」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「鍵山雛 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 50 (鍵山 雛) → No. 1866 (鍵山雛A)」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「そっちもある意味吊られるんじゃ・・・>てゐ」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「(アイコン的にこっちの気分だったから・・・)」
てゐ [掃] (ディー◆Yr5YVhO3Zk) 「憎らしい(あいらしい)から初日投票集まっちゃうんだウサ・・・ >鈴仙」
スターサファイア [女神熱鳴] (雪姫◆1mKds5z0InMW) 「気分的にこっちで
鈴仙が違うのにしたからそろえる必要なくなったし」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「どっちも愛嬌あるじゃないですか(棒読み>輝夜」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「ほら、もう用事はないでしょ? お出口はあちらになります。」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「もうちょい憎らしい感じだったような気がするんだけど」
スターサファイア [女神熱鳴] (雪姫◆1mKds5z0InMW) 「スターサファイア さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 170 (スターサファイア) → No. 4467 (スターサファイア2)」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「良かったね。偽物の正体が分かってさ。」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「てゐってこんな毛深い感じだったっけ?」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「うん。偽輝夜の正体も分かったことだし輝夜はもう帰っていいよ。」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6) 「>鈴仙 何でてゐの時は違和感持って私の時は違和感持たないのよぉおおおおお!!」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「姫様は姫様だから(目線そらしながら」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「結局永夜抄なのね」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「お前だったのか!? でも何となく納得したわ。」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6) 「いやてゐでも無いでしょうがあんた!!」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「てゐー!!!!・・・・・・・・・てゐ?」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6) 「なん……だと!?」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「焼き払うなら人が出払ったあとでお願いします>もこたん」
てゐ [掃] (ディー◆Yr5YVhO3Zk) 「ばれちまったんじゃしゃーねーウサ」
ぐーや [掃] (ディー◆Yr5YVhO3Zk) 「ぐーや さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ぐーや → てゐ
アイコン:No. 3210 (蓬莱山 クマ夜) → No. 3164 (因幡 クマ)」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6) 「>鈴仙 どう見ても! どう考えても!! 私が本物でしょうが!!! 
あなた本当に私の部下なの!!? 厄神を見習いなさい!」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「やっぱりこの村は私の火で焼き払うしかないな…」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「扇動者を入れて票数を同じに…?」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「片方すごく毛深いなー・・・」
スターサファイア [女神熱鳴] (雪姫◆1mKds5z0InMW) 「永夜抄組が多いわね」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「うわっ、姫様が2人い・・・る・・・?」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「どうやったら初日に2人に処刑投票できるかな。」
鈴仙 [静狼] (くろあか◆qCRdVYic/rNn) 「こんばんはー」
鈴仙 が村の集会場にやってきました
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「厄いものを見失ってるわね>スター」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6) 「>もこたん 黙りなさい! あなたに構っている暇は無いわ!」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「おかしい。けーねが来ないだけじゃなくて輝夜が2人に増えた」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6) 「おかしい、この村に私の偽者が居る。」
スターサファイア [女神熱鳴] (雪姫◆1mKds5z0InMW) 「あははははは!おもしろーい」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「>輝夜 っていうか、なんで来たんだよ!!!!」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「本物の宿敵さんいらっしゃい」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「23:50に延長!」
蓬莱山輝夜 [女神] (タルタルソース◆DM6DUwUhn6) 「誰だお前ぇえええええええ!!?」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「ふぁっ!?」
蓬莱山輝夜 が村の集会場にやってきました
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「時間だけど5人だから延長かな?」
スターサファイア [女神熱鳴] (雪姫◆1mKds5z0InMW) 「…あら、鋏どこやったかしら」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「(よりにもよって輝夜の方が来るなんて。けーねも来ないかなぁ~」
スターサファイア [女神熱鳴] (雪姫◆1mKds5z0InMW) 「埋めてる間に流れたけど私も半固定RPかなー…
たまに新規RPするけど大体同じの使ってるし新規のも系統一緒だし」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「もこたんの宿敵かしら?
にしては厄い見た目ね」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「まぁ、いいや。初日投票先が決まったね!」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「出たな輝夜!……輝夜!?」
ぐーや [掃] (ディー◆Yr5YVhO3Zk) 「支援」
スターサファイア [女神熱鳴] (雪姫◆1mKds5z0InMW) 「とりあえず適当に埋めただけ」
ぐーや が村の集会場にやってきました
スターサファイア [女神熱鳴] (雪姫◆1mKds5z0InMW) 「ルーミア(紅魔館1)
橙(妖々夢2)
慧音(永夜抄3)
さとり(地霊殿4)
早苗(風神録5)
聖(星蓮船6)
ヘカーティア(紺珠伝ex)」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「普通村ならメタ推理になるかもしれないけど、恋決闘なら特に問題ないんじゃないかな?」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「普通とか鍋とかでも固定の人がいたりするしねえ」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「むしろ、逆にバレて何が問題あるのか!ともいえるけどね。」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「6ステージ構成じゃないとはいえ
スターは1ボスから3ボスまでありえるのがねえ…」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「HN専はやっぱりPL同士で絡みたいっていう人が多いのかな?
普通の恋決闘もそれはそれでキャラ同士の絡みで面白いんだけどね~」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「決闘のGM位置というだけでバレるのが厄いわね」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「まぁ、とは言っても私もまた半固定RPではあるしね。
(どれだけ認知されてるかは知らないけど)」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「Q:東方キャラをステージ番号と登場作品の被りなしで7人集めなさい」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「おや、妖精3人組の1人だね。」
スターサファイア [女神熱鳴] (雪姫◆1mKds5z0InMW) 「よろしくー」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「東方村かしら?
統一感?なにそれ?おいしいの?」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「固定RPはHNバレやすいから実質HNといえそうね」
スターサファイア が村の集会場にやってきました
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「ああ、そういう意味ね。」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「というよりHN村でしか決闘やらない人?>HN専」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「HN専? 固定RPのこと?」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「HN専の人がいてもいいじゃない」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「この決闘では30位以内を一定回数入賞すると
オリンピック出場権が…嘘です」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「カンボジア…お笑い芸人…うっ頭が…」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「そりゃね~。私の嫁だし!」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「日付変わる前に4人集まればいいわね」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「努力せずにオリンピック?カンボジアに帰化してマラソン代表にでもなればいいんじゃない?」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「さすがけーね大好きなもこたん?」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「けーねが主催してるって言うなら、参加しない手はないよ!」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「そういえばって…そこ一番大事なところだよ!」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「努力せずにオリンピック出場みたいなお題が出るのかしらね?」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「そういえばその大喜利のGMけーねさんだったわね」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「けーねのことだね!」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「土曜日といえばどこかの鯖の大喜利が月末に建つかと思ったら…」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「立ててもいいんだよ?」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「ひな祭りは決闘の曜日じゃないのがGM的には残念ね」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「そういやもうすぐひな祭りだねー」
鍵山雛 [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「いらっしゃい」
かり [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 鍵山雛
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 50 (鍵山 雛)」
もこたん [静狼] (ドラゴソ) 「おいすー!」
もこたん が村の集会場にやってきました
かり [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「報告よし」
かり [風神] (さなちょむ◆MORIYA/XLQe4) 「23:40開始予定です
8人未満なら延長」
かり が村の集会場にやってきました
村作成:2018/02/28 (Wed) 23:11:44